1. STEAM.fm
  2. 🔞古代ギリシアの性愛【第158..

1️⃣古代ギリシア人の男性にとって同性愛は当たり前のことでした

2️⃣なんでも哲学にした古代ギリシア人は愛も哲学的でした

3️⃣もちろん神々も同性愛者でした

📚バックナンバーはこちらから👉 https://steam.theletter.jp/

🎙️ポッドキャストはこちらから👉 https://steam.fm/

📝文字起こしはこちらから👉 https://listen.style/p/steam

💭匿名質問・コメントはこちらから👉 https://marshmallow-qa.com/kanaya

🐘つぶやきはこちらから👉 https://mstdn.jp/@kanaya

🐤DMはこちらから👉 https://twitter.com/kanaya

📬メールはこちらから👉 steam.newsroom@gmail.com

☕️コーヒーの差し入れ(400円のご支援)はこちらから👉 https://ko-fi.com/steamnews

Summary

彼は古代ギリシアの性愛についてのエピソードを紹介しています。彼はプラネタリウムの特別な番組R18大人プラネタリウム2回戦で古代ギリシャのハレンチナイトを見た話を話しています。また、彼は夜酔って書くニュースレターのエピソードについても話しています。

古代ギリシアの性愛について
一です。おはようございます。
今回のエピソードでは、古代ギリシアの性愛についてお届けします。
このポッドキャストは、僕が毎週お送りしているニュースデータ、STEAMニュースの音声版です。
STEAMニュースでは、科学、技術、工学、アート、数学に関する話題をお届けしています。
STEAMニュースは、STEAMウォーと乗組員のご協力でお送りしています。
改めまして、一です。このエピソードは、2023年12月13日に収録しています。
このエピソードでは、STEAMニュース第158号から、古代ギリシアの性愛についてお届けします。
今回のエピソードでは、セクシャルな内容及び同性愛に関する内容を含んでいます。
苦手な方は、どうかここで再生のチェックをお願いします。
このポッドキャストをSTEAMFMでもたびたび取り上げているギリシャ神話ですが、
そのギリシャ神話を語り継いな古代ギリシア人の生活については、まだお話ししたことがなかったようです。
古代ギリシアの前世紀といえば、ヘレニズムと呼ばれる、
紀元前336年からの、およそ300年間ということになるんじゃないでしょうか。
日本は弥生時代で、卑弥呼が生まれる500年以上も前になります。
これからお話しする内容は、そんなヘレニズム時代のことですし、
地理的にも遠く離れていますから、
日本の基準で批判するというのは、おかしなことになるのではないかなと思います。
今回のエピソードでも、批判はせずにお伝えしていこうと思います。
ヘレニズム時代を切り開いた古代ギリシャの、
いや、世界史の英雄、アレクサンドロス三世、
通称アレキサンダー大王は、
彼のようにギリシャ男児たる者、
男を愛するのは当然のことでした。
アレキサンダー大王は、
戦友ヘファイスティオンをむしろ愛しすぎたことで非難されています。
彼は同時代の哲学者ディオゲネスに、
ヘファイスティオンを愛しすぎたことで非難されています。
ヘファイスティオンの太ももに支配されているうちは、
良い大人になれんぞと忠告されたぐらいなんです。
太ももに支配されているうちは。
そうなんです。
男同士で愛するとき、古代ギリシャでは、
スマタが一般的なお作法でした。
スマタは古代ギリシャ語で、
ディアメリゼイン、直訳すると、
二両体化なんです。
なんかとっても哲学的な言葉ですよね。
二両体化。
二つの両の体の化けるって書きます。
ギリシャの愛、グリークラブというと、
後に男性による同性愛や、
古代ギリシアの同性愛ルール
少年愛を指すようになるのですが、
