1. 経営者の志
  2. 095.Kumiさん(ピアニスト)
2019-04-26 15:39

095.Kumiさん(ピアニスト)

【音楽で心を癒やす】

オリジナル曲を作成し演奏会を開催されていますが、ピアノを奏でるときに、今できることを全部やりきることを心がけているそうです。

そんな演奏会で、ある方が個人的に演奏を聴きたいというお申し出があり、そのことををきっかけに、音浴サロンを開始されたそうです。

音を奏でることで心の奥の忘れていたことを思い出し、素敵な人生のきっかけにして欲しいという想いで演奏されているそうです。そして実際、多くの方がその後の人生を飛躍されているそうです。

ポッドキャストで、Kumiさんのピアノをお楽しみください。

special thanks to : 野村昌平さん



【今回のゲスト】
ピアニスト Kumi(くみ)さん
https://ameblo.jp/angel-kumi-pf

【ARTIST CINEMA】JOURNEY OF SOUND - KUMI -PIANIST
https://youtu.be/Ajr5RmyKytE プレビュー

ポッドキャスト・コンシェルジュ こえラボ
https://koelab.co.jp/
00:07
経営者の志。こんにちは、こえラボの岡田です。
癒しの音楽を聴いていますか?
本日は、愛の音に包まれる心地よさを体験していただきたいと思います。
それでは、インタビューをお聞きください。
本日は、ピアニストのKumiさんにお話を伺いたいと思います。
Kumiさん、よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
Kumiさんのピアニストの活動として、どんな活動をされているのかお話を伺ってもいいでしょうか?
2010年から、自分のオリジナルのピアノソロ曲を演奏するようになりました。
今まで、ピアノはずっとやられてきたんですか?
大学を卒業してからは、もちろんクラシックの方で演奏活動をしていたんですが、
何かクラシックをやっている自分ではない自分をずっと探していたんでしょうね。
あるきっかけで、自分の曲を皆さんの前で奏でる機会があったんですが、
その時に皆さんが泣かれているのを見て、私の曲で泣くの?
これが自分のオリジナルで活動するきっかけになったんですけれども。
そうなんですね。やっぱりそういったところが特徴ですかね。
ピアノを聴いて感動するっていうことはありますけど、
そんなに観客の方が大勢に泣かれているっていうのも珍しいのかなと思うんですが。
私がびっくりしました。
やっぱりそうなんですね。
なんで泣くのかなって思った時に、もしかしたら、
私が生きてきた年月の心が入る年齢になったから奏でられているのかなっていう感じですね。
若かったらちょっとできなかったかなっていうのはありますね。
そういったいろんな経験を経て、それが音楽になってピアノの音を通して、
聴いている方がそこで心を揺さぶられるわけですかね。
そうなっていただいているとしたら嬉しいんですけれども。
やっぱりそうやって音楽を使って、
そういった人の心を動かすっていうことを今は主にやられているんでしょうか。
人の心を動かすっていうのは狙ってやっていることではないので、
私サイトからは分かりませんけれども、
私が常に奏でる時に心がけているのは、
とにかく目の前のお客さんに対して、
今私ができることを全部出して奏でようっていう、ただもうそれだけなんです。
やっぱりそうやって、そうすると会見客の方のことも感じながら演奏されているんですかね。
03:05
もちろんですね。ただ、
弾いているときには本当に集中しているので、
よく分からないんですけれども、
とにかく1人だろうと100人だろうと奏でて、
奏でるときの姿勢はそれは同じですね。
やっぱりそうやって相手のことを思ったりとか、そういったことですかね。
そうですね。だから多分コンサートという形で弾くときも、
サロンでお一人に対しても同じ姿勢でできるのかなっていうのはあります。
そしてオリジナルの曲も作成しているんですかね。
そしてオリジナルの曲も作成されて、CDも出されているということなんですよね。
どういう感じで曲を作られたのかとか。
全然最初はCD、レコーディングをする予定ではなかったんですが、
一曲一曲増えていきますよね、オリジナル曲がね。
そうしましたときに、これを弾けるのは私しかいない。
だったら残さなきゃいけないなって思っていた矢先に、
東日本震災がありまして、人間は自分の意思ではなく、
去るときがあるということを知ったときに、
これは残したいということで1枚目を作って、
1枚で終わると思ったら、あら、またちょっといい曲ができちゃったけど。
という感じで3枚のオリジナルをリリースする形になったんですが、
これは別に目標として作ったのではなくて、気がついたという感じですね。
徐々に徐々に曲を作っていった。それで溜まっていたのでアルバムにしていったということなんですね。
だからもう3枚目を作るために書いたというよりは、
溜まったから作ろうかなという感じです。
そして実はいつもはこのトークの時にはBGMを流していないんですけど、
今日は実はちょっとうっすらと流させていただいているんですが、
ありがとうございます。
これが久美さんの曲なんですよね。
ぜひそこもお楽しみいただければと思います。
それでコンサート以外にもヒーリングサロンですかね。
