1. MCUラジオ
  2. 第33回 「アベンジャーズ/イ..
2022-06-05 2:18:17

第33回 「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」

遂に、この作品を語る時が来ました。

予想どおり、収録時間も過去最長となりました。

MCUにハマった二人が、限界まで喋っております。

是非、お聴きください!

【番組公式Twitter】

@MCU07249846

ご意見、ご感想は #MCUラジオ でお願いします。

00:09
はい、みなさん。こんばんは、ゆうすけです。
こんばんは、おうばです。
よろしくおねがいいたします。
よろしくおねがいいたします。
今回は、アベンジャーズインフィニティ・ウォーです。
インフィニティ・ウォー。
ついに来ました。
えー、来ましたね。
どうしましょう。
どうしましょうか。すごい、なんか、長くなるやろうなって今から思ってるんですけど。
まあ、しゃべろうと思えば、しゃべれるネタは何時間でもありますけど。
はいはいはいはい。
誰が聞いてくれるのかという問題もあるので。
まあ、程よい時間で終わればいいかなということで、まったく予想がつきませんが。
そうですね。
えーと、この映画、2018年公開のMCU作品としては19作目になります。
はい、2018年ですよ。
ちょっと懐かしい気がするっていうのをね、収録前に喋ってたんですけど、思えばもう4年も前なんですね。
その割には結構何回も我々見てますし、今回もね、見直したりしたので。
うーん。
もう大概ね、各シーン頭に入ってるというか。
そうですね。
分かってても、一度つけるとまたついつい見てしまうと。
この映画ね、テンポがいいのでね、すごく。
そうですね。公開当時のことを思い出したら、例によって予告編以外の情報ってほぼなかったわけですよ。
今までの集大成的なもので、サノスというすごいキャラクターが、今までね、チラ見はしてたんですが。
出てきて、インフィニティストーン集めて、で、いろんなメンバーがドドンと集結しますせいというね。
はい。
蓋開けてみたら、こちらの想像をはるかに超えた展開になってまして。
すごかったですね。
ねえ。
もちろん劇場で見張ったんですよね。
見ました。
で、あのポスターにね、たくさんのキャラクターがずらずらっと出てきて、
特にガーディアンズのメンバーがアベンジャーズと初めてこうね、絡むという。
それがやっぱり一番楽しみではあったんですよね、まず。
そうですね。どう混ざってくるのかって一番読めないメンツですもんね、この人たち。
そうですね。そこにあとドクターストレンジとかブラックパンサーも入ってきて、スパイダーマンも入ってくるし。
フェイズ3で一気にキャラクターが増えたから、それがグッと一箇所に集まるっていうのはどんな話になるんだろうと思ってましたね。
シビルウォーでも大概多くて、どうなるかと思ったらまあなんとかなったというか、ルッソ兄弟すごいなと思って見てたんですが、それを上回る人数が出てきて、
当時映画館で見終わって本当にひっくり返りましたね。これまた後で話しすることになると思うんですけども。
03:07
そうですね。僕ね、このインフィニティウォーがなんと初めて劇場で見たMCUなんですよ。
素晴らしい。最初はこれというのが。
そうそう。僕これを見るためにMCUっていうシリーズがあるらしいぞって、なんか知ってるな、昔あったなみたいな感じで、
一作ずつ見て、その頃は配信とかも見放題あるところもあるしないところもあるしみたいな、今ほどなかったんで、TSUTAYA行ったりもしたし、
そうそうそう。1ヶ月お試し会員とかあるじゃないですか。ああいうのを駆使して方法を渡り歩いてみたんですけど。
今ほどの、まだ配信がメインじゃなかった頃ですよね。
そうそうそう。思えばって感じですけどね。
こういったディズニープラスというのができると思わなかったんですけど、当時映画館で見て初日に見たのかな。
そこ記憶が曖昧なんですが、まずあのオープニング、いつものね、あのマーベルのロゴが出てくる。普通だったね、チャンチャチャチャチャンとかいうね。
ああいういつものテーマが聞こえるかと思いきや非常に重々しい。
もうなんかそこからこれ違うぞ、いつものあれとは違うんだぞみたいな。
それまでのアベンジャーズのノリで見ようとしてたらもう最初から違うぞと。で本編が始まったらいきなりもうソウがやられてた、アスガルト人が虐殺されてたというとんでもないシーンから始まるというね。
オープニングからいきなりちょっとこの映画は違うぞって、重いぞっていうのがわかりますよね。
プロローグとかなくてもういきなり走り始めたという。
作品で言えばそのマイティーソウバトルロイヤルのラストからもそのままつながる、あのラストから30分か1時間後ぐらいの話じゃないかと思うんですけれども、
地球に向かおうとしたそのアスガルトの船の前にサノスのあのでかい宇宙船が現れて、
攻撃を受けて、このインフィニティを始まった段階ではもうかなりの人間がやられてて、ソウももうボロボロに倒されてると。
ということで、ムジョルニアがないとはいえ、前作でいわゆる雷の神としての力に覚醒したはずだけど、全く立ち打ちならなかったというね。
すでにもう血みどろで倒れてましたもんね、ソウが。
ここは本編では描写はなかったんですが、バルキリーとある程度の数のアスガルト人は脱出して地球に向かってるんですよね。
06:00
インフィニティウォーの中ではそこの描写がなかったんで、もしかしたらバルキリーまでもう死んじゃってるのかなとか思って当時見てたんですけどね。
そうですよね、こんだけみんな死んでるから、映ってない人も普通に死んでるんやと思っちゃいますよね。
そしてロキは相変わらず、ネズミ男的と言いますか、強いほうにつくと言いますか、隠してた4次元キューブを出してサノスに渡そうとして、
その時にまさかロキがこれを言うとは思わなかったんですが、我々にはハルクがいるというね。
あれだけハルクに対してトラウマを持ってたロキが。
この後のシーンがまたびっくりしたんですけどね。
そのハルクが素手でサノスとやりあって、完全に叩きのめされてしまうという。
ハルクと言ったら、一番暴れたら強いというイメージがついてたんですけど。
エイジオブウルトラの時にトニースタークがハルクバスター使って、それでも相当長時間戦って苦労して何とか抑え込んだという、そのハルクをほんの30秒ぐらいで叩きのめしてしまうという。
それもストーンの力とか何も使わずあくまで肉弾戦だけで叩きのめすというね。
ツーが強いんですね、サノスって。
この後のエンドゲームでも、ストーンがないままに圧倒的に強いのを見せつけるんだけど、本作もオープニングでいきなりハルクですらどうもならないと。
