1. あ、今週のジャンプ読んだ?(褒めレビュー)
  2. あ、22年11号のジャンプ読んだ?

あかね噺/僕のヒーローアカデミア/ONE PIECE/Dr.STONE/SAKAMOTO DAYS/アオのハコ/夜桜さんちの大作戦/ブラッククローバー/ドロンドロロン/WITCH WATCH/マッシュル-MASHLE-/僕とロボコ/あやかしトライアングル/PPPPPP/高校生家族/逃げ上手の若君/アンデッドアンラック/髑髏導師/守れ!しゅごまる/アヤシモン/目次とか(いろいろ語り方に失敗していますが、GARUの落語知識は『多分~と思う、気がする』程度ですので信用なさらず。よろしければ詳しい方のご意見も聞いてみたいです)

00:00
どうもガレです。 ミソです。今週は2022年第11号の週刊少年ジャンプを読んでいきます。
はい、という形で、今週はでは早速中身の方に入っていきますと、新連載が始まりました。
地球揺るがす新運地登場、寒さ吹き飛ぶ経天動地新連載2連弾第1弾。 その身一つで芸を極めよう、話し方しかしのぎを削る新連載
あかねばなし 原作、末永裕樹先生、作画、茂上隆先生が始まりました。
という形で、軽くネットで検索してみたところ、茂上先生に関しては知る人ぞ知る、オレゴラストの茂上先生ですね。
知る人ぞ知る扱いなんですか? 連載期間は2016年の52号から2017年の13号までの2016年末からの連載だったようですね。
はいはい。 もう6年前ですね。
あーだいぶ前ですね。結構俺は好きだったんですけどね。 もうですね、なんか1話の印象はすごく覚えてます。
テコンドーの芸を使ってね、ロングショット切れますからね。 あーそんな感じでしたっけ、なんか覚えてないじゃん。
ゴラストゴラスト言ってた覚えはありますけどね。 いやでも確かにそういう作品があったっていう、なんとなく絵面を覚えてる感じのサッカー漫画、オレゴラストが
初連載だった作品となっております。一応受賞歴としては2012年10月期、ジャンプトレジャー新人漫画賞第64回において
読み切り勇者エグモントという作品で佳作を受賞。 その後はジャンプネクスト等々に読み切りをいろいろ掲載しまして、受賞から4年後2016年にオレゴラストを連載。
一応その2年後、2018年ジャンプギガウィンターに霧の都の経験という作品を短期連載。
でそこから4年の間にジャンププラスギガ本社、本社はただらし堂という読み切り、お笑いをテーマにした読み切りが去年の27号に乗ったりとかしました。
といった感じで読み切りをまあコンスタントに1年に1作ずつくらい発表していって、 あと去年プロモブっていう読み切りも41号に掲載してますね。
そうちょっとメタ的なやつですね。 モブのおじさんのありますね、そういえば。
といった感じでコンスタントに読み切りを発表していたモベ先生、今回のアカネバラスで連載2作品目となりました。
というのと、あと原作の末永先生、こちらの方が受賞が2020年のストッキンプロ、ジュンキングを受賞されている方ですね。
ストッキン出身なんで、なかなか生え抜きの漫画原作の方だと思います。 ちなみにその2020年ストッキンプロ受賞した作品に関しては、
作画がなんと、平賀美弥先生の作画で 読み切りが公開されています。
おー。 紙面上で交わりましたもん、ちょっと。
03:03
そうですね。 今週そのデビュー作、ストッキン受賞作を作画した平賀先生が、今回ジャンプショートフロンティアという形で15ページ漫画を書いたりしているあたりもちょっと変な縁を感じたりもします。
という形で、平賀先生2020年の受賞後、まあネットで出てくる範囲だと20年受賞、去年たたらし堂を掲載、
今回初連載という、なんか最短ステップで連載化に攻撃つけた感じですね。 そうですね。
といった形の、平賀先生、若手の心身経営のという感じになっております。 では内容としましては、
落語家の荒川慎太さんという人が新打ちを目指していて、なかなかうまく
ウダツが上がらない感じになっているんですが、その娘の朱音ちゃんというのはお父さんの落語がとても好きで、練習風景とかもよく見ていました。
そして新打ちになる試験を受けたんですが、破門になってしまいました。 朱音ちゃんの物語が始まりますというお話でした。
まずはこの表紙とかからね、本当に朱音ちゃん可愛いなっていう感じでしたね。 確かに、ルックの良さはすごくありますよね。
本当だね。特にこの表紙にも飛び乱うのさ、女子高生の制服にこの羽織を、羽織っている感じ。
綺麗な羽織を放っているというところがすごいキャッチーだよね。 確かにすごいキャッチーですし、可愛いですよね。確かに。
いいね。だからピアスをしていて、髪も先端のほうを染めている感じが今どき感があるし、それが伝統的な羽織物みたいなのを着たりしていると、ちょっとオッて感じになりますからね。
そのあたりは本当にいいなと思ったんですよね。 そうですね。キャラクターデザイン、朱音ちゃんに限らずお父さんに関しても、後出てくる師匠方に関しても、なかなか印象的ですし、本当に見栄えのする良いキャラクターデザインだった気がします。
そうですね。モーヴェル先生は本当に絵柄がすごいスッキリしているというかね、とっつきやすい感じなんでね。
顔とか表情芸とかさ、いろいろ表現力がめちゃくちゃある人ですからね。 だから本当に今回の話にもすごい合ってるなって思ったし、すごい読みやすかったですよね。
確かに画風的にもそのキャラクターがすごく、まあちゃんと高い等身ですっかり描かれているのと一方で、背景に関して書き込まれているけれど、いわゆる写真的な感じの背景ではないんですよね。
そうだね。 線がすごく手書き感のある感じの背景とかで、落語を描くのに確かにすごく良い画風のような気がしてきますよね。
いや、温かみがあると思うんでいいと思いますね。 はい、いや本当にそんな感じがしますね。
そして話の方に関してはね、いやまあ第0話っていう感じでしたね。 そうなんですよね、いやまあ多分僕も第1話だけだと何でしょう、判断しかねるところがあるなと思ってるんですが、
多分ミスさんとはちょっと違った観点からそれを持っている気がするんですよね。 はいはいはい。僕に関してはまず、まず僕に関してはですね、やっぱり表紙のところでやっぱり
06:06
あかねちゃんがめちゃめちゃ可愛かったんで、彼女の活躍が見たいなーと思って見始めたところで、1話でぶっちゃけば最初のこの友達と喧嘩してるところ、同級生と喧嘩してるところ以外くらいは、あんまり彼女の活躍らしい活躍が一切なかったんで、
ちょっと表紙抜けというかね、まあ来週以降にお済みっていう感じっていう独豪感でしたね、第1話は。 そうですね、そこはもう間違いなくあって、あかねちゃんのまあまあキラリと光るものはありつつも、
彼女の人間的な本質みたいなものとかかっこいいところとか、その才能あふれるところっていうのがはっきりとは描かれていないので、まだお話が始まっている感じはしないんですよね。
そうだね。 あくまで本当にお父さんの話でしたからね、第1話は。 だからお父さんに関してもね、これはすごいなんかこうあかねちゃんは大好きだし褒めてるし、
他の師匠方の評判もそれなりにいいわけですけど、実際問題本当にいいのかっていうところは、この荒川一生師匠がね、認められないっていう段階で、本当にすごいのかすごくないのかわからんっていう感じがちょっとあるんだよね、だからあんなもん柴浜とは言わねえよっていうのが本当に才能がなくてダメだっていうところなのか、
逆にこのすごい才能がありすぎてんだけど認められてないっていうところなのかっていうところがわからんっていうね。 そうですね、そこは確かに
全くそうなんですよね。だから第1話の段階でエピソードとして本当にこの波紋というのが一体なぜなのか、落語に対する評価がどうなっているのかっていうのが全くわからないんで何とも言えないところがあるんですよね。
そうだね。 特に僕は多少落語が好きではあるので、落語好きを名乗るほど好きではないんですが、というか詳しくはないんですが、全く詳しくはないんですが、落語を好きでよく聞きに行ったりするんで、そういう意味だと、まあ
なんでしょうね、言ってしまえば、まあ、違和感がすごいんで飲み込むのに苦労しましたね。
そうだね。 現代の、昔はともかくとして現代の落語で波紋って不祥事でもない限りなかなかないんだよね。
うーん、それはまあ不祥事の、まあまあそうですね、普通波紋っていうのはしくじりで、芸がダメだから波紋っていう話はまあ
男子さんだってほぼないんじゃないかっていうようなお話だった気がしますし、基本しくじりで何かしら
そそをしてしまって、ミスをしてしまって、それはなんか男さんの大事にしてる人形をこう、破いてしまったとか、そういうのに波紋になってもするんですが
なんか面白話もあったりもするんですが、芸がまずくて波紋っていう話は、まあ
その場合は波紋じゃなくて、廃業を進める、転身を進める、転職を進めるという形で、師匠からもうそろそろとかそういうお話をするというのはあるというのはよく聞きますが
09:07
波紋っていうのは基本ないですからね あとまあこの
この第1話でやっぱりおそらく落語を多少好きな人全員が引っかかると思うのはやっぱり
あの 師匠以外の人が波紋には
まあできないもんですからね あれ師匠の師匠はダメだ
師匠の師匠でもダメですね、しかもこれ師匠の師匠でもないですね 兄弟ですね
はいはいはい、なるほどね確かに兄弟ですが いやだから師匠の師匠からあいつ波紋にしろよ
しなさいよって言われることはあるとしても最終決定権は師匠につかないです だから井上光さんが
落語家時代に訴訟をした時にその大師匠の仙台延楽さんに問題視されたとしても
直之師匠の当時の楽太郎師匠がうんと言わ なければ波紋にはならないんですよ
なるほどねー そのあたりは結構ファンタジーっていう感じ
なんだ そうですねあとはまあ新内昭信に関しても
まあ かなり現実離れをした感じ
現実離れというか あとまあ新内昭信
試験に関しても何でしょうね現実だと 新内昭信はある程度プロモーションの意味もあったりとかもしますしね
いや現実の新内昭信試験の方がドラマチックだったりはしますか
うん という形でまあ所々には現実の落語家の話をいろいろ想起させる展開もあり
まして まあ新内昭信試験
ここから先すごいなんか落語の話を数分しますよ 短くね今回はあの普段の新年祭話とか漫画感想とはまたちょっと違った
トーンで少し話しますが まあ今落語業界は主に4派あると言われてるわけですよ
うん落語協会落語技術協会と演楽棟と立川流があるわけですが そんな中で基本的にその立川流以外に関してはほぼ年功十数かある程度
歳を重ねると自動的に新打ちになるわけですよ はいはいはい
で立川流に関しては一応師匠が認めたらという形で まあずっと信じならない人もいたりとかするんですがそんな中で新知昭信試験新
打ちトライアルというのをやっているのが唯一 例の立川白首相の一波一問だけやってるんですね
白区一問の行事なんですシンプラやるというのは はいはいはい
一時立川流全体でトライアルを1回だけやったこともあったんですが まあその時は結果全員合格になってしまってトライアルの体をなさないということで
立川流全体でやるということはその1回限りでやめてしまって で白区一問だけはずっと続けていると
12:03
でまぁ新知トライアル 結構こう一応観客からの投票これも観客からの投票って言ってますけど
白区首相は最初に行ったトライアルで一番ですのこしら首相ではなくて2番ですの 白の首相の方を新知にしたかったんじゃないか
こしら首相に関してはまだ新知したくなかったんじゃないかという説があるんですが 観客投票でこしら首相が
ガット票で勝っちゃったんで うんやむを得ず2人とも新知したっていう説があったりとか
ブーバーし その辺現実のシューズライアルもいろいろとこうドラマがあって面白かったりとかするんです
がそういう 現実でもシューズになるように試験こういう公開の試験を受けるというのはかなりレア
で稀なパターンなんですよね うん
かつまあ なんですよねその試験というのはちゃんと出る人のプロモーションにもなるし工業としても
面白くなるし修行にもなるしという ウィンウィンのイベントとしてちゃんと開催されてるわけですよ
はいはいはい まあその現実のシーンスライアルっぽくもあるけれどもそれともまたちょっと違った感じの
やり方でまあ まあまあファンタジーですよね
なるほどねー あーまあまあ
その辺はだからバー まああれでまぁファンタジー落語物語として読んでいけばいいってこと
まったくその通りですねなのでまあおじさんがハルコバレーに出るようなもんですね なるほどねー
いやーもうだからなんだろう逆にまあ僕はほんと落語ってほとんど知らないんで だからまあまあこれに関してはほんと落語的なあるあるとかさ落語
会についてちょっとわかればいいかなーって思ったんだけどなかなかそういうわけでも なさそうっていう感じなんですね
本当に多分落語を多少でも好きな人はこの漫画に対して思う共通の思いはこれをきっかけ にして落語に入ってくる人がいっぱいいたらいいな落語好きになる人がいっぱいいたらいいな
落語業界が栄えてくれたらいいなというのは全員の共通する思いだと思うんですよね そうですねだからこれをきっかけに興味を持って現実の学校にどんどん入っていってくれたらいいなと
思いますが 第1話段階ではかなり現実話した印象はありますね
