1. あの人の毎日
  2. 190. ジム通いを始めたさとか..

【まとめ】香織の納戸片づけ後日談/筋トレを始めたきっかけ/「今日が一番若い日」/優先順位の低かった運動習慣/さとかなさん流スイッチの入れ方/ジムに通っていた20代/筋トレに行く頻度と時間帯/継続のコツは家事時間?/運動で得た良い変化/更年期対策だったランニング/運動習慣は1日の満足度を上げる

▶ 番組へのおたよりはこちらから https://forms.gle/Dt97szm6P8XFQQyD6 ▶ さとかなさん Instagram https://www.instagram.com/kurashilabo_home/ ▶ リセッターリスト®60日プログラム https://www.resetterlist.com/60days ▶ Kaori|リセッターリスト® インスタグラム https://www.instagram.com/resetterlist/ ▶ Kaori|リセッターリスト® Twitter https://twitter.com/resetterlist ▶ リセッターリスト®公式LINE https://lin.ee/ZeD58Pe ▶ リセッターリスト®公式サイト https://www.resetterlist.com/

00:09
Kaori
こんにちは。自分でデザインする鍛冶リスト、リセッターリストの山本香織です。あの人の毎日は鍛冶や暮らしをテーマにしたポッドキャスト番組です。
本日のお相手は、リセッターリストアドバイザーで整理収納アドバイザーの佐藤加奈さんこと佐藤加奈子さんです。佐藤加奈さん、こんにちは。
佐藤加奈子
こんにちは。
Kaori
今日もよろしくお願いします。
佐藤加奈子
よろしくお願いします。
Kaori
前回出ていただいたのが、ちょっと間が空いて、今回が190回目の配信なんですけど、前回が173回で、何話したか覚えてます?
佐藤加奈子
覚えてますよ。
Kaori
私の悩み相談みたいな感じだった?
佐藤加奈子
そうなんですよ。何聞かれるかあんまり知らなくて、割とぶつけ本番だったので、すごいドキドキしたのを覚えてます。
Kaori
それで、私が難度が片付けられないとか、机の周りがえらいこっちゃですっていう話をしたと思うんですけど、ちょっとその結果を、ちょいちょいここでも話してるんですけど、ちょっと佐藤加奈さんに直接ポッドキャストでお伝えしようと思って。
佐藤加奈さんが、もう難度片付けるぞっていうのは、引き出し一個とかそういうレベルじゃないから、物を全出しして、引っ越しの気持ちで取り組むといいよっていう風なアドバイスをいただいて、それを夫に話して、じゃあよしやろうみたいにすごい盛り上がって2人で。
佐藤加奈さんが、ご飯もちゃんと用意しておくのがすごい大事で、ご飯作りに行っちゃったりすると気持ちがね、続かなくなるよとか、
なんかその、もう合間にやるとかじゃなくて、もう1日2日とかも取っちゃってやった方がいいよっていうのも聞いてたから、それもちゃんと考えて取り組んだら、すぐ片付きました難度が。
すごいですね、よかった。本当にありがとうございます。
佐藤加奈子
【茅】いや、なんでもないです。なんかその、要領も大きそうだったし、香里さんが毎日5分とかやってみたりとか、あとね、ご主人がいらっ、夫さんがいらっしゃらないときに、なんか1人でちょこちょこやっては挫折して、っていう話も聞いた上だったから、
余計これは多分そうやって日にち儲けないと無理だろうなって思ったんで、アドバイスさせていただきました。でもよかったです。
03:08
Kaori
本当にあれから全然リバウンドもないし、ずっと綺麗なので、なんかやっぱり難度にあるものって大きいもの、一個一個のアイテムがそこそここう体積があるものとかも入ってるから、結構処分もしたんですよね。
全部出しして、要る要らないを全部やってっていうのもやったから、多分総量が減ったのもあって、それで片付きました。ありがとうございます。
何も私は手出しもしてなかったので。
佐藤加奈子
そうなんですよね。総量が100枚減らしたところで何センチってレベルだから。
Kaori
一個一個にいる要らないを考えたりとかっていうのだけでもすごい疲れちゃって、全然仕事は仕事であるしみたいな感じで、ちょっとこれはまたどこかタイミング落ち着いたときに改めてやろうかなと思っております。
はい。なので、もしまだ前回どんな話があったのかを聞いてないよっていう方は、173回だと思うので、里金さんの回ぜひ聞いてみてください。
はい。
佐藤加奈子
ありがとうございます。
Kaori
では、今日のテーマなんですけど、里金さんが最近始めたことに私も興味津々で、今日それをテーマに持っていきたいなと思ってるんですけど、筋トレを始めたよっていう話を聞いて、家事や暮らしをテーマにっていうことなので、直接的な家事とかとは関係ないんだけど、
でも、リセッターリストの講座やってると、女高生さんの理想の暮らしを挙げてもらうときに、結構な割合で朝、ヨガやる時間を取りたいとか、筋トレやりたいとか、何かしら運動習慣を暮らしに取り入れたいっていうのを聞くことがすごく多くて、
リストの中にそういうのを設けるみたいなことをちょっと話したりすることもあるので、これは私と里金さん、世代も同い年?
