1. あ、今週のジャンプ読んだ?(褒めレビュー)
  2. あ、タコピーの原罪読んで!
2022-01-11 43:33

あ、タコピーの原罪読んで!

apple_podcasts

普段は週刊少年ジャンプの感想を語らっているおじさん達が、タコピーの原罪をお薦め紹介いたします。会話中でも注意はしていますが、ネタバレありです……っピ。

[第1話]タコピーの原罪 - タイザン5 | 少年ジャンプ+

https://shonenjumpplus.com/episode/3269754496638370192

00:02
どうもガルです。ミストです。 僕とミスさんは普段週間週のジャンプの感想を毎週語り合う
感想雑談ポッドキャストを配信してるんですが、毎回毎回この増刊後のタイミングでその隙間時間を利用する形で特別企画をお送りしている
その一環としまして今回は僕がジャンプラスで今連載している
超オススメ作品というのを紹介したいので今回はその回となっております。 はいはいはい何ピカなぁ楽しみだピー
その喋り方変ですよ気持ち悪いですよちょっと。 そんなクソだってか。ふざけてるんですか。
ごめんピー。というそんなやりとりが実際作中で存在しているそういう作品で作品のタイトルというのが
こちらタコピーの現在 作者の方がタイザン5先生というこちら
ハッピー星人タコピーがみんなをハッピーにしてくれる素晴らしい漫画となっております。 はいパチパチパチパチパチ
こちらタコピーの現在今から紹介するんですが内容的にいろいろなミスリードですとか サプライズ展開がたくさんある作品なので
まあこれから紹介しようというタイミングで何なんですか 今この段階で第1話だけでもいいのでぜひ読んでいただきたいですね
そうですね まずまず読んでいただいてでまぁその後にこの後の紹介聞いていただくのもいいですし
今のところ現在収録が1月9日2022年1月9日の収録で現時点において第5話まで公開されていますが全て無料で読むことができますからね
無料は嬉しいっぴなぁ そうですねあの
もう無視しましょう
で今のところ本当に全作品完全無料ですしおそらくこれを今どのタイミングで聞いているかわかりませんが
作品が連載中であればジャンププラス恒例として例年毎回あの 全ての話が初回無料で読めるんですよね
1回限り無料で読めるので他の漫画アプリとかとは違って 今連載しているところまで無料で一気に追いつくことができるので待ち時間なしで追いつくことが
できますのでまあ今この紹介を聞いている方どのタイミングかわかりませんが まあ読めると思うのでぜひますからとも1は必ず無料だと思うのでぜひ読んで
いただきたいような形になっております そうですね
という形なんでもうここから先はある程度皆さん先を読んでいただいている方が聞いて いるんだろうともしくはもう
紹介されないとまあ4期7位をわざわざそんなタコピーの現在なんていう変換しにくい 単語打ち込んで検索し4期なんてならないよという方のためにそういう方が今から
キーボードであるいはこうスライプでタコピーの現在と入力したくなるように 作品を紹介していきたいと思います
はいお願いします 暮らしてタコピーの現在中身に触れていきますと舞台としては現代日本部代にしまして
03:07
笑わない少女静香ちゃん小学生の少女静香ちゃんをハッピーにするためにハッピー性から 来た宇宙人たコピー
可愛らしい宇宙人たコピーが奮闘するたまた はちゃめちゃ残酷ヒューマンドマーです
はい残酷ダンス 何か気になることありましたか
こうハッピーなのに残酷なんてっていう 残酷なんて言いましたっけね僕はめちゃめちゃ言ってそこが本当がどうかわかりませんが
こちら連載開始が昨年の12月10日に第一話が公開され 連載開始するとすぐにも関連ワードがツイッターのトレンドを設見しまして
こちら第1話の閲覧数は現在1回その段階ですでに169万閲覧を突破しています
そして2話以降もその閲覧数その勢いは衰えることなく 5話までの総閲覧数の合計はもう620万を超えています
すごいですね冬休み補正があるとはいってもまあそれすら凌駕してめちゃめちゃすごいですね そうですねもう同時期に開始した他の連載作品と比べても圧倒的な
閲覧数を誇っていますしそしてもう公開するために新しいはが公開されるたんびに 本当に関連語がツイッターで公開されるんですが達成って何なんですか本当に
カーテンのカーテン アクセルという単語はこのやつフレンドリーしましたがそれもタコギーバーとなっておりますという
感じの本当に何かすごい劇的な反応を巻き起こすんですよね そうですね
こちらが単に閲覧数数が多いというだけではなくてその質の方もすごいものがあり まして
昨年末3話まで公開した時点でまあとある界隈の有名なプロ漫画さんたちが結集しまして 合同同人生の企画がスタートしました
そうですねはいこちらが昨年末年末12月30日のコミケにて コピー本として配布されそれがもう速攻で完売しましてその翌日31日には原作4話が公開
され 同人誌をやばいっていう地獄絵図が広がるというそんな年末の後継でしたね
そうですね あの女の子を酷い目に合わせることに軽評のある朝なに先生の寄稿したページが
ね まさかの4話の内容を予言したかのような感じになっていてね
しかしそれにも関わらずですねあの本家は朝に先生の書いた原稿へもよっぽど日でさらに 酷いっていうね