まあ新打ちになったら稼げるっていうのも2つ目段階で稼げてないのにそれはどうなんだ っていうよく言われてますけどあの2つ目から新打ちになると強制的にギャラが上がるん
ですよ 完全にあのランクである程度最低あのギャラが決まってくるん
でさっきも言ったように新打ちっていうのは年数重ねると自動的になれるんで 落語家の6割は新打ちなんですよ今6割7割は
はいはい元気落語家の 新打ちだからという形で呼ばれる工業というのはまあ基本的にはほぼないと
その人が有名だからその人のネームバリューで呼ばれるんだって別に肩書きで呼ばれる わけではないんですよ
15:03
なるほどねまあまあなんかでもまあまとめて落語作家3人くらい呼びたいからじゃあ この団体から新打ち3人とってのがあったりするんじゃないんだよ
まあ 工業の座組を考えるときに新打ちがいた方がいいなとかここに顔付けするのであれば
新打ちの方がっていうことはなくはないとは思いますね ただ
そういう仕事がメインになるってことはあまりないんじゃないかと思うんですよね なるほどねー
いやーまあまあまあとりあえずまあそういったファンタジーが多いわけですけれども ね
まあそれはあくまでも舞台立ての話でねまあ 最終的にはでもどうなんだろうこれがだからどんな物語になるかって話なんだよ
ねっ
だからさっき言った通りさあの まああの荒川一生師匠言ってることが正しいのが正しくないのかっていう問題
に関しては正しいんだったらまあそこからまた新たな道を見つけていくっていう話になる だろうしもしかしたら最近よくあるねあのザマー系
なろうとかのザマー系本当に止めないや追放されたけどみたいな 感じのアレになるのかとかねいろいろまあ見方はあるわけじゃないですかっていう
はいはい だからそれがどういう風になっていくかって感じだよねっていう
まあそうですね本当に落語まず この柴浜の改編っていうのが
何なのかというかまず最初に大工調べという落語でこの話始まってるわけですが そっから試験でやるのが柴浜でそれぞれまあ特徴的なお話ではありますが個人的に僕程度の
知識だとなぜこの展開でこのキャラクターにこの落語をやらせるのか あまりピンとは来ないんですよね
なので落語 まあ作劇に取り入れると一番わかりやすいのは落語のお話と現実に進行するお話をある
種共通点で見立てるというか 共通点を探ってきてその落語の中にある人情とかそういったものを現在にも
つなげてきてドラマを展開するのが一番わかりやすかったりするんですが タイガー&ドラゴンとかはいいドラマだと思うんですが
この作品でこの落語のチョイスの意味も今のところわからないんでこの後それが さすがに大工調べに関してはまだしも柴浜に関しては絶対にまあ
何かしらの意味が乗っかってはくるはずなので それがわかった瞬間にこの作品は落語をどう扱うつもりなのかっていうのがわかるんだろうなとは
思うんですよね はいなるほどねぇ
ちなみにあの女性落語かってどのくらい女性落語家はその まあ当然ごくごく少数派ですが珍しいっていうレベルは出してる気がしますね
まああの女性落語か まあまあ珍しいか
余生1日いても女性落語か一人も見ないことはまあありますからね あくまで若手が多いっていうのもありますね
18:01
ただ女性落語か人数的には増えてきてるんですが個人的には どう落語に取り組むかっていうのの正解へは
すごい難しいところにまだあるとは思うんですよね
いやーもうだから本当にねあのもあかねちゃんの話あかねちゃんの物語が始まる わけですけどね
だからどういう方向性で行くかというところが本当来週以降の期待というか楽しみ だよねそうですね
山まずは落語どう扱うのかっていうのとそうなんですよ女性落語か女流落語かっていう のが今
まあ個展にそのまま取り組む人もいれば女性流に解釈してこう アレンジする人もいれば新作で勝負する女性なりの新作で勝負するという方もいますし
本当に男にしか聞こえないような落語のやり方をやる方もいますし それぞれ女性なりにどう正解を出すか本当に現実で試行錯誤して重ねられているところ
なんでそれもテーマとして扱うとめちゃくちゃ大きく重たくなるところだったり するんでそれもどう扱うのかとかは気になったりするところですが
まあ まあとりあえずは今すごい話がもっとつらかってしまったね
まずはなしば浜が何なのかを今回の柴浜をどういう扱いになるのかを来週以降 メインの注目点としていきたいとは思いますよ
はいはいまあ俺は結構落語に関しては本当に意味づけとか全然わからないんで その辺は特に興味がなくてだからほんとあかねちゃんの物語がどう発展していくのかっていう
ところ もう天才落語家としてでなんか業界を接近していくのかとかね
あとはまあ男性が多いんだったらは男性混じりの中で女性としてどう輝いていくのか を試行錯誤していく物語になるのかね
まあ本当親父の仇を取るために復習機として活躍していくのかね だからいろんな見やり方があると思うんですのあかねちゃんがどういうふうにやっていくのか
のがまあ楽しみだなって思ってるんですよね 第1話の入りとした復習もんですからね完全にそうですね
復習相手に利があるのかどうかっていうそこらへんの話が気になってくる感じに にはなりますしそもそもあかねちゃん本当に何をするつもりなのかわかんないですからね
そうだねー わざわざねお父さん
カモンにした一文に入るっていうのもおかしな話だと思うしないって言う うーん
でもお父さんの一文はそこですからね
流派によってやり方が違うというか本来いい この柴浜のアレンジで浜肉身を削ったって言われるじゃないですか
これはまあ そのあらかわ流この昇進トライアルとかも含めてあらかわ流のモデルっぽい立川流の
男子さんのやる 柴浜っていうのはそう有名なんですが柴浜は男子のもんだと言われるくらい
男子さんが柴浜を完成させたようなイメージなんですがその話っていうのはちゃんと 浜に行く描写もありますし
その人情話としてすごく厚くやるとその柴に行くシーンをカットするというのは男子さん 以前もそれこそ明治大正昭和の名人の古今亭一文
21:04
古今亭一文の師匠のその系列の人が 浜に行くシーンカットするんですよね
だから別流派の話をやってる風な 雰囲気ではあるんですよねここ
まあそのあたりはごちゃ混ぜというかねまあもしかしたらじゃあ今後あいつがやったら そういう流派のやつだからダメだって話になって流派同士の
ごちゃごちゃになってくるかもしれませんけど まあそうですねなのでその一文の波紋にした一文に対して歯向かうということになるのであればこの
辺の柴浜のアレンジとかも意味を持ってくるのかもなとか 気にはなってますよ
こんな感じのまあ第一話 いや本当にもうただ一つ言えることは落語が流行ってくれたらいいなってことですね
俺は本当は金ちゃんが活躍してまあ可愛くてすげーところを見せてくれたらいいなって 思いますね
まあそうですねそしてそれによってアイシールドにおける雨フトのように 光の後における以後のようにまあ落語が
これで子どもたちの大ブームを巻き起こしてくれることを期待しております では続きましてが僕の開かれ宮の第343話内容としましては青山くんは
デフンを呼び出して裏切った風なんですがオールフォーアンさんがやってきたら オールフォーアンさんを裏切ってたってことがはっきりしましたオールフォーアンさんは
背後をいっぱい連れてきたんですがデフンの方も黒霧さんぽい感じの能力に個性によって みんな集合集結ですっていう展開でした
いやー最高のテンションで決戦の火蓋きっとされましたね いやーこの絵面は本当に大変いい絵面でしたね最後
本当は全員集合でもうドバドバって出てくるっていうところは最高だったやって この対比の感じ良かったですね
よかったねー だから本当にでもいろんな準備が間に合ってねあの青山くんも立ち向かえたしという形で
ね だから良かったと思いましたし
おそらくさっき何かガルちゃんが基本に思った黒霧さんに関してはね 映ってるのがモノマ君だからおそらくモノマ君がモノマネてんじゃいかってますけどねっていう
はいなるほどだからそういう感じでやってるし あといえばおそらくこのオールフォーアンさんがねなんだっけ
どうやって嘘はついてなかったみたいなこと言ってるじゃないですか このあたりも何かちょっと前にシンソー君とか映ったしあの辺の使ってるんじゃないかなっていう
予想はしてるんですけどね そうですねオールフォーアンさんの感想っていうのが嘘をついてるついてないというよりもこう真っ白
外衣がない真っ白っていうその印象を語ってるあたりは確かにシンソー君のその相手の 意識を奪う系の洗脳とマッチしてる感じがしますよね
まあそのあたりの音実はネタバラシみたいなのも来週とかにもしかしたらちょっとちゃんと 説明してくれかもしれませんけどね
そうですね先週段階であのオールフォーアンさん側の信仰者たちが戸惑っているあの辺の 不責からこっちの計画が進んでるぜっていう感じの前振りはありましたからね
24:08
今週もオールフォーアンさんを見事に作にはめたというそこにつながっているんで いやネタバラシは楽しみですよ
楽しみだねぇ そしてまぁほんと全員集合カットはね両方とも良かったわけだけどね
だからもうダフィさんなんかちょっと新衣装っぽい形でかっけーなって感じするしっていう こっちはでヒーロー顔でミルコさんがを復活してるって言うとかテンション上がりましたか
そうですねなんか左上に何か生えてますからね そうですねまぁサポートアイテムじゃないですかね
いやーだから本当にだからそういったところでワクワクでね止まらない感じになったしね いや楽しみだねって言っちゃうんですね
青山くんとでフンが何かこうはチャーチャーやってる感じも良かったですね よかったねあんまり悲壮感がないのが良かったですね
そうそうそうやっぱりちょっとひそこうなんか 罪悪感とか悲壮感みたいな出そうだったからねはい
その日は本当に良かったなぁと思うしねさっき何より後でオールフォーはザバーっていう 感じが良かったですねっていう感じなので本当この人たちの友達感も良かったしこの明るい
雰囲気のヒーローサイドとまあ テンション高いビランサイドの戦いが見れたらいいなと楽しみにしますよ
そうですねー では続きましてがワンピースの第1040話
内容としましてはビッグマムは寿命を奪おうとするんですがローさんたちは一切 恐怖を感じていないんで寿命を奪われませんでした
ビッグマムを撃破しました そして桃之助さんが言うにはゾウがやってくるツニーシャが近くに来ている
ジョイボーイの仲間たぜっていう展開でさ いやービッグはを買ったねー
むしろまだまだまだ倒せてなかったんですよ先週 いやーでも先週のあれくらいで死ぬと思ってなかったからね
だから今週さあその何だろうあの鬼が島から叩き落とす はいさらにこの爆弾
火薬庫の爆弾のおまけで追撃してさらにおそらく地下のマグマっぽいところにぶち落とす みたいな
三段構えでやっとビッグマムを倒したって感じがして良かったなと思いましたね そうですねそれにやっぱりあの寿命を奪われる
もう今更恐怖なんて感じないだろうと思っていたけれど そこをすっかり示すことによって本当にもう
乗り越えてる感じがしましたからね そうだねー
いやーだからこんなにもスッキリとビッグモン戦でヒッドさんローさんが勝ったっていう ところに関しては予想以上の俺は語る質が良かったですね
いやー確かにちゃんと回を重ねるごとに戦いの勝利の子 段階を重ねるごとに
格がそれぞれ上がっていた感じがしてよかったですねよかったねー そしてビッグマムさんの猫の弾幕はじゃないですけどね
このロジャーに対して文句言うところとかすごい好きなんだよ俺ってそうですね 何か良かったですね
そうなんであんなこと言い出しやがったんだってねお前は死ぬからいいけど世界中で 名乗りを上げるガキどもの相手すんな俺だぞって言うね
すげーぐらい無視だと思うからねこの辺の中高は伝説時代の空気感というかね っていうのはちょっといいなって思ったし最後にも俺がこれ仕事で死ぬと思うだよっていう
27:07
感じとかもねいやー本当に何だろう 最後まで核を落とさなかったかねビッグバンガーっていうねそうですね何かあるんですよね
きっと このあたりはすごいだから俺はビッグバンガーで4個の中で一番好きだからさ
だからチルにしたって本当にちゃんとこう 無敵でちょっと欲しかったんでねそういった意味ではすごい良かったとかしたね
私もそうですねなんか本当に 加工に落とされる大怪獣感がありましたよね
そうそうだから本当にこの場面でなかったら勝てなかっただろう っていう感じだったからねっていうか
だからそういったギリギリ感も含めて本当にや興奮したって感じでしたね いやー確かに盛り上がりましたよ
いやーよかったですね そしてもうずにー者が近くに来ておるっていうね始めましたけどっていうね
はい いやーこれちょっとどんな感じなんですかねっていう
いやーまあ来てるのは来てるなーってこの間見えましたが 800年前に罪を犯したジョイボーイの仲間という確かに何か罪を犯した的な話はあった
ようなそんな伏線はあったようなという気はしてましたが完全にジョイボーイの仲間 ということで確定した上でそれが何かものせさんにはわかってるみたいですからね
そうだねー いやーだからちょっと
なんかこう一気にねこの 鬼ヶ島の秘密みたいところもあったじゃないですかっていう
一気に明かされていくんじゃないかっていう期待感も湧いてきましたねっていう いやー本当に800年前の空白の歴史のところにまで一気に踏み込む感じの