それをやられているということなんですか。これどういった内容なんでしょうか。
きっかけはコンサートの時にいろんなお客様から
これは一人に向けて演奏していただくということはできるんですかという質問を何回か受けまして、
いやもう即答でお一人にはとお断りしていたんですけど、
本当にある時になんで私断っていたんだろうと。
もしお一人で私と一対一で聴きたいという人がいたらやってみようかなということで、
06:03
それがきっかけなんですけれども、音浴ヒーリングということで、
ちょっと事前にお誕生日でリーディングさせていただきながら、
お話をしながら音で包んでいくっていうサロンなんですけれども。
じゃあそこでは聴いている方のお話をまずは聞いて、
どういうことを、幼少期あったのかとか、そういったことからお伺いするということなんですかね。
そうですね。いきなり初めましてで音だけやってもなかなかね、
信頼関係というのもあれなので、お話をしながら打ち解けながら、
音を聴いていただきながらどんどんほぐしていくという感じで、
皆さんの温泉に入ったみたいな感じになります最後。
それが音浴っていうのは、音を浴びるように浸っていただくという感じですかね。
そうです。
ぜひそういったこともされているので、もし興味があったら来ていただければと思います。
ここの番組は経営者の志という番組なんですが、
今こういった活動を通じてクミさんが志として大切にされていることをお伺いいただけるでしょうか。
私、ほんとこれね、ラジオなんですよね。
言葉にしなければいけないというのが非常に苦手なんですけれども、
あえて言うなら、私の音で忘れていた心の奥にあったことをしっかり思い出して、
本当の意味で癒されて、また新たな自分になって、すごく素敵な人になって、
また新たな自分になって、すごく素敵な人生を送るきっかけになれば、本当にそれはうれしいなって思いますね。
その音浴ヒーリングで、そこで音に包まれた方ってやっぱり泣かれる方多いんですかね。
95%泣きます。
ほぼですね。
それって男性も女性もやっぱり参加されたりするんですか。
圧倒的に女性が多いですけれども、
今後は男性の方にぜひ来ていただいて、なかなか男性の方は心を開放するところがないので、
ぜひ怖がらず勇気を持って、ご自分の心の中に向き合う男性が増えていただければと思いますね。
特に男性、仕事も忙しくて、なかなか立ち止まって考える時間って取れないと思うんですけれども、
そういう時間にもなるということですかね。
もちろんです。
やっぱりそこで立ち止まってクミさんの音楽を聴いて、泣いた後ってすっきり皆さんされていますかね。
すっきりどころか、飛躍します。
飛躍しますか。それはすごいですね。
多分想像以上に変わられると思うんですよね。
09:06
自分が思った以上にすっきりされると思うんです。
そうするとすっきりしたオーラーが多分その方から出るんではないでしょうか。
やっぱり何かそういうわだかまりとかもやもやした部分をずっと抱えながら仕事だったり生活したりとかされている方が多いのかなと思うんですけど、
それを癒していただいて、泣いてすっきりすることによってそれが取れていって、その後がどんどん変わっていくということですかね。
なかなか自分の心と向き合うというのは時間的にも難しいですし、ちょっと怖かったりもするじゃないですか。
やっぱり悲しい思い出、つらい思い出をね。
どうしても蓋をしてしまうということも多いかもしれないですね。
なんですけれども、やっぱりそこは本当に思い切って癒していただくという覚悟で、新しい自分に出会っていただきたいですね。
じゃあぜひ新しい自分に出会うためにも、くみさんのサロンに行っていただいて癒していただければと思います。
もし興味ある方は、くみさんアメブロをされているんですかね。
ぜひそこでもこのpodcastの説明文にはURLを記載しておきますので、ぜひそこからチェックしていただいたり、
あとメールでお問い合わせも受け付けていらっしゃるようなので、メールアドレスからアクセスしてそれでサロンに興味がありますということでお問い合わせいただければと思います。
まずはやっぱりCDを聴いていただいて、私の音がどんな感じか、やっぱり合う合わないがありますのでね。
それで聴かれた方が来ていただければと思いますけれども。
それでは今日は特別に皆さん、リスナーの方にプレゼントということで、最後に曲を流していただけるということなんですが、これどういった曲でしょうか。
これはソラという曲なんですが、ソラはずっと繋がってますよね、世界中に。
そういう思いで皆さん気持ちよくなってくれればいいなと思って、最後にこれを聴いていただければと思います。
それでは本日はピアニストのくみさんにお話を伺いました。くみさんどうもありがとうございました。
ありがとうございました。
いかがだったでしょうか。
オリジナル曲を作成し演奏会を開催されていますが、ピアノを奏でるときに今できることを全部やりきることを心がけているそうです。
そんな演奏会である方が個人的に演奏を聴きたいという思い出があり、そのことをきっかけに音浴サロンを開催されたそうです。
12:01
音を奏でることで心の奥の忘れていたことを思い出し、素敵な人生のきっかけにしてほしいという思いで演奏されているそうです。
そして実際多くの方がその後の人生を飛躍されているそうです。
それではくみさんのピアノをお楽しみください。
15:39

Comments

Scroll