1. でこぽんFM
  2. 第28回 矢沢あい展に、ぼくら..

矢沢あい展、ふたりで行ってきたぞー!最高だった。その興奮そのままに、だべっております。深夜に収録したから、妙なテンションのふたりです。

✓ご近所物語、天使なんかじゃない、子どものおもちゃは娘に読ませたい
✓翠への複雑な感情
✓カラフルはいいぞ
✓私たちは、ケンちゃんとは結婚したくありません

ところで、冒頭5分くらいは、ぜんぜん関係ない話(共通の知人、941さんについて)で盛り上がっている。

941さんのPodcast「ほっとテック」
https://hotto.tech/

941さんのブログ「941::blog」
https://blog.kushii.net/

941さんが番長を務めるコミュニティ「裏ドングリ」
https://donguri.fm/membership/join

あいちゃんの同僚、かねともさんがやっているPodcast「いきぬき給湯室」
https://anchor.fm/kyutoshitsu

ALL TIME BEST「矢沢あい展」
https://yazawaai-ten.com/

鼎泰豊(小籠包が最高)新宿店
http://d.rt-c.co.jp/shinjuku/

第19回 曖昧な記憶で矢沢あいを語る(でこぽんFM)
https://spotifyanchor-web.app.link/e/oIRwnZunOsb

-------

フリーBGM・音楽素材 http://musmus.main.jp より

お便りはこちら💌  https://forms.gle/7KsQbVK6yqju3EuU6

感想は #でこぽんFM で🐦

00:00
でこぽんFM
あいちゃんです。
のぞみです。
本日も始まりました。
始まりました。
こんなこと、言ったことなかったけど。
急な、疲れすぎて変なテンションになるやつじゃない?それ。
今日もね、夜中に収録しております。
ちょっとそろそろ眠いからね。
変なテンション。
ダメだね。朝も眠いし、夜も眠いし。
一体いつ撮ればいいんだろう?
夕方?
うん。
こないだね、前夜中やったらすごいいい感じだったからね。
味をしめてたんだけどね。
ちょっと遅すぎたね、開始が。
日曜日なのに。
そして嬉しいお便りが届いています。
読んでいいですか?
お願いします。
941と書いて、くしーさんです。
くしーさんのことをご存知の方も、もしかしたらいるかもしれないんですが、
私が敬愛している、どんぐりFMのリスナーコミュニティ、
うらどんぐりの裏番長として知られているコミュニティを取りしきっている方ですね。
それ第一肩書きなの?
本業もご立派なんですけど、すごい書いてるのを紹介してしまった。
そっちが出てくんだね。
お二人ともうらどんぐり加入おめでとうございます。
私も4月からポッドキャストを始めたので、実は毎回欠かさず聞いています。
ゆったりお互い頑張りましょう。
優しい。
なんと毎回くしーさんが聞いてくれてるなんて、私はこれで初めて知って、ちょうびっくりしたんですよ。
えぇぇぇって。
よかったね。
もともと知り合い?そういうわけじゃない?
うらどんでしか絡んでることは、存在?
くしーさんってブログをずっとやられてて、オフィス訪問の記事ですごい私は初めて最初知って、
だからうちの会社も、オフィスが渋谷から外援前に移転したときにくしーさんをお誘いして、
私が入る、入社する前だけど、オフィスレポート書いてくださってました。
そうなんだ。
くしーさんにオフィスレポートしてほしい会社めっちゃいっぱいあるはず。
そうなんだ。すごいね。そうなんだ。
最近書いてらっしゃらないのかな?どうなんだろう。
