1. あ、今週のジャンプ読んだ?(褒めレビュー)
  2. あ、24年13号のジャンプ読んだ?

ONE PIECE/WITCH WATCH/僕のヒーローアカデミア/アオのハコ/SAKAMOTO DAYS/Dear Anemone/カグラバチ/逃げ上手の若君/ストレンジラバーズ/僕とロボコ/夜桜さんちの大作戦/超巡!超条先輩/あかね噺/アンデッドアンラック/キルアオ/魔々勇々/鵺の陰陽師/グリーングリーングリーンズ/ツーオンアイス/累々戦記/目次とか

00:05
どうもガヤです。 ミサでーす。今週は2024年第13号の週刊誌のジャンプを読んでいきます。
はい。では、えー、ニュース系企画系もそれほどないので早速中身に入ってきますと、今週関東から表紙がギアフィフス・ルフィ役と未来島脱出クライマックス関東からのワンピースが関東から表紙となっていました。
そうですね、まあ表紙はもうギアフィフスのルフィって感じですね。 はいはい、これから拳を放つ寸前のルフィを大写しの一枚という感じで、この本当にキャラクター一人を、しかもなんかワンピース特有のなんかデザインに凝った、衣装に凝った、何かテーマ性を持った感じではなく、ただただそのキャラクターをアップで描ききるという、この感じは逆にすごい印象的でしたね。
そうですね。
いやー、という感じで本当になんか迫力がこもっていて、本当に本編の展開はクライマックス感あるぞという感じのジャンプ表紙。そして扉絵の方が、こちらもまたなんか変わった感じの表紙で、今回の関東カラーはヒロインたちの物語を集めたノベライズ最新刊、ワンピースノベルヒロインズカラフルのために描き下ろされた最新特別カラーということで、そのヒロインのエピソードを集めたノベライズが発売して、それに尾田先生が描き下ろしたイラストが今回の扉絵になっているそうです。
ほー、しかしもう歌がいるのがすごいですねって言ってましたね。
いやー、歌は本当に本編の方には当然全く登場していないキャラではあるんですが、いや、描かれると何かそれだけでちょっとエモくなるすごい立ち位置のキャラになりましたね。
いやそうですね、早く、これ本編の逆にありそうですね、本当に。
そうですね、もう本当なんなら生きててくれてもいいんですけどね。
それはちょっと代打しなんじゃないですかね。
そうですね、それはないですが。
いやー、という感じなので、明らかにもう本編の世界線とも繋がっている劇場版オリジナルのパラレルではない、結構ワンピースはアニメ劇場版のパラレルの展開とかあったりもしますが、歌に関しては完全に本編に繋がっているのかなという感じも感じさせる、大変全てのヒロインキャラが魅力的な扉絵でした。
中身としましては、第1108話でドリーとブロギーさん巨人たちがルフィたちに追いついて、ボニーさんとかに追いついて助けてくれる感じになっていました。逃がすためにルフィがキザルスさん、サタン星に対して立ち向かいます、抑えますという展開でした。
いやー、まずはね、カリブーさんが先週の予想通り黒ひげに情報を渡しそうっていう感じがして、やべーって感じでしたね。
確かに、先週段階では僕はその辺の伏線、カリブーさんが何をどこまで知っていて、どこが秘密だったかみたいなことがもう僕の中ではふんわりですけどね、みたいなことを言いましたが、ちゃんとその点、僕みたいなライトな読者にも配慮する形で本編中で説明してくれましたね。
そうですね。だからこれ本当に何だろうね、魚人島が滅びるって予言が当たりそうな雰囲気が出てきて、やべーって感じになりましたね。もう回避されたと思ったのにっていう。
確かにそうですね。いや本当に古代兵器を含めて世界規模の、というか心での戦い、ルフィたちの行動が全世界を一気に巻き込んで、ものすごいスケールの事件になっていきそうな感じがここからも感じられてきますね。
03:11
そうですね。いやー、カリブーさん最悪だからになっちゃったねっていう。
いやー、このままストレートにカリブーさんのコスズルさ、小物感、小悪党感みたいなので悲劇を引き起こすのか、もしくはカリブーさんも男を見せた上で不可抗力的に悪い方向に行くのかとか、まだ僕はカリブーさんは諦めきってないですけどね。
すごいね、結構カリブーさん信頼度が高いよね本当に。
改新展開というか、なんだかんだこれだけ悪党だったのが、ルフィたちに組みするというか、強力的に改新する展開はあってもいいんじゃないかなとはずっと思ってますよ。
なるほどねー。そして巨人で、巨兵海賊団の2人に関してはドリーさんとフロギーさんに関してはやっぱり頼もしいなっていうのもありますしね。
フロギーさんのこのニカっていうところとかね、結構初登場時くらいにこういう感じだったりしたんでね。すごい印象的なコマだなと思いましたね。
ベガパンクさんのこととかも伝えきいてる感じで、何か意外と事情にも通じてる感じで、本当に頼もしいですね。
頼もしいですね。だから結構逃げることに関してはそれほど問題はなさそうではあるんだけれども、ただサターン星はめっちゃ怖ぇし、ベガパンクさんはキザルさんに撃たれるしっていう形で結構ピンチ展開続いてますよね。
そうですね。ベガパンクさんがキザルさんに貫かれて、なぜか笑ってるらしいんですよね。
いやーこれはもうあれじゃないですかね、完全に死期を悟ったから最後にもうぶちまけてやろうぜっていうことなのかなと思ってるんですけどね。
いやー、傷口を焼いて死結してくれたんじゃないですかね。
すごいね、キザルのこと信じすぎじゃないですか。
後々のこのメッセージが流れることを考えるとこの流言的なメッセージが流れることを見越して、それがわかったから笑ったのかなという感じもしましたが、そのコマを読むまでは僕は本当になんかキザルさんがこっそり見た目的に貫いてるけど助けてくれたのかなと思ったんですけどね。
なるほどね。実際本当になんだろう、ベガパンクさんのとどめを刺したのがキザルさんってなっちゃうとすごい切ない感じがあるんで、そこは確かに回避してほしいという気持ちは僕にも確かにありますね。
刺し貫いた、これが本当にただのとどめとして貫いたのか、ここの思いというのはなんか他のものもあったような気もするんで、それが語られるのか読者の想像に任されるのかわかりませんが、ルフィとの戦いを経てなのかもっと先でのことなのかわかりませんが、その辺のキザルさんの心境をいつか明かされたらいいなと思いますよ。
そうですね。そして世界の真実は何を語る気なんですかね、ベガパンクさん。
そうですね。ここにきてもこのワンピース世界の大きな謎の大部分が普通に言葉で説明される可能性がありますからね。
いやそうですね。ただ空白の百年についてはね、どうやって明かすかっていうところもありますからね。これをベガパンクさんが言うっていうことに関してはちゃんと覚悟があるというかね、知っててもおかしくないってなりますからいいと思うんですけどね。
06:13
ベガパンクさんも全てを知っているわけではないという感じはしますので、わかる範囲でのことだと思うんですが、本当にこれまでに見えてきたワンピース世界というものがガラリと様相を変えそうな感じもして、本当になんか世界が塗り替えられるというか、RPGでワールドマップが次のバージョンに入れ替わるぐらいの何かすごいことが起きそうな感じがしてすごい楽しいですね。
楽しいですね。
では続きましてが、ウィッチボッチの第145話内容としましては、かんちゃんとけいごくんが組んだ漫才コンビ狼天狗というのが円満グランプリというテレビの企画的な漫才のグランプリに挑戦したのを追ったドキュメンタリーをみんなで見ようという回でした。
そういえばそんなコンビあったなーって感じでしたね。
あったのは全然覚えてましたが、活動を続けてたとは知らなかったですね。
いや本当そうですね。個人的には森一くんが文化祭を追い出せって言って黙らせるところがすごい転倒されてて面白かったですね。
そうですね。トラウマ感っていうのが強調されてて良かったですね。
良かったですね。いやーでもね本当、かんちゃんとけいごくんの気持ちも少しわかるんだよね。森一くんめっちゃ優秀だけど、このうざいというかね。
多分僕も森一くんとかに言われたら正論のだけになんかこう嫌だなーって気持ちになるだろうって思いましたからね。
確かにちょっと力関係がはっきりしすぎてる感じはあるかもしれないですね。
そうですね。かといってね、かんちゃんとけいごくんに関しては調子に乗りすぎるところがあるんで、森一くんくらい客観的な目がないとダメになっちゃうっていうのもその通りになってましたからね。
それにちゃんともいくんはメンタルケアまでちゃんとやってますからね。
そうですね。
ちゃんと道理を説いて、道理を説きつつ、神天狗の漫才は面白かったぞーみたいな感じで、ちゃんと相手のことを褒めてもらいますからね。
そこがあるから本当にこうかんとか落ちない感じはするからね、確かに。
だからちゃんと本当に一方的にこれをやっとけよみたいな感じじゃなくて、お前らは面白いんだからこれをこうしたらいいんじゃないか、お前らは面白いんだってちゃんと言ってくれるんで、その点まあまあ、だからちゃんと目を離さなければ死ぬない関係は築けてたんですよ。
いやーまあでもね、カラス天狗の役割ニコちゃんだからね、どうしたってね。
そりゃそうですね。
そりゃそうですよって感じですからね。
いやーというわけでもう1回くらい発活あるんですかねこれ。
続くとなってるんで、いや本当に今回面白かったのが尺として、作品中の時間軸として、文化祭の時にはすでに申し込んでいて、そこから実はずっとこのお話が本編の裏で続いていた。
本編のシリアスな展開の裏でずっとこれがあったんだというのが、後から語られるのが、何でしょうね、実はそんなことやってたのか、お前ら的な面白さがあって良かったんですよね。
そうですね。戦いとかね、そうなったわけじゃなくてこういう日常もあるって感じですからね。
09:03
これが日常というのかどうかはわかんないですけどね。
まあ確かに言われてはそうだね。
こんな挑戦を実は裏でやっていたという感じで、この作品中の時間軸を贅沢に使った感じの企画、お話展開というのが並行的に進んでいるのが本当にこういうやり方あったんだという感じ。
で、ニコちゃんが小さくなるとか、そういった本編中の大事な展開というのもこの円満グランプリチャレンジにもすごい影響を及ぼしていたりですとか、そのリンク感も含めて。
まあ何かこの並行エピソード感は本当に楽しかったんで、いつか忘れた頃にもう1回やってほしいなと思ってますよ。
そうですね。ただまあ煽り文ではもういいわって言われてますけどね。
いやいやいや、もういいわっていうのは漫才の終わりの定型句ですかね。
はいはいはいはい。
もういいよ。ありがとうございました。っていう、それは別に本当にもういいわけじゃなくて、また漫才はやるわけですからね。
そうですね。じゃあまた本当に、来年くらいには絶対やってるでしょうからね、またカラステング復活はね。
そうですね。まあでもM-1的なこの円満グランプリに挑戦したとなると、なかなか漫才のグランプリ系ではかなりトップですからね。
そうだね。
あとはもう劇場でライブするぐらいしかないですかね。
やっちゃいます?