佐藤加奈子
そうなんですよね。
Kaori
言っていいんだっけ?
佐藤加奈子
言っちゃダメじゃないんですけど、私あんまり自分から言ってないっていうわけで。
本当?
Kaori
隠してないですよ。
佐藤加奈子
全然いいんです。ただ、プロフィールとかに何年生まれてたら載せたくないだけなんです。
そうですか。
別にいいです。大丈夫です。たつ年です。
06:02
佐藤加奈子
本当?
Kaori
私たち世代とかも、結構運動とどう向き合うみたいな話に興味あるリスナーさん絶対多いと思うので、今日はこれをぜひと思ってお話を伺えればなと思うんですけど、そもそも里金さんがいつ始められましたっけ?筋トレ。
12月からです。
佐藤加奈子
去年の。だからまだ2ヶ月?
Kaori
始めたきっかけってどんなところがあったんですか?
佐藤加奈子
あんまり明るくないきっかけでいいですかって。
あ、もちろん。
別にそんなに暗くないですけど、ちょっと家族が入院したんですよ。
Kaori
そうだそうだ。
佐藤加奈子
ちょっと手術したんですけど、幸い退院して別に今は日常生活遅れてるんですけど、やっぱり筋力が落ちてたって本人も嘆いてて、私も筋力って貯金できないけど、やっぱり早いうちに、よく言うじゃないですか、今日が一番若い日とか。
Kaori
言う言う。
佐藤加奈子
じゃあこれって5年後に例えばやるとか言ってるよりは、もう今日ぐらいに始めちゃった方がいいんだろうなって思ってたんですけど、そういう親の意見とか聞くと、あと10年先だったらもしかして寝たけりになっちゃったかもとか聞くと、怖いと思って。
じゃあ今のうちに筋肉増やしておきたいなと思ったんですけど。
今までもずっと私も運動習慣で歩きたいとか思ってたんですよ。
ずっとリストっていうか、リセッターリストの卒業生のコミュニティあるじゃないですか、あそこで月の宣言みたいので歩きたいみたいなこと書いてみたんですけど、書いて宣言した割にできてないなみたいな、夏では作ってみたいな。
結局私、変な話すると、お金払わないと動けないんじゃないかと思ったんですよ。
Kaori
なるほど。
佐藤加奈子
すごい不純な動機というかあれなんですけど、ジムに入って入会してお金を払ってしまえば、多分これはやるだろうと思って。
元を取りたい人なので。
それで入ったっていうのもあります。
Kaori
なるほど、そっかそっか。じゃあきっかけはお父様の入院のことがあったけど、その前からやりたいなとかやらなきゃなっていう感覚はあっても、現実味を帯びてなかったっていう感じ?必要性。
佐藤加奈子
そうなんですよ。多分香里さんがこないだ優先順位が低い片付けはどうしたらいいですかみたいな言い方で前回アプローチしてくれたと思うんですけど、多分運動習慣っていうものが私の中で優先順位が低かったんですよね。
09:12
Kaori
なるほど。
佐藤加奈子
急に高くなったんですよ。そのきっかけが。高くなった時にだからってあるかっていうと、これはやらないなって自分で思ったから、さらに上げるためにって感じですかね。
Kaori
それって自分がどうやってどういうシチュエーションなら自分は動くかっていうのを里金さんは分かってるってことだから。
佐藤加奈子
ある意味そうです。
Kaori
なんかそのスイッチの入れ方を知ってるっていうか、じゃあジムに入るのが私にとったら一番こう習慣化する方法だ。もうそれは理解してるって感じなんですか自分で。