で、そんなくしーさんとうらどんぐりで遭遇して、ああ、あのくしーさんだって私は思ってたんですけど。
そうかそうか。先にそっちをしてたんだね。
ほんとコミュニティ運営がすごいんだよな、くしーさん。
いや、すごいね。私もなんかびっくり。
デコポンでさ、メンバーシップやってみようみたいなこと話してたじゃん。
だからなんか、コミュニティ運営ってどうやってんだろうみたいな感じでさ、
ちょっとこっそり学ぶかみたいな感じで入ったら、うっかりさらされてしまってばれたんだけど。
でもすごいと思った、ほんとにくしーさんが。優しい振る舞いが。
03:02
ね、みんなには超優しいんだよな。
あの、一人ぼっちになったりさ、阻害感感じるみたいな人がいないよね、きっとね。
いないと思う。
あのふうにしてくれたら。
なんかね、新しく入った人がいたらさ、すぐ挨拶してさ、こんなふうにやるといいですよみたいなの教えてくれたりさ。
しかも、テキストコミュニケーションでそういう空気出せるって本当にすごくない?
確かに。
ね、リアルでさ、なんかヘラヘラ我々は頑張ることはたまにしてるけどさ、
テキストであれってちょっとすごいよね。
確かに。なんだろう、あの空気感。
お会いしたことないのに、なんかニコニコと穏やかに見守ってくれている感じを脳裏に浮かべている。
本当だよね。もう会いたくてしょうがないもん、もう私。
えぇ、会いたい。
会いたくなるよね、あんな空気出されたら。
すごい素敵だなと思った。
なんかその、あのコミュニケーションを見守れるだけでも入ってる意味あるよね。
確かに。学びがすごい。
いや、すごいよ。本当にすごいと思った。
なんだろう、しかも本人がこう無理してやってない感もすごいんだよな。
すごい楽しんでらっしゃる感じが。
なんだろう、天才なのか、根っからいい人なのかな。
その裏どんぐりのね、有志でさ、裏どん通信ってなんか解放を作ってらっしゃるんだけど、
そういうの編集長っていうか、国旗人でなんかやりたい人みたいな感じでやりたい人募って取りし切って、
なんかどんだけ仕事ができるんだと思いながら見守っている。すごいよね。
いや、すごい。なんかね、なかなかすごいよ。
ちなみにこのお便りも、私と、あと同僚の金友さんと一緒になんかイベント登壇することがあって、
その金友さんがその宣伝をこうFacebookでされてたら、なんか串井さんが「お、出るんだ」みたいな。
で、デコポンFMと金友さんもあの、ポッドキャストやってるから、
いけいのき急投資ね。
いけいのき急投資やってるから、あの「デコポン急投資じゃん」みたいなことをFacebookでコメントしてくれてて、
金友さんが「お便りください」ってそれに返信したら、「デコポンには出しておきますね」って。
金友さんと串井さんは元同僚だから、そういう掛け合いをしてたんだけど。
で、「デコポンには出しておきます」ってコメントついた直後に、本当にお便りが来てた。
えー、優しい。
すごいと思って、もう本当に来てる。すごい。感動した。
有言実行。
有言実行&実行が超早いっていう。
すごい。
すごい。あ、串井さんの話をこんなにしてしまった。思わず。
全然。フラッグでちょっとやりとり見ただけの人のこと、こんなにしゃべれるってすごいんだけど。
06:03
ね、本当だね。
私、全く存じ上げなかったけど。
もうあれだけで、一瞬ですごいと思ってファンになってしまったよ。
トリコになってしまうよね。
あと10年とか、あんな風になれないか。
人間性的だね。
それだね。それだよ。それそれ。
何年かに染み入れる何かが必要なんだ。
それよ。それだよ。
ダメじゃん、もう。
そんなことないよ。
そっちの属性じゃないな。
なれなくても憧れってこともあるしね。
