1. Wheel of Films
  2. #066 インターステラー (Inter..
2024-04-18 2:15:31

#066 インターステラー (Interstellar)

⚠️このエピソードは「インターステラー (Interstellar)」のネタバレが含まれています

🚨収録中の音声遅延により終始聴きづらい部分があります。申し訳ございませんがご了承下さい🙇🏼🙇🏼🙇🏼


【インターステラー (Interstellar)考察&感想トーク回】

みんな大好きクリストファー・ノーランが描く壮大な愛と宇宙の物語。
愛がロマンなのか、それとも愛なのか高次元の何かなのか、分からないのがロマンなのか
それぞれのロマンを語り合うのも映画の楽しさの一つかもしれません!


◆◆◆ 花粉症 | 心配なEbi-Chan | 作品紹介 | みんなの好き度 | ブラックホール実は入ってない説 | 愛の力説 | マーフィーの法則 | ブランド博士の立ち位置 | 宇宙ハイタッチ | 5次元のシーンは3次元で実現していた | とうもろこし育ててみました | ハンスジマーが好き | 宇宙の無音なかんじが好き | 疑惑の爆発 | あの星はアイスランド | ビッグウェーブの正体 | マン博士の行動について | クリストファーノーランに物申す?| 好きなノーラン映画ランキング | 精神と時の部屋に物申す | 水の惑星のピッピッって音 | おすすめの映画 | モールス信号 ◆◆◆


Wheel of films SNSアカウント💁

Instagram
https://www.instagram.com/wheel_of_films/

Twitter
https://twitter.com/wheel_of_films

Facebook
https://m.facebook.com/100086441868460/

Youtube
https://youtube.com/@wheeloffilms1642?si=HtGGtHKoOfOek3qF

Summary

Wheel of Filmsのメインパーソナリティーであるカノーとチャイリーによる『インターステラー』のレビューが行われています。チャーリーの花粉症やオープニングの撮り直しのエピソードなどが話された後、キャストや監督についても紹介され、作品の好みや理解についても話し合われています。ブラックホールに関する情報や5次元の部屋への突入、親子愛のメッセージ送信など、感動的なシーンについて語られています。『インターステラー』は、ブラックホールを舞台にした映画であり、クーパーの愛や使命感、家族や人類を救いたいという思いが描かれています。エピソード#066では、映画『インターステラー』について話され、監督のクリストファー・ノーランやハンズ・ジマーの音楽、視覚効果についても触れられています。また、インターステラーの精神と時の部屋の時間や重力による影響、映画デューンのパート2や映画館での鑑賞の違いなども話題となっています。企業スパイの主人公が潜在意識に忍び込んでアイデアを盗む仕事から、考えを植え付ける任務に挑むストーリーが描かれ、『インターステラー』は壮大でスリリングな映画として人気を集めています。

映画レビュー番組Wheel of Films
こんばんは。
Wheel of Filmsはメインパーソナリティーのカノー&チャイリーによる映画レビュー番組です。
同じ外語大出身である2人の対外経験も織り交ぜて、毎週1本選んだ映画を題材に自由にお喋りしています。
他にも旬レギュラーメンバーやゲストを迎えて演歌を掲げていますので、様々な角度から映画の魅力を楽しんでください。
今日の映画はインターステラーです。
今回のエピソードは、作品のネタバレを含んでいます。
まだ見ていない方は、作品を監修してから番組をご配信ください。
そして、Wheel of Filmsではインターフェイスブック、ツイッターやってますので、フォロー、いいね、コメントよろしくお願いします。
また、ハッシュタグWOFレビューで感想も書けるようになってますので、こちらもよろしくお願いします。
最近、YouTubeでもポッドキャスト聞けるようになったので、そちらもチェックしてみてください。
今日は久しぶりに4人で収録をしていきます。
私とチャーリーと純レギュラーメンバーのユキ、
新しく純レギュラーメンバーになってくれました私のパートナーであるエビちゃんをお呼びして、今日は4人でやっていきたいと思います。
よろしくお願いします。
めっちゃ光栄です。
なんか花粉症なんだよね。
そう、今花粉症でちょっと鼻水ずるずるずるずる言うかもしれんけど。
鼻詰まってますわ。
彼女の説明中にもさんじゅるじゅるぐらい聞こえたからね。
さんじゅる、さんじゅるしてた。
ごめんごめん、ちょっとめっちゃめっちゃじゅるしてしまうかもしれんけど。
ちょっとお許しを。
そんなね、そんなのもあっていいんじゃないですか、たまには。
ちなみに今ちょっとオープニングをさ、撮り直したんだけどさ、テイク2で。
テイク1の時にチャーリーが、私たちが別れたらどうなんのって。
あーそうそう。
ぐさってきてる。
え!?
ごめん、ごめん。
チャーリーがひどい冗談言ったって。
ごめん。
そんなつもりじゃなかった。
大丈夫だって。
せんざいだから俺。
ごめんって。
大丈夫、そんなに心配しなくても、もし彼女と別れてもちゃんとじゅんでぎらには再留させてあげるから。
心配してると思うけどね。
俺なんも心配することないから。
それだけはもう約束してる。
それだけはもう約束してる。
ありがとう、チャーリー。
おい!
ちょっと遠慮しろって。
いいとこだ。
頼むよ。
みんな聞くんだからね、人が。
鼻水止まる薬とか飲んだらよかった。
飲んだんだけどね、ムヒ。
ムヒって鼻水も止まるの?
ムヒ飲んだの?
飲んだの?
飲むムヒがある。
へー、初めて聞いた。
ムヒ味?
そう、アレルギーで効くから。
ムヒを鼻の下とかに塗ったら鼻通りそうだけど。
まあ確かにね、匂い的に。
匂い的にペポラップみたいな感じでね。
はいはい、ということで今日は念願のインターステラーやっていくので、
ちょっと上馬になりそうなのでテンポよくね。
そうそう、さっきからね、かのがね、
テンポよくって。
テンポ気にしてるんだよね。
今回はやっぱりいっぱい話したいことになるだろうね。
これをどんだけ邪魔できるかっていうのが今回の俺の…
だらだらやっても最後まで聞いてくれないかもしれないじゃないですか。
そうだね。
まあいきますよ。
タイトルから行きます。
インターステラーで、映画題もインターステラー。
制作年は2014年。
ジャンルはアドベンチャーSF。
作品時間が169分3時間くらいか。
3時間ないぐらいか。
監督は知っての通りクリストファー・ノーラン。
チクリスト。
代表作。
テンポ。
テンポよくって。
インターステラーの紹介とキャスト
チクリストって言ったかと思って。
気になる人はドニー・ラーコの回聞いてください。
はい。
代表作品がインセプションとかダークナイトのシリーズとか、
あとはついこの間ですね、アカデミー賞のオスカー取ったオッペン・ハイマーとかが、
全部有名ですけど、この辺が最近のホットなやつですね。
はい。
そして脚本がジョナサン・ノーラン。
で、ダークナイトシリーズとこのインターステラーを脚本してます。
同じノーランやね。
なんか関係あんだっけ。
兄弟?