佐藤加奈子
そうですね。でもそれも理解できたっていうか、本当そういうことに気づけるようになったのが最近なんですけど、多分リセッターリストで講座を受講するっていうことは受講料を払う。
こんなこと言っちゃったらあれなんですけど、受講料を払うってことはめっちゃ見直すんですよ。
何て言うんですか、せっかくお金を払ってるからには頑張らなきゃって、そういう時に頑張れる人なんですね、どうやら私は。
だから無料のサービスでなんとなく受けてるものって結局身につかなかったものがすごく多くて、だからこれぞって時はお金を出したいなっていつも思ってるんですけど、それが今回はジムだったっていう。
Kaori
なるほど。でも本当お金ももちろん費用ももちろんだし、あとそれに費やす時間もどっちもすごい貴重で大切なものだから、それを支払う、費やすってなった時には本気度もやっぱり上がるのはそりゃそうですよね。
それをうまく自分が身につけたいっていう気持ちが強いものにはちゃんと選んで選び取って身につけていくっていうのはすごい理にかなってるっていうか。
佐藤加奈子
でもみんながみんなそうじゃないと思うんで、たまでも私のスイッチがそこにあるってことについたから、今回はそうだろうと思ってたら今のところ続いてるんですけど。
Kaori
すごい。もともと里金さんは運動習慣っていうか、スポーツとか部活とか過去にジム行ってた時期あったよとか、なんか運動変力みたいなのはどんな感じなんですか?
佐藤加奈子
私運動うちなんですよ、すごく。
Kaori
そうなんですか?
佐藤加奈子
はい、もうボールとかひどいことになるんですよ。
Kaori
球技苦手とかっていう。
球技苦手です。
うんうんうん、聞きます。
佐藤加奈子
ボールがキャッチできない病気なんです。遠近感覚っていうか、ああいうのが全然わかんなくて。
12:08
佐藤加奈子
小学校のドッジボールからまず苦手で、運動別にやりたいなと思っても、子どもの時ってみんなとやる競技が多いじゃないですか。
うんうん、多い。
で、なんか私これだったらちょっとできそうって思ったのが学生時代にやったスキーだったんですよ。
Kaori
おー、スキー。
佐藤加奈子
でも別にそんな上手くないんですけど、あれって自己完結するじゃないですか。
うん。
別に私が転んでようが、別に大してできてなくても、誰かに迷惑かけなくて済むスポーツはできるんだって思って。
で、ちょっと若い時に、10年くらい前もジム通ってた時あったんですけど、その時は割とできてたっていうか、やって頑張ってた時期もあったので、
私ジムだったらできるかもっていうのもなんとなく思ってたんですよね。
うんうん。
でも部活は本当、ブラマンで吹奏楽で走らされたりするんですけど、体力づくりで。
Kaori
なんかブラスバンドとか吹奏楽って文化系っていうよりは体育界みたいな。
佐藤加奈子
すごい体育系、まあそうですよね。ちょっと文化系の中で体育系ですよね。
で、走ったされたりするんですけど、あれすっごい嫌いで。だから神さん走れるのすごいなって思うんですけど。
だから走るのも自己完結だからできそうな気がするんですけど、走るの苦手で。
Kaori
うん。
佐藤加奈子
って感じですかね。
Kaori
なるほど、そっか。じゃあ20代の頃ジム通ってた時って何やってたんですか?筋トレ?マシンでやってたの?
佐藤加奈子
マシンだったり。
Kaori
えーすごい。
どうですか?
