4象限

四象限de考えるシリーズ

感情のトレランスと思考の4象限|共存する智慧
LISTEN to me! LISTEN to me!

感情のトレランスと思考の4象限|共存する智慧 ¥55

Mar 27, 2024 09:54 はじめ 1 Star

感情のトレランスと思考の4象限、共存する智慧について話します。感情のトレランスと思考の4象限が共存に不可欠であり、人間関係において寛容さとトレランスの精神が重要であることを説明しています。共存のための技術 新版―政治学入門Recommendation|noteホモ・サピエンスは二項対立思考と不寛容を超えられるか?ぼのぼの話 〜About Bonobosreferences|note信頼とは関係性のイノベーションである 好奇心は恐怖心を克服するか-信頼と共有〜ヒトとメディアとソーシャルネットワーク-〔閑話〕人『ヒトは〈家畜化〉して進化した』〔本〕人

RSSフィードをめぐる4象限 ②《RSSの配給と配信をめぐる4象限》|四象限de F02|
AIvism AIvism

RSSフィードをめぐる4象限 ②《RSSの配給と配信をめぐる4象限》|四象限de F02| ¥50

Feb 28, 2024 09:13 はじめる Camp@Us 1 Star

音声配信とRSSをめぐる4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME現在の景色 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME音声配信とかつてのRSS配給/配信《棲み分け期》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME音声配信とRSS配給/配信の未来《配給/配信の統合から融合へ》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME

RSSフィードをめぐる4象限 ①《ホスティングと聴取プラットフォームの現在》|四象限de F01|
AIvism AIvism

RSSフィードをめぐる4象限 ①《ホスティングと聴取プラットフォームの現在》|四象限de F01| ¥50

Feb 28, 2024 09:59 はじめる Camp@Us 4 Stars

LISTEN to Podcasts! for BeginnersそもそもPodcastってなあに?|はじめてのポッドキャスト①そもそもPodcastのしくみって?|はじめてのポッドキャスト②©︎2023 TAKAHASHI HAJIME聴取プラットフォームとホスティング|はじめてのポッドキャスト②かつての景色 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIMEホスティングサービスから聴取プラットフォームにRSSフィードを飛ばすのがポッドキャスト ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME音声配信とRSSをめぐる4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIMEPodcast・音声配信とRSS対応 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME変動期の到来 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME現在の景色 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME

音声配信を4象限で考える《OnDemand/ミニマム編集の4象限》②|四象限de V06|
AIvism AIvism

音声配信を4象限で考える《OnDemand/ミニマム編集の4象限》②|四象限de V06| ¥95

Feb 25, 2024 12:20 はじめる Camp@Us 2 Stars

V05からの続きになります。四象限de V05|音声配信を4象限で考える《OnDemand/ミニマム編集の4象限》①① 音声配信の4象限(ミニマム編集とマキシマム編集/ライブとオンデマンド)「ヒトは4象限で考える」シリーズの第1弾では、音声配信を4つの象限に分けることが紹介されています。このシリーズでは、ライブとオンデマンド、ミニマム編集とマキシマム編集という軸で音声配信が分類され、その中でもミニマム編集オンデマンド領域が新たな可能性を秘めていることが示されています。《OnDemand/ミニマム編集の4象限》《OnDemand/ミニマム編集の4象限》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME今後のPodcasts展開を考える4象限 ②垂直性と水平性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME《OnDemand/ミニマム編集の4象限》の現在 ②垂直性と水平性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME《OnDemand/ミニマム編集の4象限》の未来 ②垂直性と水平性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIMEこのエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。

音声配信を4象限で考える《OnDemand/ミニマム編集の4象限》①|四象限de V05|
AIvism AIvism

音声配信を4象限で考える《OnDemand/ミニマム編集の4象限》①|四象限de V05| ¥125

Feb 25, 2024 11:07 はじめる Camp@Us 2 Stars

① 音声配信の4象限(ミニマム編集とマキシマム編集/ライブとオンデマンド)「ヒトは4象限で考える」シリーズの第1弾では、音声配信を4つの象限に分けることが紹介されています。このシリーズでは、ライブとオンデマンド、ミニマム編集とマキシマム編集という軸で音声配信が分類され、その中でもミニマム編集オンデマンド領域が新たな可能性を秘めていることが示されています。音声配信の4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME《OnDemand/ミニマム編集の4象限》《OnDemand/ミニマム編集の4象限》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME今後のPodcasts展開を考える4象限 ①更新頻度と個人性/社会性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME《OnDemand/ミニマム編集の4象限》の現在 ①個人性/社会性とトーク性/ニュース性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME《OnDemand/ミニマム編集の4象限》の未来 ①個人性/社会性とトーク性/ニュース性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME四象限de V06|音声配信を4象限で考える《OnDemand/ミニマム編集の4象限》② に続くこのエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。

