1. あ、今週のジャンプ読んだ?(褒めレビュー)
  2. あ、23年17号のジャンプ読んだ?
2023-04-01 1:50:11

あ、23年17号のジャンプ読んだ?

apple_podcasts

(※録音に盛大に失敗してGARUの音声が二重になってしまっています。お聞き苦しい音質で誠に申し訳ございません)

ブラッククローバー /WITCH WATCH /ONE PIECE /あかね噺 /SAKAMOTO DAYS /アンデッドアンラック /アオのハコ /一ノ瀬家の大罪 /影ノ罪忍 /僕のヒーローアカデミア /僕とロボコ /マッシュル-MASHLE- /夜桜さんちの大作戦 /逃げ上手の若君 /イチゴーキ!操縦中 /人造人間100 /桐律のキリツ /暗号学園のいろは /ギンカとリューナ /大東京鬼嫁伝/目次とか

00:01
どうも、ガルです。
みそでーす。
今週は、2023年第17号の週刊誌のジャンプ読んでいきます。
はい。
はい、という形で、えー、そうですね、マダミス、先週載っていたマダミスやりたいなということで、ちょっと都合をつけたりとかしたんですが、いろいろドタマでキャンセルとかで流れてしまったりしたのですが、
まあ、もう一週遅れぐらいでできたらやるかもしれないぐらいの感じで今考えております。
そうですね。
やっぱジャンプが必要ってなってくると、先週後のジャンプの発売日から時間が過ぎれば過ぎるほどちょっと人を集めづらく、やりづらくはなってきますからね。
間違いないですね。
なんとか今週来週ぐらいにできたらなと思っています。
といった形で今週の中身に入っていきますと、先におまけとして、今週、ワンピースのシールが付いてきました。
ワンピース連載絶好調、この海を制するのは4エンペラーズシールという形で、4個それぞれを取り上げた感じのキラキラなシールが付いてきました。
いや、そうです、キラキラが嫌いな人類なんかいませんって感じですからね。
そうですね、やっぱ久々に見るとこのキラっていうのはやっぱいいなという感じの。
それぞれキャラクター、やっぱりルフィが白ですし、黒ひげさんですし、赤髪ですし、バギーがちょっと青髪ですし、なんかそれぞれちゃんと色分けがされてていい感じのシールでしたね。
そうですね。
といったおまけ、あとはブラッククローバーの方、本編で語りますが、今週関東から表紙が、連載8周年トップアンド映画ブラッククローバー魔法帝の剣特別記念関東ポスター、ブラッククローバーが関東から表紙となっていました。
そうですね。表紙のアスター君は本当にかっこいいという感じでしたね。
主人公が一人大きくバーンという感じの大変いいジャンプ扉絵、ジャンプ表紙で、今週もかなり銀色のインクが生えていて、デジタル版で見ている方もぜひ実際のジャンプ見ていただきたいですね。
そうですね。
キラキラで重厚感がある感じのジャンプ表紙。
そして関東からの方が関東ポスターという形で、こちら扉絵扱いだと思うんですが、こちら大きく見開きサイズの1枚のカラーポスターが扉絵、劇場版のイラストとなっていました。
そうですね。本当に映画公開したかったぜという感じのポスターですね。
そうですね。今週公開だったらよかったなという感じのポスターで、背景にデーンと構える空に浮かび上がる感じの悪役。それに対して飛びかかっていくような、飛び出してくるような主人公たちという、本当に堂々の構図ですからね。
そうですね。
そんな中でもちゃんと主人公たちに何か、あすた君たちにすごい浮遊感があるというか、気象感があるというか、飛んでいる感じのすごい躍動感のある構図ですし、ノエルちゃんは村元が裸だけてますという感じの大変見どころのあるポスター関東からでしたね。
そうですね。そこめいきますね、やっぱりっていう。
という感じで、中身としましては第355話で、ジャックさんはやられてしまいまして、金色の夜明け団長のウィリアムさんがルシウスさんに飛びかかっていくんですが、やられてしまいます。
03:09
で、王国全体に攻撃を仕掛けてきてやばいっていう中、ユノ君が助けてくれました。お前が金色の夜明け団長だという感じですという展開でした。
ユノ君強いっていう感じの回でしたね。
本当にこれまでの戦いの希望感とは一線を隠す感じの強さでしたね。
そうですね。本当にウィリアムさん、バンジャンスさんが一瞬でやられるっていうところも衝撃ですしね。
で、他のみんながあんなに精良かった魔法騎士団とかが全員ビビっちゃってこんなの飛べられるわけがないっていうのを一人で弱くは飛べるからねっていう。
そうですね。もう全部こいつ一人でいいんじゃないかという感じになってますね。
いや本当そうだね。圧倒的すぎるやろって感じだからねっていう。
まあでも本当にね、構図としては本当に先週もさ、終わり際のところすごい綺麗な絶望感ある絵だなって言ってましたけど、
今週もやっぱり天使たちの一斉射撃っていうところに関してはかなり迫力があったし、
あ、終わりやー、黒魔王国終わりやーっていうところでもあったからね。
だからちゃんとそのあたりのかっこよさというかね、すげーの来たなユノ君って。もう星が出た中でユノ君ってわかったからさ。
そうですね。
ユノ君すげーなーっていうのが一気に来たからね。
そういった意味では本当に登場としてはもう最高の登場だったって感じでしたね。
そうですね、ここの絶望感。
飛んでるこの天使っぽいもの、全部敵のなんでしょう、聖騎士的なやつなのかなと思いましたが、
どうも見た感じ、このレーザーを照射しているのに関しては、ルシウスさんの魔法の一部みたいな感じもしますよね。
そうですね、あんまりモブ的なもんだから顔がこんな感じで省略されてるかもっていう可能性はありますけど、どっちとも取れる感じではありますよね。
今回レーザーを照射したのに関しては見た目が同じなんで、これはもはやユノ君の星みたいな感じで、
これも魔法のファンネールっぽい感じの魔法の遠隔装置の一種なのかなと思ったりもしましたが、
その辺このあたりの戦いからわかってくるんだと思うんですが、
この無機的なでも高豪しい感じの物体から無数に降り注ぐレーザーで、
この国民一同がそれを全く認識もできていない、もはや怯えてすらいない、何が起こっているかわからず、ただただ光る空を見上げている構図っていうのが、
何かもうすごい自然災害的な天災的な感じの規模感が感じられて、やっぱりすごい派手派手でしたからね。
そうだね。
その辺の国民がついてこれていない感じの演出からのユノ君が、やっぱりそれと同程度の同規模の魔法で防ぐっていう。
星に関しても前の戦いの時はいくつでしたっけね。数えるほどしかなかった気がするんですけどね。
そうだね。
3つか4つか5つかそんな感じだった気がするのが、今回もこの一駒の中に数えきれないぐらい星が浮いてますからね。
そうですね。これだけでも本当、ユノ君強くなりすぎやろって感じだからね。
06:00
ちょっと本当に前回の戦いの時とは比較できないくらいの強さになっているのが、
この魔法の規模と星の数から表現されていて、大変爆上がりのところからのユノ君の魔法帝になる男だからだという。
この魔法帝宣言から入る感じは、さすが第二の主人公という感じがあふれてて、
朝君の参戦も楽しみですが、ユノ君の戦いも楽しみになってましたよ。
そうですね。
ルシウスさんの方もね、その前から君たちにあがられる術はないとか言ってるところも、
あえてユノ君だけは除外してるとかね。ここにユノ君いなかったしね。
余裕を感じてるし、この辺は想像したんだろうなっていうところでね。
いやー、ルシウスさんの方も対ユノ君対策みたいなのあるでしょうからね。楽しみですねって感じですね。
そうですね。やはり君だけはみたいなこと言ってますからね。
そうだね。
確かにちゃんとユノ君のことは特別してたという感じが伝わってくるんで、
まあまあまあ、本当に頂上決戦。
あとは他の魔法騎士の方に関しては、何かうぞうぞうのパラディンとかを相手にしてくれたらいいと思うんで、
ボス戦はユノ君に任せて、どんな派手な戦いが展開されるか楽しみですよ。
はい。
で、最近大変多いんですが、ブラッククローバーミニキャラ4コマ劇場その4という形で、
ブラッククローバーの4コマスピンオフというか、漫画編というかが、
今回も載っていきました、田代弓矢先生です。
まあ中身としましては、あさくんの恋愛事情みたいな感じでした。
そうですね。
まあまあまあ、ちゃんとミモザちゃんとノエルちゃん両方とも可愛かったんで、
やったぜっていう感じの4コマでしたね。
まあそうですね。
ちゃんとノエルちゃんに関しては、一応これは笑顔を作ってるんですね。水で引っ張って。
そうそうそう。だから引っ張ってるんだと思いますよ。
で、ミモザちゃんに関しては、あさくん人形を作っているというすごい恐怖のホラー展開でしたね。
いや、そうもですね。いやーでもなんか、ちょっと狂気は感じるけれども、これはこれで俺は可愛いと思いますよ。
まあまあそうですね。人形に話しかけるというふうに考えたら可愛いんですが、
好きな人のこのカカシみたいなのを作っていると思うとちょっと怖いですよね。
そうですね。まあ一人二役的なこともやってるでしょうしね。
まあまあですね、という感じの。
なんかこの4コマに関しては、あさくんの恋愛の方にフォーカスを当てている感じが強まってきているので、
本編の深刻な展開、深刻なバトル展開を進めていくと同時に、
このスピンオフ4コマの方で、あさくんの恋愛展開が進んでいくのが楽しみですよ。
楽しみですね。
では続きましては、ウィッチウォッチの第100には、内容としましては、
みはるくんが通っている中学の同級生なのかな。
まあ中学校には、何かちょっと変わった眼帯をした中二病っぽい女の子がいまして、
その子は中二病かと思いきや実はロボットでした。
本人は家にいて遠隔操作されていました。
という形で、フランちゃんが仲間になりましたという展開でした。
いやフランちゃん可愛くてすごい良かったね。
いやそうですね。正直フランちゃんに告白して、
09:00
付き合いたければ人体実験に付き合ってもらおうって言われて断った24人の気がしないですね。
いやマジでそう思うねっていう。
ドキドキしかしないですよそんなの。
いやそうだね。だからむしろこの変態男の方が正常な気もするしっていう感じあるからね。
そうですね。いや全くそうだと思いますよ。
でもいいね本当になんかこういう変なキャラクターよりもモブキャラの方が変態性が奪われてるっていいよねっていう。
まあそうですね。ある種の庶民感というか。
その変もある種のその中二ぶっているけれど中身は常人というか。
ただぶってるだけで本当にそっちの人ではないというのがある種今回ミスリードになってましたからね。
そうですね。
はいはい。いわゆる中二病キャラなのねっていうのがワイフリーになっていて、
実は本当に人外でしたっていうのに繋がっていたんで。
そこはちゃんと一驚きありましたよ。
実際その一驚きだけじゃなくて、そのなんだろう、ロボットだった。
でもロボットじゃなくて、本人これはリモートで本人は家にいたっていうところで、
まあさらに驚きあるからねっていう。
そうですね。という感じなので、
まあまあこの作品、鬼以降か西洋妖怪とかもたくさん参加していますが、
基本的に末裔みたいな感じだったのに、
このフランちゃん西洋妖怪モチーフのキャラクターなのに、
特に何かの末裔という感じでは今のところないっぽいんですよね。
そうですね。後から明かされる可能性もなくにしてもあらずですけど、
現在ではないですねっていう。
まあ確かに、だから先祖がかつて人造人間を作った博士なんでしょうみたいなことがあり得るんですが、
今のところはそういった出世が明かされていないので、
本当に単独で成し遂げた人間の中から現れた人外みたいな感じが新しいパターンで、
その点もちょっとおって思いましたね。
そうですね。
今までいないパターンだっていうのがちょっと面白かったです。
ですね。
あと本当にその、いいよねこのデザインいいよね。
すごいさりげない感じというかね。
さりげないとは。
このフランケンシュタインのネジみたいなやつがこのヘアバンドみたいなところにちょっと入ってるだけっていう。
このさりげない感じ。でも最初だから全く気がつかないけど言われてみればそれかっていう形のところとかも含めて。
確かにフランケンってツギハギだからっていうところで髪の毛が2トーンカラーになったりとかね。
片目隠れたりとか。
そういう後から気がつくデザインの良さみたいなところがあったりするんでね。
いやーそういったところもすごいなんか感心したね、今週っていう。
まあそうですね。最初の段階ではこれもやっぱりある種のマッドサイエンティストキャラのキャラ付けなのかなと思うんですけどね。
そうだね。
まあブラックジャックもマッドサイエンティストみたいなもんですしね。
なるほどね。
ある種のマッドサイエンティスト的なデザインなのかなと思ったら、より直接的にフランケンシュタインモチーフだったってわかるのは確かにそのデザインに関しても秀逸でしたし。
ちなみにこれ、この家にいる本人の映像、コマが1コマだけしか出てこないですが。
このフランちゃん、本人とロボットを見比べるとロボットを胸持ってませんか?
