1. 終わりかけのRadio ・今夜も最終回
  2. 第242回 【時事ネタ雑談回】続..

久々の時事ネタ雑談回。すっかり味をしめた中田敦彦ネタを皮切りにざっくばらんに最近の出来事を話しました。


■ チャプター

オープニング

feat. 中田敦彦

フランスの暴動

マイナンバーカードとデジタル庁

ここに来てのファッション論

消臭力がすごい

エンディング


■ 関連リンク

【改正入管法は何が問題か①】日本はなぜ難民に対して極端に冷淡なのか?

https://youtu.be/4I_NBB58xQU


【改正入管法は何が問題か②】日本が抱える人口減少や労働力不足…根本的な解決策は?

https://youtu.be/JjagvnviTh8


■ 関連エピソード

第238回 中田敦彦の「下剋上」とお笑い刀狩問題 〜松ちゃんの思い出、芸能界の同調圧力の不気味さ、半分コント半分真顔、など

https://podcasters.spotify.com/pod/show/owarikake-no-radio/episodes/238-e25tih7


■ 番組への感想・お便りはこちら

https://forms.gle/oEfBpskGT2qf4iMW9


■ クレジット

Opening Theme : Composed by WATA

Cover Artwork : Designed by WATA

CG Character : Modeling & Designed by WATA

Ending Theme : Composed by TAZAWA

©終わりかけのRadio


番組エンディングテーマ『life』

https://linkco.re/E2GY2D3Q


#中田敦彦 #パリ暴動 #消臭力

Summary

中田敦彦さんは政治の発信やパリの混乱状況について話し合い、ファッション論を考察しています。最近の話題は政治やファッションですが、特に左派の話題が増えています。ただし、ファッションに対する興味は時代錯誤とされていますが、服の歴史やトレンドには理屈やロジックがあり、興味深い話題となっています。また、臭いに関する雑談や防臭アイテムについても話題が展開されています。

