1. Wheel of Films
  2. #048 スターシップトゥルーパ..
2023-09-14 2:19:32

#048 スターシップトゥルーパーズ (Starship Troopers)

⚠️このエピソードは「スターシップトゥルーパーズ (Starship troopers)」のネタバレが含まれています

💡今回はMarikoお休みです

【スターシップトゥルーパーズ (Starship troopers)考察トーク回】

金曜ロードショー常連の本作をワクワク楽しみにしていた人も多いハズ!
監督の本当の意図を理解している人は
あんまりいないと思うけど....😦
この映画好きでも馬鹿。嫌いでも馬鹿。
貴方はどちらの馬鹿ですか??

◆◆◆ Charlieが字幕なくても観てほしかった作品 | 少年Charlieのさらなる刺激の探求 | 作品情報 | 18時のお知らせ | ズィム教官!!! | 2人のお気に入りシーン言ってくよ | 男女でシャワーシーンの逸話 | エースのきらめきはバイオリン | カルメンのBI*CH具合い | 広島のエロい人達 | デズはちくびファースト | 巧妙に仕掛けられた罠達... | 軍国主義への風刺作品 | 原作は数ページ読んで捨てた!? | メディアコントロールの疑似体験をさせられてるかも!?!? | 実はナチ軍服 | バグ達可哀想 | ファンもアンチも原作も嘲る監督大好き過ぎるCharlie | ギターストラップで一歩近づいた話 | 陰謀的プロパガンダへの風刺も!? | 他にも罠に思える点 | 貴方はどちらの馬鹿ですか? | おすすめの映画 ◆◆◆

Wheel of films SNSアカウント💁

Instagram
https://www.instagram.com/wheel_of_films/

Twitter
https://twitter.com/wheel_of_films

Facebook
https://m.facebook.com/100086441868460/


Summary

『スターシップトゥルーパーズ』は1998年に制作されたアクションSF映画であり、オランダ人監督のポール・バー・ホーヘンが引率しています。物語はジョニー・リコという主人公の冒険と戦闘を描いており、彼の友人たちや恋人たちとの関係も重要な要素となっています。地球を襲撃する昆虫型異業生物に立ち向かう若者が描かれた『スターシップトゥルーパーズ』。物語は高校卒業後、宇宙海軍アカデミーに入隊する主人公の過酷な訓練や敵地への乗り込みを通して展開していきます。映画は原作小説もあり、特に表現の仕方や放送演出がファンを魅了しています。このエピソードでは、『スターシップトゥルーパーズ』という映画について話し合います。映画のグロ描写やキャラクター、近未来の演出について詳しく語られます。ディストピアかつユートピアみたいな軍国主義の世界で、徴兵しないと市民権が得られず、英雄的な戦死を遂げることで市民権を得ることができます。カタリーナやザンダーなどのキャラクターが登場し、各シーンがユニークで印象的です。かっこいいセリフ系でカールが出てきます。カルベンは軍隊に初登場します。エースのキャラが好きです。カルベンは決めていました。ディズに愛されていることを思いました。ディズと一緒になれたのは救いです。デズの死に際には、デズのことしか考えていませんでした。リコがかわいそうです。キャラがみんないいです。カルベンは強かったです。1950年の小説を原作とする映画『スターシップトゥルーパーズ』は、オランダのナチス占領時代を背景にした風刺映画です。この映画は楽しく観られる娯楽アクション映画として作られていますが、その中に風刺がふんだんに織り込まれており、ナチスの軍国主義や現代の軍国主義をバカにしていることを明らかにしています。実際、戦争のPR映像とかって、あんな感じで本当に当時ね、わざとらしかったりするから。なるほどね。戦争万歳みたいなね。...田に落ちたわけですが、別に隕石が本当に向かってきてなくてもさ、メディアでコントロールできちゃうじゃないですか。向かってます。虫が飛ばしてきましたって言ったらいいわけですね。前情報なしで観ると罠が多すぎて判別が難しい『スターシップトゥルーパーズ』について、続編や監督の意図、SF映画のニュースタイルについて語られます。アメリカの映画『ザ・シング』は、南極のアメリカの基地で起こる犬の正体を解明する物語であり、スターシップ・トゥルーパーズとはグロ描写やモンスターの演出の部分で共通点があります。スターシップトゥルーパーズはホラー要素も含んだパニック映画であり、古い映画ながらもノスタルジックな魅力があります。SFホラー作品の金字塔として影響力が強く、真面目に作られた映画が最近減ってきていることが残念です。

『スターシップトゥルーパーズ』の概要
こんばんは。
こんばんは。
Wheel of Filmsは、同じ学校出身の3人、マリコ、カノン、チャーリーが、少し大人になって、全く違う境遇から、映画の紹介・感想・考察をしていく番組です。
番組を聞いて、次に見る映画や、あの映画の考察の参考にしてみてください。
今日の映画は、スターシップトゥルーパーズです。
今回の映画は、好きなネタバレを含んでいます。
まだ見ていない方は、作品を鑑賞してから番組をご発表ください。
SNS各種よろしくお願いします。
Twitter、Instagram、Facebook、コメントとか待ってます。
お願いします。
ハッシュタグWOFレビューで見つけられます。
頑張ってください。
お願いします。
アップルポッドキャストもよろしくお願いします。
コメントできます。
以上かな。
何したの?
噛み噛み。
噛んでた?噛んでたかな?
噛むとかいう次元じゃない?
もごもご。
ところどころ詰まったかなと思ったけど。
いいでしょ。
わかるでしょ。
毎回読んだからさ。
逆にこんなに何回も読んでるのに、
一向にみんなうまくなる。
ならないね。
難しいのかな?
割れながら、言いづらい文章を考えてしまったんだなと思ったわ。
言いづらいよこれ。
どこかとは言わないけど。
そうだね。
ゲストのほうがいつもそらそら読んでくれる。
そうだね。
もう一回みたいになってるよね。
そう、一回ってなってる。
別に緊張とかもしないもんね。
しないしない。
噛んだら噛んだで、どれ高だろうみたいな。
どれ高だろうって思ってないけど。
開き直りあるよねちょっと。
あるあるある。
今回もね、まりこはまだお休みです。
今日も二人でやっていきます。
そうだね。
今回は、
俺が選んだ絵がスターシップ・トルパイソンね。
うん。
カノではないなってわかると思うけど。
そうだね。
活かしてもらいましたね。
うん。
いやー、見たよ。
見たね。
見たけど、
なんでこれの話したかった?
いやー、これね。
なんかさ、いつも朝、
ずっとやりたくてね。
あ、そうなの?