え?ちょっと要検証ですね。確かに持ってる気がありますねっていう。
12:00
かなりスレンダーな感じの本人に対して、ロボットのフランちゃんは多少ボリューミーな感じが、フランちゃん、ロボットの胸持ってるんじゃっていうところがちょっと今週の注目ポイントでしたね。
なるほどね。まあ本人自体はきっとね、いや中にいろんな機能詰め込んだからちょっと容積がでかくなったんじゃみたいなこと言うと思うけどっていう。
まあバッテリーとかが入ってるのかもしれないですけど。
まあちょっとその辺にフランちゃんのいろんな知識みたいなものが見て取れる感じもして、ちょっとドキドキしてきますね。
いやそうですね。それにフランちゃん、ガチでこの後もウォールオック戦とかにも参加できそうなポテンシャルあるしねっていう。
はいはい、戦闘能力高いですからね。
めっちゃ高いよね、これ何回でっていう。
しかも絶対魔法使いの教はつけるだろうしねって思うから、その辺も楽しいなって思いますね。
そうですね、味方の女の子って魔女ばっかりだったんで、あんまり直接的な戦闘能力のない方が多かったですが、
フランちゃんに関しては初めて戦闘能力、直接的な戦闘能力を持った味方キャラ、味方の女の子キャラというのが出てきた感じなんで、
なかなかこれからの戦闘シーンに新しい彩りが生まれそうな感じは楽しみですね。
楽しみですね。
あとは地味にロボットであることを隠すために、実は魔法だったんだって言った瞬間に暴力認定されて攻撃されそうになる展開のギャグとかは結構好きでした。
そうですね。
では続きまして、ワンピースの1079話。内容としましては、赤髪さんシャンクスさんはキッドさんを一撃でやっつけちゃいますし、
船に関してもドリーさんたちに吹っ飛ばされちゃいましたっていう展開でした。
うわー、シャンクス強いーっていう回でしたね。
いやー、キッドも食い下がってくれるんじゃないかと思っていた時期が僕にもありました。
いや、実際ほんと一周でキッドも含めてキッド海賊団全滅っていうのは予想外だったねって。
そうですね。
だからシャンクスがすごい見聞色の使い手なんじゃないかっていうのは結構ネットで言われてるのはよく見ましたが、
これまでの描写からそういう説があったというのは知っていましたが、かなり先まで見通せるし、
その点でキッドさんの攻撃をかなり前もって読んでそれを潰したという。
その点でキッドさん攻撃が成功してたらこれくらいすごかったんだよっていうある種のキッドさんの評価は保ってくれた感じはあるんですよね。
いや、そうですね。ちゃんとさすがだな。被害がでかすぎるって言って。シャンクス自体がめちゃくちゃ慌ててるからね。
そうなんですよ。
そこで担保はしてるんだけども、周りには伝わってないよねっていう。
そうですね。始まる前に潰されちゃいましたからね。
そうなんだよね。キッドが一撃で倒されたっていう評判しか世界にはいかないっていう感じですかね。
そうですね。
ドリーさんたちにやられる時の、人の故郷に銃口を向けたら同じ目には覚悟しろよっていう、全くその通りですからね。
そうですね。第1話でシャンクスも言ってましたからねっていう。
確かにそうですね。グーの出も出ないですね。
15:00
そうなんだよね。これシャンクスが手を下したわけじゃなくてねっていうね。
っていうのもあるよね。これがオクセラを殺されてくれって言ってロードフォーノグリフだったらシャンクス俺は攻撃しないけど、でも銃口を向けられた故郷のこいつらはどうかなみたいな感じだからね。
まあまあまあ。まあそうですね。まあまあやられてキッドさんも死んではいないと思いますが、死んでもおかしくない攻撃ではありましたね。
そうですね。キッドさんどうだろうね。ここから再起する未来がでもないんだけど俺の中でっていう。
まあ確かに今後海賊団のお頭としての再起っていうのはちょっと見えてこない感じがしますね。
そうだね。だから誰かの下につくとかっていうところしかないからね。でもそんなキッドさんは見たくないって気持ちもあるしねっていう。
もしくははぐれ者としてごくごく少人数で動くようなキャラになるかもしれませんからね。
俺がワンピースの海賊王になるぜっていう、なんかこう俺が俺がキッドさん好きだったからね。本当今回は衝撃的だったねっていう。
いやー本当にまあ実力さ、シャンクスの実力を考えたらまあしょうがないのかなこのエルワブという地の利というかその戦力も考えたら全く当然なことだと思うんですが、残念ですね。
いやーまあというわけで本当に赤神海賊団、まあシャンクスが一人で全部やっちゃうから。
もうあいつ一人で全部いいんじゃないかなだからまあ参加も弱くてもできてるっていう感じの海賊団って分かりましたからね。
まあまあ弱いなりに何か使い道はあるのかもしれませんが、今回の一番に関してはそういう展開でしたね。
そうですねだから、まあワールドトリガーで言ったら本当全部一人でやっちゃうジンさんみたいなものになるからねっていう。
それはまあ人望あるし強いなとは思いますけどねっていう。
まあまあ本当に海賊は別に本当戦うだけが海賊じゃないですから。
ルフィ、ルフィも必要にまず必要なのは音楽家って言ってますからね。
たぶん。
本来ブルックさんみたいな音楽家が戦えるわけないんですから。
そうですね。
だから別に海賊は戦うのが全てではないんで、きっといいクルー揃えてるんですよシャンクスも。
なるほどね。
やっぱシャンクスが本当に、まあ覇気とかは飛ばしたけれども、本当にすごい久しぶりに戦った感じがあるんで。
はい。
いやーでもそういった意味でも今週はすごいなんかこう歴史が変わった回だったよねっていう。
まあそうですね。きっとなんで相手にならないくらい強かったんだなっていうのが分かったんで。
シャンクス、まあ当然強い強いとは分かっていましたが、ある種この格付け表にかなり高いところに一気にバーンと踊り出た感じがありましたね。
そうです。
当然まだ真の実力はまだまだ分かりませんが、少なくともここら辺よりは上っていうのが分かったんで。
いややっぱシャンクス強いなと改めて分かる感じの展開で、今後の世界との関わり方とかも含めて大変楽しみになってきますよ。
そうですね。
あとは冒頭の方でね、ヨークさんがどういう作戦を練っていたかっていうところも明かされましたしね。
ただそこに対してさ、最後ちょっと黒ひげが乱入してきそうなのが示唆されてるのはちょっと怖いなって思いましたね。
18:06
あー確かにエッグヘッドに迫る感じ。いやー世界的な事件が起こるらしいですからね。黒ひげまで絡んでくるんですかね。
そうそうだからローさんどうなったのってのもあるし、それがエッグヘッドにあわさってくるってなったらもうちょっとこっちもすごい大変だしもうワクワクが止まんないでって感じだね。
いやーかなりいろいろ集約されてきますね。ヨークさんに関して何か明確な取引があったのかなと思っていましたが、
ここで世界政府はステラだけじゃなくてアタイのことも消すことにしたみたいに自分も狙われてるみたいな感じですから、
ヨークさん意外と単純な取引に応じたという以上に何か独自の計画で動いてる感じもしますしね。
そうだね。
その辺を含めてヨークさんがさらに何かそこ知れない感じになっている感じも含めて、
まあいろいろと楽しみでありつつ本当にクライマックスに、エッグヘッド編のクライマックスに近づいている感じもしてきて大変楽しみです。
はい。
では続きまして赤根パラソの第55話。内容としましては赤根ちゃんの錬成会に行きまして、自分たちとある主導期の前座の方たちと出会います。
で、荒川一本は前座が強いという形で総勢18名の中、4人会への選考へ進める4名が決まりますという展開でした。
いやーもう今週は赤根ちゃんが純朴な少年を落としにかかる魔性の女だと思いましたね。
まあまあまあ、ちゃんと人だらしなところがあるんですねきっと。
いやもうそうですよ、たまちゃん仲良くしようんでたまちゃんもツリツリしてるわけですよっていう。
これはもう純朴な少年はカーッとなっちゃいますよねって感じですね。
そうですね。最初出てきた時には一瞬女の子かと思ったんですよね。
あー。俺は全く思わなかったですけどね。
本当ですか。こっちはたまちゃん剣玉ですっていう話題だと男か女かはちょっと分かってなかったですね。
なるほどねー。
そして荒川一本の前座錬成会が始まるわけですけどね。
はいはい。
でもどうだろうね。基本的にはなんかそんなに注目精神はこの剣玉さんと荒川開智さんの2人が相手になりそうって感じではあるんですね。
まあ一応そうですね。まあまあその辺はまだわかんないですけどね。
まあでも俺は開智さんかなり期待してますよっていうこの30オーバーっていう年齢もそうですし、
なんかこう赤根ちゃんと同等の格があるみたいなのが演出されてるじゃないですか。
まあ確かにメンタリティというかノリに関して赤根ちゃんと近いものがありますからね。
そうそうそう。だから俺はすごいなんか4人残るって言われてるけど、そのうちの1人はこの開智さんだろうなと思ってますねっていう。
まあそうですね。
まあある程度年齢言ってから元営業マン、都合で営業マンが落語家になったっていう例だと、
最近商店のメンバーになった一之助師匠の前になった桂宮寺さんも元都合で営業マンだったっていう話ですからね。
そうなんだ。へー。
遅めの入門という形で、なのでちょっとその辺桂宮寺師匠のことを想起させるようなキャラ設定だなとは思いましたから、
21:01
それはかなり格が高いかもしれないですね。
だからまあ意外とけん玉君もちょっとうゆうしいけど強くてっていう形で、
こっちが3人で、で明日やるであろう残りの9人に関してはきっとここにはいない光さんが無双してっていう感じの4人が俺は上がるんじゃないかと予想してますね。
まあそうですね。光さんがどこで出てくるのかっていうのは大変楽しみですよ。
確かにですね。
いやーという感じで、まあ荒川隆入門するのも大変っていう話で、
まあまあ確かにタイミング的に入門して、あのー弟子を取ってない時期っていうのはどの師匠も多分一定期間あるんで、
そういう時に当たると絶対に取ってもらえなかったりとか難しかったりすると思うんですが、
現実に言う縦川隆、まあその男子師匠、男子師匠に関しては弟子を取ってはめちゃくちゃみんな辞めていくというので有名なんですよね。
そうなんだ。
だから、あの1個上の弟子と今の弟子の間に10何人、下手すると何十人と間がいたりっていうのが男子師匠の時にあったみたいですし、みんな辞めていくという。
無理です。ついていきません。やってられませんってことで。みんな辞めていく。
で、男子師匠に関してももう弟子が全く親打ちにならない。どんどんみんなに廃業していって、弟子が親打ちにならないということをネタにされていたり、
