AIvism

AIvism

Camp@Us 16 Episodes 3 Followers
1 Playlist
はじめる Camp@Us

【AI進化時代の音声配信とソーシャルメディア】
Investigate trends in voice input, audio streaming, podcasting, and social media to provide information on the latest developments.

※LISTENでこの番組をフォローすると音声をテキストで読むことができます。
https://listen.style/p/aivism
▷応援する(サポートする)
https://open.firstory.me/join/aivism

はじめる Camp@Us |LISTEN
https://listen.style/u/campus
はじめる Pod Camp@Us |YouTube
https://www.youtube.com/@Camp_us_6214

— Camp@Us presents—
note https://note.com/takahashihajime/
blog https://jimt.hatenablog.com/
Threads https://www.threads.net/@hajimetakahashi
Discord https://discord.gg/Rcc8aW3yKM
X https://twitter.com/hajimeru_radio
request form https://forms.gle/aqLawj4Hav29C5Zq5

Camp@Us http://lit.link/campus6214
Guest House; minpaku https://campus6214.blogspot.com/
Airbnb https://airbnb.jp/h/campus6214

Powered by Firstory Hosting

https://open.firstory.me/user/aivism
Pinned Episode
notelet vol.1|新時代のPodcasts展開

notelet vol.1|新時代のPodcasts展開

Feb 6, 2024 08:18 はじめる Camp@Us

新時代のPodcasts展開新時代のポッドキャスト展開のnotelet Vol.1が発行されています。また、「AI進化時代の音声配信とソーシャルメディア」という新番組が立ち上げられました。この番組では、ポッドキャスト展開についての解説が行われています。ノートレット vol.1新時代のPodcasts展開|note① AI文字起こしと視覚化の効用② 検索対象からエピソード単位へ③ SNS化の波とコミュニティ化④ 収益化とショートPodsの時代へLISTEN新時代のPodcasts展開① AI文字起こしと視覚化の効用 新時代のPodcasts展開② 検索対象からエピソード単位へ 新時代のPodcasts展開③ SNS化の波とコミュニティ化新時代のPodcasts展開④ 収益化とショートPodsの時代へ

四象限de P02|今後のPodcasts展開を4象限で考える ②《垂直性と水平性/リスナーと配信者》 ¥80

Feb 15, 2024 14:00 はじめる Camp@Us 3 Stars

② 垂直性と水平性/リスナーと配信者|声日記を4象限で考える声日記をパーソナル・ソーシャルと位置づけると、声日記の旧来のポッドキャストとの違いが鮮明化します。また、文字配信やダイアリーなどとの関係性も考慮し、配信者とリスナーの関係は水平なのか垂直なのかを考えます。声日記を考える4象限 ②垂直性と水平性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME②' 垂直性と水平性/リスナーと配信者|今後のPodcasts展開を4象限で考える「声日記を4象限で考える」シリーズと「今後のPodcast展開を4象限で考える」のシリーズは一つのまとまりであり、新たな音声配信の形態が出てくる中で、垂直性と水平性、配信者とリスナーの関係性の4つの要素が重要です。この話では、垂直性と水平性を考慮した配信者とリスナーの関係の変化について述べられています。また、SNS化したポッドキャストが第四象限に進出する可能性もあります。今後のPodcasts展開を考える4象限 ②垂直性と水平性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME

