1. ゲームなんとか
  2. Lv.104|おたよりをなんとか V..
2024-04-29 1:35:06

Lv.104|おたよりをなんとか Vol.19

spotify

Lv.104配信です。

//// 出演 ///////////////

こへいHARUDan

//// キーワード ///////////////

最近なにしてた/ユニコーンオーバーロード/ディアブロ4/SANABI/マナーロード/ストーカー2/ヘルブレイド/こへいさんリスペクト/2019年からのおたより/あえて不便な仕様/ドラゴンズドグマ2/神田さん登場回

//// チャプター ///////////////

()|OP「最近なにしてた」
()|本編「おたよりをなんとか」
()|ED

//// 番組へのおたより ///////////////

番組へのおたより・メッセージは番組ウェブサイト( https://gamenantoka.com/ )または gamenantoka@gmail.com へお送りください。

//// 番組YouTubeチャンネル ///////////////

ゲームなんとかの今後の活動の幅を広げるため、さらなる番組リスナーさん増加を目指してYouTubeチャンネルを開設しました。ポッドキャストと同じ音源を配信だけではなく、動画ならではの取り組みも挑戦していこうかと思いますので、ぜひともチャンネル登録をお願いいたします。
https://www.youtube.com/c/gamenantoka

//// その他 ///////////////

■ハッシュタグ
番組の感想やリスナーさん同士の交流には #ゲームなんとか をお気軽にお使いください!

