1. にしのん声日記
  2. 3/7収録 西野キズナ&もりっし..
2024-03-17 1:43:08

3/7収録 西野キズナ&もりっしぃの声日記

149 Stars 3 Mentions 21 Comments

LISTENの京都イベント後に、もりっしぃさん🐴とお話しました!
イベントでは総合司会も務め、ゆゐさんと一緒に会場を沸かせていました!🐸🙌✨

ラテン大阪のおじさまこと、三河屋のサブちゃん:もりっしぃさん 
出会いのきっかけになった配信:にしのんラジオ 「筋肉少女帯」がわたしを創った #11

🎤今回のカエルのマイク:FIFINE K669

🐸にしのん声日記
文字起こし版 https://listen.style/p/24non-koedialy
Youtube版 https://www.youtube.com/playlist?list=PL8yiX4TTHQx3fl_rWeqJlX-TUvsDqCFEY
おたより投稿フォーム https://forms.gle/JDQ3eLXP4bXSssTf7

#声日記 #ペア日記

Summary

3月7日、西野キズナさんはお話しています。本日は、もりっしぃさんが一緒にいらっしゃいます。もりっしぃさんとの配信では、二人の共通の趣味や筋少の曲について話されています。西野キズナさんともりっしぃさんが声日記を収録し、キズナさんのワードチョイスや映画「映像の世紀」やアニメ作品について話しています。低気圧に敏感な人々の会話や声日記での喋り方の癖、声の聞き取りに込められた思いについてお話しになっています。声日記の配信について話し合い、オチの重要性に触れています。お互いに配信を聞きながら星を押すこと、お宿に泊まっているような楽しい雰囲気、そしてもりっしぃさんのエネルギーを追々の楽しみにしていることなどが話されています。

Table of Contents

もりっしぃさんとの配信開始
西野キズナ
3月7日、西野キズナです。本日は、なんと、もりっしぃさんが一緒にいます。
もりっしぃ
もりっしぃでーす。
西野キズナ
わー。
もりっしぃ
はい、どうもございまーす。
西野キズナ
なんで、もりっしぃさんがここにいるかというと、この間、京都のイベントでお会いした時にね、
どうやってもりっしぃさんを捕まえたらいいのかわからなかったので、直接ご本人にお話ししに行って取りましょうってね、お誘いをしたという経緯でございます。
もりっしぃ
はい。はいはい。
西野キズナ
はい、お忙しいのにね、夜に時間をいただいてありがとうございます。
もりっしぃ
いえいえ、全然暇ですよ。
西野キズナ
ほんとかなぁ。
もりっしぃ
いえいえいえ。
西野キズナ
もりっしぃさんの配信聞いてると、もうあっちゃこっちゃ言ってるじゃないですか、すごい。
もりっしぃ
あ、聞いてくれてるんですか?
西野キズナ
聞いてますよ。時々、溜め込んで一気にブワーって聞く感じですけど。
もりっしぃ
一回ありましたわ。どんどんどんどんエピソードが、古いやつからどんどんどんどん星がついていくやつ。
西野キズナ
それは、もりっしぃ祭りが始まってたんですよ。
もりっしぃ
あれね、祭り。
西野キズナ
祭り、祭り。
もりっしぃ
あるじゃないですか、怖い話で電話がかかってきて、「もしもし」って言って、今どこにいるよって言って、近づいてきてる感じでしたよ。
西野キズナ
「もしもし、わたしキズナ。今、何日の配信聞いてるの」、ね。
もりっしぃ
そうそうそう。最後に、あなたの後ろとかっていうやつね。
西野キズナ
あ、それ京都でやればよかったですね。
「私今、もりっしぃさんの後ろにいるの」っていうね。
もりっしぃ
怖い怖い怖い。面白いけど。
お互いの忙しさと移動
西野キズナ
それで聞いてると、あちこちお仕事もあると思うんですけどね。
もりっしぃ
そうなんですよね。
西野キズナ
移動が結構多かったりするんですかね、もりっしぃさん。
もりっしぃ
そうですね。そんなでもないですよ、ぽつんと座ってること多いんですけどね。
でも確かに、キズナ姐さんよりかは多いよね、とは思いますけど。
西野キズナ
そうでしょう、そうでしょう。
昨日こっちにいたなと思ったら、あっちに行ってるなーみたいなね。
それでいて、奥様のお車を出すときは必ずね、お車出してるし偉いなーって思いながら。
もりっしぃ
ああいうことたまにしておかないといけないんですよ。
西野キズナ
そう、日々積み重ねが大事ですね。
もりっしぃ
日々ね、積み重ねがどんどんマイナスの方に積み上がっていってるんで、
ああいうことをして、イーブンパーに持っていかないといけない。
西野キズナ
マイナス値がそんな大きく入っちゃうんですか?
もりっしぃ
大きくないんだけど、1週間経つと積み重なるんで。
西野キズナ
ああ、そうなんだ。
もりっしぃ
ないですか、そんなの。
西野キズナ
えー、あるかな。どうだろうな。
わかんないです。フリーダムに生きてるから。
もりっしぃ
きっと優しいんですよ。優しい。
西野キズナ
「しょうがないなー」みたいな感じかもしれないです。
もりっしぃ
優しい。それは優しい。
西野キズナ
どうなんだろう。
もりっしぃ
いやでも本当に感激ですよ。
西野キズナ
でも謝らないといけないのが、
もりっしぃ
勝手にね、僕なんかよりずっと年下やろうに、
キズナ姐さんとかって言ってね、本当申し訳ないって思ってて。
西野キズナ
でも、どうなんだろうな。世代的にそんな離れてない気がするんですけど。
もりっしぃ
この話ね、みなさんとするんですけどね、
そんなに幅がだいぶ違うので、人によってこの温度感がね。
僕からすると女性に対してね、1個でも下やったのにそんなもん、
あの姐さんって申し訳ねえなって思いながら。
筋肉少女帯の曲との共感
西野キズナ
どうなんだろう。でももりっしぃさん、趣味の辺の話がめちゃめちゃ合うじゃないですか。
筋少もそうだし。
もりっしぃ
あの世界観がね、僕が一緒に筋少を聞いてるでしょ。
あの辺の世界観が、今まで触れたことがない世界観で、
あんなに深く、オーケンの優しさとかっていうところにね、
触れるっていうのが本当に感銘を受けて、
これは僕なんかね、全然まだまだ聞けてないなと思ったんで、
僕は敬愛の心を込めて、リスペクトでも姐さんと思わず言っちゃったんですけどね。
西野キズナ
解散前から聞いてたんですよね。
もりっしぃ
そうですね。
僕、曲で知って、CMとかで昔流れてたでしょ。
西野キズナ
タイアップね。
もりっしぃ
それは知ってた。
だから本気で聞き始めたくらいってね、
アルバムで言ったら、「レティクル座妄想」とかからなんですよ。
で、キズナ姐さんあれでしょ。「猫のテブクロ」でしょ。
西野キズナ
「猫のテブクロ」なんですよ。
「ニコニコ大感想ラジオ」のもりっしぃさんが気づいてくださってたけど、
サクラギさんがカバーアートを描いてくださったアルバム持ってるのは「猫のテブクロ」なの。
私がそれを多分聞いてたから、
全然描いてくださいともお願いしてないけど、
それをご自身で考えて描いてくださったんですよ、サクラギさんが。
もりっしぃ
すげーなー。
あれ、なに書いてんねやろ。一生懸命老眼の目をこすりながら見たわけですよ。
そしたら、あって、ひらがなでそういうことかと思ってね。
西野キズナ
しかもカバーアートの後ろ側なんか卵焼きみたいな丸いの描いてあるなと思って、
「サクラギさん、これ何なの」って聞いたら、
あれは、筋少の大車輪か何か、大車輪だったかな。
なんか金色のジャケットがあるんですよ。
大車輪だったかな。
あ、違う違う。筋少の大公式です。大公式っていうベストアルバム。
ちょっと新しい方だ。
そうそうそうそう。
もりっしぃ
ちょっと待って、今見てます。見てます。
西野キズナ
ジャケットをちょっとぼやかしたような感じの背景だそうです。
誰も気づかないよって大笑いしてたんですけど。
もりっしぃ
そうかー。サクラギさんも、ごめんなさい、だいぶイタい(最上級の誉め言葉)ですね。
西野キズナ
すごいんですよ、彼女は。
私が本当に引っ張り込んだんですけど、私を遥かに超えてものすごいファンになってますから。
もりっしぃ
でもね、サクラギさんの筋少の熱量って、すごくわかるんですよ。
僕らみたいな、普通って言ったら、姐さん普通じゃなくなるな。
目の付けどころがね、いつも一緒にいるような人たちと一緒ってなるんですけどね。
姐さん違うもの。普通ね。
「猫のテブクロ」を聞いてもいいんだけど、いいでしょ、あれ名作なんで。
ハイキング三部作に注目するかなと思ってね。
西野キズナ
でも私本当に、あれが一番最初なんですよ。
カセットテープの時代の人間なのでね、兄が持ってたカセットテープにね、あれが入ってたんですよ。
他の曲に混ざって。
もりっしぃ
普通の筋少ファン、僕みたいな普通の人間は、あれだと、「これでいいのだ」とか「日本インド化計画」とかいくじゃないですか。
西野キズナ
話題になってる曲ですよね。
もりっしぃ
そうそうそうそう。
当時僕が聞き始めたのが高校から大学に行くぐらいの年なので、
普通にミーハーにこういうとこに行くわけ。
筋少をつかまえてミーハーって言われるのもちょっとおもろかったんだけど、
ミーハーじゃないんだけど。
だけど、いやー渋いなーと思って。
で、そこに対して、三部作そこですかと思ってね。
西野キズナ
すごいインパクトだったもん。
「えー、バスダメになっちゃうの?」みたいな衝撃。
最初ね、ハイキング行くぞみたいなノリですごい楽しいランランランっていう歌だったのに、
なんか火山に突っ込んでたりするんですよね。
もりっしぃ
そうそうそうそう。
西野キズナ
なんじゃこの歌っていう衝撃がいまだに忘れられなくて。
もりっしぃ
確かにすごいですよね。なんか能天気な感じで行くんですけどね。
行方不明の子が帰ってこないとかね。
西野キズナ
なんか世の中の厳しさをその歌で学んだところがありますよ。
世の中の理不尽さとかね。
あ、そっかーみたいな。こんなこともあるんだーみたいな。
もりっしぃ
いや、あれで、あのときの「にしのんラジオ」のコメントやったかな。
声日記の文中やったか、文字起こしの文中やったか。
それが自分の人格形成を。
西野キズナ
あーそうそうそう。私の人格を作ったのはね、筋少ですからね。
もりっしぃ
いやーすごいですね。
西野キズナ
絶対あの辺の曲を聴いて踏み外してるんですよ。盛大にね、バコーンって。
もりっしぃ
盛大に。
西野キズナ
だって、あんなのばっかり聴いてて、J-POP聴いてないですから。
もりっしぃ
残念なお知らせやなー。
西野キズナ
残念ですよ、ほんとに。
もりっしぃ
友達とお話合わないんでしたっけ?
