1. 楽しく広告人学を学ぶ【アドバタラヂオ】
  2. #171【裏話盛りだくさん!!..

業界専門度:★☆☆☆☆

▼ジャケギキプレイリスト

ジャケギキ参加番組おすすめエピソード

https://open.spotify.com/playlist/3e11PnhuH6z3j9CB5SjtuI?si=d153cb06fe11478f

ジャケギキ開催告知エピソード

https://open.spotify.com/playlist/4ElrIBNcgeQWdc4ixiq31w?si=e3908738881f45b1

ジャケギキ感想エピソード

https://open.spotify.com/playlist/1JYt40wEicw6wTqqkm0MFN?si=9bbf5ad889f34dc2


<アドバタラヂオ公式> ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠HP⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠リンク一覧⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠X(旧Twitter)⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠Instagram⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

<スナケン SNS> ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ X(旧Twitter)⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ Instagram⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ <トミナガマコト SNS> ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠voicy⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ X(旧Twitter)⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠Instagram⁠⁠⁠⁠

Summary

アドバタラジオのイベント「ジャケギキ」は大成功でした。特にドットコムスペースさんのブースが非常に人気でした。335人以上のお客様が来店されました。イベントの初日は盛り上がり、トークライブも成功を収めました。カフェ利用者からも「ここでイベントをやっているのですね」と認知される一歩となりました。スペースでは星5の評価をいただき、満足のいく結果になりました。キャンペーンの総括プロデューサーとしての感想を述べ、ジャケイキに参加したネットコミュニティの盛り上がりやプレイリストの活用方法について話します。プロデューサーとディレクターのバランスを取りながら、クラファンからの支援を受けながら、イベントの準備を進めていったプロデュースの裏話も紹介します。ポッドキャストウィークエンドの総括プロデューサーとしてのジャケキギ感想回では、登場したゲストやエピソードの内容について話されました。今回のエピソードでは、アドバッタラジオのジャケキキャンペーンの当選者発表や、プロデューサーのジャケギキ感想について話されています。今回はジャキギキの感想会のみで、次回はゲストクリエイターズアワードに関するお話もさせていただければと思います。

Table of Contents

00:00
いつも聴いてくださってありがとうございます。
アドバタラジオは、アップルポッドキャストと スポティファイなどで配信しています。
アップルポッドキャストでは評価やレビューを、 スポティファイではフォローをぜひよろしくお願いします。
よかったエピソードは、SNSでシェアしていただくと とっても嬉しいです。
また、アドバタラジオからのお知らせは スイッターで行っております。
2人の収録の様子や視聴者参加型の企画、 ご意見ご要望の募集も随時発信しておりますので、
ぜひこの機会にアドバタラジオの ツイッターアカウントをフォローしてください。
一緒に楽しいラジオにしていきましょう。
よろしくお願いします。
どうも、アドバタラジオはじまりです。 砂研でございます。
富永誠です。
よろしくお願いします。
この番組は、広告大好きな2人が 広告に関わる出来事や出会いを通して、
聴いている皆さんに広告に興味を持ってもらい、 そして広告を好きになってもらいたい、
そんな広告人格をお届けするラジオです。
よろしくお願いします。
よろしくお願いいたします。
いろいろありましたね。
もうこれ、12月…
今日11日の月曜日の配信になっておりますが、
まずはじめに、砂研さん誕生日おめでとうございます。
おめでとうございます。
おいくつになったんですか?
44でございます。
44?
44か。
結構なおじさんだな。
ジジイまっしぐらです。
昔風で言えば、猫まっしぐらと。
モンプチでございます。
詳細な日程で言うと、12月の何日ですか?
9です。
9がお誕生日と。
それでございます。
何度も申し上げます。
44でございます。
44…
何でしたっけ?
Xで投稿されてましたけど、
壮年…
壮年前期。
壮年前期って言うんですね。
そうなんですよ。
壮年前期っていうのが、30何歳か44までが壮年前期らしいのよ。
じゃあ僕も壮年前期なんですね、今。
あなた壮年前期まっしぐらですよ。
で、僕ラストイヤーなのよ、壮年前期。
壮年前期…次が?
壮年後期があるらしい。
後期?
