1. ゲームなんとか
  2. Lv.105|ドラゴンズドグマ2を..
2024-05-06 2:05:20

Lv.105|ドラゴンズドグマ2をなんとか Vol.02(ネタバレあり)

spotify

Lv.105配信です。

//// 出演 ///////////////

こへいHARUDan

//// キーワード ///////////////

SANABI/Falloutドラマ/ザ・ウォーキング・デッド:セインツ&シナーズ(PSVR2)/ドラゴンズドグマ2

//// チャプター ///////////////

()|OP「The Walking Dead: Saints & Sinners」
()|本編「ドラゴンズドグマ2をなんとか」
()|ED

//// 番組へのおたより ///////////////

番組へのおたより・メッセージは番組ウェブサイト( https://gamenantoka.com/ )または gamenantoka@gmail.com へお送りください。

//// 番組YouTubeチャンネル ///////////////

ゲームなんとかの今後の活動の幅を広げるため、さらなる番組リスナーさん増加を目指してYouTubeチャンネルを開設しました。ポッドキャストと同じ音源を配信だけではなく、動画ならではの取り組みも挑戦していこうかと思いますので、ぜひともチャンネル登録をお願いいたします。
https://www.youtube.com/c/gamenantoka

//// その他 ///////////////

■ハッシュタグ
番組の感想やリスナーさん同士の交流には #ゲームなんとか をお気軽にお使いください!

■番組twitter:@gamenantoka

Summary

今週のゲームなんとかでは、「サンナビ」と「ドラマフォールアウト」のプレイ日記が話されています。HARUさんは「サンナビ」をプレイ中で、もうすぐ終わりそうですが、結末はまだ明らかにされていません。一方、Danさんは「ドラマフォールアウト」とそのVR版をプレイしており、どちらも面白そうだと話しています。VRでの「ドラゴンズドグマ2」のプレイについても話がされており、ゾンビとの戦闘やアイテムの収集について触れています。ドラゴンズドグマ2のネタバレありエピソードや3人揃ってのプレイ状況、エンディングなどが話し合われています。前作とのつながりやNPCとの関係性の深掘りがあまりできなかったことが残念であるという意見や、新エンディングによる世界の変化やキャラクターのウルリイに対する注目が語られています。 果たして、3人がドラゴンズドグマ2についてどのように語っているのでしょうか。

