1. あ、今週のジャンプ読んだ?(褒めレビュー)
  2. 【完結記念】あ、イチゴーキ!..
2023-04-23 19:58

【完結記念】あ、イチゴーキ!操縦中読んだ?【漫画紹介】

apple_podcasts

完結記念企画、「たった二人の人気投票~イチゴーキ!操縦中編~」です。GARUと味噌の二人だけによる人気投票を元に『イチゴーキ!操縦中』を振り返ります。

00:01
どうもガルです。
ミスオです。
では今回は週刊少年ジャンプ2023年第20号で完結しました
1号機操縦中林星治先生。
こちらの作品の完結を記念しまして、僕とミスさん2人で
たった2人の人気投票1号機操縦中編というのを開催していきたいと思います。
パチパチパチパチパチパチ
といった形で、本編の方でいろいろ事情を説明しますが、ちょっと時間が押しているので早めに撮っていきますという形で
1号機操縦中、内容としましては
ある日、高校中、高校に行く途中
東ローランドゴリラに殺されてしまった男子高校生の1号機君を
大人なじみのマッドサイエンティストのミサオちゃんが改造人間にして
ミサオちゃんはちっちゃくなっちゃって、2人で一緒に高校生活を送って
金玉手に入れて結婚する首輪飛ぶという話でしたね。
まあそんな話でしたね。
おおむねそんな話でした。
おおよそ14年にわたる長期連載がついに完結しましたね。
いやすごいっすね、なんか
19週くらいしか経ってない感じなんですけどねっていう
作中時間においては14年の経過をたどった大変大長編と化した1号機操縦中
その登場キャラクターに関して僕とミスさんが1位から10位まで好きなキャラクターを挙げてきまして
1位に10票、2位に9票、3位に8票と入れてきまして
その合計得票数が低い方から順にキャラクターを見ていって
1号機操縦中という作品を振り返っていこうという関係的な企画となります。
はい。
ではまず下から見ていきます。
同率12位2人から始まります。
まず1人目が僕の1票による合計1票でPJさん。
もう1人がミスさんの1票による合計1票でオカピの金玉となっております。
くしくも同じ回からっていうね。
そうですね、刑務所回からという形で
こちら高校を卒業した1号機くんがミサオちゃんを元のサイズに戻すために
金玉、3つの金玉を探しに行くんですよね。
改めて言うと変ですが。
で、そのために世界中を飛び回った結果
不幸入国でアメリカの刑務所に逮捕されて
そこでオカピの金玉を発見し
それを譲ってもらうために囚人たちのボス核であるところのPJを戒心させるというお話がありました。
その時のPJが僕の挙げた第10位。
合計12位でしたね。
そうですね。
本当にその1号機の第2部が始まったっていう記念すべき回ですけども。
やっぱそこで確かに印象に残る回ですからねPJはね。
ガラッと変わりましたし。
あとは最終的にミサオちゃんの説得によって乙女市民に目覚めて
それまで凶悪犯で娘さんともずっと会えていなかったのが
乙女市民に目覚めてもうすごいキャピキャピしたおっさんになった結果
娘さんを泣かせるという。
あのうちはもともとが凶悪犯であったことを考えると
十分公正しているという意味で良かったんじゃないかな。
改心したという点でもPJはちょっと褒められて叱るべきなんじゃないかなという感じの
そういったこともあってちょっと票を入れてみました。
なるほどね。
僕はもうあの回に関してはオカピの金玉の印象が強すぎるっていう。
ていうかオカピに対する風評被害だろうと思ってましたからね。
03:03
オカピの金玉と言ってサイズ的には舐めくせのドラゴンボールより一回り大きいくらいで
しかも常に光ってましたからね。
そうなんだよね。
あのシュールさがすごい面白かったんで、いやもうこれは入れざるを得ないだろうね。
いちごうき君が牢屋の中でちょっと夜中、黄昏れてるみたいなそういうシーンでも
オカピの金玉が常にピカーって光って
すごい明るい眩しいというそういう描写が常にあって
誰もそれに突っ込まないし
そもそもオカピの金玉はそんなサイズじゃないということも
