XCrossing
spotify apple_podcasts youtube_music youtube twitter

XCrossing

XCrossing 84 Episodes
Mika Ueno
Nobuhiro Seki
Takuya Oikawa
jkondo

テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います


及川卓也  
@takoratta
プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家
自己紹介エピソード ep1, ep2 


関信浩  
@NobuhiroSeki
アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋
自己紹介エピソード ep52 


上野美香  
@mikamika59
マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス
自己紹介エピソード ep53 


XCrossingについて
XCrossing(エックス・クロッシング)。英語で「スクランブル交差点」を意味します。趣味も、世代も、住んできた街も違う3人が、スクランブル交差点で出会うように、様々な話題を行き交わせる、おしゃべりの交差点です。今日のエックス・クロッシングであなたが出会うのは、どんな話題でしょう。

Official X @x_crossing_  
Website https://x-crossing.com

http://x-crossing.com
ep81 エゴサーチからマンガ「ハイキュー!!」購読に至ってしまった、やや特殊なユーザーフローとは

ep81 エゴサーチからマンガ「ハイキュー!!」購読に至ってしまった、やや特殊なユーザーフローとは

May 22, 2024 31:51 Mika Ueno Nobuhiro Seki Takuya Oikawa

エゴサーチでマンガの登場人物の話を繰り返し読むことになり、気づいたら読み始めていた、という話から、スポーツとマンガについて3人でワイワイ話しました02:13 自分の名前をエゴサーチすると大半は(自分ではなく)「ハイキュー!!」の及川さん03:20 で、マンガ「ハイキュー!!」を読んでみたら面白い05:19 バレーボールのルールが改正されて、アクティブに見れるスポーツになっている06:53 メジャーリーグが顧客体験を改善した実例:ルールを改正(ピッチクロック、塁の大きさ、極端なシフト禁止)08:11 右肩あがりで上がっていた試合時間が劇的に下がり見やすくなり、顧客体験が良くなった13:16 アニメ「GANGSTA.」聴覚障害の超強い主人公の声の演技がすごい15:16 アニメシリーズを見るのとマンガ読むことの違い17:07 朝の連続ドラマの放送時間が生活のリズムに結びついている20:07 YouTubeでもラジオでもライブ(生放送)で視聴することは一定のニーズがある22:44 「7SEEDS」面白すぎて全巻購入、「ミステリと言う勿れ」の世界観がすごい24:11 小説「成瀬は天下を取りにいく」のオーディオブックはナレーションの声がいい26:42 声優養成学校いわく、最近は書籍の朗読のニーズがすごくあるらしい29:23 ChatGPTのVoiceの声の一つがJ-Waveナビゲーターみたいな声で心地良いエピソード内で取り上げた情報へのリンク: ハイキュー!! メジャーリーグの顧客体験改善についての基調講演(英語) GANGSTA. 7SEEDS ミステリと言う勿れ 成瀬は天下を取りにいくテック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep80 技術が変える家電やアパレルのデザイン。ZOZOFITはアメリカで別サービスを立ち上げていた

ep80 技術が変える家電やアパレルのデザイン。ZOZOFITはアメリカで別サービスを立ち上げていた

May 15, 2024 31:25 Mika Ueno Nobuhiro Seki

新技術で今まで出来なかったデザインが可能に。まだ研究開発の段階で、いろいろ課題がありそうだが、美しい色やムダが生まれない洋服など、夢は広がる00:44 公演開始時にキャンセルが相次いだジョジョのミュージカルを倍速視聴で見たら…01:43 倍速視聴で得られる情報と得られない感覚06:18 アニメの呪術廻戦がギネスに載ったらしい09:43 タチコマを彷彿とさせるロボットが展示されていた「未来のかけら」展11:47 チタンの構造色、メタリックブルーの美しすぎる掃除機15:19 高温の蒸気をあてると成形できる布 - 縫製せずに熱で服が作れる17:09 4D Knit Dress(MITの研究)- 熱で成形し、3Dカット18:10 工業製品としての衣服製造で出る端切れと無駄問題21:56 大量に作って大量に売る → 自分の身体に合うものに応えるスタイルに24:02 ZOZOのボディスーツは今でもアメリカで展開している26:47 メーカーごとにサイズ計測する箇所が微妙に違うので、共通の3Dモデルが出来ても使えない問題28:19 いくら人間の身体のサイズが測れても、衣服側がフル3Dデータになっていないからフィッティングできない29:08 アメリカでがんばっているZOZOFITエピソード内で取り上げた情報へのリンク: ZOZOFIT 未来のかけら展 未来のかけら展:青が美しい掃除機 未来のかけら展:熱で収縮する生地 熱で“変形”して体にフィット。MITが提案する「4Dニットドレス」 テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep79 微生物で12年間シャワー要らず!? 人間が共生する小さい生物のお話