兄弟だったような気がする。
兄弟なんだ。
はい。
はい。そしてキャストですね。主役、あ、これ私役名書くの忘れてるわ。
クーパー役がマシュー・マコノヒー。
で、私たちがやった作品だとコンタクトとか、
ユキもゲストで来てくれた氷結の時にも出ているし、
あとはダラス・バイアーズ・クラブとかですね。
これめっちゃ好きや、ダラス・バイアーズ・クラブ。
はい。
はい。そしてキャストが、あ、キャストですね。
次が、なんだっけ、プランド博士か、の役名。
うん。
アン・ハザベ。
そっか役名。
プランド。
そうだね。プランドかっこ娘。
うん。そう、かっこ娘ね。
アメリア、アメリア。
あ、そうだ、アメリアだ。
アメリアです。
はい。彼女の代表作品が、プラザを着た悪魔とか、マインターンとか、オーシャン・ゼイトとかその辺ですかね。
うん。
そして、次、クーパーの娘が大人になった時の役が、マーフだね。
マーフ。
マーフの役が、ジェシカ・チャスティンさん。
うん。
そう、マーフ役。
彼女の代表作品は、女神の見えざる手とか、グッドナース、スノーホワイトそのあたりですかね。
うん。
はい。
そして、氷の惑星にずっと眠ってたマン博士役のね、マット・デーボンですね。
はい。
彼は、オーシャンズ11、12、13と、あと、ボン・アイデンティティシリーズが一番有名かな。
うん、そうですね。
あとは、例のオッペンハイマーにも出てるんですね。私たちはまだ見れないですけど、
まだ見てない。
まだ見れない。
もうそろそろだね。
楽しみや。
見たいなー。
そして、マイケール・ケインは何役?
この人は、ブランド博士。
アメリアのお父さんね。
お父さん。
はいはいはいはい、がマイケール・ケインさんで、
あのー、あれだね、ノーラン・クリスタルさん。
ダークナイトシリーズ、インセプションテネット、という感じでしょうか。
他にもいっぱいいますけど、今日はキャストはこの程度にして。
ティムシー・シャラメとかも。
ね、思ったけど。
そうなんだよー。
ね、ちっちゃい。
私、今回見て初めて気づいた。
私もなんか、え?ティムシーだっけ?と思って。
ティムシーだっけ?
ティムシーだっけ?
初めて気づいた。
私もなんか、え?ティムシーだっけ?と思って。
ちょっと若い感じ。
ちょっとしか出ないけど。
ケイシー・アフレックとかも。
あれだね。
トム・クーパー、お父さんか。
私、あの人あんまり、あの人の映画わかんないな。
ベン・アフレックのお兄ちゃんだか弟だかわかんないけど。
え?そうなの?
アフレックか。
知らなかった。
どの話してるの?
アフレックのお兄ちゃんの大人版。
あー。
えー、そうなんだ。
そうね。
私、なんか見たことあるけど、わかんないって感じだった。
マンチェスターなんとかで、2,3年くらい前に、パイザーシーカー。
オスカー撮ってたね、確か。
あー、あの人かー。
わかんないけど、確かに。
はいはいはいはい。なるほど。
そうなんだ、知らなかった。
そして、はい、受賞歴ですけど、
私、勝手にこれオスカー撮ってるのかなーとか思ってたけど、
オスカーは撮ってないんだね、インターステラはね。
撮ってないね。
うん、アカデミションの資格、資格効果賞。
今年、あの、ゴディラマイネス1だっけ?
撮ったやつですね。
びっくりした、あれ。
あ、びっくりしたね。
はい。で、他には、
放送映画評価協会の最優秀SFホラー映画賞。
ホラー?
SFスラッシュホラーなの?
そうそうそう、部門的に、その部門の中の賞を取った。
なるほどね。
SFとして。
はい。そして、フィルマークスの評価が4.2。
作品の好みと理解
高いですね。
4.2?
高い。フィルマークス4.2。
ただね、露天トマトのトマトメーターがあんまり高くなくて、
意外とね。
73?
それはちょっと低いな、確かに。
低いよね。で、オーディエンススコアが86。
もっと高くてもいいけどな。
ね。
そうなんだよ。
ていうか、オースカー取ってないんだね。
オースカー物でしょ、これ。
そう、この年にオースカー取ったのは何だったっけ?
バードマン。
バードマンだっけ?
バードマンか、アメリカンスナイパーか、その辺。
ちょうど10年前だよ。
10年前だと思うな。
10年前だから、
いつだっけ?2014年だから。
アルゴかな?
その1個後か。
コンマ。
これを超えるものがこの年にあったんだって感じだけど。
ね。
はい、そしてあらすじいきます。
はい。
地球の寿命は月かけていた。
居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、
まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。
彼を待っていたのは、いまだかつて誰も見たことがない衝撃の宇宙。
果たして彼は人類の存続を賭けたミッションを成し遂げることができるのか。
というのがあらすじでございます。
はいはい。
パーッといけましたけど、
まあ皆さん、もちろん今日はこの作品好きで来てますかね。
もうめちゃくちゃ好き。
一番好き。
似てるよね。
一番好きなんだ。
何回見ても号泣。
何回見ても号泣。
まあまあまあね。
二人はどうですか?
私も大好き。
大好き。私がアイマックスデビューした映画なんですよ、これ。
アイマックスみたいなヤバさやな。
そう。アイマックス初めてこの映画見た時に、
これはやべえぞって思いましたね。
あんまりその時理解できてなかったけど、一回見た時に。
いややばいよね。
皆さんすぐ一回目で理解できました?
全部。
まあ割と。
おー。
割と理解できたけど、
でも何回も見てるとどんどんどんどんこう、
なんていうんだろ、深みにはまっていくというか、
何回見てもあーみたいな結構、
こういうとこ繋がってたんだとか、
うん。
なんか、やっぱそう、最後のシーン見てから、
やっぱあの最初の出て行くシーンとか見た時のあの、
ちょっと切なさとか、
なんかどんどんどんどん好きになっていくのは見るたびに。
じゃあ一回目で理解できたってこと?
うんうん。
要するにってやってる。
カノさんが。
え?
ちょっと脱線する前に。
早めにね。
いいペアなんですか?
いいペアだ。
よく脱線するから。
そしてチャーリーはどうですか?
俺ももちろん好きだよ。
まあでも好きだけど、なんかみんなほど好きじゃなさそう。
確かに。
一番大好きとかではないな、別に。
クリストファー・ノーランの映画の中でもっていう意味でもそうだし。
あ、そう。
結構トップだな。
好きだけど、
って感じ。
でも普通に好き。
普通にちゃんと好き。
まあでもそうだよね、そうだよね。
ちなみに私も大好きだし、
多分一回目であらかた理解してたと思う。
ごめん。
理解してたかって質問だっけ?
そうそうそうそう。
好きですか?と理解してたか?とどっちもだね。
エビみたいなのが映ってた。
で、どうだった?