展開でさも時間ですかね 今どんな漫画だよっていう話になってるかもしれませんがそんな感じで
本当に年齢制限のある同人誌の内容よりも原作の前年齢対象のジャンププラスで掲載 されている連載作品の方が本当にちょっと
やばいという そういう様子状況になったんですかね
といったそういったなんか有名な方が含め同人会話のあまりにも素早い反動に なんかまあ冗談まじであくまで冗談で
06:03
また伝説案件かみたいなことが書き込まれたりとかしていましたが まあその内容を読んでその界隈のことをある程度分かっている人たちはみんな
そのに対してあ はいって言う感じでも納得しかしてなかったですからね
そうですね
いう形で a まあちなみにどの界隈のその界隈に乗っていってますが具体的に言うとかせ あのまあ少女幼い少女を愛する系の人たちのエロ漫画雑誌エローとかで活躍された先生
方が結集したらしいですね そうですねまああのセンシティブ漫画はエロ漫画家ですけど
けこちゃ先生が主催であってまぁあの fgo のエレナのキャラクターデザインやってる 祭りを先生とかねアニメ化もされたマケンキの武田広道先生とかね
まあここはあんまちでロー界隈ではないですけども たかも帰港していましたしねあの持ち先生とか
あの中曽根ハイジ先生とかまあいろいろ本当に結集してましたからね まあまあそうそうたるめんめんだったようですが本当に
あーそれはそういう方たちもこの作品を同時に書きたくなるようなというくらいもう 多分たコピーの現在というこの先にはもうすごい影響力というか
まあ破壊力というか魅力が存在するんですよね そうですね
僕なんかあの4羽を元旦に見てあのなんで元旦から 元なんで新年早々こんな気持ちにならなきゃいけないんだっていうくらいは破壊力
ありましたかって言う 3羽の公開がクリスマスで4羽の公開が大晦日ですからね
そうなんだよね なんでクリスマスにこんな漫画をなんで大晦日にこんなっていう感じのコメントが溢れ
てましたからね 一体ジャンプらさ俺たちはどうしようとしてるんだと思ったからね
いうようななんかすごい恐ろしい言説ばっかりは紹介しちゃいましたがでも本当に この作品はちょっと今内容的にそんななんか際ものって言うだけじゃなくて漫画として
本当にすごい魅力となんでしょう 力にパワーに溢れている作品でおそらく
まあ今これ短期連載で半年くらいなのかわかんないですかちょっと短期連載ということ らしいんですがこれからコミックスが発売されていったらまあ確実に
2022年今年の漫画業界の大きなトピックスの一つになると思いますので その大きな話題に今ならほぼリアルタイムでついていくことが可能なんですよ
いやいいですねもう乗らなきゃこのビッグウェーブにって感じですよ そうですねもう今なら無料で1話から5話まで読んでここから先展開される大きな事件に
本当にリアルタイムで立ち会うことができると思いますので どうでしょうそろそろ読んでない方4期になったんじゃないでしょうか
なってきたんじゃないですかねほとんど脅ししかしないですよね まあねやばいやばいという話しかしないですからね
どういう形なので一応ここからはそのいかにやばいかその周辺状況の話ではなく さらに一歩内容に踏み込む形で作品を紹介していきたいと思います
はいはいという形で まずは作者の大山5先生変わった名前ですね
09:03
カタカナの大山に数字の後で大山5先生 こちらの方検索した範囲では個人情報よくわかるんですが一応受賞歴としてはあの
2020年おととしヤングジャンプ主催の1億円40万が賞という まあ40部門の漫画を募集するみたいな企画の政治漫画部門で加速受賞しています
はいそれが一応受賞歴ですかねでその受賞作品も含め 2020年から去年2021年までの約1年間の間に合計4本の短編を投稿サイトやジャンプ
プラスに公開しています こちら4作品現在のまだすべて無料で読むことができまして
まあそれぞれ主人公がまあミュータントの女の子とか 大学生のオタクとかサラリーマンとか中卒のフリーダーとか
いろんな主人公がいてまあいろんな舞台立ていろんなテーマで作品書いているんです がその中で一つ
4作品の中で一番新しい昨年の8月に公開されていた キスしたい男という作品こちらが僕が大山5先生の大ファンになるきっかけの作品
でありかつ そのタコピーの現在というこの連載作品にテイスト的にも大きくつながっているように感じられる
作品なのでちょっとこちらについて今触れたいと思います はいはい
こちらが a まあとある 現代日本舞台にとある不幸な生い立ちの少年がまあ不幸の存在からつマスク割れて
いくようなそういうお話だったんですが こちらちょうどその去年の8月公開後僕がこのポッドキャストでまあ紹介というかも大絶賛
個人的に大絶賛するというそういうあの 紹介番組を撮ったりしたんですがその番組中で僕がキスしたい男というこの短編を込めていた
そのポイントというのをちょっと改めて自分であの 聞き直してピックアップさんで紹介したと思います
はいこちらがまず一つ目 a ドラマティックなストーリーとサスペンスな情報開示による
娯楽性 はいはいストーリーの娯楽性そして2つ目が尖った駒が印象的で刺さる
まあそうですねキスした男もあの アンジェリーなジョリーのところとか刺さりましたね
