1. なじトーク! -幼なじみラジオ-
  2. #20 【NewsPicks】2022年マイ..
2022-12-30 27:32

#20 【NewsPicks】2022年マイピックスした内容を振り返る

NewsPicks
00:06
なじトーク
皆さん、こんばんは。
本年、お勤めお疲れ様でした。
ヒラオカです。
タツケです。
この番組は、毎週水曜日と金曜日夜の19時に
幼なじみのヒラオカとタツケがお送りする
ゆるーいビジネスベシャリ番組でございます。
ということで、2022年12月30日ということで、
2022年も終わります。
終わります。
終わります。
何の宣言って。
どうでしたか、2022年。
そうですね。
まあ、激動の1年からでしたね。
もうテンプレートじゃん。激動の1年でした。
なんだ激動って。
原稿化しろ。
正直、なんだろうね。
あんまり、そうね。
なんか、これといって、なんか微妙な1年だったな、俺は。
微妙な1年だったんだ。
なんかね、もうちょっとできたな、俺っていう。
なるほどね。
いい心がけですね、でもね。
そうですね。
まだまだと言ってるうちは成長があるということですから。
ありがとうございます。
はい、これからも頑張ってくださいね。
そういう場合はどうなんだよ。
俺ですか。
はい。
激動の1年でしたね。
ふざけんじゃねえよ。
まあまあ、あの、俺もね、まだまだできたなと。
もういいよ、頑張らないで早くいこうよ。
そうだね、いきましょう。
ということで、2020年、2022年をね、振り返っていきたいなと思うんですけど。
いろいろありました、本当に。
ただね、ネガティブなニュースが非常に多かったので。
できればちょっとポジティブな方がいいかなと思って。
円高とか、戦争とか、そういう話はせずにですね。
僕が今年、ニュースピックスでマイピックスしたものをね、取り上げていこうかなと思います。
まあ、だから話題のニュースというか。
そうそう、何を興味関心あったんだろう、1年前の俺と思って。
なるほどね。
うん。だからちょっとこれをね、一つずつピックアップして。
はい。
突っ込んでほしいなという感じでございます。
なるほど。
じゃあ早速ね、一発目いこうか。
はい。
03:01
2022年1月7日にピックスしております。
これはパソナ、派遣会社ですね。
はい。
派遣会社のパソナがメタバース参入へ。
そうなんだ。
代表仮想空間で新たな働き方創出という記事をマイピックスしてましたね。
なるほどね、もうそういうところで労働者をまず派遣するとかそういう人材事業をするっていうのも準備してるんだね。
そうだね。
すごいな、早いな。
やっぱりかなり大手じゃないですか、パソナって。
うん。
もうすでに動き出してるというところで、私たちもですね、同じようにやろうと思っていて。
そうなんだ。
オンライン接客っていうのをちょっと強くしていってね。
今後来たるメタバース空間の接客ができるような人材を育てていこうというのでちょっと動いてるんですけど。
この記事を見るちょっと手前ぐらいからかな。
で、やっぱ同じように考えて動き出してる大手もたくさんいるから。
っていうことを、やっぱあるんだなと思ってピックした記憶があります。
なるほどね。
はい。
ということでしたね、一発目は。
1月29日にピックスしてるんですけど、
あの競争から1年、クラブハウスブームは日本に何をもたらしたのか。
もう終わったね。
もうなくなったね、クラブハウス。
クラブハウス懐かしくない?
懐かしいね。
もう2021年だよね、流行ったのがね。
そう、一瞬で終わったよね。
うんうんうん、一瞬で終わったね。
あれなんでクラブハウス流行らなかったかってさ、わかる?
うん。
あー、なんでだろう。
これは別にわかるって俺も知ってるっていうわけじゃないんだけど、
誰が言ってたのか忘れたけど、
結局ね、クラブハウスが流行らなかったのっておそらくだよ。
おそらくAndroidのアプリのリリースが遅れたからじゃないかって言われてるよね。
あ、そうなの?