00:13
tazawa
どうもTAZAWAです。
Speaker 2
WATAです。
tazawa
いやー、いつもね、1エピソード1テーマって感じで、なんとなくやってますけど。
Speaker 2
うんうんうん。
tazawa
いろいろ喋りたいことがある週って、どうしたらいいんですかね、でもね。
Speaker 2
いや、もうそのままいいんですよ。
そうですか。
いいんすよ、もう。そんな。
もうラジオですからね。
ラジオ、もう形はないから。
ほら。
言っちゃうと。
tazawa
その。
Speaker 2
はいはいはい。
あの、そう、いいんだよ。
tazawa
そうですか。
Speaker 2
言っちゃう言っちゃう。
tazawa
今日は一応、ファッションの話をする回として設定してるんですけどね。
Speaker 2
お、早かったっすね。早かったね。
そうなんですよ。
tazawa
その話ね。
いや、だからちょっとその話もしつつね。
はいはいはい。
中田敦彦の政治発信
tazawa
したいんですけど、でもいろいろ喋りたいことあって、中田あっちゃんの話を割とフィーチャーしてるじゃないですか。
Speaker 2
あの、去年一昨年ぐらいはひろゆきの話で染まってたんですけど。
確かに確かに。
tazawa
最近ホットですよね。
この間の定言の話もそうだし、あとちょっと前に中田あっちゃんの政治のコンテンツが。
Speaker 2
あ、言ってたよ。そうだよ。それ言ってたやつ。
tazawa
中立の限界を感じるって話をしたじゃないですか。
Speaker 2
中立、そうだよね。中立じゃねえじゃんみたいな。
tazawa
そうそうそうそう。でなんか、今今日時点で最新の動画がまた政治なんですよ。
Speaker 2
あ、そうだっけ。
tazawa
そう、あのなんか入管法、改正入管法の話で。
Speaker 2
あ、はいはいはいはい。
tazawa
あれ見たんですけど、中立っていう立場は放棄したんだろうなっていうぐらい。
あ、そう。
Speaker 2
がっつり左。
tazawa
いきた。
Speaker 2
あれは。
tazawa
左行った。
Speaker 2
左ですね。
tazawa
左行った。
なんか、ちょっとどうかなと思いましたね。
Speaker 2
はいはいはいはい。あれでも、あっちの方で言うとすごい反応いいんだろうね。
tazawa
いやだし、そう、あっちにスタンス置かないと喋ることないと思うんですよね。
確かにね。
Speaker 2
特にあの入管法とかは。
tazawa
なんか、自分のスタンスで言うとなんかすげえ悪いやつっぽく見える感も出るしね。
そうそうそうそう。流石にやっぱりコメント欄見ても、同じようなツッコミしてる人多かったし、低評価の方が多かったですね。
Speaker 2
はいはいはい。やっぱそうなんですね。
まあやっぱりいわゆるチェリーピッキング的に、批判的な側にとって都合のいい情報で作ったコンテンツって感じがして。
tazawa
あれ何なんだろうな。なんか中田ちゃん、池上さんが好きって言ってたから。だからそういう影響なのかな。何なんだろう。
Speaker 2
まあね。確かに僕ツイッター見てても、でもそういう、いやちょっと僕のツイッターがレフトサイドに寄ってるっていう説はあるんですけど、あの多いですね。やっぱりそういう意見みたいな。
中田ちゃんちょっと見てないんであれですけど、なんかそれっぽい。で確かに池上風、池上風意見って割と結構世論、ちょっと賛同、集め合わせみたいなのあるじゃないですか。
tazawa
そうですね。
Speaker 2
まあ池上さん自身は相当やべえやつだと思う。ほんとはそうだと思うんだけど、割とそういう風潮はあるよね。
入管法に関してはちょっと人権っていう倫理観みたいなところを使うと批判しやすいというか、入管法って要は難民の申請の時に申請して却下されても、その申請してる間はずっと日本に滞在できるから、中にはそれを悪用してずっと日本に滞在、不法滞在してしまう人はいるから。
tazawa
でそれをなんとかするっていうのがその改正入管法で、その申請も3回までっていう風にして、でまあ自民党と維新と国民民主とかが賛成して通ったんですけど、まあそれをね、まあ批判側は人権っていうところを使ってやるんですけど。
なんか、それでよく取り上げられてる事件とかありますもんね。なんか亡くなっちゃった女性がどうじゃとか。 そうそうそう。だからそういうのをすごい使って批判するんですけど、直接ね関係ないからね、それとは。