素敵が整ってきたんで本当に今回の戦いがどうなるかも楽しみですし それがどれだけ大きな話につながっていくのかも伏線がもう渋滞するくらい
重なってますんで いやー本当にあっちもこっちも楽しみです
ですね では続きましてドクターストーンの第229話内容としましてはホワイマンこと
メデューサさんたちはまあ人々を 石化してあげると知らないからありがたいだろうっていう感じでやってたっぽいです
という話でした いやーホワイマン言ってる意味はなんとなくわかるけど全く理解できないなって感じ
そうですね石化されていようとも生き延びれるってありがたいだろうっていう感覚です からねそうですね
そうですね有意義な一生を送りたいですよねこっちは 本当だよねだからそういったところは価値観の違いなんだけど逆にホワイマンは今まで
このやり方で本当に大丈夫なのかって疑問になるけど どのくらいの旅をしてきたのかわかりませんが他の生計では大丈夫だったのかもしれ
ないですね そうだねまあだからそういったところがちょっとこう
我々と全然違うんだろうな奇跡生命体でもみたいなところがあるんでね そのあたりはすごいでもなんか
ファーストコンタクトものとしては面白かったですけどね そうですねなんか具体的に交渉がどれくらい難しいのかとかどこですれ違って
30:01
いるのかっていうのはまだわからないところがいっぱいありますがやっぱりこの 原産のリアクションとかですごく怖いずれてる
やばいっていう感じが伝わってきましたからね 演出でとりあえず期間はすごく募っているので
いやーこのあっさり解決しなそうだなという雰囲気がまた漂ってきましたよ 正直交渉成功させるかでホワイマン自身に勝たないと人類に未来はないっていうのが
前提にありますからねはい 欠列イコールまたみんな石化させられて終わり
感じでしょうからねそれはだから我々にとっては敗北だし 絶対やっちゃいけないところっていう前提があるからこういう検査も反応な
でしょうけどねって いやー
だから本当にどう解決していくのかって感じですね 価値観の違いをどう乗り越えていくのかどういったテーマ性を
表現してこれを乗り越えていくのかは大変楽しみですがとりあえずまあ あの宝島がああなった理由がますかこの羽飾りのせいだと思わなかったですね
本当だねこれも伏線だったのかっていう感じですか まあとりあえず本当になぞ過去の謎に関してはすべて乗り越えたんで
明かされたんでそこから先どうなっていくのかが大変楽しみですよ いやそうだね実際ドクターストーンてさなんだっけ
なんだかんだでこの違う価値観とのまあ交渉というかねすり合わせの話でもあります かね
あのつかささんとのね戦いだってその 現状維持か進化かみたいなところだったしアメリカとの戦いだってそうだしてっていう
ところね 結局違った価値観同士がぶつかってすり合わせて未来を歩んでこうって話ですからね
まあそれがホワイマンでもちゃんと展開されるんだっていう信頼感はあるんでね 楽しみにしたいと思ってますねそうですね確かにそれぞれがカークの持ついろいろな
側面とかカークの持ついろいろな可能性とかを危惧したりとか支配しようとしたりとか っていう感じでカークを軸に争ってきましたがそれで言ったら確かに
あの数年前に流行った自己啓発音的な歴史上的なサピエンス前紙とかでも今後人類は死を 乗り越えていくときに
果たしてどういうふうな選択をしていったらいいかどういうふうな進化をしていったら いいかみたいな
そういう疑問を呈するショーとかがあったりしましたが確かに人が知らなくなって いくときに一体何を人間とするかっていうのも実は
カークの一つのテーマではありますからねそうだね どこまでが人間なのかどこまで生命を優先するのかとかそういうのを間違いなくカークの
一側面だったりはするのでそういった意味で確かにホワイマンサイドもあるカークの 一面を背負った存在なのかなというふうに考えると
確かにこれまで通り カークの可能性を論じてそれぞれの違いをギャップを乗り越えていこう話になるかもしれない
ですね まあ楽しみにしてますねでは続きましてか坂本提出の第58話内容としましては
坂本さんとか新人の初受験生の女の子とかが一生懸命頑張っている中新君はそれなりに やり手の男と男に襲われたりとかするんですが新君もこう成長したいと思っているんで
33:08
新能力で立ち向かってますという展開でした いやーこの新キャラの顔がいい子めちゃくちゃ素直でいい子なんだけど
はいなんで殺しじゃなくやろうと思ってんだろう まだ殺し屋としての所有みたいなものを見せてませんからね
そうなんだよねだからすごい場違い感がやばくて いやーちょっとはここから先殺し屋として覚醒するのかなんか
事情があるのかってところは期待したいと思いますねっていうそうですね やっぱりこの作品であるからには彼女にも何かすごい
なんですよね今日キャラ感があったらいいんですよね そうだねあってほしいよねそういう要素が出てきたりとかまあ当然老いたち
彼の彼女の抱えてドラマとか見れるのをすごい楽しみにしてますよ そしてあとはね先週ね
大活躍だったねあの転乗員さんがであっという間にやられてびっくりした感じです けど持っている
いやーまあでもこの新キャラの14歳もいい感じのかっこよさを持ったキャラだったね そうですねなかなか
なんでしょうね中中2巻というかまあ14歳だからね そうですねその若さがほとは捨てていいですね
いいですね自分の手は汚さねータイプなんだって言って仕込み方の音 武器足から出すってねはいこのあたりは本当にかっけーなーいから
そうですね この決まっている感じはいつもの坂本ですがあっていましたからね
ほんと新君とのバトルっていうのもねこの後どうなるか おじさんたい若さって言うね
若いけどそうですね まあ能力に関してはあのなんでしょうなんて言うんですか予備電流みたいな
カードの 先読みをするようなああいう能力を出していると同時に何か腕時計を操作して
ますからねそうですね なんかイコライザー的ななんかお前を倒すまで何秒だみたいなああいうのをやる
かもしれませんよついに まあ時間制限みたいなものがありそうですかねシンクのやつはそうですね負荷がデカそうなんで
そういう時間制限もありそうですが前にその なんです消しケーシュ相手に戦っているときに先が読めたら本当にお前を倒すは何秒
みたいなそういう展開できるなぁみたいな話をした覚えがあるので ついにこれやってくれるんじゃないかという期待はちょっと膨らんでますよ
いやそうだねー シンクンのかっこいい勝ち方期待してるよねっていうことですね
いう感じの今回本当に的の14歳もその足の刃出すところの構図とか含めて演出が すごく決まってるんでシンクに関してもただ強いだけではなくかっこいい決め方を
見せてくれるんだろうなと期待してますよ そうですねー
では続きましてがチナツ&ヒナ2ショット 青の箱バレンタインデー記念ポスターセンターカラーの青の箱となっていました
いやそうですねー いやーまあまあ本当に本編でねチナツ先輩ヒナちゃん成分がなかったんで
いやーこのポスターカラーすごい良かったですね ですねこのこのサイズ感で来られたらまずいですよこれは
36:01
そうですねガチ恋距離ですからね これまでもジャンプ表紙とかセンターカラーでも基本的にはバストアップぐらいまでしか描かれ
なかったですからね それがもうほとんどページ1ページ丸々ぐらいの顔のサイズで描かれてますからね
いやーダメですよ三浦先生これは ダメとはどういうことですか
ダメで小学生がキスしちゃうってことですか もうダメですねと許されない行為ですよこれはもはや
どんどんやってほしいですねこういうことはどんな年ですね バイのサイズのポスターセンターからをやってほしいですね次はそれはありだと思いますね
素敵なバレンタインポスターセンターカラーそして内容としましては第40話で サリュー先輩島試合中にカレンさんのことを持ったりとかそのハリウセンパイ
視線からのカレンさんの思いとか語られつつ アリューさんなんとか氷洞さんに勝ちたいって頑張って1ゲーム取り返しましたという展開
でした いやーまあ先週に引き続きなんかこうハリウス先輩かっけーかでしたね
いやー本当にその1ゲーム取り返しましたからね そうですね
いつもかっこいいのはカレンの方だって言ってねこう愛を力に変える感じはね なんだろう主人公ぽかったねっていうそうですね
しっかりそうですね まあ真っ当にスポーツと恋愛愛を力に変えてますよね
そうだねやはりだからねあのやっぱり われわれは最終的に大器君にはねそのスポーツとね恋愛を両立してさあどっちも
成功してほしいと思ってますから はいそういうのモデルケースとしてこうハリウセンパイがどれだけ頑張ってくれ
かっていうのは期待しているところなんでね いや頑張れって思いますね
まあ とりあえずはカレンさんこの天然キャラ感まあ結構チラ先輩に比べるとキリッとした印象
でしたがものすごい不器用だっていうことが示されて なんかすごく可愛らしい人だなっていうのもわかってきましたしね
そうですねカレンさんの魅力も高まりましたし まあまあとりあえず1ゲーム取り返したただこれに関してはヒョウドーさん試合始まる前に
1ゲームは取れないと来年はここにないぞみたいなこと言われますからね 1ゲーム取られるところまではヒョウドーさんもなんか想定内みたいな
くしぶりでしたからね まあまだそれほど逆転感はないですがとりあえず食らいついている感じではありますので
果たしてまあ正直勝敗よりもやっぱり人間関係のが気になりますからね いやそうだね
まあまあハリウセンパイもねある意味では こうなんでしょうあの大輝くんハーレムの一員ですからね
彼がそんとどうなって恋愛を本文どうなってしまうのかというところはねすごい 気になりますかね
そうですねあとは本当に大輝くんに対する影響という意味でも まあハリウセンパイとカレンさんのその関係性とか出来事
ここでハリウセンパイが負けたとしてそれに対してカレンさんが同棲して2人がどう なるのかっていうのが大輝くんに大きな影響を与えるのは間違いないと思いますんでやっぱり
その 影響2人の間のドラマっていうのがどうなるのかっていう方向がすごく楽しみで
39:05
ありますね ほんとそうですね
これで何かカレンさんが最終的に何かもう 兵道さんのかっこいいわーって言ってそっちにくらがえたら俺は泣いちゃうよって言う
いいですねそれは新しいですね それを見て大輝くん俺は勝たなきゃいけねーって思うみたいな
負けたハリウセンパイよりも兵道さんから目が離せない状態になってきたっていう展開が あるかもしれないですね
それちょっとショックだね まあここまでの流れだと本当にハリウセンパイが勝てそうな雰囲気は全くないので
まだないね確かに 負けた時にカレンさんがどう声をかけるのか
まあ千夏先輩大輝くんに関してはちゃんと自分が釣り合うだけの結果を出したら 告白したいみたいな思いはあったわけですから
そんなになんかスポーツのために声を止めようみたいな思いは基本ないわけですよ そうですねそれを言ってるのは千夏先輩なんですよね
今バスケに集中したいからそういうのいいかな恋愛いいかなってやめときたいなって 言ってるのは千夏先輩だったりするんである種
ハリウセンパイがここで負けた時にそれが恋愛のせいだったりするのか ここまで来れたのが恋愛のおかげだったりするのかっていうそういった何らかの結果を一つの答えを
見せるっていうのは大器君がこれから千夏先輩にアプローチするときの何らかの礎になるような 気をするんですよね
という形なのであの先週の動画コメントでも前からの疑問だけど恋愛を邪魔な扱い するのがよくわからんっていう恋愛は邪魔なものという考え方はわからないというコメントがあったり
しましたが 実際何かに打ち込むときに恋愛が助けになるか邪魔になるかっていうのはまあ
まあ必ずしも邪魔になるものではないですからね そうだね
あたりでやっぱりそれは一つの夢と恋愛っていうの両立と主者選択というのは 今のところやっぱり千夏先輩と大器君の関係性の上で一つ重要な要素ではあるとは思うので
ハリウセンパイと可憐さんの関係性っていうのはそこに一石投じるのかなというあたりは ちょっと気にはなりますね
そうですねまあ可憐さんがいるからね 千夏先輩もこの結果を見てなんか思うところもあるでしょうかね
という形でまあまあとりあえず今週ハリウセンパイはとりあえず まあこれまでとこれまでの好感度キープでしたが個人的には可憐さんの好感度がかなり上がった
という点で今回はいい なんか大事な回だったなという気がしますよ
そうですね 確かに先週のコメント別のコメントではハリウセンパイの恋愛びっくりするくらい興味湧かない
というコメントがあって 個人的にはハリウセンパイの恋愛っていうくりだと確かに興味湧きづらいですか
新キャラの可憐さんに関してはまあ少なくとも先週今週まあこれまでの経過で 可憐さんという女性キャラは気になるなという感じがあるんで
可憐さんも軸にこの二人の関係性にもちょっと 興味は湧いてきてるんで
42:03
まあそういう点でも今週可憐さん深掘り回として なんか1話かけたのが良かったかなという気がしますよ
そうですね 俺は本当にハリウセンパイも大輝くんハーレム1位だと思ってるんで
意外とそれ僕のところはピンときないですけどね なるほどね
だから別にそこだから俺は大輝くんの恋愛関連に一石投じる存在と思ってるんで 興味ありますねって感じですね