後期わかんない。
あのね、俺そこのとこしか見てないから。
壮年…僕も初めて知りましたもん、壮年前期って言葉。
そう、初めて知ったんだけど。
44歳ですか。
44でございます。
次…でも、次で45ですよね。
そうなんです、45。
四捨五入したら大変ですよね、もう。
50です。
アラウンドフィフティか、アラウンドフィフティ。
イエス。
やばい。
やばい。怖い。
まさかこんな44になるなんて思ってない。
まさかポッドキャストやってる人間になってるなんて思ってない。
いやいや、でも言うても40…
あ、そっか。
43もやってましたからね。
やってますやってますやってます。
そっか、だからスタート当初は42だったんすね。
そう。
41?42とか?
そうだね、そういうことなんですよね。
だって2020年の12月の28日でしょ。
そうだよね、そういうことになるよね、41。
42だぁ。
そうですよ、44ですもの。
なっちゃったもん。
すごーい。
なっちゃったもの。
ちなみになんか、今年の抱負とか聞いといていいですか?
あ、それは44歳になって…
44歳ね。
44歳からってことね。
はい。
抱負。
そうですね、まあとりあえず、今の本業のほうをちゃんとこう、
自固めっていうか、ちゃんとして…
まあ転職されたっていうね、という流れもありましたからね。
そう、転職したから、で、そこで自固めをして、
そこでおける広報宣伝としての立ち位置をちゃんとはっきりしていくっていうか、
で、ちゃんと社内でこう伝播していって、
程度のステータスまでちゃんといくための足掛かりにしたいなと思ってます。
あ、じゃあそういう、こう、
ステータスっていうのは、こう、
割と会社の中でのポジションっていうところですね。
そうですね。
なるほど。
まあ四十四になりましたということで。
おめでとうございます。
ありがとうございます。
ちなみになんか、どんな誕生日やったんですか?
あ、もう全然何も、何もしてなかったです。
もう家で。
四十四です。
四十四ですだけでございます。
もう特に…
まあね。
まあそんなもんですよね。
そんなもの。
なんか、自分が誕生日になったからって言って、
ほら、SNSとか繋がってるしだ、
せめて四十四になりました。
頑張ります。
というぐらいな感じを投稿させてもらって、
なんかそこで、なんか知ってる、知ってる店に行くと、
なんかまた、なんかみんなに、なんか…
気を遣わせちゃうから。
気を遣わせちゃうから。
まあ、全然…
おとなしく。
おとなしくしてました。
全然どこも行かなかった。
僕もだって、Xの風船で気づいたもんな。
そんなもんですよね。
そんなもんや。
そんなもん、そんなもん、そんなもん。
っていうね、
はい。
綱井健さんの誕生日があった。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
と、
はい。
まあ今回の話のメインは、あのイベントですよ。
そうです。
はい。
イベント「ジャケギキ」開催
本日はですね、ジャケギキの感想と、
うん。
あと、まあその間にもあと、ペンの、
うん。
えー、アワードの感想を、
うん。
ちょっと二人で話していきたいなと思います。
はい。
よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
いや、ジャケギキ、皆さんの、
うん。
本当におかげさまでですね、
うん。
まあ大盛況って言っていいんですかね。
いいと思いますよ。
盛り上げてくださりまして、
無事、
うん。
11月25、26、
うん。
2日間、
うん。
やりきることができました。
本当ありがとうございました。
本当に、
えーとね、
うん。
うん。
ご苦労様でした。
はい。
はい。
いやいや、もう津田健さんも、
うん。
運営だったでしょ、あれ、スタッフ。
ほぼ。
いや、いやいや、もう、
僕はもう、
賑やかしでございましたので。
ええ。
で、あまりにもこう、
賑やかしすぎて、
トミーから、
しーって言われるって。
まあね、しー、えーとね、
あとね、そう、
分かってんだ。
あのね、俺が、
俺が険しい顔してるとこで、
そう、
ずっとね、険しいんで、
セキュリティーって顔してるんだよ、
ずっと。
もう若い子もいる中で、
一人なんか、
眉間に仕合わせて、
え?って顔してるから、
いやいや、
スマイル。
スマイルして、
俺、あれ何回もやったもんな。
うん、10回くらいやったと思うよ。
あれは、
あの時の気持ちだけ聞いていいですか?