はいすごい印象的な駒がすごい尖っていてそして刺さる でそれとつながってはいるんですが駒にメリハリがある
これはもう間違いないですねそうですねなんかすごい書き込まれた駒とシンプルな 駒がありましてもう一つがキャラクターデザインがとにかくいい
僕が大好きであるまあおしゃれで可愛くて清潔感があって そしてエロいんです
わかりますエロいってこれが大事な気がするんですがそのキャラクターデザインの魅力 あとは僕が対山5先生まあその作品が今の先が面白いと同時にこれからの作品が
すごく楽しみである原因としてあげた テーマに関してすごく資料深い感じがするというその点があります
そうですねあのなんだろう簡単に扱ってるんじゃなくて本当にちゃんと 根底にあるというかね考え抜かれてるなっていうのは感じますね
12:03
いった感じの感想僕はキスしたい男で言っていたんですがこれらのまあ 僕がキスしたい男に感じた魅力というのが結構今のタコピーの現在にも通じ
てる気がするんですよね そうですね
なのでやっぱりこの2つの作品共通の魅力というのは対山5先生のまあ 作風の魅力なのかなということで
とりあえずまず最初にこのキスしたい男の時感じたいいところっていうのを基にして タコピーの現在と照らし合わせてみていきたいと思います
はいはい a 先ほど挙げた5つまあ順番に見ていきますがまず最初がそのドラマティックなストーリーと
サスペンスな情報開示 というやつでこちら
まあドラマティックなストーリー本当に各キャラクターの抱える問題っていうのは なんかすごく深刻でなんか劇的で重々しく描かれるんですよね
そうですね遊びがないですよそうですね なんか日常の何気ない問題とか青春のちょっとした悩みとかではなくて本当に精神に
かかるようなそして何かえげつない感じの深刻な出来事として描かれて そしてそれらを解決する出来事というのは日常の何気ない気づきとか
ふとした出来事とか では決してないんですよ
すごく劇的な人と人との劇的なつながり劇的な行いですとか まあ場合によってはそういう暴力的な行いによってそれらの時代が動いていくんですよね
そうですねまあ暴力暴力はすべてを解決するって言うんですね 暴力的な手段が大きく事態を動かしたりするそういう
ギョッとする展開とかもありますし っていう感じが本当にすごく劇的な感じでもうなんか地味なお話し運びではなく本当に
劇的にお話が動いていく そしてそれに関連することとしてそのサスペンスな情報開示
そういった問題についての いろいろな意外な伏線
あれこことつながってたんだというような意外な伏線がたくさん張り巡らされていたり ですとか
あとは何かすごく不穏な雰囲気がするんだけどこの人の言ってるこれよく考えると やばくないといった我々にすごく不穏な想像をさせられるような何か情報の断片が
散りばめられてるんですよね そうですねだから考察班とかめちゃめちゃ動いてますからね
ああそうですね結構本当になんか考察に関しても もしかしたらそうかもなっていうレベルじゃなくて
言われたら絶対そうだわみたいな感じのやつがいっぱいありますからね そうですね
そういうなんかいろんな情報が散りばめられているという形でそういったすごい劇的な展開 そしていろいろな怪しい情報といったものに本当に読者は緊張します
振り回されますしでこれらは全然なんかハッピーにはしてくれないっていうかまあ そうなんですが暖かい気持ちになったりとかそういう穏やかな気持ちになったりといった
言葉は全くないんですがでもやっぱりこれはこれで間違いなく娯楽性だと思うんですよね まあそれはそうですね間違いなく娯楽性ですね
ワイワイしてるのってそうなんか悪性の毒性のエンターテイメントというのがまあ トコピーの現在にも間違いなくすごい濃い濃度で潜んでると思うんですよね
15:07
だから僕は単なるロワーク的な尖った趣味のなんか変わった作風の尖った作品ということ ではなく
やっぱり純粋にエンタメ作品としての完成度がまずは高いんで やっぱり読んでほしいんですよね
そうですね実際それは俺もちょっと感じてて最初のうちはやっぱちょっとそのロワーク的な 部分っていうのが上につくからちょっとすごい漫画だけどなんかちょっと
とっつきにくいなぁみたいな雰囲気で読んでたんですけど最近はもうすごい娯楽性にはま ってるというかね楽しくしょうがないか本当にエンタメ作品としての完成度が高い
というのが一つで2つ目特徴として挙げたのが 尖った駒が刺さるっていうあと全駒にメリハリがあるというその駒の魅力
これがありまして キスした男タコピー両方とも本当にあのすごい劇的な瞬間とか本当に
ドラマチックな瞬間というのがあるんですがそういったものをもう ものすごい書き込んだ情報量の詰まった重たい駒で殴ってくるんですよね
そうだね 背景の描写とかもめちゃめちゃ1周1だしそれが映えるからねっていうそうなんですよね
本当に書き込まれている駒本当にすごい情報量のこもってる駒っていうのがものすごく もう見れば見るほど納得感というか説得力というか存在感というか重さというかあるような
駒ですし でそれが本当に効果的にその刺激的な展開を演出している
そして逆にシンプルな背景とかを抜いている もしくは人物の描写もデフォルメされているそういった情報量を抑えたシンプルな駒といった
ところにキャラクターとか出来事を置くことによって何か キリキリ締め付けてくるような感じにしたりですとかなんか鋭い情報量で指してきたりですか