西野キズナ
合わないですよ。そんな曲聴いてる人いないもん。
もりっしぃ
そうするとね、きっとお兄さんの影響って言ってませんでしたっけ?
西野キズナ
そうです、そうなんです。
もりっしぃ
そうなりますよね。僕ね、5つ下の弟がいるんですけど、
かわいそうにね、筋肉少女帯の大ファンなんですよ。
西野キズナ
なんて残念なことに。(褒めてる)
もりっしぃ
僕の場合は筋肉少女帯が、筋少が、
勧められて聴いてるから、友達がいるわけですよ。一緒に聴いてる。
4人仲間ぐらいでいるんですよ。好きな仲間が。
西野キズナ
あ、じゃあ喋れるんですね、それはね。
もりっしぃ
そうなんですよ。
西野キズナ
あー、弟さん厳しい。
もりっしぃ
今ね、すごいキズナ姐さんと同じ境遇やなーと思って。
西野キズナ
そっかー。
もりっしぃ
だって僕、あいつが好きで聴いてるのは知ってるけども、
兄弟であれはどうだよねっていうか、
語ったことは一言もないっていう感じ。置き去りにしてやるから。
西野キズナ
確かに。
うちもCDは兄が買ってて、聴くのは個別でみたいな感じだったから、
はい買ってきたって言って。
もりっしぃ
ありますよね。
西野キズナ
はいって言って貸してくれるけど、別に感想大会みたいなのはしなかったから、
それぞれで聴くみたいな。
もりっしぃ
いやーかわいそう。だから僕はそういう意味では仲間がいたので、
ライブとかもまだ筋少も若いし、メンバーも若いし、僕らも若かったんで、
ファンも若い中でみんなでライブ行ったりとかっていうのはできたんですよ。
だから弟とかキズナ姐さんかわいそう。
西野キズナ
しかもあれですよね、今みたいにスマートフォンとかが個人で使えるような時代でもないし、
インターネットあったかな?どうだったかな?みたいな頃だったから、
本当に誰とも共有できない。
もりっしぃ
そうなんですよ。
でもそれから時が経て、本当に聴くのって一人ぼっちになってきてる中で、
だからこのLISTENで同じような人がいるって知った時は震えましたよ。
西野キズナ
なんかどうなんでしょうね。感想を話してるファンの方とかどっかにいるのかな?
全然見たことないんですよね。
もりっしぃ
確かに。でもこんなに語れる。確かに確かに。
こんなに語れる歌詞のミュージシャンもなくないですか?でも。
西野キズナ
なんか絶対人によって受け取り方変わる気がするんですよね。歌詞とか。
もりっしぃ
いや違うと思う。
だって「レティクル座妄想」も僕めちゃくちゃ聴いたんですけどね。
これね、僕の中でも、僕高校3年の時に多分聴いてて、
残念ながら受験がうまくいかなかったんで浪人してですね。
それもうまくいかなくてなんとなく大学進んだんですけどね。
高校の時に聴いてた「レティクル座妄想」と、
大学受験に一浪までして失敗して聴いた「レティクル座妄想」が全然違うんですよ。
西野キズナ
それはあるかもしれない。
もりっしぃ
本当に。だからね、列車に乗って連れて行ってくれるじゃないですか。
ところが、罪を負った人間、つまらない人間は飛び降りていただきますので足からずっと行って、
私も連れて行ってって言って落とされるじゃないですか。
あれがね、高校の時はまだ電車乗ってるんですよ。
レティクル座に行けると思ってるんですよ。
ところがね、受験失敗だと聞いたらね、僕は突き落とされたわけですよ。
西野キズナ
キャーって落ちていくあっち側になっちゃうんですね。
もりっしぃ
そうそうそうそう。本当にね、あの時以降がよりハマりましたね。
こういう世の中がうまくいかないんだとかね。
西野キズナ
理不尽。
もりっしぃ
神様を見てるだけなんだとかね。
西野キズナ
オーケンというか、筋少の描く神様はもう容赦ないですからね。
本当に。
もりっしぃ
容赦ない。
西野キズナ
救わないですからね、誰もね。
もりっしぃ
救わない。そうなんだよ。
救わない上に、自分の進路とか進むべき道がわからないから、こっくりさんに聞いてみたとかって。
西野キズナ
「ソウルこっくりさん」ですね。
もりっしぃ
ところが、あれのすごいのは、こっくりさん何にも教えてくれない上に、お帰りにならないでしょ。
西野キズナ
ずっと帰ってくれない(笑)
あれですよね、キツネ憑きのおうちの歌もそうですよね。
本当に神様がいるのかどうかよくわかんないけど家庭は崩壊しちゃうっていうね。
娘さんがキツネ憑きになったばっかりに家庭が大崩壊するっていう。
もりっしぃ
そうそう。
容赦ない展開
もりっしぃ
あれが本当容赦ないですよね。
西野キズナ
ひどいなーって思いながら。
「猫のテブクロ」もバントライン君もいるじゃないですか。
子猫を連れたバントライン君も爆弾仕掛けて吹っ飛ぶじゃないですか。
もりっしぃ
そうなんですよ。
西野キズナ
少年も少女もみんな容赦なくやられていく感じがすごいですよね。
もりっしぃ
死んでゾンビになってても会いたいっていう業の深さとかね。
西野キズナ
あれすごいですよね。かなり蘇ってきますよね。
もりっしぃ
いっぱい蘇るでしょ。
西野キズナ
めっちゃ蘇ってます。
もりっしぃ
こっちは懐かしいと思って、やっと愛してる人がゾンビになってても生まれ変わったって言うけど、向こうはこっちのこと覚えてないみたいな感じじゃないですか。
西野キズナ
ただ歩いてるだけみたいだとかね。
もりっしぃ
そうそう。ただ歩いてるだけなんですよ。
西野キズナ
その辺も、ゾンビで歩いてるだけだけど愛してるみたいなことを言うじゃないですか、ゾンビたちも。
だから銃を持ってても撃てないとかね、本当に理不尽な話だなーっていう。
もりっしぃ
だから本当に語りだしたら、何度でも語れるミュージシャンのはずなのに、あんまり語ってる人みたいな。
筋少のライブ
もりっしぃ
でもライブに行ったら女性のほうが多いでしょ、圧倒的に。
西野キズナ
そうですよね。
たぶん今行ってもすごいコアなファンがやっぱりついてるんですよね。
サクラギさんもそうですけど、サクラギさん始め。
もりっしぃ
今でも僕、前にたぶんすれ違いましたよね、かもしれないですねとかって言ってたのが、仲直りしたときですね。
西野キズナ
記念ライブみたいな。
もりっしぃ
あれだってあの時思ったもん、絶対に。
僕がだから若くて20代ぐらいのときに、まだ筋少がバリバリにやってるときに、
オリックス劇場とかまだ人集めれたぐらいの人数のときに、一緒にいてたゴスロリファッションのお姉さん。
あんただよねっていうのやっぱり言ってましたもんね。
いるでしょ、ゴスロリの格好。
西野キズナ
いると思う。最近のアルバムのジャケットにいるような、「ロッキン・ホース・バレリーナ」かあれだったかな。
違うかも、怒られる。ファンに怒られる。
なんかありましたよね。なんだったっけ。
もりっしぃ
あれが行ったときに、やっぱ勢いがすごいというか、
だからもうこなれすぎてて、初めワンドリンクでフリーで、
みんなもうすっかり、周り見渡してもすっかり大人になったねみんなみたいな感じで見てたんですけど、
なんか1ベルかなった瞬間に、もうダッシュでみんな前に突っ込んでいって、
もう座って休憩する気なんかありませんみたいな勢いで行くじゃないですか。
西野キズナ
確か本当に私とサクラギさんが一番最初に行ったライブが、2階席で席があったんですよ。
1階はオールスタンディングだったんで、
みんなさん立ってるのを、上からライブってこのようなものなのかみたいに、
感慨深く下々の世界、下々じゃない。
2階をですね、失礼いたしました。下の世界を見てたんですけど、
2階席も結局みんな立ってたんで、確か私らも頑張って立ってた気がします。
もりっしぃ
座ってみるやつなんかいないもの。
もりっしぃさんの記憶とLISTENの話題
もりっしぃ
面白かったのが、筋少も昔はもうむちゃくちゃあおってね、
ヘドバンしろよ!みたいな感じだったんですよ。
西野キズナ
タオル振り回したりしてましたわな。
もりっしぃ
そうでしょ。ところが今回、やっぱ復活ライブになったらね、
もうみんなそれなりに歳とっちゃってるから、
オーケンだけじゃなくて、フミヤンとかも、
もう無理しないでいいからねって言って、
西野キズナ
あれ、いつからだったかな。
わかんないけど、ステージの上に椅子を持ち出して座るようになってましたからね。
もりっしぃ
そう。MCのときは座るみたいなスタイルになってて。
西野キズナ
最近はどうでしょうね。ちょっとその辺もサクラギさんに聞いてみたいとこですけど。
もりっしぃ
あー、じゃあ行ってはるでしょ。
「レティクル座妄想」の発売が35周年。
西野キズナ
Xの見たかもしれないツイートみたいな。
