1. Camp@Us FM6214
  2. extra #1 Podcast歴19年の@pot..
2023-07-02 1:26:24

extra #1 Podcast歴19年の@pot_au_feuさんをお迎えして

11 Mentions
spotify apple_podcasts amazon_music
《いまここにあるもの》から《できること》をはじめよう!

ポッドキャスト歴20年とSNS歴30年の二人による対談「音声配信・SNS・大学・人生」
note On Demand
https://note.com/takahashihajime/n/n1677cd5b3fae

extra #1 contents
Podcast歴19年目の@pot_au_feuさんをお迎えして
・コミュニティFMをやめてネットラジオをはじめた話
・第5金曜日を番外編にした理由
・2006年にインターネットラジオをやってた話
・パソコン昔ばなし〜1993年頃からの話
・ポトフさんがポッドキャストを始めたわけ
・たかはしがnoteをはじめたわけ
・noteと音声配信の話
・コミュニティFMをはじめたわけ
・札幌の大学に呼ばれた話
・若くして音大の学長になったわけ
・当たり前のことが理解されない
・大阪で一緒に呑んだくれた話
・若くして学長はやっちゃいけない
・これからどうするの?という話
・Voicyの話
・ポッドキャストの話
・動画配信と音声配信
・テキスト配信と音声配信
・ラジオというメディアの特性
・SNSの外部に軸が必要だという話
・内容で勝負するツールとしてのnoteとラジオ
・文章化は大事だよ
・有料配信と無料配信
・有料文化は日本に根付くか
・持続不可能な無償文化
・広告とSNS
・noteというSNS
・Substackの話
・収益化はSNS内部では完結しない
・フォロワーは100人でいい
・YouTubeもポッドキャスト?
・迷走するSNS
・コミュニティ回帰するSNS
・SNSの目的とは?
・mixi疲れを知らない世代
・ポッドキャストで転職・年収アップ
・SNSとリアルワールド
・SNS内部の不均等性
・Voicyのリスナー層
・noteの読者層
・音声配信をどう展開する?
・ライブ配信と有料配信
・次回は7月7日 番外編 extra #2 9月29日


OnAir Twitter Space 1•3金9
https://twitter.com/hajimeru_radio

OnDemand stand.fm / note
https://stand.fm/channels/64350aa79afdfc28ca754fac
https://note.com/takahashihajime/n/n1677cd5b3fae
---
はじめるキャンパス “Camp@Us”とは?
ソーシャルコミュニティの再活性化につながる「つながりの場」
一人ひとりの成長につながる「まなびの場」
そんな居場所になれば と思っています

オンラインとオフラインでシナジー展開!
はじめるCamp@Us プロジェクト!
[Offline Salon]in Sapporo
http://lit.link/campus6214

オンライン上のちいさな大学
“はじめる note キャンパス”
[Online Salon]@note
https://note.com/takahashihajime

Collaborator たかはし はじめ


#note #オンラインサロン #ChatGPT #Twitter #コミュニケーション
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/64350aa79afdfc28ca754fac

Summary

ポトフさんはお呼びされて、しゃべれるようになられるのでしょうか。今日は昔からの知り合いなんですけれども、ポトフさんとさとうさんの会話を通じて、20年以上のインターネットラジオやネット利用の経験が話されています。ポッドキャストを通じた情報発信が中心となっている@pot_au_feuさんは、ブログからnoteまで、様々なメディアを使って発信されています。また、ポッドキャストの中でコラボやゲスト増加について話し合われています。高橋さんが@guestのゲストとして登場するエピソードで、その経緯や統合に関する話題が取り上げられています。ポッドキャストや音声配信の広がりについて考えられます。新規獲得には弱いですが、ファン化や関係の深化には適しています。noteをメインにして、TwitterやFacebookは拡散ツールとして利用しています。日本のPodcast歴が19年の@pot_au_feuさんをお迎えしまして、noteの収益化やマーケティングについてお話ししています。noteの使い方や、SNSのあり方についても考察されています。SNSの目的やコミュニケーションの重要性、広告収入に頼らないnoteの特徴などについてお話ししています。noteや音声配信などのコミュニティ形成についても考えられます。ボイシーの場合、喋る人の数に対してリスナーの数が多いということがメリットとなっています。Podcast歴が19年の@pot_au_feuさんが登場されまして、ネットコミュニティやスタンドFMについて語られています。

ポットフさんのインターネットラジオ経験
はじめ
第5金曜日ということで始めたいと思います。
今日は昔からの知り合いなんですけど、ポトフさんをお呼びしてるので、
これ、僕初めてゲスト呼ぶので、使い方がうまくいくかわかんないんですが、
これはもう、しゃべれるようにしちゃっていいのかな?
いちいち切り替えるのかな?
ポトフ
はい、こんにちは。
はじめ
はい、こんにちは。
ポトフ
ご無沙汰してます。
はじめ
はい、こちらこそ。
大丈夫?これでずっと両方ともオンにしといていいのかな?
ポトフ
どうしましょう?
はじめ
いや、わかんない。
録音上問題なければ。
ポトフ
問題ないです。
はじめ
あ、じゃあこれでいきましょうかね。
この方がめんどくさくないし。
ポトフ
はい、大丈夫です。
はじめ
大丈夫ですか?音も大丈夫ですか?こんな感じで。
ポトフ
大丈夫だと思います。
はじめ
はい。まあ、雑談がてら、SNS話やら音声配信話を中心に、
それぞれが聞きたいことを聞くという感じでどうでしょう。
まあ、普通にやってください。
あんまり緊張しないで、いつも通り。
ポトフ
はい。
え、今、金曜日に月に2回やってたんですか?