どっちかというと大輝くんの良き先輩キャラとか男同士でじゃれ合うキャラというよりも やっぱりハリウセンパイにはいつまでも寝取りキャラだと欲しいんですよね
はいはい 可憐さんが出てきたことによってその感じはその属性は薄らぎました
やっぱりハリウセンパイにはいつも寝取り感を漂わせて この世界にそういう空気感を出して欲しいんですよね
それは確かにちょっとありがたかもしれませんね ちょっと大輝くんハーレムという認識はないですが
まあでも可憐先輩との関係性がどうなっていくのかはちょっと来週楽しみにしたいなと思います
続きまして夜桜さんとの大作戦の第117話 内容としましては京一郎兄さんが家を出て行ってしまってみんなが変調を期待する中
京一郎さんは親父狩りシステムによって探知されたところに単身乗り込んだそうですという展開でした
自分のことをあちこちに骨めかす仕掛けをする京一郎兄さん可愛いなっておかしいですね まあ京一郎兄さんはいつも可愛いですよ
いや本当だね だからなんだろうあの本当にこうなんか先週とか先週は先週は出番なもなかったけどさ
最近京一郎兄さんのこの交換台がすごかったじゃないですか まあ長男属性が強かったですね
いや本当にねだからちょっと前もねだからこれもしかしてなんか京一郎兄さん死ぬフラグなん じゃねーかって言って俺心配してましたけど
今週ラストちょっとほんとそんな感じだって俺京一郎兄さんっていう感じだったんで 京一郎兄さんは確かに脱落フラグ結構立ってましたからね
そうなんだよね
いやなので今週も最初ただいなくなっただけっていう展開ではありましたが うっすらこれ結構やばい奴なんだとちょっと思ってましたがね
そうだね お茶だけた感じにはしていますがこれ結構真面目に京一郎兄さん行っちゃったんじゃ
って思ったら確かにそういう展開だったんで いやーまあ本当にここまでに描かれてきたいろんな伏線が結実する
形での展開なんで まあ楽しみでありつつ
そわそわしますね ほんとそうだね
しかしでもほんと京一郎兄さんの影響力をね本当この京一郎脱京一郎効果みたいな形でさ ギャグだけど本当にみんなに影響がすごいあったんだって言うで表してくるところは
うまいよねやからずっていう いやー本当にそうですね
大変なんかいいネタでしたよ これいいネタあったよね本当に
すごいほっこりしたなーって思ったところだったからね ゆえに本当最後のね京一郎兄さんがすごい奇想感というかね
45:03
正気でかかったからね いやーセンターカラーですけど来週ちょっとどういうところを見せるか楽しみですよね
そうですね事態が大きく動きそうだったりするんでまぁ心配でありつつ大変楽しみです では続きましてがブラックロバーの第323話内容としましては
闇さんはバンジャンさんに作ってもらった木刀で 殴りかかっていきましたでなぁとさんもそのプライに立っていい感じに
コンビを組みますという展開でした いやー接種バンジャンさんがね全員を復活させてくれと思ったんですけども
剣を託したけど終わっちゃいましたねって いやーやっぱりダメージが大きかったですね
いやそうですねただもう全魔力を込めたって言ってますからね だからこの後のほんと闇魔法と世界地魔法のコラボは期待したいところですね
本当ですねこの後に及んで武器は木刀って本当にいいですよね このヤンキー感がたまらないですね
闇さんほんとヤンキー感強いから
そして今回もだから目つき悪い子みたいなこと言ってますけどもっていうね 先輩方2人確かに目つき悪いんだねこいつらっていう感じだったけど
ただ結果として闇さんと那覇とさんのが横止めつき悪いんだよねっていう そうですね本当に元々黒の暴牛自体がちょっとあの不良の溜まり場感はありますからね
そうそうそう 最後のちょっと遊んでやろうぜっていうところのこう
新目つき悪いコンビっていうかねあのすごいほんと不良感あるところはいいよねって いやー本当になんか
その黒の暴牛全体が本当になんかならず者集まりでしたがこの2人は奇推ですよ本当に 奇推だね
普通にヤンキーですからね そうだねで手に持ってるのが木刀っていうのが本当にいいですよね
いいねー だから本当にまだまだ全然で本当あの勝てそうな気がしてないんだけれどもやっぱ
ちょっとテンション上がる展開ですからね もちろん能力的にもその世界地創生魔法すべての力を込めた木刀っていう点で何か
逆転フラグにつながっている感じもしますし未知数のパワーアップっていう感じが手に 入ってるんでその展開も楽しみであると同時に本当にまず
雰囲気がいいですからねそうだね能力運動を超えて雰囲気が良くなってきたんで大変 この逆転の雰囲気ができてるっていうのはいやー何かワクワクが増しますよ
やっぱり そうだねほんとその辺の盛り上げ方上手いですかねたまた先生はっていう本当ですね
という感じなので本当に敵の圧倒的な力を示して絶望的な雰囲気がたっぷり立ち込めた ところで
すごい馬鹿馬鹿しいくらいのノリで構成に出る感じがすごく楽しみですよ まずですね
では続きましてがセンターカラーです人気音霊巨悪者の決戦白熱センターカラー ドロンドローンという形でセンターカラーは今回出てきた
敵のひてひさくんを背景にドラ君たちが構えるという1枚でした そうですね対立構図っていう形のねまあ王道的な飛べれですね
48:02
そうですねやっぱり内容もそうですがやっぱりこう 堂々行く感じが気持ちいいですねそうですね背景に敵がこう暗い色で描かれてそこの前で
剣をかかん構える主人公出すという本当にもうお手本のような構図ですからね そうですね
いう感じの大変真正面を向いた素晴らしいセンターカラーそして内容としましては第10話で 現場に駆けつけた
上司氏宇治平助さんは2年連続苦女数トップのすごい人でしたが人望がありません でした
そして敵と戦って敵に傷を負ったりしていたらその敵ひでひさくんというのが何か よし姫さんという人に呼ばれて
糸で引っ張られて行っちゃいました そして宇治平助さんは
草薙君を対峙しようとするんでドラ君が間に入った結果 本部へ連れて行かれることになりましたという展開でした
まず秀久さんの乗り軽かった設定 でひささん敵ですか敵ですねはい
いやーまあこっちのねあの 宇治平助君を乗り軽いんだけどね軽いですね
だからなんだろうまあ本当だから顔見せ同士の戦いって感じになりましたねっていう まあそうですねどっちも本気は出さないまま終わりましたね
ただねまあ向こうは再生能力がすごいしまだまだ力を隠している こっちもねなんか妖怪の力を刀に込めてるっていう形でなんか面白そうな感じ
だしてきましたからねっていう はいはい
ちょっとやっぱここらへんは興味湧くとこでしたね いやーそれぞれのまあ今日キャラ感はすごい出せましたよ
そうですね そしてまあその後のやっぱこう草薙君を駆除する駆除しない問題がすぐ出てくる
わけですけどね ここの解決がねこの先週か先々週くらいだったら絵を1枚見せるだけで解決させる
ってところがめちゃくちゃスマートで いやー相変わらずこの場がテンポいいなってましたね
そうですねテンポ感もいいですしちゃんと以前に出された情報で解決するって いうことで何か
とっつけた感というかご都合主義的な感じが薄まってますからね そうだねやっぱり前出しした情報で解決するっていうのはすごくいいなと思い
ますよ
これでああこれを見たら納得するだろうなって感じしますからねっていう もしかしたらこの絵も自分で書いたのかもしれないですよね
それは違うのは我々分かってますから
そうそうそうだからね本当は俺のだちだっていうところの迫力があって銀長さんのね このアドバイスがあってそして絵があるっていう三段構えですからねっていう
この辺りは本当気持ちよくやってくれたなって感じでしたからね良かったですね そしてもうもう
本部展開になるわけですけどもねまあ今回さっきねあの重なり物だけを込めてるって いう話が出てきたんでね
なんか結構大丈夫そうだけになってきたんですよ まあでも物の系生きたままぶち使ってるわけではないんじゃないですかね
51:04
どうなんですかねこの仕組み次第だと思いますけどねっていう 完全に見切らっているとよりかは使えるものは使うっていう心情っぽい組織だなって
いうことを改めて感じたんでねっていう ああ
だからあの結構交渉主題で草薙くん生きる道全然ありそうだっていう感じでやって きたなって思います
そうですねあんまりこう敵対するよりかはやっぱり認めてもらう展開認めてもらう けれどその中に何か制約とか
対立がある展開ぐらいの方が面白そうでありますよね そうだね
いやーという形なので本部に行ったらまた いろんな新キャラが出てきそうですからね
白柱がちょっと今こう言おうか言う前か迷いました やっぱり本部に連れて行かれてまあ権威をかけられる展開ですから世界観が大きく広がり
そうなんでそれが楽しみですよ 確かですね
どんな今回出てきたこのウジヘイスキュンも強いけど人望がないって やっぱ個人的にいいキャラだと思いますからねそうですね
やっぱりこうかっこいいところと格好悪いところ 何かやっぱり強いところと弱点っていうのが両方あってこそキャラクターはこう魅力的になる
気がするんで いやーすごい強いけど人望がない人望がないないことを自分で気にして格好つけようと
するけれど 何かそれがうまくいかないと愚痴って結果嫌われるみたいな
この辺のキャラクター描写はなかなか好感度が高かったんで 他のキャラクターとも含めてマシンキャラ登場して絡んでいく展開がどうなるのかは大変楽しみ
ですねはいっ では続きましてがビッチウォッチの第49話内容としましては
かんちゃんがみはる君の傘仕込み型の入った傘をなくしてしまった取られてしまった ということでみはる君代わりの傘を買いに行って魔法を使ってちょっとドタバタした感じの中傘を
取った人を見つけて取り戻そうとするところをかんちゃんも手伝ってくれました 2人はなんだかんだで仲良いですという展開した
いやーもうみはる君が延々と一律もしての面白かったね いうかまあこの魔法ひどすぎますけどね
いやほんとひどいよねっ これ別に実際だったらあの傘を刺さない理由が美しくないからみたいな話をしたけどさ
はいこのクオー美しいのかっていう問題が出てくるんだけどどうだって いやまあ雲の方がまあまだ増し泣きはしますがそのために常に心を曇らせて
なきゃいけないっていうのはひどいですよね ひどすぎるねって
いやーほんとそれに対する独り相撲がね ほんとみはる君が全部突っ込むできるキャラクターなんで本当にいい感じが決まったと思いましたけどね
まあ確かに常識人ですからねみはる君は
いやーだからねちゃんとねあのね知ってる天使さんって言うんだよって言われればね すごい笑顔になりますからねっていう
この辺はあざと可愛いよね相変わらずって いやーそしてまあでもねこういろいろ積み重ねた上でね最終的にかんちゃんとも
54:01
仲直りしたし だからこう美しいがテーマの話でね最後は仲良きことは美しきかなみたいな感じで終わるっていうのは良かったなって私ねっていう
あーなるほど個人的には最後なんでしょうねその 仲良きことは美しきかなで終わるっていうのは最後のお前家やんところのことですよ
そうですね その前の段階の2人で協力プレイで泥棒を退治して
でまぁ美しいっていうところは綺麗な落ちだと思いましたがその後のこの 生のでごめんせいので謝りましょうごめ家やーっていうこの
じゃれ合いの感じっていうのは一気に肩の力が抜けて なんか美しさとかどうでもよくなりましたけど僕は
ブーバーそれがまだ良いとこでもあると思うんですけどねそうですね 言っちゃっちゃやっぱこの抜け感がいいですよねいいですね
最後に何か額というか一つ力を抜いて終わる感じになるのが本当に良いように方式 になっているんで
いやー最後の人打ち毎回すごい好きですよくん 本当雰囲気がいいんだよねそうですね
やっぱりこの仲間同士のわちゃわちゃ感 何か仲の良さっていうのを大事にしているそれを表現するのにコマ数を抑えているところとか
すごい好きですよそうですね 何の意味もないやり取りなんですけどね
いやでもそこはほんと大事だからねいやー本当にそこのバランス感覚すごく好きですよ 友達同士の空気感ってやつだよねってそうですね
感じなので今回も本当に何か内容的にもいろいろと コネタがたくさんありましたし泥棒ネタっていうのもなんかこの作品だし
もういいかにもな感じの展開で面白かったですし あとは本当にお家がいつも通りで気が抜ける感じで大変いい
3つですよそうですね じゃあ続きましてがマッシュルの第96話内容としてしましてはマッシュ君
おもりを外した結果すごい高速移動できるようになったんで一人バケツリレーで水 の魔法撃破ですという展開でした
バケツリレーくそ笑ったね一人バケツリレーっていう いいですね一人バケツリレーじゃないですよね
そうだから本当なんだろうあのそうはならんやろって思いつつもまあなっとるやろがい みたいなね
あいつらで決めてくる感じは 本当にいつものマッシュルだし今までのマッシュルの中でも一番そういう感じ
なっとるやろがいみたいな 展開になったんでいや面白かったですねっていう
そうですね バケツをこの運び方する必要性が皆無ですからね
そうそう全く皆無なんだよね普通に捨てに行きゃいいじゃんっていうのをさわざわざリレーにする必要あんのかっていうね
あたりが本当にいやー ちゃんと最初のところでこの外した重りがとんでもない水しぶきになるっていうところも良かったですね
そうですね いい重さ表現でしたよ
いやーだからやっぱねざまあ感ね わぁすごいあったしねあのドミナさんに対するね