あと、これさっき調べたらちょっと出てこなかったんで、疑惑の情報なんですが、
ガッテンの篠助師匠も、以前どなたかだったか、男子師匠だったか、どなたかだったかの落語界の枕話、枕のところで篠助師匠あんなにニコニコしていい人そうな顔してるけど、
あいつ鬼だからね。何人弟子辞めたか知ってる。あれもう本当鬼だからみたいなので笑いを取った覚えがあるんで、
篠助師匠もかなり弟子辞めさせてるようなイメージだったんですが、調べてもその情報が出てこなかったんですよね。
なるほどね。派手じゃないからエピソードが載ってないだけっていう可能性もあるから、なんとも言えないねっていう。
疑惑の情報ですが、少なくとも男子師匠、男子師匠に関しては、取った弟子がみんな辞めるということで、何十人と辞めていくみたいなことで有名だったりするんで。
あらかわ流に関しては入門がすごく難しい。入門した時点ですごいみたいな。点は現実の修行を厳しくて辞めさせる立川流の感じとはまた違うところだなというふうなのも、ちょっとなるほどなと思いました。
では続きます。坂本レイズの第112話。内容としましては、護衛大将だったおっさんの中に入っていたお母さんと娘さん、親子は、
なんと殺伝の会長の奥さん、隠れて、囲まれていた、存在しないはずの奥さんと娘さんでした。
殺伝の権力争いみたいなのに巻き込まれそうなんで、国外に投報しようというところでした。
そこに暗殺者が襲ってくるんですが、坂本さんが手榴弾とかも対処してくれて、行くぜっていう展開でした。
護衛大将殺伝会長の妻と娘だったわけですけど、坂本さんがまず、このみちゃんを笑わせるところはめちゃくちゃ良かったですね。
そうですね。このみちゃんに対してデブのフリをして笑いを取ったっていうので、子供はデブが好きなのかって言って、心に刻んでる。
24:04
これ、今の坂本さんが太ってるのって、娘さんのためってちょっと思いますよね。
それちょっとあるような気がしてきましたね。
娘さんに好かれようと思って、いいお父さんになろうと思った時に、坂本さんの中のイメージはデブだったのかなって思うと、ちょっとエモくなりますね。
エモくなるかな。だから本当未来につながる上でも良い情報だなと思ったよね。
そしてね、結構車の中の雰囲気、このみちゃんを通してたけれどもね、いろんなキャラクターが会話してとか、
スラーさんとリオンさんちょっと仲良さげな感じも出てくるしっていうところとか、
めちゃくちゃなんだろうね、この和やかな雰囲気で進んでるし、いい感じなんだけどね。
ただでも、本当にこの後リオンさんが死ぬと思うとか、殺戮の会長がこの後失脚するって我々知ってますから、
そこら辺がめちゃくちゃ不穏なんだよねっていう。
まあそうですね。よつむらさんも今頃裏で何か戦ってるんでしょうからね。
そうですね。
権力闘争に巻き込まれてるんだろうなと思うと、確かにいろいろ不穏なことがこの後起こることは分かってるんで。
スラーさん、うずきさんに関してはやっぱり二重人格説があるんで、
今ちょっと仲良くしてる感じのこのうずきさんっていうのと、やっぱ別人格がいるのかな、まだ確定ではないですが、
その辺がちょっとやっぱり怖いなという感じはしてきますね。
それに単純にこの殺戮会長の妻と娘が出てきたことによって、
本当にスラーさんのことを語る過去編ってことじゃなくて、
本当に今の殺し屋世界の情報がさらに一新されるようなね、我々の読者の中での。
理解が深まるような感じの過去話になりそうで、その辺もすごいいいなって思ってますね。
確かに。子供だけでも国外に逃がしたいって言ってて、これから坂本さんたち現在のほうが海外編になることを考えると、
このコノミちゃんとかは関わっていく可能性がめちゃくちゃありますね。
そうなんだよね。
確かに殺戮という組織の話、スラーさんの話、それともう一つここに新しい軸があって、
それが全部組み合わさりそうな感じが大変確かに興味深い感じになってきましたね。
そしてあとは今週もアクション楽しくてよかったっていう。
坂本さんのこの手榴弾の処理の仕方。
移動している車からフロントガラス越しに銃を撃ってマンホールドを弾き飛ばすみたいな感じ。
このコマのアングルとかも含めたこの表現がすごい爽快感があってよかったですね。
よかったですね。本当にパンチで車の下破るとか。
本当に人間話題過ぎてるけどなっていう感じですけどね。
車の下、最近の車は軽量化されてるからきっとそうなんですよ。軽いんですよ。
そうですね。ちゃんと間の固いところを避けてパンチしたんでしょうからねっていう。
という感じで敵の殺す、暗殺、殺人をうまくやるために得を積む、善行を積むみたいな感じで。
坂本さんが自分の強さを見せつけると、あいつなかなか得積んでるじゃんみたいな得積みキャラという。
27:03
この敵も回想の中でやられるだけのキャラなのか、これも現在につながってくることもなくはないのかなと思ったりしますが、なかなかいいキャラしてますからね。
そうですね。
一話の中でそのキャラクターの口癖みたいなものとか、キャラクターの心情信念みたいなものとかを表現してて、この敵キャラのキャラ立ても大変見事ですよ。
ですねー。
という感じなのでもう過去編の戦い、過去編ではありますがすごく盛り上がってまいりました。
では続きましてがセンターカラーです。
自転車戦争編大公表恩霊センターカラーアンデッドアンラックという形で、センターカラーは西武劇風なビリーさんとふうこちゃんの一枚でした。
いやそうですね、ちょうど早打ち対決をしてますからね。
イメージカットだと思いましたね。
まあそうですね。
西武劇風なのにふうこちゃんの着てるのがトレーナーとパスケースみたいなのを首に下げてるあたりとか、このミスマッチ感がちょっと残るのも良かったですね。
あーいいっすね、確かに。
中身としましては第152話で、ふうこちゃんはビリーさん、前のループでのビリーさんのことを思い出しつつ、ビリーさんに強さを示します。
現ユニオンみんなふうこちゃんを信じてお互いを任せている感じの、お互いを信じて強くなっている感じの現ユニオンを見た結果、
ビリーさんは相手の強さを認め、そして強さを認めた相手の力をコピーするという新しいアンフェアの力に目覚めましたという展開でした。
そうですね。そしてそのアンフェアが発現したゆえに、今回の打ち合いに負けるっていう流れは非常にスマートで良かったですね。
いやそうですね。だから先週、早打ちだとビリーさんに分があるけれど、でも強さを見せつけるっていう展開で変な策をロースしてもらうみたいな感じでしたが、
いやー、やっぱりこの強さを認めさせたことによって不罰が発動っていうのはすごい納得感があった勝利ですね。
そうですね。だからこんな答えがあったんだっていうちょっと驚きがあったんで、すごい良かったですね、俺の中では。
いやほんとですよ。
そして強さを認めるっていうところに関してもね、それが否定能力に繋がるっていうところに関しては、ちゃんと伏線というかね、
張られてる感じではありましたかね、今回のループでは起こらないかもしれないって言ってるけども、
でもやっぱりそこに対して、すごい理不尽さを感じたことによってそれが発動するみたいなところ?
はいはいはい。
みたいなところね、ビリーさんがっていうところに関しては、結構ちゃんと納得感があったんでねっていう。
まあそうですね、本当にビリーさんの中で強さというものの解釈と不公平と感じる対象が違ったおかげで、
全然違う形でアンフェアが発現したという、ものすごくそんな強くなっちゃっていいの?という感じではありましたが、流れとしては納得できましたよ。
いやそうですね、この後でもね、こうなってくるとビリーさん結構コピーし放題じゃないか疑惑が出るわけですけどっていう。
ただね、感覚的にはこれ多分常に認めてるのは、一番認めてるのはふうこちゃんだと思うんで、下手するとずっとアンラックをコピーしてるってなったらそれはそれで大変な気もするんだけどねっていう。
30:10
触ったらダメってなっちゃうんですかね。
そうなんだよね。だからそういったところで、一応ストック制限とかがあるけどそれとかもやられるのかとかも含めて、どう変わったかっていうのは注目だなと思ってますね。
まあそうですね。確かに前のループだとビリーさん、アンラックは神に届く能力だっていうふうに思った後は、ふうこちゃんに憎まれようと頑張ったのにダメだったっていう話でしたからね。
そうだね。
なのでやっぱりアンラックをコピーしたら有効なんじゃないか説はあったりするんで、その方向性は確かにこれから開ける気がしますね。
うん。
単に不便というだけではなくて、アンラックが二人になったことによる、もしかしたら合体だとかもあるかもしれないですよね。
逆にわかんねえなって感じだけど。
ダブルアンラックがあるかもしれないですからね。
そうですね。想像つかねえな。だから本当になんか、確かにここは納得したけどこの後の未来が全然わからんっていうね。
神様による強制的なナーフ展開とかありそうだけどね。
だから前回のループの時ほど完璧なコピーではないのかもしれないですよね。
あーなるほどね。
前回のループの時も憎まれ具合によって否定能力のコピー具合、強さが変わるみたいな感じで、
アンディがビリーさんのことを許し始めるというか理解し始めるに従ってアンデッドの再生能力がどんどん落ちていくっていう展開もあったりしましたから。
そういう点でビリーさんの中で強さを認めたらコピーできる。最低限コピーできるけれど、完全にコピーするにはやっぱりかなり高いハードルがあるかもしれないですよね。
そうですね。実際ビリーさんの能力ってクソ高いですからね。
実際だって前回のループにおいてはほとんど自分の能力を見せることなくアンビリーバブルな能力があるって信じるくらいのスペック持ったからね。
単なる射撃能力だったんですよね。
それを考えればなかなかビリーさんに認められるって大変だと思うからね。
という点で前回に比べたらコピーの精度というか強さに関しては何らかの弱体化がある可能性はあるな、不便さがあるんじゃないかなみたいな想像はありますが、
とりあえずまだわからないので、これだけの便利キャラ、それが味方になってどんな戦い、どんな展開になっていくのか、
より複雑でかつよりスケール感の増す感じの戦いが展開されそうで大変楽しみです。
楽しみですね。
続きましてが青の箱の第94話、内容としましては、
ゆめかさんは千夏先輩の試合を見てだんだん熱い気持ちを取り戻していきまして、最終的には千夏先輩にハンドサインを返したりします。
大輝くんはひなちゃんを手伝ってなんかいい関係になりますという展開でした。
ゆめかさんがね、冒頭から時間ってこんなに流れるの早かったっけ?
