1. AIvism
  2. 文字起こしのない音声配信は生..
2024-07-01 21:31

文字起こしのない音声配信は生き残れるか -本のない世界-|文字と肉声 ④ ¥300

8 Mentions 2 Comments
spotify apple_podcasts amazon_music

【Voice: Paywalled, Transcript: Fee】有料エピソードの音声は試し聴き(無料プレビュー)ができます。LISTENで購入すると文字起こしの閲覧とコメントができます。

シリーズ「文字と肉声」|文字起こしのない音声配信は生き残れるか

文字起こしのない音声配信は生き残れるか?|文字と肉声 ①

補完しているのはどっちだ⁈|文字と肉声 ②

文字起こしのない音声配信の生存可能性について考えています。視覚と聴覚の関係や文字と音声の問題、生物の進化の歴史を調査しています。音声と文字の補完には社会的なコミュニケーションと過去の自分との対話が含まれています。文字と肉声は相互に補完しあいながら、他者との対話や共有、未来の自分とのコミュニケーションを促進する役割を果たしています。文字と肉声が補完し合うことは当たり前ですが、その関係性について考える必要があります。

生物の進化と目と耳 00:00
耳の進化の謎 06:08
文字と肉声の起源から進化 13:56
文字と肉声の役割と特徴 19:40
文字と肉声の補完関係 26:22

文字のない世界、肉声のない世界|文字と肉声 ③

今回のエピソードでは、文字のない世界と肉声のない世界について考えられています。ホモ・サピエンスの歴史のほとんどは文字のない世界であり、文字のない世界で生きていくことができる一方、肉声のない世界では文字が失われていくだろうという議論もされています。肉声のない世界にはやっぱり文字があったとしても、使われなくなっていっていずれ消滅して、我々は完全に言葉を失っていくと思われます。文字と肉声、どちらが大元かと言えば、音声言語がベースだと考えられています。

目次

文字のない世界 04:00
肉声のない世界 06:32
文字の起源 10:37
肉声のない世界における文字と肉声 14:16
文字と肉声の役割と可能性 16:26

文字起こしのない音声配信は生き残れるか -本のない世界-|文字と肉声 ④

文字と肉声の関係やAI文字起こしの進歩による変化を考え、結果として、「文字起こしのない音声配信は生き残る」という結論に至ります。AIによる文字起こしを通じて読む世界が広がる中、文字起こしのない音声配信が生き残るためにはどのような戦略が必要かを考えています。(AI summary)

目次

文字起こしのない音声配信の生存方法 00:00
文字と肉声の相互補完関係 06:05
文字と肉声の役割とその進化 10:28
「語り本」とは異なる「読み本」の特徴 13:41
音声の編集作業と新たな時代のトレンド 17:57

本のある世界、本のない世界 ©️TAKAHASHI HAJIME 2024

 

reference

シリーズ「AI文字起こし革命の衝撃」

時間革命 〜耳から目へ〜

言文一致への回帰 〜耳と目と〜

書籍革命 〜目から耳へ〜

Nuovo Media Paradiso! ~目も耳も~

Episodes Mentioning This Episode

Playlists Including This Episode

Comments

このシリーズ,とても参考になりました。本の4象限図で非常に見通しが良くなりました。無本というのは,結局ラジオないしそれがオンデマンド化されたポッドキャストなのだと思います。仕事や家事・運転などをしながら,目は使わず耳だけで聴くという需要は確実にあります。ですので,その部分で生き残ると思います。他方,情報を得る手段としての本は,語り本と読み本のハイブリッド本が実現すれば,それだけで読み本にもなるし聴き本にもなるし,もちろん読んで聴ける語り本にもなるので,最強だと思います。つまり,ラジオ・ポッドキャストと語り本・読み本の二極化が進むのかなと考えました。

いつもありがとうございます♪ ちょっと強気の価格設定にさせていただきました。 二極化ですね。間違いなく。 読まないホモ・サピエンスと、語って読むホモ・サピエンスと。そして書くホモ・サピエンスは絶滅する?笑 エディティング脳力が問われる時代になってきたのかもしれません。

Scroll
This is a paid episode

To listen to this episode, please purchase it.

Free Preview

Price: ¥ 300