1. 映画の感想をふたりでダラダラ喋るやつ
  2. #61『プレスリーVSミイラ男』..
2022-07-15 25:41

#61『プレスリーVSミイラ男』の感想をふたりでダラダラ喋ったやつ

「ラフ・ミー・テンダー!」じゃねえんだわ

00:01
ごめんね。
あのね、意外と面白かったんだよ。
よかった。
途中さ、老人ホームの中でグダグダするところで、正直横になって見てて、
スカラベをやっつけた後にさ、ちょっとさ、みんなで食事したりとかグダッてするシーンがあるじゃん。
すごい眠かったんだけど。
その後になって、JFKとさ、ふたりで頑張ろうぜってなるじゃん。
あのあたりからなんかすごい面白くなって。
あとさ、意外にちゃんとした映画だった。
そうだね。
てっきりもうね、エルビスの見た後だからさ、ネタじゃんって思ったんだけど。
よくよくさ、モチーフをさ、ゆっくり考えてみると、
これちゃんと訴えたいメッセージある?ちゃんとした映画だわって思って。
あったけど、エルビスである必然性があったのかなっていうのは疑問ではあるけどね。
作った人がエルビス大好きで、この人のヒーロー、アメリカのヒーロー、白人代表のヒーローがエルビスってことにして、
まずエルビスをさ、すごい救いたかったんじゃないかと思ったんだよ。エルビスの魂をね。
実際にね、エルビス生存説って結構あるみたいだからね。実は生きていたっていう話があるから。
それに乗っかりつつ、エルビスが救われた話を作りたかったのかな。
最初、全く偏見なんだけど、君がこのDVDを持ってきた時に、
何これ、ネタじゃんって。それこそエルビス、プレスリーって人が太って死んじゃってとか、
いろいろ根も葉もない噂によって悪ノリして、悪ノリ作った変な映画なのかなって思ってたんだけど、
そんなことなくて、ちゃんとエルビスネタ?
俺、空手やってるぞみたいな。実際、遊弾車みたいなことさ、定期に出てから空手マスターしたりとかさ、
いろいろこう、小ネタ?先日エルビスで学んだ、その話知ってたみたいな感じで、
あれを見てなかったら、もうチンプンカンプンだったんだけど、
そうそう、だから見ておいてよかった。これの予習じゃないけどさ。
あの立派なエルビスという映画を、このものすごいB級映画の予習って言っちゃ悪いんだけれども、
だけども、あれを見ていたからこそわかるエルビスネタがすごいいっぱいあったよね。
なんでパーカーなんてやつの言うこと聞いちまったんだとか、
プリシラに謝らなくては、娘に会いたいっていうところとかね。
03:00
あと、JFKの魂も救うわけじゃない。
そうだね。
危うく魂を食われそうになっていた、実は生きていたJFKを、
寸手のところでミイラックから助けて、
で、あのJFKは死んじゃうんだけど、
言っても、あのJFKは自分をJFKだと思い込んでる。
自称JFKかもしれないんだけどね。
なんかユンヤンしてた人。
ちょっと脳みその一部取られて、砂袋をやってて、
なんか電波受信しててどうのこうのって言ってたから、
相当うさんくさくあるんだけれども、
途中から私、メタファーモードに切り替わって、
これは何々のメタファーで、
とすると、
エルヴィス、アメリカ代表が、
JFKの暗殺の時にさ、いろいろ思うところがあったらしいけど、
この作品の中では、
自称だけどJFKを救い、魂も救い、
自身もさ、貧しい南部の白人の亡霊であるところの
ババホテップを自力でぶち殺した後に、
満足して死んでいくっていうストーリーで、
エルヴィスの魂も救われて死んでいくっていうのは、
なんか結構さ、リスペクトというか何というか、
エルヴィス・プレスリーを尊重してるのか何なのか、
映画扱いでは決してなくて、
いろいろした上で、
ちゃんと作ってるなと思って、
思ってたよりも良かったのよ。
基本的にはクソバカ映画だし、
そのつもりで僕も買ったんだけど、
あれですわ、
あの前ゴーマンと変形見て相当良かったからって思って、
良かったって思ったら、
ゴーマンと変形とゾンビって映画買ったら何回見て、
何やこれみたいになったけど、
変形を僕が買ってみたのは、
ゴーマンと変形とゾンビを見るための予習だったからね。
そうだっけ?