えー。そっかそっか。
佐藤加奈子
だからそんなに嫌いじゃないなっていうのを覚えてて、で実際まあ年取ってからマシンやってもそんなに抵抗なかったんですよね。
Kaori
そっか、この年で初めてあのマシン使うってちょっとドキドキするし、私あんまりやったことないから。
ね、わかんないですよね。
緊張しますね。
佐藤加奈子
緊張しますよね。
うん。
うん、わかります。
Kaori
そっか。
うん。
えー、じゃあその時の記憶があるから割とすんなり。今もじゃあジムで筋トレをやって、あのマシンでやってるって感じ?
佐藤加奈子
そうです、マシン。でもそんなにガッツリ系のマシンはやっぱり私もちょっと苦手であんまり触ってないんですけど、ほんとあの一般的なみんながやるやつは一人でできるからやってます。
Kaori
えーすごい。なんかメニューとか自分で組むんですか?それともトレーナーさんと相談とかする?
佐藤加奈子
トレーナーさんがちょっとだけ最初ついてくれるやつを申し込んだので、なんとなくこの辺の運動をやるとき、なんかあれなんですよ、あの例えば胸とか腕とかをやったらその日はそれでやって、で次の日は例えば足とか、なんかそういう部位別に分けたほうがいいとか。
15:15
Kaori
あー。
佐藤加奈子
意識してなかった頃。はい。って言ってました。
Kaori
なんかね、何日か明けてちょっとずつやって、回していくといいみたいなの聞いたことある。
佐藤加奈子
ね、だから1日明けていくみたいな感じ。
Kaori
ちなみに頻度って週何回とか決めてるんですか?それとも決めずって感じ?
佐藤加奈子
大抵週2、3ぐらいは行きたいなと思ってて、行けるときは4とか行ったけど結構疲れちゃったかな。
Kaori
ちなみに時間帯とかは何か決めてるんですか?朝行くとか夕方行くとか。
佐藤加奈子
私、リセッターリストとは別に、スケジュール帳って見開きの手帳で、バーチカルって言えばみなさん分かるのかな。
1週間で縦に時間軸がついてる、かおりさんには見せられるのかな。朝から夕方までみたいな。
Kaori
はいはい。
佐藤加奈子
そういうタイプの手帳をつけるのが習慣なんですけど、私あんまりデジタルで管理してなくて、自分の予定を。
その手帳を見たときに、大体この辺の日のこの時間だったら空いてるっていうのが分かるので、
先に結構1週間でこの週は2回行けそうとか、時間的なこととか回数を先に見ちゃう感じです。
Kaori
あー、そっかそっか。じゃあ1週間の予定を見開きで見て、こことこことここ行けそうみたいな感じで、もう書き込んじゃう?
佐藤加奈子
うん、書き込んじゃう時もありますね。もう整理しちゃえば行けるかなとか。
Kaori
うんうんうん。そっかそっか。
いやー、なんかその時間やりたいなと思っても、でももう2ヶ月続いてる?
佐藤加奈子
うん。
Kaori
だからなんか無理ないペースっていうのがつかめてきてるっていうことですよね、たぶん。
佐藤加奈子
そうなんです。
Kaori
ね、なんかその続けるコツってどうですか?