であとはあのやっぱピンクがちゃんと見えてたってね 開放できるっていうところがね
お前なんで見えとんねんっていうねツッコミもあるからね いやもう完全に動体視力育ってますよね
57:01
そうですねまぁマッシュ君と付き合ってきましたからねって いやーそういったところも面白かったですね
そうですね 解説がもうなんかもう
当たり前のように解説してる感じも良かったですし いやーマッシュ君このを盛り付けて生活したってことはこれまで床がすごい丈夫だったんですね
まぁまぁまぁなんかこう重さをなくすために常にこう見えない段階で遠心力かけたかもしれないよ って
あー確かに足をわたつかせてと空を飛べる人ですかマッシュ君は そうそうそう
重さがゼロになるように常にこう実は我々は止まっている見えたけどずっと 腕を振り回したかもしれないよって
いやーあり得る感じですね という形でもう相手をまさに地面に頭を叩きつける感じの攻撃を食らわせましたんで
いい感じにこう相手がボロボロになってくれたらいいですね そうですね
この攻撃の結果が大変楽しみですよ そうですね
では続きまして僕とロボ子の第76話内容としましては まどかちゅわんとあかねちゃんとロボ子でチョコレートを作りました
まどかちゃんは絶好調ですそして まどかちゃんはボンド君にちゃんとチョコを渡せましたし
あかねちゃんはガチゴリラに告白的なことを言っちゃいましたという展開でした いやーまぁ今週はボンドおめぇ二度とひもてをなどるんじゃねーぞって言われ
したいっていう いやもう名乗らないんじゃ名乗らないんじゃないですかそれは
そうですね 嬉しさながらたったま気絶してますからねっていうそうですね
だからねなんか相変わらず気のいい連中がちゃんとみんなチョコレートもらったガチ ゴリラも含めてっていうね
ところだったんでしかもつづるくもらってるからねしっかりとっていうそうですね そういうところ
はすごい気持ちいい話で良かったですね いやー本当になんか裏切られたのは読者だけっていう感じですね
本当は全員チョコレートもらいやがってみたいな そうですねボンド君がガチゴリラに真意を裏切った気分はどうだいって聞いてますが
まあ裏切られたのは読者だけでしたね いやほんとそうなんだよねー
だからなぁ本当に今週とかなんか特にねまどかちゃんがね 告白とかまだ考えてるけど気になってる人がいるのとかね
そういうところのリアクションがスイッチめちゃめちゃ可愛いんでねっていう余計に 本当ボンドめーって言って
普通にまあみんな男の子も女の子も含めてみんなすごくいい奴だっていうのが伝わっ てるんでもう本当に祝福の気持ちしかないですけどね
はい裏切れやったのお前 いや本当にもう世界がみんな平和だったらいいなと思ってますよ
常日頃から なるほどね
あとねほんとあかねちゃんの音話も進みましたからね いやー劇的に進みましたねそうだね
いやーばこの後はどうなっていくのかまあガチゴリラはいいやつだからねきっと ちゃんとこうホワイトデーとかにお返しとかでまたなんか展開
ありそうで楽しみなって思いますからねっていう もうですねまあきっとすごくいい男な動きをしてくれると思いますよ
そうですね だから我々はそれを参考に頑張ろうって感じですね
1:00:03
そうですね ガチゴリラもう普通にもう何なら
付き合ってもいいと思いますからね ありだと思いますねそれはそれと面白いですからね
すごい理想の彼氏ムーブをするガチゴリラって面白いですからね それは面白そうだねすごい気遣いができる彼氏だっていう
男友達のこの距離感も含めて彼女に対する気遣いもすべて完璧だっていうそういう ムーブをする
ガチゴリラをちょっと見てみたい気がするんで 関係性進んでもいいのになというふうに思いました
あとは絶好調のまどかちゃんはやばいなと思いましたね ほんといちいちパロディーがあの大丈夫なのって感じですけどね
含んでます基本全部おっさんっていうのは酷いですね 酷いからねっていう
だからボンド君があのホワイトデーに何するかってのを期待してますよって感じですね まあそうですねこの後の展開がどのくらい引っ張るのかわかりませんが
まあホワイトデーネタ 少なくともボンド君に関しては
何かこう大きな イベントがあるはずですからね
そうですねイベントになるはずですから 確かにその辺の展開とかも大変気になってきます
続きましてがあやかしトライアンブルの第79話内容としましては 影名さんはスーちゃんのキスに対抗するために自分もキスの勉強というか修行して
スーちゃんに挑みますがスーちゃんの性欲には 叶いませんでさという展開した
ああ キス顔10日描写という過激なことをジャンプでやってくれどやむくせせって感じ
たいっていう 10日なるほどキスをしているその顔だけが見える状態ということですね
そうですね その後のね最後のスーちゃんの方とかでもやばい足に力があってどこでもやってます
けどもね はい
こういうのってエロバーガーの手法だけどいいのかって思いましたからね まあそうですね矢吹先生ツイッターでも今週そのキスの描写に力を入れすぎた結果
あのしろがねさんが発動しちゃったって言ってますからね そうですね横向きのところ何個もか入ってますからね
これ実はだから書いてあったけど修正されたなって思いましたからね そうですねもうちくびレベルにエロかったってことですね
そういうことですねだからまあ単行本が楽しみですね そうですね
さにキス描写で発禁でなかなかないですからね ないからねー
っていうかまあ少年子のキスでこんなにこうしたを使うっていうのがなかなかないです からね
だからそのあたりも攻めてるなって思ったしそれだけエロいことをやりながらもね基本的 じゃずっと笑ってばっかだったからね
完全にギャグ界でしたからね そうそうだからすごいよねってちゃんとエロいのにちゃんとギャグになってるっていうのは本当に
矢吹先生の才能の凄さを感じる回だったなと思いました いや本当にスーちゃんのエロは健全だなっていう感じがしますね
そうですね不健全すぎて健全ですからね そうですね逆にね
1:03:01
どっかでもうちょっと真面目な展開が挟まるのかと思ったら最後までこのノリのまま終わりましたからね
今週 たまにはこういう回もいいようなと思いましたね
最近本当に影名さんの意見ないからね一切 影名さんはもうなんかこう現代の生に対してちょっと非気味なくらいの感じが良かったんですけどね
いやースーちゃんに負けたっていうところはその点で良かったんですが あんまり現代に染まってほしくはないですけどね個人的には
そしてピュアな感じがなくなっちゃうとねやっぱちょっと悲しいですからね そうなんですよね耳としまというか本人はエロいことも何か実はない感じだけど
知識が追いついてなくて戸惑ってしまうというあの感じの何かやっぱりそのピュアな感じ というのが良かったのでその属性を今後も失わないでほしいなというのは期待したいですね
そうですね では続きましてがセンターからです
ジャンプコミック一貫中半&ミーミン編大人気音霊&全日本学生音楽コンクール 突入記念センターから
ピピピピピピという形でセンターからはミーミンと踊るラッキー君と一枚でした いやそうですねこのミーミンちゃんの髪の毛描写とかが相変わらずやっぱカラーだと
流行っていいなってましたねでこのドレスのこの プリーツの感じですとかそのドレスのスカートの先の飾りとかの感じでこの放射状の
なんとやっぱり構図がめちゃくちゃいいんですよね いや本当でめちゃくちゃ映えてるよねっていうあたりはさすがマプロ先生だなという感じの
期待に違わぬ感じのセンターからとなっておりました 内容としましては第20話でフルスちゃんはミーミンさん
に対してあなたの自由な演奏は良くないって言った結果 まあミーミンさんはフルスちゃんに対するちょっと嫌がらせ的な感じで同じ曲を
先に弾いてしまいました フルスさんはピアノの前で困ってしまいました
ラッキー君はミーミンを止めるミーミンに勝ちます あんなことを許しちゃダメだって言いますという展開でした
いやもうちょっと嫌がらせじゃないですよ だいぶ嫌がらせですよこれ
フルスちゃんの曇り展開でしたね そうだねいやでも本当に何だろうすごいでもミーミンちゃんの魅力はガッツリ上がったよねっていう
そうですねまあキャラは立ちましたよ本当に すごくないですかこの潰したい相手がいた時にさあのわざと失格になってもいいから同じ曲を
弾くっていうねっていうところめちゃめちゃこう 暴君だなっていう感じするし演奏描写がさもうマジ決定じゃないですかっていうこの
演出っていう いや本当に見開き全体を使って
やっぱりすごい圧のある画面を作りましたね そうだねー
木が出てくるっていうところねまあ前にその楽器売り場のところでやってましたけどね それがこんなにおぞましくっていうね
1:06:00
こう メロイさんを囲むようなっていう描写もあり全体を囲んで革命は失敗したっていうところ
でこの感じ いやもう悪の花ですよこれはって感じしてるんですね
いやー演奏シーンの迫力は本当に一段と今回は良かったですね 良かったねー
すごいよねそこでやべーって思ったし だからこの本当にこのフルスマートのフルスさんがもう悲しくてかなくてしょうがなかったから
はいはいはい 1回はこうなんだろうこの失格だからと言うかねこいつ
もう自滅しやがったって言ってにやりってするんだけどだんだん同じ角を引かなきゃ いけないってことでもう顔が曇ってくるって言うね
ところでで 失敗しちゃうっていうところはでもなんかこうすごい悲しくなってきたから見れ
てっていう 先週だから本当にフルスさんが曇ってきなフルスさんどうなっちゃったのって思ったけど
これはしゃーねーって思ったから 個人的にはここで一瞬笑顔になるのは純粋にこの音楽に魅了されたんだと思ったんですけどね
純粋に音楽に魅了された後に事態を把握してゾッとしてるという っていう認識でしたけどね
俺はやっぱり変な話対抗心がバリバリあるからこそ 俺は勝ったっていう描写だと思ったんだけどね
いやーただまぁ本当にまあどっちにしろねほんと 魅了されたにしろねあの木あの子こうなんだろう
ぬか喜びだったんですよね本当にフルスさんが哀れすぎるっていう展開したからっていう そうですねっていう本人もピアノはあまり好きではないと言われてしまい本人も
聞いている最中に自分の演奏なんて 聞きたくない私自身もいう形で気づかされてしまうという形で
まあ 天才との向き合い方夢との向き合い方とかに関して
それが本当に本人の夢だったのか 才能との向き合い方としてそれが本当に正しかったのかっていうのがわからない状態
になってしまいましたから 果たして聞くのまあその悲しい曲というのがどういった作用を及ぼすのかわかりませんが
いやーこの心の傷をどうにかしてあげてほしいですね そうだね
っていうかみーみんちゃんはでも失格にならないの大丈夫だろって言ってあるんだけどって うーん
どうなんでしょうね音神補正もありますからねそうですね観客とか大絶賛でしょうから いやーとかちょっとそのあたりも含めてちょっとね
いやーしかしこれを聞いてだこうメロディさんがこう すごい接種なんかはさあすごい息を酔い落とすじゃないですかっていう
はいあれは逆に怖いなって思って そうですね
あの子の自衛はあの子を殺すって言ってましたからね そうですね
すげー嬉しそうに言ったからでしょ あたりで本当にみーみんさんのなんでしょうね他人を傷つけるためというか
少年本当にこういう応募まさに応募というような演奏が出てきたことによって それに対するフルさんのラッキーくんのメロディさんのそれぞれのスタンスが何か分かれそうな
1:09:10
感じになっているのは面白いですね 遅いですね大きな石が水面に投げ込まれた感じでどういった波紋を広げていくのか
本当に大変楽しみですよ だですね
では続きましてが高校生活の第73話内容としましては 一郎さんは入院することになりましたが
試合には勝てましたがその後の一戦で目でこうはやられてしまいました負けで しまいました
あるはるこうは終わってしまいましたそして スザヒ君と
小太郎君はちょっとお話をしたりとかしてよかったな親父っていう感じになりましたし 遥高バレー年齢制限はないという展開でした
いやー 激闘を制した後にあっさり負ける展開スラムダンクでしたよっていう
スラムダンク的なモノローグしてくるかなと思ったらそれはなかったですね それはなかったですねここは何度ちゃんと差別化が剥がれたというかね
まあ一郎さんがこう生き延びたというかねここもちゃんとバレーを続けてるっていう ところも違いですし
今はでも本当に何かエピローグとしてなんかすごい どこが良かったよねっていうそうですね
いやなんか爽やかな終わりですよ 爽やかだったね
なんだろうね本当に先週のところでやっぱスザキ君が一郎さんを元に戻してあげた っていうねところが最後に生きてきたというかね
小太郎君との会話の後にねあの人と俺はメディコのエースなんだからこれからも皆と 一緒に大会に出るので出なくちゃいけない人なんだっていうところとか
すごいエモーショナルだったからねっていう いや本当ですね
青春は終わんないっていう感じがして良かったですね 良かったね
それもだから本当に今までの積み重ねがここにつながってくるっていう形でね 良かったし
まあ本当に小太郎君と親父の話でもちょっと最後つながったしねっていう それはどういうことですか
なんだかんだでまぁ高校生家族と主役で小太郎君だと思うのにリアクションを押す 役目も含めてっていう