これ見たら確かにそうでも、これはこうなるわなみたいなね。
そうですね。あんだけだって最強格好の2人じゃないですか、アベンジャーズの中でもね。
細かいことを言えば、これはやぶなツッコミですけど、ロキがハルクがいるって呼ぶまで、ハルクは何してたんだろうっていうのが後になって気になったんだけど。隠れてたの?みたいな。そんなことはないでしょうけど。
でもちょっとロキとハルクとソウの関係がバトルロイヤルでいい感じになってるからこそのこのオープニングですよね。
あれがなければね、こういうシーンはできなかったし、一応チームというかね、連帯感はあった上ででも全く歯が立たず。
で結局もう気を失ったハルクは、ヘイムダルが最後の力でビブレスト開いて地球に送り込むと。でヘイムダルもここで殺されてしまうというね。
これが衝撃でしたよね。このメインキャラクターが死んじゃったっていうオープニングで。
そうですね。でさらにそれ以上衝撃なのがその後ロキまでもサノスに殺されたと。
09:04
いやー、はい。
ロキも大概今まで死んでますから、みんないやこれ死んだふりだろうと。自分もそうだけど最初みんなそう思ったけど、いや実は本当にしかもあの首の骨折られて死ぬというね。もう残酷な。
一番生々しいやつですよね。
なんかねコキッと音してましたもんね。あのロキが本当にあの映画始まって15分も経たないうちに死んじゃったみたいな。
思い切った展開やなと思いましたけどね。大人気キャラクターじゃないかロキって。
そうですよね。まさかね。言い方悪いですけどやっぱりヘイムダルに比べればロキってはるかに人気があるわけで。
それがこんなオープニングで本当にね、それほど活躍することもなくあっさりやられてしまったというね。
この映画見てオープニング見てやっぱり今までのシリーズってこんなオープニング重くなかったじゃないですか。
だからこの映画は誰が死んでもおかしくないぞっていう印象だったんですよ。
公開前の予告で誰が死ぬとかそんな話はね一切出てこず。当然もうギリギリのところで助かるんだろうボロボロになってもね死ぬことはないだろうと。
なんだかんだでね。そうそうなんだかんだで。
ところがもう開始早々もう2人やられてしまってじゃあこの後どうなるのみたいな。
もうなんか非常にぞくぞくぞわぞわしながらこの最初のシーンを見てたんですけれども。
覚悟しましたねこれを見て。
そうですね。結局この後ソーは船ごと爆破されて行方不明になって。
でハルクはそのままニューヨークまで飛ばされてドクターストレンジとウォンがいるサンクタム。
サンクタムにね。
落下するというね。
ちょうど落ちるんですよね。
ちょうどなんかハンバーガーを買いに行こうとしてたのかなあの時。
通り過ぎた後ろに落ちてくるっていう。
2人も優秀なマジストシーがいてハルクが落ちてくることを全く気がついてなかった。
落ちてきて初めてびっくりみたいな。
お金持ってるとか持ってないとかいう話してたから。
なんかごく普通の一般庶民の会話をしてて。
君たちはソーサラースプリームじゃないのみたいな気がついてよと。
相変わらずウォンもね本作の右足出しますけれども。
その後こんなに活躍すると思ってなかった。
思ってなかったですね。
見方が変わりましたけどね。
ハルクがニューヨークまで来るのが15分ぐらいかな始まって。
冒頭のシーンですね。
ここでようやくタイトルがドーンと出ると。
長い。ここまでが長いし濃いし。
このタイトルが出た後がようやくトニースタークが出てきまして。
12:03
公園でランニングかなんかしてたのかなペッパーと。
子供が欲しいとかそういう会話をしてたんですけど。
夢でなんか見たよみたいな子供ができる夢を見たよとか。
ディズニープラスに入ってます特典映像で未公開シーンというのがいくつかあってですね。
ここのシーンで実は本編の方で完全に出番をカットされた
かわいそうなハッピーが実はここに出てるというシーンがありまして。
これ僕この未公開シーン見るまでハッピー言われることに気づかない。
本当にね出番は少ないんですけれどもスパイダーマンホームカミングの最後に
急遽このねトニースタークたちが結婚するということを発表して
その後いろいろこうマスコミ対応で追われて訴えられたとかいろいろグチグチグチって。
でその一方でそのトニーたち映そうとしたパパラッチを見つけて追いかけていって
そのまま去っていくというね。本当に出番ここだけみたいなんですけれども。
確かにねカットしてもストーリー的には全く支障がないシーンなんで。
確かにね。長いから切ろうかなというふうに思われたんでしょうねきっと。
監督側の人間でもあるからね。切られちゃうんですよね。しょうがないですね。
本当にオールキャストなのにこの映画。
ハッピーはちゃんとエンドゲームではありますんでここはこんな感じかなと。
でそういったところにドクターストレンジが現れてきて
ついにこのMCU世界で性格の悪い二人がついに対面するという。
どう見ても合わないなこの二人はと前々から思っていたら本当に合わないなというね。
ギスギスしてましたね。
ストレンジはタイムストーンを守らなくちゃいけないという強い使命感があって
トニーはトニーでいろいろ使命感もあるんだけれども
それをストレートには出せないというかついてしゃに構えてしまうというか。
からの皮肉屋だから。
ここでブルース・バナーとも久しぶりにトニー・スターク再会するわけですけどね。
長いこと離れてましたねこの二人は。
結局エイジ・オブ・ウルトロンからずっと会ってないですからね。
ラストバトル終わったらオラヘンクになっててみたいな感じでしたって。
あの勝手にジェット機盗んでね、どっか行ったみたいな話で。
その後がまたウォンの出番で
みんなとあと我々観客に対してインフィニティストーンの説明をすると。
はい、おさらいですね。
作品内でインフィニティストーンをきちんと説明したってのはここが初めてですよね。
そうですね。だから観客としてはいろんな映画見てきてるから把握してるけど
登場人物はそれぞれのストーリーしか追ってないからよく分かってなかったはずだから
15:04
理にかなってるんですよね。あそこで説明でるっていうのは。
やっぱりここで一回インフィニティストーンっていうのはそもそも何個あってどういったものなのかということを一回ね
観客に知らしめておかないと、結局この後ストーンの総脱線になるんで
きちんとこんなもんですよという説明をね。
このあたりウォンがさらさらっとうまいことやってくれたんですけども。
それを聞いてもトニースタッカーは相変わらずチャチャ入れるみたいなね。
本当にね、結婚できましたなこの人。
ペッパーどこが良かったんだろうかということをね、いつも思うのですが。
この後まあいろいろ話をしてて、ブルースバナーはしばらく地球にいなかったので
その後のシビルウォーの話も知らないし、