そうそう。でも、20代の時の自分と30代の自分、全然違うから、きっとなれる。
そっか。確かに。まだまだ変われる。
だから、人はいつでも変われるから。っていう、なんか、衛星。
怖いんだけど、励ましかった。
奇跡公園。
夜聞くと怖いな。
謎の啓発本みたいなこと言うんですね。
この間も、人間成長しようとか言って誘われたし。
これ、啓発ポッドキャストなのかな。
自己啓発、啓発ポッドキャスト。
いや、怖いな。
マッチャな本校に、だんだん私も引きずられるのかな。
そして、我々は先日、八沢愛店に行ってきました。
行ったね。暑い中行ったなんだよね。
すごい暑い日だったね。
めちゃくちゃ暑かったよね。
本当、着いた瞬間、私、何度か聞いたよね。あいちゃんに。
本当に並ぶ?って。
確かに。なんか、もう、出会った瞬間から帰ろうとしてたよね。
そう、あんなさ、張り切ってさ、ポッドキャストでも八沢愛店の話したのにさ、
完全に、あの、先行発売で買うの忘れてて、行こうって約束してる前日に、
そういや、コロナだし、最近、なんか美術館とか、だいたい予約販売だなーって思って、チケット見たら、
全部売り切れてて、ガーンって。
なんかがくっついてるやつ欲しいって言ってたよね、だって、収録し。
セブンチケットの、なんか特典ついてるやつが欲しかったの。
その場でポチらないとダメなんだよ。
ポチればよかったんだよ。
で、もうちょっと諦めそうになったけど、当日券があるってのを見て、どのぐらいあんのかなって、
Twitterで色々見たら、割といけそうだったので、
よし、オープンの前から並ぼうって言って約束してね。
10時15分ぐらいから、朝ね、並んでね。
並びましたね。
まいちゃんなんか、もうさって迷ってたじゃん、もうたどり着けないみたい。
もうね、気持ちが先走りすぎて、会場に直ぐで行ったら、空いてなかったよね。
当日券並ぶ場所違うから、そこじゃない、1階だから。
のんちゃんに、なんか会場にたどり着けないって、
そもそもあの、会場のフロアがまだ10時半オープンだったから、
09:04
エレベーターも止まんないし、エスカレーターも降りれないし、
どういうトラップなんだって、すぐ一人で焦ってて。
あんだけTwitterで情報集めてたのに、場所の情報見てないっていう。
情報収集に偏りがすごいあるよね。
ほんとそういうとこあんだよな。
私も偶然だけど、たまたま降りて、たまたまここで配布してますっていうのが貼ってある場所で、
たまたま送付しただけだけど、
自然情報1個も調べてないで行ってるから、あの日。
のんちゃんにさ、聞いたら1階だよって言われて、いいってなったよ。
いや、もうなぁ、めっちゃ並んでて絶望したもん。
だからもうその時点で、あっ、もうこれはないなぁ、みたいな。
そしたらあいちゃん、結構諦めずにさ、係の人とかに聞き込みに行ってる。
これはどのぐらい行けますかね、みたいな。
だいたい1日に当日は、1時間につき何枚配布されるんでしょうか、とか。
めっちゃ聞いてたよね。
めっちゃ聞き込みしてた。
いや、でも行ってよかったよ。
帰らなくてよかった。
ね、ほんとに。
諦めなくてよかったよ。
よかった、ほんとに。
2人でね、入る前にリンタイフォンでケーキ漬けして。
もうあれもね、美味しかったね、小籠包。
あれもめっちゃ楽しかったし。
なんかこぼしてなかったっけ、あいちゃん?
ハイボールこぼした。
盛大にこぼした。
よかったなぁ、よかった。
すごーい、てん。
なんかでも見てさ、意外とご近所物語が一番記憶あるのかも、とか、
そういうのが、一番鮮明?記憶が。
とか、そういうのがね、自分でびっくりだった。
イラストのほとんどとかにさ、見覚えとかあってさ。
確かに。