誰も口にしないという
そのままただ過ぎていきましたからね。
そうですね。シュールでしたね。アニメで見たかったですね。
あの光り具合は確かに漫画版だと表現しきれなかったかもしれませんが
そういった確かにいちごうき操縦中の狂気と新展開を象徴するような2つが
同率12位でした。
続きましてが11位がなく同率10位が2つです。
1つ目が僕の2票による合計2票で魔王。
魔王来ましたね。
魔王。そして世界観がおかしいですが
そしてもう1つがミスさんの2票のみによる合計2票で
超高速で移動する金玉となっていました。
いやーそうですよ。くしくも金玉被りましたね。
金玉パートその3という感じで。
僕は魔王、3つ目の金玉を持っていた魔王ですが
最終的にちゃんと飲みに誘ったらついてきてくれて
結果いい感じ、気のいい感じで金玉くれない、いいよっていう感じの
いい人でしたからね。
そうですね。人かどうかは微妙ですけど。
実力者でありつつすごく気のいい人ということで
僕の中では投票に値するかなという感じでしたよ。
そうですね。
僕は本当に超高速で移動する金玉はマジでなんだよって思ってました。
あの回結構俺やっぱり第2部の中でも好きな回でしたね。
そういった意味でもやっぱり誰か入れたかったなとかあって
その中でやっぱり最後に未来の一号機君が突っ込んだ
超高速で移動する金玉ってなんだよみたいな。
あれめちゃくちゃ面白かったんでやっぱり金玉は印象に残ったな
ていうかこの場がやっぱり金玉は印象に残るんだよね。
確かにもういつか思い出した時にも金玉の漫画というイメージは残るかもしれませんね。
そうですね。
という感じで超高速で移動する金玉は
普通に読んでいる最中は本当に何か機械、飛行機とかに積まれているのかなとか
何かの生き物が持っているのかなとか
そういった移動するギミックは何なんだろうなと思って読んでいたら
普通に金玉が単体で空を飛んでいたという話でしたからね。
そうですね。狂気でしたね。
全く意味がわからないという、一応突っ込みは入りましたが
確かに大変印象的な金玉ではありましたね。
という形で、続きましてもまた9位を除いて同率8位となります。
一向にミスさんと僕の票が被らない形で
まず1人目が僕の3票による合計3票で
東ローランドゴリラ
おおー
第1話と最終回を彩ったキャラですね。
続きましてがミスさんの3票のみによる合計3票で
ルイ・セキハラとなっております。
ルイ・セキハラは俺好きなんですよね。
初期誰だか聞いた時点でわからなかったですが
東ローランドゴリラに関しては
06:01
1話で物語を始めたイチゴーキ君を殺害した長男ですし
それが最終回に出てきて改造されているという
この作品の改造人間ものというジャンルをその身に宿して
その上で最終的にはイチゴーキ君にやられてキスして終わるという
怪神エンドでしたからね。
そうですね。僕も本当に東ローランドゴリラ入れようかどうかもやったんだけど
ただやっぱりヒロインのミサオンチャイルを先に
イチゴーキ君とキスしたっていうところで
俺は東ローランドゴリラの印象が下がっちゃったんだよねっていう。
おてんばヒロインとしてそのくらい許されるんじゃないですかね。
ヒロイン枠なんだっていう東ローランドゴリラ。
第3第4のヒロインということで
おてんばキャラだからうっかり事故でキスしてもいいかなという感じ。
それで2人の因縁がある種解消した感じもあったので
イチゴーキ君との間が仲直りした感じもあったので
大変印象的なキャラクターだったので票を入れました。
ちなみに僕が得たルインスティックキャラもね
ヒロインではどうか分かりませんけど
イチゴーキ君と卒業式会の中で
思い出の中でイチゴーキ君と一緒に長いマフラーをお互い巻いてるっていう
すごい友情を見せつけてくれたキャラクターなんでね。
同じマフラーを共有してたということですね。
そうですね。
ていうか俺マジで卒業期間すっげー好きでさ。
いっぱい人が出てくるっていう狂気感もそうだし
あとイチゴーキ君のメモリが壊れていたっていうところで
ちゃんと改造人間ギミック?