やってくれてもいいんで。そういった感じで、本当になんか日常に厚みが出るというか、この世界に厚みが出るというか、キャラクターに厚みが出る感じのこのエピソード構成は本当に面白かったんで、次回大変楽しみにしています。
はい。
では続きましてが僕のフィルアカデミアの第415話、内容としましては、デク君なんとかしがらきさんの本体に体に直接拳を叩き込むことによって、ワンフォールの力を先代たちの人格を女王としていこうとして、しがらきさんは拒絶をするんですが、一人ずつなんとか打ち込んでいきますという中、その戦いの様子を中継されてみたエリちゃんが避難所を飛び出しましたという展開でした。
いやーもうデク君もすげー必死だし、しがらきさんももう自分の体、手で追いまくってみたいな感じで必死だしっていう感じで、このお互いにすげー必死感が伝わってくるのは迫力があってよかったですね。
いや本当にもう劇場版クライマックス的な、絵的な派手さ、このボリューム感のある派手さというのがすごかったですね。
そうですね、本当に今週も絵力すごかったって感じでした。
本当にデク君のこのおぞましいほどの必死のこの姿というのと、しがらきさんの本当に膨張してマガマガしい感じの姿というのと、この個性が打ち込まれていく姿のスペクタクルな感じのエフェクトという感じで、本当にこの絵変わりも含めて見ごたえも含めてすごい派手な展開が続いていて、これがどうなっていくのか本当にますます楽しみですよ。
いや本当そうですね。しがらきさんもまさかでこの打ち込まれた継承者を弾き返せるとは思わなかったからね。
いやー頑張るなって感じですね。やっぱりすげーなって思いましたし、あとはね、本当でもこの2人の戦いがもう誰も割り込めねーっていう展開だと思ったんでね。
12:01
最後の方でえりちゃんが駆け出したことに関してはマジでビッタンで、え、乱入するんだって感じでしたね。
まあそうですね、えりちゃん、まあ本当にオールフォーマンさんが赤子になって消滅した的な感じで、本当に強力ですし、全てを無に返せる感じですし、全てを救える感じの個性ではありますからね。
なのでまあどれだけボロボロでもえりちゃんだったらワンチャン直せるんじゃないか、しがらきさんに関してもワンチャン何か殺す以外の救いをもたらしてくれるんじゃないかとか色々想像は膨らみますが、まあわかりませんね。
そうですね、あとはえりちゃんを誰が送り届けるかっていうのもわかんないですかね、そこもすごい気になってるんですよね。
まあそうですね、前線を退いたヒーローの人たちとかも避難所に行ったりもしますし、意外とその辺のここまでスポットライトの当たってなかった人たちとかも可能性ありますし、まあ英軍もまだまだ生き残りもいるかもしれませんし、色々とわかんないですね。
そうですね、だからこそ誰が来るか楽しいなって思ってますね。
そうですね、という感じの僕らが全員がみんながヒーローになるという展開の一端をまたえりちゃんになってくる感じなので、果たしてこれがどう事態を大きく動かしてくるのか、本当にデフくんとしがらきさんの戦いに関してはまずは目的がはっきりしてもう極まってきた感じなので、これが個性を譲渡し終わったらどうなるのかまた新しい様相が展開されると思うので、その辺に絡めてえりちゃんも絡めて一体どうなるのか本当に楽しみです。
期待いっぱいですね。
青の箱の第138話の内容としましては、たいきくんは調子良さそうで勝ち進んでいきまして、遂に波竜先輩との戦いです。憧れの波竜先輩との戦いです。頑張りますという展開でした。
かれんさんがね、たいきくんの事は応援できないけど、しーはケンゴの事も応援してねって言ってるのを図太くて好きでしたね。
まあまあまあ、冗談半分ではあると思いますけどね。
いやーでもね、こう言われたらね、でも千夏先輩もやっぱりこう、なんたろうね、心の中だけじゃなくて、こう、カレン先輩が多分応援、カレンさんが声出して応援したら、千夏先輩も負けずに、おい、声出して応援してほしいなって思ってるんですよね。
まあそうですね。まあまあまあ、本当に応援合戦の予想定数のかわかりませんが、確かにこの2人がどういう表情を見せるのか、もう大変楽しみですね。
いや、相当そうですよ。だからもう、もうバレてもいい、ありったけを、みたいな形で千夏先輩やってほしいなって思うんですよね、俺は。
まあ立場的に本当にカレンさんが恋人として、ハリウッド先輩を応援して、それが千夏先輩もわかるからっていう感じではあるんですが、千夏先輩的に彼氏の大輝くんを応援するというのと同時に、やっぱりハリウッド先輩の引退試合、これが最後の大会っていうところにも共感するものはあると思うんですよね。
あー確かにそうですね。
だからまあ先輩として3年生として大輝くんを応援しつつ、ハリウッド先輩に関してもちょっと感じるものがありそうな気もしますんで、その辺含めて本当にこの2人、それぞれ競技者と非競技者みたいなところも含めて、立場の違いも含めて、どういったリアクションをしてくるのかは大変期待ではありますね。
15:05
そうですね、楽しみですね。
という感じで、大輝くんとハリウッド先輩の戦い、大輝くん目線から語られる憧れのハリウッド先輩という感じが改めて語られて、本当にこの2人の因縁というのを改めて振り返りつつの展開なんで、その外野のリアクションも楽しみですし、当人2人の関係性も楽しみですし、先輩後輩、大輝くんが勝ってくれるとは信じてるんで、
それを憧れの先輩を乗り越えられた時にどういった感じの学生部活者としての一面を見せてくれるのか、本当に楽しみですよ。
続きましては坂本デイズの第156話の内容としましては、天音くんも加わりまして、みんなで戦いが始まります。
シンくんも春馬さんと戦いまして、超能力が戻らないから苦戦するんですが、相手の動きがスポーツにちなんでいるというのを見抜いて見事に反撃しますという段階でした。
いやもう今週はクレーン車が壁をぶち破ってドーンっていうシーンに関してはめちゃくちゃビビって面白かったですね。
そうですね。大スペクタクルな特撮映像で良かったですね。
良かったですね。パワーって感じでしたよね。
いやーだからこれだけでも大満足でしたし、そしてシンくんも春馬さん相手にね、圧倒的に格上相手に知恵をめぐらせて戦うっていうのも面白かったですね。
そうですね。スポーツというのを見抜いてという、地頭の良さ、賢さを使って戦うというところで大変かっこいいんですが、ただこの相手の春馬さんに関してはスポーツとして戦わない方が強いって言われてますからね。
そうですね。
明らかな伏線で、所詮第一形態な感じがありますからね。
そうなんだよね。だから、しかもねシンくんがイケるって言ってるから、イケるって言ったらイケないんだよなきっとって思うしね。
とはいえ、相手の春馬さんもこのスポーツ風に戦うのは第一形態ですが、シンくんに関しても今この技能が封印されている状態ですからね。
どうせ超能力使えてないですからね。意外と復活するときに覚醒とかもあるかもしれませんからね。
はいはい。なので春馬さんがスポーツを捨てたとき、そしてシンくんが超能力を取り戻したとき、それぞれ戦いの様相は変わってくると思うんで、それがどういう風に順を追ってエスカレートしていくのかとても楽しみですよ。
楽しみですねー。
という感じで、基本的に3対3の戦い、それぞれ1対1の戦いが3つ平行でみたいな感じになっていきそうなので、他の戦いも含めて、そして坂本さんの育成も含めて、とても描く場面が楽しみです。
続きましてセンターカラーです。
美しく残酷な生物進化ホラーアクション新年祭第2回センターカラー大蔵25ページ ディア・アネモネという形で、センターカラーはアネモネさんに取り憑かれたガックンという感じの怪しげな一枚でした。
そうですね、仲良しって感じですね。
そうですね、もう後ろから抱きしめてるぐらいの距離感ですからね。
そうですね、一心同体ってくらい仲良しですよね。
18:00
そうですね、規制されてますからね。
ちゃんと色合い的にも、ガックンの方がくすんで無彩色な感じで、アネモネさんの方が赤と青で色づいてる感じで、ちょっと対比になってる感じで、大変印象的なセンターカラーでした。
中身としましては第2話で、アネモネさん、ガックンに取り憑きまして、自分で自由に動けるようになりたいので、この島に異常な進化を促したウイルスの爆発の発生源であるところの研究所へ自分も連れてけというので、脅される形でガックン含め生き残った調査隊の人たちは研究所を目指します。
その途中で海から出てきた何か触手かツタか何かに、友達仲間が連れ去られてしまったので、ガックンはアネモネさんに反旗を翻して立ち向かいますという展開でした。
先週アネモネさんすごい印象深かったんでね。今週アネモネさんのキャラクター楽しみだなーって見てましたけどね。本当に妖艶な感じですし、怖さもあるし、あといって最後水に落ちたら信じられないみたいな顔してるのか含めて、お茶目さもあっていいなって思いましたね。
ここで表情を崩したのは意外でしたね。
意外だったね。もうちょっと上級の生物っぽい感じになるのかなって思ったけど、結構びっくりみたいな感じになってるからね。
塩水が弱点だったりするのかもしれないですね。
そうだね。だから結構そういった意味では意外性はあったけど、逆にまあまあとっつきやすい感じだなって思うんでね。
今後後もアネモネさんどんなキャラクターなのかな、どんなふうにガックンと絡んでくれるのか楽しみだなって思いました。
一応この第2話の段階で帰省されてはいるけれど、アネモネさんに関しては完全に独善的というか利己的な性格だけれど、ガックンに関しては利他的な周りを助けるという性格だから、
そこでお互いの意思、意見が対立して、ある種のデコボコバディーになっていきそうな感じがしてるのを軸としてはちゃんとしてそうだなという感じで、
この二人の関係性はとてもこれからが楽しみになってきましたよ。
本当そうですね。それにアネモネさん自身もガックンが歩かないと動けないみたいな、ちゃんとした逆らえない部分というのもあったりしますからね。
この辺りの力関係というのもいろいろ変動しそうな感じがして、その辺りのあれは楽しみだなと思いますね。
そうなんですよね。意見、思想支援上は対立しているけれど依存関係にあるから離れられないという形で、それが本当にドラマに展開していったらすごく面白くなりそうだなという感じがしてきましたよ。
そうですね。そして今週も最後のタコみたいな謎生物含めてね、やっぱり書き込みがめちゃめちゃすごいんで迫力あったって感じでしたね。
そうですね。展開的にはバトルは一段落で説明的な展開の前半でしたが、後半でこの巨大な海中の生物、タコ、植物、動物、正直何だかパッと見よく分かりませんが、
とにかくおぞましい何かが海の中にいるというシチュエーションがすごいスケール感で描かれましたので、この密度のある敵の展開が来週どうバトルとして展開されるのか、とても楽しみですよ。
楽しみですね。
21:01
続きましてはカグラバチの第22話の内容としましては、千尋くん、自分を代わってくれた定見伯理くんを連れて自分のアジストに戻りました。
で、シャルちゃんが伯理くんの傷を治してくれたりとかしました。
そして、新市がある蔵というのがあるけれど、そこへの行き方は島主以外分からないみたいなことを聞かされたので、千尋くん、サザナミ家の島主のところへ乗り込んで行きます、侵入します、脅しますという展開でした。
まずシャルちゃんがいてよかったと思いましたね。
そうですね。シャルちゃん今どうなってるんだろうなって離れ花になってるのかもなみたいな思いもありましたが、普通に仲良く暮らしてましたね。
しかも回復薬として結構頑張ってるみたいなんでね。
だから今後も活躍してくれるようになったら楽しみだなと思いますね。
そうですね。千尋くんの腕を治すことも目標に頑張ってるみたいですからね。
そうだね。
いいじゃないですか。けなげで頑張っていくようになってますよ。
いや、これは結構パワーアップフラグかなと。
シャルちゃんによって治された右腕が以前と同じ右腕なのか、もっと違う属性が宿ってるのかわかりませんから。