理解ね。
理解は普通にできたね。
なんかそんななんかさ、
理解できないとかあるのかなって感じだったけど。
私だけか。
すぐなんか、
あれこれは?とかあれはどうなの?とかって、
なんでここがこうなの?みたいな思ったところがあった。
いやなんかさ、なんていうの。
あらかたさ、
なんでこういう風になってるかっていう大筋も、
理解してなかったってこと?一回目見た時は。
なんだろう、その、
うん、そう。
10年前であんまりそんな、
なんだろうな、本当に2014年に多分見たんですけど、
その、理解力がなかったって話か。
はい、そういうことです。
まあちょっと、
サイエンスの話とかもバンバン入ってるから、
ちょっとそっちに聞い取られちゃうと、
なんかあれあれみたいになっちゃうことあるかもね。
確かに確かに。
難しいかね、やっぱその辺の。
宇宙は深いですからね。
うんうん。
ノーラン映画はね、基本的にやっぱ難解なものが多いもんね。
うん。
でも話の大筋で言ったら、
インターステラーは別にそんな複雑に絡み合ってみたいなのとかは、
あんまりないから。
まあそうかな。
まあ大筋だけ凝ってれば。
彼の作品の中では、割とわかりやすい方だったよね。
確かに。
これはこうなったバージョンっていう仮説となんとかっていう仮説と、
っていうのはノーランは多いけど、
意外とないのかな、インターステラーは。
うん。
なんか割とスッと入ってきて、
他の映画が多分難しすぎる。
そうですね。
テレビとはじめ、他のもの、インセプションもそうだし、難しすぎて。
あれレベナントってクリスマスノーランだっけ?
違うね。
ダンケルコは?
ダンケルコはノーラン。
そうそうそうそう。
ダンケルクなんだ。
ダンケルク。
ダンケルク。
あれとかはちょっとわかりやすかったよね、キーズ。
確かにダンケルクは割とわかりやすいかな。
でも難解でスタイリッシュなのが多いからね。
そうですね。
ちょっと構えるよね。
ちなみになんですけど、
チャーリーは唯一オッペン・ハイマーを鑑賞した人ですけど。
ああ、そっか。
オッペン・ハイマーも割と難解な方ですか?
うーん、まあそうだね。
クリスタファーノーラン特有のちょっとなんかエサみたいなのはあるけど、
でもテネットとかインサプションみたいなほどごちゃごちゃしてるかっていうとそうでもないね。
歴史に基づいてだからそんなあんまりごちゃごちゃノーランテイストではあんまりできないのかな。
SFとかみたいな感じでちょっと時間の概念を何かあしたりこうしたりみたいなのはないけど、
でもほらダンケルクンの時もそうだったけどさ。
ダンケルクンって誰?
ダンケルクン。
ダンケルクン。
普通のリアルな世界観で、
これでもあればほらね、船とさ、飛行機と地上部隊でそれぞれ進む時間の速さが違うみたいなのがあったでしょ。
みたいな感じでちょっとオッペハイマーも行ったり来たりみたいなことはすることはある。
とりあえず多分みんないろいろ話したいとこあると思うんで、
どっから始めましょうかね。
そうだね、ちょっと話すところがありすぎるよね、インターステラは。
好きなシーンの話をとにかく目一杯ひとまずしませんか。
いいですね。
好きなシーンね。
じゃあユキどうよ。
クーパーのブラックホールの中への旅
私から行きますか。
私好きなシーンは、
なんかそこまで、宇宙にはとっても興味はありますがすごい詳しいわけではないんですけれども、
クーパーがアメリアと最後、結構最後の方のシーンで別れちゃうじゃないですか。
一人で離脱してというか、脱出するじゃないですか、船から。
そこからブラックホールに近づいてっていうシーンって、
ブラックホールってほぼ謎に包まれてるじゃないですか。
研究。
それなのにこれを映像するってどういうことっていう感じで、
そのぐらいの知識はあったんですけど、
最初これどういう映像になるんだみたいな感じで、
ほぼ無音というか、このクーパーの息遣いだけで表現されるじゃないですか、あの映像が。
その時のアイマックスで見てる時のこのドキドキワクワクが忘れられなくてずっとそこが私は好きかな。
それはそうだろうね。
これをどういうふうに映像化するんだっていう感じのね。
それはワクワクするわ。
そこは好きですね。
あれだよね、5次元の部屋に行くシーンってことだよね。
行く前の。
行くまでの。
ブラックホールに突入するところ。
ブラックホールには入ってないんですよ、あれ。
え?
ブラックホールじゃないんですよ。
何?
え?
ブラックホール。
これ私の旦那さんのデイビットって言うんですけど、
誰かがブラックホールに入ったらって言ったら、これはブラックホールの中じゃないんだよってお前が説明しろって言われてるんですよ。
俺も分かってないな。
それ聞きたい。
これちゃんと説明するんだよって言われてて。
ブラックホールっていうのは。
ちょっとじゃあさ。
ちょっとその前に。
デイビットの軽いバックグラウンド。
そうですね。
すいませんね。
うちの旦那なんですけれども、デイビットって言いまして、
本当に宇宙オタクなんじゃないかっていうぐらい宇宙が大好きで、
仕事も宇宙関係のことをやってるんですよね。
別にそれのエンジニアってわけじゃないんですけど、
宇宙関係の仕事、宇宙関係の企業で働いてて、
それで昨日改めて見たんですよ。
インターステラーを何回も一緒に見てるんですけど、
彼がすごく好きで、アイマックスも絶対見たいって言って、
アイマックスで見たんですけど、それは置いといて、
ブラックホールに入ったって多分みんな理解してると思うんだけど、
そこをみんな誰かが言ったら訂正しろって言って、
言われてて、多分バカなチャーリーかカノーが言うからとか言ってたから。
カノーはともかくよ。
カノーのことは好きなだけ言っていいけどさ。
俺の悪口は言えない。
そう、バカなって言ってた。
そのまま言っちゃいますけど、絶対誰かが言うからとか言ってて。
私はこれ待ってたんですけど、まんまと。
ブラックホールの中は、私も全然知ったかぶりのように話してますけど、
あんまそんなに詳しいわけじゃないんですけど、
彼から説明してもらったのが、
ブラックホールの中っていうのは本当に光も放射線も全部飲み込まれちゃうから重力が強すぎて。
で、クーパーが最後、私が好きなシーンって言ったところでキラキラしてるじゃないですか。
あそこで光が存在してる時点でクーパーはブラックホールに入ってないんですって。
なるほどね。
ちゃんと視界が見えてる時点でクーパーは入ってないってことが分かると。
それであそこ、おそらく光も放射線も存在できるブラックホールの一歩手前みたいなところ、イベントホライズンって言うんですって。
特異点の前ですね。
その特異点っていうのがイベントホライズンのことなんですけど、
ブラックホールにいろいろ飲み込まれる重力が本当に強い真っ暗な中の一歩手前なんだっていうのを一生懸命説明しました。
そこまでは光とか全部。
ごめん、科学的な何が正しいとかわかんないんだけど、
俺が映画の中で言ってたので一個覚えてるのは、
イベントホライズンが何かもう特異点なんだね、日本語で言うと。
これが何なのかもよくわかってないんだけど、
ブラックホールの重力の方程式を観察するために必要な重力の秘密みたいなのを開かすのは、
特異点を超えてブラックホールの内側に行かないと観測することができないみたいなことを映画内で言ってたと思うのね。
だから、もしソウルの時点でマシュマコンの火が特異点より外側にいたとしたら、
肯定式というか、データは観測できないってこと?