四象限を4象限で考える ⓪|四象限de 00|
はなし処 はなし処

四象限を4象限で考える ⓪|四象限de 00|

Feb 16, 2024 06:01 はじめる Camp@Us 2 Stars

象限とは?数学のグラフなどで出てくる必須知識右上にあたるものを第1象限といい、ここから反時計回りに左上が第2象限、左下が第3象限、右下が第4象限となります。これは必ず覚えましょう。高校の数学で問題がでる時に多いのが、この座標はどの象限に位置するのか答えよというものです。この時に着目するのは、数字そのものではありません。どの象限になるのかで大切なのは、XとYにおける正負です。受験のミカタより引用これでは、受験のミカタにはなっても思考の味方にはならないですね。。。なぜ、右上が第一象限なのか。なぜ、右下が第四象限なのか。なぜ、反時計回りなのか。納得のいく回答がネット上では見当たりませんでした。ということで、四象限を4象限で考えてみました。私の頭ではここまでが限界です。ぜひ明快な解答がほしいところです。。。

今後のPodcasts展開を4象限で考える ②《垂直性と水平性/リスナーと配信者》|四象限de P02|
AIvism AIvism

今後のPodcasts展開を4象限で考える ②《垂直性と水平性/リスナーと配信者》|四象限de P02| ¥80

Feb 15, 2024 14:00 はじめる Camp@Us 3 Stars

② 垂直性と水平性/リスナーと配信者|声日記を4象限で考える声日記をパーソナル・ソーシャルと位置づけると、声日記の旧来のポッドキャストとの違いが鮮明化します。また、文字配信やダイアリーなどとの関係性も考慮し、配信者とリスナーの関係は水平なのか垂直なのかを考えます。声日記を考える4象限 ②垂直性と水平性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME②' 垂直性と水平性/リスナーと配信者|今後のPodcasts展開を4象限で考える「声日記を4象限で考える」シリーズと「今後のPodcast展開を4象限で考える」のシリーズは一つのまとまりであり、新たな音声配信の形態が出てくる中で、垂直性と水平性、配信者とリスナーの関係性の4つの要素が重要です。この話では、垂直性と水平性を考慮した配信者とリスナーの関係の変化について述べられています。また、SNS化したポッドキャストが第四象限に進出する可能性もあります。今後のPodcasts展開を考える4象限 ②垂直性と水平性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME

今後のPodcasts展開を4象限で考える ①《更新頻度/個人性と社会性》|四象限de P01|
AIvism AIvism

今後のPodcasts展開を4象限で考える ①《更新頻度/個人性と社会性》|四象限de P01| ¥80

Feb 15, 2024 14:18 はじめる Camp@Us 3 Stars

① 更新頻度/個人性と社会性|声日記を4象限で考えるLISTENというプラットフォームにより声日記というポッドキャストの新しい形が生まれています。声日記は更新頻度が高く、パーソナル性とソーシャル性の両方を持つ特徴があります。旧来型のポッドキャストや文字配信との関係を考えると、声日記はパーソナルな要素が強く、ミニマム編集を含んだ無編集の配信が可能です。声日記を考える4象限 ①更新頻度と個人性/社会性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME①' 更新頻度/個人性と社会性|今後のPodcasts展開を4象限で考える「今後のPodcasts展開を4象限で考える」の第1部ですね。更新頻度と個人性と社会性についてです。実は、これは「声日記を4象限で考える」の第1部とセットなんです。なぜなら、声日記がPodcastの世界や音声配信の世界に新しいジャンルを切り開いたからです。更新頻度が高くなることで、ポッドキャストは短時間でソーシャルなオンデマンド配信に移行します。その結果、第2象限の存在が増え、ショートポッド化が進んでいます。今後のPodcasts展開を考える4象限 ①更新頻度と個人性/社会性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIMEこのエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。