我々が知らなくてもイチゴーキ君を知らないっていうところに対して
ちゃんと理由付けされたみたいなところ
あの辺がすごい上手いなって思ったんでね。
まあまあ記憶喪失ではあるんですけどね。
そうです。
だから本当にあのね、あそこにいるね
キャラを全部入れたかったくらいなんだけども
まあさすがに全員は無理だからね
そん中でもやっぱり一番ドラマが見たかったのは
ルインスティックキャラかなと思って入れさせてもらいましたね。
そうですね。
3年経過していた、気が付いたら3年経っていた展開は大変印象的で
それにちなんだ卒業式会も
本当にこれで行くんだみたいな感じがして大変印象的ではありましたね。
そうですね。第一部勘ですよっていう。
確かにあそこからキャラを持ってくるというのは分かるかなと思いつつ
僕の中ではルインスティックキャラって誰だろうと今思っているので
ちょっと投票には至らなかったですね。
なるほどね。
続きましてが、ここで票が被ります。
僕の4票とミスさんの4票による合計発表で
ウルキ先生となります。
いやー来ましたね。担任のウルキ先生はね
本当に器のデカい男でしたからね。
安受け合いの男ですからね。
そうですね。結構本当にアガワ君をね
ちゃんと構成させてスーパーアイドルまで育て上げましたし
はいはいはい。
あとは同窓会会でもね、やっぱり地獄の番人とかにも来やすいっていうところ。
あの辺を含めて本当に器のデカいからでしたからね。
そうですね。一貫してて
もっと登場回が多かったらより上位に食い込めたんじゃないかなというぐらい
属性としてパーソナリティとしては好きなキャラでしたよ。
そうですね。
有能さ。ある種の有能さもありましたし
その危なっかしさも含めて大変キャラに立っていたウルキ先生。
続きましてが、僕の6票とミスさんの5票による合計11票で
09:01
シーズンさんと
いやー来ましたね。女の人か。
同票がありました。5位もう一人。
6位に除いて5位でして、もう一人が僕の5票とミスさんの6票による合計11票で
ムツ・ウレリさん。ウレリさんとシーズンさんが同率5票でした。
おーいいですね。
いやーでも本当シーズンさんに関しては本当にこの1号機の操縦手術の運命を変えてきたからね。
いや本当に。だから最終回に向かって時間が計画する作品というのはまあまあありますが
そして1年後とか3年後とかそういう作品確かにありますが
なんかシーズンさんのキャラの濃さとエキセントリックなエピソード
どんどん自分を改造していって最終的にキャタピラのロボになっちゃって
すごいポンコツ化していくみたいな
あのちょっと恐怖すら感じる狂気感
ああいったキャラの描写がいい目くらましになって
本当に時間が経つとは思わなかったですからね。
いやそうですね。
シーズンごとに襲ってくるキャラクターというので
どんどんそれが登場を重ねていって
それ自体が狂気的なネタだったんで
シーズンさんの自己改造自体が狂気的なネタだったんで
やばいなーと思いながら読んでて
頭のどっかではこれって何年も経ってることにならないかな
まあまあなんとかするんだろうなと思ったら
どうにもならなかったですからね。
そのまま進んでいきますかね。
まさか普通に時間が経ってるとは思わなかったんで
シーズンさんという目くらましがあってこそ
この一号機操縦術という作品のこの時間経過ネタが成立したのは間違いないですよ。
間違いないですね。
後から後からあのキャラすごかったなーって返すくらいしたよね。
そうですね。最終回にも出てきましたし。
といった感じで大変本当に印象的に
ある種その3年経過というネタを象徴するキャラクターとして
シーズンさんに票が入ったのかなと思います。
あとは動物大好きムツさん、ウレリさんですね。
いやそうですね。
もともと一号機くんが好きというところでね
ヒロイン候補の一人ではあったわけですけどね。
いやーちゃんとでも俺がやっぱ票がすごいなんか
最初はそんな入れるつもりはなかったんだけど
やっぱなんか卒業式会で一号機くんをちゃんと振っていったみたいな
ところがあってなんかすごいなんかちゃんと
なんかいいキャラとして印象に残った感じでしたね。
あーそうですね。あそこのところで
あのーあそこのところで告白を断る理由が
私動物しか愛せないのっていうのはちょっと病みを感じましたけどね。
そうですね。あれそんなキャラだっけってのもありましたけど
でもあの一言でなんだろう
なんかこうキャラが深まった気がする。
そうですね。動物好きってそういう意味っていう
普通に好きなだけかと思ったら
動物がある種の恋愛対象なのみたいな