そうだったら確かに別問題っていう感じがしますよね。 そうそうそう。それはそれで問題だし、今回の改正入管法だって別に完璧なものじゃないから、という中でいかによくしていくかっていうところでこうやってるわけだから。
維新のババさんとかね、強行採決ごっこって言ってましたからね。 ごっこ。
Speaker 2
だから強行採決だーってすぐ捌くじゃないですか。それをね。 ああ、そういうことですね。
まあそうだよね。それも捉え方って表現の仕方によって悪者にできちゃうやつですもんね。 そうそうそう。
パリの混乱状況
Speaker 2
でも逆に言うと、フランスの動画とかよく見られます。フランスどんどん状況悪化してるんで、相当深刻な状態になってて、内紛状態みたいな映像がすごい出てくるの。
焼け野原みたいな車が炎上しまくってたりとか、普通に民間人が武器持ち始めちゃってて、ちょっとこれ言い方誤解ないように伝えたいんですけど、
結構ウクライナの街よりも治安悪くなってんじゃないかなぐらいな感じで、結構やばいことになってて。
あれはいろんな問題は背景はありつつも、かなり移民の問題があるんですよ。逆に言うと今回デモに移民問題も加担させてしまって、
そういう言い方があんまり難しいんだけど、結構そういう冒頭化しちゃってる人たちが結構移民の中でいて、あのデモってやっぱり難しいんですよ。
正当化は難しいところもあると思うんですよ。いくらなんでも武装して、街を破壊して、歴史的な建造物もどんどん今燃えちゃったりしててとか、だからなんかそういう側面って絶対見なきゃいけなくて、
それはある意味2,3年後の日本のもそうなってるかもしれないっていう、結構、なんていうんですかね、なんかあんまりその局所的なところで物事が判断が難しいものだよなっていうのは、やっぱりみんな知らなきゃいけないと思うんですよ。
知った上で判断しなきゃいけないっていうのはあるから。だから局所的な人権の話をしちゃったら、やっぱりそこで止まっちゃうと思うんですよ。
tazawa
だから当然、難民って、だから難民だから、強制双管とかしちゃったら、矛盾するってことは当然なんですよ。それ分かってて、だけど、そこの難民のそこのあれって、結構、法律が整ったザルだから、そこを逆にうまくハックしてしまう人もいるから、
なんとかそこはね、だってそこに対して、不法滞在する人に対しての対応とかでコストもかかるわけだしとか、そういうのいろいろあって、ちゃんとしていかなきゃいけないよねっていう流れでやってるから、強制双管って言葉だけ切り取ったら、すごい人権侵害っぽく見えるけど。
Speaker 2
でもだから、これはこの前のジェンダーの話でもそうですけど、いわゆるマイノリティなわけでしょ、移民っていうのは。そこを優遇しすぎた上に、やっぱりマジョリティというか、日本国内のバランスがおかしくなっていくみたいなのは、結構ある。
本当に周りの外国一回見てみないと、難しいと思うのよ。いわゆるポリティカルなジャスティスな感覚で判断しちゃって、人権を守られるべきだみたいな。やっぱ世界は人種なんて関係なくて、どんな人種も平均的に人権を求められるべきであるみたいな。
感覚はわかるんだけど、ただそれだけで物事を判断していった時の、闇落ちしていく絵柄って結構周りでも見えてるから、そこはちゃんとね、そこも見なきゃダメなの。チェリーピッキングするのは、ちゃんとそこをピッキングしなきゃダメだと思うんだよね。
tazawa
だからね、そういうことをやってるから日本は難民の受け入れが少ないんだっていうね、意見なんですけど、日本って遠いっていうのもあるんですよね。
Speaker 2
島国でね、ちょっと。
tazawa
だってほとんど中東とかね、あの辺りだから日本遠いから、あと日本と韓国だって、韓国も同じぐらいの受け入れだし、中国は受け入れてないしね。
Speaker 2
受け入れてないしね。
tazawa
っていうのもいろいろあるしね。
ちょっとまあね、なんかちょっと人権とかこう、そういう倫理観みたいなものを使って批判するのって、なんかね、快感なのかなって思ってしまうなって。
Speaker 2
なんかやっぱりそうだよね。だからその人が否定しづらい疑弁っぽい感じになっちゃいますよね。それ言っちゃった時点で。
でもその日本が今これだけ治安がいいのって、ほんとよく見つめた方がいいと思うんですよ。で、いかに世界が治安が悪いかっていうのを、もう日本人って胃の中のカーズになっちゃって、逆に言うと。
これがもう当たり前だって思ってるけど、もう次元が違いますから、世界は。ほんとに。だからそれが維持できなくなる状態は、移民問題を抱えてる国から破綻し始めてるっていうのは、ちゃんと理解した上で考えなきゃいけないと思うんですよ。