あれなんで、
あんな険しい顔してたの?
だって、
俺いつも険しい顔してたもん。
いや。
ああいう時って。
うん。
まあ、そう、
それで、まあ、
津田健さんにも当日ね、
2日間、
はい。
まるっと来ていただいて、
はい。
苦がかしてもらいましたけど、
お客様の反応
どれぐらい人が来たのかっていうのを、
うん。
改めてお伝えすると、
え?
初日がですね、
うん。
25日が175名。
はあ。
26日が160名。
うん。
で、
合計335名のお客様が、
来店されたと。
お。
で、
ただこれは、
カフェ利用した人。
うん。
なので、
うん。
実際はもっと多い。
展示だけ見た人もいるんで。
ああ、
なるほどね。
そこにだから利用せずに、
ちょっとさっと来た方も、
あの、
お店のご厚意でね。
そうです。
カフェとの、
うん。
まあ、
当日の連携だったりとかしていて、
うん。
あの、
いや、
見るだけでもよかったんだって思うね、
しまう方もいらっしゃるかもしれないですけど、
うん。
あの、
お店のご厚意で、
うん。
カフェを利用しなくても見れるっていう、
うん。
形もしてくださったので、
実際はそういう方も含めると、
うん。
まあ多分、
400ぐらい。
そうだね。
つかく人はいらっしゃるんじゃないですかね。
うん。
結構いらっしゃったものだね。
すごいいましたよね。
さて、
まずびっくりしたのは、
そうですね。
まあ、
それはもちろん、
あそこの、
ドットコムスペースさんの、
やっぱ人気が、
うん。
やっぱ、
大いにね、
ありましたね。
あったと思いますけども、
いや、
そう、
だから合計335名以上の方が、
うん。
ご来店されました。
ご来店いただいて、
ジャッキー駅を楽しんでもらえたと、
うん。
僕、
全然しゃべれなかったんですよ。
もう、
もう、
来た方来た方と、
うん。
しゃべりたかったんですけど、
そうだよね。
なかなか運営の、
なんていうんですか、
首謀者としてね、
スパタスパタしてましたね。
運営の大変さ
スパタスパタしてましたね。
そして、
あなたは多分、
2日ぐらい寝てない。
そうですね。
あの、
24日の前日仕込み、
うん。
から、
25日まで、
全く寝てなかった。
そうでしょ。
はい。
うん。
だって、
なんか、
ある種、
だから、
25日の私、
あなたと目、
合わせて、
お疲れさんって時、
目、
バキバキでしたもん。
そうですよね。
ええ。
うん。
まあ、
準備を、
そうだよな。
それ、
もう、
2週間前ですよ。
ね。
あっちゅう間ですね。
びっくりぽんだね。
もう、
2週間前で、
まあ、
イベントの成功
その前から、
うん。
じゃあ、
ケーキオープンしますか、
クラファンスタートしますから、
うん。
あれが、
10月の、
11かな。
うん。
11だ。
だから、
2ヶ月前だ。
うん。
ちょうど。
そうだね。
すごいな。
2ヶ月前に、
クラファンやりますって言って、
そっから、
おかげさまで、
目標、
なんか、
超えることができ、
そして、
11月、
上旬、
中旬で準備し、
うん。
で、
下旬の25、
6で、
イベントを行うかなと。
やったんだよね。
そうね。
2ヶ月でやったんだよ。
そうなんだよ、
あなたは。
これも、
なんか、
しみじみなした回になっちゃいますけど。
そう。
そうだね。
まあ、
まあ、
とりあえず、
たくさんの方々がいらっしゃって、
いや、
本当にありがとうございます。
うん。
交わっていくっていうか、
こことここを、
あっ、
繋がってたんだな、
みたいな発見もね、
ありましたしね。
そう。
で、
トークライブも、
すごく盛り上がった。
うん。
まあ、
本当に、
あの、
これは、
ね、
ご協力いただいた、
ドットコムスペースさんも、
そうですし、
あの、
ケータリングで、
支援してくださった、
ポッドキャスターの、
山影さんも、
本当ありがとうございますと。
うん。
えーと、
実際にケータリング来てくれた、
あの、
本当に、
ありがとうございますと。
うん。
で、
まあ、
ゲスト、
来てくださった、
ゲストの方々、
参加してくださった、
ゲストの方々、
本当に、
ありがとうございますという感じですね。
内田圭さん、
南澤さん、
そして、
中村佑介さんと。
うん。
そして、
なつみさんか。
そうです。
やつきなつみさんね。
はい。
もう、
ほぼ、
なつみさんに関しては、
うん。
運営なんじゃないかってくらいの、
そうですね。
あの、