もりっしぃ
そうでしょ。新しくアルバムを出すんですかね、それで。
西野キズナ
へー。
もりっしぃ
そんなことが書いてあって、それの記念ライブをやりますと。
西野キズナ
あー。
もりっしぃ
っていうのが、僕の悪友からペッてLINEが入ってですね。
一緒に東京だから行けねーって言ってですね。
西野キズナ
あー、そうか。東京だけか。
もりっしぃ
そうなんですよ。
西野キズナ
配信やってくれるのかな。配信やってくれるなら見たいな。
もりっしぃ
ね。っていうような話もありながら、確かにちょっとスタイルは変わった。
でもあれですよね。サクラギさんはアフターなわけですよね。
西野キズナ
そうですね。アフターをもうずっとですね。
もりっしぃ
すごいなー。その入り方って僕分からないから。
西野キズナ
それはそれですごい愛が深いなーって言って。
なんかやっぱりその後からだからっていうので、すごい色々調べたりとか、歴史を学んだりというか、調べて情報を集めたりみたいなのを最初の頃すごい熱心にしてて。
もりっしぃ
それで詳しいんだ。
西野キズナ
私はそこまでではなくて、音楽を楽しむスタイルとしてあんまりそういうところを気にしない人間なので。
もりっしぃ
そうか。
楽しみ方がね、どっちかって言ったら僕もサクラギさん寄りなんですよ。
西野キズナ
そうなんですね。
もりっしぃ
だから姐さんって言うんですよ。深すぎるから。
西野キズナ
いやいやいやいや。
えー。
もりっしぃ
だからすごく高校の時のちょっとしたトラウマが、トラウマってほどじゃないけども、
ちょうど筋少、ビジュアル系バンドっていうのがすごく流行った時代で、
あの時に一緒に流行ってたのが、Xだったわけですよね。
でしょ。
「紅」が全盛だったわけで、「紅」がとても流行ってたわけですよ。
西野キズナ
体はって弾いてたね。
もりっしぃ
そうそう。で、やっぱりみんなはXに行って、「紅」がかっこいいで、確かにかっこいい。
確かにかっこいいけども、どんなにYoshikiが、Yoshikiのドラムがすごくても、
違うと一番は太田ちゃんなんやと思ってたわけですよ。
その僕の叫びがみんなにかき消されるっていうのがね。
このメジャー路線に行けないこの。
西野キズナ
いやー、何なんでしょうね。
両方たしなめばよかったのかもしれないのに、たしなめなかったんですよね。
どうしても。
もりっしぃ
違う違う。たしなんじゃダメなんですよ。
西野キズナ
ダメなんですか?
もりっしぃ
愛は一つでいいんですよ、愛は一方向は。
一途でいいんですよ。
西野キズナ
何なんでしょうね。自分に馴染むのがやっぱりそっちの音楽だったんですよ、たぶん。
もりっしぃ
うん。僕もそう思います。
心にどっちが刺さるかって言ったら、残念ながらしながらな。
西野キズナ
そうそう。残念ながら。
もりっしぃ
残念ながらですね。
西野キズナ
そうですね。絞り出すように残念ながらというしかないです。
これはもう負けたみたい。
これはもう筋少に負けたんですよ。
もりっしぃ
そうです。
西野キズナ
そうなんですよ。
J-POPの記憶はほぼないんですけど、筋少の曲に合わせて自分の記憶はいろいろ蘇るみたいな。
もりっしぃ
それわかりますよ。
悲しいですよね。例えば若い時の、失恋した時の、この曲を流れたら失恋の記憶が出てくるとか、いろいろね。
思い出のベスト10とか、こんな時に聴きたいラブソングベスト10とか出てくるけど、何一つ共感できないよね。
西野キズナ
そうなんですよね。
失恋の曲が云々とか言われてもさっぱりわからないんですね。そんなことよりレティクルが~みたいな。
もりっしぃ
そうそうそう。失恋した時は「踊るダメ人間」が流れてるとか、まさかそんなんだと思う。「ダメなものはダメだよー」って言われてね。
西野キズナ
そう。人が信用できなくなったら「蜘蛛の糸」が流れたりとかね。
もりっしぃ
いやー、お互い悲しい青春を過ごしましたね。
西野キズナ
まあでもね、何十年かたってね、もりっしぃさんと楽しくおしゃべりができるなら良かったんじゃないですかね。
もりっしぃ
ありがとう。本当そう。本当そう。
この間のLISTENニュースに呼んでもらったときに、近藤さんとかゆいちゃんに言ったけど、本当にツチノコを発見した気持ちや。
噂には聞いたことあるけど見たことないよ、そんな近藤さんとかに言って。
西野キズナ
確かに、存在していたみたいな。筋少のミュージックビデオみたいじゃないですか。「ツチノコ発見!」みたいな。
もりっしぃ
そうそうそうそう。
西野キズナ
どうぞどうぞ。
もりっしぃ
嬉しいです。嬉しいです。
まず一度でかかったLISTENのインパクトはね、メンション機能の次にやってきたこのコアなファンを捕まえられる機能っていうね。
素晴らしい機能がついてる。しかもね、なんか知らんけどひろしが紹介してくれるっていうね。
西野キズナ
もりっしぃさん、どういうつながりなんですか、ひろひろしさんと。
もりっしぃ
つながりなんかないですよ。
西野キズナ
ないんですか。ひろさんがコメントつけてくださって、みたいな流れなんですか。
もりっしぃ
僕がね、本当初期の頃の日記に、筋肉少女帯のことをちょっと言ったんかな。
そしたら、何の話したのかもうちょっと覚えてないんですけど。
そしたら広氏が、そういえば西野キズナさんがファンだって言ってましたよみたいなことをコメントに書いてくれたんですよ。
西野キズナ
ひろさんすごいですよね。
もりっしぃ
あの聞き方を。
西野キズナ
あれだけ聞いてても、内容までしっかり覚えてられるかっていうと、たぶん私だったら無理なんですけど。
無理ですよ。
ひろさん、結構すごいしっかり聞いてる感じですよね。コメントもされてるし。
もりっしぃ
本当にそれは思います。
西野キズナ
すごいと思う。だからodajinさんとこの間お話ししてた時も収録してた時も、odajinさんが声日記の伝道師って呼ばれるんだったら、
ひろさんはリスナーの伝道師っていうか、リスナーキングみたいな感じに言ってたんですよ。
いやでも本当に、もう比類ないですね。他にいないと思います。あんだけ聞いてる人は。
もりっしぃ
いない。いない。
いない。その話ね、実はね、あの時、あそこ、ぼくそれ話、えっと、コーノさんちに、
飛び込みで遊びに行った時にも、まずその話がコーノさんと出た。
西野キズナ
そうですよね。絶対皆さんそう思ってますよ。
もりっしぃ
ひろしはいつどうやってこれだけの量聞いてるんだって。
西野キズナ
だって再生時間考えてもおかしいですよね。合わなくないですか?みたいな。
もりっしぃ
ぼくはね、たぶん聖徳太子なんじゃないかなと思って、3つぐらいいっぺんにかけてんちゃうんかなと思ってね。
100人の声をいっぺんに聞けますみたいな。
西野キズナ
それodajinさんみたいですけどね。でもodajinさんも、なんだっけな、ちゃんと聞けるかって言ったら、たぶん難しいみたいなことも言ってましたからね。
もりっしぃ
いやーだから、ぼくも聞いてるけど聞き逃してる。
西野キズナ
わかりますわかります。
再生はしてるんですけど、端まで隅々意識に残るかっていうとそうでもないので。
もりっしぃ
うん、いかないいかない。
申し訳ないけど、odajinさんとキズナ姐さんのコラボのやつね。本当に落ちて寝てしまいました。
西野キズナ
いいんですいいんです。
もりっしぃ
ほんとごめん、ほんとすまーんとか思いながら。
西野キズナ
LISTENがすごいありがたいのって、テキストが一緒にあるじゃないですか。
だから音声が頭に引っかからない時でも文字を追ったら補完ができるというかっていうのがあるので、結構音声では聞ききれないのもテキストで追いかけてっていうのをやってるんですけど、
ヒロさんは車で多分聞いてるじゃないですか。
もりっしぃ
そうそうそうそう。
西野キズナ
ってことはテキスト見てないんじゃないかなと思うんで。
もりっしぃ
見てない。
西野キズナ
なんであんなに記憶に残ってるんだろうって、もうすごいなって。
もりっしぃ
そうなんですよね。
西野キズナ
ねー。
もりっしぃ
だからいやー、あれはすごいです。
西野キズナ
LISTEN7不思議の1ぐらいね。
もりっしぃ
たぶん髪の毛かけ上げたら後頭部にあと2つぐらい耳ついてんちゃいますか。
西野キズナ
それでも聞ききれるんですかね。
でも記憶力もすごい良いと思うな。
なんかもりっしぃさんもこの間京都でお会いしたときに、最初ご挨拶してからの次から次繰り出される話題のネタがすごいなって思って。
もりっしぃ
なんか喋りました?