確かさ、iPhoneかなんかでしかクラブハウスできなかったじゃん、最初。
あー、そうだねそうだね。
そうそう、だからAndroidなんてできなかったんだよね。
で、Androidの開発、クラブハウスに急いでたけど間に合わなくて、
で、クラブハウスがAndroidのアプリリリースした頃にはもうTwitterのスペースが始まってたみたいなさ。
あー、なるほどね。
そうそうそう、結局ああいう企業ってやっぱ開発が遅いければ遅いほど牛耳れない。
もうちょっとでさ、牛耳って音声界隈を牛耳ってたかもしれないのに、
全部Twitterに持っていったみたいに言われてるよね。
なるほどね。
あとは、日付書いてないんですけど、
習慣と時間術、リスキリングで自分の市場価値を高める方法。
で、これリスキリングっていうのが再度勉強し直すっていう意味合いなんですけど、
06:00
リスキリング需要ってすごい今高まってて。
えー、そうなんだ。
そうで、来年か、2023年は特にブームになる。
ブームっていうか、すごい伸びていく市場だって言われてる。
学び直し?
学び直しですね。
っていうのも、やっぱこう、今までの年功序列、
あ、忘れちゃった。
どうしたどうしたどうした。
就寝雇用、就寝雇用。
就寝雇用の崩壊というところで、
かつ年金とかもね、かなり減るだろうって言われてる中で、
日本にはネガティブなニュースが非常に多いわけですよ。
っていう中で、自分の市場価値をもっと高めないといけない。
今の企業じゃないとこ行っても活躍できる場所作らないといけないという危機感のある人が増えてるっていうことですね。
なるほどね。
っていうところで、自分のスキルを再度学び直したりとか、
新しいものを学びに行くっていうのが重要としてはすごく高まっていて、
2023年はかなり伸びる市場だろうと言われてました。
で、結果?
あと来年です。来年です。
あー、なるほどね。
今年すごい伸びてるのよ。
で、実際伸びるだろうと言われて、実際すごい伸びてて、
来年もっと本格的になっていくってことなのか?
そうそうそうそう。
なるほどね。
リスキング市場がいいかもしれないですね。
なるほどね。
それこそ平野の人材のところから絡められそうなやり手だと思うんだよね。
うん。ビジョンとしてはやっていきたい分野だから。
そうだよね。
やっていきたいんですけど、もう本当、今ですよね、やるなら。
うん。
という感じでしたね。
じゃあちょっと月変わりまして、
2022年3月14日。
はい、ホワイトで。
で、DJ社長、あなたが学ぶべき正しい英語の勉強法。
なになにそれどういうこと?
DJ社長ってさ、YouTube大学って言って、英語の勉強の仕方を発信してたんですよ、この時。
あ、そうなんだ。
そうそうそう。で、DJ社長も3年4年ずっと勉強してて、
あまりにも遠回りしすぎたと。
これだけやっとけばいいみたいな動画って実はあんまなくて、
それは総括的にまとめた動画を出してたんだけど、
めちゃくちゃいい動画だったの、これ。
そうなんだ。
俺、英語を話したいって最初に言ったのが、確か中2ぐらいなんで。
そうだね、昔から言ってるよね、平野。
昔から言ってるじゃん。
で、もう14、15年ぐらい経つんですけど、
いまだに英語の勉強法についてピックスしてる自分がちょっと恥ずかしい。
確かに。
でも人ってさ、あるよね、そういう根底のトラウマじゃないか、コンプレックスみたいなところなのかな、憧れというか。
やっぱ平野の中で英語っていうのは捉われてる部分があるんだろうね。
09:03
この先AIが発達して英語を習う必要ないってなったとしても、それでも平野は英語を学びたいって思うタイプな気がするね、それは。
あり得るね、それは。
でも、なんか一生しゃべれずに終わりそうだね、もう。
この年齢だと。
そうだね。
もうだからさ、15年間言い続けてきてできてないっていうことは、やめたほうがいいのか、ちゃんと向き合ってやったほうがいいのか、どっちかだと思うんだよね。
やめるか留学するかどっちか、もう二択しかないですからね。
そうそうそうそう。
もうちゃんとやるかやらないか、2023年までちゃんと決めたいなと思います。
そのほうがいいと思う。
ダメだったら、もう一切勉強しない。
それがいいと思うよ。
それぐらいの気持ちでね、ちょっとやりたいなと思いますね。
はい、で次がですね、注目。可能性しかない急成長市場、B2Bマーケティングというところでしたね。
B2Bマーケティングはなんとなくわかる?
