1. いせさきFMニュース
  2. 2024年6月12日 いせさきFMニ..
2024-06-12 05:00

2024年6月12日 いせさきFMニュース

6月12日 いせさきFMニュース

(1)前橋市の市道で、自転車で登校中の女子高校生が車と衝突し、死亡しました。
(2)ブラインドサッカーで富岡出身の園部選手がパリパラリンピック日本代表に内定しました。
(3)水道施設の老朽化に伴い県内各自治体で水道料金の値上げが相次いでいます。
(4)伊勢崎でコンビニを強盗した男に有罪が言い渡されました。
(5)国民スポーツ大会の開催地の負担軽減を群馬県など7県の知事が要望しました。

00:00
群馬県のニュースをお伝えします。 (1)前橋市の市道で、自転車で登校中の女子高校生が車と衝突し、死亡しました。
11日午前8時20分頃、前橋市五代町の市道で、自転車に乗っていた高校2年、田中友さん16歳と、パートの樋高千明さん37歳のワゴン車が衝突をしました。
この事故により、田中さんは胸などを強く打ち、市内の病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。
警察によると、現場は片側一車線で、南へ向かって右にカーブをした下り坂、道路の右側を下っていた田中さんと坂道を上ってきた樋高さんの車が衝突したとみられています。
(2)ブラインドサッカーで富岡出身の園部選手がパリパラリンピック日本代表に内定しました。
日本ブラインドサッカー協会は11日、パリパラリンピックの5人制サッカー日本代表内定選手10人を発表し、群馬県からは富岡市出身のフィールドプレーヤー、園部優月選手20歳が選ばれました。
2021年の東京パラリンピックに続く2大会連続の代表入りとなります。 園部選手は11歳で競技を始め、19年に代表初選出。
東京パラリンピックでは日本の5位入賞に貢献しました。(3)水道施設の老朽化に伴い県内各自治体で水道料金の値上げが相次いでいます。
来年で稼働から100年となる沼田市の浄水場では、水をろ過する設備や水を貯めておく高架水槽などがおよそ50年を迎え、大地震の際には倒壊の恐れがあるとされています。
このため市は、浄水場を市内の別の場所に8年後をめどに移転整備する計画で、87億円の費用を確保するために段階的に水道料金を引き上げる必要があるという見通しを今年4月に公表しました。
来年には今より29%の値上げ、2030年には、さらに19.4%を値上げするという見通しで、最終的には、今年から54%の値上げとなります。
沼田市での値上げは31年前、1993年以来となります。 一方、水道料金値上げは沼田市以外の自治体でも相次いでいます。
このうち伊勢崎市は、上水道の料金を4年前のおよそ10%に続き、今年4月7%余り値上げしたほか、下水道もおよそ15%値上げしました。
渋川市も今年4月、上水道を18%値上げし、前橋市は上水道を一昨年の17%に続き、来年にも4%値上げします。
03:04
また玉村町も上水道を来年から20%値上げすることで調整を進めています。 このほか太田市など8つの市と町の水道事業を担う
「群馬東部水道企業団」は、去年から上水道を段階的に引き上げており、3年後をめどに15%値上げする方針です。
(4)伊勢崎でコンビニを強盗した男に有罪が言い渡されました。
コンビニで店員を刃物で脅し、食料品などを奪ったとして強盗の罪に問われた伊勢崎市茂呂町の無職、
阿部智則被告47歳の判決公判が11日、前橋地裁でありました。 裁判官は「困窮による犯行だが、原因は無計画の出費だ」として
懲役3年、保護観察付き執行猶予5年を言い渡しました。 判決理由で裁判官は
「家からナイフを持ち出し袋詰めした商品が置かれたレジから陳列棚まで店員を連れ出してから刃物を突きつけており、一定の計画性がある」と指摘をしました。
(5)国民スポーツ大会の開催地の負担軽減を群馬県など7県の知事が要望しました。
今後のあり方を議論することが決まった国民スポーツ大会をめぐり、群馬県の山本一太知事ら7県の知事が11日、
文部科学省と日本スポーツ協会を訪れ、人的・財政負担の軽減などを求める要望書を提出しました。
国民スポーツ大会は原則、各都道府県が持ち回りで開き、現在は2巡目。施設整備や大会運営の地元負担が大きいとの指摘が相次いでいます。
以上、県内のニュースをお伝えしました。
05:00

Comments

Scroll