しかもさ、あれ、うちらが小学生のとき。
小学生、小学生だよ。
よくあんな話をさ、読んでたよね。
すごい大人の話じゃなかった?
めっちゃ大人。
大人の恋だったね。
でもなんかクリエイターっぽい話でもあるし、
夢を追いかける系だもんね。
矢沢愛先生がその子、服飾の、なんだっけ、学校出身で、知らなかった。
あの頃書いてたっけな、そんなこと。
うん、書いてあったよ。書いてあった、それは。
そうそう、そうなんだよね。
だから、ああいうね、おしゃれな雑誌。
登場人物みんなおしゃれだった。
おしゃれだよね、ほんとに。
いやー、すごい懐かしかったな。
なんかさ、二人でさ、見ながら話してたのがさ、
絵ももちろんめちゃくちゃ上手だけど、文章書くことがすごい良いよね。
文章がすごい人だね。
ね、Pライティング力がすごい。
あんなに絵が上手いのにそれもある。ほんとにすごいよね。
どっちもあるんかいっていう。
いや、ほんとに。
天才じゃん。名言って感じだったよね。
名言の嵐でも。
あ、ちがう。あいちゃんめっちゃ写真撮ってたじゃん。
12:01
写真撮ってたよ。
どれが一番響いた名言だった?
ああ、私の写真撮った名言。
みかこのお母さん。
なんか私、親目線でさ、ちょっと見ちゃうのもあってさ、
みかこの、あの、木んじょ物語の主人公の女の子のみかこのお母さんが、
みかこに言ったセリフで、
みかこはファッションデザイナーになりたいっていう夢をさ、
もう明確に持ってそれを突き進んでる子なんだけど、
で、両親離婚してて、お母さんに女で一つで育てられたみたいな感じなんだけど、
そこに出てきたセリフで、
私は夢中で育てただけ。
子供をたくましくするのは親の知らないところで起こる。
たくさんの出来事かもしれないわね。
みかこが出会ったすべての人たちにママは感謝してるわ。
というセリフがございまして、
あー、そうだよね。親の知らないところの。
私それ読んだ時に、小学生なのに泣いた記憶がある。
うん、泣いたわ。
このシーン覚えてたよね。めっちゃ覚えてるよね。
覚えてた覚えてた。
小学生なのに泣いたよ。
どの気持ちで、どの視点で泣いたんだろうね。
わかる。
わかんないけど、泣いた、そこ。すごい印象深いね、確かに。
そう。
あとさ、金平糖がさ、出てくるじゃん。
これはどっちだ?ご近所か。
ご近所物語なんか、アナザーストーリーか。
子供の?
あれ?違うか。妹の話か。みわこちゃんの話。
みわこちゃんの話で、
みわこちゃんがお腹が痛い時にコンペットあげたら治るんじゃないか、みたいな話を、
お互いの馴染みの子たちがしてて、
お父さんが「これは君たちの愛が詰まった魔法の薬だよ」っていうセリフが、
のんちゃんが、のんちゃんが、キョトンとして、それ?って顔をしてた、今。
そこ?
いや、なんかさ、私、金平糖にさ、なんかちょっとさ、特別な感情があったの。
当時?これを読む前から?
あ、そう。
あ、これを読む前からじゃなくて、人生において?
うんうんうん。
で、なんでかなって、なんか忘れてたんだけど、多分これ読んだからだな。
そうだね、確かに。
ね。あ、金平糖ここで出てきたんじゃんって思って、なんか自分の真相心理を思い出した。
あー、そういう、ごめん、キョトンとしてごめん、そんな。
真相心理の大事な思い出に対して、キョトンとしてごめん。
いや、そこって思った顔してごめん。
ひどい、私の金平糖。
誰だね、天使なんかじゃない恋愛漫画の金字塔と書かれていて、もうおっしゃる通りなんですけど、
のんちゃんがね、生徒会の漫画って言ってた。
学園青春恋愛ドラマと言ってしまうと、ちょっと軽いんだけど。
ちょっと反省したよ、だから。
生徒会の話でしょって言ったの、やざーアイテムで。
15:03
