研エンの仲

研エンの仲

Ryohei & Ayaka 120 Episodes
Ryohei
Ayaka

「研エンの仲」は、神経科学の研究者 Ayaka (@kayautoka) とソフトウェアエンジニア Ryohei (@fushimir)
の2人によるPodcastです。科学やエンジニアリング、日常の話題についても話しています。

公式Twitter: @KenNaka
Hashtag: #研エンの仲

みなさまからの感想・質問・フィードバックがこのPodcastを続ける糧になっています。Twitterでハッシュタグ #研エンの仲 をつけて投稿していただくか、おたよりフォーム、マシュマロか下記のメールアドレスまでお送りください。

おたよりフォーム: https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfm3NGeT-LdVC-CLYmIUirE9GClBSGnE48RLfXBAVd1FQ54rA/viewform
マシュマロ: https://marshmallow-qa.com/ken_en_no_naka
メールアドレス: ken.en.no.naka.podcast@gmail.com
Listen: https://listen.style/p/kennaka?DFsXuedx

パーソナリティ:
Ryohei (fushimir@) ... エン担当
Ayaka (kayautoka@) ... 研担当

https://podcasters.spotify.com/pod/show/ken-en-no-naka
117 - Interhemispheric Relationship

117 - Interhemispheric Relationship

May 19, 2024 39:58 Ayaka Ryohei

東京とニューヨークの国際遠距離夫婦も2年目に突入! 1年間でLINEの変化を分析、コミュニケーションの変化、うまくいった工夫などを語りました。

116 - コロナ禍、どう乗り越えた?

116 - コロナ禍、どう乗り越えた?

May 4, 2024 36:54 Ayaka Ryohei

忘れてしまう前に、2020年に起こったことを思い出してみよう。意外と語ったことのなかった、コロナ禍の2人の過ごし方。トイレットペーパー、リモートワーク、帰省や結婚式、(mRNA)ワクチン開発など、主に2人の主観的な体験を思い出しながら話しました。

115 - Big red rocks

115 - Big red rocks

Apr 14, 2024 1:33:21 Ayaka Ryohei

NYと東京の中間地点、アメリカ西海岸に集合した旅好き夫婦の2人。サンフランシスコ・ザイオン・グランドキャニオン・ロサンゼルスなどアメリカ西部を巡った旅行を振り返り、思い出に残ったスポットやロードトリップのススメなどを話しました。 実際に訪れた場所の一覧はこちら↓ https://maps.app.goo.gl/SEsKWRT3buLuqDCb7 ・1:00 訪れた都市・スポットの振り返り ・7:00 サンフランシスコ ・11:00 完全自動運転タクシーwaymo / UCSF ・14:00 Mission District ・16:00 Fisherman's Wharf ・17:30 ラスベガス レンタカーを借りる ・22:30 カジノホテルの恐怖 ・32:00 ザイオン国立公園 ・38:00 レイクパウエル ・40:10 レイクパウエルの歴史 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AB%E6%B9%96 ・45:00 ホースシューベンド ・46:00 アンテロープキャニオン ・56:00 国立公園っていいよね ・1:00:00 Ayaka免許取得計画 ・1:05:00 ガソリン価格の違い ・1:07:00 LA 大富豪が建てた美術館 ・1:11:30 NYとLA、比べてどうですか? ・1:14:00 リトルトーキョー ・1:19:00 グリフィス天文台 ・1:22:30 Academy Museum of Motion Pictures

114 - 後悔ってどんな心の動き?

114 - 後悔ってどんな心の動き?

