1. コンテンツフリークス
  2. #32 アニメ「呪術廻戦 渋谷事..
【感想回】#32 アニメ「呪術廻戦 渋谷事変」宿儺復活!?最強の五条先生がついに…呪霊がもつ虎杖の記憶とは

6〜17話の内容について話しています🧙
とにかく戦いっぱなし!領域展開シーンはぜひ見てほしいです!

【TwitterX】コンテンツフリークスで検索するとパーソナリティ二人のアカウントが見つかります【おたよりフォーム】話してほしいコンテンツがあったり、番組の感想があれば下記グーグルフォームからお願いします!https://forms.gle/TMvs7NjGxSg44cjR6

---

Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/carabinerfm3/message

Summary

本日はアニメ呪術廻戦について話します。呪術廻戦は渋谷事変ですね。本当にすごい作品です。特に戦闘シーンはとても派手で、感動します。アニメ「呪術廻戦〜渋谷事変〜」のエピソード32では、宿儺が復活し、五条先生が強さを見せました。さらに、ジョーゴとスクダの戦闘や五条先生の領域展開など、圧倒的な戦闘シーンが続きました。アニメ「呪術廻戦〜渋谷事変〜」では宿儺の復活が描かれており、五条先生が最強の力を発揮しています。また、虎杖の記憶と呪霊による関係にも触れられています。

Table of Contents

アニメ呪術廻戦について
Speaker 1
コンテンツフリークスは、映画やドラマ、アニメを中心に、パーソナリティ2人が今気になるコンテンツについて、ディープに語るポッドキャスト番組です。
Speaker 2
みっくんです。あきです。はい、始まりました。コンテンツフリークス第32回になりまーす。
ということで、本日はアニメ呪術廻戦について話していきます。 呪術廻戦、渋谷事変ですね。
第17話までからか、第6話から17話まで話していきたいと思います。
17話が伏黒が出したマコラとスクナが戦ったところだね。そこまでを話していきたいとおもいます。
Speaker 1
はい、いやー、呪術廻戦すごいね。相変わらず。 いやもうね、あのね、戦闘シーンがまじでド派手すぎて、もうやっぱり、もうそこに尽きるから、もう。
いやほんとだよね。 とにかくすごかった。やっぱね、もう領域展開のところ、もう毎回痺れるね。早く領域展開しろって毎回思うもんね。もうずっとそれ待ち。
Speaker 2
いやほんとだよ。 すごく良かった。
なんかもうね、話はもはやどうでもいいんじゃないかっていう感じもしてくるぐらい。
Speaker 1
ほんとにそうだよね。そのぐらい、なんかその、もう、なんかアフアクションのド派手さがすごすぎて、もうそれ楽しむだけで、もうアクション好きにはたまらないと思うけどね。
なんか割と見始めてさ、うわ、映像やべーって思ったらもう終わってるもんね。毎回。 そうだね、ほんとそうだと思う。
常に戦闘シーンしかないしさ、今回に関しては。これはもうね、やばいっすわ。 そうなんだよね。始終戦い続けてるんだよね。
本当は多分並行で戦ってるところもあるけど、めちゃくちゃだよね。 すんげー戦ってるからなぁ。
Speaker 2
ほんとにアクション好きにはまずぜひ見てほしいって感じですよね。 そうだね。
Speaker 1
いやーもうね、戦闘シーンどれも良かったし、これはやばいっすわ。 まずあれだよね、あの前回話した五条と下等の過去編?