四象限de P01|今後のPodcasts展開を4象限で考える ①《更新頻度/個人性と社会性》 ¥80

Feb 15, 2024 14:18 はじめる Camp@Us 3 Stars

① 更新頻度/個人性と社会性|声日記を4象限で考えるLISTENというプラットフォームにより声日記というポッドキャストの新しい形が生まれています。声日記は更新頻度が高く、パーソナル性とソーシャル性の両方を持つ特徴があります。旧来型のポッドキャストや文字配信との関係を考えると、声日記はパーソナルな要素が強く、ミニマム編集を含んだ無編集の配信が可能です。声日記を考える4象限 ①更新頻度と個人性/社会性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME①' 更新頻度/個人性と社会性|今後のPodcasts展開を4象限で考える「今後のPodcasts展開を4象限で考える」の第1部ですね。更新頻度と個人性と社会性についてです。実は、これは「声日記を4象限で考える」の第1部とセットなんです。なぜなら、声日記がPodcastの世界や音声配信の世界に新しいジャンルを切り開いたからです。更新頻度が高くなることで、ポッドキャストは短時間でソーシャルなオンデマンド配信に移行します。その結果、第2象限の存在が増え、ショートポッド化が進んでいます。今後のPodcasts展開を考える4象限 ①更新頻度と個人性/社会性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIMEこのエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。

四象限de L05|ことばの配信をめぐる4象限 ⑤《ことのはの時空 編》まとめ Followers Only

Feb 15, 2024 13:15 はじめる Camp@Us

音声と文字の配信はAIの文字起こしによって大きく変化しています。音声の配信はAIによる文字起こしで検索に引っかかりやすくなり、視覚情報と聴覚情報が融合しているトレンドがあります。文字と音声の配信は映像よりも重要であり、LISTENが先頭を切っています。音声に関しても電子媒体の進化により、時間からの解放が起き、聞くことと書くことの時間の使い方が変化してきています。また、聞くことと書くことに新たな意味や時間をかけることの意味が生まれることで、人類史上に大きな変化が起きています。⓪ ことのはの時空|ことばのはじまり①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。ことばの配信をめぐる4象限《ソーシャルメディア編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。ことばの配信をめぐる4象限《視覚/聴覚とことば 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。ことばの配信をめぐる4象限《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。ことばの配信をめぐる4象限《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME

四象限de D02|声日記を4象限で考える ②《垂直性と水平性/リスナーと配信者》 ¥50

Feb 14, 2024 09:52 はじめる Camp@Us

⓪ ミニマム編集とマキシマム編集/LIVEとOnDemand|音声配信を4象限で考える〔まとめ〕番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。① 更新頻度/個人性と社会性|声日記を4象限で考えるLISTENというプラットフォームにより声日記というポッドキャストの新しい形が生まれています。声日記は更新頻度が高く、パーソナル性とソーシャル性の両方を持つ特徴があります。旧来型のポッドキャストや文字配信との関係を考えると、声日記はパーソナルな要素が強く、ミニマム編集を含んだ無編集の配信が可能です。①' 更新頻度/個人性と社会性|今後のPodcasts展開を4象限で考える「今後のPodcasts展開を4象限で考える」の第1部ですね。更新頻度と個人性と社会性についてです。実は、これは「声日記を4象限で考える」の第1部とセットなんです。なぜなら、声日記がPodcastの世界や音声配信の世界に新しいジャンルを切り開いたからです。更新頻度が高くなることで、ポッドキャストは短時間でソーシャルなオンデマンド配信に移行します。その結果、第2象限の存在が増え、ショートポッド化が進んでいます。② 垂直性と水平性/リスナーと配信者|声日記を4象限で考える声日記をパーソナル・ソーシャルと位置づけると、声日記の旧来のポッドキャストとの違いが鮮明化します。また、文字配信やダイアリーなどとの関係性も考慮し、配信者とリスナーの関係は水平なのか垂直なのかを考えます。声日記を考える4象限 ②垂直性と水平性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME②' 垂直性と水平性/リスナーと配信者|今後のPodcasts展開を4象限で考える「声日記を4象限で考える」シリーズと「今後のPodcast展開を4象限で考える」のシリーズは一つのまとまりであり、新たな音声配信の形態が出てくる中で、垂直性と水平性、配信者とリスナーの関係性の4つの要素が重要です。この話では、垂直性と水平性を考慮した配信者とリスナーの関係の変化について述べられています。また、SNS化したポッドキャストが第四象限に進出する可能性もあります。このエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。

