1. 丹羽には、にわかに庭が広い。
  2. なにかにつけてアレルギー
2023-09-22 12:31

なにかにつけてアレルギー

カメムシをよく見かける丹羽です。今年の冬は大雪ですかね?

採血をしてアレルギー体質が顕著になりました。なんとなくそうかもなと思っていることでもいざ数値化されると驚きます。

短い回となってしまいました。 📫おたよりはこちらまで。話題ください、謎の迷信でも言い伝えでもゆる募しています。 https://forms.gle/RE3aG6Ej4NkeZLWr7 🎵本編と関係ないけれど晩夏のプレイリストです。https://open.spotify.com/playlist/04vtnAqGXAIB7Z1kb03hOx?si=1b6872005fa34126

Summary

冬の話から始まり、アレルギー体質や手術の話など、最近の2つのエピソードでは、彼は最近の出来事について話していました。

Table of Contents

冬の話とカメムシ
9月22日、第67回目の、にわにわにわかに庭が広い。です。
今年の冬は暖冬だっていうニュースを先日見かけまして、
まあ、こんなに猛暑日の続いた夏だったので、とんでもなく寒い冬だと体ついていけないなと思ってたから、
私としては、なんか暖冬でいいかなと思ってるんです。
地球規模で言ったらよくないのかもしれないんですけど、
でもこう、暖冬という割には、ここ1ヶ月ぐらいカメムシをたくさん見てるんですよ。
1日で3匹ぐらい見た時とか、まあ同じ個体なのかもしれないですけど、
ま、街中の方でも何匹か見たことがあるんですよね。
カメムシって、秋に見るとその冬は大雪になるっていう、なんだろう、お知らせ虫っていう、
そんな言い伝えみたいなのを、私は雪国出身だからかなか知ってるんですよ。
だから暖冬なのかもしれないですけど、雪がいっぱい降るのかなぁなんて思ったりしてます。
雪降る時って多分寒すぎる日っていうわけじゃ多分ないので、
湿っぽい感じとかもありながら気温が高いというか、そういう感じなのかなぁなんて思ったりしました。
カメムシ様たちって、ちょうど玄関開けたら入ってきそうな危ない位置にいらっしゃるんですけど、
敬意を払ってやめていただきたいので、どうにか伝わるといいなと思っております。
カメムシ様たちってね、あの方々って潰せないじゃないですか。
なので入ってこられたら一環の終わりと言いますか、
私一昨年も出かけるタイミングで玄関開けた瞬間にカメムシが入ってきたことがあって、遅刻しましたね。
退治しないといけない。部屋の中でね、大変なことになってもいけないから覚悟を決めて退治したんですけど、やっぱ臭くなってしまったので、
なんとか玄関の方にはいないでいただきたいなと伝えます。
冬の話をしてしまってますけど、こんな感じで秋が一瞬で終わるのかもしれないなーなんて思ったりしてる9月末を過ごしています。
アレルギー体質の発覚
2話の陽形状、このコーナーでは私2話の最近あった出来事をお話しするコーナーです。
2週間後ぐらいかなに、小さい皮膚の手術をするんですよ。
胃膊取りみたいな、胃膊じゃないんですけどね。
石灰化調皮手っていう、粉流のような、粉流じゃないような、胃膊のような胃膊じゃないような、
でも自分で治せないとか、薬塗るも飲むもして治せないから、ちょっとした手術をしないといけないみたいなものが2週間後に控えてまして、
それにあたって採血をして結果を先日聞いてきたんです。
特に何らかの病気とかの項目の異常もなく、肝臓とか腎臓とかの数値も全然正常で健康みたいな感じで、
あとなんとなく気にしてた貧血の数値、ヘモグロビンかなんかの数値も正常で全然大丈夫よって感じだったんですよ。
貧血に関しては一般的に知られてるというか、イメージしやすい貧血の症状、めまいとか立ちくらみみたいなのともまたちょっと病院での数値はまた違うっていう話だから、
そういう一般的な貧血みたいな症状っていうのは自律神経系とかなんだっけ、瞑想神経反射だよみたいな話をされたりもしながらいまして、
とっても健康だったんですけど、1個異常値があったんですよね。
それがアレルギー体質の数値のところで、IgE抗体って言うんですかね、なんかあの今回は特定の何々アレルギーだよみたいなのはやんなくて、その抗体の数みたいなのかなこれはを調べてもらったんですけど、
それが正常値の40倍っていう、だからめちゃくちゃアレルギー体質なんですよ。
もともとその食物アレルギーをいくつか持ってて、そんなにそのなんていうんだろう、主要なものじゃないから別に全然避けて通れるしみたいな感じだったんです。