うん。 あるとまず絵柄がさ、戻った感じというかこの雰囲気がちょっと暗い感じに戻ってるよね、まずね。
いやだいぶ暗いよ、もうずーっと暗いもので。 あそこがさ、だいぶ鮮やかな感じで描かれてたからさ、
今回はもうずっと暗いトーンだけど、アクションはもうド派手みたいな感じだったね。 そういう回だったね、全体的には。
でもなんか見ててさ、前は前は結構絵柄違うなーって思わんかった。 あーうん、ちょっと思ったそれは。
Speaker 2
なんかこれ並行して作ってってんのかなーみたいな感じを受けたな。 なんか人、描いてる人違くない?みたいな。
のは結構思ったね。 あーやっぱそうなんかなー。 うーん、だから主担当の人が並行して違う人で作ってそうな感じはなんかあるなーと思ったけど。
なんかツイッターでちょっとマッパーのアニメーターの人が結構ね、
戦闘シーンの魅力
Speaker 1
あの会社はやばいブラックだっていう風にね、リークがすごい流れてて。 ちょっとなんか見たの、それ。
Speaker 2
すごいブラックっての見たけど、俺マッパすごいって話しかしてないから、 そのタイトルを読んで見ないようにした。
中には入ってないから分かってない。 そうだね。 いやーなんか本当、最後のさ、フシグロ出したマコラとスクナの戦闘とかは完成度が30%ぐらいでもう出さざるを得んかったみたいなのをそのアニメ作ったアニメーターの人は言ってたね。
マジで?あれ30%なの? そう、時間が給給すぎて、30%できてもう出すしかなかったみたいな。
マジで?やば。なんかあれだね、いろんなところに驚くね、その感想は。 30%しか出せなかったっていうところに驚くし、30%であれなんだっていう。
Speaker 2
めちゃめちゃすごいけどな。 だから多分ね、スケジュールがやばいんだと思うな。 スケジュールめちゃくちゃ詰めて、かつマッパーやっぱ最近さ、どのアニメの戦闘シーン見てもさ、
やっぱ有名どころマッパーがやってるじゃん。 だから多分相当並行してアニメーターの人、まあそのマッパーの抱えてるアニメーターなのか、社員じゃんかどうかわかんないけど、
フリーランスの人とかを呼んで帰ってもらってると思うから、本当に多分相当詰めたスケジュールで作ってるんだろうなっていう感じだね、それを聞く限りは。
Speaker 1
なんかあれだもんね、呪術回戦の街の風景とさ、実際の現実の写真と比べた比較図みたいなのもさ、よく出てるもんね、ネットに。 出てるね。 めっちゃリアルだもんな。
作り込み度でさ、全部やってると思うとさ、そりゃ時間足りないよね。
Speaker 2
あのね、背景も書いてるのかわかんないけど、すごいよねあれは。 なんか呪術回戦ゼロをね、4ヶ月で作ったらしいよ。
Speaker 1
いや、ブラック、ブラックすぎるなと思って。なんかもう笑えないレベルでブラックになっちゃってるなと思って。
そうなんだ。いやーでもそのレベルでこれができるっていうのはすごいと思うし、ちょっとあれだね、それを聞くとさ、その人たちが100%120%出てきた時の、出した時の絵を見たいよね。
Speaker 2
見たいよね。だから、まあそのネットのそのTwitterとかだと、作品のこと考えるんだったらもっと時間かけてでもっていう話もあるし、まあでもそれだと商業的に難しいのもあるだろうしね。
まあでもアニメーターの人の給料がそんなに高いわけでもないし、そこら辺はなんかこう、どうやって俺らがお金を払うかっていうところもあるかもね。
はいはいはい。 まあ一応公式でね、ネットリックスで見てるんでね。
いやー個人的にはその人たちの120%を見てみたいな。 見てみたいねー。
Speaker 1
いやー映像本当すごかったよ。 もう本当に今回の機はマジでもうそれに尽きるね。
本当に良かった。本当に良かったね。
Speaker 2
作画とか結構違いあったけどさ、全体の中でどの話が一番良かったとかある?
Speaker 1
あー、俺結構さ、なんだろうな、まあそうそう、毎回結構違って、特にあの郊外かな?の時とか、と、えーと、スクナの辺のシーンとかは結構違ったなーって思ってたんだけど。
Speaker 2
いやー全然違ったよね。 だからあのバッターとの戦闘シーンはあれお休み会だったと思う。正直。
Speaker 1
お休み会か。まああれはでもすごいと思ったけどな、あの無限に出てくるやつ。
無限に出てくるやつ? あれお休み会だった? うんそうそう。
Speaker 2
なんか結構紙芝居風だったなって思った、あそこは。
Speaker 1
あーマジで?あれはなんかああいう、わざとああいう風にしてるんだなって。あれはあれでいいかなって思ったけどね。
Speaker 2
なんかさ、その前のさ、やっぱ、あのゴージョウ・サトルとシグロ当時の戦いを見た後にさ、あれが来るとさ、いやもう、レベルが違うからこの動きなのかな?みたいな。
ははははは。はいはいはいはい。
特定の戦闘シーンの評価
Speaker 2
すごすぎてヌルヌルに見えたけど。
Speaker 1
うんうんうん。
Speaker 2
あそこはどうだろうね。
Speaker 1
うん。やっぱり今回良かったのはやっぱり、中ではスクナの領域展開のところかな。
あー、マコラとの戦闘?最後の一部あったかな?
