1. シゴクリラジオ!
  2. 【小ネタ】プレーリーカードが..
プレーリーカードがやってきましたー。
まだ実践してませんが、このカードからどんなビジネスができそうか少しだけ考えてみたというところです。
#プレーリーカード #ガジェット #ビジネス
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/618b94773db982af52639b7a
00:01
シゴクリ、シゴクリ、シゴクリラジオ
こんにちは、シゴクリラジオ大橋です。今回もシゴクリラジオを始めていきたいと思います。
今回ですね、ちょっとした小ネタというテーマで、プレーリーカードというのを手に入れましたので、このプレーリーカードについてちょっと話していきたいと思います。
今回もどうぞよろしくお願いいたします。
はい、シゴクリラジオ大橋です。今回ですね、プレーリーカードというものについてちょっと話していきたいと思います。
プレーリーカードというのはですね、デジタル名詞と呼んでいいのかわからないんですが、アナログのですね、クレジットカード型の普通のカードサイズですね、の名詞ですね。
これですね、カードではないんですけど、クレジットカードではないんですけど、NFC機能がついてまして、要するにですね、スマートフォンに近づけると1センチぐらいとか、そうするとNFCで読み込みます。
NFCというのは無線の企画みたいなものですかね。で、通信をしますと。そうするとスマートフォン側にこの名詞のサイトですね、マイページが登録されているので、そのマイページが表示される、ブラウザで表示されるという仕組みになっています。
すごいシンプルなんですけど、名詞交換とか、僕全然最近してないんですが、そういうシーンでこれ渡さずに、これかざす感じなんで渡さずに自分で見せるだけですけど、そういう感じで情報じゃないですけど、相手のこと知れたらいいし、逆にこちらもなんか失礼かなと思ってたりしてて、名詞交換してないんですけど。
そこで繋がれればいいかなみたいなのがありまして、買ってみたという感じです。
届いてみて、設定していくつか思ったというか、なるほどなと思ったところを共有できればいいかなと思います。
お値段はですね、一応2月末まではディスカウントしてまして、3500円くらいで買いました。
もともと普段ディスカウントで引き割れたら5000円くらいですけど、それくらいするのかなとか。
仕組みとしてはマイページを作る領域があるので、いわゆるプロフィール紹介サービスみたいな、リットリンクなんてものが結構著名かもしれませんが、
それのアナログなカードとひも付いているっていうのが面白いものかなと思ってます。
いわゆるガジェットってやつですよね。好きな人は買いがちなものかなと思ったりしますけど、僕は嫌いじゃないんでちょっと良さそうだなと思って買ってみました。
03:05
ビジネスって取り上げるんで、ビジネス的なものって何があるかなと思って考えてたんですが、
これは普通に1枚発行して5000円とか出して、全部送料含めて印刷費も含めて全部まるっと込みなんですよね。
NFCタグっていうのをうまく埋め込んでるんだと思うんですが、NFCタグってそんなに高価なものでもなくて、形状とかわかりませんが、数百円から1000円くらいだと思うので、
原価ってそこまでかかってないんじゃないかなと思ったりします。実際に言うところはわかんないです。
ビジネスとして面白いなと思ったのは、個人向けはもちろんそうやって発行すればいいんですけど、
すでに2Bですね、法人向けに会社の2枚目の名刺じゃないですけど、サークルとか、一つそういう部署内で作るとか、
あとはその事業会社が、いわゆるプレゼントですよね、印象に残ると言いますか、ギフトとして作るみたいな事例が公式サイトに上がってて、
なるほどなと思いました。そういう意味ではサークルとかでこういうのを作ると面白いのかなと思ったりします。
当然ですね、フリーランスとか、自分の繋がりを増やしたい人も一つ持っておくと面白いのかなと思いました。
一方で、これはあくまでも紹介というか名刺の代わりぐらいだけなので、自分の行動というか活動とか実績とかも手抜かずにどんどんやっていかなきゃいけないのかなと思いました。
この四国ラジオのリンクも一応貼ってみたので、この名刺からラジオを聴いてくれる人がもしかしたら出てくることもあるのかなと、そんなことをちょっと思っています。
あとは何か他にビジネスになるかなと思って考えたんですけど、意外に広告的なものってちょっと難しいのかなと思ってまして、
例えばプロフィールページに広告つけるとかですけど、プロフィールページに広告とかって嫌じゃないですか。
僕も嫌なんで、よく名刺の裏が広告、要は名刺に、額ですね、広告に名刺をつくるというようなのがたまにあるんですけど、あまりうまくいかないですよね。
学生さんとか向けにそういうのやるのもありかもしれないですけど、自分という存在を広告に染まらせるのってどうなのみたいなのがあるので、やっぱり違うなと思います。
逆にガチでアナログカードにプレイリーカードにカード自体に広告をつけてしまうのもないと思いますし、
06:05
マイページのブラウザ上のデジタル情報に載せるのもちょっとどうなのと思ったりしました。
それがあるとかないとか知らないですけど、あるとしても広告としてそのまま直結するのは良くないだろうなと思います。
あとはこの技術がどうかを置いておいて、OEMとか開発ですよね。
例えばプレイリーペンみたいなのを作って、要はボールペンにNFCがついているみたいなものですけど、他の文具で展開するのもありかもしれないと思いました。
ただそれってインタラクションといいますか、名刺交換をするシーンの名刺サイズだからちょっと面白いんですよね。
要するにその日常の文脈、使い方の中にはまっているからこれは良くて、これがちょっと違うものだとそれをわざわざ出さなかったり、ちょっと使いづらかったりするので、
これ名刺にしたのはすごい意味がある。名刺型にしたのは意味があるなと思うので、世界観が壊れるわけではないんですが、ちょっと違ってくるのかなと思ってしまいました。
なのでそれもあんまりないのかなと。
そのくらい考えて、広告モデルじゃないもので何かないかなと思ったんですけど、パッとは思いつかなかったので、
少なくとも競合するようなプロフィールリンクサービスですよね。プロフィール作成サービスとは違うものを作っていく必要があるということは感じたんですが、
そこからどう展開するかはちょっと僕の方では今のとおり読み取れない形ではあります。
ただ、別にそれはそれとして、僕自身このプレイリカードを使って、こういうサービスがありますようでもいいですし、
すぐ賞味期限とか切れてしまうかもしれないんですが、使っていってどういう反応が得られるかとか、
情報交換じゃないですが、名刺交換の代わりに使っていくことで、なんかちょっと面白いものが見られればいいかなと思って、
ちょっと買ってみたという話になります。
今回はそんなところとなります。
プレイリカードよかったら、プレイリカードってカタカナですね。
プレイリカードですね。
検索してみれば面白いかもしれません。
気になったらチェックしてみてください。
今回は以上となります。
四国レイラジオ大橋でした。
今回もお聞きいただきありがとうございました。
では次回もよろしくお願いします。
失礼いたします。
08:44

Comments

Scroll