トニーとキャプテンが仲違いしてアベンジャーズ分裂ということもここで初めて知ると。
でもサノスが来るからもうそんなこと言っとる場合じゃないからキャプテンに連絡しろよと言うと
トニーがシビルウォーのラストでキャプテンから卓球日に送られてきた
あのガラケーを矢穏取り出してということは多分常に身につけていると。
そうなんですよ。持ってるんやっていうのがね、ちゃんと。
普通にね、ランニングするかというそういう格好なのに
それでもあのガラケーはちゃんと持ってるというところに
でもなかなか電話ができないというところにこのトニーの悩みというか
プライドというか微妙な関係性というのが見えますよね。
そうそう、もうそんなこと言ってる場合じゃないって念を押すんですけどね、ブルースが。
サノスのもの凄さというのを身をもって経験して
この時点でブルースもソウは死んだというふうに思ってるからね。
そうそう、それからねあのビジョンが狙われるっていうこともわかってるから。
もう絶対地球に来ることわかってるんだからと言って話をしてたところに
ついにサノス軍の戦兵がやってくるということで
ドーナツ型の
特徴的な宇宙船でね
ドーナツが縦向きになって回転してるという
名前忘れちゃったけどもうトニーとかも空飛ぶドーナツって言ってるからそれでいいかなみたいな
変わった形の船でそれがニューヨーク上空に現れた時に
一方たまたまスクールバスに乗ってたピータパーカーは
ピータムズムズで気が付くというね
テンポいいですねスパイダーマン出てくるの
でここで他の人の気をそらしてバスから逃げ出そうとした時に
18:01
ネットが協力するというか本当にあの宇宙船見て驚いたのか
どっちなんだろうかよくわかんないけれども
あー殺されるとか言って
でみんながトレトレって言った時にピータは窓から逃げ出すと
ネットこのシーンだけですね
このシーンだけですね
残念ながらMJは今回は出番なしということで
僕乗ってるかどうかもう一回見たんですけどねスクールバスに
いなかったですよね
いなかった
だから今回はスパイダーマングループからはもうこの2人だけということで
ちなみにこのバスの運転手がスタンリーですね
お約束ということで
ピータパーカーは助けに行くということで
同時並行的にドクターストレンジたちはこのサノスの宇宙船に向かって進んでいく時に
結構すごい暴風が起こってたのをストレンジは魔法で止める
すごいねサラッと止めちゃいましたね
でその時にチラッとトニースタークの方見てウインクするんですよね
ストレンジ最近の作品でもそれやったよねみたいなね
ここでもやるのかみたいな
意地悪やけどお茶目みたいな
そうどんな問題みたいなね
ちょっと自慢したいような
はいはいはいプライド王の塊やから
確かにあんなすごい大風を止めるっていうのはアイアンマンにはできないことなんで
さすが魔法使いということで
この段階でもだって魔術とアイアンマンのテクノロジーとスパイダーマンのウェブが一緒になって戦ってるのめちゃくちゃ面白いですもんね
もう全然ね技術も能力も違う
もうバラバラなキャラクターたちがそれぞれの特質を生かして戦うというね
はいこれが見たかったっていうね
そうですね
でこの時に2人が宇宙船から降りてきて
1人がこれは本編中で名前出てたのかな
1人がエボニーマウってチラッと出たか
獣みたいなやつ
そうですね一応設定上は天才的頭脳を持つ軍略家で魔術師
魔術師ですね
でもう1人がねカルオプシディアンというあの図体のデカい
設定上は凶悪な妖人棒パワーだけではなく戦闘力も高い
まあ確かに強いですよね
頭脳とパワーが来たわけですね
だから本来であればこいつはハルクとガチでやり合う相手なんでしょうけれどもなぜかブルースはハルクに変身できなくなると
そうそう今回の映画はそれもあるんですよね
サノスにやられたショックで変身できなくなったのかなと思ってたらどうも監督のコメントとか見ると
バトルロイヤルの時にもうなんか2年ぐらいずっとハルクのままでいて
非常にハルクとしての自我が強力になって
そのもうブルースの言うことを聞かなくなったと
21:00
全く別人格になってしまってると
都合のいい時だけに呼ばれて戦うのはしないよみたいな
はいはいはい
自我が芽生えたって言ってもまだ子供レベルだから
要するにただこねるみたいな感じで出てこなかったという設定らしいですね
後でわかったんだけど
だから嫌だ嫌だってずっと言ってるんですね
結局最初のシーンを除いてこの映画ラストまでハルクになることはなかったんですよね
絶対どっかでなるだろうっていう期待もあったんですけど
うまいこと裏切ってくれたっていう
これ確か当時の予告編でフェイク映像が混じってて
はいはいはい
ワカンダのジャングルだったかな
キャプテンとかブラックパンサーたちが走ってる後ろを
ハルクが走ってるっていう絵があったんですよ
全くのフェイクで
実際本編にはそういうシーンなかったんですけど
だからMCUの予告編はいろいろいじってるんでね
まともに信じちゃいけないよというね
いうことは最近のね
ドクターストレンジとかスパイダーマンを見ていただければ分かるんですけれども
出しちゃいけないものは消してるとかね
いろいろありますんで
ここでもう一つ画期的だったのが
新しいアイアンマンスーツ
あれですね
ナノマシン製の
今までだったら基地からパーツごとに飛んできて
ガチャッガチャッと装着されるのが
今回はもうナノテクノロジーを使って
胸の機械をポッと触ると
体中にバーッと広がって装着されるし
破損しても自動的に修復される
もはや変身ですよねここまで来ると
なんと素晴らしいんだと思ったんですが
実はこのナノマシンを使ったスーツは
ブラックパンサーが先にもう使ってて
そうそうそうそう
妹のシュリが開発したという
どれだけシュリがすごい天才だったかということが
わかるわけですけどね
トニースタークいる前に開発してると
さらに本作ではトニー製の
ナノマシンを使ったスパイダーマンスーツも
新たに出てくると
これはなんか嬉しかったな
なんか当時見てて
結構ド派手な配色で
青と赤で金色のラインが混じって
しかも背中からね
触手というか足が出るというね
本当にクモになるんですよね
ガシャンガシャンって
これは結構ね画期的だったですよね
ストーリーの展開の都合上
こういったスーツにしておかないと
この後この2人宇宙に行くので
今までのスーツじゃどうもならんというのがね
スパイダーマンに至ってはね
自作とかそんなレベルですからね
基本的に布というね
今回の私スーツだと
宇宙空間でも行きできますというね
はいさすがでございます
実際こういうものができるかどうか
24:01
別にしても
なんか見た目いいなとは思いますよね
この後しばらくニューヨークの街中の
バトルがあるんですけれども
結局ハルクには変身できないまま