はじめ
あの、まだ始めたばっかりで4回しかやってない。
ポトフ
ああ、そうなんですね。
はじめ
2ヶ月しか。
あの、もともとコミュニティFMちょっとだけ月1やらしてもらってて、
そっちの方はもうやめて。
ポトフ
ああ、そうなんですね。
はじめ
通うのもめんどくさいのと、あとは2時間喋ってたんだけど、なんだろうね。
ポトフ
はい。
はじめ
次の展開ないので。
ポトフ
ああ、なるほど。
はじめ
うん。まあ、だったらとりあえずネットで。
ポトフ
うんうん。
はじめ
ラジオも今簡単にできるし。
ポトフ
なるほど。
はじめ
まあ、月に1回やってみようかなってことで始めたところ。
うん。
ポトフ
スタンドFMで配信してる感じですか?
はじめ
あのね、えっと、基本、最初始めたのは、あの、
まあ、今僕noteをメインにやってるんだけども、そこでやっぱり文字だけだと寂しいというかつまんないというか、
膨らみが出てこないので、やっぱり音声、あとできれば映像もいずれはと思ってるんだけど、まず音声を、声をくっつけようと思って、で、それでちょっと4分程度の録音をして、
ポトフ
はいはいはい。
はじめ
それを付録っていう形で付けて、そっから始めたんだけど、それだけじゃつまんないので、まあ、コミュニティFM辞めるのと合わせて、まあ、こっちで、まあ、30分程度なんだけど、月2回。
ポトフ
はい。
はじめ
うん。第1、第3、金曜日。
ポトフ
うんうん。
はじめ
コミュニティFMは第4金曜日にやってたので、
ポトフ
ああ、なるほど。
はじめ
まあ、金曜日がちょうどいいやっていうのと。
ポトフ
うん。
はじめ
今度第5金曜日が、
ポトフ
はい。
はじめ
ある月は、
ポトフ
今日ですね。
はじめ
3週間あくと
ポトフ
はい。
はじめ
こっちもペースがおかしくなるんで、
ポトフ
なるほど。
はじめ
うん。で、第5金曜日を今回初めてなんだけど、
ポトフ
うんうん。
はじめ
番外編だからちょっといつもと違う感じで、
ポトフ
うんうん。あ、そうか、今回初めてなんですね。
はじめ
そう、初めて。
ポトフ
へえ。
はじめ
そう。だからまあ、ゲストでも呼んでみてと思ったところで、
インターネットの普及とネット利用の経験
ポトフ
たまたま。
はじめ
ね、ポトフさんが引っかかったと。
ポトフ
すごく、高橋先生からポトフさんって言われると、すごい変な感じです。
はじめ
あ、そうですか。
ポトフ
はい。
はじめ
あの、先生付けなくていいので。
ポトフ
あ、そうです。でも、癖です。
はじめ
ポトフさん。
ポトフ
はい。ありがとうございます。
はじめ
ポトフさんで行ったほうがいいんでしょ。
ポトフ
そうですね。
はじめ
うん。
ポトフ
全然本名も出してるんですけどね。
はじめ
あ、そうなんだ。
ポトフ
そうなんです。もう、もう隠せれない。
はじめ
あ、そうなんだ。じゃあ、時々ポロッと本名出る、出てもいいわけね。
ポトフ
全然出ても大丈夫です。
はじめ
あ、そうなんだ。
ポトフ
はい。
はじめ
了解了解。
ポトフ
無理に出すこともないですけどね。
はじめ
うん。まあ、とにかく、とにかく、あの、ポッドキャスト含めて、昔から。
ポトフ
やってました。
はじめ
いっぱいやってるから。
ポトフ
はい。
はじめ
うん。なんでこんなに続いてんだろうと思いながら。
ポトフ
けど、高橋さんも昔やってたんですね。少し。
はじめ
あ、インターネットラジオ?
ポトフ
ええ。インターネットラジオ。
はじめ
うん。ちょうど、もうだいぶ前、2006年ぐらいになるんだけど。
ポトフ
はいはい。
はじめ
だから、まだ。
ポトフ
そうですね。ポッドキャストが出始めの頃に近いと思いますけど。
はじめ
そうそうそう。だから、ポッドキャストもまだなかったと思うんだよね。
ポトフ
うん。
はじめ
ちょうど始まった、始まる、始まらないぐらい。
ポトフ
ぐらいだと思います。はいはいはい。
はじめ
うん。で、その時にたまたま、僕チャットばっかりやってたんだけど。
ポトフ
ははは。
はじめ
うん。で、チャットやってるうちに、だんだんそれが音声チャット、ビデオチャット。
ポトフ
あ、なるほど。
はじめ
展開してった時に、そこでたまたま知り合った人が、
ポトフ
うん。
はじめ
ネットラジオをやらないって言われて。
ポトフ
へえ。
はじめ
で、いろいろこう、手ほどきをしてくれて。
ポトフ
はいはいはいはいはい。
はじめ
マイクを2本挿して、この、なんちゅうの、ミキサーじゃなくてなんちゅうの。
ポトフ
ミキサーですね、はい。
はじめ
ね、簡単、簡単なやつね。
ポトフ
はいはいはい。
はじめ
これを買いなさいって言われて、買って。
ポトフ
あはあ。
はじめ
で、それで繋いで。
ポトフ
うんうん。
はじめ
設定をいろいろ、ネットとか全部やって。
ポトフ
うん。
はじめ