あとは逆にこちらの気持ちを緩めるべきところではもうきちんとこちらを油断させて くるんですよね
そうだね本当に何だろうびっくりさせるのが上手いんでねそうですねそうですね その表現はすごくいいですね本当にびっくりさせてくるのがうまいという感じで本当に
こちらの気を抜かせるべきところではすごくこちらを油断させてきますし 緊張させるべきところではすごく緊張的な駒になってますしそして鈍器のような情報量で
殴ってくるといった本当に駒のメリハリと そしてその力のこもった駒のパワーっていうのがとんでもないんですよね
そうですねもう職人芸というか人が悪いというかはい これ僕はいちいちなんかすごい絵がいいとかなんか
描写がとかではなく駒が駒がと言ってるのはその純粋な一枚絵としての良さそれも もちろん間違いなくあるんですがそれ以上に何か駒の形ですとか
なんか駒の描き方ページにおける駒の置き方ですとか 前の駒と次の駒との照らし合わせ方とかその連続性みたいなものでものすごく印象に残る
形になってるんですよね そうだね本当にだからこちらのガードをすり抜けて刺してくるというかね
そうですね トラウマを焼き付けてくるっていう感じですよねそうなんですよね本当にだからすごいそう
18:02
いった漫画的な表現が何よりも使いこなされて見事に魅力的なものになっているので 本当に読者の記憶に残る
トラウマ以外にも何かこう素敵な瞬間もキスしたい男のラストとか本当に僕は何か 幸せな駒としてすごい良かったですよね
素晴らしいなんか素晴らしいそのプラスの方向にも当然働く 素晴らしい演出欲がある
次がキャラクターデザイン本当に何か 僕のデザインに関する造形が厚かったりとか
語彙が少ないせいでうまく言えないんですが本当におしゃれで可愛くて清潔感があって エロいんですよね
そうですね そのエロさの部分がねあのちょっと前に行ったりその
センスティブ漫画家の人たち気づけた分もあるそうなんですよねなんか小学4年生 が主人公の漫画に対してエロいエロいっていうのはあれかと思うんですが
なんかコンプラ違反かもしれないんですがでも本当に何かそういう感じがありまして もともとその4作品今掲載されているそのネットで読める
読み切りの中で初期の作品もシンプルな線で万人受けそうな感じの読みやすい すごく読みやすい画風だったんですがそこから作品を重ねるごとにどんどん高画風がなんでしょうね
変わっていってでキスしたい男ではすごく本当に線に なんか色気が宿ったんですよねわかりますね
という形でそれがまあもともとキスしたい男ですごいな本当にエロいなっていうのが 僕の感想として褒め言葉として出てきたんですがそれがタコフィーの現在だ本当に
さらにレベルアップしているのは間違いないと思います ペロも感じますからねそうですね
がなんでしょうねいわゆるお色気漫画 なんか矢吹先生のトラブルですとかちょっと目が揺らぎそうのユーナさんですとか
ああいったお色気漫画のような女の子のエロさみたいなそういった直接的なものでは 全くなくて何か線の一本一本から香り立つ感じの
匂いがあるんですよね 本当に香り立つもあっとむせてくるようなそういった色気があってその色気という
のが単なる画風の魅力というだけではなくて作品の説得力もなってるんですよね キスしたい男でもその主人公のそう不幸な少年を救うのは
まあその初恋の女の子の存在だったりするんですがやっぱりその女の子っていう存在に 何か性的な存在感がある
そしてその女の子と男の子との生々しい近さがあるそして男の子がその女の子を遠ざけて しまう思わず遠ざけてしまうようなそういう恋愛感情
何か壁みたいなものがあるみたいなそういったもの一つ一つにその色気みたいなものが 説得力を与えてるんですよね
そうだねだから本当にその結構ねそのまあ 唐突な展開があったりするんだけどもその絵の説得力というかねそのまあキャラクター
の持つ ねその色気というかで納得しちゃうっていうねそういう力技的なところもありますかね
この作品って まあそうですねだから本当に人生における本当にドラマチックな変化みたいなものを
21:00
やっぱり納得させるだけの映画 デザインがキャラクターがちゃんとそこにいるというのがありますし
でタコフィーの現在の方でも本当にキャラクターそれぞれ不幸な家庭環境があったり するんですがその家庭環境のところにもやっぱりちょっと性的な匂いのする家庭環境バックボーンとかがある
そういう子供たちっていうのがやっぱりあの画風 そのキャラクターデザインで描かれることによってすごく何かそれぞれの事情を抱えている事情に
を匂わせます説得力がやっぱりあります実在感がすごく感じられるようになってます からね
そうだね実在感というのは本当に感じますよねすごいなんかデフォルメされた キャラクターなんですがやっぱりそのなんか生々しい匂いが乗ることによって
なんかエストラごとに感じられない感じがしますし で展開においてはそのたコピーというかわいいかわいい
ハッピー性の宇宙人がいろいろと道を踏み外していくわけですが ええしかも最新ゴアに至ったらたコピープラスもう一人道を踏み外してしまうわけですが
そういう展開にもやっぱりそのキャラクターの色気 主人公との静かちゃんその女の子そういったいろんなキャラクターの色気というのが