■番組twitter:@gamenantoka

00:16
Speaker 1
皆さん、こんにちは。こへいです。
Speaker 3
HARUです。
Speaker 2
Danでございます。
Speaker 1
ゲームなんとか第104回です。
Speaker 3
はい。
Speaker 1
この番組、ゲームなんとかは、ゲームが上手くもなければ詳しいわけでもないけれど、
ゲームの話がしたくてたまらない3人が、とにかくゲームの話をするポッドキャスト番組です。
毎週月曜0時配信です。今日も元気に話していきましょう。
Speaker 2
はい、お願いしまーす。
Speaker 3
お願いしまーす。
Speaker 1
今回は3人会でございます。
Speaker 2
はい。
Speaker 3
いやー、久々な感じがすごい。
Speaker 2
いやー、HARUさんおかえりなさーい。
Speaker 1
おかえりなさーい。
Speaker 3
ちょっと海外行ってたりとか、実はしてたんですけど、あんまり気にせず。
それ以前にゲスト会が立て続いてて、収録が飛ぶ飛ぶみたいな。
久しぶりです!って感じがすごい。
Speaker 1
HARUさんと僕、まあ、ダンさんもそうなんだけど、だいたい1ヶ月ぶりくらいに、
そうですね。
話すことになりましたね。
そうそう。
まあね、今日のオープニングは、3人揃って話すのが久々っていうのもあるんで、
最近何してた?みたいな話をできればなと思うんですけども、
一応、提携のご案内としてね、
この番組オープニングトーク長いのでね、
オープニングトーク最初にして、本編と続いていくんですけども、
いかがで本編聞きたいよっていう方は、
Podcastアプリのエピソードの概要欄のとこに、
チャプターを記載してますんで、そちらをご活用いただければなと思います。
はい。
というわけで、3人で撮ったのが、レベル100?
カンストの回以来で、
Speaker 3
収録で言うと3月末ぐらいから、
Speaker 1
1ヶ月。
本当に1ヶ月空いてるよねっていう感じなんだけども、
最近何してた?
Speaker 3
それこそダンさんと収録したドラゴンズドグマは、
やってましたけどクリアしましたよ、さすがに。
Speaker 2
そうですね、一応僕も、
1周目クリアまではしたかなっていう感じですかね。
Speaker 3
ちなみにあれなんでしょ? コヘイさん始めたんでしょ?
Speaker 1
うん、僕ユニコーンオーバーロード終わって、
ドラゴンズドグマ行って、
ドラゴンズドグマクリアして、
ちょっと納得いかねえなって思って、もう1周走って、
もう1周やってる途中に、さすがにしんどくなってきた。
あの、今日サンナビ買ったっていうところですね。
なのでサンナビを始めました。
ドラゴンズドグマ2周目を、ちょっと心が折れかけてますっていうところですね。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 1
僕は最近そんな感じですよ。
いや、はるさんとかドグマ2いったんじゃもう終わって、
今何やってんの?
Speaker 3
ユニコーンオーバーロードに戻ってきた。
Speaker 1
なるほどね、戻ってきたのね。
Speaker 2
一時中断してたんですね。
Speaker 3
ドグマに勢いよくワーって行っちゃって、
03:03
Speaker 3
結果ちょっと置いといたんで、
ユニコーンは今日時点で、やっとラストフェーズまで来た。
おお、いいじゃないの。
あとはもう、ゼルダでいうところの、
ハイラル城を脅しに向かうみたいなフェーズですわ。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 3
なのでもうちょいでユニコーンもクリア。
Speaker 1
ユニコーンオーバーロードね、
はるさんのどんな感じかわかんないけども、
僕もクリアした段階で、
今回ユニコーンオーバーロードに関しては、
結構トロコン行けそうだなっていうところまで行ってたから、
エンディング迎えた後、ちょっと調子こいてトロコンまでやっちゃった。
Speaker 3
でもなんか俺も結構しっかりミッションとかサブミッションみたいなのあるじゃない?
もうほとんど埋めてるから、割ともしかしたらそれに近いかも。
Speaker 1
そうそう、多分そうだと思うよ。
なんだかんだあれやっちゃうじゃん、小さいクエスト。
Speaker 3
全部埋める。
違う違う、全部埋めなきゃいけないわけじゃないのは全然わかるんだけど、
いやでも普通にやるじゃんこれっていう感じで全然やれる。
Speaker 2
そうなんだ。
じゃあやり込み要素みたいな雰囲気ってよりは、
普通に攻略のためにやりそうな感じってことですね。
Speaker 3
その辺のバランスも上手いんだよね。
Speaker 1
サブでやるミッションはそんなに長くなかったりするし。
Speaker 3
抵抗感なく普通にやっちゃうんだよね。
結構パーティー調整をしながらの気分で、
ちょっとレベル調整とかする気分でちょっとずつやれるみたいな。
Speaker 1
こいつらを鍛えておかないと、こいつらあっという間に2軍だぜみたいなことを思ってる奴らを突っ込ませるみたいな。
Speaker 3
あのメンバーのゲーム設計もうまいよね。
Speaker 1
意外と一周普通にクリアしたところから、
ここちょっとやればトロコンじゃねえの?ぐらいのところまで多分いってると思うよ。
Speaker 3
じゃあそれちょっと狙ってみよう。
トロコンってことはプラチナ取ったってことか?
Speaker 1
そうそうそう。
僕の累計3本目か4本目ぐらいのトロコンでございます。
Speaker 2
そんなにトロコンしてんだな。
Speaker 1
ユニコーバロードは楽しかったね。
Speaker 3
ユニコーバロードもそうだね、楽しいね。
俺でもドラゴンのドグマと下手したらどっこいどっこいぐらいプレイしてたけど時間。
ユニコーバロードそんな時間かかるもんっていう。
Speaker 2
ドグマ結局クリアするのにどれぐらいかかったんですか?
Speaker 3
多分6,70ぐらいかかってんじゃないかな。
Speaker 2
両方それぐらいだったような気がする。
Speaker 3
ユニコーバロードも俺そんなかかってる気がしてないんだけど、
プレイ時間見るとそんぐらいになってて、あれ?みたいな。
Speaker 1
でも原さんあれだね、原さん最高難易度とか言ってなかったっけ?
Speaker 3
そう、難易度MAXでエキスパートでやってるから多少それのせいで長いのかもなと。
Speaker 2
なるほどね、でもエキスパートでやりたいと思えるほどってことなんですね。
Speaker 3
エキスパートのタクティックステップっていう難易度でやってたら途中でぬるくなってきちゃったよ。
これはちょっと手応えなさすぎるなと思ってエキスパートに途中であげたみたいな。
感じで今ちょうどいいなと思ってやってる。
06:01
Speaker 2
なるほど。
Speaker 3
20回に1回ぐらい死んだみたいな。
あ、やべえみたいな。あ、詰んだこれみたいな感じで死ぬときは時々ある。
ちょうどいいよ。
Speaker 1
なるほどなあ。
でもいいね。
もうちょいで終わりそう。
Speaker 3
ただ同じような世界観というか、同じようなハイファンタジーをペースにしたゲームを連続してやってるから設定情報がちょっと頭の中でこっちゃつくね。
Speaker 2
確かにね。
Speaker 3
ちょっとダブルとかあるんだわ。
ゲーム性がほぼ真逆なんだけど。
Speaker 2
まあ確かにね。
Speaker 3
ニコホーバーロードはもういかに省略できるかみたいな話じゃん。
事細かにオープンワールド見て描かないじゃん。
ゲームっぽいゲームだけど。
ドグマはどちらかというともういちいち全部1から10までショートカットさせないでやるっていう楽しさがあるゲームだから。
全然ゲーム性が違ってね。
その辺は面白いなと思う。
Speaker 1
ダンさんは最近何やってたの?
Speaker 2
そうですね。もう本当に僕は最近はゲームパスにお世話になりっきりで。
まあまあ言うてそんなに本数やってるとかじゃないんですけど。
ちょっと前にディアブロ4がゲームパスに来まして。
ずっと気になってはいたんでね。
去年発売されてからやっぱりすごい話題にもなってたし。
まあまあちょっと触ってみるかっていうのでちょっとプレイしてみてるという感じなんですよ。
Speaker 3
ハクスラの金児島ですわね。
Speaker 2
そうですね。
Speaker 1
どうなの?どうなの?
Speaker 2
いやディアブロシリーズやっぱね日本人の僕らからするとちょっとディアブロシリーズなじみないけど好きな人はめっちゃ好きみたいなイメージあると思うんですけど。
まあ本当にザ・ハクスラっていう感じですね。
でグラフィック的にはいわゆる見下ろし型の自分の操作するキャラクターがだいぶ小さめに作られてるんですけど。
それでもそんな感じなのにグラフィックの良さを感じるぐらいグラフィックがいいです。
あのムービーシーンとかはもうとんでもなくいいです。
嘘でしょっていうぐらいすごい作り込まれているグラフィックでめちゃめちゃやっぱ面白いですね。
単純にハクスラっていうのもおもろいしそのジョブというか具体的になんていう表現してたかわからないですけどその職業が選べるんですけど。
多分どの職業選んでも多分超気持ちよくプレイできるんだろうなっていうのがあって。
で追加の要素自分の使ってる武器とか技とかの追加の要素があまりにも多すぎるし。
ハクスラだから拾った武器にまた別の要素があってこれどっちを使えばどう強いんだろうみたいなのがあんまり理解できないまま戦ってたらレベルが上がって。
そうすると今まで使ってた武器が弱くなっちゃうみたいなね。
結局お前は何だったんだって思いながら自分で分解するみたいなのを繰り返してるみたいなね。
09:06
Speaker 3
ハクスラのゲームって武器に溺れるよね。
Speaker 1
そうそうそう。
Speaker 3
どんどん新しい武器出てくるからもうどっちもいいんだけどどうしようみたいな。
Speaker 2
そうそうそう。でも大体何選んでも気持ちよくなれるんですよね。
Speaker 1
ああなるほどね。
Speaker 2
意味は分かんないんだけどどういう原理って思うんだけど何かのついでに爆発してくれるみたいな機能が追加されたりとかするともういいですね。
僕は弓アーチャーみたいな感じの弓使いみたいなシーフで弓も使うみたいな感じのキャラクターにしてるんですけど
