1. 雑談72%
  2. 第3回目、「自己紹介」な雑談
2020-09-09 32:26

第3回目、「自己紹介」な雑談

最初にするべき自己紹介を3回目にした雑談。


お便りはここまで

Googleフォーム:https://forms.gle/kZ1Ah2rgaN8AXTqB9

メールアドレス:ikinari.curry.tokyo@gmail.com

質問箱:https://peing.net/ja/ikinari_curry

Twitter:https://twitter.com/zatsudan_72

インスタ:https://www.instagram.com/ikinari_curry

00:00
Speaker 1
第3回ですけど、あ、波形が撮れましたね。
Speaker 2
おー、音入ってますね。
Speaker 1
やっと撮れましたね。
Speaker 2
おー、すごいすごいすごい。
Speaker 1
えーと、先週はお休みしました。
Speaker 2
まさかの、いきなりね。
Speaker 1
なんででしょうね。
Speaker 2
ちょっとね、だから、スケジュールがカツカツきたってことですかね。
Speaker 1
まあ、そうならないようにやっていきたいと思います。
Speaker 2
はい、ぜひよろしくお願いします。
Speaker 1
で、そろそろ自己紹介しないといけないなって思い始めてきまして。
Speaker 2
私たちの?
Speaker 1
そうですね。
Speaker 2
あの、誰やねんお前みたいな。
まあ、そうでしょうね。
Speaker 1
で、一応あの、これアンカーで流してるっていうか、登録してやってるんですけど、
なんとなく聞いてる人がいる。
え!?
Speaker 2
再生回数、あ、もう見れるんですか?
Speaker 1
見れる。第2回は8回とか。
8回!?
微妙じゃん。
Speaker 2
8回でも、だから、4ぐらい自分たち?
Speaker 1
そうだと思う。
Speaker 2
でも、アンカーってことは、スポティファイは入ってない?
Speaker 1
入ってる入ってる。アンカーを経由してスポティファイとか、なんか全部にやってくれてるの。
Speaker 2
あ、じゃあその8回にはスポティファイの再生回数も入ってるってこと?
Speaker 1
スポティファイも、ポッドキャストじゃない、アップルのポッドキャストも入ってる。
ただ、まあわかんない。全部が我々な可能性もあるかもしれない。
けどスポティファイから俺聞いてないから。
Speaker 2
あ、でも俺はスポティファイ。
Speaker 1
なんだ、じゃあ。
Speaker 2
じゃあ俺らじゃない。
Speaker 1
うーん、そうか。
まあ、誰にも広報してないから、そんな感じなら当たり前なんだけど。
Speaker 2
ちょっと今、無駄にドキドキしちゃいましたけどね。
Speaker 1
まあ、いや、いつかは発掘されることを願って。
Speaker 2
はいはい、確かに、そうですね。目標はやっぱ高く。
Speaker 1
そう、で、あれですよ。まず、君誰って。
Speaker 2
はいはいはい。
Speaker 1
名前は適当にいいけど。
Speaker 2
名前か、そうですね。
Speaker 1
ずっと俺小屋野って呼んじゃってるからね。
Speaker 2
まあ、小屋野ですね、はい。小山ってよく間違えられますけど。
本当に?
小屋野ですね。
そうなの?
大体ちょっと騒がしいとことかだと。
Speaker 1
小山って何の?
Speaker 2
あ、小屋野ですって3回くらい言います。
Speaker 1
なるほどね。小屋野くん。
Speaker 2
そうです。だから、のが重要ですね。
前、何回か会ったことがある子に、僕のことを違う人に紹介してくれるみたいな時があって。
小山さんですって言って、のですけどねってすごい言って。
その人がすごい、え、ごめんなさいみたいな。
何回も会ってるのにみたいな。
Speaker 1
しょうがない。
Speaker 2
本当に。
Speaker 1
今、電話帳登録っていう文化ないからさ。
Speaker 2
そうですね。
Speaker 1
漢字何とか聞かないじゃん。
Speaker 2
あともう、LINEの場合もあるけど、インスタでみたいな。
インスタ告白しましょうみたいな。
そうそうそう。だから、名前なんて知るはずがないよね。
Speaker 1
確かにね。アイコンの絵で想像するからね。
そうそう。
パンダのね。
Speaker 2
だから、本当はどうでもいいんだよね。
Speaker 1
パンダじゃないか。
Speaker 2
それはTwitterですね。
Speaker 1
うさぎのあざといやつ。
Speaker 2
もう4年前くらいだから。
Speaker 1
毎回見るたんびにあざといわーって言ってるよ。
言われてるよ、みんなに。
みんな言ってるの?
03:00
Speaker 2
言ってる言ってる言ってる。
そんなこと俺、直接一回も言われたことないんだけど。
Speaker 1
それはそうでしょ。いる場で言わないでしょ。
Speaker 2
いる場で言ってよ。
Speaker 1
逆に、あなたがいないんだよ。
呼ばれてないだけかもしれないけど。
Speaker 2
そういうことね。
やっぱりあざとさを出していこうかなって思った。
4年前ですからね。
それぞれ変えてもいいんじゃない?