佐藤加奈子
でも、たぶん今までだったらここで空いてたとこで掃除とかしてたんですよ、おそらく。
Kaori
あー、なるほど。
佐藤加奈子
だからリセッターリストを作って、どれぐらい家事やりたいかを見直した後だったから、
なんかそういう空き時間に家事しなくて済むようになった気がします。
Kaori
あーなるほど、それはいい話。
佐藤加奈子
はい。
Kaori
なんか、みんな家事そんなやってないですよって言うけど、受講生さんと話してても、みんな結構やってて、
18:02
佐藤加奈子
ですよね。
Kaori
うん。やってるんですよ、いっぱい。
佐藤加奈子
私もやってたと思って。
Kaori
そうそうそうそう。だから書き出して表にしてみると、これもうちょっと減らせませんかとか、
いかに減らしていくかっていう方向で、だいたいお話をさせてもらうことが多いんですけど、
全然減らしても、なんか自分はこのくらいできてれば十分でした、みたいなお返事も結構あったりするので、
そういう時に運動を当てていけばいいのか。
佐藤加奈子
そうですね。なんか時間って、週間化したいなって時に、時間を新しく作るのって本当に難しいから、
もう削るしかないんですよね。
Kaori
うんうん。
佐藤加奈子
で、その時にどれを削れるかとかいうのを考えるのが、割とその60日で頑張って考えたから、
分かるようになったってところが大きかったかなって。
Kaori
なるほど、そっか。しっかりね、向き合ってやりましたもんね。
佐藤加奈子
そう、やりました。
Kaori
なるほど、なるほど、そっか。
だから、でもなんかその、なんていうのかな、日常の中でその運動習慣、週2回なり3回なりとって通ってっていうことが、
時間的にできても、でもなんか週間化までいかないことってあると思うんですけど、
何かしら変化があるとか、何かいい影響を里金さんが感じてないと続かないのではっていう気もするんだけど、
佐藤加奈子
本当ですね、かおりさん。
Kaori
だってさ、だってさ、なんかお勉強しようと思って時間も取って、
ちゃんと教材も手元にあってもやれないことっていっぱいあるじゃん。
佐藤加奈子
いっぱいあります。いっぱいありますね。
お金払ってもね。
Kaori
だから何かしらのこう、自分にとってメリットっていうか、なんかやってよかった、また頑張ろうっていう、
次に繋がる気持ちの変化がないと難しいのかなっていうところはあって、
なんかその辺は里金さん的にはどんな感じですか。
佐藤加奈子
私結構、黙ってるっていうか、なんかその止まってる時間があると、多分癖なんですけど、すごく頭を使うタイプなんです。
よく考えちゃうタイプで、別に誰もそんなことお願いしてないってことを妄想もあるっていうか、
この人はこんなこと考えてんじゃないかとか、別に思ってもないことまで妄想しだしちゃったりとかするんですよ。
癖なんですけどね。
だけど、それですごく疲れちゃったりとか、家族のこととかでもそういうことで勝手に疲れちゃうんですけど、
脳みそって精神的っていうか、頭を使ったことによって、肉体の疲れたって錯覚するらしいんですよ。
お育ての時とか、例えばあんまり外出てないのにぐったりするじゃないですか。
21:04
佐藤加奈子
する。
あれって脳みその疲れだったんだっていうのを知って、でももう肉体的に疲れちゃうと、疲れちゃって脳みそあんまり動かないんですよ。
動かない。
Kaori
動かない。
佐藤加奈子
動かないですよね。だから、意図的にその時間が儲けられるようになって、なんかかえって自分が楽になったところがあります。
Kaori
あー、そっか。
佐藤加奈子
うん。
Kaori
筋トレ中は考えてないの?
佐藤加奈子
筋トレ中考えてたら考えてるかな?
そうですね、筋トレ中はでも筋トレのことばっかり考えてるかっていうと、そうでもないと。
Kaori
筋トレの時はなんか音楽聞いたりとかなんかやってるんですか?それとも無音?
佐藤加奈子
最初はやってたんですけど、ちょっとあまりに暇だなと思って、YouTubeとかの音声とかで私インプットしちゃうんですよね。
Kaori
あー、なるほど。そっかそっか。
佐藤加奈子
なのでそれ聞いて、結局頭使っちゃってるんですよね。
Kaori
あー、でもなんかこう自分の妄想っていうか、自分の考えにこう入り込むっていうよりは、外からのインプットに当ててるってことだから、またちょっと考える時間っていうのとはまたちょっと違うかもしれないですね。
佐藤加奈子
そうですね、違うかもしれないですね。
Kaori
えー、なんかその体の変化ってあります?
佐藤加奈子
いやー、でも筋肉増えてきた気はするんですけど、体重が全然変わんないんですよ。
Kaori
体重はでもむしろ増えてくんじゃないですか?筋肉って。
佐藤加奈子
言いますけどね、もう本当なんか。
Kaori
減りも増えもしないって感じ?