こればっかりは正論で話さないと、ちょっと結構。
tazawa
リアリズムが大事なところですよね。
ファッション論
Speaker 2
ここはリアリズムが大事だと思う。理想論ではもう語り尽くせない。
tazawa
そうですね。だから僕も正しいこと、全然詳しくないからわからないですけど、さすがにちょっとチェリーピーキング的な、ああいうコンテンツはどうかなって思ったんで、ちょっとね、言ってこうかなって。
Speaker 2
中田さんに対してね、これから中田さんをフィーチャーしてくれる。確かにね、でも結構その辺は、なんかね、コメント欄とかもすごい偏ったりするからさ、結構世の中の風潮を扇動しちゃうみたいなとこはね、やっぱり出ちゃうからね。
なんか世論的にみんなこうだぞってなっちゃうと、それが正しいように見えちゃうけど、本当にそうなんだっけっていうのはね、ちょっと相当冷静に考えないといけないことなんじゃないかなと思いますけどね。
tazawa
だからまあね、中田ちゃんとかの動画見たら、別の人の常年さんとかね、動画見たら、一緒に見たら。
Speaker 2
タカトリ 真逆のね。真逆ですからね。
tazawa
最近マイナンバーカードもね、いろいろ大変ですね。
タカトリ 問題がね、もう。
Speaker 2
ラサール石井が返却したらしいですね。
タカトリ もう、マイナンバーカードは、でも茶番劇なわけでしょ。掃除手。
tazawa
だし、システム的なのって当たり前だからね。
Speaker 2
タカトリ ああ、不具合ね。
tazawa
タカトリ そうそうそう。
Speaker 2
タカトリ まあでもあれですね、太郎は叩かれてるね。太郎もすごいね、本当に。すごいことになってるね。
tazawa
いやまあ、それこそさっきの入管本のときのだいぶね。暴力問題でだいぶね。
Speaker 2
タカトリ 確かにね。もう一人の太郎の、河野の。
tazawa
河野さんの方ね。
タカトリ 河野さんの方ね。
山本太郎ちゃんじゃなくて。
Speaker 2
タカトリ 山本太郎の話もあるんだけど、河野さんどうですか。
tazawa
タカトリ 河野さんね。
タカトリ でも、河野さんが辞めるって言って、喜者さんにいやいやそんなわけにいかないって言って。
タカトリ まあそりゃそうだろうと思うんですよ、喜者さんもね。
タカトリ あんなことで辞めさせるわけにいかないからって。
Speaker 2
まあまあまあ。
タカトリ でも結構河野さん自身のパーソナリティーに触れられることが結構、だからちょいちょい出ちゃうじゃん。
タカトリ その洞窪してる音声とかが。
タカトリ だからそこにフォーカスされちゃってるって感じはありますね。
タカトリ まあそれも切り取りではあるんですけどね。
tazawa
タカトリ 河野さんはちょっとね、保守層からあんまりよく生まれてない人。
Speaker 2
タカトリ そうですよね。
タカトリ なのでね。
タカトリ 寄り的にはね。
タカトリ あっち寄りですよね。
tazawa
タカトリ でもあのデジタルっていうところでは、なんかいいんじゃないかなって思いましたね。
Speaker 2
タカトリ 確かにね。
tazawa
タカトリ さらにデジタル庁のエンジニア力、結構評判いいですね。
タカトリ あ、そう。
タカトリ すごい界隈で話題になってますよ、デジタル庁。
タカトリ デジタル庁のフロントエンド周りの出してるものとかの知見とかがすごくあったりとか、ガイドラインとかすっかりしてて。
タカトリ 恐らくあれちゃんとわかってる人たちが、精鋭たちがやってるんじゃないかなって感じしますね。
Speaker 2
タカトリ 結構あれいろんな集合体なんでしょ。精鋭がデジタル庁でオフィシャルに働いてる人もいるだろうけど、結構いろんな人が集まってやってるんだよね。
タカトリ それデザインのやつでもあって、ガイドラインの話もおっしゃってましたけど、デザインシステムのデジタル庁が公開してるやつがロールモデルになってて、結構バズってますね。
tazawa
タカトリ ああいう流れはいいなと思いますね。あとなんか求人もすごい具体的な求人で、iOSエンジニアとか。
タカトリ 技術要件。
タカトリ すごい技術の具体的なワードが散りばめられてて。
Speaker 2
タカトリ もう下手な事業会社よりもちゃんと書いてるかもしれない。
政治の話題の増加
tazawa
タカトリ そうそうそう。いいなと思いますね。
Speaker 2