試合してる時はもっと1秒の時間が高くてとかって言ってるところに関しては、
33:02
俺も結構部活を辞めた直後になんかそういう趣味でプロの試合とか見てる時とかに、
やっぱりそういう似たようなことを思ったりもしたことがあるんで、
この辺すごいリアルだなって思って、なんか余計に感情入りをしたからこそ、
ゆめかさんが最終的にこういい感じになってくれて嬉しかったなっていう回でしたね。
なるほど。僕はそんなに継続して何かのスポーツに取り組んだことというのがないんですが、
それでもやっぱり確かに得られる情報量というか処理する情報量の違いとかもあったりすると思いますし、
身近な例で言ったらゲームとかもやってるときにすごい忙しくやってるときと
ただ見てるときだとやっぱり経過時間が違ったりしますからね。
そうですね。
普通にテレビゲーム、パソコンゲームとかそういうのに関してでも、
見るのとやらないのとでは全然体感時間が違ったりもしますので、
まあまあわかるなという感じはありましたよ。
だからね、本当にちゃんと一周というかね、ちゃんと和解してくれたんでねっていう。
ここで何かこずれても困るんだけどっていうね。
千夏先輩がゆめかさんを発見して不調になってたから言っても困るんだよっていうところではあるんですけど。
ここで本当にゆめかさんを見つけて、笑顔で一本っていう。
ここの千夏先輩の表情が覇気を取り戻すというか、表情に力が戻る感じ。
それまでの何か疲れて笑顔なく、はぁはぁはぁっていう感じのその辺の表情から最後にこっと笑う。
本当に表情に力が取り戻される感じっていうのが、
何よりもこの二人の関係性はこれでいいんだろうなっていうのを感じさせてよかったですね。
よかったですね。
ちゃんとイケナツっていう言葉もね、きっと届いたんだろうなって思いますからね。
それで気づいたんでしょうかね。
そうだね。
だからちゃんとね、お互い歩み寄ってるっていうかね、ところがちゃんと描かれてるんでね。
いやー、いい回でしたね。
そうですね。という感じで、
本当に直接スポーツプレイヤーにならなかったとしても、そこで気づかれた絆とかはちゃんと残っていくでしょうし、
積み上げていった経験とか体験とか、いろんなものは本人の中にも周りにも残っていくんでしょうし、
それがすべていい感じになったらいいなと思いますね。
そうですね。
そして、あとはね、今週ひなちゃんが久しぶりに活躍してるなって感じでしたけども。
はい。
ただ本当に何だろうね、せいぜい後悔してるんだねって言って、挑発というかね、言ってみたりとかね。
まあ別れるところまでだったけど、最後のとこやっぱちょっと涙目っぽくなってるところはすげえ切なかったですねっていう。
そうですね。
ここでちゃんと復帰したっていうことなんですかね。
どうだろうね、だからちょっとずつ俺は折り合いをつけてるまだ途中なんだなっていう解釈をしたけどもねっていう。
まあそうですね。
まあまあでも気持ちとして、なんかいろいろと事情があった相手と最初はちょっとわざとらしい感じに日常会話をやって、
で、だんだん距離感を取り戻していく感じっていうのはまあいろんな場面であったりはしますんで。
36:04
なんかこの空気感みたいなのはわかりますし、こういった流れでいい感じの友達に戻っていくことも可能なんじゃないかなとは思っていますよ。
いやそうですね。
だからまあまあ本当お互いに折り合いをつけてって、ひなちゃんはきっといい友達に戻れるんだろうなっていうのは、なんか希望でもあるんだけども寂しさでもあるっていうね。
まあそうですね。
これが失恋かーっていう感じのところがあって、胸が苦しいっすねっていう。
まあそうですね。
友達であることをひなちゃん自身も選んでしまった感じがあるのかもしれないですね。
そうですね。
そしてあとはね、今週に関してはハリウッド先輩はなかなかひどいな強いなって思いましたね。
どういうことですか。
まあ、もちろん恋人いるやつが憎いって言って、聞こえちゃったから言ってるのもわかるけど、
でもやっぱりいたらいたで大変だけどな恋人みたいな、クリスマスにみたいなのを言うっていうのは、なかなかハリウッド先輩やってくれるなと思いましたね。
まあそうですね。
まあでもここで変に気を遣われるのもちょっと嫌な気もしますからね。
まあ確かにね。
こういう会話になるとスッと身を引くとかそういう話に対して、
いやまあまあなみたいな感じでちょっと変に言葉を濁されるよりかは、これくらいの感じの方がまあ気持ちいいかもしれないですけどね。
まあ確かにね。
なんか先週のコメント欄とかでもね、もうクリスマスっていうことに話題に対して、
クリスマスなんか知らねー、クリスマスなんかなかったって言ってる人も多かったですからね。
まあそういう人たちにとってこのハリウッド先輩の言葉がどう刺さったか気になるなって思いましたね。
まあそうですね。
クリスマスどう過ごすかって何を大切にしているか問われてる感じするよなっていうふうに先輩も言ってますが、
学生時代のクリスマスなんて何一つ特別なことはなかった気がしますよ。
なかったね。
日常でした。平日でしたよ。
そうだね、それこそほんと部活とかやったくらいだしね。
平日というか天皇誕生日ですかね。祝日っていう感じでしたよね。
それは1日前やんけ。
それはイブですね、確かに。
という感じなので、何を大切にしているか、日常を大切にしているってことですかね。
そうですね、我々はそうですね。
もしくはネットで2chで書き込みとかしてた気がしますよ、高校生の頃は。
ああ、なるほどね。
クリスマスなんだっけな。大晦日とかは僕は後半クラッシュ学生とかやってた頃なんで、学生の頃。
この単語がどの世代まで伝わるのかは知りませんが。
大晦日とかは本当に2chの後半クラッシュ学生のスレッドとかにいましたからずっと。
クリスマスもネットで何か見たような気もしますけど覚えてないですね。
なんかアカシアサントとかを毎回見た記憶はあるけどね。
39:00
僕そういうのはあまり見なかったですね。
なるほどね。
ハリウッド先輩、踊れっていう会社に。
そうですね、という感じでクリスマス、イブ。
ゆめかさんは千夏先輩と和解した後、試合が終わった後にいい感じになって彼氏のところに戻るのかもしれませんよ。
ニーハイ履いて。
ニーハイ履いて戻るのかもしれませんよ。
千夏先輩は試合が終わった後にどこに行くんでしょうね。
気になりますね。
果たしてこの日の夜、これから何が待ち受けているのか。
ゆめかさんをここに連れてきてくれたのが大輝君だという話を聞いた千夏先輩はどうしてくれるのか。
ちょっと楽しみがあるんですけどね。
ですね。
大輝君のうんっていう感じのテンションがワイフルになってどんな展開になっていくのかは大変楽しみです。
では続きましてが、千夏先輩の滞在の第18話、内容としましては、
壮太さんの言うことには、翼君は意識不明、事故にあったまま意識不明のままで今いるこの世界は夢の中ということでした。
それを言われて、翼君の記憶も何か何かわかったような感じになった直後、
現実世界、4年後の世界、2023年3月27日においては、
お母さんの美奈子さんは目を覚まします。
家族はバラバラで日常生活に疲れてしまって、
病院の屋上から飛び降りようかと思ったところに架けるさんも飛び降りようとしてたんで、
それを止めましたところ、
なんと2人とも記憶ソースで翼君と一緒にいる夢を見るんだということが分かりましたという展開でした。
いろいろ判明した回ではありましたね。
一応、この漫画世界における現実というレイヤーはここなんだろうなっていうのは確定でいいかなという感じのところは分かりましたね。
そうですね。翼君は昏睡状態で、別に他の家族はちゃんと、
全員が生きてたかどうかはまだはっきりはしないけれども、生きていてっていうところですね。
しおりちゃんもそうですし、おじいちゃんおばあちゃんも生きてるかどうか分かんないんですよね。
そうだね。ただ、その福井で事故っていうの?の記事がちょっと美奈子さんが起きたときにありますけど、
そこには1人渋滞、1人何々って隠れてる感じじゃないですか。
だから他の人たちは大丈夫なのかなっていう気はするんですよね。
リビングの机の上が明らかに夢の中の一話の時よりも片付いてる感じはあるんですよね。
そうだね。
だからやっぱり、かしぱんはお母さんとして、経済本とかあの辺もないのかな。
おじいちゃんのアイテムとかもないような気もするんですけどね。
実際、事故では無事だったとしても、もうあれから4年経ってるわけですから。
4年間の間におじいちゃんおばあちゃんが亡くなってるっていう可能性はあるんですよね。
亡くなってる可能性はありますし、生きてるとしてもやっぱり済んでないような気がしますよね。
42:04
そうだね。
そうすると、だから他のみんなは現実に帰ってるけど、
もしおじいちゃんがずっと2000回ループしたら、おじいちゃんもすでに渾水状態だからとかっていう想像も泣き立ちますし。
確かにおじいちゃんだけがあの世界で記憶を保っていたっていうのが、
確かに現実での状況と何か絡んでる可能性はありますね。
その辺もどんどん情報をどんどん明かされるかが楽しみだなって思いますし、
あとは本当に福井で事故があった時の一人渋滞一人何々っていうところが、
これ一人死亡だと普通に考えればそうなんですけどっていうね。
そうですね。
だからそれが相多さんなのかなっていう気もするし、
もしかしたらこの一人が意識不明っていうところで、
それが実は翼くんでもう一人渋滞の人がいるんじゃないかとかっていう説も成り立ちますし、
ちょっとまだわかんないなと思ってるんですよね。
これ相多さんが事故の前、翼くんがやっぱり暗くなって部活辞めたのが小学生の頃だから、
旅行に行く時にすでにおかしな雰囲気になってたような気がするから、
前段階で7人目の家族には何かあったのかなと思ってましたが、
一人渋滞一人何とかで、このお母さんの回想、
私たち家族は交通事故にあって大切な息子を失いました。
失いましたって言ってるんですよね。
そうだね。
これが翼くんが昏睡状態になったことのみを指してるのか、
これミスリードで翼くんの他にもう一人息子がここで死んでるんじゃないかとかはちょっと一瞬思ったんですよね。
それは俺も思いましたね。
だから、実際翼さんにあたる人物がこの事故の時までは生きていた、もしくは生きている扱いになっていて、
法律上、世間的には生きている状態という扱いになっていて、
事故の時に死んだという扱いになった可能性もあるのかなって一瞬思ったけど、
特にそれを補強する材料は見つかりませんでしたね。
というわけで、一つ謎が解ければさらに謎が深まるみたいなところがあるんでね。
だから、とりあえず今後の状況、早く情報を明かしてくれ、それを元に考察するからって感じだったんですよね。
そうですね。
現実世界、現実の今週の、2023年、今週のこのみなこさん達に関しては、
お父さんも少なくとも翼くんと一緒に暮らしている夢を見ているという認識がある。
でも夢の世界のかけるさんは、今お父さんじゃなくなっているわけですよね。
そうですね。
その辺の層がどう解消されているのか、かけるさんの中で。
かけるさんは最近は見なくなっているのか、その夢を見なくなっているのかとか、わからないですし。
それと、この翼くん自身も夢の中で蒼太さんに事実を告げられて、
記憶が崩壊して、何か倒れるような描写、その先どうなっているのかわからないので。
45:06
夢の中の翼くんがどうなっているのかも大変気になりますし。
現実世界において、この夢の世界という共通の情報を得たみなこさん達がどう動き出すのか、
大変ドラマとしてもどんどんお話が進んでいっているので、楽しみです。
楽しみですね。
続きましては読み切りです。
読み切りです。
罪を背負いし影の忍びの本格ワークアクションセンターから読み切り47ページ 影の罪人 辻田大成先生
という感じで、辻田大成先生担当村越さんより一言。
ジャンプ12号掲載のショートフロンティア読み切りをブラッシュアップして早くも本心に再登場した辻田大成先生という形で、
4週間前、5週間前に掲載されたジャンプショートフロンティア 影と主という、あれをブラッシュアップした作品だったんですね。
そうですね。実際なんか俺先週の予告の段階でも、なんか前にこの設定見なかったって言ってましたけど。
そうですね。似てるなっていう話はしましたが、なんとあれが元だったんですね。
そうなんですね。小さい将軍様とそれに使える忍びの話でした。
という感じなので、ショートフロンティアからわずか1月ぐらいを経て、いきなりちゃんとした読み切りで戻ってくるなんてことがあるんですね。
そうですね。だからまあショートフロンティアがある程度好評というか、先週まで好評だったから長いのも書いてみようみたいな形で、
ショートフロンティアの掲載がだいぶ遅れたって考える方が自然な気がしますけど。
確かにショートフロンティアを書いて完成した段階で、もうこれちょっとちゃんとした読み切りにしましょうかっていう話になって、
多分そのショートフロンティアの反響を得るより前にすでに読み切りは書いていたのかなと思うと、ありえなくはないのかなという感じがありますね。
そうですね。
読み切りは読み切りで掲載会議を通ったってことなのかなと思ったりしますが、
辻田先生、趣味ネットフリックス。現代的ですね。
ですね。
好きな漫画たくさんあります。いいですね。という感じの辻田先生。
中身としましては、将軍に反旗を翻した忍びがおりまして、その人が追われているんですが、大名とかが悪いことをしているのを見逃さず、人々を助けるために一宿一般の、一宿はしていない一般の恩を返すために、
大名とそれに使える忍びとかをぶっ倒しまして、大名を脅していい大名にします。
これは知りたげられし民たちをおかげながら救った一人の罪人の物語という展開でした。
ショートフロントやった時も言いましたけれども、忍びたちのファンキーなデザインとけれんみのある絵とかアクションの感じっていうのは、いいなってまた思いましたね。
本当に絵の独特の味わいがあって、あの時も言ったような気もしますが、
キャラクターもすごいかっこいいんですが、背景とかにも力を入れているあまり、キャラクターが目立たない感じもしなくはないですが、
48:01
基本的なデザインと画力と味わいに関しては本当に素晴らしいものがあるなという感じですね。
そうですね。
ショートフロンティアではね、忍びって書いてある左手のデザインとかいいなって言ってましたけど、
今回のやつの方ではもう、国城さんのこのなんだこのデザインはっていう、骨の手みたいなのが重なってるデザインとか、
このなんかこうアホっぽい感じだけど、ちょっとわがまましいかっこいいっていう感じがいいなって思いましたね。
アホっぽいは僕は全然思わなかったですね。
はいはいはい。なんでしょうね、おそらくだからね、自分がこう燃やして骨になったような奴らの骨をはっつけてるんでしょうけどもっていうね。
いやーちょっとなんかこれも、本当はこれを使った能力がなんか隠されてたのかもしれないですよ。
それを出す前に負けちゃいました。
実際だったので、カトンシュリケンってやった時にね、カトンシュリケンもなんかちょっとドクロっぽいようなデザインになってるし、
燃え上がった炎の後になぜかこうドクロっぽい手がガサガサって出たりとかしてるしっていう形でね、
ある種のドクロにすげーこだわりのある忍びなんだろうなって思いましたけどね。
まあそうですね。
なんでしょうね、ある種のフリークス感というか、まあこういうノリ、そんなになんかバカっぽいとは思わず好きなノリだなとむしろ思ってましたよ。
はいはいはい。バカっぽいはちょっと言葉があれだったかもしれませんけど、まあ俺もなんかいい感じの味のある感じだとは思いました。
結構今週この読み切り全体通して一番心掴まれたのは冒頭2ページ、この左側のマスクをガバッとやってゼーってやりながら、
ハークレス・シンスケ・ギャツ・オシクネの無犯を起こした罪で必ず引っ取られろって言われてるところからの脱出し終わった後の月夜の天守閣を背後にやっちまったって言っている。
ここの一瞬の流れがすごくなんか熱かったですね。
はいはいはい。
険しい表情からのでも抜け出した後の一言が、やっちまったっていう、このなんかちょっと軽い感じすらする後悔みたいなところに言ってる感じとか、
このキャラクターに一気に引き込まれる感じがして、この冒頭すごい好きでしたね。
はいはいはい、そうですね。
あとはハークレス・シンスケくんの武器、本当どうやって使うねんこれっていう。
武器とかも良かったですねっていう。
実際これどうやって使ってるのかさっぱりわからないんだけどっていう。
えー、この最後に出てくる鎌みたいなやつですか?