そうそう。できないから。
だって俺の理解だと、あのまま中に入ってって、
マシュマコンのほうに向いてマシーンみたいなやつ、ターズだっけ。
あいつも一緒に入ってって、ターズにデータを収集させて、
そこで得た情報をモールス信号でMARFに送って、
それをもとにMARFが地球でいろいろ開発して人間を救ったみたいな話だと思うのね。
デイビッドの理論と映画の矛盾
ハレルヤー言うてね。
ユリカーってね。
ユリカー?ごめんごめん、ハレルヤーじゃないわ。
どうなのかなと思って。
その陸地上では、特異点の中のものは特異点の外側から見ることはできないですよっていうのを
映画で言ってたのを覚えてるんだよね。
だからその、デイビッドの説は……
デイビッドの説なわけじゃないですよ。
デイビッドは言ってましたけど、ブラックホール説によると、
ブラックホールの存在というか、ブラックホールが今まで研究されてる中の結果からすると。
ブラックホールっていうのは、本当に吸い込まれちゃったら出てこれないんですよ。
本当に100%一方通行らしくて。
もし、クーパーがブラックホールに吸い込まれちゃったなら、
あの最後のシーンは、クーパーは生きて壁これたっていうのは科学的におかしいんですよ。
で、なんで科学的に言ってるかっていうと、
この映画のエグゼクティブプロデューサーっていうのが、
キップトーンっていうアメリカの理論、キップソーン?
THだからトーンなのかな?
キップソーンっていう人がアメリカの理論物理学者なんですけれども、
この人がエグゼクティブプロデューサーをしてるから、
ほぼ今までの宇宙の研究でわかってることの知識はほぼ入ってるはずなんですよ。
まあそうだよね。
この人、マン博士のAIロボットの名前もキップだったじゃないですか。
そうだね。
この人から来てるはず、アメリカの理論物理学者。
ノーベル物理学賞も受賞してる。
この10年のギャップみたいのはないの?
この10年前はそれでまだ研究されてて、
いや、たぶんブラックホール説ではないと思いますね。
でもなんか俺はさ、デイビッドが何を言ってるのかちょっとわかんなくて、
何がわかってるかわかんないって言ってんのは、
デイビッドはそもそも映画が間違ってるよって言ってるのか、
映画は違う。映画じゃなくて、
映画はもう、たぶんあの人は本当に結果が出てるものしか信じない人だから、
ノーベル物理学賞を受賞してる、本当にキップソーンのセオリーというか、
研究論っていうのは本当に崇拝してるじゃないですけど、
信じてるからこの映画は合ってるし、
そのブラックホールにはクーパーは入ってない。
なるほどね。っていうのがデイビッドの主張なわけでしょ。
だとしたら、俺が一個わからない点があるんだけど、
これユキに聞いてもわかんないだろうけどね。
もし後でデイビッドに聞いててほしいんだけど、
映画の中でだとしたら矛盾してるところがあると思って、
一個はブラックホールの中に入っちゃうと、
光もなんもないからなんも見えないんだよ、
なんか見えてる時点でおかしいんだよっていうのがあるわけじゃん。
もう一個は、得意点の中に入らないとブラックホールの中のものは観測できないと。
映画の中でそっか。
観測しないといけないですよって言って、
映画の中ではそれをやってたわけじゃん。
だから得意点の外にいてんのに、
なんでその得意点の中のものを観測できて、
情報を地球に送ることができたのかっていうのが俺わかんないわ。
ブラックホールの理論と人間の理解
俺もチャーリーと結構似たような意見で、
ブラックホールの得意点の中を観察しないと、
一応地球は救えないっていう設定だったから、
得意点の理論もわかるんだけど、
人間が理解できないところだから。
だって人間が絶対に行けないところだもん、ブラックホールって。
だから理論で考えてたらそういう結果が出るんだろうけど、
でもブラックホールの中って、実はこうなってんじゃないかみたいな。
そっから5次元の部屋とかに繋がってみたいな。
人間の人質を超えたところを、
クリストファー・ノーランの想像力というか、
こういうこともあり得るかもしれない。
フィクションかもしれないし、もしかしたら本当かもしれないし、
わかんないけど、人質を超えたところ、
全然人間が理解できないところを、
可能性を映像で提唱してくれたっていうところで、
あのシーン俺めちゃくちゃ大好きで。
でも得意点の理論については全然間違ってない。
デイビッドがやってることは合ってると思うし、
ヒカリ本当に入れないっていう風になってるから、
絶対脱出できないんだよね、得意点の中に。
でもその常識を逆に覆して、
ああいうシーンを作ったクリストファー・ノーランが、
結構やばいなぁと思って。
あのシーン俺もめちゃくちゃ好き。
それは思うわ。
だからやっぱそれを愛がそれさえも超越したっていうことが、
メッセージと思って見ていた、私はね。
そこが感動的な。
カナはその得意点に入ってないっていうのをわかってたの?