基本的には遠距離でガチャコチャガチャコチャ弓を引きながら矢を当てつつ敵がうわーって寄ってくるんで。
寄ってきたら薪菱を巻くんですよ。薪菱を巻くと同時に操作キャラが後ろにだいぶバックジャンプしながら薪菱を巻くんですよね。
だから距離を空けつつ薪菱巻いて薪菱を踏んじゃうと敵はスローになるんですよ。
その間にまたガチャコチャガチャコチャやりつつ薪菱を踏むと一定確率で敵が爆発するみたいな機能がついたりするとやってて気持ちいいってなるんですよね。
その薪菱で敵の軍団を薪菱でスローにしつつダッシュしながら切り込むみたいな技もあって、そうすると敵を通り抜けて向こう側に行くんですよ。
だからみんなオークみたいなゴブリンみたいな奴らが群れをなしてワーって来るじゃないですか。
自分に向かって来るから薪菱巻いてガチャコチャガチャコチャやって、ある程度もう接近され尽くしたらジャキーンって言って薪菱の向こう側に飛んで。
みんな薪菱を返してワーって追いかけてくるみたいなのが、こいつら。
こいつらまんまと俺の策に引っかかりあがってみたいなことをずっと繰り返しやってるみたいな感じですね。
でもやっぱり飽きないんですよね。
それはあまりにも多種多様な武器たちの構成と、どういう風に自分の能力をステータスを育てていくかみたいなところとか。
武器にももちろんいろんなジェムをこいつに付けたらさらにここの部分がパワーアップするみたいな。
何が何なのかよく分からないまま強そうなやつ付けとけみたいな。攻撃力が一番高いやつ付けとけみたいな感じでプレイしてますけど。
本当にハマった人は理論値とか求め出したりするんでしょうね。
Speaker 3
組み合わせね。
Speaker 2
そうそうそう。僕はそんなのよく分からないままやってますけど。
今言ったプレイで全部ボスでもなんでもどんな敵でもやってますけど。
本当だったらもっといろんなタイプの武器選んだりだとか。
こういう敵の場合にはこういう構成でいくみたいな感じであるんでしょう。
ハクスラだからいろんな武器大量に拾うんで、武器庫みたいな保管庫みたいなのが用意されてるんですよ。
12:08
Speaker 2
一切僕使ってないんですよね、それ。
Speaker 3
常に手に入れたものをリサイクルにかけてるみたいなこと?
Speaker 2
そうそう。売るか分解してるかみたいな。分解して部品にするかみたいな感じに僕はしてるんですけど。
Speaker 3
じゃあ戦闘スタイルは変えずにずっといってるみたいなこと?
そうそうそう。
Speaker 2
逆に珍しいタイプかもしれないですね。そんなことないのか。
Speaker 3
いや分かんないです。
Speaker 2
結構武器とか拾ったもんでこれ面白そうって変えがちだったりするかもしれない。
僕はね、シーフを極めるみたいな感じになってますね。
それもできるようになってるイメージは確かにある。
もちろんそうですね。だからいろんな選択肢がある中でどういうパターンでもクリアできるようになってるんだろうな。
またすごいのがフルボイスなんですよね。しかも日本語の。
Speaker 3
ボイスのローカライズもちゃんとしてるんだね。
Speaker 2
そうっすね。だからすごいかっこいいなみんなって思いながらね、見てますね。
Speaker 3
すごいなあ。いいじゃないですか。
Speaker 2
全然なんていうか、どういう物語になるのか全く分かんないっすよ。
Speaker 3
そうなってても。
Speaker 2
そう、フルボイスでいっぱい喋ってくれてるんだけど、何にも分からない。
Speaker 3
とりあえずなんか地獄放映みたいな話なのかみたいな。
Speaker 2
そうですね。なんかこう、いろんな宗教の人たちがああだこうだ言いながら、主人公はいろんな人たちに協力してみたいなことをとりあえずクエストクリアしていってみたいな。
ただ戦闘が楽しいみたいな感じのプレイになってますね、今はね。
でもディアブロは世界観めっちゃ作り込まれてるみたいだから、2年くらい前にその3までのストーリーの時系列をまとめた動画とかを見てたんですよ。
その1の主人公がこういう存在でみたいなっていうのを全部こう続けて解説してくれてるのを見て、おもしれーと思って見てて。
だから4やりてーと思ってて、よーしって思ってやり始めたけど、全然もう分かんないですね、ストーリーが。
これは誰なんだみたいな。どういうことなんだみたいな。だからまたしばらくしたら解説見るんだろうなーっていう感じがしますね。
Speaker 3
話あんまり重要そうなゲームじゃなさそうだなーみたいな、なんとなくあるけどね。
Speaker 2
そうですね。そんな感じですかね。
Speaker 1
なるほどね。そうかそうか。なんか興味本位で聞いちゃうけどもさ、春山ダンさんは今やってるやつが終わったら次何やろうとかって考えてるのある?
Speaker 3
困ったねー。困ったよ。
Speaker 1
まさに僕今ちょっと悩んでるところがある。
Speaker 3
これちょっとね、フォーラウト4を今更やろうかなーと思っちゃって。
Speaker 1
あーわかるー。
Speaker 3
あの次世代対応するでしょ。
Speaker 1
そうなんだ。
Speaker 3
フォーラウトシリーズとPS5対応のアップデート25日だからもうこれ配信した頃にはもうかかってるのかな?をするらしい。収録時点であさって。
15:06
Speaker 3
だからユニコーンの後にちょっと俺はちょうどよくね、ほらちょうどここまで撮っといたフォーラウト4がクリアしてないので。
クリアしてなかった。
クリアしてないんだ。そうか。プレイはしてたけどっていうことか。
ちゃんとやってたし。中途半端に勝ちって終わってますし。
まあ少なくともストーリーメインのねフォーラウト4はクリアするのにはちょうどいいタイミングなんじゃない?なんなら今アマプラでフォーラウト見てますから!
Speaker 1
そうなの。僕も見出してね。
Speaker 2
あ、そうなんだ。
Speaker 1
そう、フォーラウトのドラマー。あれも見切ったらここで話したいなって思っちゃうくらいだもんね。
Speaker 3
そうね。
Speaker 2
本当に。
Speaker 1
まだ1話しか見てないんだけどもね。
すごいフォーラウトじゃん!ってヤンヤンくん見てたら。
Speaker 3
俺うっかりさ、1話から3話くらい見てさ、飯に食べながらでも見れるかなと思ってさ、4話くらい見たらさ、本当にひどい内容で。
いやーなんで俺見れるかなと思って飯中に見たら何の内容これなんだよっていうくらいのひどい内容で。
Speaker 2
あ、そうなんだ。それはこうちょっとグロいみたいな話ですか?
Speaker 3
まあそうっす。結構ね、そっち側も思い切った回があるので。
Speaker 2
でも確かにね、フォーラウト、ゲーム自体もね、そこそこね、ちょっとグロテスクな要素っていうのはあったりするし。
一番最初に出てくる敵、ラッドロッジですからね。
Speaker 3
そうね。その回もバッチリラッドロッジも出てきたし。
Speaker 2
あ、出てきた。
Speaker 3
あんなことやこんなこともあったし。
Speaker 2
へぇー。
Speaker 3
あーやめてくれよーっていうような描写がいっぱいあって、うわ飯中に見るのは完全に間違ってたけどフォーラウトとしては最高っていう。
Speaker 2
あ、そうなんだ。
あー見たいなー。
Speaker 3
思い切ってて最高みたいな。
Speaker 1
ねー。
へぇー。
そうか、まあ確かになー。これをチャンスと見てフォーラウトは確かにありだね。
Speaker 3
うん。それはちょっと思ってるかな。
Speaker 1
なるほどなー。
Speaker 3
おいさんは?
Speaker 1
そう、僕ね、僕今ねサンナビ買ったんですよ。
うんうん。
二人がサンナビって知ってる?僕もあんまり分かってない。
Speaker 3
タイトルは知ってますよ。
名前はなんかツイッターで見かけたことあるけど。
Speaker 1
そう。僕もこうツイッター上で空気感としてすごい感じがするぞっていうのだけキャッチしてたんで。
Speaker 3
うんうん。最初はローマ字で書いてあるがタイトルがサ、サ、サナビ?ってなるやつでしょ。
Speaker 1
そう。ローマ字読み読みだそう。
どこの言葉?
Speaker 2
サナビって思ってね。
うんうん。
Speaker 1
あれ買ってまだ1、2時間しかやってないっていうところではあるんだけども。
うんうん。
そこに至る経緯としても、ドグマ2を遊んで。
僕正直不本意に1週目早く終わっちゃった気がしていて。
うんうん。
逃したクエスト多かったなーっていう気持ちがあったんで、2週目このまま突っ込んでいったーって突っ込んでみたんだけども。
さすがに先の展開全部してるとしんどいなーって割となりましたね。
18:02
Speaker 2
まあまあまあまあそうですね。
Speaker 1
でなって、ドグマ22週目完遂は厳しいか、じゃあ次何やろうかって思った時に、頭の中でちらついたのはセブンリバースだったのよ。
Speaker 2
ああ、はいはいはい。
Speaker 3
チラチラ来てるよね。
Speaker 1
そう、セブンリバースはチラチラ来ていて、これは避けては通れないのは分かっていると思いながら。
Speaker 3
めっちゃ評価いいしね。
Speaker 1
そう、めっちゃ評価いいんだけども、めっちゃ長いっていうのが事前情報で感じるのよ。
Speaker 3
うーんってなっちゃうよね。
そこのバランスが難しいなーって。
Speaker 1
今このドグマを終わったこの気持ちで、セブンリバースは重すぎるっていう気持ちがどうしても働いてしまって。
そうですね。
何か短めのやつをって思って、サンナビに飛びついたっていうのが今なんですよね。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
なんで、サンナビが終わった時にセブンリバースに行ける気持ちに整い直しているかっていうと、ちょっと自信がないっていうのが今なんですよね。
サンナビ終わった後、何やろうっていうのがね、今セブンリバースがチラチラしながらも、
いやセブンリバースまだまだ整ってない、気持ちが整ってないっていうところで、もう一歩何か挟みたいなーって気持ちもまだチラついてるっていうこの子供に思うような。
なるほどね。
Speaker 3
そう、どうしようかなって感じはあるよね、正直ね。
Speaker 1
どこに行くかといって、うかうかしていて、エルデンリングTLCとかも掴んだら、これまたやばいぞって思ってるから、それも行ったらやあかんかもしれんって思ってるね。
Speaker 3