その道を踏み外していく展開にも納得感を与えるんですよね そうなんでだからもう魔性の女ですか静かちゃうんですよね
言葉で説明されなくても絵で伝わる感じっていうのはすごくあって本当に あのキャラクターデザインというのはこの作品をもう3弾4弾5番5弾上げてるというか
なんでしょうね本当に成立させる軸だと思いますよそうですね いやーという感じで本当にそのセンシブ漫画家エロ漫画家の方たちがあの
思わず同人誌を書いてしまったというのも本当に納得だなという感じの 満開見渡しても本当にトップレベルと言っていいんじゃないかなっていうくらい素晴らしい
なんかキャラクターじゃないと思いますよ そうですね実際はタイザー先生はねもうロリキャラに定評があるっていう評価をここで得たと思う
そうですねもともとまあ当然高校生を描いても大人を描いても魅力的な画風であったんですが それが完成された今回まあ確かに小学4年生の女の子を描くっていうその
枠組みと科学反応を起こしている感じもありますよねそうですね いやーというかキャラクターデザインの素晴らしさとあとはもう一つ上げたのがそのテーマに対する
資料深さというのを上げましたこちらそのテーマ 扱っている人間人生の問題ですとかあとはモチーフ社会問題とか子供の家庭環境の問題とかそう
いったものに関してすべて何か資料深さが感じられるんですよね うんそうですね
でこちらも何か具体的にこれがこうでみたいなことをあまりうまく上げられなかったりはするんですが まあ全体的な雰囲気とか
ディティーの話にはなってしまうんですがなんか まあその不幸な社会的な問題家庭環境とかを描いているのを読む時に何かその違和感を感じ
ないんですよね そうですね
なんか本当にたいさん5先生はちゃんと問題について考えて考えていろんな可能性 とかいろんな要因とかを考えた上でちゃんと書いてるんだろうなって思えるような感じで
24:05
なんか その例えばキスしたい男では不幸な少年が好きな女子をいたして取ったいろんな態度
その理由っていうのも まあなら仕方ないからそうだなって納得できる感じに僕には思いましたし
あとはその社会福祉に頼らない いろんな不幸な事情があるけど社会福祉に頼れていなかった点ですとか
世間からの風当たりが冷たかった点ですとかまあそういったいろんなところに関して 作中での描写説明言及とかも含めて
まあなるほどなそうだよなって違和感なく受け取れたんですよね そうだね結構そのジャンプラのコメント欄とかでもねこの自分
何々を思い出して 辛くなってしまったとかっていうコメントがあったりしますからねはい
現実を想起させるぐらいその辺なんかリアリティ リアリティっていうのをちょっと僕の中では違和感あるんですがでもやっぱりリアリティが
あるということなのかなという感じで まあ意外とだからそういう社会問題
まあ言ってしまえば虐待とかそういったものを描くときに それってどうなのそれって周りの大人がその反応っておかしくないとかその生き方だって生活方法で
いいんじゃないと本当にいろいろ思う作品って意外とあったりはするんですが 本当にタイザー5先生の作品に関してはそういったなんか違和感
思うことというのがなくてそれが本当になんでしょうね 当然現時点で作品が面白いっていう感想は確固としてあった上でこの次の作品がすごい楽しみ
将来作る作品がすごく楽しみっていうその先々に対する楽しみ将来性というのを 一番期待させた原因は僕の中ではこの潮深さかもしれないですね
いやそうですね あのまあ丁寧だしって言うねその描写とかに関してもねだからそこら辺は本当に
何だろう あの俺も
じゃあすごい期待するとこですねそうですねこの人は信頼できるといった そういった印象があったような気がします
という点で一応今ここまでキスしたい男というその読み切りに対して僕が持った印象 それをもとにたコピーの現在についても並べて触れてみました
そうですだから本当にまあタイザー先生はねもう作家性がしっかりしてるっていう感じが するんですよね
まあ自分のね個性と書きたいこと まあその両方をねその
あのねしっかりと把握していてまぁそれをちゃんと表現に落とし込んでね でしっかりと所相乗効果を発揮して映えるように表現してるね
その辺をすごい感じるんでまぁさっきも言ったとおりね次回先とかね その先々の作品もすごい楽しみになってくるっていう感じなんですよね
確かにそうですね確かにやっとくんキスしたい音からたコピーに至る流れっていうのは 本当に見事なステップアップな気がしますね
そうだね大罪的にもという感じで まあ一応ここからその読み切りと絡めて変わってきましたが
ここから先その追加で語りたいところはキスした男にはなかった たコピーの現在にはある魅力というその読み切りから連載化するにあたって
プラスアルファーされた魅力についてもちょっと考えてみたいと思いますはいはい 一応考えてみたんですが
27:01
やっぱりズバリ たコピーという存在ですよね
そうですねあの完全ファンタジー存在ですかねそうですねとあとはやっぱりそのジャンルもの というその枠組みをうまく利用してるっていうそこの2点かなと思ったので順番に見て
いってまず最初たコピーたコピーっていうハッピー成人 もう不幸な事情とか家庭環境とか全部理解できないたコピーという図人がいるわけですよ