うん。
なんかチャーリーなんかないの?みたいなさ、
やりたい作品ないの?って、
結構いつも、いやーどうしよっかなーみたいな感じでさ、
なんか何本か候補出てきたりとかして、
この中からどう?みたいな。
多いけど、今回は割と即決でさ、
もうこれ、みたいな。
あ、そうそうそう。
そう、でしかも、
これサブスクでディズニープラス以外に見れなくて、
うん。
だから、サブスクにないってなって、
いつもだったら、
サブスクになかったら、
こう違うのにしてくれてたんだけど、
うん。
VPNとか使ってね。
そうそうそう。
で、やったら、字幕はついてないけど、
見れるんだけど、
それじゃ無理かなーみたいな、
言われて。
英語音声の字幕なし。
そうそう。
で、見れないって言われて、
うん。
なんかずいぶんゴリ押しだなーって思って。
そう、なんか私もさ、
もう久しく字幕なしで見てないから、
結構自信なくてさ、
そうそうそうそう。
まあでもなんか、
すごい難しそうな感じでもなかったし、
うん。
なんかチャーリーも細かいセリフとかを、
別に分かんないからと言って、
分かんなくなる映画じゃないって言ってたから、
じゃあたまにはちょっと見てみるかと思って、
うん。
字幕なしで、
見ましたよ、なんかゴリ押しだったから。
いいじゃないですか、たまにはね。
うん。
英語の勉強にもなるし、
まあそうね。
まあ、そんなこんなでね、
うん。
ちょっと無理して、
見てもらった、
ゴリ押しの。
はいはい。
いやなんか、前からやりたかったんだけど、
うん。
ちょっと、
最近、なんかこういう系の映画、
あんまりやってなかったなと思って、
まあこういう系の映画あんまり、
このポッタキャストでやんないじゃん、そもそも。
そうだね。
そう、だからちょっと、
この流れの中一回、
なんか一回、
これぶち込んでこっかなと思って。
なるほどね。
SF自体も久々じゃない?多分。
まあそうだね。
ね。
まあ今までやったSFとは全く、
違うタイプの。
違うしね。
まあ俺がこういう系って言ってんのは、
あれだよね、
地上派で楽しみなやつ系、子供の時。
あー。
って感じなんだよね。
あー、なるほどね。
そうそうそう。
で、そういう系の中では、
うん。
一番好きだな、俺な、スターシップトリーパーセル。
そうなんだー。
当時、一番好きだったもんね。
へー。
あのー、
なるほどねー。
なんかまだ作品紹介もしてないけどさ、
うん。
まあ大体、地上派の金曜ロードショーとか、
うん。
あれ好きだったんだけどさ、俺は。
はいはい。
子供の時かな。
うん。
子供の時は、まず一番最初好きになるのって、
うん。
ハムナプトラ2と、
あー、はいはい。
ターミネーター2なのよ。
はいはいはい。
これがまずね、一番テンション上がるんだよね。
どっちも2なんだ。
2がいいね、両方とも。
うん、どっちも見たことないけど。
うん。
これがもう、今週の金曜テレビでやるよってなると、
もう楽しみで楽しみで、しょうがないわけですよ。
おー、そうなんだ。
ただこれに出会うのが、小学校、低学年ぐらいだったね、俺はね。
うんうん。
ちょっと怖いね、やっぱり。
ハムナプトラもターミネーターも、
人知れな人知ってるし。
ただの子供向けのハッピーなやつじゃないってことね。
そうそうそうそう。
で、小学校、低学年だったらまださ、ギリさ、ドラえもんの映画見ててもおかしくないでしょ。
うん。見てるでしょ、全然。
俺も全然ドラえもん見れたけど、こっちはこっちでそのスリルを楽しむというかさ。
なるほどね。
ちょっとなんか、怖いもの見たさというか。
はいはいはいはい。
のもあってやっぱ楽しかったわけ。
なるほど。
で、ちょっと小学校ね、4年生とか5年生とか、高学年になってくると、もう慣れてきちゃうわけね、その刺激に。
なるほど。
怖くないのよ、ターミネーター、ハムナプトラ。
はいはいはい。
で、その辺でスターシップトゥルーパーズに出会うのね。
おー、なるほど。
そしたらもうね、世界変わるわけよ、やっぱり。
あの、さらなる刺激。
なるほどね。
そう、もっとグロいし、えっちだし。
あー、たしかに。
そうそうそう。
あー、たしかに。
まあ、ハムナプトラもターミネーターも好きなんだけどね、まだ。
でも、これ超えるやつじゃないなって思ってたら、そこにちょっとランクインしてくる、もうカミスリーに。
カミスリー。
地上波カミスリーに今入ってきてるよね、やっぱり。
なるほどね。
うん、ということでね。
はーい。
それをやりたいなと思って今回持ってきました。
で、少年チャーリーが心躍る映画を今日はやるってことですね。
うん、そうですよ。
監督やキャスト紹介
うーん、なるほどね。
じゃああの、とりあえず作品紹介からいくわ。
はいはい、お願いします。
はい。タイトルがスターシップスルーパーズですね。
うん。
現代も確かスターシップスルーパーズ。
うんうん。
で、制作年は1998年。
うん。
俺とカノンは当時4歳でした。
4歳、うん。
同年代の映画としては、タイタニックとか。
あー。
SFで言ったらエイリアンの2かな。
はい。
とかがその辺らしいですね。
はい。ジャンルはもうアクションSFね。間違いなく。
うん。
はい。作品時間129分。2時間ちょっと。
割とあったね。
まあそうだな。結構金かかってる対策だからさ、当時にしては。
そうなんだ。うんうん。
だからまあそんなもんかなって感じだね。
うんうん。
B級とかの90分みたいな感じの人ではないと。
なるほど。
で、監督、ポール・バー・ホーヘン監督ですね。
この人ね、オランダ人なんだよね。
うん。
俺もこの前何年かぶりに見て調べて、オランダ人なんだってなったんだけど。
うんうんうん。それっぽい名前だね。
そうそう。個人的にやっぱり、あれよね、感じるよね、つながり。
ああ、そうだよね。ワイフがオランダ人だからね。
そうそうそう。
うんうん。
で、他の有名な作品は、トータル・リコールとかね、昔のやつ。
うんうんうん。
しおちゃん、火星のやつとか。
うん。
あと、ロボコップ。
ロボコップ。
はいはい。
あと、氷の美少とかね。
はいはい。
結構有名なところ、やってます。
うん。
で、脚本が、エドワード・ニュー・マイヤーっていう人。
はい。
で、調べてみたところ、なんかポール・バー・ホーヘンとやってるみたいで、ロボコップとか。
うーん、セットなのね。
そう、トータル・リコールも一緒にやったのかな。
うんうん。
そういう感じがする。
はいはい。
で、次、キャスト紹介しますね。
はい。
するんだけど、出てる映画知りたい?
え?なんで?
俺、全然調べてないんだけどさ。
なんか、パーッとね、見たんだけど。
そんなに有名そうなのがない感じだったよね。
主要系のキャストは、リコとかさ、デズとかカルメンとかはね、あんまり出てなくて、クソつまんなそうなやつしか出てなくて、
マジで、クソしょうもない感じの映画ばっかり出てて、
ほんとに冗談抜きで、出てる映画見てたら、赤ずきんvs狼男とか、スパイダーvsマンとか。
あー、まあ、戦ってはいるのね、常に。
そう、スパイダーvsマンやばくない?