それで、インターネットラジオ1年半ぐらいやったかな。
ポトフ
おお、そうなんですね。
はじめ
うん。
そうそう、中毒みたいにやってた。
うん。
ポトフ
その頃に比べたら簡単になりましたよね。
はじめ
もう簡単どころの騒ぎじゃなくて、ボタン1つでスマホ1本でできちゃうわけ。
ポトフ
いや、ほんとスマホだけでできちゃいますもんね。
はじめ
うん。
昔はほんと大変だったね。
ポトフ
それが面白いとこでもあったですけどね。
はじめ
うん、そうそうそうそう。
まあ、その話で言うと、結局僕の場合、
インターネットがまだないときからパソコン始まってるんで、
ポトフ
ああ、はいはいはい。
はじめ
だから、インターネットがオープンになって、
ポトフ
はい。
はじめ
ちょうどそのときにパソコン買って、
最初の作業はウェブページを見るという作業で、
これに丸2日に48時間ぐらいかかった。
繋ぐまでに。
ポトフ
なかなか見れなかったですね。
はじめ
そうそうそう。
今はこれがもう、スマホ買ってきたらする。
スマホ買ってきたらすぐ繋がっちゃうでしょ。
ポトフ
昔からじゃあ好きだったんですか、こういうのは。
はじめ
好きというよりも、これはnoteの記事にも実はSNS遍歴ってことで書いてあるんだけど、
やっぱり僕の世代はちょうど大学に入ったときにワープロが始まって、
僕の1個2個上はみんな手書きで修士論文とか書いてたの。
ポトフ
はい、修士論文。
はじめ
僕の世代と、僕の1個上の先輩ぐらいからワープロに切り替わっていって、
その勢いでやってるうちにパソコンが、いわゆるWindows、僕は3.1から始まってるんだけども、
ポトフ
3.1か。
ボッドキャストの登場と音声配信の始まり
はじめ
Windowsの3.1が出て、それがでも95出るまで待ちきれなくって、
ポトフ
うんうん。
はじめ
95にバージョンアップしますよっていうのは1年ぐらい前から始まったんだよね、たぶんね。
ポトフ
あー。
はじめ
バージョンアップ、アップグレード付きっていうのが。
ポトフ
あ、そういうの。
はじめ
3.1の、たぶん富士通のnoteパソコンの一番最初のやつを買ったと思うんだよね。
ポトフ
あー。
はじめ
うん。
ポトフ
その、そうですね、95、それぐらいからですもんね、Windowsが出て。
はじめ
そうそう、Windowsが出たのがやっぱり、パソコン始まり。で、3.1を買って。
ポトフ
うん。
なるほど。
はじめ
やっぱり、いわゆる98とか、DOSVとかだと、
ポトフ
はいはいはい。
はじめ
なんていうの、理系の人しかやっぱり使えないイメージが。
ポトフ
そうですね、私もなんか、高校の時買ってもらったけど、全然使えてなかったですね。
はじめ
うんうん。で、やっぱりWindowsになって、これは行くしかないと。
ポトフ
なるほど。
はじめ
で、行ったらネットにはまったんだよね。
ポトフ
はははは。
はじめ
あの、Niftyから始まったんだよ。
ポトフ
あ、なるほど。
はじめ
うん、はまりまくって。
ポトフ
夜中に接続してって感じですか。
はじめ
うん、結局仕事っていうか、論文書くために買ったのに、論文書いてると思いきや、なんとなくネットばっかり繋いでた。
ポトフ
いつの間にか。
はじめ
いつの間にか。当時はあの、まだ、なんだ、電話回線が、カプラーじゃなくて。
ポトフ
なんか繋ぐやつですよね。
はじめ
そうそう。モデムか。
ポトフ
モデムか。
はじめ
モデムが2400BPMぐらいで。
ポトフ
今から比べるとすごいですね。考えたら。
はじめ
そうそう。だからこう、ダウンロードすると文字が読めるんだよね。その速度で。
ポトフ
あ、確かに。
はじめ
ウェブページ出るのに1分以上かかったりとかね。まあ、そういうとこからやってたっていう。
ポトフ
なるほど。へー、そうだったんですね。
はじめ
うん。今あれ、えっと、さとうさんいくつになったんだっけ。
ポトフ
今ですね。50です。
はじめ
あ、じゃあちょうど10歳違うんだよね。
ポトフ
そうですね。そうですね。
はじめ
じゃあ10年違うとやっぱりあれか。ちょっとインターネットとかネット世代も。
ポトフ
そうですね。入りがちょこっと違いますね。
はじめ
いつ頃からどんな感じだったの。
ポトフ
だけど、それこそあの、代理店にいたときに、ネットが出てきて。
はじめ
あ、なるほど。
ポトフ
個人でホームページとか作ってたんですけど。
はじめ
うん。
ポトフ
だからそのときは、これ、ネットが普及したら代理店なんていらなくなるなっていう危機感からちょっと調べていった感じです。
はじめ
あ、なるほどなるほど。
ポトフ
これ絶対代理店いらなくなるんじゃんと思ってやったんですけど、まあ結局なくなったんですけど、いまだに。
はじめ
うんうん。それ何歳ぐらいのとき?っていうか何年ぐらい?