あとハウスダストとかも少し持ってたりしてたんで、正常値ではないだろうなっていうのは納得はいくんですけど、40倍ってすごいなと思って。
成人がその抗体の数値が170以下だと正常なんですけど、私3500ぐらいあるんですよね。
すごいなと思って。
その病院の先生も皮膚科の先生だったんですけど、心配して予備で持ってるといいよみたいな感じで、アレグラみたいなアレルギーの薬を処方していただいて、アレルギーの薬に関する豆知識を教えてもらったりしました。
昔から割と食わず嫌いな部分はあったなっていう自覚もあるし、親からそう言われてもきたんですけど、これ昔からそういう体質だったからそうだったのか、なんかだんだん大人になるにつれてこう増えてっちゃったのかね、どうなんだろうなと思ってました。
小麦とか蕎麦とか、主食に関しては大丈夫なので全然ひどいアレじゃないんですけどね、何かにつけて新しいものとかに反応しやすい体なのかなっていうふうには先生からも言われたし、自分でも思い当たる節がいくつかあったりしてました。
だからと言ってはなんですけど、私多分人間に対してもね、アレルギー体質を発揮させてるんじゃないかと、なんか自分で思うなぁと思って、初対面の人に対して過剰に構えてしまうというかね、威嚇のポーズ、そこまで出てないと思うんですけど、
身構えたりとか、あと逆に食物アレルギーって一定の量食べたらアレルギーを発症するみたいなのもあったりするんで、それに近い人間関係でもね、一定の距離感を保たないと、ちょっと離れたいなぁってなってくるみたいなのが起こったりするなぁと思って。
だから私の人間関係がダメダメな感じなのは、アレルギー体質だからだなぁ、みたいな訳のわからない結論を持ちました。この数値を見た時に。
これはアレルギーだなぁと思って。人間関係アレルギーだと。あのね、そういう項目がね、血液からは多分わかんないと思うんですけど、きっとそうでしょうって思います。
あんまり慣れてない場所とか、人とか、かなりの高い確率で疲れたりとか、本当にアレルギーのくしゃみとかの症状出たりとかして、あんまり良い思い出になったりしないことをね、振り返ってみると思うし、
いろいろ踏みとどまらせる原因というかなんかね、の一つかもな。まあ自分の気持ちの面もそりゃあるけども、うーん、なんか体の方からの原因ってそういうのなくはないよなぁと思って。
なかなかめんどくさい体質だなと、自分で思いました。
2話の終わりと養鶏場
手術自体、さっき言ったその石灰化腸皮腫っていうやつのアレ自体はものすごく簡単だし、何回もやってるから私にかかればいけるわみたいな、すごい大門道子みたいな子という先生で。
なんか、まあ信頼させていただこうかしらと思っているので、そこの初めての手術に関してのアレルギー体質みたいな、アレルギー反応みたいなのは起こってないから、なんとかなるかなと思ってるんですけどね。
そこでもまあ、例えば薬剤入れたりして反応するみたいなこともなくはないから、気をつけなきゃなっていう感じかな。
この手術に関して、手術だどうしようってなってないのが自分でも不思議で、なんか割と注射とかも本当に苦手で、ずっと考えちゃったりしてるタイプなのに、これに関してはね、全然なんとも思ってない。
注射するんですけどね、麻酔のね針で。なんか、なんか大丈夫だって先生言ってるし、信じるかみたいな。
案外そんなもんなんですかね。はい、そんな感じで。
人間関係に対しても環境に対してもね、アレルギー体質を持っている2話の話でした。
そろそろ第67回目を終えようとしているところです。
今回は2話の養鶏場1本なので、いつもよりもだいぶ短いし、2話の養鶏場も短い回だったので、だいぶ短いかなと思うんですけど、終わろうとしています。
本当は2話のガーデニングを喋ってて、なんかツイッターって良かったよねっていう話を喋ってたんですけど、だんだん意味わかんなくなってきたので、ちょっと前編なかったことになりました。
そういう日もあるかなっていうか、いやないのが一番いいんですけど。
まとまりがない話とかも今まではというか、これからも出すんですけど、
今喋ってたねこのツイッターの話は本当に訳わかんなくなっちゃって、自分でも着地点がつかなくなっていったし、いつにもまして手にヨハがめちゃくちゃで、
これはなかったことにした方がいいなと思ったのでなくなりました。
なんかこういう時大会のテーマがあれば良かったんですけど、今日はうまくいきそうにないなと思ったので、切り上げます。
そんな回あってもいいのかな。
まあ、9月末なんでね、いいかなと思ってます。
また兄のつく日には、庭が庭かに広い庭を開きますので、お楽しみに。
では。
12:31

Comments

Scroll