1. クリエイターエコノミーニュース
  2. 世界が共感!フォートナイトが..
2023-09-29 11:16

世界が共感!フォートナイトが見せたクリエイターエコノミーの未来

【2023年9月30日配信】世界中で数億人がプレイする人気ゲーム・フォートナイト、その開発元であるエピックゲームズが大量の人員削減を発表しました。しかしそれは実は、今後のクリエイターエコノミーにも良い意味で影響しそうなメッセージでした。その内容にクリエイターは・・・。

フォートナイトの開発元のEpic Games、従業員解雇を発表
https://bit.ly/3LI8GZt

フォートナイトクリエイティブの支出が収益を上回るため
https://bit.ly/46z3dwl

★今日の一言
丸亀製麺では、トッピング、ごまを多めにするタイプです。

★無料ニュースレター
https://creator.theletter.jp/

★ハイレゾ配信
https://kagua.fanbox.cc/

★公式Twitter
https://twitter.com/creator_enews

VOICEVOX:雀松朱司・猫使アル
https://voicevox.hiroshiba.jp/dormitory/

BGM by OtoLogic(CC BY 4.0)
https://otologic.jp/

#フォートナイトクリエイティブ #フォートナイト #CreatorEconomy #プラットフォームからのメッセージ #クリエイター支援 #クリエイター基金 #ゲーム制作 #ゲームクリエイター
#TASCAM #DR07X #ハイレゾ #ひとり語り #男性トーカー #クリエイターエコノミー #毎日配信 #クリエコニュース202309 #AI読み上げ #AI #仕事術

Summary

人気ゲーム「フォートナイト」の開発元であるエピックゲームスは、全従業員の16%に当たる830人の解雇を発表しています。解雇の背景には、クリエイターエコノミーの変化や競争の激化があると言われています。また、エピックゲームスはクリエイター支援のための取り組みを行うことを発表しています。