ep79 微生物で12年間シャワー要らず!? 人間が共生する小さい生物のお話

May 8, 2024 21:42 Mika Ueno Nobuhiro Seki

腸内細菌をはじめ、人類はさまざまな微生物と暮らしている。人類が花粉症に悩まされる理由の一つは寄生虫の根絶だったなどの小ネタを話しました03:05 アメリカにも花粉症がある04:00 アメリカでのアレルギー検査のやり方(針がたくさん付いた検査器を腕にぶっ刺す)09:24 寄生虫がいることによって出てくる物質が抑制される = アレルギー抑制されることもあった10:07 清潔の副次効果で今まで共生してきた微生物がいなくなったことで出始めたのがアレルギーかも12:43 微生物を自分の肌で培養することでシャンプーせずに暮らしている微生物学者が作った製品(Mother Dirt)13:40 実際に使ってみた感想:毎日洗うことが習慣になっているから結局洗ってしまう15:08 プロダクトの成り立ちをそのままストーリーにすると良くないこともある16:52 Mother Dirtという製品:シャンプー、クレンザー、ミスト17:47 「12年間シャワー無しで生きている人がいる」18:55 6ヶ月くらい使った人は砂糖醤油の匂いがするようになった19:30 2021年にリブランディングして価格があがったらしい20:19 菌、腸内細菌や体表の細菌など、ホットな分野エピソード内で取り上げた情報へのリンク: バクテリアとともに暮らす(2015年) 肌にアンモニア分解バクテリアをスプレーすると体臭がなくなる人体実験 (2019年)テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep78 AI文字おこしツールを使った会議の効率化は、音声と文字を併用した情報整理がカギ

ep78 AI文字おこしツールを使った会議の効率化は、音声と文字を併用した情報整理がカギ

May 1, 2024 22:12 Mika Ueno Nobuhiro Seki

ポッドキャストでもオンライン会議でも便利な、音声からの文字書きおこし。特に会議では、構造化された議事録作成や共有、記憶補完に使えるツールであるFirefliesの実際の使い方に触れながら、音声と文字のうまい組み合わせについて話しました。01:25 Apple Podcastで聞いているエピソードの書きおこしが見られるようになった02:42 Spotifyの文字おこしの見え方:カバーアートの下に大きな文字04:26 音声文字おこしを会議内容のサマライズに使うのは有用07:25 Firefliesの議事録例:会議の発言の要約が読めて、クリックすると詳細が表示・再生される09:33 文字は会議内容を思い出せて検索性もあるが、音声と文字が合わさると話した時の熱量も思い出せる10:20 録画したオンライン会議は見返さない <> 記録しているという安心感11:20 文字おこしと要約の進化:情報が構造化されて整理されることが大事12:07 わずか3年で議事録取りと要約すべてがAIで完結するとは思わなかった14:33 セキュリティ:会議で話されること(秘匿情報)の扱われ方18:39 議事録と記録動画/音声の共有範囲とアクセスコントロールエピソード内で取り上げた情報へのリンク: Apple Podcastにおける書き起こし Fireflies CalendlyとFirefliesを使ったビデオ会議の効率的な運営方法(Fireflies編 - 2024年版)テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep77 映画マトリックスの公開25周年を話題にしていたら、映画で覚えた英語表現がスラスラ出てきた

ep77 映画マトリックスの公開25周年を話題にしていたら、映画で覚えた英語表現がスラスラ出てきた

Apr 24, 2024 16:10 Mika Ueno Nobuhiro Seki

革新的な映像表現で一世を風靡した映画「マトリックス」が公開から25年。記憶に残る表現から、今になって気づいたものまでを徒然に話しました0:46 映画「マトリックス」が25周年04:25 マトリックスで覚えた英語表現:Gotcha05:28 普段書いているプログラムの世界に入っていく感じを映像化した衝撃06:05 マトリックスで覚えた英語表現:I'm in06:51 特殊なカメラワークを支えていたのはカーネギーメロンのテクノロジー08:01 IMAXレーザー再上映で初めて知ったこと:冒頭の緑文字の滝の後ろに、もう一つダークグレイの文字の滝があった(!)10:07 文字を上から下に流すという発想のユニークさと落ちゲー12:04 みんなが知っている象徴的なシーン(赤いピルと青いピル))をプレゼンで使いたい13:05 マトリックスに影響している攻殻機動隊はさらにすごい13:26 今度5作目を作るらしいが、もういいんじゃないか14:23 1作目は(続編など考えていないから)まとまりもテンポも良く完結しているテック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep76 全会話を録音するウェアラブルLimitless Pendantが開く、生成AIの可能性とプライバシー問題

ep76 全会話を録音するウェアラブルLimitless Pendantが開く、生成AIの可能性とプライバシー問題

Apr 17, 2024 28:24 Mika Ueno Nobuhiro Seki

ウェアラブル生成AI端末AI Pinにより、どこでもAIに質問できるように。全会話を録音し、検索できる製品も今年末に登場。スマホで気軽に録画できる時代に、会話のプライバシーをどう変わるのか00:41 スーパー・ニンテンドー・ワールドが開業3周年00:58 マリオカートに7000回(!)乗った人03:24 スーパーニンテンドーワールドに週5で通っている女性05:46 寝坊してXCrossingの収録を飛ばしスライディング土下座07:49 Ai Pinの発表、英語での記事、日本語記事のそれぞれのタイミング11:24 新しいガジェットAi Pinはどういう製品?12:06 もう一つの新しいAIガジェットRewind Pendant(4/15にLimitless Pendantに名称変更)14:27 会話相手が話していることも記録するのか?プライバシーの問題は?16:00 許諾無いまま取得するデータはどう扱われるのか、どうやって許諾をとるのか17:17 (AIに学習させるという側面で)独自のコンテンツには価値があるが、マネタイズや法整備は追いついていない20:16 「わたしたちの会話はすべて録音されています」というガジェットつけていたら話すことが7割減になりそう20:49 スイッチオフにしてオフレコを明示的に行うプロトコルが生まれる可能性23:44 カメラ付き携帯電話が出た前後で写真に撮られるという敷居が下がったが、音声もそうなる?エピソード内で取り上げた情報へのリンク: USJ任天堂エリア3周年(日経記事) Ai Pin(日経記事) Ai Pin プロダクト公式サイト Rewind Pendant (4/15にLimitless Pendantに名称変更)テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep75 「他人がやるゲームを観るだけで何が楽しいの?」 ― デジタル体験が進化して変わるゲームの楽しみ方