ブルースはどこか近くの公園に飛ばされて
アイアンマンは必死に頑張ったけど
頭体のでかいのとはなかなか
決着がつかず途中でスパイダーマンが
助けに入る
その一方で
ストレンジの方は逆に捕まって
宇宙船に運び込まれそうになって
助けようとしたスパイダーマンも
合わせて宇宙船の方に
引っ張られていってしまうというね
もう話がどんどんどんどん進んでいくので
大変なんですけれども
そしてその時も
ストレンジを助けようとして
マントがまた活躍すると
そうね、浮遊マントくん大活躍ですね
今回もね
今回もね、いろいろ
後のシーンでも活躍しますけれども
非常に優秀ですなというね
それにしてもね
本当に個々のニューヨークの戦いも
テンポが良くてですね
時間はそんなに長くはないんですけれども
あっという間に
次のシーンに行ったみたいな
感じで
でかいのは
ウォンの力で
マントくんに飛ばされて
で、ゲート閉められて
片腕がちぎれて
ブルースバナーが足元に落ちるという
こんなとどうなったか
明確に描写ないんですが
後半ワカンダに出てくるんで
多分
どっかで回収されたんでしょうね
あのままずっと地球におられても
迷惑なだけだし
寒いところに飛ばすっていうのは
おいえげなんですよねきっと
ヒマラヤに飛ばされたストレンジの例もあるし
そういう意味ではやっぱり
魔術は便利ですよね
本当に文字通りどこでも
ドアという
今までだったらだいたいね
地球上での
移動だったんですけれども
この次のエンドゲームになるともう
遠い星と地球をつなぐぐらいのこと
やってますんで
どこにでも行けますというね
そんなにすごい技なのかという
感じではありましたけれども
結局
ストレンジが捕まって
それを助けに行こうとした
アイアンマンも宇宙船の中にそして
スパイダーマンも宇宙船の中に行って
地上の方からすれば
公式に
トニスタク行方不明というね
行方不明ね
ブルースバナーは
例のガラケーを拾って
キャプテンに電話をしようとする
ちょうどこの電話を仕掛けるところで
陽気な音楽が流れてきて
ここうまいなと思うんですけれども
その音楽を流れつつ今度は
宇宙空間にカメラが切り替わって
ここで笑ったのが
場所の説明の字幕でいきなり
スペースと出るんですよね
ざっくり
見れば分かるがな
スペースでしょ
ここでようやくガーディアンズ
51動画が出てくるというね
27:01
ここは
音楽といい
話のトーンといい
ジームスがここ来たのかな
って思うぐらいの
ナチュラルな帰り方でしたね
確かルッソ兄弟がシナリオとかを
ジェームズ側にチェックしてもらった
という話がありましたよね
キャラクターの言い増し声でいいかどうかとか
だから
インフィニティウォーとエンドゲームに出てくる
ガーディアンズのキャラクターたち
別に違和感ないですよね
そうですよね
もちろんやってる俳優たちの
演技力もあるんですけれども
今までの
ガーディアンズの2作と比較しても
全然変わらずいつものノリで
特に
今回の作品ものすごく重いので
かなり
ガーディアンズが出てきたことで
救われましたよね
軽くなりますもんね
場の雰囲気だけでもね
ロケットとかグルートとかが
出てこないと本当にこの映画
ドヨーンとしたままの
展開だったんで
ガーディアンズこういうメンバーにしておいて
そして本作では
グルートが
結構成長しておりまして
反抗期というか
ティーネイジャーになっててね
ロケットが
お前重液が出るようになって生意気になったぞ
とか言ってましたけれども
多分地球人の年齢で
行くと10代後半ぐらいな
もうだからがっつり
思春期ですよね
でもずっとゲームばっかりしてるという
しかもあれは
かなりローテクというか
インベーダーゲームみたいなやつ
そうそう
どこで手に入れたのか
地球で言ったら1980年代ぐらいの
そんな感じのゲームをピコピコやってましたけどね
なんかでも
アイアムグルートって言って周りのメンバー
何言ってるか理解してましたよね
そこはちょっとね今回進化したというか
昔はね
分からなかったけど今回は
全員彼の言葉が分かるような
覚えたんでしょうねさすがに
うちらは何言ってるか分かんないですけど
相変わらず分かんない
お前なんてこと言うんだとか言い出すから
何言ってるのかめっちゃ気になるっていう
もう相当
P音が入るようなことを多分
言ってるんじゃないかと思うんですけれども
全て俺はグルートで
終わるという
シナの便利がいいキャラクターですね
なぜここにガーディアンズが出てきたかというと
SOS
救難信号を受信して助けに行って
助けたらなんかご褒美が
もらえるんじゃないみたいなすごい下心を
持って行ったら
アスガルドの船が
サノスに襲われたあの場所に行っても
当然宇宙船バラバラになって
死体が浮いててという中で
さすがの神様ですね
宇宙空間でも生きてた
SOSを回収すると
生きてますねそうね生身で宇宙空間
折れるんやこんな人と思って
いや今回また後半でもねすごいことやってるんで
やっぱりSOSは
神様というだけあるな
と思いましたね
他のキャラクターだったら絶対できないこと
30:01
やってますんで
ここでこの救助された
ソウに対して
反応したのがまず
ドラックス
ソウの筋肉に
反応して
よくわからんなんか魅了のされ方でしたけど
やっぱりあの
が体がでかいもん同士で何か愛通ずるものが
あるんでしょうか
よくわからんけど
前のドラックス何言ってるかわからんとこしかないんですよね
後半もねわけのわからんボケ
繰り広げましたけれどもね
あとなんかガモーラまでが
もうこの筋肉に
反応して触ったりして
いやもう仕方ないですよ
そうですから
クイルがもうね
めらめらと嫉妬の炎を燃やす
だからついつい
ソウの真似をしてねいきなり声を低くして
喋りだすとか
いやもう最高だったあの
あのシーンね
張り合ってる船長は俺だみたいなやつね
まあそうが
自分は実の姉を
殺してとか
いろいろこう言うと
身内の悲劇合戦じゃないけども
クイルも
自慢じゃないけども
俺も父親をみたいな
何を張り合ってるんだこいつはと
実際割と悲惨なんですけど
彼がやると逆にしか見えない
本当に冷静に考えると
このまま二人相当ね
悲劇的な人生は歩んできてるんだけれども
それがここで
もう笑いにしか聞こえないというね
あとこの時
これはメタ的なネタとして
はい
結構クイルが
実際に太ってることをロケットたちに
いじられるというシーンがあって
あれも笑っちゃいましたからね
顎のあたりがみたいな
パン一個食べたら暇だろって言われる
もう前からそうだったんですけども
今回の作品における
ロケットとかは
もう本当にそのCGとか何とかじゃなくても
普通にキャラクターとして
ここにいるというね
この存在感
わかります
その絵としての動きもすごいし
その俳優の演技力もすごいし
これが