バタバタ、
なんか、
いろいろな話を聞くと、
うん。
懇親会もしたいし、
うん。
トークライブもしたいし、
うん。
トークライブも聞きたいし、
うん。
どっちか悩んで、
うん。
結果、
うん。
懇親会は、
その場しか会えないから、
そうだね。
に、
振っちゃいましたって方、
結構いたんですよね。
そう。
あのね、
すごくそれね、
迷うって言ってた。
そうですよね。
あそこで、
あの、
トークライブが始まる前、
こっちのトークも聞きたいけど、
こっちの、
僕らも計算、
ちょっと甘かったなと。
うん。
まあ、
両方やることに意味があるかな、
と思ってたんですけど、
そうだね。
そのトヨタも。
まあ、
トークライブ、
ずっとこう、
聞いてくださった方もいらっしゃいましたし、
うん。
まあ、
ちょっと石川さんとそこの、
アフターケアを相談しようかな、
と思ってて。
うん。
うん。
はい。
まあ、
そう、
あそこもめちゃくちゃ盛り上がって、
うん。
ね、
ケータリングも美味しいって言ってくださったし、
うん。
あの、
クッキーも。
トークライブとカフェ利用
ね。
美味しいよねー、
みたいな。
俺の耳元で、
さすが、
プロデューサーだよね。
でしょ?
うちのトミー、
やるんですよ、
こういうこと。
って言って、
ちゃんと、
スポンサーワークするっていう。
そうそう。
でしょ?
この男、
そういうね、
ちょこざいなことしますから、
みたいな。
スポンサーワークしましたね。
いや、
でもそれ、
なんか、
きっと喜んでくれるだろうなって、
ぐらいの感じでやったんですけど、
そうね、
素晴らしい。
上手くいって、
うん。
でも、
その流れで、
今までしたと。
うん。
そうですね。
トークライブの前に、
話をすると、
バタバタで、
準備が、
足りてなかったんですよ。
うん。
で、
初日の、
早めに来てくださった方は、
入り口に、
ポッドキャストアートイベント、
ジャケ行きの、
貼ったんですけど、
最初なかったんですよ。
うん。
あれが、
えーと、
確か、
昼ぐらいに、
貼られて、
で、
投票も、
3時以降ぐらいに、
始めることができたんですよ。
そうですね。
だから、
ちょっとね、
早めに来て、
くださった方には、
申し訳なかったんですけど、
その投票も、
ちょっと、
初日の、
昼、
過ぎぐらいから、
開始したっていう感じに、
なっておりますね。
そうですね。
自分は、
2時ぐらいに行ったんですよ。
うんうん。
2時ぐらいに行って、
で、
石川さんが、
あの、
売り越してました。
売り越してました。
あの、
入り口で。
で、
おいーっつって、
お疲れさまです。
で、
最初俺もさ、
もちろん俺は、
運営じゃないから、
ちゃんと、
今、
何パーって言ったら、
ずーっと、
石川さん、
店内も見回して、
俺のとこ来て、
85パーですって。
うん。
ほんと、
それぐらいしてね。
そう。
85パーぐらい。
やって。
オンオンオンオンオン。
まあ、
大事な展示は、
全部終わったんで。
あとの、
ちょっとした、
ディテールメーター、
そういうとこだね。
最後の。
あと、
コンテンツ的なところも、
まあ、
ちょっと、
まあ、
まあ、
まあ、
まあ、
で、
2日目ですよ。
うん。
これね、
ちょっと、
裏話的な話があって、
うん。
初日に皆さん、
寒い思いを、
ちょっと、
させてしまって、
これ、
申し訳ないなって、
思ったんですよ。
ええ。
あの、
まあ、
ドットコムさん、
人気だし、
並ぶんですよ。
ええ。
で、
並ばれてて、
すごい、
皆さん、
ちょっと、
寒そうだなっていうのを、
僕は見てて、
ただ、
準備をしなきゃいけなかったから、
オープンで、
石川さんが、
最初に言ってくださって、
はい。
並ぶだろうことを想定して、
北海道、
はい。
合計ね、
評価取得見込み
あれね、
3回ぐらい買いに行ったんで、
そうだね。
150ぐらい、
ええ。
分を、
並ぶ方には、
配ろうと思って、
はい。
ちょっと初日には、
できなかったんですけど、
2日目には、
配ったなと。
うん。
じゃあ、
その話も聞いてますよ。
あの、
並んでって、
何かの時に、
あなた配ってた。
言ったら、
そこの、
ドットコムスペース東京さんを、
ただただ利用する。
で、
あ、今回、
こういうイベントやってるんですね、
っていうの、
何かの、
何かで、
認識されたんでしょうね。
うん。
その時に、
君に言った一言、
覚えているかい?
