1. …My cup of tea… | シーズン3
  2. S3E23 第2の就職氷河期での新..

改めて、このポッドキャストは「スローポッドキャスト」なんだということを打ち出していこうと思いながら、スローポッドキャストとは何かを話しています。造語ですね。

スローカルチャーに根付いたスロージャーナリズムとしてのポッドキャストなんですが、より個人の発信においてのスローポッドキャストという感じです。

そして、日本ポッドキャスト協会で募集している共通トークテーマ「新社会人」について話しています。こっちがメイン。

自分の就職活動や新社会人での経験を踏まえての、いま新社会人になった人たちへのアドバイスを話しています。


#共通トークテーマ

() - 共通トークテーマ「新社会人」

() - Good Morning / EKOUT

() - スローポッドキャストとは

() - 不景気の中での就職

() - 石の上にも三年

() - 広告代理店の存在価値

() - 第2の就職氷河期

() - 新社会人へのアドバイス

() - Work N' Play / SAMIE BOWER

() - エンディング〜動画ポッドキャスト


 

 

ウェブサイト
https://podcasting.jp/mycupoftea/podcast/s3/ep23/

 

リンク
https://linktr.ee/potaufeu

 

文字起こし
https://listen.style/p/mycupoftea

00:00
時刻は深夜1時20分となっております 前回配信してから1ヶ月半以上
空いてしまいました 今回マイカップオブディエピソード23となりますが今回はですね
日本ポッドキャスト協会というところで募集をしております 共通トークテーマを話していきたいと思います
今回は共通トークテーマ 新社会人をテーマに取り上げたいと思います
マイカップオブディ この番組は気になることや興味のあることを考えて話すことで情報に向かい合い
理解を深めていくことを目的としたスローポッドキャストです スローポッドキャストとは食を見直すスローフードのように
情報を手軽に扱うのではなく自分で考え自分の声で話し ビスナーと共有することで受け取る情報や自ら発信する情報についてじっくりと向かい合い
自分の生活をより豊かなものにしていこうというポッドキャストです はいということでマイカップオブディエピソード23となります
シーズン3エピソード1でもですねスロージャーナリズムというものを扱いまして紹介しました まあその中でポッドキャストはスロージャーナリズムに向いているんじゃないかということでですね
やってきましたが改めて この番組はスローポッドキャストですよということで打ち出していきたいと思います
あのまあエピソード1でですねスロージャーナリズムにポッドキャスト向いているんじゃないかということを話しまあアートワークを
作って配信した時にですね なんかアートワークにちょっと言葉を入れたくて番組名以外にね
実はスローポッドキャストっていう風に入れていますシーズン3になってからですね ただどこでもその言葉について説明を今までしてなかったんですよ
で改めてちょっとスローポッドキャストっていうものを自分の中で見直したいなぁと思ってですね まあググったところ自分の番組が出てくるというねあれこの言葉ってないんだっけ
と思ってあそうか俺が作ったんだというところもあってですね まあもうちょっと探せばまだ海外のとかあんま探してないんですけどもとりあえず
国内ではあんま言ってる人がいないなと まあちょっとそういうことでスローポッドキャストという形で改めてやっていきたいと思いますこの話もね
ちょっとしたいんですけども今日はですね あの冒頭にも話した通り日本ポッドキャスト協会で募集をしています
共通トークテーマ新社会人についてお話をしていこうと思っております 自分の新社会人の頃の話であったり
03:01
今年4月この4月に新社会人になった方へのメッセージ なんかも話したいなと思っておりますが実は今回このトーク
もうテイク3ぐらいなんですよなんかねー 録音したんですけど1回なんかしっくりこなくて
なんかなんか違うなぁと思ってもんと話そうかなぁと思ったぐるぐるぐる回って今もう 何週間回って今真っさらです
結構真っさらでちょっと思いつきを交え話していこうかなというふうに思っております ということでまず曲をですね一曲流したいと思います
フランスのアーティストですエコートでグッドモーニング
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
06:00
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
me
はいフランスのアーティストエコートでグッドモーニングという曲でした ということで
はいえーちょっと 今日はですね前工場もいつもと変えたので結構
取り直しております それを抜きにしてもちょっとね取り直しをしておりましてですねなんかちょっともう
なんだろうなちょっともうちょっと肩の力抜いていいやろうなと思ったんだけどなんか 今回からでちょっと間が空いたっていうのと最初の
喋るセリフを変えたというのなんかダブルでですね なんか固くなってですねで話もちょっとねもう固くなりすぎちゃってちょっと
ぼつりました なんてこともして余計遅くなって余計プレッシャーがかかるというね
悪循環 もうダメねダメなパターンですねはいということで1ヶ月半ぐらい
開いちゃいました前回はあのゲストを迎えしてのトークだったりしましたけども楽しく できましたねはい
で今回まあちょっと共通トークテーマ まあ日本ポッドキャスト協会というのも私が主に動いているんですがまぁそこでですね
他の協会員というか皆さんからやっぱり話すネタに困るということでですねなんか テーマ出してもいいんじゃないかと
09:05
まああのアンカーさんとかもねあの毎月毎月テーマ3つ4つ出してくれてたりするので まあネタがないという方はその辺から探してですねやるといいんじゃないでしょうかで日本
ポッドキャスト協会としてはですね 共通トークテーマとして出させていただいてて
応募フォームも置いておりますで話したエピソードの url を送ってもらったらですね 協会のホームページで新社会人についてこれだけの番組がいろんな話し
てますよっていうのをですねページに出していきたいなぁと思っていますで3月4月 もし月も終わると思いますけど3月4月新社会人というテーマで今募集をして
もうすぐ締め切るとでえっと4月5月のトークテーマもあります 4月5月募集をして5月末に締め切ろうと思ってますがこちらの共通トークテーマが
緑ひらがなで緑ということでもうかなりどうとでも取れる幅広い感じですけどもまぁ 一緒に緑の日っていうのがねゴールデンウィークにあったりしますけども
はい緑というトークテーマを募集していますのでその辺もよろしくない私もちょっと1ヶ月 半開いちゃったら5月過ぎちゃうのでできるだけ早めに今度は
共通トークテーマ話そうかなぁと思っております入っていうことで1ヶ月半ぶり まああの途中アフタートークとかはですねサブスク登録をしている方向けには配信して
おりますが 本配信としては1ヶ月半分ぐらいになっちゃいましたすいませんねということですね
はいということでやっていきましょうでまぁちょっとスローポッドキャストというのはですね はいちょっとさっきも説明しましたけども