タカトリ ちゃんと世間が悪いとこだけ引っ張っちゃってるけど、結構割とこんだけITダメだった日本がさ、ちょっと基盤良くなってきてるかもしれないだから、変な上げ足取んないで、ちゃんと作らせた方がいいですよね。
tazawa
タカトリ 本当ね。なんかあれですね、すいません政治の話をしちゃいましたね。
Speaker 2
タカトリ なんでしたっけ?ファッションか。
タカトリ さっきはねファッションって言ってましたね。
tazawa
タカトリ ファッションの話は、でもちょっとなんでするかっていうのも含めて、またこっちは改めてちゃんとガッツリ。
Speaker 2
タカトリ 多分相当話したそうだったから。
tazawa
タカトリ 僕が話すんじゃないですよ。ワタさんが話すんですよ。
Speaker 2
タカトリ 僕が話すの?どういうこと?
tazawa
タカトリ これあれですから、僕は話すことないですから。これはシリーズ企画ですよ。オシャレ番長ワタシリーズですから。
Speaker 2
タカトリ いやいやいやいやいやいや。
tazawa
タカトリ でね。で、いや。
タカトリ まあでもこの話も、こういう話もね、今後すればいいんですけど。
タカトリ 僕が全然ファッションとか全く関心がないタイプだから、せっかくワタさんすごい喋りたくてしょうがないはずなのに、ちょっと我慢してたと思うんで。
Speaker 2
タカトリ そんなことはないんですけどね。
tazawa
タカトリ そう思って、ちょっとワタさんとついていけるぐらいの知見を今僕は貯めている最中なんで。
タカトリ ああ、なるほどね。
タカトリ で、ワタさんから引き出すっていうね。
タカトリ 逆にその、もともとファッションの興味ない僕みたいなタイプから視点で良質な企画ができるんじゃないかっていう。
Speaker 2
タカトリ いやいやいや。
タカトリ ワタさんを活用してるんですよ。
タカトリ 活用してくれるのはいいんですけど、そんななんか何か崇高さを求められると自信はなくなるんですけど。
tazawa
タカトリ ちょっとぜひお楽しみにしてほしいですね。
Speaker 2
タカトリ 僕でもね、ファッションって今すごいいいなって思ってるのは、そもそもファッションがどうとかっていう感覚ってちょっと時代錯誤なとこあるじゃないですか。
タカトリ 要はファストファッションがもう主流で、服に金かけるなんてナンセンスみたいな。
タカトリ で、僕今回車買った、ちょっと前回のエピソードで車買ったっていう話してるんですけど、車もそうなんですけど、車なんていらないじゃん。
タカトリ 車なんていらないんですよ、普通に考えたら。都内に住んでいれば。都心、郊外に住んでいれば。だいたい都市部の方に住んでいれば、絶対必要ないから。
タカトリ なのになぜ買うんだっていうところは、僕やっぱね、すごい突き詰めて考えたんですけど、だからこそ買うんだっていうところに行ったんです。
タカトリ 要は、そのもうメインで、メインストリームとなっている価値観に抗うためにちょっと買うというか。
タカトリ あえて時代錯誤なことをして、そこからまた新しい感覚とか価値観とか、あとリバイバルじゃないですか、昔良かった感覚みたいなところの良いエッセンスというか。
タカトリ そういうのを、時代に流されて、こんな価値観古いよねっていうよりは、ちょっと思い起こす、棚卸しする作業みたいなのを最近すごいしたくなってて。
タカトリ それは僕はおじさんになったからっていう、開講的になっているっていう意味合いもあるんだけど。
タカトリ 僕の中でファッションもその一部なんですよ。ファッションに執着して、それで自分を満たすみたいな感覚って、すげえ実際古いなとは思いつつ。
タカトリ そこが今は時代的にそんなに求められてないが故に、すごい色々ヒントがあるんじゃないかなっていうのを。
タカトリ 僕は最注目してます、それで言うと。
タカトリ なんかこう、服がどうとかっていうのも価値観的に面白いなって、また思い始めてる時ですね。
tazawa
タカトリ 僕は、例えば音楽の話とかになった場合に、あの音楽いいよね、この音楽あーだよねっていう評論家的な音楽の話って全く興味ないんですよ。
Speaker 2
タカトリ 未だに音楽が好きな、やってた自分でも全く興味ないんですよ。
tazawa
タカトリ そう、批評は。要は受け取り側としての音楽の批評って全く興味なくて。
タカトリ 好きな音楽の話は、人がいい音楽だと思う音楽って、理論はどうなってるんだとか、歴史がどうなんだとか。
タカトリ その中身とかロジックがすごい好きなんですよ。で、ファッションの話も、僕の印象だとやっぱりあのファッションおしゃれ、これがトレンドとかね、そういう話のイメージしかなかったんですよ。