そうですね彼がいろいろ解決しようとするわけですがもうたコピーは本当に純粋で 無垢で
無知でも理解なんですよね うん
でも彼がいることによってその存在を通してこの出来事を見ることによってその現実 にもある
いろんな問題生産な問題っていうのがいかに異常なことが普通じゃないことかということ が強調して伝わってきますし
かつそれがなんか一種の異文化コメディーみたいな感じで 読みやすくなっているような気もするんですよね
いやまあそうですねあの家にね自分もまあ 初回はあったかで最初の方はたコピー無能やなぁっていうのちょっとイライラし
ながらね 怒りながら読んでるところもあったんだけども
やっぱその無垢さがねだんだんはコメディーであるからちょっと笑えてくる感じもなっ てくるして
あとはその問題の根本を理解できないっていうところも頭ハッピーだからんだけどね そうするとやっぱり
なんだろう あのそれスタートやっぱ問題が解決できないっていうなんか社会的批評性も持ってる
みたいなところもあるんですねはい そういったところでも何だろうねあのたコピーってすげーだって思うか
ね コピー本当にマジでドラえもんレベルに便利な動画を出すのにその問題を正しく認識
できない生徒何も解決できないですよね そうなんだよねっていう点で大事なのは何ができるかということではなくて本当に認識
世界の認識そのもんなんだなっていうのが伝わってくる感じもありますし あとは本当にたコピーの行動に対してどう思うか
本当にたコピーという存在が極端である分それに対してどう思うか 自分だったらどうするかみたいなことを考えさせられる点で確かにそのすごい倫理
感を揺さぶってくる存在になってると思うんですよね そうねー
でまたこのたコピーただその無理解なだけ あの異文化存在級だけではなくさらに魅力的なのがこの作品のまあいろいろと巻き起こって
いく生産な展開というのにつながるそのたコピーの判断ミスがいっぱいあるわけ ですか
そうねこのすべての根本にたコピーの 自覚できない本当に純粋無垢な存在だからこそ自覚できていない
たコピー自身の欲望とかした心があるように読み取れるんですよね そうだねそれはもう当然そうだし
だからこそたコピーって感じになるねそうなんですね 表面的には静香ちゃんを作ってあげたい静香ちゃんを笑顔にしてあげたいという人助け
のようですし実際そう読めるようのは読めるようにはなってるんですが やっぱり個人的には第1話でその静香ちゃんが愛犬チャッピーと戯れてでたコピーには向けて
くれないような笑顔をチャッピーに向けている チャッピーチャッピー喜んでいるそれを見たたコピーがなんだこれなんだかよくわかんないけど
30:00
やきもきするピーウーって言って苦しんでるという まあ嫉妬ですよね
嫉妬だね この嫉妬心がやっぱ根元にあることによって静香ちゃんを笑わせてあげたいピーって言っていろいろ
やってることが間違って行動してしまうことが本当の善意というよりも なんか静香ちゃんを笑顔にしてあげるためっていう人助けの心というよりも静香ちゃんの笑顔
自分に向けてほしいため チャッピーではなく自分を愛してほしいための行動に見えてきて
なんかもう なんかもうある種共感するんですよね
ほう なんか男の愚かさを象徴しているというか一心に背負ってるような気もしてくるんです
よね いやいやあんなハートはハッピーと一緒にしないでください
現実の男はもうちょっと世間がわかっていますが汚い考え方も理解できますがでもやっぱり なんか人助けのつもりだけど実際は自分が愛してほしいからみたいなそういう人間の欲望
はなんか なんでしょうね本当にある気がするんですよね
まあそれはわかります まあそのタコピー本当にちっちゃいタコのようなファンシーキャラなんでその形があまり人間と
離れてるからそれが恋愛的な感情なのかな どうなのかなってわかんなかったりもしたんですがでもやっぱりその2話で静香ちゃんの姿に
自分自身が変身するしが静香ちゃんになるというハッピー道具を使った時にこれが静香 ちゃんの体あってドキドキなんかムラムラするんですよね
あれを見るとまあ明らかに何か性的なニュアンスはあるようなって感じですね そうなんだよなぁ静香ちゃんが魅力的だからしょうがないっていう感じではあるわけ
まあそうですね 実際で何だろうあの俺も別最初の方は全くそうは思わなかったんだけどね
5話くらいまで読んで静香ちゃん まずで魔性や女やっけーみたいなことを思って震えてからはねああやっぱ
タコピーって見る目あったんやなこいつってなったからね 見る目があったというか何というかですけどね第5話で本当に静香ちゃんの魅力が描かれ
ますがだから第5話まで読んでちょっと頭の中に浮かんだイメージっていうのはこう なんかすごいトリコレ違反というかなんか良くない言葉を使いますが知的障害のちょっとその
知恵遅れ感のある男が不幸な女の子を好きになっちゃって助けようとして挙句 破滅する話
のイメージが頭の中に浮かんでるんですよね今 はいはいはいはいはい
まあまあ実際なんだろうねわー わかんないけど静香ちゃんは確実に何かこう男を破滅に追い込む女だと思う
まあ確かにパンファタール的な感じなんでしょうね何かこれ 頭の中にそのイメージが浮かぶ具体的な作品が出てこないから喋るかどうかさっき
までもなってなんですがなんかこう あると思うんですよねやっぱ愚かな男が不幸な女の子を助けようとした結果いいようにされて