やばいな。クモと人間ってことでしょ。
そう、センスありすぎだろ。
センスない、逆になる。
逆に、みたいな感じだったんで、名前はね、
紹介するまでもないぐらいな感じなんかな。
名前は紹介するけど、リコ、主人公ね、ジョニー・リコ、キャスパー・バンディーン、
これもたぶん、バンって真ん中に入ってるから、もしかしたらオランダ関係かもしれないね。
バンってつく名前って、めっちゃ関係ないけど、先祖が昔々貴族だった人らしいよ。
あ、そうなの?貴族って、俺はバンってつくとオランダの由来あるんだよと。
オランダの貴族だったんじゃない?貴族家系。
かもしれないね。
エリー・ヴァンヘイレンとかね。
ヴァンヘイレンも。
そうそう。
オランダ系かもね、この人も。
監督もオランダ人だからあり得るよね。
白人だし、分かんないけど。
次、デズ・ティジー。
第二の恋人と言いますと。
リコのことが好きな。
好きで好きでしょうがなかった女の子ね。
俺の推しね。
あ、そうなんだ。
ヒロインですね。
次、このビッチ・カルメンね。
ビッチだったね。
かわいい顔してビッチだったね。
こいつも、都合のいいように使ってさ。
たぶらかしてたね。
たぶらかして、かわいそうにデズ。
綺麗だったけど。
名前はデニーズ・ディチュアスですね。
こいつもしょうもない映画ばっか出てましたね。
ワイルドシングスとかこの人じゃない?
分かんない分かんない。
でも確かに、上の二人と比べると、まともなやつも確かあった気がする。
このデニーズ・ディチュアスはね。
これも特徴あるし、けっこう。
しょうもないホラー映画や、アクション映画。
あと、ラブコメとか、その辺に出てる印象でしたね。
物語の要素と展開
ぽつぽつ見たことある映画もあったかなって感じだった。
で、次、エースだね。
私、エース好きだわ。
そう、俺もエース好きなんだよな。
エースいいわ。
エース、キャラいいよね。
いいキャラしてるわ。
最初、嫌なやつかなと見せかけて、
常にね、リコの肩を持つんだよね。
寄り添う感じで。
ちょっと変なチョコだしな。
こいついいキャラしてたな。
いいキャラしてた。
ジェイクビューシーなんだけど。
ジェイクビューシー。
これ、なんか見覚えあるなと思わない?
いや、思った思った。
このポッドキャストでね、やってるんだよ。
やってるよね、たぶん。
まあ、主張意訳、脇役なんだけど、
なんと、くしくも、俺らがやった最初のSF映画かな。
ガタカノゴサキか。
あ、ごめん、コンタクトだわ。
コンタクトに思い出した。
思い出したー。
あの宗教側のトップみたいな、
ロンゲの金髪のやつね。
爆弾持って宇宙ステーションみたいなのをね、
破壊するカルトリーダーみたいなやつでしたね。
あいつかー、見たことあんなと思ってたんだよ。
そうそうそうそう。
制作同士も近いから、はずだから。
うん、そんな感じするね。
見た目も、たぶん、だいぶ違ったけど、
まあね、特徴的な顔してるし、
感じだね。
なるほど。
で、あとは、
ここ、書くの忘れたけど、
カールっていうさ、
カールね。
友達いたでしょ?
そう、サイキックのカールね。
あの人、なんていうんだっけ名前、
ニックなんとかなんだけど。
あの人も、結構見たことある顔だなと思ってた。
あ、そう、結構ね、出るね。
ね、ちょいちょい出てくる感じが。
そうそう。
俺は一番印象あるのは、
ドラマでね、
How I Met Your Motherっていう、
あー、あのー、
あ、知ってる?
500日のサマーの人、なんだっけ、
分かるよ、
How I Met My Motherの、
500日のサマーの女の子が主人公のやつでしょ。
え、500日のサマーの女の子って、
あれ、ちがうっけ、
でも、How I Met My Motherは分かるよ、
コメディドラマでしょ。
そうそうそう。
昔のやつなんだけどね、
俺は前シーズン見たんだけど、
あ、そうなんだ。
そう、主要キャストの一人ですね。
はいはいはい。
バーニーっていう、
ちょっとチャラ男みたいな。
いましたね。
ニール・パトリック。
ニール・パトリック・ハリス。
はいはいはいはい。
という人です。
500日のサマーって、
ZOEなんて書いてなかったっけ?
あれ、How I Met My MotherはZOEじゃないんだっけ?
ZOE・デ・シャネルだよね。
ZOE・デ・シャネルじゃない。
あ、そうそうそう。じゃないか。
あ、それはニュー・ガールだ。
混ざりました。
まあ、でもこの人も特徴的な顔してるよね。
そうそうそう。
はい。
これ、スプレッドシートに書くの忘れてたけど、
この人も出てますよと。
はいはいはい。
で、あと、
俺これ結構みんなキャラ好きだからさ、
いっぱい紹介してるけど、
あと、ラズ・チャックね。
ラズ・チャック先生。
片腕ない先生。
片腕ない先生。
そうそうそう。片っぽが鉄の腕の人。
はいはいはい。
この人の名前、マイケル・アイアンサイドって言うんだよね。
アイアンサイド。
すごいね。
アイアンサイド。
だからアイアンサイドなので。
って思っちゃうよね。
すごいね。
かっこいいですね。名前がマジで。
片鉄ってことだよね。
そうそう、片鉄。
えー、はいはい。
ジャック・ニコルソンに顔が似てらっしゃいますね。
あー、確かにね。
うんうん。
私、一瞬、ジャック・ニコルソンの昔なのかと思っちゃった。
そうそうそうそう。結構似てるよね。
結構似てる。
うん。
で、まあ、この人も結構キャリアあって、
うんうん。
トップガンのね、最初のやつとかで、
教官役やってたりだか。
あー。
教官やりがちだね。
教官やりがちなのね。
まあ、そうだね。
似合うしね、やっぱり。
うんうん。
あと同じ監督のトータル・リコールとか。
はいはいはい。
まあ、出てます。他にもその他もろもろって感じですね。
はい。
はい。だから、この中では結構大物かな。
1パースから10パースの中でも。
そんな感じするね。
うん。
多分一番の大物といっても過言ではないと思います。
うんうんうん。
うん。
で、最後に地味に俺が好きなジム教官ですね。
あのー。
あのー。
最初に出てくる教官ですね。
あれだよね。リコが鞭打ちの時とかに、
あー、そうそうそうそう。
これに加えとけよっていう人だよね。
あそこもいいよねー。
その人ですね。
はいはいはいはい。
俺も、俺は知ってるからってね。
うん。
聞くからさってやつ、ジム教官。
ジムも鞭打ちされたことあんのかなって思うシーンだよね。
そうそう。
そうそう。
ジムのペコがチラ見にするシーンね。
チラ見にするシーンね。
うんうんうん。
この人の名前は、クランシー・ブラウンですね。
はいはい。
うん。
この人はいろいろ出てるけど、
俺が印象深かったのは、
あれだな、ショーシャンクの空にで、
ちょっと、
あー、いたっけ?