これは結構後々のパワーアップフラグなのかなという感じでも楽しみになってきましたよ。
そうですね。
そして、ひゆきさんの方に関してはね、
カンナビの方がまさか親口を落札しようとするとは思わなかったからびっくりだったね、これは。
そうですね。確かにその通りで。
しかも、明らかに普通の共売の形式で落札されそうな感じになってないですね。
さざ波さんの最後に出てくる京良さんの電話の内容とかも含めて、明らかに仕込みがありそうな感じで、
この落札する計画はどのくらい本気でやってるのか、ダメ元でっていうつもりなのかわかりませんが、かなり甘い計画だなという感じではありますね。
そうですね。
いやー、だからね、なんだかんだでひゆきさんも納得いってないみたいなことあるし、
なんだかんだで絶対に賛成してくるなって気がするからね。そこは安心してるんだけどね。
そうですね。確かに非合法組織の資金源になってしまうのにっていうのはすごい抜刀な意見ですね。
そうだね。どっちにかというと信条的にはそっちの方が我々は読者的には強いんでね。
まあ上手くいかなくて、バトってほしいなって思うよね。
そうですね。まあまあ全然上手くいく気は一切しませんし。
一切しませんし、まあまあまあ、きっと何かこの落在地に張り巡らされた陰謀的なのが明らかになって、
まあまあまあ、きっとドタバタするんだろうなみたいな感じで、何か各勢力、さぞなみさんの方もいろいろつながってますよみたいな感じとか、
千尋くんの方もこういった陣営で向かってますよみたいな感じで、それぞれの勢力が明らかになって、
この密同盟感がますます高まってきたんで、本当にしっちゃかめっちゃかになってくれないかなって楽しみになってきましたよ。
楽しみですね。そしてまずはさぞなみ家当初の強羅さんと千尋くんたちが会うっていう展開ですけどね。
部屋にね柴さんとかが普通に座ってたりとかね、千尋くんが普通にいてなんかとりあえず座ってみるみたいな。
24:03
こういう落ち着いた感じの小回りとか演出っていうのはいいなって思いますね。雰囲気あるよね、神楽町って思いますからね。
そうですね。ダークヒーロー感というか、よく敵のアジトに侵入して次々相手を殺していく千尋くんとかの時にもよく思いますが、
やっぱりこのちょっと悪役感のある感じがかっこいいですよね。
かっこいいね。質問に答えるだけで真打ちはどこにあるとかっていうのも、ちょっとちょっと面白いなって思いますね。
そうですね。相手の言葉を遮って自分の意見を自分の聞きたいことを聞くという感じも大変本当にダーティーなというか本当にかっこいいんで。
いや、この感じに対してこの落ち着いた様子のさざ波強羅さんも大変かっこいいんで、これがそれぞれどういった駆け引きと戦いになって大きな展開につながっていくのか今からとても楽しみですね。
そうですね。
では続きましてが逃げ上手の若気味の第146話の内容としましては、秋家軍侵軍しようとしたらその先に大群が来てしまいました。敵が間に合ってしまいました。
敵を率いている将がなんと河野もろふ元吹雪くんでした。
いやーもう仮面でなんか雪化粧みたいな鎧着て馬手二刀でドーンみたいなの中二感あるかっこいいですね。よかったですね、吹雪くん。
まあまあ確かに特にこの仮面に関してはかなりなんかセイント感というかね。
かっこいいね。ほんとその後のね、あの小次郎くんとか綾子ちゃんを一周して時遇君に迫るっていうところもめちゃくちゃ迫力あったんでね。いや今週のほんとに大群が来てしまいました。
まあそうですね、最後のほうちょっと画面が重い感じに描かれていくこのなんか圧迫感のある感じも含めて。
すごくやっぱり大きい事件、この作品中における時遇君にとってのすごく大きい事件が起こっている感じがしましたよ。
そうですね。いやーでもほんとここで殺されそうになったにも関わらずね、本当に刀を返してもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらって
もらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらって
もらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもらってもら
まあ育ちによるある種の洗脳のせいみたいな感じがするんで 本当になんか説得というよりかほんとに洗脳を解く感じで時君が
いいこといい感じに解決してくれたらいいのになという感じではあるんですが 何がきっかけになるのかはまったく想像がつかないんでいやー
難しいですね いやほんとそうですね歴史を知らないんでね果たしてこうのモロフューがこの後時で時君の元に下るのか
27:08
殺しあって打ち死にとかするか知らないからね 確かにこうのモロフュー調べてないですけど今段階だと僕の中では実在する人か
松井先生の完全創作の人物かもわかってないですからね なるほどね確かに俺も確かにそうかでもさすがに完全創作はないんじゃないですかね
歴史上でいそうだけどね どうでしょうね少なくとも綾子さんとかに関しては完全創作じゃないですか
そうだね まあ小次郎君とかに関してもあの本来別の小次郎君がいてみたいなところがどこまで歴史に
沿っているのか 未だわかってなかったりするというかどっかの段階で歴史を確認した方がいいんですかね
これは こうかもしれませんねどこまでが松井先生の創作でどこかどこまでがある程度
史実に則った解釈なのかっていうのが本当に未だにわかってないので 河野モルフューさんに関してもどの辺が超解釈になっていてどの辺が完全オリジナルなのか
わからない状態なのである種どのくらい とんでも展開があるのかどのくらい現実的な展開になるのかも含めて全く予想がつかない状態で
僕は楽しみにしてますよ そうですねまあ本当何が起こるかわかったらワクワクに繋がってますからね
そうですね という感じなので気持ち的にはもうこの戦場でもう吹雪くんが仲間になってみんな仲良しって
なってくれたらいいなという気持ちで その洗脳の溶ける展開を期待したいと思います
はい では続きまして読み切りですいおきなタッグが会議を解決
ニューポップゴーストコメディ読み切り47ページ ストレンジラバーズ丸山行政先生という形で
丸山先生が経歴としましては最初の受賞が2020年の第34回ジャンプ新世界漫画賞を ウルトラ c という作品で審査員特別賞を受賞同じ年の第99回手塚賞で
うんこマンという作品で準入生を受賞しています なるほどねまあもうなんか作者プロフィールの絵がもうトイレだからね
そうですね でそのうんこマンが少年ジャンプギガ2020オータムに掲載されデビューとなっています
デビュー作はうんこマンです いやいいっすね作者プロフィール wikipedia とか今後どんどん充実していくと思いますが
デビュー作はちゃんとうんこマンでずっと書かれ続けるでしょうね いやー名誉じゃないですかそれは本当にとてもいいことだと思います
でうんこマンでデビューした後ジャンプギガ2021サマーにドラゴンローリューという作品 読み切りを掲載してあとは本市デビューがジャンプショートフロンティアになります
こちらがおととし2022年28号に魔道士ひばりという作品をジャンプショートフロンティアで 掲載しています
ちょっと思い出せないですねこちらなんかあの落ち恒例魔道士が謎のヘビみたいな魔物に 取り憑かれてなんか
なんかハートフルコメディみたいな感じですね だろうねこれ確かに僕もタイトルだけではわからなかったんですがちょっと過去のあのデータして
30:06
電子書籍で読み返したらあああったなぁと印象に残っている感じの作品だったんで まあ当時から本当にこのすごく雰囲気のいい感じはありません
なおで今回本市にちゃんとしたジャンプショートフロンティアではないちゃんとした長編の 読み切りとしてデビューとなりました
中身としましては最高エクソシストの天道天彦くんは幽霊のまちこちゃんというのの力を 使ってすごい商売をして稼いでいましたでいろんな依頼が来る中
まあちょっとお金が必要になったんで怖い幽霊屋敷的なところの解決に乗り出したらそこには 犬の幽霊がいてでご主人様のもとへ見事に成仏させて
あげましたよかったという話でした
いやーなんか可愛い読み切りだったね 雰囲気に関しては本当に何か120点という感じがしましたね
いやほんとそうだねこのまあ絵柄ともやっぱりストーリーの緩さっていうのがすごい なんかマッチしてるというかね
すごいその辺の愛しバランスいいしそこに乗ってキャラクターっていうのもほんと性格はね 主人公の天彦くんもまちこちゃんも両方とも可愛いんでね
本当になんか安心して読める感じがあってよかったですね 本当になんか展開的なところこのテレビ局のツボが何百万何千万みたいなところとかも
含めて結構 めちゃくちゃの展開がいっぱいあったりはするんですが本当に雰囲気がポップでなんかライト
ですごく読み味として 心地いい感じなんで
なんか本当にあらゆる展開も含めてこの雰囲気の成立に寄与している感じで いや本当になんかある種完成度の高い
なんかデビュー作のそのウンコマン今ジャンプギガちょっと読み返したりしましたが ウンコマンの頃からこの傾向のなんか緩い
ポップで心が溜まる感じの雰囲気というのはずっとそのままで絵柄に関しても同じ 方向性ではあるんですがその絵柄雰囲気
すべてがすごくレベルアップするのが感じられていやこの読み切りはすごいですね いやそうですね
結構そのなんだろうねシリアスな方向というかさ 結構悲しい方向の展開に持っていくのかなーって思ったところで
君に出会えて本当に良かったプロポーズって言って 一気に緩くなるみたいなところとかすごい良かったしそれが本当に最後の方でもね
あのちょっとやっぱこうね 行き違いがあってこう悲しい悲しいなりそうかなーってところでマジかーそうとも知らず
って解決しちゃったりとかねこの辺の揺るさ本当に良かったから好きだったからね リアクションが一番印象に残りましたね
そうねそれでいいんだってすごいしんみりした感じでただあなたにそばにいてほしかった だけなんだよっていうのを言われた犬がマジかーそうとも知らず
ポンあっちゃーっていうこの感じっていうのがある種本当にお話の救いにもなっていて このキャラクターの救いにもなっていてこのゆるさっていうのが本当に何か
4個して良かったですね めちゃくちゃ良かったですね
33:00
いやーだから本当にねあとはほとばちこちゃんっていうキャラクターがねすごいやっぱり あの可愛さのゴンゲというかねこのマガジン一番の可愛さのゴンゲだったりするんですけど
その辺のやっぱ印象も良かったんでいやすごい面白いわけでした 確かにこのポンコツけなげな感じはすごく魅力的でしたね
そうですねあと格好もなんかこうガンとしたが中2かって言うよね あー中2感確かに言われてみるはそうですね
まあ中2感というよりかはなんでしょうねサブカル的なというか 中2ともまた違ったサブカル感って感じでしたね僕の中では
あーなるほど確かにそっちの方がいいえって言うような感じしますね すごくおしゃれでデザインとしてポップな感じが魅力的でしたね
そうですね という感じでまぁ犬のお話に関してもまあ何かこの犬のエピソードっていうのと
主人公の天彦くんたちのストーリーというのがあまりこうクロスしてる感じがしなくて サブクエスト感というかサブエピソード感というかそういった主人公たちのお話
っていう感じに あまりなってない感も多少あったんですが最後犬がおじいさんのシーンとかに関して
いやー気づかなかったなぁ見えなかったんだもんっていう感じでその見えなかった見えない ものを信じるという気持ちを軸にして一応主人公の主張と絡めて感じで
なんか一応つながりを持たせたあたりはなるほどなという感じですよ そうですね
まあそれ結局ギャグになっちゃってんだけどね そうですねこれなんか最終的にもっといいセリフに置き換わるのかなと思ったら最後までこの
セリフもなんでしたね そうですねまあ帰るみたいだけどって言うね見えないものを信じることは未知なる力の扉を開く