ポトフ
あれなんでしょうね。30前後。
はじめ
20年、20年前ぐらいか。
ポトフ
20年前ぐらいですね。はい。
はじめ
もうあれか。Windows 2000とか出て。
ポトフ
もう全然出てるときですね。
はじめ
あ、そっか。
ポトフ
会社に行きたいしかパソコンなくて、みたいなときだったんで。
はじめ
そっかそっか。僕の方が5.6年やっぱ早かったんだな。
パソコン通信はじゃあやってなかったんだね。
ポトフ
そうですね。そこまでやってなかったですね。
はじめ
あ、そうなんだね。じゃあもう最初、じゃあ最初は何に、むしろ純粋にホームページ作ったり仕事しかやってなくて、なんかこう。うん。
ポトフ
そうです。仕事で危機感を覚えてからやりだしたんですけど。
まあそれこそ、掲示板とかホームページ作ったりとかしてたら、なんか面白くなってきちゃって。
はじめ
うんうんうん。
ポトフ
いや、こりゃみんな使うなと思いながら。
はじめ
おー、なるほど。
ポトフ
そっからやり始めて、ホームページも自分で作ってみて、あ、できるなーとか。
はじめ
うんうんうん。
ポトフ
で、いつの間にか音声配信までやり始めて、みたいな感じですかね。
はじめ
音声配信はいつ頃からどんな風に始まったの。
ポトフ
それこそ2005年だったんですよ。ボッドキャストが出てきたのが、アメリカで2004年に出てきたんですけど。
はじめ
なるほど。
ポトフ
なんかワイヤーとかなんかの記事で見て、2005年で。
はじめ
はいはい。
ポッドキャストを通じた情報発信の始まり
ポトフ
でね、自分はやる気なくって、奥さんがなんかそういうのやりたいって言い出したんですよ。
はじめ
あ、へー。
ポトフ
で、やり方を調べて、どうぞどうぞこれでできますよってやったら、なんか自分の声が嫌だって言い出して。
はじめ
うん。
ポトフ
やらないって言い出したんで。
はじめ
あ、そう。
ポトフ
調べたから、もったいないからやり始めたのが最初です。
はじめ
あ、そういう経緯なんだ。
ポトフ
はい。
はじめ
へー。
ポトフ
なのにこんなにやってるんですけど。
はじめ
ね、でそっからずーっとやった。ポッドキャストが一番やっぱり中心で動いてきた感じかな、そうすると。
ポトフ
途中だけど、それこそあのー、その時の会社辞めて、
はじめ
あー。
ポトフ
一回東京の会社転職してるんですけど、
はじめ
はいはいはい。
ポトフ
その時バタバタしてて、一回だいぶ配信が落ちたんですけどね。
はじめ
あ、なるほどなるほど。
ポトフ
いや、まあ波はありながら、まあただ続いてます。
はじめ
あ、すごいね、それもね。
ポトフ
はい。
はじめ
ね。
ポトフ
え、けど高橋さん、最近ほんとにnoteを中心にやられ始めてますよね。
はじめ
そうそうそう。
ポトフ
いろいろ記事も結構書かれてて。
はじめ
そうそう。
ポトフ
なんかきっかけがあったんですか?
はじめ
きっかけは、まあね、ずっとその、僕があの、
ポトフ
うん。
はじめ
僕はあの、ね、大学に、今、今無職なんだけど、
ポトフ
はい。
はじめ
うん。
あのー、結局、まあ大学で学長やってた時は、
ポトフ
ええ。
はじめ
結局、足掛け12年ぐらいやってたんだけど、
ポトフ
はいはいはい。
はじめ
その時は結局ブログ、
ポトフ
ええええ。
やられてましたよね。
うん、はい。
はじめ
うん。もうブログに毎日書くというのが一つの業務になって。
ポトフ
うん、ああ、業務として。
はじめ
うん。
まあ、
業務と趣味と兼ねてたけどね。
ポトフ
はいはい。
はじめ
それを、結局、ちょうど僕が学長になった時に、Twitterが日本でブレイクし始める。
ポトフ
ああ、そうか、その頃になると。
はじめ
うん。2010年なんだけどね。
ポトフ
はいはいはいはい。
はじめ
それから半年か1年遅れて、Facebookにようやく火がついた。
ポトフ
はい。
はじめ
で、これはもう仕事として使うしかないと思ったわけ。
ポトフ
ああ。
はじめ
うん。だから、もうこれはもうTwitterとFacebookは絶対使えると思ったわけ、情報発信で。
ポトフ
うん。
はじめ
ブログメインにして、その情報を全部Twitter、Facebookで配信していって、回していって。
ポトフ
はいはいはい。
はじめ
で、いわゆる大学の広報を。
ポトフ
はい。
はじめ
していって、もう、まあ、卒業生にもアピールする、在学生にもアピールする、保護者にもアピールする、世の中にもアピールするっていうの。
それをとにかく目一杯やった。たぶん日本で一番やったと思うんだけど。
ポトフ
はい。すごくやられてるのは覚えてます。
はじめ
うん。
ポトフ
学生とかともね、交流しながらやってたなと思ってますけど。
はじめ
だから、間違いなくSNSを一番使いこなした大学の学長ではある。
ポトフ
そうですね。学長で、そうですね、使ってたっていう意味では。
そうですね。
うん。
はじめ
それで、放送大学の学長さんが、やっぱりコンピューターが専門だったので。
ポトフ
はいはい。
はじめ
あの人も一生懸命やってて。
ポトフ
ああ、そうなんだ。
はじめ
それで知り合って、一緒にオフ会とかやったりして。
ポトフ
ああ、そうなんですね。
はじめ
うん。そうそうそう。楽しかったんだけど。
うん。
まあ、それはそれで。で、それで一応2年前に学長も辞めて、大学も辞めて。