西野キズナ
大概引き出し多いなと思って。
いや、なんか最近こんな話題で配信してましたよねみたいな話題を言っておっしゃっていただいた気がする。
何だったっけ。
もりっしぃ
ほんまに?
西野キズナ
夜なべしてたみたいなことを言ってくださいませんでした。
もりっしぃ
あー。
あのね、キズナ姐さんのやつね、言葉のチョイスが面白いから耳に残るんですよ。
西野キズナ
チョイス?
ワードチョイスと「映像の世紀」
もりっしぃ
久しぶりに夜なべっていう言葉聞いたとかね。
そういうこと、そういうこと。
この間も何やったかな、耳について。
あーそうだ、イベントのやつ。
あのー、そうだ、僕もお会いできなかったけど、丈折メイさんと喋ってるやつ。
西野キズナ
あー、二人で録ってた。
もりっしぃ
何やったかな。
あーそうだ、SSRとかね。
西野キズナ
SSR?
SSRはわかります?
もりっしぃ
いや、わかりますよ。わかるわかる。
わかるけど、そのチョイスがワードで出るんやと思って、わかいなーとかね。
西野キズナ
えー。
でもゲームやってたんで、スマホゲームをね、一時期。
もりっしぃ
そうそう、僕もだからSSRで知ってます。
その上になったらURとかってなるでしょ。
西野キズナ
そうですそうです。
カードが進化していったりとかね、絵柄が変わっていったりするとちょっとグレードアップするんですけどねっていう。
もりっしぃ
わかります。だから、わかるんだけども、ごめんなさい、ごめんね。
キズナ姐さんで初めて会った、あのビジュアルで、この声のトーンで、そのSSRってすっごいギャップあって。
この人からこのワードが出るのかっていうのとか、印象に残るワードが覚えてるんですよ。
西野キズナ
なるほど。
なんなんですかね。
なんかチョイスおかしいみたいです、私。
もりっしぃ
違う違う違う違う。すごく個性的なんです。
西野キズナ
一緒一緒。
なんだろうな。
でも音楽が筋少でとか、キーワードをどこから拾ってるかみたいな、どこから影響を受けてるかみたいな話ですよね、たぶんね。
もりっしぃ
それはすごく興味深いですよ。僕には全くわからないから、どうしたのそれって。
ワードだけじゃなくても、何やったかな。
家の中を整理してたら、どうしても捨てられないやつがいろいろ出てきて、出てきたのが「映像の世紀」とかね。
思わず、俺その時ね、今でも忘れへんのでも、ちょうど僕は仕事しながら結構聞いてるんですよ。あれ使って。骨伝導のあれ使って。
近藤さんとか皆さんに教えてもらって。
西野キズナ
私今日ポチりました、それ。今度届きます。骨伝導。
もりっしぃ
来たこれ。こいつやばいっすよ。これで人生ちょっと変わっちゃってるんだ。
西野キズナ
だってもりっしぃさん、耳かきできるって言ってたじゃないですか。
もりっしぃ
覚えてるやんか、そっちも。
西野キズナ
すごい覚えてたんですよ。もりっしぃさんが耳かきできるって言ってたからなと思って。そんなにいいのかなって思って。
もりっしぃ
いやいや、そこの機能は全く良くないんやけど。
何か入力しながら、キズナ姐さんが聞き流し中で、全てのキーワードを覚えてるわけじゃないんだけど。
何を捨てられへんって言い始めんのかなって。「映像の世紀」っていうか、ちょっと待って、今何て言ったかと思ってね。聞き直して。
思わず、俺も好きやねんとかって入力したら、また俺も好き、俺も好きって2人くらい出てきたでしょ。
西野キズナ
コーノさんも好きとか、J.近藤さんもたぶん言ってたんじゃないですか。みんな意外と知ってるんだと思って。
もりっしぃ
あ、この辺かーとかと思いながらも、そういう引っかかり方、話の下り的にそこっていうのを気づいたね。
西野キズナ
「映像の世紀」も、周りに見てる人が全然いなくて、いなかったんですよ。
私、エヴァンゲリオンもテレビシリーズの見てたんですけど、全然周りに見てる人がいなくて、見てない。
見てなくて、こんなに面白いアニメがあるのに、なんで誰も知らないの?って言って、1人寂しく本屋さんに行って、アニメディアとかアニメージュを買って。
語り合える人が近藤と一緒でいないから、雑誌読むしかなかったんですよ。
もりっしぃ
そうか。あれも、エヴァも火付くまでちょっと時間かかったんでしたっけ。
西野キズナ
そうなんですよ。たぶん1話をリアルタイムでテレビで見てる人が本当にいなかったんだと思います。
もりっしぃ
でしょうね。僕も、大学のときの結構アニメ好きの友人が懐かしいですよ。レーザーディスクで持ってましたよ。
西野キズナ
うわー、レコードサイズ。
もりっしぃ
そう。LD買ったーとかって言って、そんなに面白いの?って言って知ったぐらいなんで、確かリアルタイムは見てないかな。
だから、そういう意味では、火がついてからのことしか知らないから、リアルタイムで見てて、また一人ぼっちやったキズナ姐さんの気持ちは、ちょっとそうなのかもしれないね。
西野キズナ
なんか、そんなのばっかりなんですよね。
あと、エヴァンゲリオンの次に好きなアニメが、同じくらいとか比較できないですけど、
少女革命ウテナっていうアニメがあるんですけど、知ってます?
もりっしぃ
ごめんなさい、知らない。
西野キズナ
あー、知らない。
もりっしぃ
時代的にはエヴァンゲリオンぐらいの時代。
西野キズナ
99年とかですかね。
もりっしぃ
もうね、99年とか。
あー、なるほど。
99年はね、もう学生じゃなくなっちゃってるんで。
西野キズナ
あー、そっか。
もりっしぃ
やっぱ急激にあの辺くらいから、いろんなものを卒業していってるとこですね。
西野キズナ
あー、そっかそっか。でもそうでなくても多分ドマイナーな作品なんで、
今でこそすごいマニアックな方たちに愛され続けてる作品なんですけど、
放送してた当時は本当に誰も見てなくて、
なんか、自分だけがこんなにいいのにって思ってるような、本当、筋少みたいでした、本当に。
何もかもそんな感じ。
共感してくれる人がいない。
周りに。言われてみれば。
もりっしぃ
すごいでも可愛らしいキャラクターですね。
少女革命ウテナ。今見てます。
西野キズナ
いやでもこれがまた、すごい理不尽な話なんですよ。
すごいどぎついですよ、この話は。
友達に裏切られたりとか、好きな人取られたりとか、
本当にこの絵柄でそういう内容をするんですよ。
もりっしぃ
えー、全然違うやん。
西野キズナ
もうね、こころを折りにくるアニメです、これは。
もりっしぃ
魔法騎士レイアース的な絵じゃない?
ちょっと違うか。
西野キズナ
ピンクの髪の主人公と、眼鏡で紫の髪の女の子がメインのヒロインなんですけど、
お友達というか、契約的な友達みたいな、見かけの友達みたいな、
なんかそういう、少女同士のお友達関係のすごい深いテーマのお話なんですよね。
友達だと思ってたのに裏切られたみたいな。
もりっしぃ
いやいや、なんか、カイジみたいですね。カイジわからないか。
西野キズナ
どっちかっていうと、演劇みたいな演出がすごい面白がられてた作品ですね。
機会があったらどこかで見れるのかな。
もりっしぃ
どうだろう。
なるほど。
見ます。何とか頑張ってみます。
西野キズナ
気が向いたらですね。
もりっしぃ
やっぱりそういうとこで、一筋縄ではいかないやつがいいんですね。
西野キズナ
もりっしぃさんに言われて自覚しました。考えてみると、
共感して語れる友達がいなかったわ、みたいな。
もりっしぃ
かわいそうに。
西野キズナ
他にも好きなアニメで、「serial experiments lain」っていうものすごいドマイナーなアニメがあるんですけど、
あれも深夜にやってるアニメで誰も見てなくて、
でも自分はすごい面白い、すごいいい作品だって思ってて、
LISTENの特別な魅力
西野キズナ
それを語り合えるのがいるとしたら兄ぐらいしかいないんですよ。
でも兄ともそんなに熱がいったような感想を語り合う中ではなく、
面白かったよ、ぐらいのやりとりしかしないから。
もりっしぃ
兄弟はそうやんね。
どうぞどうぞ。ごめんなさい。
西野キズナ
今考えると、それの繰り返しだったなっていうのをしみじみと思い返してます。
もりっしぃ
ごめんなさいね、傷口めぐり返したみたいな。
西野キズナ
全部そうだったわ、みたいな。
「映像の世紀」も誰とも語れなかったわっていう。だからDVDBOX買ったんですよ。
もりっしぃ
買ったんだ、なるほど。よかったね。
でも僕もおるし、コウノさんもおるし、あとはコウノさんもおるよ。
西野キズナ
買っておいたことで、何十年後かにこんなにみんなと共感してもらえるなんて思わなかったから、それはよかった、本当に。
もりっしぃ
よかった、捨てなくてよかった。
西野キズナ
話題に出してよかった。
もりっしぃ
ほんまこれ、このLISTENで言ってみるもんやなっていうの多いんですね。とりあえず言っていかなかった。
西野キズナ
だから「映像の世紀」なんてポロッと出したワードでしかなかったはずなんで、みんなそこに食いつくの?って思って。
だから「映像の世紀」にみんなが食いついてくれたりとか、
もりっしぃさんがラジオの筋少の話題にたどり着いてくださったりみたいなのが、本当に京都のイベントの時にちょろっと言いましたけど、ボトルレターみたいだなってすごく思うんですよ。
ポチョンっていつだったかに流したものが誰かのところに届くんですよ、タイムラグで。
アニメ作品の紹介
もりっしぃ
確かに。不思議な世界線やね。本当に面白いですよ、このLISTENちゅうのは。
西野キズナ
だから、今すぐ反応はなくてもいいなって私はすごく思ってて、だってそのおかげでもりっしぃさんとこんなにおしゃべりできてるし、
ひろさんっていう人が媒介者となってつないでくれたりもするっていう。やっぱりLISTENだからそういうことをやってくれる人がいたりとか、そういう場があるっていう。
それが他のところと違う良さかなってしみじみ思ったりもするんですよね。
もりっしぃ
なるほど。僕他知らないんですよね、本当に。だからこれしか知らないんで多分つまんないと思いますよ、何聞きに行っても。
西野キズナ
そうなんですよね。様子を知りたいなとか話を聞きたいなっていう人がいるから私もLISTEN楽しいって思ってるんで。
もりっしぃ
そうなんですね。やっぱり比較すると違うもんですか。だって姐さん前からやってはるやんね。
西野キズナ
言うても数ヶ月前ぐらいですけどね、LISTENにやってくる。
もりっしぃ
そうなんだ。
西野キズナ
そうですそうです。もともとスタンドFMの方でコラボで他の人と2人で組んで話をしようっていうお誘いを受けてたんですけど、
いきなり現れた配信者がコンビ組んでやり始めるのも不自然かなって思って、自分の配信をちょっとやろうって思ってやり始めたのが8月ぐらいだったかな。
もりっしぃ
そうなんですね。
西野キズナ
で、その2ヶ月後ぐらいにLISTENを発見した感じなので、そんなに長く配信をやってるわけではないんですよね。
もりっしぃ
ああ、そうなんですか。
西野キズナ
うん、なんですよ。
もりっしぃ
もともとVRから入ろうとしてはったんでしたっけ。
西野キズナ
ん?VR?