そうですね、鎌みたいなやつですね。
可変式みたいな形なのか。
まあ影から大量に武器を取り出せるんで、そのうちの一つがこれだったということですよね。
その後にこの大名を落とす時にはもっと大量の刀を出してますからね。
そうですね。
まあこの辺りはね、無限の住人の万事さんだったりとか、あとはね、まあまあアンリミテッドブレイドワークスみたいな感じがあって良かったですけどねっていう。
これをさらにアクションに織り込んでいったら、よりケレン美たっぷりなアクションも見れそうな感じがしますよね。
51:05
そうですね。だからむしろそことかもっと見たかったなっていう感じはありましたけどね。
確かに確かに確かに。この大名を落とすところがかっこよかったからこそ、これをさらにアクションでも見たかったなというのはちょっとありましたね。
そうですね。ただまあそこはなくても十分かっこよさとね、ケレン美が伝わってきましたからねっていう。
まあそうですね。いやという感じで結構好みの感じ。
なんか作品を褒める時に他の作品を引き合いに出すのはあまり良くないとは思いつつ、思ったんで言ってしまいますが、
最近、内藤康博先生のトライガンという作品がアニメでリメイクされてるんですよね。
はいはい。
僕あのリメイク版に関して解釈違い派手しいんで。
まあこれはこれで魅力あるキャラクターなのかもしれないけれど、僕の好きなバッシュの要素は全部なくなってるなと思ったんで。
まあDアニメチャンネルで昔のトライガンを見直してるんですよね。
はいはいはい。
で今回のこのハークレイ・シンスケ君に関して、こうちょっと情けない感じで、でもすごい強者で、
で子供とちょっと親しみがある感じとか、子供に親しまれる感じとかが、
まあある種のバッシュ感があって、この褒め方は良くないとは思いつつ言っちゃいますが、
ある種のバッシュ感があっていいなと思ったんですよね。
なるほどね。
という感じなので、結構読んでて所々この主人公のある種のヒーロー性みたいなところとか、
まあ気の抜けてる感じのところとか、
まあ自分が逆賊扱いされてることに関してそんなつもりじゃなかったんだけどなーみたいなことを言ってるのに関しては、
なんかちょっとそこは自分に対する認識が弱すぎるような気もしましたが、
それ以外のところに関しては、このやっぱり人々、虐げられてる人々をほっとけず、
でちょっと軽い感じの口調だけれど、しっかり決めるところは決めるみたいな、
この感じはやっぱ好みだなと思いましたよ。
なるほどね。まあそうですね。
という感じなので、本当にお話の基本形のところをちゃんと踏襲して、
それをケルミたっぷりのオリジナリティたっぷりの画風で見せてくれるという感じの、
大変印象的な読み切りでしたので、なんか辻田先生の作品、もっといろんな作品を読んでみたいなと思いましたよ。
そうですね。
という感じで大変楽しみです。
では続きましては僕のひらかねみやの第383話。
内容としましては、時間はちょっと戻りまして、
マキアスさんの拘束をヴィランが解除しようとしていたのをみんなで止めに行きます。
アシドちゃんとかも頑張ります。
そしてシンソウ君がマキアスさんをギリギリ洗脳して、
マウントレイさんとかも加わりまして、
オールフォーアンスさんと大乱闘という展開でした。
いやーもう今週はアシドちゃん男前、女前とも言うけど、だなと思いましたね。
まあそうですね、現代はなかなか使いづらい単語ですから、表現ですが。
いやー、本当にアシドちゃんがちゃんと強いところを見せてくれましたね。
そうですね、自分のトラウマを乗り越えて、
マウントレディも助けるし、シンソウ君も助けるし、
自分の大好きな男の子も助けるしっていう感じですかね。
54:00
そうですね、アシドちゃんとマキアスさんとキリシマ君の因縁みたいなものは、
なんかテンテンとしてるからずっとついてるわけではないんで、
ちょっと裏に隠れてる感じはありますが、本当にやりきった感がありますね。
やりきった感ありますね。
だからちゃんと感動できたし、いいぜっていう感じだったし、
そしてそれがつながって、もう最後怪獣大乱戦が始まるからねっていう。
すごいゲー面でしたね。
すごいこれ、ギガントマキアさんにおいて、マウントレディにおいて、
もうビッグダークシャドウもいるみたいな。
その真ん中でもう奮戦してるオール・フォー・ワンさんっていうね。
だからあれだね、オール・フォー・ワンさんが逆に怪獣たちを止めてる見方に見えるなってましたね。
いやいやいや、全くそんな感じではなかったですが、
オール・フォー・ワンさんが表情読み切れないところはありますが、
ちょっといやそうなというか、ちょっとストレス溜まってそうな表情をしてるのは嬉しいと思いましたよ。
そう、これは嬉しいですね。
オール・フォー・ワンさんがすごいいやそう、よかったっていう感じの、追い詰めてる感があって大変盛り上がってる感じの、
絵面の派手さとオール・フォー・ワンさんのリアクションも含めて盛り上がってくる感じの表現でしたよ。
ですね。
あと地味に第1話のヘドロヴィランがまた登場してるのもちょっと面白かったですよね。
そうですね。懐かしいって感じだよね。
懐かしいという感じで。
この彼、ヒロアカがアニメ化する前にコミックスの難関だからについてきた特典のCDドラマとかに、
オリジナルストーリーとして、こいつが脱獄して幕府君たちとまた再戦する話が入ってたんですよね。
はいはいはい。
だからもう何度目だよっていう感じなんですけどね。
そうなんだ。
番外編でも脱獄してたんで、またかよっていう感じだったりするんですが、
本当にヒロアカを象徴するヴィランになりましたね、彼は。
ですね。ここまで来るとね。
そうですね。
だから最後、全てが決着ついた後、エピローグ的な展開があるんだったら、そこでもう一回みたいなぐらいの感じがありますよ。
さすがに今回妖怪劇もやられたしって、さらに操られてもいるし、ダメじゃない?さすがに。
いやいやだから、脱獄したヴィランとして以外の方法、何なら構成した後の姿でもいいですから、最後にもう一回見たいですよね。
あーなるほど。確かにそこは見たいかもしれないね。
という感じの、懐かしの彼というのがちょっと、本当に最近のヒロアカの総決算感を彼も象徴している感じがしてちょっと面白かったです。
はい。
じゃあ続きましてもセンターカラーです。
まだまだ続くテレビアニメ超大好評&ロボ子の膝絶好調記念センターカラー僕とロボ子という形で、センターカラーはかわいいメイコとかっこいいロボ子の一枚でした。
そうですね、今週がメイコちゃん回でしたからね、ちゃんとそれにふさわしいカラートビラでしたね。
中本をしましては第130話で、メイコちゃんがロボ子ちゃんに夢中のもつおくんに認めてもらうためにオーダーメイドグランプリに出場しました。
57:07
そこにロボ子も来ましたが全然ダメでした。
でも最後はズルをしてメイコちゃんに追いかけてたんですが、やっぱズルだったんでダメですという展開でした。
いやーでも今週はメイコちゃん主役で、どんな時でもかわいさと優雅さを崩さない王道清掃キャラクターが、ロボ子ちゃんに勝ちたいと必死の凝想になっているというところはグッと来るのがありましたね。
最後の表情を崩したところで、メイコちゃんの気持ちが隙位置を越えてくるというか、壁を越えてきた感じ、決壊した感じがして、そこはグッと来ましたね。
そうですね、本当。自分の中の譲れない気持ちのために頑張る女子ってのはいつだって魅力的ですからね。
そうですね。
そうですね。だから本当に俺の中のメイコちゃんの株がめっちゃ上がる回だったねっていう。
いやー確かに。もつもくんがロボ子に夢中で、自分のことを認めてもらいたいからっていうあずねに関しては、別幕だと思うけどなという感じはありましたけどね。
いやーでもそれだけはロボ子ちゃんのことを、ロボ子ちゃんって言っちゃうけど、ロボ子のことも認めてるしっていうところでね。
そこらへんも素直なこのメイコちゃんの心の中見てていいじゃないですかっていう。
そうですね、確かに。本人の善性ゆえに、性格の良さゆえに、そこを別幕として捉えられないんだなっていう感じで、そこも確かに高評価なところではありましたね。
ちなみに僕は、譲れないもののために頑張る女の子が好きっていうのに対しては、ロボ子に対しても感じてるんで、そこが僕はロボ子がすごい好きな理由なんだよねっていう。
確かにそうですね。すごい、ある種ひたむきですからね。
そうそう、承認欲求に純粋でひたむきなところすごい好きですからね。
そうですね、あと今週ご主人様が勝手に応募したことにしてるんでよろしくって、ボンド君本人にお願いしてる感じとかも含めて、可愛げがありますよね。
可愛げがありますよね。
そんな可愛げであるロボ子に勝ったってことで、ほんとメイコちゃん良かったねって感じですよ。
あと今週登場したいろいろと要注目の他オーダーメイドが登場しましたが、この巻紙のストロングビービ子様がデスアクションじゃなかったのが残念でしたね。
そうですね、やっぱタテロールって言ってお嬢様キャラみたいな、メイドキャラだけどさっていう。
タテロールだとデスアクション欲しいねって思いますね。
そうなんですよ。確かにタテロールのお嬢様が顔をしてるんで、デスアって言って欲しいけれど、確かにメイドという属性を考えるとデスアはふさわしくないのかな、じゃあ仕方ないかなという感じで納得はしたんですが。
その辺で見た目のインパクトはあったんですが、そこから先キャラクターが進んでいかなかったのはちょっともったいない感じもしたので、せっかくこれだけいろいろオーダーメイド登場してきたんで、いつかまた他の要注目戦車を見たいですよね。
そうですね。
広げるような展開を見たいなとちょっと思いました。
では続きましてが、マッシュルの第149話。内容としましては、マッシュ君、生き返るためにタイガーの扉をぶっ倒しました。
逆に面白いんで生き返らせてもらうことになりましたが、筋トレしてから行くことにしました。
1:00:01
そしてメリアドールさんがイノセントゼロさんを止めようとするんですが叶いませんでしたという展開でした。
タイガーの扉って思ったより柔軟志向だったね。
逆に面白いっていう。人間が滅んだら今後この扉に訪れる者がいなくなるから、人間を救ってくれるなら生き返していいよという納得でしたね。
それに対してマッシュ君が力が欲しいとかではなくて、筋トレしてから戻ってもいいですかって言って、力とかもらうんじゃないかいっていう感じとか良かったよね。
そうですね。ここでって言ってますからね。
精神と時の部屋みたいなところだからね、これはもう大パワーアップが期待できるなって思いますね。
確かに復活した瞬間にすごいことになってそうで楽しみですね。
ただ、戻ってくるためには66.6時間必要らしいんでっていう。メリアドールさん曰くっていうね。
本当今週メリアドールさん一瞬でやられてしまったんで、大丈夫か66.6時間っていうのはあるんですよね。
時間魔法を上手いこと逆利用する感じで復活展開もあるかなと期待してるんですけど、わかんないですね。
わかんないですね。でもそうなってくるとなるとやっぱりおちょあさんが活躍しそうな雰囲気もあるけどね。
まあまあ確かにありえますね。
一応ね師匠のことも心配してますからね。
だからちゃんとおちょあさんにも前世人の心は残ったんだって思いましたから。
そうですね。師匠って言ってるだけで別に駆け寄ったりはしないですけどね。
まあね。両親の過酌によって何かしらしてくれるんじゃないかって気もしますからね。
はいはいはい。
というわけで本当にどうやってマッシュクモを復活させるかというのが楽しみですね。