声日記を4象限で考える ②《垂直性と水平性/リスナーと配信者》|四象限de D02|
AIvism AIvism

声日記を4象限で考える ②《垂直性と水平性/リスナーと配信者》|四象限de D02| ¥50

Feb 14, 2024 09:52 はじめる Camp@Us

⓪ ミニマム編集とマキシマム編集/LIVEとOnDemand|音声配信を4象限で考える〔まとめ〕番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。① 更新頻度/個人性と社会性|声日記を4象限で考えるLISTENというプラットフォームにより声日記というポッドキャストの新しい形が生まれています。声日記は更新頻度が高く、パーソナル性とソーシャル性の両方を持つ特徴があります。旧来型のポッドキャストや文字配信との関係を考えると、声日記はパーソナルな要素が強く、ミニマム編集を含んだ無編集の配信が可能です。①' 更新頻度/個人性と社会性|今後のPodcasts展開を4象限で考える「今後のPodcasts展開を4象限で考える」の第1部ですね。更新頻度と個人性と社会性についてです。実は、これは「声日記を4象限で考える」の第1部とセットなんです。なぜなら、声日記がPodcastの世界や音声配信の世界に新しいジャンルを切り開いたからです。更新頻度が高くなることで、ポッドキャストは短時間でソーシャルなオンデマンド配信に移行します。その結果、第2象限の存在が増え、ショートポッド化が進んでいます。② 垂直性と水平性/リスナーと配信者|声日記を4象限で考える声日記をパーソナル・ソーシャルと位置づけると、声日記の旧来のポッドキャストとの違いが鮮明化します。また、文字配信やダイアリーなどとの関係性も考慮し、配信者とリスナーの関係は水平なのか垂直なのかを考えます。声日記を考える4象限 ②垂直性と水平性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME②' 垂直性と水平性/リスナーと配信者|今後のPodcasts展開を4象限で考える「声日記を4象限で考える」シリーズと「今後のPodcast展開を4象限で考える」のシリーズは一つのまとまりであり、新たな音声配信の形態が出てくる中で、垂直性と水平性、配信者とリスナーの関係性の4つの要素が重要です。この話では、垂直性と水平性を考慮した配信者とリスナーの関係の変化について述べられています。また、SNS化したポッドキャストが第四象限に進出する可能性もあります。このエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。

声日記を4象限で考える ①《更新頻度/個人性と社会性》|四象限de D01|
AIvism AIvism

声日記を4象限で考える ①《更新頻度/個人性と社会性》|四象限de D01| ¥50

Feb 14, 2024 11:07 はじめる Camp@Us

⓪ ミニマム編集とマキシマム編集/LIVEとOnDemand|音声配信を4象限で考える〔まとめ〕番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。① 更新頻度/個人性と社会性|声日記を4象限で考えるLISTENというプラットフォームにより声日記というポッドキャストの新しい形が生まれています。声日記は更新頻度が高く、パーソナル性とソーシャル性の両方を持つ特徴があります。旧来型のポッドキャストや文字配信との関係を考えると、声日記はパーソナルな要素が強く、ミニマム編集を含んだ無編集の配信が可能です。声日記を考える4象限 ①更新頻度と個人性/社会性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME①' 更新頻度/個人性と社会性|今後のPodcasts展開を4象限で考える「今後のPodcasts展開を4象限で考える」の第1部ですね。更新頻度と個人性と社会性についてです。実は、これは「声日記を4象限で考える」の第1部とセットなんです。なぜなら、声日記がPodcastの世界や音声配信の世界に新しいジャンルを切り開いたからです。更新頻度が高くなることで、ポッドキャストは短時間でソーシャルなオンデマンド配信に移行します。その結果、第2象限の存在が増え、ショートポッド化が進んでいます。② 垂直性と水平性/リスナーと配信者|声日記を4象限で考える声日記をパーソナル・ソーシャルと位置づけると、声日記の旧来のポッドキャストとの違いが鮮明化します。また、文字配信やダイアリーなどとの関係性も考慮し、配信者とリスナーの関係は水平なのか垂直なのかを考えます。②' 垂直性と水平性/リスナーと配信者|今後のPodcasts展開を4象限で考える「声日記を4象限で考える」シリーズと「今後のPodcast展開を4象限で考える」のシリーズは一つのまとまりであり、新たな音声配信の形態が出てくる中で、垂直性と水平性、配信者とリスナーの関係性の4つの要素が重要です。この話では、垂直性と水平性を考慮した配信者とリスナーの関係の変化について述べられています。また、SNS化したポッドキャストが第四象限に進出する可能性もあります。このエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。

音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand》①|四象限de V01|
LISTEN to me! LISTEN to me!