もりっしぃ
一緒に誘われてとかって言って、一緒にやろうよって。
西野キズナ
なるさんとやってるやつですか?
もりっしぃ
ああ、あれがスタートじゃないんですか。
西野キズナ
そうですね。なるさんと気が合うので一緒に喋りたいですねみたいなところから始まってるんで。
もりっしぃ
今日聞きましたよ。
西野キズナ
あ、パーラーNですね。
パーラーひどいでしょ。
もりっしぃ
題名とパーラっていう、パーラNの題名とね、あとバックミュージックがね、もうずるいわと思って。何このバックミュージックと思って。
西野キズナ
BGMあれ聞きにくくなかったです?どうなのかな。
もりっしぃ
いいえ。いいえ。ただハマりすぎてるパーラーNっていう名前と。
だからたまに話題が入ってこないときがある。曲がハマりすぎてて。
西野キズナ
じゃあ今度音量下げようか。
もりっしぃ
いやいや、そういう問題じゃないと思う。ハマりすぎてると思う。
西野キズナ
そうなんだ。
もりっしぃ
いいと思います。すっごい悔しくて面白いから。
よかったです。でもVR、とにかく衣装買うのも高いんやーとかね、いろんなことをちょっと。
あと何やったっけ、そこで言ってたワード面白いのあったよな。俺悪ったんや。
何やったっけな、今日歩いてたとき。
え、ユキチが?
西野キズナ
ユキチが走っていく?
だってユキチ走っていくんですもん。お互いから。お財布から逃げていくんです。
もりっしぃ
いやー、ユキチが走っていくって初めて聞いたわ。
西野キズナ
このアバターん万円ですっていうのは嫌じゃないですか、生々しくて。
だからユキチが走っていくんです。
もりっしぃ
その辺がね、やっぱりキズナ姐さん上品ですよね。この辺がね、男どもは下品だから、
kappaさんとか、近藤さんは10万が痛いとか、なんか微妙な値段をね、
西野キズナ
オーディオンの間にね、沈んでいる方々ね。
もりっしぃ
微妙に払える金額の実額を言う。
その辺がやっぱり、さすがキズナ姐さん上品やなと思った。今聞いてて。
西野キズナ
なるほど。
もりっしぃ
ダメね。なるほどね。
西野キズナ
聞いてて楽しいかなと思ってね、ユキチがバタバタ走っていくのかみたいな。
もりっしぃ
面白い面白い。
もうすぐね、7月には栄一に変わりますんで、まだワード変えていただいて。
西野キズナ
そうかー。あーそうなんだ。
ユキチじゃなくなりますんで。
新しい技術がまたなんか開発されたんですかね、お札的な。
もりっしぃ
お札的な新しい。そこも細かいことはしやすい。それは偽造はしにくくなってるでしょう。
とにかく7月ですよね、確かね。
知名度のない渋沢栄一がね。
西野キズナ
ちゃんと大河(ドラマ)やりましたから、大河。一応見ましたから。
もりっしぃ
大河見るんですね。
西野キズナ
見ますよ見ますよ。大河は録画して2倍速で見て。
怒られる。怒られるけど、NHKは字幕出してくれるんですよ。
これもちょっとLISTENに通じるとこがあるんですけど、字幕出すと音声が速くても識別というか認識できるので、何を言ってるかを。だから見れるんですよ。
前ちょろっと言いましたけど、私音声認知能力が弱くて、視覚補助がないと聞き取れないんですよ。
だから電話とか苦手っていうか、多分適性があんまり良くなくて。
もりっしぃ
電話もダメですか?
西野キズナ
電話は別に取れるんですけど、何言ってるかたまに聞き取れないことがあるんですよね。音だけだと。
LISTENがすごい聞きやすいのは、他のスタンドFMとかだと文字で出してくれないから、たまに音だけが滑っていくことがあって、
今何言ってるのかな?みたいなのが意識できなくなるんですけど、LISTENは文字が一緒に出てくれてるから、音がちゃんと何の意味を持っている音なのかを認識できるんですよ。
何を言っているかわからないと思うがっていう。
もりっしぃ
居酒屋とかのワイワイガヤガヤしてるたくさんの打ち上げみたいなやつに行っちゃったりした時に、隣の人とかの喋ってる声が判別できないっていうのはすっごい共感できて。
西野キズナ
それこの間odajinさんと喋りました。「声日記ファン」で。
もりっしぃ
言ってましたよね。
西野キズナ
そうなんだ。
もりっしぃ
あれ僕もなんですよ。
だからどんどんそうすると、僕も無意識に、もともと声がでかいのに、隣の人に聞こえてないんじゃないかって思うんでしょうね。
めちゃくちゃ声張っていくんですよ。
腹筋痛くなる。
僕ただでさえ声大きいんで、お前そんな大きな声喋らなくていいって言われるんだけど。
西野キズナ
自分が聞き取れてないからですもんね。
もりっしぃ
だから電話のときとか、コロナ以降多くなったウェブとかのミーティングのときほど、声を張ってしまうんですよ。
すっごい電話の音が大きくて。
だから飲み会とかで行ったら、真横に人言って喋ってくれてるのに聞き取れないんですよ。
ニヤニヤ僕も笑ってるんですけど全然聞こえてませんみたいなね。
適当に返事しちゃってるんで。
西野キズナ
それやってますもん、私も。
へーとか、ふーん、そうなんだーとか。
何も分かってないけどとりあえず相づちをうつっていうね。
もりっしぃ
まあいいや、こいつ酔っ払ってるしみたいなね。
結構多いんですね。
西野キズナ
声日記ファンでその話題を出したときに、すごいいろんな方から反応していただいて、
自分もですみたいな声掛けというかコメントをもらったんで。
意外といっぱいいるんだと思ってちょっとホッとしたというか、
そりゃ聞こえないよねーって思いましたね。
もりっしぃ
聞こえないの。
西野キズナ
聞こえないですよね。
音の塊でガツンと聞こえてくるから、何も識別できない。
もりっしぃ
そうそう、識別はできない。
だけど小さな声を聞き取れないわけじゃないので。
マンツーマンとかやったら全然聞き取れるんだけど。
さらにね、僕は10年以上前から耳鳴りがひどくて、右耳の。
西野キズナ
あー、この間どっかでおっしゃってた気がする。
もりっしぃ
あ、言ったかな。
余計に雑音が入って、余計にそれに拍車がかかってる感じになっちゃって。
西野キズナ
それはしんどいですね。
もりっしぃ
いやいや、慣れたらあれなんですけど、だからそうなんですよ。
西野キズナ
お薬とか飲んで仲良くなったりはしないんですか、その耳鳴りが。
もりっしぃ
初めた当初に一応医者に行ったんだけど、
大きな病院に行ってくださいって言われて、大きな病院に行ったんだけど、諦めてくださいって言われちゃって。
西野キズナ
えー、そんなことあるの。
もりっしぃ
ひどいでしょ。
西野キズナ
理不尽。まるで筋少の音楽のよう。
もりっしぃ
筋少、戻ってきた!