Speaker 1
それは本当に。
Speaker 2
だから、次は何だろう?
カメとかだけはいいのかな?
Speaker 1
カメはちょっとあざとくないね。
あざとくないか。
Speaker 2
アルパカとか。
Speaker 1
それは、君の頭がアルパカみたいだって。
Speaker 2
俺の頭がアルパカ?
そういう意味だと、似てるのは小動物って言われますね。
Speaker 1
モフモフのね。
Speaker 2
ハムスターとか。
Speaker 1
あざといね。
モモンガとか。
Speaker 2
あざといね。
似てると言われます。
もうそれもあざといのか?
分からない。
Speaker 1
名前は小屋のぶんで。
今何してんの?
Speaker 2
今何してる?
まあまあ、いわゆる普通のサラリーマンなんすかね。
Speaker 1
もうちょっとITエンジニアとか言えばいいじゃん。
Speaker 2
なんか、いわゆるアプリを作ったり、
いわゆるITエンジニア、ウェブエンジニアみたいな感じなんですけど、
その、ITエンジニアですっていうのもちょっと恥ずかしくないですか?
これも自己紹介とかで。
何やられてるんですか?っていう時に、
いや、ITエンジニアなんですよねってあんま言えなくて。
Speaker 1
なんて言ってんの?
Speaker 2
アプリとか作ったりしてますって。
Speaker 1
それ、うさんくさい人が言うようなセリフじゃない?
Speaker 2
そうか、俺はITエンジニアの方がうさんくさいと思っちゃって。
Speaker 1
ええけど、どうなんだろうね、その辺ね。
Speaker 2
そうか、意外といけるもんなのかな?
でも、あ、SEさんですか?って言われると。
いや、SEとは違うんですけどねってなっちゃうんですよ。
Speaker 1
なんかさ、システムエンジニアとさ、なんかITエンジニアっていうかさ、
なんかさ、何となく違うけどさ、言語化難しくない?
Speaker 2
まあ難しいですね。
Speaker 1
結局、システムじゃんって思っちゃうシステムだけど、
アプリを作ってる人はさ、それシステムじゃないよみたいな気持ちがあるわけじゃん。
Speaker 2
なんでか知らないけど。
まあまあ、広く言えばシステムだけど。
Speaker 1
そうそうそうそう。何なんだろうね、あの気持ち。俺も分かるんだけど。
Speaker 2
で、一応あっちの人からしたらそこの区別なんてどうでもいいし、別に俺はそれでいいと思うんだけど。
Speaker 1
プログラマーでいいんじゃない?
Speaker 2
プログラマーって言うと、またちょっとなんか、昔の、
まあ昔は結構プログラマーって言ったりしたけど、あんまり今最近プログラマーですとは言わないですよね。
Speaker 1
まあ確かにね、なんでだろうね。
Speaker 2
なんかそういう感じでいくと、アプリ作ってますが。
Speaker 1
ちょい。
Speaker 2
アプリ触ってるからみんな。
Speaker 1
うん、分かる。
Speaker 2
システムって言うとなんか、銀行とか。
Speaker 1
まあ確かにね、その辺はあるかもね。なんでだろうね。
Speaker 2
難しそうだけど、アプリなら、ああアプリ、あれなんか作るんですねみたいな。
そうそう、GoogleとかiPhoneとかのみたいな。
06:02
Speaker 1
ああ、Androidね。
Speaker 2
今Androidが出てこなくてびっくりしたけどね。
Androidのアプリも作ってたからね。
Speaker 1
2日間だとそうなっちゃうんだね。
Speaker 2
そうですね、だからアプリ作ったりしてますね。
Speaker 1
なるほどね。
他に何だろうね、自己紹介何?趣味は何ですか?