うん、最後のところかな。
Speaker 2
壁レキのところかな。
Speaker 1
うん。 あそこが良かった?
Speaker 2
うん、あそこが良かったね。
俺的に一番好きだった戦闘シーンは、蝶荘とイタドリの戦闘シーンのところが一番好きな作画だったかな。
Speaker 1
あーいや、あそこも良かったなー。
Speaker 2
あそこがね、俺的にはなんか、今回のその17話までを押した中では一番完成度高いなと思った。
お、マジで?
うん。いや、なんか、アニメーターの人が言ってるさ、最後のその壁レキの部分は30%ってのもなんかわかるなっていう感じはして、
その最後の1話に関しては結構ね、止めてみるとね、なかなか作画が崩壊してるところも結構あって。
マジで?
動かしてるのはすごいヌルヌル動かしてる感じあるけど、結構絵自体は描き込めてないなって感じの絵だったから。
Speaker 1
あ、そうなんだ。いや、俺ね、ダメなんだよね。こういうのさ、もう好きなキャラに偏っちゃうからさ、
フシグロパパとスクナ好きなんだよね、まず。だから俺もうスクナ出てきた時点で大興奮だから、スクナ戦ってるってなったらもうね、好きってなっちゃうんだよね。
Speaker 2
絵の動きとか関係ないね。
そうなんよなー。
なんかそこは結構、その長僧対イタドリのシーンに関しては、本当どこの場面で止めても結構綺麗に描き込まれてるし、
あとね、戦闘のカメラワークがすごくて、戦闘シーンの構図でさ、キャラ目線とかだけじゃなくて、結構なんか下の方からキャラクターの足元からお二人を見てる構図とか、そういうのが結構。
確かに視点はかなりいろんなところから出てた気がするよね。
いいなーと思って。なんか漫画にない角度だし、動きもかなり滑らかで色も綺麗だったし。
なんかあそこさ、トイレとか買ったりしててさ、地下鉄で結構ネオン系のカラーとか結構出てたじゃん。
それとかも結構綺麗に光出てたから、あそこまでが多分体力があった時期なんじゃないかなっていう、俺の予想。
Speaker 1
体力があった時期とか言うな。
Speaker 2
体力があってちゃんと100%まで描き込めてたんじゃないかなっていう、あそこら辺までは。
Speaker 1
いや、あれ長走の戦い方もさ血液だし、トイレのシーンも水を噴射するしさ、やっぱ液体系の描写ってかなり難しいと思うんだよね。
いやーそうよね。
あれをやっぱ作り込むってのはやっぱすごいんだろうけど、やっぱり俺はスクナ好きだから、スクナの地域の方ね。
もう描き込みが尽きたよほんとに。
Speaker 2
あそこはね、もう絵柄変わっちゃってたもんね。
Speaker 1
ありとあらゆるもの飛んでるしさ、ぐっちゃぐちゃに飛んでるし。
Speaker 2
マコラ、スクナとジョーゴとスクナの戦いだったらどっちの方がいい?
Speaker 1
ジョーゴとスクナか。
Speaker 2
俺ね、好きなスクナの中で。
Speaker 1
俺ほんとに単純な意見になるけど、やっぱりなんかマコラとの戦いの方が、マコラが強くてこう、いろいろ張り合うシーンがさ、いっぱいあったからさ、やっぱりマコラ対スクナがいいかな。
Speaker 2
絵の話とかじゃなくてね、戦闘として。
そうそうね。
でもあそこのスクナもかっこよかったよね。
いやー、スクナはね、かっこいいよほんとに。
Speaker 1
声がね、声がいいもんね。
Speaker 2
いや、そうなんだよね。
Speaker 1
俺もスクナの声さ、やっぱさ、大好きでさ、
そうそうのフリーレンのリュグナとかね、旅行の人が一緒なんだけど。
前も話したね。
そう、フリーレンの回で話したんだけど、同じ人で、スワベ、ジュンチさんかな?