6月だっけ?
Speaker 1
うん。
Speaker 3
来ちゃうね。
Speaker 1
あれも飛びついたら結構、心血注いでしまう気がしならないので。
Speaker 2
まあまあそうでしょうね。
Speaker 1
あれをやっちゃうと、またセブンリバースでやる気持ちが乗らなくなるんだよね。
そうなんだよなあ。
Speaker 3
めっちゃ評価高いから、やりたいのは山々なんだけど、ボリュームがちょっと恐ろしい。
いやほんとだよ。
行くはあるんだよね、ちょうど。
Speaker 1
全然ネタバレ見ようとか思ってない中でも、クリア報告とかだけツイッターとかで流れてくるよね。
いやあ、プレイ時間90何時間、カミケでしたみたいなこと聞くと、90何時間みたいなこと。
まあ、やっぱ重くなっちゃうね。
Speaker 3
で、やり始めたらしっかり楽しませてくれるんだろうなっていう感じは、すげえ伝わってくるんだけど。
やり始めるまではちょっと腰重くなっちゃってた。正直。
Speaker 1
そうなんだよ。そうなんだよ。今悩んでる。
セブンリバースに至るまでの道筋を今悩んでるもん。
なるほどね。
ちなみにサンナビはどうなの?
サンナビはね、でもね、評価が高いんだよなっていうのは、なんとなく世間の雰囲気から感じてはいるんだけども。
なんか2Dアクションっぽい?
そうそうそう、横スクロール、構図的にはロックマンみたいな構図っていうのかな。
で、ロックマンとかで言うバスターみたいなのがなくて、ワイヤーアクションみたいなので、ダメージを与えるような、
21:02
Speaker 1
ダメージを受ける床とかを踏まないように、ワイヤーアクションで壁にフック引っ掛けて、スパイダーマンみたいな動きをしてステージを攻略していく。
敵も出てくるんだけども、ワイヤーアクションを使って、体当たりっていうと違うんだけども、体当たりみたいなことをするんだね。
それで攻撃みたいなことになるので、移動と回避と攻撃が全部同じアクションで統一されてるみたいな。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 1
ロックマンみたいに、一撮りしてバスター撃つみたいな感じではなく、常にワイヤーアクションで避けながら狙い定めて、そのまま攻撃のために突撃して、またここで気を抜くと落ちるから、またすぐワイヤー引っ掛けて、みたいなことをするっていうかね。
Speaker 3
じゃあ基本近接がメインみたいな感じなの?
Speaker 1
そうそう、そんな感じ。
なるほどね。
でもここからそんな追加アクションが出るっていう感じはないだろうなと思っているので、ずっとそういう感じなんじゃないかなと思ってるんだけども。
Speaker 2
じゃあそれこそロックマンみたいにいろんな武器が手に入ってみたいな、そんな話ではないってことか。
Speaker 1
そういう感じではなさそう。
ゲームプレイとしては、プレイアブルの部分としては、わりとシンプルめな内容かなっていう風に感じてて。
ストーリー的には、どうなるのこれ?何が起きてるのこれ?みたいなのをずっと今のところ見てて。
サンナビって何?って思い続けてる感じだね。
Speaker 3
そうね、名前から想像できないけど、主人公の役職みたいなの。
サンナビ。
Speaker 1
名前?
これあんまりネタバレするとあれかもしれないので、結構ぼやかしてるけども。
とりあえず、正体不明の何かくらいの感じで、冒頭としては、そのワールドが出てきて。
そのサンナビとは?みたいなのを追っかけていく、主人公はあれは元軍人?
手にワイヤーついてる軍人さん?
Speaker 2
手にワイヤーついてる軍人?
Speaker 1
そうそうそう。ビジュアルとか見てなくて、ゲーム中のドット絵でしか見てないけども。
物語の導入というか、元軍人が元気復帰するみたいな感じは、スネークみたいだな、みたいなことを思いながら。
でも手に仕込まれてるのが、石狼みたいだなって思いながら。
でもゲームのジャンル的にはサイバーパンクって言ってるから、サイバーパンクなんだよなって思いながら。
すごいまた掴みどころがない感じで、このゲームはどうなっていくの?っていうのを思ってるね。
Speaker 3
サイバーパンクなんだね。
Speaker 1
公式ではないのかな?レビューとかでサイバーパンクっていうワードが見かけたのかな?
Speaker 3
スクショを見てるとサイバーパンクっぽいのと、全然普通に後ろに木が生えてるみたいなやつと結構混ざってるから。
24:01
Speaker 3
世界観的にはサイバーパンク的な。
Speaker 1
サイバーパンクっていうことが、すごいゲームシステムに影響を持ってるかというとそうではないんだけども。
舞台設定としてはそうだろうなっていう感じかね。
なるほどね、世界観。
ただプレイ時間はそこまで長くないっぽいのでね。
何かこう、短い時間でサクッと楽しめればいいなと思って。
なるほど。
ちょうどね、これ配信した時は終わっちゃってるのかな?
僕スイッチ版買ったんだけども、スイッチでちょうどセールで20%くらいだったんだよね。
春のスプリングセールみたいなね。
それがちょうどよかったんで、手を出しちゃいましたっていうところがあったかな。
Speaker 3
いいね。移動が早そうでいいんだ。気持ちよさそう。
Speaker 1
結構ね、失敗こいてリトライするんだよね。
Speaker 3
まあまあそうでしょうね。サクサクリトライするタイプ。
Speaker 1
そう、ストレスはなくすぐリトライできる感じがあって。
そこそこに上手くいかないなって思う時あるんだけども、そんなにストレスを感じることはないかな。
Speaker 3
いいよね、そういうね。
Speaker 1
まあこれはね、終わったらまた話したいなとも思ってますよ。
Speaker 2
なるほどね。
うんうんうん。
ちなみに、ちなみに軽くだけ言っとくか。
Speaker 1
そうだ、ダンさん、ダンさん何か。
Speaker 2
いや別に言いたがりってわけじゃないんだけど。
Speaker 3
何を笑っとるのかわからない。
Speaker 2
いやいやいや、別にそんな僕こんなにプレイする予定なんですって別に言いたがるわけじゃないんだけど。
ああそういうことね。
そうそうそう。
ゲームパス、本当にゲームパスお世話になりっぱなしで、僕がやりたいって言ってたやつが結構続々ワンデイで入ってくる感じでありがたいんですけど。
マナーロードっていう。
Speaker 3
はいはい、前に何か。
Speaker 2
前に話してた、都市建設シミュレーションゲーなんですけど。
最近知ったんですけど、戦闘のシミュレーションもあるらしいんですよ。
戦闘のシミュレーション?
はい。だから都市を作りつつ、周りの都市とたぶん戦ったりするんじゃないですかね。
それが都市建設だけでも超面白そうだったんですけど、しかもゲームパスに入ってて、発売初日からプレイできるっていうのが。
一応、だいぶ前の、去年の情報では4月中に入るみたいな。
ただ今、ゲームパスのサイトを見てたら具体的な日付が書いてなかったから、あれもしかしたらちょっと違うかもなとは思ったんですけど。
でも今年中には来るだろうから、近いうちかなっていうのが一つと。
あともう一つ、やっぱり僕がやりたいなって言ったのが、ストーカー2っていうね。
これも、そろそろなんじゃないかって言われているのと、あともう一個がまだあるんですけど。
27:00
Speaker 2
ヘルブレイド2っていうね。超絶グラフィックのトレーラーとかがだいぶ流れてて。
Speaker 3
ヘルブレイドって気にやんでるやつじゃない?
Speaker 2
そうそうそう。
Speaker 3
ちょっと精神病みたいなのをテーマにしてるよね。
Speaker 2
そうそうそう。
Speaker 3
ちょっと怖いやつ。やったことないからこんぐらいしかわかんない。
Speaker 2
バイキングの。僕もやったことないんですよ、その前のやつ。
バイキングのお話っていうので、僕バイキング好きなんで、あの辺の文化が好きなんで。
結構楽しみにしてたんですけど、これが5月にゲームパスでワンデリーで。
来ますか。
来るっていうことで、まあしばらく買うことがないなみたいな感じですね。
Speaker 3
まあそうなっちゃうよね。やりたいものが落ちてくるよね。
Speaker 2
だってまだ、とりあえずインストールしたけどやってないっていうのが、
ペルソナ3もリメイクやってないですし、ちょっと前にゲームパスに入ってきたバイオのRE2と3もとりあえず入れてるけどみたいな。
ディアブロも全然まだ途中だし、みたいな感じで。
Speaker 1
箱の中にXBOXの中にRise of Pが立派なとこになってる。
Speaker 2
ああ、Rise of Pちょっとだけ触りましたけど。
Speaker 3
そういうソフトばっかりはもう。
Speaker 2
本当そうなんですよ、溺れる。
Speaker 3
だって俺ゲームパスじゃないのにプレイステのフリープレイとかで溺れてるくらいですよ。
Speaker 1
本当よね。
Speaker 2
いやまあありがたい話ですけれども、堪能させてもらってますっていう話でしたね。
Speaker 1
なるほどね。いいじゃないの。
Speaker 3
いやでもやりたいものが落ちてくる状況だったらもうゲームパスはそれ以上ないよね、正直。
Speaker 2
ないですね。
Speaker 1
スパログラフィー見てられるからね。
Speaker 2
スパログラフィーよすぎる。
Speaker 1
よし、じゃあ今日もそろそろ本編に行きますよ。
今日は結構久しぶりのお便り会でございますよ。
Speaker 3
結構そうかもね、確かに。
Speaker 1
そう、直近だと、それこそ4回前のレベル100でやっていた感想の思い出会のところが、お便り会っぽい趣旨ではありましたけどもね。
通常のお便り会ってなると結構久々になってくるかなと思います。
Speaker 2
そうですね。
Speaker 1
そんなわけで早速本編入っていこうかと思います。
Speaker 3
はーい。
Speaker 1
本編でーす。
Speaker 2
はい、本編。
Speaker 3
お便り会でございます。
Speaker 1
お便り会でーす。
じゃあまあ今日も、僕から1通ずつ、いつものようにじゅんぐりと紹介していこうかなと思います。
はい。
じゃあ今回は、3月の終わりにいただいておりました、こわびさんという方からいただいておりまして、タイトルが、
コヘイさんリスペクト笑い。
30:01
Speaker 1
お!
うん、これなんか僕が読まなきゃならないなと思いましてね。
本文読ませていただきますと、