四象限de D01|声日記を4象限で考える ①《更新頻度/個人性と社会性》 ¥50

Feb 14, 2024 11:07 はじめる Camp@Us

⓪ ミニマム編集とマキシマム編集/LIVEとOnDemand|音声配信を4象限で考える〔まとめ〕番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。① 更新頻度/個人性と社会性|声日記を4象限で考えるLISTENというプラットフォームにより声日記というポッドキャストの新しい形が生まれています。声日記は更新頻度が高く、パーソナル性とソーシャル性の両方を持つ特徴があります。旧来型のポッドキャストや文字配信との関係を考えると、声日記はパーソナルな要素が強く、ミニマム編集を含んだ無編集の配信が可能です。声日記を考える4象限 ①更新頻度と個人性/社会性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME①' 更新頻度/個人性と社会性|今後のPodcasts展開を4象限で考える「今後のPodcasts展開を4象限で考える」の第1部ですね。更新頻度と個人性と社会性についてです。実は、これは「声日記を4象限で考える」の第1部とセットなんです。なぜなら、声日記がPodcastの世界や音声配信の世界に新しいジャンルを切り開いたからです。更新頻度が高くなることで、ポッドキャストは短時間でソーシャルなオンデマンド配信に移行します。その結果、第2象限の存在が増え、ショートポッド化が進んでいます。② 垂直性と水平性/リスナーと配信者|声日記を4象限で考える声日記をパーソナル・ソーシャルと位置づけると、声日記の旧来のポッドキャストとの違いが鮮明化します。また、文字配信やダイアリーなどとの関係性も考慮し、配信者とリスナーの関係は水平なのか垂直なのかを考えます。②' 垂直性と水平性/リスナーと配信者|今後のPodcasts展開を4象限で考える「声日記を4象限で考える」シリーズと「今後のPodcast展開を4象限で考える」のシリーズは一つのまとまりであり、新たな音声配信の形態が出てくる中で、垂直性と水平性、配信者とリスナーの関係性の4つの要素が重要です。この話では、垂直性と水平性を考慮した配信者とリスナーの関係の変化について述べられています。また、SNS化したポッドキャストが第四象限に進出する可能性もあります。このエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。

四象限de L04|ことばの配信をめぐる4象限 ④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》 ¥200

Feb 10, 2024 09:49 はじめる Camp@Us 3 Stars

①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。ことばの配信をめぐる4象限《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIMEこのエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。

四象限de L03|ことばの配信をめぐる4象限 ③《時間言語と空間言語/記憶と記録 編》 ¥50

Feb 9, 2024 09:35 はじめる Camp@Us 1 Star

①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。ことばの配信をめぐる4象限《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。

四象限de L02|ことばの配信をめぐる4象限 ②《視覚/聴覚とことば 編》 ¥50

Feb 9, 2024 11:16 はじめる Camp@Us 4 Stars

①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。ことばの配信をめぐる4象限《視覚/聴覚とことば 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。

四象限de L01|ことばの配信をめぐる4象限 ①《ソーシャルメディア 編》

四象限de L01|ことばの配信をめぐる4象限 ①《ソーシャルメディア 編》

Feb 8, 2024 11:26 はじめる Camp@Us 3 Stars

①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。ことばの配信をめぐる4象限《ソーシャルメディア編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。おまけ

四象限de V04|音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ

四象限de V04|音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ

Feb 8, 2024 05:26 はじめる Camp@Us 1 Star

① 音声配信の4象限(ミニマム編集とマキシマム編集/ライブとオンデマンド)「ヒトは4象限で考える」シリーズの第1弾では、音声配信を4つの象限に分けることが紹介されています。このシリーズでは、ライブとオンデマンド、ミニマム編集とマキシマム編集という軸で音声配信が分類され、その中でもミニマム編集オンデマンド領域が新たな可能性を秘めていることが示されています。音声配信の4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME② 文字と音声/ライブとオンデマンドの4象限第2回の音声配信を4象限で考えるシリーズでは、無編集ライブ型の音声配信について話されています。この回では、文字のライブや声日記、そして音声ライブのアーカイブなど、4象限の領域が取り上げられ、新しい音声配信の形態について詳しく解説されています。文字と音声/ライブとオンデマンドの4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME③ 速報性と既報性/ライブとオンデマンドの4象限「音声配信を4象限で考える」のその③では、LIVEとOnDemandを主軸に分類しており、ミニマム編集とマキシマム編集、音声と文字の関係、速報性と既報性の関連について説明しています。速報性と既報性/ライブとオンデマンドの4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME四象限de 04-V|音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。