この映画も前々から見たいとは思っていたんだけども、
さすがにレンタルもないし、
サブスクもないから買うことではないって思ってたところを、
今回エルヴィスを見て、
エルヴィスのことを色々分かったし、
俺にもこれを見る資格が出たと思って買ったわけですよ。
実際に事前にエルヴィスを見ていたことで、
それが役立ったという意味で非常に良かったと思うね。
面白いかと言ったら面白くはないけどな、この映画。
ちょっとね、冗長であるので、
いわゆるB級映画みたいな感じで見るには、
もうちょっと短く編集の仕様があったかなって思うんだけど、
ただ途中で出てくるさ、
なんか、複面したカウボーイ、
バキュンバキュンとかやってる人とか、
最初に洞室でカカパッパッピーって言ってホッサで死んじゃう人とか、
あれ多分元ネタっていうかさ、
06:00
ホッサの人は分かんないけど、
あの複面のおっさんはなんかいるんだろうね。
あのホッサの人は軍でさ、
支持報酬みたいなのもらってさ、
最初のホッサの人が、
だけど娘には見放されてた、
かわいそうな軍人さんみたいな感じになってて、
そういう人が結構いたのかなって思って。
これ2002年の映画なんだよね。
それ作られた時期も、
どういうあれなのかなとか、いろいろ考えて。
あの娘が何回出てくるのかと思ったら、
最初のくだりだけで全然ね。
あれはなんとかガールみたいな感じで、
すごいエンドロールのところでね、
なんかって書かれてたな。
セクシー担当?
うん、みたいな。
当時売り出し中のアイドルとかだったのかな。
あとロンジンホームの看護師さんとかもさ、
何か役があるのかと思ったら、
全然そんなこともなく、
なんか向こうでショートしてるっぽいって、
言うだけだったなと思って。
職員さんさ、
遺体の運び出しを、
ご遺体を霊柩車の中に入れる時の、
二人のやりとりみたいな。
あれちょっとブルースブラザーズっぽいな。
二人のさ、コメディみたいなのさ、
寸劇みたいな。
寸劇じゃない。
なんか入れてくるなって。
お約束コントみたいな感じになってたよね。
あれはロンジンホームの職員じゃなくて、
草木屋さんなんじゃないの?
3人目の遺体をひっくり返したけど、
そんな吹っ飛び方はしねえだろうとは思ったけどね。
なんか、
亡くなったご遺体によって、
随分反応が違うんだなと。
その辺はよく分からなかったんだけど。
3度目だから、
天土芸やるにしてもということで、
ちょっと変化をつけてみたってところだと思うんだけど。
そうなのかな。
あそこら辺はB級映画用のギャグ用意って感じではあるよね。
最初のスカラベが襲ってきたりするくだりとか、
特にさ、
なんか鉄板のB級映画なのかしらと思いきや、
カサカサカサカサって雑な動きとかね。
意外とよくできてたんですね。
あのお丸あるじゃん。
銀色のお丸のところにさ、
ハッて壁に押し付けたと思ったら、
あれ、いないって思って、
内側にベッタリ張り付いてるとかさ、
やるなみたいな感じで、
結構細かい丁寧なギャグというか、
なんていうかやってて、
すごいなんか雑じゃないなって、
意外と丁寧に作られてるなって思ったんだよね。
俺はね、
君がこの手の映画を喜んでくれたのがすごく嬉しいよ。
いや別に、
あれなんだからね、
今後もどんどん見せつけてやると、
別に歓迎してるわけではないんだけど、
今回、
私の中の前評判として、
もうコテンコテンだったから、
プレスリーとなんか戦わせたら楽しくね?って言って、
ミイラ男とか、
世界か!みたいな感じで、
私の中の一級さんが怒ってたからね。
そうがしていい顔じゃないってなったね。
09:00
いやでもこれは、
エルヴィスと連続で見たおかげで楽しめたって感じがある。
これ単体で見てたら全然つまんないぜ。
もう本当にね、
それこそプレスリーのイメージが悪くなり、
これの後にエルヴィスなんか見ようもんなら、
あれでしょ?とか言って、
なっちゃったかもしれないので。
B級らしいところといったら、
やたらと下ネタは終わったな。
おにんにんの話が。
そうだね。やたらとおにんにんの話があったりとかして、
なんかなーってなって。
だから後で怒られるかなと思ったけれども、
ほっとした?