それはわかってないけど、
その今の理論を聞いたとしても、
だとしたら、むしろやっぱり愛でそれさえも覆すっていうところが、
強いメッセージだったんだなって今の聞いて思った。
なるほどね。
そう解釈することもできるけど。
でも重要なのは、
結局俺が今言うとしても、
俺もめちゃめちゃ好きなシーンだし、
エディシャンも言ってたようにね、
結局誰も行ったことがない、
想像しかすることができない世界なわけだからね、
ブラックホールの中って言い方は言いますけど。
それを映像化したっていうのはやっぱり、
すごいしね、魅力的なことだと思うんだけど。
しかも結局地球が…。
あ、ごめんごめん。
ゆっくりファンを振るんで。
ゆっくり話しかけてるんで。
すきすぎてこのシーンが。
毎回そうなんだよ。
愛があふれて。
映像見てなくても音だけでブラックホール入るシーンって、
あ、今あのシーンあるでわかる。
その愛はターンでいけますんで。
ターンスレでね。
俺が今、
やっきになって解明しようとしてるのは、
デイビッドの言ってることが合ってるのか合ってないかってところなんだよね。
こうやって矛盾してんじゃん、ちょっと。
確かに。
だからさ、バカデイビッドって。
それを言ったところで。
やり返したいな。
呼んできたいけど、
ポッドキャストに誘ってくださったんですよね、チャーリーさんもパノさんも。
なんだけど、すいませんねうちのが、
ここで映画のことに関してこうやってああだこうだって言うのは興味ないって言って断れちゃったんですよ。
面白いな、デイビッドも。
まあいいけどね。
100の正直。ゼロフェイクっていう。
ゼロフェイクだね。
ゼロフェイクデイビッドらしい。
セッティングちょっと下げたほうがいいんじゃない?日本にいるんだから。
確かに。
そうだね。今たぶん100だから。
75くらい。
正直度。
設定ね。正直度下げたほうがいい。
この話はデイビッドとゆっくりしたいね。
そうですね。
ブラックホール入ってるのか入ってないか問題。
これ結構俺としてはおいしい立場でさ。
デイビッドは科学詳しい風みたいなのを装ってるじゃん。
怒るぞ。
万が一デイビッドが間違ってたら、俺も大金星なわけよこれ。
ですね。
もしね、デイビッドが俺が納得できるような説明持ってて、
俺が間違ってたっても、俺はノーダメじゃん。
俺も知らないから、宇宙なんて一つも。
だから全くリスクなしで、大金星の可能性だけある戦いみたいな感じだから、
これぜひちょっとやりたいね。
なんのバトルやねん。
後で聞いとくわ。
お願いします。
その回があったら呼んでください。
さよなら。
リスクないからね、これ。
伝えときますわ。
私の好きなシーンはそこでした。
一つなんだ。
とりあえず一つ。長くなっちゃった。
一つか。
一つか。やっぱりでもブラックホールに入るシーンだな。
入るって言っちゃうけど。
ブラックホールの中に入った。
話させないというね。
話したいんだよ。
全身乗り出してるのに。
もう本当は、ごめんごめん、ちょっと前のめりすぎるんだけど。
今ね、物理的にもめちゃめちゃ前のめりだから。
見えてないけど、
伝わってくる。
出てきてる。伝わってくる。
伝わるよね。
そこがいいところだね。
でも、俺が好きなシーンは本当にブラックホール入ってから、
あの5次元の部屋。
あっこでメッセージ送るまで、あの一連の流れ。
もうあそこが一番好きなシーンで。
まあいろいろ、やっぱこう宇宙を探索して人類を救うっていう大義名分のもと。
で、最終的にブラックホールの特異点の中調べないと、
人類は救えないんだっていうあの絶望な状況にまず陥って、
いろいろもうめっちゃかなりハプニングとかあったけれども。
で、あのアメリアとの絆とかもちょっとずつできてきて。
で、最後、みんなが想像してない形で突っ込むわけじゃん。
マシュマロの日があって。
で、もうそのシーンでちょっとなんかもううるっとくるんやけど、
もうすっげえ冒険者だな、この人みたいな。
勇敢だなとか思うんだけど。
そっからブラックホールにバー入ってきて。
で、あっこからこうもうわけわかんない、
もう今からもう人類が誰も踏み込んだことのない、
あの未知の世界にブワーって突入していくわけじゃん。
親子愛とメッセージ送信
で、もうそこからまずワクワクしだして。
で、そっからブワーってもう意味わかんない光とかブジャーンパチパチパチパチみたいな。
もう通信とかブワーって。
そっからあの5次元の部屋にブワーって突入して、
もう体だけになっちゃうじゃん。
もう生身で飛び込んでいくんよ、あれ。
最終的に。
そうそう。
生身で飛び込んでいくの、そこにみたいな。
すごいな、みたいな。
そこ生身なんだ、みたいな。
そっから5次元の部屋に行って。
生身、生身。
これ重要な話。
で、そっから5次元の部屋に行って、
言ったら今の人間のこの世界っていうのは3次元世界って言われてるじゃん。
この何だっけ、縦軸と横軸と、
あ、違う違う違う。
点があって。
点が2つから。
点が2つなって直線になって、
そっから縦棒、立体的になって3次元なんだけど。
4次元とかそこに時間の概念が入って、
5次元になると、その時空、時間空間を超越する。
で、その、言ったらイメージできないわけじゃん。
今この3次元世界にいったら、
自分より上の次元の世界のことって認知できないわけじゃん。
まあね、そうだね。
でもその、そうそう、でもその5次元、
4次元も飛び越して5次元のところを、
時空の超越ってどういうこと?みたいなさ、
なんかなんとなく文字とかで読んだらわかるけどみたいな。
まあね。
イメージとして全然わかんないなみたいなところを。
そう、人間には不可能ですよね。
そうそう、不可能不可能。
そういうところをいきなりさ、
いろんなさ、あの本棚みたいなさ、
もうめっちゃ図書館みたいな、よくわかんないあの、
みんななんか過去の場面とかいろいろ出てくるような、
本当にわけわかんない部屋でさ、
もう本当に時間、もうその言った過去、
今までの過去と、
あと空間、もういろんな場面とかさ、
いろんな空間とかがバーってこう、
映像で見えるところにフワフワ浮きながらさ、
もう最初はどうしたらいいかわかんないわけじゃん。
でもそっから、この観測のデータをどうやって送ろうかっていう、
その方法をさ、
こうMARFと、
あの本棚の一番最初のポルターガイストの、
あのシーンで、
繋げるっていうのが、
もうすごい感動的で、
なんか、
いったら重力、
重力のことを取り扱ってると思うんだけど結構インターステラーって、
いったら重さじゃん。
重力ってまあ重い、重いとか、
エネルギーだと思うんだけど、
その重力がやっぱりでかいところってさ、
どんどんどんどんブラックホールみたいに、
引き寄せられるわけだよね。
どんどんどんどんこう吸い込んでいくから。
で、
そのMARFと、
そのマシュー・マコノヒーの、
そういった親子愛、
その親子愛の、
その愛が、
もうグラビティ、
重力みたいなもんだなって、
めっちゃあの部屋を見てて感じて。
愛がグラビティ、いいね。
そうそうそうそう。
MARFと、
そのマコノヒーの、
その愛が、
あの本当に、
不可能を可能にしたわけじゃん。
そのMARFにメッセージを送るとか、
時間を超えてメッセージを送るとか、
空間を超えてメッセージを送るとか、
そんな距離、
めちゃくちゃ宇宙と地球で、
めちゃくちゃ距離があって、
なんやったらもう子供の頃のMARFと、
今のもう、
MARF大人になって、
でマシュー・マコノヒーも、
あんまり宇宙の中だから年は変わってないけど、
もうその時間とかも、
全部ゼロの、
本棚の一枚、
こことここみたいな、
本棚の間挟んで、
こことここぐらいの、
あの距離まで近づいてメッセージを送る。
もうすべてを超越して、
そこにメッセージを送る。
あのシーンがもうめちゃくちゃ涙が出るんだよね。
未来の僕たちと愛
毎回。
すごい親子愛を感じてる。
俺ごめん。
丸ごと解釈が違うんだけどさ、
あれって別に、
マシュー・マコノヒーと、
MARFの愛で、
あれが奇跡的に起こったってシーンではないよね。
あれって。
モールス信号でつながって、
みたいな話って。
あれって、
奇跡的にっていうか。
映画内でも言ってたと思うけど、
未来の人たちが、
地球を救うために、
マシュー・マコノヒーに、
未来を改装するために、
あの空間みたいなのを、
俺たちが認知できないような、
技術で作り出して、
2人を更新させることによって、
人間の、
人類を救ったみたいな、
話だったと思うんだけど。
愛だといいなっていうのは、
あると思うけど、
あれはあそこの2人の、
力ではないと思うんだよな、
俺は。
なるほどね、
そういう解釈ね。
でも言ったら、
作中で彼らって、
ゼイって言ってたのが、
未来の僕たちだっていう、
言い方をしてたよね。
その人たちにも、
愛がなかったら、
ここで、
あの2人をつなげて、
人類を救おうっていう行為に、
そもそも至らないんじゃない?