Mar 24, 2024 1:16:40 Ayaka Ryohei

後悔に関する神経活動を調べた研究者にAyakaが会ったことをきっかけに、そもそも「後悔」ってどんな心の動きなのか、どんな実験タスクを組めば後悔を測ることができるのか、あるいは実感としてどういうときに後悔しやすいのか等について語りました。 後悔についてのネズミにおけるの研究 Behavioral and neurophysiological correlates of regret in rat decision-making on a neuroeconomic task | Nature Neuroscience Mice learn to avoid regret | PLOS Biology レストラン列課題:お腹がすいたネズミは4つの "レストラン "で異なる味のついた報酬の連続的オファーに遭遇する迷路で訓練された。ウェイトゾーンで待たなければならない遅延時間(1~30秒、ランダム)を表すトーン音が鳴って、カウントダウンに合わせて音程高が下がり、最後まで待てば報酬が得られる。ネズミがカウントダウンの間にレストランのウェイティングゾーンを出ると、その報酬は得られず、次のレストランで待つかどうかを選ぶ。 ヒトとマウス、ラットにおけるサンクコストの研究(ヒト版ビデオダウンロードタスクの説明もあり) Sensitivity to “sunk costs” in mice, rats, and humans | Science 後悔のタイプとうつ病などの関係に関する論文 後悔タイプI:高値のオファーをスキップした 後悔タイプII:低値のオファーを受け入れた Brain’s Sensitivity to Different Types of Regret May Impact Mood Disorders Like Depression, Mount Sinai Researchers Find 2004年のRedishによる依存症の数理モデルの論文 Addiction as a Computational Process Gone Awry | Science Ayakaらが取り組んだ、行動依存にも適用が可能な数理モデルの論文 Rigid reduced successor representation as a potential mechanism for addiction ↑上の2つのモデルの解説を含む、依存症の強化学習モデル日本語の解説論文 強化学習を用いた依存症の計算論的精神医学研究 行動依存に関する数理モデルのレビュー論文 Computational models of behavioral addictions: State of the art and future directions - ScienceDirect

113 - おでかけの美学

113 - おでかけの美学

Feb 11, 2024 52:08 Ayaka Ryohei

お正月に一時帰国したAyakaの帰国初日のスケジュール。街歩きおでかけのコツ、街のオプティカルフロー、体力管理、親バレなどについて話しました。

112 - すてきなホリディ

112 - すてきなホリディ

Dec 30, 2023 38:06 Ayaka Ryohei

久しぶりのリモート収録。ニューヨークと東京それぞれで過ごしたホリデーシーズン、Podcast Weekend 参加報告、博士審査から始まった2023年の振り返りなどについて話しました。 ---------- 研エンの仲はリスナーのみなさまからの感想をモチベーションに配信を継続しています。下記のおたよりフォームから感想を教えてください。ハッシュタグ #研エンの仲 での感想投稿も大歓迎です。 https://forms.gle/j7dZ7SEoehRHBRAw9

111 - 推し彫刻を語らせてくれ!

111 - 推し彫刻を語らせてくれ!

Dec 22, 2023 58:25 Ayaka Ryohei

Ryoheiが推し彫刻家を語る回。美術に興味を持ったきっかけ、美術館のよさ、アントニ・ゴームリ、ジェームズ・タレルについて話しました。 ---------- 研エンの仲はリスナーのみなさまからの感想をモチベーションに配信を継続しています。下記のおたよりフォームから感想を教えてください。ハッシュタグ #研エンの仲 での感想投稿も大歓迎です。 https://forms.gle/j7dZ7SEoehRHBRAw9 ディアビーコン: ニューヨーク州ビーコンにある現代美術館。元ナビスコの工場を改装した施設で、大規模なインスタレーションや彫刻作品が展示されている。 リチャード・セラー: 大規模な金属作品で知られるアメリカの彫刻家 フリックコレクション: ニューヨークにある美術館で、ヘンリー・クレイ・フリックのコレクションを展示している。 メトロポリタン美術館: ニューヨークにある世界最大級の美術館。 ゴーギャン: ポール・ゴーギャンはフランスの後期印象派の画家で、南太平洋の風景や人々を描いた作品で知られている。 フェルメール: ヨハネス・フェルメールはオランダの画家で、日常生活を描いた作品が多い。 河原音: 日本の美術家。1966年から日付を毎日描きつづけた”Today”で知られる。 グッゲンハイム美術館 : ニューヨークの美術館。フランク・ロイド・ライトによる建築。 エル=グレコ: ルネサンス期の画家。ギリシャに生まれ、スペインに渡り多くの宗教画を残した。 大原美術館: 倉敷に1930年設立された日本初の市立美術館。大原孫三郎によって創立された。本館にはエル・グレコ作『受胎告知』、クロード・モネ作『睡蓮』、ルノワール、ゴーギャンなどが展示されている。 我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこに行くのか: ゴーギャンによる海外。タイトルは、ゴーギャンが幼少期にカトリック司教から受けたキリスト教の教理問答から。 アントニー・ゴームリ: イギリスの美術家。自分の身体をモデルにした彫刻群で知られる。 ジェームズ・タレル: アメリカ合衆国の現代美術家。主として光と空間を題材とした作品を制作している。光を知覚する人間の作用に着目し、普段意識しない光の存在を改めて認識させようとするインスタレーションを多数制作している。 ローデンクレーター: タレルはアリゾナ州郊外にある火山の噴火口(クレーター)を購入し、その縁を完全に円形にする土木作業を行っている。完成したクレーターは宇宙のパノラマを眺める巨大な裸眼天文台となる。 ブループラネットスカイ: 地中美術館や金沢21世紀美術館に常設設置されているタレルの代表作。空が四角く切り抜かれることで平面的に見える

