1. 元学長の 体験的大学論
  2. 記事紹介 低迷する私学の本当..
2024-01-16 10:09

記事紹介 低迷する私学の本当の原因は理事会にある

note記事 
【元学長の体験的大学論】 低迷する私学の本当の原因は理事会にある 
https://note.com/takahashihajime/n/n23189bc0a0ce 


--- 
stand.fm LIVE
公開ダラダLIVE 毎週土曜 朝 online offline episodes 
https://stand.fm/channels/64350aa79afdfc28ca754fac

【元学長の体験的大学論】
A former university president discusses Japanese universities.
Based on my 12 years of experience as president of two private universities, I will frankly and boldly discuss the difficulties and issues faced by private universities in Japan, including the internal circumstances. A must-read for those involved in private schools.

※LISTENでこの番組をフォローすると音声をテキストで読むことができます。 
https://listen.style/p/universitas
▷投げ専 nagesenでこの番組を応援する 
https://listen.style/p/nagesen 

--- 
はじめるCamp@Us 
▶️ 月刊 はじめるCamp@Us 
▷つながる 
Threads X(Twitter) Discord 
はじめる Pod Camp@Us|YouTube 
▷きづく 
こえと言葉のブログ|はてなblog 
たかはしはじめ Podcaster Facebook 
▷まなぶ 
たかはしはじめ note|note 
はじめる Camp@Us|LISTEN 
▷であう 
Guest House; minpakuAirbnb 


request form 
presented by Camp@Us

Summary

私立学校の訳の原因は、理事会にあります。私立学校は困難な時期を迎えており、多くの私立学校が低迷しています。理事会は私立学校の運営と経営に責任を負っており、私立学校の衰退は理事会の責任であるとされています。