うん、スワベさん。
もうめっちゃ好きだから、今回の中で俺一番好きなとこどこかって言われたら、
俺ジョウゴとの戦いの中で、
はいはい。
一回、炎で戦うぞっていうの。
はいはいはい。
鳴った時の、シーンと鳴った後のスクナが発するフーが、
もうあれ痺れすぎたねマジで。
Speaker 2
いや、超かっこいいよな。
Speaker 1
超かっこいい、あれが一番良かった。
Speaker 2
映像もすごいしね、あそこ。炎を練り上げてるみたいな感じの。
そうね。
Speaker 1
お前の得意で戦ってやろうみたいな。
Speaker 2
かっけーなあれ。
Speaker 1
あそこ良かった。でも、ちょっと俺、あれさ、フーがっていう前に、
無音でスクナの口パクシーンがあるんだけど、
あれがフーがっていう口じゃなくて、
なんて言ってるんだろうみたいな考察が色々上がってたんだけど、
なんかyoutubeに。
結局、何かよく分かんなかったんだけど、
とにかく、とにかくかっこよかった。
それに関してはね、漫画とかでもまだ明かされてないよ。
あ、そうなんだ。分かんないんだ、あそこ。
Speaker 2
漫画だとあそこは口パクとかじゃなくて、
黒い四角い塗りつぶしてるみたいになってる。
Speaker 1
そうなの?
うん。
Speaker 2
あそこは、
黒四角、フーがって書かれてる。
あ、そうなんだ。
Speaker 1
なんかが、なんかを多分演奏してるんだけど、
それは一応出してない。
Speaker 2
あ、そうなんだ。やっぱりだからあれフーがって言ったわけじゃないんだ。
絶対、口の形がフーがじゃないからね。
そうだね。
うん。なんか言ってんだけど。
Speaker 1
いやー、あれも何かはまだ分かってないけど、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
宿儺の復活と五条先生の強さ
Speaker 2
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
Speaker 1
あそこは、
あそこは、
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
Speaker 1
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
Speaker 1
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
Speaker 1
あそこは、
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
Speaker 1
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
Speaker 1
あそこは、
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
あそこは、
Speaker 1
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
Speaker 1
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
あそこは、
あそこは、
Speaker 1
あそこは、
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
Speaker 1
あそこは、
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
あそこは、
あそこは、
Speaker 1
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
あそこは、
Speaker 1
あそこは、
あそこは、
あそこは、
Speaker 2
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
あそこは、
Speaker 1
泣いちゃうよね でもさ あのスクダ
生き返ったシーンで 勝負して倒したらお前らの舌についてやってもいいってスクダが言ってさ
ジョーゴがさ あのさ言ったなみたいな 二言がないぞみたいなさ 立ち向かうじゃん
あれはちょっとよくわからなかったね 絶対スクダが勝てないやんとは思うやん