サンナビのプレイ日記
Speaker 3
皆さんこんにちは、こへいです。HARUです。Danでございます。
Speaker 2
ゲームなんとか第105回です。
この番組ゲームなんとかは、ゲームが上手くもなければ詳しいわけでもないけれど、
ゲームの話がしたくてたまらない3人が、とにかくゲームの話をするポッドキャスト番組です。
毎週月曜0時配信です。今日も元気に話していきましょう。
Speaker 1
よろしくお願いします。
Speaker 2
今週も3人会でございます。
出席率高いね。
今週もね、冒頭オープニングトークしていくんですけれども、
一応、提携のご案内として、
ゲームなんとか番組の構成上は、最初にオープニングトークをして、その後本編と続いていきますが、
いきなり本編聞きたいよという方はね、
ポッドキャストアプリのエピソードの概要欄のところにチャプターを記載していますので、
そちらをご活用いただければなと思います。
というわけで、冒頭はオープニングトークとして、最近の話とかをしていこうかなと思うんですけれども、
僕は先週話したサンナビを粛々と続けているんですけれども、
多分ね、もうすぐ終わるんだな。
多分。雰囲気的に。
Speaker 3
意外とボリュームはある?
そんなことない。
Speaker 2
多分ね、ちゃんとプレイ時間見てない時も10時間ちょっとぐらいやってるんじゃないかなぐらいの気分。
Speaker 3
まあでもちょうどいいぐらいだった。
Speaker 2
周回プレイ要素とかがなければ、もうすぐ終わりじゃないかなって思ってるぐらいなんだけども、
真相がわかってきたようなところまで来て、
今日、何も言えない。
何を言っているのかわからないっていうぐらいの。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 3
とりあえず楽しんではいるよと。
Speaker 2
そうだね、最初に抱いていたイメージとだいぶ変わっているというのが今でございますね。
まあまあ、そういうゲームは長調面白いよね。
なんか、いざ触ったことがないジャンルだった気がするなという気もするというかね。
ゲームのプレイアブルのところは、前も言ったけども、ロックマン的な感じだから、
ある意味慣れ親しんではいるんだけども、ストーリー的な部分は、
Speaker 3
こうなってくるので、ずっとついてる。
意外性があるわけだ。
Speaker 1
ストーリーに牽引力があるんですね。
サンナビって何なの?ってずっと思いながら走り続けた。
それ前回も言ってましたね。
Speaker 2
サンナビって何?って思いながら。
Speaker 3
ずっと牽引されてるわけ。
ちょっと真相に近づいてきた!みたいな。
Speaker 2
サンナビってそういうことなの?って今こうなってきてるところで。
もうちょっとで結末なんじゃなかろうかと思ってるところですね。
今日何も言えない。わからなすぎて何も言えない。
Speaker 3
じゃあまあ近々って感じかな。
Speaker 1
来週とか再来週のタイミングとかで何か言えればいいなと思ってるところですよ。
ドラマフォールアウトのプレイ日記
Speaker 2
僕はそのぐらいの進捗しかないんですけども、お二人はどうですか?
Speaker 3
俺はね、前回も喋ってたかもしれないけど、
アプラ版のドラマフォールアウトを8話あるんですけど、それ全部見終わりまして。
Speaker 2
見終わった?
Speaker 3
超面白い!ってなった。
Speaker 1
だいぶ評判いいですもんね。
Speaker 2
超面白い!ってなって。
Speaker 3
シーズン2決まったとか言ってたよね。
Speaker 1
決まってるらしいですね。
Speaker 3
それはすごいな。
しかもこの内容でフォールアウトの歴史の精子なんだ!みたいな。
Speaker 2
精子ってのまた熱いよね。
Speaker 3
マジで?って思いながらホックホックしながらフォールアウト4をまた最初から始め。
Speaker 1
クリアしてないで終わってたね。フォールアウト4を始め。
Speaker 3
しかもその間に、結構フォールアウトって設定周りがどうなってるのかよくわかんないなと思って、
YouTubeでキンタンさんっていう。
Speaker 1
僕大好きでほぼ見てますよ、彼の動画。
Speaker 3
フォールアウトの解説とかを上げてる。
めちゃくちゃよくできてる。
めちゃくちゃよくできてる動画を上げてるんだけど、
その人の動画とか、結構見ながらドラマ版も見てたから、
なんかその設定周りが結構頭の中にガチャーンってインプットされた状態でフォールアウトをやり直してるから面白い!と思って。
Speaker 2
クールってそういう設定だもんね、とかさ。
確かにわからないな。
Speaker 3
スーパームユータントってそもそもどうなってああなったの?みたいなやつとかさ。
Speaker 2
とりあえずぶん殴られた記憶しかないからな。
Speaker 1
それか爆弾持って突っ込んでくる。
Speaker 2
そうそうそう。
Speaker 1
人間体弱い!とか言われて。
Speaker 3
俺、お腹が空いた!人食いたい!みたいな。
Speaker 2
言うとバック怖え!
Speaker 1
しかもちょうどスーパーミュータント連れながら旅してたりするから。
Speaker 3
ストロング強い!とか言って。
やりながらやってる。
Speaker 2
すごい世界だよな。
Speaker 3
そっちは今回は寄り道できるだけ少なめに終わらせようと思いながらやってる部分もあったりする。
それと同時にですね。
最近やってたので、VRゲーでPSVRのThe Walking Dead Saints and Sinnersっていう。
ウォーキングデッドっていうドラマあるじゃない?
俺実はそっち見たことないんだけど。
それのVRゲームの版があって。
しかもそれ自体は結構前からあるゲームなのよ。
それこそPSVR1の頃からあったゲームで。
俺がPSVR2を買う直前ぐらいにPSVR1でPSMoveを借りてね。
Move2本ないとできないゲーだったんで。
お借りするタイミングがあって。
そういう時に色々ゲームを漁ってる中で実は知ってちょっとやってた。
やってたんだけど、PSVRの時って操作法がすげえ独特で。
PSMoveってアナログスティックがないんだよ、コントローラーに。
Speaker 1
なるほどなるほど。
Speaker 3
ほう。から移動が丸×△□が両方の手にあるの。
しかもそれが上下左右に十字に並んでないで。
要は四角形みたいな。
斜め右上左上左下右下みたいな位置に丸×△□がそのPSMoveに付いてるのよ。
ほうほうほう。
で、前進もうと思ったら、どっちのボタンだか忘れたけど、
左上のボタンを押すと前。
左下のボタンを押すと後ろとか。
右上のボタンを押すと右みたいな。
すげえ分かりにくいコントロール操作形態だったの。
Speaker 2
だから、うわ操作移動しづれえってなってたのよ。
Speaker 3
で、その時はちょっと置いといて。
そのPSVR2が出たくらいの時に、
そのPSVR2で、それのチャプター2っていう、要は2作目だよね。
セイン・ツー&シナーズの2作目がPSVRで出ますよって情報が出てたのよ。
しかもその年の発売されてから2、3ヶ月後くらいに出ますよっていう情報があって、
あ、じゃあそれ待とうって思ってたんだけど、
それは海外版の話で。
ずっと俺は待ってたんだけど。
ゲーム自体は面白かったから。
操作形態がきつかったりとか、
そのPSVR1がちょっと俺は頭に合わなかったから、
ちょっとぼやけちゃったりとかでやりづらかったから、
じゃあ2でやればいいなって思ってたんだけど、ずっと出なくて。
それが気づいたら、今年の2月くらいに出てやがって。
Speaker 1
出てた?
Speaker 3
いつの間にか、マジで本当に何も気づかないのよ。
Speaker 1
なかなか情報が。
Speaker 3
全然出てこないっていうか、
どこにも俺のアンテナ走行速度ぐるぐる回してるんだけど、
全然どこにも引っかかんなくて。
確かに僕も聞いたことないですもんね。
で、それのチャプター2、要は2作目の方のバリエーションの中で、
1のPSVR2版とセットのやつがあった。
だから1のPSVR2単体は売ってないの実は。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 2
2のセット売りでしか1が遊べないっていう状態になって。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 3
でも買います。1やってないですから、私いいと思って。
Speaker 2
ちょうどいいよな。
Speaker 3
で、そっちの1を始めたんだけど。
前遊んだ時もゲーム自体は面白いなと思ってたから、すっげえ面白くて。
Speaker 2
基本的には初感してのゾンビサバイバルゲームみたいなね。
なるほどね。
Speaker 3
まあ、人によっては怖いでしょうね。
いや、シンプルに何が面白いって、ちょっとバイオレンスな表現になるんですけど、
自分で両腰に小っちゃい武器をつけるわけ。
銃だったりナイフだったりとかっていうのを持てて、
で、あと右肩の後ろに大きめのショットガンとか。
Speaker 2
じゃあラサスとジョエルと同じコースだね。
F91からできるね。
Speaker 3
ジョエルほどF91チェーンはならないんだけど。
でもそうか、ジョエルに近いかも。
右肩に常にすぐ取り出せる武器を持っておけて、
左肩にはバックパックが持ってるんだよ。
でも確かにジョエルっぽい。
そのバックパックの中に自分でジャンク的なものを手に取って、
そのバックパックの中に入れといたりとか包帯とか回復する手段とかも入れておけるんだけど、
そのバックパックの左右にも大きめの武器とかつけられない。
ドラマフォールアウトVR版のプレイ日記
Speaker 2
例えば斧とかマーサルドライフルとかもそうだけど。
完全にジョエルだね。
Speaker 3
そうそう。だから結構大きめのカキも3つくらい持ってる。
ただそのバックパックの横につけてるやつは、
1回バックパックを取り出してから自分で取らないといけないから、
Speaker 2
