1. Camp@Us FM6214
  2. “原爆の父”オッペンハイマー|..
2024-05-21 19:26

“原爆の父”オッペンハイマー|NHK BS 世界のドキュメンタリー を観る ¥150

9 Mentions 7 Comments
spotify apple_podcasts amazon_music

“原爆の父”オッペンハイマー|NHK BS 世界のドキュメンタリー を観る

 

“原爆の父” オッペンハイマー 前編 核開発への道|放送日: 2024年5月14日

“原爆の父” オッペンハイマー 後編 私は死に神となった|放送日: 2024年5月15日

To End All War: Oppenheimer & the Atomic Bomb|2023

ロバート・オッペンハイマー:Wikipedia

オッペンハイマー:映画.com

画像提供:[AI生成画像] 原爆によるキノコ雲

Episodes Mentioning This Episode

Playlists Including This Episode

Comments

拝聴しました。オッペンハイマーは一貫していたというのは,たしかにそうかなと思います。私なりの解釈ですが,彼は一貫してその時その時に最善と思ったことを愚直に実行したように思います。また,少し思慮が足りないところも一貫しているように思います。彼の人生から学べることは多いです。ノーラン監督もそう思ったのかも知れません。 私もTanaRadioで感想の続きを配信しましたので,よかったらお聴きいただければと思います。

さっそくありがとうございます! とりあえず読ませていただきました。またゆっくり聞かせていただきます。

真理、正義、善、自分の中でとても整理が出来るキーワードでした。ありがとうございました。 中でも正義が如何様にも解釈、思い込みが人によって可能なのが、非常に厄介で、有史始まって以来今日も変わらず紛争を引き起こし、一方で自らを滅ぼすだけの科学を持ってしまっていることの警鐘と受け止めるようにしました。

お聴きいただき感謝します。正義が一番やっかいですよね。いろんな正義がありますからね。 この中で、一番最初にグローバルな共通認識になったのは科学だと思います。実証性に支えられた普遍性の高さゆえ、世界標準になりやすかったんだと思います。 道徳も人権思想のグローバル化によって、だいぶ世界標準が形成されてきたと思っています。 問題は、正義ですね。これは、政治と戦争(闘争や紛争)の領域ですが、それぞれの利害や存在が左右されるだけに、一番厄介ですね。永遠のテーマかもしれません。

読書すらままならないこのごろ(いやもう10年?)、映画を見る態勢はなかなかとれそうにないので、LISTENで話を伺えるのがありがたいです。 そういえば『ハンナ・アーレント』も見れてないなあと思い出しました。

Scroll
This is a paid episode

To listen to this episode, please purchase it.

Free Preview

Price: ¥ 150