って思ったけど。
愛ってこれって、
なんか、
それがかかる重要な、
ターニングポイントなわけじゃん、
あのシーンは。つまり。
あそこでミスったら、
人類の未来もクソもないから、
これまたパラドックスみたいな話になるからね。
未来が先か、
覚悟先かみたいな。
これもよくわかってないし、
難しいんだけど。
3次元の私たちには、
うまく言葉で説明できないんですよね。
言葉にできない領域のところの話だからな。
だから説によってはよ。
バック・トゥ・ザ・フューチャー・システムの、
『インターステラー』の壮大な世界観
世界観だとしたらさ、
過去に戻って、
例えば、
嫌な奴のお父さんとお母さんをぶっ殺したら、
その嫌な奴は、
元のところに戻ったときに、
存在しないみたいな、
そういう理論でやってたじゃん、
あの映画は。
それもね、
一説だと思うんだけど、
タイム・テロラベルに対する。
本当だとしたら、
マジで、
インターステラーのさ、
ブラックホールの中の、
マシュ・マコーの火と、
マーフの行進は本当、
人類が滅ぶか滅ばないかの、
マジのターニングポイントなわけじゃん。
バック・トゥ・ザ・フューチャー・システムで言ったら、
もしあれが起こってなかったら、
あの空間を作り上げた未来の人たちも、
たぶん全部消えちゃうんだよね。
いないからね。
あそこで人類終わり、
そこから先はみんなさよならってなっちゃう。
だから、
人に対する親切心というよりは、
自分であったりだとか、
人類という、
種族というか、
未来を守らなきゃっていう、
使命感というか、
みたいなのが強かったのかなと、
俺は思ったけどね。
それもめっちゃわかるんだよな。
それもめっちゃわかるんだけど、
でも、
俺の、
もう一つの解釈としては、
もう一つの解釈というか、
チャーリーのあれと似てるんだけど、
人類を救うっていう、
やっぱ目的、
そういう使命みたいなのは、
やっぱり持ってると思うんだけど、
なんで人類を救いたいのか、
っていうところで、
やっぱり家族がいて、
マーフとか、
お兄ちゃんとか、
息子娘っていう、
大切な家族がいて、
やっぱりその大切な家族が、
やっぱその、
人類滅亡っていうあれもあるけど、
やっぱ人類滅亡ってことは、
その大切な家族にもちろん直結していくわけで、
でもそういう、
愛と家族のテーマ
結構底があると思うんだよな。
娘を守りたいとかさ、
家族を守りたい、
で、俺しかその使命を果たせない、
っていうのはやっぱ、
宇宙に飛び立ってると思うから、
多分どっちもあると思うんだけどね。
だからそういうところでも、
その、
やっぱ家族とか親子の、
その、やっぱ大切な人をやっぱ
失いたくないというかさ、
高次元の存在と人類の存続
将来の人たちも、
家族愛とかいろんな形の愛があるからこそ、
救いたい、
これを存続させたいと思って、
やってる行為ってことだよね。
だからいろんな、
人類に対する愛と、
娘に対する愛と、
いろんな、
愛というより重いかな、
めっちゃ、
どっちもあって、
どっちも多分同じようなもんなんだと思うけど、
大は小を兼ねるみたいな感じで、
それも含めて、
すごいいいなって思ったんだよな、
あのシーンは。
私も、
そもそも、
マーフと、
スーパーの、あそこの親子愛が、
ある程度、ある一定の愛情が、
お互いにない限り、
あのモールス信号とかに気づくことが、
そもそもできないんじゃないか、
っていう。
お父さんだってやっぱり気づくからね。
私は愛につなげたいと思ってるし、
愛だと思ってるからそういうふうに解釈してるけど、
そんな感じかな。
今、カノン言ったのも、
マーフじゃないと気づけなかった。
時計を取りに来るって信じてたし。
そうそうそうそう。
知ってか知らずか。
ああなったのも、愛があったから、
すべてが、
こじつけのようになるかもしれないけど、
この人とこの人に愛があったから、
ここにここに愛があったから、
ああいうふうに全部が収まって、
ああいう形で人類が存続した、
っていう解釈かな。
そっち近いな。
どうでしょう。
俺はどっちかっていうと、
逆寄りではあるけど、
全部愛のおかげで、
丸く収まりました、
というよりは、
ざっくり言うと、
未来だか何だかの、
高次元的な存在、
未来の人間なのかわからないけど、
に、すべて操られて、
ガイドされて、
ああいう結末になったっていう。
なるほど。
思ってるのね。
でも、
ただこの映画の面白いところは、
明らかに、
愛の力、
最後は愛が勝つみたいなのを、
テーマとして、
組み込んでるわけでしょ。
うん。
結局どうしてこうなったかっていうのが、
わからないんだよ。
このアーギュメント自体がこの映画のポイントだと思ってて、
結局これは、
愛のおかげでこうなったのか、
それとも別の長乗的な、
高次元的な力のおかげでこうなったのかっていうのが、
わからないっていうところに、
ロマンがあると思うのね。
なるほどね。
なるほどね。
だから俺は、
これは絶対愛の力だなんて言いたくないし、
どちらかと言えば、
俺は、
高次元よりなんじゃないかな、
サイドではあるんだけど、
かといって、
愛の可能性を否定するつもりもないよ、
っていうのが俺の立ち位置かな。
なるほど。
オープンエンディングじゃないけれども、
みんなに問題提起をするみたいな。
そうそう。
そうだよね。
なんかそこのチャーリーのさ、
さっきの話にちょっとだけ戻るんだけど、
未来の
人類、
高次元の存在みたいなさ、
がガイドして、
あの二人をこう、
あの二人を選んだのかわからないけど、
そういう存在が
関わってる。
でも仮にさ、そういう存在が
いたとして、
その存在が、
地球を救おうとする意味ってなんなの?