覚えてないだね。
うん。
何だろう。
ただの、
カフェ利用なんですけど、
って言ったんだよ、
その子が。
はい。
だから、
君は、
いや、
関係ありませんと、
って言って、
君は配ってたんだよ。
すごい、
なんか、
すごい、
イベント終わって、
後日ぐらいに、
あの、
ドットコムスペース東京さんから、
うん。
LINEもらって、
うん。
Googleの、
うん。
口コミ欄に、
うん。
書いてあったんですって。
マジ?
すごい、
行列があって、
北海道をもらえて、
もう、
これだけで、
星5です、
みたいな。
お!
それで、
富永さん、
さすがです、
っていう連絡をいただいたんですよ。
あらまあ。
見習いますって、
言いかけました。
いや、
並ぶよ。
あのスペースでね、
そう。
やっぱ、
スタッフさんの数もあるしね。
そう。
支配できないもん。
そう。
でも、
星5をいただいて。
素晴らしい。
そういうこともあって。
でも、
あれを実際にやってた一個メリットは、
うん。
やりながら思ったんですけど、
うん。
一回、
入り口で北海道を渡して、
コミュニケーションとっておくと、
うん。
その後、
僕は、
うん。
投票券を配ってたんですよ。
まあ、
そうね、
あなた配ってましたね。
そう。
若い子だったりとか、
うん。
来てくださった方々に、
僕が渡してたんですけど、
うん。
あれが話しかけやすい。
確かに。
あっ、
あの時、
北海道くださった。
キャンペーンの総括
ってなるもんね。
そうっす。
で、
最初、
入りが、
みんな、
え?
こう、
機嫌な感じじゃなくて、
そうだね。
すごい柔らかい顔で、
ああ、
やりますよって。
うん。
配りやすかったんですよ。
なるほど。
やっぱ、
北海道渡してよかったなと、
うん。
そう。
最初は、
コーヒーなりなり、
あそこで注文してくれた方に、
店員さんが、
うん。
それを渡すという、
流れたんだけど、
多分、
それを、
あの場で説明しなきゃいけない、
そうすると、
時間が経つ。
そうすると、
並んでたのに、
注文の列もできてしまう可能性がある。
といって、
あなたはそこを変えたんだね。
まあ、
そうっすね。
レギュレーションを。
多分、
お店の人もバタバタしてて、
渡せきれなかったんで、
そう。
これ全部変えようと。
投票数は、
うん。
150。
なるほど。
えっと、
先ほどの、
335。
だから、
半分。
おお。
すごいっすよね。
素晴らしい。
半分の投票率ってすごいっすよね。
すごいよ。
だって、
あなたほんと来たお客様に、
全て、
新しく来た場合は、
全部やったもんね。
そう。
全員配って。
だからもう、
みんなと話すタイミング、
なかなかない。
いや、
ないよね。
それはないよね。
それはないよねって。
渡しきれなかったりとか。
でも、
家で、
見直すことができるんですよ。
なるほど。
捨てるときにも、
見直すじゃないですか。
そうだね。
結局。
そうだね。
だから、
あれ、
確か、
投票のところは、
判件、
こうやって切って入れるから、
後のこっちは、
自分でお持ち帰りだからね。
で、
そこに、
ポッドキャストとは、
うん。
と、
ジャケイキとは、
うん。
と、
あと、
今回ジャケイキに参加した、
うん。
番組のプレイリストが入ってると。
あれはね、
うん。
みんなで出し合って、
ええ。
やりましたけど、
ええ。
あれはね、
結構、
なるほど。
画期的だと思う。
必要な部分は、
そこに入れて、
そう。
あとは、
お持ち帰りの、
そう。
あれの、
その、
QRコードを、
こう、
そこに、
遷移させていくっていう、