嫌な刑務官役。
あー、やっぱそういう系になるんだね。
顔がね、意地悪だからね。
やっぱり。
怖そうな顔してるもんね。
うん。
結構印象あるな、俺は、
ショーシャンクの時に。
なるほどですね。
はい。
といった感じでね、
他のキャラも行きたいところだけど、
まあ、主要といえばこんな感じですかね。
そうだね。
今日はこの辺にしといてやろうかな。
うんうん。
はい。
で、次、受賞歴ね。
はい。
これも調べてません。
ないでしょ。
スプレッドシートの受賞歴の欄に、
ないでしょって書いてある。
まあ、どうせないからね。
なさそう。
あ、でもあの、
昨日見たYouTubeのビデオだと、
アカデミー賞の撮影技術賞みたいな系のやつに
ノミネートはされたらしいね。
まあまあまあ、
なるほどなって感じだね。
そう。
さっきも言ったけど、
結構映像に関しては98年のCGにしては、
他のいっぱい使ってるし、
結構やっぱね、比べるとわかるけど、
映像に関しては、
98年のCGにしては、
確かに。
他のいっぱい使ってるし、
結構やっぱね、比べるとわかるけど、
クオリティ高いね。
うんうんうん。
さっき言ったけど、
同じSFアクション映画で、
アイリアン2ね。
同時期に、
同じSFアクション映画で、
結構お金もかかってる、
アイリアン2ってやつがね、
はいはい。
出てるんだけど、
もう遜色ないもんね、比べたら。
あ、そう。
で、そんぐらいのトップセンスに
入るぐらいのやつでした。
あ、かけたね。
お金はかかってるし、
技術も使われてますよと。
はいはいはいはい。
で、評価だね。
うん。
これ、フィルマークス3.7っていうね。
高いね。
いいよね。
高い高い。
たぶん、
こいつらも金曜ロード商法制が
たぶんだいぶかかってるんだろうな。
そう、なんか、
フィルマークスのレビューみたいのをさ、
見てたらなんか、
みんな長文でさ、
いかにこれが良かったか好きかみたいなのを
グワーって書いてる人がなんかいっぱいいて、
好きだよね、みんなね。
なんかファン多めのやつなんだなって。
そうそう。
俺も知らなくてさ、けっこうさ、
そんなに、
なんか有名っていうか、
人気あるんだと思って。
うん。なんかみんなすごい語ってるからさ、
これ。
そうそう。
それがね、今回、
ポッドキャストやりたかった理由でもあるんだけど、
なるほど。
意外とちょっとこの映画ね、
語ることあるんですよっていうね。
そう、私、
ほんとこれ見て、
うん。
なんでチャーリーこれやりたかったんだろうみたいな、
しかもゴリ押しで。
なんか喋ることあるかって思って今日聞きました。
あー。
じゃあ全然自分で調べたりとかもしてないよね、
この映画のについて。
してない。
あー、オッケー。いや、それはもう完璧ですね。
ちょっと。
その、レビューさえも、
この長文がいっぱい書かれてるってことだけ、
把握してるけど、
内容は読んでない。
あー、完璧だわ。
うん。
今日ちょっとそこをね、
ご紹介させてもらえたらなっていうのがあるわ、まず。
うん、楽しみですね。
うん。フィルマーク3.7ね。
はい。
で、ロッテントマトは、
トマトメーカー、トマトメーターと、
あとオーディエススコア、
70パーセントですね。
初めてだね、このパターン。
万丈一中、70点。
うん。
という形になっております。
面白いね。
まあ、そんなところね。
で、じゃああらすじ読んじゃうよ。
はい。
地球を襲撃する昆虫型異業生物
地球を襲撃する昆虫型異業生物。
軍役につけば市民権が得られる世界で、
青年は高校卒業後に恋人を追って、
宇宙海軍アカデミーに入隊する。
過酷な訓練が続く中、
故郷を壊滅させられた彼は、
機動歩兵として敵地に乗り込んでいくと。
なんか、
いつもと
熱量がちゃんと違うね、読むときの。
うん。
いや、これほら、
熱い話だからさ、やっぱり。
生き生きと読んでたね、今の。
うん。
今までになく。
熱い話だから。
うん。
うん。
熱い話だから。
熱い話なんだー。
うん。
そっかー。
ということでね、
補足情報としては、
原作小説とファンの魅力
原作があるらしいよと。
あー、そうなんだね。
1950年だから、
そんぐらいの小説。
うーん。
が一応原作として預かれてるらしい。
映画の権利も買ってますね。
ふーん。
はい。
はい、そういうことでね。
いや、まず、
うん。
かながわの音楽を一緒に聴きたいかなー。
いや、
うん。
ちょっともう察されてるかとは思うけど、
うん。
なんかね、
初めてのパターンというか、
お、初めてのパターン?
なんかまあ、
うん。
まあ、いいっちゃいいし、
うん。
悪いまでいかないけど、
まあ、いいっちゃいいし、
別にまあ、いい、悪くはないけど、
みたいな感じ。
うん。
あ、でもなんか、
なんか特に、特にいい?みたいな感じ。
なるほどね。
うん。
まあ、ただ、
そのやっぱ、黒描写とか、
うん。
が、の表現の仕方が、
一定のファンがいるのは、
すごく理解できる。
理解できたからね、結構。
そう、そうそうそう。
だし、あのー、
なに、フェデラル、
なんちゃらだっけ、地球連邦軍っていうのかな?
みたいなやつね。
放送みたいな、
ああいう演出とかも、
なんかこう、
ウジューライクというのを思わせるやつね。
そうそうそうそう。
あの、クリックするみたいなさ。
なんかこう、ワクワクする人がいるんだろうなっていうのは、
すごくわかるけど、
なんか私の心は、
潜られなかったって感じ。
まあまあまあ、そうだよね。
うん。
あ、でも、なんだ、
すごい拒否反応みたいなのを、
得てるほどではなかったんだ。
なんかちょっと下手したら、
俺、なんかあの、
300のときみたいな感じでさ、
もうなんか、
そう、見てらんないわってなるくらいになって、
もうおかしくないかなと思ったんだけど。
スターシップトゥルーパーズの特徴
いや、そんなことはなかった。
そんなことはなかったか。
うん、なんか割と、
なんか、
今まで、
ああいう類のグロい、
ああいうモンスター出てくるとか、
ああいうグチャービチャーみたいな、
やつの映画も、
結構何本か見てきてて、
まあね。
そう、そのたび、
なんか、うーんって思ってたんだけど、
うん。
なんか意外と、
なんかまあ、
あのグロ描写とかにちょっと、
ちょっとだけゾクッとするところが、
ああ、なるほど。
なくもなかった。
だから、なんか嫌いには全然なれないけど、
かといって、なんかものすごい、
くすぐられることもなく、
終わったって感じかな。
なるほどね。
そのちょっとグロ、
グロ描写みたいなところに、
まあ、魅力というか、
まあ、過激だからね。
結構、普通だった。
ゾクゾクポイントは、
見出せたって感じ。
なるほど、なるほど。
うん。
なるほどね。
いや、俺はね、これね、
さっきも言ったけど、
子供の頃からマジで大好きでした。
まあ、でも、
確かにさっきチャーリーが言ってた、
さらなる刺激っていう意味では、
その子供の時のチャーリーの気持ちを思ったら、
なんかすごい理解できた。
そうそうそうそう。
うん。
いやー、ほんとに好きだったなあ。
うん。
ああ。
多分、そういう人多いんだろうなあ。
そう。
まあ、このさらなる刺激がどうっていうのもね、
まあ、もちろんあるけど、
うん。
あの、やっぱ、
普通にストーリーも好きだったね、俺は。
なんか、展開というかさ、
なるほど。
あの、ちょっと、
うるさいな、この、
何時のかな、これ。
6時になりましたよ。
6時になるんだ。
うん。
懐かしいけど、この、
そう、なんかさ、農業してるとさ、
多分、農業、
うん。
農業地帯あるあるなんだと思うんだけどさ、
うん。
なんか、一定の時間で毎日、こう、鐘が鳴るんよね。
まあ、鳴るっしょ。
え?東京って鳴らないの?もしかして。
いや、あの、5時のさ、
うん。
カラスが鳴いたら帰りましょうはあるけど、
まあ、うんうん。
そう、1日4回鳴るんよ。
あ、そこの田舎ではってこと?
