1. はたらく30代の資本主義解放宣言
  2. #11 エジプトに行って感じたこ..
2024-05-12 17:33

#11 エジプトに行って感じたこと(前編)

KK
KK
Host

はたらく30代の資本主義解放宣言

#エジプト #暮らし #寄付文化 #世界3大ウザい国 #幸福


【テーマ】

エジプト旅行を通じて、平和の尊さと異文化理解の重要性について考察しています。話者は、戦争の危機が身近に迫る中東地域を訪れ、平和が当たり前ではないことを実感しました。また、エジプトの観光地で体験したうざい行動を通して、文化の違いと相手の立場に立って考えることの大切さを学びました。彼らは、イスラム教の寄付文化にも触れ、自分たちとは異なる価値観を持つ人々の生活を垣間見ています。旅を通じて、グローバルな視点を持ち、多様性を尊重することの重要性を再認識。


【概要】

資本主義解放宣言では、仕事、キャリア、職場、家庭、育児といった働くことをテーマに配信しております。取り扱って欲しいテーマや、お悩みがあれば、ぜひコメント欄または投稿用のURLからご投稿ください!


【パーソナリティ】

<リチャ>

X: https://x.com/tiedfamily244


<かがやっきー>

X:https://x.com/kagayakimann


▼感想は #資本主義解放宣言 またはフォームから

https://forms.gle/UC8CkxdGqxE8zheTA

00:05
はたらく30代の資本主義解放宣言
ロンドン在住の主婦でコーチのリチャと
東京在住の個人投資家でコーチのカガヤッキーです。
資本主義解放宣言は、
行き過ぎた資本主義に違和感を感じる元商社でリクルートのリチャと
スタートアップを10年渡り歩いてきたカガヤッキーが
はたらくをテーマに、これからの新しい生き方について
一緒に考えるポッドキャストです。
ということで、14回目ですね。
14回目、やってまいりました。
ちょっと1ヶ月ぐらい、相手の収録ですね。
そうですね、久々ということで。
この1ヶ月の間、4月の1ヶ月、
ヤッキーさん、面白いとこ行ってきたということで。
そうなんですよ。そこら辺をね、今日はテーマに話せたらいいのかなと
事前に話してたんですね。
こんな感じでね、ちょっと聞いていきましょう。
今回のテーマなんですが、
エジプトに行って感じたこと。
ということで、ヤッキーさんが
この、どこでも行けるのに
あえて選んだ行き先がエジプトだったということで。
それめっちゃ面白いなと思ってですね。
ぜひぜひ、エジプトに行って感じたこととか色々あるでしょうから
それを聞かせてもらいまして、一緒に考えていきましょうよと。
というのがね、本日のお題ですよ。
そうですね。
エジプト、もともとはね、
エジプト行く予定じゃ全くなかったんですよね。
もともとは、自分の誕生日が3月だったんで、
妻がこう、誕生日旅行行こうかみたいな話で。
僕自身は、京都とか
ゆっくりスーパー銭湯で過ごせたらいいなみたいな話を妻としてたら
その3日後くらいにチケット取っといたよみたいな。
ヨルダンとエジプトにのチケット取っといたからみたいな。
奥さんから?
そうなんですよ。
全然話が違うっていう状態だったんですけど。
まあまあ、それはそれでいいかというか。
僕もこだわりが全くないんで、まあまあそれはそれで
行ったことないしいいかなって感じで。
エジプト、なるほどね。
ツッコミどころが多すぎるけど、続けてください。
とりあえず、もともとヨルダンの塩分がめちゃくちゃ高い
市街みたいなところとか、そういったところに行って
それもちょっとスーパー銭湯みたいなもんだよねみたいな
そんな話をされて、こう丸め込まれていくみたいな話になったんですけど。
ゆうだ、エジプトに行きまして。
エジプトに行って、エジプトにまずついたんですけど。
エジプトについた日に。
エジプトですね。
エジプトからか。
エジプトからヨルダンに行くっていう旅行のコースですね。
03:00
ただ、ヨルダンに3日後くらいにちょっとエジプト観光して
ヨルダンに行こうみたいな話だったんですけど。
エジプトついたその日に、イランがイスライルにミサイルを
だんだんツイッターで流れてきまして。
おやおやと。これは戦争はずまるんじゃないですかと。
みたいな空気感がツイッターでずっと言われてるわけですよ。
大変サンジュ世界大戦始まっちゃうんじゃないか。
ヨルダンってどこに位置してるかというと
イスライルとイランの挟まれですね。
挟まれた場所にヨルダンいるんで。
ヨルダンに住んでる人たちは花火のごとくミサイル飛んでるのが見えました。
撃ち落とされてヨルダンの地方でミサイルが落ちて
3人くらい死んだみたいな地域もあって。
そんな中ヨルダン行けないよねって話になり