タカトリ それと音楽で言うところの、あの音楽がいいよねって悪いよねって話と近くて。
タカトリ だからあんまりファッションに対してこう、関心を向けられなかったんですよ。
タカトリ だけど、ファッションはファッションで、音楽で言うところの音楽理論みたいな形で、しっかりとした、やっぱりこう、理論がロジックがあるんだなっていうのを最近知って、
タカトリ これはすごいなと。デザインとかでも黄金飛とかね、そういうのあるし。
タカトリ いや、これはファッションも当然そういうもんだのは、それはそうだかと思って感動、痛く感動しまして。
タカトリ その話をね、今度じゃあ。
Speaker 2
タカトリ いや、ちょっとそれをちゃんと話しておいて。だから、でも僕らはそういう切り口で話すのは僕らっぽくていいですね。
タカトリ だから、このブランドのこのシーズンのこれがいいとかっていう話は別に僕もそんなに興味が結構ないところがあって。
タカトリ ただなんか、歴史あるじゃん。服の歴史ってすごい面白いんですよ。本当に。いろいろこう流れがあって。
タカトリ とか、今のジェンダーの問題とかいろんな、あと音楽ともつながってるから、すごい面白かったりするんで。
tazawa
タカトリ だからトレンドとかも絶対理由があってこうあるとか。
タカトリ そうそうそう。
タカトリ すごい面白いなと思ったんですよね。
Speaker 2
タカトリ なんであの服って古く感じるのかみたいなね。なんかあの感覚って言語化できないものがあるんですけど。
タカトリ そうですね。
タカトリ そういうのは実は理屈が少しあったりするからね。
tazawa
タカトリ なるほどなと思って。だから別に僕もファッション関心持ったところで、別にそのいろんな聞かさったりとかっていうような方向性には別にあらないんですけど。
タカトリ ただこう音楽でいうところの音楽理論とかそう知ったことによって、音楽の見方も変わる。聞き方も変わるっていうのと一緒で。
タカトリ 服のね、ちょっとしたこう選び方とか。あ、これはこれでいいんだとか。
タカトリ これは実は良くなかったんだとか。そういうのがちょっと分かるなと思って。
Speaker 2
タカトリ 確かにね。
tazawa
タカトリ まあまあ、どの道今回話さないんで。
Speaker 2
タカトリ すごい壮大な前振りとしてこれが残るわけですよね。
tazawa
タカトリ だからもう全然違うくだらない話をしようかなと思うんですけど。
Speaker 2
タカトリ いやもうちょっとね、ちょっと撮っときましょう。じゃあこれは美味しいネタとしてね。
tazawa
タカトリ だから時間がもう中途半端だから全然。
Speaker 2
タカトリ 水着撮影会が中止になった話する?
タカトリ あの共産党のね。
tazawa
タカトリ 共産党のやつ。
Speaker 2
タカトリ でも最近さ、やっぱさ、左界隈の話題ちょっと増えてきたね。やっぱね。
タカトリ あのジェンダーのやつもそうだけど。
tazawa
タカトリ そうですね。確かに確かに。
ファッションと時代錯誤
Speaker 2
タカトリ ちょっと増えてきたよね。やっぱね。
tazawa
タカトリ まあそうですね。確かにLGBTとかからやっぱり派生して。
Speaker 2
タカトリ 派生してるね。完全にこれ。
tazawa
タカトリ いろいろ言いやすいものが出てきたんでしょうね。
Speaker 2
タカトリ LGBT法案の話もやっぱ自民党のやつで話題になってたし。
タカトリ さあそのね、撮影会のやつは共産党の介入がとか。
タカトリ まあいろいろね、埼玉県の男とかがとかいろいろありましたけどね。政治の介入みたいなね。
タカトリ いやなんかね、まあでもその中田敦彦じゃないんですけど、世の中で盛り上がりやすい話題なんでしょうね。
タカトリ 今のほんと、着火剤としてやっぱりこう話しやすい話題になっている。
tazawa
タカトリ まあなんか言おうとした時に言いやすいというか。
Speaker 2
タカトリ まあ文句言いやすいみたいな話ですよね。
タカトリ 文句を言うことを目的としたらそういうのってやっぱり言いやすいというか。
タカトリ 確かにね。それはあるかもしれないですよね。
tazawa
タカトリ あの全然関係ないどうでもいい話しますけど、こんな隙間じゃないとしゃべれないからしゃべるんですけど、
タカトリ いやこの間買ってよかったものの話というか買いたくなったものの話っていうのがあって。
服の歴史とトレンド