ep75 「他人がやるゲームを観るだけで何が楽しいの?」 ― デジタル体験が進化して変わるゲームの楽しみ方

Apr 10, 2024 34:08 Mika Ueno Nobuhiro Seki

ゲームのデジタル化が進み、スポーツのように、プレイヤーに加えて「観客」も「実況」を楽しめるようなった。一方で、観る側がプレイヤーにより近づくハプティクスやイマーシブ体験も進化している00:51 ハプティクスを体験するためにFinal Fantasy XVIをプレイした04:21 ゲーム実況を見るのと、スポーツ観戦の共通点08:45 ハプティクスは(ゲーム実況では)シェアできないので自分で体験しないと分からない09:50 お金の流れがコンテンツを売る人から実況する人へ移っていく11:54 Google Mapsを使ったゲーム「GeoGuessr」13:31 世界中のある場所の写真から、国を判別できる変態的にスゴイ視点が面白い17:44 交通標識、電柱、植物、光の方向、車のミラーの付き方などへの着眼点18:33 カードゲーム「テレパシ」の「見ない、聞かない、話さない」のどれかでコミュニケーション20:29 コミュニケーションするときに頼っているもの25:03 脱出ゲームや新宿のアノマリー・クエストと、イマーシブ・フォート東京の体験は違う?27:40 テーマパークとイマーシブ・フォート東京はどう違う?記事や写真では分からない31:05 ケニアのストリートビューカーには「シュノーケル」が付いているリンク FF16のハプティクスがすごいらしい、について話した回(ep73) GeoGuessr - RTA in Japan Summer 2023(世界マップ) GeoGuessr - RTA in Japan Summer 2022(日本マップ) GeoGuessr テレパシ ソードアート・オンライン -アノマリー・クエスト イマーシブ・フォート東京テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep74 イベントは、主催する側にも、参加する側にも、まだまだ改善したいところがある

ep74 イベントは、主催する側にも、参加する側にも、まだまだ改善したいところがある

Apr 3, 2024 24:22 Mika Ueno Nobuhiro Seki

イベントに参加する立場だと、例えばチケットぴあの「発券は別サービス」は不便と感じる。しかし主催する側に回ると参加者とは別の懸念が出てくるもの。イベント企画経験者ならではの視点も交えていろいろと話しました01:35 オフライン・イベントを地理的に離れた場所からアレンジするときのコツ04:37 マリオカートの超シンプルな3つのルールでさえ覚えていられない05:19 事前に提供されている情報をまったく読まずに当日聞いてくる人向けの対応08:13 チケットぴあと、なぜか別だったチケット発券を担うサービス「Cloak」が統合09:34 サービス提供者側の便利と理論は、時としてユーザーにとっては不便でしかない11:01 スマホチケットと転売対策と(大多数のユーザーにとっての)使いにくさ11:36 発券されたチケットや入館証を扱うプラットフォーム15:07 スマホやPCをシームレスに移動して本人認証できるサービスが増えた16:51 カスタマーサポートの問い合わせIDが管理されていても、ユーザーにとっては都度、担当者が変わると戸惑ったり不便になる20:19 リアル店舗での買い物体験の変化:店員さんに相談して買いたいという機会が減っている22:37 情報が多すぎるのと、自分がほしいタイミングまでは考慮してくれないネット上の情報テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_https://x-crossing.com

ep73 Final Fantasy XVIの触覚表現はスゴいという話から、ハードを生かすソフトウェアの話で盛り上がる

ep73 Final Fantasy XVIの触覚表現はスゴいという話から、ハードを生かすソフトウェアの話で盛り上がる

Mar 27, 2024 44:12 Mika Ueno Nobuhiro Seki Takuya Oikawa

ハンドトラッキングやハプティクス(触覚)など、「体験」を変革する技術に惹かれ、さまざまなガジェットを試してきた3人。後半はガジェットの進化に欠かせないソフトウェアの話に01:07 SHUREのワイヤレスピンマイクMOVEMICがよさげ03:00 レシーバー不要、スマホと直接接続、環境音がうるさくても話者の声を集音09:01 一眼レフカメラやPCで撮影・録音するときはレシーバー付きで12:51 昔話題になったLeap Motionを買って使ってみた結果…18:09 ハンドトラッキングの精度とフィードバックと音19:16 ファイナルファンタジー16のハプティクス(触覚)表現がどれだけすごいかを語る研究者20:18 サウンドエンジニアがハプティクス調整21:57 触覚表現の定義:過去の記憶や経験、身体感覚を創発するもの23:31 ソフトウエアを良くするとハードウエアの表現が劇的に変わる(のに、そこに投資されない)25:22 ソフトウエアには「手触り感がない」?27:25 ソフトウエアが可能にするもの vs ハードウエアが実現していると思う人29:39 ゲームコントローラーに耳を当てて触覚を”聞く”研究者31:15 人間に直接作用するにはすべてをアナログにする必要がある32:34 ソフトウエアに遅れをとってUXが進化しない日本企業?36:37 ロボットとハプティクスと技能承継40:35 寿司ロボットのすごい進化エピソード内で取り上げた情報へのリンク: SHURE MOVEMIC DJI MIC Leap Motion 2 FF16の触覚表現がすごい、というお話テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep72 ポッドキャストツール「LISTEN」の有料版を使い始めてみて、改めて音声と文字の関係を考えてみた

