1. …My cup of tea… | シーズン3
  2. S3E52 2023年に聴いた音楽・観..

Ossan.fmの年末の配信を聴いて、2023年に聴いた音楽と観た映画について話してなかったことを思い出して、遅ればせながらの配信をしました。

Ossan.fm「273. 2023年の振り返り」

 

--

「リスナーズ・チョイス」の投票はこちら
「リスナー投票 部門」投票フォーム

作品名:...My cup of tea... | シーズン3
PodcastのURL:https://podcasting.jp/mycupoftea/


#Movie, #Music

(00:00) - 今回は1人喋り

(04:36) - Jamendoの読み方

(06:32) - Break the Rain / MICHAEL ELLIS

(10:59) - 2022年のベストアルバム10枚

(13:44) - 2023年のベストアルバム10枚

(17:38) - Music+Talkは聴かれない

(19:53) - Japan Podcast Awardsへエントリー

(22:09) - 2023年に観た映画

(28:41) - 映画ベスト3

(38:01) - IN THIS DARK / LEEAAV

(41:13) - RSSフレンドリーなLISTEN

(56:01) - 会社の飲み会

(58:04) - エンディング


 

 

ウェブサイト
https://podcasting.jp/mycupoftea/podcast/s3/ep52/

 

リンク
https://linktr.ee/potaufeu

 

文字起こし
https://listen.style/p/mycupoftea

Summary

2022年に観た映画のトップ3として、ブルージャイアント、スパイダーマン: クロスザスパイダーバース、アントマン&ワスプ: クアントマニアが発表され、詳細が取り上げられています。また、ガーディアンズオブギャラクシーボリューム3やマーベルズも注目を集めました。さらに、ウィニー、オールアットワンス、ダンジョンズ&ドラゴンズアウトローたちの誇りも評判が良かったです。 2023年には、聞いた音楽や観た映画について話されました。その中でベスト3は、「everything everywhere all at once」「スパイダーマンアクロスアスパイダーバース」「ブルージャイアント」です。また、ポッドキャストの便利さや映画館での鑑賞体験についても触れられました。 2023年の最新音楽や映画についてのエピソードでは、映画『ミッドサマー』や韓国ドラマなど、多様なコンテンツについて話されています。