初めてお便りを送らせていただきます。聞き始めたのは2024年。子供の都合でアマプラに加入してからで、初めてのポッドキャストです。
以前、ゲームなんとかでどんなきっかけで聞くのかなと話していましたが、
自分は子供のためにアマプラを契約。アマプラミュージック、アマゾンミュージックかな、大きい色になる。
で、ポッドキャストでゲームを検索。子供、この人たちモンハンワールドしてるがきっかけでした。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
そこから気になる話題を中心に過去の配信を聞き始めました。
そして、自分はドラクエが大好きなんで、ダンさんのゲスト回をきっかけにドハマり。
喋らないドラクエの主人公への感情移入、マックスの小平さんにもハマり。
そんな二人に冷静に対応する、はるさんにもハマり。
Speaker 3
冷静に対応する。
Speaker 1
ゲームなんとかを聞くためにアマプラを継続しています。
Speaker 2
うわー嬉しいですね。
Speaker 1
ドラクエのストーリーで傷つく小平さんに寄り添うダンさんも好きだし、
FF過去の野村さんの愚痴をちゃんと聞くはるさんも好きです。
Speaker 2
俺聞き来てたな、ずっと。
Speaker 1
ポケモンSVをあの感受性で楽しむ小平さんには本当に尊敬しました。
ゲームなんとかで皆様へのゲームの思いを聞くたびに、
自分もしっかりゲームと向き合おうと思う今日この頃です。
これからも楽しく配信をさせていただきます。
といった内容でございました。
Speaker 2
ありがとうございます。
ありがとうございます。
嬉しいですね。初めてのポッドキャストがゲームなんとか。
ありがてぇなぁ。
Speaker 3
嬉しいですね。
Speaker 2
そういう声もいただけますけども、ありがたいですね。
Speaker 1
ポッドキャストを聞き始める。
何聞けばいいかわかんないもんね。
Speaker 2
そうっすね。
まずポッドキャストを知らなかった人たちからすると、
何聞くって何?みたいな感じですからね。
Speaker 3
そうだよね。やっぱりおすすめかなんかに出てくるのかね。
アマゾンミュージックとか。
Speaker 1
今でもやってるかどうかわかんないけどもね。
そう、アマゾンミュージックとかだと
ポッドキャストあるよみたいなの出してた時期があったからなぁ。
Speaker 2
単純にBGMとかサントラとかあるのかなぁみたいな感じで
アマゾンミュージックとかで検索かけて、
ポッドキャストが出てきちゃうみたいな感じとかはあるかもしれないですね。
Speaker 3
もしかしたらね。
Speaker 1
ゲームって検索したらカタカナでゲームって入れると出てくるらしいとかね。
Speaker 3
本当だね。
あれは本当ありがとうございますっていう。
Speaker 1
アマゾンミュージックとスポティファは多分そういうの多分多いよねきっとね。
Speaker 2
でしょうね。
Speaker 1
ゲームのサントラとか探そうとしてとかね。
Speaker 3
そうだね。でもゲームのサントラ探すのにゲームって入れてもあんま出てこないな。
Speaker 1
まぁまぁ。
Speaker 2
やったことあるかもしれない。
まぁでもそこはね、例えばそれこそドラクエとかね。
そんな感じでね、モンハンワールドみたいな感じで検索したら、なんかあるなみたいな感じになったかもしれないですね。エピソードがね、出てきてね。
Speaker 1
あんまり意図しなかったけど、第1回モンハンワールドが結構良かったのかもしれないかな。
Speaker 2
いやかなり良かったと思いますよ。
Speaker 1
ちょっと思っちゃうよね。
33:00
Speaker 3
でもあれちょうどタイミング的にもモンハンワールドっていうお題的にもこれだっていう感じはちょっとあったね正直。
Speaker 1
そうそうそう。
Speaker 3
意識的にはすごくちょうど良かったし。
いいでしょ。パイ広いでしょこれって思いながら。
本当に良かったと思いますよ。
Speaker 2
だって相当前ですけど、未だに普通に配信者の人たちモンハンワールド配信とかしてますからね。
Speaker 1
そうしてるんだよね。すごいよね。
Speaker 2
ね。見てても別に全然遜色ないんですよね。
Speaker 1
6年7年前のタイトルなのにね。
Speaker 2
ね。すごいっすよね。
Speaker 1
いやーなんかねこう、はるさんと一回練習ガテラでみたいな感じで撮った第0回。FF12だっけあれ。
Speaker 3
12のあれか。秘職版の話をしたやつだね。
Speaker 1
そうそうそう。本当にプロットバーでとりあえず一回話すぐに見るくらいのね。
エンカウントなしとかレベルマックスみたいなそのチート機能みたいなやつってどうなんみたいな話をした記憶があるんですよね。
Speaker 3
初回にしちゃなんか際立った話してたよね。
Speaker 1
まあまあ0回ですからね。
Speaker 3
出す気全然なかったからねあれね。
Speaker 1
その時に本当に思ってることを喋ったっていうね。ちょうど見かけたんだけどさ。
なんかねあの頃の探りながらやってたところもあれはあれで楽しい時間であったな。
懐かしいね。
初版任天堂ラボの話とかね。
Speaker 2
したね。
Speaker 3
あーありましたね。
Speaker 2
大事に時間の流れを感じる。
Speaker 3
ねー衝撃でしたもんね当時はね。
任天堂ラボなんかもう下手したら知らない人普通にいるでしょみたいな。
あーそうか。
Speaker 1
時間的にはね。
Speaker 2
それも意外と長続きはしなかったもんな。
Speaker 3
革命が起きたと思ったんだけどな。
当時ね天才かって普通に思ったよね。
スイッチすごすぎるって思ったもんね。
当時全員持ってなかったけど。
Speaker 3
俺らはただ話だけで1回分話してたよね。
Speaker 1
ねえそうそうそうあの頃まだ30分ちょっとぐらいだったからね。
Speaker 3
そうね番組の目標時間も30分から45分まで言ってたもんね。
Speaker 1
今3倍ぐらい話してるけどね。
Speaker 3
今回オープニングで30分言っちゃうくらいの言い方だね。
笑うしかねえ。
Speaker 1
まあまあいいんですよ。それをご愛顧いただいてますんでね。いいんですよ。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
まあでもね、それこそ最近知ってくれた人からするとね、
最初は僕とハルさんだけで、後からダンさんが増えてみたいなね。
はい。
それこそこの小浴びさんが入ってくれた通りというかさ、
あのドラクエきっかけでダンさんが加わっててなんか、
ダンさんこうPCゲーとかそっちの方が強かったりもするから、
前に誰かも言ってくれたけども、やっぱり幅が広がったなという感じがあって、
すごい今の体制気に入ってるんだよね。
Speaker 2
そう言っていただけるとありがたいですね。
ちなみにPCゲーが強くなり始めたのはゲームランドが始めた後ですけどね。
36:01
Speaker 3
それまでは確かに大手のゲームをやってるイメージもなくもない。
Speaker 2
そもそも多分PS4を最近買いましたみたいなぐらいのレベルだったと思います。ゲストで出た時。
Speaker 1
でも確かにそうだったな。そんなこと言ってた気がする。
Speaker 2
そんな感じでした。
Speaker 1
そうかそうだね。ダンさんのゲーム環境も変わったんだな。
Speaker 2
全然違いますね。
Speaker 3
でもなんかあの3人に増えたからそのクロスポイントが増えたっていうのはすげえありがたいなって思う。
Speaker 2
そうですね。
そうだね。
Speaker 3
俺とコヘイさんだけだとやっぱり同じゲームをやってるっていうポイントがやっぱり少ないからさ。
3人になるとこうそれぞれっていうのが増えてくるから。3パターンあり得るわけじゃね?
Speaker 2
そうだね。
Speaker 3
俺とコヘイさんとコヘイさんとダンさんとダンさんと俺って。
Speaker 1
そこでクロスポイントが増えるっていうのは結構大きいよなって思う。
そうだね。
Speaker 2
だからこう選ぶ、プレイするゲームも結構そんなに意識せず自由に。
別にもともとお二人がどれくらい意識してたかはわかんないですけど。
Speaker 3
そんなに意識してない。
Speaker 2
してないとは思います。
そう意識してないからこそ意識してなくてもクロスポイントが増えたねってことはありがたい。
でやっぱあと、やっぱコヘイさんも別にもともと嫌いってわけじゃないんでしょうけど。
それこそシミュレーション系のゲームね、去年ぐらいからちょいちょいやり始めたりとかして。
なんかね、こうちょっと違うジャンルも結構やり始めてるなっていう印象が僕の中ではあるし。
Speaker 1
そうね、でもあのやっぱりハルさんダンさんと話してる影響ってやっぱ大いに受けてるなって思うんだよね。
やるでしょ。
あるある。
なんかダンさんがシミュレーションの話とかしてるのを聞いて、
あーやりてーみたいな気持ちが高まるっていうのはやっぱ大いに影響を受けてる気がするんだよね。
Speaker 3
あるでしょ。だって俺だってチュニックコヘイさんが話してなかったから、たぶんやりてーっていう感じにはなってないよね。まだやってないんだけどさ。
まあまあ。
まあまあ。
言ってないんだけど、やりてーとは思ってんだみたいな。そこにたぶんたどり着いてなかったと思うよね。
Speaker 1
まあそうだよね。
Speaker 3
気づかない。分かりやすいところで。
Speaker 1
一方であれはね、はるさんとやってた頃とかにたまに感じたのが、実際これやろうぜって示し合わせてやったのってほぼなかった気はしてたんだけども、
でもたまに二人で意図せず織り合ってる?なんだろうな、例えばゴーストオブズシマとかがそうだったよね。僕の中で一番の時も。
Speaker 3
まあ俺がだいぶ遅れてやりましたけどな。
Speaker 1
やっぱりはるさんこれ好きなんだみたいな感じで。すごいそのなんかね、はまった感とかね。
Speaker 3
ウォールタイムフェストですから。
Speaker 2
ね、確かに。
Speaker 1
なんかそういうね、たまたまなのか分かんないけども、好きが共通する一瞬があるときにテンションが上がるよね。やっぱいいゲームなんだね。
Speaker 3
それは今たにあるけどね。