そうなの。まさに「がんばったがダメ」って感じ。
西野キズナ
「がんばったがダメ」とかですよね。どうにもならなかったみたいな。
もりっしぃ
まあいいかーってなってしまった。
西野キズナ
それでやっていってくれって言われてしまったら、そっかーってなりますもんね。
もりっしぃ
そうそう。だんだんそういうふうにみんな言われていて、
僕もだいぶおっさんなんだけど、それでも僕はかててもっとおっさんばっかりなんですよ、僕は職場って。
そんな話ばっかり。どこどこ痛いから医者に行ってって言われました、老化って言われたとかね。
それは老化です、老化です、全部老化。老化で全て片付けられるっていうね。
西野キズナ
お医者さんたちって同盟組んでないかな。こんな人来たら全部老化って言っとけみたいな。
もりっしぃ
そうそう。あげくのはてに死因が老衰とかね。
西野キズナ
やだなー。この間パーラーNでなるさんと話してたときも、結局健康の話になっていくんですよね。
体大事にしないとね、もう持たないよねっていうね。そんな話になっていくんですよ。
もりっしぃ
みんななんか、特にLISTEN界隈は病弱な人の多い印象があって、笑ったらあかんけど。
西野キズナ
それか、今こんな状態ですっていうのをあんなに赤裸々に共有してくれるっていう人があんまり周りにいないからかなっていう気がする。
意外と同僚の人とか友達とかでも、そんな逐一風邪ひきましたとか報告聞かないじゃないですか。
LISTENってみんな声日記で今日こんな感じっていうのを配信してるから、あの人調子悪いんだみたいなのが結構つぶさにわかるっていう。
もりっしぃ
これね、うちはね、周りに今日は健康のこと言うことが多いかな。
西野キズナ
そっか。年代でやっぱ違うのかな。
もりっしぃ
たぶんそうだと思う。みんな年取ってきたかもしれない。
西野キズナ
報告しとかなきゃみたいなのがあるのかな。いつ何が起こるかわかんないから。
もりっしぃ
今日もうちの若い女の子のスタッフが笑ってたもんなーって。
今日は誰々さんがどこどこ痛いって言ってましたとか、どこどこしんどいって言ってましたみたいな。
西野キズナ
でも笑ってられないですよ本当に。
もりっしぃ
そうなんですよ。だからみんなお大事にしてほしいなと思いながら。
西野キズナ
そうそうそう。大事にしてほしい。
もりっしぃ
僕はね、幸いコロナもインフルエンザも全く関係なく、低気圧になっても何にも関係ないんで。
西野キズナ
でもそれが一番ですよ本当に。体が資本ですよ。
もりっしぃ
そうなんですよ。低気圧とかしんどいんですね。
西野キズナ
低気圧は学生時代から確かに梅雨の時期はすごいしんどかった覚えがあって、梅雨が来たらペチャンコになってた覚えがあるんですけど、
学校の机にペチャってはいつくばるみたいな。
今でも古典の授業の時にね、教卓のすぐ目の前のど真ん中の席についてたんですけど、
そこでペタンって机に張り付くみたいになってたんだけど、
先生がすごいいい先生で、そのままでいいからちゃんと授業聞きなさいねって言ってくれたのをすごい覚えてます。
だからその時代も気象病みたいな認識が多分ない時代だったから、
それが低気圧が原因だなんて誰もわかんない時代。
だからどう見ても私が睡眠不足か何かでペチャンコになってるようにしか見えないけど、
それを先生がまあまあいいでしょうみたいに言ってくれたのがね、その時すごいたぶん嬉しかったなと思うんです。
もりっしぃ
なるほどね。
要は女性が多いんですかね。
西野キズナ
どうなんですかね。私もその学生時代は梅雨だけだったんですけど、
今の年になるともう低気圧が来るたびにすごいしんどくなって、年々それが悪化してる気がするんですよね。
低気圧に敏感な人々
もりっしぃ
おりゃ。
もうお医者さん行ってもダメなんですか。
西野キズナ
うーん、結局その重力じゃないですけど、気圧の問題で体が膨張してるとか、
そういう話なんで。だから低気圧もそうですし、満月とか新月の時もすごいしんどいんですよ。
たぶんそれって潮の満ち欠けみたいな、あれに近いのを体が感じてるのかなって思ってるんですけど。
もりっしぃ
うわ、大変。
おりゃ。
西野キズナ
だから逃げ場がなくて地球規模なんで、どうしようもねーわと思って。
満月とか新月とか本当逃げ場がないじゃないですか。
もりっしぃ
はいはいはい。確かに。
西野キズナ
仕方ないもうっていう。せめていつ新月とか満月が来るかなーみたいなのをカレンダーに入れて、
この日はもうぺちゃんこになってもいいぞっていうふうに予定は組むようにはしてるんですけどね。
もりっしぃ
普通は女性はね、そういうのを見たらなんて言うんでしょう。この間も誰だっけな、えのさんとかが上げてたかな。
月のパワーをもらうのとか、なんとか新月の日は満月の日はって言って、
普通はパワーをもらう方やのに、今の話聞いてたらパワー奪われるような感じやね。
西野キズナ
えっとね、なんだろうね。パワーには違いないかもしれないんですけど、なんかそれが強すぎてたぶんやられる方のあれですね。
奪われるっていうか、強すぎて当てられるみたいな感じ。
もりっしぃ
おっしゃー、そこは大変だー。
もう露骨になって声日記のトーンもちゃいますもんね。
西野キズナ
みんなに言われるんですよ。ほんとテンション違いますよね。
でもほんと自分で聞いてても、あ、今日声ダメだっていう日は元気ないです。
収録をずっと続けて、だんだん自分の体調とかが声でわかるようになってきました。
もりっしぃ
そうか。ほんと今まで自分の声聞くことなかったですもんね。
西野キズナ
もりっしぃさんは自分の配信とか聞きかえします?
もりっしぃ
聞きかえします。
喋り方の癖と声の聞き取り
西野キズナ
声を聞いてて自分の声に対して何か思うことないですか?
もりっしぃ
初めは普通にみなさんあるようにで、こんな声じゃないっていうやつね。
西野キズナ
ありますね、ありますあります。
もりっしぃ
この声恥ずかしいってもうすっかり慣れちゃいましたけど、あとは何やったかなー。
あ、あのね、声っていうよりも、初めてLISTEN NEWSで呼ばれて複数名で喋ったときに、
謙遜がひどすぎて、耳障りやなって思いましたね。
これはすごい思った。これちょっと鬱陶しいなと思ってて。
それ、ちょっとね、これがと思ったよりかは、自分がどういうふうに相手に対して対応するのに、
なんか謙遜はしたらいいけど、たまに受け入れて、ありがとうございますって言っとけっていうふうに。
ちょっとくどいとかって思ったのはありましたね。
西野キズナ
いやーでも確かにありますあります。自分の話し方、なんか私すぐなんかって言っちゃうんですよね。
なんかとかちょっととか。
もりっしぃ
ちょっとはありますよ。ちょっとはある。
ちょっとはね、僕電話したりすることが仕事で多いんで、ちょっとって言ってしまうことが本当に僕も多い。
西野キズナ
声日記録り始めてから、なんかって言いすぎとか。
もりっしぃ
なんかってなんなんだもうって思って。
西野キズナ
本当にそれはわかります。すごくわかります。
もりっしぃ
それくらいかな。なんか今ご質問いただいたということは、
キズア姐さんがなんか自分で気づいたこととかあったわけですね。じゃないですか。
西野キズナ
でもあれですね。声日記ファンとかでも言いましたけど、やっぱり喋り方の癖ですかね。
さっきのそのなんかとかちょっととかも、気をつけるように意識してる間は出ないようにみたいなことできるようにちょっとはなってきたけど、
低気圧のときとかはもうボロボロに出るとかね。
全く意識せずに喋ると結局それが戻ってくるみたいなのがあるんで、
喋り方の癖ってすぐに耐えられるものじゃないなとか、すごい思います。
フィラー音と黙ること
もりっしぃ
ないですね。だから皆さんそうですけど、フィラー音が僕もう治らないので、
だいぶ意識しないと出るんで、こうやって楽しく喋ってたらもうバンバン出ますね。
西野キズナ
今全然聞いてて分かんないですけどね。
もりっしぃ
2人喋りは若干マシですね。喋ってると間つないでくれるから。
西野キズナ
そっかそっかそっか。確かに1人で喋ってるときは間を持たせようとするから、
あーとかえーとか言ってる。
もりっしぃ
割に僕お笑い好きですけど、ラジオとか聞いててもお笑い芸人はやっぱりフィラー音多いですよ。
間が持たないんですよ。埋めないという。埋めていくのが商売なんで、やつら余計に。
それに近いとこがあって、ほんと黙ってたほうがいいことも多いのに、
根っからのサービス精神が出るのか分かんないんですけど、埋めにいっちゃうみたいなね。
西野キズナ
なるほどねー。
もりっしぃ
いやだから、2人で喋ってるとまだマシかなーっていう気はしますね。
西野キズナ
次から次、話題が来たらね、そっちにポンって飛びつけばね、出ますもんね。
もりっしぃ
そう。面白いこと言ってくれるんだ、キズナ姐さんが。
西野キズナ
いやいやいやいや、普通に会話してるだけですよ。
だからどっちかっていうと、私の会話について来れる人が面白い。おかしい。
もりっしぃ
そういうことは、だからあれか、結局、根本的に頑張ったけどダメみたいな感じの方がいいや。
そういうやつとか、報われないとか、神様は容赦がねえとかっていう話。
西野キズナ
いやなんか、なんだろうな、自分で言うのもあれですけど、かなり踏み外した人生というか経験値を積んできてるので、
なんでついてこれるの、これにっていう、もりっしぃさんとか、odajinさんもだいぶ喋れたからおかしいなと。
なんでこんなに私の話についてこれるんだろうって、ずっと不思議なんですよ。
もりっしぃ
彼と僕はたぶん根本的に違うと思う。