Table of Contents

00:00
どうも、ポトフです。シーズン3エピソード52となります。
2022年に観た映画のトップ3
今日はですね、2022年、年末にですね、その今年観た映画のトップ3とかね、発表して、
あと音楽もね、発表して、配信したんですけど、2023年配信し忘れたというのをですね、ありまして、
というのはですね、あの、公読しているポッドキャストで、皆さんの年末の配信を今頃聴いてる感じがあって、
で、その中で、おっさんFMというね、聴いてる番組があるんですけども、そのおっさんFMの方でね、
2023年振り返りっていう回で、観た映画、ベスト3とかだったかな、5つだったかな、
あの、発表されていて、その年何観たかみたいな話とね、
あー、そんなのやってなかったなーと思って、ちょっと今日はそんな話を取り上げていきたいと思います。
で、最近ね、あの、リップっていうタブって、もうその、本当に取って出しのをね、出してるんですよ。
ただ本当に、何だろう、ミッキー的なやつだからさ、あの、あんまりそんなに万人に聴いてほしいってわけじゃないんで、
フォロワー限定みたいな形でやってるんですけども、
それは結構素な感じでやってるかな、そういうのがないかな、ちょっと、あの、半分ぐらいでやってる。
で、このスタンドFMとかは、まあまあもうちょっと楽しみでやってたんですけど、
最近収録をしてるんでね、やっぱちょっと声変わるんですよね、声急に張る感じになりますよね、そう、
こないだ、自分で気づいた、あれ、俺ちょっと声、やっぱ張るなーと思って、
まあいいんですけどね、その方がいいんですけどね、
まあそんな感じでね、始めたいと、始めていますが。
マイカップオブティー、この番組は気になることや興味のあることを考えて話すことで情報に向かい合い、理解を深めていくことを目的としたスローポッドキャストです。
スローポッドキャストとは、食を見直すスローフードのように、情報を手軽に扱うのではなく、自分で考え、自分の声で話し、
リスナーと共有することで、受け取る情報や自ら配信する情報についてじっくりと向かい合い、
自分の生活をゆるり高なものになるようにしていこうというポッドキャストです。
惜しい、最後噛んだ、はい、ということでですね、改めましてポトフでございます。
前回エピソード51はゲスト回でして、昔の同僚を呼んでですね、自分がモーニングページってのをやり始めて、
そのモーニングページ16年やってる元同僚を呼んでね、話したんですけど、そのモーニングページの話しも面白かったんですけど、
ハナさんっていう方なんですけど、英語喋れないのにニューヨークに行ってそのね、ワークショップを受けてくることになった天末屋ね。
一番面白かったのが、同じ会社だったんですけども、2人の入社したきっかけが面白かったですね、それぞれ特徴があってね。
聞いていただいた方はあれですけど、私はその会社の社内ブログ、外の人が見れないはずの社内ブログにコメントを書いちゃったっていうね。
入れたんだから、だって入れたんだもんって思いながらね。
それを、これもなんかの縁談でって呼ばれてね、名古屋から東京に行って、最終的に入社することになるっていうことだったんだけど、それもなかなかのエピソードだなと思ってたんですよ。
向こうとしては誰だこいつって感じだったらしいんですよ。社内ブログに知らん人がコメントを書いてきたっていうね。
で、その花さんも知らなかったんだけど、なんか聞いたら、別の会社でテレアポ、ホームページ作りませんかってテレアポして、その会社に電話したんだけど、後からその会社に電話を受けた社長から電話があって、あの電話してきた方は誰かしら?みたいな感じで。
ちょっと感じが良かったんでうちに来てほしいんですけど、みたいな感じで、テレアポの売り込みの人をスカウトするという、なかなか飛んでるから、そういう社長だったんです。
そういう社長のもとで働いて二人でね、ちょっと話したんですけど。なんかちょっと久々に面白かったですね。お互いの入社したきっかけが。
はい、そんなことがありまして、今日はね、ちょっと一人で。やっぱ久しぶりなのかな、一人で。完全に一人はね。で、もう一つお便りをいただきまして、メールフォームから。サイトの方のメールフォームね。これあの匿名でも送れるようにちょっと前に変えまして、匿名でいただいてます。そのお便りをね、ちょっと紹介したいと思います。
それがですね、配信でジャメンドゥーのことを、ジャメンドゥーと発音していますが、今もちょっとジャメンドゥーって言ってたけどね。あの音楽を流してますけども、音楽をね、ジャメンドゥーというサイトから持ってきてますよってよくしゃべってます。で、ジャメンドゥーと発音していますが、ジャメンドゥーはWikipedia英語版によると、
ジャムセッションとクレセンドを合わせてできた言葉であり、クレセンドの語尾はドゥーではなくドイタリア語またはドー英語に近い発音なので、ジャメンドゥーのカタカナ表記はジャメンドまたはジャメンドが適切であろうと思われますというお便りをいただきました。ありがとうございます。
あのなんかわざわざWikipediaで語源まで調べていただいて、全然あの発音考えてなかったけど、そういう意味だったんですね。ジャムセッションとクレセンドだったんですね。音楽用語の。まあ確かにクレセンドだから、ジャメンドあるいはジャメンドゥー。クレセンド、クレセンド、クレセンド、やっぱクレセンドか。ジャメンド、ジャメンド、ジャメンド。
ジャメンドかな。ということでこれから気をつけていきたいと思います。はいすいませんありがとうございました。なんか本当にジャメンド、造語だろうなぁと思ったけど意味知らなかったんで、勉強になりました。ありがとうございます。あのね匿名でも構いませんのでお便りいただけると、はい嬉しいです。ありがとうございました。ということでまず1曲ジャメンドから選んだ曲を流したいと思います。
ドイツのアーティストです。 ミカエル・エリスでブレイク・ザ・レイン。
ブレイク・ザ・レイン
ブレイク・ザ・レイン
ブレイク・ザ・レイン
ブレイク・ザ・レイン
ブレイク・ザ・レイン
ブレイク・ザ・レイン
ブレイク・ザ・レイン
ブレイク・ザ・レイン
ブレイク・ザ・レイン
ミカエル・エリスでブレイク・ザ・レインという曲でした。ジャメンドからの曲です。
ということで今日はですね、一人喋り会で、どっちから行こうかな、映画と音楽。音楽から行こうかな。
2022年と2023年のベスト音楽
音楽ね、先にミュージック&トークスポティファイ向けに配信している、ザ・サウンド・トラック・マイク・アップ・オブ・Tという番組で、洋楽5枚、邦楽5枚を選んで発表しております。
で、その前に2022年には何を選んだかっていうのをちょっと見ていこうかなと思いますけど、お、ネオさん、ヒゲさんはジャメンドって言ってたかな。あ、ヒゲさんジャメンドって言ってんだ。英語読みですね。
クレッセンド、ジャメンド。これ多分海外の人の言ってるのを聞きたいね、なんかね。
で、なんだろう、翻訳ソフトでね、読んでもらってもなんかよく分かってるような、分かんないような、まあけどジャメンドって言っていきたいと思います。