ファストの情報じゃなくてスローっていうのはまあ受け取る身としてもね スローな気分で受け取るとなんか入ってきた情報
まあね速報とかに反射神経的に反応するんじゃなくて 一度ちゃんと自分で吟味する癖をつけたいなというのもありますしねやっぱ考えて
発信したいですし発信するとしてもですね とにかくいち早い情報をというものではなくってですねちゃんと考えてから発信したいと
まあ人間はですねあの考える足であると言いますよね あのパスカルですね
人間は自然の中でも最も弱い一茎の足に過ぎない だがそれは考える足であるということですね
考えることを放棄してしまったら人間じゃないのでですねはいそういう意味でもスローポッドキャスト というのを私もテーマにしていこうと思いますこれは
何でしょうねランキングであったり視聴者数 ねそちらは見ちゃうと気になるんだけどそこじゃない
12:01
一番はそこはやもちろん増えた方がいいし たくさんの人に聞いていただけると嬉しいんですけども
そこが一番じゃないぞと自分自身の生活をですね情報との向き合い方を見直すために だからこのポッドキャストで自分の意見をちゃんと発するということをしてですね
自分の言葉で話すっていうのもね大事じゃないですか ほら勉強を人に教えるとなんか覚わるっていうのがあるでしょう
だからねこの自分の言葉で話すとなるとやっぱりちょっといい加減なことも言えないので ちょっと調べると自分で話したことによって責任も生じるわけですからね
話すことによって情報とちゃんと向き合うそれがまあ自分の生活を少し豊かにするん じゃないかなというそのような
はいポッドキャストを目指しておりますということでこんなとこでいいですかね
はいということで今回新社会人なんですけども私が新社会人になった時って まあいわゆる氷河期といい奴だったんですよ
あの就職氷河期ってやつですねちょうどねあのバブルっていうのを聞いたことありますかね ちょっと今の若い子にはわかんないかもしれないけど
バブル世代っていうのがあってですねこのバブルっていうのは何かっていうと一時的に日本の景気が むちゃくちゃ良かった時期があったんですよ
日本だけじゃないですけどねまあ経済がむちゃくちゃ良かったんですけども それはある意味見かけだけの景気だったんですよ
なので泡のように中身はないんだけど見かけだけ膨れ上がったのが パーンと弾けちゃったんですよね
うんでそれをバブル崩壊って言うんですけども いわゆるバブル崩壊後の1993年から2005年卒業の頃に就職活動をしていた世代
というのを就職氷河期世代と言います はい私はその真っ只中でしたこのあたりはですね
失われた世代とかロストジェネレーションなんても呼ばれたりもするんですけども いわゆる有効求人倍率ですねあの求人倍率が1を下回ったんですよ
1を下回るってことは就職したいって思っている人よりも求人が少ないということ なので
はい全員が就職できないって話ですよね全員が就職できないって言ってもまぁちょうど1だと しても言ってもいい会社にみんな行きたいと思うのでやっぱりいい会社はすごく
殺到してね まあだから選ばなければどっかに行けるけどね1だったら
15:03
選ぶと行けなくなることもあるとでその1を下回るということでですね 2005年まで2006年にようやく1を超えたっていうことなんですけどもね
で新規求人倍率1998年は一番悪くて0.9まで下がったと いうことですねその頃ですね就職氷河期というのがですね
1994年の第11回新郷流行語大賞ですね審査員特選贈呂賞を受賞するという夏へ嬉しくないです けどもね
で1994年にそういう言葉が流行語大賞として選ばれましたが新郷流行語大賞としてね 私の就職時期が1995年かな確かそれぐらいだったと思います
はいでまぁちょうど1993年ぐらいからバブル崩壊って言われてですね 2005年まででその後も2009年2010年あったりがリーマンショックっていうものがありましてですね
自分が就職してから景気がいいっていうのを経験してないんですよ 景気悪いことしか就職してから経験しなくってまた今の人たちもそうでしょ多分私の世代の
から後って そんなむちゃくちゃ光景気ってなかったと思うんですよ
いやまあ普通にやってるっていうことだと思うけど普通がもうそんな良くないじゃない ですかねでまぁ今で言うとさねそんなに期待してもだからもう
なんだろうな cm なんかもねだから自分たちが就職前ぐらいかな大学生ぐらい時とかだと バリバリ働くとかさ
24時間働けますかみたいな cm があったりとかそんな時代だったんですそれが普通の 時代だったんですよ
けどもう 言っても景気良くないからさ頑張っても売上なんて上がらないわけですよ
頑張っても頑張っても別に上がらないんですよ景気悪いからね けど私が就職した時の
2年3年先輩とかってバブルを経験してたりするんですよ どういうことかっていうとだから自分時は就職なんその
ちょうどくねバブル崩壊の景気が悪くなった これともう一個ねあの
ベビーブームっていうのが昔あったんですよ戦後ね戦後あの子供が増えた時期 ねその子供が増えた戦後のベビーブームが親になってちょうどその親たちの子供が
第2次ベビーブームってなかったんですね そのベビーブームで生まれた子たちがちょうど大人になって子供を産んでだからその時も子供が
多かったんですよ私それも全くなかったんですよ ちょうど第2次ベビーブームの時に生まれております
18:01
で要は世間がねバブル崩壊によって景気がすごくそれまで良かったのに パーンと弾けて急に景気が悪くなったところの状況の中で子供たちが多い
就職する希望者が多いっていうダブルなんですよ そのダブルの要因でちょうどすっごい就職しにくかったところだったんですよね
うんそんな中の就職だったのでもう全然大変で まあと言ってもさほら当事者はよくわかんないじゃないね
だからもう私なんかもう結構バイトとバンドに明け暮れててですね ちょっと就職活動を遅れたわけですよ
遅れながらもマスコミというのかなあの広告代理店に最初入ったんですよ うん
広告代理店いいなーって思っていいなーって思った理由もその時バイトがね バイトをしてたんですけども
バイトで名古屋って喫茶店が多いんですけど喫茶店に漫画本をレンタルするっていう仕事があったんですよ
そう あの喫茶店に置いてる漫画本ってあの喫茶店の人が買って置いてるやつもあるんだけど
ただずっと同じのが置いてたらさお客さんが飽きるでしょ コミック本ねあの週刊誌じゃなくてコミック本を定期的に入れ替えるっていう
月に1回とかかなもう漫画本を置いてるのをごっそりで買えるっていうレンタルするっていう 仕事のね
配達員っていうかなその入れ替えをするために車にね いっぱい漫画本を積んで愛知岐阜見栄ぐらいかな
を回っていろんな喫茶店を入れ替えていくっていう仕事をバイトをしてたんですよ でこのバイトの特なところは休憩時間はお昼とかね休憩時間なんかは漫画読み放題
なんですよ 後ろにいっぱい乗ってるから次に運んでいくやつもね
でまぁ いろんな喫茶店に行くんだけど喫茶店ごとにね前回どういうのを入れたのかっていうねあのできるだけ
同じのが被らないようにっていうのあるんだけど だから漫画読み放題でその時にねあの企画ありっていう
漫画本を読んでねちょうど就職活動せなあかんなーっていう時期に これで広告代理店の話だったんですよ
で面白いなと思っちゃったんですよ面白いなって思っちゃったって言うと変なんだけど あのね自分の親父がね職人だったんですよ左官屋っていう左官業
