1. LISTEN NEWS
  2. 3/21 有料エピソードの価格設..
2024-03-21 40:30

3/21 有料エピソードの価格設定に関する不具合を修正しました・下書き状態でエピソードを作成した際下書きページが開くようになりました・LISTENスタジオとイベントなどの出張収録についての案内をヘルプページに追加しました

3 Mentions 2 Comments
spotify apple_podcasts amazon_music

有料エピソードの価格設定に関する不具合を修正しました

有料エピソードで5の倍数以外の価格を指定すると、手数料の指定部分で少数が入りエラーが発生してしまっていました。

修正後から、手数料は小数点切り上げになっています。

下書き状態でエピソードを作成した際、下書きページが開くようになりました

これまで下書き状態でエピソードを作成しても、ポッドキャストの「最新順」ページに行くようになっていました。
今回のアップデートから作成後すぐ下書きページが開くようになりました。

LISTENスタジオとイベントなどの出張収録についての案内をヘルプページに追加しました。

LISTENスタジオの見学やご利用について、また、LISTENチームがトークイベントの収録や配信のお手伝いをする出張収録についての詳細情報を公開しています。
各機材についての情報も掲載していますので、気になる方はぜひご覧ください。また、ご質問やご不明な点がある場合は、いつでもLISTENチームまでお問い合わせください。

  • LISTENスタジオについてはこちらから
  • 出張収録についてはこちらから

LISTENチームで収録した、『上坂あゆ美の「私より先に丁寧に暮らすな」』のエピソード

トップページを変更しました。

LISTENにユーザー登録をされていないゲストの方向けにはLISTENの紹介が分かりやすく表示されるように、ログイン中ユーザーにはタグやフォロー中のリストが上部に表示されるようになりました。

ゲスト向けのページ表示↓

ログイン中のユーザーのページ表示↓

Summary

有料エピソードの価格設定に関する不具合が修正され、下書き状態でエピソードを作成する際には下書きページが開くようになります。オーディオインターフェースを使用するか、レコーダーを使用するかなど、機材についての詳細が説明されています。さらに、出張収録に関する案内もヘルプページに追加されています。