ep72 ポッドキャストツール「LISTEN」の有料版を使い始めてみて、改めて音声と文字の関係を考えてみた

Mar 20, 2024 31:42 Mika Ueno Nobuhiro Seki Takuya Oikawa

専用ツールより性能が高いので、LISTEN有料版を文字起こしツールとして使ってみている話から、文字と音声とリアルで得られる情報の違いなどを話しました00:54 ポッドキャストサービス「LISTEN」を有料版で使用中02:15 B2B向けの会議音声文字起こしサービスよりもLISTENのほうが良いクオリティ03:04 利用ユーザーからフィードバックを得て猛烈な勢いでクオリティが良くなっているB2Cサービスのいい例04:30 文字起こし自体の精度向上、話者分離、Whisperの使いこなし07:51 日本語と英語が混ざった話になっても、英単語として文字起こしされている08:31 文字起こしの冒頭に「今回の話題は●●です、文字起こしには以下の登録済み単語を優先してください」09:40 文字起こしする段階でメタデータをしっかり入れておくことで精度を高めているのでは11:05 話されていることの内容と理屈が通っていつつ、抽象的で一般化できそうな見出しがついている13:11 目で見る・目で読むものと、耳で聞くという使い分け17:27 音で情報を取得するほうが人間にとっては自然で負担が少ないらしい20:09 言語の習得は音から入るほうがいいよという研究結果22:40 顧客インタビューでは、言いよどんだり、スピード速くなったりするときはそこに何が意味がある27:16 コミュニティとして広がるポテンシャルを持つ「LISTEN」28:22 mixi 20周年:”人がいないからいいエピソード内で取り上げた情報へのリンク: ポッドキャストサービス「LISTEN」 LISTEN開発者 近藤さんをゲストにお迎えして語り合った回(ep37) 「audiobook.jp」で実現する「聴く文化」の創造!学習にも娯楽にも活用できるオーディオブックとは 多言語の習得は「音」から 脳領域特定、文法理解早く 約7割の人は「目」より「耳」からのインプットが得意 企業の人材育成における、学習手段の「格差」の問題点テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53@x_crossing_https://x-crossing.com

ep71 ミュージカル「ジョジョ」や「ハリー・ポッター」に見る舞台装置のテクノロジー進化の光と影

ep71 ミュージカル「ジョジョ」や「ハリー・ポッター」に見る舞台装置のテクノロジー進化の光と影

Mar 13, 2024 29:38 Mika Ueno Nobuhiro Seki Takuya Oikawa

舞台装置や演出テクノロジーの進化が止まらない。「ハリー・ポッターと呪いの子」のように、世界各地でロングランを誇る舞台の演出は目を見張る。一方で公演ドタキャンの原因になってしまうことも02:04 舞台「ジョジョの奇妙な冒険」が公演初日から7公演分が中止になった(理由:準備不足で)05:32 チケット代の払い戻しのみならず、宿泊費や交通費も補填08:12 舞台を見た人曰く、人の動き、舞台装置、技術的演出、音楽の使い方など凝っていたらしい08:36 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』を観た時の衝撃 − 舞台芸術の表現がここまでひろがっているのかと感動09:39 技術がうまく使われることで、デジタルな世界でしかできなかった表現がリアルな舞台でも表現できるように11:04 野村萬斎さんとライゾマティクスによる、伝統芸能と最新テクノロジーの実験的なコラボ舞台11:36 技術は黒子で、ストーリーと世界観を伝えることに主眼があるのがハリーポッターの舞台14:22 JKローリングが書いたシナリオで、ロンドンのチームが制作・デザイン16:12 あらゆる表現と技術を駆使 − 最新技術の演出、従来の手品トリック系の演出、人間の身体の動き、音楽、衣装の美しさ18:18 人が演じる舞台はあれ以上表現が広がることはないと思っていたが、技術を活用することでもっと拡張する可能性がある19:54 技術を取り入れた舞台芸術では、人の表現よりも技術のほうが勝ってしまいがち22:18 「そんな大げさな」と思っていた舞台ハリーポッターの宣伝文句22:56 世界の演出の差分があるかどうか見てみたい25:11 使われてるマイクは直径3mm、サウンドデザイナーはロンドン五輪の音響を手がけた人リンク: ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』一部公演中止に関するお詫びとお知らせ 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』 舞台 ハリーポッターの予告動画 CORE 6000 "サブミニチュア・マイクロホン"テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takorattaプロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家自己紹介エピソード ep1, ep2 関信浩 @NobuhiroSekiアメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53@x_crossing_https://x-crossing.com

ep70 「表情」と「声」が食い違ったときに覚える違和感の正体は?

ep70 「表情」と「声」が食い違ったときに覚える違和感の正体は?