突破には取れないみたいな。
リスクが悪いね。
Speaker 3
そうそうそう。いい塩梅になってるんだけど。
最初は割とナイフぐらいしか戦う武器はなくて、
銃も持ってたけど弾数が最初あんまりないから、結果ナイフ使うよねっていう感じなんだけど。
ちゃんと自分の腕を振った分しか当たり前だけど、
リーチがないわけさ。
Speaker 2
なるほどなるほど。
Speaker 3
ナイフの攻撃判定がね。
だからゾンビがこっちに来るんだけど、
引きつけて引きつけて引きつけて、
いやーって刺さないと。
Speaker 2
そうだね、そうなるよね。
Speaker 3
刺さない。しかもちゃんと結構腕を振りかぶらないとダメージが入らない。
あーそういうことか。
Speaker 2
リアル動作としてしっかり振らないとダメージが入らない。
Speaker 3
そうそう。
タイミング見かからなくて、
やると、
頭に刺さって、一発で死ぬ。みたいな。
へー。
なんかその辺はなんかね、やっぱVRゲーだからこその動きだし。
Speaker 2
なんかすごい産地が削れていきそうだね。
Speaker 3
まあそうかもね。
最初はゾンビ相手だけど、
サバイバルになってくると人を相手にすることができる。
Speaker 1
なるほど、なるほど。
Speaker 3
後ろから近づいてって、相手の頭を俯瞰で、
右手に持っている、もう片方の手で持っているナイフでガーッとか。
Speaker 2
やだな、なんか。だまだましい。
Speaker 1
認察しちゃうわけだ。
Speaker 3
そう、認察的なこと。
まあ割とステルス的な行動がメインかもしれない。
へー。
まあできるだけ戦闘は避けた方が良い。
別にレベルとかっていう概念もないから。
いくらゾンビ倒したところで別に何か報酬があるわけじゃないから。
ただ、だいたいこれを取ってきてくれとかあれを取ってきてくれとか。
基本的に主人公はとある街に来て、
そこに大量の資源がある倉庫みたいなのがあるんで、
そこになんとか行きたいんだけど、
どこにあるかもわかんない。
から情報を集めたりとか、
いろんな人と関係を持って情報を得たりとか。
でも情報をもらうのには、
あそこにあるやつを持ってきてくれたら情報をあげるよとかっていうので、
そこまで行く間にゾンビがいっぱいいるんで、
ぶっ殺してやるみたいな。
で、ぶっ殺して、
そいつから取れるわけじゃないんだけど、
結構床にいろんなジャンクがある。
木片とかさ、
いろんなビンだとかっていう。
ビンはジャンクとしても、
素材としても使えるんだけど、
よく映画とかでありがちじゃん。
Speaker 1
ビンを割って。
Speaker 3
尖ったところで刺すみたいな。
あれが最終手段の武器として用意されてる。
Speaker 1
なるほどね。
Speaker 3
基本的に武器は耐久度が用意されてて、
ナイフも何回も使ってると壊れちゃう。
銃とかも撃ってると、
弾があっても銃自体が壊れちゃったりする。
サバイバル感あふれる冒険
Speaker 3
だから大量に武器を持ってない。
最初の方だと、
やべぇ武器なくなったってなると、
その辺にあったビンとかをいっぱい集めておいて。
ビンの胴体をバンって割って、
それを逆手に持ち替えて、
Speaker 2
ブサッと割ってやる。
大変だ。
Speaker 3
結構緊張感ある感じで。
その辺はね、
バイオハザードとかってどちらかというと
シューティング的なニュアンスの方が強いじゃん。
Speaker 2
確かにね。
Speaker 3
もうちょいサバイバル感が強かったりとか。
ニュアンスになってて。
結構楽しいですね。
銃もちゃんと狙わないと当たらないし。
自分でね。
だからちょっと遠くにいる敵のヘッドショット狙いたいんだけど、
手ぷるぷるする?普通に?みたいな。
銃ってむずいっすよね!みたいな。
本物の銃ってむずいな!みたいな気分で。
Speaker 1
結構大変だな、じゃあ。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 3
バイオハザードは両手持ちすると結構アシストっていうか、
安定してくれるんで、割とね。
バイオハザードのVRは当てやすいんだけど。
それよりかもうちょいむずい感じだった。
ちゃんとぷるぷるするし。
なるほどね。
だったりは回復手段が結構少なかったりとかね。
ダメージを食らうとライフの最大値がどんどん減っていくみたいな。
ダメージも食らうし、最大値も減る。
Speaker 2
じゃあその最大値回復は?
Speaker 3
最大値の回復するためには薬がないといけないの。
フォーラウトでいうとこのラッドアウェイ的な。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 3
その薬は最初作れないの。
だから見つけてこないといけないの。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 3
だからそれを見つけられない限りはどんどん自費になってくっていう。
ダメージを食らえば食らうほどどんどん最大値が減っていくんで。
Speaker 2
わーきついしね。
Speaker 3
回復自体は包帯があって。
包帯はわりかし早い段階で作れるようになるから。
包帯を巻けばライフは回復するんだけど最大値は回復しないから。
包帯だけあってもしょうがないみたいな。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 3
で、食べ物を食べるとスタミナは回復するのかな。
走ったりとか攻撃したりとかでスタミナを消費するんだけど、
そのスタミナを回復するのに食べ物を食べるとスタミナ回復するんだけど、
それと同時にライフの最大値をある程度受けるっていう。
Speaker 2
受ける?
Speaker 3
ライフの最大値が減っちゃうっていう。
Speaker 2
あまり衛生状態の良くないご飯だから。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 3
ちょっとフォールアウトとかも近いものはあるよね。
Speaker 2
そうだね。結構ハードですね。
厳しいバトルとリアルな体験
Speaker 3
そうそう。
Speaker 2
結構しんどいね。
Speaker 3
だから薬がなくなってくると、薬くれってなる。
Speaker 2
どっか薬落ちてねえかってなる。
なんかその設定感の中でVRは結構疲れそうだな。
疲れるかも。
Speaker 3
なんかね、建物の中とか漁るといろんなアイテムとか落ちていがちなんだけど、外よりも。
それこそ薬だとか包帯だとかいろんなジャンクだとか落ちがちなんだけど、
あれさっき俺そこの部屋通ったよねっていうとこに平然とゾンビが湧いてするんで。
さすがにリスポーン地点みたいな、どう考えてもそこに湧くのおかしいでしょってとこはさすがにいないんだけど。
さっき通った廊下みたいなとこに普通になんか外から入ってきた設定なんか普通にいたりするから。
うおーちょっと待て!みたいなやつだったりとかね。
走ってゾンビ2,3匹に動けられてやべーと思って走って走り続けるとスタミナが切れて、
スタミナが切れるとやっぱりスタミナブレイク状態みたいな感じで完全回復するまで行動がヘロヘロになるみたいな。
その状態で銃とか構えると、自分はコントローラーとして腕上げてるんだけど、
Speaker 2
ゲームの中の腕がヘロヘロで下の方を狙うみたいな。
Speaker 1
めっちゃ狙いづらいみたいな。フラフラしちゃうみたいな。
そういう部分ってVRだからこそ余計にやりづらさを感じてリアルな体験になるかもしれないですね。
Speaker 3
また焦るよねー。
なるほど、そういう表現みたいな。実際の手と差異が出ることでスタミナがないっていうのを表現するみたいな。
面白いですね。
Speaker 2
すごいなー。
Speaker 3
最初の方は結構サバイバル風味強いんだけど、
ある程度後半になってくると、武器とかがわりと潤沢に作れるようになってくると、
Speaker 2
片手でハンドガンでゾンビの頭をぶち抜くとか、ショットガンでガシャーとかやりながらバーン!
Speaker 3
そっち方向になってるんだね。
やったりとか首バットとかでドーンとかやったりとか。
Speaker 1
それでも囲まれたりすると結構あっさり死んだりするんだけど。
そうですよね、確かにね。
Speaker 3
結構楽しかった。10時間くらいかな。一応エンディングまでは。
Speaker 1
10時間くらい。でもVRだからかさ。
そっかそっかそっか。そんなに長くはないわな。
Speaker 3
その後にDLCが多少あるみたいなんだけど、そんな大きくはないだろうから。
まあまあ賞味十分時間くらいなのかなみたいな。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 3
すげえ丁度よかったですね。
あれ以上長かったらちょっとしんどくなりそうみたいなところで、
あ、終わり見えてきた!ってチャット出してくれたから。
この辺で終わりか?みたいな。
まあやりたければいろんな主言集めとか作れる武器を増やしたりとかっていうことはできていくから。
やり込み要素としてはある。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 3
だからまだ、しかもシーズン2じゃない?チャプター2か。
Speaker 2
そうですよね、そっちがまだやってないんだよね。
Speaker 3
そう、2作目の方がまだ残ってるから。
え、どう変化してるんだろう?とかいろいろワクワク。
Speaker 1
どっちかというとそっちの方が本命ですもんね。
Speaker 3
そうそうそう。
まあ単純にね、話はある程度繋がってんだろうから1からやってみたいな。
Speaker 1
主人公は同じ主人公なんですか?
Speaker 3
多分そう。1の最後で死んだりとかは全然してないし、
Speaker 1
なんか別の場所に行きました!みたいな雰囲気になってたから。
Speaker 3
2は多分同じ主人公なんだろうな。
一応話もチャプター2って言ってるくらいだから繋がってんだろうなって感じだから。
そっちもだいぶ楽しみ。