ことも考えられてだいぶ病みが深くなったんで
それは僕の中で票的にはプラスかマイナスかで言ったら微妙なところでしたが
まあまあ5票第6位ぐらいにはなりましたよ。
はいはい。そうです。だからミサオちゃんに対する気持ちとかもなんかすごい
なんかやっぱ病みを変えたもんだったのかなって思いますし
まあまあ確かにミサオちゃんを動物と間違って追いかけていましたが
なんか後の展開とかも考えるとなんか
そうですね。なんとも言えないですね。
そうですね。
では続きまして第4位。僕の7票とミスさんの8票による
合計15票でホンダ・キリカさん。生徒会長です。
12:02
いやそうですね。いやーキリカさん俺本当に大好きで
あのーほんとイチゴキ君とくっつくならキリカさんになってほしいって
ずーっと言いつけたんですけど。
はいはいはい。
残念ながらね最終的にメインヒロインになれなかったんで
ちょっと順位的には落ちちゃいましたね。
そうですね。確かにこの作品ずーっと
まあ最終回では結ばれますが
それまでずっとイチゴキ君とミサオちゃんという幼馴染
この2人が全然恋愛を匂わせなかったんで
ある種この作品の恋愛的なところを
まあウレリさんと二分する
その中で特にメインにお張っていたのがキリカさんかなという感じで
ラブコメ要素の中心だったんですけどね。
そうですね。イチゴキ君を好きになるところに関してもね
そのエナジードリンクっていうところを軸にしてね
最終的に高速違反だエナジードリンクはって言ったけど
自分が隠れてエナジードリンクを飲むことで恋心を我々に示してくれみたいな
あの演出も好きでしたし
あとやっぱイチゴキ君が好きになったことによってね
本人が変わっていくっていうね
ちゃんと最初の頃はちょっと本当にザラーっとしててね
カリスマで生徒を従えてるだけの生徒会長だったけれども
もう本当に2年半くらい経ってね
夏祭りやってる頃にはちゃんと生徒に慕われてる生徒会長になってましたからね
本当にそういった意味でも成長した良いキャラだったんですけどね
そうですね。ある種の本当に乙女心とその成長
そして周りからの信頼みたいなのをいろいろ感じさせる
ある種時間経過を味方につけたキャラだったはずだったんですが
個人的には最終回のところで荒沢になっても高速といって
セーラー服を着て襲ってくる立場というので
ちょっと票を下げましたけどね
いやそうなんですよね。俺もちょっとそこは残念だったというかね
もっとなんかこう日本を救じる存在とかで
首相とかになってて一号機を落としに来てほしかったなと思いましたね
そうですね。ちょっとさすがにこの立場は悲しかったですからね
そうなんだよね。悲しかったよねちょっとっていう
ある種サブヒロインの末路としてかなりな部類に行ってしまったなという本田さん
僕の中ではそれでちょっと票を落として
まあ合計票数としては第4位となりました
続きまして第3位が僕の9票とミサの7票による合計16票で
花岡さくらくん、フラワーさんでした
そうですね。フラワーくんはマジで一号機くんの相棒としてめちゃくちゃキャラだったからね
はいはい。まあすごい奇人変人なのはわかりますが
その上でちゃんと一号機くんのことを認めてくれたり
物の道理がわかっている上にすごく善意で動いてくれる方ということで
もういい親友キャラだなということで僕の中では2位になってますよ
そうですね。やっぱりすごい有能なんですよね
サッカー界ではねちゃんとキーパーをやって点を許さなかったりとか
ミサオちゃんが巨大化した界とかではね
飛行機を誰よりもうまく操ってちゃんと攻略したりとかね
フラワーくんがいなかったらどうするんだっていう場面がたくさんありましたからね
そうですね。最終的に魔界にあの同窓会を連れてきたのもフラワーくんでしたからね
そうですね
といった点で大変有能かついい人ということで
もう揺るぎない親友キャラということで純当な第三位かなと思いますよ
そうですね。あとは美形も散歩してましたからねこの漫画における
まあそうですね。そうかもしれないですね
という形で第2位が僕の発表とミスさんの9票による合計17票で
15:03
小崎ミサオちゃんが2位で自動的に1位の方は
僕の10票ミスさんの10票で合計20票一号機カイくんとなっております
パチパチ。やっぱりこの2人が1位2位はフィニッシュしますよね
そうですね。僕も悩んだ末に一応2位にはしましたが
ミサオちゃんちょっと前位のキャラでありつつ
ちょっとダメなところもいっぱいあったんで
その点でフラワーくんより下にはしましたが
結果的に1位2位で良かったなと思いますよ