不幸になる 自分も破滅する話なんか類型としてある気がして今作品が出てこなくてもやむずっとして
るんですがなんかそういう本当に人間社会現実社会 男女間によくある話のような気がして今読んでいます
33:02
そうですね といったいろんなタコフィンに対する見る目とかも変わっていきまして
まあなんでしょうパイザンファイブ先生の作品まあ 過去読み切りとかも含めて悪い人を舞台装置としてその主人公を虐待する親みたいな感じで
ちょっとはっきりは描かれない背景的なキャラクターとして悪い人出てくることが あるんですが基本的に主人公とかは
なんか他人を傷つけるようなことをしてたとしても悪いというよりかは不幸な人 可哀想な人という描かれ方が強かった気がするんですが
タコに関してはそういうなんか不幸な人とか可哀想な人というのとは完全に一線を 隠した本当に何か自分がいいことをしていると思って他人を傷つけてる感じの
純粋な邪悪な感じがするんですよね タコピー自身がってことだよね
タコピーがもう邪悪な存在な気がしたくもないんですよね そうだねまぁその辺がでもはタコピーの現在っていうタイトルがあるようにもね
はい現在にかかってくるのかもしれないですけどね そうですねタコピーまあ現在っていうのはまあまあまあ正常的に言えば人間が知恵の実を
食べて知恵をつけたことでだったりしますが タコピーに関しても今めちゃくちゃいろいろと愚かな犯罪を犯してますがそれ以上に何か
知恵をつける 悪を身につけてしまうというそういう展開があるのかもしれませんし
そういった意味でもタコピーという存在が何なのかっていうのはすごくなんか大事な 気がしますね
そうだねという点が今度の読み切りにはなかった要素ですしそしてもう一つその ジャンルものとしての枠組みを使っているという点これも
キスしたい男にはあんまりなかったところでそのキスしたい男では冒頭 アンジェリーナジョリーとキスしたいという男が登場してお話が始まる
正直何の話かわかんないわけですよ そうですねなんだこれと思ってるとだんだんその後ろに何かあの人間ドラマなんだな
結構 後花というか重い人間ドラマなんだなそれを救う話なんだなってだんだん分かってくる
感じだったんですが タコピーの現在に関してはまず最初にこれはいわゆるドラえもんなのかなっていう感じで
読んでって場面が変わったら状況が変わってあいやこれループなのかなと思わせて でも実はみたいな感じで最初にあれかなってこちらに
思わせてきて特定のジャンルを装ってくるんですよね そうだね
で まあそれらが本当にすごい巧みなミスリードを誘うと同時に劇的な展開っていうのを
衝撃なくらいに 演出してくるんですよね
めちゃめちゃこう連載っていう枠組みをねうまく使ってるなって思うし我々読者を ジェットコースターに乗せるかのようにね
潜ってきますかそうですねえそっちってこっちじゃないのそっちなのって振り回され ますからね
そうでも本当にびっくりしますしそれと同時に本当に世界はそんなお約束では成立し ないんだよお約束では成り立ってないんだよ
そういう残酷なところなんだよっていうような絶望感を生み出してますね いやもうなんか話が進むたび地獄しかないまあそうですね
こうなると思ったいやそんなお約束じゃないんだよ甘くないんだよみたいな感じの 何か絶望感を突き詰めてきますし
36:04
と同時にそのジャンルものある種のジャンルものの枠組みがあることによって トピーの現在がそれをどうはみ出るかどう違っているかっていうところでこの作品の独自性
がより強く感じられるようになってる気もしますし あとやっぱりその
なんか一種のパロディ的な まあやっぱり言うもあったらブラックなんですがブラックユーマーがそこに存在している
ような感じもしますね 山実際そうだねさっき言った地獄しかないって言ったのに読みやすいっていうの
は軽な読書体験だと思うし ちょっと最新はで言うとこ最新はの後はで言うとこで言うんだろうねだから
たせるってなんだよっていうコマとかあるわけなんですけど カーテン見つけるやつですよ
あのコマってさあの どう見ても地獄だしさあの完全にこうなんだろうあの
どう見ても地獄だし決して遊びないのにも関わらず 見た瞬間笑っちゃったもんねそうですねもうちょっとあれは笑っちゃいませんちょっと
そうそうだからあれだからすごいよねだからどうやっても絶望感を感じさせるし実際そういう 裏文脈を読み取れるのにもかかわらず笑っちゃうっていうのもねだからすごい
ブラックユーマーというかパロディーというかねやばいよねっていう そうですねしかもあれ1枚絵としてもちょっと笑っちゃいますし
しかもそこに至る前がルンルン気分のたコピーがあのうまくやるピーってルンルン 気分で部屋に入った瞬間にあるですかね
そうなんだよねやっぱ笑っちゃいますよねあれは 予想以上的現場が酷いって言うんですよ本当に
あとはそのセリフバーシが面白すぎるって言うですね タッセル僕は奇跡的にタッセルってあの
人ん家でしてたんですよ 存在をたまたましててそのマグネット式のタッセルカーテンタッセルカーテンを途中で止められる
カーテンの止め品もしてたんですが あれなんか絶妙でしたね
そうだねだから俺もだからパッと見た瞬間にそのまあ 理不尽なこと本当ちょっとした意味のないことで起こってでいい争いをしている