110 - Behind the Token

110 - Behind the Token

Dec 8, 2023 55:04 Ayaka Ryohei

ボードゲーム作家 @nawafuji をゲストに招き、昨年発表のヒット作『プラネピタ』および新作『ラフレシアン』2つのゲームの制作秘話、ルールやコマ、説明書に込めたこだわり、制作で大切にしていることなどを聴きました。 (時差の都合でAyakaはお休みです!) 『ラフレシアン』は2023年12月9・10日開催の「ゲームマーケット2023」にて販売予定、『プラネピタ』は2024年春の商品化・流通に向けて準備中とのことです。 2:00 「プラネピタ」のゲーム紹介 8:00 磁石がくっつく特殊な素材の紙、どうやって見つけてきた? 13:00 ボドゲ作るときに、テーマとルール、どちらを先に考える? 16:00 プラネピタの「説明書」に込めたこだわり 実際の説明書はこちら→ https://gamemarket.jp/blog/181645 27:30 アークライト・ゲーム賞2022 商品化とは? 32:30 「ラフレシアン」のゲーム紹介 ゲームマーケット - 国内最大のアナログゲームイベント。いわゆるボードゲーム界の同人即売会。今年2023年秋は12月9日・10日東京ビックサイト。 45:30 モチーフの由来 聴き手: Ryohei (研エンの仲) ゲスト: 藤縄英佑 (SzpiLAB) 「研エンの仲」は、神経科学の研究者 Ayaka (@kayautoka) とソフトウェアエンジニア Ryohei (@fushimir) の2人によるPodcastです。科学やエンジニアリング、日常の話題についても話しています。 公式Twitter: @KenNaka Hashtag: #研エンの仲 みなさまからの感想・質問・フィードバックがこのPodcastを続ける糧になっています。Twitterでハッシュタグ #研エンの仲 をつけて投稿していただくか、おたよりフォーム、マシュマロか下記のメールアドレスまでお送りください。 おたよりフォーム: https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfm3NGeT-LdVC-CLYmIUirE9GClBSGnE48RLfXBAVd1FQ54rA/viewform マシュマロ: https://marshmallow-qa.com/ken_en_no_naka メールアドレス: ken.en.no.naka.podcast@gmail.com

109 - Anatomy of Everything

109 - Anatomy of Everything

Dec 2, 2023 50:19 Ayaka Ryohei

1:00 - ブルックリン・ネッツ - ニューヨークに本拠地を置くNBAチーム。 4:00 - "NBA Chants" で検索すると応援の雰囲気がわかります 8:00 - (本題) アメリカ自然史博物館の「脊椎動物の進化」セクションがすごかった話 アメリカ自然史博物館 - ニューヨークにある、映画『ナイト・ミュージアム』の舞台にもなった科学博物館。 20:00 始祖鳥 (しそちょう) - ラテン語名は Archaeopteryx ("古代の翼")で、日本語のように"最初の鳥"という意味があるわけではありませんでした。 21:00 サディ・カルノーの熱機関に関する研究は1820年頃から。熱力学第一法則・第二法則は1850年代に確立された。 22:00 - 原島広至『英語解剖図鑑』(KADOKAWA) 30:00 - "Address" の進化の歴史。 37:00 - 著者紹介の全文引用: "歴史・サイエンスライター、エディトリアル・デザイナー、マルチメディア・クリエイター。虫入り琥珀、三葉虫の化石、哺乳類や鳥類等の骨格標本、各種骨格模型や医学模型、切絵図等の古地図、戦前の日本各地の絵葉書、戦前の百人一首の絵札のコレクター。趣味に透明標本(透明二重染色標本)の作成、プラナリアの飼育、粘菌(変形菌)の観察、クマムシの観察、カイコの飼育、 紫外線励起蛍光写真(UVIF)の撮影がある。" 38:00 - Youtube 原島 広至さんの本棚 (ドキュメンタリーシリーズ つながる本棚 第十二章)

#108 Welcome back!