うん、この地域は。
そう、11時に金婚観光1回鳴って、
12時に、多分お昼ですよーの、
なんか、
ちょっとリラックスっぽい、
なんか、メロディー流れて、
で、5時に多分、就業。
だいたいみんな5時ぐらいに仕事終わるのか、
うん。
もしくは、帰りましょうのあれなのか、
もう1回チャイムが鳴って、
6時に帰りましょうなのか、
就業なのか分かんないけど、
今の音楽が流れるって感じ。
うーん。
そう。
そんなのあるんだ。
5時にあって6時にも鳴るのね。
そう、11時になって12時にも鳴るのよ。
いる?
いらなくない?
まあ、でも、
6時は、
私5時に仕事終わるからあれだけど、
うん。
11時と12時は、
なんかこう、11時になって、
あ、あと1時間頑張ったら、
仕事終わるみたいな感じの、
コブ。
コブのチャイム。
あと1分だぞ。
あともうちょっとだぞっていうので、
曲は何流れるの?11時。
11時は、たぶん普通にチャイム、
キンコンカンコンみたいな感じ。
キンコンカンコン。
それ聞いて、うわーってなるんだ。
あと1時間だ。
あと1時間で頑張ろうみたいな。
で、12時にリラックス音楽流れて、
あ、やっとご飯食べれるってなって、
なるほどね。
お腹いっぱいになれるって感じ。
で、6時はちょっと謎。
うん。
それはないね。
ね。
俺の地域でも、やっぱ5時だけだよね。
5時だけだよね、普通ね。
俺の地域では、シューベルトの
ノバラっていう曲が流れるんですね。
あ、なんか懐かしいね、ノバラって。
うん。
音楽の授業で習うような。
そうそうそう。
うん、どんなんだったか忘れたけど。
なんでかはわかんないですけどね。
バラ園があるんだよね。
なるほどね。
俺の地元。
はいはいはいはい。
まあ、そんな話はいいとして。
うん。
まあ、とにかく好きだよとね、この映画、子供の頃から。
うん。
なんかわかりやすいんだよね。
やっぱ子供的にもさ、
あ、まあ確かに。
あの、いかにもアメリカの感じのさ、
あのバタキ性、なんか、
展開っていうかさ、
うんうんうん。
さっきも言ったけど、
ジム教官が、
うん。
あのね、すげえなんか、
まあよくあるさ、ミリタリーのさ、
怖い悪いね、
あのフルメタルジャケットを彷彿とさせるような、
そう、思った思った。
そうそうそう、教官かなと思いきや、
うん。
あの、ムチ打ちのシーンではね、
噛んで、ちょっと踏ん張るやつを渡してあげてさ、
これ噛んだっけ、みたいな。
すげえなってね。
そうそうそう。
ジム教官みたいなね。
うんうんうん。
やつとかさ、ジム教官で言ったら、
あの辞書を破るとことか、
俺めっちゃ好きなんだよね。
あー、あのジョニーが、
そうそうそうそう。
やめるって言ったけど、襲撃されてやばいから、
やっぱり、やめるのやめまーすのときだよね。
そう。
でもお前この辞書もうサインしてんだろって、
ジムより上の教官にもね、言われてね。
言われて。
でもやめません、みたいな。
うん。
おい、リコ!
このサインはお前のサインか?
って言われて。
リコが、もう違います!
これは俺のサインじゃありませんって言ったら、
あ、違う。最初、そうです!って言うのか。
これは俺のサインだぞ。
いや、覚えてないな。
みたいな風に言ったらジムが、
いや、このサインはお前のサインには見えないなー。
女性役所は向こうだ!ビリビリビリビリーって言って。
来るなんて戻らないよ!って。
いや、さーって言っておられて。
そういうのがいいね。
そこ響いてたんだ。
リコとジム教官の関係
そうそう。かっけーってなるね。そこは。
かっけーなんだ、そこは。
かっけーってなるね。
なるほどね。
共感みたいになるんだ。
そうそう。生きることするねーってね。
なるほどね。
いろいろ破っていく感じのね。
そうそうそう。めっちゃいいわ。キャラがみんなね、いいんだよね。
そうだね、キャラはみんな立ってたね、それぞれ。
みんな好きだもん、俺。
あ、そう。
みんな好き。俺もね、俺これ滅多に怒らないんだけど、
この映画のキャラほぼ全員覚えてるからね、名前。
確かにいつも名前適当だもんね。
今でも。
名前みたいな。
脇役まで全部覚えてるから。
あ、そう。
好きなんだよねー。
好きなキャラの話する?
好きなシーンある?