これは男だけで構成されたギリシャ軍の兵士たちの、
機械的同性愛というわけではありません。
古代ギリシャでは、平時でも男性同士の愛が語られていました。
それどころか、男同士の愛は、
男女の愛、
愛よりも純粋とさえ見なされていたんです。
中には、こんな詩も残されています。
ああ、なんてつらい病に取り憑かれたことだろう。
少年への愛が、熱病のように俺を災難で二ヶ月にもなる。
漁師は波のはずなのに、
頬に浮かんだ、
その甘い微笑みを。
昨日は通りすがりに、
まぶたの間からちらりとこちらを見て、
目を合わせるのを恥じて、
赤くなった。
愛が俺の心をわしつかむ。
だめだ。
俺は何を考えているんだ。
もはや分別をもたねばならぬ年だ。
年のいったものは、
少年への愛の苦しみから遠ざかるのが望ましいというのに。
しかし無駄な足掻きだ。
愛の神に打ち勝とうなどとは。
デオクリトス・ボッカ・古澤裕子役でした。
燃えるような恋ですよね。
恋心の持ち主は、
まあ結構いい歳をしたおっさんで、
恋のお相手は少年でした。
現代の日本では、
このように分別ある大人の男性が少年に手を出すことは許されざることですが、
古代ギリシャでは公然と行われていました。
またそこにはルールもあったんです。
そのルールは、
このルールの一部をご紹介します。
男性同士の同性愛のルール。
肉体が目当ての同性愛は軽蔑される。
必ず大人の男性が若い少年をリードすること。
愛される側、つまり受けては、
12歳から8歳、
20歳まで。
愛する側は、
40歳頃には少年愛を卒業しているのが望ましい。
いやー、僕は中高一貫校に通っていたんですが、
暗黙の校内ルールとして、
古代ギリシアの神々と性愛
高校3年生男子と中学1年生女子が付き合うと、
結婚するのはダメというのがありました。
高校3年生と中学2年生なら良いというのも、
今思うと無茶なルールだったとは思うんですが、
こういう恋愛に関するルールというのは、
自然発生するものなのかもしれません。
古代ギリシャの同性愛ルールには、
すみません、ここら辺からちょっと刺激的な言葉が増えてきます。
本当気になる方はここで再生止めていただきたいんですが、
古代ギリシャの同性愛ルールには、
心より先に体を許すな、
アナルセックス禁止、
フェラチオ不許可などもありました。
また、
少年が髭を生やす年頃、
あるいは17歳になれば、
恋愛関係を解消し、
友人になることが理想とされました。
ここら辺も自然発生ルールだったのかもしれません。
古代ギリシャで少年が特に愛された理由の一つとして、
古代ギリシャ人が、
小さなポコチンを愛したことも挙げられるかもしれません。
大哲学者にしてアレキサンダー大王の家庭教師でもあったアリストテレスは、
当時の最先端の科学であった資源素説に基づいて、
仏は小さい方が良いという理論を打ち立てていました。
小さい方が精子が冷えないとされたんですね。
当時、子宮は冷たく、精子は熱いと考えられており、
熱いままの精子を送り届けることが良しとされたんです。
いや、全く恋愛もセックスも哲学的なのが、
古代ギリシャ人らしさなのかもしれません。
なお、
古典では聖上位のことを宣教師大位、
ミッショナリーポジションと呼ぶことから、
古代ギリシャに聖上位はなかったとする誤解があるのですが、
実際には古代ギリシャ人も聖上位を行っていた記録があります。
恋大きい人間たちが信仰したのは、恋大きい神々でした。
特に男神、男の神様は基本バイセクシャルです。
ギリシャの最高神ゼウスは、美少年ガニュメデスを愛しました。
ゼウスはやがてローマ神話の最高神ユピテル、英語名ジュピターと同一視されます。
ジュピターといえば木星ですよね。
その木星の周囲をめぐる、
その木星の周囲をめぐる、
最大の衛星がガニメデ、つまりガニュメデスのローマ風の呼び方なんです。
ガニネオガリネイが歴史上初めて発見した木星の衛星は4つあるのですが、
ガニメデだけが男性で、