私学の現状
note記事の紹介をしたいと思います これは8月17日ですね 2023年8月17日に書いた
アップした記事ですね。元学長の体験的大学論ということで、 低迷する私学の本当の原因は理事会にある。
日本の私立大学は少子化の波を受けて、非常に今 困難な時代を迎えているわけですね。 淘汰の時代を迎えているわけですが、
その中でうまくいっている私学は別として、 低迷する私学がたくさんあるわけですね。
まさに断末魔の私学がたくさんあるんですが、 その原因はもちろんいろいろあるんですけれども、
私は本当の原因は理事会にあるというふうに思っています。 これは、ある意味当たり前のことで
私学の運営と経営に責任を負っているのは理事会ですから、 その私学が低迷していれば、 その学園が低迷していれば、 その責任は当然理事会にあるわけですが。
現場では意外と、理事会の理事の人たちは、 理事長も含めて結構、他人事みたいな人もいてですね。 中にはね。
すべて現場のせいにすると。 現場はどうなっているんですかと、 何とかしてくださいと。
理事会はほとんど動かないという場合が、 私が見る限り多いですね。
相当、日本の私学の理事会っていうのは、根本的な問題を抱えていると。 なぜそういうふうになっているのかというのは 実はこの記事を
きっかけにして、その後 「日本の私立大学の運営と経営を考える」というシリーズを もうこれで1.2.3.4.5回喋ってます。 まだまだ続きます。
日本の私立大学の運営と経営の問題は相当深刻だと思ってますので。 しかもこれを何とかしようと、文部科学省 あるいは政治の世界でね
いろんなその、理事会権限を強化したり、 その前には学長権限を強化したり、 いろんなことをやってきたわけです。
これがすべて裏目に出ている。 むしろ悪化しているというのが私の見立てです。
その出発点になったnote記事。 それがこの「低迷する私学の本当の原因は理事会にある」。
私、 学長を2つの大学で、小さな大学ですけどね。 芸術系 そして音楽大学でやってきたんですが、
その体験に基づいた大学論です。 低迷する私学の本当の原因は理事会にある。
現場からのルポルタージュ報告みたいな感じになってますけれども、 こんな書き出しです。
私立大学の担い手には理事、 教員、 職員、 学生がいる。 本当はもう少し言うとね
同窓生とか保護者とかっていうふうに ステークホルダー広げることができるんですが。
現場にいるのは、理事 教員 職員 学生ですね。 ダメな大学ほどうちは学生がダメだからと
いうふうに理事や教職員が平気で言ったりするんですね。 最近はそういう大学減りましたけれども。
これはもう私学の悪しき慣習ですね。 理事会がダメ 教員がダメ 職員がダメ 学生がダメ 全部ダメでは救いようがないと。
本当にダメなのは誰なのかということで、 本当の原因は理事会にある。
そういう話を書いたのがこの記事ですね。 実はこの記事、8月にnoteの記事としてアップしたんですが、
下書きは6月26日に書き始めたんですね。 そういう思いを持ってたので、
私学のガバナンス構築
そういうタイトルは決まり下書きを書き始めたんですが 、なかなかうまくまとまらなくて公開をためらっていたところ、
ニュースが飛び込んできまして、 このニュースを読んで確信が深まったので公開したということです。
一つは京都大学の前総長の山極寿一さんが、 日大、日本大学のアメフト部問題で提言をしたという
こういうニュースが飛び込んできたんですね。 学長、 それこそ山極さんの体験
京都大学の総長としての体験に基づいた 林真理子さん、 日大理事長 今頑張ってるんですが、
に対するアドバイスをしたという記事。 それからもう一つが、林真理子理事長がですね
「ちょっと遠慮があった」と。 「私はもっと大きなところを見ていたつもりだったんですけれども、
7万人の学生一人一人をもっときちんと見なきゃいけないということを今つくづく感じております。」
これすごく大事なポイントです。 学生一人一人をもっときちんと見なきゃいけない。
これ理事長が言ったんですね。林真理子理事長。 これはもう本当に全国の私立大学の理事長に爪の垢煎じて飲ませたいぐらいですね。
学生一人一人をちゃんときちんと見ている理事長が日本の私立大学に何人いるのか。
そういう問題です。 ここを外してるから、 ダメな私学になるんですね。 学生がダメなんじゃないです。 理事長がダメなんです。 そして理事会がダメなんだということですね。
「ダメな私学の本当の原因は理事会にある」という記事を書いたんですが、
ダメな大学ほどダメな理由を学生のせいにする。 教職員は自らの責任を学生に転嫁する。
理事は自らの責任を現場の教職員に転嫁するだけではない。 うちの学生がこんなことをやっていた、 こんな噂を聞いた、現場の指導はどうなっているのかなどと、偉そうにのたまう理事がいたりする。
こんな書き出しで始まってるんですね。 これは最もダメな大学の例であると。
私が勤めていた大学がそうだったという話ではない、念のため。 私の私学体験は25年に及びます。
1996年から2017年までを私立の音楽大学、芸術系大学で過ごしました 。そして25年のうち10年間、
足掛け12年間は学長として深く私学経営にも関わりました。 当然理事の一員として理事会も見てきました。
結構、理事会のことをちゃんと知っている人少ないんですね。 教職員あるいは学部長レベルでも理事会に関わる人少ないので。
学長になると理事会に関わるわけですけれども、 この理事会がまあ
まあなんというか大変です。 林真理子理事長が今、日大で苦労しているのはよくわかりますけれども、
この理事会です。 低迷する私学の癌は理事会です。 これはもう断言しますね。
ということで、私の私学体験に基づいてあえて独断的な主張を展開してみたい。 これ現場の人なかなか言えないんですよ。
今現役で私学の理事やってる人は言えない。 結局、理事長のご機嫌を伺ったりね。 理事会の中で
波風立てずに無難に過ごしていく人ばっかりなので。 だから私学はますますダメになっていくという
そういうことですね。悪循環ですね。 そこでちょっと突っ張ると、もう理事を辞めさせられたり学長を辞めさせられたりとかね
いうことが起きるわけですね。だからもう私学はどんどんどんどん泥沼にはまっていって
ある意味ガバナンスが崩壊していくという話なんですね。 ここに書く記事の内容が多くの私学関係者にとって心当たりがないことを心から切に
願うばかりだと言いながら、この記事を書いたということです。 全ての大学の理事会と理事長が酷いわけじゃないけれども、
だけど理事長、理事による背任行為。 任に背く行為ですね。これは後を絶たない。日大の問題だけじゃないんですね、実はね。
結構、私学の世界には表沙汰になってないけれども、任に背いている理事はたくさんいると 私は思っています。
こうした事態を受けて2025年4月からは私立学校法がまた改正されるわけですが、刑事罰を設ける。これはね刑事罰を設けたところでねダメなんです。これはもう悪い
ことをやった人を罰するだけの話で、 こういうことではね私学はまともにならないですね。
もっと問われているのは私学のガバナンス回復で、回復といっても実はそもそももって なかったので回復しようがないわけですね。
そういう意味では私学のガバナンス構築。 一からガバナンスを作らなきゃいけない。しかもその時に理事会がガバナンス能力を
持っていないので、理事長を先頭にね。 そういう私学が多いので、そこから教育しなきゃいけない。あるいはそこの人を
入れ替えなければ私学の困難は解決しない。それぐらい深刻だと いうふうに私は思っています。
もちろんすべての私学に当てはまるわけではないですが、 ガバナンスは低下したわけではなくてそもそもなかった。
じゃあ出発点はどこなのか。 どっから変わるべきか。理事長、理事会から変わらなきゃいけない。
ところが今の私学のシステムとして、仕組みとして理事長と理事会を変える 仕組みがないんですね。
だからますます泥沼にはまってくる。まあそんな話の出発点の記事です。この後 シリーズもので「日本の私立大学の運営と経営を考える」。
今のところ12345まできましたが、さらにこれは何回続くかわかりませんが、 問題がある限り続けていこうかなと思ってますので、一応noteの有料記事ですけれども
定期購読マガジンあるいは単独の過去記事マガジン あるいは
全記事購読マガジンあるいはオンラインサロンに参加していただくと、こういった記事は すべて読めますので、まぁ最後はちょっと宣伝も含めてね
記事の紹介「低迷する私学の本当の原因は理事会にある」でした。 ではまた。
10:09
Scroll