鍵のありかの第一歩なんだぜ やっぱ長いねこれそうですね
未知なる力への第一歩でいいんですよ別に そうだねうんその辺も含めてその本当に大事なものは目に見えない的なコスロおじさま的な
そういういい話にもなってつながってる感じがして いやー本当に何か丸山先生の次の作品というか
いやー連載が読んでみたいなという気持ちになりましたよ そうですねー
このマチコちゃんの回数を地味に語られてますけどなんかザックにまとめられてますけど 結構悲惨ですね
めちゃくちゃ悲惨だからね だから本当にそこでちょっと一瞬気持ちが落ちかけたところこの一気に何だろう
プロポーズで反転させるところとか俺はめちゃくちゃ漫画力高いなと思ったしねって その辺のちょっと重い話があるところとかも含めて
この作品世界もっといろいろと描けそうだな 深く掘り下げていけそうだなという感じもしますのでそれは別に今先に限らず
そういう広がりのある深みのある作品を作れる力量が丸山先生にあるということだな と思うんで本当に単なる読み切りではなくどんどん本当に世界を広げていけるような
そういった連載を早く見たいなと思うんですよ はい
続きまして僕とロボ子の第174話内容としましては 赤根ちゃんはロボ子からコピーロボットをもらって便利に使っていたらコピーに入れ替わられそうに
なってしまったけど まあロボ子が協力して助かりましたという展開でした
36:03
ゴーストコメディの話の後に本当のホラーをやるんじゃないよって感じでした まあまあ画風は可愛いですよこっちも
そして画風はこっちも可愛いんですけど結果として何だろうあっちがギャグだったのに 対してこっちマジのホラーだからさ
いやーちょっとガード下がったので結構食らったよ俺は
冷えたって言う
いやーまあそうですねまあまあ明らかに僕とロボ子で赤根ちゃんでこの雰囲気の扉へという 線でもうすでに赤ちホラー界だっていうのはわかるようになったんである程度身構えられる
ようにはなりましたけどね なるほどね俺はちょっと本当にその前のねやつであのガード下がったね
途中はで普通読んでて あっホラーやんけーってなっちゃってああ
僕はもう今週僕とロボ子第174は赤根と赤根というサブタイトルでこの扉への雰囲気の 時点でもうちょっと襟を正しましたからね
なるほどねー いやー
とりあえずでもね本当にあのまあホラー界としてちゃんとレベルが高かったし 最後のところ本当で茂みの中から出てきた赤根ちゃんの方が実は本物だった
みたいなところに関してはマジですげーを教え って言って打ったからねそうなんですね
ほんとガードが下がってるすごいなんかこう 純粋に楽しめたよ今回僕は多少ホラー漫画が嫌いではないからか
どっちかわかんないなぐらいのどっちが本物かわかんないなくらいの感じで読んで たんでまぁ最後なるほどなと思いましたが
予想の範囲内ではありましたね なるほどねー
いやーまあだから俺は本当になんだろうあの パロボこのホラー会った毎度無駄にクオリティ高ぇなーって感じですごいなんか満足感
なる それは本当そうですねちゃんとその予想の範囲内とは言いましたがそれはちゃんとほんとホラー漫画と
してきちんと成立する感じのちゃんとした内容をやりきっているということですかね そうだね
という感じなのでいや本当に僕も僕とローコのホラー会 その最終的にロボ子が何とかしてくれるという安心感も含めてすごく楽しんでるので
まあこれだけ何度もやるので評判がいいのかもしれませんがいや本当に定期的に来て くれたらいいなと思ったんですよ僕も
はいはいはい そうですねほんと忘れた頃に行ってこられると風知っぽくなって俺もヒゲってあるんで
これは確かになかなかいい読書体験なんでね あのまあ定期的であのたまにやってほしいなってますね
あとロボ子が20本目の少ない指を見つけて食べたっていうのが あの子選手それのありか分かっちゃったんだよっていう感じでこのちょっとした時間差
のこの行き違いがすげー面白かったです そうですねそこがちょっと行き違いでしたね完全にね本編中にまだ20本目の指が出てきて
ないっていう前提でのギャグだと思うんで あー1週間ずれちゃったむしろ先週の年かですねこれ
あそうだね
惜しかったですねという感じのこの時間差ギャグ まあさすがにここここまで担当官の情報を共有できないのはそのしょうがないですからね
39:04
間違いなくそうですねこの前の号で少なの指のありか少なの指を骨先輩が飲んでること わかっちゃうんだよみたいなことはさすがに共有できなかったと思うんで
そこは完全に偶然の産物だと思うんですがそういったパロディーの奇跡的なタイミング とか面白かったです
では続きましてがセンターからですアニメ化大作戦超加速&ひふみ開花両覧センター カラーの湯桜さんと大作戦でしたセンターカラーは
まあ旅行夫婦2人での旅行満喫中の太陽君たちという1枚でした いやそうですねちゃんと恋人つなぎでハリウッドアメリカを回ってるという感じでほっこりする1枚でした
ね本当にちょうど先週末から今週にかけてストリートファイターの大会カップン カップが開催されていたハリウッドを旅行してたんですね太陽君たちも
あそっ6ミリタースが大会を見てたんだと思いますよ えっとジュリ使いが優勝したんですだっけそうですねあの
ホロライブという v チューバーというか v チューバー好きの 台湾のホロリスナーのオタクの人が
ジュリーで優勝しましたねはい 下馬氷屈返すで優勝だったみたいですごかったらしいですね
まあそうですねスポンサーがついていないというほぼほぼほかの人はみんなスポンサー がついていてそのスポンサーのユニフォームスポンサーロゴの入ったユニフォームを着て戦っている中
一人だけノンスポンサーで v チューバーの公式パーカーを着て戦って優勝したというかですね 面白いですね本当にホロリスナーの方たちが大盛り上がりという感じです
だったみたいですね なるほどねまあいいじゃないですか本当にあの自分の好きな服を着ていくっていうので
モチベーションを高めていったんでしょうからねえらいとですね いやそうですねちゃんとだからその推しの v チューバーからもコメントもらってその
パーカーに関しても自宅のような着心地で安心できました リラックスできましたってコメントしましたからね
だろうそれが強そうに秘訣か間違いですね という感じでちなみにカプコンカップストリートファイター6になってからわかりませんがソリと入った
ファイブの時にはこのカプコンカップの優勝者が希望のデザインのキャラクター衣装を 作ってもらえるという特権があるんですよ
ほう そのカプコンカップ2000何重モデルみたいなあの衣装がちゃんとキャラクターにその持ちキャラ
に作られるんで今のところそのジュリが ホロライブっぽい衣装になったりするのかなぁとか馬娘っぽい衣装になったりするのかなぁとか
なんかいろいろ言われてますねいいですね盛り上がってますね まあスト6でも同じ制度があるのかわかりませんが結構今盛り上がっているそんな
ハリウッドに対応君たちもいたようです なるねー
という感じで本当にちゃんと手も恋人つなぎをしていますし本当にラブラブの夫婦な 感じの1枚でほっこりしましたね
はいっ 中身としましては第215話で開花した姫ちゃんより力は増大しているんですが今日一郎さんがその
力をすべて飲み込んでくれました 姫ちゃんはまあ相手のシーンがわかんないから話し合いをしたい倒し
まあそのために相手を捕まえるというか戦って相手のシーンを聞きたい話し合いたい という意見で
42:05
それを今日一郎さんはまあ受け止めてくれましたその一方 二葉ちゃんがその逃げていたカズさん兄さんに対して傾向をつけてくれるそうですという展開でした
いやー今週は今日一郎兄さんがこう今までの中でも一番かっこいいというかこれ手間を やろうみたいな今日一郎兄さんですねそうですねそれこそ本当に包容力を発揮しつつこの発言
お前のどんな悩みを痛みも悲しみも俺がすべて無に返そうっていう感じでちょっと この病んでる感みたいな感じも含めてかっこよかったですね
いやほんとそうですね開花がでむっていう属性ですからね それもちゃんとちなんでたしかっこよかったしほんとなんか俺
なんか今日一郎兄さんもジャンプの長男の系譜に目覚めてきたのかっていう感じですよ 今日一郎さんはもともとかなり長男力強いですけどね
まあ確かにね だからちょっとそれがやっぱり結構変態性の方向に触れてしまうことも多かったけれどもいや本当にそれが
ちゃんと全部かっこよさの方にベクトリックとこれだけ やっぱりいいんだっていう感じは良かったですね本当にメイクをという形でこの完全に保護する
対象という兄弟よりもう一歩進んだところだからこそ よりその今日一郎さんの格好良さが発揮される感じだった気がしますね
いやーこれはもうあれじゃないですか今までずっと気持ち悪がられてますから姫ちゃん とかにそれもなくなりそうな感じなんですかねこれはいやー
姫ちゃんもともと理性では今日一郎さんのことを認めてるというか あのいい人だとは思ってましたからね
ただ生理的に無理だったんですよ
まあでも今回ちょっとありがとうって言って顔つけてるから大丈夫なんじゃないかなと思うけど 顔つけてまぁ眠ってるんでこの時は大丈夫そうですね
はいでも正気に戻ったらあれはこう 濃感よってことでまぁ正気に戻ったらその今日一郎さんはちゃんと受け止めてくれる
本当にいいおじさんだなというのは頭ではわかってるけど生理的に無理ってことになるん じゃないですかね
なるほどねまた入りなってしまって教授さんがね まあ信頼値自体は当然高まっていると思うんでその辺も含めて本当に今日一郎さんとこの
双子の関係性はまだまだこれからいろいろと広がりがありそうで楽しみですよ
そしてまぁほんと今日一郎兄さんが本当にこのね成長の企画を見せてくれたんで 来週はほんと双葉姉ちゃんの成長が見られそうで楽しみだなと思いますね
まあそうですね本当に成長した双葉姉さんまだその本気に関しては見れていないのでそれが 来週見れるのかなそして相手の数さんとかも含めてそのアッサンサイドの
まあ本当の力みたいなところも見れそうな感じなので こちらの戦いは姫ちゃんタイルとはまた違った意味でとても楽しみですね
楽しみですね あとは本当に姫ちゃんの相手ともっと話し合いたいというこの希望がわがままと自分で言って
いるのがまあこの段階で一旦でも叶えられるのかそれとも今後の戦いの目標がそこ になっていてここではまあ残念ながらという形になるのか
わかりませんがその本当に今回のエピソードのまとめとしてもどういった形に落ち着く のかとても楽しみです
45:02
続きましてが長寿長寿先輩の第3話内容としましては長寿先輩 地元のホビーショップからの依頼でカードゲームの大会の護衛に行くことになりました
警備に行くことになりましたそこでカードの窃盗犯を見事に捕まえましたよかったという 展開でした
もう国民の欠税デッキで言葉を蹴散らす長寿先輩 クズだな面白いなってましたね
普通に給料だから別にいいんですけどね別なんあの 警察の予算で買ってるわけじゃないですからねそうだね
いやでも言い方がすごい良いだって思いましたしやっぱ面白いなってましたねこの 沼先生のセリフ回しというかねまあそうですねいや本当に適度に悪い人じゃない
けど不快 悪い人じゃないけどクズっていうこのバランス感は本当に
頑張っているなという感じがしますよそうですね
そして今週本当に全体的には遊戯王のパロディー会で行ったわけですけどもね いやーカード的なところのあのパロディなくちゃって最後ほど罰ゲームっていうところまでちゃんと初期
遊戯王のパロディーをしてくれたら嬉しいな 展開でしたねそうですねまあ遊戯王風ではありますけど
なんかあの相手のいかにもホビー漫画主人公的な俺のターン君に関しては 原作版の遊戯君というよりかは本当になんでしょアニメでそれ以降やってる感じのそして
もっと他の漫画でやってる感じのいかにもホビーアニメの主人公 感じないですかはい早かぶと防具とかその辺ってこと
個人的にはそうですね首輪とかは遊戯君感がありますけど ホビー漫画主人公感が強かったんでその辺はそれほど