00:03
Speaker 2
クリエイターエコノミーニュース
Speaker 1
この部屋は、ネット大好き3人がネットで活躍クリエイターやインフルエンサーの話題をやいやい語る部屋である。
どうも、カグアです。
Speaker 2
あるだよー。
あかしです。
Speaker 1
いやー、そういえば最近、フォートナイトのゲームのマップあんまり作れてないんだよな。
Speaker 2
クリエイター活動できてないのね。
Speaker 1
あー、なんだかんださ、なんかそんなに仕事が立て込んでるわけじゃないんだけど、なんだかんだ9月ってさ、すげー早く過ぎちゃった気がするんだけど、気のせいかな?
Speaker 2
仕事が忙しくない時ほど、時間過ぎるの早いかもですね。
Speaker 1
ゲームマップ制作も、ちょっとね定期的にはちゃんとやらなきゃなーっては思うんだよね。
で、今日はそんなフォートナイトを運営するエピックゲームスがあることを発表して話題になっている。
Speaker 2
何やら、クリエイターエコノミー全体にも関わりそうなのですよね。
えー、それは大変ね。最後までしっかり聞かないとねー。
Speaker 1
そのことを取り上げよう。
Speaker 2
そんじゃー、言ってみよう。
Speaker 1
じゃあ、この記事読んでもらえる?
Speaker 2
2023年9月29日、ギガジンの記事です。
エピックゲームスの厳しい決断
Speaker 2
人気ゲーム、フォートナイトの開発元のエピックゲームスが、全従業員の16%に当たる830人の従業員を解雇することを発表。
Speaker 1
じゃあまず一つ一つ見ていこう。
まず、世界中で人気のフォートナイトというゲームがある。
で、そのゲームを発売運営しているのがエピックゲームス。
世界中で何億人というもプレイヤーがいるというぐらいの人気ゲームなんだよね。
そのフォートナイトというゲームの中に、ユーザーが作ったいろんなマップ、いろんなゲームを公開する機能があるんだよね。
フォートナイトクリエイティブって言うんだけど。
で、今はそのユーザーが作ったゲームがものすごい人気になっていて、エピックゲームスもそのクリエイターを後押しするようないろんな施策を打っている。
で、今回のニュースなんだけども、その運営元のエピックゲームスが全従業員の16%、結構な数だよね。
16%に当たる830人の従業員の解雇を発表したと。
で、これ単なる発表だったら、まあいわゆるねIT企業、スポティファイとかもそうだけども、結構海外の大手IT企業がレイオフをするという話題が続いてた。
まあそのことの一つかなとも思えるんだけども、実はこれ背景が他とは違う。
今回解雇される多くの人たちは開発ではなくて非開発部門の人が多いらしいんだよね。
だからゲームのクオリティとしては下がらないので皆さん安心してくださいよというふうにはなっている。
さらに、なぜここまで解雇しなくちゃいけないのかというのが、エピックの発表によるとこんなふうに言っている。
エピックゲームスは収入を大幅に上回るコストをかけて将来への投資を行っていました。
またフォートナイトに人気が従来のバトルロワイヤルモードよりも利益率の低いクリエイティブモードに移行したことで収益モデルが変化してきました。
そのことを受けて財政を安定させるということで今までいろんな努力もしてきたんだけども、今回残念ながらレイオフに踏み切りますというようなことを言っているんだよね。
クリエイターエコノミーの変化と競争の激化
Speaker 1
今までは元々エピック自身が運営していたバトルロイヤルモードというのがあって、それが非常に人気があってその中でゲームの中のアイテムが売れているというビジネスモデルが多かったのよ。
だけども最近はユーザーが作ったマップで多くのプレイヤーが遊ぶようになったから、そっちの利益率の高い方のビジネスモデルはちょっと減ってきたということだよね。
そして最近こういったメタバース、仮想空間の中でユーザーがいろんな体験をするというメタバース、そのメタバースも本当に競争が激しくなっているんだよね。
海外だとロブロックス、ゼペットといったサービスがものすごく人気で、そしてこの間東京ゲームショーとかでもロブロックスとかがものすごい大きなブースを出していて、本当に世界的にも成長しているのね。
さらに最近だとフェイスブック、メタ社がまた新しいVRゴーグルを出すとか、あとさらにはAppleもVRに参戦するなどなど競争が激化していくわけだよね。
だからそういう中でエピックも当然投資の手は緩められないという中では、メタバースの中でクリエイターにいろんなものを作ってもらわないといけないわけだよね。
だからその投資は減らすわけにはいかない。むしろクリエイターを作ってくれるクリエイターを囲い込むためにエピックは数年間にわたってクリエイターに還元する利益を分配するというクリエイター基金を代々的に行うということを発表してるんだよね。
だからそれは結局やめないということなわけだよ。だから言い方を変えれば、自分たちの身を削ってでもクリエイターの皆さんの収益は守りますよというメッセージを出したとも言えるんだよね。
Speaker 2
ハッシュタグクリエイコ
Speaker 1
これ私も自分の界隈のコミュニティとかいろんなタイムラインを見てるんだけど、やっぱり結構好意的に受け止められている。