有料エピソードの価格設定修正
山本 結衣
LISTEN NEWS
下書き状態でエピソードを作成した際、下書きページに行くように変更しました。
LISTEN STUDIOとイベントなどの出張収録についての案内をHELPページに追加しました。
LISTEN STUDIOの見学やご利用について、また、LISTENチームがトークイベントの収録や配信のお手伝いをする出張収録についての詳細情報を公開しています。
各機材についての情報も掲載していますので、気になる方はぜひご覧ください。
また、ご質問やご不明な点がある場合は、いつでもLISTENチームまでお問い合わせください。
最後に4つ目、トップページを変更しました。
LISTENにユーザー登録をされていないゲストの方向けには、LISTENの紹介がわかりやすく表示されるように、ログイン中のユーザーにはタグやフォロー中のリストが上部に表示されるようになりました。
ではここからはこれらのお知らせについて近藤さんと一緒にお話ししていきます。よろしくお願いします。
近藤淳也
はい、よろしくお願いします。
山本さん、雪降りましたね。
山本 結衣
そうですね。
見ました?
私は後で知りました。
後でした?
近藤淳也
はい。
僕、朝起きたら周りの家の屋根の白かったですよ。
山本 結衣
あ、そうなんですね。
はい。
結構北の方だからかな。
近藤淳也
そう、エリアも違うのでかもしれないですけど、
うんうん。
昨日夜ね、降ってて。
はい。
雪が積もって。
山本 結衣
雪が降ってるらしいというのを、いや確かに寒いよなとは思いましたけど。
近藤淳也
3月21日。
山本 結衣
ねえ、もう春やんみたいなね。
近藤淳也
はい。こんな感じでしたっけ?
山本 結衣
いやー、もう3月21日だったら、なんなら暑い日はね、ゴールデンウィークぐらいの陽気になるぐらいのイメージでしたけど。
近藤淳也
ですよね。なんなら桜がね、もうそろそろって思ってたら、雪。
山本 結衣
雪。まだ冬だぞ、待ってないぞって感じですかね。
近藤淳也
変化が激しいですね、なんか。
山本 結衣
なんかあったかい日もありましたよね、でも。
うん、あった。
もう一回引き締めに。
引き締めに。
近藤淳也
はい、そんな春ですけども。
山本 結衣
春ですけども。
近藤淳也
はい、じゃあ今日のお知らせいきましょうか。
はい、お願いします。
まず一つ目ですけど、有料エピソードの価格設定に関する不具合ということで。
はい。
これはですね、たくさん有料エピソードを配信してくださっているはじめさんから。
山本 結衣
はじめさんから。
近藤淳也
5の倍数じゃないとエラーが出ますと。
一流万倍目に合わせた有料エピソードを配信されたりとか、有料配信の機能を使っていろんな工夫をされていて、はじめさんがされてるんですけど、
エラーが出る中で、88円とかちょっと縁起のいい数字とかを使って価格設定をされたりとか、値段でもいろいろ新しい取り組みというかことをされている中で、
その88円とかのエピソードでエラーが出てうまく購入することができないっていう不具合を発見してくださいまして。
はい。
はい、ありがとうございます、本当に。
山本 結衣
なんかね、何十円とか何十五円とか、5の倍数に設定しがちじゃないですか。
近藤淳也
ですよね。
山本 結衣
なかなか気づかなかったんですけど。
近藤淳也
気づかなかったんですけど、裏側としてはその20%をLISTENの手数料になってるんですけど、その部分が小数点になるとエラーが出るっていうのに気づいていなくて、本当に貴重なご指摘をいただきまして、ありがとうございます。
ありがとうございます。
小数点以下は切り上げになってますので、そうですね、波数は切り上げの手数料っていう感じです。
はい。
山本 結衣
はい。
下書き状態でエピソードの作成
近藤淳也
そして下書き状態でエピソードを作成した時に下書きページにいくように変更しました。
はい。
意味わかります?
山本 結衣
わかります。
私結構自分の講演演技は一旦下書きに入れる派なんですよ。
はい。
だからいつも、あ、下書きなのにっていう最新巡のところに、だから出ないじゃないですか。
はい。
こう進展をしてパッて下書きで作ったものが出なかったので、出たらいいなとはちょっと思っていて、あ、いいと思いました。
近藤淳也
よかったです。
はい。
この前もDiscordで下書きのエピソード、下書きで作ったエピソードがどこにあるかわかりませんっていうお問い合わせがありまして。
はい。
ガスレアのユーザーさんの間でも解決してくださったんで、その場では解決してたんですけども、確かに下書き保存するとね、まず一旦公開のトップページに戻っちゃうと、
はい。
下書きのタブに気づかないとどこにあるかわからないっていうのと、一手間増えるっていうのがありましたので、下書きにいくようにしたと。
はい。
これ人によってね、僕結構すぐ公開派なんで、公園日記とかも下書きとかあんまりしないんで、すぐ公開ボタン押しちゃうんですよ。
はい。
気づいたら、公開状態で気づいて直せばいいやみたいな。
山本 結衣
出しちゃってからってことですね。
近藤淳也
そうですね。出し好き。
出し好き。
出し好きというか、わりと早めに出すのが好きなタイプと、用意周到な方と。
山本 結衣
手元でこねくり回してから出したいタイプとありますからね。
近藤淳也
性格が出ますよね、こういうところは。
たぶん山本さんはそういう用意周到なタイプですか。
山本 結衣
下書き派ですね。
近藤淳也
公園日記でも一旦は下書き。
山本 結衣
なんか概要欄にこういうことを話したよっていうのを、なんとなく書きたいんですよ。
はいはい。
近藤淳也
写真を載せたい時とかは、一旦あ!とか打っといて下書きにして、後から修正っていうか、編集したいので、下書きにしちゃいますね。
エピソード作成の時にはまだ出てこないんだ。
山本 結衣
うーん、なんか文字起こしとかも出てからがいいかなって気がして。