そうですね。ここやっぱミサオちゃん最終回で
ヒロインとしてちゃんとなったっていうところですごい評価があったキャラクターなんですよね
だからそういったところでもすごい良かったし
あと俺はやっぱり
結構金玉編に入ってから
1号機くんとミサオちゃんの2人だけの物語だったのもあるけど
だんだんやっぱり距離が近まってる感じがした
この2人に関しては
そこに対してミサオちゃんの好感度がどんどん上がってる感じがあったんで
そういった意味でもすごい良かったなと思いましたね
確かにそうですね。ちゃんと2人旅でしたし
その中でちゃんと協力し合う感じ、信頼し合う感じというのが
第1部よりもより伝わってきて
大変キャラの好感度を上げたキャラだったなと
最後にエア結婚式、エアキスとか
エア結婚式をやってるのも個人的には嫌いじゃなかったですよ
そうですね
ひどくはあるわけだけど信頼感は感じますかね
そうですね。といった形のミサオちゃん
そして1位が1号機くんという
やっぱりこの作品の中心は1号機くんでしたからね
そうですね
振り回される方のボケ役としてもツッコミ役としても
ホントフルカードだったから1号機くんと
本当に奇人変人だらけのこの世界で
ちゃんとそれを成立させてくれたのは1号機くんがいたからですね
間違いないっすね
うつわのデカい男やでっていう
全体的に困った人は見過ごせない
良い人っていうところもちゃんとしてましたし
本当に善人である種バイタリティがあって
で、巻き込まれ退出で被害者で可哀想でみたいな
そういった感じのキャラクターが
ちゃんと主人公主人公してたんで
僕の中では順当に1位ですね
間違いないっすね
僕はやっぱり1号機くんはもう最初から1位って決まってました
多少ヒロインキャラとどうしようかな
どういう準実見にしようかなという迷いはありましたが
少なくとも男性キャラの中では1位は間違いなかったですし
多少迷った末に当然総合1位という形で
ちゃんと主人公してたな
最後までこの作品を一貫して支えてくれたのは1号機くんだったな
という形で納得の結果となりました
本当に1号機は19話しかなかったけれども
まじで登場人物はめちゃくちゃ多かったからね
ほぼ誰だか分かんない人ですよね
だから本当に入れるのは結構迷ったよね
卒業式会を入れるとかなり登場キャラが多いですが
なかなかよく分からないので
それを除いたとしても10人は全然超えるキャラクターがいましたからね
18:03
そうですね
クソミツベンシュとか入れたかったんですけどね
最終話にも出てきたマッドサイエンティストの自称弟子
推し掛け弟子のこの奏くんとかに関して
奏くんに入れようとは思いませんでしたが
奏くんが高校時代に作ったクソミツベンシュは
やっぱいい名前だったんで
ちょっと入れたくなりましたからね
そう入れたくなったよっていう
他にもやっぱね
結構印象に残ったキャラクター多かったんでね
だからちょっと難しかったですね
でも楽しかったですよ
そうですね
いろいろと本当に広げようのある
愛せるキャラクターがいっぱいいる作品だったということで
いや本当に
でもキャラクターもすごく良かったですし
あとやっぱ作品としても
いろいろ評に絡んでくるところもありましたが
時間経過ネタ
3年飛んだシーズンさんとか
その後の刑務所ですとか
刑務所に4年服役ですとか
その時間経過ネタっていうのが
やっぱり他の作品で見ない感じで成立していて
笑っちゃったので
その意表の付き方と思い切りの良さみたいなところは
間違いなくこの林先生の才能が
センスが尖ったところが発揮されて
素晴らしかったですね
いや本当ですね
連載終了だからマジで悲しいですよね
本当にこの数週マジで面白かったからね
ここから本当にウルトラシーというか
ここから続いたらどうなるかは
すごい読みたかったですけどね
それはありますね本当に
終わるんだろうなと思いつつ
ここから分かり間違って続いてしまったらどうなるんだろう
というのが楽しみだったりしましたが
期待させるくらい大変
ぶっ飛んだ展開を
素晴らしく使いこなしていたし
キャラクターもそれぞれすごく面白く
本当に林先生のセンスと
ある種のアクロバティックな
瞬発力というか発想というか
そういったところがいかんなく発揮されていたんで
今回の作品は残念な結果になってしまいましたが
この林先生の実力を
発揮できる素晴らしい題材と出会って
またすぐに戻ってくれることを期待してますよ
そうですね
期待したいですね
はい期待しまして
最終回の感想はまた本編の方で語っていきます
19:58

Comments

Scroll