みたいな。
なんかそういう、
俺がさっき言った話だね。
だから、
そうそうそう。
そこも俺、
愛っていう言葉にすると、
結構愛ってすごいさ、
なんか、
めっちゃわかりやすい言葉だし、
複雑な言葉だし、
なんかあれなんだけど、
結局何かの
意志、
地球を、
人類が滅亡していくかもしれない地球を、
こう、
救いたいと思ってるから、
一応メッセージも送ってるわけで、
何かしらそういう、
なんかわかんない大きな力が、
働いてるっていう風には、
このインターステラーで、
そういう設定になってるから、
そこにも、
すごい、
愛っていう言葉にすると、
あれなんだけど、
俺あんまり語彙力ないから、
そこにも、
もっと壮大な、
壮大な愛を感じるな、
みたいな。
とにかく、
壮大なものを感じてるという話だね。
めちゃくちゃ壮大な、
壮大なの好きだからさ。
でもわかるよ、わかるよ。
めちゃくちゃ壮大なの好きだからさ。
でもさ、今チャイルが、
なんかロマンあるよね。
チャイルが言ってくれたみたいにさ、
愛なのか、
何かしらの力によって、
こういう風に導かれたのか、
みたいな話したと思うんだけど、
私がこの作品で好きな、
シーンというかポイントというか、
具体的に言ったらセリフなんだけど、
一番最初の、
ほぼ冒頭のシーンでさ、
ポルタガイストが幽霊だっていう話をさ、
直託でするシーンがあるじゃない。
そこで、
あれはポルタガイストだって、
マフが言った時に、
幽霊だみたいな話になった時に、
クーパーがさ、
それをそのままで終わらせないで、
幽霊に踏み込め、
みたいなことを言うじゃない。
言ってたね。
もっと観察して、
調査をするんだっていうメッセージを、
マフに伝えると思うんだけど、
それが、
あの時のクーパーは、
別にこれから先に起こることを、
知ってたわけじゃないけど、
知ってた知らずか、
あの発言をしてて、
その発言をしたことによって、
この一連のさ、
出来事のきっかけにもなっているじゃない。
っていう発言が、
ちょいちょいこの作品の中に、
散りばめられてるというか、
意図してか、
何か大きな力が働いてたのか、
これが最終的に、
あのシーンに繋がったなって、
この発言がなかったら、
これがなかったなっていうのが、
いっぱい多分この作品の中に、
あったと思うんだけど、
それに私はすごくロマンを感じた。
特定のシーンではないけど、
そうそうそう、
そういうことって、
自分のさ、
人生に起こりうるというか、
それの連続だと、
最近思ってるから、
あの調査、
メッセージみたいな、
知らないはずなのに、
どこか潜在してきて、
気に入ってる自分が、
いるじゃないけど、
あれがね、たまらなく、
私感動する。
私の好きなシーンとさせてもらって。
なるほどね。
あるよね。
でもなんかそういう、
直感じゃないけど、
それこそさ、
あの、
畑仕事してて、
なんかこう、
行きの通勤の車の中で、
なんかソワソワするなって思って、
なんか忘れ物してないかな、
みたいな、なんかわかんないけど、
ソワソワしてて、
理由がわかんなかったんだけど、
畑作業中に、急に私、
今さ、
日本では物価高騰の影響で、
給付金が配られる件が、
今あると思うんだけど、
国民にね、
それの申請、
申請をしないといけない。
そっちまで行けない。
申請か。
エビちゃんがね、
申請しなきゃいけないんだけど、
っていう話をしたんだけど、
すっかり忘れてたんだよね、それ。
で、その忘れてて、
郵送を出さなきゃいけないってことを、
急に私、畑作業中にパンって思い出して、
あ、もしかしたら、
ソワソワの原因これかもって思ってて、
で、その後、
休憩時間に、
私なんかわかんないけど、急に、
思い立ってやったことがあって、
で、それっていうのが、
最近、一緒にね、
住む家を探してるんですよ。
旧拠点をね。
で、ここ最近、
調べたりとかしてなかったんだけど、
なぜかその休憩中に、
急にそれをしたくなって、
調べたら、
すごい良い物件が出てて、
今までこういう家だったらいいよね、
って話してた、
すべてを包括してる家が、
理想的な家が出てきて、
で、その給付金で、
引っ越しの作業とかに当てられるね、
って話を元々してたから、
あ、だから私さっき、
給付金のことを思い出したのかも、
っていうことがあって、
私は知ってか知らずか、
その行動をしたっていうので、
うわ、インターステラーみたい、
って思って、
あれだね、
マーフィーの法則だね、全部。
あー、そういうことだ。
なんだっけマーフィーの法則って。
あれだよ、
ジャム塗ったパンを、
ジャム塗ったパンを投げたら、
ジャム側が必ず下に落ちる、
イントロダクションと映画の魅力
法則のことだって。
バターじゃなかったっけ?
ジャムだっけ?
バターでもジャムでも何でもいいんだけど、
起こるべくして起こることは、
起こるみたいな。
あー、そうそう。
確かにそれもセリフで入ってたよね。
マーフの名前の由来なんだよな。
最初の方で言ってたけど。
引き寄せみたいなね。
引き寄せの法則みたいな感じかな。
なるほどね。
こうなるって思ってたら、
なるみたいなね。
そうそう、
それがすごく好き、私は。
なるほど。
結構多いもんね。
ちなみにチャーリーの好きなシーンは?
俺も普通に、
宇宙のとこかなって思ったんだけど、
好きなシーンというか、
それ抜きにするとしたらね、
ブラックホールに入っていくところ、
みんな好きなシーンだと思うな。
エビとかもちゃんと話してくれたし、
それ以外でいくとしたら、
俺も好きなシーンというか、
っていう話になるんだけど、
アンハサウェーの、
アメリアだっけ?
役もちょっと地味に、
面白いなって思うところがあって。
面白いね。
というのは?
結構なんか、
愛があの人もかかってくるでしょ。
何博士だっけ?
エドモンド博士みたいな。
エドモンド博士。
ハケツ。
ハケツって言った。
エドモンドハケツって聞こえたんだけど。
俺も聞こえたね。
ハケツみたいな。
私?
エドモンドハケツって。
そんな言葉ない。
そんな言葉ないけど、
面白いシリーズ。
面白いじゃん。
ハケツ。
はい、それで。
あのキャラクターの、
ハケツのキャラクターが、
キャラクターもそうだし、
置かれてる立ち位置もね、
やっぱ面白いと思ってて。
で、
愛に関するスピーチみたいなのさ、
ちょっとするじゃん、一回。
えっと、
なんか、
エドモンド勢に行くか。
そん時だっけな。
私たちがまだ
理解できてないだけで、
そういうパワーっていうのは
実際あるんだよみたいなのを
言うっていう。
具体的に何言ってたか忘れちゃったけど、
俺、
割と結構説得力のある
スピーチだったと思う。
確かに。サイエンティストなのに、
そんななんか、
結果がちゃんと出てないこと
言うんだっていうので、
いい感じ。
しかもあの宇宙の旅をねね通じてみたいな。
もともと個人の心情みたいなのも
あったと思うんだけど、
でも結構あそこで
突拍子もないことは言ってなかったと思ってて、
結構科学者の立場での、
愛という力、まだ
人間が理解できない力に対する
考えみたいなのも
言ってたと思ってて、
俺はこれを結構
納得できたし、
説得力あったと思う。
結構俺、あんまりヒッピーみたいなやつらがさ、
ラブ&ピースみたいにさ、
愛言葉みたいに
言ってるやつらが好きじゃないんだけど、
絶対そうでしょ。
そうそう。
だから、
それに反して、
この人の
愛に対する解釈みたいなやつは
俺の中ですごい
個人的にも一致するし、
いいなと思った。
で、置かれてる立場で言ったら、
その、エドマン堂だっけ?