で、音楽の10枚選んだよね。去年、一昨年か2022年もですね、邦楽5枚と洋楽5枚を選んでいたんですよ。
ちょっとざっと挙げますね。2022年の私の中でのベストアルバム。アルバムで選びました。曲だとちょっとキリがないんでアルバムで選びまして。
アルバムがですね、まず一つがThe 1975というアーティストでBeing Funny in the Foreign Languageっていうアルバムですね。
なんだったかな、外国語の言葉遊びとかなんかよく分かんない放題がついてましたが、それが一番でしたね。
で、次にジャズアーティストですね。Domi and JD Beckっていう若い2人なんですけど、ノットタイトー。そしてルイスコール。これね、星野源も好きな星野源のポッドカップキャスト、まあまあラジオか。
All Night Nipponでもね、よく名前が出てくるルイスコールのアルバムと、あとBlue Love Beatsというのをですね、挙げてます。4枚目ね。
Blue Love Beatsはね、これもジャズですね。イギリスのジャズですね。これも若い2人組です。
もう1個はちょっとベテランのアメリカのアーティスト、ブラックキーズのアルバム、ドロップドブギーを5枚ですね、洋楽挙げました。
で、日本のアーティスト5枚が1枚目、1番聞いたのがね、クジラっていう方。これはボカロPとかもやってた人かな。
クジラのアルバム、生活を愛するようになるまで、そして羊文学のOur Hopeと、ロットバルトバロンのHowlと、マカロニ鉛筆のハッピーエンドの絵の期待は、そしてYAMAのVersus the Nightっていう10枚をね、2022年は選んだんですよ。
で、2023年のベスト10枚、これはね、去年のうちに発表してまして、まず、そうね、洋楽、皆さん洋楽聞くかな。
洋楽の方はですね、軽く言いますね、1枚目がそう、コリーウォンというアーティストのアルバム、ラッキーワンというのをね、挙げました。
このコリーウォンがさ、まあまあまあ、ギタリストなんですよ、アメリカのね。ギタリストで結構ファンクバンドにも入ってて、ボルフーベックっていうファンクバンドのギタリストもやってるんですけども、ソロでもやっていて。
で、コリーウォンがすごい前々から好きだったんだけど、スパイファミリーだったかな。スパイファミリーのエンディングテーマで、バウンディーの曲が確か選ばれて、そのバウンディーの曲でギター弾いてるんですよ。
なんかバウンディーとコラボしてると思って。確かフジロックかなんかで来たときに、なんかそのときにレコーディングしたみたいでね。
そのコリーウォンがいいと。2枚目がエド・シーランですね。エド・シーランのマイナスって書いて、なんて読むんだったかな。
何て読むか忘れましたけど、マイナスって書いてやつね。プラスとかマイナスとかね、かけるとかわるとか数式シリーズがずっとエド・シーランやってたんですけども、これの完結編ですね。
これが2枚目で、あとジェイソン・ムラーズっていう方のアルバムが3枚目と、グレック・スペロというね、これもジャズミュージシャンですねが4枚目で、あとイギリスのユニットロイヤル・ブラッドのアルバムを5枚目と挙げてます。
ロイヤル・ブラッドはねイギリスのバンドなんですけど、ロックっぽいバンドなんですけど、メンバーがベースとドラムっていうね。なかなか珍しいんですけど結構好きなんですよ。
その辺が洋楽5枚挙げまして、で邦楽の方は皆さんわかるかな。1枚目はね、ヨルシカを選びました。幻灯ってやつですね。
ヨルシカは最近早々のフリーレンってやつのねオープニングテーマをやったりもしてますが、ヨルシカ。特にね月に吠えるという曲をよく聞いたんですよね。なんか好きで。
で2枚目がねナトリっていう方。デビューアルバムになるのかな。劇場っていうの。で3枚目がトモっていう方でこれ女性アーティストなんですけどもシンガーソングライター。
で4枚目がH.Z.リオっていうこれジャズですね。ジャズミュージシャンですね。H.Z.リオ。で5枚目がキングヌーのアルバムザ・グレイテスト・アンノウを選んだというところが10枚ですね。
ちょっと音楽の方はすでにサウンドトラックで発表したのでちょっとザッと流しましたけどそんな感じでした。皆さんいかがでしたでしょうか。皆さん去年の一番良かったのとかありますか。本当はね2022年はサウンドトラックの方で1日1枚ずつ発表したんですよ。
確かね12月の19日ぐらいからだったかな。1日1枚ずつぐらいとか発表したんですけど。もう今年じゃない去年か気づいたらもう20何日かになってて1日1枚発表できないわと思ってね。2日で発表しました5枚ずつね。なんかちょっと敗北感はありますけど。
そんな形でねあの去年音楽の方発表しました。こうだからミュージック&トークという形でさ音楽をずっと聞いてるんで本当なんか新曲とかもどんどんね仕入れて毎週金曜日あの新曲紹介。土曜日になることもありますが新曲紹介してるんですけども。だからまあまあこのいい刺激になってます。新しい音楽も追っかけていくしみたいな感じで。
これもこれがねけどスポーティファイのミュージック&トークはねあんまり聞かれないのよ。これねやってる人はすごいわかると思うんですけど普通のエピソードに比べて全然聞かれなくて本当に自分が好きじゃなきゃできないっていう感じ。だからミュージック&トークを続けてる人は音楽好きなんだろうなっていうのはねすごく感じます。
これ好きじゃないと絶対やっていけない。心折れる絶対と思いながら。もう金人数じゃないですよね。やってますがまあこれは引き続きねやっていきたいと思います。前はね毎日やったりもしてたけどなかなかねもう毎日はたまに抜けたりしてますが。
これはXの方でアダムさん。兄さん明けおめです。引っ越しの方無事に済んでよかったですね。ポットでっていうポッドキャストね。アダムさんですね。アダムさん一回ゲストに来てほしいのよ。前にさミケランジェロさんさ日本ポッドキャスト協会に来てもらったからアダムさんも来てほしいんだよなどっかに。
ありがとうございます。ザボさん同感そうね。ザボさんもミュージックアンドトークね。さっきさザボさんもミュージックアンドトークねやられてるんですけど週末のポッドキャスター番組変わったっけ。もっと週末のポッドキャスターでしたっけ。
おとだが2でしたっけ。ザボさんもいっぱい番組があるからね。で音楽流してやってますがそのミュージックアンドトークやってる人でサミットやりたいってさっきちょっとちらっと言ってましたけどなんかいいなぁと思うんですけどね。
何とか系ってよくあるけど科学系とかね。能系とかありますか。音楽系で集まりますか。ミュージックアンドトークやってる人で集まってもいいかもしれないけど何やりましょうね。それこそあれですよね。こういう年末とかにやるとよかったかもしんないね。もしかしたらみんなで今年の1枚これみたいなやつもよかったかもしれないけどね。今更な感じですけど。
そうだ年末といえば年末12月31日までの応募だったジャパンポッドキャストアワード第5回のジャパンポッドキャストアワードの事前エントリーが終わりまして。