うん、まあ企業向けのマーケティングってことでしょ、大企業。
あ、そうです。そうだねそうだね。
なんかB2Bマーケティングって、意外とB2Cとは違って、まだあんまちゃんと確立されてないらしいんですよ。
ああ、そうかもしれないね。
割りかしアナログだったりするし、こんなにいいサービスあるなんて知らなかった、みたいな企業が結構たくさんあるみたいな。
そうだね。
だからそこのニーズがあるところにマッチングさせるっていうようなサービスがたくさん出てきたんだよね、この時に。
なるほどね。
ちなみにB2Bの市場の大きさってどのくらいか知ってます?
えー、ちょっとわかんないな。
比較でわかりやすくすると、美容院とか飲食店がだいたい1兆円市場って言われてるんですけど、
B2Bマーケティングが350兆円市場って言われてますね。
えー、すごいね。300倍近くってこと?
そうだね、350倍くらい。飲食店のね。
次、次行きますね。
これも3月なんですけど、完全図解脱炭素を学べばニュースが10倍わかるようになる。
あー、カーボンニュースがあるか。
はい。これね、めちゃくちゃ面白かったんだよね。今度話したいわ。
じゃあ、今話さないほうがいいな。
うん、そうだね。
えー、ちょっとそれ話す日教えてよ。
俺ちょっとそれのアンサーみたいな話、1個喋りたい話したんだよね。
あー、そうなんだ。
じゃあ、1月の2週目に話そうかな。
あー、じゃあちょっと俺もそれまでにまとめておこうか。
俺その日らがそれ話した後に、いやいや実はねってちょっとアンサーみたいな話をできるから。
あー、なるほどね。
ちょっと面白いかもしれない。
あー、オッケーオッケーオッケー。
じゃあ、1月の2週目は脱炭素についてできますね。
そうだね。
おー、すごいなんかビジネストーク番組みたい。
確かに。ただエンタメ番組じゃなかった。
12:04
じゃあ、次行きますね。
ちょっと飛ばしていこうかな。
そうね、このペースすごいことになるの。
まだ3月だからね。
もういいよ。どんどん行こうどんどん。
あー、懐かしい。2022年5月、ドコモ販売店700店閉鎖へ。
あ、そうなんだ。そんなあったっけ?