ポトフ
はい。
はじめ
ちょっともうSNS発信もやる気がなくて。
ポトフ
ああ、そうなんですか。
はじめ
うん。というよりも、もう一体化してたわけね、僕にとっては。
ポトフ
ああ。
はじめ
FacebookもTwitterもブログも全部学長っていう仕事と。
ポトフ
うんうんうん。
はじめ
一体化しちゃってたんで。
ポトフ
うんうんうん。
はじめ
そうすると、何発信するかっていう。
ポトフ
ああ、そうか。そういうところかな。
はじめ
うん。それでとにかく2年間ブランク。ほぼね。
ポトフ
うんうんうん。
はじめ
だけどよく考えると、学長やる前もブログやってたのね。
ポトフ
あ、はいはいはい。
はじめ
うん。で、インターネットラジオもやってたでしょ。
ポトフ
はい。
はじめ
SNSとかチャットもやってたじゃない。
ポトフ
うんうんうん。
はじめ
Twitterもやってたし。
ポトフ
うんうんうん。
はじめ
だから、その部分はその部分でずっと持ってたわけで。
ポトフ
うんうんうん。
はじめ
それがまあちょっと、そういう血が騒いできた部分と。
ポトフ
うんうんうん。
はじめ
まあこのまま隠居してもしょうがないっていう。
ポトフ
なるほど。
はじめ
なんか発信しなきゃなっていうのと。
あとはまあ今年で還暦迎えるんだけど。
ポトフ
ええ。
はじめ
まあせいぜいね、発信できるのもあと10年ぐらいだと思うと。
ポトフ
ああ。
はじめ
うん。なんかやっぱり残してこうかなと思ったときに。
ポトフ
残してくと。
はじめ
うん。
そう、一番いいツールがnote。で、noteメインにして。
ポトフ
はい。
はじめ
さすがに、FacebookとTwitterはちょっとね、やっぱり。
ポトフ
そうですね。残すっていう意味だとちょっとあれですね。違う気がしますね。
はじめ
うん。残らないし、あとはやっぱり、ちょっと、なんていうのかな?やっぱりちょっと一時の勢いはもうないし。
ポトフ
ああ、そうですね。ないですね。
はじめ
うん。みんな見てない人も多いし。
ポトフ
うん。
はじめ
そこをメインにはできないし
今更ブログってわけにはいかない
ポトフ
いかないですね
はじめ
そしたらやっぱりnote
コラボやゲスト増加の意義
はじめ
これが一番いいぞと
ポトフ
なるほど
どうですか
まだ始めたばかりで
はじめ
ちゃんと始めたのが1月末なんだけど
ポトフ
今年ですよね
はじめ
これは要するに
還暦の年だということで
正月に
ちょっとやり始めるかと思って
1月末から始めて
結局これで
丸5ヶ月
面白いですね
ポトフ
コミュニティじゃないか
定期購読マガジンとか
いろいろ使いこなしてるなと思いながら
はじめ
これは
僕の場合noteは
だから、
オンライン
はじめ
サロンという、
メンバーシップっていう機能があるんだけど
とにかくそれをメインで
やろうと決めて
そのサロン
に入るって人もいるんだけども
やっぱり記事だけ読みたいって人もいるじゃない
それが定期購読マガジンで
いま今度は
単発のマガジンも作りはじめて
ポトフ
はいはいはい
記事ごとにですよね
はじめ
記事ごとは最初からやってたんだけど
今は過去の記事を
まとめて売り
ポトフ
あーそういうのもできるんだ
はじめ
それを始めたの
ポトフ
へー
はじめ
うれてないけど
それをだからメインに置いて
そうすればそこで
もう人数はあんまり
考えてなくて
ちゃんと
読んでくれる人だけ
あればいいと思ってて
で、そこをメインに
もうとにかく書きたいこと書いて
まあやってるうちに
まあ広がるだろうと思って
まあ初期投資というか
ポトフ
まあそうですよね最初、最初は
はじめ
うんとにかく書きまくる
いずれ読者はついてくると
勝手に思って
それの情報をもう
うんざりするぐらい
twitterとfacebookで流してると
ポトフ
ははははは
なんかそう
まあ北海道の方に行ってから
なんとなくしか
追えてなかったんですけども
まあ気づいたら知らないうちに
辞められてると思って
はじめ
そうそうそうそう
ポトフ
急に情報発信が増えたんで
びっくりしてました
はじめ
あーそうだね
いきなり
まあみんなびっくりしてると思うんだけど
でも、何始めたんだか
よく分かんないっていうね
ポトフ
そうかけど
まあ手探り
まあやりながらって感じですね
はじめ
うん基本はやりながらなんだけど
まあある程度見えてきたかな
ポトフ
ああそうですか
はじめ
うん見えてきた
うん
それでまあnoteはnoteの方で
まあとりあえず形もできたし
まあこれメインで
もうとにかくここに残せるものは
全部残していくという
ただそれだけじゃ面白くないので
やっぱり声で
ポトフ
はい
はじめ
音声配信を
もうちょっと
ポトフ
うん
はじめ
もうちょっと膨らましたい
ポトフ
で、まあTwitterスペースと
あれあの
StandFMに載せてるのはあれですか
Twitterスペースのやつを載せてるんですか
はじめ
Twitterスペースで録音したやつをダウンロードして
でそれをnoteとStandFM両方載けってんの
ポトフ
そうかnoteにも載ってましたっけ
そうかそうか
はじめ
うんそう
でそれはnoteだけじゃやっぱり
聞く人少ないだろうと
ポッドキャストでもよかったんだけど
とりあえずStandFMが一番手頃だったので
ポトフ