好きなシーン、ちゃんとメモってきましたよ。
その辺からちょっとまず、なんか小難しい話する前にさ、
ちょっと付き合ってよ、俺のこの。
いや、もちろんですよ。
好きなシーン教えてよ。
え、じゃあ、ザーッとリストアップしたの言ってっていい?ひとまず。
うん。
まず、序盤のバグを解剖するシーン。
あ、そこですか。
もう良かったし、
ちょっとこれ細かい指摘になるけど、
ジョニーがシティゼンになる。
字幕だと何出てるかわかんないけど、軍隊に入る。
そうね。
で、お父さんとお母さんがそれを知って、
お前正気かー?みたいななるシーン。
あったね。
で、お父さんとわーって言い合いになって、
でもこれは俺が決めたことだからー、みたいな。
あーそこね。
感じで言った後にバタンって、
あのドア、ガラスのドアが閉まって、
そのドア越しに今度はお母さんが映る。
鏡祭り的な。
ワットライズ・ヴィニース式のね。
そうそう、式のヴィネキスをちょっと思わせる。
この映画に、この映画にヴィネキスを言い出してたの。
お!ってなったあそこ。
あ、そういうことする?みたいな。
なるほどね。
確かに。
お!ってなった。
俺もちょっと思ったな、確かに。
そういうことすんだ、みたいな。
それ以外、あそこ以外特にそういうのはなかったけど、
なかったね。
そう、なぜかあそこにだけ、
ああいう演出が採用されていたという。
ね、あそこもね。
そうそう。
あとは、地球連邦軍の放送みたいので、
なんか、君がもし、ちょっと字幕わかんないけど、
SF映画の魅力と設定
もし、その超能力者と思うんだったら、
きっとそうだ、みたいになって、
なんか開いてピカーンってなるシーン。
ああ、あそこ。
うん、なんかあそこの演出好きだった。
ああ、なるほどね。
うん、なんかあの目、第3の目パカッて開いて、
あの光ビャーンのシーンが、なんか意外となんかちょっとクオリティ高めというか。
なるほど、俺はちょっとそこ何とも思ってなかったな。
あ、そう。
うん。
なんかあれが、おーおーおーってなった、なんか。
ほうほうほう。
あとは、これ前もちょっと何かの回で話したけど、
この90年代ぐらいのSF映画が描く、なんか近未来みたいなのが、
ああ、はいはいはい。
なんかちょっとワクワクする演出系が、結構これは、この映画盛り込まれたから、
90年代の映画だし、
あの、すごい最初の方で、それこそ多分事務教官から、
なんか腕の骨バキバキに折られるやついるじゃん。
ああ、フラッケン・リッチね。
フラッケン・リッチというのか。
フラッケン・リッチ、撃たれて死んじゃうやつですね、最初に。
ああ、そうそうそうそう。
そのせいでリコが、そうそうそうそう。
打ち打ちになるやつね。
そうそう。
あいつの腕パンパンになっちゃってさ、
ああ、あれね。
その後、食堂でみんなでご飯をついてるときに、
あいつのあの腕の治療方法が、
なんか謎の透明のカプセルみたいなの被さってて、
中に青い液体が入って、ポチャポチャなってて、
あれで治療してるってとこが好きだった。
あの水すごいんだろうね。
そう、すごい水なんだよ、たぶん。
あれが傷口に当たると、たぶん治るんだろうね。
そうそう、その後もリコが裸で入って治療されたりとかしたじゃん、
青い液体に。
あったね。
そうそう、なんかああいうちょっと、
たぶんこうだったらいいなー、を盛り込んだんだろうなーみたいな、
そういう心探る感じがよかった。
あの駅だって、
ねえ、折れた骨も元に戻れたもんね。
ねえ、あそこに触れるだけで。
腕バキバキに折れてたからね、ブラック・リッチ。
しかもなんか、それがさ、なんか、
ジェル的な感じで全体的にこうさ、
包まれてるわけじゃなくって、
なんかでかめのあのカプセルの中で、
なんかポチャポチャなってる感じが、
なってたね。
なんか夢詰めた感じしてよかった。
そうね。
あとは、みんなで一緒のシャワーのシーンも好きだったし、
あそこね、あそこ子供の時はもうね、
鼻息をわらくして見てましたよ。
そうだよな。
私、字幕なしで見たから、
細かい設定みたいのがあんまり理解できてなくて、
ちょっとそこに関しては、
wikipediaのあらすじ見てちょっと補足しながら見たんだけど、
一応あれでしょ、なんか、
民主主義が崩壊して、
なんか、地球統一、世界統一政府か、
そうだね。
みたいなのができて、
男女平等のなんかユートピア社会みたいな設定なんでしょ。
うん。
そう。
で、なんか最初見た時、
そこを覚えてなかったから、
ディストピアかつユートピアな軍国主義社会
なんでこいつら男女一緒にお風呂入ってるの?って思ったんだけど、
あ、なるほどなと思って。
そうね。
ディストピアかつユートピアみたいなね、
すごい軍国主義で、
徴兵しないと、
徴兵を得ないと、
徴兵っていうか、
軍での参。
参に入らないと、市民権が。
そうそうそう。
ないから投票もできないし、
シャアのシーンでも言ってたけど、
なんか、赤ちゃん作るのもね、難しいと。
ちゃんと徴兵して、
市民権を得ないと、
赤ちゃん産む権利すらもしかしたらもらえないかもしれないみたいなね。
カタリーナね。
市民権の獲得と赤ちゃんの権利
あの女の子が。
カタリーナね。
カタリーナっていうか。
かわいそうにね、赤ちゃん欲しかったのに、
あのバカみたいな作戦に連れてかれて、
落とし穴落ちてね、死んじゃうからね。
結局死んじゃったね。
カタリーナ。
はい。
みたいな。
はいはいはい。
俺も好きだね、あのシャアのシーンね。
ま、あそこいいよね。
みんないい体してたし。
そう、エッチな女の人がさ、いっぱいね、同時に画面に出てきてさ。
確かにな。
子供には嬉しかったですよ。
子供にはユートピア。
ユートピアよ。
ユートピアだった。
あんなのね。
あのシャアのシーンね、ちょっと面白いエピソードがあって。
え、何?
まあ、そういう設定だからさ。
とは言いつつも、やっぱりね、出てる人たちはさ、若い男女なわけじゃん。
で、別に大物俳優みたいなのもいないから、ちょっとまあ、ちょっと素人感あるというか。
人たちもいたりなんかして、みんなやっぱ恥ずかしがっちゃったんだって。
本当にできてるからさ。
なるほどね。
恥ずかしいなみたいな。
で、なかなか撮影が進まなかったと。
へー。
この時、監督が考えたミューオン1とは何でしょうか?
へー。
うん。
一回みんなで体触り合うとか。
まあまあまあ、違うけど。
あ、違うんだ。
正解は。
一回思い切ってちょっと触っちゃおうみたいなんじゃなくて。
まあ確かに、ありだけど。
この監督が撮った行動は、
おー、分かった!じゃあ、監督している俺もここでヌコヌコ言って。
あー、なるほど。
そう、フルチンになって、
うん。
あの、なんか、よーいカット!みたいな。
全裸監督みたいなこと言ってたの?
全裸監督、全裸監督したらしい。
なるほどね。
そう。
確かにそこ平等じゃないとね。
そう。
あー。
らしいらしい。
なるほど。
それで、あの、ユートピアシーンが撮影できたと。
そうそう。
だからカメラの後ろ側でも、もうちんちんがもうブランブランしてたわけですね。
なるほどね。
はい。
そういうシーンでございますね。
はいはいはいはいはい。
うん。
あとは、あと2つメモとしてはあるんだけど、
印象的なシーンとキャラクター
1個は、名前なんだっけな、ラズチャックか。
ラズチャックね。
先生、アイアンサイドさん。
うん。
が、あの、なんか砂に飲み込まれてさ、死んじゃうシーンあるじゃん。
あ、あったね。
うん。あそこのシーン好きだった。
あー。
砂にうわーってなんか飲み込まれて、頑張って引き上げたと思ったら、まさかの下半身全部持ってかれてて。
怖いよね、あれね。
うん。
えーってなって、
で、あんなになんかこう恩師みたいな感じで、結構重要人物だったのに、
お前、何、この次何したらいいか分かるな、みたいな。
いいよねー。
言って、なんか分かりまーしみたいな感じで、速攻バババババンって打ってこうですっていう。
あ、そんなわけなくいなくなるんだね、このキャラクターみたいな。
あれいいよねー。
うん。
もうよかった。
うん。ちょっと伏線回収みたいなのもあるしね。
伏線回収?