どういう要素が追加されてるんだろうとかも結構楽しみ。
Speaker 1
そうよね。
Speaker 2
へえ、すごいなあ。
アイテム収集とゲームプレイの魅力
Speaker 1
VRのね、お話ができるのはもうはるさんしかいないですから是非ね。
チャプター2もやったらちょっと話聞いてみたいですね。
Speaker 3
そうですね。
PSVR2はちょっとね、いろいろ先行き不安なところも若干あったりしますんで。
でもそういうゲームがやっぱりね、タイトルが増えてくれるのはありがたいなと思うよ。
だからなんかちょっとでも面白いゲームは普及していきたいよねって感じはある。
Speaker 1
そうですね。
日本語化されてないだけで結構海外では評価されてるゲームとかも結構あったりするんじゃないかなと思いますけどね、VRゲームって。
Speaker 3
あるかもしれないですね。
まあそのね、ウォーキングデッドのやつも確かPSVR版の時は翻訳されてなかったんじゃなかったかな。
Speaker 2
ああそうなんだ。
Speaker 3
もうなってなかったんだよね確か。
でPSVR2になるのにローカライズもされてっていうのがあったから。
Speaker 2
うんうんうん。
Speaker 3
だからそこでも良かったなっていうのはあったんだけど、ローカライズされてなかったらきつかったなって。
ただメインのシナリオの会話みたいのはちゃんと字幕が画面上に出てくれるんだけど、
ここが敵対する人たちの拠点にしてるところですみたいなところがあって、
そこに近づくとなんか向こうが言ってくるんだけどそこ字幕出なくて、
俺何言われてんのっていう。
なんかこれ有効的なこと言われてんの?それとも威嚇されてんの?どっちなの?みたいな。
それだけがすげー盛り上がったけどね。
あ、ここ字幕ねーんだ!と思って。
Speaker 2
えー。
Speaker 3
何言ってんのかわかんねーって近づいたらなんかすげー怒られるみたいな。
それ以上近づくと撃つぞ!みたいなこと多分言われてるんだろうね。
それ以上近づいたらなんか頭の上になんかゲージみたいなのが出てきて、
あ、これあれだ!ずっとここにいたら撃たれるやつだ!みたいな。
なんとなく察されはできるんだけど。
そういうちょっと違和感の部分はあったりはしたけどね。
Speaker 2
まあ難しいよねー。
Speaker 3
まあでも基本ゲームプレイはとても面白かったですね。
なんかもう体中のいろんなところにいろんな武器がついてたりするから。
腰にはさっき武器がついてて、左胸にライトが持ってんのかな?
でそれも自分でこうパッて取り出さなきゃいけないし、
右胸には手帳があってそこにクエスト管理だとか、今まで見つけた文章だとか、
あとマップだとかね、そういうものがついてるんでね。
でそれも自分でマップ見るときはそこからシャッと取らないといけないし。
Speaker 2
取らなきゃいけないんだ。
Speaker 3
で両肩には武器とさっきのバックパックがついてるし。
でもね、バックパックに物を入れるときの動作が、物を拾うじゃない。
で拾うときはさすがにかがまなきゃ取れないとかじゃなくて、
一応ちょっと離れてても自分の手元にシュッて飛んでくる。
そこはちょっとゲーム的な感じではあるんだけど。
それを左肩のバックパックのある位置に掴んだまま持ってってパッて離すと勝手にバックパックに入る。
だから背中のバックパックの中で放り込んでるみたいな感じ。
Speaker 2
リアル動作で左肩のあたりに手を持っていかないといけない。
Speaker 3
なんかジャンク漁ってる感がすごくて。
これもいります、これもいります、これもいります、機関いりますみたいな。
Speaker 2
いらないのはそのままポイってするってことね。
Speaker 3
別に拾わずにそのまま置いておけない。
壊れた銃とか入ります?みたいな。
とりあえずぶち込みまくってたらもう全然入らないです。
これいらない、いらない、いらないとか言って捨てたりとか。
人の家に忍び込んでそこら中の引き出しとかを開けまくったりとかバカバカバカバカって。
Speaker 1
結構ちゃんと開けれるようになってるんだ。
Speaker 2
リアルジョエルだな。
Speaker 3
ほぼ全部開く、基本的には。壊れてなければ。
Speaker 1
すごーい。
Speaker 2
すごーい。
Speaker 3
かなり作り込まれてるな。
上の棚とかも普通にある。
中身入ってるかは場所によるけど、だいたい入ってない。
時々なんかどうでもいいのりとか走ったりとか。
食料も持って帰ると、単純にその場で食べるものじゃなくて料理的なことができたりとか。
だからいろんなもの、今何が必要か。
食料が必要なのか、武器の素材になるものが必要なのかとか。
ちょっとなんとなく頭に入れておきながらこういうものが必要なんだよなとか。
木材が必要なんだよなって言ったら木ばっかり集めたりとかして。
結構楽しい体験でしたね。
Speaker 2
面白い。
Speaker 3
コントローラーの操作性も良くなってるし、VR2で画面も見やすくなってるから。
これは良いと思って。
もうちょっとプレステはアピールしてくれってちょっと思ってたね。
本当に気づかねえんだっていう。
だって俺あれをお気に入りに入れてるのよ。
入れてるのに気づかない。
なんか発売しましたぐらい行ってくれよーって思っちゃってね。
Speaker 1
もったいないですね。やっぱね。そう考えるとね。
Speaker 3
いやまあ俺が見逃してる可能性もあるけどね。
まあ楽しかったです。
Speaker 2
まあいいゲームじゃないの。
Speaker 3
もちろんホラーとかダメな人はちょっときついかもしれないけど。
ホラーっていうかサバイバル。ちょっとグロ的な方が強いかもしれないね。
Speaker 2
バイオレンス表示がね。
まあでもね、チャプター2の方はどう変わったかもね。また聞きたいっすな。
Speaker 1
そうですね。
Speaker 3
あんまりこのVRでなんか銃撃戦の素早い銃撃戦とかFPSみたいな動作というよりかは割とステルス重視みたいな感じの動きが求められるんだよね。
プレイ状況
Speaker 3
そんなにね、素早い動作というかテクニカルな要素がそこまで必要じゃないんじゃないかなーっていう。
どちらかっていうとグロ対戦の方が必要かもしれないなみたいな。
両親の家畜じゃないけど産地削れるみたいな。
ところで対戦が多少ある人がやったほうがいいのかなと思う。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 3
そんなに大幅にあるわけでもないんでね。
まあまあまあいいゲームでしたよ。
Speaker 2
なるほどー。
今日は時間的にはこんなもんかな。
Speaker 3
ウィスウィス。
Speaker 2
じゃあ今日はこのまま本編に行きますか。
はい。
今日はね、3人揃ってドラゴンズドグマーの話をしようかなというところもね。
Speaker 3
来ましたね。
Speaker 2
来たぞ。
前回お便り会でね、次またいつものローテンションかなと思いきや3人揃ってるので。
Speaker 1
そう。
Speaker 2
3人ともプレイしたというところでね、話していこうかなと思ってますよ。
Speaker 1
ネタバレありのお話ですからね。
そうですね。
前回と違ってね、前回のドラゴンズドグマ回と違って。
そこはお気を付けください。
Speaker 2
そんなわけで早速本編入っていこうかと思いまーす。
Speaker 3
はーい。
Speaker 2
本編でーす。
Speaker 3
はーい、ドラゴンズドグマ2ネタバレを含む回でございます。
Speaker 2
含みまーす。
ちょっと前にね、101回だったかな。
はるさんとダンさんでドラゴンズドグマのあれはネタバレなしの話をしてましたけど。
Speaker 3
そうですね。
ファーストインプレッション的な。
Speaker 2
そうそうそう。
でまぁ、そこから4週間経ちまして。
僕もプレイしましてね。
Speaker 3
うん。
Speaker 2
じゃあ今度はネタバレありで話してみようかなという次第でございます。
Speaker 1
はい。
Speaker 3
この段階で3人が遊んでるっていうのはある意味ちょっと意外っちゃ意外だったかもしれないね。
かなり早い段階でみんな遊んでみんなクリアしてるみたいなペースになるともあんま確信は持ってなかったから。
あーそうかーって。
Speaker 2
そうですね。
Speaker 1
ドラゴンズドグマ2に敏感に反応してたの多分僕ぐらいだったと思うんですよ。
多分、もともと。
Speaker 2
そうね。
そうかもしれない。
Speaker 1
だから僕も全然これは想定してない。
想定してなかったな。
Speaker 3
だね。
そう、俺も最初確実にやるリストに入ってる感じでもなかったんだけど、
俺は途中からなんかそれこそトレーラーとか見て、
でもなんかすげー出来良さそうだなーみたいな。
なんかなんとなくだけど自分に合ってそうな感じするし、
前に聞いたドラゴンズドグマ1のネタバレがすごい気になるっていう。
ザンさんからのネタバレをガッツリ聞いた時に、
え?そんなゲームだったの?ってなったんで。
2、やるか。やるか。タイミング的にもなんかいいからやるか。
なんかね、やっぱりカプコンは信用できるからなー。
デビルメイクライファイブとかバイオハザードもそうだし、モンハンもそうだし。
Speaker 1
ストリートファイターもそうだし。
Speaker 2
ロックマンも。
Speaker 3
ロックマンもそうだし。
最近のカプコンは本当にあれだから、まあ外れないでしょって思って。
割と駆け込んでやったみたいな感じがありましたけどね。
大平さんは結局どういう動機というか。
Speaker 2
僕はちょっと天の尺なんで、ネットで評判が悪かったから、よしやってみようと思ってやってみたっていうのが本音ですね。
Speaker 1
天の尺だよなー。
Speaker 3
どんなものかしらかなみたいな。
Speaker 2
正直ね、ドラゴンズドクマ1やってたんだけども、
はるか昔過ぎてあんまり覚えてなかったのね。
Speaker 3
まあね、だって何年?10年くらい?10年ちょっとくらい?
Speaker 2
PS3の頃に。