Speaker 2
趣味はそうですね、だからなんか。
Speaker 1
ないってこの間まで話してましたけど。
Speaker 2
はいはいはい。
だからないけど、すごい趣味が強い人の趣味を生かして、それに乗じて何かこう。
ああ、楽しいことをするっていうね。
楽しいことを開催させてもらうという、そういううさんくさいですね、今の。
本当にうさんくさいね、今のね。
まあだからイベントをやったりするんですよっていうのも、趣味とか自己紹介で。
こういうの結構イベントとかやるの好きだもんねとか。
イベントを開催されるんですねみたいな時の。
イベントっても広すぎて。
Speaker 1
そうだね。
あ、そうなんすよなんかイベントとかやったりするんですよみたいにうさんくさいじゃないですか。
丸眼鏡でさ、パーマでさ、イベントやりますってさ、なんかもううさんくさいの三拍子みたいなのが揃っちゃってるじゃん。
Speaker 2
いや本当に。
Speaker 1
住んでる場所がさ、イケイケの場所じゃん。
Speaker 2
場所だけはね。
Speaker 1
そう、ダメじゃんもう。
Speaker 2
だから、でも確かにイベントやってますもアプリぐらい雑ですよね。
Speaker 1
まあそうだね、確かに。
Speaker 2
まあ華麗のイベントぐらいまで言うと、イベントなのかって感じですけど。
Speaker 1
まあ、集まりだね。
Speaker 2
集まり、あ、集まりやってます。
Speaker 1
集まりやってます。
Speaker 2
それがいい、それがいい。
Speaker 1
集まりって言われちゃうね。
Speaker 2
周回、周回やってます。
Speaker 1
イベントほど広くはないけど。
Speaker 2
月一で周回してます。
いきなり、でも、でもやってます。
Speaker 1
いきなり周回させるイベント、イベントじゃないけどしてます、なるほど。
なんでこんなポッドキャスト始めようと思ったんですか。
Speaker 2
なんですかね、やっぱちょっとラジオへの憧れが強くなって。
まあコロナ期なんでずっと家にいることも多くて、
結構芸人さんのラジオとかを色々聞かせてもらったときに、
やっぱりミーハーなんで、
Speaker 1
まあね。
Speaker 2
ちょっとやってみたいなって思っちゃって。
Speaker 1
そう。
Speaker 2
で、それをね、まあこの後紹介するオックンに雑に、
まあやってみたいよねみたいに言ったら、
まさかのなんか3万円ぐらいの機材を買ってきて。
Speaker 1
ほんとね。
Speaker 2
予定も抑えられて。
Speaker 1
ほんとだよ、ほんとだよ。
Speaker 2
やるのか。
もうやるしかない。
やるときは本気だから。
Speaker 1
早いですね、そのやっぱスタート入るまで。
当たり前じゃん。
Speaker 2
っていうかなんかすぐやらないと気持ちが移れるから。
Speaker 1
ほんと素晴らしい。
Speaker 2
ほんとよくないんだよね。
僕はいつもそれでやりたいだけってやらずにね、
なんか過ごしてきてることが多いんで。
Speaker 1
そうそうそう。
買えばやるからさ。
みんな買えばいいんだよ。
Speaker 2
もうそうね、確かに。
あとなんかやりたいと思ったことはとりあえず僕くんに言って乗り切りさせると。
もうこっちもやらざるを得ない感じになると思う。
Speaker 1
まあそうだね。
やらせ屋ってやろうかな。
09:00
Speaker 2
やらせ屋?
Speaker 1
なんかすごいダメなあれだけど、
物事をやらせ屋ってさ。
Speaker 2
こいつやりたいって言ってるけど口だけでやんねえなってやつに。
Speaker 1
そうそう、何したいの君って言ったらもうなんかやらざるを得ない状況に突っ込ませる。
Speaker 2
確かに。
僕もやらない工夫にやらせ屋は好きですね。
Speaker 1
買わせたりね。
Speaker 2
あ、そうそうそうとか。
Speaker 1
住まわせたりね。
Speaker 2
そうそうそう。
まあ絵が上手いんだけど、デジタルではあんま絵を描かなくて。
でもね、もっといろいろインスタあげたりとか、
すごいなって子にiPad勝手に貸し付けて。
もう無料ですけど。
これで貸したんだから、ペンも一緒にセット。
貸したんだからもうやるだろみたいな感じで。
Speaker 1
で、絵を描かせてるわけですよね。
Speaker 2
そうです。
そうしたらもういつの間にかもう絵のお仕事が来て、
普通に家で稼ぐっていうかちょっと、なんか普通にね、
この小遣い稼ぎ、小遣い程度であるけど普通にちゃんと利益上げるようになってて。
Speaker 1
そりゃいいよね。
Speaker 2
ね。
だから、ちょっともうiPad返してもらおうかなって。
Speaker 1
それは確かにその通りだね。
Speaker 2
なんか足長おじさんみたいですね。
Speaker 1
あと自己紹介って何なんだろうね。
そうですね。
Speaker 2
まあ何だろうね。
今ほんと2日酔いってくらいですかね。
今言えることは。
Speaker 1
これラジオ聞いた人どう思うんだろうね。
Speaker 2
もう途中で切ってるんじゃないですか。
Speaker 1
分かる。そりゃそうかもしれない。
Speaker 2
ここまでいかないと思いますよ。
はい。まあこんな感じですかね。小屋の自己紹介は。
はい。じゃあ。
奥くん。まあもう奥くんですか。
奥です。
奥。
はい。
奥。通称奥くん。
Speaker 1
はい。奥です。
Speaker 2
まあこの名前はやっぱり一瞬分かりづらいですよね。
Speaker 1
ほんとな。それは奥家の仕組みだからな。しょうがない。
Speaker 2
さっきの小屋んまじゃないですけど、奥?奥?ってなりますね。
Speaker 1
ああ、奥。うん。はい。はーってなる。
まあ奥はね。なんかね。
音くんはやっぱり暗い音だからさ。
Speaker 2
あー。
Speaker 1
あーとかの方が明るいじゃん。
Speaker 2
あー。確かに確かに。
Speaker 1
だからなんかへって毎回言われるけど。
Speaker 2
奥です。
Speaker 1
朝ヶ谷とかに比べて。
あーそうそう。奥ね。そりゃだめ。
けどまあまあ。
Speaker 2
なんだね。奥とかだったらいいのかな。
Speaker 1
奥?それも奥?