音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand》①|四象限de V01|

Feb 5, 2024 05:12 はじめ 6 Stars

① 音声配信の4象限(ミニマム編集とマキシマム編集/ライブとオンデマンド)「ヒトは4象限で考える」シリーズの第1弾では、音声配信を4つの象限に分けることが紹介されています。このシリーズでは、ライブとオンデマンド、ミニマム編集とマキシマム編集という軸で音声配信が分類され、その中でもミニマム編集オンデマンド領域が新たな可能性を秘めていることが示されています。音声配信の4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIMEVoicy 音声コンテンツの4象限に言及したエピソード② 文字と音声/ライブとオンデマンドの4象限第2回の音声配信を4象限で考えるシリーズでは、無編集ライブ型の音声配信について話されています。この回では、文字のライブや声日記、そして音声ライブのアーカイブなど、4象限の領域が取り上げられ、新しい音声配信の形態について詳しく解説されています。③ 速報性と既報性/ライブとオンデマンドの4象限「音声配信を4象限で考える」のその③では、LIVEとOnDemandを主軸に分類しており、ミニマム編集とマキシマム編集、音声と文字の関係、速報性と既報性の関連について説明しています。四象限de 04-V|音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。

大学の授業を4象限で考える ①《授業形態の4象限》|四象限de U01|
元学長の 体験的大学論 元学長の 体験的大学論

大学の授業を4象限で考える ①《授業形態の4象限》|四象限de U01|

Feb 5, 2024 10:10 はじめる Camp@Us 4 Stars

① 《授業形態の4象限》オンデマンド型のオンライン授業を全面展開すべきだと考えている大学教員たちによる、日本の大学の授業形態に関連する問題とその解決策について議論しています。授業形態の4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME② 《授業形態と時空の4象限》「大学の授業を4象限で考える」のその2です。授業形態と時空の4象限において、時間と空間軸に授業形態を置いてみると、どのような結果になるのでしょうか。オンライン/オフライン、そして、ライブ/オンデマンドという要素があります。前回のその1では、「大学の授業の4象限を考える」というテーマで、授業形態の4象限について話しました。③《時空の呪縛からの解放/自由な学びへ》「大学の授業を4象限で考える」その3は、時空の呪縛からの解放、そして自由な学びへというタイトルです。このポッドキャストでは、オンデマンドやライブ、オンラインや対面の問題が時間や空間の問題として現れ、教室割や時間割、オフィスアワーや時間割外の教育による不自由や自由が議論されています。

音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand》②|四象限de V02|
LISTEN to me! LISTEN to me!

音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand》②|四象限de V02| ¥50

Feb 6, 2024 09:13 はじめ 2 Stars

① 音声配信の4象限(ミニマム編集とマキシマム編集/ライブとオンデマンド)「ヒトは4象限で考える」シリーズの第1弾では、音声配信を4つの象限に分けることが紹介されています。このシリーズでは、ライブとオンデマンド、ミニマム編集とマキシマム編集という軸で音声配信が分類され、その中でもミニマム編集オンデマンド領域が新たな可能性を秘めていることが示されています。② 文字と音声/ライブとオンデマンドの4象限第2回の音声配信を4象限で考えるシリーズでは、無編集ライブ型の音声配信について話されています。この回では、文字のライブや声日記、そして音声ライブのアーカイブなど、4象限の領域が取り上げられ、新しい音声配信の形態について詳しく解説されています。文字と音声/ライブとオンデマンドの4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME③ 速報性と既報性/ライブとオンデマンドの4象限「音声配信を4象限で考える」のその③では、LIVEとOnDemandを主軸に分類しており、ミニマム編集とマキシマム編集、音声と文字の関係、速報性と既報性の関連について説明しています。四象限de 04-V|音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。このエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。

音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand》③|四象限de V03|
LISTEN to me! LISTEN to me!

音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand》③|四象限de V03| ¥50

Feb 7, 2024 09:44 はじめ 3 Stars

① 音声配信の4象限(ミニマム編集とマキシマム編集/ライブとオンデマンド)「ヒトは4象限で考える」シリーズの第1弾では、音声配信を4つの象限に分けることが紹介されています。このシリーズでは、ライブとオンデマンド、ミニマム編集とマキシマム編集という軸で音声配信が分類され、その中でもミニマム編集オンデマンド領域が新たな可能性を秘めていることが示されています。② 文字と音声/ライブとオンデマンドの4象限第2回の音声配信を4象限で考えるシリーズでは、無編集ライブ型の音声配信について話されています。この回では、文字のライブや声日記、そして音声ライブのアーカイブなど、4象限の領域が取り上げられ、新しい音声配信の形態について詳しく解説されています。③ 速報性と既報性/ライブとオンデマンドの4象限「音声配信を4象限で考える」のその③では、LIVEとOnDemandを主軸に分類しており、ミニマム編集とマキシマム編集、音声と文字の関係、速報性と既報性の関連について説明しています。速報性と既報性/ライブとオンデマンドの4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME四象限de 04-V|音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。このエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。