近藤淳也
一通り見てから、概要も書いて、完成みたいなプロセスがあるわけね。
山本 結衣
そうですね。一回聞き直しながら、まとめて写真載せて。
で、タイトルのところに何個目のエピソードかっていうのを書いてるんですけど、把握せずにいつも取っちゃうので、
何個目だったか確認してからじゃないと出せないみたいな。
近藤淳也
なるほどなるほど。後処理がないとタイトルとかも完成しない感じなんですね。
山本 結衣
うーん、まあ、割と。大したことはしてないですけどね。
近藤淳也
はい。とにかくわかりやすくなったと思います。
はい。
LISTENスタジオと出張収録案内
近藤淳也
そして3つ目ですけど、LISTENスタジオとイベントなどの出張収録についての案内を、ヘルフページに追加しました。
山本 結衣
しました。
近藤淳也
ということで。
はい。
これね、ちょっと新しい取り組みのご紹介ですね。
山本 結衣
ですね。
近藤淳也
はい。まずLISTENスタジオ。
LISTENスタジオ。
はい。前からこのLISTENニュースをLISTENスタジオで撮ってますっていうお話をしたりとか、
あと、unknown京都、LISTENのオフィスにいろんな方がやってきてくださって、
ポッドキャスターインタビューとかね、リスナーインタビューさせていただくときに、LISTENスタジオからお届けしていますみたいな話をしてるんで、
なんとなく概念としてのLISTENスタジオっていうのは、皆さんご認知いただいてる方もいると思いますし、
はい。
それがunknown京都内にあるっていうことも知っていただいてる方は、このLISTENニュースを聞いていただいてる方はいらっしゃるかと思うんですけども、
うんうん。
なんとなくスタジオって聞いてるけど、どう使えるのとか、
山本 結衣
確かに。
近藤淳也
うん。なんなのそれっていうことは、あんまり実は今までご説明できていなかったかなと思いまして、
うん。
今回ちょっとね、その辺を一旦こういうふうに使えますよっていうのを整備しまして、
はい。
掲載しました。
山本 結衣
掲載しました。
はい。
近藤淳也
はい。説明してもらっていいですか。
山本 結衣
あ、説明、はい。
はい。
ドキッてなってますけど。
近藤淳也
あ、そうですか。
山本 結衣
はい。えっと、まずじゃあLISTENスタジオの詳細ですね。
はい。
近藤淳也
えっと、LISTENスタジオの場所を使って、自分のポッドキャスト番組の収録をしていただくことができるようになりました。
はい。これが大きいんですよ。
はい。
あの、今までね、LISTENのオフィス行きますって言ってくださった方に、じゃあインタビュー撮らせてくださいっていう場合は、
基本はLISTENの番組、LISTENニュースに登場いただくみたいなことが多くて、
まあ今までは基本は、だからLISTENとか温度車で使っていただけなんですけど、
はい。
まあ一応スタジオっていうことで、ご自身の番組の収録なんかにも使っていただきますよと、使っていただこうと。
はい。
いうことになりました。
山本 結衣
私も貸し出そうということですね。
はい。
で、その使っていただける対象の方は、LISTENにその番組を配信登録していただける方、
もしていただいている方、もしくはこれからしますよっていう方ですね。
近藤淳也
そうですね。ここはね、ちょっと後から出てくるかもしれないですけど、無償でお貸しするんですけど、
代わりにLISTENの配信店だけはちょっと前提にさせてくださいと。
もう全然ね、関係ないトーク収録をするんでスタジオ使いますっていうのだとちょっとね、
あんまりにも、温度車のオフィスなんで実は。
はい。
オフィスを使っていただくのに、LISTENで配信してくださいっていうことにさせてもらってます。
山本 結衣
はい。で、先ほど言ってましたけど、LISTENスタジオオフィスを兼ねてますので、
ご利用時間が限られる場合があります。
はい。
と、あとはLISTENスタッフが同席可能な場合に限ります。
うん。
ですね。
はい。
近藤淳也
そうですね。実はLISTENスタジオと言ってますけど、温度車のオフィスの部屋でもありまして、
その一角がスタジオ化しているという感じですけど、
オフィスと言う割には割とスタジオっぽく、前がガラス場になってますんで。
はい。
昔あったスペイン坂スタジオみたいな。
山本 結衣
スペイン坂スタジオ。
近藤淳也
はい。知ってますか?
山本 結衣
初めて聞きました。
近藤淳也
そうですね。渋谷のスペイン坂に東京FMのガラス場へのスタジオがあって、
収録している様子が見えるんで、結構有名な芸能人の人が来た時は、前に人だかりができるみたいな。
山本 結衣
へー。
そんな場所があったんですね。
はい。知らないですか?
ちょっと初めて、初見って感じですいません。
はい。
近藤淳也
はい。
に比べるとだいぶ、またね、ちょっと違いますけども、
でもちょっと外から見えるような配置になっていて、
ちょっと様子見てもらいながら収録とかもできますという。
できますね。
エリアなんですけど、一応温度車のオフィスなんで、
特にね、平日の昼とかは普通に業務で使っていたりはするので、
ちょっとその辺で都合が合わない時間帯はすいませんっていうこともあるかもしれないですけど、
一旦ご相談いただいたら、できるだけ対応できるように考えますっていうのと、
あとはちょっと特に最初とかでその機材の使い方とか、
ご利用いただく方法とかの説明とかもいりますし、
それよりもご挨拶したいので。
そうですね。
基本は一旦LISTENのスタッフが同席させていただいて、
っていう形で始めさせてもらえたらと思ってます。
はい。
山本 結衣
今ちょっと機材の話が出ましたが、
スタジオによって使っていただける機材リストは、
ヘルブページの方に細かく書いてありますので、
そちらをご確認いただければなと思います。
機材についての説明
