1. 移住後の働き方戦略室ラジオ
  2. 早く使っておけばよかったデジ..
こんにちわ!
東京から淡路島に家族で移住してライターやブログ運営をしたり、古民家を直したりしているコバヤシです!

この番組は地方移住の経験談と移住後の仕事や稼ぎ方について試した結果をシェアする移住後の働き方戦略室ラジオです

プレーリーカード
https://prairie.cards/


地方移住の進め方だけに焦点を当てて徹底解説したKindle本
https://amzn.to/33YDRgj

Twitterはこちら
https://twitter.com/koba_iju/

ブログこちら
https://iju-kobayashike.com/


#田舎暮らし #淡路島移住 #地方移住 #脱サラ #子育て世代 #フリーランス #地域おこし協力隊 #田舎 #田舎生活 #限界集落 #ブロガー #レター募集中 #移住
地方移住の経験談と移住後の稼ぎ方を発信中!

WEB⇛https://iju-kobayashike.com/

https://listen.style/p/koba_iju?gQRKsiDc
https://stand.fm/channels/5ffa5601fc3475e2c8593028

Summary

大島に家族で移住しているコバヤシさんが、ライターやブログ運営をされているところです。今日は、「プレーリーカード」というデジタル名刺のサービスを紹介します。自分専用のオリジナルデザインのデジタル名刺を作ることで、スマートでカッコいい名刺を手に入れることができます。

Table of Contents

プレーリーカードの紹介
おはようございます。東京から大島に家族で移住して、ライターやブログ運営をしたり、コミュニケーションを直したりしているコバヤシです。
もっと早くプレーリーカードを作っておけばよかった、みたいな話をしたいなと思います。
これ完全に商品レビューというか、まだ使いたいなと思っているサービスの紹介なんですけど、プレーリーカードというものを皆さんご存知でしょうか。
名刺はデジタル名刺ですね。スマホをかざすだけのデジタル名刺ということで、今日スタンドFの概要欄に貼っておこうかなと思うんですけど、
なんかツイッター見てたら、僕も見つけて、いいなと。
スマホをかざすだけでURLとか名刺とか、ちょっとしたランディングページみたいなものがスマートフォンに掲示できるようなサービスですね。
多分、エイトだったかな、名刺管理アプリとかと連携できるんで、スッと情報もそこにイントロできる。
名刺ってよく考えたら出すじゃん。受け取った側ってどうするかって言うと、カメラで撮って登録してみたいな、大変だよね。
名刺交換という儀式みたいなものが今あるビジネス聴取官的にあるから、しゃーないことだと思うんだけど、ちょっとしたコミュニケーションするにはなるから、ぜひは別に問わないんですけど。
ただ実際にもらった後大変だよね。紙もミスってたら印刷し直ししないといけないし。
僕は名刺作ったんだけど、ちょっとミスってましたね。メールアドレスをちょっとごじってたのと、
変えたんですよ、結局。ドメインのアドレスを作ったんで、そっちに載せたかったんでね。
当時印刷したときは、Gmailのエイリアスを設定して、何となくGmailって管理してたんだけど、結局Gmail嫌だなと思って、
独自ドメインのアドレスを作ったんですね。それを印字したものを再発注したので、
いやなんかもったいないなとか思いながら、もったいないなと思いながらちゃんとやったんだけどね。
オリジナルデザインの作成
なのでプレイリーカードというものを使えば、そうじゃなくてメールアドレスが変わったとか、プロフィールだったり、SNS追加したとか、
SNSバンバルでまた作り直したみたいなときに、さっとデジタル上の情報を変えれば、読み取りの情報って簡単に変えられるので、
やっぱりその辺のデジタル名刺っていいよなっていうところですね。デザインも自分で選べるし、
設定して印刷できるし、その辺はすごく簡単ですよね、プレイリーカード。
だから今後はちょっとスマートにプレイリーカードで、あ、メーシャー名刺買わないです、買わせてもらえればみたいな感じでやったらいいかなと思っていて。
そういうのが一個あったら更新とかも楽だと思うんですよね。プレイリーカードちょっと作ろうかなと思いました。
メーシャー名刺でもローカルだとあんまり受けが良くないかなと思うんで、東京とか関東とかあったらさっと出して、
あーなんかかっこいいですねーみたいな感じのあるかもしれないけどね、ローカルだとまたちょっとなんか、ちょっとなんていうのこの、
なんていうのちょっとキザなやつみたいな、わかんない。大事だと思うけどね、
4400円くらいで1枚使えるとか作れるし、高くないからね。
なんか既存のデザインとかあったら3000円くらいで作れるし、ちょっとね、このデザインにこだわるところは、ちょっとまた腰重いんだけど、
なんかね、せっかくメーシャー作ったから、このメーシャーと似たようなデザインでちょっとシンプルめに長く使えるようにデザインのね、こうやってもいいのかなと思いましたね。
公式のデザインも結構おしゃれだったりもするから、全然全然そのまま使おうと思ったら使えると思うんですけど、
まあやっぱり使わないとせっかく作るんだったら、自分専用のプレイリーカードのデザイン、オリジナルデザインを実施した方がなんかかっこいいかなと思うんで、
そういう感じであったかなと思いました。
まあ今日は使ってみたいサービスの紹介という話でございました。
特段なんかアフィリートとかはないんですけど、ちょっと勝手に紹介しておきました。
また次回の企画でお会いしましょう。バイバイ。
04:49

Comments

Scroll