StandFMからポッドキャストもできるんですけどね
はじめ
できる
無料のやつはできる
ポトフ
そうですね
あそうかそうか無料のやつだけですねあれは
そうですね
はじめ
StandFM入れてあるのは何でかっていうと
とりあえず今は有料配信しかやってないんだけど
まあ誰も買ってくれてないけども
まあとりあえず置いといて
ポトフ
はい
はじめ
いずれ無料の音声配信をやるときに
それをnoteでやっても意味ないんで
ポトフ
そうですね
はじめ
うん。で、まずStandFMから
ポトフ
あそうかそうか
はじめ
Twitterスペースでやっててもしょうがないなと思うんで
ポトフ
そうですね残らないですしね
はじめ
残らないそうそう
残らないっていうのが一番問題で
そうするとやっぱStandFMが
とりあえず手頃
で無料配信もすれば
ポッドキャスト展開もできる
ポトフ
うんうんうんうんうんうんうん
はじめ
だからそれをメインに置いときゃいいのかなと
ポトフ
なるほど
はじめ
うん
ポトフ
いや最初だけど
なんかコラボしましょうって言われたとき
なんかどうやってやろうって
思いつかないまま来てしまいましたけど
はじめ
あーそれはもうとにかく
昔話含めて雑談するのと
ポトフ
ああよかったそれぐらいで
はじめ
うんあとはSNSと
ポトフ
はい
はじめ
音声配信展開とか
ポトフ
はいはいはいはい
はじめ
その辺のこうなんだろうね
お互いに何かこう
ポトフ
うん
はじめ
ねなんかこう
ポトフ
なんか
はじめ
なんかが得られればいいかなと
ポトフ
そうですね
ええ
ちょうど私もゲスト増やしたいなと思っているときだったんで
はじめ
あーなるほどなるほど
ポトフ
はい
はじめ
まあだからそういう意味では
ポトフ
うん
はじめ
時々
ポトフ
そうですね別に一回で終わらずにで
お願いしたいです
はじめ
そうそうそう
ねやったら何かが
ポトフ
何かが
はじめ
何かが起こるかも
ポトフ
へへへへへ
はじめ
一人で録音喋ってても
つまんないとこもあるんでね
ポトフ
ええええええ
はじめ
そうそうそうそう
ゲストとしての登場
ポトフ
いつも毎回一人で喋ってますよね
はじめ
僕結局だから
あの告知もしてやりますよって言っても
誰も来ないから
結局その
無人スタジオで公開録音やってるみたいな
ポトフ
はい
はじめ
そんな状態になってる
でそれで全然構わないわけね
ポトフ
ええええええ
はじめ
リアルタイムで聞いてもらわなくても
オンデマンドで
ポトフ
そうですよね
はじめ
って人がいれば
ポトフ
けどあのコミュニティFM三角山放送局でしたっけ
はじめ
はいはいはい
ポトフ
あそこでは一人じゃなくて誰か見えたんですよね
はじめ
ああ
いやあれは基本一人でやってた
ポトフ
そこも一人だったんですか
はじめ
うん
ポトフ
ああそうなんだ
はじめ
ゲスト呼んでやるパターンもありだったんだけど
結局ゲストは2、3回しか呼んでなくて
ポトフ
そうなんですね
はじめ
結局はまるっと2時間生放送で一人で喋ってた
ポトフ
ああ
はじめ
うん
ポトフ
その時はまだ学長やられてる時ですよね
はじめ
やってる時に声かかって
ポトフ
そうですよね
はじめ
ていうか札幌に来て
なぜか札幌来る前から話題になってて
ポトフ
そうなんですか
はじめ
うん。三角山放送局の一番トップだった方が
SNSで僕のこと知って
すごい面白い人が札幌に来るっつって
結構札幌では話題だったんだよ僕
面白い人が名古屋から来るらしいっつって
ポトフ
そうなんですか
はじめ
うんそうなのそうなの
それでいろんな繋がりができたんだけど
その三角山もその一つで
ご挨拶に来てくれて
一度ゲストで出てくださいって言われて
ポトフ
ああ最初はそういう形で
はじめ
で9月頃にゲスト出てて
ポトフ
うんうんうん
はじめ
そしたらその後じゃあお礼も兼ねて食事でもって言ってるって
でレギュラーやってくださいって言って
でわかりましたっつって12月から
ポトフ
じゃあ結構早い段階からそういう話が動いてたんですね
はじめ
動いてたっていうかだから
まあ実際に興味持たれて会って
ポトフ
うん
はじめ
そしたらやっぱり面白いって話になって
ポトフ
じゃもう、すぐだったんだ
はじめ
でもうだから狙いつけられてたところあるわけでね
ポトフ
なるほど
はじめ
うんで結局
12月からだから4月に来て12月だから
8ヶ月ぐらいか
ポトフ
はいはいはいはい
はじめ
でね
それでやらしてもらって月1回
ポトフ
ああそういう
そうか行く前から知ってもらってたんですね
面白いですね
はじめ
ちょっとそういうか
あのだからやっぱSNSで繋がりができてくるでしょ
ポトフ
まあそういうことですよね
はじめ
で、こっちの札幌大谷っていうのはそこそこ札幌市内では有名だったりする
ポトフ
ああ
はじめ
そこになんか来るらしいという話になって、みんなSNSとかで見る人がいて、なんか面白い人だぞって言われて、来た
ポトフ
でも音大は20年くらいいましたよね
はじめ
音大は21年いた。
ポトフ
そうですよね。で、学長になってからは6年、
はじめ
学長は6年間やって、学長辞めてから1年間はいたんだけど
ポトフ
ああ
はじめ
札幌から声がかかっちゃって
ポトフ
うんうんうん
はじめ
勘弁してくれと思ったんだけど
ポトフ
びっくりしましたけどね
はじめ