山本 結衣
ご自身の番組を収録される場合に、
オーディオインターフェースを使うのかレコーダーを使うのかとか、
そこも書いてるんですけど、
そこでご持参いただくPCとかSDカードについても書いてありますので、
一応ご利用される際はこちら一度読んでいただいて、
わからないことがあったらメールでお問い合わせいただければと思います。
近藤淳也
はい。機材を大まかに言いますと、
マイクが4本まで刺さるオーディオインターフェースがありますので、
最大4人まででしたらマイクもありますので、
そのオーディオインターフェースを使って、
ちゃんと別トラックで割と高音質の収録ができる機材が揃ってますね。
山本 結衣
ですね。
近藤淳也
あとはそのオーディオインターフェースからPCで録音もできますし、
そのSDカードを刺すだけで収録ができるフィールドレコーダーもありますので、
こちらはマイク2本までになりますけど、
2人の対談とかでもうSDカード1枚だけ、
マイクロSDですけど持ってきていただくだけでも収録ができます。
はい。
ポッドキャスターインタビューと出張収録の案内
山本 結衣
さっきちらっとお話しさせていただいてたんですけど、
今までやっていたみたいなLISTEN NEWSでのポッドキャスターインタビューとかも、
もしスケジュールの都合で可能だったら収録させていただければなと思うので、
そちらもご相談させていただく可能性があります。
近藤淳也
そうですね。せっかく来ていただくんで、
特に最初の時とかはポッドキャスターインタビューもぜひさせてくださいみたいなことで、
お声掛けさせていただくかもしれません。
山本 結衣
ですね。そんな感じですかね。
近藤淳也
あとはちょっとこれ、割と単発に近い用途を想定してますけれども、
もし気に入ったんで毎週収録で使いたいんですけどみたいなことになってくると、
毎回アテンドというか同席とか難しいかもしれないんで、
その時はちょっとまたご相談させていただければと思いますけど、
何かしらご対応できる方法がないか検討したいと思います。
山本 結衣
はい。分かんないこととか、こういうことできるのかちょっと微妙だけど、
ちょっとやってみたいなみたいなことがある場合は、
まず一度メールいただければご相談させていただけますので。
近藤淳也
そうですね。
山本 結衣
はい。そんな感じでお願いします。
近藤淳也
お問い合わせください。
出張収録に関する詳細
近藤淳也
はい。
どうですか。何か使ってみたいこととかあります?
山本 結衣
使ってみたいこと。えぇ、そうですね。
でもなんかいつもは機材あんま持ってないからボイスメモでやってますとかいう方も多分たくさんいらっしゃると思うので、
ちょっと機材買ってみたいんだけど、ちょっと使い心地どうかわかんないとかいう場合もあるじゃないですか。
確かに。
だからちょっとお試しで使ってみたいので貸してくださいっていうのもありかなっていう。
近藤淳也
そうですね。マイクとかコーディオンインターフェースとか買ってみたいとかグレードアップしたいって思ってるけど、
実際どんな風になるのか試してみたいみたいな方はいらっしゃるかもですよね。
山本 結衣
しかもなんかいきなり使い方もわからんのに買う勇気が出ない方もいらっしゃると思うので。
近藤淳也
確かに確かに。
マイクはね、割と定評のあるこのシュアのSM7Bっていうマイクも2本ありますし、
それ以外も定番のSM58とかゼンハイザーのマイクとか各種取り揃えておりますので、
いろいろ試していただいて、自分の好きな音ってどれかなとかマイクとの相性を見てもらうみたいなこともできると思いますし、
あと僕のおすすめはやっぱり対談番組のオフライン収録ですかね。
山本 結衣
そうですね。
近藤淳也
普段オンラインで録ってるけど、たまには面と向かってというか顔合わせて話したいってなった時に、
突然マイクが何本かいったりとかオーディオインターフェースもその2本以上刺さるものが必要になったりとかするので、
もしかしたらその機材がなくてやり方がわからないとかやりにくいっていう方もいらっしゃるかもしれないんで、
一回そういうお試しとかで使っていただくのもいいんじゃないかなと思いますね。
山本 結衣
ですね。どんどん活用していただけたら、このいっぱい急音材が張られたオフィスもいいですよね。
近藤淳也
そうですね。活用できるんで。
日の目を見るというか。
別に減るもんじゃないんで、急音材とか音をどれだけ吸っても減らないし、マイクもそうですけど、
長く使えるもんなんで、いろんな方にも活用いただければなと思っています。
そしてですね、もう1個これはまた別で出張収録のお話ですけど、先日出張収録してきた音声が公開されました。
山本 結衣
おー。
聞きました?
近藤淳也
何ですか?
上坂さん。
山本 結衣
あ、それちょっとまだ聞いてないんですよ。
聞いてないですか?
上がってるなっていうのは見たんですけど。
近藤淳也
ちょっとさっき気づいたんですけど、上坂あゆみさんの私より先に丁寧に暮らすなの最新回が先日LISTENチームで出張収録をしてきた音声で上がっております。
昨日ですね。
山本 結衣
昨日なってますね。
お嬢様言葉で嫌いな奴の話をする。
はい。
めっちゃ気になりますけど。
近藤淳也
お嬢様言葉で嫌いな奴の話をする。
うん。
気になるでしょ。
山本 結衣
なんとかですわってことですよね。
あ、すごい。
近藤淳也
そういう口調で始まります。
山本 結衣
あー、楽しみです。
近藤淳也
はい、なんでかわかります?それ。
山本 結衣
なんでか?
うん。
なんでですか?
セーブで撮ったからです。
あ、なるほど。
近藤淳也
お上品にね、お嬢様っぽくね。
山本 結衣
だと僕は思ってます。
近藤淳也
あー、そういうことなんですかね。
山本 結衣
あのお上品なフロアだったんで。
近藤淳也
あー、なるほど。会場に合わせてお子どもを丁寧に。
なのかなって。
山本 結衣