去年は去年はですねそうそうエントリーしてなかったです。去年も一昨年もエントリーしてなかったんですけど今年第5回エントリーしました。このマイクアップオブティーとさっきのミュージックアンドトークサウンドトラックマイクアップオブティー2番組だけエントリーしまして。
だからこの後ね1月31日までリスナーのエントリーがあるんですよ。リスナーなんて名前か忘れちゃったけど。またリスナーのエントリー。もうだけどエントリーっていうか応募しちゃってる方もいるかもしれませんがもしまだであれば冷やかしてエントリーしてください。私の番組投票してください。
で投票のところにねあの番組名正式な番組名を書く欄があるのであの今回このエントリーの説明文のとこに正式名称を書いてコピペできるようにしておこうかなと思うんで。どこにも応募するものがないっていう方はちょっと冷やかしで私の番組に行ってお願いします。
って言ったことないけど初めてこんなこと言いますけどねちょっと今回最後かもしれないんでっていつも言ってるんで勝手に言ってますけどそんなことないか。はいということでですねはいエントリーしましたジャパンポッドキャスターワード。その音楽番組を一応投票しましてちょっとねあのただね今回あのスポンサーというか協賛みたいのがなくっておとなるさんが協力って形で名前がありましたけど。
確か第一回とかねスポンサーとか協力協賛になってたかなスポティファイさんの名前があったのでその時に応募しとけばね良かったよね。ミュージック&トークなんて。スポティファイさんがいなくなってからエントリーしてますけど。よろしくお願いします。
ということで続いては映画の方。こっちはねあの未発表なのでちょっと映画の方行こうかなと思うんです。で映画好きなんですけどそんなにむちゃくちゃ見に行ってなくてねなんかオッサンFMのクリスさんは結構見てみたいな感じでよくやっぱり年末の時期とかだとまあ今とかもまだ見れるんですけど2023年のベスト映画みたいないろんな雑誌とかバイト
も含めて発表してるんですけど知らないやつもいっぱいあるなぁと思いながら。ところで2023年公開の映画何本見たかなぁと。映画館には行けなかったけど後から配信でやったやつも含め2023年公開の映画何本見たかなぁと思って数えてみました。
1,2,3,4,5,6,7,8,9本見ましたね。2023年は9本映画見させていただきまして。でちょっと準不動かな。準不動で行こうかな。準不動じゃダメだよね。見た順番で本当は行きたいな。見た順番だけどこれわかんないな。
ブルージャイアントとスパイダーマン
ちょっと多少順番違うかもしれないけど言おうかな。ザボーさんザボーさん何?ヤギさんギターリストだから大丈夫。あー音鳴るの。そうなんだギタリストなんだ。知らなかった。2023年に私が見た映画ね映画館で見たのがほとんどですが。まずブルージャイアントねあのアニメですけどジャズのアニメこれ見に行きましてこれ面白かったですね。
で昨日だったかな。会社で上司がね今頃ブルージャイアント見たよっていう配信でね言って号泣したらしくて。号泣したんだと思って。私号泣きはしなかったけどブルージャイアント映画は。
あの原作の漫画でブルージャイアントの続きブルージャイアントスプリームとブルージャイアントエクスプローラーっていうのは続きがまだ続いて出てるんですけどそっちで漫画では泣きました。映画では泣けなかったけど漫画では泣きましたね。ちょっとねあの映画っていう長さは私あんま泣けないようで。長い方が泣けるんで漫画泣きましたね。
とえっと映画ブルージャイアントのスピンオフの小説があるんですよ。ピアノマンっていう小説があってブルージャイアント主人公はサックス吹きのダイヤ主人公なんですけどピアニストが出てくるんですね。
そのユキノリを主人公にした小説があるんですよ。でこの小説がナンバーエイトさんて書いてるんだけどブルージャイアントの漫画の担当編集であり今回の映画の脚本も書いてた人がナンバーエイトナンバーの8ねナンバーエイトって人なんだけどその人の別名義ナンバーエイトってカタカナに漢字になってるんだけどナンバーエイトさんが書いた小説だから映画の脚本も書いた人が小説書いててあの完全にねちゃんと
リンクしているのとただ主人公の目線が変わる主人公がピアニストなんでこれがまた面白くてねあの小説も読んだけどオーディオブックでも聞いてっていうあのそんなブルージャイアントがねまずね見ましたね
で次順番どうだったかなスパイダーマンクロスザスパイダーバースこれもアニメですねMCUのスパイダーマンのアニメねだからMCUとは別かマーベルねMCUとはちょっと別次元な感じですけどこのスパイダーマンがいっぱい出てくるやつですけどこれも面白かったですね
とMCU関係でいくと順番ちょっとあれですけどアントマン&ワスプのクアントマニアってやつねこれも見ましたもうマーベル好きなのでマーベル好きなので全部マーベルモードは見てますだからそのスパイダーマンとアントマンとあとガーディアンズオブギャラクシーボリューム3これあれかなオッサンFMでクリスさんが挙げてましたねベストの中にね
と一番新しいのがマーベルズってやつねはい4本かなマーベルのやつはね一応これ全部見ましてでその他に見たやつでいくとそうアカデミー賞何部門だっけ11部門エントリーした
オールアットワンスっていう映画ねこれはあのエピソード立てたぐらい好きだったやつですねエビシンゲームやオールアットワンスとあとミッションインポシブルのデッドレコーニングパート1ってやつねでパート2が本当は今年の4月ぐらいの予定だったはずなんだけどあのストライクとかあったじゃないだから遅れていてパート2いつになるのって状態あもう決まってたかな忘れちゃったな
ちょっとそんな感じもうもう忘れかけてます話はもしパート2が出たらもう1回見ておきたいなって感じであともう1個方角もう今までのブルジャンとは氷河かプルジャンとだけかなけどあの方角方角じゃない方が見たのが
ウィニーってやつ見ましたウィニーって知ってますあの昔のファイル共有ソフトなんだけどウィニーでその作った人ね逮捕されてみたいな感じの話でまあ冤罪じゃないかみたいな話の戦い方との戦いみたいですね
ウィニーも面白かったですねであと最後は1本最近配信で見た奴がダンジョンズ&ドラゴンズアウトローたちの誇りってやつを見ましたねあの昔ダンジョンズ&ドラゴンズっていうテーブルトークロールプレイングゲームをやってた身としてね
映画で予告見た時はなんかピンとこなかったんですよ でダンジョンズ&ドラゴンズのゲームが好きだっただけに
なんかつまらなかったら嫌だなと思ってたんですけど意外と評判が良かったんですで評判が思ってはいいぞと思っているうちに公開終わっちゃって見れなかったなぁと思ってで配信で見たら面白かった面白かったですそんなにあの深い話じゃなかったけどあれ予告だけど良くない予告つまらなそうだった全然つまらな面白かったはいその辺を見ましたね
はいで8その中から3本選ぼうかなぁと思っていて その前に去年何を見たかっていうとこで
はい ザボさん
その他の映画
ウィニーを昔昔いっぱい使ったなぁ使ってた派ですか 主に深夜ラジオとしてたです内緒だ内緒だね