遊戯王パロディー感は感じなかったんですがでも本当に最後の初期 遊戯王的な罰ゲームの下し方っていうところは本当に面白かったですね
面白かったですね そしてあと気になったところとしてはね
なんだろう俺的には今週そのなんだろう なおちゃんに占められている長城先輩ちょっと羨ましいなってましたね
いやーいいですかこのスキンシップあるところに関してはなんか俺はなんかドキッと する感じがして良かったですね
犯人も今回のカードセット版もなおちゃんにあの 踏んづかまれる
あれはでも手じゃないですかこう首とかでやっぱこうすごいもっと密着してる感の方 が苦しくはない痛みだけなしにして長城先輩俺と変われってましたね
いやー確かになおちゃんはすごくこの柔道系ヒロインとしての魅力をどんどん発揮 してますね
そうですねいいですね あとはねあのカスモンとかっていうに関してはねもう本当カスライムとか見てるとやっぱ
サモン君を思い出すんで意外とサモン君いるんじゃないかこの世界にって思いましたね
なるほどそっからいやまぁカードの中身がその大天使テシーみたいな感じで前作のテシガワラ さんみたいな感じのカードがあったり数点でちょっとつながってる感じというのにくすりときましたが
まあ確かにこれでサモン君 サモン君キャラがこの世界にいるとなるとこのカードゲームもなんか謎になってきます
いや意外とサモン君とか作ったかもしれないよ そういう感じがしてくるあたり不思議ですがまあまあ別なんあのいろんな形で関わっ
48:04
前作とか他の作品が変わるんでくるのは全然いいんで カードとしても登場するし本にも登場するの全然いいですね
そうですね いやーという感じのでまあいろいろと本当に前作とのつながりが感じられたりとか
もう大変楽しい感じの以上でした では続きましてがあかね話の第99話に移しましてはあかねちゃんの陣の乗ったお話によって観客が
みんなあかねちゃんを信頼してもっとあなたの話が聞きたいとついてくるようになりました おかげで話もすごくいい感じにできましたというあかねちゃんが江戸の世界が鮮明に見えて
という展開でしたいや先週の引きでもあったこと陣のもう一つの効果っていうのが 観客の信頼に変わることによって楽はやりやすくなる
みたいな展開に関しては結構理屈としてはわかりやすい感じでしたし そこからでさらにこう漫画的表現としてなんだろう
領域展開を行われたのは上がってあるなーって感じでしたね 人って僕が言っちゃいました人人でしたね
いやという感じで本当にこの画風が違う感は良かったですね大変
そうですねいやーだからちょっとどうなるかねほんとからも来週関東カラーでね 100話突破記念ってことですかね
領域展開をして100話ですかすごいどんな演出になっていくか楽しいですよね 本当にその落語漫画だからこその絵面としてこのちょっと
なんか日本画風というか この感じの画風を使った新しい漫画表現というのが見れるの見れそうなのはものすごい楽しみ
ですね いやほんとそうですね
だからまあその前に友達たちと話しているところのマルチバースカーみたいな話からね だからマルチバース江戸領域展開ってことでしょっていう
まあそうですねいや本当にマルチバースと言ってますがいわゆる あの手塚治虫的なスターシステムみたいな感じでそのこの落語家さんのご影響はこんな
人この方さんの えーまあ熊さん発案こんな人よ太郎はこんな人っていう感じでその落語家さんの
持っているキャラって話をまたいで基本結構同じ人だったりするんですよね まあ確かに状況それこそこのあかねちゃんも言ってるお話によって違う職業職業が違って
たりとか まあ背景の設定が違ってたりはするけれどご影響さんはご影響さんでこんな人
勤募子供は子供でこんな人みたいな感じでお話をまたいでこの人のご影響さんいいよね とかこの人の勤募役は本当にいいよねみたいな感じでその持ちキャラみたいな感じになってる
のでまあまあまあその辺の話 落語聞いてるとなんとなくわかってきますけどそれをこのあかね話を作品がどういう
ふうに説明して表現してくれるのかはちょっと楽しいですね そうですね僕はパイ寄せとかいない
たことがない人間なのでまあこれよってこと落語してるみたいとかちょっと当たるんでね ちょっとほんとどんな感じでやってきてまぁ
のが楽しみだと思いますねそうですね このスタッフ制度もさらに発展していくと名前のついていない聴人役に関して
51:01
あの話に出てくるそこつ長屋に出てくるあの夫婦っていうのはこのないないっていう お話に出てくる夫婦と多分同一人物だよねみたいな話を始めますからね
なるほど 演じ方からして多分同一人物だよねみたいな話になってきたりとかしてそういう感じでまぁ
落語家さんがどのくらい意識してやってるのかわかりませんが本当に落語 の世界丸ごとその人の中に一つあるみたいな感じが面白かったりもしますんで本当に
それをどうビジュアル的に表現するのか今週の最後の見開きの段階で既にかなりワクワク しているので本当に大変楽しみですよ
はいでは続きましてがアンデッドアンラックの第196話内容としましては ビーストさんがアンブレイカブルの力を使いこなしているのを見たふうこちゃんは
ビーストさんが魂を食べているということに食らっているというふうに気づきましたそして またビーストさんが言ったこの世界は最初に神と魂だけがあったという話から
この世界の最初のルールはソウルだそれをその力をみんな使ってるということに気づき ましてそうしましたら何かよくわからない人たちが見えて指から何か放って
フーンが来るっていう展開でした
いやー先週の本当にビーストさんが言ったねこの世界は第一と魂から始まったみたいな 語りとかかあとはね本当にそのアンディーがその前に使った魂の鎖っていう
ワードとかねあれ急に出てからなんだこれって感じだったけどって それが本当ちゃんと最終的につながってふうこちゃんの覚醒展開つながるっていうのはその厚い展開
でしたね いや本当ですねしかもなんかどうもこの人たちはずっといたのかもしれないですね
いやほんとそうですねこれあれですか歴代のフーンの人たちってそういうことですかってアンラックに 理屈で解釈するとそんな感じがしますよね
そうだねー だからちょっとこうねほんとステージが1個上がった感じがしてワクワクするね
本当にここに来て急に否定能力1 for all 説が出てきましたからね そうですね
いやーそしたからそこでなんと始まりのノロシを上げたのがこの本当に鯨ドーン そこに霊眼ドーン隕石ドーンっていうところはすごいなんか隠ればってもたしないっていう
いや本当ですね という感じでこのあの第2部になって以降のふうこちゃんの自分の身につけていない
いたものを弾丸にして打ち込んで不運を招くというのがすでにかなりのパワーアップでした がレベルアップでしたがもはやそういった所有物みたいなものを抜きにして魂を打ち込んで
不運を呼ぶという とんでもないパワーアップになりましたからね
そうですね いやーちょっと本当にいろんな理屈の意味でビジュアル表現的な意味でそして実際の能力的な
意味でその実戦での強さ的な意味を含めてめちゃくちゃこのパワーアップ感は興奮 する展開なのでこれがどう語られてビーストさんをどう
こっぱみじんにしてくれるのか楽しみですね
いやまあ確かにその通りですね ビーストさんもねまだなんか今のタコ形態がちょっとくすっとくるような
54:04
ビジュアルになっちゃってるんでね いやそうですか
なんかちょっと俺このキューバー病に出せなって思いながら見てるけど
いやでもここから本当にねふうこちゃんがこれを身につけたからねビーストさんもこう なんだろう
本気モードというかね最終形態になってくれると思うんでねそこ楽しみだなって思ってますね まあそうですね本当にここからは魂の戦いになっていくということでもうなんか
オーラというか エネルギー派というか本当に戦いの要素が一変そうですからね
そうだねー ビジュアル表現もりもりの最初の頃本当地で戦っていたとんでもない漫画っていう印象
から始まったこのアンデッドアンラックがもしかしたらなんかカメハメハとか打つような 漫画になるかもしれないですからね
ちょっとその雰囲気出てきたよ確かに 感じも含めて本当にこの漫画がどこに向かっていくのかそしてこの作品を貫いて
いた設定がついに色々と明らかになりそうな感じというのがどう表現されるのか 本当に楽しみです
確かですねー では続きましたがキル青の第42話内容としましては
大神君はなんとか縦文字君から逃げた逃げることができて学校にも行けず修行式を 迎えたらみんなが家に来てくれました
縦文字指導君も来てますどうなるっていうところに何か殺し屋サイドの人っぽい 変な人たちが見てますという展開でした
いやー本当に大神さんがね指導君から逃げるときにあの相手のトンファーを使って逃げる ところとかちょっとかっこよかったし
そこで家庭株の系統を使ってるってところがくさっときましたね ちゃんと環境を利用して戦ってますね
そうですね家庭株スキルを活かしてるのは大神君って感じでしたね 本当にさすが家庭株ですよ
ですね そしてその後みんなが友達が来てくれてねほっこりしてる中で
いやー殺し屋登場ですかそして殺し屋は相変わらずちょっと変だなこいつは って感じでしたね
そうですねスイムキャップにゴーグルにこのハートの手袋はちょっと属性わかんないですけどとりあえず変であることは確かですね
いやほんとそうですね こいつらが言ってどんな殺し屋スタイルなのかちょっと今から楽しみになってますね
まあそうですね いやーという感じでまあ本当に指導君正義の味方指導君を交えての戦いに本物の
殺し屋が参戦するという形で共闘展開になるのかもわかりませんがそして指導君が こうなってしまった原因というのをまた明らかになるかわかりませんが
学園サイドと殺し屋サイドが入り乱れた展開になりそうでこの作品のこれまでとは違った ルートが見れるかもしれなくてとても楽しいですね
確かですねー という感じであとはまあまあちゃんと家庭株のみんなが大神くんのことを心配してくれて
のれんちゃんもなんかちょっと大神くんのことを心配して頬を染めながら家を訪ねて くれたりとかしてその学校サイドのこのほっこり展開も
今後も楽しみです では続きましてがまま優柔の第23話内容としましては
57:05
サリッコさんこれを君を鍛えるためにこの世界の仙台過去の勇者たちを呼び出しますが 仙台勇者のハロハロさんは
なぜか読み取れませんでしたこれを君修養して強くなったところに グリシャの拠点が見つかりましたという展開でした
今週サブタイトルが信じて送り出した自慢の息子って言うなんですけど それが本当に何だろうねあの
信じて送り出した自慢の息子がてんてんてみたいな展開に下ネタにつながっていくのは 笑いましたね
まあまあ
なんか早さでこういうくだらない仕事好きだよね 確かにまままさんのところの展開としてはこれは天丼ではあるんですが
まままままさん以外のところでもこのなんかちょっとした 下ネタは結構多い気がしますねそうですねで俺はこれ好きなんですよね
はい先生いいと思いますよもっと対応してくれてもいいと思いますよそうですね なんかこれを組んのこの
クソ童貞設定も含めてなんかすごく印象としてはいい気がしますよ そうですね
そしてまあ修行会ではあったわけですけどね いやーこのハロハロさんがほんと呼べない
っていうところ魂がインストールできないところに関してはねえまさか生きてるの っていう感じではありますよね
まあ生きてるかもしくはグリシャさんの方が何かしちゃってるかのどっちかかなという 感じがありますね
あーなるほどねそれは本当に何だろうねあのまままさんにとっても悲しい話だし ちょっとどうなるかって感じですよねそうですねここに来て
これよくんの方の親子関係家族関係が新しいお父さんの登場によってちょっと荒れるか もしれませんかね
まあまあ確かにそれは相当ですね新しいお父さんのハロハロさん寄ってくるかもしれないんで そしたらこれよくんがグレちゃうかもしれないんで
その辺も含めて今回このままさんが連絡してきたことも含めて 何か