僕は屈折した人生を僕も送ってきたから、よくわかるんです。
だから本当にすごくよくわかるんだけども、
彼はね、この喋ってて思ったんですけど、万人の話拾えるんですよね。
西野キズナ
それはだから、耳がいいから聞こえるんでしょう、きっとね。
プラスの引き出しが、もりっしぃさんとはまた違う、odajinさんの引き出しがすごいと思うんですよ。
もりっしぃ
引き出しもそうだけど、性格がいいか悪いかね。
彼の性格が良くて僕は悪い。
そんなことない。僕ね、好き嫌いが多いので、話題が合わなくなると露骨に籠り寝るんですよ。
声のトーンも、確実にお前興味なくなったよねってなっちゃうんですよ。
西野キズナ
それはでも、ポッドキャストだと顔が見えない分ちょっと得かもしれないですよ。
もりっしぃ
よかった。本当に顔見ないほうがいい。
あ、今こいつ無理に笑ってるなのが、よくね、怖いんですけど、
お嫁さんとかにね、出たら営業スマイルとかって言われますよね。怖いですよ。
西野キズナ
なるほど。そういうのが1週間ポイントとして積み重なっちゃうんですね。
もりっしぃ
そうそう。ちゃんと笑ってるやんって言ってるのに違うって言われて否定されるっていうね。
あー見抜かれてるっていうね。
西野キズナ
ままならない、ままならない。
もりっしぃ
ままならないね。
西野キズナ
ままならないポイントが溜まっていく。
もりっしぃ
そうです。それを週に1回、玄関ガス抜きしに行くんです。
西野キズナ
なるほど。やっぱね、そういうところからね、人柄とか周りの雰囲気が見えるからいいですね。
声の重要性とコメントの違い
西野キズナ
声日記とか、配信とかって。
もりっしぃ
本当にそう。面白いです。
でも、前会ったときは本当でも、再確認できてよかったですよ、みなさん。
西野キズナ
あー。
もりっしぃ
あーそう、このままの人なんだとかね。
西野キズナ
本当そう。そのまんまでした。
もりっしぃ
まーちんとかと喋ってて、そうなんですよって言われたんだけど、
このポッドキャスターのみなさん、文化レベルが高いんですよね。
西野キズナ
文化レベルが高い。
もりっしぃ
みんな言ってるキーワードとか、その先天そんな単語出てくるんやとかね。
あとなにより、民度が高い。
西野キズナ
はいはいはい。
でも、民度かというか、LISTENのコミュニティの雰囲気は、すごいアットホームだなって思います。
もりっしぃ
そうですね。
西野キズナ
すごいと思います、あの雰囲気は。
もりっしぃ
思います。
言ったら、まーちんがそうなんですよって言って、
ポッドキャスターやってる人っていい人多いんですよとかって言ってて。
それすごくわかるのが、前にちょこっと話しかけたかな。
僕、前にネトゲの廃人だったんですよ。
西野キズナ
大航海時代。
もりっしぃ
ネットゲームで。
そうそうそう、VRの話しかけ、あんな感じですかって前にお自己紹介しましたけど、
あの世界はね、妙に親切にはしたくなってくる。
みんな親切は親切なんですけど、
ひどいことも起こるんですよ。
トラブルがやっぱり発生するんですよ。
このLISTENの世界も、僕も人の心の中で土足で入っていくんで、
割に行ってしまって、行き過ぎたと思って後悔してること結構多いんですけど、
それがもう露骨に出るんで、
もりっしぃさんのオチの重要性
もりっしぃ
誰かの喧嘩を仲裁しないといけなかったみたいなのも結構あったんですよね。
西野キズナ
でもわかるかも。
MMORPGって、
みんなと一緒にRPGするFF14ですね。
FF14やってたことありますけど、
やっぱり何が違うんかわかんないですけど、
すごい問題が起きるんですよね。
なんなんでしょうね。
もりっしぃ
僕は文字、FF14はあれでしたっけ?
音声でるんでしたっけ?
西野キズナ
音声を繋ごうねって言い合えば、
例えばディスコードで繋ぎながらゲームしようねって誘い合えばできますね。
基本は多分テキストチャットなんですけど。
もりっしぃ
そうでしょ。そこの違いが大きいなってちょっと思ってて。
声で聞くことと文章だけだと、
やっぱり伝わることって全然違うような実感としてすごく思ってますね。LISTENはね。
文章はやっぱり難しいですよ。あれだけでいろんなこと伝えるっていうのは。
逆に声に出すとそんなひどいこと言えないよねとかっていうところがあるかなって。
って思ったりしてるんですけどいかがですかね。
西野キズナ
確かにそれはあるかもしれなくて、
ちょっとカウンセリングの話になっちゃうんですけど、
カウンセラーがクライアントの人に質問することがあるんですけど、
それは情報を引き出すっていう目的ではなくて、
どちらかというと語らせることによってクライアント自身がその語りを自分で聞き直して、
自分のその認識をするっていう目的のことがあるんですね。
そればっかりではなくて、情報収集を確かにすることもあるんですけど、
自分の経験を自分の声で出して語ることによって耳に入るじゃないですか、自分の耳に。
耳でもう1回再認識をするっていうのを促すので問いかけをするっていうのがあるんですけど、
やっぱ耳から入るとなんか違うんだと思います。
もりっしぃ
それはわかる。
そうそう。
西野キズナ
テキストチャットだけだと本当に流すだけみたいな、言いっぱなしみたいな感じになりますけど、
声は結局自分でももう1回認識する機会になっちゃうんで、
言いにくいってさっきおっしゃってたのはそれもあるのかなっていうのはわかります。
もりっしぃ
だからその辺は、ひょっとしたらMMORPGとかそういうネトゲの世界と決定的に違う部分なのかなーなんて思ったり、
これがね、また顔見えてしまうとね、もう全く声も発せなくなったりするでしょ。
西野キズナ
はいはいはい。表情とかからね、伝わるものがありますね。
もりっしぃ
完全に言いたいことが言えなくなっちゃうんですよね。
文字だけだと言い過ぎちゃうんですよね、きっとね、なんて思ったりするので、
この声の介在っていうのは、すごいいい感じで思ったことを口に出せつつ、
ひどいことは音声で聞くと、キズナ姐さんが言った通り、自分の声が耳で聞こえてくるんでね、
さすがにちょっと自分で聞いてても嫌になったりとか、ひどいこと言ったら再認識できるので、
なんかちょうどいいかなーなんて思ったりはしてるんですけどね。
西野キズナ
映像が入ると映像に全部意識が持っていかれるんですよね。
その点、声の音声だけっていうのは本当に音声の調子に意識を向けられるので、
すごい集中しながら聞いてる気もします。
もりっしぃ
うん、確かに確かに。すごいこの辺が、LISTENばっかり褒めてもしゃーないけど、ちょうどいいんじゃないかな。
西野キズナ
本当に。声でお返事も自分の調子を含めて、声の調子を含めて返信もできるし、
テキストだけでコメント返すのもできるしっていうのは、その人のスタンスによって返し方がいろいろできるっていうのは、
すごく使い手によってバランスがいいんだろうなーって思いながら。
もりっしぃ
本当に言うと、コメントも音声・文字起こしやったらいいのになって思ったりする時もあります。
西野キズナ
なんだっけ。
もりっしぃ
この声のトーンでこのツッコミを聞いてほしいみたいなね。
西野キズナ
えっと、どこだっけ。アンカーさんのところにはボイスレターみたいなのを送れる機能が多分あったと思いますね。
もりっしぃ
そうなんですね。
西野キズナ
実際どれだけの人が送ってるかわかんないですけど。
でも確かに、録音ボタンがどっかにあってポチッと一言みたいなのができたら面白いかもしれないですね。
もりっしぃ
そうそうそうそう。
なんでやねんって一言言っただけでも、笑って突っ込んだつもりが怒ってるんじゃないかみたいなとか、
なんか機嫌悪くしちゃったみたいな話とかって文字はね。
西野キズナ
確かにね、確かに。
もりっしぃ
そうなんですよ。文化圏が違うので、これ多分、僕もこの柄の悪いところで生きてますので、
他の地方の方とかだと、「うわっ!」と思うこととかってめちゃくちゃあると思うんでね。
できるだけ声でマイルドにしたいというか、冗談ですよってことも。
基本的には100%冗談なんですけど。
西野キズナ
でもそれを言うと確かに、最後にどんな話でもっていうか、オチをちゃんと持ってくるっていうのは、
なんか収まりがいいですよね。もりっしぃさんの配信とかは。
もりっしぃ
ありがとうございます。
西野キズナ
どんな内容だったとしても、これはもりっしぃの中のそういうオチがつくような話なんですよ、みたいな。
ちゃんとオチがつくっていう、ちゃんとしまわれる話に収まってるから、聞いてる人も安心するような気がしますね。
もりっしぃ
本当にそれはキズナ姐さんの抱擁力の大きさじゃないかなって思うけど。
西野キズナ
日曜の朝にやってるお決まりの戦隊ものとか、ああいうのもすごいパターンじゃないですか。
ウルトラマンとかにしても悪者がやってきてやっつけるみたいな。
みんなその決まったパターン大好きなんで安心するんですよね。
ちゃんとオチがついて終わる、安心っていう。
もりっしぃ
あれは万人受けするんですか?
西野キズナ
だって、水戸黄門だってそうじゃないですか。
そうかそうかそうか、そういうことか。
必殺仕事人だってそうじゃないですか。
もりっしぃ
そうですね。確かに確かに。
あれを関西だけで受けたとか東北だけで受けたとか、そんなことありませんもんね。
西野キズナ
なんか最後には必ずこうなるみたいなのが、少なからずわかっていると安心できるっていうのはあるみたいですよ。
もりっしぃ
大丈夫ですか?なんか妙にね、僕自信持っちゃってますよ。
西野キズナ
なんのですか?しゃべりのあれですか?声日記のあれですか?