でも内容は嫌な奴の話なんですよ。
まあ、そうですよね。
そこの、あれがいいですね。
はい。
近藤淳也
ちょっとめっちゃ気になってます。
でしょ?そのまあ、ギャップですよね。
まあ、上手だなと思って。
あの、公開収録に変わった瞬間に、お二人の口調が変わったんで。
なあ。
おーって思って、何が始まったのかなと思って。
はい、ちょっと面白かったです。
山本 結衣
それまではなんとかですよとかって喋ってたのに、
じゃあ公開収録始めますってなって、始めますわってことですもん。
近藤淳也
そうですそうです。
あの、前半は普通の口調で、
その、イベントのためだけのトークをやってたんですよ。
山本 結衣
あー、なるほど。
近藤淳也
で、ここから公開収録ですってなったら、はい。
何年ですわ?そうですわね、みたいな。
で、うかいさんもね、合わせてるんですよ。
山本 結衣
あー、そうなんですね。お二人とも。
めっちゃ気になるから、聞きたいなーって。
近藤淳也
まあ、ぜひ聞いてみてください。
で、この音声は、はい、まあ僕も会場に行って、
LISTENの機材、出張収録用の機材を使って収録した音声になってますので、
今回のそのイベントの出張収録を始めますっていうのを、
サンプル音声として、もう聞いていただけると思うんですけれども、
まあ、自分で言うのもなんですけど、結構聞きやすく撮れてるんじゃないかなと、
はい。
山本 結衣
いいですね。
近藤淳也
思っております。
はい。で、まあちょっとこの紹介は前回もね、してましたけど、
やっぱり、普段オンラインで撮ってても、こうやって公開収録で、
ちゃんと会場にも音が聞こえて、かつ後で配信にも使えるような音声で撮るって、
まあちょっとした機材がいるんで、
普段の配信の機材ではちょっと足りないとか、何かが足りないとか、
ノウハウがわからないみたいなこともあると思うんで、
なんかやっぱりこういうのに役に立てるなっていうふうに感じたんですけども、
まあそれをきっかけにね、ちょっとその、
もしポッドキャスターさんで何かイベントやりたいとか、
そういうときに収録でちょっとお困りとかだったら、
もう行きますよと、
うんうん。
ということで、
はい。
出張収録メニューもヘルプに加えさせていただきました。
山本 結衣
いました。
近藤淳也
はい。
これもちょっと紹介してもらっていいですか。
山本 結衣
はい。えっと、出張収録はまず対象の方から言いますね、
イベントでの内容をLISTENで配信してくださる方ですね。
この場合は、すでにポッドキャスターをやっている方でもいいですし、
この収録をきっかけにポッドキャスターを始めようという方でも大丈夫です。
近藤淳也
そうですね。
山本 結衣
はい。
可能であれば、LISTENでイベントのアーカイブを有料配信とかっていうふうにしていただけると、
すごく嬉しいなという気持ちもあります。
近藤淳也
そうですね。
無料でポッドキャストの通常回として配信されるっていう場合でも使っていただけるというか相談がありますし、
よくあるのはイベントのチケットを販売していて、参加が1500円しますとか2000円しますとかっていう場合も多いと思うんですよね。
そうすると、よくあるのは公開収録をするとしても、今回の上坂さんみたいに会場の方だけのためのトーク内容もあったりすることが多いじゃないですか。
そうしないとね、
全部後で無料で聞けるのかってね。
山本 結衣
何のために行ったねんってちょっとかねないですからね。
近藤淳也
かねないでっていうことで、その場だけのコンテンツっていうのを話される方も多いと思うんですけれども、
そういう内容を取っておいて、LISTENの有料配信機能を使って後から販売とかもすると、
あんまりこう、がっかり感というか、他のチケット買っていただいた方も損した気にもならず。
かつ、その当日どうしても行きたかったけど来れなかったとか、チケットが全部売れていて行きたかったけど行けなかったみたいな方も
参加した気持ちになっていただいて、ファンを増やすっていうことにもなると思うんで、
そういう形でね、ちょっと有料配信も併せてゲットいただければなと思ってます。
山本 結衣
この出張収録は、基本的にはLISTENスタッフがイベント会場に出向いて収録のお手伝いをするっていうものなので、
エリアは基本的にはですけど、関西圏か東京。で、その他はご相談くださいっていうような感じですね。
近藤淳也
そうですね。関西または東京でも必ず行きますというのもまたさっきのね、日程の調整とかが合わないと難しい時もあるかもしれないですけど、
一旦関西、東京エリアでメインで行きますよっていう気持ちです。
山本 結衣
気持ちです。
費用についてなんですけども、基本的には無料ですが、遠方の場合などで交通費とか実費がかかる場合などはちょっとご相談させていただく場合もあるので、
一旦お問い合わせいただければなというような感じですね。
近藤淳也
そうですね。これもちょっとシチュエーションによりまして、東京でもたまたま東京に行く日程と合ってるんで、
それに絡めていくんで交通費とかいれませんみたいな場合も全然あると思いますし、ちょっと本当それはケースバイケースだと思うんで、
ちょっと曖昧な書き方ですけども、無償から実費っていうふうにさせていただいていて、あったらちょっと相談させてくださいっていう感じですね。
あとですね、今はこれ出張収録ということで、音響エンジニア的な役割として想定をしてますけど、
例えばイベントをもっと手伝ってほしい、例えば当日の受付の人出してくれないかとか、企画もちょっと手伝ってくれないかとか、
有料エピソードの価格設定に関する不具合修正
近藤淳也
そういう感じになってきたらできなくもないかもしれないので、ちょっとそういうことができそうな関連のメンバーとかもいますので、
山本 結衣
それをご相談いただいたらちょっとそこらへんはもう人が動く分は実費になっちゃうと思いますけど、できなくもないと思うので、もしニーズがあればご要望があればご相談いただければと思います。