作り物のキャラクターとは
全く見えないというね
これはすごいなぁ
1作目からもねガーディアンズの
すごかったけども
本作になると
キャラクター自体もね
成長してきたのもあるけれども
ロケット
今回もいいなと思って見てましたよ
今回特にね
このガーディアンズみたいな
いろいろ周りにCGがたくさんある世界観
というよりかは
地球上でね
普通に生身の人間がいっぱいいる中に
ロケットとかグルートとかが
いるみたいな
絵が多いですもんね
ですね
ここで前後しますけれども
ソウが
ガモーラがサノスの娘ということを
ギリの娘ということを知るんだけれども
さすがソウというべきか
33:01
だからといって
ガモーラを責めるわけでもなくね
お前も大変だなという
身内はこうだぞみたいなね
よかったよかった
ここはすごいよかったです
これも多分最初の子のソウだったら
多分
つかかっていったんじゃないかと
そうですね
彼もそのいろんな経験を積んだからこそ
ガモーラの立場をね
受け入れて理解を示すという
本当だったらね
友達と弟を殺されている
わけだから
お前の父親がと本当は言うんだろうけれども
そう言わないところがやっぱり
だいぶソウも大人になったなと
1000年以上生きているけれども
という感じではありましたね
やっぱりMCU作品ずっと
見てるから各キャラクターが
1作目からだいぶね
それぞれ成長しているというのが分かるので
分かります分かります
その意味でも面白いですね
みんな初登場の時から
変わってるじゃないですか
例えばもうネビュラなんか
全然ね違うキャラクターになるぐらい
成長したし
そういうのも
この長いシリーズの楽しみでは
ありますよね
確かこのインフィニティウォー
サノス側の敵勢力以外
新キャラクターいないんですよね
全員それまでのキャラクターが
成長してここまで
いきましたという感じだから
その点も結構見どころですよね
あのキャラクターが
こんな風にいっぱいになって
じゃないけど
そして今まで出会ったことがないキャラクター同士が
初めて出会って絡み合って
そこでまた次のドラマが展開していく
というのがね
いろんな組み合わせがあるので
それがまた楽しくてですね
この後
ガーディアンズは2組に分かれて
ソウとロケットと
グルーとはソウの新しい武器を
作りにニタベリア
そしてクイルたちは
ストウを持つ
前にも出てきましたコレクターがいる
ノーウェアに行くと
ここで2班に分かれるという感じで
この次のシーンがまた
舞台が地球に戻りまして
スコットランド
夜のスコットランドで
ワンダとビジョン
の2人のシーンですね
結局
シビルウォーの後
ワンダは逃げ出して
ビジョン
それを捕まえる役目だろうけど
結局2人してもはや
逃避行してるみたいな
別にね
ビジョンは逃げなくてもいいんだけれども
ワンダに突き沿ってるというね
そうですね
2年間姿を隠したって言ってたから
本当にあれからね
離脱というか
2人だけの時間を過ごしてた
っていうことですよね
だから今後の展開も考えて
この2人だけで
逃げ回ってるこの時期が
もしかしたら一番幸せだった
じゃないかなと
まあそうですよ
いつ捕まるかも
36:01
わかんないし
もちろん警察に見つかっても簡単に
捕まえられるということはないにしても
それでも一目を避けて
隠れて生きていかないといけない
けれども
両方とも
普通の人間じゃない
そういった存在同士で
愛し合うようになってしまった
というね
ただこれがまた次の悲劇に向かっていく
というのがね
僕からはじめも言ったけど
やっぱりビジョンはどうやっても狙われる
というのがわかるじゃないですか
もうそこからもひやひやもんですよね
今回は
これはもう意図的に
ビジョン最初の方のシーンで
敵にやられて
そのダメージで
フルパワーが出せなくなってしまうというね
これも監督インタビューで言ってたけど
要はビジョンがあまりに強すぎるんで
いやそうですよ
ビジョンはめちゃくちゃ強いですからね
そこでここでダメージを与えておかないと
話の展開上無理があると
まあそうでしょうね
フルパワーでずっとビジョンいたら
サノスの部下が何に来てもなんじゃない話ですからね
その傷ついたビジョンを守って
ワンダが2対1の戦いを
もう本当に
決死の覚悟で挑んでいって
本当にワンダけなげだし
だいぶシビルゴンの時よりも
ワンダのパワー自体上がってますもんね
やっぱり強いなって思いますわ彼女は
結構自由に空飛べるようになってるし
それまでなかったですかね
こんな自由に飛び回る姿は
本当に宙を舞う感じでしたもんね今回
ビジョンも戦うけどやっぱりどうしてもやられてしまって
ワンダは目の前の敵を倒そうとしながらも
ビジョンも助けないといけないと
次第に追い詰められていくという
攻める一方だったら多分勝てたんですよ
ワンダの力が
ビジョンを守るっていうのがやっぱりあったから
スカーレットウィッチの力がこの時にあったりすれば
軽く勝ったのかもしれないけど
まだそこまでのパワーはないんで
この後この2人がどうなるか
特にワンダがどうなるかというのは
我々先の作品を見てるから知ってるけれども
それを知って
必死に戦うワンダを見ると
痛々しいしつらいですよね見てて
非常にワンダに感情移入してしまうという
追い詰められた2人は夜の駅に飛ばされて
2対1になってワンダが
必死に立ち向かおうとした時に
その後ろに列車がバーっとやこ列車が走って
通り過ぎた後に黒い影が現れて
投げられた槍をパシッと受け取って
黒い目が出てきたのが
キャプテンアメリカ
この登場の仕方は最高ですね
キャプテンのテーマミュージックとともにね
39:01
しかもこのヒゲ面で非常に性感差が増したというか
今回のインフィニティウォーの彼は
いいですよすごく
やはりシビルウォーの後
ずっと逃亡生活を送ってきて
精神的にね
だいぶそれまでのキャプテンとは
変わってきたところもあるだろうし
やっぱり強いし
この後
ナターシャとサムと3人で
このサノスの部下を
退けるけどこのチームワークの良さね
そうやっぱりね
この3人は間違いないなって感じですよね
正直言えばアベンジャーズの中でも
この3人ってやっぱりほぼ普通の人間に近いから
めちゃくちゃ強いというわけではないけれども
やっぱり実戦では強いというね
それがかっこいいですよね
この他の
スーパーパワー組に引きを取らない活躍を
いつもするから
そうなんですよね
改めてね
今回のキャプテン
しかもスーツもほぼ全身黒っぽい感じで
今までのキャプテンのスーツは違う感じでね
今回キャプテンと呼ばれはするけど
国際的には新名手配犯じゃないですか
まだ
ひげ面とか
一回もマスク被らなかったりとか
あとは
盾も後半出てくるけど
正常期を模したやつじゃなかったりするし
キャプテンアメリカというよりかは