Speaker 2
奥です。
Speaker 1
聞き取れないなってなるじゃん。まあまあ奥ですね。
奥です。
Speaker 2
奥くんになるとさらになんか、奥くん?ってなりますよ。
Speaker 1
まあ俺は気にしないからおめえが気にしろって話だよね。
相手側が。
相手側が気にしろって話だから。
Speaker 2
奥くん。奥くんは何の人なんですか?
Speaker 1
いやそろそろ学生を卒業しますよ私は。
Speaker 2
そろそろ。
何年学生やったんですか?
Speaker 1
10年で9年半ですよ。
Speaker 2
9年半!?留年とかってことかな?
Speaker 1
留年は1回しましたね。
あー。
1年留年して半年早期卒業したんで。
Speaker 2
で、いわゆるもうその普通の大学生から修士。
Speaker 1
はい。博士。
Speaker 2
博士と。
12:00
Speaker 2
やっぱだからすごいことですね博士まで取るっていうのは。
Speaker 1
ほんとだよ。よく取れたなって思うもん。
Speaker 2
まあ相当ね、ちゃんと勉強というか研究をしっかりした人じゃないとなれないですからね。
Speaker 1
2年生の時はほとんど学校行ってなかったよ。
Speaker 2
確かになんならそのまま来なくなってもおかしくない人でしたから。
Speaker 1
なんでだろうね。なんでこんな。
Speaker 2
僕は、まあ僕ら同級生ですけど、その奥くんが博士に行くみたいなことを初めて聞いた時に、
なんかこいつ頭おかしくなったなって思いました。
Speaker 1
確かに頭おかしい奴でしか博士に行かないからさ。
ほんとね。良くない博士は。取らない方がいいよ。
Speaker 2
まあでもやっと取れたならね、それは。やっぱ博士、博がつきますからね。
Speaker 1
ほんとだよ。博しかつかないけどな。
Speaker 2
その博。
Speaker 1
邪魔だ。邪魔だよね。
Speaker 2
博士の博。その博。
Speaker 1
就活してって思うけどさ、博士いらなくね?ってなんかすげえ思ったもん。
Speaker 2
というかなんか、ちょっと逆にその博が強すぎて、
あ、博士ならこれできんじゃないのとか。なんかすごい。
Speaker 1
うちにそんな、え?みたいになるけどさ。
いや、ねえってなるじゃん別に。
なんかそんなのさ、俺だって二種免許持ってるようなイメージで来いよてめえだって思うわけ。
Speaker 2
はいはいはい。確かにね。
でもなんか多分相手が、例えばよく、え?理系の方ならなんかプリンター直せるみたいな。
うん。直せないからな。
あるじゃないですか。そういう。
博士の方なら、芸人さんなら一発ギャグできますよねみたいな感じで。
Speaker 1
ほんとそう。それ良くない。
Speaker 2
博士の方ならなんかすごいんでしょ?みたいな。
Speaker 1
そう、良くない。
Speaker 2
だから、あんまり博士は掲げない方がいいよ。
Speaker 1
いや、でも取ったなら掲げたくない。
Speaker 2
いやいやいや。めっちゃ邪魔されるから。隠した方がいい。
Speaker 1
なんでだよ。せっかく取ったんだぞ。こっちは高い。
Speaker 2
とりあえずなんか、その取った学歴を隠すことの殺傷になるんですか?
例えば要は、大学出てない人が大学どことこ卒ですっていわゆる学歴殺傷じゃないですか。
博士まで取った人が、ちょっと博士は博が強すぎるから終始卒ですぐらいに言うのは。
Speaker 1
だけど終始は一応卒業したからね。
Speaker 2
そうかそうか。
Speaker 1
交換関係的に言うと取ってるから合ってるんじゃない?
Speaker 2
嘘ではない。
じゃあもう隠しましょうそこは。
Speaker 1
博士取ってませんって言うと嘘なんじゃない?
Speaker 2
でも取ってませんって言わないじゃないですか普通。
Speaker 1
だから黙ってないんじゃない?
Speaker 2
で、その人と仲良くなった3年後くらいに、実は博士取ってるんだよねっていきなり。
Speaker 1
実は博士取ってるんだよねってさ、うーんってなるのがオチじゃない?
Speaker 2
弱いか。やめちまえ博士なんだよ。
Speaker 1
今さらやめらんねえからな。
まあまあ取れたらすごいですよね。これから学生を辞めて卒業して。
博士卒業して、ポスドクを半年。
Speaker 2
あ、ポスドク?
ポスドクはポストドクター?
15:02
Speaker 1
そうです。博士の後ですね。
Speaker 2
ほうほうほう。
Speaker 1
いわゆる派遣社員ですね。契約社員か。
Speaker 2
あーまあ研究員ってことですか。
Speaker 1
そうですね。
Speaker 2
半年やって?
Speaker 1
就職しますよ。
Speaker 2
じゃあ半年間ニートとかじゃないですね。
Speaker 1
そうです。ちゃんと金は出ます。
Speaker 2
そうかそうか。自由人だと思ってました。
Speaker 1
いや俺もなんか今ね最近すげえ自由人になりてえなって思ってるんだけど。
Speaker 2
だっていわゆるその9月卒業で就職は4月っていう人はたまにね留学した方とかいますけど。
Speaker 1
そうだねいるね。
Speaker 2
ゴールデンタイムじゃないですか。
Speaker 1
まあいやそうなんだけど。
Speaker 2
卒論もない。
Speaker 1
そうそうそう。ないよ。ないない。
Speaker 2
で働くとバイト?