出張収録について機材を先ほどありますよっていうのを言ってたんですけど、
どんな機材があるかとか細かいリストについてはこちらもその出張収録のページに記載しておりますので、ご確認いただければと思います。
近藤淳也
そうですね、ヘルプのページに書いてあるので見てくださいって感じですけど、こちらも3、4本ぐらいまでマイクが刺さるオーディオインターフェースがありますので、
最大4本ぐらいまではそのままマイクをつなげてお話しいただけるようになってます。
あとはちょっとスピーカーが今持ってないんで、だいたい会場のスピーカーにつなげさせてもらって音を鳴らしたり、逆に会場の音響から音を録ることが多いんですけれども、
もしどうしてもスピーカーが欲しいってことであればちょっと考えようかなとは思ってます。
山本 結衣
はい、見当の余地ありって感じですね。
近藤淳也
はい、そうですね。
山本 結衣
この機材なんですけど、出張収録とかじゃなくて機材だけ貸してほしいよっていう場合ももしかしたらあるかなと思うんですが、
こちらについてもまたご相談いただければと思います。
近藤淳也
そうですね、どうしてもいけないけど機材さえあればなんとかなるんでみたいな場合とかあるかもしれないんで、
山本 結衣
ちょっとその時は相談に乗りますのでご連絡ください。
近藤淳也
なんですけど、どうですかね、これはどんな方に使っていただきたいですかね。
山本 結衣
どんな方に、そうですね。
最近、ポッドキャストに関するイベントにいくつか参加させていただいたりとかしている中で、
せっかくだからこれ後でも聞けたらいいのになみたいに思うことが何回かあって、
なので、チケットを販売したからその場にいる人だけにしか聞けないようにしなきゃっていうんじゃなくて、
後日にいろいろエピソードで販売するとか何らかの形でいろんな広くそこでの雰囲気を届けたりとか、
そこでのお話が聞けるようになったら、もっともっとせっかくポッドキャストなので、
後にも残していけるような形にできたらいいのになってふんわり思う機会が結構あったので、
近藤淳也
視聴収録でそれができるようになればいいかなと感じます。
LISTENスタジオとイベントなどの出張収録に関する案内の追加
近藤淳也
ポッドキャストフリークスの時もね、興味ありますって言っていただいたりしてますんで、
近々実現するかもしれないですけど、そうですね。
ポッドキャスターさんでもちょっとファンミーティングとかね、公開収録とか、
実際のリスナーさんと顔合わせてイベントやってみるっていうのにご興味のある方は結構いらっしゃるなっていうふうな実感としても思ったんで、
そういう時にね、呼んでいただいたらハセさんじますので。
山本 結衣
さんじょうって。
近藤淳也
実際どんな雰囲気か見てみたいですし、僕たちもいろいろそこで刺激をもらったりもできるんで、
いろいろ絡ませてもらえたらなと思いますし、
おそらくそのポッドキャスターさんとかリスナーさんも楽しいんじゃないかなと思いますよね。
普段やっぱりいつも声を聞いているけど、直接会ったことがないっていう人と会うと楽しいっていう話は何回も出てきてますけど、
ほんと楽しいんで、みんな楽しいんじゃないかなと。
で、コロナもね、明けてきてイベントも割とできるようになってきてるんで、
そろそろこの辺で実際のリスナーさんと会ってみようみたいなね、そこに乗り出していただくのもいいんじゃないかなっていう気はしますね。
山本 結衣
そうですね。あと三島さんみたいにトークイベントを収録することからポッドキャストを始めてみたいなパターンもきっとあったらいいなと思うので。
近藤淳也
そこもね、そうなんですよ。よくね、お店の中でトークイベントやったりとかっていうのをされてる施設とかもあるじゃないですか。
で、最近は配信してることもあると思うんです。
当日の会場のチケットとライブで配信してるんで動画で見れます。
例えばズームで限定公開のリンクをチケット買ってくれた人にお渡しするんで、オンラインでも見れますよみたいな。
一応リアルとオンラインのハイブリッドっていうのは増えてはいると思うんですけど、
その場合、それもいいんですけど、時間を合わせなくちゃいけないっていうのと、
ズームのアーカイブとかが見れたりすることも多いと思うんですけど、動画のアーカイブって見なくないですか?
見ます?
山本 結衣
なんかトークイベントとかだと、どんな方が喋ってるのかは知りたいけど、喋ってるとこずっと動画で見てるよりかは、どっちかっていうと話が聞きたい感じがありますね。
近藤淳也
なんかまあ間延びしてるっていうかその、って言ったら悪いですけど、
当然、始まる前のちょっと間とか、質問ありますか?とか言ってる間とかがあるから、
それをリアルタイムだったら自分も質問できるかもみたいなので、まだいいけど、
後でそれをずっと見てるのって結構しんどいなって思ったり、
あとは画面そんな変わらないっていうか。
山本 結衣
画的に何かが起こるわけではないですからね。
近藤淳也
登壇者の顔を見て、こんな方なんだなってわかったら、ある程度は映像的には一緒なんで、
音の方が何かしながら聞けるしいいなみたいなこととかは僕もあるんですけど、
だからそういうタイプのね、もうすでに配信してるんで、もうやってますって思われるかもしれないですけど、
意外とその後からちょっと不要な部分をカットして音声で配信っていうのも、
結構二次利用というかの方法としていいんじゃないかなと思うんで、
そういう自分で登壇されてる方だけじゃなくて、
そういう配信とかイベントの運営とかに関わられてる方とかにもちょっとね、
検討いただけるといいんじゃないかなと思いますね。
山本 結衣
そうですね。
近藤淳也
ちょっと熱くなっちゃいましたけど。
山本 結衣
またちょっとわかんないこととか、やっぱりここがわかんないよとか、