ことばのはじまり 0|音声言語は5万年以上前、文字言語は5500年前。 Followers Only

Feb 6, 2024 14:26 はじめる Camp@Us 3 Stars

「AI進化時代の音声配信とソーシャルメディア」という番組が立ち上げられています。番組では、音声と文字の伝え方が融合した配信方法について考え、その起源についても詳しく解説しています。音声言語は5万年以上前に、文字言語は5500年前に生まれたと言われています。また、音声情報と文字情報は並列に議論することはできません。ですので、AI進化時代の音声配信とソーシャルメディアについて考える際には、音声言語と文字言語の質的な違いを理解することが必要です。Wikipedia:現代的行動Wikipedia:言語の起源Wikipedia:文字の歴史

今後の Podcasts展開について その3・完|2023.9.8

今後の Podcasts展開について その3・完|2023.9.8

Feb 6, 2024 21:00 はじめる Camp@Us

その後の私のPodcasts展開を踏まえて、Camp@Us FM6214の番組の特徴と位置付けについて改めて語っています。 このエピソードは、2023.9.8.にstand.fmから配信したものです。 https://stand.fm/episodes/64fb24b3154c88de43361ec6 note記事 https://note.com/takahashihajime/n/nfbc76d3e6b82 今後のPodcasts展開について https://stand.fm/episodes/64c0a7e8cd6d514593e82aa3 https://listen.style/p/campusfm6214/lbzeyhqt 今後の Podcasts展開について その2 https://stand.fm/episodes/64d7e36a341cc6a52dfd882e https://listen.style/p/campusfm6214/y6npsvxo --- このエピソードへの感想をコメントで教えてください: https://open.firstory.me/user/cls6v4ar705tv01ut94q39vrf/comments 【AI進化時代の音声配信とソーシャルメディア】 Investigate trends in voice input, audio streaming, podcasting, and social media to provide information on the latest developments. ▷応援する(サポートする) https://open.firstory.me/join/aivism ◎はじめる Pod Camp@Us @YouTube ◎はじめる Camp@Us @LISTEN ※LISTENでこの番組をフォローすると、音声をテキストでも読むことができます。 ◎はじめるradioキャンパス @Spotify ◎Camp@Us FM6214 HRC @stand.fm Camp@Us presents ——————————————————————————————————————— 【体験型民泊】體驗型民宿,私人住宅,體驗式住宿 Guest House; minpaku, a private home, experience-based accommodation. 《いまここにあるもの》から《できること》をはじめよう! はじめるCamp@Usとは? ▷ソーシャルコミュニティの再活性化につながる「つながりの場」 ▷人間とその社会性の原点を見つめなおす「気づきの場」 ▷一人ひとりの成長につながる「まなびの場」 --- はじめるCamp@Us ▷つながる Threads X(Twitter) Discord はじめる Pod Camp@Us|YouTube ▷気づく こえと言葉のブログ|はてなブログ たかはしはじめ Podcaster |Facebook ▷まなぶ たかはしはじめ note|note Camp@Us FM6214|stand.fm ▷リクエストフォーム request form オンラインとオフラインでシナジー展開中! Powered by Firstory Hosting