Speaker 1
まあ小金を稼ぐ。なんだろうね。ちょっと研究をして小金を稼ぐんだけど。
まあなんかね。なんか研究嫌だから就職しようと思ったモチベーションがあって。
なんか半年まだ研究なんか考えなきゃいけないけどなんか嫌だよね。
Speaker 2
それは確かに。まあでも給料がいいならね全然。
Speaker 1
なんかけどまあ普通じゃない?
Speaker 2
まあでも研究員じゃ意外と時間の融通は効く?
Speaker 1
うん効く。超効くね。
Speaker 2
もう浜辺ビーチに寝そべりながらパソコン開いて研究もできる?
Speaker 1
できる。だってまあこのご時世だからどこでも。
あと私の研究分野的に情報系だからどこにいても。
Speaker 2
いわゆる実験とかもあんまり器具とかも使わないですね。
Speaker 1
そうだねサーバーに計算を投げればいいだけだし。
Speaker 2
そうかそうか。
Speaker 1
浜辺の砂で絵描いてああでもないこうでもないって言ってればいいって。
Speaker 2
数式を浜辺に?かっこいいですね。
Speaker 1
そういうのもいいんじゃない?
Speaker 2
確かにね。
今すごい赤ちゃんが泣いちゃってますね。
Speaker 1
めっちゃ泣いてるんだよね。
Speaker 2
普通にどうしたのかな?かわいそうって思っちゃいますね。
Speaker 1
ほんと。一旦休憩で。
Speaker 2
これあの自己紹介終わったのか?
Speaker 1
一旦終わったんでいいんじゃないでしょうか。
Speaker 2
次にラジオとして大切なことを決めたいんですけど。
Speaker 1
大切なこと?
Speaker 2
オープニングとエンディングを決めたいわけですね。
Speaker 1
はいはいはい。ラジオといえば好きものですね。
なんかしれっと始まるじゃん。第3回ですよとか。あれでいいの?ってなるじゃん。
Speaker 2
あんまり張らずにタイトルコールさらっとみたいな。
Speaker 1
最初別に無駄話をしてコールがあって本編スタートでもいいわけ。
Speaker 2
最初のちょっとわちゃわちゃってした感じ憧れますね。
Speaker 1
それでもいいし。だから音を作ってくれってだけなんだけど。
エンディングの締め方もタイトルの最後の締めの挨拶を決めるとかあるじゃん。
18:04
Speaker 1
さくまさんで言うとYO!SOLOとか何でもいいわけ。
だからそれとかね。あと最後にお便りのアドレスを言うとか何でもいいので。
そういうのが欲しくないって。
Speaker 2
確かに。
なんかこれ一応72%。毎回そのサブタイトルに入れてくれてるじゃないですか。
入れてますよ。
Speaker 1
その時のテーマというか。
Speaker 2
あれはでもやっぱり編集してる時に決めるのがいいですかね。
それともエンディングに今日包括してエンディングにその28の部分を決めて終わるっていうパターンもちょっとありかなと思ったんですけど。
Speaker 1
いや別に編集けどどうなんだろうね。エンディングでもう一回言わなくてよくない?
Speaker 2
タイトルだって見ればわかるじゃん。ポッドキャスト見た時に72%で雑談して28%で何とかする話とかって書いてあるから。
それ喋ってる自分側の目線だった。失礼しました。
Speaker 1
なのでどうしよう。わちゃわちゃからのオープニングタイトルコールで本編始まるの?
Speaker 2
いや憧れはありますよね。
Speaker 1
憧れね。決めなくてもいいけどね。毎回適当に変えてもいいし。
Speaker 2
タイトルコールはどう言うかも。
Speaker 1
雑談72%ってやるの?
Speaker 2
そうなるよね。
Speaker 1
なんかつまんないね。
何がいいの?でもだいたい普通に読むだけじゃない?タイトルコールだから。
いいのか?それで。
Speaker 2
わちゃわちゃって言ってからひとこ盛り上がりがあってのタイトルコールみたいなのが。
Speaker 1
エコーとかかけるの?ワンワンワンワンワンって。
そうそうそう。2%!ほーほーみたいな。
Speaker 2
はい!今日も始まりましたみたいな感じじゃないですか。
Speaker 1
毎回そんな張り切れなくない?君だって今日2日酔いでしょ?
2日酔いです。
そんなんじゃないでしょ?
Speaker 2
低めのテンションで。
Speaker 1
そういう時もあるってこと?
Speaker 2
これはちょっとそうですね。やってみないとわかんないな。
Speaker 1
ほんとだよね。あと編集するの俺だしな。なんかめんどくさいことしたくないっていうのがあるね。
Speaker 2
確かに確かに。お手軽なやつでいきましょう。あんまり凝っちゃうとね。どうせ続かないんだから。
Speaker 1
一回作ればいいなっていうのもあるよね。
Speaker 2
あーもう同じやつをね。それはそうかもしれない。
Speaker 1
誰かに頼めばいいのかな?