スティーブロジャーズとして戦っている感じがして
すごく好きなんですよ今回の
そうですね
盾はシビルウォーのラストで
トニースタークの元に置いて去っていったんで
逃亡生活中は要は素手で盾なしで
もちろん
強化されているから十分強いんでしょうけれども
やはりそれまで
正義の象徴的だったキャプテンアメリカ
という人物が
逃亡犯スティーブロジャーズとして
ひかげ者の生活をしてきたというのは
本当に
彼にとっても
だいぶつらかったでしょうねきっと
アメリカの戦士じゃないんですよね今回は
そうですね
あくまで1人1個人で
それもナターシャもサムもみんなそうで
家族も捨てて
仕事も捨てて
どうやって
食っていったかよくわからないけれども
大変やったと思いますけどね
とりあえずここで
みんなが合流した後またシーンが変わって
ちょっと時間が遡って
初めて
サノスに会った子供時代の
ガモーラの話
ここ見て
前から不思議だったのが
なぜサノスはガモーラを
自分の娘
幼女として拾い上げたのか
という
何が気に入ったかというのが
よくわからなかったんですけどね
このシーン見ても
本当にこの時は
42:01
子供の小さい
たぶん10歳くらいの女の子なので
戦闘力があるとか
そういうわけでもないし
何を見つけて
この子を助けようとしたのか
2人で話している後ろで
ガモーラの仲間とか
一族の人たちは
半分は皆殺しになってしまう
非常に残酷なシーンが繰り広げられるけど
視覚的にも結構
残酷やけど
身を引く
いいシーンって言ったら変なんですよね
皆死んじゃってるから
左半分画面で
皆が撃たれてて
ガモーラはよそ見しちゃいけないよ
という感じで
元の探検のバランスが大事なんだ
とか言われながら
やってごらんっていう
あのシーンすごく印象的なんですよ
そこのね
2人の関係って
非常にこう
穿った見方をすると
これネットで
そういう意見も見ましたけども
要はその
児童虐待のメタファーみたいな
部分があると
加害者である父親と
被害者である娘
虐待を受けてるけれども
でもその親から逃げられない
娘みたいな
そういう側面も確かにあるのかもしれないな
と思ったんですけどね
本当にあの
親族を
ガモーラがその人のことを
嫌って憎んでるかというと
必ずしもそうではない
部分があるわけですよね
あーなるほど
本当に言えば
親の仇一族の仇なはずだけれども
そうじゃないところがあるというところに
この親子の
複雑な関係性というのがね
あれだけ嫌ってる
と言いながらも
ここがね
非常に奥深い関係だなと
そうですね
ガモーラの
こういう家族というか
こういうストーリーって
ガーディアンズ
家族の
家族の
ストーリーって
ガーディアンズの
本編ではそこまで触れられてなかったじゃないですか
はい
アベンジャーズのこの
インフィニティウォーで
しっかり描かれてて
だいぶ重要な話ですよね
ですね
だからなんか
ガーディアンズの2.5じゃないけど
それぐらい結構ウェイトが大きいというか
この映画って
本当にそうで
ガーディアンズのシリーズの方向性って
かなり変わってるんで
来年公開予定の
3作目がどういう展開になるかも
楽しみなんですけれども
それにしてもね
深いシーンで
このシーンの後
元のクイルたちの
船のシーンに戻ってきて
45:01
今現在のクイルとガモーラが
喋ってて
ガモーラが
いよいよの時は自分を殺してと
クイルに頼んでるというね
ラブシーン的な
ところがあるんですが
そこでカメラが引いていくと
それをじーっと見てる
ドラックスがいるという
1時間前からそこにいたと
本人は
超絶の技をマスターして
気配を消すことができるようになった
全然消えてないし
姿が見えなくなる技だ
マンティスに
ドラックスとか言われてたけど
クソって言って帰っちゃう
しかもナッツ食べてるというね
俺の動きは超ストーすぎて
誰にもわからない
本当にわけのわからんこと
今回のドラックスはすごいですね
このわけのわからなさというのが
ガーディアンズの
クイルとガモーラが
シリアスにならざるをえないから
このマンティスとドラックスですよね
常にボケるというか
中和させてくれてるという
そのバランスがいいんですよね
本当これが全員が
ドシリアスなチームだったら
胸焼きしそうになりますもんね
この後
コレクターがいる
ノーウェアに着くわけなんですが
なんか様子がおかしいと
暗いし人気がないと
思ってこそっと忍び込んでいた
先にサノスが
来ててもうすでにコレクターも
捕まってると
それを見た途端
ドラックスと
ガモーラは暴走して
クイルの作戦とか無視して
勝手に動き出すとね
無理もないですけどね
2人はやっぱりサノスに対する
感情がやっぱ大きいから
2人とも全くクイルの話は聞いてないというね
全然ね
このマティみたいなポーズしても
通り過ぎていくし
右から回ってとかなんかいろいろ
言ったけど完全に無視して
進んでいくというね
ここでガモーラが
隙をついて
一気に飛びかかっていって
ダメージを与えて
かつて
子供の時にサノスから
もらった
武器で
ナイフみたいな武器で刺して
とどめを刺したと
ここでさっきも言ったんですけども
ガモーラが本気で泣き崩れる
本当に憎んでた相手なら
泣く必要全くないのに
自分で殺しておいて
大泣きしてしまうというところに
本当にこのガモーラと
サノスの複雑な親子関係が
見えてしまうと
言われるんですよね
自分にまだ情が残っていたとはなぁみたいな
言われ方される
実はこのサノスは
本物ではなくて
ストーンの力で作られた原影だと
48:01
これ以降本当に
ストーンの力で何でもありのことをやりますもんね
サノスは
リアリティストーンってこういう力だったんですね
そうですね
もともと本当に強いサノスが
ストーンのいろんな力を
フルに使いこなすんで
まさに鬼にかなぼうというか
逆に言うと
相当前もって
このストーンの特性というか
能力を研究してたんだろうなぁと
じゃないと
使いこなせんもんねこういうのは
手に入れた瞬間は元にしてますもんね
どのストーンも
そうですね
トニーとかストレンジたちより
以上にずっと何年も
ストーンを探して
研究して
実際に手に入れたらこういうことができるんだ
こういう使い方ができるんだということを
相当細かく
説明尽くした上で
ガントレットも作らせて
動き出したというね
結局はこのシーンで
映ってる
コレクターとか街の様子も
全て幻影だったと
すでに
ノウェアも
落とされた後だったということですね
炎の中にという感じで
コレクターが最後
蹴るときに手振ってましたけど
本人はもう死んでるんでしょうけどね
でしょうね
ここでもね
さっき言ったサノスとガモーラの
関係がね
あともう一つあるのが
サノスに捕まった
ガモーラを助けようとした
クイルが
ガモーラの頼みを聞いて
本気で