Mar 6, 2024 34:28 Mika Ueno Nobuhiro Seki

コミュニケーションする上で「表情」や「声」が果たす役割は多い。また文化の差により、同じ表現でも、受け止め方がまったく異なってしまうことも01:30 ゲーム中のキャラクターの顔のキャプチャと声のあて方のパターン02:10 実在の俳優をキャプチャし本人が声をあてているのに、声が浮いていると思うことがあるのはなぜか、を考察してみる04:46 CGで作られた顔の動きの制限をカバーしてストーリーに引き込む声の演技06:06 話す言葉に乗ってくる感情と情景08:17 ビデオ会議で気になるノイズは背景の環境音か人の声か10:12 NTTの大規模言語モデル「tsuzumi」では、AIが人の声色や声に乗っている感情を理解するらしい12:26 声に乗るものを理解するには、言語や地域で異なる文化的なコンテキストを高度に理解する必要がある13:21 満足度調査やNPSで、日本人は低い値が出がち17:03 アメリカ人上司は注意したのに、面談したフランス人の部下は褒められたと喜んだのはなぜか22:55 「笑い」は共通の文化的コンテキストがないとなかなか難しい23:46 同じ英語圏でもイギリスの笑いのポイントはアメリカ人には伝わらない28:48 HoloLensの開発者の指摘:3D空間での設計では音を大事にするべき30:50 片耳が聞こえない時、行方不明のガジェットを音で探す時に位置が分からなかったエピソード内で取り上げた情報へのリンク: ロボットが人間に嫌われる「不気味の谷」が証明される:研究結果 NTT版大規模言語モデル「tsuzumi」 異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養(書籍)テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep70 「表情」と「声」が食い違ったときに覚える違和感の正体は?

ep70 「表情」と「声」が食い違ったときに覚える違和感の正体は?

Mar 6, 2024 34:29 Mika Ueno Nobuhiro Seki

コミュニケーションする上で「表情」や「声」が果たす役割は多い。また文化の差により、同じ表現でも、受け止め方がまったく異なってしまうことも01:30 ゲーム中のキャラクターの顔のキャプチャと声のあて方のパターン02:10 実在の俳優をキャプチャし本人が声をあてているのに、声が浮いていると思うことがあるのはなぜか、を考察してみる04:46 CGで作られた顔の動きの制限をカバーしてストーリーに引き込む声の演技06:06 話す言葉に乗ってくる感情と情景08:17 ビデオ会議で気になるノイズは背景の環境音か人の声か10:12 NTTの大規模言語モデル「tsuzumi」では、AIが人の声色や声に乗っている感情を理解するらしい12:26 声に乗るものを理解するには、言語や地域で異なる文化的なコンテキストを高度に理解する必要がある13:21 満足度調査やNPSで、日本人は低い値が出がち17:03 アメリカ人上司は注意したのに、面談したフランス人の部下は褒められたと喜んだのはなぜか22:55 「笑い」は共通の文化的コンテキストがないとなかなか難しい23:46 同じ英語圏でもイギリスの笑いのポイントはアメリカ人には伝わらない28:48 HoloLensの開発者の指摘:3D空間での設計では音を大事にするべき30:50 片耳が聞こえない時、行方不明のガジェットを音で探す時に位置が分からなかったエピソード内で取り上げた情報へのリンク:ロボットが人間に嫌われる「不気味の谷」が証明される:研究結果NTT版大規模言語モデル「tsuzumi」異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養(書籍)

ep69 「XCrossingの作り方」 ― 音声の収録や編集からタイトル付けまで、この1年半で試行錯誤したことを語ります

ep69 「XCrossingの作り方」 ― 音声の収録や編集からタイトル付けまで、この1年半で試行錯誤したことを語ります

Feb 28, 2024 56:00 Mika Ueno Nobuhiro Seki

2022年秋にXCrossingを始めたときには「ノーマライズ? なんのこと?」状態だった私たちが、まわりの力を借りながら少しずつ試行錯誤したポッドキャストの収録や編集の悪戦苦闘を、包み隠さず話しました01:00 XCrossingの作り方を話してみる − 収録から音源編集、タイトル付けとウェブ発信まで03:01 <収録>Zencastrを使って録音、収録の頻度と時間帯の変遷05:01 <収録>録音するときの環境と使っているマイク07:59 <編集>背景・環境音のノイズキャンセリング(LogicProのStrip Silenceは神)10:34 <編集>話者の音声の整音、ノイズ除去(極端に大きい音を押さえる、歯擦音、リップノイズ、反響音など)16:59 仕事や個人で作るビデオメッセージでも反響音押さえるだけで格段に聞きやすくなる21:10 <編集>間詰め・間作りの編集でテンポを作る。一番時間かかる26:40 <編集>BGMの音量はモバイルで聞いたとき基準29:24 <編集>使っているヘッドフォン31:19 <タイトル付け>タイトル付けとDescriptionでやっていることとかかる時間36:26 <タイトル付け>短い言葉とキャッチーな言葉を使う37:45 <ウェブ>エピソード用のウェブページを作るときにやっていること38:04 <ウェブ>配信プラットフォームのURLまとめは手動(自動化したい)40:57 ポッドキャストをSNSで告知する用の切り抜き動画 − 作るきっかけと作り方42:50 SNSにリンクを投稿したときに表示されるサムネイル画像の作り方47:23 音声編集を始めた当初は本当に苦痛だった50:11 カバーアートで使っている交差点の写真とロゴのフォント53:58 最初は10回やってみて継続するかどうか考えようと言っていたが今でも続いている取り上げた情報へのリンク: Zencastr(ポッドキャストプラットフォーム) SHURE MV7(ポッドキャスト用マイク) Blue Yeti (USBマイク) Logic Pro(編集ソフト) iZotope RX10(ノイズ除去) ATH-M50xBT(ワイヤレスヘッドホン) ポッドキャストの切り抜き動画 Canva及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス自己紹介エピソード ep53