佐藤加奈子
減りも増えもしないです。びっくりするぐらい変わらない。
Kaori
じゃあそのまま置き換えられてってるのかな?だって筋肉の方が重いから。
うーん、って思いたいんですけど、なんかそう思いたいっていうか、こんなところで愚痴ってあるんですけど、ジムのなんか体重計乗って測ると筋肉量が別に増えている感じでもないし、この間全然変わらないんですけどって言ったら、でもこれそんなに正確な数字出ないんでって言われて、うーん、なんなの?と思って。
でも3、4ヶ月やったら変わりそうな気がするけど。
佐藤加奈子
私もまだ2ヶ月だし、と思っているところです。
Kaori
なんかその疲労感が気持ちよかったりとか、なんかねつきが変わるとか、食欲が増えるとかそういうのはない?
佐藤加奈子
食欲増えちゃって。
Kaori
増えた?
佐藤加奈子
寝つきはいいです。
Kaori
あ、そっか、やっぱそっか。
佐藤加奈子
カオリさんの走った日はやっぱ眠れますか?よく。
Kaori
寝れる、寝れるし、だけど私はもう結構休んでるんですよ。
佐藤加奈子
いやでも寒いじゃないですか。
寒いとこ走れないもん。
Kaori
寒いのはね、でもね、私大丈夫で割とマイナス、ゼロ度ぐらいまでは全然走れるんですよ。
寒さが嫌だっていうのはあんまなくて。
24:03
Kaori
だけど、今ちょっと雪この間降っちゃったから、ちょっと危ないっていうか、ちょっと凍ってるとね、つるっていくともう本当怖いんで。
ちょっと今その溶けるのは待たなきゃなんですけど、でも寒さっていうより、なんか私もともと40歳くらいから走り始めて、
それまでは本当走ったことないし、全然3分も走れないみたいな感じだったけど、
佐藤加奈子
私まさにそうです。3分も走れない。
Kaori
だからそんな元々走れたわけでもなかったけど、自分の運動不足とか、基本座ってやる仕事なので、家から出ないしっていうことの対策プラス、いつか来る公年期対策と思ってたんですよ。
なんかこう、イライラとかわかんないけど、なんか気持ちが落ち込んじゃうと嫌だなっていうか、それをなんかすごい心配してて、自分で。
で、その時に自分のストレスを逃がす方法を身につけときたいみたいなのが、なんかすごいね、ビビってたんですよ。
佐藤加奈子
でも40の時にもう既にそういうこと考えてるの素晴らしいですね。
Kaori
ね、なんかすごい怖かったの。
佐藤加奈子
どうですか?今は怖くないですか?
Kaori
なんか今は、で、なんかね、多分年齢的にはもう今公年期真っ只中だと思うんですけど、
ね、そうだよね。
だけどなんかあんまり、これどれが公年期、なんかよくわかんないみたいな感じで。
佐藤加奈子
私もよくわかんない。
Kaori
わかんないですよね。
よかった仲間がいた。
そうそう。で、イライラは全然ないんだけど、なんかこう気分が乗らないなとか、これでもただのやる気のない時とか。
佐藤加奈子
そうそう、本当そうです。なんかそれはわかんない、私も。
今日はなんかこんなでいいのかな、でもこれ公年期なのか、いやでも若い時からこんな日はあったよねみたいな。
Kaori
そうなのよ。
だから結局なんかそれで、なんかでも秋口くらいにちょっと気持ちがあんまり乗らないなっていうのが続いて、
で、なんかそれでも運動行けばすっきりするっていうのが今まではあったんだけど、なんか行く気にすらならないみたいなのが続いて、
でもちょっと無理してもなと思って休んでたら休み癖がついて今に至るっていう。
佐藤加奈子
なるほど。
Kaori
はい、だけど今の里金さんの話聞いてても、いやいやそうなんだよね、やっぱそうだよねってすごい思うし、
走ったら、私はそんな体重はそんな変わんないんだけど、でもやっぱり寝つきが良くなるのと、
なんか仕事してると、ちょっとした些細なこととかでもなんかモヤモヤが溜まってったりする、
別に自分がどうしようもないようなこととかでも、なんか気になるいろんなことがあって、
そういうのがなんか走ると、どうでもいいやっていう気持ちにすごい慣れるんですよ、私。
27:05
佐藤加奈子
分かります。それありますよね。運動ってそういう効果ありますよね。
Kaori
うんうん。嬉しい。