この辺どうなの?みたいなのあったら本当に気軽にお問い合わせいただければなと思いますね。
近藤淳也
はい。そして最後はトップページを変更しましたですね。
はい。
気づきました?これ。
山本 結衣
気づきました。というかバナーが左に寄っているなというので気づきました。
近藤淳也
バナーが左に寄っている。
ログインしている方はそんなに音楽は変わらないですけど、
山本さんが言ってくれたようにバナーが左に寄っていたり、
あと最初にあなたのおしゃべりがっていうようなキャッチコピーみたいなのが入っていたのが消えて、
そうですね。
かなり上の方からコンテンツが始まっているような構成に変わっています。
はい。
っていうのがログインユーザーで、あとこれをゲストの状態で見てもらうと、
もう少し大きめのサービス紹介みたいなものがまず出てきて、
でコンテンツが始まるっていう構成にちょっと乗っています。
はい。
はい。どうですか?
山本 結衣
私的にはですね、その上のあなたのおしゃべりの部分がなくなり、
フォロー中のやつがフッとすごく上の方に来たので、すぐ聞ける。
スッと一回スクロールするあれがなくなるので、パッて聞きたいときにはすごくいいなと思いました。
近藤淳也
なるほどね。
え?
だったらよかったですね。
はい。
あとちょっと幅も広がっているんで、スマホだとあんま変わらないんですけど、
PCの場合はフォロー中のリストの個数がちょっと多めに見えてたりとか、
とにかく早めに聞きたいものにたどり着けるようにちょっとやってるんですけど、
はい。
トップはさらにちょっと悩んでます。
山本 結衣
悩んでます。
近藤淳也
はい。
ね、近藤さん。
そうなんですよ。
うんうん。
まあ悩みポイントとしてはですね、
山本 結衣
はい。
近藤淳也
いくつかあるんですけど、なんか、やっぱいろんな人が興味のあるものがちゃんと出てないとダメだなと思っていまして、
ずーっとね、去年ぐらいから議論をしている長屋、レッスン長屋。
山本 結衣
はい。
近藤淳也
もうだいぶやっぱりいよいよ本当に長屋の規模じゃなくなってきてると思うんですよね。
うんうん。
昔はその、まあみんな顔の見える仲のいい長屋みたいな状態だったと思うんですけど、
はい。
まあ毎月何十人っていう方が新しく声日記を始めたりとか、
新しいポッドキャスト登録してくださったりとかって増え始めていて、
うんうん。
まあ全員が全員を知ってるみたいな状態ではもうないわけですよね。
そうですね。
はい。ってなると、やっぱ自分の周りのものがきちんと見えるっていう風にこう映っていかないと、
うん。
知らない人たちばっかりなんで自分は関係ないサービスだなみたいなのになるともったいないし、
かといって、だけど始めたばっかりでそんなに知り合いもいないよっていうとこから皆さん始まると思うんで、
はい。
そういう人たちがね、こう楽しんでもらいつつ、
まあ既存のたくさんの方と交流を深めてる方も楽しむようなトップページってどうしたら作れるのかなっていう。
難しい。
山本 結衣
自分が見たいものをちゃんとカスタマイズして表示されるっていう側面と、
新しいものと出会ったり、また新しく入ってきた方のやつをいっぱい聞けたりとか、
さらにこう交流の輪を広げていくための仕掛けのあるもの側面とが両立するためにはどうしたらいいのかってことですね。
近藤淳也
そうですね。
あとはあんまり新しい人が疎外観を感じてほしくないっていうのも結構テーマとしてはあって、
だからそこの両立どうしようかなっていうので、大きくはね、2つ方向性があると思ってまして、
一つは、いわゆるポッドキャストアプリ的なトップ。
山本 結衣
ランキングとかがいっぱい出てくるみたいな。
近藤淳也
今のリストのトップはそれに近いと思うんですけど、一旦フォローが出てきて、
その後最近よく聞かれてるものだったりとか、注目のやつとか、テーマごとに公園日記タグが出てきたり、
なんとかってカテゴリーっぽくいろいろなものが出てくるみたいなので、
大体のポッドキャストアプリはそうだと思うんで、
自分の身の回りプラス新しい発見みたいなので構成していって、
他にも面白いのあるかなと思ったらどんどん聞いていけるみたいなのが多いと思うんですよね。
っていうのが一つと。
もう一つはですね、タイムライン。
山本 結衣
タイムライン?SNS的な感じですね。
近藤淳也
前もちょっと長屋の話の時に、トップをフォローのみにしてしまうのもありかもみたいなのちょろっと言ってたと思うんですけど、
例えばツイッターとかインスタグラムみたいな、基本一個じゃないですか。
山本 結衣
そうですね。
近藤淳也
リストが。一個のものを上から順番に見ていくみたいな構成になってますよね。
あれって身の回りの人、自分で興味のある人をフォローして、
プラスちょっとオススメのものが混ざってきたりするみたいなもので、
山本 結衣
ずっと自分と関係がある、興味のある、そんなものだけがどんどん流れてくるんでずっと見てしまうみたいな。
ありますね。
近藤淳也
のになっていて、あのモデルもありなのかなって。
そのポッドキャストアプリでは一般的じゃないかもしれないですけど、
ただ結構LISTENって、だんだん慣れてくるとやっぱり気になる人のやつはフォローして継続的に聞くんで、
ネットフリックスの映画見たら、もうそれで終わりじゃないですか。
でもそうじゃなくて、この人のポッドキャストは聞くってなったらずっと聞いてるみたいな、
有料エピソードの価格設定に関する不具合の修正
近藤淳也
フォローに近い視聴体験をしてると思うんで、
そのフォローっぽい感じというか、タイムラインっぽい感じもありかなとか思ったり。
悩んでおります。
山本 結衣
悩んでおりますね。
なんかポッドキャスト、フォローしたポッドキャストと、
あとはなんか興味に応じてって言うんだったら、
ハッシュタグとかがフォローできたら、それがついてるやつが並ぶとか、
一旦、LISTENはコミュニティ機能があったりとかして、