いや僕もびっくりしたけど
ポトフ
まあ確かに音楽学科、 芸術学部の音楽学科がありますもんね
はじめ
そうなの、私学ではここだけなんだよね
北海道は
ポトフ
そうなんですね
はじめ
だから貴重なのよ
だけど
なんだろう
はたから見ててちょっと
どこの私学もそうなんだけど
日本の音大みんなそういうとこあるんだけど
もう
首の皮一枚
残ってないよって僕言って
どうすんのって
やだよって
僕が行っても
無理かもしんないよって言って、
だけど一応首の皮は
繋いで
動脈も2、3本繋いだとこまではやった
ポトフ
なるほど
はじめ
延命手術
ポトフ
名古屋でも、ある意味
結構、大変
はじめ
名古屋は大変でしたよ
いろいろあった
ポトフ
専門じゃない方が学長になられて
っていうとこもあって
はじめ
それもあったのと
やっぱあそこはあそこで
知ってると思うけど
いわゆる
3つ大学持ってて
ポトフ
3つありますね大学が
はじめ
それを一本にするみたいな話が
ポトフ
ありましたよね
はじめ
それがあったから
僕が学長になっちゃったんだよ
ポトフ
それがありきだったんですか
知らなかった
はじめ
それがあったっていうのは
一つは音大の方では
統合に対する危機感
ポトフ
そういうことですか
はじめ
とにかくそれを止めたいと
ポトフ
はいはい
はじめ
で、理事会でまともにやりあえる
のは高橋ぐらいしかいない
ポトフ
なるほど
はじめ
というふうに思った人たちがいたんだよね
ポトフ
なるほど
はじめ
これが一つと。
今度は理事会レベルでは
逆に統合を進めるには、
統合を進めるにあたって
当時の理事長が
全教職員にメールでさ
意見をよこせって言ったんだよ
僕だけだったんだって
意見返したのは
ポトフ
それもすごいっすね
はじめ
うん
あの
それは結構
統合するんだったら
こういうふうにしないとダメだ
っていう意見を書いたんだよ
統合への意見
ポトフ
さすが
はい
はじめ
それもできないようだったら
やめたほうがいい
ポトフ
なるほど
はじめ
それが目に止まっちゃって
ポトフ
なるほど
はじめ
だから上からも引っ張られたんだよね
ポトフ
ああああああ
はじめ
要するに統合を進めるんだったら
高橋使うしかないみたいな
なんかだから両方。二律背反だよね
進める方と止める方と
両方期待されちゃったってことだよね
ポトフ
へえ
はじめ
困っちゃったよ本当に
ポトフ
いやそれはなかなか
はじめ
それはそれでね
もう今もう時効だから
言えばいいと思うんだけど
それが結局
学長になって最初の宿題がそれで
そのゴタゴタが
1年以上
ポトフ
その時気持ちとしてはどっちだったんですか
統合した方がいいと思ったんですか
はじめ
いや僕は別にはっきりしてて
統合するんだったらこういう統合
ポトフ
はい
はじめ
こういう統合ができないんだったらやめるべき
ポトフ
ああじゃあそこがもう判断基準として
はじめ
うん、判断基準あるんで
統合がいいとか悪いとかじゃなくて
ポトフ
なるほど
はじめ
統合するんだったらこういう統合すれば
なんとかなると
だけどこういう統合じゃない
ただ形だけやるんだったら
やめた方がいいと
ポトフ
はいはいはい
はじめ
もう当たり前のことだと思うんだけど僕
つまり統合するかしないかに賛否を
聞いてること自体が馬鹿げていて
ポトフ
なるほど
はじめ
あのどっちもあり得るわけだよ
ポトフ
はいはいはい
はじめ
3つ残すのも統合するのもあり
でも3つ残すんだったらこうしないと
ポトフ
うんうん
はじめ
だめ
統合するんだったらこうしないとだめってのは
それぞれにあるわけで
ポトフ
うんうん
はじめ
だからそれを言っただけであって
ポトフ
うんうん
はじめ
よく聞かれたんだよ。統合に
賛成なんですか反対なんですか
ポトフ
うん聞かれますよね
はじめ
うん
いや賛成も反対も、だからこういう統合なら
OK
こういう統合できないんだったらだめ
もうそんだけの話でしょ
って言うんだけど
意外と理解しないんだよねこれが
ポトフ
あーなるほど
まあそれぞれの立場もありで
そうかもしんないですね
理解したくないのはあるかもしれない
はじめ
まあ理解したくないのもあるんだよね
だけど普通に考えりゃそうでしょ
ポトフ
うん
はじめ
ちゃんと音楽学部が
存続することが大事で
で、それが3つ合わせた方が良くなる
ような可能性もあるわけだよ
ポトフ
もちろんそうですよね
はじめ
うん
だけどそれがそうじゃなくて
ただ形くっつけるだけだったら
看板がなくなるだけだからマイナスになると
ポトフ
うんうんうんうんうんうん
あーけどそのパターンも全然ありますもんね
はじめ
そうなの
だから僕は別に賛成でも反対もなくて
良い統合ならすればいい
ダメな統合には反対
っていうまともなことを言った
ポトフ
いやなんか久々に高橋さんの話を聞くと、思い出しました
こういう方だったな
はじめ
普通に考えたら
当たり前のことを僕は言ってる
つもりなんだけど
その当たり前のことが理解できない人が多すぎて
これ札幌でもそう
名古屋でもそう
だからすごい嫌になっちゃう
ポトフ
そうですよね
あんまり別に難しいこと言ってるわけじゃないですもんね
はじめ
っていうか普通に考えれば
そういう結論しかない
なのになんでみんなそこまで考えないのっていう
ポトフ
なるほど
はじめ
感じ
ポトフ
あー
はじめ