そう、まあ伏線回収じゃないけど、この映画ちょっとベタなやつ多いからさ、これもそのうちの一つなんだけど、
なんかちょっと前にあの、ラズチャックがね、
はいはいはい。
なんか歩いてたらさ、ムサイ兵みたいなのがさ、トンボみたいなのにブーンって連れてかれてさ、
なんか上の方で、「ああ、助けてー!」って言ったら、ラズチャックがさ、「シュガー、銃かせ!」って言って、
なんかスナイパーライフルみたいなのでポキョーンって言って、あの殺されかけてる味方をね、一回殺して、
もし俺にこんな、なんか似たようなことが起こったら、
あー。
みんなにも同じようにしてもらうからな、みたいなシーン。
はいはい、そういうことね。
そう。ってなったら本当になっちゃって。
まあリコもそこにいたから、
だから、何やって欲しいか分かるなって聞かれて、
うん。
分かりまーすって言って、撃ったのね。
そうそうそうそう。
はいはいはいはい、なるほどね。
そういうの多いんだよ、なんか。
うーん。
確かにな。
うんうんうん。
あと最後もう一個好きだったのは、
本当最後の最後に、ザンダー?
うん。
なんだっけ、カサンドラだっけ?
カルメンかな?
カルメンか。
カルメンの新しい恋人になったザンダーが、
うん。
脳みそ吸われてる時のザンダーの顔。
あー。
あれね、怖かったなー。
あそこはよくできてたと思う。
なんか、ただあーじゃなくて、
うん。
なんか、あれ、なんかCGなのか特殊メイクなのか、
どっちを使ってるのか分かんないけど、
あの表情の変わっていく様と、
そうそうそうそう。
しかも変わった後の表情の、なんだろう、
ちょっとリアル感とグロさが、
なんかすごいちょうどよく表現されてて、
うまいことやってんなーってなった、あそこは。
あそこね、確かに。
俺もどうやったかが分かんないけど、
うん。
どうやったか分かんないよね。
ほんとに脳みそだって吸われた時の顔してたもん。
ねー。
ただ死んだ時じゃなくて。
どう見ても脳みそ吸われてる人の顔してたもん、あれ。
そう。色も含め、顔の。
うん。
確かに脳みそ吸われたらあーなるんだろうなーって思った。
俺も多分あーなると思うなー。
多分だけど。
キョーってなって。
キョーってなってたね。
キョーって。
ねー、あるある探検隊みたいになってたね。
なってたねー。
なってたわ。
西川くんみたいになってた。
西川くん!
起きてーってなってたもんね。
ドゥドゥビドゥバドゥバだったなーって感じで。
始まっててもおかしくなかったね。
始まってた。
はい、はい。
はい。
はいはい。
はい。
そんなところですかね、私のお気に入りのシーンといえば。
ザンダーもね、いいんだよなー。
あーそう?
漏れなくいいんだよ、そう。
ああいうさ、なんか、うざキャラかなって思わせたやつも、
結局いいやつなんだよな、だいたいな。
あー、まあ確かになー。
なんか最後までこいつーみたいなやつは確かになかった。
そうそう、ザンダーもだって結局そんなまあ、
これといって悪いことしないし、別に。
なんかライバルみたいな感じで出てきたけど。
まあただだって、ザンダーとしては好きな女の子を追っかけてるだけだもんね。
そうそうそうそう。
死に際のセリフみたいなのもちょっとかっこいいしさ。
死に際なんて言ってたっけ?
のみそ吸われる前に、いつの日か、
なんか、俺はここで死ぬけどいつの日か、
俺のようなやつが、お前らの種族をねだやしにしてやるからな。
そんなこと言ってたんだ。
ブシューって刺されて、チューって吸われて、
キューって。
ドゥルビーでバレバーって死んでたけど。
そう、いいんだよね。
まあ、どのシーン撮ってもそうなんだけど、
なんかこう、ツッコミ出したら、まあキリがないはキリがないんだけど、
それを飲み込んでみたら、本当にまあ面白いんだろうな、みたいなシーンはいっぱいあったね。
こういう各シーン切り取って、語りたくなるんだよね。
いいよ、語って。
こんな感じで。
こんな感じで?
そうそうそう。
逆に、私が今まで言ったところのシーンで、
追加コメントしたいところ、もしくは、
チャーリーのお気に入りのシーン、切り取っていく?
ああ、まあそうか。何があったかな?
かのが言ってたやつね。
私が言ったのは、最初の解剖シーンと、あと鏡祭りと、
ああ、解剖シーンで言ったら、あれだな。
あそこら辺だとまだ完全に、俺の推しのデズがさ、
ジジイがさ、ちょっとお邪魔虫役みたいな感じでね。
そうだったね。
言うけど、まあもう映画見終わる頃には、みんな気持ち変わってるからね。
確かにな。
まあそうだな、やっぱり俺が好きなシーンで言ったら、
やっぱデズが死んじゃうところかな。好きじゃないけど。
いいシーンというか、印象的に。
あれは悲しかったな。
結構重要人物っていうか、みんなが思い入れがちょうどできたぐらいのときに、
みんな簡単に死んでいくなとは思った、全体的に。
結構死ぬからね。
お世話になった上官たちことごとく簡単に死ぬじゃん。
まあでも死ぬのは、ラズチェックだけじゃない?上官は。
ラズチェックも死んだし、パイレーツアカデミーの方の、
カルメンとザンダーの後ろで死刑してくれてたみたいな、女教官みたいなさ。
名前わかんない。
あの人もドアにブチューって真っ二つにされて、結構わけなく死ぬじゃん。
死んでったね。
船を放棄してなさい!
ブチューンって。
捕まれながらね。
なんか、教官みたいなとかもさ、みんなさささっと、
彼女死んでるから!みたいな感じでさささって、あっけなく見つけてるじゃん。
みんな結構さ、さばさばしてるよね。
そう、めっちゃさばさばしてる。
なんか、故郷のプエノサイレスにさ、隕石をしてさ、
家族も友達もみんな死んだ後にさ、
タトゥー入れちゃおうよ!みたいな感じで。
確かに。
ねえ、離婚!みたいな。お揃いのタトゥー入れよ!みたいな感じで。
デス。
デッドだっけ?デスだっけ?どっちだっけ?
デス、デスね。
デス。
いや、デスってお前って、
お前の家族も友達もみんなデスだから。
今、死んだとこ。
大丈夫?それ、みたいな。
どういう気持ち?って感じで、めっちゃ盛り上がってたしね。
お揃いだぜ!みたいな感じだったもんね。
盛り上がってたけどね。
ねえ。
みんなすごいさばさばなんだよな。
さばさばしてたね。
そうだなあ。
その他お気に入りシーン。
辞書を破るとこも好きだし、
何破る?
辞書を破るとこね。
夢中打ちを破るとこも好きだし。
夢中打ちのシーン、何がそんなに良かったの?
