1. 愛犬ゆきちとの日常
  2. 多店舗展開の難しさ、信頼して..
2024-03-27 06:51

多店舗展開の難しさ、信頼していた人に裏切られることについて。

水原一平さんのニュースを見て、感じたことをアウトプット。

信じていた人に裏切られるって、経営につきものだよね。

あるある。

00:00
はい、どうも、たかしじゅんです。久々の更新になります。なるべく頻度を上げて更新していきたいなと思っているんですけど、やっぱり毎日更新する人ってすごいなって、自分がやってみて思いますね。
ボイシーとか、ポッドキャスト。ポッドキャストは毎日更新とか少ないと思うんですけど、ボイシーとか聞いてても毎日毎日アウトプットするっていうのは、やっぱりそれなりのインプットがないとできないことですし、かなり労力使うことなので、でも続ける意味はかなりあるっていうふうに感じてはいるので、
なるべく毎日更新という形で引き続きやっていきたいと思います。今日は水原一平さんのことから感じることみたいなところを話したいなと思っています。
もう皆さんご存知かと思うんですけども、大谷選手の通訳をされている水谷一平さんが、いろいろ詳細はまだ不確かなことが多そうですけども、窃盗をして違法賭博にかけていたっていうような話ですと。
いろんな証言聞いていくと、彼はかなり嘘をついていたことが分かりましたと。そのことについて多分大谷選手はそこまで気づいてなかったと思いますし、気づいてなかったということです。
彼のパーソナリティーとか全くもちろん分からないですけども、世の中には一定数簡単に嘘をつけるというか、それがバレないような形質の人というか癖というか、そういう人っていると思うんですよね。
うちの会社にも昔いたんですよ。彼はもともとうち障害福祉の事業者やってますので、障害を持っている利用者さんとして弊社に入所をしましたと。
身体障害者だったんですけれども、比較的真面目に働いていたので、利用者さんから一般雇用を我々の方でして職員として働いてもらってたんですよね。
最初の1年、2年とかはすごく頑張ってくれていて、評価もしてたんですけども、今事業署名を出典したときに、そちらの職員である程度のリーダーというか、そういう立場でやってもらっていたと。
03:03
やってもらったんですけど、途中から様子がおかしくて、いろいろ問いただしていくと、いろんな嘘を重ねていて、解雇したというような流れです。
結論から言うと、めちゃくちゃ嘘をついてたんですよね。しかもかなり巧妙に嘘をついていて、バレないようにしていたんですけれども、後から入った社員の人間が私の方に、あの人だいぶ嘘ついてますよ、みたいなことを告発してくれて、ことが判明したという流れなんですよね。
で、やっぱりよくよく考えてみると、すごいいろんなタイミングで彼は嘘をついていて、しかも僕にすごくいい格好をするような嘘ばっかりつくと。社長の顔色を伺いながら、自分に不都合なものは結構揉み消すみたいな、いうような性格だったんですよね。
こういった、なんていうんですかね、平気で嘘をつくというか、それが癖になってしまって、悪い報告をあげれなくなっていく人って結構いるよなっていうふうに、今回の事件を見て感じたとこなんですよね。
2店舗目を経営して思うのは、ちょっと派生すると、やっぱり他店舗展開の難しさっていうのも改めて思いますし、目を行き届かないので、ある程度妥協をしなきゃいけないんですけれども、マイクロマネジメントもしたくないので、ある程度任せるっていう風な方針になっています。
自分自身ではやっていると。そうするとやっぱり、いい格好をするとか、僕の見ていないところでサボっちゃうとか、そういったのが一定数出るんですよね。どうしたもんかなと、なかなか難しいなというふうに思っているところですね。
やっぱり経営者やってると、ある程度信頼をして任せるっていうのは必要なところなんですけど、結構裏切られるっていうのはあります。結構体制もできてきたので、任せ方だとか、任せて、ある意味裏切られた後にどういう所作をすべきかみたいな、自分のメンタルコントロール的にも。
どうしたらいいかっていうところも結構わかってきている。今日この頃なんですけども、水谷さんの話を聞いて、世の中には一定数嘘をつく人っているよなという風に感じた次第です。
06:17
皆さんの周りにもそういった方っているんじゃないですかね。本日はユキチが社員の方の実家に遊びに行っていて、一泊を出かけしているので、比較的散歩もせずのんびり過ごしています。これからミーティングなどありますので、今日はこの辺で終わりたいと思います。ご視聴ありがとうございました。
06:51

Comments

Scroll