天使なんかじゃないコーナー見ながら、ちょっと反省したよ。
そうだよ。なんたら忘言なんだ。
生徒会の話だったら、いっぱいあるよね、そんな作品。
しかも、あんまり面白くなさそうだし。
生徒会の話はメインじゃないんだよな、別に。
それのやつでさ、私一番好きだったのは、
主人公のみどりちゃんと、恋人のあきらは、
一期生として、新しくできた学校に入って、一緒に生徒会をやるんだけど、
そのみどりちゃんたちが卒業するときの、送事の言葉を送る言葉で、
しのちゃんっていう、超かわいい後輩の女の子が、送事の言葉を述べるんだけど、
「自分を信じること、周りを愛すること、明日を夢見ること、
先輩たちが教えてくれた幸せの三原則を、私たちは決して忘れません。」という送事の言葉。
これもめっちゃ泣いた記憶がある、4で。
小4ぐらいだよね、多分ね。
めちゃくちゃ泣いた。
どういうつもりで泣いたんだろうね。
私たちが思ってるより、小学生って大人なんじゃないかな。
結構理解して泣いてたと思うよ。
そうだよね。私さ、娘が今小4だからさ、
ちょっと天使なんかじゃないと、子供のおもちゃをさ、読んでほしいよね。
え、なんで今ここで、禁じ物語カットされたの?
そうだ、忘れてた。
やばい、子供のおもちゃへの思いが強すぎて、違う漫画挟んじゃった、今。
ちょっと子供のおもちゃ、メンヘラ感なかったけど。
でもなんか正義のさ、正義感が強いんだよな、主人公のね、サナちゃんがね。
うん、確かに。
やばい、違う漫画の話挟んだ結果、訳わからん子だった。
子供に言わせたいのは、天使なんかじゃないとご緊張物語だって、
矢沢一軒では言ってたじゃん、あいちゃん。
言ってました、ちょっと今、もう夜中で頭がわきやかになって、
その後、子供のおもちゃも買わないとなって、思って話が混ざった。
いつ読んでもらったほうがいいね。
天使なんかじゃないとご緊張物語と、子供のおもちゃ。
娘に読ませたほうがいいよね、これは。
読ませたい。
なんかさ、そう、人を、自分、周りを愛することなんでしたよ、
みどりさんがやってらっしゃったのは。
なるほどね。
え、ちょっとでも、みどりちゃんみたいな、いい子に感情移入できないなって言いながら、
天使見てたじゃん、あいちゃん。
みんなは、でも、マミリンが好きなんだよ、結局は。
いや、だって、あれはそういう展開だよね。
マミリンっていうのは、みどりちゃんの親友の女の子で、ちょっと素直になれない、
天真爛漫で、みんなから愛される、みどりちゃんのことをうらやましいなって思いつつ、
ちょっと素直になれず、パッと見、ブスっとしてるように見えるみたいな女の子の、名台詞。
嬉しい時はちゃんと喜んで、悲しい時はちゃんと泣けるような、そんな当たり前のことが、みんな意外とできなかったりするのよ。
18:02
私は、さえじまみどりみたいになりたい。
きやー、マミリンってなるやつ。
みんな、そこが一番好きなんじゃない?
このシーン、めっちゃ好き。
だよね、読んでるとき。
そう、なんかさ、みどりちゃんみたいな、天真爛漫で、みんなに愛されてっていう女の子には、
あんまり感情移入できなかったんだよな。
そうなんだ、意外。
ね、あの時も意外って言ってたよね。
あ、確かに。意外だよ。
普通に、まっとうに、みどりちゃんが好きそう、あいちゃんは。
みどりちゃん、全然な。
全然って言うと、あれなんだけど、
好きは好きなんだけどさ、
なんか、いいよなって、いいよなって思っちゃう。
マミリンみたいな気持ちで見ちゃう。
みどりはいいよね、みたいな気持ちで見ちゃう。
そうなんだ。
なんでだろう。なんでそう思ってしまうんだろう。
ね、天真爛漫に来てるのに、
みんながあいちゃんのことそう思ってるかもしれないよ。