殺そうとしてねガモーラを
銃の引き金を引くんですよね
普通だったら
こういうシーンだと普通やっぱり
撃てないじゃないですか
どんなパターンの話でも
なんやかんや言っても撃てずに
俺にはやっぱり撃てないとか言って
言うのが普通だけど
その時間違いなくクイルは
ガモーラを殺すつもりで
引いたけどサノスの力で
シャボン玉が出てきて終わる
だから本物の
愛だったわけですよね
いくらガモーラが
言ったからといって
じゃあ引き金引けるかって言ったら
本当は引けないんですよね
それをやってしまった
クイルはやっぱり
どれほどガモーラのことを愛していたのかと
それまで
そこまでの思いを
持って引き金を引いた決心の
決断をしたのに
さらわれるんですよね
それでも全く
サノス的には
対応しないし
多少関心はしたみたいだったけど
サノスのレベルがすごすぎて
本当に立ち打ちならない
というか
歯止めが効かないというか
どうすれば止められるのか
というのは全く見えないですよね
51:01
弱点もないし
初めの
オープニングとか見てるから
ガーディアンズ組がサノスに立ち向かった
ところで勝てるわけないじゃないですか
もちろんね
どうなるのかなと思ったけど
誘拐というか
誘拐される展開で
一応ホッとはしましたね
2,3人死ぬんじゃないかなと思ったから
ここで誰かやられてても
不思議じゃないんですが
結局サノスはここではガーディアンズのメンバーを
直接殺すことはなく
あくまでガモーラが来るって
分かってて連れていくための
罠だったわけですね
逆に言うと他のメンバーには
あまり興味がないんでしょうねきっと
そうそうもう頑丈にないんですよ
そしてまた次のシーンでは
地球に舞台が映りまして
久しぶりのアベンジャーズの基地に
舞台が映って
ここにはローディーと
あと映像ですけども
ロス長官
いるというね
この時点でローディーは
ソコビア協定に署名したことも
後悔していると
アベンジャーズは分裂して
こんな事態になってしまった
ということで
後悔してるわけで
真っ当なアメリカ軍人で
国の言うことだからということで率先して
ソコビア協定
あの時には署名してたけど
あれやっぱり間違いだったと
そのせいで
仲間が分裂して自分も下半身不自由になった
わけやから
それはね
今回はトニーが作ったサポートの
メカをつけて一応日常生活
とかができるようにはなってるけども
今日あの脊髄損傷は
治ってないからですね
そういうことをロス長官と
話してる時に
キャプテンたちが戻ってくる
ローディーはあっさり
長官たちのリタイアドを消して
キャプテンと握手をして
元にのな関係に戻るとね
悪い意味だから
管理されるとかね
そういう話があったじゃないですか
ソコビア協定とかっていうところに
アベンジャーズとして
意思表示した場面ですよねここは
ですね
元々ねあの時に対立したかといって
個人的に憎しみがあったわけでも
なんでもないからあくまで
主義主張の違いだけだったんで
元の関係に戻るのもね
問題なくと
そこにさらに
ブルースバナーが現れて
ナタンシャとの
間に微妙な空気が
流れると
もうあれは微妙ですよね
その場に自分がいても微妙だと思う
面白いのがその時に
サムが気まずい空気ってこうね
言ってるんだけど
その横で
ワンダーとビジョンは全然分かってなくて
反対のマークを出してるというね
あなたたちをどうこうしようって
言ってた時にいろいろあったんだよって話
そうそうそう
その意味ではこの2人はちょっとそういうところが鈍感なんだな
というね
ピンとこないですね
何言ってるのみたいな顔で見てたんで
54:01
本当にこの映画笑えるシーンが
あんまりないからね貴重な
シーンなんですけれどもね
でその後みんなで
いろいろ話し合って
結局ビジョンが
自分の頭にある
ストーンを破壊するしかないと
そうしないと
サノスには勝てないと
いう話になってるんだけども
当然周りはみんな反対して
そうですよね
ブルース・バナーはうまく取り出せば
ストーンとビジョンは
別々に存在できるから
ビジョンが死ぬこともないんじゃないか
ということを提案して
そうそうそうこれ聞いて
ちょっとその路線でストーリー
動いてくれるんちゃうかなっていう希望が
沸きましたね
その初め見た時はね
でその一方でビジョンは
ワンダーに対して君の力だったら
ストーンを破壊することができる
同じ力だからみたいな
また濃くなことを言うわけですよ
残酷ですよねこれがまた
結局ワンダーも小さい頃から
ストーンの影響を受けて
覚醒したところがあるんで
同じようなパワーを持ってると
その意味ではキャプテン・マーベルも
そうですよねストーンの力によって
覚醒してスーパーパワーを手に入れた
というね
そういうことがあったんですけども
やはりビジョンを生かす道を選んで
石を取り外すことが
できるのがどこかといったら
地球上にはあそこしかないと
はい
ワカンダを目指して旅立つと
いいことできてるなぁと思って
ちゃんと繋がってきますね
ちゃんとキャプテン
シビルウォーの最後で
ワカンダいてましたからね
で次にパッとカメラが
ワカンダの方に切り替わって
ティチャラとオコエが
バッキーのところに
訪ねていくシーンですね
うん
オーディオコメンタリーで監督たちが
言ってたんですけれども
スタッフ試写でこのシーンを映したときに
ブラックパンサーも
同時並行的に作ってて
最初試写会
やったときにはまだブラックパンサーが
完成されてなかったんで
このシーン見ても
別にスタッフが特に反応
なかったけれどもブラックパンサー
公開後に完成後に
試写やったらものすごく
盛り上がったと
みんな喜んでワカンダだみたいな感じで
ワカンダとはっていうね
ブラックパンサーがね
あの当時
超メガヒットして
アベンジャーズ一作目を上回る工業収入を
上げたというね
アカデミーの作品賞候補にも
なったと
すごいヒットしましたからねあのときに
ワカンダが映る
っていうだけでやっぱり
みんな期待というか
感性が上がるようなそんな状態でしたからね
同時に作っちゃったんですねこれ
ほぼほぼ同時ですね
日本公開も1ヶ月ぐらい
しか間が空いて
なかったんじゃないかな
本当にブラックパンサーが
57:01
公開されてすぐに
インフィニティオーだった記憶がありますんで
今のMCUの流れからすると
当然だけど
この時期はまだそんなに間が
詰まってるということはなかったんで
もうみたいな感じで
面白いですねそのブラックパンサー
前後でそんだけ反応が変わる
っていうのが
この後のシーンが未公開シーンで
収録されてるんでディズニープラス
管理の方はぜひ見ていただきたいんですが
ティチャラと
オコエとバッキーのシーンで
結構シリアスね
義手を持ってきてもうすぐ敵が来る
みたいな話をしてるときに
画面右に