#108 Welcome back!

Oct 29, 2023 46:44 Ryohei Ayaka

NY&東京で2拠点生活中の研エン夫婦が3ヶ月ぶりの再会! 離れている間に何してた? 紅葉のニューヨークで何したい? 久しぶりの対面収録をお届けします。 秋のニューヨークで何をする? 離れていた間の過ごし方 ONE PIECEはおもしろい ニューヨークのお鮨屋さん Ayakaへの支援物資 次回収録のアイデア… 論文回, Unicode, DNS

#107 Ask me anything! その2

#107 Ask me anything! その2

Aug 22, 2023 1:55:52 Ryohei Ayaka

いただいた質問、全部答えます!と意気込んで始めたこの企画、2回目の収録ですが、面白いお便りをたくさんいただいてまたしても長編になってしまいました。 「二人は喧嘩するのか?」「Brain OrganoidについてのAyakaの意見」「Ryoheiが学んでいて楽しい技術」「英語で学術研究するべきかどうか」「おすすめのエッセイ」などの質問にお答えしました。 今回お答えした質問は以下の方々からいただきました。本当にたくさんのご質問、ありがとうございました。これからも研エンの仲をよろしくお願いします! しゃけさん uraxさん なかじさん 英語が悩ましいさん 加藤拓也さん Hiroki Ozawaさん せぐめんとぽらりてぃーさん ビーバーナイトさん tomiraさん くもさん べるつりーさん わっふるさん まっちゃんさん Kyojiさん れんれんこ きょうへいさん

#106 激論! ヤードポンド法vsメートル法

#106 激論! ヤードポンド法vsメートル法

Jul 1, 2023 27:29 Ryohei Ayaka

今回は無理やりディベート企画。 ニューヨークにすっかりかぶれた(という設定の)Ryoheiが、インチ・オンス・華氏などアメリカで使われている独特な単位の利点を主張し、国際標準メートル法を推すAyakaに挑みます。無謀に思える挑戦、果たして勝ち目はあるのか? ヤード・ポンド法 ヨーロッパ各国ではかつて広く用いられていたが、すでにメートル法に移行した。 発祥のイギリスでも、道路標識やビアパブなどの例外を除き公式には使われなくなった。 インチ  (2.54センチ) フィート (12インチ, 30.5センチ) ヤード (3フィート 0.9m) マイル (1760マイル, 1.6km) 平方フィート (0.9m2) 華氏 vs 摂氏 ファーレンハイトが華氏の温度目盛の基準に使ったのは、0度に関して「とても寒い日の気温」「氷と塩の混合物の温度」、100度に関しては「自分の体温」「羊の直腸の温度」など諸説ある。 オンス (28.3g) ポンド (16オンス, 454g) ガロン “国や用途によって各種のガロンの定義があるが、3.7 リットルから 4.6 リットルの範囲内にある。” - Wikipedia アメリカ液量ガロンは231立方インチ (3.78L)  パイント 1/8ガロン (473mL)