みどり若かもしれないよ、あいちゃんが。
俺はそれで嬉しいな。
悩まずポジティブだから。
私はあのカラフルってさ、番外編、
五金所物語のさ、番外編のやつがすっごい好きだったことを全く忘れてたけど、思い出して、すっごい重い気持ちになった。
カラフルっていうのは、主人公の三ヶ子ちゃんの中学生時代の話の番外編なんだけどさ、
いや、ちょっと読み返してはわけじゃないから、
いまいち記憶はやふわだけど、
「委員長」って呼ばれてるさ、真面目に、
委員長、学級委員長なのかな。
で、真面目で、親の言われた通りに勉強してるみたいな子なのかな。
でも実は小説書きたいみたいな夢があって、
で、なんかクラスに全然馴染めない、派手派手な三ヶ子ちゃんと、
その二人が交流してるうちに、三ヶ子ちゃんのまっすぐな姿勢に打たれて、
委員長も自分のやりたい小説の夢に向かって頑張るみたいな、
たぶん、そういう話だったと思うんだよね。
なんかそれが私、すごい好きで、当時。
それを思い出した。
だからそれが入ってる間、買おうかな、キンドルで。
読み返したくなった。
それもさ、大人だよね、なんかね。
それ、え?どういうこと?
なんかさ、その話を理解できるのが大人じゃない?
でもなんかの、居場所ない窮屈感みたいなものの表現もさ、
思春期の時って、大なり小なり、みんな多分あって、
なんかそういうのが、わかりやすく派手だからっていう感じで、
ね、表現されてたけど、なんか共感しやすいのがあって、
三ヶ子ちゃん側にもあるし、なんか本当にやりたいことあるけど、
やりたいって言えないみたいな側も共感する人もいるし、みたいな、
すごく上手なね、対比だったんだと思うんだよね。
どっちもさ、感情移入できるよ。
だから好きだったってこと思い出したから、ちょっと買おう。
また、お近所物語の名言、あれじゃない?
なんだっけ、覚え、なんかハッピーエンドじゃなくて、
強い心みたいな、なんかさ、そういう名言。
なに、その名言。
こう、近所物語名言で調べて。
21:01
え?そんなざっくりしたの、検索で出る?
ハッピーエンドで調べればいいのかしら。
近所物語名言、ハッピーエンドじゃなくて、強い心みたいな。
展示されてた?
されてた、されてたよ、されてた。
写真撮ってないな、それ。
手に入れたいのはハッピーエンドじゃない、
鍛え抜かれたハッピーマインドだ。
あー!絵も含めて覚えてる。
これさ、三ヶ子ちゃんがロンドン留学に行くっていうのを決めた時か。
そうそうそうそう。
なんか、ずっとこのツトム君との2人のモヤモヤしたさ、
うじうじした感じからのさ、強い感じだよね、これ確かに。
だいたい覚えてないわ。
でもすごい、すごいなんかね、すごいよね、確かにハッピーエンドじゃん。
ハッピーマインドって何?
強い心ってことでいいのかな、この鍛え抜かれたハッピーマインド。
なにかとハッピーになるマインド?
ポジティブってこと。
ポジティブってことじゃない?雰囲気。
メンタルの強さでしょ、だから。
確かになって言うね。
いいよな。
あったね。
うん、いいの多いね。
でこ!
でこぽんヘブン!
でも1個だけさ、うちら2人でさ、恐ろしいわって、
あの頃とやっぱ見た、見方が変わったシーンあったよね。
なんだっけ?
あのさ、また天使なんかじゃないの話に戻るんだけどさ、
天使なんかじゃないで、主人公のみどりのことをずっと好きでいた、
けんちゃんっていうあの、歌うたってる男の子が、
なんかデビューするかもみたいなくだりで、
おめでとうみたいなこと言ったら、
天使のほほえみっていう曲は、みどりの歌だから、みたいなことを言って、
でこれからめちゃくちゃ惚れちゃう女の子ができて、
結婚とかして、ヨブボのおじいさんになっても、
あの歌を歌うときだけは、