もりっしぃ
いける。このままやりゃいいんだみたいになっちゃってますよ。
西野キズナ
全然いいと思いますよ。
多分みんなのりっしぃさんのお話聞くの楽しいんだと思います。
今日はどんなオチかなって思いながら聞いたりとかね。
ちゃんとどんな話をしてても最後にはオチをつけてくれるなーみたいな安心感ですね。
もりっしぃ
いいですね。こいついいよなーって毎日楽しそうでーっていう、そんなんでいいんですけどね。
西野キズナ
いやいやいやいや。結構お仕事大変なのかなーみたいな。
もりっしぃ
いやいやいやいや。
西野キズナ
やりとりがうまくいってない的な話とかされてた時も、あー難しいですよね。意思疎通ねーっていうのを聞いてる最中はそうだけど、
やっぱりちゃんと最後にユーモアを持って終わってくれるっていうところが、あーもりっしぃさんの配信だなーっていう感じがするんですよね。
もりっしぃ
ありがとうございます。やっぱね、声日記なんで、一応今日のあったことを喋った中にね、悪いことは悪いことで、
悲しいもそうやけど怒りもぶつけてもいいんだけども、それで終わっちゃうとね、お聞きいただいてる方もいらっしゃいますんで。
西野キズナ
そこがサービス精神ですよね、もりっしぃさんのね。
もりっしぃ
ほら、性(さが)。性(さが)ですね。
なんかもう、ドヨンとした空気で終わったら負けみたいなね。ただ、それほどのことがないんですよ、きっと。
西野キズナ
受けを取らねばみたいなところがね、関西の民は。
もりっしぃ
いやいや、それほど苦しいことがないから言えるんですよ。苦しかったらもっとね、皆さんいろいろあると思いますんでね。
ほんまに聞いてくれてはるんですね。
西野キズナ
聞いてますよ。最近ちょっと元気が出てきたから、比較的最近の配信も追いかけられるようになりましたね。
それができなくなったらまた祭りをやるんで。
もりっしぃ
祭りって?
西野キズナ
もりっしぃ祭りをしますよ、配信聞きに行く祭りを。
もりっしぃ
後から追いかけて、後ろ振り向いたら俺やるね。
収録の様子と星の押し方
西野キズナ
今何日分まで聞いたわって言って。
もりっしぃ
僕はあれ、あのめにあうのって、後にも先にもキズナ姐さんだけかな、あれ。
西野キズナ
そうなんですか?結構みんなそんなやらないのかな。聞けなかった分はもう聞かないのかな。
もりっしぃ
聞いてるけど星までつけないんだと思うんですよ。
西野キズナ
あ、そうなんだ。
もりっしぃ
僕はね、配読いたしましたっていう意味を込めて星つけてるんですけどね。
僕も星つけてないと、僕は年売りなんでね、下手したら同じ話を2回も何回も聞いちゃうんですよ。
西野キズナ
私もそうですよ。ここまで聞きましたもあるし、聞いたよっていう報告も兼ねてたりするし。
あ、これは星つけてるからこれは聞いたことあるやつやということで。
だから祭りもしながらやっぱりね、聞いてる間にポンポンポンって押すんですよ。
もりっしぃ
なるほどね。共感できる。僕は結構、相手のためにも結構自分のためにも押してるんで。
西野キズナ
なんかあの、お星さまをいくつもつけられるのはちょっとお気に入りなんですよね。
もりっしぃ
そうですね。あれも人によって面白いですよね。つける星の数が違うっていうのね。
西野キズナ
コメントをつけてもらうと嬉しいから5個つけるんです、5個。
もりっしぃ
わかるわかるわかるわかる。そのルール決めてるんですよ、僕もあるある。
西野キズナ
そうなんですそうなんです。コメントありがとうございますって星をつける。
もりっしぃ
姐さん優しいから5個やもんね。
西野キズナ
5個です。
もりっしぃ
5個多いですよね。僕ね、あれが3個なんですよ。
西野キズナ
別にいいんじゃないですか。
コメントのコメントに対する返信とか3個ぐらいにしてたりしますけど。
でもあんまり深く考えてないです。あんまりつけるとしつこいかなと思って、ほどほどにしておこうと思って。
もりっしぃ
なんかねえ、星の数がインフレしそうで。無限大に押せそうで、僕試したことで何個まで押せるのか。
西野キズナ
どこかの配信で、まーちんさんだったかな、なんか無限に。あ、ちゃこ先生だったっけ。
もりっしぃ
あったあった。
西野キズナ
すごい押してなかったですか。上限数がないようにした方が悪いって言って押してたけど。
あれ見て大爆笑した。それはその通りだみたいな。上限ないんだとか思って。
誰もそこまで押そうと思わなかった。今まで。
もりっしぃ
10個で勝手に終わりやと思ってたから。
で、12、3とかって思わず行ってしまって、「あかんあかん、こんな怖くても押さないんだよ。」って言ってから、
人によっては14とかね、変な数字で、これ14の意味なんだっていう人、多分ね、思ってる人もおるかもしれないですけど。
あれはね、10を超えると思ってなかったみたいな。
西野キズナ
そうそう。最初、星をもう一回押し直したら、星消せると思ってたんですよ。
で、何回も押して、「あれ消せない?あれ?もう一回押せばいいのかな?」とか言って、最初の頃いっぱい押してたところがあって。
もりっしぃ
わかります。
でもね、僕ね、あの機能が改善されへんのと、改善する気がない近藤さんのこのLISTEN好きですよ、俺。
西野キズナ
あれはでも改善するものじゃなくて、そういうものなんだと思ってます、私は。
もりっしぃ
そう。で、必ずディスコードとかで、「すいません、消せません。」って言うじゃないですか。
あのね、面白いもんたぶん来たよーとかって思ってね、いつもね。そういうもんなんですよ。
西野キズナ
そうそう。あれね、繰り返されてますけどね、多分みんなそのうち慣れるから大丈夫って思いながら見てる。
もりっしぃ
そうそう。
西野キズナ
大丈夫。そのうち星をいっぱいつけるようになるよって思って。
もりっしぃ
で、間違って自分につけてもね、あ、この人間違って自分のつけたなっていう。
恥ずかしいって思いながらまあ、いっかになるんですよ。
大丈夫、みんなわかってるから。
西野キズナ
いまだに押しちゃいますもん、たまに自分のやつ。
もりっしぃ
押す?押した覚えがないのに。黄色く点滅してるから。いつとかって思って。
西野キズナ
なんだろうな、なんか結構携帯のスマホの画面をポンポンタップしちゃうんですよね、手癖かなんかで。それでタップを押しちゃうんだと思うんですけど。
もりっしぃ
わかりますわかります。いつ押したんやろうってのは結構あるんで。
あの機能は永遠になくならないことを望んでますけどね。
西野キズナ
私もあれでいいと思ってるんで、あのまんまいっぱい星を飛ばしてはいたい。
もりっしぃ
そうですね、ただ無限に押せる方が悪いみたいなことはしませんけど。
お宿に泊まっているような雰囲気
西野キズナ
さすがにね、100個ぐらいで上限はあった方がいいのかもしれない。表示的に限界が訪れるかもしれないから。
それがあれですね。星がちょっとポンって大きくなって、横に×100って出るとこが。
表示としては星1個になってるけど、ちょっとだけビッグサイズになって×100っていうね。
もりっしぃ
だって一応近藤さんカウントしてるんでしょ?
西野キズナ
そうなんですか?
もりっしぃ
いっぺんなんかね、おかげさまでLISTENが始まっていくついられて、星が何個飛びましたみたいなことを言ってましたよ。
数えれるんですよ。
西野キズナ
数えれるんだ。
もりっしぃ
×100とかってやってたらえらいことになるで、インフレが進みすぎて大変なことになる。
西野キズナ
大流星群みたいになりますよ。
いやーいいじゃないですか。めでたいやーって感じで。
もりっしぃ
そうそう。一年中七夕ですわ。
そうそうそうそう。たまやーって。おめでたいやつの集団みたいな感じでね。
いやいやいや。
西野キズナ
あ、あれですよ。日付をまたぎましたよ、もりっしぃさん。
もりっしぃ
ダメじゃないですか。
西野キズナ
ダメじゃないですか。1時間40分喋ってます。
もりっしぃ
喋るなー。すごいしね。
喋るでしょ。だから、odajinとは違うから2時間も喋んないですよって言ったんですけどね。
西野キズナ
でも結局こうやって、odajinさんとも何回待ち合わせても結局こうなるんですよ。
もりっしぃ
なるほどねー。
西野キズナ
絶対みんな喋れる。絶対喋れる。
もりっしぃ
いやー怖い。これは怖いよ。
西野キズナ
だから、合宿しようって言ってたけど、あれ絶対危ないと思います。
みんなもうね、ずーっとずーっと一晩中でも喋れると思う。
もりっしぃ
なるほどー。危ない危ない。
西野キズナ
危ない危ない。楽しそうだけど。ちょっとやってみたい気もするけど。
限界が来た人から部屋に戻って寝るみたいな。
でも向こうの方から、あ、もりっしぃさんが笑ってるとかodajinさんが笑ってるみたいな声が聞こえるから。
もりっしぃ
悪い楽しみ方やなー。
西野キズナ
それを聞きながら力尽きた方々は先に寝るっていうね。
もりっしぃ
いや、僕も先に寝る。
西野キズナ
でも喋りたい人にね、もりっしぃさんちょっと一緒にって言われるかもしれないですよ。
もりっしぃ
いませんよ。
西野キズナ
現にこの間京都はずっとそうやって楽しそうでしたからね。
もりっしぃ
そうですねー。楽しかったですねー。
もりっしぃさんのエネルギーと次回の配信
西野キズナ
楽しかった。
もりっしぃ
あっという間でしたもんね、時間。
西野キズナ
もりっしぃさんが感想を言ってた声日記の、親戚みたいって言ってましたっけ?兄弟みたいって言ってましたっけ?どっちだったっけ?