Speaker 2
そうそうそう。
三人ともまあ、だいたいの方向性は似てますよね。でも全体的な方向性というか。
39:04
Speaker 1
ああでもそうね、そうそうそう。
Speaker 2
それはわかる気がする。
その、ああなるほどって、じゃあ僕から聞いてて、あ、コヘイさんがそのゲーム評価するって面白いって言ってるのは理解できるなっていうのは絶対あるんで。
だからまあやっぱそこは方向性はなんとなく合ってるけど、ちょっと枝分かれしているのがちょっと道筋が違うみたいな感じが、まあいい感じにバランス取れてるんじゃないかなって。
Speaker 3
そうだね。そもそもその大まかな傾向が違ったら、たぶん一緒に番組やってないんじゃないかっていうところが出ちゃう。
Speaker 1
まあまあまあそれはそうかもね。
そうだね。だからまあそういうのはあるかもしれないなとは思うよね。
そうね。まあ今後もね、たぶんたまにね、あれやるこれやるみたいな番組の中でもね、オフトークの中でもね、話したりすることはあるっちゃあるんだけども。
うん。
まあでも絶対にこれやんなきゃねとか、やれよみたいな強制したほどのものはあんまりないような気もしていて。
Speaker 2
ないですね。全然ないですね。
Speaker 1
多分その姿勢は今後も一緒だろうなと思ってるんでね。
Speaker 3
うんうんうんうん。
Speaker 1
まあたぶん3人の中で、ある意味忖度っていうと変な言葉ではあるけども、2人がいるからこれやっとこうみたいなのはたぶんそんなに働かないので。
Speaker 2
うんうんうん。
Speaker 1
過去で振り返れば、例えばそのエルデンリングだとかティアキンだみたいな、3人がこう示し合わせずにやってるものはたぶん紛れもない名作みたいなものがたぶんあるんだと思うんだよね。
Speaker 2
確かに3人ともやってるやつってだいたい3人ともベタボメしてますよね。
Speaker 1
そうそうそうそう。
それはそうね。
Speaker 2
確かにね。
Speaker 1
そういう感じはたぶんこの先聞いてもらう方としてもそういう風に見てもらえると、ある種の指標になるんじゃないかなと思ったりします。
Speaker 2
それは面白いですね。確かに。
Speaker 3
じゃあACとかもそういう意味入るのかな?
Speaker 1
ああでもそうかもしんないね。
まあそうでしょうね。ちょっと不論職がすごいけど。
そう、ディベロッパーとして勝手にその位置になっちゃってるってことなわけね。
Speaker 2
単純に僕ら3人ともフロムファンなだけみたいな。
そうそうそう。
Speaker 3
もしかしたらフロムの格好あたりはちょっと多いかもしれない。
Speaker 1
盲目的にちょっとね。フロムだしなって。
Speaker 2
本当にそうかもしんない。
Speaker 1
まあでもね、そんな感じで聞いてもらえれば嬉しいなと思いますよ。
Speaker 2
うんうん。そうですね。
Speaker 1
あとね、別に確証を持って言うわけではないんですけども、
たぶんね、アマプラね、プライム会員であれなくてもね、
ポッドキャスターだけは無料で聞けるはずなんだよなと思ったりしますね。
Speaker 3
そうそうそう。それはそうだと思う。
アマゾンミュージック自体で、
アマゾンプライムミュージックっていうのと、
アマゾンミュージックアンリミテッドみたいなのが違うのが色々あるんだよね。
Speaker 1
あるのよあるのよ。
Speaker 3
ポッドキャスターはたぶん何も入ってなくても聞けると思う。
Speaker 1
そうなんすよ。なので、きっかけとしてアマプラをリスペクトしなければなという気持ちは僕の中にも若干あるんですけども、
42:01
Speaker 1
そこで知ってもらったんでね。
でも、細かいことを言うと、たぶんアマプラか役所も聞きますからねっていうね。
Speaker 3
のはず。でもアマプラは今フォーアウトやってるから是非。
そうそうですね。
あれはゲームがわからないともしかしたらダンセンスに感じるかもしれないけどね、人によって。
Speaker 2
ああなるほどなるほど。
Speaker 3
癖強いからね。
Speaker 2
まあでもそもそもAmazonプライムってね、配達が早くなりますよとかね。
それ以外にもめちゃめちゃいろんな付随するサービスありますから。
入っといて損はないとは思いますけどね。
Speaker 3
いやそれはそう思いますよ。なんならインフラの一部になりかねないレベル。
Speaker 2
いやでも本当そうですよ。
Speaker 1
本当よね。本当よ。
Speaker 2
だって配信とか見てもTwitchだったら1ヶ月サブスク無料とかだったりしますからね。
アマプラと連携するとか。
Speaker 1
ああそうそうあるんだよね。
Speaker 2
うんうんうん。
そうそうそう。
すごいよね。
すごいよね。
Speaker 1
すごいっすよ。
まあPodcastを聞くプラットフォームとしてはね、Amazonミュージック以外もありますよってあたりでね。
使いやすいものを見つけていただければなと思いますよ。
うん。
Speaker 2
そうですね。
確かに確かに。
Speaker 1
まあそんなんで次のお便り行きますかね。
Speaker 3
はいはい。
Speaker 1
じゃあ次は私ですかね。
Speaker 3
お願いします。
Speaker 2
お願いします。
Speaker 3
はーいじゃあ続いてのお便り。
お名前ペニ太郎さん。
Speaker 2
はい。
Speaker 3
件名が2019年からのお便り。
本文はじめましてペニ太郎と申します。
Speaker 2
はじめまして。
Speaker 3
最近ゲームなんとかを最初から聞き始め、2019年3月11日まで進めました。
ええどこ。
キングダムハーツ3の話をしているところですよ。
愛憎入り文字で。
まだ第一期の頃か。
Speaker 2
ああ多いね。
Speaker 3
でしょうかね。
本題にあります。
2人の影響でロックマン11を始めました。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 3
確かにその話をした記憶が。
Speaker 1
ごめん。ごめん。
Speaker 3
ブロックマンのステージの狭くくる壁が攻略できず30分で諦めました。
ゲームデータを削除しました。
おおー。
しかし音楽が頭から離れないのです。
ステージセレクトの音が。
どんな音だったっけな。
気づくと僕はまたロックマン11をダウンロードしてしまいました。
僕も曲を作る人間ですので、音楽には敏感に反応してしまうのです。
へえー。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 3
皆さんはそんな経験がありますか?
音楽やプログラム、CGなどマニアック、専門的にゲームを見たお話を聞いてみたいです。
なかったら何か好きな漬物の話とかしてください。
もし既出のテーマだったらすみません。まだ2019年ですから。
未来のゲームなんとかには新キャラがいるようで、
このお便りが読まれることを楽しみに遠く後ろをついていきます。
ペニタロウより。
これ読んでも何年後とかに気づくのかな。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 3
それはそれでちょっとおもろいけど。
なるほどね。
Speaker 2
どういうペースで聞いてるかまだ読めないけども。
45:01
Speaker 1
ありがとうございます。
僕がもしかしたら、
Speaker 2
ペニタロウさんの立場だったら、絶対気になって最新回聞いちゃいますけどね。
それはあるかもね。面白い最新回かな。
その最新回っていうかお便り回?
Speaker 3
はいはいはい。
読まれてるかもって、やっぱどうしても聞きたくなっちゃいますけどね。
Speaker 2
書いたならね、ちょっと聞いちゃうかもね。
そうだね。
Speaker 3
聞いてますか?いつ聞いてますか?
Speaker 1
どうなんだろう。
ロックマン11の話とかもしたなーっていうね。
Speaker 2
したねー。
Speaker 3
ちなみにね、俺ロックマン11ね、スイッチで買ったのよ、だいぶ経ってからだけど。
なんかセールカーなんかで安くなってたよ。
おー、気になってたんだよねーと思って買って、
ブロックマンは倒したけど、たぶんね、1人か2人しかボス倒せない。
結構じゃあ難しかったんだ。
むずいよ、死にまくるよ。
本当死亡集を作ろうかなって思うようなレベル。
死ぬのをリプレイで撮っておいてほしいよね、逆に。
懐かしいなー。
なるほどね。
クリアした時とかに、それをバーッと見れたりとかしたら面白いですよね。
Speaker 2
もはやあれ、死にすぎてちょっと死ぬエンターテイメントよね、みたいな話をしてた。
こんな理不尽な死に方いっぱいしました、みたいなね。並べてほしいみたいな。
Speaker 3
なるほどね。
懐かしいなー。
そうそう。まだに俺、本当に時々思い出したように、ちょっと時間あるからやってみようかなみたいなぐらいでちょこちょこ進んでてはいます。
えーすごいなー。
そうになんか配信とかでもやっても面白いかなって思うけどね。
いいんじゃないですか。
Speaker 1
全然クリアできないロックマン11。
Speaker 3
先に進まないんだね。
先に進まない。でもそういう方ができた時にウワァー感あるよね。
Speaker 1
作業用みたいな。
Speaker 3
作業用みたいな。
でもそういう方ができた時にウワァー感あるじゃんみたいな。
やったー!いけたー!って言いたいみたいな。
感じはちょっとあるなと。
Speaker 1
えーでもいいなー。すごいね。音楽そんなに、ステージセレクトの曲ちゃんと思い出せないけども。
Speaker 3
いや俺も全然思い出せないなー。
Speaker 2
そんなに。
僕、実況でめっちゃ見てたんですよ。
Speaker 1
そんなに。
Speaker 2
へー。
だからなんとなくわかりますね。
本当?俺テレテテテーのステージ選んだ後の曲が昔から変わらないからそのイメージが続く。
あのテーレレレレテーレレレーみたいな、たぶんそんな曲だったと思います。
あー本当?
ステージセレクトのやつは確かそんな感じだったと思います。
あれあれですよね、なんか歯車かなんか。
Speaker 1
運命の歯車?
Speaker 3
のやつですよね。
Speaker 2
スピードギア。
あーそうそうそうそう。それでなんかモードが切り替わるみたいなやつでしたよね。たぶんそれで合ってると思う。