家建てる時に壁を塗る仕事だねコンクリートで壁を塗るような仕事 左官屋だったんですよでまぁ親父とそんなに反りが合わなかったと思って絶対職人には
なりたくないと思ってたんですよ 普通に一般の会社に入って働きたいというのがまず
21:03
あったんですねけどどこがっていうのはまだそんな決めかねてた うち議員も就職活動に入ってたんだけど
ただなんだろうなイメージ的にね なんか売らなきゃいけないものがあってノルマがあって
とりあえずもう 持ってる商品を売ってくるっていうのがなんか嫌で
企画ありっていう漫画を見てたら売り物がないんだよ自分にはね 会社にはね売り物がなくってお客さんとの中で話の中でお客さんのニーズを拾って企画を作って売る
つまり売るものがなくって自分で企画っていう売るものを作って売るんだっていうのが なんか面白いなって思っちゃったんですよ
であー広告台店いいなぁと 就職しようと思ったらいわゆる広告台にもマスコミっていうねテレビ局とかまあそういう
アナウンサーとかもそうだけどいわゆるマスコミっていうジャンルになってまあ 人気の職種なわけですよ
で若干人より遅れてその頃はね就職なんていうのあったんで 結構その
大学3年ぐらいとかからねみんな動いてたんだけど全然 本当4年になってからようやくぐらいなかなかでも遅かったんですよ
マスコミって結構早かったんですしかもね であの今だとねあのあんまり早すぎたらあの企業側が取る
その就職リクルート活動したら目とかいうのはあるんだけどその頃そんなに まだルールが甘かったんで
完全に出遅れてですね まあなかなか決まらなかったですよでまぁマスコミだけじゃなくて
普通の一般企業とかも受けたりしてたんだねけど全然決まらなくて決まんねーと思って たら
大学の就職からなんか電話がありまして家にですね あれ電話が乗ってかけてくるんだと思って
君なんか広告代理店とか受けてたよね まああのどこどこに面接に行きますっていうのがここに報告しなきゃいけなかったからね
うん一見ちょっとあるんだけど面接してみないって言われて をもうしますもうちょっとそろそろやばいんでつって
でその大学の近くの喫茶店に呼ばれてそこでその広告代理店の人 支店長が来てですね
で まあ喫茶店でコーヒー飲みながらなんかいろいろ話をしてまあ
なんか作文を書いてこいって言われたんでうんまあ 何だろう知らないかしらったけどさ
あのまあ広告代理店にどうして就職したいのかっていうことを作文に書いて持ってたん ですよ
持っててそこ行ったらパーッと向こうね目を通してね 雑談とかした後にじゃあ一応採用ってことだからって言われて何のへっ
そんな風に決まるのと思ってそこに決まったんですよねはい でそこ11年
24:02
勤めましたはい 電話広告代理店ですよ
要はまあ某大手広告代理店ほど厳しくはなくにあんねなかったんでまぁ本社は東京 だったんだけどまぁその名古屋支社で
社員がね私含めて4人 っていう支社だったんですよ
あの本社東京でまあ大阪とか福岡とかにも支社があったので全社的には80人ぐらい だかな
そんなかで一番ちっちゃいのが名古屋で4人しかいなく4人って言っても 社長がいて社長の奥さんが経理をやってて
で先輩と私みたいな感じ先輩と私は人と違いぐらいな感じだったんですけど ぐらいな感じの職場関係だったんですね
でまぁまぁ先輩はまだ1個上だから私と同じにあんまり後継機は経験してないよね めんどくせーなが社長だよね完全にバブルとかを経験してるんで
でたまに少ないんですけど他の視野と一緒に出張行くとことかあったんですけど その頃になると
8私の本当に何年か上の先輩とかもうバブルを経験してる人ね このバーブルの時の就職活動ですごいのよだから自分の時は求人倍率1以下
だからもう 企業は人材をまあ来た人から選ぶ
でもう受ける方がどっか受かるとこないかなーって感じでしょ でバブルの時は求人が1より上で今日は取り合いなわけですよ人材をね
で景気もいいからただ人材がいないとかじゃなくて景気も良くってもう人がいたら 売り上げがあるみたいな時代だからさ
あの接待みたいなことがあるのよ就職活動で学生をだよ会社が学生を 接待みたいなことしてどっかにおいしいもの食べに行ったりとかね旅行に行ったりみたいな
就職する前にそれで家の会社にもないてそのまま来てもらおうみたいな そんなのを経験してしかも会社に入って景気がいいから頑張れば売り上げが上がるのよ
ねもうあの全然その感覚わかんないんだけど頑張れば売り上げがある だから売り上げ上がんないのは何やってんだかもうサボってるとしか思えないぐらいな人たちが
私たちのちょっと上の世代 だからねあの話が合わないわけですよ
ぶっちゃけねでしてんちょー まあ社長が名古屋の社長もまあ全然パブルを経験しててまあ一人で事務所を切り盛りして
て2人出たわけですわね私の先輩と私と で
まっけどもうアブラ弾けた後だからサーブや気ががんだわけだよねなかなかね ああでまぁまぁ毎度まぁ毎日のように神々神々言われるっていうね中で
27:01
こんなこと言ったって上がるわけねーじゃんみたいな感じもありながらねはい その後ねあの私実は11年もいるとは思ってなくあのもうすぐやめたかったんですけど
ただほら石の上にも3年っていうのかな うんやっぱり
a まあなんか違うはここ嫌だなぁと思ってもねあの結局仕事の内容っていうよりは人間関係で やだなぁと思ってもやっぱり
3年ぐらいは経験しないと良さとかもわかんないなぁと思ってとりあえず3年我慢しようと思っ たわけですよ
うーん3年経ったらやめてやろうと思っていたんですね うん
で3年経った頃ね3年経った頃ねそっと名古屋はそのシャア 自分としては売り上げはなんとか前年比守ってたぐらいな感じだったんだよね
けど会社としては良くなくってうん で
社長が変わりました うーん
その社長が辞めたんじゃなくて社長が降格して 上に違う社長がね福岡から来たのかな
うんであと大阪からも一人増援できたりとかして 人事が変わったんですよ3年でやめようかなっていう時にそれでもなんか会社のなんかその人
が変わったからさ で事務所も引っ越したわけよで
なんかそのごたごたがあってさ完全にやめるタイミング見失っちゃってさ そっからやっぱり体制が変わってね
ほら今まで一人の社長に対して経理は覗いたらもう2人がさ新人 ね1年違いの2人がさ若造がさ
a ま なんか振り回されながら離れてたのがガラッと変わってちょっと組織として変わったわけよ
そこでなんかまた新しいことを覚えなきゃいけないしやり方とかねあ今までのやり方 ってなんか独特だったんだとか思って
でなんだかんだしてるうちに5年ぐらい だから入社してねそっからまた2年ぐらい結局3年でやめ損ねて5年ぐらい経ってさ
大なのなんか 来ちゃったなぁと思った頃に
ちょっとね仕事の面白さがわかってきたんですよ いやすごいものでうんやっぱねえ
やっぱあの1年ゲージわかんないことってあるじゃないですか でその頃もう猫ネタてるけどずーっとしたっぱだったんですよ
そこでまたね人事が変わってうん そう少し増員があったり後輩が入ってきたりっていうことがあってね
で自分もちょっと仕事の面白さがわかってきて なんかねー
あの 自分のやり方みたいなのがねその頃ですよ広告代理店だったんですけども
30:05
8 google のアドワーズ広告っていうのがあるじゃないですか今今オークション式でとかちょっとあるんです
けどその頃全然まだ google 自体が知名度がない頃だったんですけど すごいまあこれは今もそうだけどすごい新しいもの好きだからさ
そういう google の広告があるね検索エンジンのでその頃ってパソコンもね会社に1台しかなかったん