ほっとした。よかったってなった。
意外といろいろ考えてしまってね。
意外とね、ちゃんとしてるって思って。
エルヴィスを見たからこその、
車の中でさ、
入れ替わった後に帰って、
入れ替わってないのか。
車の中でさ、
物上に窓の方を見てるクレスリーとか、
映画で見たあれにそっくりなので、
すごいエルヴィスのモノマネ芸人さんなのかなって思っちゃった。
何個かいうモノマネ芸人さんは本当にいたのかね。
いそうだよね。
実在したモノマネ芸人さんの名前を使ってそうな気がするね。
文字ったりとかしてね。
しかしミイラが本当に最後の最後のところまで全然出てこないから、
ほとんどは老人ホームでのぐだぐだの話ではあったね。
エルヴィスの司会の中でさ、
時間が飛ぶように人がパパパパパって動く演出がやたらあったじゃん。
あれ何なんだろうね。
それがわからないんだよね。
スカラベに取り憑かれているのは誰なのかっていうのが最初わからなかったんだよ。
JFKに取り憑いてて、
実はJFKがこのホテップに取り憑かれている人なのかなとか、
なんか視線がね。
視点っていうか、あれは予知なのか、
なんか知らないけど橋から転落したバスから流れ着いたスカラベがの視線なのかとか。
そうなんだよね。
あれ何だったんだろうね。
夢がどう思うの?
最初は自分のおにんにんから出てくる海を増すかこうと思ったら、
それを見て諦める夢だったんだみたいなことを言ってて。
だからもう何もやる気なくなってて、
おにんにんは立たないし、
なんかもうなんかなーってなっているところへ、
なんかひょんなことからスカラベと格闘したりして、
そこで活気というか活力を取り戻して、
そしておにんにんが立ったってなって、
ちょっとやる気があった時に、
ミイラがホームの仲間というか、
友達もいたよね、今ボケちゃったけどみたいな、
12:00
人たちの魂を喰らおうとしているので、
頑張ってJFKと一緒に戦うみたいなさ。
虫やっつけた時にフォークで観念してたよね。
ババッピーとかなんかに。
バババババーってなりつつ虫に勝ってた気がする。
スカラベってさ、細かいところなんだけど、
あんな首に折って伸びんの?
あれは伸びないと思うけど、
俺はあれを持って、
ジョジョのタワーオブグレイ。
舌?
口のところだけど伸びんのね。
これはもうタワーオブグレイじゃんと思いました。
あの人の舌でかいよね。
どけーって避けるやつ。
私牛タンを見るたびにあれ思い出す。
美味しく牛タンが食べられないじゃないか。
でもあんまり牛タン食べるときってさ、
あんな一本の牛タンなんてめったにさ、
絵面として見ないじゃないですか。
何の話だっけ。
スカラベとミイラの方なんだけどさ、
ミイラの方一回燃やされて倒されたと思ったらさ、
復活して襲いかかってきてさ、
トトメを刺すのに燃やし直したら倒せたのが面白かった。
その回想シーンみたいなのが含まれてたじゃん。
ババホテプさんの。
あれって殺されたじゃん。
生きながらにミイラにされて。
なんか大した価値のないミイラが
アメリカ中の博物館を回っててっていう。
だから別に偉い人ってわけじゃないんだけど、
一応そういうツタンカーメンが掘り起こされた頃に
ツタンカーメンが流行ってたので、
それに便乗して何回エジプトあたりから持ってきた
ザコミイラみたいな感じだったと思うんだけど。
でもファラオはファラオだろ?
一応ホテプ。
その回想シーンもさ、
ところどころに雑なスフィンクスの映像が入るの面白くなかった。
今見てた?
潜在意識にすり込む効果、なんて言ったっけ?
サブリミナル。
そうだ、サブリミナル効果みたいにさ、
ミイラにされるファラオ。
で、スフィンクス。
ギャー、スフィンクス。
うわー、スフィンクスみたいな映像でさ。
わかんない。
それもなんかツルツルの雑なスフィンクスでさ。
あのサブリミナルがね、やたらとバッバッバってなってて、
あれこれサブリミナルの規制って何年間に入ったよね?
これいいのかな?って。
こんなあからさまにわかるスフィンクスはサブリミナルでもないし、
スフィンクスを人にすり込んでどうしようって話。
バッバッバってなるし、
あとさ、あのサブリミナルじゃないんだけど、
白い光がバッバッバッバッバッバッバッバッってさ、
めちゃめちゃチカチカ点滅するじゃん。
ピカチュウってなってるよね。
そうそう。
大丈夫なのかなーって。
これ私ですらなんかちょっと引きつけ起こしそうな感じがするわみたいな。
見ててちょっと目がなんかしんどくなってきたからちょっとこう、
うす目で見てたんだけどさ。
赤と青じゃないからいいのかね。
15:00
わかんない、でもあれ結構きついもんがあったよ。
あとはミイラの方の攻撃が棒拾って殴ってくるっていうのが面白かった。
途中からあの棒何?