ep69 「XCrossingの作り方」 ― 音声の収録や編集からタイトル付けまで、この1年半で試行錯誤したことを語ります

ep69 「XCrossingの作り方」 ― 音声の収録や編集からタイトル付けまで、この1年半で試行錯誤したことを語ります

Feb 28, 2024 56:00 Mika Ueno Nobuhiro Seki

2022年秋にXCrossingを始めたときには「ノーマライズ? なんのこと?」状態だった私たちが、まわりの力を借りながら少しずつ試行錯誤したポッドキャストの収録や編集の悪戦苦闘を、包み隠さず話しました01:00 XCrossingの作り方を話してみる − 収録から音源編集、タイトル付けとウェブ発信まで03:01 <収録>Zencastrを使って録音、収録の頻度と時間帯の変遷05:01 <収録>録音するときの環境と使っているマイク07:59 <編集>背景・環境音のノイズキャンセリング(LogicProのStrip Silenceは神)10:34 <編集>話者の音声の整音、ノイズ除去(極端に大きい音を押さえる、歯擦音、リップノイズ、反響音など)16:59 仕事や個人で作るビデオメッセージでも反響音押さえるだけで格段に聞きやすくなる21:10 <編集>間詰め・間作りの編集でテンポを作る。一番時間かかる26:40 <編集>BGMの音量はモバイルで聞いたとき基準29:24 <編集>使っているヘッドフォン31:19 <タイトル付け>タイトル付けとDescriptionでやっていることとかかる時間36:26 <タイトル付け>短い言葉とキャッチーな言葉を使う37:45 <ウェブ>エピソード用のウェブページを作るときにやっていること38:04 <ウェブ>配信プラットフォームのURLまとめは手動(自動化したい)40:57 ポッドキャストをSNSで告知する用の切り抜き動画 − 作るきっかけと作り方42:50 SNSにリンクを投稿したときに表示されるサムネイル画像の作り方47:23 音声編集を始めた当初は本当に苦痛だった50:11 カバーアートで使っている交差点の写真とロゴのフォント53:58 最初は10回やってみて継続するかどうか考えようと言っていたが今でも続いている エピソード内で取り上げた情報へのリンク:Zencastr(ポッドキャストプラットフォーム)SHURE MV7(ポッドキャスト用マイク)Blue Yeti (USBマイク)Logic Pro(編集ソフト)iZotope RX10(ノイズ除去)ATH-M50xBT(ワイヤレスヘッドホン)ポッドキャストの切り抜き動画Canva

ep68 「科学」がクールだった時代に書かれた攻殻機動隊。その「未来の物語」に現実が追いつく

ep68 「科学」がクールだった時代に書かれた攻殻機動隊。その「未来の物語」に現実が追いつく

Feb 21, 2024 28:36 Mika Ueno Nobuhiro Seki

今でも多くのクリエイターが新作を手がける「攻殻機動隊」。発表当初は「近未来」だった2024年になってなお古臭さを感じさせないのは、科学が身近だった時代の作品だから?01:28 2024年2月1日 − アニメ「攻殻機動隊」の「笑い男事件」発生日03:48 インターネットやITな仕事をする者には原作マンガもアニメも必須視聴作品05:55 デジタルな世界でのアイデンティティ、デジタルと生命体などの深いテーマが扱われている09:11 現在でも描かれる攻殻機動隊の派生漫画と、原作者(士郎正宗氏)からの長大なメモ12:17 現在のインターネットや技術の発展を見越していた世界観を1980年代にどうやって作ったか?13:04 SFや空想よりも現実の科学の研究トピックが先行し、インスピレーションの元になっていた時代14:03 雑誌「NEWTON」最先端の研究結果(進化論、ビッグバン理論、ワープ等)が毎週掲載され未来予測されていた16:46 「生命体と名乗るAIがあなたのところにやってきて融合を求められたら受け入れてやって」18:16 国家同士の争いをストーリーにすると壮大な世界観に20:07 何かひとつだけ現実では起こらないことを入れて、あとは現実にある内容にするとストーリーが面白くなる22:12 攻殻は化粧や家事している間にBGMとして聞く。映像は脳内に勝手に再生される24:56 笑い男もすごい先というより地続きの未来という感じ26:45 一部の技術が超進化して、あとは今の日常の延長線にあるという描き方(一箇所だけ現実と違うものを描くストーリー手法)エピソード内で取り上げた情報へのリンク: 攻殻機動隊グローバルサイト(公式) 原作者・士郎正宗が語る『攻殻機動隊』#01テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takorattaプロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52 上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep67 ゲームへの偏見は過去のもの − 伝統的エンタメ企業がゲームに求めるものとは