#105 ミュージカルの伝道師と語る! 全編ラップの時代劇『ハミルトン』感想とミュージカルの魅力

#105 ミュージカルの伝道師と語る! 全編ラップの時代劇『ハミルトン』感想とミュージカルの魅力

Jun 25, 2023 54:11 Ryohei Ayaka

1週間のNY滞在で6回ブロードウェイに通う!?という大のミュージカル好きLisaさんを招き、ミュージカルにハマったきっかけとなった『オペラ座の怪人』の話、3人で観たアメリカ建国物語『ハミルトン』の感想、ミュージカル初心者向けのおすすめ作品、パリでの『オペラ座』訪問なども語りました。 『オペラ座の怪人』1986年初演の、オペラ座の地下深くに棲む「オペラ座の怪人」と歌姫クリスティーヌの悲哀を美しく厳かに描いたミュージカル。ブロードウェイ史上最長のロングランであり、観客動員数1億5千万人、世界興行収入56億ドルは(映画を含む)あらゆるエンターテイメント作品の中で最高でもある。アンドリュー・ロイド・ウェバーが作曲。 『オペラ座の怪人 25周年記念公演』言及されている記念公演の映像。今ならAmazonプライムで299円でレンタルできます! 『ハミルトン』アメリカ建国の父の1人で、10ドル札にも描かれるアレクサンダー・ハミルトンの生涯を描くミュージカル。全編がヒップホップ音楽・ラップで綴られること、歴史上の人物を異なる人種で配役したことなど異色の作品でありながら、トニー賞11部門受賞など興行的にも批評的にも成功した。作曲・作詞・脚本のリン=マニュエル・ミランダが、オリジナルキャスト主演もつとめる。 『ジーザス・クライスト・スーパースター』 聖書を題材にイエス・キリストの最後の7日間を描いた、台詞のない音楽と歌曲のみで物語が進行するロック・オペラ。アンドリュー・ロイド・ウェバーが作曲。 『バッドシンデレラ』 ブロードウェイではわずか約3ヶ月で閉幕となった。アンドリュー・ロイド・ウェバーが作曲。 『レ・ミゼラブル』同名のヴィクトル・ユゴーによる小説をもとにしたフランス革命期が舞台のミュージカル、およびミュージカル映画。 ※ニューヨークでの収録環境整備中につき、マイクの違いで普段と異なる音響となっています。ご了承ください。

#104 自分らしさとプライド月間

#104 自分らしさとプライド月間

Jun 7, 2023 56:05 Ryohei Ayaka

6月の「プライド月間 (Pride Month)」に伴い、共通のテーマとして「プライド…自分のセクシュアリティに、自分自身に、自信を持って恥じることなく生きる」を掲げて複数のポッドキャスト番組が連動し、三十日間リレー形式で配信を行う企画 #三十日間の新聞 に参加しました! NYに引っ越して異国で経験するプライド月間について、その起源に関する諸説や、人種やセクシャリティーについて先入観を持って・持たれてしまう難しさ、代名詞の問題、自分のセクシュアリティや自分らしさについての葛藤などについて話しました。 ストーンウォールの反乱と「プライド月間」の発祥 シングルアゲイン - Netflix のドラマ NYガールズダイアリー - Netflix のドラマ NOISE - ノンバイナリーな代名詞「They」は日本語でなんという? 同性婚のパートナーはビザを取得できる? - 日本のビザ事情。(本国で同性婚が認められている) 外国人同士の同性婚カップルで、一方に在留資格がある場合、他方には「特定活動ビザ」の在留資格を与える取り扱いがあるが「家族滞在ビザ」「永住者の配偶者等ビザ」で違い就労制限がある。また、日本人と外国人のカップルには認められていない。

#103 Hello New York!

#103 Hello New York!

Jun 4, 2023 29:06 Ayaka Ryohei

無事ニューヨークに引っ越した2人が、船便なしのセルフ引っ越し、隣の芝は青い、街並みの違い、"BLUE GIANT"など近況について話しました。

#102 作曲家ってどんな仕事? AIとエンタメの共存を考える (ゲスト: 赤澤佑さん @yusekizawa)

#102 作曲家ってどんな仕事? AIとエンタメの共存を考える (ゲスト: 赤澤佑さん @yusekizawa)

Jun 1, 2023 58:50 Ryohei

ep100 でお披露目した研エンの仲の新オープニング・エンディングの作曲を依頼した、作編曲家の赤澤佑さんをゲストに招き、新OP/EDのラフから完成までの作曲過程、作曲家ってどんな仕事?、フリーランスエンジニアの仕事との両立、AIを用いた / AIによる作曲技術などについて聞きました。 赤澤佑さん (⁠⁠プロフィール⁠⁠, ⁠⁠Twitter⁠⁠) 赤澤さんによる 今回話したトピックのまとめ note MusicLM - テキストから音楽を生成する機械学習モデル。55,000の音楽とテキストのペアを用いて学習された。(エピソード中にサンプル音声を引用) Riffusion - Stable Diffusion (テキストから画像を生成するモデル) を用いてスペクトログラムを生成することで、テキストから音声の生成を実証した生成モデル。(エピソード中に生成結果を引用) Bark - テキストから人の話し声・効果音・音楽などの音声を生成する機械学習モデル。(エピソード中に生成結果を引用)