そうあれはねウィニーは 著作権侵害を放除しているっていうようなことでね
創作が入りましたけど けどそれは放除しているのかと道具に罪があるかね
まあその中でも今前々から言われたのがまあ包丁で人を刺した場合包丁を作った人に 罪があるかっていうね
なんかそういう論争ですよあったんですよ そんな話の映画でしたけどねあのウィニーの登場とか知ってたんでただ私ね
当時ウィンドウズ派では中うまく当時からマック派だったんであんまりに直接はね 触ってないんじゃないかな
な感じですねまぁ似たようなマックソフトもありましたけどね でまぁそんな感じでで去年
そう去年のトップ3 去年トップ3が1位が猫だってやつですねこれは
アップルティービーが買い付けたやつかな アップルティービーが買い付けてこうだ日本ではね
8ギャガーだったかなから配信というか 配給されてやつでねこうだ愛の歌ってやつですね
これあの子供がいて親が両親がしゃべれない言葉が話せないて でその子供だけが喋れるって言う
ねで親両親が老和者の子供のことをこうだっていうらしくってそういう話 これねあの映画ではほんと泣けないっていうのはずっと言ってたんですけど
初めて映画館でボロ泣きしましてなぜかすごくハマりましてですね むちゃくちゃボロ泣きした映画
もう滅多にないというかもうほとんどない 初めてだと思う映画館で泣いたのっていう映画ですねこれが去年一番
去年じゃ一昨年の一番ねで2番目がカモンカモンって映画なんですけど これあのフォアキンフェニックスっていう人が主人公で出てその前はフォアキンフェニックス
ジョーカーってやつのねジョーカー役をやってましたけど もう一点してハートフルな話でですね全編モノクロ映画なんですよこの時期ね
でラジオディレクターみたいな役で でショットガンマイクを持ってねインタビューをしたり
夜になったら部屋でそのショットガンマイクに自分の声の記録を残したりっていうのが 良くってあのちょっとちっちゃめだけどショットガンマイクを買っちゃったっていうぐらい好きな
やつカモンカモン でで3つ目がねあのトップガンマーベリックっていうところを挙げてます
であのマーベル好きで 2022年もマーベル映画いっぱい見たんですが結局マーベル映画入らないというね
特にあのスパイダーマンノーウェイホームというこれはすげー こんなこと滅多にできるで傑作だって散々言ってたのにストップするに入れなかったっていう感じだったんです
けどね コーダーカモンカモントップが
そういえば最近ちょっとポッドキャストでえっと俺たちライブズマターっていうポッドキャスト 俺またさんねで
ベスト3の映画
最近好きな映画が A24っていうプロダクションのものが多いっていう話をちょっとしてて でこのカモンカモンもあの
A24プロダクションなんですよ私も結構 A24プロダクションが多いなぁと思ってて あのミッドサマーとかからかななんかその辺から
見てますがそんな3問でした2020年がねで2023年 さっき言ってた9本のうち一番どれかというとまあ間違いなく一番は
everything everywhere all at once を挙げさせていただこうかなと まあこれはエントリー立てたほどすごい好きだったんで
でこの everything everywhere all at once もプロダクションは A24ということではい これは良かったですねで2番目
2番目何しようかなっていうのこれは スパイダーマークロスタスパイダーバースという今回あのジブリ作品
君たちはどう生きるかでしたっけがなんかなんかショートりましたよね でスパイダーマークロスタスパイダーバースが落ちたっていうのでちょっと話題になってました
けど あの
ジブリ映画のやつは見てないんでちょっとなんとも言えないけどもスパイダーマークロスタ スパイダーバースは
むちゃくちゃ絵の表現としてすごく良かったですはい私すごい好きでまぁもうこれ原作 スパイダーマンの
スパイダーバースっていうのがあってそれの続編なんだけど 前のやつも良かったけど
絵的にねなんかスパイダーマンがいっぱい出てくるんだけど時代時代で絵柄がちょっと 変わってとかってそれをさらに一歩進めた感じ
でえっと スラムダンクの音映画もありましたけどスラムダンクにも影響を与えたし
スラムダンクもやっぱり影響多分与えてたと思うんだけどその紙の表現 紙のタッチとかも
絵的なのがねそのままスクリーンになったりとか なんかそのアニメの表現がちょっとねあの
一歩進んだ感じですごく好きだったスパイダーマークロスタスパイダーマースと実写のマーベル は今回ちょっとトップ3には入らなかったです残念ながら
オッサンFMではねあのガーディアンズオブギャラクシーボリューム3で出ましたけど それはねあの良かった良かった良かった良かったんだけど
そう最近ねそのオッサンFMでも言ってたけどマーベル映画が単体としてはちょっと弱い というかマーベル好きだったらまあとりあえず見て面白いんだけど
ね多分クリスさんもそうだけど私もマーベル映画全部見てるから あの見に行ったら楽しいし面白いんだけど
やっぱ客観的に言うとねちょっと弱い感じはあるんだよねということで今回トップ3 には mcu 入らなかったです
まあマーベルとしてスパイダーマンが入りましたけど で3番目がブルージャイアントかな
アニメが2作品入っちゃいましたけどブルージャイアントかな ブルージャイアントは
絵的なところはそんな革新的なものはなかったんですけど 何分音楽がすごく良かったジャズのね
上原ひろみさんでしたっけ曲をね だから劇中の演奏も含め
上原ひろみさんとあとサックスとドラムね この演奏がやっぱり劇場で大音量で聞くのがすごく良かったかなぁということで
2023年私のベスト3としてはエブリッシングエブリアオーラトワンスト スパイダーマンアクロスアスパイダーバースそしてブルージャイアントと若干アニメ寄りですがというのを選び
ました本当はねミッションインポッシブル入れなかったんだけど まあデッドレコーディングパート1なんで
パート2が出てからかなっていう感じはありますねそれを言ったら スパイダーマンアクロスアスパイダーバースも続くんだけどね
続くんですけどねはい でまぁアントマンとかはねなんか mcu の中での一つの作品でなんか
どうも mcu 最近 前後の関係がありすぎちゃってさ
なんか長いドラマの中の1エピソード扱いになっちゃってる気がするね映画がね まあいいんだけどね全部見てる身としてはいいんだけどねやっぱなんか他の初めての人に
は小障壁あるなぁと思ったりしちゃいますね でまぁなんだろうなドラマーシリーズを見てないとちょっとついていけないものが出てきたりとか
やっぱ出てきてるかなーっていう気はしてますね そのマーベルズとかはやっぱドラマーシリーズ見てないとなぁとかいうのもあったりね
まあ mcu ファンとしては納得はできてるんだけどね
こう映画単体で見るとねやっぱちょっとちょっと新鮮味にかけてきちゃったかなーっていう 感じがしますはい
まああとはウィニーとかもね方がなぁとして まあまあ面白かったけど他にもあくよ今年あんまり方が見なかったんだよなぁ