Speaker 1
たぶんそんくらいじゃないか。10年以上はたぶん経ってるんじゃないかな。
Speaker 2
たってると思う。
最近はもう妖芸って言わないくなったじゃない。
Speaker 3
はいはい。確かにね。
Speaker 2
でもあの頃は、ドラゴンズドクマが出た頃ってまだ妖芸って言ってたような気がしていて。
Speaker 1
そうですね。
Speaker 2
僕がその妖芸なるものに、まだそこまで親しみを感じていない時代に、
カプコンが妖芸っぽいの作ってんぞ!みたいな振れ込みだった気がするのよ。
確かにね、本当に薄ぼんやりした記憶で言うけども、
当時もカプコンに対しては信頼感があって、
カプコンが作る妖芸っぽいんだったら、たぶんいけるはずだろうって触れたような気がする。
そのくらいのノリで入ったのよ。
で、今となって、あんまりどんなゲームだったかとか、
Speaker 1
細かいストーリーがどう残るのかは覚えてないんだけども、
Speaker 2
ドラゴンズドクマは楽しかったなっていう記憶だけが、
本当にそこのワードしか残ってない感じ。
なので、たぶん2もいけるっしょって思っているのが、
ここ1年くらいのドラゴンズドクマ2が出るぞっていう話を受けてて、
たぶん楽しいだろうと思ってる。僕の薄い予想があって。
その中で、ユニコーンオーバーロードとかをやってたんです。
発売日に飛びつくってまではなかったんだけども、
発売して、ネットでね、それこそツイッターとかで、
ああだこうだっていうのが流れ込んでくるわけじゃないですか。
賛否両論感がすごい、僕の中で見えていて。
これはやらねばならんと思ったんですよ。
好きだねー。
大絶賛でもたぶんやってたんだけども。
何が?どこが?って思うよね。
Speaker 3
なんぼのもんじゃい!って思ってとりあえずやろうと思って。
そういう意味じゃ、俺も別に発売日に買うつもりはなかったね。
正直ユニコーンやってたから。
でも逆に言うと、どっかでは買うだろうなと思ってたから。
それこそ101回、レベル101の回に合わせて、
ちょうど発売日いいタイミングだから、
一旦買っといて、ファーストインプレッションだけ触って、
ユニコーンやってからその後やるでもいいし、みたいな感覚で思ってたんだけど、
やり始めたらそのまま駆け抜けてしまい、
ユニコーンを後でクリアするっていう。
まああるあるですよ。全然いいんじゃないですか。
Speaker 2
でもそのくらい俺は普通に楽しかったな。
まあ入りはそんな感じはね。
今日ネタバレ回だから一応というか、
Speaker 1
3人のプレイ状況で話しといた方が前提としてはいいかなと思うんですけども。
Speaker 2
のっきにどうしてもネタバレ的なことを突っ込んじゃいますけども、
Speaker 3
エンディングは2パターンあるじゃないですか。 らしいっすね。
Speaker 1
今のところ僕らは2パターンとして認識してますね。
もしかしたら違うパターンもあるのかもしれないですけども。
2つのエンディング
Speaker 1
そうだね、分からんね。 可能性としてね。知らないですけどね。
Speaker 2
そうだね。まあ多分普通にやっていくと、
表面上のエンディングみたいな流れが一回あって、
そうではないんだぞ、みたいな。
Speaker 1
強い推しがありましたね、そこにね。
Speaker 2
諦めるんですかい?みたいなところがあって、
その先があるとね。
それがいわゆる2本目のエンディングだとしたら、
僕はとりあえずそこまではやったんですよ。
前にちょっと話したけども、そこまで行ったんだけども、
なんかちょっとやっちまったなと思って。
これはいろいろすっぽがしてしまったものが多いなと思って。
これはこのまま2周目行くかって言って、
強くてニューゲーム状態で2周目に突入して、
先を糸通りしてるとしんどーってなって、
2周目を中途半端に積んでるってのが今なんだよね。
それが僕のプレイ状況、本人に至るにあたっての。
Speaker 3
じゃあ2つ目のエンディングを見てって感じだね。
見て、そこからちょっとうだうだしてるってとこだね。
これは、最初2つエンディングがあるっていうのも、
あんまりよくわかってなかったんだけど、
どうやらこれ展開的にこっちで合ってるなって思って、
2つ目のエンディングの方の流れに行って、
そのまま割と初回から2つ目のエンディングの方でクリアできて、
よかったなってなった。
Speaker 1
で、やり残したことはいくらかあるのよ。
タロスとの戦い
Speaker 3
これどこまで喋っていいの?もう言っちゃっていいの?
Speaker 1
いいよいいよ。
Speaker 3
みんなタロスと戦った?
Speaker 2
タロスと戦った。僕戦ってない。
Speaker 3
仲間。
Speaker 1
あ、そうなの?
Speaker 3
一切合ってない。
Speaker 1
マジで?だってタロスが一番トレーラーの中で見どころだったでしょ。
Speaker 3
いやでも、見た。タロスは見たことあるけど、
あのね、ちょっと先行して喋っちゃうけど、
タロスが出てきました。で、ちょっと別のことやってました。
ってやってたら、一方その頃みたいな字幕が突然ボンって出て、
こんなことになってます!現地は!みたいな。
えー!ってなって。
Speaker 1
一旦現場を離れたってことですか、じゃあ。
Speaker 3
そうそうそう。
Speaker 1
あ、そうなんだ。行かなきゃ!行かなきゃ!ってなってました、僕は。
Speaker 3
普通はそうあるんだろうなと思いつつ、
ちょっとなんかやることあったなと思って、別のことやってたら。
Speaker 2
タロスって象か?タロスは象か?
巨人ですね。
Speaker 3
相手は倒した。倒した。
タロスと戦ってないのよ。
Speaker 2
すげえ追っかけっこするやつか。
Speaker 3
うん。で、他のところをうるうるして、一方その頃ってなって。
で、しかも、その一方その頃が出た後に、
あのゲーム、ファストトラベルないでしょ?
だから、徒歩でそこに向かってたら、向かってる途中に、
一方その頃っつって、もっと奥の方にイベントが移動してやがって。
Speaker 2
あー、なるほどな。
Speaker 1
あ、なるほどね。最初あの橋を壊すムービーとかが出てきたわけだ。
Speaker 2
あー、なるほど。
Speaker 3
で、最終的にタロスと一切戦わないで終わってた。
Speaker 2
へー、タロスが到着しちゃったわけですね。
Speaker 3
そういうパターンもあるんだ。
いや、確かに最初の方だかに、その次元のイベントがありますよ、みたいな。
要は、その時にやってないと、なくなっちゃうイベントありますよ、みたいなフリをしてたのは、
Speaker 1
一番大きいのこれじゃね?って思っちゃって。
Speaker 2
大きいのは多分そうかもしれないですね、もしかしたらね。
Speaker 1
あれ、飛ばせるのか。飛ばせるというか、行かないと終わってしまうっていう。
Speaker 2
単純にだから、普通に頑張ってタロス倒そうとしても倒せなかった場合がそうなっちゃうっていうことなんでしょうね、多分ね。
Speaker 1
まあまあまあ、そうかもね。本来的にはね、多分ね。
Speaker 3
無視してたら当然そうなっちゃうってことですよね。
なんだろうなーと思って。
へー、あ、そうか。なんで俺はあそこでタロスに向かわなかったのかっていう。さすがに後悔したよね。
Speaker 2
悔やまれるね。
Speaker 1
でも確かに、他のゲームだったら、やっぱりちょっとご都合的な話になっちゃうけど、イベントとしてちゃんと全部処理してくれるじゃないですか。
Speaker 3
いや、そうそう。しかもめっちゃ重要なバトルでしょ、おそらく。
Speaker 1
そうそうそう。だからちゃんといいのか、準備はできたのか、みたいな。今のうちに他に用事があるならやっとけみたいなことをちょっとサブキャラとかが言って。
Speaker 3
とか、瞬間移動したりとかね、暗転してそこまでポンって飛ばされるみたいな。
Speaker 1
そうですね。
Speaker 3
そういうのが、ファストトラベルとかないっていうのもそうだし、一貫してそういう瞬間移動だったりとかそういうことをしないよね、あのゲーム。
確かにね。
そこでもしないんだと思って。でも一方その頃って処理されるのはさすがに想定外で。
ちょっと待て待て待て!って。で、たどり着いたら、あ、タロス倒れとるみたいな。
Speaker 1
あらゆる意味で後派ですね、やっぱね、ドラゴンズドクマ2に。
Speaker 3
最終的に、あ、でも俺の物語はそうだったっていう。逆にレアなのかなって思うようにして。
Speaker 1
多分レアだと思いますよ。
Speaker 3
そうそうそう。思うようにはしてたけどね。さすがにちょっと心残りだけど、2週目やるかって言われると、そのためだけにやる必要もないかな。
あの物語はあの物語で俺は完結したってことにしようと思ってやってないみたいな。
Speaker 1
別にね、クリアできなくなるわけじゃないですからね。
Speaker 3
そうそうそう。レッドドラゴンと戦ってなかったりするのはちょっと心残りだったけども!みたいなね。
みたいな感じで終えてます、1週でね。
NPCとの関係性の深掘りができず
Speaker 3
なるほど。ダンサーはどう?
Speaker 1
ダンサー 僕はほぼほぼコヘヘさんと一緒ですね。
Speaker 2
あ、ほんと。
Speaker 1
ダンサー まあ全然僕はなんていうのかな、そんなに2週目に対する思いみたいなのはあんまりなくて。
そのなんていうか、やり残したこと。やり残したことは確かにいっぱいあるんですよ。
結構そのなんて言うんですかな、こうNPCとのストーリーの深掘りみたいなことがちょっと全然できなかったなーっていうのがあって。
特にやっぱ前作では、これちょっと今から前作のネタバレも含みますよ。
前作ではレッドドラゴン、自分の主人公の各社の心臓を奪ったドラゴンとの戦いに入る前に、
自分の大事な人を助けるためにレッドドラゴンと戦うみたいな流れになったんですね、僕がプレイした感じでは。
で、おそらくだけど、その時NPCの中で一番信仰が深い、交友度が深いみたいなキャラクターがそこに選ばれるんだろうな、みたいな感じの風に僕は受け取っていて。