ep67 ゲームへの偏見は過去のもの − 伝統的エンタメ企業がゲームに求めるものとは

Feb 14, 2024 31:03 Mika Ueno Nobuhiro Seki Takuya Oikawa

ディズニーが大型出資をするなどエンタメ事業にゲームは欠かせない。ヤクザゲーム「龍が如く」が多様性を意識するなど、ゲーム業界も変わりつつある。01:06 (及川)自分が出ていない回を聞いてみて思ったこと03:58 ディズニーがEpic Gamesに1.5Bドル出資のニュース05:12 ディズニーのゲーム企業への出資はどんな意味がありそうか考えてみる08:16 一通りのゲーム機はあるがディスプレイにつないで放置状態09:04 ゲームする人を理解できなかった自分が、ゼルダに没頭し最近では8番出口にも興味津々状態に10:20 映画やドラマ感覚でゲームのストーリーを”観る”楽しみ方12:29 「龍が如く8」ネットや現代社会が抱える問題点が盛り込まれているストーリーと、キャラにしゃべらせることによる伝達法15:27 ゲームの中の多様性(キャラの人種、文化)17:08 「ドラクエ出るから(仕事)休みます」18:26 誰かと一緒にやるゲーム(マリオカート、桃鉄)20:55 ゲームやってることや没頭することへの偏見21:28 テトリスを一定時間やると、トラウマのフラッシュバックが抑えられるという研究結果24:01 バーチャルな世界の中で生きることと、現実世界でのバーチャルなものの受容度28:58 「秒速5センチメートル」ガラケーで女の子宛にメールを書くのに送らない主人公エピソード内で取り上げた情報へのリンク: ディズニー、エピック株式15億ドル相当取得へ-利益見通し予想上回るテック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家 自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋 自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス 自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep66 ディズニーが開発中のXRは床が動く!? 仮想体験を実現するさまざまなアプローチを体験談で語る

ep66 ディズニーが開発中のXRは床が動く!? 仮想体験を実現するさまざまなアプローチを体験談で語る

Feb 7, 2024 29:46 Mika Ueno Nobuhiro Seki

仮想体験といえばゴーグルと考えるのは早計!? 音や振動などを駆使して、仮想世界に没入する新しい方法のアレコレと感想を徒然と話しました01:00 ディズニー・リサーチが開発中のHoloTile(ホロタイル)− 自分が立っている範囲内で歩ける体験が得られる02:19 似たような体験だけと作りが全然違うデバイスへの投資検討エピソード06:06 HoloTileが解決する(かもしれない)実用性へのポイントと自然な体験08:34 床も自分自身も動いていないのに、船に乗って前進している体感を得たときの話 − 音と振動がポイント10:01 デバイスを一切つけない体験設計(USJのクッパJr.のアトラクション)11:22 多くのデバイスをつける体験設計(USJのモンスターハンターVR)と記憶に残っていること14:28 ライゾマティクス x イレブンプレイによるイマーシブ体験「Syn」17:00 坂本龍一さんのMR(Mixed Reality)ライブ「KAGAMI」で体験したこと20:14 虎ノ門の新しいビル内にあるTOKYO NODE、ラスベガスのSphere22:59 Transparent LEDの展示と、興味を喚起する見せ方24:32 もともと家電展示会だったCESの変遷:1990年代、2000年代、2010年代に注目されたものエピソード内で取り上げた情報へのリンク: HoloTile(YouTube) 巨大なかんじきへの投資検討話とクッパJrのアトラクションについて話した回(ep24) Rhizomatiks x ELEVENPLAY Syn KAGAMI BY RYUICHI SAKAMOTO AND TIN DRUMテック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takorattaプロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSekiアメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep65 YouTubeへの登録作業をやりながら、ポッドキャストのプラットフォームについて考えてみた

ep65 YouTubeへの登録作業をやりながら、ポッドキャストのプラットフォームについて考えてみた

Jan 31, 2024 26:10 Mika Ueno Nobuhiro Seki Takuya Oikawa

Google Podcastの終了に伴って新たにYouTubeを配信先に登録。他のポッドキャスト・プラットフォームと異なるYouTubeの特徴や、Googleの狙いを想像してみました01:48 XCrossingの配信先にYouTubeが加わりました03:30 YouTubeに配信するためにやったこと:Googleアカウントを実在する個人として認証・登録する必要あり06:23 コメント、Likeができて、Playlistも作れるのが便利07:53 YouTubeはコミュニティ指向でそのための機能が充実しているが、他の音声プラットフォームでそれが少ないのはなぜ?09:27 Spotifyのコメント入力欄はハードル高し10:42 概要欄に記載しているタイムコードと話したことの要約がYouTubeでちゃんと機能した12:15 YouTubeにポッドキャストをRSS配信すると広告が挿入されるか13:33 考察:Google PodcastからYouTubeに移行しようとしている理由は何か?音声コンテンツの広告市場をどう見ているのか?16:33 2022年のUSのポッドキャストの広告市場は伸びたらしい17:53 Googleの検索結果とポッドキャストの表示20:59 Zencastrの新しい機能も、広告やプロモーションなどビジネス化、マネタイズのほうに重心がある23:04 17Lサイズの加湿器の音がBGMエピソード内で取り上げた情報へのリンク: XCrossing(YouTubeでのチャンネル)※XCrossingの全エピソードがYouTubeでも聞けるようになりました アメリカのポッドキャスト広告市場の伸び(英文・2023年5月記事) Googleの検索結果ページでポッドキャストを表示する機能を廃止(2023年2月)テック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takorattaプロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家自己紹介エピソード ep1, ep2関信浩 @NobuhiroSekiアメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋自己紹介エピソード ep52上野美香 @mikamika59マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランス自己紹介エピソード ep53Official X: @x_crossing_ https://x-crossing.com