タイトルコールを?
あとちょっとした音楽。
Speaker 2
あーなんか差し支えのないBGMみたいな。
そう。
はいはいはい。
Speaker 1
外注も今後考えていきたいところで。
Speaker 2
そうですね。いろいろフル活用していきましょう。
21:02
Speaker 1
で、エンディングはどうする?
Speaker 2
エンディング…でもだって読み上げるメール…お便り募集あるんすか?これ。
Speaker 1
いや一応アドレスは書いてありますけど。
Speaker 2
あーそっかそっか。
Speaker 1
誰からも来るわけがなくて。
Speaker 2
そりゃそうよ。8回も俺らしか見てないんだから。
Speaker 1
あとお便りが来て、俺たち楽しいの。だからまず身内に広めろって話で。
Speaker 2
はいはいはい。
Speaker 1
けど身内にはまだ広めてないでしょ?
Speaker 2
広めてないです。まだちょっと広めらんないですね。さすがに。
Speaker 1
そのレベルに達してないからって毎回言ってるよね。
Speaker 2
そうですね。
Speaker 1
いいのか?
Speaker 2
いや一旦数こなさないと。
Speaker 1
あーじゃあはい。
Speaker 2
まあでもその、上げてはいるってことは大事です。
Speaker 1
そう上げてはいるってことが大事。本当に。
Speaker 2
まあだから一応じゃあメールアドレスは言った方がいいんじゃないですか?
Speaker 1
じゃあ毎回言う?
来るかもしんないから。
そう来るかもしんないからね。
Speaker 2
誰かから。
Speaker 1
じゃあ最後にメールアドレスを言って。
なんかねいつもね多分ね、「じゃ!」みたいなのをね、俺が言ったらそれで切ってんだよね。
Speaker 2
おーあ、確かにじゃのイメージある。
Speaker 1
じゃでいいの?
Speaker 2
ほな。
Speaker 1
あーほな、さよなら?
なぜ?
まあけど、そんなにエンディング気にするのかっていうのは。
Speaker 2
なんかあんまりエンディングってそう記憶に残ってないからね。
まあじゃで。
Speaker 1
じゃで。
じゃ。終わっちゃったよ。
Speaker 2
あ、もう決めることがあったの?
Speaker 1
そう。
Speaker 2
まだでも5分しか喋ってないですよ。
Speaker 1
本当だよどうすんだよ。もうちょっとじゃあ自己紹介する?
Speaker 2
こういう時にじゃって言って終わらせることはできるんですか?
Speaker 1
できないです。編集するのが私なんで。
Speaker 2
あーなるほどね。尺は稼いで。
Speaker 1
尺は稼げないといけないんで。
Speaker 2
そうか。だからうーんそうねまあ。
だからコーナーとかも欲しいのかみたいな話になったけどね。
まあまあ確かにね。
オープニングエンディングで言うと。
Speaker 1
うん。コーナーね。コーナー、コーナーね。どんなコーナーが好き?
Speaker 2
うーん。なんかでもこうコーナーもがっつり決めていくパターンと。
うん。
原市なんかは毎週コーナーが変わってきますからね。
Speaker 1
それはライブだからできるじゃん。
Speaker 2
確かに。あとお便りが来てるからだ。
Speaker 1
そうそうそう。我々はできないからさ。
あとなんかそんなね文字遊びするほど器用でもないでしょ?
Speaker 2
そりゃそうよ。
Speaker 1
だからダメだよまだ。
Speaker 2
ダメか。
コーナーなんかなんだろうね。今週のスパイスとか。
Speaker 1
まあそれはそうだし、普通に今週のうまいものとかそういうものね。
Speaker 2
あー確かに。
Speaker 1
何か買ったものとかを紹介する。
Speaker 2
そうね。
Speaker 1
誰の利益にもならないけど。
Speaker 2
まあそれ言い出したらこれも誰の利益にならないですからね。
Speaker 1
本当だよね。
Speaker 2
でもだから確かにコーナーって大体そのコーナーに応募してもらってなんか。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
あのコーナーに応募しようみたいな。
Speaker 1
一応ねだからステッカープレゼントとかそういうのが一応あるからね。
Speaker 2
え、僕らもステッカープレゼントって。
Speaker 1
ステッカーはあのいきなりカレー大佐の女に用意してもらって。
書いてもらう。
そう書いてもらって。
Speaker 2
書いてほしいね。
Speaker 1
本当だよ書いてくれよ。
Speaker 2
ステッカーあげますよこれ全然。
24:00
Speaker 1
あの人はさどういう風にさ俺たちのLINEを見てるんだろうね。
Speaker 2
確かにね。
Speaker 1
いつもっていうかさちょっと前まではさ3人のLINEでさラジオあげましたとかさ俺がYouTubeあげましたみたいなこと言ってるけどさ。
あの人は何もさリアクションが来ないじゃん。
Speaker 2
そうですね。
最近は忙しいんですかね。
Speaker 1
分からないなんかどうなんだろうねあの人はなんかどれくらいこのあの活動にどれくらい興味を持ってしてるんだろうね。
Speaker 2
なんかもうその興味があるとかないとかじゃないよね。
やってんなみたいな。
Speaker 1
絶対これも聞いてないでしょ知らない?