やっぱ復活したてだからっていうのでジョーゴも油断したんかな ちょっとあそこのジョーゴには共感できなかったな
Speaker 2
でもあれで15分だから 15本だからね 7、8本ぐらいがジョーゴの強さって
Speaker 1
はいはい 生きてたよね あー確かにそうか 下等になんかそう言って言われてるシーンがあった上でのやつだから
Speaker 2
そうそう 分かってたーって 分かってたけど いやだから結局は強いって言われて嬉しかったのも
ジョーゴとスクダの戦闘
Speaker 2
やっぱ本当に強さへの憧れとかこう 圧倒的な強いものと戦いたいっていう気持ちがやっぱりみんなあるんだよね
Speaker 1
はいはいそういうね だから絶対力強者スクダは本当すごいわ 愛されてるね 強いものならではの欲求ね
もっと俺より強いやつと戦ってみたい 自分の腕を確かめたいっていうね その奢りがちょっとね
本気を出せる相手はもう五条とスクダぐらいしかいないからね そうやなぁ
やっぱりねやっぱりあと好きなのは不死黒パパ めぐみパパ 本当に嬉しかったねやっぱり
あの小神バーのなんか復活芸みたいなので不死黒めぐみパパが復活して
不死黒めぐみパパの強すぎるから復活したその肉体をもう乗っ取ってしまってパパ復活するっていう
Speaker 2
あそこで先輩なんか スーパービンとされてるみたいなさ
Speaker 1
可哀想だなぁ ついよって言うね
Speaker 2
くってもてにやられてたもんね ダコンとの戦いもすごかったよね当時の
あのなんかジュグをトイで トッキントッキンにして トッキントッキンって トッキントッキン名古屋麺だぞ
Speaker 1
ダメだよ ポッドキャストで言ったらダメなんすよ
あれでしょだからあの先を削ってあの尖らせて つまりあのトッキントッキンにしてるってことやな
Speaker 2
鉛筆と一緒で 鉛筆と一緒そうそう
マジででもダコン戦もさ ダコンも特急に近いレベルだよねあれも
もうナナミンとかもうね全員のあのおじいちゃんもさ 当時のあれも普通に負けてたもんねダコンに
負けてたね いやだからそのレベルは余裕っていうね
法人自体が ちょっとおかしいシーンもあったけどね なんかあのなんだ三中腰みたいなあれさ
Speaker 1
武器で戦ってたじゃん あはいはいトッキントッキンにしたやつ
Speaker 2
そうそうそうそうあれでさあのダコンの首をさ こう抱えてっていうのかなで足切りするシーンあったじゃん
ほうほうほうわかる? 当時がダコンの首をロックしてそれに対して足で蹴るシーンあったじゃん
ああはいはいはいはい そのシーンでさ当時さあの
呪力ないからさその当時自体が蹴ったりしてもダメージ効かないはずないよ 呪霊には
あーはいはいはいはい それめちゃくちゃ効いてたからさ
ちょっとおかしいな 漫画にないんだよなあれもちょっとアニメオリジナル結構あったから今回
Speaker 1
いろんな戦闘シーンで そうなんだそうなんだねアニメしか見てないからなしっかり
Speaker 2
たぶんあれは後ろの首側でめり込んだのかな ジグの方に
Speaker 1
ジグの方にね そうなんだ
Speaker 2
そうアニメオリジナルはね結構多くて いやでも当時はやっぱあれじゃないお前名前何だんとこからのさ
Speaker 1
回想シーンとかからの自害するのめっちゃかっこよかったなあれ
つお、、よかったなあって
Speaker 2
そうかお前全員じゃねぇのか でもさ挿った音がざしゅーとかじゃなくて
ゴゴゴゴゴゴゴ 焤い音になっちゃってさ
当時っぽいなあみたいな すげー音してたわ
ちゃんと自分の奥さんは愛してたんだねっていうのも分かって
もうちょっと恵と話してほしかったけどなーあのシーンは
Speaker 1
うーん全然伝わらないまま 何だったってしまうという、そうあいつは何なんだっていう
Speaker 2
あの強いあいつは何だったんだっていうので終わってしまうというね 親の、親結構有名なのに親の顔知らないって不思議だよな
Speaker 1
そうだよねしかもさだって結構なんかあの 五条先生からさ
親の親というかその血筋の話とかされるのにさ 親の話なんでしてないんだっていう
Speaker 2
しとけばいいのに別に 絶対写真ぐらい見たことあるでしょっていう感じするけど
Speaker 1
ねえ 有名人だろう あんだけ柔術なしで強かったのに