ですよ 会社に1台しかなくて
誰かが使うんだけど大抵私が使ったんですよ 雑務やらされる資料作りとかね雑務をやらされてたんだけどそんなかでインターネットに
接続していろいろ調べ物とかもしてたけど まあ昔だからさ
ずーっとなんかネットでもう別にメールを送ったり仕事してるんだけどもう会社にいるイコール まあ営業だったのね営業職だったから営業職は外に歩けたり外に出ていけと
お客さんにところ行ってなんぼだっていう世界だったんですね だから社内で
パソコンに向かってなんかやってると遊んでると思われるんですよ いやいやまあちゃうやん
お前が作れていった資料を作ってるんやんっていうな 何お前ずっと社内でパソコンして遊んでんだいや違う仕事してんでんって
お客さんからもメール来るやんみたいな感じでネット使ってんの自分ぐらいだったんです 最初ねまぁ後からもちろん1人1台になってきたけど
で一人1台ワープロあったんだけどねネットに繋がってないワープロね ネットに繋がってない1台だったんですよでいろいろやりながら
っていうまあインターネットっていうのが登場してね で広告代理店てさそのお客さんまあ広告を売ってたのね要はね
新聞とか雑誌とかそういうところねまああんまテレビとかラジオはちょことしかってなかった かな
新聞とか雑誌とかので広告を売ってたんだけど インターネットっていうものがさ
ほらもう企業がそのメディアとか媒体通さずに直接ご客さんにアプローチできるわけよ ね
だから広告代理店ってもう存在価値なくなるんじゃないかなと思って すっごい危機感を覚えたのね
うーん 危機感を覚えてでまぁこれ今も一緒だけどインターネットってどういうもんなんだと思ってだから
こそ使ってみてで 自分でも家でもパソコン買ってマックをね
ホームページっていうのに作ってみよう作んなきゃわかんねーやと思って作ってみ たりとかそういうことをしてたら
いやこれ面白いなぁと思って 最初は入り口としてはこれは広告代理店いらなくなるなぁと思ったけど意外となんかこれ
新しい世界だな面白いなぁと思いながらね ただそんなに会社でも本当に1台しかないし家でもそのね家族で1台だから
メインで使えるわけじゃないし けどなんか面白いなぁと思っていた中でその google の広告っていうので
33:06
社員がだからその頃はうんと名古屋市は5人ぐらいいたかな 5人6人いたと思うんだよ
でそんなところに a 東京から google の営業が来てくれてですね
はい google アドバース広告っていうのですね 問い合わせをしてたんです私が
問い合わせして実際広告も出向してたんですよ そしていろいろ問い合わせとかしてたのでなんか一家を邪魔したいんですけどつって来てくれて
google の方かですね けどその頃まだ全然 google って知名度がないところだから
8さっきコンビニで領収書書いてもらったら株式会社ぐるぐるって書かれましたみたい なんで本当にそんな
もう今だったら考えられないじゃん google つらをあって一目置かれるだろうに あの google でお願いしますって言ったぐるぐるって書かれたっていうね
その方も全職マイクロソフトって言ってたかな やっぱそういうねところででちょうどアドバース広告ってことをやらやり始めた
頃で google がねどういう広告かっていうと 8今ね検索すると上とか横とかに今横はもないか
ね検索結果の上とかね下に広告っていうのが入ってくると思いますであの広告の 順番でどういう風になってるかっていうと
8出向するお客さんがねこれお客さんが代理店通さずに直接出せるんですけど広告を ねお客さんがワンクリックいくらっていうのを決めれるんですよ
でキーワードによってねえまあその金額の相場が違うんだけど このキーワードに対してワンクリックいくらっていう風に設定してただ1日の上限これぐらいって
設定してそれを超えそうになったらもう表示しないみたいなことができるんですね その表示する順番というのがワンクリックいくらっていう値段をつけたのが高い順に
出てくるんですよ ねお値段からオークション式って言われるんですけど
高い順に出てくるんだけどそれだけじゃなくてもう一つ要素があって その根付けの高い順+クリック率が高い順
そうだから金額得やすくてもよくクリックされる広告は上に行きやすかったり そうだから金根付けの金額かけるクリック率みたいなやつを掛け合わせで順番が決まりますよ
っていう広告なんですね で
まあいやその頃はさあの広告といったら新聞とか雑誌のここの枠に広告出しませんかっていうような レベルの世界だったので
えっと全然ちょっとわかりわからない人が全然わかんないだから自分の会社でも8社内で えっとこういう広告なんですって言ってもいいよくわかんねーっていう風に言われて
で こっから広告を出すのグーグル
ね広告を出してもあの 取り分がなくてさあのお客さんも直接広告出せるから金額いくらってもうバレバレなわけよ
36:09
で広告代理店としてはね利益取らなきゃいけないから まあその頃はねだから
お客さんに対してこういう風な方レポートもしなきゃいけないからね 8ワンクリックいくらで出しますとただそれだとうち利益ないんで何パーセントの手数を
載せさせてくださいねって形でやってたんです でただ代理店登録っていうのをグーグルにすると実際の金額から5%とか10%だったと思うん
だけどあの 一応利益マージンくれるっていうのがあったんですよ
で別にノルマもなく代理店登録っていうのをすると a スーパーセント利益がもらえるっていう形だったですね
でねお客さんの出向に上乗せして やってただ5%じゃ足りないから
上乗せしつつ利益欲しいじゃないですかだからあの本社とかに連絡してあのグーグルと グーグルっていう会社とあの代理店契約したいんですけど別にノルマとかないらしい
ですし登録料とかもないんですよ リスクなくただ単純に利益が上がるんで登録していいですかって言われたら
ちょっとよくわからんとそんなよくわからんとことを契約して大丈夫かって言われてや大丈夫も何も あの契約しないと利益少ないんですよって言うんですけど
全然認めてくれなくて実はそれ契約するまで半年かかったんですよね みたいなことがありまして
て何とか契約しましてですね やってましたねはいで元もはそのインターネットの登場が広告代理店ていらなくなるんじゃ
ねーっていう危機感があったんですけど ある時ねお客さんから言われたんですよ
あの やっぱりややこしいからそのグーグルの広告もそうだしそれだけなくてインターネット自体がやっぱり
まだよくわかんないとだからこそその情報を わかってる人が間に入ることって重要だから今までのその広告枠だから
プラットフォームを抑えてさここの新聞のこの枠持ってるんですよ買ってくれません っていうのでそれこそ後継期な時はみんな広告を出したいから
ここの枠持ってんですよ出してくれませんって言ったら大田したしたい出したいって いうのはあるじゃないですか
けど景気が悪くなってきたらここの枠持ってるけど誰も出したがらないとやっぱりあの 景気悪くなると結構広告費って真っ先に削られるとこなので
あの枠が余ってくるんですよするとそれをただ売りに来る代理店っていうのはそっちの方 がいらないだろうと逆に新しいインターネットっていうものにどういうふうに広告を出せ
ばいいのかっていうのはお客さんは自分で調べることはできるけどもそんなとこに時間かけてらんないと そういうノウハウを持ってちゃんと間に入って
39:11