今後の Podcasts展開について その2|2023.8.13

今後の Podcasts展開について その2|2023.8.13

Feb 6, 2024 09:02 はじめる Camp@Us

8月3日、LISTENのホスティングサービスが始まったことで、私の今後のポッドキャスト展開が大きく変化しました。 今後の私の Podcasts新展開について語っています。 このエピソードは、2023.8.13.にstand.fmから配信したものです。 https://stand.fm/episodes/64d7e36a341cc6a52dfd882e --- このエピソードへの感想をコメントで教えてください: https://open.firstory.me/user/cls6v4ar705tv01ut94q39vrf/comments 【AI進化時代の音声配信とソーシャルメディア】 Investigate trends in voice input, audio streaming, podcasting, and social media to provide information on the latest developments. ▷応援する(サポートする) https://open.firstory.me/join/aivism ◎はじめる Pod Camp@Us @YouTube ◎はじめる Camp@Us @LISTEN ※LISTENでこの番組をフォローすると、音声をテキストでも読むことができます。 ◎はじめるradioキャンパス @Spotify ◎Camp@Us FM6214 HRC @stand.fm Camp@Us presents ——————————————————————————————————————— 【体験型民泊】體驗型民宿,私人住宅,體驗式住宿 Guest House; minpaku, a private home, experience-based accommodation. 《いまここにあるもの》から《できること》をはじめよう! はじめるCamp@Usとは? ▷ソーシャルコミュニティの再活性化につながる「つながりの場」 ▷人間とその社会性の原点を見つめなおす「気づきの場」 ▷一人ひとりの成長につながる「まなびの場」 --- はじめるCamp@Us ▷つながる Threads X(Twitter) Discord はじめる Pod Camp@Us|YouTube ▷気づく こえと言葉のブログ|はてなブログ たかはしはじめ Podcaster |Facebook ▷まなぶ たかはしはじめ note|note Camp@Us FM6214|stand.fm ▷リクエストフォーム request form オンラインとオフラインでシナジー展開中! Powered by Firstory Hosting

今後の Podcasts展開について|2023.7.26

今後の Podcasts展開について|2023.7.26

Feb 6, 2024 09:51 はじめる Camp@Us

ここからさらに私の新たなPodcasts展開が始まりました。 このエピソードは、2023.7.26.にstand.fmから配信したものです。 https://stand.fm/episodes/64c0a7e8cd6d514593e82aa3 今後のPodcasts展開について。 2023年4月からnoteオンラインサロンを開始。 オンラインサロンとnote記事の紹介として必然的にはじまったポッドキャストですが、新たな展開がはじまります。 1️⃣この番組、Camp@Us FM6214 HRCでLIVE配信をはじめます。 深掘りLIVE 金曜 21:05- feedforward 公開ダラダLIVE 土曜 9:15-9:45 online offline episodes noteと連動した深掘りラジオをめざします。 On Demand stand.fm / note https://note.com/takahashihajime 2️⃣もう一つの番組、はじめるradioキャンパス @Spotifyでは、ちょっとゆるめのラジオを展開中です。 https://anchor.fm/hajime-takahashi9 --- このエピソードへの感想をコメントで教えてください: https://open.firstory.me/user/cls6v4ar705tv01ut94q39vrf/comments 【AI進化時代の音声配信とソーシャルメディア】 Investigate trends in voice input, audio streaming, podcasting, and social media to provide information on the latest developments. ▷応援する(サポートする) https://open.firstory.me/join/aivism ◎はじめる Pod Camp@Us @YouTube ◎はじめる Camp@Us @LISTEN ※LISTENでこの番組をフォローすると、音声をテキストでも読むことができます。 ◎はじめるradioキャンパス @Spotify ◎Camp@Us FM6214 HRC @stand.fm Camp@Us presents ——————————————————————————————————————— 【体験型民泊】體驗型民宿,私人住宅,體驗式住宿 Guest House; minpaku, a private home, experience-based accommodation. 《いまここにあるもの》から《できること》をはじめよう! はじめるCamp@Usとは? ▷ソーシャルコミュニティの再活性化につながる「つながりの場」 ▷人間とその社会性の原点を見つめなおす「気づきの場」 ▷一人ひとりの成長につながる「まなびの場」 --- はじめるCamp@Us ▷つながる Threads X(Twitter) Discord はじめる Pod Camp@Us|YouTube ▷気づく こえと言葉のブログ|はてなブログ たかはしはじめ Podcaster |Facebook ▷まなぶ たかはしはじめ note|note Camp@Us FM6214|stand.fm ▷リクエストフォーム request form オンラインとオフラインでシナジー展開中! Powered by Firstory Hosting