それがだから一応なんていうか、恋人じゃないけど、いい仲みたいな感じになっていて。
Speaker 3
で、確かにアイテムとしてね、ちょっとうろ覚えなんですけど、位中の人に指輪を渡すことが確かできるんですよ。
Speaker 1
で、その指輪がキーンと飛んで、あの指輪みたいな感じのシーンがあるんだけど、
僕この指輪誰にも渡してなかったんだけどなーとか思いながら、そのシーンを見て。
なんかこう、メインヒロインじゃないんだけど、物語の一番序盤からいる女商人みたいな人が死にかけてて、
あー助けなきゃ、みたいになってて、この人が俺一番仲良かったんだっけ、みたいな感じになった覚えがあったんですよ。
で、たぶん今作でも2の方でもそういう、エンディングっていうか終わりの方でそうなるとは思ってなかったけど、
そういう恋人を作るとか、NPCとの関係性を深めていくと聞ける話とか起きるイベントとかあるんだろうなーって思ってたし、
実際ほら、ほぼ全てのNPCに物をプレゼントできたじゃないですか。 そうだね、できたできた。
だからそれは、たぶん今作でもそういうのがあるんだろうなーって思いながら、普通にプレイしてたら普通にクリアしちゃって、
あれ、そういえば、なんかそういう恋人みたいなのもできなかったし、今作では自宅も持てるじゃないですか。
購入できるから、なんかこう、結婚とかしたらそこに、スカイリムみたいな感じで、自宅に奥さんがいてくれるみたいな感じとかね。
もしくはワンの時みたいに終盤の物語にちょっと絡んでくるとか、そういうのがあるのかなと思ってたら全くそんなことはなくて、
どっちかというと僕はポーンやポーンやポーン、かわいいねポーンって言いながら、メインポーンと楽しく旅をしてたから、あんまりそっちに頭がいかなかったんですよね。
だからよくよく考えてみたら、結構ちゃんとサブクエみたいなのが用意されているNPCたちはいたのに、あんまり深掘りしなかったなーみたいなのがちょっと悔いとして残っていて。
まあ2週目やるとしたら、そういうのをメインでちゃんとやっていくというか。
今ドラゴンズドグマの公式ホームページ見てても、たくさんのネームドの人たちがいるわけですよ。
その人たちが、あ、一番上に来ているこのウルリイケっていうかっこいい弓使いの女の人、一番最初に見ただけで後は一切やってないなーとか思って。
僕もそうだった。 この人絶対なんかあるやつじゃんって思って、今となって。
Speaker 2
めっちゃ心残りなんだよね。 なんならパッケージアートにいますからね、ウルリイ。
Speaker 3
あーって思って。 それは確かに心残りかもね。
Speaker 1
そう、それはねちょっとね、あーって思ってるんですよ。しかもこれちょっと人それぞれ進め方によって違うのかもしれないですけど、いわゆる新エンディングに入ったら、いわゆる世界が一変しちゃうじゃないですか。
新エンディングとウルリイの関連
Speaker 1
そうだね。 新エンディングルートに行くと、世界が一変してマップが一部侵食されていくみたいな表現があると思うんですけど。
Speaker 3
だし、あそこはめちゃくちゃ驚きポイントだったよね。マジかってなった。その展開が悪いって思った。
Speaker 1
もうがっつり1も含めてのネタバレをここでしまーすみたいな感じの終わり、終盤だったと思うんですけど。
そうだね。
だからその一発目の亡くなる地域がそのメルヴェっていう街があるところだったんですよ、僕が。僕の場合は。だからもうウルビー家には会えませんみたいな状態で。
たぶんだからそれも各社がどこの地域をよく行ってたかとか、もしくはその地域それぞれの代表するNPCたちとのその侵攻度合いが一番低いところから消されたりとかすんのかなとかね。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 3
あれは固定なんじゃないかな。
Speaker 1
じゃあやっぱりメルヴェのエリアが最初になくなるっていうのは。
俺も最初になくなってたんで。
あそうなんだ。だからね、ウルビー家なんか絶対意味深な感じの、もう見た目がね、こういったこと言っちゃあれかもしれないですけど、エルデンリングの。
Speaker 3
主人公のね、導き手?
そうそうそうそう。
ちょっと似てるかもね。
Speaker 2
カボタンポジションの子ね。
そうそうそう。
Speaker 3
そうね。
Speaker 1
そうそう。すごいなんか似てるなーと思って。
確かにね。
なんか絶対メインヒロインか、なんかこう本当に物語に結構関わってくる人なのかなーって思って。
だって最初主人公を助けてくれる人ですからね。
うん。
Speaker 3
そうね。
Speaker 2
主人公もあの子を助けてたんだからね。
Speaker 1
そうそうそう。だからすごい縁のある人だからね。
Speaker 3
ちなみに俺はウルビー家のイベントは多分最後までやったんだと思うがね。
Speaker 2
あー素晴らしい。
Speaker 1
本当に最初だけでした。
Speaker 2
僕も最初だけ。
Speaker 3
だからウルビー家は最後飲み込まれてなかったっすよ。
Speaker 1
あー本当に。
Speaker 3
虚無に。
Speaker 2
そういうのだよなー。そういうのを拾っていかねばならないっていう気持ちが高まるんだよね。
Speaker 3
そうなのよ。
だからウルビー家を助けられないか、でっかい巨人を倒せないかみたいな。
みんなこう自白になってるのはちょっとおもろいな。
Speaker 1
だからこっちを選んだらこっちが立たずみたいな感じの作りではなってるんでしょうけど、
さすがにウルビー家はちょっと拾っておかないといけなかったなーって思ってますね。
Speaker 2
どうなのかわかんないけどもさ、取りこぼしをさせるような作りのゲームな気はするんだよね、あのゲームって。
Speaker 1
まあそうでしょうね、たぶんね。全部は全部選べないとは思いますね。
Speaker 2
じゃなくてさ、あからさまに極点勘移動めんどくさいからさ。
Speaker 1
あーなるほどね。
Speaker 2
見逃させる前提みたいな作りな気がしたのよ、個人的にはね。
Speaker 3
全部回ろうとすると相当しんどいみたいな。
Speaker 1
まあそれが周回前提みたいな感じかもしれないですね、もしかしたらね。
Speaker 2
あーまあそうなのかな、なんか周回もさせる気あんまないんじゃないかなっていう気は僕はしたんだよな。
Speaker 3
うん、俺もちょっとそれは思う。なんかエンディングがなんかそう言ってる感じはちょっとするな。
ヒューゴとの選択肢
Speaker 1
あ、でもね、それは本当に僕もそれは思う。
なんかこう、周回したから新たなエンディングが見れますとか、新たな解釈ができますみたいなのはたぶんないんじゃないかなっていうエンディングでしたね。
Speaker 3
っていうぐらいもうなんか有無を言わさないというか、完全に終わりですっていう感じのエンディングだったから、
なに一周目やらなくていいかなって気分になった。
そこの世界はこれが全てですっていうのが。
まあ俺の場合なおかつ、さっきの巨人ことタロスが戦えなかったっていうのは心残りだけど、
割とキャラクター的にはそこそこな人を助けれたので、割と満足だなみたいな感じではあったんだよね。
なるほどね。
まあ唯一ヒューゴだけが死んだんだけど。
Speaker 2
ああヒューゴね、僕もあれどうなったんだろうな。
Speaker 3
盗賊団に入って。
Speaker 2
死んだって名言もされなかったのに、旅に出たって言ってたんだよな。
Speaker 3
じゃあ大丈夫なの?
なんかね。
Speaker 1
ヒューゴってあの若いやつ?
Speaker 2
あの爆バタルに行く前の国境みたいなとこで、表面上いい顔してるんだけども、盗賊団にいるみたいなやつ。
Speaker 3
盗賊団がいるんだよ、ほんと困っちゃうよねって言ってるんだけど、実は自分も盗賊団の一味になってんだけど。
ボスは子供には優しくしてくれっからな、みたいなこと言ってたんだけど、ボスに裏切られて、俺これからどうすればいいんだよ、みたいなこと言ってるやつ。
Speaker 1
そのまま牢屋に入れられるっていうやつね。
あいつは助けられましたね、僕は。
Speaker 2
本当?
Speaker 1
でもね。
Speaker 2
僕半端だったんだよね。
Speaker 1
僕はね、助けられたんだけど、良くないルートだなって思ったんですけど、あの町いくつか商店があって、
多分普通なんか道具屋みたいな、なんでわざわざここの町に来てこんなものを買う必要があるんだみたいなのを取り揃えている道具屋みたいな感じなんですよ。
つまりはおまけの道具屋みたいなのがあって、何なんだろうなって。でもたまにあるじゃないですか、ドラクエとかでもそういうのがあるんですよ。
最後の方の町なのに薬草とかお鍋の蓋とか置いてある道具屋みたいなのがあって、
なんだろうなって思ったら、そこのイベントでそこの主人がなんかこう、なんだったっけな、錬金術かなんかにハマってるみたいな。
で、それの素材を集めてきてくれみたいな依頼を受けて素材を集めてくるんだけど、その奥さんがやめてって言ってくるんですよ、各社に対して。
Speaker 3
それ二人ともやってない? 知らない 知らない やってない
Speaker 1
本当に?やめてって言って。いや、主人はねって言って、家族のためにって言って、商売がうまくいってないから、お金がないから、
自分は錬金術みたいなので一発当てるんだみたいなことを言って、家族のためにって言ってや気になってるけど、どうもあまりにも狂気じみてると。
その、没頭しすぎて。だから怖いから、ちょっともう協力しないであげてみたいな感じで言われて、要するにどっちを選ぶのかみたいな感じになるわけですよ。
これ絶対このまま協力したら良くない方向に行くんだろうな、でも見てえな、どうしようかと思って。 錬金術だしね。
Speaker 3
そう、絶対良くない方になるだろうなって思って。 そこで止めるのもつまんないなっていう感じがあるね。
Speaker 1
そうそうそう。だからなんかこうちょっと板手に合うんかなみたいな風に思ったんですよね。