ママさんやっぱ合流してほしいのもありますしその辺ちょっとお話の展開がこの世界の効力 周りの人間関係に広がっていきそうなのはとても楽しいですね
たしですねー という感じでまあこれくんの修行展開も減ましてパワーアップが視察されたのでその辺の
バトルとしてのスケールが上がっていく展開も含めて次の戦いがどうなっていくのか とても楽しみです
はいでは続きましてが上野水の第39話内容としましては 学朗君は3択のガチャの当たりを引き当てたんで強くなりました
そして一つちゃんを助け出して協力して一撃という展開でした いやーもう今週学6パワーアップ覚醒
パチパチパチーって返したいやーそうですねかっこよかったですよ いやめちゃくちゃかっこよかったね
あのまあねからステングさんのね今日の力をゲーセンを抑えた分の強力な防害をクリアした というのですかみたいな
すごいいい格上げもしてくれたしそこに対してそんなのでしとちゃんの方もね ずっと怒ったのかみたいな形でバカやろうみたいな形でねいうところで感情も
乗っかってくるしっていう形でさあ理屈も感情も両方こう盛り上げてきてくれて でほんとそこに来たゼロプレートっていう感じですかね
1:00:07
本当に何だろうトントントンって盛り上がって感じがあったんでやめちゃくちゃいい 回でしたね
本当に先週段階で本当に学6の過去を示すことによってそこのやるせなさとか切なさとか その悔しさみたいなものを描いて選手も言いましたが第1話連載第1話の段階での
戦わない学6群歯向かわない学6群っていうそのちょっと 折れてしまった学6みたいなものを見ているとまたいろんな印象がありますねみたいな話も
しましたがその辺も含めてずっと学6の中には怒りが自分に対する怒りがずっと裏には あったんだ
あり続けたんだっていうのが示されるのはこれをまたちょっとこれまで見てきた学6君に 対する印象をさらにちょっと上書きというか深掘りというかする感じで
いやー熱い展開で良かったですよそうですねエモい感じがすごいありましたし あと本当にねやっぱりビジュアル的にやっぱりこの完全体になるって言われ半分くらいしかねあの
返信できたところが完全体になるっていうのはほんと熱い展開だからって いやーちゃんと見た目でやっぱ主人公の衣装チェンジは熱いですよ
暑いですねー いやーだからもう本当に気持ち全部乗っかっていやもう大勝利で来週は果たしてどうなるかって
感じですねっていう いやーという感じのさすがにこのレベル3の戦いはこれで決着でもいいんじゃない
かなという感じもしますんで まあまあ他の減業人方の減業との戦いとかも含めてさらなる展開にどう
学6が変わっていくか強豪ちゃんの戦いも見れるのか 今後の展開が大変楽しいですよそうですねー
まああとは当然しとちゃんとの兄弟仲展開がどういった感じになるのかもとても楽しい です
いや本当だよだって今週だってちょっとやっぱ共同作業だからね2人の ある種の共同作業ですかねそれが決まりましたからねいや来週はもっとラブラブなと
知らってますね 最後ちゃんとその学6の覚醒で価値はしましたが覚醒によって対象2つを切り刻める能力で
そのうちの一つをレベル3ともう一つをしとちゃんを塞いでいる 巻の方に焦点を当てることによってすとちゃんを救い出して協力プレイという単純な学6
んが覚醒して一人で倒すわけではなくてあくまでそうちゃんとの協力プレーで最後 そっちゃんが決めろガースケって叫んだっていうそこのところでだいぶ本当に
お膳立ては整っていますのでこの戦いが終わった後に2人で喜ぶ 2人でお父さんの仇を取ったことを実感する
しとちゃんの中で学6に対する思いがある一戦を超えるようなそういった展開をすごく 期待してますよ
ですね 続きましてがジャンプショートフロンティアですフード煽りコメディ読み切り15ページ
煽り飯泉博士先生という形で中身としましては 写真部のあずみ君と七瀬ちゃん花宮ちゃんの3人がおりまして
あずみ君は授業の課題を出さなかったせいで居残り しているところに他の2人が食べ物の写真を送って
悔しいだろうと煽りながら食べる飯はうめーぜってやってました そして
あずみ君もラーメン食べに行ってよかったという展開でした いやー俺はダイエット中なんでねこう煽り部とかやられたらガチゲーしてしまい
1:03:08
そうな 友情破壊が起きてしまう雰囲気はあるわけなんですけど自分中にあって
ただでも本当でもこの読み切りの登場人物たちはそういったことをやられても友情破壊 しないだけのね
信頼感がある仲の良い人たちなんだなーっていうのがほっこりするというかね 羨ましい感じの読み切りでしたね
僕も今またちょいちょいダイエットでちょっとずつ体重を落としたりしてますが ダイエットしてますが煽りというかご飯の写真とか見せられてもむしろ普通に積極的に
グルメ情報を見てますね なるほど
グルメ情報でお腹をいっぱいにしてる感じですしそんな長期的でもないですしやっぱり 週に1回ぐらいはガツンと食べる日とかを設けたりもしますし
だからいろいろと見てああ 来週の日曜はこれ食べに行こうみたいな感じで
でそれまでサラダ食ってよみたいな そんな煽り煽られ感はあんまり実感としてはなかったりするんですけどね
なるほどねー いやまあ俺としては本当にこいつら仲いいな爆発しろよって思いましたね
まあまあそうですね仲がいい3人というのを描こうというのに関しては徹底してる感じがしましたね そうですねいやだから男1人女2人っていう構図がやっぱ爆発しろって思うんですよね
そんなそんなですか いやごめんやっぱちょっとやっぱ煽り飯に対してこうちょっとやっぱこう
煽り飯やめてっていう気持ちは強すぎるもんねそういう感想になっちゃったんだよ まあ男2人女2人
もうなんか一時のものというかどっちかと恋愛関係になったら まあその関係は続かないでしょうしそうですね
でもし女性のどっちかが誰か彼氏ができたとかってなったら それはそれでまたちょっと難しい問題がありますね
まあ確かに残りの2人はその後も同じ 関係をじゃあ2人で続けていけるのかみたいな感じになったりするんですごいあくまで
この環境っていうのは一時のものだよなっていう感じはしますよね なんか急になんかこう
哲学じゃないですけどなんかこう語りになってますよ人生のあんま羨ましい 羨ましいというよりかは
難しそうと思っちゃいますけどね個人的に 今後難しそうだなっていう感想だったりするんでそんなに僕はなんだかんだその
幼馴染みというか男女2人がすごく仲いい関係に関しては羨ましいと思いますけど 男2人に女の子1人っていうのも
それはそれで僕はいいなと思ったりもしますけど男1人に女2人はあんまり羨ましい と思わないですね
なるほどねまあまあなるほどつまりまあだから青の箱で例えるなら 千夏先輩すなちゃんが両方いる時よりも今の千夏先輩だけの方がすごいやっぱ
ガルさん的にはこう羨ましいと感じると思う ああ
だからむしろあの教訓大器君ひなちゃんの3人組でワイワイやってるのはいいなと思いますよ あの関係性が友情として成立してのはとてもいいなと思いますよ
1:06:06
で男1人女2人の友情3人組 あんまり今パッと思い浮かばないですね
そうだねあんまり何かサンプルがねやっぱこう 恋愛関係に発展してどっちか選ばなきゃいけないみたいな展開になりかねえから
なるから絶対にっていう まあまああんまり思い浮かばないですけど僕の中ではなんか
その関係性の不安定不安定な感じ男2人女1人はなんか なんか何とでもなりそうな気がしたんですよね
この辺分析するとめちゃくちゃ深い何かがありそうな気もしますがまぁあくまで直感の 話として今言っちゃいますと
男2人女1人は成立そうな気がしますけど男1人に女2人はなんかすごい 危ういバランスだな感がして
あんまりあんまりストレートに羨ましいなとは個人的には思わない感じがしますね なるほどねこれはこれなんかちょっと新しい発見かもしれないですね今
はいっ という感じでまあなんか掛け合いに関してもすごくこう
なんでしょう頭を使った理屈を使った感じの掛け合いみたいな感じですごくなんかこう 独自性のあるやり取りをしている感じなので
個人的にはまあ15ページにこれを詰め込むのはかなり難しそうな感じだなっていう印象が 残りましたが本当にこの方向性でより匠によりいろんな表現を使った作品というのを
書いたらどうなのかとても見てみたいですね じゃあ続きましてがグリーングリーングリーンズの第12話内容としましては
博くんたちは博くん歓迎コンペに行きまして博くんは素晴らしい 1ダメと素晴らしいパッティングをしたんですが間全然ダメだったので
プラス11でしたなんとかバーディー取りたいという展開でした 今週は本当博くんのこの初めてコースに挑んだ時のこの感動とか
動揺とか緊張とか頭集中してとか落ち着いてとかねそういったところがすごい丁寧に 描かれるんでなんかすごい良かったですね
まあそうですねあと確かに本当にこのゴルフコースの 広さ遠さというものを実感してまぁある種うろたえるというかこのシーンの実感みたいなものは
すごく伝わってきて良かったですね 良かったですね確かに結構遠いなって思うもんね
まあそうですね 普通の競技場の端から端までよりある感じですもんね
あるねだからそれはすごいわかるなーって思ったしこれを3打とか4打で入れるって本当 できるのって思うからね
本当にこの辺の実感に関しては何かなんでしょうね ゴルフ漫画でも必ずしも描写しているところではなかったりするんでいや面白いなと思って
良かったですね 良かったですね
そしてあとは本当にこのギャルの子がねいてくれたのめちゃくちゃ心強くて良かったですねって オーガちゃんもあんま喋んないしさ
オリバー君もそんなにあの喋る方じゃないからね寡黙な方だからねっていう だから一緒に今度ギャルが待っててくれて喋りかけてくれるし
いちいち反応してくれるしっていうのはなんかもう いやいいな好きになってまいろうなって思いましたね
1:09:03
オリバー君は意外と喋ってくれそうな感じはありますけどね そうだね仲良くなったからね
ただ元々がやっぱりとっつき肉の男ではあるからね 元々の会話の引き出しは少ないでしょうねそれは
そうだね そういう感じだったりはしますがまあ確かにこの彼女がリアクション役としていろいろ見てくれるんで
かなり読みやすくなっている感じがしますね そうですね
だから本当にオーガちゃん一筋でこの漫画を見ていくつもりだったけどちょっと今揺れてるな って感じですね
いやー今週どれだけ読んでもこの子の名前今週は出てないんですよね 多分過去に遡れば出てるんだと思うんですがちょっとまあそれをせずこの子このこと言っちゃって申し訳ない
ですが まあ来週あたりでちゃんと名前を見せてさらに彼女の特徴もプレイの特徴とかも発揮させてより
この子のこと見たいなとは思いましたよそうですね いやーという感じで白君本当にあの持ち前のポテンシャルの高さとまあそれともゴルフ
は難しいというところとかを両面描いてきたので バーディーを取る瞬間そしてその事前に計画していたバーディーを取るというのをさらに超えた
イーグルを見せてくれるのを僕は楽しみにしてますよ それはめちゃくちゃ方が望みだ気もするけどこれにマンでもいいです
まあ確かにね いやーでも俺はもうバーディーでいいと思うけどねさすがに
結構今週段階のこのプラス11を叩いてもやっぱ自分の中でそこに落ち込まずにこの バーディーを取ることに執念を燃やしてるというかねワクワクしてる自分っていうところが
だいぶ効果が高いんでね バーディーでいいと思いますよっていう僕は常にその
作中人物の予想と期待を主人公は上回っていってほしいと思ってるんで もうバーディーを上回るんであればイーグルですよね
またそうだねー アルバトロスでもいいですよ
すごいアルバトロスだってそれでも出そうでしょ 生涯で1回あるかないかっていう話ですよね
そうだよね という感じなのでもうハクくんが本当にこのバーディーというこのそれを達成するの当然楽しみですが
それより上を見せてくれることもちょっと期待してみたいと思います 続きましてツーオンアイスの第21話の内容としましては