さすがですね。
あれはね、
ちょっと、
我ながら、
僕らたちながらに、
よくできた仕組みだったな、
と思うんですよね。
そして、
こう、
ポッドキャストという、
広めようっていう、
イベントだったので、
うん。
ポッドキャストとは、
何かを理解してもらうことが、
とっても大事になったんで、
うん。
その300何人の方にも、
もしかしたら、
浸透した、
まあ、
理解を一部、
得たかもしれないけど、
うん。
もうちょっと、
こう、
浸透できなかった人にも、
投票した人は、
もしくは、
投票し忘れて帰った方も、
いらっしゃるから、
そうそうそうそう。
そうすると、
あれ、
なんだっけ、
みたいな、
あ、
QRコードだね、
なんつって、
そう。
あの、
700ぐらいの、
うん。
プレイリスト、
フォローを、
もらってるんですよ。
あの、
ジャケギキのプレイリスト。
700、
700!?
そう、
700、
あの、
ジャケギキのプレイリスト、
ぜひ皆さん、
もう一度、
見てください。
見ていただきたいんですけど、
えっと、
今現状、
プレイリストは、
2つあるよね、
ジャケギキは。
正確に言うと、
3つあります。
なるほど。
あの、
ジャケギキの、
参加してくださった、
うん、
プレイリスト。
うん。
そして、
うん。
ジャケギキ間奏会の、
プレイリスト。
そう、
3つあります。
3つあります。
これね、
今、
689いいね、
へえ、
すごいね。
もらってるんですよ、
実は。
はあ、
だから、
あそこにいた数、
ではなくって、
また、
そこから派生して、
それを聞いてくださって、
だって、
倍になってんだもんね。
うん。
素晴らしいじゃないですか。
そう、
あれはね、
重ねてもあると思うんですけど。
うん、
そうだね。
すごい、
これはね、
僕は結構、
このプレイリスト、
うまく使えたなと思って。
うん。
それは、
ちなみにですけど、
えっと、
Spotifyで、
ジャケギキと検索したら、
それは出てくる。
出てきますね。
3つとも出てきますね。
出てきますね。
はい。
プレイリストになってるのは、
Spotifyだけだよね。
あ、
そうですね。
そこは、
もう、
残念ながら、
OKOK、
全然いいです。
一応ですね、
これをカタカナで検索していただけば、
その3つの、
出てきます。
プレイリスト出てくると。
すごい、
ジャケギキって言葉がね、
新しいから、
うん。
すごい、
引っかかりやすい。
そう、
引っかかりやすいんで、
いいんですよ。
みんな使ってないからね。
そう、
だから、
投票が合計、
2日間と合計で、
150。
うん。
来店者、
335以上。
うん。
っていうところで、
大盛況だった。
いや、
素晴らしいじゃない。
で、
僕が、
そっからね、
来てくださった方々の、
感想会。
ああ、
もう。
めっちゃくちゃいい。
そうだね。
これはね、
グッとくるんですよ。
でしょうね。
やったものからすれば、
かなり。
もう、
本当に嬉しいです、
これ。
ですよね。
あの、
いただいた感想会で、
ああ、
こういう出会いも生まれたんだって、
思ったのが、
ろっこつパキオさんの、
ああ、
パキラジ。
パキラジさんで、
あの、
パキオさんが、
初日来てくれたのかな。
で、
うん。
えっと、
そのタイミングで、
うん。
投票しようとしている、
うん。
あの、
学生の、
うん。
カップルがいて、
うん。
で、
その、
女の子が書いた数字が、
実は、
パキオさんの番号で、
うん。
パキオさんが、
話しかけちゃったんですって。
そうですね。
もう、
嬉しくて。
うん。