相当な有名人 いやー志黒パパはもう本当にやっぱりかっこいいんだよね
Speaker 2
かっこいいねー もうなんか
スクナがかっこよすぎて ちょっと五条も、五条悟れもちょっと霞んでる感あるよな 見たのがちょっと昔だからかもしれないけど
Speaker 1
そうだね今回の木だと五条さんあの 地下鉄のところでさ
いっぱい戦隊ぐらいいる改造人間みたいな呪霊みたいなやつをさ 一気に倒す
Speaker 2
あのシーンはちょっと面白かったけどね
ポンポンポンポンポンみたいなやつめちゃくちゃ走って
Speaker 1
そうだねなんかあの手刀みたいな手で 手がこうとんがってこうシュパパパパパって
Speaker 2
0.2秒の領域展開して
Speaker 1
そうそうで残りその後の意識が戻るまでの5分間
299秒の間に戦隊倒したみたいな
おもろいよな ナレーションで全部なんかこう説明してくれるやつ
まあかっこよかったけどね あそこの領域展開を
あの敵、呪霊側的にはさ領域展開しないだろうって踏んでたところを
五条悟は0.2秒の領域展開だったら一般人は死なないだろうっていう勘で放ったっていうさ
あそこの時の五条先生の目が良かったけどね
ちょっとなんかこう離れ目になってるようなさ描写になってて
Speaker 2
ちゃんと切り気味だったよねあの時は
Speaker 1
うーんそうそう
あれがすごい良かったけどやっぱなぁその後の
あの封印ね 封印のさぁ
五条悟の体内時間で1分みたいな条件あるじゃん
うーん あれはセコいよね
あれでさ、下等の顔出てきたらさ、その1分なんてさすぐ出るだろっていう
1分ところじゃないんだよなもう
全部がさ改装されてるシーンがバーって出て
Speaker 2
一瞬だったねあれは
Speaker 1
あんな封印されないわけないもんな
五条先生の領域展開とイタドリのシーン
Speaker 2
いや、いや悟るっつって
いや悟るって
は、はぁっつって
はってもう終わったよねあれで
一瞬だったわ
でも花火をさ壁で圧殺したシーンとかね良かったけどね
Speaker 1
あーそうだね
Speaker 2
でもあれよく壁の方壊れんなと思ったけどね
地下鉄ま地下鉄だからかな
そうだね、土で埋まってるから。 土で埋まってるんかな。
埋まってるから大丈夫なんだよ。 そうなんかな。
あんな、あそこの壁、ガチで。 ただの土で埋まってんのかな、あの子が。
Speaker 1
花見より頑丈な壁だったから。
いやー、もう戦闘続きでほんといいよ。面白すぎる。 そうなんだよな、もう圧倒的な戦闘シーン続きすぎた。
Speaker 2
ずーっと正当シーンだったもんね。
マコラ戦とかだと、ちょっとアニメオリジナルの部分話すと、なんかマコラがまず登場したシーンで、すっげーあのなんかさなぎみたいなさ、封印されてる感じあったじゃん。
Speaker 1
ああはいはいはい。 あれも、あれはアニメオリジナルだったね。 あ、そうなんだ。
漫画の方だと普通に最初から解き放たれた状態出てくる。 あ、そうなんだ。
戦闘も、4分の1か3分の1ぐらいはオリジナル描写だったかな。 あ、そうなんだ。
なんかマコラめちゃくちゃでかくなったりさ、なんか影の中から出てきたりしてたけど、あそこら辺のシーンはアニメオリジナルだね。 あ、そうなんだ。
てかあんなでかくなるの?っていう。 なんだっけ、電車かなんかとよりでかくなってたよね。 うん、でかかったね。
あんな漫画になかったからさ、どんどん能力もらわれていくやんと思って。 あ、そうなんだ。確かに元々なんかあれだよね、めぐみよりちょっとでかいぐらいのサイズの、ちょっとでかめなサイズぐらいな感じだったけど。
Speaker 2
めぐみがせいぜい頑張れや、みたいに言った時、腰までもなかったからな。 あ、そうだった?そんなでかかったっけ元々。 めぐみの倍以上はでかいと思う。
Speaker 1
俺あれだわ、今思ったけど、やっぱり俺スクナの方しか見てねーわ。 スクナ好きすぎて。
Speaker 2
ファンがいたわ。 スクナめっちゃかっこいいよ本当に。 領域展開のところとかさ、漫画も読んでほしい。漫画の領域展開めっちゃかっこいいよ。
あ、そうなの?俺アニメの方がいいんだと思ってたわ。 なんかね結構感想を見せたんだけど、あの漫画の描写は出して欲しかったなっていう人も結構多かった。
Speaker 1
そうなんだ。 えー、なんか意外やな。 漫画もちょっと見てみてほしいな。 マジで?福間水崩しみたいなやつでしょ?