ちょうど頃合いのいい棒みたいなやつで急にガーって殴るじゃんって思ったよね。
そんな生っぽい動きで人攻撃するのミイラって思っちゃった。
あのー、亀よ。
そこは亀よ。一撃必殺を狙ってって思って。
まず殴るってなんだよって。
急にムーブが人間になったな、追いつて。
でもあのエンドロールのさ、
ババアホテップとしてって、なんとかさん。
最後にさ、入ってて結構よいしょされててよいしょっていうかさ、
ちゃんと中の人がピーシャーされてて。
最初はさ、役者がバンバンバンって出てくる中にババアホテップってだけ出てきてさ、
それご本人扱いなんかいいって思ったんだけど。
なんとかかんとかあずババアホテップって書いてて、
最後に出てきたんだ。
割となんかこう、ね、ちゃんとしてるなーって。
誰々さんがやってるんですよ、みたいな。
おそらくはデタラメなエンドロールのヒエログリフ。
人の名前の下にさ、いい加減のヒエログリフが入っててさ。
こないださ、ヒエログリフとアルファベットが対比になってるスケールっての買ったんだけど、
あれ、後で検証できるんじゃないかな。
でも多分デタラメだよね。
最後のエンドロールのところにさ、しきりで入ってるやつがさ、本当にデタラメだと思う。
ババアホテップのセリフがさ、ヒエログリフで絵に出てくるじゃない。
で、アヌビスのケツレモン舐めてるのを見た。
オリジナルヒエログリフみたいに出てなかった。
ちょっと前鏡になってるファラオみたいな。
で、その後ろに手が書いてあってさ。
絶対にあれ適当に作った。
なわけあるかいってそこは思ったよね。
なんやかんやって言ってる言葉とか、
なんかどっかから持ってきたっぽいセリフとかには
引用元みたいなネタがあるんだろうなと思って。
そこら辺のネタがわからないのがちょっと残念だった。
TCBってなんだっけ?
TCBってさ、エルビスの映画の中にも出てて、ご覧ください。
稲妻模様があって、TCBってなって何度も出てくるし、
自分の仕事をやれたか、俺の出番だったかなんだかって出てて。
なんか意味がわかんなくて、どっかかりがないから
チクビって思えてたんだけどさ。
ひどい。
チクビじゃないや、TCBってどういう意味なんすかね。
Taking care of business. やるべきことをやる。
あー、黒人の俗語なんだって。
すごくエルビスらしいセリフなんだね、そう考えると。
エルビスといえばって感じなのかなって。
先日見た方のエルビスで、TCBってすごく重要なモチーフっぽく出てくるので、
最後のCGのギラギラのところとかにも出てたし、
なんか重要な彼のキーワードなんだろうなって思いつつ、
18:03
意味を調べずボサッとしてたんですけど、
今回のね、相当エルビス好きというか詳しいというか、
チャートしてるよね、この絵を。
ファンなんだろうね。
これさ、現代ババアホテップ、
Curse of the Sea Vampireって書いてあったんだけど、
Sea Vampireって何じゃろうね。
続編でしょ。
次もやるよってこと?
Sea Vampireの呪い、女バンパイアの呪いっていう続編をやるぜっていうのが最後に出てたけど、
結局作られるうち前だから、これは売れなかったんだね。
そうなのか。
これがさ、ババアホテップってことを考えるとさ、
フレスリーっていうタイトルに全然入ってないね。
最初にさ、ホテップっていうのは、
外国のエジプトの貴族とかのあれで、
アメンホテップとか言ったりするやつでしょ。
それでその後にババっていうのはって言って、
3つぐらい意味があって、
3つ目のところに南部の貧しい白人って書かれてたんだよね。
南部でトレーラー暮らしをする貧しい白人。
そっくりさんと入れ替わって生きてる時に爆発したのがトレーラーハウスだったよね。
エルビスの出身が、
そもそもお父さんがやらかしちゃったので、
お母さんと一緒に黒人が住んでる地域の白人が住める地域に住まざるを得なくなって、
とかいうところとか、
ホテップってなってるから、
意味は何か引っ掛けてるのかもしれないよね。
でも思ったほどバカバカしく作ってなかったよね。
ちゃんとエルビス・プレスリーに対する失礼な感じの映画ではなかったの。
リスペクトまで言ってるかどうかわかんないんだけど、
こんな映画白にする感じじゃなくて、
おにぎりがどのコーナーの下りはなんかなって思ったけど、
言ってもやだっていうね。
逆にB級映画を求める口には案外期待外れの映画でもあるんだろうけど、
クソバカB級映画を求める嫌いにはちょっとカタスカシな部分もあるけど。
アメリカのクソバカB級映画民にとってはどうか知りませんけど、
日本人であんまりエルビス・プレスリーのことに詳しくなくて、
B級バカ映画みたいなのを見てみたら、
なんちゃこりゃってなっちゃうかもしれないね。
21:00
私はB級バカ映画の楽しみ方をあんまりコツを得てないというか、
余裕を得ないので。
この間、キョウリュウシンプみたいなのを見て、
ピントがグワッてぼかしたりっていう。
あとウィジャシャークもそうだっけ。
このガタガタのユレユレのピントの合ってない絵はなんだとか。
あとデビルシャークだっけ。
デビルシャークは論外だけどね。
キョウリュウシンプもウィジャシャークもピント合わないんだよね。
見られないレベルのダメさを味わうとかそういうのじゃなくて、
スカラベがおもちゃだとかそういうのを置いておいて、
ちゃんと映画になってたと思うから、
ちゃんと作ってるいい映画。エンドロールもちゃんとしたし。
フォロワー映画のカルト人気があるファンタズムというシリーズがあって、
それを作ってる人らしいのね。
なんで一定以上のちゃんとした度合いはある?