夢中打ちのシーン。
ジム教官のあれ。
ジム教官の心意気もまず好きだし。
ちょっとこの絵も後で話していくんだけどさ。
この絵が結構、意図的に見た目のいい白人を中心にキャスト。
若くて魅力的な見た目の白人のキャストをね、起用してるんだけど、
夢中打ちのシーンだけ、狙ったように夢中打つ人が黒人なんだよね。
あー、なるほど。
そう、ちょっとそういうね、ことやってるんですよ。
なるほどね。
もちろん、俺は知らなかったけどね、そんなこと気にもしてなかったけど。
うんうんうん、当時はね。
確かにそうだったね。
そうそう、まあ、そういう話は後でするとして。
カールの登場
あとは、かっこいいセリフ系で言ったら、
デズが死んじゃった後ね、お葬式してさ、宇宙にポイした後、
久しぶりにカールが出てくるんだよね。
あー、あのシーンさ、カールかっこいいのかダサいのかわかんなくなるよね。
ちょっと、研究とかのほうの偉いほうの部門行って、
久しぶりに出てきましたと。
友達だけど、上官だからみたいな感じでね。
うんうん。
作戦成功率低かったけど、調査のために死ぬとわかってて、
あそこにみんな送ったんだ。
振り込んだんだって。
みたいなこと言われて、送ったの?って。
来てたの?みたいなね。
言われてさ、そうだぞって。
俺はこんなこと毎日やってるんだって。
死ぬとわかってて、何百人のやつを戦場に送っては殺して、みたいなのをやってるんだ。
みたいに言ったと思ったら、リコが、上官!みたいな。
そうやって死んでいくのが、歩兵の仕事なんですよ。
男の子心、くすぐる感じのが多いんだね。
多いね。
なるほどね。
そういうとこがね、たまんなかったんだよね。
リコのね、ディズニーのキャラかな?みたいなくささ。
カルベンのキャラ
あー、たしかにな。
ピーターさんみたいな話し方。
いつの間にかね、最初やめますとか、ここは僕のいるとこじゃなかったわ、お父さんお母さんみたいに言ってたのが、いつの間にかなんか、勇敢なリーダーになり変わってたしね。
そうそうそうそう。
ラズチャック死んだ後も、ちょっとラズチャックの後継ぎみたいな感じでね、セリフとかパクったりとかして。
あー、パクってたんだ。
そうなんだ。
You wanna live forever!みたいなね。
なってたな。
かっこいいですよね、あれもね。
先生の意思ついてね。
ついてね。
たしかにかっこいいこと言ってたよね、新しい軍隊たちが現れたときの、君たちがやることは一つ、戦い続けること、そしてやめないこと、みたいなこと。
振り返ったら俺がこの手で撃つってね。
うん、撃つたね。
このラズチャックの言葉の引用ですからね。
あ、そうなんだ。
そう、言ってましたから。ラズチャック初登場シーン。
そうか。
初登場のとき、初登場っていうか、軍隊に初登場のとき。
うんうんうん。
尊敬じゃなくてね。
なんか次の教官ヤバいやつらしいぞね、みたいなの。
バンって、ぶん殴られてさ。
イッテーとかやってた。
イッテーとかやってたら、教官が、教官来たぞってみんなブシーって。
そしてあの手がね、手がまず映るんだよね、鉄の手が。
この鉄の手は。
ラズチャック先生だ。
ラズチャックだ。
で、まゆってしてね、同じセリフを。
なるほどね。
振り返ったら撃つぞと。
はいはいはい。
エースいいよな。
エース、マジでいいキャラだわ。
いるよな、ああいうやつみたいな。
友達にやっぱ欲しいよね。
欲しいね。
エースの何がかわいいって、
先週のソウルフルワールドの言葉を借りるとしたら、
エースのきらめき、バイオリンなんだ。
エースのきらめき、バイオリンなんだ。
バイオリンなんだっていうところが、めっちゃ好き。
意外とへたれだしね。
戦いはそんなにね、きらめきないね、ぶっちゃけね。
そう、きらめきじゃなかった。
彼のきらめきは、どう考えてももうバイオリンだった。
バイオリンなんだよな。
戦闘頑張って、ラズチャックからご褒美みたいなのもらえるシーンあるじゃん。
デズの死に際
あの緑のバイオリンね。
そうそう、スケルトン緑のバイオリンで、
よっしゃー!みたいなめっちゃ喜んで、バイオリン弾き始めるじゃん。
めっちゃ喜んでたな。
めっちゃ喜んでたんだよ、あの時。
よっしゃー!
あれがね、愛おしいわ。
かわいいよね。
かわいい。
演じてたら、心はほんとまだ少年なんだよな。
うん、めっちゃいいキャラ。
あの見た目とね、最初の登場の仕方とは裏腹に、いいやつなんだよね、しかも。
そう。
リコがさ、カルメンにビデオ電話で振られたとき、振られたときもみんな、
あーちょっとこれはやべえやつだって目をそらしてさ、
最初冷やかしで見てたけど、みんなどっか行っちゃったんだけど、エースだけ残るんだよね。
エースだけさ、エースだけ残って、リコみたいな。
女っていうのは、こっちの心をズタズタにしといて、
友達になりたいとかすぐ言うよな、感じで。
エースの過去もチラ見せる。
すごいことあったのかな、リコもね。
リコじゃない、エースも。
エースもね。
ちょっと右腕感ね、出してくるんでね。
なるほどな。
ずっと終始。
ちなみにさ、カルメンに振られるシーンのさ、振る理由みたいなのがさ、なんかキャリアがなんちゃらかんちゃらって言ってたけど、
別のなんかに行くからっていうことだった?
あれがわからなかった。
普通にあれだよね、仕事をやっぱり優先したいから、
あなたに構ってるわけないわってこと?
優先したいから、ちょっと私たちの時間取れないかも、みたいな。
とは言いつつも、どうせあのザンダーといい感じになってるから、そっちにしちゃおうって感じだったんだろうけどね。
うんうん、まあそうだろうな。
クソ女はさ。
一番ムカついたのはあれだな、
あのザンダーが、You know what I wantって言ったときに、
I don't know what you wantって言うときの顔めっちゃうざかったな。
あいつ全然だな、全体的に顔が。
そう、僕が欲しいもの何かわかってるだろうって言われて、
え、わかんないみたいな。
わかってんだろうがよ、クソ女だよ。
ディズの気持ち考えろよ。
推しだからね。
あんなの釣り合わないよ。
ディズに釣り合わない。
バグの回転のときも吐いてたしな、彼は。
そうそうそうそう。
ちなみにすげえ、一番最初っからとんでもないクソ女ムーブしてるけど、わかります?
授業のときに、
あの広島の話してたの分かったかな?
あ、広島の話してたんだ、あれ。
そうそうそう。
なんか、かわいいレズがね、
先生、うちのお母さんは、暴力では何も解決しないって言ってましたよ、みたいな。
ラジェチェックが、本当にそうかな、みたいな。
広島の偉い人たちは、
エロい?
エロい人たち。
言い間違えた。
広島のエロい人たち。
ひどっ。
やめてやめて。
ひどいね、いろいろ。
広島の偉い人たちはね、
おんなじこと言えるかな、みたいなこと言うんだよね。
あのやっぱ、核爆弾ね、アメリカに落とされちゃって、
もう、暴力の究極形みたいな形で黙らされてるわけだからさ。
そういう意味で、ラジェチェックが言うんだけど、
なんて言うかなって、広島の偉い人たちって言って。
そしたら、カルベン、なんて言ったと思う?
それ、なんだっけ、なんて言ってたっけな。
広島の偉い人たちは、もうしゃべれないよ。
だって、もう死んじゃってるんだから。
このクソ女!
そりゃクソ女だ。
お前、まじでって。
カルベン、やばいな。
とんでもねえクソ女だぞ、あいつ。
とんでもないね。