本日のテーマは「停滞した状況を変えたいとき、新しい流れを呼び込むアクション」です。

■おもな話題
・流れがなんか違うとき、身体も固まっていて、何か違う感覚がある
・自分の流れのスイッチをオンにする
・乗りたい波に自分で乗るには

▼根本Deacon雅子
公式サイト
https://you-atyourbest.com
ブログ
https://blog.you-atyourbest.com/
twitter
https://twitter.com/masakonemoto
Facebooページ
https://www.facebook.com/masako.coaching

■このチャンネルについて
コーチングを通じて思考の枠を外し、ひとり一人の人生をその方が望む方向に進めるようお届けするチャンネルです。どんな方にも「自分の人生これでいいのかな?」「副業・転職・独立しようかな?」と思う瞬間やチャレンジのときがあると思います。そんなときに助けになる、毎日のヒントをお届けしています。

■TFCとは
コーチングメソッド「トランスフォームコーチング」の略です。

■トランスフォームコーチングとは
クライアント自身を変えるのではなく、クライアントの見方や視点を転換することにより、実際に起きる成果が望む方向に進めるようサポートするコーチング手法です。見方や視点が変わることでクライアントが望む具体的成果や結果が得られ、環境が変化したように感じます。

この手法を通じてコーチングを行うと、クライアントにとって予測を超えた変化が起こるため、まるで世界が変わったように感じられるかもしれませんが、違います。見方が変わったため、変わったように感じるのです。そのぐらいパワフルなメソッドです。

■このチャンネルがおすすめの方
・ご自分の思考の枠を外したい方
・コーチングメソッドを使って自分をドライブさせたい方
・今の状況を変えたい方
・目標を実現したい方
・心身のコンディションをご自身で整えたい方
・今以上にやる気・モチベーションを上げたい方
・やる気が出なくてお困りの方
・集中力が途切れ気味の方
・がんばりたいのに気分がぼんやりしてしまう方
・不調にお悩みの方(※実際の病気を除きます)
・コーチングに興味がある方

など

■このチャンネルで放送すること
・コーチングで個人の能力を最大限に引き出す方法
・コーチングと人生のバランスの取り方
・コーチングで生活スタイルを改善する方法
・コーチング的対話を日常に取り入れて人間関係を円滑にする方法
・やる気メカニズムをご自分の望む方向に転換できるようにする方法
・日常の中で、隙間時間で自分のコンディションの整え方