夫婦っていうねもうそういった文脈は読み取るわけですよっていう それはすごい伝わっている上ででも達せるってなんだよみたいな
ブーブー言っちゃうって言う あれはだからすごいだって僕も達せるって言う存在を知ったのは
はずがしながら去年ですからねはい37歳ですよ カーテンタッセルって言う存在を
絶妙でしたよねそうだね俺は中タッセルって わかんなくて調べちゃったもんね
それくらいみんなよくわかんないんですよね
いやーだからあそこで そのシチュエーションとセリフを持ってこれタイザーファイブ
センサーも天才だと思っ 語彙がすごいですよね確かに
すごいねとかまぁ本当にその辺も象徴的では ありますがまあ
なので今行ったそのジャンル的たコピーの存在そしてその前に行った本当に まあビティル主要深さキャラクターデザイン
39:02
コマのメリハリとか本当にそれまでに挙げたいろんな要素すべてが揃った上での 達するシーンでもありましたからね
っていう点で本当になんかこれまでに挙げてきたすべての要素っていうのが本当に 完全にバランスよくその個々の良いところではなくてそれぞれがそれぞれを保管して
何かまあより強化するような感じの素晴らしい バランス調和の先なんですよね
そうだね
なので本当にまあその劇的なストーリー展開もありますしそのスト劇的なストーリー 展開を暴力的に見せつける漫画表現がありますしその暴力的な漫画表現っていう
のをまあ成立させるキャラクターデザイン 素晴らしいキャラクターデザインそしてそのキャラクター
それぞれに説得力を持たせるその演技一つ一つ行動一つ一つに説得力を持たせる 潮深さとか
何かそれらを引き立てるジャンル構造とそれを貫くたコピーという一本の真となる 存在みたいな本当にすべてが
すべてをお互いに盛り上げてるんですよね めちゃめちゃベタボメですね
感じてだからなんかこの作品の絵がいいなとかこの先のストーリーがいいなこの先の この表現いいなとか各作品に関してなんか1つ2つ3ついろんな要素
いいところを挙げられる作品というのはいっぱいあると思うんですが本当に全部が 魅力的でしかもそれがお互いになくてはならないこれがないとこれが成立しないという
感じでお互いがなくてはならない要素になっているっていうこれはもう本当に トップ中のトップクリエイターの代表作とかですかないぐらいのレベルなんじゃないかと思いますけどね
いやまあそうですね実際もうはタイザーファイブスの代表作になったと思いますかね 今時点ではい
だから本当になんだろうね俺さっきも言っておきますけどね俺最初はやっぱ すごい漫画だっていうのは理解できてるけど暗すぎてちょっと突きにくいなぁちょっと嫌いかもしれない
なっていう目で見たんですよね はいだけど今はもうがっつり楽しんでるからねって
そういい意見ですねそれは
本当にだからまあねもうまた5話だけど本当にそれだけですごいなんかもう俺の中でも すごいこう
ジェットコースターみたいな読書体験というかね気持ちの変化もあったからね 本当に名作だと思いますね
いや本当になのでさっきは1話でもいいから読んでほしいって最初には言いましたが本当に 1話を読んで合わないなと思った人でも可能であればやっぱ最新はまで読んだらまたどこかしらで引っかかることが
あるとは思いますからね そうねぜひ読める限り読んでいただきたいですし今回のこの作品は本当に間違いなく
今年のそして今後の漫画業界のその大きな笑いとなるとは思いますんで本当に今追いかける にはいいタイミングだと思いますよ
間違いないですね あーという感じで
今回は初めての試みとしてこの語り完全台本でやってます
42:00
まあそうですねあの カッまあそうですねまあウェルカム2たコピーの現在っていう形でやって
ますかねっ 脚本にそう書いてありますからね
感じのやまあまあなんか1回収録してたコピーの現在紹介するのめちゃくちゃ難しかったん で今回はほんと初の試みとして詳細な台本を作った上でまあかなり崩してしゃべっている
んですよ僕の方は完全な台本会という形であの漫画紹介今後もなんかうまくやるようになったら いいなという感じで今回はやってみました
ていっ ぴって言われたらなんだよその喋り方気持ち悪いって言わないとですよ
という形でまたコピーの現在ちょっと下手したら第6話読んだらまた語りたくなる可能性が ありますからね
そうだねてか終わった後にまたやろうよ 今後の展開でビックリ展開があったらまあもしくはまあ終わったらまたちょっと
ブーバーし あとはまあジャンプラス他にもあのハイパーインフレーションとか
あと最近こちらもタクピーの現在と同時期に始まったエクソシストを落とせないという 作品とかもう結構面白かったりするんで結構取り上げたい作品
いろいろありますんでまずはハイパーインフレーションも皆さん読んでください あとまあ毎回のことで言いますが乙女の帝国は当然読んでください
義務教育ですからあれはそうですね義務教育ですかね 感じの紹介会もまあ今後できたらいいなぁとか思ったりとかしていますという
形でまあ今上げているジャンプ感想の動画ですかこの動画についてはコメント等に 関してはまた来週
以降ジャンプの感想の時にまとめて返信していけたらなと思っております では何か他にありますかん
いや大丈夫ですねでは お疲れ様でしたお疲れ様でした
きっ
43:33

Comments

Scroll