水崩しね。 いやマジか、じゃあちょっと見てみるわそれは。 スクナ好きとしてはちょっと見てみるわ。
Speaker 2
めっちゃかっこよかったもんなー。 いやーかっこいいよね。 でね、でもあそこまで話したら最後ね、もう最後のイタドリのシーンも、
Speaker 1
いやーアニメーションも演技ももう圧巻だったね。 スクナからイタドリに戻ったところだよね。
Speaker 2
意識が。 あれやばかったなー。 結構声だけで割りかし泣けるレベルの感じのこもり方してたな、あれは。
はいはいはいはい。なんかやっぱあの表情みたいなのもさ、線でこうモヤモヤモヤーって書いてあるような、
うわーってなっちゃう顔。 あの表現とかね。 あれでも漫画そのままだったわ、しっかりあの顔。
あ、俺そこは見たよ。あそこの顔なんか結構さ、特徴的じゃん、あの描き方。 うん。
Speaker 1
これ、こんなんだっけって思って、最後のイタドリのシーンだけちょっと調べたんだけど、なんか同じだったね。
Speaker 2
うん、あれは同じだった。 なんかアフレコの映像が出てて、 ほうほう。
あの役者の人、声優さんの出てたけど、声優さんもちゃんとあのイタドリと同じような動き方、格好というか、
土下座じゃないけどさ、あの崩れ落ちてて、あの演技してて、いやマジですごいなと思う。
声優さんのすごさ
Speaker 2
もうなんか俳優かっていうレベルの、でも俳優より正直感情こもってるよね。
なんか最近こうやってしっかり感想話したりしてるとさ、やっぱ声優さんのすごさ、なんか日に日にわかってくるよね。
Speaker 1
いやそうだね、それこそ俺もさ、スクナの声好き、スクナの声好きとしてはさ、スクナの声の椿隼一さんのやつをYouTubeで調べたりするんだけど、
やっぱなんかキャラごとに、まあ同じ人だから特徴は似てるんだけど、やっぱなんか全然その違うもんねキャラごとにさ。
よくそんなにいろいろ変えれるなっていう。
Speaker 2
いやスクナのあの威厳のある感じというかさ、威厳のありつつ怖いけど楽しんでる感じとか、
Speaker 1
そうそうそうそうそう。
Speaker 2
あんでね出せてるもんね。
Speaker 1
フーナも好きだし俺あそこも好きなんだよな。復活してすぐのシーン、なんかこの一挙手一投足が死につながる、
Speaker 2
はいはいはい。
Speaker 1
って女王が言ってるところ、あそこの図が高いみたいなとこ言ってるところとか。
片足ですね。
Speaker 2
片膝立ちでなんちゃかんちゃいみたいな。
Speaker 1
あの辺とかね、なんかその圧倒的なこの強さと、それを楽しんでる感じとかね、ああいうなんだろうな。
本当になんか声優さん本当にすごいなって思うね。
やっぱさ、人ってなんか視界に入ってくるさ、この情報の方がさ、大きいじゃん。大きいって言うじゃん。
だから絵もそうな、絵がそれに該当するんだろうけど、この声とかトーンだけで感情が伝わってくるってやっぱ相当表現力がないと、
Speaker 2
そうだね。
Speaker 1
それを超えてこう伝わってこないと思うんだよね。
Speaker 2
確かにね。
Speaker 1
これが伝わってくるっていうのがあるから、マジすごいなって思う。
Speaker 2
プロだよね。
うん。
いや俺らもこの音を使うメディアをしてるって言うんだから、ちょっと笑うところがあるかもね。
Speaker 1
やべえ。
Speaker 2
本当ね、感情豊かに喋んないといけないから。
そうだね。
Speaker 1
それでもね。
Speaker 2
喋ってるわ。
ちょっと学んでからね。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
いやーよかったよ。
もうちょっとこの話に関してはもうなんか映像がすごい、声優すごい、もうアニメすごい、もう全部すごい。
こんぐらいの感想しかもう出せないね。
Speaker 1
そうなんだよなーなんか。