最初にゾンビ男の人が出てきたときに、
すごい怖いじゃんって思ったの。
久しぶりにめっちゃすごい怖いやつじゃんこれって思って。
普通に殴り合ったりするところではさ、
割とはっきり映っちゃってたから、こんな感じかなって感じで。
だけど最初に老人ホームの中でボヤッと出てきた時とかは、
すっげえ怖いやつって。
老人ホームの廊下の作りが異様に怖いんだけど、あれなんなん?
機械にシュコーンってなって、
メガネ盗まれるおばさんいるじゃん。あれなんなん?
何なんだろうね。何か化圧とかされてるのかね。
人工呼吸器みたいな感じなの?
健康のための謎のドラム缶的な機械に入れられてたよね。
あれ延命装置なのかな?
変わんない。
挟まれたら痛そうで怪我しそうな危ない機械だなって思いながら見て、
あ、それはダメよとか言ってメガネちょろまかされて、
お見舞いの品とかをちょろまかしてたおばさんが第一被害者でやられちゃうんだけどさ。
そうね。被害者としては第一だね。死人としては二人目だけど。
エアクッキーが良かったです。本当に食べてるみたいだったけど、
あれ食べてないよ。たぶんエアクッキー。
カサカサって音してたね。
めっちゃめっちゃやってるんだけど、うまいなって。あれ実は食べてないよねって。
エア食べ物はB級クソ映画のお約束なんでしょうか。
この間のエアバーベキューはひどかったけど、あれを狙ってたんだろうけど、
今回はそんなに安っぽさを前に押して、
安っぽいですよって感じでどやらない映画だったので良かった。
低予算であることは仕方ないけれども、その中で頑張ってる映画だったね。
ちゃんとエルビスの衣装とかも頑張って、
素材としては安っぽいんだけど、ちゃんとスタッドを付けたりとかして頑張ってたよね。
24:03
意外なほどに評価が高くてびっくりしているが。
私の?
うん。
じゃあ異人とクリーチャーシリーズってことで、次は林間部vsゾンビで終わりにいこうか。
何腹なのこれ。
何か腹ですかね。
どういう反応を求めてた?
いや、別に俺もどんな映画か知らなかったです。
何か見たかった?
見たかった。前々から見たかったんだって。
たぶん一緒に見ようねって言われなかったら、私一生見ないからね。
だからね、物は試しというか、いろんな機会があっていいよね。
一応TCBとか調べなあかんなとか。
最近思うのが、アメリカの例えば今回カリフォルニアだとかテキサスだとか、
あの辺の、せめて南北の境らへんとかはざっと地理をやっといた方が良さげだなってよく思う。
最近のいろんな映画を見るにあたり。
まあね、地名からイメージするところがあるかないかで、結構映画の見え方変わってくるからね。
ミズーリ?やべえとか。
ミズーリ。俺はゾンビランドのバークレーだな。
娘がバークレー出身のヒッピーについていっちゃったって聞いて、
エルビスファンの親父がぶち切れるっていうシーンがあって、
ここでもエルビスと繋がったじゃないか。
無理やり感がすごくて、頭ん中で繋がってない。
無理やり感というか、偶然エルビスに話が返ってきた。
25:41

Comments

Scroll