結構ポッドキャストごとの交流もあるし、続けて聞きたいとか、
あとは自分の興味に応じたものをチェックしときたいみたいなのが、
いわゆるタイムライン的な、SNS的な感じなのかなって思うし、
LISTENにはそういう特徴もちょっとあるかなと思うので、
振り切っちゃうのもありかなっていう気は、私はなんとなくしておったりおらなかったり。
近藤淳也
そうですか。でも新しいの探したりもしたいですよね。
山本 結衣
そうなんですよ。新着は私結構見てるので、そこも捨てがたいんですけど。
近藤淳也
新着っていうのはどれ?
山本 結衣
3月開始とか、LISTEN配信の新着とか、最近登録とか、
やっぱ新しいの出会うのはやっぱここなんですよね。
近藤淳也
やっぱ見ます?そこは。
山本 結衣
結構。
近藤淳也
ってなるとやっぱり意外と今のが、もちろんいいと思って今回も更新してるので、
いいと思ってるんですよ。
山本 結衣
今のベースでいろいろおすすめとか増やしていくのもありなのかな。
か、2パターンみたいにして、ちょっと違うけどXみたいな、
フォロー中とおすすめ2タブみたいになってるじゃないですか。
あんな感じで、興味に応じたタブと、
もう新着とランキングに振り切ったタブとか。
フォロー、ん?
今のは、興味に応じたっていうのがフォローみたいな感じ。
近藤淳也
の方です、はい。
っていうのと、新しいものを探しに行くのが横に並んでいる。
山本 結衣
はい。なんかこう、切り替えれるようにする。表示切り替えみたいに。
近藤淳也
ということは、どっちを使いますかっていうのを選べるってこと?
山本 結衣
そうですね。両方パターンがあって、
そんな難しいこと言ってるかもしれないんですけど、
近藤さんの表情見ずつ。
なんかこう、カチッみたいなスイッチみたいなのがあって、
フォロー中表示中とか、新着ランキング表示中みたいな。
カチッカチッって変えるっていう。
モード切り替えみたいなやつで覚えてくれるってこと?
基本的、デフォで最初にリストを開いたら、フォロー中が出て欲しい人。
とか、新着ランキングの方が出て欲しい人。
それが設定できるかどうかはあれだけど、
フォロー中、自分の興味関心に関わるページと、
新着ランキングに関するページっていうのがパッて切り替えられたら、
どっちの側面にも対応できるのではないかなみたいな。
近藤淳也
なんか小さくなったけど。
山本 結衣
自信がなくなってきました。
近藤淳也
いやー、もう究極これ人によって違うんで、
全員100点はないっすよ。
山本 結衣
そうですね。
近藤淳也
そういう世界です。
あとあんまりね、そのややこしくすると分かりにくくなったりとかもあるんで、
ある程度、正直どっちにしたいの?みたいなとこもあると思うんですよね。
これ、LISTENは声のSNSですとか。
タイムラインってそういう感じですよね。
そうですね。
みたいなのか、あくまでいろんなポッドキャストでやれるサービスですみたいなのか、
ちょっとよるのかなって思うんですけど。
いやー、こんな聞かされてもって感じかもしれない。
山本 結衣
これをここまで聞いてくださってる方は、
きっとLISTENを結構使ってくださってるLISTENユーザーさんも結構いらっしゃるかなと思うので、
私はこっち派ですとか、こういうので見てたらいいですみたいなのがあったら、
教えていただけたらなという気持ちもあるし。
そうですね。
近藤淳也
あと現状で感じてることとかでもヒントになるかもです。
解決策もあれですけど、今こんなふうに使ってて、
こういう時にちょっと不便だと思ってるとか、
これがちょっとやりにくいかもとか、
それも結構いいかもしれないですけどね。
ポッドキャストとかで話してもらうといいかもですね。
確かに。
耳で聞くとすごい考えながら聞くんで、
いつもフィードバックいただくときに考えますね。
山本 結衣
こういうふうにしてほしい、もちろん嬉しいけど、
至ったこういうふうに使っててこう思ったみたいなのがあったら、
じゃあここはこうしたほうがいいかもみたいなのが、
考えながら受け入れていけるというか、
近藤淳也
そうですね。
こういうふうにしてほしいみたいな具体的なことも全然ウェルカムですけど、
山本 結衣
もちろんそれとあとコメントとかも全然大丈夫ですけど、
近藤淳也
もし何かご意見というか、感想とかご意見とかありましたらね、
お寄せいただけたら嬉しいです。
山本 結衣
嬉しいです。
はい。
じゃあ今日はそんな感じですかね。
ですかね。
近藤淳也
はい。
山本 結衣
じゃあ本日は価格設定や下書きエピソード作成に関する修正や、
LISTENスタジオ、あとイベントの出張収録、
ドブページの変更についてお知らせをさせていただきました。
近藤淳也
はい。
山本 結衣
では本日も最後まで聞いていただきましてありがとうございました。
近藤淳也
ありがとうございました。
40:30

Episodes Mentioning This Episode

Playlists Including This Episode

Comments

『あなたのおしゃべりが誰かの人生を豊かにする』は、あ、なくなっちゃったと私もちょっと思いました。 あと、ガイドを頼りに、おすすめモニターヘッドホン(のワイヤレスタイプ)をきのうポチったんですけど、ガイドは、これから始める皆さんに向け、ログイン前のページのどこか上のほうにあるかなと、ちょっとうろうろして、で、下に小さく「ブログ」とある、あの入り口からしか行けないなら、もったいないかなと思いました。いやいや、ここじゃんという大きな何かを見落としていたらすみません(ありがち)。そして、情報ありがとうございました。

ホンヤスキーラジオでまーちんさんが、「コミュニティの運営は新規の人を中心にフォローする、馴染んでくれた人はもう自分たちで勝手になんとかなってくれる」というようなことを言っててなるほどーと思ってました

Scroll