ピンとくるのがなかったのかな なかなかねあの見に行く時と見に行かないで波があるんだあれなんですけどそんな形で
ですねはい トップ3
ありました皆さんは映画とか見ますか映画館とかね行きます なかなかねあの映画館まで行かないで配信だけで見てますって言っても今結構ね増えてる
と思います最近配信になるのが早いじゃないですか ねあれこの間まで公開してるのにというのが多いんでね
まあそんな形で ちょっとね年末に配信し忘れてちょっとこれは消化しておきたいというところで音楽と
映画話させていただきましたここで曲を流します リーブでインジスダーク
me そうかあああああああああああ
voodoo アーレン b コントロールキャンプコントローラー c フュージョン
noel noel えっジャスティン
ん アムサーチャンファーウェイ
中高
パーティフィルスライガー me アンドルマロ
ウェイシェイドスファーローミー エヴリウェア
n スキャンハーフブリーアイスウェア
スター
n スター アンファイン中キープマーシャリー
me スター
映画の表現と音楽
n スター
アンファイン中キープマーシャリー アンジェルなメーバーエンディングない
yeah
n ん
ブーブー
voodoo アイスクリーム
アンレヴェネムです ジャーディファンキーんグリーン
bouvet スプレーサー
tj アンディスロー
dj アーレン
アンサー中フォーウェイチュンスバー バーディフィルスライガー
murray
ペスター n スター
アンファイン中キープマーシャリー
n スター アンファイン中キープマーシャリー
n スター n スター
n スター アンファイン中キープマーシャリー
n スター アンファイン中キープマーシャリー
n スター はいということでリーズでインジスダークという曲でしたこの曲というかこのアーティストも
ドイツですね今日は2曲ドイツのアーティストですねこれもじゃあ面倒からなんかさせて いただいております
ということで 音楽と映画配信しました
どこなんでしょうね私あの ミュージックアンドトークとかもね
まあ日々日々 毎日は最近できてないけどまぁ結構な頻度で配信しておりますが
で新旧 用法問わずでね流すようにしているんですけども
だから以外今の音楽聞く幅はね結構広いかなぁという 自分で自負はしてるんですがただね結構好き嫌いはあって
全く書けないジャンルは全く書けないみたいなところはね アーティストも全く書けないものは書けないとかあってねだから
結構いいこうベストを選んでで他のサイトとか他の人のね あの2023年のペーストとか見るとさ
あーやっぱ偏ってんだな俺というところはね結構あったりしますね でこのブルージャイアントとかジャズの映画ね
年年初というか年の初めの方に見たのもあって今年はだから結構ジャズ 前よりも聞いたような気もしますね
まあウィニーもねもう どうなのかなまぁ映画は結構考えさせられるところありましたね
懐かしいなぁという部分そのその時の時代性をね見れてよかったですけどね さあ2023年こんなところましたけどもなんか
ねえ これを見てないのかとかねこれも見てくれっていうのがあったらね
教えてほしいなぁと思いますなんか最近で見てないんですよ配信を 見れてないというかちょっと忙しくしちゃってて
でちょっと見たいなぁというとこもありますはい ということで
リッスンのニュース
今日はそんなところを届けしましたがでえっと こっからはちょっと余談になっていくんですけども
本当最近リッスンっていうサービスポッドキャストね文字起こしをしてくれるサービスとして去年 4月にベータ版が出て6月に正式リリースしたんですけどリッスンね
あのむっちゃ今楽しんでましてまぁディスコードのコミュニティもあってねそこで 開発者の方の顔が見えるっていうのもすごい顔
近くてねすごいすぐコメントくれたりなんか問題が多数直してくれたりという その部分で楽しんでたんですけどもちょっと要望言ったら通っちゃったところもあって
あのすごく機能的にね 満足してるんですよで
そんな中のやっぱりこのもっとね リッスン使う人を増やしたいっていうことを話されてて
あの番組の中でリッスンの動向を知らせるリッスンニュースっていう番組の中で話されてて チームをもうちょっと大きくしていきたいというか増やして
リッスンをもっと使ってもらえる人を増やしたいっていう話をしてて 思わず忙しいのにね
手伝いますって言っちゃって でこの間ちょっと開発の近藤さんとねちょっとオンラインでミーティングさせてもらって
ぜひぜひっていう話もあったのでちょっと今後手伝っていこうかなと思ってましてですね ちょっとますますリッスンさんにちょっとね絡んでいこうかなと思ってます
で皆さんリッスン登録してるかな ここの今日来てくださってる方なんか結構使ってくれてそうな気がしますけど
いやほんとねあの rss っていうのをねまあ出してるんですけども
ハッシュタグっていうのが使えるんですよリッスンの中でね概要文にハッシュタグをつけるとね それがクリックするとハッシュタグのものが出てくるとか
で別にリッスンから配信してないポッドキャストでもこの私のこのマイクアップっていうも別に外部から配信してるんですけどそれでも概要欄に
ハッシュタグつければちゃんとハッシュタグ反応されたりとかするんですけど ハッシュタグごとの rss を出してくれたりとか前にしてちょっと前にそういう実装されたんですね
で自分としてはそのフォロー中自分がフォローしている番組のハッシュタグがあるとそのハッシュタグ
自分がフォローしている番組の rss があると 外部のポッドキャストアプリでねその rss 登録して聞けるなぁと思ってというのはリッスンって
web ブラウザーで聞くサービスでアプリがないんですね アプリがないのでブラウザーで聞くんですけど
若干使い勝手が悪いところがあるとあとブラウザーで曲の エピソードを聞いていてその詳細部を見てみようかなとか
あとコメントを書いたりすると再生が止まっちゃったりするんですよ バックグラウンド再生が止まっちゃったりできないというかページが変わるので止まっちゃうん
ですけどそれが例えばポッドキャストアプリで聞いてたら なんかブラウザーで何か書いたりしててもう止まらないじゃないですか
だから他のアプリで聞くから rss 出してくれたらと思って一応行ってみたら すぐ実装してくれて
その手伝いますよっていう面談というかね リモートで打ち合わせをしてその時に実はこういう
rss が欲しいんですよねって言ったらじゃあ作るって言ってくれてわーいと思ってたら1時間後くらいに実装されてて早っと思って
実装されて 最近フォロワー限定っていうかねフォロワーじゃないと見れない聞けないっていうのができる
ようになったんですよ さすがにそうだねそれはrssで出てこないよねと思いながら
ただサブスタックとかパトレオンとかいう他のサービスでは 結構ねそのサブスクユーザーだけが聞ける
ポッドキャストの利便性
rss とかだからユーザー一人一人に別の rss を付与して そのユーザーにカスタマイズされた rss を出してくれるんですね