で、もう言っちゃいますけど、お二人そのテストやってないけど。 全然いいけど。
まあ全部素材を集めてきました。よし、じゃあやってみるぞって言って、その場でやるんですよ。
で、奥さんと娘がいて、奥さんが娘を隣に置いて、あなたやめて、もういいからって言って、別に貧しくたっていいのよとかって、うるさいって言って、やるんだって言って、わーって言って、
ヒカーッと光って、光が収まったら、なんか人の形したっぽい白い砂が床に二人分あるんですよね。
Speaker 2
二人分? どの二人分?
Speaker 1
で、その道具屋の旦那が、あれ?妻もどこに行った?って。
Speaker 3
あー嫌なやつだね。
Speaker 1
あれ?なんだこの砂は?え?これは?まさか。おーって泣き出す。
なんてことをしてしまったんだ俺は!ってなるっていう。もうつらーみたいな。あまりにも急激な展開で。
カツコンさん!って思っちゃってね。いやでも僕はなんとなく予測してたけど、ちょっとでも、すげーなこれって思ってね。
無慈悲だね。 これすげーって思ったんですよ。で、そこからそのお店は開かなくなったんですね。
で、ヒューゴを助けてあげたら、俺でも今からどこに行けばいいんだろう?ってなった時に。
選択肢として、いい働き口があるよっていうことを伝える、みたいな選択肢が出てきて。
で、どこのことだろう?って思ってそれ選んだら、え?あの町に?え?そんなところがあるんだ。
じゃあ行ってみようって言って、そしたらその町でその道具屋やってるんですよ、ヒューゴが。
Speaker 3
そこがフラグになるとは思わんだろうっていうか、そこ働き口になるんだって思うんだよ。
Speaker 1
で、いないんですよ、もうその旦那ももうそこには。どういう経緯でお前はそこで道具屋やってんだ?みたいな感じなんですけど。
ネットコミュニティの盛り上がり
Speaker 2
でも、これで救われたっちゃ救われたのか、でもなーっていう感じ。 経緯が大きいね。
Speaker 3
俺はそのフラグが立ってなかったから、ヒューゴの復讐?要は盗賊団のボスに復讐するって言って、その復讐を俺がやっちゃうんだけど。
で、その後ヒューゴは俺はもうこの後何を目的にしていければいいんだかわからないとか言い出して。
で、クエストは残ってるのよ。で、この後どうするのか見ると、ヒューゴに生き甲斐を与えるみたいな感じのニュアンスのことが書いてある。
でもそれがフラグが立ってなかったから、えーっと思って、いろいろやってバックバトルしてたら、そのヒューゴの話が耳に入ってきて、あいつ死んだらしいぞみたいな。
えー? えーってなって、急に死んだると思って。
Speaker 1
僕そうはなれなかったな。 あの世界だったら、人が一人死ぬことなんていくらでもあるっていう世界なんでしょうからね。
Speaker 3
結構生き甲斐なくなっちゃって死んだみたいな雰囲気だよ。
Speaker 2
原さんってその段階で、ヒューゴはどこにいたの? 牢屋の中にずっといたの?
Speaker 1
いや、牢屋からは出てたはず。 じゃないと多分復讐にはいけないと思いますよね。
Speaker 3
そうそうそうそう。牢屋から抜け出したのかな? ちょっとその辺なんか記憶があやふやだけど。
Speaker 2
牢屋から出たような出てないようなで止まっちゃって、でも死んだとはならなかったね。旅に出たってのが。
Speaker 3
多分盗賊団の情報かなんかを与えてると、自分で出てるのかなあれは。
多分自分で出たんじゃなかったっけな。 そうだよね。で、新しい盗賊団のアジトのところに行って、盗賊団のアジトぶっ倒すと、
そこにヒューゴがヘロッと現れて、お前がやっちゃったんかいって言われるの。簡単に言うと。
Speaker 2
僕はさらに微妙な進捗なのか。僕、自分でドア開けてやったんだな牢屋の。
Speaker 3
あ、そう。それも試したけど出てこないのね、あいつね。
うん、そうそうそう。旅立つ素振りはなかったんだけども。 出ないんかーってなっちゃった。
Speaker 2
僕は散々監守に賄賂を渡して。 渡した渡した。めっちゃ渡した。
Speaker 1
で、同じところの牢屋に捕まってる他の盗賊団の奴らに、
俺も盗賊団なんだぜって言って、いろいろ情報を抜き取って、それをヒューゴに伝えたら裏切られてたっていうことが、
ヒューゴが確信して復讐したいって話になって、春さんと同じようなルートですね。
だから、春さんの状態でも多分早い段階で、ヒューゴの復讐が終わった後でも、
その道具屋のエピソードが進んだら、なんかそういうね、ヒューゴが道具屋に勤めるみたいなことになってたのかもしれないですね、もしかしたらね。
Speaker 3
でも俺たぶんね、そのくらいのタイミングでタロスがどんどん行こうとやってるから、そっちにかまけてったのよ。
で、終わりに向かっちゃってたから、もう全体の流れが。で、それでふと戻ってきたら、あいつ死んでるらしいぞって言われて、マジーってなって。
Speaker 1
もしかしたらそうですね、タロス前か後かで結構フラグの立ち方が違うのかもしれないですね。
Speaker 3
そうね、どちらにしてもたぶん、ある程度次元のフラグだったんじゃないかなって気がするので、
Speaker 1
ある程度早めに生きる目的を挙げないとヒューゴ死んじゃうみたいな。
Speaker 3
それは結構心残りではあったんだけど。
Speaker 1
だからそういうの結構あるんだろうなと思って、全然深掘りしてねーやん、メインのNPCたちをっていう感じですね。
Speaker 3
フラグはね、結構多かったよね。にしてもよくあれだね、全員2つ目のエンディングに行くフラグは全員回収してたよね。
Speaker 2
結構わかりやすくない?
Speaker 3
結構それこそ、カラクリ箱を欲しがる少年にお金をあげるみたいなのをやらないと、新エンドでフラグ立たないじゃない?そもそも。
技術ブログを書く
Speaker 2
そんなことない。2週目でそこは実証済みだ。
Speaker 1
そうなんだ。
Speaker 2
普通にカラクリ箱を買う前に城に突撃してって説得することができたから。
Speaker 1
なるほどね。
Speaker 3
でもカラクリ箱買ってると、ひとイベントあるよね。
Speaker 2
飲み込みが早いだけだった。
Speaker 3
なんか母親と和解するみたいなのあるよね。
Speaker 2
そうそう、でもそれもできるのよ。
関係ないんだ。
1週目でもまた別のところかな、あのゲーム担げるじゃない?人。
Speaker 1
はいはいはい。
Speaker 2
強制で連れていけばいいっていうのが結構あって。
Speaker 1
僕ね、何にも分かんなくて、カラクリ箱持ってるのに担いでもってったわ。
Speaker 2
お母さんが。
やっぱあるんだ。あるよね、たぶんね。
Speaker 3
いいなあ、なんかいろいろなところがさ、いい意味でガバーワンに作られてるからさ、
なんかそういう無茶なことが通用するのが逆にいいなって思っちゃうんだけど。
Speaker 2
うん、でもなんかそういう遊び幅が異常に広いゲームなんだなっていう気がする。
Speaker 3
分かる分かる。
すごいっすよね。
開放が実はいろいろあるみたいな。
そうそうそう。
Speaker 1
明らかにおかしいのにね、各社がお母さんを背負って、「はいどうぞ」ってすべんの部屋に戻ってったら、
母さん実はみたいな感じで喋り始めて、「お、会話が発生した!」みたいな。
Speaker 3
俺はすごいすごいって思って見てたんですけど。
Speaker 2
すごい、絵面としては脳筋各社がね。
Speaker 3
うん。
Speaker 2
親子は台詞を使う。
Speaker 3
公園に。
おら、喋れお前らって。
Speaker 2
そう、喋れ。目を見て喋れって。
Speaker 1
部屋から出てこないみたいなことを言ってるんですよね、確かね、あの時ね。
Speaker 2
そうそうそう。
Speaker 1
「うるせえ!」つって連れてくるみたいな感じ。
Speaker 2
おー、おもしろいなー。
かっこいいよな。
Speaker 3
それぞれの体験がちぐはぐなんだけど、そこを合わせていくのおもろいな、このゲーム。
Speaker 2
勝手に思うんだけどさ、そういう、本当に一人一人全然違う結末を見せようっていうタイプのゲームなんだろうなって気はするんだよな。
Speaker 3
そうね、道中だったりとか、その旅の旅路、全体の旅路をね、どうしたかって。
Speaker 2
見逃させるような作り方みたいな気がする。
Speaker 3
そういう意味でね。それはわかる気がするな。
Speaker 2
僕あの、めちゃくちゃ心残りだったのに、僕エルフの国の存在、シーンエンドルート入るまで気づかんかったんだよな。
Speaker 3
ええー!
俺はギリギリ気づいたぐらいの感じだったな。結構最後、後の方にあった。
Speaker 2
あ、ほんと? ポーンにあとうとさ、私はエルフの言葉がわかりますみたいなこと言うやつ結構いるからさ、
エルフの国あるんだなーってことを思いながら普通に進めてたんだけども、
Speaker 3
わかるわかる。
Speaker 2
自宅買うあそこの国、あそこでそのフラグ的なクエストを受けないと一生気づかんのね。
Speaker 1
でもそっか、たしか武器屋の前にいる弓使いの。
Speaker 3
あいつ、なんか弓、人間の作った弓欲しいなーみたいなことを言ってるやつに。
Speaker 2
そう、あいつあいつ。
Speaker 3
人間の作った弓をあげるみたいなのがフラグの最初だったよね。
Speaker 2
あれ二周目に突入した時に気づいて、オマエかーって。
Speaker 3
そんな重要なアレだと思わんじゃーんみたいな。
Speaker 1
ちなみにお二人は最初の職業というか情報というか何にしました?
Speaker 2
ファイター。
Speaker 3
俺結構テンテンとしてたけど反転したのは弓かな。
Speaker 1
あーもう完全に僕弓だったんですよ、最初は。
弓極めてから次ファイター行ってみたいな感じだったんですよね。
だから弓のコツでブツブツ言ってるエルフがいるから、
俺のオフルだったらいいよあげるよみたいな感じで話しかけたんですよ。
結構序盤に話しかけたから、結構早い段階でエルフの里行ってたんですよね。