だからなんと親父の話だけで終わるんじゃなくてその小太郎君につながってきたところ っていうところ
俺はやっぱり高校生家族の1個新話が1個通った感じがして良かったなと思ったんですよ ね
そうですね確かにこうこのシーンは息子として 父親の青春を目撃した息子としてそのチームメイトに対する接し方ですからね
そうだね なんというかまぁ息子としてちゃんとその青春を親父の青春をちゃんと受け止めてる
シーンとして家族感のある良い終わりだった気がしますよ なんだけどまぁ先週先々週のコメントくらいでね
あのやっぱり小太郎君がこの一郎さんのでスパイクとか見ながら 結構リアクションシェルの時にあの最初の頃あんなに嫌がったのにみたいなコメントがあったり
したわけですけどねああいうの本当にだから話が積むに従って 家族の分かりの話になってるなぁっていう感じがして
1:12:07
なんか俺はすごいすごいやっぱ高校生家族青春の話だしなんか なんだろう家族の話としてどんどんレベルが上がってるなって思ったんだよね
そうですね確かに スザヒ君に対するこれからも親父と仲良くしてあげてくださいっていうこのセリフは
あの試合を経なければ出てこないセリフだと思いましたね そうだね
あれで本当にお父さんのこと現状すごく全肯定している感じにつながっているのは まあ感動的なシーンですよ
それとそれと同時に違和感もすごいですけどね そうなんだよね
なんだこのセリフっていう突っ込みもあるんだけどでも感動しちゃうんだよって 同級生に対してこれからも親父と仲良くしてやってくださいって息子が言うって逆だろって
いう話ですからね これからも息子と仲良くしてやってくださいって親父が言うセリフだろそれっていう逆関係
っていうのはまあそれはそれで違和感がすごくて面白かったですが まあまあそれも含めてなんかお互いの信頼関係
本当に何かお父さんのこと思いやってあげてる感じも含めて その信頼関係が見て取れる感じは良かったですよ
よかったですねー 何の漫画を読まされてるんだろう感がちょっとあるわけだけど本当に感動するってね
すごい漫画だね本当に高校生家族は いや本当にまあ
まだまだこれから将棋漫画とかいろいろ残ってますからね そうなんだよね
だからまだここにねまだおやつの青春も終わらないし妹の青春も乗っかっていくし お母さんの青春も乗っかっていくしゴメスの青春も乗っかってくるからねっていう
そうですねゴメスなんて番長ですからね そうだね
いやー大変まあ本当にだいぶ世界が広がってる感じのする高校生家族ですよ そうですね
ハルコーバレーも年齢制限を検索しなかったんでまだ来年できますね できますかね危ないとこですよ調べたら来年やらないとこですよね
ちょっと終わっちゃうところだったかね 形のこの爆弾も抱えつつ
いやーまあハルコー予選編完という形でいやー大変充実した長編エピソードでしたよ はい
じゃあ続きましたがに上手な国の第50話内容としましては 京都は都会でみんなウキウキで買い物とかしたりとかします中
現場君が掛け事で巻き上げられてしまいましたそれを取り返すために 雫ちゃんがすごろく勝負です相手も心力を使っているらしいという展開でさ
いやもうメスガキキャラキターっていう感じでしたね そうですね大変何かすごくなんでしょうね性癖をくすぐる感じのキャラクターですよね
いやそうだねこうまあそこにやっぱメスガキ属性みたいなのがあるわけですけど なるほどそれを何だろうこの男を見下した態度で露出の多い服装でザーコン
みたいな感じで始まるセリフ生意気なセリフって言うね はいもうそれがもう登場の瞬間に全部あるっていうね
1:15:01
松井先生メスガキ理解しすぎだろって思ったからねっていう いやーそうなんでそれはさすがですね
いやもうそれは現場君も焦点しかけますよ これもだったらお客さん可哀想なのかなぁかわからない感じ面白い
そうですねみくるみ全部剥がされた絶望と女たちの感想の中で前がすごくする興奮で 言っちゃってるという心が壊れるのわかりますけどもねっていう
そうですねこの環境下で前がですごろくやらされるっていうのは確かに辛いだけ じゃないだろうなと思いましたね
ザーコザーコって言いながら全裸で刺されるわけですよ 全裸で刺されてるんですよ
これはもう本当にある種の生機に刺さるなと思いますよ そうなんだよねー
いやーすごいキャラ松井先生投入してきたなっていう形でテンション上がったよ 確かに女性キャラという形で言えばしずくちゃんとか彩子ちゃんとは全く違う方向に
こう鋭く多角形が伸びてる感じがしますからね そうだね
いやーすごい多角形が形成されつつありますよ今 いやーそしてねまぁメスガキと言えばね最終的にはわからされるっていうのがあの定番ですから
なるほど だからもう来週か再来週くらいでも鈴木ちゃんが勝っていかにこのメスガキがわからせられるかって
は楽しみでしょうがないねっ なるほど言われてみれば確かに確かにその展開は楽しそうだなと思いますね
そして新力展開今であまりこう具体的にお話の進行にはかかってこなかった新力が ついに発揮されるかもしれませんがね
そうですねこの世界の裏で住んでいる何か現実の権力武力とはまた違った何らかの 力っていうのが
かかわってくる感じ なんか前にもその新力とかのお話が出たときに僕は
なんか言いましたが歴史のシーズを飛び越えようとする力をこの心理的なものに託してるん じゃないかなという感じがちょっとしたんですよね読んでて
だから時代にだんだんこの心理的なものを目に見えない力がかかってくる展開っていうのは やっぱりいずれ時計君がシーズを飛び越えた
どこかに行き着くための展開だったりしないかなっていうのをちょっと未だに心の中では 思ってますよ
だからなんかまあねこの 佐々木同様さんの学校歴史上どういう人物かわからないんですけどね
そことと繋がりもできるってことですからねそのあたりでもしかしたら何か 新たな展開があるのかもしれませんね
そうですねという形でまぁこれをきっかけにまた大きな話も動いていきそうなんで 大変楽しみです
では続きましてがアンデッドアンラップの第98話内容としましては アンディはユニオンを飛び出して風光ちゃんを迎えに行きます
みんなを置いていきますが ジュイスさんはユニオン仲間だからに席を開けてまーつって言ってくれました
1:18:00
アンデッドアンラックリスタートっていう展開でした いやーリスタート展開最初読んだ時にさえ打ち切り遺跡みたいな方でちょっと
びっくりしちゃったんだけどって そうは思わなかったですけどね
でもそうは思わなかったですけどなんか結構切羽詰まってる状況で なんかアンディ裸一貫みたいな感じでそんなことをやってる余裕あるのかいって
ちょっと思いましたよね そうなんだよね
まあ当然ねこのラグナロークが近くて 不滅さんのところと2面作戦をやるのが厳しいから
不滅さんはアンディ狙いだけだからアンディだけ切り離して 両方でそれぞれ対処するっていうのは理屈にかなっているんですよね
まあ確かにそうではあるんですよね だからこれがリスタートって言われるとちょっとそんな結構
状況的にはつながってるからあんまり仕切り直すっていう感じはないんで っていうのは多少思いましたね
そうなんでだからこそ俺はちょっと打ち切りなのかってちょっと思っちゃったって いうことなんだけどね
いやーでもそうじゃなくて良かったって感じでしたね そうですねまあなんかとりあえず改めてそのアンディとふうこちゃんが
最高の子を見つけるお話であるっていう前提に立ち戻ってきたっていう形で まあ
リスタート新展開 どうなるのか正直全くわかんないですね
そうだねまあまああの1週間やっぱ話時間飛んでるし その中でアンダーとの交渉とかであれがどうなったのかわかんないですねっていう
はい 世界もこの1週間で結構だいぶ変わったでしょうしよね
時間が早くなっているというところに対して本当に世界自体がどう動いているのか 気になりますよね
そのあたりも含めてまあまあ 明かされたらまたいろいろ楽しみが増えてくるんじゃないかなと思いますけどね
そうですね本当に何か世界が一変している雰囲気がすごくあるんで 象徴的に月がかけ始めたりとかもしてますし
その世界がすごく急変している感じっていうのはあるんで まあ旅に出ること自体はめちゃくちゃワクワクしますよ
そうだねこの世界がどうなるのか新しいミッションはどうなるのか 空港ちゃんとはどうやったら再開できるのかっていうその新展開
そして広い世界に飛び出す感じ何か自由に 動ける感じというのがすごくワクワクはするので
まあそれ本当にロールプレイングゲームで最後の戦いの前に自由にワールドアップ移動 できる感じのワクワク感がありますね
なるほどいいわかりやすいですよそれ という感じの今世界がどうなっているのかも含めて確かに新展開
新章というのがどうなるのかはすごく楽しみではあります 予想はつかないです
いや実際はそうなんですよね
まあやっぱりアンダーがポイントになっていくんじゃないですかねって思うんですけど ああ確かにユニオンを抜けてユニオンを離れて
1:21:01
ワンディがふうこちゃん探しに行くときに確かにアンダーが関わってくるとまた ガラッと
何かお話の構造とか変わって面白いかもしれません アンダー側のキャラクターもまだ深掘りして欲しい人いっぱいいますからね
そうそうそうだって名前すらまだ分かったやつかもいるからそうですね 感じだったりするので確かにアンダー編とかも始まったら面白いかもなとか思ったり
とかもします 続きまして読み切りです
寝る武芸同業の平賀美奈が約回帰ホラー読み切り15ページ ドクロ同士という形で内容としましては
死んだもののドクロを引き連れてその故郷へ返すドクロ同士さんという人がいまして その人が連れているドクロの1体というのが
家に奥さんのところに帰ったらその奥さんに殺されてしまっていたということです で奥さんはドクロ同士も殺そうとするんですがドクロ同士さんは
帰り討ちにしてしまいます骨が折れるという展開でした いやーもう俺のドクロを見つけてくれやーっていうところのコマとかめちゃくちゃ迫力
ありましてはい だからなんだろすごいやっぱ平川先生の表現力を生かされた読み切りで面白かったですね
いやー 個人的にめっちゃ面白かったですよそうですね
あの設定のところも生かしてるしドクロ同士のデザインを生かしてるからね そうですねいや世界観世界全体のこの何か無国籍な感じとかも含めてデザイン
センスとか 本当に画面の構成というかもう絵面がものすごい好きでしたし
あとは主人公のその連れてるドクロ拾ったドクロを故郷に返してあげる 基本的には良いことをしてあげるで自分のドクロがないからそれを探しているっていう感じの
このなんか人とは相入れない化け物感があるけれど それなりに気のいい奴でいいことをしているみたいな
この辺の雰囲気とやっぱり最後にあの 引き取り手のないドクロを大量に引き連れて歩いているというなんか
エザの病的な感じとかその何か中二的なキャラクター感もすごい好きでしたよ そうですね
世界観が気になるというかね 読み切りだけで終わらせるのはもったいないくらいの贅沢な感じだったよって
いやー本当に15ペースとは思えない圧ですよね そうね
いやーだからこういうのを見るとやっぱり平川先生またジャンプ 連載調整してほしいなって思いますよねって
いやそうですね平川先生 いや本当にあの先週も行ったNERV芸同業の第3巻にはいろいろとその打ち切りが決まった後
最終話まで書き切るのが本当に大変だった辛かった ネルが動いてくれなくて笑ってくれなくて大変だったけど最終回は笑ってくれた
そしてそれ連載を通して本当に辛かったけれどやっぱり漫画が書きたいという思いを 確かめることができたみたいなことを書いていて
それと同時にあの電子版のジャンプラスに乗った短期連載版が一番伸び伸びかけてて 良かった良い作品だった自分でおっしゃってるのも聞いてああやっぱりあの作品面白い
1:24:03
短期連載版面白かったもんな平川先生もそう思ってるんだな その感じでノイノイとかまた書いてくれたらいいなって思いましたからね
早速早い段階でこのドクロ同士が読めた本当に良かったですよ 良かったですねこれでまた本当に新たな方向性見せつけてくれましたかって
いやそうですね平川先生はいろんなものが書けるということが改めて伝わってきたので また新しい題材ってちょっと
何か帰ってきてほしいですねそうですね じゃあ続きましてが守れ小丸の第11話内容としましては
マグちゃんたちが学校に行ってきて校長先生の像を破壊してしまったんで どっちがより良い像を作れるかマグちゃんとナプタークさんが勝負をした結果
マグちゃんが自分を像だって言い張ったりとかします そんな中危ない人がいたんでマグちゃんが破壊光線で退治してくれましたっていう展開
でした もうマグちゃんがいるって段階ですげーびっくりしたよ
いやーなんかリアルタイム性というか 素晴らしい
反応速度ですね いやほんとだよね
ほんとなんと平川先生がこうアメージングフリーダウンみたいな感じだったよね 言葉にならねーよって感じだったよ
最初にマグちゃんたちが召喚されて出てきた時には先週ヒカキンでこの先ないかと思った けどこの手があったか
なるほどそう来たのかっていう感じだったのがその後読み進めてってもひたすらマグ ちゃんだったんでそうきた
そうそうえっえっいいのっていう どんどん戸惑ってきましたからねはいはいはい
いやーまあ俺はもう本当にあらゆるところがマグちゃんでー ねあいうなら柱分までマグちゃんでっていうそうですね