note記事紹介 はじめるradioキャンパスが Podcasts展開をはじめる!|2023.7.18

note記事紹介 はじめるradioキャンパスが Podcasts展開をはじめる!|2023.7.18

Feb 6, 2024 08:31 はじめる Camp@Us 1 Star

ここから私のPodcasts配信が本格的に始まりました。 このエピソードは、2023.7.18.にstand.fmから配信したものです。 https://stand.fm/episodes/64b69500b5240931ff1a1b9b --- note記事の紹介です。 私の Podcasts展開に関する記事紹介です。 はじめる radio キャンパス はじめます! https://note.com/takahashihajime/n/n81d89f8d1a2e はじめる radio キャンパス はじめてます! 📻 Podcastsもはじめました! https://note.com/takahashihajime/n/n709109b91303 Podcasts配信に完全にハマりつつある自分がいる https://note.com/takahashihajime/n/nee6cfb07a6c1 新らしい note のカタチ 文字配信と音声配信のシナジーコラボレーション https://note.com/takahashihajime/n/n52ce4f43c26a Podcastsの番組とエピソード紹介 https://note.com/takahashihajime/n/nfbc76d3e6b82 5月5日からラジオ配信をはじめました。最初は、Twitterスペースとnote音声記事とstand.fmで。 7月4日からはとうとうポッドキャスト配信をはじめてしまいました。しかも番組は二つ。 この先どう展開するのか。見守っていただけたらうれしく思います。 --- 2023年4月7日、noteをプラットフォームにオンラインサロンを開設して、3か月が経ちました。世界一ちいさなオンラインサロンをめざして上限20名を目標に取り組んでいます。まだあと10名ほど空きがあります。 noteをはじめたのが1月29日。おかげさまでオンラインサロンも軌道に乗り、定期購読マガジンも発行、過去記事マガジンも創刊号を発行しました。 noteをメインプラットフォームにして大正解でした。 オンラインサロン「はじめるnoteキャンパス」の可能性をひろげ、情報発信にふくらみをもたせようと、はじめるradioキャンパス、Camp@Us FM6214の2つの番組のPodcast配信をはじめました。 #note #podcast #オンラインサロン --- このエピソードへの感想をコメントで教えてください: https://open.firstory.me/user/cls6v4ar705tv01ut94q39vrf/comments 【AI進化時代の音声配信とソーシャルメディア】 Investigate trends in voice input, audio streaming, podcasting, and social media to provide information on the latest developments. ▷応援する(サポートする) https://open.firstory.me/join/aivism ◎はじめる Pod Camp@Us @YouTube ◎はじめる Camp@Us @LISTEN ※LISTENでこの番組をフォローすると、音声をテキストでも読むことができます。 ◎はじめるradioキャンパス @Spotify ◎Camp@Us FM6214 HRC @stand.fm Camp@Us presents —————————————————————————————————— 【体験型民泊】體驗型民宿,私人住宅,體驗式住宿 Guest House; minpaku, a private home, experience-based accommodation. 《いまここにあるもの》から《できること》をはじめよう! はじめるCamp@Usとは? ▷ソーシャルコミュニティの再活性化につながる「つながりの場」 ▷人間とその社会性の原点を見つめなおす「気づきの場」 ▷一人ひとりの成長につながる「まなびの場」 --- はじめるCamp@Us ▷つながる Threads X(Twitter) Discord はじめる Pod Camp@Us|YouTube ▷気づく こえと言葉のブログ|はてなブログ たかはしはじめ Podcaster |Facebook ▷まなぶ たかはしはじめ note|note Camp@Us FM6214|stand.fm ▷リクエストフォーム request form オンラインとオフラインでシナジー展開中! Powered by Firstory Hosting

08:18