Speaker 2
そもそも知らないと思う。
Speaker 1
じゃあ教えよ。
Speaker 2
確かに一人だけ教えるみたいな。
Speaker 1
まず聞けってお前聞けって。
Speaker 2
でもね俺ね聞かないと思うな。
Speaker 1
なんで?
あんまり。
Speaker 2
聞いてくれないの?
聞いてくれないと思う。
Speaker 1
じゃあ聞いてくれそうな人に教えよ。
そうか。
Speaker 2
聞いてくれそうな人ね。
だけどあんまりむずいよね。
あんまりストイックな人に教えてもなんか。
Speaker 1
もっとお前らあーしろこうしろって。
そうそうそう。
だけどそのガイアの意見は大切だよ。
Speaker 2
あーなるほどね。
Speaker 1
音響は今MAXにしてるもん。
Speaker 2
あーもうその機材をね。
Speaker 1
そう割といい普通にグレードの高い機材を。
Speaker 2
じゃあもうこっちのトーク力次第ってことですか?
Speaker 1
そうそうそうそう。
Speaker 2
それは一番厳しいよ。
Speaker 1
うんね。
Speaker 2
変えないから。
Speaker 1
本当だけど頑張らないと。
Speaker 2
3万くらいでトーク力売ってないのかな?
Speaker 1
まずはハキハキ喋るとかじゃん。
何を喋ろうかなってメモしておくからさ。
はいはいはい。
そういうのがないと。
Speaker 2
でもちょっとやっぱ初めてから
これもしかしたら話せるかもとか。
思うようになったよね。
Speaker 1
思うようになったの?
Speaker 2
思った思った。
じゃあ次回はそれ話してよ。
あーじゃあ話す話す。
ハードルが上がりまくってんな。
でも要はなんだろうな。
今度はあいつ何でもいいんだけど
誰々に会うから話しようって思う時あるじゃないですか。
ある。
あれあれがここに出してくる。
Speaker 1
なるほどね。
Speaker 2
なんかこれラジオで話せんじゃねみたいな。
Speaker 1
聞いてくれる人がいるかいないか分かんないもので
モチベーションをたどっても難しくない?
Speaker 2
でもなんか一旦なんかね
もっとこのラジオごっこが
ごっこ感がなくなるぐらい
のめり込みたいなってなって。
Speaker 1
のめり込んでるの?
Speaker 2
それはなんか気持ちってよりは
そのトークがね。
Speaker 1
あートーク。
Speaker 2
そこを磨きたいなって今気持ちが強い。
Speaker 1
まだ壁に喋ってる感じ?
そう。
壁。
Speaker 2
もうほんと壁だよ。
Speaker 1
やっぱ第三者。
Speaker 2
よく喋る壁だな。
Speaker 1
やっぱだから第三の女に聞かせよう。
聞いてくれって。
そうか。
感想を言えって。
Speaker 2
確かに。
Speaker 1
それでどうにかしよう我々。
Speaker 2
でも俺これ聞かされたら確かに感想を言えって言ったら
27:03
Speaker 2
なんて言うだろうね。
Speaker 1
のっぺりしてるねとかだったらさ
頑張るしかないじゃん。
Speaker 2
確かに。
つまんないねだったらどうする?
Speaker 1
まあつまんないけど
俺はね自分で編集しててねちょっと笑っちゃってるから
Speaker 2
笑っちゃってる自分で。
Speaker 1
だから自分のこと好きなのかなってちょっと思う。
Speaker 2
でも俺も聞いてて
なんかやっぱ愛着は湧くよね。
Speaker 1
まあそういうもんですよこれは。
Speaker 2
同じ気持ちになっててくれたら嬉しいなという。
確かに。
Speaker 1
とりあえずあのステッカーを書いてもらう。
それはやりましょう。
Speaker 2
だってなんかロゴ
雑談72%のロゴが奥くんがなんか
パワポかなんかで
あれパワポでだって適当にぺっぺってやったの。
Speaker 1
すごいパワポで作る術があるのかと思った。
Speaker 2
いやあれだったらあれいいじゃん。
Speaker 1
まあでもなんかあの武骨な感じがいい。
Speaker 2
全てを物語ってるからね。
いいと思いますよ。
だからまあちょっとそういうのもやったり
だからコーナーはやめよう。
コーナーはまだ。
Speaker 1
ひたすら我々が一週間あったことを
まとめてしゃべる。
そう。
小分けにしていこう。
まとめラジオです。
Speaker 2
そうだね。
Speaker 1
本当にその。
朝顔の成長日記とか言えばいいんじゃないかな。
朝顔の成長日記?
Speaker 2
今週の朝顔とかさ。
Speaker 1
あー。
Speaker 2
何センチ伸びましたかね。
そうそうそうそう。
伸びた以外ないでしょ。
いや花が咲いたとかさ。
Speaker 1
花が枯れたとか?