葉山くんたちは見事にペアの種目をちゃんとやりきって4年後のオリンピックを目指します という展開でした
いやーずっと描いてることだけどね本当にこの同じ競技者国内で全部の競技者が一丸となっている感じっていうのはなんかすごい
スポーツ漫画として珍しい感じがして面白いなってましたね 興味深いなってましたね
確かに本当にこの2人が光のペアだということがよくわかりますね そうですね
もうみんなで応援してるからね みんなに育てられてますね
そうですね いやーだからね本当だから今回もやっぱりこの2人関係性いいなって思いますし
サイズバイサイズは本当世界レベルだけどまだまだペア技は初心者というかね初級っていう形でいびつなペアって感じですからね
今後の成長が楽しみだなって思いますね
1:12:00
という感じでまぁ現状をかなり期待されている そして本当に周りに対してすごくいい影響をもたらしている
本当にそのペアという競技の楽しさ魅力というのを同じ競技者に対しても思い出せるような 思いを起こさせるようなそういう2人だということが伝わってきたんでこの光の2人対
あの空さんたちの闇のペアの戦いが早く見たいですね いや本当そうですね今週空さん出番なかったらマジ寂しかったからね
闇のペアが早く見たいんですけどね そうそうそうそう1個までもいいからなんか闇のペア見たかったよね
正直まだ空さんのペア相手誰かわかんないんだけどね
いやーというわけで本当先週で準備ができたって言ったからね早く空さん出てきて世界を 驚かしてほしいって言ってますね
まあそうですねという感じで準備は整った4年後のオリンピックを目指すとなりましたんで 果たしてどういった次のステップに進むのか大変楽しみです
はいでは続きましてルイルイ戦記の第11話内容としましては 館の主の林道さんは重ねの姿になりまして黒森君と戦います黒森君は
林道さんを助けると決めたんで止めるっていう感じで まあ何かいろいろと言葉をかけて林道君救われそうになったんですがそこに謎の男が
やってきまして林道さん刺されてしまいましたそれは 黒森君のお兄さんだそうですという展開でした
いきなり兄貴来たーっていう会社 確かにいやーなんかどっか伏線あったのかもしれませんが見逃してたのか全く想定
になかったですね いや全く想定なかったですね
いやむしろほんと朝風君が下に何かいるが本当にそれしか伏線なかったんじゃない と思いますけどね
まあ今回の展開林道さんのこの館の事件というかその裏に何か黒幕的なのがいるんだろう なっていう気配はずっとあったんですが
まあ本当に黒森君のお兄さんとは思わなかったですね いや思わなかったですね
だから何だろうその前の本当にさ林道さんが重ね打ってちょっと池尾時間というかね ちょっと中二官の池尾時間になった感じとか良かったなっていう感じだったんですけどね
だからそこを多分印象とか全部最後で吹っ飛んだかねっていう 兄貴来たーそして何か兄貴の後ろに何か滑舌女子高生とかいうかわいいかわいいなんかどんな
人なんだろうとかそんな感じのことばっかり考えてましたね そうですねへそ出しで見るんですからね
いいですねいやーだから本当にね何だろう とかみちゃんとかねなんか新しいヒロイン候補が来たぜって思ったんだけどなんかこう
さらにそこの一緒まで上がされちゃったからねっていうね いやーだからちょっと中展開がどうなるかって感じですよね
いやそうですねいや本当にもっとバトルものの方に寄せていく展開もあるのかなと思ったんです がもう一応黒森君的には相手を止める助けるというのを第一に戦ってるんだよというのが
つながれていたのは まあその点残したのは良かったなと思ったんですがお兄さんの登場によって
あらためて作品の構図が変わっていく感じもしますからね そうだねー結局黒森君は救いきれなかったっていうほんと敗北展開でもありますかねこれはね
1:15:09
ちょっとテイストがどうなるかっていうことを含めてちょっと来週以降本当に新展開 楽しみですね
いや本当に漫画としてのジャンルがまたちょっと改めて少し変わっていくぐらいの展開があるん じゃないかなという感じで
厚い展開を期待しています はいでは最後に目次コメントとしまして
とりあえず読み切りストレンジラバーズ丸山先生 作業中ウエストランドのブチラジオずっと聞いてました面白く助かりました
ということで デビュー当時からプロフィールなの趣味のところにずっとラジオと書いている丸山先生
ので今回も作業中はウエストランドさんのラジオを聞いて書いてたそうですね その辺の芸人の深夜ラジオとかを聞いている感じのまあ
ゆるゆるい空気感というかサブカル感というかその辺の魅力はやっぱりつながっている 感じがしましたよ
確かにそうかもしれませんねー あとは僕のヒロアカデミーは堀越先生今の状態は設定上で9オーバーレイと命名してますが結局
カーネイジ丸なんですかカー丸寺と呼んでみますというかして スパイダーマンに出てくるベノムの細胞をもとにした違うビランのカーネイジという
全身から触手がわらわら湧いている感じのやつ に似てるということをご本人も思ってるんですね
そうですね まあわかりやすいっちゃわかりやすいけどねカーネイジという
感じでまあまあ確かにその雨込みのビラン感あるようなと読者も思ってますが作者 の方も持っているんだなという感じでございました
してあとはキロはの藤巻先生4041や目のカバーの中の銃 安全装置外れて激節も起きてたあぐだすぎ直しますって言うかね
いや実際なんかそういう状態で保管されていくことを想像したらちょっと笑ってしまい ましたね
なんか参考にした資料をうっかりそのまま書いちゃったんですよね そうでしょうね
まああるあるですよねっていう普段やっぱ銃とか見てるわけじゃないからねどうするの そういうの起きちゃいますよねまあまあ直すということなんで全然問題ないですよ
そうですねあとは青の箱の三浦先生 リンコとシナモンってなんでこんなに相性がいいのでしょう
イチゴには生クリームバナーには どうぜバナナには
チョコですかね あーチョコバナナ確かにいい相性いっぱいすぐですね
個人的にバナナバナナかバナナ 焼きバナナにシナモンとバニラアイスクリームを乗せたやつが僕はとても好きです
なるほどね意外と俺フルーツその枠の月派なんでね バナナは結構バナナ1個で食いたいタイプなんだよな
まあまあリンゴもイチゴも当然そのそのまま食べるのはめちゃくちゃ美味しいですけど ある種そのケーキとかにしたりとか
まあ何か調理した時にっていう話ですよね まあそう
なのであくまで生で食べるのとは別枠で考えた時に何と相性がいいかという話ではあるので まあバナナにはチョコでも普通に生クリームも合うしな
1:18:03
丸ごとバナナは有名ですね そうねという感じで意外とこれは答えが出ないなという三浦先生の罪深いコメントでしたね
そうですね 僕とロボ子の宮崎先生同眠院芸人同眠院好きとしてはたまらない回でした止まりたい
ということで僕も同眠院好きなんですよ そうなんですか同眠院て止まったことありますか
同眠院ないんですよね 同眠院はビジネスホテルなんですけど基本的に温泉がついてます
それが売りです なるほどねー
いやーなんかアパホテルとかに主に泊まってるんでわかんないですね 同眠院は温泉の大浴場がついていて
あとはなんか夜中にちょっとそばをいっぱいサービスで食べさせてくれたりとかするらしい ですが温泉が基本的に好きなんで大浴場がとても好きなんで同眠院はとても好き
ですし あと思い出深いのは僕は大学生の頃に免許合宿に行った時にあのなんか合い部屋
6人部屋かなんかのやつで申し込んだらたまたま時期的に満席で あの同じ料金で安い料金でシングルの同眠院プランに回してもらえたんですよね
おーいいっすね 結果僕はそこで同眠院はめちゃくちゃいいってことをその合宿中の友達に話した結果
あのドーミーさんというあだ名になりましたからね
なんかすごい良い覚えてたんそれ 俺もそれで呼んだほうがいいっすか
ああ別にいいですよドーミーさんでも何でも
そしてあとは類似戦記の雨宮先生 読者の方の想像にお任せしてあまり結論を出したくないのですがとがみはハイテマ
切れるという罪深いコメントがありましたね 僕はこれはハイテマチョコだと思いますね
なんですかそれは チョコが合うっていう話じゃないかと思いますね
いやー確かにチョコを履いてるったらちょっとそれはなんかこうエゴい感じがありますね
まあまあこれは履いて これは思うに雨宮先生の中でも履いてるか履いてないかに関しては確率の問題なんだと思いますよ
なるほどねー 俺は結構ねえとがみちゃんふんどし派と予想してるわけなんですけどそれは違うんですかね
いや 僕の中ではとがみちゃんの下着に関してはその量子論的な存在で60%の確率で
履いてないけど40%の確率で履いてるとかそういう状態が常に存在してるんだと思いますよ なるほどねいやーロマンあふれますねそれ
それを表しているのがこのコメントだと思います あともうアンデッドはなくとつか先生ネームしに行く喫茶店でマスターが僕残して
買い出しに2回目慣れてきたということで とつか先生がネームしに行ってる喫茶店おそらくずっと座ってるのかわかりませんがもうマスターが
完全に身内扱いで 残して買い出しに行っちゃうという他の客が来たらどうするんですかね
どうなんでしょうね まあまあだから個人店なんでしょうけどねいやなんかいい関係性ですねそれ
あの客が来たら今ちょっとマスター買い出しに行ってますって とつか先生が言ってくれるんでしょうね
いやーすごい信頼関係じゃないですか いやという感じの心温まる話でした
あとは長寿の長寿先輩沼先生打ち合わせ中に食す辛口チゲの料理物足りなさを覚え 自身の成長を感じるということで沼先生成長してるらしいですね
1:21:10
ていうか打ち合わせ中に辛口チゲ食うのって思うけどまず まあまあ食事ついてにという感じで鍋は結構長時間ついてられるからいいんじゃないですかね
なるほどね 本気でガッツリ打ち合わせなら継承かもしれませんがちょっと夕飯ついてにっていう感じなんですかね
なるほどねー 全沼先生まあ健康を害さない感じで成長していただけたらいいなと思いますね
という感じででは来週が タヌサイ編最高潮オンエアンド連載2周年突破記念表紙&担当から赤根話が表紙
担当からとなっております2周年です いやいいですね特別企画は盛り沢山という形で以前赤根話にちなんだ落語会とかも
やっていましたから2周年にちなんだ企画で現実の落語シーンとも絡めた企画とか いろいろあるのかもなとかちょっと楽しみですよ
期待したいですねあとはセンターからが演説の戦いに向けは落菜市編絶好調センターから アカグラバチと春のトツレを告げる膝到来
貴重版制作絶好調音泥センターから僕とロボ子 という感じで春を告げる膝が到来するそうです
どんな日だよねって思うとあとこちら 来週乗りますルリードラゴン震度正木先生今度はビリビリし始めたルリーだったかと
いうことでそうなんですよ連載が1時 救済1中断する前の段階でルイちゃんは授業中に全身がなんかビリビリしてるんですよ
そうですねそこのシーンはすごい一緒に残ってるんで いやーまあでも1回やっぱちょっと
今までの話数読み直してから見ようかなと思うんですね という感じでこちら14号から18号まで5週連続掲載後4月22日より本市デジタル版&ジャンプ
プラスに移籍しての連載となりますということでこちら単純ジャンプラスに 移籍
するだけかと思ってたんですが本市デジタル版には乗るんですね そうですね
最近はないですが数年前それこそジャンプのそのデジタル版の配信が始まった当初 は結構デジタル版のみの連載作品だったんですよ
ありましたね確かになんか4週限定とかで新人の漫画家さんの腕試し的に その電子版のジャンプにおまけ的な感じで最後に1はついてくるみたいな感じで
やっていてそういう感じで本市のデータにも ちゃんと乗る感じになるのかもしれないですね
ジャンププラスの方の連載ですとおそらくその初回無料1回目に関してはいつ読んでも 無料で読めるけれど1回読んだものに関してはあの公開後3週間とか3話分とか掲載すると