いやでもまあだいぶ前になりますね、もうでもロックマン11もね。
Speaker 3
そうだね。まあロックマン11が出たのが結構びっくりだったけどね。
Speaker 2
そうですね。だいぶ話題になりましたもんね。
完全新作のロックマン出るって予定になったもんね。
48:01
Speaker 3
その前なんかドット絵のやつでお茶に濁してたじゃん、ナンバリングを。
一周回ってファミコン風味みたいな。
Speaker 1
ああそう、9年がそうだったんだね。
Speaker 3
そうそうそう。だったから、ちゃんと近代版のロックマン出すんだみたいな話になってたけど。
確かにもうそこからも結構時間が経っちゃいましたもんね。
Speaker 1
そうね。
Speaker 3
あれはあれで全然面白いんだけどな。今でも高難易度ゲーム、普通に難しいゲームを作り続けてるっていうのが。
あれはあれでやりごたえあって、全然俺やってて嫌な気分にはそんなにならないんだけど、クソ難しいなと思うんだけど。
でもちゃんと繰り返すとアイテム買えるようになってるんだよね。
Speaker 2
そうなんだ。博士からアイテム買ってたような。
Speaker 3
そう、なんかいい感とかも変えたりとか、そのワンアップっていうかね。
奇数を増やすみたいなのも変えるから。だから何回も死にまくった中で手に入れたお金みたいなやつでアイテム買えるようになってる。
なるほど。
それ使えばちょっと強引にクリアできることもできるかもねみたいな。
でもしくじれると全部無駄になって消えるっていう可能性もある。
全部使い切ってあれクリアできんかった可能性としてはあるんだけど。
そうだね。
その辺はなんかちゃんと今向けにも調整してあるし。あれはあれでいいゲームだなぁ。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 3
ぼんやりやってますけどね。
Speaker 1
この春さんとかはさ、ロックマン11に限らずだと思うんだけども、
ゲームしててこの曲いいなーって思って、そっちに気を取られちゃうみたいなのはあるもんなの?
Speaker 3
気を取られるって言うほど、音楽にガッツリ効くっていうことはないけど、
でもなんかこの曲いい曲だよなーっていうかさ、このゲームの曲いいよなーみたいなのはやっぱりおっちゃいはするけどね。
Speaker 2
そのゲームの音楽としていいなーみたいな。
Speaker 3
どういう曲がゲーム音楽として一番いいんだろうなーみたいなのはやっぱり思ったりしながらゲームしてるところはある。
Speaker 1
なるほどね。
Speaker 3
ガッツリクラシックの曲みたいなやればいいかって言われると別にそんなことないじゃんみたいな。
Speaker 2
確かにね。
Speaker 3
なんかむしろぼんやりしてしまうな雰囲気がみたいなね。とかちょっと眠たくなるなとかさ、例えばね。
Speaker 1
そうね。
Speaker 3
もちろんゲーム性にもよるんだけどさ、ドット絵のゲームだったら8ビットみたいな曲すげえやっぱりしっくりくるよねーとかさ。
その中でもどういう曲がいいのかみたいなのはあるけどね。8ビットみたいなやつとか。
なるほどね。
そういうところはやっぱり思うし、インタラクティブミュージック入れてると、あ、ここそうだ!とかね。
やっぱ思っちゃう。ユニコーンオーバーロードもしれっとやってたりするし。結構マイルドな意味だよね。
Speaker 1
やっぱそうなの。僕目線でいくとね、インタラクティブミュージックみたいなのってまあ気づかないのよ、やっぱり。
ああ、はいはいはい。
その、何?例えばブレワイだとかティアキンだとかね。
51:01
Speaker 1
まあ割とみんなが言うから、あ、そうなの?って言って聞いて、あ、ほんとだーみたいなこと思うっていうのはあるんだけども。
Speaker 2
うんうんうん。
Speaker 1
普通にプレイしてて、初見のゲームとかで、あ、ここの音楽こういう風になってるみたいなものってのは、まあ気づかんのよね。
Speaker 3
ああ、じゃあそういう意味だと俺は結構、そこにあんまり意識しなくても聞いてるのかもね。
Speaker 1
うーん、やっぱ、そういう耳が鍛えられてるっていうと、言い方が合ってるのかわかんないけども、そういうセンスが研ぎ澄まされてるんだろうなって気がすんだよな。
Speaker 3
まあ、好きだからこういう、そういう仕事をしてるとも言えるし、そういう仕事をしてるから聞いてるとも言えるし、どっちがどっちなのかわからんけど。
Speaker 1
まあそうだよね。
Speaker 3
でもインタラクティブミュージックとかそういうのはやっぱり好きだよね。前にもね、一回そういう回やったけど。
Speaker 1
うん、やってたもんね。
Speaker 3
っていうのがあるかな。まあまあ音楽に限らず、単純にゲームとしてどういうゲームが、その自分が好きか、自分がいいと思うゲームはどういうもんかみたいなのは結構、なんかぼんやり考えながらやることは多いかなと思ったりするけどね。
Speaker 1
そうよね。
Speaker 3
万人受けがどうかとかは別として、自分がどの部分を好きなのかを考えながらやっちゃいますね。だから逆に好きじゃない部分も逆説的に思っちゃうみたいな。
ここがもうちょっとこうだったらなとか、ここにヒットストップ欲しかったわーとかさ。
Speaker 1
なるほどね。
Speaker 3
そういうのは結構思ったりする。ああ、こういうヒットストップ気持ちいいなみたいなのはやっぱあったりする。
結構思ったりはするけどな。専門的かと言われるとよくわからんけど。
Speaker 1
まあまあまあ。この中にはいないけど、きっとすげえCGクリエイターの人とかがいたら、やっぱこのモデリングがどうだこうだみたいなのが気になるんだろうなって思うよね。
Speaker 3
このテクスチャーの使い方すげえいいわーとかってあるんだろうね。
Speaker 2
あるんだろうね。でしょうね。
Speaker 3
俺それこそあれだもん。土島とかはゲーム作ってる側の人が見たらすげえこれなんかうまいことできてるなとかって思いそうな気がする。
Speaker 2
でしょうね。なんかこうすごいリッチな風に見せるんだけど、実はこういう工夫で軽くしてあるみたいな。
っていうのはなんかすげえあるんだろうな。
あるんでしょうね。たぶんね。
Speaker 3
喉が短いのは。
そういう結果だったりとか。実は同じようなモデルばっかりなんだけど、
同じようなモデルをめっちゃ並べてるだけなんだけど、それでもなんか雰囲気がちゃんと出るように作られてるみたいな感じはするんだよな。
うーん。
細かいことは分かんないけど。
Speaker 2
うーん。
Speaker 3
そうなりそうやね。
Speaker 2
でも綺麗でしたもんね。あれはね。
Speaker 3
あれはそういう点でも俺は好きなんだよ。
Speaker 2
うん。タイトル出るところやっぱ今でも思い出すもんな。
Speaker 3
とかね、刀手に入れるときとかね。
Speaker 2
あのね、刀身に目がギラッと浮かぶシーンね。
Speaker 3
ああやべえ闇落ち感すげえみたいな。
54:00
Speaker 2
あれかっこよかったなあ。めちゃめちゃ身震いしましたもんね。
Speaker 3
かっこいいってなるよねあそこね。
うん。あれはやっぱすげえなあってなりましたね。
Speaker 2
ベタなんですけどね。ベタなんだけど。
Speaker 3
そうそう。ベタなんだけどすげえ研ぎ澄まされた演出よ。
そうそうそう。渋すぎる。
Speaker 1
そのベタってのもやっぱり、ある種日本人目線のベタなのかもしれないしね。
Speaker 3
うんうん。まあまあ。
Speaker 1
それをね、開発の人たちが、やっぱジャパニーズだとこういう感じだよなあみたいな目線で、
際立たせてきたのかもしれないしね。
Speaker 2
僕それ感じたのは、刀の血を拭うのに、肘の内側で拭うモーションがあって。
あれって実際やるの?みたいな気持ちが結構あるんですよ。僕の中で。
Speaker 3
やらないっていう話ですよね。
Speaker 2
ですよね。だから、でもやっぱかっこいいじゃないですか。あれって。
Speaker 3
いやでも時代劇とかではやるのよ。
Speaker 2
そうそう。時代劇とかではね。
だから正解っちゃ正解なんだよね。
まあまあそう。だから結局黒沢盲導を作った彼らからすると。
そうだね。
結局あの、映画の世界をゲームにしたかったっていうのがあるんだろうから。
まあだから正解は正解なんですよね。
Speaker 3
別に時代交渉をメインにしたゲームではないから。
Speaker 2
そうそうそう。時代交渉をメインにしたゲームだったら相当やばいことになってますからね。
Speaker 3
いやまあまあそうでしょうね。
Speaker 2
ねえねえねえ。なんであんな日本語流暢に喋れるのはあの人かみたいな。
Speaker 3
まあまあまあそれもそうでしょうね。確かに確かに。
Speaker 2
まあまあまあいいんですけど。まあでもいいゲームでしたね。やっぱり津島はね。
Speaker 3
そうなー。みたいな感じでこうね。やりながら思ってるみたいなところは個人的にはあるな。
Speaker 1
プロの目線みたいなのがあるんですね。楽しみ方も違うんだろうなと思うよな。
Speaker 2
そうですね。いつもなんかこう話題に出しちゃいますけど、やっぱりゲーム散歩っていうコンテンツがあるじゃないですか。
Speaker 1
そうですね。
Speaker 2
やっぱああいうのを見てると、別にゲームとかCGとか音楽とかプログラミングとかそういうののプロじゃなくても、
ゲームの作り込まれ方がすごくなりすぎてきてるから、全然違う分野のプロたちが興味を持って見始めるみたいなところが、
やっぱ最近のゲーム散歩とかでわかりやすくコンテンツ化されてるようにあるのがやっぱおもろいなーって思いますよね。
そうよね。
Speaker 3
それこそコヘさんとかだったんで、ゲームなんとかのホームページとかも作ってたりするじゃないですか。
だからなんかゲームやってて、このUIのレイアウトすげえいいわーとかそういうのないですか。
Speaker 1
そういう目線はちょっとこのお便り見て考えてはいたんだけども、ゲームをやってる時にそれをっていうのは正直あんまり感じなくて。
Speaker 3
この情報量ちょうどいいわーみたいな。
Speaker 1
僕はあんまり話じゃないけど、僕は本職、仕事としてはウェブサイトを作りますみたいなものだと思ってもらえればいいんですけども、