音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ|四象限de V04|
AIvism AIvism

音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ|四象限de V04|

Feb 8, 2024 05:26 はじめる Camp@Us 1 Star

① 音声配信の4象限(ミニマム編集とマキシマム編集/ライブとオンデマンド)「ヒトは4象限で考える」シリーズの第1弾では、音声配信を4つの象限に分けることが紹介されています。このシリーズでは、ライブとオンデマンド、ミニマム編集とマキシマム編集という軸で音声配信が分類され、その中でもミニマム編集オンデマンド領域が新たな可能性を秘めていることが示されています。音声配信の4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME② 文字と音声/ライブとオンデマンドの4象限第2回の音声配信を4象限で考えるシリーズでは、無編集ライブ型の音声配信について話されています。この回では、文字のライブや声日記、そして音声ライブのアーカイブなど、4象限の領域が取り上げられ、新しい音声配信の形態について詳しく解説されています。文字と音声/ライブとオンデマンドの4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME③ 速報性と既報性/ライブとオンデマンドの4象限「音声配信を4象限で考える」のその③では、LIVEとOnDemandを主軸に分類しており、ミニマム編集とマキシマム編集、音声と文字の関係、速報性と既報性の関連について説明しています。速報性と既報性/ライブとオンデマンドの4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME四象限de 04-V|音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。

ことばの配信をめぐる4象限 ①《ソーシャルメディア 編》|四象限de L01|
AIvism AIvism

ことばの配信をめぐる4象限 ①《ソーシャルメディア 編》|四象限de L01|

Feb 8, 2024 11:26 はじめる Camp@Us 3 Stars

①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。ことばの配信をめぐる4象限《ソーシャルメディア編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。おまけ

ことばの配信をめぐる4象限 ②《視覚/聴覚とことば 編》|四象限de L02|
AIvism AIvism

ことばの配信をめぐる4象限 ②《視覚/聴覚とことば 編》|四象限de L02| ¥50

Feb 9, 2024 11:16 はじめる Camp@Us 4 Stars

①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。ことばの配信をめぐる4象限《視覚/聴覚とことば 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。

ことばの配信をめぐる4象限 ③《時間言語と空間言語/記憶と記録 編》|四象限de L03|
AIvism AIvism

ことばの配信をめぐる4象限 ③《時間言語と空間言語/記憶と記録 編》|四象限de L03| ¥50

Feb 9, 2024 09:35 はじめる Camp@Us 1 Star

①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。ことばの配信をめぐる4象限《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。

ことばの配信をめぐる4象限 ④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》|四象限de L04|
AIvism AIvism

ことばの配信をめぐる4象限 ④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》|四象限de L04| ¥200

Feb 10, 2024 09:49 はじめる Camp@Us 3 Stars

①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。ことばの配信をめぐる4象限《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIMEこのエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。

大学の授業を4象限で考える ②《授業形態と時空の4象限》|四象限de U02|
元学長の 体験的大学論 元学長の 体験的大学論

大学の授業を4象限で考える ②《授業形態と時空の4象限》|四象限de U02|

Feb 11, 2024 08:48 はじめる Camp@Us 4 Stars

①《授業形態の4象限》オンデマンド型のオンライン授業を全面展開すべきだと考えている大学教員たちによる、日本の大学の授業形態に関連する問題とその解決策について議論しています。② 《授業形態と時空の4象限》「大学の授業を4象限で考える」のその2です。授業形態と時空の4象限において、時間と空間軸に授業形態を置いてみると、どのような結果になるのでしょうか。オンライン/オフライン、そして、ライブ/オンデマンドという要素があります。前回のその1では、「大学の授業の4象限を考える」というテーマで、授業形態の4象限について話しました。授業形態と時空の4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME②' 時間割からの解放/教室割からの解放授業形態と時間割・教室割の4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME③《時空の呪縛からの解放/自由な学びへ》「大学の授業を4象限で考える」その3は、時空の呪縛からの解放、そして自由な学びへというタイトルです。このポッドキャストでは、オンデマンドやライブ、オンラインや対面の問題が時間や空間の問題として現れ、教室割や時間割、オフィスアワーや時間割外の教育による不自由や自由が議論されています。

09:54