そうですね。いやという感じで本当に66時間しのぐ展開もなくはないと思いますし、時間魔法を使うんであればそれを誰がどうやってやるのかみたいな感じで
すごく爽快感のある展開というかスカッと感のある展開になる可能性もありますし
すごくいろいろ楽しみですし。
あとはちょっと想像の領域ではありますが気になったのが
このやっぱ大化の扉のところにいる頂上の人、この頂上の存在の方
なんかこれまでにも他の人も訪れていたようなことを言ってるんで
何千年の間にどうだろうこうだろうみたいなことを言ってるんで
何年に一人ぐらいなのかどのくらいの頻度だったのかわかりませんが
やっぱりこの人はイノセントゼロさんの関係者の可能性ないかなと思ってるんですよね。
なるほどね。だからこの人が逆に何か与えてたっていう可能性もあるってことね。
イノセントゼロさんがマスクにとっての友達みたいな何かを置き去りにして
力を手にした可能性もあるかなとかちょっと思ったんですよね。
なるほどね。まさかそんな重要キャラだったとはっていう。
この大化の扉の人、なんかどういう立ち位置かわかりませんが
昔から人間相手に取引を持ちかけていたみたいなことを言ってるんで
えっじゃあ結構イノセントゼロさんとかその前の師匠とかその師匠の人とか
関わってたりしないってちょっと思ったりとかしたのもちょっと気にはなりました。
はい。
1:03:00
では続きましてが夕桜さんちの大作戦の第171話の内容としましては
太陽くんたちの子供の二人、双子の子供、アルファくんとひふみちゃんは
それぞれが別方向に問題し、アルファくんは優等生なんですが
ちょっとこう人付き合いに問題がある感じで
ひふみちゃんに関してはエキセントリックな感じで大変ですという中
二人とも喧嘩はすれども仲はいいんですが
ひふみちゃんに関してはアルファくんのために何をしたらいいのかどうしたらいいのか
聞くために夜桜家一堂に会いに行きたいですという展開でした。
いやー先週がめっちゃ衝撃だったんで
今週はその衝撃のその5年間の間を埋めてくれる回なのかなと思ったら
普通にこの5年後の普通の生活が始まってるんでちょっと戻ったんですよね
僕は間を埋めるとは思わなかったんで
ちゃんと子供、なんなら本当に子供世代が主人公になる展開なのかなと思ってたんで
かなり想像に近い展開でしたね
なるほどね
実際この現在の立ち位置を表すエピソードとしては
すごいなんかわかりやすくてよかったですからね
いやーでも本当にちゃんとアルファくん可愛かったし
ひふみちゃんのかこの京一郎兄さんそっくりっていうところが
こう意外性があってよかったね
そっくりとは言いませんが愛が強い家系なんですね
そうですね
いやーまさかこんなところになんかこう覚醒でんじゃないですけど
似てくるなんてっていうところはね
でも京一郎兄さんがこう女の子だったらそりゃ可愛いだろうって思うしねっていう
まあまあまあそうですね
しかも双子でずっと一緒ですからね
そうですね
可愛くてしょうがないんでしょうね
ですね
いやーそしてだからまあね本当なんかもう
スパイファミリー始まったぜみたいな感じでなってますけども
はいはい
で果たしてこの後だから
こうひふみちゃんが単独で会いに行く感じなんですかねこれは
今のところはそんな感じはしますけどね
もしかしたらなりゆきでアルファくんもついてくるかもしれませんが
まずは子供世代が先におじさんおばさんに会いに行く展開なのかな
それはすごい楽しそうだなと思いますね
そうですね
でもまだ意外とその子の家族
4人は紹介されたけど
そのあいさんとかあやかさん
ご家庭に関してはねまだ出てきてないんで
はいはい
だけどそのアップルパイ切り分けていこうかっていうとこの家族表のところには
買い物その3人出てるみたいな描写がありますけど
はいはいはい
ちゃんとあいあやかさんご家庭は一緒に住んでるらしいんで
そこをまず気になるんですよ俺っていう
あーまあまあそこは結構いいタイミングで出てきて
それぞれ成長を見せてくれそうですからね
そうなんだよね
その辺はどのタイミングでもいいと思いますが
やっぱりおじさんおばさんの現在が見れた後の最後
しんち太陽くんたちの進化を発揮本領を発揮
現在の強太陽くんを見せてくれるみたいな
現在のつよつよ太陽くんとかを見せてくれるんだろうなみたいな展開が
今からメニュー館でもう楽しみですよ
そうねつよつよ太陽くん見たいですね確かに
それを大取りでいいですね
1:06:00
最後にここぞというところで助けに来てほしいですね
いいですね
あとは夜桜系結構シルエット出てますけどね
心臓兄さんがちょっとワイルドになってるというか
なんすかこの髪型みたいなところになってるんですか
そうなんですよね
他のキャラクターに関しては少なくともシルエットの段階では
そんなに違いがわかんない感じになってるんですが
心臓兄さんがなんか変なんですよね
そう変なんだよね
だからちょっとそこがすごい楽しいなってことですね
そうですね
なんかストリートファイター6のリュウみたいな感じで
なんか仙人化が進んでそうな気がするんですけどね
ヨステビト感が増してるんじゃみたいな
あの修行からどうやって仙人にって思うけどね
そうですね
ちょっとこのうっすらとしたシルエットだけでも
いろいろ想像刺激されて楽しみですね
楽しみですね
という感じでまあまあこの検証金に関しても
ニューと書かれていることから
まあ最近かけられた検証金なのかもしれないので
そう考えると本当にこのタイミングで5年経って
朝さんたちの夜桜回収が始まったのかな
このオンデッドもその一環なのかなとか
いろいろ思うと
まあこのアルファちゃんの行動が
一応ストーリーの開始時点ではありますが
朝さん側も何か始まってるのかなとか
いろいろと大変本当に楽しみになってきました
気になりますね
では続きましてが
ニエ・ジョーズの若指の第103話
内容としましては
ミマちゃんが使用の道筆を操ったりとか
台風を強めたりとか
ちょっと力を加えるような感じで
トキユキ君たちに打撃を与えていきます
しずくちゃんの陰で何とか一旦は撃退するんですが
コウのモロヤス、コウのモロナムの兄弟が
砦をすごい勢いで滅ぼして迫ってきますという展開でした
いやーまずは今週は本当に
血類を流しながらこう
友達だと思ったのに!
っていうトキユキ君を攻撃するミマちゃんが
すごい迫力で良かったなと思いました
いや本当ですね
なかなか
なんでしょうね
なんかクレイジーサイコラブな感じで
良かったですね
そう良かったですね
衣装も何だろう
やっぱ横乳とかいいなって思ったしねっていう
思った以上にやっぱセクシー衣装だったんだな
っていうのが良かったですよっていう
なるほど確かにこれ
下に何も着てないんですかね
着てない風に見えますねこれはっていう
確かに
横がかなり大きく開いてる感じがしますね確かに
まぁまぁね
これやっぱり同じ巫女でもね
悪の方が露出が高いっていうのはありますからっていう
なるほどなるほど
その辺は基本にチューズアートもなしっていう
確かにそうですね
その一方でちゃんと雫ちゃんのこの巫女服から
体の輪郭が透けて見えるという
このシースルー感も良かったですよね
いいですねだから巫女対決盛り上がってますね
そうですね
横乳対シースルーという対決が見事でしたね
良かったですね
これだからお互い痛み分けっていう形でしたからね
1:09:02
まぁまぁまぁ
まぁ巫女ちゃんに関しても
なんかある種その武将の娘として割り切って
敵として割り切って襲ってきてるのかなとも
ちょっと思ってはいたんですが
実際対面してみると思ったよりもやっぱり
ときゆくんに対して裏切られた
信頼を裏切られたみたいな
そういった感情的なこだわりみたいな
執着みたいなものがあったっていうことが分かったんで
そうすると単なる敵として以上に
やっぱりときゆくんとの絡みが楽しみになってきますよね
そうだね
その辺の気持ちを恐怖するような展開があるのか
あってほしいなみたいな
そういう感じで巫女ちゃんとの再会も楽しみですよ
そして今週はもう大仏殿が倒壊した名古屋たかくにさんが
もう一周でクビだけになったのが悲しかったですね
いやーなりそうだなと思ってましたよ
そうなんだよねだからこの頭の特徴的な髪飾りは
このためだったのか
クビになった時に分かりやすくするためだったのか
っていう衝撃がありましたね
なるほど確かに
副産物というかキャラ立てキャラ付けの副産物というよりかは
ここから逆算してる可能性はありますね確かに
ありますね
いやーというわけで
もういきなり大ピンチじゃないですか
ときゆきくんたちっていう感じですかね
いやーしかもねいくら三浦さんが強いっていう評判があったとしても
さすがに河野さんほどではないまだ格は上がってないですし
しかも河野さんだけじゃなくて今川よりくにっていうね
牛大好きとかって言いそうなキャラも前にいますし
って感じで怖すぎるって感じ
確かに確かに一瞬これ分かんなかったですね
そうですね牛の人がいるんですね
そうそう今川よりくにってちょっと名前あるしねっていう
というか増井先生は今川家の書き方がだいぶ
特徴的すぎるだろって思うけどね
確かにそうですね
まあ牛とかもよく昔の戦闘だと使われてるようなイメージはありますからね
そうですね
あとはもうね牛の頭が牛といったらミノタウロスみたいなところもありますし
だから下手すら馬より強いんじゃねえかっていう恐ろしさがありますからね
そうですね日本業界でもガクダンとかいろいろいますからねゴズメズみたいなやつとか
そうだね格高いからね牛って
そうですね
いやーこれは大変な強敵の予感で
でもまあ三浦兄弟もまあ兄弟ですからね兄弟対決ですね
そうですね確かにこれは兄弟対決だね
っていう点で全然こう意外な感じ
そんなに強キャラっていう感じではないけれど
一生懸命で心の中に優しい人たちが前線するという展開は全然あり得るので
応援して見守りたいと思いますよ
ですね
続きましてが1号機操縦中の第16話
何としましては1号機君は金玉を求めて空を自由に飛んだ結果
不法入国で捕まってしまいましたら
刑務所にオカピの金玉があってそれをもらうために
PJディラショーをおとなしくさせることになりました
1:12:00
見守ちゃんがPJを手懐けてくれてよかったという展開でした
いやーでかくて控え金玉がオカピと金玉って言われて笑っちゃいましたね
オカピの風評被害ですよね
全く思ってその通りだねって
こんなでかくないやろって
そこに対して全く突っ込まないどころか
あのお聞きしたいんですがそれオカピの金玉ですやったーですからね
そうそうそうそう
いやいやオカピってそんな大きな動物じゃないし
今回に関しては結構自由の国アメリカも風評被害受けてるんでしょうがないかと思うんですけど
いやー本当に勢いのある回でしたね
勢いのある回でしたね
だからねいつものこのなんだろう漢字二文字みたいなギャグも全部ニアとかデストロイとか英語になってますし
いやーPJもなんか本当に一話ですげーキャラ変するしっていう感じですごいキワやったよね
そうですね娘さんも泣かしに泣かしまくったと言いますが脅迫よりはいいんじゃないかと思いますよね
まあ確かにね脅迫よりかはいい気もするけど
でも狂ったのかーって痛くなる気持ちもわかる娘さんがっていう
いや確かに刑務所に収監されて10年後に会いに行ったら幼児退校してたら何があったんって悪い想像しかしないですよね
本当そうだよねっていう辛いことあったのーっていうね
刑務所の中でよっぽど非人道的な虐待料も受けたのかって思っちゃうんですよね
怖い怖い体操大国アメリカ怖いって感じになりそうだよね