行けないわな。
何しに行ってんだって。
子供2人いる中で仕事でもなんでもないのに
わざわざ行く必要も全くないよねっていう話になり
ヨルダン行きはキャンセルして
行ったのがエジプト。
その後キプロスっていう
エジプトから1時間くらい行ける
ギリシャとトルコが混ざってる
キプロスっていう国は結構面白い場所で
トルコとギリシャの
どっちにも属してない国みたいな感じの場所なんですよ。
両方の文化が入り混じってるようなそんな場所で
急遽そこに行くっていうような流れになりました。
テーマはエジプトに行ってきたっていう話だったんですが
自分の旅行のプランとしてはそういう感じで
エジプト行ってキプロス行ったっていう
そんな感じの旅行をつい4日前までしてました。
そんな状況でございます。
なるほどなぁ、どっから突っ込もうかっていうところですけど
京都でスーパー銭湯でも行こうかって言ってたのが
チケット取っといたよっていうことだから
奥様もだいぶ狂っていらっしゃる。
そうなんですね。
そんなことしょっちゅうあるんですか?
しょっちゅうありますね。
キャンプ予約しといたよとかはしょっちゅうですし。
とりあえずどっかに行くという予定が勝手に組まれるっていうことは
しょっちゅうあります。
キャンプぐらいならかわいいけど。
ヨルダン行くよっていうことで。
06:00
しかも戦争が始まっちゃうみたいな。
国際感覚があるようでないようであるなとか
タイミング的には最悪のタイミングのヨルダンをチョイスしたっていうところだったけど
時期的には結果論とも言いがたい。
そうなるだろうみたいな場所だから。
まあまあ行かなかったからね。
ヨルダンって普段は治安がいいんですって。中東の中で。
全然問題ないよみたいな感じだったんですけど
まさかイランからミサイルが飛んでくるとか。
そんな感じだったってところですね。
お子さんたちも一緒だったんですか?
これはギリーの母親にお願いして。
2人旅で。
小持ちの大人2人のただの旅行なのに
わざわざそんな危険なところに乗り込むかっていうことですね。
そういうことです。
でもなかなかそんなに戦争を身近に感じることないんじゃないですか。
確かそう言われてみるとそうですね。
戦争ってこんなフランクに始まるんだって。
フランクに?
フランクに始めてるかは知らないけど
突然にというか唐突にってことですね。
普通に生きてたらこんな急に始まるもんなんですかって。
それを身に染めて体験しましたね。
平和が当たり前じゃない感じも実感として感じましたね。
とはいえすぐ、エジプトも離れてはいないので
すぐほぼ真横ぐらいの国ではあるんですけど
でもそんな真横の国はめちゃめちゃ平和っていう。
ちょっと移動しただけでこんなにも世界が変わるのかっていう。
そういうのも中東のあそこら辺の国にいると感じますね。
日本だと島国で完全に海に囲まれてるんで
外の世界の話みたいになりやすいと思うんですけど
近接してる国でもそんな感じなんだなーみたいな。
そんなことを感じました。
面白いなー。
じゃあまずエジプト観光からスタートしてっていう。
どうでした?言ってみて。
エジプトって世界三大うざい国って言われてるんですね。
それはどういう観点なんですか?
聞いたことないですね。
三大うざい国なんですよ、エジプトって。
3つあるんですね。
09:01
残りの2つちょっと忘れちゃいましたけど。
世界三大うざい国がその1つがエジプトなわけですよ。
何がうざいかって結構うざいエピソード結構あるんですけど。
まずピラミッド観光に行くってことでピラミッドの近くで泊まったんですね、初日は。
ピラミッドの方に行って、その日は泊まって、
エジプトのピラミッドの観光に行く際に、
エジプトのそこら辺にいる人たちってめちゃくちゃ嘘をつくんですよ。
当たり前に嘘をつくんで。
チケットないと入れないよとか、俺から集まらないといけないよみたいな感じとか。
そういうのが平気で吹っかけてくるんですね。
だからもう誰も信用できないみたいな。
なんなら警官の服を着て嘘をついてくるみたいなこともあるらしくて。
だからもうなんも信用できないですよ、基本的に。
実際そういうのもちょっとあったりして。
すごい公害な電話吹っかけられるみたいな。
まあでもっていう感じのところですね。
実際にエジプトのこのピラミッド観光の中に入って、
またゲートくぐってチケット買って。
もうね、死ぬほど声かけてくるんですよ。
ワンダラーワンダラーみたいな。
Are you Chinese?みたいなことを。
Are you Chinese?って歩くたんびに言われる。
歩いてると、まずその質問おかしいじゃないですか。
お前はチャイニーズかっていう。
めちゃめちゃ社会人としてもおかしいし。
確かに。
決めつけで話しかけてくる感じとか。
