1. オタママさんといっしょ
  2. #163浦島太郎と音声編集沼 fro..
2023-07-12 09:16

#163浦島太郎と音声編集沼 from Radiotalk

・久しぶりにGarageBandを開いたら使い方が全然分からなかった
・編集できるといくらでも凝ったものができてしまう
・BGMやジングル探しに時間を使ってしまう
・さらに自分で曲を作ろうものなら更に時間が…!
・時間を決めて作曲というのもいいかも!

#夢野ニワトリのひとりトーク
#ひとり語
#202307にわとり
#オリジナル曲
00:00
はい、みなさんこんにちは。この番組は、ポンコツエル・オタママ、夢野にわとりの日々を思ったことを話したり、娘のひよこちゃんとの成長の記録を残していこうというラジオになります。
本日は、2023年7月の11日でございます。
はい、それではね、いつもの笑顔を作るのをやっていきたいと思います。みなさんもよかったらニコってしてくださいね。
せーの、ニコ!ということで、始めていきたいと思います。
今日はBGMをつけてみました。
今日の話題がですね、浦島太郎と音声編集沼ということで、今回の収録はガレージバンドというソフトを使って編集をして、パソコンから投稿したものになる予定でございます。
もののですね、浦島太郎と音声編集沼というのはどういうことかというと、ガレージバンドというソフトなんですけれども、
昔使っていたことがあって、それでね、さっき流した曲も、そのガレージバンドを使って私が作った曲だったんですけれども、
そこからね、大学時代使ってたんですけど、もう十何年も経ったわけで、そこからずっと使ってなかったんですよね。
最低でも8年くらいは使ってたんです。
それで久しぶりに、久しぶりというか、新しいね、今のMacBook Airなんですけど、今使ってるのは。
それで開いたら、全然知らんガレージバンドだったっていう話です。
もうどうやって使うのっていう感じで、本当に最初に初心者っていうか、本当初心者っていう状態で、
使い方が全くわからなかったんですよね。
クリックしてそこにデータファイルを入れるくらいならできたんですけど、
あと切るのはできるんですけど、それ以外の編集の使い方が全くわからなくて、
調べて、こうやって使うのね、みたいな感じで。
本当にね、映像もそうなんですけど、全然ソフト使ってないと全く別物になってるっていうね、恐ろしいですよね。
本当に、だから10年一昔って言うんですけど、ソフトとかアプリもそうなのかな、分かんないですけど、
もう本当に、何だろう、10年経つと、もう浦島太郎になるんだなっていうことです。
03:00
ここからね、音声編集の練習をしていきたいんですけど、
あ、そうだ、その前に、ガレージバンドっていうソフトをちょっと紹介したいと思うんですけど、
ガレージバンドっていうのは、MacBook、AppleのMacですね。
Apple社の音声編集ソフトっていうか、Macとか、あとはiPhone。
iPhoneでもデフォルトで無料で使えるアプリになってまして、
すごいね、もうプロでも、超初心者からプロまで使えるっていうね、すごいソフトなんですよ。
音楽編集ソフト。編集っていうか、それで作曲とかもできるソフトなんですけれども、
本当に素材もすごく多くて、全然、ど素人でも、
何かとりあえずそこから、サウンドライブラリっていうところ、元々ある音から引っ張ってくれば、
何かそれなりの曲ができてしまうっていうね、すごいソフトなんです。
気になる方はぜひ使っていただければ。
ただ、Macで使う、パソコンで使うガレージバンドも、
すごい浦島太郎だったんですけど、スマホでも使えるんですよね、ガレージバンド。
スマホのガレージバンドは全く使い方が見ても分からなかったです。
全然何か違うんですよね、形式が。
だからもう、何だろう、本当にスマホの方を使うんだったら、
一から勉強しないと使えないだろうなっていう感じですね。
ということでね、音声編集の間について語っていきたいんですけれども、
一言で言うと、音声編集ができると、いくらでも編集ができるので、
制限というか、時間が溶けていくんですよね。
BGMを入れるとか、ジングルを入れるとか、
自分の声をカットしたり編集したりとかやると、楽しくていくらでもできたんですよね。
本当に沼だなって思うのと、
あともう一点沼だなって思うのは、
BGMとかを探すのにめちゃくちゃ時間が溶けていくんですよね。
いろんな曲との出会いってすごい楽しいんで。
さらに言うと、音楽編集、特にガレージバンドはそこで曲を作れちゃったりするので、
もうそこまで手を出すと、本当に時間が溶けるって感じで、
溶けていくなっていう感じです。
この前の合成音声ラジオで初めて使ったんですけれども、
それであまりにもわからなさ過ぎて、
06:02
編集しているうちにいろいろ分かってくるんですよ。
BGMの入れ方とか、ガレージバンドに搭載されているフリー音源っていうんですかね。
サウンド、ライブラリーのサウンド。
そういうのをやっていくと、どんどんいろんなことができてから楽しくなっちゃうんですよね。
ここにBGMを各読み上げソフトごとに変えようとか、
編集できると普通のベタで、ただ録音しただけってすごく寂しく感じちゃって、
どんどんやりたくなっちゃうんですよね。
でもそれをやっていると永遠に終わらないなって思って、
この前は最初いっぱいいろいろ編集かけたんですけど、
全部消して、ジングルだけを作って入れるっていうことをしたんですよね。
でも本当に沼深いな編集って思いました。
なるべく今録音しているのも編集せずにやっていきたいと思ってるんですけど、
あと編集できると思うと、編集できるからちょっととちってもいいやみたいな。
正直普通のやつでもめちゃくちゃとちってるんですけど、
ここは後で切ろうとか思っちゃいますね。
本当に音声編集沼が深い、やりたいけどそれやってると時間がないからやめようねみたいな感じです。
時間があったらもっといろいろやってみたいなって思うんですけど、
あとはね、曲を調べたり、
これね、ここからは別の動画になるというか、
ちょっと昨日見てて、
いつかラジオドラマみたいなのやりたいんですよ。
ラジオドラマね。
そうするといろんな交換音とかBGMみたいなのが必要になってくるんですよ。
それをね、探すのがたぶんめちゃくちゃ時間かかるんだろうなって思います。
あともう1個はね、それを作れちゃったりもするんですよね。
なので、それをやり始めると本当にね、
たぶんいくら時間があっても楽しく創作できるんだろうなっていう。
なので、タイムアタックじゃないですけど、
例えば10分でね、曲を1個作るみたいなやつでやったらいいんじゃないかなって思って、
それだったらラジオトーク1回収録分で曲を作るっていうね、
ちょうど12分なんで、そういうのもちょっとやってみたいななんていろいろ湧いてきました。
湧いてきたんですけど、それがね、タイミング的にできるかって感じですよね。
なので、もしもね、そういうタイミングがあればまたこういう収録をしてあげたいと思います。
はい、それでは聞いていただきありがとうございました。
またねー。
09:16

Comments

Scroll