わかってる人間として説明してくれて出向の相談に乗ってくれるところは今まで以上にいるんだよと そういう人間がで
だからこそインターネットが出てきて広告代理店が不要になるんじゃなくてますます必要になるんだ っていうのをお客さんから教えてもらいまして
いやーだから社内ではさえグーグルそんなところ契約して大丈夫かみたいな 世界でですよ
社内で全然相談できる人がいないん でお客さんからあのそういうふうに言われ
a そうかこういう仕事って必要なんだっていうねことを持ってはいやりましたね
という形ですね結構苦労をしながら働いてきました はいで
就職氷河期に就職してまあとはいえ景気が悪かったので結構苦労をしながら働いていたんですが
何でもこの頃な時代頃なぁ2020年からですよね頃なになりまして ほら内定取り消しとかそういうスト確かにあったなぁと思ったんだけどだから今ね
あの就職なんでやっぱり 第2の就職氷河期って言われてるんですね
知らなかったんですけど第2の就職氷河期ということで だから今今年新社会人になった人も結構苦労したんじゃないかなぁと
でえっともちろん頃なのであの景気もねまだまだまだまだでしょうから 熱特にリモートが増えちゃってるからね
会社に行って教えてもらうっていうのが今まで通りできてるっていうことはないかも しれないし私なんてもう最初の1年とかねずっと助手みたいな形で1年長すぎるだろうと思い
ましたけども先輩にずっとついて法上的な仕事してましたけどそういうのもないだろう しね
仕事の仕方自体もねリモートになって変わってきて多分自分の先輩とかも初めてのことで わかってないとかねそういうところだからきっと今の人たち大変だろうなと思って
ねただあの自分も就職氷河期だったので自分時も バブルが弾けてまだ間もない
だからバブルの頃の記憶がある人がお客さんにも車内にもいてっていう状況だったん である意味で狭間だったんですよ
あの多分私から何年かあと5、6年後の人だったらもうみんなスケーキに慣れてきたっていう ところだからもう何だろうとにかく働け
お前が頑張ってないから売上がんないんだっていう状況じゃなかったと思うけど自分たち の時はまだまだなんか上の人も景気が悪いのは一時的なものだろうと思っていたり
42:03
でこれただ単純に頑張ってないから売上下がってんだろうっていうふうに思ってる人が 多かったのね
想像以上に多かったのね だからきつかったんですけどで今のね就職なんの人たちも就職した人たちもこの
コロナっていうものがね結局ほら 2020年なった時もさあのなんかあわよくば半年ぐらいで収束するんじゃないっていう感じの
雰囲気あったじゃないですか ねでもちろんそんなすぐ収まるわけないじゃんって人たちもいたと思うんだけどやっぱり
すぐ収まると思って信じてた人たちもいると思うんだよだからそういう中で就職 だから2020年と今年2022年就職した人ってまだやっぱりまだ世間が慣れ切ってないと思う
のでこのね 経験というか不景気のだからいろいろ狭間で大変だろうなぁと
まだから頑張ってほしいなと思いながらですね 自分のアドバイスとしてはですねあのまあ自分もそんな感じでさっきいろいろ
社内でネットやる人間少なかったでやってとかあったんですけどやっぱりね車内で 車内でもというかですねまあ自分をブランディングしていかなきゃいけないなとは思います
はいそうまずねー まあ今から思うとね生意気だったんだなぁとは思うんだけどあの毎日の
にねなんか社長から怒られてたんだけどあのねもう 薄生なーってのが顔に出ちゃうん
てたんですよね あの昔からねあの人当たりはいいのよ私ね人当たりはいいから
8そんなに馬を荒らすことはないんだけどねあの 食ってかかるっていうのもそんなないんだけど
さすがに毎日言われるとねもう顔に出るのでもともとの人当たりはいいけど反骨心は 結構あってですね
まあ人と一緒が嫌だみたいなところもあってだから就職して会社入ったけどなんか最初 やっぱつまんないからこれ3年ぐらいでやめるなぁとまぁ結局11年いたんだけどね3年
ぐらいでやめるなぁと思ったんでなんだ最初から結構ね 会社と自分は
まあ雇用契約で契約を結んでるんだと ね雇われてるっていう意識がすっごいなかったんですよ
契約だからこれは うんこっちが契約に金食わなかったらやめることもあるし
そっちも必要だから契約してるんでしょっていうのを新人の頃から思ってました 今思うとすっげー生意気なんだけどだからねあの後に独立とかするんだけど
その頃からね独立心はちょっとあったと思います ただ独立する方法とかを知らなかったんでまぁちょっとこの会社でだからその3年我慢し
ようっていうのもやっぱその間に何か学ん坊っていう意識が多分あったんだと思うんですね ねそのままただそこで独立するってことはあんま考えなくってここで何かを学んで次に
45:03
行こうみたいなちょっとあったと思います なのでまずね人としてはですね会社に雇われてるっていう意識はねあんま
持たない方がいいかなとまぁ今持ってない人も多いと思うんだけど会社と自分は所 線
雇用契約っていう契約で結ばれているだけだから 契約内容に不服であればお互いね双方ね
あの破棄してもいいもんだしっていうねはいいう意識だけでこの意識は後々独立する上で良かったかなぁと思います
っていうのと えっとお前自分の日々の仕事の中でねやっぱりねやらされてるってやつ面白くないんですけど
自律的に何か課題を見つけてというか面白さを見つけるっていうのは必要かなぁと ね自分の名古屋車ではね
あの社長が言って先輩1個への先輩がいるっていうだけの状態だったんだけどまぁその 後ちょっと変わったけどね
あの他支社その時ね大阪車に出張で行った時に今大阪車のスタッフとかといろいろ話したり をしてて
大阪のお客さんにちょっと連れてもらったりとかしてたんだけどその時にねやっぱり えっといろんな
営業の方まずっと先輩について回ってたわけですよ名古屋車だね けどその大阪車に行ってちょっと研修みたいな感じだったんですよ
だからいろんな営業の人について営業に回っていってまぁ営業の仕方見るっていうような感じも あったんですけど
その時に思ったのが10人いたら住民とも営業方法が違うわけですよ こんなにも違うかっていうぐらい違うったんですね
まあこれはねあの 広告代理店その自分のいた広告代理店が
まあそうだったんだと思うんだけどもうちょっと大企業とかだともうちょっと違うのか もしれないんだけど
もうまあ多分けどこれは広告代理店に限らず中小企業だったらよくあると思うんだけど もう営業が
個々の情報を共有しなくてもその人しかわかんないって情報が結構あるんだよ だから個人商店の集まりみたいな感じで
うんでそれで営業方法ももうみんな共有してないからもうみんな独特で自分のスタイルで営業してる わけよだからそっから学ぶっていうの難しいな
答えがこれってあるわけじゃないのね で逆に言うとその中でも売り上げのいい営業っていうのいるんだけど
じゃあその人の真似したらうまくいくかって言うとそういうわけでもなくってやっぱりね 自分のスタイルに
ねあってない営業方法は真似しても無理 やっぱりね自分に合うものを探さないといけないと思った
でただいろんな人のやり方を見て引き出しを増やしておくのはすごく役に立ちましたね うん
だからもうこれはいろんなパターンがあるっていうのは認識してそれをまあ引き出しとしてで自分でお客さんに行った時にいろんなと手を試す
48:07
で相手によっても変えたりもするし こういう時にああこの人こうやってたなっていうのがあれば
実際ちょっといろいろ試してでその中で自分に合う営業スタイルっていうのを 見つけないとダメだな