Speaker 2
タカトリ はいはいはい。
tazawa
タカトリ いやそれは、それ欲しくなるなと思って。それは買うわと思ったことあって。
タカトリ いやちょうどおどめいい話なんですけど。
タカトリ いや僕のうちのマンションのね、エレベーターがある時めちゃくちゃ草があったんですよ。
Speaker 2
タカトリ ありますよね。それね。それなんたんだろうねあれね。
tazawa
タカトリ いや蒸気をしてる草だったんですよ。
タカトリ もうあの下になんか茶色い液体があって。
タカトリ だから多分生ゴミを下破けた状態で乗せた人だったんですよ。
タカトリ でもうそれがとんでもない匂いで。
タカトリ なんかおそらくずっと置いてた生ゴミなのかなっていう口角抜けのやばいやつで。
タカトリ でもう正直息できないレベルで。
タカトリ あそう。
タカトリ そう。でそれがね2日ぐらい続いたんですよ。
タカトリ だから2日ぐらいずっと茶色い液体が下についてて。
タカトリ エレベーター乗るぐらいならちょっとお昼買いに行くのやめようかなと思うぐらい。
Speaker 2
タカトリ すごい状況だねそれね。
tazawa
タカトリ そうそうそう。だけどそれ2日続いてたからさすがにこれは誰か言うだろうなと思って。
タカトリ 管理会社に。
タカトリ だってエレベーター乗れないレベルだったから。
タカトリ って思って2日ぐらいしょうがなく耐えてたんですけど。
タカトリ 3日目にエレベーター乗ったら匂いが全くなくなったんですよ。
タカトリ 全く無臭になってたと同時にエレベーターの隅に特大サイズの消臭液が置いてあったんですよ。
Speaker 2
タカトリ ああはいはいはい。
tazawa
タカトリ ボールのやつ。
タカトリ 消臭液ってあんなすごいんだなと思って。
Speaker 2
タカトリ えっ茶色いのそのままだの。
tazawa
タカトリ あのなんかでカピカピになってたんですけど。
Speaker 2
タカトリ カピカピになってた。
タカトリ とりあえず対処療法としてこれ置いとけって言って。
tazawa
タカトリ そんなことあんのと思って。
Speaker 2
タカトリ すごくないそんな。
tazawa
タカトリ すぐ買いましたもん消臭液。
Speaker 2
タカトリ 笑
tazawa
タカトリ こんなに効くならですよ。
Speaker 2
タカトリ いやいやまあたださんの部屋そんなに消臭する必要ない。
tazawa
タカトリ だけどいやだから消臭液ってすごいんだなと思ったあれ。
Speaker 2
タカトリ まあ本当にうんこのにおい消えるわけだから。
タカトリ 消臭してくれる。
タカトリ いやでもさあ。
tazawa
タカトリ あんな消えると思ってたっていう。
タカトリ いや消臭液があんま普段効いてんのか効いてないのかよく分かんないのって。
タカトリ 普段からあんま臭くないから。
Speaker 2
タカトリ 臭くない、言ってもさあそんなないじゃん。
タカトリ 何か臭いそんなないんですよね。
タカトリ そうそうそう。
だからプロモーションとしてはすごいなと思ったんですよ、消収力 だからもうそういう現場に置かれるべきってことだよね、特殊清掃の現場とかに
あんな劇場型の広告されたら僕買いますよ、だって ああ、それは確かにそれ言われると実感したことがないわ
tazawa
そう、なんか消収力って言ってるけど、いかほどかっていうのは経験したことない、そういえば とんでもないです
実はポテンシャルがすごかったってことですね、だから薬不足というか完全に持て余しちゃうもんね そうそうそう、大して臭いもしないところに置いてたから
臭いの起源と不思議さ
Speaker 2
何でこいつみたいな丸っこいビーズ入ってきてるさ、あ、そうなんだ
それあれだね、だからゴミ置き場とかに置いてけばいいんだよね、消収 そうそうそう
そうなんですよ だから本来の目的は消収することだから、確かに匂いがないとこ、てかさ、変な、人の体臭とかさ、そういうのってさ、もうそういう範疇じゃないじゃん
そうですね だからほんといわゆるマジでこれ、マジで草屋の匂いですか、みたいな状態じゃないと確かにはっきりできないんだろうなって思うとね
tazawa
あ、そうですか 誰が置いたんだろうなと思ってますね、あれ
だからでもクレーバーだよね、だってこれでいけるって思わないじゃん、普通 そうそうなんですよ、もう気安めだと思うじゃないですか、あんなの
なんか清掃員がさ、かなりの 実は2日目くらいから茶色いやつはちょっと薄くなってて掃除しようとしてたんじゃないかな、それでも消えてなくて