で、
そこでのやりとりを、
話されてて、
そうだね。
あれ、
ああ、
こういうこと、
こういうことって思って、
うん。
あと、
ゆうとさんの番組で、
うん。
ラジオ誌っていう番組で、
うん。
お話されてた、
リスナーの方と会った。
うん。
うん。
うん。
それもやっぱ良かったですね。
うん。
リスナーの方が、
ジャケ行きに、
えっと、
山本さんが来るよっていうのを、
うん。
山本さん発信してて、
うん。
それに合わせて、
うん。
ジャケ行きに来て、
いや、
素晴らしい。
その後すぐ大阪に帰るみたいな。
素晴らしい。
いや、
これはね、
嬉しかった。
来てくださってて、
うん。
実は、
来てくださった方だけで言うと、
うん。
北は青森、
うん。
南は福岡、
はい。
もう、
日本列島、
ほぼほぼ。
で、
あの、
参加してくださった番組で言うと、
北海道もいますから。
そう、
いましたね。
いらっしゃいました。
うん。
そう考えたら、
もうこれは、
リアルイベントという形で、
他に、
Podcast Weekendとか、
うん。
Flixっていうのは、
そうですね。
あるんですけど、
うん。
参加するとか、
うん。
体を、
ちゃんと、
うん。
向かわせないとできない、
参加できないっていう、
うん。
ことの中で、
うん。
ジャケギキはもう、
データ送れば、
参加できると。
そうだね。
そういう、
なんか、
機会は、
うん。
にはできたんじゃないかなとは、
思いましたね。
そうですね。
で、
まあ、
プレイリストの、
えっと、
お話の流れで言うと、
うん。
あの、
クラファンからの支援
そう。
ハッシュタグ付きで、
投稿してもらったら、
それもまた、
あの、
プレイリスト化には、
したいなと思って。
そうですね。
えっと、
ジャケギキは、
カタカナで、
してみたは、
ひらがなでしたっけ?
してみた、
そうです。
はい。
もともとはね、
ジャケギキしてみたっていうのを、
先に立たせて、
イベントやろうかっていう、
あー、
思ってたんですけど、
えー、
なんか、
ジャケギキの方が、
そうですね。
収まりが良かったんで、
はいはいはい。
っていう形で、
今、
見てますけどね、
大体、
僕が見てるのは、
アドバタラジオと、
ジャケギキをですね、
両方、
こう、
3時間おきくらい、
見てるんですよ。
いや、
ありがとうございます。
いや、
そうね。
ジャケギキ、
圧倒的に、
投稿されてました。
すごいもの、
すごいんだから、
もう。
すごかったですよね。
あの時の、
瞬間風俗、
すごかったんだから。
あれ、
どうなんだろ、
イベント当日、
すごかったし、
うん。
それからも、
すごかったですよね。
そう。
今、
徐々に来てるのは、
レコードジャケットが、
届いたとか、
そうそうそう。
CDジャケット届きました。
すごいクオリティー、
みたいな。
ありがとうございます。
そう。
もう、
多分、
こういうの見たら、
もう、
みやこちゃん、
泣いちゃうんだろうな、
みたいな。
そう。
超、
やってますからね、
今。
絶賛。
そう。
で、
また、
また、
彼女のことだからさ、
また、
見ていただくような、
プロデューサーとディレクターの役割
形の梱包を、
多分、
彼女のことは、
してるわけでしょ?
そう。
アカグミラジオさんっていうのが、
僕らが、
お送りした、
CDサイズのやつを、
ビデオポッドキャストにしてくれて、
あら、そうなの。
投稿してくれたり。
あら、
じゃあ、
俺、
まだ見てないや。
どういう感じで、
梱包してるかを、
開封式をやってくれてるんで、
開封の儀を?