#101 Ask me anything! その1

#101 Ask me anything! その1

May 14, 2023 1:02:41 Ryohei

「帰省したときに必ず買うおみやげ」「仕事しなくてよくなったら何がしたい?」「2人のリスク許容度」「習慣を立て直す方法」などなど、100エピソード記念のAsk me anything企画でいただいた質問に答えました。 今回お答えした質問は以下の方々からいただきました。残りの質問は後ほどお答えします! けいさん ピンポントマトさん トラトラさん 学芸員課程履修中さん 埼玉の新参者さん Tomoki Kitawakiさん アサミさん カニスープさん とんぼさん aimerさん 2・1・3さん

#100 新しい音楽で新しい街へ

#100 新しい音楽で新しい街へ

Apr 16, 2023 47:45 Ryohei

皆様の応援のおかげで遂に100回を迎えた「研エンの仲」が新しいオープニング、エンディング曲と共にリニューアルしました!2人からイメージなどを伝えて、赤澤佑 (@yusekizawa)さんに作曲していただいたオリジナル楽曲です。 2人の今後と、Ayakaの博士号取得後の進路についてもお知らせがあります。 新しい街からお届けする、これからの研エンの仲「シーズン2」も楽しんでいただければ幸いです。 ■ Ask me anything (AMA) エピソード100回を記念して、「Ask me anything」企画を行います。おたよりフォームから公開から2週間の間に送ってくださった質問にできるかぎりすべて答えます!期限までにおたよりフォームに送付先住所を書いてくださった希望者の方には、研エンの仲オリジナルステッカーをプレゼントします。国外への送付も対応しています。 おたよりフォームはこちら → https://t.co/US3hyl4W10 100回を迎えるまで支えてくださったリスナーのみなさん本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします!

#99 Starway to the future

#99 Starway to the future

Apr 2, 2023 1:16:04 Ryohei

近況報告回。さいきん参加したワークショップや脳科学イベント、そして観た・読んだコンテンツについて語りました。 CPSYコース 東京 2023 - 計算論的精神医学コロキウム主催のワークショップ 理研CBS NeuroSquare 脳とこころのライブトーク - HAKWAN LAU氏、および林(高木)朗子氏の講演について触れています。 Everything Everywhere All At Once (2022) Turning Red (2022) - PIXARアニメ。邦題は "私ときどきレッサーパンダ" Swiss Army Man (2016) - ダニエルズ監督の出世作。死体役の主演も"ダニエル"・ラドクリフ THE FIRST SLAM DUNK (2022) アイカツ! 10th story 未来へのStarway (2023) アイカツ! - 2012年から放送されたアニメシリーズ。アイドル養成学校スターライト学園で切磋琢磨するアイドルたちを描く。 響け! ユーフォニアム - 2015年に1期、2017年に2期が放送された京都アニメーション制作のアニメ作品 ハイパーインフレーション - 精巧な贋札を身体から生み出す能力を得た少年ルークと、帝国や奴隷商人たちが経済的攻防戦を繰り広げる経済バトル漫画。

#98 上京ものがたり・後篇

#98 上京ものがたり・後篇

Mar 19, 2023 2:06:58 Ayaka Ryohei

大きな反響があった前編ep96に引き続き、留学や研究内容について言及した後編をお届けします。何やかんやでイギリスに留学することができたAyakaの現地での生活、そして帰国後の博士課程で行ってきた一連の研究内容、どんなことに興味を持って研究してきたのかについて語りました。 前回のあらすじ (by Ryohei) 私、あやか。佐世保に住んでいるごくごく普通の中学2年生 (←正しくは高校生)。東大のオープンキャンパスで聴いた講義がとっても面白くって、研究者になることを決意! なんやかんやあって進学した大学の講義で運命の研究に出会っちゃった! イギリス留学を決心した私に立ちふさがるのは、面接、奨学金、とっても厳しい英語のテスト。いったい私どうなっちゃうの〜? オックスフォード大の修士+博士プログラム https://www.neuroscience.ox.ac.uk/1-plus-3-Doctoral-Programme-in-Neuroscience 修士留学に関する記事・講演 https://gakuiryugaku.net/seminar/3068 https://www.youtube.com/watch?v=1xwp5X4YbSU 長期休み中のアイスランド旅行記&写真 https://rfushimi.hatenablog.jp/entry/2019/04/20/233745 https://kuragekato.hatenablog.com/entry/2019/04/20/224537 ゴールに向かってゆっくり上昇するドーパミンシグナルを減衰項付き強化学習で説明する論文 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fncir.2014.00036/full ドーパミンの減少によってなぜやる気の低下が起きるのかについての数理モデルの論文 https://journals.plos.org/ploscompbiol/article?id=10.1371/journal.pcbi.1005145 ハエのドーパミン細胞が匂いの好き嫌いに応じて異なる活動を示し、匂いの価値表現が嗅覚細胞からドーパミン細胞の間で変換される過程の分析や、行動や回路への影響を検証した研究のプレプリント版 https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2022.08.17.504092v1.abstract 計算論的精神医学のデータベース論文 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyt.2020.578706/full 行動依存症に適用可能な強化学習のモデルの論文 https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/ejn.15227 行動依存症の数理モデルのレビュー論文 https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0306460322003616