だから技術的にはできるのかと思ってで あのまあこういうふうにユーザーごとにパラメーターつけてやったらできるサービスもあるので
そのうち考えてみてくださいみたいな感じで あのディスコードのコミュニティに上げたらすぐ実装してくれて
マジかーと思って あーこれでポッドキャストアプリ
ポケットキャストってやつで聞いてるんだけど ポケットキャストで行くとこう聞いてて
リッスンのページに行きたくてもいけないから ページ探さなきゃいけないなーと思ってて
この概要文のところにリッスンへのリンク貼ってもらうと嬉しいんだけどなったらそれもすぐやってくれて だから1日の中でねポンポンポンと機能追加してくれて全部要望通っちゃって
嬉しい反面申し訳ないなと思いながら ただすんごく使いやすくなって
この感動がね イマイチどう伝えればいいかわかんないんだけど
ポッドキャストってこういうもんだよなっていうのは大昔始めた頃はポッドキャストっていうのができた頃ですよ
まだ iphone がない時ですね スマートフォンというのがなかった時ガラケーの時代ですよ
でポッドキャストはあの ipod で聞くようなものだったんですよね ipod で聞く だからあのアプリとかいうそういう概念がなかったんですよね
ipod の中にねあの itunes の中に入ってくるっていう感じだったんで でその頃も結局まあ ipod で聞くんだけど
世にあるポッドキャストを収集するアプリっていうのがいっぱいあって それはどこから配信してても rss のそのポッドキャストの仕様を守っていればどのアプリでも集められるよっていう感じで
特にこのアプリじゃないとダメとか制限するものじゃ全然なかったんですよ それが
だんだんさ各アプリ例えばスポティファイとかもポッドキャスト聞けるけど 外部の rss が登録できなかったりとか
スポティファイ限定の番組とかできたりね なんだかんだちょっとクローズに向かってるじゃないですか
で日本で行くとさスタンド m とがラジオトークとかボイシーとかあるけどどっちかというとアプリ 後頭に
なんか文化みたいなのもあってそのアプリ じゃないと聞けないとか使えない機能とか結構あったり
なんかそういうだんだんポッドキャストっていうものがさなんか個別の音声配信に分かれて いくなーっていう感じがあったんですけど
そのフォロワー限定の配信も含めてどのポッドキャストアプリ rss が登録できるポッドキャストアプリだったらどれでも聞ける
こっちの好きなアプリで聞けるっていうのがさ そうそうこういうもんだよポッドキャストっていうのはみたいなどっかのアプリ限定とかじゃなくて
もうこう rss っていう要は html html っていうのと同じ だから html っていう仕様で書けば別にサファリでも
chrome でもエッジでも何でも見れるわけじゃないホームページってそれと同じで rss のルールさえ守れば好きなポッドキャストアプリで聞けるっていう
あこれだよねーっていうのがすごいね あって
そうポッドキャストはこうでなくっちゃっていう今感動を味わってます これがね
すごーく インターネット老人会的な発言をしてるんだなーっていうことはわかってはいるんだけど
もう今それが楽しくてしょうがない
えーと ザボさんベータ版では cm 画面に僕のミドル巨人君と dj リッキーさんのポッドキャスト大学を使ってもらって嬉しかった
ベータ版スタンド f じゃないやリスンのベータ版がな cm 画面新なんか最近なんかあれだよね
説明ページがちょっとおしゃれになった感じあります さぎーさん私もずっと ipod に落として聞いてました懐かしいですね ipod 私録音も ipod につけるマイク
を買って勝手にあれプレゼント当たったんだからそう ipod にマイクつけて録音してまして ipod でやってたなーとか思いながらね
ザボさん ipod クラシックを3台使って10年以上使ったなぁ iphone ユーザーのくせに屋さん代も持ってたクラシック
うちもねーまあ主に奥さんが使ってたけど初代 ipod があったんですよねハードウェアのね ちょっと
後に奴に比べてちょっと重い感じでね それがあってその後も買っ
てあるけどうちも3台くらいあったかあったかもしれない あと ipod なのとかねへありましたね
ipod なのはあのなくしたのでちょっとあんまりね 家の中で言うとちょっと
ボケツを掘るので大きな声じゃ言えないんですが酔っ払ってね道端でねカバンごと 持ってかれてその中に入ってましたですねあー懐かしいですね
あとあの ipod シャッフル この usb みたいなスティック型の ipod シャッフルをねちょっと買ってそれでも
ポッドキャスト聞いてましたねさすがにそれは録音はできなかったけど それがねまぁスマホだと全部できるからねほんと便利になったけど便利にはなったけど
あの頃も懐かしいなーっていう感じはありますよね はいそんなね昔を思い出させていただく
リスで まあお話を聞いててまあリスンのそのを作っている近藤さんはもう
ハテナの創業者なんですよ でやっぱりハテナとねやっぱり思想がやっぱり似てるなーって気はして
でハテナもねハテナブックマークとかあるけど だからまあいろんな意見があってねあのリスをもっと広げるには例えばボイシーみたいに有名人
呼んできてやったらもっとみんな聞いてくれるんじゃないかとかいう意見もあるんです けど
ハテナブックマークとかってさ その有名人に使ってもらってどうのこうのとかないじゃないですかハテナブログとかもそんなに
で 企業とのタイアップとかちょっとやってはいるんだけどそんなに基本は普通の1ユーザー
がみんなで使ってもらってその中からたまにポンと面白いなってこれもみたいなのがあって それと思想がすごい似てるなぁと思っててこれもまたね
古き良きインターネットみたいな感じがあってね インターネット老人会としてはワクワクする
近藤さんとお話ししててもやっぱりそんな感じなんで なんかいいなぁと思ってインターネットの出てきた頃の面白さっていうのをね
できるからやってみた的な なんか儲かりそうだからとか事業的にこれから音声が来るからとかなんかそういうんじゃ
なくて できるからやってみたとか面白そうだからやってみたっていう精神がすごいあってね
あのすごく話してみて余計ファンになりましたね ちょっとね面白いなぁと思ってます
サギーさんスティックが足りましたね直接 usb にさせるタイプそうそうそうそうあれ あのねー
ちょうどね名古屋にアップルストアができてアップルストア名古屋境が初めてオープン した時に並んで
買おうかなと思ったらあの売り切れて でしばらく後にもう1回買いに行った思い出があります
でザボさんよし近藤さんのアンノン京都に 宿泊して翌日ポッドキャストフリークに行くですああ
あそうかポッドキャストフリークスね京都のね 京都じゃないやポッドキャストフリークサー大阪だ
アンノンに行くいいなぁ私もいつかであの京都に行ってみたいんだよなぁ ね決めたすごい決めたんだ
近藤さんによろしくお伝えください フリークス3月でしたっけ3月ですよね