はい、
やってくださってます。
ちょっと、
面白い。
僕もちょっと、
後で見てみよう。
今回、
そうですね、
一番しっくりいきます。
今回は、
僕が、
統括プロデューサー、
ギャラリーディレクションを、
小宮みやこさん、
レクリエーションポートの、
で、
コンテンツプロデューサーを、
DJ石川さん、
むしゃらじですね。
と、
あと、
ビジネスプロデューサーって形で、
田中さんって方が、
入ってくださったんですけど、
まあ、
大変でしたよ。
まあ、
ね、
広報活動で言うと、
すなけんさんが、
協力してくれたりとか、
出力であれば、
みやこさんの、
付き合いの方、
師匠、
師匠ね。
が、
協力してくださったりとか、
実は、
サイト作ってたりとか、
それも僕の、
つながりで、
やって回った人もいるし、
そういう、
プラス、
アルファで、
お手伝いくださった方、
めちゃくちゃ、
いらっしゃるんですけど、
まあ、
基本は、
僕ら3人、
4人でやってたんですよ。
そうですね。
これはもう、
クラファンから。
そうだね。
クラファンって言うと、
僕と石川さんが、
メインでやって、
まあ、
それ皆さんが、
クラファンで、
ありがたいんですけど、
いやー、
もうね、
同じ形では、
もう二度とできない。
二度とできない。
やれないって言うのに、
やらないじゃなくて、
二度とできないんで、
まあ、
一回知ってるだけで、
そうなの。
もう同じ鉄、
同じ、
なんか、
フィールドには、
踏み込まないよね。
なんかね、
石川さんと話したんですよ、
これ。
僕と石川さんは、
やっぱり、
こう、
プロデューサー、
だなと。
で、
みやこさんは、
クリエーターなんですよ。
で、
一つ言うと、
僕と石川さんは、
側をとりあえず、
きれいにしようと、
するんですよ。
うん、
なるほど。
まず、
ポイントとなるところを、
きちんと押さえておけば、
大丈夫だからっていう、
スタンス。
ところが、
みやこちゃんは、
は、
細部へのこだわり
より細部にこだわって、
そう、
ディテール。
そう、
ディテールをやって、
納得していくものっていうのを、
作っていこうと。
で、
これって、
どっちかが、
正しいんじゃないんだなって、
僕は思ったんですよ。
うん。
それは、
結果、
すべて現れてて、
そうだね。
普通に、
あそこに来店してくださった、
方々からしてみると、
ああ、
こういうイベントやってるんだ、
素敵だなっていう、
感想を持ってくださってて、
うん。
ポッドキャスターの方々から、
してみたら、
ここまでこだわって、
くれてるんだ、
っていう感想を、
持ってくださったんですよ。
はい。
だから、
これは、
プロデューサー、
技術の人だけでは、
物事っていうのは、
うまくいかないし、
うん。
クリエイターの方だけで、
物事がうまくいかない、
って思ったんですよ。
なるほど。
うん。
で、もちろん、
喧嘩もしてないし、
なんなら、
クラファンという、
プロモーション、
かつ、
支援集めは、
僕と石川さんがメインで、
バーってやってて、
うん。
で、
そっからのデータ受け渡しが、
僕と小宮さんに、
グラデーション的になってて、
現場の準備を、
小宮さんがやってくださると、
うん。
だから、
全員必要だったんですよ。
そうだね。
絶対的に。
うん。
ただ、
現場での優先順位を決めてくときに、
それは違うと思います、
みたいな話は、
結構あったんですよ。
うん。
なるほど。
これはね、
やっぱり、
うん。
両方いなきゃダメなんだな、
っていう。
うん。
そうだね。
プロデューサーと、
ディレクター。
だから、
どっちかが、
オーバーラップしすぎちゃっても、
ダメなんですよ。
うん。
そう。
これはね、
めちゃくちゃ今回、
揉めましたね。
うん。
まあ、
それをだから、
つなぐハブっていうか、
まあ、
そこら辺は、
たぶん、
どっちも正解じゃないですか。
正解。
順番として、
側ができてないと、
うん。
なんだっけってなっちゃう。
ディテールも詰め込めないしね。
そうそうそう。
でも、
ディテールを、
おろそかにすると、
ちょっと違うなってなっちゃう。
そう。
細部は紙にやろうからね。
そう。
紙は細部にやろうっちゃうから。
だから、
それをこう、
なんか、
3人でいう、
こう、
少ない人数でありながらも、
絶妙なバランスを組めたな、
っていうのは、
うん。
まあ、
今回あの、
僕の中での発見でもありますし、
大変だと思いますよ、
小宮さん。
いや、
大変だと思うよ。
なんか、
Xで投稿されてたじゃないですか、
ログ、
ログというか。
ええええ。
あれ、
僕も知らないことも多かったし。
うん。
まあ、
あの、
ちょうどこう、
クラファンが、
もうそろそろで、
88万を超えよう、
でしたあたりですよ。
うんうん。
私は、
みやこさんから、