57:01
Speaker 1
たまにいろんなゲームのタイトルロゴとか見やらす時はあるね。
Speaker 3
あーそれは確かに。
Speaker 2
そういうサイトありますもんね。あれ楽しんだよな、あれ見てるの。
そう、ロゴとか。
Speaker 3
企業ロゴとかね。
Speaker 1
そうそうそう、ああいうのめちゃくちゃ見る時はあったりするね。
ゲームってやっぱこう、バキッと強いロゴとか多いからさ。
確かにね。
なんかしっとり落ち着いてるみたいなものよりもバキッみたいなのが多いから。
Speaker 2
主張が激しい感じのやつが多い。
Speaker 1
そうそう、そういう目立つやつなんかねえかなって時に、ゲームにありそうみたいなこと思ってみるとかってのは確かにあるな。
Speaker 2
あーなるほどね。
Speaker 3
モンスターハンター!みたいな、うわーこれこれ!みたいなこと思ったりするんだよね。
Speaker 2
確かにね。
Speaker 3
それは確かにありそうだな。
Speaker 1
うん。
でもなんか結局かっけえなーみたいなこと思うのはシンプルめだったりする、僕の思考があったりするからこう。
Speaker 3
アーマードコアのロゴとか、シンプルでかっけえ!みたいな。
確かにね。
Speaker 1
メタルギアソリッドかっけえ!みたいなこと思ったりするんだよね。
Speaker 3
はいはいはい、なるほどね。
Speaker 2
まあシンプルな白抜きでみたいな感じでね。
Speaker 1
そうそうそう。
Speaker 3
確かになー。
アーマードコア6は相当シンプルだったもんね。
あーっていうか、ソウルシリーズとかも割とそうか。
Speaker 2
まあそうですね。だいたいね。
Speaker 1
結構シンプルめが多いね。
Speaker 3
黒字にこう、民情体っていうか、ああいう感じの状態。
Speaker 2
みたいにじゃあデフォルトのなんかフォントあるんじゃないかみたいな。
Speaker 3
あるかもね。
みたいなね。
Speaker 2
でも逆に言うと、それで格好良くしてるのがやっぱすごいですよね。やっぱね。
Speaker 1
そうね。
Speaker 3
後派ですよって感じが一抹する。
Speaker 2
しますよね。
Speaker 1
そうそう、まあそういう目線かな。だから僕はあんまりゲームプレイ中にっていうのはあんまなくて、
ふと振り返りみたいな時にこう、何かゲームの中にヒントを探ったりする時がたまにあるかなっていうくらいかな。
うーん。
Speaker 3
そう、この辺はやっぱ人によって全然見てるとこ違いそうで面白いな。
Speaker 1
うーん、たぶんね。まあ、ゲームの中にもたぶんね、いろんな人が携わってるから、いろんなプロの手がきっとね、あるはずなのよね。
そうですね。
Speaker 3
ダンサーもいろいろ思ってそうだなそういうのは。
ここをなんでこうしなかったみたいなのよく言うもんね、番組とかでもね。
Speaker 2
まあまあ、思う部分はもちろんありますよ。でもやっぱ僕が一番見るのはやっぱ映像的な演出とかが一番見ますかね。
Speaker 1
そうだよね、さっき言ってたベビーシーンとか。
ダンサーが喋ってた中で、やっぱ覚えてるのがティアキンのタイトルバックの入り方みたいな。
うんうんうん。
導入のなんか引きの強さみたいなのをダンサーよく喋るなとか思うんだよね。
Speaker 3
そうですね。カットシーンの構成みたいなやつだったりとか。
Speaker 1
そうそうそう。
Speaker 2
そうですね。やっぱそういう意味では、やっぱ僕の中ではラスアス2は、もう本当にドギも抜かされてるんで、そういう部分で。
1:00:07
Speaker 1
ああ、なるほどね。
Speaker 3
あれは普段見ない、そういうとこそんなにきっちり見ない人間でも、これはやべえって思う。
Speaker 1
うん。
でもなんか、若干ネタバレみたいになっちゃうけども、僕あのドラゴンズドグマちょっと感動しちゃう。
いやここでこれ入れるの?みたいな。
Speaker 2
いやまあまあまあ、ドラゴンズドグマもめちゃめちゃよくできてたし、グラフィックも超綺麗でしたよね、超綺麗でした。
すごーいって思いました。
いやもう大満足だった僕は。
Speaker 3
そうね、ドグマ面白かったなあ。
Speaker 2
素晴らしかったですね。
Speaker 3
前回、前々回じゃないや、前にドグマのね、ファーストインプレッションの回やったけど、あれからだいぶそれこそ感覚的には評価、終わりに向けて上がってった。
Speaker 2
そうですね。
Speaker 3
いや良かったっすよね。
Speaker 2
いやおもろかったっすわ。
Speaker 3
まあドグマの回はまたいずれ3人ともやってるんで。
Speaker 2
また別でね、ここで喋り始めると、ちょっとね。
いずれやるでしょうという感じで。
止まらなくなっちゃうんで。
ちなみに最後言っとくと、僕の好きな漬物は壺漬けです。
Speaker 3
全然わからない、どういうやつなの。それ膨らましてもちょっとあれだね。
壺漬けです。
Speaker 2
壺漬け。
Speaker 1
はい。
Speaker 3
じゃあ次、その中でダンさんかな。
Speaker 2
はいそうですね。お名前がジャンジャンさん、いつもありがとうございます。
ありがとうございます。
件名が、あえて不便な仕様についてということでいただいております。
本文です。
コヘイさん、ハルさん、ダンさん、アヨミさん、こんにちは。
こんにちは。
毎週を楽しみに拝聴しております。
レベル101、ドラゴンズドグマ2の回を聞きまして、あえて不便な仕様について考えてみました。
私はドラゴンズドグマ、無印、とダークアリズム、これいわゆる完全版みたいなやつですね。
プレイしており、2開発の発表からめちゃくちゃ楽しみにしていましたが、残念なことに私のゲーミングPCでは起動できず、
PS5も持っていないため、プレイを断念するという苦渋の決断を下しました。
涙とともにプレイヤーの辛辣なレビューを複雑な思いで眺めつつ、
ゲームなんとかレベル101でドラゴンズドグマ2のタイトルが出ていたので待ってましたとばかりに拝聴。
冒頭のオープンワールドにおけるファストトラベルの排除と、唯一途方以外の移動手段である、これはギッシャって言ってましたね。
ギッシャ、牛の車ですね、が襲われるくだりを聞いていて、私は一番にファイナルファンタジー11を思い出しました。
ということで、ここからファイナルファンタジー11のいろんなゲームシステムの話とか、結構してくださってるんですけど、ちょっとだいぶ長くなってしまいますので、
1:03:00
Speaker 2
ある程度かいつまんでご説明すると、FF11っていうのがMMORPGということでオンラインゲームなんだと。
ざっくりと3つの国それぞれに分かれてプレイヤーたちがゲームをするんだけれども、
マップがめちゃめちゃに広いから、国を行き来したりする時に移動手段いくつかあるんだけれども、
例えば徒歩で行こうにしても、まだ初心者の時には敵が強すぎて行けないとか、いろんな方法がある中でもいろんな弊害があったりして、
そう簡単には行けないようになっていたりだとかね、船で行くんだったら安いけれども時間がかかるとかね、
チョコボに乗ろうとしたら免許が必要だとかね。で、あとテレポっていうね、FFにはテレポっていう魔法があるんだけど、
そのテレポっていう魔法だったら一瞬で行けるんだけれども、誰しもがテレポっていう魔法を使えるわけじゃなくて、
テレポっていう魔法を使える人がそのテレポサービスみたいなことをね、やったりとかして、
そこでちょっとしたビジネスみたいなのが生まれてみたいなね、そんなMMOっぽいエピソードとかも書いてくださっていて、
非常に面白く読ませていただきました。で、このように、使用上不便な作りに対して不満の声は確かにありましたが、
それを楽しむ人、利用する人など、当時のFF11は与えられた環境プレイヤーが全力で楽しんでいた世界でした。
ドラゴンズドグマ制作スタッフの方々は、きっとそのように、不便な仕様の中でプレイヤーごとに様々な冒険を経験して、
それぞれのストーリーを築いてほしかったのではないかと、FF11の思い出を振り返りながら感じました。
プレイヤーのストレス排除を徹底して、とことん便利にするのが必ずしもいいゲームだとは私は思えませんし、
それが当たり前になってしまっているゲーム界隈の風潮を少し残念に思います。
FF11の内容については、私の記憶違いがあるかもしれませんのでご容赦ください。
また、現在もサービスは継続中であり、バージョンアップを重ねた現在は、初期の頃と比べ、システムが大幅に変わっている部分があることを付け加えさせていただきます。
長文なく失礼いたしました。これからもゲームナントカを末永く応援させていただきますということでいただきました。
ありがとうございました。
力作ですね。ありがとうございました。
またしても、結局ドラゴンズドグマ2の話会みたいな話になっちゃうんですけれども、
別に今回このお便りに関しては、ドラゴンズドグマ2の話を掘り下げるというよりは、
不便な仕様をあえてやっているっていうことについての感じていることっていうところをお便りとしていただいているわけなんですけれども、
そういう仕様については、僕とハルさんと以前のドラゴンズドグマ2のファーストインプレッションの回で、
なんとなくお話ししてたところもあったし、結局僕に関しては、
ドラゴンズドグマ2、確かに不便な仕様になってたけど、全然普通に楽しめたので、
1:06:04
Speaker 2
やっぱり、だからプレイしないっていうところまでは僕はいかなかったなっていう感覚なんですよね。
Speaker 3
これも全然そこは嫌な感じではなかったですね。
Speaker 2
そうですね。でも人によるんだろうなっていうのはやっぱりすげえ感じますね。
Speaker 3
それはすごい分かりながら言うって感じ。
Speaker 2
そうそうそう。
Speaker 3
実際スタート直後俺、移動手段なくて、もうライフもカツカツになって、
敵に一発殴られたら死ぬみたいな状態でヒヒヒ言いながら都を目指すみたいなスタートマップだからね。
Speaker 1
あるよね。走るよね。
Speaker 3
もうこれどうしたらいいんだよ!回復手段がよくわからない!って言いながら。
Speaker 2
そんな感じで一生懸命走ってたらね、後ろからポーンがね、
各社様、待ってください!早すぎます!みたいなね。
Speaker 1
各社様を信じましょう!みたいな。
Speaker 3