もう3月 あのそう私は多分いけないいけないというかもう売り切れですよね
ポッドキャストフリークス売り切れたと思いますけども もう繁忙期も繁忙期
もう年度末年度末はもう毎年ダメもう2月3月はもうほんとダメ
12月にも山があるんだけど今年ね12月の山がちょっと小さかったんだよ その分前後後ろに行ってるんでもうちょっとね2月3月ちょっと恐怖なんですよね実はね
加えてね今年はねまた違う役割も会社で与えられたんでもうむちゃくちゃね 余裕がないですね
ます明日の飲み会もその一環ですけどねはい あのまあまあ忘年会もそうだったんですけど
まあ忘年会ね 基本面倒くさいものじゃないですか会社の付き合い的なものがあるじゃないですか
私も基本そんな好きじゃないんですけどけどなんだろう 行くんだったら有効活用したいな派なんですよ
だから社内営業的なものね 行くんだったらちょっとフルに活用したいと思っちゃう派で
去年末の忘年会結構年頑張っていろいろやったら仕事が増えたんですけどまあまあ 役割とともに権限も増えたんで別にいいんですけど
でまた明日も誘われて本当は断りたいなと思いつつまあまあけどせっかくだから 言ってちょっとまた政治的に動こうかなっていうね
野望を抱いて明日戦っていきます まあちょっとねあの年末じゃない正月早々だ
正月早々ちょっといろいろありましていろいろありましてあんまり大声で言えないけど いろいろありまして
ちょっと今ねお酒っていうのは怖いなって思ってはいるんですけど まあまあだから飲みすぎないように言ってこようかなというふうに思っています
皆さんもねあのお酒には気をつけてください はいということではい今日はですねちょっと短めかな1時間短めつっても1時間ぐらい
なんですけどはい2023年に話し忘れた2023年に見た音楽 見た音楽じゃない2023年に聞いた音楽そして見た映画ねご紹介させていただきましたいかが
映画館での鑑賞体験
でしょうか今年も映画なんかね見たいなぁと思っているんだけど 映画館に行くっていうのはさ昔そんなにやってなかったんですよ
けど行き始めたらねなんか 映画館っていいっすねよくわかんないけど
あのやっぱりさ 家でも配信とかよく見るんだけど気が散るんですよねスマホを見ちゃうし
もうその作品に没頭できるのがやっぱいいですね あとそうそうサウナもねこの間もちょっとまた行ってきたんだけど
サウナもさあスマホを持っていけないからさこの集中できるのがいいですね で
この間サウナ行ったんですけど むちゃくちゃ寒い時であの家でたらもうサッブって時でサウナに行ってでサウナで一番好き
なの外気浴なんですよ 外気浴を味わいたいがために暑いのにちょっと我慢してね
10分12分あの サウナ用の時計もね買ってまぁ前に行った時ねその時計忘れて
サウナの中にあの なんかサウナ系というか時間計るやつあるのねで12分で一周するやつ
ねあれ一周するぐらいが目安でやるんだけどあの面悪いから何も見えないんですよ どれぐらい入ってるのがわからなくてもう勘で頼るしかない
でこうポッドキャスト長年やってるのさタイム感っていうのが養われまして こう暑い中でねなんとなく喋りながら今何分ぐらいから
心の中でブツブツ言いながらやってたんだけどまあ時計を持ってきまして これがねあの
ポッドキャスト今ね今はね38西東っていうポッドキャストやってる菱海誠君っていうの がいるんだよね
その子がねあのサウナ好きでサウナの資格化なんか思ってんだよ で直接ねあの教えてもらったりしてでその時に時計チープカッショーがいいですよって
言ってて チープカッショーねカッショーの安いやつ
あれいくらだろう1000円ぐらいで買えるのかな あれが結構ちゃんと防水だし
何なら壊れてもいいぐらいの値段だからいいですよって言われて買ったんですよで 確かによくってチープカッショーしてね久々に言っては時計時間がわかると思い
ながらで10分から12分ぐらい熱いとこ入って がって我慢したいまあねなんかねー
フィンランド式サウナですけど暑いというよりもね熱で痛いんですよね乾燥してね まあそれを我慢しながらでその後水風呂にね1分とか2分で私が行くところは
ねあの何だろう いわゆるサウナってなくてあのなんだろう
リゾートリゾート ちょっとリゾートっぽいないじゃない子供がいっぱいいるような
最新音楽や映画
もう全然今名前が出てこないけどスーパー戦闘スーパー戦闘タイプのやつよね でそこちょっと変わっててまあサウナもちょっと厚めなんだけど水風呂がねなんか水深2メートルで
潜っても大丈夫ってやつで 本当はねあの潜っちゃダメなんですよ
マナー的にはねけどそこはもう潜っても ok 2メートルあるみたいなやつだったり 長さが6メートルあって泳いでもいいみたいな
本当はダメなやつっていうのをできるようなね 水風呂があってまぁそこで1分から2分入ってでそっからしっかり冷やしてねそこで
あの最初冷たいんですよで冷たさがわからなくなって ちょっと痺れるぐらいまでになるまでやるとよくって
そこから外気浴するともうほんとトリップ感 それこそ映画のミッドサマーみたいなかでぐわーんって絵が動くような
なんかそんなの味わいその外気浴が好きでね でそのみ冷やしとかをね不十分にするとその体験がねなんかちょっと
うまくできなかったりへたしたら気持ち悪くなったりもするんで しっかり温めてしっかり冷やしてね外気浴ですっごい寒い日だったけどみんな裸じゃない
ですか笑そのシチュエーションも笑えるんだけど 特に寒かったからさもう裸で歩いてる人たち人たちから白い湯気がもうすみんなこう
人型に白い湯気をまとって歩いてるっていうなんか面白い光景の中入ってきてね なんの話をしてサウナの話
はいすごい面白かったんだよね あっともみさんあ去年は rr が最高に良かったそう見てないんだ俺
読み方 rr でいいのわかんないけど面白そう 評判すごく良かったよねあーそれ見てないやそれ見よう見ますはい
あってますよかったあってますそうかやっぱ面白いんだねー けどなんかそれこそなんか劇場で見たかったなって気もするけど
ねみたいなと思いますはいありがとうございます ということではいまあやっぱり一人の時間とかね大事ですよねあの
スマホを手放す時間とかねそれにちょっとね集中する時間とか なんかそういうのでモーニングページもなんかちょっとそんなところがあってできるだけ
スマホを見ないようにしてこう書いてるんですけどね ちょっとそういう時間も
ね今年は大事にしていきたいなぁと思います まあ特にあの sns 見すぎるとね
辛くなることも最近多いのであんまり見ないようにしてますけどね rr 3時間の映画だけどあっという間あっという間なんだいいなぁ
それ見てなかったなぁ去年なぁ確かに はいということでまたねあの映画とか
コンテンツのお話
最近にあの娘が韓国ドラマにハマってていろいろ娘から韓国ドラマの薄めが来てるので ちょっと韓国ドラマとか思ってる
その辺もまたがあったら話したいなぁというふうに思いますということで今日はそんな コンテンツのお話をさせていただきましたことでした
では
01:04:40
9 Stars

Comments

Scroll