残り3個の衛星、イオ、エウロパ、カリストは、
全て女性です。
僕が敬愛するギリシャの神様、ジュオニュソス、
これはローマ名で言うとバックス、英語名で言えばバッカスなんですが、
彼もまた他の神々と同様、バイセクシャルだったんですね。
バッカスといえばブランデ入りのチョコレート製品としてね、
日本でも有名ですが、
アーモンドチョコもね、おいしいですよね。
このアーモンドなんですが、
オーガミゼウスの聖液という説があります。
そう聞くとね、アーモンド、アーモンドチョコポリポリ食べるのもどうかなと思うんですが、
これ別の説もあります。
女神キュベレの体から生じたという説ですね。
キュベレは、
その母レアと同一視されている女神です。
この説も、
僕がメールでお送りしているニュースレター、スティームニュースでは、
この女神キュベレの体から生じた後だけご紹介したのですが、
その後ちょっと調べると、
女神キュベレのモデルになった土着の女神アグディスティスというね、
女性の神様が居たんですが、
これが女性でありながら両性偶有、つまりポコチンがあったという風にね、
伝説では言われていて、
それを別の神様が切り落とした、
切り落とした断根からアーモンドの木が生まれたというね、
言い伝えがあるそうです。
いや、古代ギリシャ人の神話って、
実はですね、
セックスに関するもの、それからポコチンに関するもの、結構多いんですね。
後にヨーロッパにキリスト教が普及していって、
そういった話がだんだんタブーになっていくことで、
現在ね、あまり表には出てこないものも多いのですが、
少し調べてもらうと、
いろいろそういった話、
出てくる、見つけられるんじゃないかなと思います。
まあ日本のね、神話にも近いかもしれません。
メールでお送りしているニュースレター、
Steamニュース第158号で、
そしてこのポッドキャスト、
Steam FMエピソード163で、
プラネタリウムの特別番組
古代ギリシャの生徒愛についてね、
お届けをしたところなのですが、
これ、
なぜこんな話を突然し始めたかと言いますと、
ちょうどですね、
コニカ・ミノルタさんがやってらっしゃる、
プラネタリウムの特別な番組がありまして、
R18大人プラネタリウム2回戦、
古代ギリシャのハレンチナイト、
という、
プラネタリウムのプログラムを見に行ったからだったんですね。
僕はプラネタリウムが大好きで、
特にね、
コニカ・ミノルタさん、
まあ旧ミノルタのプラネタリウムが好きで、
あのこういった特別なプログラムがなくても、
まあよくね、
コロナ前は見に行っていたんですが、
今回見たのはね、
すごかったですよ。
はい。
あの機会があればね、
あの見ていただければと思うんですが、
あのネットでね、
コニカ・ミノルタR18大人プラネタリウム2回戦で探していただくと、
見つけられると思います。
特にね、
東京有楽町のプラネタリアではね、
コロンと横になって、
見たりとか、
カップルシートがあったりとかね、
大人向けの仕掛けがあるので、
まあ満載ですので、
おすすめしたいと思います。
で、そんな事情で、
夜酔って書くニュースレター
そうなんですよ。
まあそれで、その週ね、
僕が、
ちょっと短期間ですが、
東京にいて、
他の仕事も重なっていて、
まあこのニュースレターをね、
毎週金曜日に配信しているのですが、
木曜の夜まで時間が、
執筆の時間が取れなかったんですね。
木曜の夜まで時間が、執筆の時間が取れなかったんですね。
で、もう本当にね、
追い詰められると、
僕どうするかというと、
お酒をガーッと飲んで、
酔った勢いで一気に書いてしまう、
というのをやっているんですね。
ニュースレターが、
本文が、
大体、
8000文字ぐらい、
7000から8000文字。
で、同時にね、
別冊というのも書いていまして、
こちらはサポーター様、
有料購読者様向けに、
スティームボートの陸民という風にね、
呼ばせていただいているんですが、
そういった特別な方向けに、