ちょっと追っかける
という気持ちもあって、
言ったら、それも愛なわけじゃん。
その愛にちょっと動かされて、
命がけのミッションにね、
行っちゃうと。
で、一方、
お父さんのことももちろん愛してたわけでしょ?
そっちの方面の愛は、
割と切り捨てていくというか、
事実上、そうなっちゃってたわけじゃん。
で、さらにお父さん側のほうから見ると、
お父さんのほうは、
もうこの娘帰ってこれない。
確信した上で、
娘を送ってた。
人類の存続のためだけのために。
娘のことを愛してたとは思うんだけど、
あっちの博士に関しては、
娘への愛は、
いわば諦めて、
現存する人間への
愛とかも全部諦めて、
人間という種族の存続のためだけに、
全部を行ってたみたいな。
そう言って、子供は一歩越しで
怒ってるみたいな。
その二人に挟まれる、
アンハッサライというかね、
この立ち位置が面白いなと、
思ったね。
確かに。
なるほどな。
最後に、
握手したのが、
あの二人だったってわかるし、
私好きだな。
でもそれも、さっき
カノンが言ってたようなやつの、
一個みたいな感じだよね。
あれもこれも全部繋がってみたいな。
指先が歪んでる。
最後は?
接近遭遇だよって言った、
あの正体は何だったかって言ったら、
クーパーだったっていう。
そういうことだ。
あそこも最終的にさ、
敵対してたけど、
絆みたいなものが生まれて、
ある種の愛が、
二人できたわけだよね。
それで、
おかげで、
二人接触するっていうのが、
時空を超えて、
行われたっていうのが、
あのシーンの映像の、
見せ方が私的にはたまらなかった。
確かに。
ほんと見せ方天才ですよね。
ノーラン。
美しかったもん。
なんか本当にピュアな、
感じがした。
あの時のクーパーと、
反対側にいるアンハサウェイの、
姿っていうのはすごくピュアな感じが、
どうやったらあんな風に映像で、
表現できるのかなってすごい感心した。
絵の見せ方はやっぱり、
クリストファー・ノーラン、
すごいですね。
絵の見せ方。
素材にもやっぱり、
こだわるからね。
どうやったらいいか、
細かいとこ一個一個挙げてたら、
知らないけど、
でもやっぱり、
パッと見てすごいと思うから、
そういうところのやっぱ力があると思うね。
CGとかも結構、
他のSFとかに比べては、
CGが少なめに作られてるんでね。
極端にしかないね。
どこで撮ったんですか、あれ。
あの5次元の部屋ね、
前、Twitterかなんかで、
5次元の部屋の部分の、
撮影場面みたいな、
映像が流れてたんやけど、
ほんまにあれ、
CG全然あんまり使ってなくて、
ほんまにあんな部屋を、
セットにちゃんと作ってて、
クリストファー・ノーランと映画製作
それで撮ってるんでね。
クリーンってことですか?
いや、セットだよね、たぶんね。
セットなんだけど、
なんかすごい、
あの5次元の部屋を、
別にCGとかそんなに使わずに、
セットだけで結構作り込んでるみたいな。
入り込んだ部屋をちゃんと作ったってことだよね。
その中にちょこっとだけ動画を入れて、
ちょこっとだけたぶん入れてるんだけど、
あの部屋自体はちゃんと作ってるっていうのが、
めちゃくちゃすごいなぁ。
いっつもそうだね。
クリスタファー・ローランは、
昔のエピソードが好きな監督で、
CG嫌いなんだよな、昔から。
今もそうだし。
結構だから本物のやつにこだわる、
みたいな思考があって。
なるほど。
インターステラーで言ったら、
一個有名なエピソードだと、
宇宙じゃないんだけどさ、
地球のトウモロコシ畑あったでしょ。
あれ、
まず本物のトウモロコシ畑であることはもちろんなんだけど、
さらにやばいのが、
あれを1からトウモロコシ生やして、
嘘でしょ?
全員トウモロコシ畑に育てたんだ。
マジ?
全員燃やして、
最後に燃やす。
そうなんだ。
だってすごい、
何百エーカーとかの範囲ですよね。
100エーカーの森じゃないですけど。
プーさんが幸せに生活できるぐらいの広さの、
トウモロコシ畑を全部1から作って、
映画に使っちゃう。
砂嵐とかも、
もちろん土地買ったのはそうだし、
撮影用にトウモロコシ生やして、
砂嵐みたいなやつも、
手作りらしいよね。
音楽とハンズ・ジマー
手作りなんだ。
どこまでかわかんないけど、
あれ絶対飛んでますよね。
足してると思うんだけど、
俺が見たのは、
発泡スチロールじゃなくて、
人工的な素材の、
すごい細かいティッシュみたいなやつ、
でかい扇風機で飛ばして、
撮ったシーンとかもあったらしいかな。
そうなんだ。
結構、あれも本物、この映画も本物みたいなとこ、
あるみたいだね。
すごいわ。
本当に。
よくやろうと思うよね。
人間として、1人の人物としてめちゃくちゃ、
面白いよね、クリストファー・ノーランって。
メイドアドレスとかは思ってないんだよね。
発想は面白いね。
その他、皆さん、まだ話したい特定のシーンって、何かあります?
特定のシーン?
シーンっていうか、
私、音楽がめちゃくちゃ好きなんですけど、
あー、はいはい。噂のハンズ・ジマーじゃないですか?
そう、噂のハンズ・ジマーなんですけど、
これもデイビットがすごく好きで、
ハンズ・ジマーがね。
このインターステラーが出てた時に、
もう宇宙だし、ハンズ・ジマーだしって言って、
すごく興奮して、
私もハンズ・ジマーは彼の影響ですごく好きになったんですけど、
これがまたいいんですよ、このBGMがね。
っていう話。
エビちゃんとして音楽流れただけでどのシーンか分かるってさっき言ったやつ。
ブラックホールのシーンとかはめちゃくちゃ好きやからね。
私も好き。
ハンズ・ジマーが好きっていう話で、
でも全然日本に来ないんだよな。
あの人のライブ知ってます?
オランダでやりますよ、今年。
アルランドも1年に1回くらい来るよ。
そうなんだ。
あの人全部自分でも演奏するし、
ちゃんとずっと舞台にいるんですよね。
それであのハンズ・ジマーが、
なんかよくいろんな作品、
パイレットオブカリビアンだったり、
ダークナイトだったり、
いろいろ皆さん知ってる有名な、
デューンもそうだし、
知ってる有名な作品用のBGMもね、
サウンドトラックを手がけてると思うんですけど、
よくいろんな、
ん?
ごめん。
え、なに?
ブラックレイン。
この前やったやつ。
ブラックレインってあれ。
松田優作のやつ。
あれも結構しょぼいやつ。
よくいろんな人から、