うん
ポトフ
いや私
学長職と札幌での活動
ポトフ
あの時まあ営業マンでやってたんですけど
なんか会社の中の人間よりも
そういう高橋さんとかに教わったことの方が多いような気がします
はじめ
いろいろ喋ったもんね
ポトフ
仕事とはこういうもんでしょみたいな話も
はじめ
確かに
いっぱいしたね
ポトフ
変な話会社の中でもそんな合理的にちゃんと話してくれる人いなくて
なんだかんだ根性論で持ってかれても
いやそれは違うなと思いながらね
はじめ
分かる分かる
そんな話だし
ね、大阪でも飲んだくれたけど
ポトフ
あの時は
めちゃくちゃ飲みまして私
高橋さん平気な顔してめちゃくちゃ飲むから
今でも飲まれるんですかよく
はじめ
今一滴も飲んでない
ポトフ
本当ですか
はじめ
うん
ポトフ
やめられたんですか
はじめ
お酒飲むお金ないもん
ポトフ
寂しい
そうなんですね
はじめ
うん
ポトフ
健康になりました
はじめ
いや健康だよ
犬も飼ってさ
ポトフ
そう犬のやつは見てます
民泊の方も
はじめ
そうそうそうそう
健康は健康だ
ポトフ
いいですね
はじめ
ないのは金だけだ
金と仕事がね
ポトフ
いやー学長の仕事ってなくなるとこうなるんですね
はじめ
いやーこれはだからね、若くしてやっちゃいけないっていうのが
ポトフ
あーそうか
若かったですもんねなられた時にねまだ
はじめ
だから
だからそれはもう日本で3番目4番目に若かったんだけど
それはどうでもよくって、その周りでも心配してくれる人はいたわけよ
そんな若くしてなっちゃってどうするんですかって
この時はさ僕はやりたくなかったけど
他にいないんだもん
ポトフ
あーなるほど
はじめ
自分がやるやらないで、やればなんとかなるかもしれない
他の人がやったらもう終わる
これ札幌もそう名古屋もそう
ポトフ
なるほど
はじめ
これでやらなかったら後で後悔残るじゃない
ポトフ
まあそうですね確かに
はじめ
だから自分の人生は脇に置いといて
ポトフ
うんうん
はじめ
やるしかなかった
ポトフ
なるほどね
はじめ
で、その結果がこれだよ
ポトフ
いやーだから名古屋を辞められた時もなかなか世知辛いなと思いながら
はじめ
あーあれはだけどまあ6年っていうのはいいキリでね。学長ってのは
ポトフ
まあ
ねー
はじめ
むしろそはそれでまた札幌にね、そういう話が
ポトフ
はいはいはい
はじめ
むしろ札幌4年でっていうのがね
ポトフ
あーちょっと短かったですかね
まだどっかで教鞭を取ることはあるんですか
はじめ
いやー今更大学教員っていうのではもうないでしょ60だし
ポトフ
うーんなるほど
はじめ
しかも僕は結局だから、学長になった瞬間にはもう政治学的なこととか専門の方はね
ポトフ
ええ
はじめ
ほぼもうやれてないので
ポトフ
まあそうですよね分野が違うとこ行っちゃいましたもんね
はじめ
だからそれはさすがに60で学長経験者を教員で雇ってっていうところ
ポトフ
そうだよな
はじめ
まあ探せばなくはないかもしれないけど探してないし
ポトフ
はいはいはい
はじめ
まあね
ポトフ
なるほどな
はじめ
あとはもうなんかそうやって雇われるのもやだなっていう
ポトフ
なるほど
はじめ
だけど食っていかなきゃいけないし
ポトフ
そうですね
はじめ
しょうがないからnoteと民泊やってるんだよ
ポトフ
そうですねーなるほど
はじめ
うん全然食っていけないこれ。もうそろそろダメだね
ポトフ
側から見ると面白い人生だけどなかなか大変そうだな
はじめ
まあ大変っていうか面白い、面白いけどまあ結局だから今問題は金だよね
ポトフ
まあまあそうですね何やるにしても
まあそれもあって
noteもあるんですね
はじめ
まあそれはだから
noteでやっぱり1個アピールしていくことと
やっぱそこで何か引っかかりが出てくるかなっていうのと
あとはもう1個やっぱり自分の持ってるものをやっぱり出していくしかないという
まあそれでやっぱりnoteがメイン
これをTwitter Facebookでやったらしょうがないという
ポトフ
そうですね確かに
はじめ
ことでnoteメインにして
で今配信もちょっとだから
ポトフ
うんうんうん
はじめ
やり始めて
で、これ今ねちょっと考えたらボイシーやろうかなって
ポトフ
あーはいはいあれだけど審査制とかでしたっけ
はじめ
そうそうそう審査、通るかどうか知らないよ
ポトフ
まあ経歴が経歴だから可能性は全然あると思いますけどね
はじめ
うん可能性なきにしもあらずだと思うんで、やる
ボイシーは一つの手かなと
ポトフ
うんうんうん
はじめ
ポトフ
私3回ぐらい申請したけどなんかおとざたがないんでちょっと諦めましたけど
はじめ
あーそうなんだ
まあボイシーちょっと
行ってみるのはありかなと
ポトフ
確かにあそこは学ぶ意欲のある方が多少はいる多いかなと思いますけど
はじめ
そうなの
だから逆に僕みたいなのがいても
ポトフ
うんうん
はじめ
むしろスタンドFMとかね
ポトフ
そうですね
Twitterスペースとかよりも合ってるかもしれない
はじめ
そうそうそうそう
ホットキャストとかでやってるよりも
むしろボイシーは申請してもいいのかなっていう
ポトフ
確かに
はじめ
ちょっと思ったのが
2日3日前
ポトフ
そういうことですよね
まあまあけど確かにそうかもしれない
はじめ
多分それは本当に2日3日前に
たまたま