そうですねまあまあしょうがない大号泣しますよそれは
あーというわけで本当に勢いだけはすごいでっていう
本当ですね最後の最後まで一号機さんどうぞサンクスっていうこのやり取りも良かったですからね
良かったね
牢屋の中の夜でもオカピの金玉が照らして眩しいぐらいっていう表現とかもすごかったですからね
それに誰も触れないという
あと2つですけどレア金玉はっていうね
果たしてどのどんな金玉が出てくるのかそしてこのレア金玉残り3つのカウントダウンなのかとか色々気になりますけどねっていう
全て揃った時に何が起こるのか楽しみですよ
楽しみですね
続きましては人造人間100の第15話内容としましては
今回103にやられたナンバー33さんは
人間の子供を育てて自分の部品にしたんですがその子供が自分に殺される時になっても
嬉しさの気持ちをなくさなかったっていうことに対して疑問を抱いていました
自分がその気持ちを理解できなかったけれどもし理解できたら
あの子たちとまだ一緒に暮らしていたのかなという幻想の中で死んでいきました
そしてアシビ君は正式にモート政府の戦い方を教えてもらうそうですという展開でした
今回のその人造人間33さんの回想に関しては
1:15:03
アシビ君には全く観測されてないんでちょっとわからないところもありますけども
ある種のこのロクシー編で否定してた人造人間に心が育まれるかもっていうところを
改めてその可能性もあるんじゃっていう風にしてきたことに関しては結構びっくりだったし
どうなっていくんだろうこの漫画っていう感じになってますね
やっぱりこの方向にも進んでほしかったんでそこは期待通りで
確かにそれをアシビ君が直接は観測してないっていうのはすごくもったいないなっていう感じにはなるんですが
一応最後この現時点で養っていた女の子っていうのが33に対して
なんでよワーンって言って泣いてすがっているという
この感じで慕われてたんだなっていう感じのこの一瞬があったんで
やっぱりアシビ君の中には何か残るんじゃないかなとは期待してるんですけどね
確かにそうですね
まぁ実際でもねあっちの方でやっぱロクシー編で見たところがあるんでね
ある種何かしらの人造人間さんの方で後悔の言葉とかがないと
俺はなんかあんまり何か進む感じもないんだけどなっていうところはあるんですけどね
まぁまぁこの先の展開でアシビ君があの時のあれみたいな感じで思い返して
何かこの時何を思ったか補強してくれたら
先々の展開に繋がる可能性は全然あると思うんで
まぁまぁまぁ似たような展開がこの先またあるのかもしれませんから
そこでっていうことなのかもしれませんが
まぁ積み重なっていって何か新しい展開が開かれるんじゃないかなというのは期待してますよ
いやそうですね
実際まぁなんだろうねやっぱその
いまだ問題で言うとさ人工知能みたいなものが今すごいAIとかも発達してるし
実際にAIは心は持つのかとかっていまだにすごい議論されてるところではあったりしますけれども
だからそういったところも含めて
本当俺この漫画があの人造人間っていうものに対して心っていうものをどう扱うかっていうのに関しては
マジで興味があるんで
そのあたりのその育成っていうのはすごい楽しみにしてますよ
まぁそうですね個人的には人造人間に関しては
まぁ心が未発達みたいな感じで精神性の核のところに関しては
やっぱ人間的なものが最初からあると思っているので
なのでそれが育まれ最初はそれが自分を完璧な人間にしたい
捨てられたというトラウマを克服したいという方向性で動いてますが
それがだんだん時間が経っていけば成長していけばそれとはまた別の
それよりも先の願いを持ち得るっていうのは当然な気がするんで
人間性は元からあるただそれが未成熟で限定的だったっていうのが
成長していく可能性は全然あると思っているので
なんかそこまでAI的なものとは思ってないんですよね
はいはいはい
なるほどね俺はちょっとやっぱAI的なやっぱり効率っていうみたいな
人間の心は理解しなくてその完璧な人間になるという目標だけを与えられたAIみたいな
印象で人造人間を見てたんで
だからそのあたりがもしかして変化するんだったらどうなるのかなっていうのが興味があるっていう感じ
1:18:03
そのあたりは本当にこのあたりの物語展開でいろいろわかっていきそうで
客さんも自分のことは何も知らねえなって言ってますからねっていう
そこらへんはすごい確かに楽しみだなって思いますね
確かにそうなんですよね
この人造人間100さんが私は人間よりも私のことを知らないなっていう風に思う
それを自覚するっていう点がどういった方向に行くのか現時点ではわかりませんが
ある種その自分というものを
ある種自分のことを客観視する視点を持ち始めたっていうのが
精神性の成長の兆しなのかなという感じもしますからね
そうですね
私っていうのはこうなんだな私っていうのはこうなのか
私って何だろう私は何なんだろうっていうところまで疑問が進んでいくと
やっぱりそれはこれまでとは違った人間性に発展していきそうな気もするんで
この一駒意外と先焼き重要なんじゃみたいな感じで
何かすごい気になる感じの一駒でしたねそこも
そうですね
あとはね本当に
俺たちの能力の秘密をって言ってるところがめちゃくちゃ気になりますねっていう
いやーついに超スピードが解かれるのか一体なんだろうなって
すごいワクワクしてますよ俺はって
そうですね人造人間的な何か身体に埋め込んでるんですかね何か
そうだねだから最初大術的なもんかと思ったけど
この流れだとやっぱなんか自分たちも改造してる感あるよねっていう
可能性はありますよね
いやーという感じなので果たして
果たしてこのスチームパンク的でもないですが
ちょっとレトロな雰囲気のあるSFテイストがどういった方向に行くのかも含めて大変楽しみですよ
ですね
では続きましてジャンプショートフロンティアです
不規則ダメ絶対スタイリッシュスクールライフ読み切り15ページ
規律の規律小二郎先生という形で内容としましては
服装の乱れを注意されていたイリガーさんという女子高生が
ペナルティーとして校内ブランティアに参加しようじゃないと退学と言われて
そのボランティア一緒にやるのが生徒会長のキリッツくんでした
キリッツくんでしたという形でキリッツくんがすごい真面目で
人に好かれてるのを見ていて
イリガーさんはちょっとなんでこいつだけみたいな感じで
ちょっかいかけるんですが最終的にはキリッツくんに惚れちゃいますという展開でした
まあ勢いあって面白かったですけど
ただ俺は本当に怪我を負わせたからって後院届を出したところで
こいつやべえだっていうところがあってちょっとホラー味みたいになってました
そうですね意外とそこに行くまでのところはもうやややりすぎな感じは常にありますからね
そうですね
ただ逆に本当にだからさ怪我させたってことで後院届を出してくる男って
逆にすげえ詐欺師っぽい怖って思ったんだよね
まあ確かにそうですね
ちょっとしかもこんなに後院届を大量に持ってるっていう時点で
1:21:03
ちょっとサイコパス感がありますよねやっぱり
そうそうそう何だろう薬も過ぎれば毒になるじゃないですけどね
優しさも過ぎればこうねある種の怖さというかになっちゃうのかなっていう
ひょうくんも含まれてたかもしれませんけどね
なんか全て相手のために真面目にちゃんとやっているっていうのはともかく
結婚してやるのが相手のためって思っているところが
すごい独善的な感じがして急に怖くなりますよね
そうですね
だからちょっとホラーだなって思いながら読んでたけど
最終的にイリーガさんがねちょっと惚れちゃうみたいなところに関しては
ある種こういうグイグイくる男が好みのタイプいると思いますから
そこはある種納得したんですけどね
なんかキリッツくんのこの感じにマッチする人っていうのは
全然いいでもおかしくないと思うんで
そこに関しては全然飲み込みましたし
ギャグとホラーはもともと紙一重ですからね
そうですね
なのでキリッツくんのこの狂気感っていうのもちゃんと正しいツッコミを入れれば
全てギャグとして回るっていうふうに思いますんで
イリーガさんに誘惑されてひたすら煩悩と戦うキリッツくんみたいなところとかは
ちゃんとラブコミしてる感じがして好印象だったんで
すごく読み心地の良い雰囲気の良い読みキリでした
そうですね
本当にイリーガさんはこいつと付き合ったら絶対苦労するだろうなって思いましたね
そうですね
まあまあそのツッコミも含めて楽しんでくれたらいいなと思います
では続きましてが暗号学園のイロハの第17話の内容としましては
今日は一学期に一度の暗号で脳を急速させるデストレビーという形で
暗号関係が全て禁止の休みの日となりました
イロハくん大変喜びまして
どんなレクリエーションをするかということで
バームくん編を作ることに決まりました
みんなで作った結果
それは日本で戦争捕虜が初めて作ったものという形で
ちょっと平和教育も含まれていました
みんなマガミス展開でギスギスしていたのが解き放されましたという展開でした
読者的にも本当に最近暗号尽くしというか文字尽くしだったんで
こういうほのぼのキャラクター深盛り会みたいなのがすごい良かったですね
確かに一話の密度というかテイストテンションが全然違いましたね今週だけ
違ったね
久しぶりこういうのあるとああええわって感じになるよね
そうですねちゃんとその中にキャラクター同士の
主にはいろはくんとえんちゃんの仲良い感じですとか
東周祭さんたちのこのかっこいい立ち姿ですとか
最終的にみんなでわきあいあいバームくん編みたいなこの1枚とか
すごくキャラクターの仲の良いところ
本当に雰囲気の良いところっていうのが描かれてて
1:24:01
大変なんかホッとする一話で良かったですね
良かったですね
ちゃんとそれぞれのマイバームとか書いて
情報量もあっていいし
そうですね
あとはマダミスで決勝に残ったヨウサイムラさんの
格上げにもつながってるしっていう形だったし
さらに言えば特命希望さんとか小声さんとかに関しては
マイバームなんでもありマイバームはなしアメリカンとかって書いてあったりして
やっぱクラスの人たちとは別なんだなっていうところがちょっと表されたりとか
そういったところの情報量はめっちゃちゃんとしてるんだよねっていう
そうですね
最後のところの引きで特命希望さんがちょっと離れたところで見てる
イルファ君のことが眼中に入っていないっていう感じとか
で小声さんは何か考えてますよみたいな感じで
ちゃんと次につながる感じ
この2人だけ向こう側にいるっていう感じの描写っていうのも含めて
いや本当にホッとするだけではなく
次への緊張感がある展開でそこも大変良かったですからね
良かったですね
そしてあと俺がすごい好きだったのはやっぱりこの
全員のマイバームが書いてるところで
あの党首催一派のところが全部コンビニのバームクーヘンとかすごい良かったですね
全部そうなんですね
全部そうなんですよっていう
だからすごい良かったなと思って
俺はもう党首催好きなんで
もうこの5を見た後にちゃんと金のバームクーヘン食べたからね
確かにこのマイバーム半分もないですね
3分の1くらいは実際に知ってるやつで
多分全部実際にするんだろうな
これはコンビニで見たことあるかなと思ったんですが
そうなんですね
全部ちゃんとどういうバームクーヘンか調べると
ちゃんとそのディティールというか深みが感じられそうで
それは楽しいかもしれないですね
楽しそうですね
ちなみに俺のマイバームはジイチロウなんですけど
だから母からランスモップさんと同じなんですけど
ちょっとあの好感度が上がりました母からさんのっていう
あと僕マイバームなんか昔食べたりとか