あったんすあったんす。全体の3割ですね、700店舗。
で、ネット販売は浸透させていくと。
あれ、アハモンの時?アハモンだって全然もっと前か。
全然だよ。だってアハモンはもう2年くらいだった。
もう20歳か。じゃあもうそれとは関係なく普通に閉鎖された。
コロナもだってまだ全然去年とかだもんな。
すごいタイミングで閉鎖させたね。
これは業界に近いところにいるのでわかるんですけど、
不採算店舗が結構多かったっていうのもあるんだけど、
あとはネットの方にどんどん注力していくっていうところもあって、
700店舗を閉鎖すると固めたんですけど、
主な背景は格安プランの普及ですね。
なるほどね。
アハモンが想定以上に伸びててっていうところもあって、
店舗いらないじゃん。
そうそう、店舗いらないじゃんし、人材獲得のコスト高いし、みたいな感じだね。
老人しか使ってないもんな、ドームショップなんて。
そうそうそうそう、本当に。
大体地方のやつが確かに消えるんだよね。
なるほどね。
そうそうそう、そんな感じでしたね。
これもめっちゃ面白い話だったわ。
ちょっとごめんなさい、まだ5月なんですけど。
これ1時間コストだわ。
筆験。
1兆円企業の創業者。
意外すぎる次のビジネス。
ちょっと面白そうだね。
タイトル面白そうでしょ。
実際内容もめちゃくちゃ面白かったんですけど、
業務スーパーしてるよね。
あの緑の看板が目印。
あの業務スーパーの創業者が次にやろうとしてるビジネスの内容の話だったんですけど、
これも今度話そうかな。
次がですね、5月26日。
三木谷会長ぶっちゃけ困る発言。
騙されたとの声。
ゼロ円プランを切り捨てた楽天モバイルの狙うウルトラCという文章オンラインの記事でしたね。
こんなあったなと思って。
あれはでも良くないよね。
楽天なんかほんとヤバいっぽいよね。
楽天ヤバいよ。
またポイントの改悪したよね。
そうだね、改悪入ったね。
つい最近また新たに。
マジで潰れちゃうと思うよ。
大正拳潰れそうとか言ってるよね今。
そうだね。
15:00
楽天モバイルヤバいもんだって、本当に。
ヤバいよね。
プラチナバンドをもらえないともう終わるね、本当に。
いつまで経ってもくれないからね。
国が良くないよな、あげればいいもんな。
本当にね、国。
国と、あれはもう既得権ですね。
電波問題ね。
電波マジで闇深いから。
その辺ですね。
マジでプラチナバンド取れないと楽天終わっちゃうね、あれは。
結構ヤバいと思う。
じゃあ次行きます、どんどん行きましょう。
保存版落ちぶれニートの僕が月収7桁を稼ぐまで。
なんかこれ恥ずかしいね。
これ確かね、TikTokドリームの話だったね。
本当にニートだった若者がTikTokで配信するようになって、
7桁稼ぐまでのロードマップみたいな話がありましたね。
その次、これもう6月入ります。
21世紀のコカ・コーラ社はこの会社だということで。
これはね、話したことないかな、ポッドキャスターと。
たつけにはね、話したことあると思うんだけど。
そうだっけ。
そうそう、えっとね、エクリプスフーズの話だね。
え、なんだっけ。
乳製品を使わないアイスを作ってる会社。
いいかね、プラチナ。
原材料、澱粉で作る超アイスそっくりのアイス会社なんだけど。
これがね、めちゃくちゃすごいぜって話をピックしましたね。
はい、7月入ります。
ニコン、一眼レフカメラ開発から撤退。60年超の歴史に幕。
あったね、そんなニュース。
あのニコンがね、60年積み上げてきたこの一眼レフカメラの開発から撤退すると。
あれ、ミラーレスの方に注力するんだっけ。
あ、そうそうそう、ミラーレスカメラの開発に集中するね。
そうだよね、だから時代はミラーレスなんだなって思ったのを覚えてるからね。
そうだね、やっぱソニーが今単独で突き抜けてるからさ。
なかなかね、すごいよね、これだけ育ててきた事業を手放す覚悟っていうのは。
なかなかできないですよ。
次、いきまーす。
スポーティファイ、日本で音声広告拡充、営業人員を増強。
これはですね、8月。
18:00
そう、あのポッドキャストだね。
あ、そういうこと?
音声配信のポッドキャスト番組への広告導入や代理店を介さずに音声広告を出稿できるサービスの導入も検討していると。
それ、うちらからしたら朗報だな。
超朗報。
早く進めほしいな。
この辺、これね、8月の記事なんだけど。
この辺からじわじわとやっぱこうね、時代の幕開けみたいなのがやってきたな、みたいな感じでて、ポッドキャストやりたいっていうのをこの辺がずっと思ってる。
ああ、なるほどね。
今年始められてよかったですよ、本当に。
確かにね。
はい、一気に進みまして、11月。
はい。
カフェに長蛇の列、からヒント。
サントリーが発掘したボトル飲料の新たなニーズとは。
ああ、それヒラはあれじゃない?なんか喋りたいって言ってたじゃないの?