など

#コーチング #エグゼクティブコーチ #マインドセット #ストレングスファインダー #Gallup認定ストレングスコーチ #gravitasimpact #ファウンデーションを整えるコーチ
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/6207c319eb302d8b48bb5193
00:04
根本Deacon雅子
こんにちは、根本 Deacon 雅子です。本日のテーマは、停滞した状況を変えたいとき、新しい流れを呼び込むアクション。
根本Deacon雅子
実はその呼び込むアクションがあるんですね。こちらを少しお話しさせていただきます。
根本Deacon雅子
エネルギーを切り替えたい、自分の流れを切り替えたい、切り替えたい、そんな時ってありませんか?
何かご自分自身のエネルギー、あるいは自分自身の中で、停滞感、何か最近自分が思った方向に行かないなとか、何かちょっと違うんだことが続いちゃってるなっていう風に、
よくわからないけども、何かが違うんじゃないかな、そんな感覚が自分の体の中にある、あるいは自分の頭の中にある。
そんな自分のエネルギーを変えたい、自分の流れを切り替えたい、そんな時に、皆さんちょっと考えていただきたいんですけども、皆さんご自分自身の流れを作っているエネルギーはどこから来ますか?
エネルギーというのは、自分自身から湧き上がるものなんですよね。
確かにその流れを作っているものは、その流れというのは自分の体の中を血と一緒に流れている、そんなイメージがあるかもしれません。
そしてそれがエネルギーとして自分の中で湧き上がるはずなんだけども、そのエネルギーが何か違って湧き上がってこない。
じゃあそこをどういうふうに変えるのか。
湧き上がりを感じないエネルギーを切り替えたいって言った時には、自分の流れをスイッチをオンにしてあげる。
自分自身の流れが今、自分が望む方向にスイッチオンされていないのだけなのかもしれない。
このスイッチのオンっていうことをしてあげると、どんな時にも自分が波に乗りたい方向に波に乗れる、あるいは自分が欲しいような波を引き寄せられる。
自分の中ではこれが波だって見極められていない、分別できていない、そんな波が来たとしても、自分の状態がスイッチのオンの状態だったら、その波に乗れるということにもなってくるんですよね。
そのためには、自分自身の好奇心といったものをスイッチオンして、自分の好奇心といったものを探求し続けてみる、あるいはアクティベートする。
自分の好奇心はどこにあったんだろうか。自分の好奇心はそもそもどこかな。
自分の好奇心というのは、ご自分自身の興味といったところにもあります。
その自分自身の好奇心、興味というのが、今のご自分自身の仕事、あるいはご自分自身がやっていること、ご自分自身が関わっているプロジェクト、そこに直接関係なくてもあっても大丈夫です。
ご自分の中に湧き上がってきた興味、好奇心、そこを追求してあげる。
例えば、金融関係のお仕事の方が、最近の興味、好奇心というのが歴史にあるんだ、というようなことがあるんだとしたら、
ぜひその歴史といったところを、特にご自分が興味ある時代ですよね、あるいは興味のある人物、そういったものを追求してみる、探求してみる、探求しきってみる。
03:10
根本Deacon雅子
そして、エネルギーの流れが何か違うなっていうような時っていうのは、ご自分自身の興味、好奇心自体、分からなくなってしまっているということもありますよね。
根本Deacon雅子
なぜならば、自分の自身の流れが何か違うなと思われている時というのは、自分の体も固まっちゃっていて、何かが違うんだ、違うんだというような感覚が体の中にある。
根本Deacon雅子
そうすると自分の胸もこういうふうになってしまって、うっかり猫背気味になってしまっている。そうすると猫背気味になってしまうと、自分への自信、あるいは自分への自己肯定感というのも、徐々に下がっちゃっているということなんですよね。
そうすると、自分のエネルギーを変えたいという思いはあるにも関わらず、ご自分自身がどんなところに興味があるのか、好奇心があるのか、そこを察知できる自分の体になっていない。
ですから、そういった時こそ、スーパーマンポーズ。自分の体を開けてあげる。その狂気を開けてあげる。そして胸を張って、このイメージ動画通り、手を腰に当てて、胸を思いっきり開けていただきたいんですよね。
このスーパーマンポーズをすることによって、ご自分自身への自己肯定感が一気に上がるということは、エイミー・カディさんというハーバードの先生が立証なさっていらっしゃるんですよね。ご興味あったら、エイミー・カディ、テッドというふうにグーグルしていただくと、ものすごい素晴らしいトークが聞こえます。
ポイントは、自分自身の流れを変えたいというふうに思われたら、ぜひこのスーパーマンポーズをなさらえてみてください。自分の体の形が変わることによって、体の姿勢が変わることによって、自分の中で忘れ去られていたものが蘇ってきます。
実は私自身も、このスーパーマンポーズをたびたびとることがあるんですよね。何となく今、クランチさんとの出会いだとか、何かが違うかもしれないなというふうな時に、自分の流れを変えたいなというような時に、このスーパーマンポーズをしてみると、自分で自分の中を取り戻せるというような感覚になれます。
根本Deacon雅子
ぜひ皆さんもこのスーパーマンポーズ、1秒でできます。でもできたら3秒ぐらいはやってみてください。ぜひトライなさってみてください。ご質問等、コメント等ありましたら、こちらのYouTubeのコメント欄にお残しください。あるいは、X経由でご質問なさらえていただいても結構です。本日もありがとうございました。
05:59

Comments

Scroll