それは誰かの真似ではなくて本当に自分のキャラクターを生かした方法っていうのを自分で見つけ出さないといけないなっていうのを思いましたね
だからもうそういう意味でもいろんな人のやり方を見るっていうのはすごく役に立ちました そうだからねこういう営業スタイル営業じゃなくてもね
やり方っていうのは人それぞれ自分のキャラクターに合う合わないもあるので だからこそいろんな人のやり方を見て自分に合うものを探したほうがいいんかなというふうに思いますね
でその頃ですねその大阪の先輩から言われたのがもう入社してまだ1年2年みたいな段階で
まあ会社にいるとね社長とかからお前利益売上げどうなってんだと 会社の利益考えろって言われるけどそんな入社して1年2年の新人は会社の売上げなんて考えなくていいって言われたんですよ
うん お前らはもう別に会社のことはどうせお前らはそんなに売上げとして戦力として会社はどうせそんなに期待してないと
うんお前売上げ足りねーぞって言うけどどうせ期待してないとまだお前らは成長する 段階だとうんだからとりあえず今はお客さんのことだけを考えると
うんなんか迷った時にこれ会社だったらこうした方がいいんだろうなって思ってもお客 さんがにとってお客さんにとってどうしたらいいのかを優先させろって言ってもらったんですよ
それね結構後々まで結構その言葉って残っていて ある意味ねだからそれまでまあ会社から売上げのノルマが与えられそれをクリアするために
どうしようかってやってたけど一旦度外しにしてお客さんの方を第一優先にして まあこんなん売ってもお客さんにとってありにあんま
メリットないなってものはもう売らない 売るんだったらどうやってやったらお客さんにとってメリットがあるものになるかっていう風に
企画をアレンジして売るって言うね いうことをしていて
だからすごいその言葉って あの良かったんですよただそのね行ってくれた先輩大阪の
社内での評価はすこぶる悪くてですね売上げもいまいちて 結局やめさせられですけど半分
51:02
中羽ねいやけどすごくいいこと言ってたであのすごくお客さんから可愛がられている人 で
結局どっかのお客さんに拾ってもらってそこに収録したんじゃなかったかなだから結局を長い目で 見ると良かったんだと思う
社内での評価悪かったけど多分こっちの車内の問題だと思うけど はいということであの新人の方
あの会社の利益ももちろん考えなきゃいけないんですけどもそれはまあおいおい もう責任がそれこそ役職とかついたら考えればいいんで役職がつくまでは会社のことよりも
お客さんのことを考えるといいんじゃないでしょうか はい
あとですねまあ自分もまだちっちゃい会社ておば大きい会社がちっちゃい会社関係なく だと思いますけど
やっぱり会社の中で何かで一番を目指した方がいいと思いますまあ自分も よく年日ねそうだね
あるじゃないですか自分の強いストロングポイントを見つけてみたいなやつとかと思うん だけど
あのやっぱりね何かで自分が一番を目指した方がいい それは例えば会社の中だったら会社の中って小さいところでまず一番とかね
で8その後 同じ業界の中で同じエリアの他社も含めてこれがこれだったら負けないみたいなやつとか
ね作ってた方がいいと思って ただその入社してまもなくっていうのはあのそんなすぐねあるわけじゃないんじゃないですか
武器とかがねで自分としてはまず一番最初に行ったのは朝の挨拶 会社入ってきておはようございますって朝の挨拶
とりあえず a 自分が一番大きい声だそうと一番大きい声を出すっていうのをやったんですよ
自分そんなにででしゃーばりでもないんだけどなんかで一番にならなきゃいけないと 朝のインパクト
やその頃にみんな朝眠そうな感じだったんで この挨拶だけは一番になろうとかいうのねそういうところから始めて
で後々にそのネットもう結局みんなネット上からもうここはもうじゃあ俺ん 一番になろうと思って
やったりしてましたね結局グーグル読んだりね しましたけども開けてグーグルからそのワードワードの屋根で初めの頃
で問い合わせしてまあ広告出向したんだけど これってあだから大きな代理店とかもあらかじめ挨拶とか言ってたんだと思うんだよで
こうアドバースコークの説明とかしてたと思うんだけど自分その頃社員 仕事になったからさそんなところにわざわざなんかまあ
もちろんねなんかのついでに来て でこれってこうこうこういう仕組みなんですよねっていうことを聞いたらそこまでわかってる人って
なかなかいないですって言われていい気になってたんですけど
やっぱりまあ今でもあれだけどやっぱりそういうギークなの好きだったからね多分でそう 月だったのとも素養があったんだと思いますけど
はいそういう意味でもまあこのとりあえず自分の会社名古屋車だけじゃなくって だからその頃は本社大阪車福岡服も含めてこのアドバース広告とかネットグーグル広告
54:13
に関してはもう社内で一番になろうみたいな感じでね やってたりしましたねはい多分一番になってたと思うその時はね
ということでまぁあのまず車内で一番を何か目指してください はい
でその後かな入社して10年ぐらい 立ったぐらいかな
ポッドキャストを始めたわけですよ 広告代理店なんでまあまあそんな暇はなかったんですけどいつも夜遅かったような帰り10時
11時とかなってたと思うんですけど だから帰ってその頃ねー
10年ぐらいでしょ子供が生まれたぐらいだったので もうねとりあえず子供と一緒に寝る
熱化せもしながら寝て でやっぱ時間は欲しいので
ポッドキャストやり始めたんでその頃ねだから11時 10時11時ぐらい帰ってきてご飯食べてまあ子供までからちょっと早めに帰って
から11時12時ぐらいがもう寝ちゃって 12時はないか11時ぐらいに寝ちゃって
23時に起きてポッドキャストの編集をするってことしてたんですよ で録音はそうそう
ipod にマイクをつけた特に最初の頃ね 柄系でもやってたけど ipod にマイクをつけて録音したんで
仕事中ですは録音はお昼休みとかですね
営業車で移動してたんで営業車グループとか車止めて営業車の中とか そういうところで録音してました仕事の合間に録音をしてで帰って
子供と一緒に寝ますとで23時に起きて録音してきたやつを編集する で配信して会社に行くみたいなことをして
その頃だからショートスリーパーを目指そうとか思ったりねでとりあえず早寝早起きを して時間を作ってました
これはねなんか それもそのなんか本読んだんだな
23時に起きて時間を作るっていうのね誰かがやってるのを見て真似してやってみて あの時はまだ元気だったね2時間3時間の睡眠で
やってたんでけど座って無理やりにでも時間作らないと新しいことできないなぁと思っ てやってましたね
うんでだからその入社して10年目ぐらいでそういうポッドキャストをやり始めて やってたんだけど結局それがきっかけで転職したからね東京の会社に名古屋に見ながら
うんこのヘッドハンティング的な 形で人生変わりましたよ
57:02
だからね日々仕事するだけではなくってとりあえずの別にね仕事にしようと思って ポッドキャストやってたわけじゃなくってね
まあ単純に面白いからっていうのもあって本当に趣味の一環 ポッドキャストで何か儲けようとか全然考えなかったんです趣味の一環でやりました
けど けど睡眠時間削ってその頃一生懸命いろいろやって
それこそアップルストアでイベントとかもやったりとかしてはい うんと思いっきり遊んだのでまあまあそれがこうそうしてというか