2000から3000文字書いていまして、
2000から3000文字書いていまして、
なので、
1万字ぐらいのアウトプットを、
1万字ぐらいのアウトプットを、
毎週しているんですね。
それが、
僕、夜弱いので、
本当ね、
普段9時とかに寝ちゃうんですよ。
まあ、頑張っても、
0時ぐらいまでには、
寝ちゃうので、
起きてられなくて、
そうすると、
木曜日の夜から書き始めると、
木曜日の夜から書き始めると、
せいぜいね、
3、4時間しか使えなくて、
そこで1万字書かないといけなくて、
そこで1万字書かないといけなくて、
で、
これも酔って書くしかないと思って、
お酒飲んで、わーっと書いちゃうんですが、
お酒飲むと、
僕なことしないんですよね。
昔ね、
お酒を飲みながら、
ツイッターをしていて、
当時はね、名前もツイッターでしたが、
一人でね、寂しいじゃないですか。
で、
ツイートしてて、
翌日なんかすごいメンションいっぱい来てて、
なんか、
めちゃくちゃ笑いましたとか、
戦場カメラマンより面白いですねとか、
いっぱい来てて、
え、何つぶやいたの、僕?と思って、
スクロールしていって、青ざめとか、
そういうことがあったんですが、
いかにね、
自分がドMかっていうのを、
具体例をいちいち挙げてね、
説明してたことがあって、
これは酔ってツイートしちゃダメだと思って、
それ以来ね、
お酒飲みながらツイッターっていうのは、
まあ、
分別がある間は、
ツイッターから遠ざかるってしてたんですが、
ニュースレターではね、
やらかしてしまいました。
ニュースレターもね、
3年続けさせていただいて、
Steam FMもね、
そのぐらいになるかもしれないんですが、
配信後に、
だいたい、
金曜日の朝、
配信の1時間前ぐらいに、
もう1回呼び直して、
変なこと書いてないかとか、
誤字脱字がないかとか、
コピペミス、
エディターで書いて、
配信サーバーにコピーしているので、
コピペミスがないかとか、
見ていくんですが、
そこでも、
ちょっとしたことがあって、
それは何かっていうと、
僕、ニュースレターの中で、
僕、
バイセクシャルだった時代があったんですよね、
みたいなことを、
さらっと書いてて、
それは、
配信直前まで、
気づいてなかったんですね。
配信後に、
SNSとか、
メッセージとかで、
面白かったですとか、
知ってました。
リプライが、
結構あって、
何知ってたの?
みたいな感じで、
読み直して、
こんなこと書いてたとね、
思った次第です。
もうね、
カミングアウトしちゃったので、
隠しませんが、
そうなんです、
バイセクシャルだった時代が、
僕もあります。
リスナーの方が、
どうだっていう話ではなくて、
古代ギリシア人と同じで、
僕も、
バイセクシャルだった時代が、
あります。
実はですね、
酔っぱらって、
ニュースレターを書いていた時に、
酔った勢いで、
このエピソードも一度、
収録をしていたんですが、
なんかね、
酔って喋ってると、
路列が全然回ってなくて、
今でもね、
喋ってる自信はないんですが、
改めて、
酔って収録した時の、
エピソードを聞いてみると、
もう、
聞けたものではなかったので、
改めてね、
こうして再収録させていただいて、
この再収録版を、
お届けしているんですが、
はい、
そんなこともね、
告白していた回でした。
で、
科学系ポッドキャストの日、
にあたるので、
一本ね、
先にエピソードを出させていただきました。
そちらの方もね、
よかったら、
お聴きになってみてください。
というわけで、
今週も最後まで聞いてくださって、
ありがとうございました。
steamfmのイチでした。
ご視聴ありがとうございました。
ご視聴ありがとうございました。
ご視聴ありがとうございました。
ご視聴ありがとうございました。
ご視聴ありがとうございました。
ご視聴ありがとうございました。
26:02

Comments

Scroll