佐藤加奈子
なんかスポーツマンの方って明るいじゃないですか、すごく。
Kaori
そういうのもあるのかな。
佐藤加奈子
本的に、私あんまりスポーツに携わってない人生だったから、どっちかっていうと陰キャっていうか、そういうわけではないってずっと思ってたんですけど、
だからそれはきっとスポーツをしてなかったせいだとか、またそうやって分析しだしちゃうんですよ、私。
考えちゃうんですよ、いろいろ。
Kaori
そっかー。だからなんかこう、ストレスをためないっていうか、なんかこういろんなことが一家により慣れるっていうか、
本当にそうです。
だから、その効果の方がなんか体力とかより、私の場合は大きいんだなっていうのを走るようになって分かって、
で、なんか私はジムでちょっと走ったこともあるんだけど、どうも景色が変わらないことが、もう飽きちゃって、
飽きます飽きます。
あとなんか焦点が合わないっていうかなんか酔っちゃうんですよ、なんか。
佐藤加奈子
分かります。私も飲食苦手です。
Kaori
ちょっとなんかね、酔っちゃう。
佐藤加奈子
なんか変ですよね、足が。なんかベルトに連れてかれる感じが。
Kaori
そう、でも私の夫はね、全然ジムでいっぱい走るから、なんか人によるんだなと思って。
佐藤加奈子
人によるんですね。
Kaori
で、今よく走ってるコースは本当に山が綺麗で、もう景色がすごい最高なので川沿い走るんですけど、
そう、だからそれになんか励まされて走れるみたいなところがあるので、それがなかったらなんか走れてなかったかもっていうのがある。
でもなんかお話聞いてたら、いや走りに行こうってなりました。
佐藤加奈子
え、本当ですか?
Kaori
うん。
佐藤加奈子
なんかこういうあれですよね、私も実はジムに行くときに、その近くのジムに住んでいるあのママ友に、
あそこのジムってそういえば通ってたことあったんじゃなかったっけ、どうだったみたいな、ちょっとLINEで連絡してみたんですよ。
うんうん。
だからなんかコロナ禍で一回営業停止になってたから、私そのタイミングで辞めちゃってたんだよねみたいな話をもらって、
あ、そうなんだって、私通い始めたよっていう後日でまたLINEしたら、え、じゃあ私もちょっと行こうかなって言って見学来て、で今一緒に入会しました。
Kaori
あ、めっちゃいいじゃないですか、楽しそう。
佐藤加奈子
コロナって宣言とか人に言ったりとかするといいもんなんだなと思いました。
Kaori
うんうんうん、絶対あれだと思いますよ、今回これを聞いてくださってるリスナーさんも、
ちょっと通おうとか始めようとか思ってくださる方いると思う、一人ぐらいは。
佐藤加奈子
うんですね、一人ぐらいはいるかな。
Kaori
うんうん。
佐藤加奈子
ありがとうございます。
Kaori
ね、嬉しい。でも、そうだからその、やっぱりでも時間の年出だからそこが難しいのと、それがクリアできたら、
30:06
Kaori
あとはその、何かしらのこう自分が走って気持ちいいとか、運動してこうよく眠れるとか、なんかこう満足度が上がる気がする。
佐藤加奈子
そうですね。
Kaori
なんか暮らしの、一日の。
佐藤加奈子
毎日普通に過ごしてると達成感ってそんなに、家事でチェックしてって達成感味わうっていうのもあるんですけど、
なんかそうやって運動したっていうと、私すごい今日頑張ったっていうなんか、
Kaori
分かる。
すごい花丸みたいな気持ちがありますよ。
そう、なんか体を使ったぞっていう気持ちになる。
佐藤加奈子
分かりました。
Kaori
いや、やろう私も。
あ、そうですか。
ちょっとさとかなさん、うん、頑張ります私も。
佐藤加奈子
頑張ってください。
Kaori
そうか、ありがとうございます。
いえいえ。
ぜひ、ね、あのこれ聞いてくださってる方も、あの家でねヨガやってるよっていう方も結構いたりとか、
まあ家からだから出なくても寒い時期なんで、っていうのもあるし、さとかなさんみたいにジムに入っちゃって、
それでね、こう払ったからには言ってちゃんとね通うっていうのもいいし、もちろんお金をかけずにあの私みたいに川沿い走るとか、