Speaker 2
まだ消えなかったんです、ていうかその液体もすごいけどね、その匂いってほんと不思議ですよね、なんかなんでちょっとさ、その汁がこぼれただけじゃん、なんでそんな臭くなるのみたいなさ、なんでこんなに消えないのみたいなさ
だからほんとさ、これはちょっとさグロいけどさ、さっき言った特殊清掃のさ、死体が腐敗しちゃった匂いみたいなさ、飛んでもないんですよ、嗅いだことないけど、それを取り除いても取れないってことで、すごい板をもう変えないといけないみたいな、どんなよみたいな
臭いってすごいんだよね、エネルギーとしては、そんなエネルギーってすごくない?だって、そんな蟹の汁がさ、こぼれただけでそんなことなるわけよ、もう人が気絶しちゃうくらい臭いみたいなのが
口角類ってあの腐った時のパワー半端ないですよね そうか、じゃあ僕でもそんなちょっと想像、なんかそこまでの本当に腐りきったやつは匂い嗅いだことなくて
でも口角類アレルギーですもんね そう、僕さ、そもそも食べれないからっていうのもあるけど、そんな臭いんだね
tazawa
あれはそっち系のやばいやつでしたね、てか、あんなあそこまでの匂いになるまで部屋を置いてたんだっていうのが
じゃあそいつの部屋超臭いだもんね そういうことでしょ ねえ、あのだからあれでしょ、お部屋の人が、お部屋がいるわけでしょ
あの、いやでもさ、たださんの住んでる、今住んでるマンションってすごい綺麗なマンションですからね、なんか まだね、そんな食べないから
いるんだね、そういう一人暮らし そうですね、女子大生が多いはずなんですけどね
防臭アイテムとかび対策
Speaker 2
でもね、女子大生多いんだよ、そのそういう、あのカニの汁放置しちゃう、カップラーメン、カビ浮いてるやつを置いちゃうみたいなのがなんか
多いらしいよ、片付けらんない、ほんと片付けらんない まあね、はいはい
tazawa
いやーでもすごいね、それ いや、まあだから
Speaker 2
広告として、反則のプロモーションとしては秀逸でした だから召集歴さ、ほんとさ、変なのしさ、売り場とかでさ、目の前に犬のうんこ置いといてさ
tazawa
こんな消えますみたいな、なんか そういう売り方した方がいいよね そうですよね、そう巻き込むパターンあるんだと思ってね
変なのし、自分臭かったら、自分の体臭かったら召集してくれる、召集歴 その部屋では召集してくれるってこと、それくらい乗ってもバリキュアあるってこと そうですよね
Speaker 2
だからちょうどあのエレベーターのあの狭い空間とちょうどマッチするんでしょうね あ、まあそっか、こもってるっていうのと熱もこもるしね
いつもより匂いしなかったもんな、なんか乗った人の匂いってあるじゃないですか、エレベーター あるあるある、なんかある、いろんな匂いあるね いろんな匂いね、まあいい匂いもあったりとか いい匂いもある、香水の匂いとかもあるけど
えーそんな、それはね実感したことがないというか、あんまり信じてなかったかもしれない、それで言うと こいつどうせ気休めだろうって思ってたんですよ、自分が言います
tazawa
なんかでも結構好きで買うんですよね、僕は 消臭力?ビーズ? 百均とかで、なんかああいうの置いとくの好きで
あと僕がね病的に買っちゃうやつがあって、あの置いとくだけで湿気取ってくれるあの小っちゃいなんかカップみたいなのあるじゃないですか
あ、でもそれあれはいいと思いますよ 僕あれ病的に買っちゃうんですよ 病的に買っちゃう? 病的に買って病的に帯びちゃう癖があって
戸棚っていう戸棚に2つぐらい全部入ってますからね、常に まあでもいいと思うんだけどね ああいう置いとくだけでいいってやっぱり好きなんですよ
Speaker 2
わかるわかる、お守り感ね、でもあれ実際でも湿気取るやつもあれ想像以上にポテンシャルあいつありますからね
だって本当普通ね、やっぱり多分マンション済みの人はだいたいそうだと思うんですけど、だいたいかびるからね服
服ってマジで服と靴に絶対かびるんですよね基本的にはだから絶対必要だよ、本当に あいついるだけでかびちゃう場合もあるけどほとんど防げるから
だから大事ですよね本当に定期的にアマゾンで箱で買ってますとか、そんないる?
ということでちょっとお時間が来ちゃいましたね 今回ちょっと中身が全く、まあまあちょっとでもありますけどね
tazawa
テビーコンティニューでまた次回の密なやつもねこんな感じでお願いします はいありがとうございました
Speaker 2
さよなら
31:29

Comments

Scroll