バッキーがいて真ん中にティチャラがいて
左側にオコエがいて
ティチャラとオコエの
間のちょっと離れた向こう側に
ヤギがいるんですね
これ別に本編中は何もないんですよ
未公開シーン見たらティチャラが
真剣なセリフを言ったタイミングで
奥の駅がめーっと泣き出して
オコエが爆笑してNGになった
というシーンがありますね
オコエが爆笑してるシーンは
本編にありませんので
ぜひ見ていただきたいと
オコエの爆笑を見たい人はディズニープラスやね
これがね本当に
非常にいいタイミングで泣くんですよ
分かってるかのごとく
もうみんな
笑いころけてるというね
いいですねアニマルNG大好きですよ僕
NGシーンだけ集めたのも
あるんですけれどもやっぱり
本編が重い分ね
NGシーンでみんなが笑ったりね
あと踊りまくってるシーンを見るとね
気持ちいいですよ
ワンダがねニコニコ笑ってるシーンとかね
ありますからね
すのねエイザベスオルセンが笑ってるシーンとか
ありますんで
こういうの見ると非常に
作品はシリアスだけど撮影現場は楽しかったんだよね
みたいなね
感じになります
そうじゃないとやれないですね
こんなきつい作品作りは
なんかちょっと
話ずれるけど
キャスト時にみんな仲が良くてね
わきあいあいやってるっていうのが
いいですよねこういう作品って
そうですね絶対そういった
人間関係ににじみ出ますもんね
演技だけで仲良くするんじゃなくて
やっぱり演技外のところでも
仲良くしてるというところで
しかもこのMCUのようにね
何年も
ずっと
同じキャストでやってれば
そういう連帯感っていうのはね
どうしてもね
生まれますし
MCUはそれがいい方に作用してるんじゃないか
と思ってますんで
そういうね
本編にはない爆笑シーンを
見た後にまた舞台が
宇宙に戻って今度は
捕まったストレンジが
なんていうんでしょうね
四方八方から
針を刺されそうになっている
というか針刺さっているけどみたいな
これはちょっと痛い
痛いですね
これは
どちらかというとホラー映画でよくあるようなね
1:00:01
シーンで
それを助けようとした
トニースタークが
天井というか上の方から
覗き込んでいる時に
例のマントと
それからこっそりついてきたピーターが
現れるというね
本当はねトニースタークとしては
もうピーターパーカー巻き込みたくは
なかったんでしょうけどね保護者としては
しかも宇宙だし
来ちゃったみたいな感じやから
ピーターはピーターでね
良き隣人として
活躍したいみたいな
その気持ちはね分かるんで
というかもう宇宙だから
返りようもないんでやむを得ずそのまま
ピーターにも協力させると
良かったですねトニーがねピーター
リドーやって助ければいいと思うって
作戦を考えさせて実行するっていうのが
ちょっと指定関係っぽくて
相変わらずオタク的な答えをね
うん
エイリアンって古い映画見たっていうね
はい
やっぱりこの世界にもエイリアンはあるんだなみたいなね
あまり見ると怒られるよっていうやつやけどね
そうそう
SF映画のね古典的な
傑作になってますけれども
うん
エイリアンもね
見たことないでもタイトルを聞いたこともない
っていう人はいないでしょうからね
まあね
結構ね怖い作品ではありますけれども
その作戦というのが
要は宇宙船の壁に穴開けて
はい
敵を外に
追放するというね
非常にシンプルな作戦
意外とあっさり決まりましたねこの作戦
本当にあのね
アイアンマーが壁壊したら一瞬で飛ばされていって
ストレンジまで飛ばされそうになったんで
スパイダーマンが助けるときに
初めて背中から
足が出てくるというね
いいっすねあれ
よくよく見たらちょっと不気味ではあるんですけどね
本当にクモの足という感じで
割とこう
生々しいような風にも見えるというね
そこで
ストレンジを助けるんですが
助けられた後の大成が
いきなり船の向きを変えろというね
ありがとうもなしで
いきなりその場を仕切り始めるという
ギスギス
再びですね
何ですかねこの二人が
こうなることはだいぶ前から分かってたけど
本当にお約束通りに全く気が合わないというか
今回は上手いこといらしてくれる
ブルースはいない
代わりにいるのはピーターやから
またピーターピーターで困ったやつだしね
あのストレンジに対する
挨拶のシーンが笑いましたよね
はいはいはい
ピーターって言って
自分はドクターストレンジだって言った
あそっちの名前じゃあ
とかねもうわけがわからん会話になってるという
ストレンジって本名やから
ヒーローネームも何もって感じやけど
しかもねドクターだし
そのまま
そのままなんですけどね
後にねこのストレンジとピーターが
コンビを組むことになるとは
思わなかったですけども
そうよそれ見てるからねこの三人で
行動してるのってこんなに意味のあること
1:03:01
やったんやって思いましたもん
後々ああいう展開になろうとは
思わなかったです
なんかねこの回だけのスペシャル
タグみたいな感じかなと思った
意外とね関係性築いて
後々まで続くんですよね
続きますね
それこそねドラマのワンダービジョンもね
ファルコン&ウィンターソルジャーも
みんなこの作品ありきで
その後につながっていくというね
そう思うとやっぱり
きちんと一歩一歩見ておかないと
MCUを批判するときに
過去作を見ないとわからんのはダメとか
ドラマを見てないと
映画がわからないのはダメとか言うね
批判よく聞くけど
いやもう今更そんなこと言って
どうすんだというね
まあね続き者っていうのはもう
わかってるあれやからね
いやもう逆に
もう嫌なら見なくていいじゃんって
別にMCU以外に面白いものたくさんあるんですから
向こうに行ってくださいと
俺も言いたいんだけど
あんまりそういうとなんか喧嘩を
売ってるような気がしますが
まあそんな感じでとりあえず
このチームはこのまま
結果的には
惑星タイタンに
行くんですけれども
その前にまたシーンが切り替わりまして
今度はサノスの基地か
ガモーラが捕らえられてて
そこでサノスが自ら
食獣を持っていたけども
ガモーラが跳ねのけると
ここで2人のまた複雑な
親子関係の会話があるんですが
ここもですね
未公開シーン見ると
ここの会話もかなり長いんですよ
そうですねそれ僕見た気がする
本編で使えなくて
ここはそのシーンはあっても良かったのかなと
結構深いシーンで
まあまあ
これ言ってしまうと
過去のガモーラの姿を
ストーンの力で再生して
敵の首を取ってきて
危機として
サノスのところに持ってくるガモーラの姿が
映されるとかね
お前も昔はこうだったじゃないか
みたいな
だからどちらかというと
サノスの方が
ガモーラにやはりまだ
未練ありありの状態
そうですね
何とかやっぱり
自分の元に帰ってきてもらいたい
本当に実の娘と同様に
同じ陣営で戦ってもらいたい
という意識は