それがきっかけで転職できたんですよ で人生だいぶ変わりましたあの転職して多分年収が200万ぐらいは上がったんじゃ
ないかな最初の高校大典が安かったからね そうだから
年収上がったじゃんと思ってだからマネタイズくなるね あの日小銭を稼ぐよりも全然良かったんで
あの全然マネタイズは成功したなぁと思っていますけど全然元取れてると思うん だよね
はい なのであの新社会人の人へのアドバイスはですねまあ特に最初の頃は忙しくて何かいろいろ
ね他のことできないかもしれないですけど仕事だけじゃなくてねやっぱりね あの時間を見つけて趣味なりなんなりをですねやるといいです
好きなことをやるといいと思います
それは仕事の糧にもなるかもしれないしね ならなかったとしてもどう人生転ぶかわからないのでぜひ仕事だけに追われるのでは
なくって遊ぶことも頑張りましょうということではい
はいということで思いつくままこれから新社会人となった方々へ アドバイスとなればいいかなぁと思いますがいかがでしょうかねまただね時代が
違うんで もう私その頃はもう何年前自分が新社会新社会人になったよりも
社会人になってからの年数の方が超えてしまいましたのではい 直接役に立たない部分もあるかもしれませんが何か役に立ったらいいなと思います
はいということで曲をですねもう一曲流そうと思います前にこのアーティスト流したこと あるんですがアメリカのアーティストですサミーオーバーで
ワークンプレイ
me me
me me
1:00:01
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me me
me
はいサミーオーバーではワークンプレイという曲です はいということで今回は共通トークテーマ新社会人についてお届けいたしました
次の共通トークテーマ緑の方も話さなきゃいけないなぁと思いながらですね あのまだ全然思いついないです
まあただね早めに話さないとなぁと思ってますがちょっとまた考えていきたいなぁと思っ ています
で8後いろいろポッドキャストですね 試しています1回増やしたポッドゲストを削減したんですけども
1:03:00
またちょっとね色々遊び始めています まあ相変わらずアンカーの方はもう完全にミュージック&トークやっております
ミュージック&トークを 毎日やってて
最初の頃2日に1回ぐらいがやってたんだけど なんか毎日配信する人が出てきてね
これじゃ負けると思って 実はねそんなのもあって自分毎日にし始めたんですけど毎日配信して
た人がどっか途中止まっちゃって あれを止まっちゃったと思って
だから今で毎日配信してる人はいるかなぁ ミュージック&トークとしてはねいないんじゃないかなぁと思うけどどうでしょう
まあ海外だったらいるかもしれないけどね日本では ミュージック&トーク毎日はいないんじゃないかなぁと思うんですけどね
と言いつつ今年に入って2日ぐらい飛ばしちゃいましたけどまぁその辺全然ね でただ音楽を中心とトークを中心というのを大体半分ぐらいずつやってたんですけど
ちょっと先月本当忙しい中ね選曲が厳しくなってきて プラスアンカーの解析見るとさ
スポティファイで聞いている人が3%とか4%なわけよ 今また3%です
3%だからさミュージック&トーク音楽付きで聞いている人ってあんまりないわけ 今どういうふうにしてるかというとミュージック&トークで音楽付きにするとスポティファイでしか流れないので音楽なし
のバージョンも作ってます で音楽付きを流して音楽なしも
流してます頭にミュージック&トークって書いてあるのがスポティファイでしか流れない音楽付き でスキップミュージックって書いているのが
全部に流れるやつだからスポティファイの中では音楽付き音楽なしが 両方1日に2回更新されるという形なんですけどねで8
アンカーのねあのなんか機能ではワードプレス.コムっていう ブログサービスというのがな
そこに連携するようになっていて毎日だから音楽付き配信して 審査があるんでちょっと時間があって待たなきゃいけないんだけど審査通ったら
音楽なしも配信してその配信したのはあのワードプレス.コムに投稿するっていう形を してるんですよ
ワードプレス.コムの方に そこで聞けるのはねその場で聞けるのは音楽なしが聞けるのでそこでスポティファイ
を立ち上げると音楽ありが聞けるんだけどそこのワードプレスに出てくるプレイヤーは音楽なし なんでそこに流した曲のプレイリストか曲単体を記事の中に貼るようにしてね
そこでも聞けるようにしたりとかしてますでやっぱりね ワードプレス.コムに投稿するようになってから視聴数は伸びています
1:06:04
ただそのアプリじゃなくってページでその時に聞くような人が増えているとは思うので ますますスポティファイで聞く割合が減るっていうね
感じはあるんだけどまあまあまあいいやと思いながら検索性もあるしねさて書いた方 がねと思いながらね
はいでそのワードプレス.コムで投稿するときに twitter と facebook とタンブラーに同時に投稿できる機能が最初からってね
だからそれで同時に投稿したりみたいな感じでしてますね なのでちょっとミュージック&トークはそんな感じなんですけども
曲中心トーク中心半々でやってきましたが 今はもう
もうトーク中心でいいやと結局みんなスポティファイで聞いてないんでしょと思って と曲を選んでプレイリストの順番を考えそれをもとに話して配信
というのの コストが結構高くて
あのトークの方が楽だっていうのがね最近ますます感じております忙しかったんで だからちょっと今トーク中心特に平日はトーク中心になってるかな
で金曜日だけあのまあニューミュージックフライデーという形で新曲を流すっていうのを 金曜日だけねちょっと音楽中心でやってるかなっていう感じでいますね
あとを流したい的には 音楽中心がポンと入ってきたりすると思うんですけど大体今
トーク中心がメインになって音楽中心は金曜日かなっていう感じですねはい あとプラスですねえっと昔調べたやつでジャストキャストっていう
ポッドキャストサービスがあってね これがまあドロップボックスと連携して
ドロップボックスの特定のフォルダに mp3ファイルを入れるとポッドキャスト配信されるっていうサービスなんですよ
ちょっと使ってみたくてでそれもただ自分でドロップボックスに保存するなくて誰でも保存できる ようにねあの
まあところドロップボックスのファイルリクエストっていう機能があってね あのほらメールで送られないような大きなファイルを送ってほしい時にね
ファイルリクエストってやつを使うとここの url からアップしてくれればあのこっちのドロップボックスに入ってくるんで
例えば何ギガもあるような5ギガとか10ギガあるようなファイルでもここから送ってください ということに使ってたんですよ
メールじゃ送れないようなね要領のやつねであれだったらこのジャストキャストで配信されるフォルダーにファイルリクエストで送ってもらう
ようにできるんじゃねと思ったらできたんですよ だからその url を公開してるんで誰でもそのドロップボックスに保存できるようにしておいて保存されたら
podcast で配信されるっていうのをちょっと試してまして 試しているんですけど
1:09:02
んと なんか使い方として正解じゃない気もしていて
ちょっと実験的にやってましてまぁそれちょっとやめるかもしれないですけどね はいそんなこともしていたり
あと前使ってたあのクラブハウスみたいな サービスでコールインってやつがんですねこのコールインってやつがポッドキャストで配信できる