神木先生にファンレターをって全部ファンでかみせてらっしゃいっていうそうですね 柱分もすべてマグちゃんのオスオスネというかマグちゃんの宣伝と神木先生ファンレターへ
という感じで そして目次コメントもちゃんと神木先生でしたからね
そうそう目次コメントで神木先生いるからね いやー徹底したなと思ったからね
神木先生愚かなお願いにご承諾ご教室いただき大変ありがとうございます ご教室ってどこ書いたんでしょうねこれ
これでも結構マグちゃんパート全部書いてんじゃんよって気するよねっていう めちゃくちゃマグちゃんですよね
そうそうこれいらっしゃいぜ月光半秒半分くらいが私とかいいんじゃないだと思うか いや本当にむしろこの守れしごまる第11話は
しごまるのコミックスに乗せるべきかマグちゃんのコミックスに乗せるべきか迷いますよね 本当だよね
いやーとかちょっと本当に だから何が起こってるか知ってわかんなかったからねそうですね
いや正直ちょっとゲスト出演させるぐらいいじるくらいだったらまあまあ なるほどねっていう感じですけどここまで作品をトレースするっていう
1:27:00
これがしごまるなのかマグちゃんなのかわからなくなるっていうところまでやりきるのは 本当に一線超えてて
この狂気感はやっぱり原先生以外だとなかなかできないんじゃないと思いますよね そうだねぇ
ここのアクセルをベタ踏みするところ 正直乗せるだけでもねもうやりきったっていう感じなのにねっていう
そこからさらにアクセルを踏み込んで 発車できるっていうところは原先生の強みだし狂気だしっていうところだしね
ていう そこを堪能できたんで俺はすごい良かったですね
いやそうですねいやなんか 上回るという漫画としてどうこうっていうよりも1本のそのジャンプをネタにするジャンプ漫画と
して 衝撃な歴史に残る回だったと思いますよ
いやそうだねぇ もちろんですごいだか危ないことしすぎてさ
なんか原先生の自由はいつか原先生を殺すよっていうまあ pp の山中メロリー先生 みたいな声ことも発想になったけどもっていうね
確かにそうですねなんか それはあるかもしれないですね
守れし終わるでもは今回の一話の上に関して言えばまあ本当に なんかマグちゃんのあの終わり方があってこそ
ああいう見事な完璧なというか素晴らしいここに残る終わり方をする 日常系漫画があったっていうその瞬間にしかできないねですからこれは
そうですね その瞬間にも捨て身で全身を投げ打ってこのネタに走るっていうのは本当に
スピード感も含め なんかタイミングも含め
本当に奇跡の回だったと思いますね 原先生やりたい放題だなぁ
いやーでも今だったらネットがあるからこう 僕らもこう動画で上げたりだなんだであのジャンプのこの先にこうですよねとか
今週の最終回ほんと良かったねみたいな話をすごく共有しやすい環境になっています がでもやっぱりこの紙面上で読者の気持ちを代弁してそれを
ジャンプ連載作品じゃないとできない形でネタにしている感じっていうのは本当に なんか
ジャンプネタジャンプ漫画としていやすごい理想の一つだという気がしますね
理想なのか すごい邪道とかわかんないけどすごいってなったよ
本当になんかもう共感というかマグちゃんが終わって本当に悲しかったなっていう気持ち をその気持ちに寄り添ってくれる素晴らしいお話でしたよ
そうですね という形なので果たして来週は何の漫画をツイートしてくれるのか大変楽しみですね
ほんと来週何やるか逆に不安だよ ヒカキンマグちゃんって来て来週普通の漫画載せたら
ちょっとがっかりするからですからねそうだね 来週のしごまるがどうなるのか
安着陸する方向で何かうまく うまく演出してくれるのか等も含めてちょっと注目したいと思います
1:30:05
続きまして怪物の第12話内容としましては都道府連合に行ってきた 浦和さんたち都道府連合総長のコットンさんは
きょう会長の娘の浦和さんというのを納得してこれからお守りしますって言って くれましたが丸尾くんに対しては
任せらんねーっていう感じに勝負を吹っかけてきますという展開でした いい感じにヤンキーマンがになってきましたね
そうですね 完全に丸尾くんがもう殴り合いで解決するなんて本当にヤンキー漫画の文法で成立し
ちゃってますからね話し合いがそうですね まあまあでも本当に先ほどね相手がぶっ込みの世界の人間なんで
ちゃんとこのヤンキー解決で蹴りをつけるっていうのは王道ですかね いや本当ですねチキンレースでもやってほしいですよね
丸尾くんが運転できないからダメですそれはそうですね 殴り合い殴り合いでもまぁちょっと舞台立てとか小道具とかこの辺を生かした戦いはしてくる
そうな気がしますけどね まあ確かにねそのまあ翼がどうのこうのみたいなね
てっきり翼が舐めたこと言ってますからっていうそうですね まあチキンレースじゃないかもしれないけど何かしらの度胸試し対決で切りつけるかもしれません
そうですねというのはあるかなと思ったりがするんでそういった何か変則なというか キャラクター性を織り込んだ戦いは楽しみだと思いますよ
そうですね まあ実際本当にねあの今週は結構サクサクトローキングを中目立っちゃったんだよねっていう
だからやっぱりここら辺で何だろうねまあ丸尾くんないしねこの浦良さんの方もね もう認められてはいたけども何かこう
カヤの外観がちょっと出ちゃってるねって言う 最後の方とかはい
聞いてくんないしてお願いよっていうねまあそうですね ちょっとやっぱりお互いやっぱ丸尾くんと浦良さん両方とも格を出してね
とどろき言語をちゃんと従える展開を楽しみしちゃってますね そうですねやっぱ浦良さんも交えての話は楽しみだなという
やっぱり人間関係とかキャラクターの掛け合いっていうの基本単位は個人的にやっぱり 3人からだと思ってるので
1対1だとまあ行って帰って成立しちゃうところが3人だとそれがぐるぐる回せる 一つのリアクション一つの行動に対して2人が別々のリアクションを取ることによって
やっぱりそれぞれのキャラクター性がぐんと引き立つ 差がより強調されるっていうところがあったりするので
この辺のトリオ感っていうのがうまく回り出すのがそういう楽しみでありますよ そうですね
天空は多少1を引いちゃってますからね 何言ってですか翼ってや俺と兄貴ですよみたいな感じで言ってくればいいんだけど
ねっていう どういうことですか
やっぱりデッキで翼がなぁって言ってるわけじゃないですかあのはいコットンさんがね いやーそしたら翼っていうのはその右翼が兄貴であって左翼はこの俺やでって
いうことを言ってくれてもいいと思ったんだけど2人で利用のツアー 両方の翼は2人だっていうことでそうです
1:33:02
なんか天君が丸を組む子分キャラとして何か常識的な意見を言うキャラとしてうまく 繋いで回してくれる感じになったらいいなまあそういう感じには多少なったはいるんです
が そういうふうに思ってたんですがやっぱり3人でわちゃわちゃ掛け合う感じまではいかなかったんで
ここで本当にコットンさんがバチバチに わちゃわちゃにぐちゃぐちゃに掛け合いをしてくれるようなそういういい感じの距離感の近いキャラクター
になってくれたらいいなというのを楽しみにしてます そうですねー
あとなんか独特の言い回しって突っ込まれてますけど個人的にはそこまで違和感がないんで これはもっとこうどんどん崩れていってくれたらいいなとはちょっと思うんですよ
そうですね 最後に目次コメントとしまして新年祭あかねばなし
末永先生祝新年祭やった最高最高最高 宜しくお願いしますわかりますか
最高最高最高の元ネタわかりますかわかりません これは空気会談の水川塊さんの一発ギャグですね
方法 なるほどねー
あの前回の読み切りたたら指導という作品の主人公2人というのが明らかにモデルが 空気会談お笑いコンビ空気会談だったわけですよ
なのでここもやはり空気会談月アピールということですね 方法になるほどね
もう上先生が作画担当での連載は初めてです頑張って探しますので皆様よろしくお願いします という大変謙虚なコメントでした
そうですねもうもう先生が好きなんてねあの頑張ってほしいなってくれますね 本当に
この絵が見られるっていうだけで大変楽しみになってくる感じの絵になってましたよ 青の箱三浦先生ハリウッドカレンの話
ネーム書いてて恥ずかしくなりましたハリウズ類 まあまあこれに関してはもう読者もみんなそう思ってるよって言いましたね
そうですね読んでる方も恥ずかしいですからねそうそうそしてハリウズいって思ってますよ っていうそうですねちょっと通じ合ってますね
であとはまあそうですね逃げ上手の若気味の松井先生一番好きなスライムはスライム ベホマズンです見も蓋もない名前と超使える能力があっていうことで
これがすごいわかりますわかると思いしたいっていう ベホマズンはね本当にあの見も蓋もないからね
まあそうですね僕はあんまり後期の後期のというか新しいブログをそんなに追っかけて ないのとあの派生タイトルとかをやってないんであまり馴染みはないですが
ベホマズンはすごいですよね まずはすごいですね
ちなみに俺が一番好きなのやっぱキングスライムですね あの4をやった時に初めてキングスライムが出てきた時の衝撃はすごかったですかねって
キングスライムって3からいますんでしたっけ いませんえっと4からですそうなんですね
そうすれば3ではまあ普通に一番弱い敵 元々スライムたいワンツースリーと一番弱い敵として出てくるわけですけども
4においてそのスライムが8匹集まって合体した時 もう子供時代の俺はウェーになってましたから
1:36:01
何が起きたんだみたいな感じになりましたからね あの衝撃は忘れられないんでねあのキングスライム大好きですよ
キングスライム確かに何か合体してすごい楽しかった覚えがありましたが そうか僕は多分3の次やったのが6になってしまうので6で出会ったんですね
なるほどねー 多分だから当時4まあ
4をやった人形はみんなキングスライムで驚いたと思う
なるほど 一番好きなスライムかやっぱ基本のスライムがなんだかんだ好きですけどね
まあねあれはほんとシンプルザベストだからねそうですね あと一時期あのバブルスライム好きでしたけどね
バブルスライムを小学生の頃よくノートに書いてましたよ どんな感じが好きだったの
なんでしょうね今になってみると難しいですか 何でしょうね緑色自体も好きだった気がしますね
まぁちょっと緑はねあのなんか あのなんか毒々しい感じいいよねっていう
あとなんかあのやっぱ液体の感じがなんか妙に好きだった いやなんかすごい重症とかに関して覚えがありますよバブルスライム
そうだね俺はなんかバブルスライムじゃなくて俺はほんとはぐれメタルを書いてる メタルはなんか
面性がねちょねちょしてる感じがあんましないじゃないですか 硬そうじゃないですかあれ形があの形のだけで実際触ったら硬そうじゃないですか
やっぱぐちょぐちょしてほしいですよね なるほどね俺はなんか硬い
しやっぱり経験値がもらえるからはぐれメタルが好きだったなっていう あーそれで言ったら僕はどちらかというメタルスライムの方がシンプルで好きでしたね
はいはい 意外とスライム投稿花咲くね
ここは綾香スライアングル矢吹先生ジャンプに乗せられないキスだったので白金の呪いが 発動しましたという形でこちらあの
ツイッターの方にも同じようなコメントでその白金の修正入れているあの画像が 上がってましたが
僕ずコメントの方でもちゃんと白金の呪いという指摘がありましたね そうですねまぁこれから先白が呪いは多様されそうな雰囲気ありますね
ランプに乗せられないキスっていうものがこのように存在するんだっけびっくりですけどね まあそれは確かに
真相は単行本で自分の目で確かめるんですねそうですねちょっと気になりますね 乳首より下手すると気になりますね気になりますね
あとは守れしご丸原先生好きなカードはマハ バイロです
ということですいません間違えました神木先生でした
あと一応い原先生のコメントとして終了が嫌すぎたので書いていただきましたという コメントがありましたね
いろいろ先生のコメントなくても良かったんじゃないですかねうわぁ ただはないとわけわかんなくなるしこれがバグっちゃったのか仕込まれたかわかんなく
すでにわかんないですけどね いやーそれが許されるっていうのは本当にやっぱジャンプサッカーの特権をこう
謳歌してる感じがすでに原先生って感じもそうですね いやー
1:39:05
というかここまでやっていいんだっていう何か本当に驚きのある 回でしたねそうですね
あと一応怪し文各先生夏目新たの結婚が一貫からずっと面白いです最新感も 面白かったということで
各先生コメントに書く内容がなくてこいつも困ってましたが あの面白い漫画紹介ということで今後もこれをやっていけたらいいですね
いやそうですね各先生がどんな版が好きな方気になりますかね 集められたの結婚は面白いですね確かに面白いなぁれ
いやー最新感もあのネット上で考察サイトを その1個前の間のラストは気になりすぎて考察サイトを読んだらその考察サイトは
ほぼ100%正解してたんで なんか読まなきゃよかったと思いますよね
あー俺はまあ考察サイトって見ないからなぁ 気になりすぎて読んでたんですよ
いやでもわかるよあのね本当に 進撃の巨人とかね
どうなるだろうどうなるんです考察しまくったからね なるほど
じゃあ夏のあなたの結婚いや本当に面白いんで 早く最後まではい完結までいたんですよね
であの 次の感も楽しみですね
という形で来週からまた新連載が始まります 地球揺らし運賞場サムサ福徳強転動地新連載2連弾第2弾