Mijakure Podcast

Mijakure Podcast

A podcast project for Japanese learners. Random talk episodes with transcripts for those who are tired of textbooks' unhelpful speech style.

へんなお茶会

へんなお茶会

「へんなお茶会」は普段使ってる名前を替えて話す遊びです。複数人で収録し、盛り上がった部分だけ公開しています。 ぜひ、小耳にお挟みください。 https://listen.style/p/hennaochakai?1uQZivov

小林希「島を歩く」

小林希「島を歩く」

島国の日本には、北海道、本州、四国、九州を含めて6852の島があります。それぞれに歴史があり、景色の移ろいも違います。 旅作家の小林希(のぞみ)さんが産経新聞に連載中の「島を歩く 日本を見る」は、小林さんが実際に島の土地を踏みしめながら、国の表情や陰影を浮き上がらせています。この番組では、小林さん本人のナレーションでお届けします。 【語り手】小林希:旅作家/フォトグラファー/離島アドバイザー 2011年から世界放浪の旅をはじめ、2014年に作家デビュー。旅先での体験を綴り、文庫本や単行本、フォトブックなどを出版。主なテーマは『旅』『島』『猫』。自分の足で歩いて取材しています。   番組のフォローと高評価をお願いします!Apple Podcastでは皆様のレビューも募集しています。 ■産経Podcast オススメのエンタメ番組 ・『シネマプレビュ-』:映画館で公開中/公開直前の作品から、産経新聞文化部、映画担当の編集委員がピックアップした「プレビュー」をお届け ■番組SNSでは最新情報をお届け・Twitter ・Facebook  ■産経Podcast 公式ウェブサイト・https://sankeipodcast.com/ ■産経iD 公式ウェブサイト・https://id.sankei.jp/※会員登録(無料)することで、会員限定のPodcastコンテンツを聴くことができます。 ■産経Podcastとは新聞紙面では伝えきれない情報を、産経新聞社の精鋭記者陣が厳選。インタビュー、ドキュメンタリー、歴史、エンタメなど、15タイトル以上のオリジナル音声コンテンツをお楽しみください。       

日本語教師まっちゃんの情熱RADIO♪

日本語教師まっちゃんの情熱RADIO♪

ビール🍻犬🐕カープ⚾️が好きな日本語教師 です。シンガポール生まれ🇸🇬広島育ち。多文化共生社会、やさしい日本語 が普及してほしい。日本に関心がある外国人のサポートが仕事。がんばれ、日本🇯🇵! https://listen.style/p/hideki45age?gjAWo8DQ

YCAMぐるぐるラジオ

YCAMぐるぐるラジオ

このラジオでは、山口情報芸術センター[YCAM]が、アーティスト、リサーチャー、山口のひとたちと共に、メディアテクノロジーのこと、アート作品のこと、くらしのことなど、様々な問いを立てたり、悩みを相談したり、そんな「頭をぐるぐる動かしている様子」を発信します。 「ぐるぐる相談室」のコーナーでは、テクノロジー/アート/くらしにまつわるお悩み・質問を募集しています。アーティスト、リサーチャー、山口の人などYCAMの周囲の人々や、YCAMスタッフと一緒に、日々思っていること・気になっていることを一緒に考えてみませんか? [送り先] メールアドレス:Information@ycam.jp ※メールの件名は「YCAMぐるぐるラジオ」でお願いします! listen https://listen.style/p/ycam_guruguru_radio?KBCXvKvo 音楽:石井栄一、中上淳二