ようになってもともとのね紹介記事で将来的に rss を出してポッドキャスト配信できるようにしたいって書いてあったんですけど
えっと最初使った時はそれはできてなかったんですけどできるようになってあのアップル とスポーティファイに配信できるようになりました
ただ rss が出されて自分で申請するんじゃなくってなんかアプリで勝手に申請して くれるんですよ
なので逆にとこっちで管理できないで8自分のアップルポートキャストのチャンネルに 含めることができないんだけど
一応ねなんかちゃんとポッドキャスト配信ができるみたいなんで そこもちょっとない使いたいなと思って今
ポッドキャストアプリでも登録しててポトフで検索しては出てくるかなっていう感じで やってますもこれもねちょっとゴールデンウィークあたりから
ちょっと一つ配信したいなっていうのあったり あと他にはねやりたいなんだけどね全部は無理だよね
とりあえずあのこのアップルポッドキャストでサブスク登録している人とか パトレオンであったりサブスタックに登録してねサブスク登録している方向けの
音源もね 配信しなきゃなぁと思っているのでそんな話もしなきゃなと思っていますが
ここがねリアクションがね見えないんで何話そうっていうのはちょっと迷い迷いではあるんだけど あと著作権の時間てやつもちょっと復活させたいんだけどね
余裕がまあないんだけどなぁと思いながらはい まあただこれですよメインのマイカップオブティこれもうちょっとちゃんと更新しなきゃね
1ヶ月半も開いちゃダメだよね あの次回もうちょっと早くっていうか次回はねちょっとゲスト会になりますまた
はいえっとですねあるポッドキャスターさんとですね ゲストを呼びして
なんかどっか読んでくださいっていうのをツイッターに書いちゃうんですよ だから呼びましてただ事前打ち合わせ一切せず当日も特にあの打ち合わせせずあの何日何時
からっていうのだけ決めてお願いしますっていう感じにして 8
もうあえて何も決めずに えっつないでいきなり収録するっていうことをやっていましたまあといっても普通に雑談してきました
けどねはいそれをちょっと次回配信したいなぁと思ってますで実は収録してからちょっと 時間経ってまして
あの何に話したっけちょっと忘れてるんで自分もこれから聞き直さなきゃなぁと思っていただきます あとあのまあ今回共通トークテーマ話しましたけどそこを出して日本ポッドキャスト業界
1:12:03
一応私会長らしいんでちょっといろいろやってます 日本ポッドキャスト協会の方もいろいろ活動はしておりますといっても本当にやりたい
ことの半分もできてない気もしますが あのこちら本当に決着くれる方募集中ね
はいそれはまあまあ言い続けましょう募集中でございますということではいということで今後ともですね スローポッドキャストとしてはい気を取り直して気を取り出して
スローポッドキャストとして仕切り直してですねはいちょっと配信をしていきたいなぁと思っ ておりますマイカップぶってぃシーズン3でございます
ご意見ご感想などはポトフさんポトフカタカナさんひらがなでツイッターであったりインス ターであったりなんか投稿していけば拾うようにいたします
あとメールホームとかもサイトの方においておりますのでよろしくお願いしますで あのリンクトリーっていうサービスでリンクをいろいろ集約してます
で a twitter のプロフィール&かにも貼っておりますがリンクトリーの方ね あと概要欄のポッドキャストの概要欄にもリンクトリーのリンクあっております
で8あのティックドックとかインスタリール youtube ショートその後にもですねこのポッドキャストの切り抜きっていうのをちょこっと試して
いたりしてましてでちょっと1ヶ月入ったからちょっとネタがなくなってきて今あんま 投稿してないけど
またちょっとこれ配信した投稿しようかなと思っておりますがなんかねあの spotify も動画ポッドキャストを始めるなんて言ってたり
youtube がポッドキャストであるんじゃないかーっていう話もあったりしましていろいろまたね そうで
ソープ spotify が動画ポッドキャストを始めるじゃない でどうもアンカーから配信するんだけど
spotify でしか見れないんじゃないかなあの動画っていう感じなんですよ ねこのマイカーポブ t ね配信してるやつって自分でまあサーバー立ててやってるんですけども
あの一応動画ポッドキャスト配信できるようになってるんですよ でそれはまあアップルもそうだけどいろんなプラットフォームにね動画配信できるんだけどただ
プラットフォームがは google ポッドキャストとかは動画表示されないし入ってても
で spotify も今までは表示されなかったのよ spotify 表示されるのかな
仕様変わったかなされないよねー ちょっとどうなるかわかんないけどね
周りにねその spotify がクローズな形でポッドキャスト動画ポッドキャストをやる感じだから で多分 youtube もやってきたら多分クローズだろう
多分ななんかこのオープンなビデオポッドキャストやりたくなっている自分がいるんですけどとはいえ何配信しようと思ってんだけど
ねで a まあリモート収録で配信するっていうのがそのアンカーはやりやすくなっていそう
なんですよ リバーサイド fm っていうツールをね
なんか提携したみたいで前回のあのゲストのおっさん fm はおさえ分のお二人なんかいつもリバーサイド fm で収録されててなんでゲストに行ったやつは
1:15:08
リバーサイド fm で収録してるんですよ あーまああれが無料で使う無料プランが前なかったはずなんだけどなんかちょっとあってね
それを使ってもいいし全キャスターでもいいで ほらなんか
動画ポッドキャストと言ってもさあいつもやってる一人喋り を
人にしゃべりを動画で撮って配信するのってなんかやだなぁと思ってて だから誰かゲストを迎えてなんか2人とかで喋ってるのを動画ポッドキャストにするの
はやってもいいかなぁと思っているんだけど なんかこの動画ポッドキャストをレギュラーで月に1回とか
一緒に収録してくれる人がいるといいなぁって思っているんですがどうでしょう いやいや動画ポッドキャスト配信したいなぁと
ちょっとひねくれ者的にはさ そのクローズな感じじゃない動画ポッドキャスト
ね最近あんまり見ないけどやりたい見ない理由はさ じゃあそれこそ
spotify とかで動画表示しないからね みんなもなんかちょっとアップルだけ結局みたいなのがあってやんないのに
さて独自でやるんだとかいうのね ちょっと思いますよねはいまあとりあえずねあの動画ポッドキャストこれからどうなのかなー
っていうのがねちょっとね一つ関心はあります で
えっと毎週金曜日 a マイカーさんのとこで別冊 マイカーという web マガジンのとこでですね
ポッドキャストについての連載を書かせていただいておりますのでちょっとそっちの方でもね ちょっと取り上げようかなぁと思っていたりしますが
そうさっきのコールインのやつもね別冊マイカーで書いたやつを読み上げるような ポッドキャストにやってみたいなぁと思っているんですけどね
はいちょっとどうなんでしょうかはいということで今回シーズン3エピソード23となり ました
マイカーポップっていいでしたまた次回お会いしましょうではポップでしたさようなら
voodoo
♪動画をご視聴頂きましてありがとうございました☆ チャンネル登録を是非お願いします♪
01:17:40

Episodes Mentioning This Episode

Comments

Scroll