Speaker 2
種が収穫できました。
Speaker 1
いる人はこちらまでとかさ。
そんな。
Speaker 2
だって夏休みの宿題でやらされるやつでしょ。
そう。
あんなでもそんな。
毎日書くもんでもないしね。
まあね。
あんな観察日記なんて。
Speaker 1
けど人の成長より成長していく方がいいんじゃない。
あー。
Speaker 2
確かにね。
そしたらでもセミトーマスとか
でもいけそうですけどね。
Speaker 1
セミの方がいいね1週間だから。
Speaker 2
でも毎週その収録の間に死んじゃうから。
そうだね。
持たない持たない。
Speaker 1
しかも同じセミを追い続けるの大変だね。
Speaker 2
大変ですよ。もう。
どっか飛んでっちゃうし。
Speaker 1
ほんとだよね。
何なんだろうね。
Speaker 2
書こうのも可哀想だしね。
Speaker 1
ね。
Speaker 2
でもそういう感じで
なんかまあ1週間?
1週間?2週間あったことを
まあほんとただ
喋るだけです。
Speaker 1
そう。
Speaker 2
なんかねこうやっぱ
友達とかで
まあちょっとそういう
ポッドキャストをラジオみたいに出てる子
ゲストで出てた子とか
その子はほんとにすごいもう
コンテンツをすごい
作間さんじゃないけど
いろんなもう白色で
白色?というかなんか
あの小説のあれで
あの映画はあれで
すごい面白いのよ。
うん。
あんなんできないからさ。
Speaker 1
見てないでしょ。
見てない。
だからなんじゃない?
見てるからあの人たちは。
Speaker 2
そうだからすごいなと思うけど
そんなことは喋れないから。
もう1週間見たもの。
Speaker 1
じゃあなんか引き出しなさいよ俺のこと。
Speaker 2
でも将棋とかカレーじゃないですか?
あなたはやっぱ。
Speaker 1
まあ将棋とかカレー。
Speaker 2
見てるの?そういうコンテンツは。
まあけどなんか最近
30:00
Speaker 1
ネットフリックスでアニメを
Speaker 2
ほう。
Speaker 1
ちゃんと
いやまあアニメ
なんか話題になってたアニメを
こう適当に見てて。
Speaker 2
何のアニメ?
Speaker 1
ほんとね
なんかなんだっけな
あーなんかリゼロとかをね
Speaker 2
あーなんか名前はよく聞く。
たぶんこの話
Speaker 1
こういうのがあんま響かないのは
こういうのがアニメをほとんど見ないからね。
見ない。
Speaker 2
俺はねほんとに
たぶんこの
1年?1年というかもう2、3年で
見た
ウマルちゃんぐらいしか見てない。
だからダメじゃん。
Speaker 1
で将棋も刺さないし。
将棋も刺さない。
Speaker 2
相撲も見ないし。
Speaker 1
相撲はでも
Speaker 2
国立競技場行って。
国技館行ったでしょ。
国技館。国技館行って見た。
国技館行って見た。
すごい楽しかったよ。
Speaker 1
けどそれだけでしょ?
Speaker 2
継続的には見ない。
でしょ?
Speaker 1
あとなんだ?
Speaker 2
え?それ俺何してんの?
Speaker 1
知らないよ。
俺がめっちゃ気になってんの。
マジで気になってんの。
お前何してんのだって。
俺はこんだけなんかいろんなこと
見てたりしてる
なんか情報集めたりしてるけど
Speaker 2
お前何や。
でも最近は
ほんとほんと先週ね
あのー
初めて
アベマTVの
アプリを入れたんですよ。
でそれは
おっくんにも話したんですけど
しくじり先生のお笑い研究部
であって
それの
えっと
ラジオの
ラジオ講座みたいな
あって
そっからなんか
意外とその面白そうな
番組あるじゃんって思って
Speaker 1
あーはいはい。
Speaker 2
めっちゃ見ちゃった。
Speaker 1
いいじゃん。
いいのか。いいじゃん。
Speaker 2
でももう
あんまり見すぎても
良くないなと思って。
え?
無限にあるからさ。
まぁまぁコンテンツはね。
Speaker 1
ビデオまでいくとね。
Speaker 2
そうだから
ハマった時はガッと行っちゃうんですよね。
Speaker 1
もう
広がんないのそっから。
Speaker 2
うーんそうね。
だから
でも
Speaker 1
アベマ見て広がるって。
えー分かんない。
なんか
ないかな。
けどなんか狼ちゃんとかさ
なんかあるじゃん。
恋愛
バイアリティみたいなとこ。
Speaker 2
その
愛の理から続くような
ああいう感じの
若者向けのあるある。
Speaker 1
そうそうそっからなんか
広がんないの。
俳優が女優があって。
Speaker 2
だから狼ちゃん見てないから。
Speaker 1
あー。
Speaker 2
うわすげーつまんないやつじゃん俺。
Speaker 1
ほんとだよどうすんだよ。
Speaker 2
やばいな。
これはやばいね。
Speaker 1
じゃあ今週はこの辺で。
32:26

Comments

Scroll