もう会話の冒頭に言われるのがワンダラーだし。
しかもしつこいんですよ。
ずっとついてくるっていう。
Are you Chinese?って言いながらずっとついてくるんですよ。横にこう。
100mぐらいずっとついてきて、
金払うまでどかないみたいなパターンっていうのを体験して、
確かに三大ウザい国だなって感じでしたね。
なるほどな。
ウザいな、それは。
めっちゃウザくて。
ちなみに三大はインド、モロッコ、エジプトだそうですよ。
インドもそうですよね。
インド、モロッコ、エジプト。
なるほどね、そういうウザさがあるんですか。
ウザいんですよ。
でも結構安全でウザいんですけど、そんな犯罪とかはしてこないんで。
12:00
そうなんですね。
ぽったくってはくるんですけど、
別に犯罪的な身の危険を感じるみたいなことはないんで。
そういった意味でもウザいって感じですね、ある意味。
確かに。
すり、すりみたいのは?
そういうのもないですね。すりとかもないんですけど、
そうなんだ。
ただウザいっていう。
じゃあ可愛いもんかもしれない。
可愛いもんなんですけど、精神的にはめっちゃウザいんですよ。
子供もみんなそんな感じだし。
ずっとワンダラワンダラ、あいうチャイニーズっていう言葉しか聞こえないみたいな。
だから疲れましたね、そのバイブスが。
疲れちゃった。
世界最大ウザい国の評判は、評判にたがわないウザさだったということですな?
そうです、そういうことです。
どうでした?
日本からどれくらいのフライト時間なんですかね?
13時間とか?
乗り過ぎとか?
乗り過ぎなしで13時間でしたね。
13時間。
観光地は有名なピラミッドとか見た感じですか?
エジプトに関してはピラミッド見て、砂漠も行って、サハラ砂漠の方に行って。
いいじゃないですか、砂漠。
あれは砂漠…
ナイトツアーみたいな?
一泊ツアーでしたね。
一泊、現地の人がついて一緒にツアーするみたいな感じだったんですけど。
砂漠生まれて初めて行ったんで。
皆さんも見てるかもしれないけど、完全にビバンの世界ですよね。
ドラマのビバンの世界観でした、完全に。
前後左右、砂浜以外見えなくなっちゃうんですか?砂漠以外なんも見えないみたいな。
なしか見えないです。
移動中とか地平線全部砂みたいな感じだったんで。
ラクダで行くんですか、それは。
それは車でしたね、車で移動して。
それでも全面砂ってなかなか体験することないんで。
何を感じたかって言われたらあるんですけど、地球って壮大だなみたいな。
そんなことは思いましたよね。
気温とかどうなんですか?すっごい暑かったですよ、今、エジプトは。
ちょうどよかったです。
4月ぐらいはちょうどいいらしくて。
5月ぐらいからめっちゃ暑くなるみたいで。
ちょうどベストシーズンな感じでしたね、我々が行ったときは。
まあでもなんか、そこの人たちの生活を見て、何でしょうね。
なんかもうこれでいいんだなっていう感じもして。
15:01
なんかうざいんですけどみんな、ワンダラーワンダラーみたいな。
目の前のお金を売ったらこの人たちは稼いでたなっていう感じですよね。
本当にみんなほとんど前歯ない人みたいな感じなんで。
ほとんど前歯ない。
前歯ない人はすごい絡んでくるみたいな感じなんで。
日々の生活のためにこの人たちはこういう風に観光客からぼったくってんだなみたいな。
そんな感じだったので。
あとエジプトの考え方で、寄付するって考え方があって。
寄社っていうのかな。
喜びに感謝の社と書いて寄社だったかな。
これってイスラム教とかの文化みたいで。
恵まれてる人が貧しい人にちゃんと寄付しましょうねみたいな。
寄付とか感謝の気持ちとしてお金を渡すみたいな。
そういう文化圏でもあるんで。
そういうぼったくるみたいなところに抵抗がないんですよね。
当たり前だみたいな感じだと思うんですよ。
恵まれてる奴らが来てるんだから金もらえて当然だろうみたいな。
っていうマインドがまず根底にあるんだろうなっていうところがあったりするので。
イスラム圏だとそういうところが多かったりします。
ジャカルタとかもそうだったりしますよね、確か。
そうですね、インドネシアもイスラム圏ですよね。
っていうのもあったりして。
そこらへんの感覚史がまず違うんだろうなみたいなことも感じたり。
とはいえ、ああいうチャイニーズって中国人確認をする意味が全くわからなかったんですよね、最後まで。
イエスソーワットですよね。
何人でも良くないんだよね。
チャイニーズ、その山張って当てたとて何か起こるんですかね。
何も起こらないでしょ。
おおイエスイエスよくわかったのお前って盛り上がるとはね、とても思えないので。
それだけは謎でしたね。でもなんか幸せそうでしたけどね。
17:33

Comments

Scroll