有料でしか読めなくなったりするんですよね 特にそのコミックス化した範囲に関しては有料化1回は無料で読めるけど2回
を読もうと思ったら有料化みたいな感じになったりするんですが電子版に関しては 買ってるとずっと残るので電子版に乗るんだったらずっと読めるしいいなとちょっと思います
ね まあハイドしてる感じがしていいですよね
という感じでまたちょっとこれまでとは新しい単純な遺跡組とはちょっと違った扱いに なるのかなという感じがちょっと面白いですね
1:24:05
という感じでリードラゴンも楽しみです では選手のコメントの方を見ていきます
では選手は新年祭ディア姉も認可するコメントが色々とありました そうですね
まあまあテラフォーマーズっぽいと思ったっていうコメントがあったりとかね ジャンプっぽくないけどいい雰囲気とか
とか色々ありましたけどね 気になったのは結構僕らがねその作画のこの書き込みを褒めているところの中でカロリー
高すぎてちょっと抑えてほしいみたいなコメントもあったりして まあまあこの辺はでもやっぱねそういうスッキリした画面が好きな人にとってはちょっと重すぎるのか
もしれないなと思いましたね まあそうですね特にキャラクター背景とかエフェクトクリーチャーのみに関してだけではなくてキャラクターに
関してもすごい独特の書き込みで キャラデザインでやってますからね
そうねあれでキャラクターがもっと一般的な分かりやすい感じのキャラクターだったら 印象また変わってるのかもしれませんがキャラクターも込みでかなり思い締めになっているのは
まあ人を選ぶ要素にはなるのかもしれないですね そうですね
まあそういってもやっぱりジャンプアンケートシステムでやっぱり1位から3位 というかね
3つ書き込むしかないってことはねやっぱりある程度こう範囲を絞るというかね あのコアなところに
あの狙い撃つっていうのも大事だと思いますからねそういうのを狙った 新年祭なんだろうなと思いますからね
まあそうですね実際まあ僕は尖ってれば尖ってるほど好印象というところはあるんで あそこまで振り切ってる画風に関してはすごくいい逆に2話でちょっと物足りなそう
感じたぐらいですね もっと重くてもいいのにと思ったんでだから3話期待してますよ
そうですねー あとはじゃあ呪術回戦のところのコメントとかで
まあ伏黒くんが本当に心が折れてしまっているっていうところに対してね あの釘崎さん来てとか野原暦に伏黒をビンタしてもらいたいっていうコメントがあって
これを見たとき確かにこう板取君で落とせないね 板取君で起こせない感じの伏黒くんだけど野原ちゃんならもしかしたらっていうのはちょっと
思いましたね あー確かに板取君と野原ちゃんが2人で野原ちゃんが葉っぱをかけててめぇ早く来いよっていう
感じだったら行けそうな気もしなくもないですね そうなんですよねただ野原ちゃんはねもう
いなくなっちゃってるというかね頭吹っ飛んじゃってるんでね ここで出てくるにしてももうメカ野原しかないかなって思うからちょっと難しいかなって
思いますね いいじゃないですかメカ野原強そうでいいじゃないですか
でもメカ野原は強そうではあっても伏黒くんを起こすことはできないと思うんだよね いいじゃないですかメカ野原が伏黒戻れっていう
ロボ違うロボ違うっていう あまりにも衝撃でだからツッコミしたくて戻るかもしれないけどねっていう
野原ちゃん確かにそうですね戻るならここという気はしてきましたよ確かに そうですね
1:27:00
そしてあとはぬえの音名字のところでまああの伏黒くんのパワーアップが3択形式だった まあ本編では116個あったらしいけどっていう
あれですけどもねそこに対してまぁ そこに人影不思議だねゼニガメが居るじゃろっていうコメントがあって
ちょっと笑ってしまったんですけれども確かになんかすごいやっぱゲームっぽかったよなあの選択肢 そうですね
もっとなんかあの戻れば一つ進めば2つみたいななんかそういう魂的な選択かと思ったら ガチャ的な何かですよね
ブーバー1個あたりで2つハズレだよって感じしたからね そういう点はアレでしたがそこに本当にぬえさんのまあ
なんと封印ですとかぬえさんの凄さですとか学6のまあある種の直感とか覚悟とか いろんな精神的な駆け引きが乗っかってきたんで単純ななんか本当に当たりはずへの話なのにちゃんと
かっこよくなっているのはさすがでしたね さすがです
まああとはねアンデッドアンラックまあガールちゃんの言った意見に対してやっぱりその 確かにアンディーが神となる展開もあるかもなっていうコメントがあったりとか
いろいろまあコメントありましたけれども気になったのはやっぱりこの 笛の靴に対して僕らが欲しい欲しいって話をしたところにねスニーカー好きとしては
すり減っていく過程もよくとかね 逆に考えると一生足に馴染まない靴なのではっていうコメントがあったりして
これが車なるほどなーってやっぱ靴の好きな人意見とか鋭いなってましたよ この一生足になじまない靴っていうのに関しては一応あの遥かさんがトップの足に
関してまた成長したねって言って作り直している描写からして めちゃくちゃ頻繁に作り直してるんですよ多分
そうですねその点確かに多分伸びたりもしづらい感じだから その
本当に職人が一足一足足の状態にフィットする形作らないといけないっていうのは そうでしょうし
まあいいですよねそれは そうだそこにだからこのトップ君と遥かちゃんのでことかされた方この信頼感とかね
お互いの関係性がエモさも 出てくる演出だったんですよねだからもう遥かちゃんはまるで花田雄一のようですね本当に
立派な靴職人でしたね
まあそうですねー 頭がすり減っていく過程スニーカー好きとしたすり減っていく過程もいいというのに
ちょっとハッとさせましたね そうですねもう完全に何か効率のことしか考えてなかったですよ本当に
そうですね実用性しか考えたんですよ効率中でしたね いやーまあ確かに確かに
それがいいのわかりますけどね僕はでもめちゃくちゃ基本 キャンプとかも好きでキャンプギアとかも買ってますけどめちゃくちゃやっぱ基本的に
僕は効率中で情緒がないんですよね 全てにおいて
本当にアルコールランプとかオイルランタンとか 全く興味がわからないですからね
led ランプの方が安いしランニング初期コストも安いしランニングコストも安いし 光量も強いし
led ライト一択だよねみたいな感じですからね なるほどね
1:30:05
あれはそういったねやっぱりこう情緒を大事するって意見も大事ですしはそういった ところやっぱり質直度も大事だと思いますかそうですねハッとさせられてあたし
その視点大事だなそのものの見方も大事にしたいなと思いましたよ そうですね
あとは僕とロボ子のあのモツオくん少年探偵展開でサンデーコラを待ったなし 元はコナン並みに活躍するとこの街のちゃんが死んでしまうとかありましたが
トマトイップのリコピンとかは サンデーとマガジンともやったんでしたっけあれ
マガジンはやったけマガジンは行ったけどサンデースマガジンだけでしたっけ マガジンだけまあまあああいう例があるんでなんかやってくれる可能性もなくはない
なつと期待したくなりましたね いやまあ確かにそうですねロボ子は結構
パスとのパワーこうあれできそうだよ確かにそんな過激なネタもやってないですね そうねちゃんと人を不快にさせない範囲でやってますからパロディーも
毒がないというか毒がないって言うと言い過ぎですが そこまで独立な感じのギャグではないんで
いや全然なんかやりやすそうな感じもしますし いや本当にコナンネタ近代値ネタができるのであれば本当にもっとがっつり
コラボしてもいいなって思いますね
あの尾田先生にぜひ仲介してもらいましょう
わーわーわー 青山先生はねやってますかね
青山先生との間を尾田先生に仲介してもらいましょうぜひ あとはコメントでアネモネの花言葉に関してアネモネの花言葉を調べたら儚い恋
恋の苦しみ点々あれは酷いんだなというコメントがありまして この花言葉あれなんかアネモネの花言葉違ったのを作中で使ってたようなっていう
記憶があって振り返ったら読み切り版 これ松井先生のデビュー作であるところの読み切り版のアネモネという作品にそのアネモネの
花言葉というのが出てくるんですよね それだとアネモネはあの色によっていろいろな花言葉を持っていて
で最初はアネモネは薄れゆく希望というかなり悲しい不幸な そういった花言葉であるというところから物語始まるんですよ
はいはいはい それもちょっと今回の作品と被ってる感じがしますよね
確かにそうですね ただしその花色が体中を巡る血液のように赤い時はその花言葉は君を愛す
であるっていうのでその読み切りは最後を締めるんですよ 広いんだな
そうなんですよ 広いんですね確かに
いやもう間違いないですねそこまで言われたらもう真っ赤ですからねという感じなので いや松井先生デビュー作のアネモネの方では本当にこの花言葉というのを効果的に
使っていたのでこちらの指摘であれなんかあったなそういえばというふうに思い出しましたが 今回のリアアネモネでもこの花言葉をどっかで使ってくるかもしれないですね
そうですね確かにですね あとは長巡長城先輩サモン君出てきてほしいなというこちらのこの意見に対してサモン君が
1:33:00
逮捕される未来しか見えないというコメントがあって 確かにそう思いましたね
いや逮捕されればいいんじゃないですかね すごいお縄についている手錠をかけられて連行されていくのをテッシーに見送られているイメージが
即座に頭に加えましたよ まあサモン君なら当然出るって感じだよね
というのと マスタールールに関して結局調べきれなかったんですがコメントで教えていただいて本当にありがたい
アンデラ177話のカラーでアポちゃんが絶対ルールはマスタールールは消えることのない ルールって説明されてるよ
マスタールール倒したらルール消えるなら死のルール倒したらみんな不死身で神に勝てるし 勝てるしなという感じでマスタールールは消えることのないルールと
アポカリプスさんは説明してましたね いやー基本的なとこでしたねいやほんと忘れてすいませんって感じですね
なのでユーマを倒してもルールが消えない でも何かしら起きそうな気もするんですけどね
まあ確かに何かしら起きると思いますね何事もなく最初の頃に予定していた 予想していたねあの
強制という道が獣と間に開かれるとかそういう感じかもしれませんしね という感じなのでルールが消えないというのに関してはなるほどという感じで
もう完全に覚えましたがもう忘れことがないでしょ ありがとうございますという感じなんですがまあ消えないのは消えないで何かしら
起きそうな感じもするのでまずは楽しみがありますね
というのとあとフライングウィッチ好きにはルイドラゴンおすすめ 単行本が出るのがフライングウィッチ遅いけどルイドラゴンを読めば2倍楽しめますよ
というのに対してどっちも単行本買ってるけどこれからルイドラゴンきっとという希望の コメントがありましてまさにその通りだと思います
そうですねこれからルイドラゴンが年に4冊ぐらい いやーでも各州だから年に2冊ぐらいずつ刊行してくるんじゃないかと思いますよ
そうですねいやでもそれでも何倍かって感じですね 存分に楽しめるようになるななるんだろうなと期待して僕も楽しみにしたいと思います
はい といった感じでいろいろと他にもコメントたくさんありがとうございました
ありがとうございます という形で先週のコメントがクローサさんとミリーさんサッサッさんなインテラーさんの4名の
方からまた広告をいただきました誠にありがとうございます ありがとうございます
いやー本当に姉ものの花言葉を広告ありがとうございますに変えたいぐらいですね
姉も送るかじゃキャンペーンで姉もの花言葉を変えようというキャンペーンをしたい ぐらいですが
といった形で来週14号がついに3月になります収録2月ですがアップは3月になっ ていると思います3月4日の発売となっておりますではお疲れ様でした
お疲れ様でした
01:35:34

Comments

Scroll