Speaker 2
僕たまたまなのにそいつにだけ話してないぐらいにすっぽりあいつが抜けてたんだよね。
Speaker 3
いるだろうな絶対な。っていうぐらい割とどうでもいいイベントっぽい最初のフラグなんだよね、クエストの始まりが。
Speaker 1
確かにね。
Speaker 2
言うなれば、歯振りのいい物語にめちゃめちゃ気を取られたっていうね、地獄だったね。
Speaker 1
僕逆に物語の方は中途半端で終わっちゃってますわ。何にも進められてない。
Speaker 3
俺もあいつ何もやってない。
Speaker 2
僕あいつしっかりやってたけど、ほぼなんだよこれぐらい抜かれちゃってる。
Speaker 3
本当に?割とどうでもいいあれだったんだ。
GPT-4の圧倒的な実力
Speaker 2
あの辺の広場にスヴェンもいるしさ。
Speaker 3
結構フラグ固まってるよね。
Speaker 2
いっぱいいるよね。なぜか知らんけどエルフだけ完全に見落としたのよ。
Speaker 3
そんぐらい割とどうでもよさそうなあれに見えるから。
俺だってしかも最初エルフに一回弓渡して、弓矢の試験があるからそれについてきて欲しいんだみたいな言われるじゃない。
でもちょっと他のことがあるからやってたら、またあの弓欲しいなって戻ってきてたからね。
へえ。やり直しにあげたんだ。
そのパターンもあんの?とか思って。
Speaker 1
一応次元クエストみたいな感じではあったんだ。
Speaker 2
リマインドに帰ってきたみたいなね。
Speaker 3
お前あげたよねって思いながら。どうしたのあれって思いながら。違うやつなの?みたいな。
Speaker 1
あのあたりうろうろしてると、アリエンやろみたいな感じの敵の入ってき方しません?
Speaker 2
あ、いるよね。
Speaker 3
ドラゴン入ってきたなあそこ。ドカシャーン。
Speaker 1
ドラゴンも入ってきた?
Speaker 2
入ってきた。ドラゴンいた。
Speaker 3
ドレイクか。黒いドラゴン。あいつが殴り込んできて、街の中ひっちゃかっちゃかですよ。
Speaker 2
そうそう。あるよね。
Speaker 3
よかったー。クイージー撃ちしなくてみたいな。
Speaker 1
リザードマンとかが普通に階段を降りてきて、ウェーイって降りてきて。戦闘が始まったり。
Speaker 3
ゴーリン、リザードマンが普通に街の中に侵入してる時あるよね。
Speaker 1
サイクロプスがいきなりフォーンといって、え、どうやって入ってきたのお前?みたいな。いつからいた?みたいな感じの。
Speaker 3
あの辺もなんか、ある意味、いい意味で適当になってていいよね。
普通なんか、一般的なゲームだったら街の中は安全地帯だよね、みたいな感覚があるけど、普通に敵入ってくる。
まあそりゃ衛兵は必要だよね、逆にって思うみたいな。
Speaker 1
だから、敵が街に入ってくるって相当なことだから、モンスターが街に入ってくるってね。
まあ確かにね。
各社だから対処できてるものの、みたいな感じじゃないですか、あの辺の。でっかい。サイクロプスなんて中ボスレベルだから。
Speaker 2
でっかいのはね、そうだね。
Speaker 1
普通の街の人たちはもう斬殺されて終わりじゃないですか。
Speaker 3
でもやっぱ、今作ではNPCが死ぬっていうことが結構意味を持つというか。
Speaker 1
で、NPCを生き返らせることさえもできるからこそ、
Speaker 2
すごいよね。
Speaker 1
それってなかなかないじゃないですか。
ような仕組みだよね。
しかも死んだその死体があるところで、アイテム使ったら生き返らせることもできるし、
そのしばらくしたら遺体がなくなって、なくなった状態でも、なんかこう、なんだっけ、なんか脳骨堂みたいなところに行って。
安置所がね、遺体安置所がね。
そこで知り合いのちょっと遺体探してんだけどみたいな話したら、
こいつみたいな感じで復活させられるみたいなシステムっていうのが、
本当に自分がどのNPCを最後までこのゲームの中で残しておきたいのかっていうのを選べるっていうシステムとしてあって、
これはなんか今までありそうで全くなかった、なんかおもろいシステムだなっていうふうに思って見てましたけどね。
それを復活させないといけない状況を作るために、
ああやって忽然とこう、いきなりモンスターが街の中に出てきて、
うおーみたいな戦わなきゃいけないみたいな、お前ら俺に近寄るのは間違って、
当たっちゃったら俺が怒られるんだからみたいな感じで戦うみたいなね。
Speaker 3
あるよな。
そのためだとも言えるし、単純に事故的な死んだ時の回収だというか、
ある意味殺すこともできる自由度に対しての回収というかね。
あとは竜付き云々の話もあるかもしれない。
Speaker 1
まあまあまあそうですね。どうですか、小平さん竜付きなりました?
Speaker 2
ならなかった。それこそネット上でそういうのがあるっていうのは見てしまったから、
ああ知ってしまったーって思いながら、ネットでよく見る対処法みたいなのなんかしたくないなーって思って、
その状況になったら受け入れようって思ったんだけど、ついそうにならなかった。
Speaker 3
そうだね、俺もだいたいそんな感じ。最初の方はあんまり情報見ないようにみたいな、
竜付き情報
Speaker 3
なんかそういうことがあるらしいけど、それの竜付きになったらこういうことをするみたいな情報ができるだけ見ないようにみたいな、
なんとなくしてたんだけど、まあならなかったね。
Speaker 2
ゲーム中でもね、言うじゃない?ポーンさんたちが。
Speaker 3
ああそうそう、なんかね。
Speaker 2
ウイルスみたいな。
ウイルス情報ではみたいなこと言い出す。
Speaker 3
疫病、ポーンだけに感染する疫病が流行っててみたいなね。
Speaker 2
すごい匂わすじゃーんってずっとこうなんかね、そわそわしてたんだけどついそうにならない。
おいお前早くなれよみたいなことを。
Speaker 1
いや僕はね、なんかこうストーリーに関わってくることなんだろうなって勝手に思い込んじゃって。
Speaker 2
ああそれも思った。
そうそうそう、だからどっかで強制的にフラグ立つ。
Speaker 1
そうそうそう、で自分のポーンが流付きになっちゃって、そのポーンとして動けなくなっちゃったけど、
それを助けるためにいろいろ奔走してたら物語の革新に近づいていくみたいな感じなのかなって思ってたんですけど、
全然違うんですよね。
Speaker 2
そうそう、なんかちょっと思い出したんだけどさ、シンエンドルートに入るときにさ、
Speaker 1
あああったあった。
Speaker 2
メインポイントはぐれるじゃない?
あの時さ、みんながどうなのかわからないんですよ。僕のポーンはホネスオくんで言うんだけど。
Speaker 1
なんか聞き覚えがあるな。
Speaker 2
あのホネスオくんがね、いつも各社様って言ってたのに、シンエンドルートで再開したときだけ、
うちのマスターがみたいなことを言い出して。
Speaker 1
ああ言ってた。
Speaker 2
お前どうした?って思って、これが流付きか?って思ったんだけども。
それはちょっと違うんじゃないかな。
Speaker 3
関係なかった。
Speaker 2
お前どうした?って思った。ホネスオどうした?って。
リュウツキ
Speaker 1
いやでも、シンエンドの方でメインポーンが最後流付きっぽくなるじゃないですか。
Speaker 2
なるね、本当に最後にね。
Speaker 1
ね、その本当に最後の最後のところで、なんかこうちっちゃいドラゴンになって、
変身して、うおーっつって変身して、タイアタリーみたいな、頑張るみたいなところがあったと思う。
Speaker 3
各社様!
Speaker 1
そうそうそう。あれはあれで熱い展開で別に全然いいなと思うんですけど、
やっぱ流付きっていうものの前提知識がないと、なんかよくわかんない。
え、なんで突然そんなことになってんの?っていう風になりかねないよなっていうのはやっぱあったかなーっていう印象ですね。
結構その、本当に僕も全くゲーム内でそういう現象がなかったから、
まあなってて気がついてないだけかもしれないんですけどね。
Speaker 3
まあそうね、それは全然あると思う。
実際、最後の祝福なき世界みたいなさ、あそこに行くと実質寝れないじゃない?
Speaker 2
寝れない。
Speaker 3
で、流付きが発動するのって寝た時なんで。
Speaker 1
そうっすね。しかも宿屋じゃないとダメなんすよね、あれはね。
Speaker 3
うんうん、らしい。
Speaker 1
キャンプで寝るんじゃなくて、宿屋だって流付きになってる状態で宿屋で寝ると、
街の人たちが全滅してるみたいな。
Speaker 3
そもそもその祝福なき世界に行っちゃうともう寝れないから、
だからもしかしたらあの辺でなっててもおかしくないなと思ってたんだけど、別に寝れないし。
Speaker 1
キャンプとかは使えないですからね。
Speaker 3
まああの状態で流付き発動したらもう地獄。さらに地獄だけどね。
Speaker 1
どうしようもないです。確かにね。
なるほどね。
さっき調べて初めて知って、なるほどって思ったんですけど、
なんかこう電線病みたいな感じで言ってるから、てっきり僕は増殖していくものだと思ったんですけど、
移ったら元のポンは治るみたいですね。
Speaker 2
えーそうなんだ。
Speaker 3
じゃあなんか縄投げみたいなこと?
Speaker 1
そうそうそうそう。
Speaker 3
怖っ。
Speaker 1
だからキャンプで一夜を共にしたら、仮に自分のメインポンが流付きになってて、
それでサブのポンが残り二人いるじゃないですか。
でその二人に移って自分のメインポンは治ってるみたいな感じらしいですよ。
へえー。
だから知らないうちに行き来はしてるかと思いますよ。
Speaker 3
そうか、かもしんないよね。
Speaker 1
レンタルポンが流付きで、自分のメインポンにキャンプで移って、
知らないうちにもう一回キャンプ使って、また違うポンに移ってみたいなことは、
あったんじゃないかなと。