アクションシーンが多すぎてすごすぎて、すごい終わりって感じ。
Speaker 2
なんかね落ち着いてこうなんか考える暇ないんだよな今。
毎週さあ見たらさあもう落ち着くシーンがないからさ、ずっとこうやべえすげえでそのまま終わっていくっていうね。
だからまあここの渋谷事変に関してはね、もうそれを楽しむ話だから。
いやーいいねこの後も最後ナナミに出てきてね。
こっからまあマヒトがまだいるし。
Speaker 1
そうだねマヒトいるね。
Speaker 2
スクーナはもうここで一旦下がっちゃったので、アッキーの押し面はいなくなっちゃったけど。
Speaker 1
いやーそうなんだよなー。
Speaker 2
いやーまずさ最初のメカ丸の話もまあちょっとしたいんだけど。
そうだね。
渋谷事変の楽しみ
Speaker 1
ちょっとそれ以上にその後の戦闘シーンすごすぎてちょっと話せなかったけど。
いやーマヒトとかメカ丸良かったね。
あれはもうロボット漫画が新しいロボット漫画出たぐらいの感じだったよあれは。
しかも死んだ後もさこのなんか残ったその呪力みたいなのをフシグロにアドバイスするみたいなさこのメカ丸の思いみたいなところが結構残ってて。
Speaker 2
イタドリね。
Speaker 1
そうそうそう。
あれフシグロ言ってた今?
そうイタドリ。
いやーいいよね。
Speaker 2
1機だったらね一番メカ丸が興味ないキャラだったのに2機になっていきなり好きなキャラになったからね。
Speaker 1
そうなんだよ。急にいいところに出てきたんだけどその後で色々こう減られすぎちゃって。
ね。
ちょっと上書きされちゃったけどメカ丸は良かったよすごい。
Speaker 2
これからあと人の死にも楽しみつつ多分イタドリのねここからのどうやって自分が起こした罪を貫くかみたいな気持ちのところの描写も多分たくさん出てくるしそこら辺もね戦闘と一緒に楽しみながらやってみていきたいね。
Speaker 1
あ、そう1個忘れてた。俺漫画読んでない派の人と同じ意見だと思うんだけど長僧との戦いの時に長僧がなんか自分ではない記憶みたいなところで
Speaker 2
存在しない記憶ね。
Speaker 1
そうそうそうそう。イタドリが兄弟っていう認識の記憶がこう蘇ってくるというかこう感じるシーンがあるじゃん。
あのシーンは何なのかっていうのがね。俺漫画読んでないから今後何に繋がっていくのかっていうのがあそこめっちゃ気になってるね。
イタドリってさ少ない入ってるのもあるけどさ普通に強いじゃん。フィジカルとかやばすぎるじゃんね。
でだからちょくちょく出てくるお前のその強さは人を守るために使えみたいなシーン。
あれがねイタドリのルーツに迫るみたいな。そこがねやっぱまだ漫画のそのこの先を知ってない自分としては一番気になってるかな。
Speaker 2
いいね。そこらへんもちょっと楽しみにしつつだね。
Speaker 1
まあ俺は知ってるんだけど。
Speaker 2
絶対言うなよ。絶対言うんじゃないぞ。絶対言いません。絶対言うんじゃないぞ。絶対言うところなんだから。
はいということで今週もここまで話してきました。
はいということでこれからまた楽しめる部分いっぱいあると思うのでまた
まあひとまたまりかシーズン終わりぐらいかなのタイミングでまた十字回線話していけたらいいなと思ってるのでまたその際は聞いてください。
はい今週はここまでです。ありがとうございました。
Speaker 1
ありがとうございました。
Speaker 2
コンテンツフリークスではリスナーの皆さんからのメッセージや話してほしいコンテンツのテーマもお待ちしております。
ツイッターでつぶやく際はハッシュタグコンフリでの投稿お便りは番組紹介欄のグーグルフォームからお願いします。
そしてもしよければお聞きのポッドキャストアプリで番組のフォローとレビューもお待ちしております。
はいでは今回はここまでです。お聞きいただきありがとうございました。
33:37

Comments

Scroll