ep64 歌舞伎とルパン三世に見る、日本流の文化の受け継ぎ方と、最近話題の著作権の保護期間

ep64 歌舞伎とルパン三世に見る、日本流の文化の受け継ぎ方と、最近話題の著作権の保護期間

Jan 24, 2024 29:18 Mika Ueno Nobuhiro Seki Takuya Oikawa

「ルパン三世」をモチーフにした新作歌舞伎を見て「キャラの立ち方」に感動しつつ、ルパン三世の元ネタや、著作権切れで話題の「蒸気船ウィリー」のミッキーマウスなど「オマージュ」について語りました03:53 ストリーミングで新作歌舞伎「流白浪燦星」(ルパンさんせい)05:06 実在の石川五右衛門と結びつけたストーリーにSF要素も盛り込まれている08:22 歌舞伎の世界でルパン三世がちゃんと再現されている。五右衛門がすごいセクシー09:01 五右衛門とルパンが舞台上でびしょ濡れで対決11:50 三味線で演奏されるルパンのテーマ曲と、オリジナル音楽の著作権13:03 時代劇のキャラを取り込んで復活させているルパン三世の世界観のすごさ14:55 フランスにおける怪盗アルセーヌ・ルパンシリーズと日本のルパン三世18:10 アルセーヌ・ルパンシリーズが著作権の保護期間中に連載開始した日本のルパン三世19:15 カリオストロの城の元ネタはオリジナルのアルセーヌ・ルパンシリーズにあった20:08 「ルパン対ホームズ」の描かれ方、許諾なく出しちゃった問題、その後のキャラクターの改名22:10 江戸川乱歩の作品(怪人二十面相、明智小五郎)へのオマージュは今のアニメにもたくさん23:52 パブリックドメインになった「蒸気船ウィリー」のミッキーマウスがモチーフのホラー映画の予告24:53 「8番出口」ゲーム作者曰く、”類似ゲームが生まれるのはかまわない”25:46 8番出口のおじさんのコスプレ26:16 怪人二十面相がうまれたのは1930年代、そろそろ100年27:23 シャネルの100年前の黒いイブニングドレスが今見ても美しかったエピソード内で取り上げた情報へのリンク: 新作歌舞伎「流白浪燦星」 フランスではルパン三世はエドガー(フランス大使館のポスト) ルパン三世が連載開始したときの著作権 『8番出口』開発者が”類似ゲーム”について言及 8番出口のおじさんのコスプレテック業界で働く3人が、テクノロジーとクリエイティブに関するトピックを、視点を行き交わしながら語り合います。及川卓也 @takoratta プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりの専門家関信浩 @NobuhiroSeki アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資を行う、何でも屋上野美香 @mikamika59 マーケティング・プロダクトマネジメントを手掛けるフリーランスOfficial X: @x_crossing_https://x-crossing.com

植物採集 - 街を歩いて草花の声を聴く

植物採集 - 街を歩いて草花の声を聴く

街の中の草花を撮り歩くフォトクリエイターです。歩いていると名前も知らない草花に出会う。帰宅後、写真を見ながら植物の種類を調べます。どの仲間なのか、どんな特徴なのか、花の季節はいつなのか、何に強く何に弱いのか。調べれば調べるほど楽しくなってくる。 話してほしい草花、質問や感想、応援メッセージは、メールフォーム、コメントでお待ちしています。 お便りフォーム : ⁠https://forms.gle/rA7eYRJgibQBKeem7 Instagram https://www.instagram.com/hatamoto_s/ Threads https://www.threads.net/@hatamoto_s/ X (旧Twitter) ⁠https://twitter.com/plantscast LISTEN : https://listen.style/p/plants

LISTEN_staff_document

LISTEN_staff_document

ドキュメントテスト用です。

LISTEN_staff

LISTEN_staff

テスト用アカウントです。 ポッドキャストの書き起こしサービス「LISTEN」はこちら https://listen.style/p/staff_test?uT1WThX6

mento.fm(メントエフエム)

mento.fm(メントエフエム)

mento.fmは株式会社mentoのメンバーを中心に、プロダクトやビジネスのお話、リアルなスタートアップの実情や日々のイシューについて話していく番組です。 mentoの日常や、仕事内容、メンバーの雰囲気など、リアルな声を通じて知ってもらえるよう、カジュアルな雰囲気でお話していきます。パーソナル・コーチングサービスmento(メント):https://mento.jp/mento採用ページ:https://recruit.mento.co.jp/

耳ヨリな音の話-音マーケティング情報-

耳ヨリな音の話-音マーケティング情報-

様々なゲストと共に、音を使ったマーケティング情報を発信していきます。リスナーとのエンゲージメントを高め、ブランドの理解や共感をつくりやすい「音を使ったマーケティング」について、楽しくそしてわかりやすく、皆様にお届けします。番組の最後には「ゲストが選ぶ神回」のコーナーもあります。音声コンテンツの中から、ゲストが皆様におすすめしたい神回、傑作トーク情報についてお話しいただきます。番組ホストはデジタル広告代理店D2C Rで音のマーケティングを担当している郡茜。 <Twitterハッシュタグ> #ミミヨリ <音マーケティング (note)> https://note.com/d2cradmimi/