そしてクリエイターの多くは、じゃあ俺らが頑張らなきゃみたいな感じで、むしろモチベーションが上がるというような広がり方を見せている。
まあそりゃそうだよね。経営が苦しくなった、じゃあクリエイターへの還元の割合をパーセント減らしますよって言われたら、それはクリエイターとしては悩むよね。
でヨシンバ、他のメタバースのゲームを作ろうかとかなっちゃうもんね。
だからもちろんエピックとしてはクリエイターへの手厚さを減らすという選択肢はないのかもしれないけども、それでも今回私たちはここまでやってさらに支援しますよというメッセージを出したと言えるので、
これは今後のクリエイターエコノミーの流れとしては大きな波紋を広げるんじゃないかな。
そう、というのも最近、例えばTikTokが収益化が始まって、日本人でも毎月ものすごい額が入ってくるというようなつぶやきを投稿している人もいる。
それからあとは最近はX、Twitterの方でも、まあヒロイケさんなどがTwitterから収益が上がっているという投稿をしているなどというように、
プラットフォームが広告費ではなくクリエイターの囲い込みとして利益を還元するという動きが広がっているんだよね。
だけども今回のエピックのようにクリエイター支援をもう全社かけて支援しますよというようなメッセージを出しているところまではさすがに言ってないんだよね。
実際、X、Twitterのクリエイター支援についてはやっぱりヒロイケさんでもあの額かぐらいの感じの少なさだったので、まあまあそんな稼げないよねというような意見もちらほら見られるぐらい。
なので、体力があるところがクリエイターを囲い込むというよりは今後やっぱりクリエイターを支援しますよという明確なコミットメントをしてくれるところがクリエイターの心をつかんでいくんじゃないかな。
一方でクリエイターとしてはちょっと俺らのせいでクビにされる人が増えちゃうというのはちょっと気が引けるかもしれない。
ただ今回の発表の中でそのレイオフの内容にも書かれている。
オートマトンというウェブメディアの記事にはそのことが書いてあって引用します。
ゲーム開発や中核事業に支障がないよう解雇された従業員の3分の2はコア開発メンバー以外のチームが対象になった。
また解雇された従業員へのサポートとして6ヶ月分の基本給また6ヶ月分の医療費を含む退職金などが提供されるということなんだよね。
いやー半年間フルサポートってこれ結構手厚いと思うんだよね。
退職金まで含んでるわけだから。
なので従業員への同情というようなコメントもそんなに私は見なかった。
なのでメッセージとしては市場にやっぱりクリエイターを守る。
これからもクリエイターを支援していくというようなニュアンスで伝わったように見える。
いやーだからこういうプラットフォームからのクリエイターへのメッセージ多分こういう動き今後増えていくんじゃないかな。
Speaker 2
APIC APIC 一生ついていきます。
全力でクリエイターに還元する姿勢他にも広がるといいわね。
Speaker 1
クリエイターエコノミーニュース。
はいというわけでアフタートークです。
最近秋ドラマが始まりましたね。
Speaker 2
私が今回は注目しているのはパリピ孔明です。
Speaker 1
パリピ孔明というのは人気コミックのドラマ家なんですけどもその前に実はアニメ化もされているんだよね。
でアニメ化は私もうフル録画して全部見てっていう風にぐらいハマっていて本当面白かった。
なんかね後半になってきたら毎回に私泣いてた。
なんだろうあのいわゆる中国のあの古き孔明が現代日本に降り立ってくるといういわゆる異世界ものの逆バージョンなんだけどでも中身はあの青春コメディなのよ。
だから毎回毎回主人公の頑張りとかその孔明の巧みな戦略のこう大逆転とかなんかいろんなところでねほろっとさせるところがあってね。
アニメはね毎回私楽しみにして見ていた。で今回向井治さんそれから上白石茂香さんが演じて第1回はねネット上ではかなり評判らしいんだよね。
そうで私ねまだ見てないのよ。なんかねあのいい作品と言われてるものは結構まとめてゆっくり時間をとって見たい派なんだよね。
そうだからね一応録画が成功してるのは確認したからちょっとで今本当にバタバタしてるんでそれが収まったらちゃんと見ようとは思ってるけどいやー楽しみ。
私はネタバレありは全然大丈夫な派ですので皆さんも見た人いたら感想などコメントしてくれると嬉しいです。
本当ね音声配信は反響がねないのがモチベーション維持するのが大変なのでぜひ皆さんコメントお待ちしています。
緩いながらも一時早々をちゃんと確認するメディアクリエイターエコノミーニュースや香川が毎日クリエイターエコノミーに関するニュースをブックマークしていく中で心揺さぶられたものをお届けしています。
毎日の収録配信と週に1回の無料のニュースレター2つの媒体で情報発信をしていますのでぜひフォロー登録よろしくお願いします。
丸亀うどんに行った時は最後のトッピングごまを比較的たくさん多くかける派です。
週末ですね皆さん的な週末お過ごしください。ポッドキャストアワードのミニーに俺はなる。
Speaker 2
また明日もこの部屋で待ってるぜ。ではではバイバーイ。
11:16

Comments

Scroll