一般人見ずヒーローの限界突破じゃない物語 表紙&関東から54ページ地球の子新海秀夫先生
一般人とヒーローが恋に落ちてしまいという内容らしいです 方
変わりものです ヒーロースーパーヒーローらしいですからね
まあこれだけアメコミ実写化などが派手やって まあスーパーヒーローという存在が一般化さ
なんかスーパーヒーローものが満を持ちして ジャンプに登場するかもしれませんね
いいですねスーパーヒーローもの程度レディー ジャスティス以来とかそんな感じですか
もう完全に今レディージャスティス以来だなと 思いますよ
ジップマンとどっちが先でしたっけ ジッパのが後だねあじゃあジップマン以来
じゃないですかね あれはスーパーヒーロー扱いなのか
違うんですか なんかこうロボットモノの足みたいな
ノリだったけど まあとりあえず地球の子
タイトルが全然ヒーローがないですよね そうね大変楽しみですよ
あとは放たれる芯の筋力 進学者最終試験クライマックスセンターから
マッシュルと 教一郎の失踪編突入 新章開幕センターからヨザクサさんちの
大作戦 来週から教一郎失踪編が新章開幕らしいですよ
を まあ確かにちょっとどうなるかってどっしり
安になってきそうな雰囲気ですねっていう 五条先生が封印さればの展開が来るかも
しれませんね うん
は響くで場合し目指すは新内悪い沸騰 落語物語新年祭第2話センターから大層
25ページあかねばなし いう形でセンターから3作品
1:42:03
あとはなんと俳句点数ガイドという形で 重大企画大発表
ふだつ先生書き下ろし漫画も1ページ 掲載っていうことですね
方 なんすか10代企画はまた舞台とかいろいろ
やるんですかねってまああとアニメの新 シーズン
そろそろ発表消しですね正式にそうだねー あと10代他なんでしょうね
俳句点をまた巡回するとかですかね
まあ10個気になりますね 10個もあるからね気になる1ページ漫画
をめちゃ好きになりますねという感じで では先週のコメントを見ていきます
そうですね坂本レイズのあの試験に関して 場所が飛行機で一般人ないから暴れても
安心というコメントがありましたが
飛行機で暴れて万一落ちたらめちゃくちゃ やばいじゃんと思いますけどね
そしたら何かこうで死んだ奴は適性がねー って言うんじゃないですか
いや暴れても安心って一般人がいないから 暴れても安心って言ってるんで
落ち落ちたらやばいなって言う あーなるほどね確かに何かで飛行機だって
子供を言ったしねって言うそうですね あの世界だったらみんな落ちてもうわぁ
びっくりしたで済んだと思いますけど 飛行機落ちたねーって言って
びっくりしたーで終わるかと思いますがでも 落ちたらやばいじゃんっていうのとあと
窓とかから飛び出した銃弾とか落ちたら やばいじゃんっていうのはちょっと思いました
そうですね意外と銃弾の流れ玉でね人が 死んだりとかありますかね現実世界でも
なんかあまり安心ではないような気がしますが あの世界では大丈夫だろうなとは思いますよ
そうですね
あと僕のヒーローアカデミアのところで トドロキが冷たい蕎麦好きで
うどん派の稲妻と合わない会話が幕府を 切ったんだよなみたいなコメントがあり
ましてねそこはまあ僕もトドロキ君が蕎麦 派だってことはなんとなく覚えたんでね
それに対するあれかなと思ったんですけど ちゃんとそういう稲妻さんとね会話とかで
あったんだなっていうところがあって なるほどって思いましたね
ああそうですねそこも僕全然確かに覚えて なかったんでコメントでああちゃんとそこの
伏線あったんだっていうそこの対比になってたんだ っていうのはなるほどっていう感じでしたね
あとは結構やっぱ高校生家族のコメント 熱いっていう感じのコメント多かったですね
っていう
お父さんのバレーの試合が熱すぎて家族要素 忘れそうになるみたいなコメントとかもあります
そうですね もう完全におっさんバレー漫画として
成立しましたからね
そうですね
でもそう言いながらもね本当にちゃんと 今週は家族の話がねちゃんと描かれましたし
っていう形でね
いやーだからあの
ちゃんと痒いところに手が届く漫画でも あったな高校生家族って感じでしたね
そうですね
という感じ若くなって熱くなってるんだけど ちゃんとおじさんに戻るところが良かった
ちゃんとおっさんなの本当良かったっていう やっぱりほんとおっさん性を肯定するような
展開というのは本当に良かったですからね そうだねー
などなど本当にたくさんコメントがついて いました
あとはちょっと前後しますがウィッチウォッチ のウロンミラージュに関してウロンミラージュ
1:45:04
サムハチって言われて笑った サムライエイトっぽいって言われたと
サムライエイトは 発言が全部曖昧だった
気がしますね確かに
そこは不動明王が特にね
そうとも言えるしそうでないとも言える みたいなこと言ってましたもんね
言ってましたからね
いやー
わーわーでもちょっと違うんだよな
本当ですか僕は確かに確かにかなり サムライエイトはウロンミラージュ感あったなと思いました
はいはいはい
じゃあもしかしたら本当サムライエイトがすごい 人気になることもあったかもしれませんね
っていう感じでしたね あーそうですね
サムライエイトは最終的に一応答えは出しましたからね そうですね
あとウロンミラージュに関しては雰囲気漫画 として思ったよりクオリティ高くてクサー
というコメントもあって確かにウロンさ その曖昧さに関してはサムライエイトにも
通じるところがありましたが やっぱウロンミラージュはそれと同時にクオリティ
が高かったですからね 王道展開としてちゃんと熱いからね
その上で曖昧なだけですからね
そのところでちょっとサムライエイトとは 差がついてるかもしれないですね
そうですね まあ前提条件が違うからねあのちゃんとした
シリアスモンとさウロンミラージュは元々 ギャグとして始まっているところがあるから
やっぱり前提が違うと評価も変わるのは 仕方ないとこありますけどね
いやーでもサムライエイトのウロンな感じ っていうのを確かに思い出してちょっと
面白かったです
あとは本当に先週に関してはマグちゃんの コメントがめっちゃ多かったよねっていう
だから本当にいろんなコメントあったけどね 上木先生がね先週のコメントでね
やっぱり誰かにとっての良い漫画であって ほしいみたいなことを言ってましたけども
だから本当こういうコメント欄全部あったかい コメントが多かったからね
改めてこの作品がいろんな人の心に残るね 良い漫画だったんだなっていうことが分かれ
て良かったなって思いましたね いやそうですね漫画としての好感度も
すごい高かったですし あとは本当に最終回の完成度
最終回の感動はなかなか本当にちょっとすごい ものがありましたからね
そうですねもう100点満点中100万点だった っていうコメントもありますがね
いやー全くその通りだと思いますよ いや本当はね
いやーだから本当にもうだからこの今週あって びっくりしたって感じじゃないかね
いやー今週もマグちゃんがあって大変良かったですが 先週のマグちゃんのコメントで言うと
あのレン君が葬成してそうなのが地味に重い っていうコメントがありまして
あのレン君先に死んじゃったんだろうなという コメントとはありまして確かに
ルルちゃんが亡くなるシーンでちょっと男性 が一人いる感じだったんで一瞬レン君
かなと思ったけれど家族構成見るとおそらく 息子っぽいという点で確かにルルちゃん
が亡くなる時にいないっぽいなぁとは思っ たんですが
1:48:00
確かに子供を見送る時も一人で見送ってる っぽい雰囲気とかがあるんで
レン君早めに亡くなってるってこともあり得る かなと思ったりはしましたね
そうだねー まあ子供見送ってる時は確かにあの時
レン君いないのは確かにちょっと違和感は あったんだよねっていう
まあ構図的に省略するだけっていう可能性は ありますけどね
そうだね ただ最終的にそのやっぱベッドで
ルルちゃんが亡くなったところではレン君は もう既にいないだろうなっていうのは
わかったからね
いやーなんかその辺が果たしてギガの方で 描かれるかどうかってことですよね
どこを描くのかわかんないですね
いやーでも本当にだから最終回は本当に どこをとってもいろんな情報が読み取れる
感じだったからね 本当に読みごたえがあったし全部が
ちょっと心に刺さる感じだったよねっていう いやー本当ですね結構上木先生というか
まあマグちゃんの公式ツイッターの方でも 多少保管するようなあのイラストの
投稿とかもあったりとかしてあそこの裏話は こうなってたんだとかいろいろ
分かったりしますんでちょっと今後の 増刊の読み切りというか特別編以外にも
コミックスの最終刊とかもどういう内容に なるのかまた保管が追加されそうだったり
とかしてちょっと気になりますね また最終刊だけこれまでマグちゃん買って
ませんでしたがまた最終刊だけ買うパターン かもしれないです僕は
前は何を買ったんでしたっけ 何でしたっけねー
結構その おまけ要素が気になって買うって結構
ありますからね自画とか最終刊だけ買った かもしれないですねはいはいはい
私がもう気になったからねそうですね 最終刊だけ買うパターンでたまにあるんです
よね あとはそういえばアンデッドアンラックあの
ルールが追加されたら現実になるんじゃないか あのルインさんの言ってる101のルールが
追加された世界ってこの俺たち読者が今いる 現実世界のことなんじゃねーのでも英語
だけってどうなんだろうなみたいなことを 言ったことに関してあの英語世界統一言語
に関してはルール言語が廃止されて英語に 統一されたものだから101のルールが追加さ
れた世界では当然異なる言語を使っている という解説がありまして
なるほど 統一言語が追加されたわけではなくて
バラバラの言語っていうルールが廃止された 結果あなったんですねあれは
そうね自分の中でふんわりしてたところが それで保管されてコメントで補正して
いただいてあなるほどな やっぱり101のルールで完成する世界って
この読者の現実なんじゃって思いがまた強く なってきましたねいやそうだねー
いやーどうつなげてくれるんだろうねって いやーちょっと現実とのその折り合いというか
関わらせ方になるところはすごい楽しみですよ などなどいろいろとコメントがありましてあとはあの
スパイダーマンの今やってるノウェイフォーム を見るためにたくさん映画を見てスパイダーマン
1:51:00
シリーズあれをあれを見てこれを見てみたいな ことをお勧めしましたがあれに関して皆さん
いろいろとあの 物語とさご都合もあった気がするけどいろいろと豪雑な映画だった
ですが直前にスパイダーマンシリーズ全復習 してから見ると極上の体験だった
スパイダーマンとアメージングスパイダーマン とホームカミングファーフロンフォームを見れば十分じゃないかなといった
コメントがありまして まあそうですねスパイダーマンと名乗っついてる映画だけ見とけばとりあえず
大丈夫かもしれんですね そうですねだからまあそうしてから見ようと思います
まあ実際はまあできるだけ見たほうがいいです けれどね他のも
ブーブー言っ いやーまあ実際もう結構大学の頃に最初のサムライ見版のスパイダー
マンが公開されたときに大学の先輩とかと 一緒に見に行ったりとかして
こう そのサムライ版スパイダーマンのヒロインの
mj 役の女性が落ちすぎないかみたいな ことを言ったらその物線と評判の先輩が俺は
好みだって言ってみんなで弾いたみたいなそういういろんな思い出があった上での 今回の作品ですかね
まあ具体的にその通りですねそういうなんか人生と共にあったスパイダーマンが スインコに至ったっていう感じのそのリアルタイムの人生とも関わって感じられるその
リアルタイムで見てきたっていう喜びがまあ 一番
いい見方ができたっていう感じがありましたが自分的には ああああああでもそういうのはありますねまあ
他の例とエヴァンゲリオンとかが象徴的ではありますけどね 人生と共に歩んできたからこそ得られる感度ってありますからね
そうなんですよねなのでそういうまあリアルタイム性 で全部をかけてきたっていうのがまあ当然一番いいっちゃいいんですが
でもまあまあそうですね最低限スパイダーマンシリーズを追いかけて今見たら まあ
そうですねまあとりあえず見てほしいですね 了解です
あとはたコピーの話を先週しつこくしたことに関して短期連載終わったら2人の 人気投票してほしい
人気っていうコメントを買いまして いいじゃないですか高感度で人気投票するんですよ
いやーちょっとはまだまだ何と言えない終わってない未来となんとも言えねーなーっ
でも確かにたコピーちょっと本当にたコピー完結したら何か特番撮りたいですね 企画やりたいね
今という感じので現状今週は木曜収録なのでちょっと後数時間後にタッピー 更新されるのを僕はすごい楽しみにしてますよ
そうですね 僕は1回でてあの
あの仕事を増やせるとか言いますって感じですね 感じで先週他にもいろいろとコメントいただいておりました
という感じででは先週の広告が今週は3名犬さんないんてらさんクロスさんの3名の 方から今週はここをいただいております
大変ありがとうございますありがとうございますありがとうございますという形で では来週12号が2月21日発売となっております
1:54:07
ではお疲れ様でした お疲れ様でした
01:54:10

Comments

Scroll