絶対みどりの笑顔が目の前に浮かぶと思うんだ、みたいなことをけんちゃんが言ってさ、
なんか、キュンみたいなシーンあるじゃん、みどりちゃんが。
あったあった。
あったね。
マジでなんて恐ろしいセリフを言うやつなんだと思って。
そこで話したね。
絶対やでしょとか言ってね。
絶対やすぎるもん。
けんちゃんと絶対結婚したくないなって。
思った思った。
これ読んでたときは、みどりちゃん側でね、キュンってしてたけどね。
なんか、ハーってなってたけどさ。
大人になるとね。
これ一番恐ろしいセリフだよね、これ。
呪いのセリフじゃない?
ホラーだよね。
ホラーだった、ほんとに。
確かに。
めちゃくちゃ嫌だよね。
自分よりさ、大切な人がずっと心にはいます宣言みたいな感じだもんね、その未来の相手からしたらさ。
24:05
なんてこと言う人なんだろうと思ったよね。
確かにな。
でも、未来の人はさ、それ言ってんの知らないからさ。
それがまた構造的に怖いよね、絶対に。
みどりちゃんの歌だって気づかない未来の相手。
けん、いい歌歌うなって思いながらさ、うっとりして聞くんだよ、それ。
自分のために歌ってくれてるって気持ちで聞いてるけど、実はっていう。
いや、ツラ。嫌すぎる。
めっちゃツラいね。あれだけは大人になると、あれだね。
見方が変わるね。
見方が変わったね。
ほんとだね。
いやー、ちょっと。
子供にさ、買ってさ、読ませたときにさ、もう一回読み直して、また感想教えてよ。
一緒に読んでさ。
そうだね。そうだね。そうするわ。
通しで読むとまた違う気がする。
名前面だけ割と切り取ってみたからね、今回は。
どこで泣くか、また自分がどう変わるか。
あー、そうだね。泣く?泣くかな?
26,7で「天使なんかじゃないよ」読み返したときは、信じられないぐらい泣いた記憶が。
過呼吸になるかなってぐらい泣いた。
どこで読み、家で読み直したの?普通に。
家で読んだんだよな。あの店内どこ行っちゃったんだろう。
あー、売られたよ多分。それを、本屋が売ってたね。
何度も売られる。
うちに、ものも売られてる。
えー、今読んで泣けるのかな?
ちょっと読み返してみるか。
って言いながら、でも、読み返してからさ、天使行こうとか言って、読み返してないからね。
確かに。でもほら、八沢愛店横浜にも来るから。
もう一回行くの?
もう一回読んで、もう一回行く。
皆さんも、ハッシュタグ八沢愛店でツイッター検索していただくと言った人たちは、写真OKな展示会だったので、
名シーン、名場面を撮った写真がいっぱい出てきて、とっても幸せな気持ちになるので、おすすめです。
見てみてください。
これから行く人は、じゃ、逆に見ないほうがいいんだね。
あ、確かに。ネタバレ。
行かない人は見たほうがいい。
行かない人は見たほうが幸せになります。
行った後見ると、より振り返れて。
これも写真撮っとけよかったって思う。
え、私一枚も撮ってないんだけど、写真撮りたいよくってどういうこと?
見返せるじゃん。
あ、そうか。
自分の見たいときに。
あ、そうか。ググったら出てくる?
あとあれだよ。ほら、合法的に、合法なのかな?
合法的に名刺をSNSに上げられる。
いつやるんだっていう説はあるけど。
いつやるんだ。
あの、DECO PON FMへのお便りもお待ちしてます。
27:02
Twitterは、#DECOPONFMでツイートしてくださったら、すぐ見に行きます。
待ってまーす。
DECO DECO~
PON PON PON PON PON~
DECO DECO~
PON PON PON PON PON~
DECO PON PON PON~
ご視聴ありがとうございました!
27:25

Comments

Scroll