家の周り走るとかでも全然いいと思うので、なんか一個ね動いてみるとちょっといいあの変化が出るかもしれないので、
あとあのリストにリセッターリストもし使っている方で聞いてくださっている方だったら、
あのえっとね、上の方の欄にこう運動習慣の項目を一個作っておくと、なんかやった日にチェック入れたりとかする欄があるだけで、
ちょっとね今週何回行けたなとかっていうのを目安にもなるし、
あと手帳とかね、の方はもちろんのできた日にシール貼るっていう子供のね、あのお手伝いシールじゃないけど、そういうのもね意外とあの大事だったりするなあっていうふうに最近思ってるので、
そんなふうに活用してもらえたらいい。
佐藤加奈子
ただやってるっていうよりはこの日はできたみたいな。
Kaori
なんかの手帳ってマンスリーのページあるじゃないですか、
あそこに行った日貼ってってもいいかもしれないですね。
佐藤加奈子
そうすると1ヶ月で何回か言えたかなみたいな。
Kaori
ね、何曜日に行きやすいとかも一覧で見やすいかも。
佐藤加奈子
そうですね。
Kaori
やってみよう私も。
佐藤加奈子
自分で言って、すごいですねさすがかおりさん。
Kaori
いやそれなんか私も最近手帳の日記をねつけるのに手帳使ってるんですけど予定じゃなくて、
でもマンスリーページ完全に空いててここ何にしたらいいんだろうってずっと思ってて。
それにいいかも。
言いながら決めるっていう。
佐藤加奈子
いいと思います。ありがとうございます。
33:02
Kaori
なんかすごい話しちゃったすいません時間。楽しかったです。
楽しかったです。
じゃあ今日はここでお時間ということになりますけれども、最後に里金さんのほうからお知らせがあればお願いしたいと思います。
佐藤加奈子
定期的にインスタグラムの更新しているので、もしよかったら見てください。
そしてあと私は今60日はもう始まっちゃってるので、整理士のアドバイザーの方なんですけど、
日給の認定講座が3月の24日の日曜日神奈川県の川崎の方で対面で行いますので、もし片付けの方でね、何かお悩みとかこんなこと勉強してみたいなって方いらっしゃったら、
お越しいただければ嬉しいです。
Kaori
はいありがとうございます。
里金さんのインスタリンクを概要欄に貼っておきたいと思いますので、そちらの、今私見てるんですけど、
フィード投稿の一番上のところにレッスンスケジュールっていうのも載ってるので、そちらを見てもらうと、
佐藤加奈子
今、里金さんから受講できる講座の一覧が出てくるので、参考にしていただければと思います。
Kaori
ありがとうございます。
里金さんがね、家事をやってる様子もリールでいっぱい見れるので、
ぜひぜひフォローしてチェックしてみてください。
では、私からも最後にお知らせを一つさせていただきます。
私が担当するリセッターリストを実際に作る60日プログラムが2月下旬にスタートします。
おそらく今年は私この回しかできないかなっていう感じがしているので、
この2月末からのプログラムのみの開催になりそうなので、ご興味がある方はちょっと覗いてみていただければと思います。
日程が、平日夜のコースが2月23日金曜日から始まって、夜の20時スタートのコースと、
あと週末朝のコースだと、2月24日土曜日9時からのコースがあります。
どんなことをやるかっていうのは、概要欄にリンクを貼っておくので、そちら見ていただければと思います。
では、またね、里金さんに来ていただくのはまたちょっと先になるかもしれませんけれども、
また遊びに来てくれるのを楽しみにしています。
佐藤加奈子
はい、ありがとうございます。
Kaori
はい、では今回のお相手はリセッターリストアドバイザーで、生理習能アドバイザーの里金さんこと佐藤かなこさんでした。
36:00
Kaori
ありがとうございました。
佐藤加奈子
ありがとうございました。
Kaori
今回のあの人の毎日はここまでとなります。
概要欄にお便りフォームをご用意しています。
感想、質問、トークテーマなど募集していますので、よろしくお願いします。
それではまた次回お会いしましょう。
山本香里がお届けしました。
36:38

Comments

Scroll