お土産東京駅で売ってるやつとか食べたことあるけど
そんな正直心に響かなかった
一番最近食べたのは間違いなく無印のふぞろいバームですね
はいはいはい
あれを最近食べました先々月くらいに食べましたねローソンで
なるほどじゃあ小芝居しつけさんなわけですねっていう
そうですねあえて言うならそうですね
いや確かにおいしいバームクーヘンはおいしいと思った覚えはあるんですが
全然食べないんで最後に食べたの最後に食べたのというか
最後にこんなおいしいバームクーヘンがみたいに思ったのって
多分本当に数年10年以上前の可能性があるんで
全然ちょっとマイバーム感がないんで
いやちょっとまあせっかくだから食べれるものは食べていきたいですね
この中で
そうですねだからまあまずは党首さん一歩から食っていけばいいじゃないですかっていう
コンビニで買えるのを探索していきたいですね
これが党首さんの好きな味かーって言いながら食えば楽しいですよっていう
1:27:01
まあそうですね
なんかこの間のまだ見つかりとかで紹介されてた小説とか
多少伝承性化って読み始めたりとかもしてるので
この情報量の多さというのがいろんな方向にこっちの興味を引っ張ってくれてるというのは
結構いい様子だったりするんで
今回のバームクーヘンも実際開拓してみたいと思いますよ
そうですね
続きまして銀河と龍那の第27話
内容としましては銀河君は生まれた時から角が生えていて
妹さんと共に迫害されてたんですが
妹さん金持ちに持って行かれて連れて行かれて
暮らしてると思ったんですが殺されて標本にされてました
銀河さんぶち切れて金持ち殺して妹の死体を取り返したりとかして
それを教えてくれたのは間柄家さんでした
間違いでしたただしたい
今回も龍那ちゃんのことに関して間違えたと思ってるから
龍那ちゃんに触れずに去っていこうと思っていますという展開でした
いやー銀河さんの過去編が語られましたけど急に
はいはいはい
もうなんだろう間柄家さんまで関わってると思わなかったし
全然イメージと違うもっと天才少年で活発な男だと思ったら
全然違ったみたいなところがあったりして
かなりびっくりする回でしたね
いや本当にこれでここから今のもう何でしょうね
兄貴分的なキャラクターの気のいい銀河さんになったっていうのが
よっぽどここから先以来に恵まれたんですね
そういうことでしょうね
そのあたりもちょっと本当に間どうなってんだろうとか気になるし
あとは間柄家さんがこの頃からある種銀河さんの体を乗っ取ってやろうって
覚削したんだろうなっていうのは驚きだったと思いましたね
そうですね
まあまあ間柄家さんの目的がもともとその月
魔力の月っていうのがで
それの欠片が銀河さんの角になってるみたいなんで
まあそれは狙っても当然だなと思いますよね
そうですね
だからまあいろいろね
ああそうなんだっていうところではあったわけだけども
しかしこれがだからどう繋がるのかって言ったら
まあねちょっと悲しい感じの方向に行っちゃったんで
ちょっとそこはすごい残念というかどうなっちゃうんだろうって感じになってますよね
まあそうですね
銀河さんに本当に龍奈ちゃんを救ってほしかった
龍奈ちゃんの救いになってあげてほしかったんですが
ストレートにそこにはいかなかった感じなんで
これは逆に龍奈ちゃんが一旦銀河さんを救ってくれる展開なのかもしれないですね
そうですね
いやーだからでも龍奈ちゃんはあれからね
姉モネさんちゃんとベレッタちゃんのこと覚えてるんだねって思いましたけど
そうですね
銀河のことだけ忘れたんですね
そうだねだからあの思い出の中にも銀河さんはいないってことなんだろうけどね
それは逆にすごい切ないなって思いますけどね
まあちょっと素愛感ありますよね
いやーだから逆にここからどうやって銀河さんが復活するんだろうって全く読めないんで
ちょっとこのままバッドエンドみたいな方向に進んでほしくないなって気持ちがめちゃくちゃあるんで
自身はすごい気になりますね
そうですね確かにバッドエンドになる可能性のある作品ではあるんで
1:30:03
ここまでのテイストも本当にダークよりの方向にどんどん進んでいった感じがしますんで
なくはないなという感じで怖かったりするんですが
リュウナちゃん
なんとか銀河さんを救ってそして銀河さんがリュウナちゃんを救ってくれる展開が来ることを本当に楽しみにしていますよね
そうですね
では続きましてが大東京夢伝の第28話の内容としましては
マナカちゃんが学校に転入してきました
タヌキオさんも転入してきました
幸せな日々が続きそうな感じだったんですが
東京に滞在収的なのがやってきまして
ジンタさんピンチという展開でした
いやーもう今週はもう学園ラブコメが始まったぜみたいなノリで見始めたら
急にラスボスらしき存在の無しさされ一気に滞在収が出てきて
大ピンチみたいな感じですごい高低差の激しい感じ
マナカさんが転入してきてほしいなっていうのはみんな言ってましたからね
そうですね
いやーついに希望が叶ったっていう展開からのそれが継げたっていう展開でしたね
失う時が今日だったとしても何もおかしくないっていう
もうなんかこう全読者にもこうなんか突きつけてくるような展開がシリアスだなって思いましたね
そうですね大東京夢伝はいつ終わるか分かんないってことですからね
そうですねこれが現実これが俺の人生だ迎え撃つしかないって言って返すからね頑張ってほしがってますよ
そんなメタな視点では見ませんが
まあ本当に大断言的な素晴らしいクライマックスに向けて
このピンチを前振りにカタルシス満載の大ハッピーな展開が来ることを期待しています
そうですね実際何だろう今回の話に関してはまあ神田さんのモノローグにもあるし
元々の家族っていうのがどうできてきたかみたいなところは結構語らずにずっとちょっと匂わせみたいな感じでしかなかったじゃないですか
だから結構この今回のエピソードに関しては主人公の欠落している部分に焦点を当てるって言った意味では
ある種のこの子供の物語漫画の根幹の定番を扱うことになると思うんで俺は
そこはすごい楽しみにしてるんですけどね
そうですねまあまあそうですねとりあえず展開に関しては本当にラブコメ館で
マルチヒロインハーレム館そしてこの大東京館東京の景色っていうのをかなり描く感じ
このゆりかもめの感じとかを含めて大変この作品に当初期待していたものがたくさんある一話だったので
それを延長線上に答えのあるようなそういう展開を楽しみにしたいと思います
そうですね
では最後に目次コメントとしまして
センターカラー影の罪人辻田先生最近中川圭さんにハマっていますラジオもyoutubeもすごい面白いです
1:33:06
という読み切り掲載なのに最近ハマっているものを語るというベテラン感がありますね
そうですね
大変いいと思います
ワンピースの尾田先生WBC見に行った世界レベルの超面白い試合にスタンドが揺れたすごかったっていうところ
やっぱWBC漫画家の人たちも楽しんだなっていう感じが伝わってくるコメントだったと思いましたね
WBCかなりプレミアムチケットだったみたいですが
尾田先生レベルだったら何かしらのスポンサー席ありそうですからね
ありそうですからね
普通に勝った可能性も当然あるんですが
なるほど尾田先生も見に行ってたんですね
そうですね
結構感動してくれたみたいです
感動は絶対漫画に返ってくると思うんで
そこら辺はすごい楽しみだなと思いますし
尾田先生楽しんでくれてよかったなと思いますよ
そうですね
そこから多分国内戦を見に行ったんだと思いますが
その後の決勝トーナメントの展開
Twitterでみんな漫画見たい漫画見たいって言ってましたからね
そうだね
実際は俺もちゃんと見たのは
仕事もあったからあれだったけど
最初の日本の時の尾谷のところと
最後の尾谷のところはちゃんと見たけど
仕事したけど速報というかスポーツ並みで追っかけてたら
9回で尾谷逃亡させて
これは見なきゃって言って見に行ったからね
なるほど
そこはちゃんと見た勝利の瞬間も
僕はちゃんと準決勝決勝あたりは
移動中だったけどラジオで聞いて
最後の9回ぐらいはちゃんとテレビで見ましたね
はいはいはい
やっぱこうすごい良いよねって緊張感すごかったしね
ちょうど朝新宿のゴールデン街のあたりを歩いていて
というかゴールデン街の中をショートカットで歩いていたんですが
ちょうど歩いている最中に村上が村上選手がホームラン打ったりとかして
その瞬間にゴールデン街のそこかしこのお店から
うぉーっていう声が上がりましたからね
すごいね
街中が見てましたね
という感じなので
漫画みたいな出来事を地肉してというか
漫画みたいな出来事を元にして
漫画がより面白くなって
っていう現実の創造効果があったらいいですね
いいですね
あとは坂本デイズの鈴木先生
キャベツウニが流行ってます
はいはい
レッドプールで育てたカフェインウニ作りたいっていう
いやーこれいいっすね
レッドプールにできたら凄そうだなって
思いましたね
レッドプールで育てる
なんでしょうね
死ぬ気しかしないですよね
まあ死ぬ気しかしないけど
成功したらなんかすごい
精力尽きそうというか
なんかすごい味になりそうで
なんか想像したことがない感じがして
楽しみだなって思いましたね
そうですね
1:36:01
ちょっとずつならいけるかもしれないので
楽しみにしてほしいですね
楽しみにしてほしいですね
あとは逃げ上手の赤木義美
松井先生
風化前や消失前再建前など
700年前の鎌倉を想像して補う作業は楽しいです
確かにあの
鎌倉の大仏野沢氏
なんですか
そうだよね
あの大仏殿って
なんか想像しちゃいますよね
だから実際ね
鎌倉の大仏が起きて倒壊したんだろうけど
っていうところだけど
それはなんかね
先週大仏殿が出てきた段階で
あれ今の鎌倉の大仏外だから
きっと倒壊したんだなと思ったけど
倒壊したっていう知識はあったんですが
もともと
あったのが
消失か何かなのかと思ってましたが
台風だったんですね
消失なくなったっていうのは知ってたんで
最初はそう建物あったんだよな
漫画で描かれてるのを見るだけでも
パンダラマってちょっと考えにくくなりましたよ
そうですね
ちゃんとそういうところにもちゃんと監視を
入れてるだろうし
いろいろ描いてるっていうのは楽しそうだし
大変でもありそうだなっていろいろ思いましたね
そうですね
では来週関東から
表紙がテレビアニメ放送開始記念
&戦闘超激化表紙&
関東からマッシュルが表紙関東から
となっております
テレビアニメ放送開始記念ですね
あーそうですねテレビアニメですね
いやー
まあまあまあ
普通になんか良さげな
PVとか見たら良さげな感じなんで楽しみですね
いやーほんとに
この派手なシーンをどれくらい派手にやってくれるか
大変楽しみですね
うんですね
あとはセンターからが坂本太郎各編大好評
コミックス最新11巻&
ノベライズ発売記念センターから坂本デイツ
とコミックス第1巻
即充販いつもお願いいたします
感謝のセンターからいつもつけの滞在
いつも応援ありがとうございます
感謝のセンターから
この言い方が台山先生ぽくて良いですね
そうですね
この素直な言いっぷりが
あとはスーパーナチュラルストーリー
ソーシャル女性ドラマ読み切り
センターから47ページ
フォローミーゴースト山野英一先生
インフルエンサーの万里には
ある体質が?
という感じの読み切りだそうです
あー良いですね
インフルエンサーがこう
一種の主人公っていうのは
現代的で良いですよね
最近ユーチューバーとか配信者とか結構
題材についた作品ちょいちょいあったりしますが
今回はインフルエンサーという形で