多分言ったことない気がするな。
そうだっけ?
タグコーヒースタンドっていうのがあるんだけど、知ってるかな?
全然わかんない。ちょっと違うやつだ。
コーヒーの中身をどうこうするとかじゃなくて、そのコーヒーのペットボトルがあるんだけど、そこにラベル貼ってあるじゃん?
そこのラベルを自分好みのデザインで作れるってやつ。
ああ、なるほどね。
事前にスマホでオーダーして、店頭で自分がデザインしたボトルのコーヒーを受け取るっていうサービスなんだけど、
映画館とかでも導入されたりするのね。
これがめちゃくちゃバズったっていう話。
へえ、全然知らねえや。そうなんだ。
12月入ります。
年間1億稼ぐ人も。
マージャンやパチンコができる介護施設。その名もラスベガス。
ああ、なんかそれニュースで見た。ちょっとすごいよね、それ。
これすごいですね。この年間1億稼ぐっていうのは、この介護施設内の中のお金の判断したから、
ペリカみたいなもんでしょ?
そうそうそう、カイジで言うペリカみたいなやつなんだけど、
普通の老後施設にみんな基本行きたくないんだって。
俺は老後施設なんかに行くような人間じゃないって思ってるおじいちゃんおばあちゃんがたくさんいて、
ここは老後施設じゃなくて遊ぶとこだぜっていう打ち出し方をして、
様々な批判があった中やったんだけど、すごく反響を得てるという場所でしたね。
いいよね。ギャンブルって人間の本質というかさ。
そうだね。タイトルフォルダー。
俺タイトルフォルダーが紙くずになった時に思ったよ。
人間の本質だな、これはと思って。
はいはいはい、そうだよね。
すごく顧客の欲求、インサイトって言うんですけど、
すごく捉えたいい事例だなと思ってピックしたんですよね。
21:02
確かに。
次ですね。副業人材マッチング倍率9倍。
もさもいるのに生かせぬ大企業の現実。
副業マッチングはわかりますよね?
全然わかんない。有名?
副業マッチング自体は結構有名だと思うよ。
そう、全然知らねえよ、俺。
副業人材はめちゃくちゃたくさんいるんだけど、
それを発注する企業が今超少ない、まだ全然少ない。
案件がないみたいな状態なんだけど、
ちょっと機密性が高いものとかってさ、
月に1回とか週に1回とかしか来ない業務委託で結んだ副業人材に長くもって難しいじゃん。
そうだね。
いろんな問題があるんだけど、
普通に正社員で採用できないようなめちゃくちゃすごいもさがやってくるんだよ。
なるほどね。超優秀みたいな。
そうそう、この仕事こんな一瞬で終わっちゃうの、こいつやばすぎ、みたいな。
って言って、社員にもいい刺激になるみたいな。
実際には使ってみるとめちゃくちゃいいっていう企業さん多いんだけど、
ちょっとそういった機密情報だったりとか、仕組み的な問題でなかなか増えないっていうところがあるんだよね。
ただそういったところのハードルを超えてくると、今後副業人材マッチングってのはめちゃくちゃ流行るんじゃないかと言われてるわけですよ。
でも確かに俺、ベンチャーとか中小とかからしたらいいなって思うんだよね。
そうね、優秀な人材探す方法ってなかなか難しいもんね。
そう、難しいじゃん。難しいし、加工余裕もないわけじゃない、そんなに。
基本、優秀な人間ってどっか行っちゃうじゃん。
だからこの副業っていう契約の形で、短い時間で最大の成果を出してもらうっていうのはすごいいいなと思いました。
と思ってビックリしたね、僕は。
し、結構さ、人材不足じゃん、そもそも日本って。
これからもっと不足するから、結果その生産性を上げないと日本って終わっちゃうよねっていう前提があるから、副業はより伸びていくと思ったっていう感じですね。
そうね。
じゃあ最後。
はい。
スタートアップ年収。
はい。
上場企業を7%上回る。650万円。
へー、そうなんだ。
これに対して私のコメント。
俺たちの時代がやってきた。
ということでですね、上場企業の平均って45万円ぐらいなんですけど。
45万?
それは、月額ね。
あー、45万、月額45万。
そうそうそう。
それを7%上回る水準ですね、650万だと。
650万年収だよね?
年収年収。
24:01
やっぱ最近スタートアップとか、ベンチャーに対しての投資だったり、動きすごい活発だよね。
そうだね、確かにね。
ほんとついこの間も、経営者保障、不要の融資制度っていうのが3月から開始されるよね。
今までって、金借りたら、もちろん返さないといけないじゃん、経営者保障として。
そうね。
事故破産するか返すかみたいな話になるんだけど、保障しなくてもいいよっていう状態の融資ができるようになる。
それじゃあ何?会社が倒産するとか返せなくなった?返さなくていいってこと?
そう。
すごい。
すごいよ。めちゃくちゃすごいよ。
これも多分タスキ知ってると思うけど、株式とかで得た収益を再投資、ベンチャー企業とかに再投資した場合に、
20億円を上限に所得税の課税対象としないっていうのも走るんだよね、今後。
株で10億儲けました、2億持って帰っちゃうけど、この10億を再投資すれば所得税ゼロになるっていう。
で、それでまた得るじゃん、お金を。
それは20億円までだったら所得税の対象にならないので、投資した方が絶対いいじゃん。
結局持ってこられるんだったら2億、みたいな話になるからね。
なるよね。
追い風がすごいんですよ、今スタートアップと。
確かに。
なので、2023年はですね、非常にスタートアップ年になるんじゃないかなと思ってて。
そうだね。
よりゴリゴリやっていきたいなって思ったね。
競合が増えるってこともあるけどね。
もちろんね、競合も増えるけどね。
だから2023年はかなりスタートアップにとってはいい年になるんじゃないかなっていうのと、
途中で出てきたポッドキャストに対してもね、今伸びてってるし、スポティファイとかも営業人員増やしていこうぜってやってるから、
報告配信とかもどんどん増えていくだろうし。
そうだね。
俺たち時代にかなり乗ってんじゃねっていう。
そうだね、でもなんかもっと乗りたいね。
やっぱタイムリーにさ、やっぱ乗れるやつが勝てるから。
そう、そうなんですよ。
ある程度ちょっと不恰好でも、そこにいるかいないかでかなり差出るから。
そうだね。
やっぱうちらYouTubeとかTikTokが乗り遅れてるから。
そうだね。
ポッドキャストぐらい乗りたいよな。
間違いない。ポッドキャストどんどん乗っていきたいよね。
ほんとに。
ということでね、私たち週2回配信しております。
はい。
ので、ゆるゆると話しております。
ぜひぜひ話を聞きに来ていただけたらなと思っております。
ということでね、締めたいと思うんですけども。
はい。
私たちですね、話の最後に一言。
今日もやんの?
今日もやんの?これ。
やりますよ。
ないだろう。
27:00
はい。
それでは本日の締めです。
今日の話を一言でまとめると何でしょうか。
お願いします。
長い。
もっとまとめてください。
はい、ありがとうございました。
それでは今回の感想をTwitter、YouTubeのコメント、
メール、またはAppleポッドキャストレビューでお待ちしてます。
皆さんからのトークリクエストも随時受け付けしてますので、
年々ご応募ください。
それではまた次回お会いしましょう。
さよなら。
さよなら。
27:32

Comments

Scroll