1. 声日記ファン
  2. 新着声日記紹介20240218-0323..
2024-03-24 39:08

新着声日記紹介20240218-0323前編

33 Stars 6 Mentions 7 Comments

新着声日記紹介のコーナーです。LISTENで「声日記」と検索して出てきた番組・エピソード、LISTENの新しく配信開始されたリストをチェックして、私が勝手にピックアップしたものを紹介しています。

 

★お願い★

紹介させていただいた声日記の配信者の皆様。もし、紹介しないで!リンク貼らないで!という方がいらっしゃいましたら、遠慮なくコメント欄でお知らせください。皆さんそれぞれのお考えがあると思いますし、それぞれの楽しみ方があると思いますので。

 

★このコーナーを始めた理由★

LISTEN上で盛り上がり始めている声日記ですが、数が多くなってきて、聞ききれない!という状況になりました。そうすると、いつも聞いている人のを聞くだけになってしまい、LISTENのもつコミュニティ機能が活かされなくなってしまうなあと思い、こんな形で新しい声日記をざっくり紹介するコーナーを始めました。新しい声日記との出会い、聴いてみよっかなとポチッと押してみるキッカケになれば嬉しいです。

 

★今回紹介した声日記★

2024/2/18-3/23の約1ヶ月間に配信開始された声日記紹介の前編として、すでに声日記を始めている人からの紹介などではなく、自分発でスタートされたと思われる7人の声日記を紹介します。

 

最新回ではなく、1エピソード目にリンクを貼っております。

<2/26スタート>

※注:Radiotalkで配信されている番組の2/26配信の257エピソード目からLISTENで声日記タグを使われ始めていらっしゃいましたので、2/26スタートとさせていただきました。

<2/29スタート>

<3/9スタート>

<3/14スタート>

<3/17スタート>

<3/20スタート>

※注:1エピソード目がテスト配信だったため、2エピソード目をリンクしています。

<3/23スタート>

 

 

★3/2のLISTENイベントで誕生した声日記の紹介はLISTEN NEWSでどうぞ!

LISTENイベントの様子を話している関連の声日記はこちらのリストからどうぞ!

 

 

★前回の新着声日記紹介

 

★声日記がLISTENで盛り上がり始めた2023年秋頃の声日記紹介はこちらをどうぞ!

 

Summary

LISTENで盛り上がり始めている声日記を紹介しています。今回は7人の個性豊かな声日記 が紹介されています。

Table of Contents

新着声日記紹介のコーナー説明
聴けて読める声日記のエンターテイメント。声日記ファン。
みなさん、こんばんは。もしくは、こんにちは。もしくは、おはようございます。
odajinです。 今回は、新着声日記紹介のコーナーをお届けします。
LISTENで新しく配信が始まった声日記を紹介してまいります。
このコーナー、なぜスタートしたかというと、LISTENで盛り上がり始めている声日記ですが、数が非常に多くなってきて、聴ききれないという状況になってきています。
そうすると、いつも聴いている人のを聴くだけになってしまい、LISTENの持つコミュニティ機能が活かされなくなってしまうなぁと、
そんなふうに思い始めまして、こういう形で新しい声日記をざっくり紹介するというコーナーを始めてみました。
LISTENの新しく配信開始されたリストや、声日記と検索して出てきたものから、私が勝手にピックアップをしています。
声日記というキーワードを使っていないものも、声日記っぽいなと思ったものを含めさせていただいております。
もし、ご自分の声日記を紹介されたくないという方がいらっしゃいましたら、遠慮なくコメントでお知らせください。
配信の目的や、交流したいかどうかなど、それは人それぞれだと思っております。
逆に、私の声日記もぜひ紹介してほしいとか、ゲストで出たいとか、こんな方いらっしゃいましたら、ぜひぜひこちらもコメントでお知らせください。
一緒に声日記を盛り上げていけたらと思っています。
前回2月19日に新着声日記の紹介をしておりましたが、そこから早いものでもう1ヶ月以上時間が空いてしまいました。
この間にですね、なんともう40件くらい声日記が増えております。
すごいペースだなと改めて数えてみて感じました。
ちょっと今回さすがにですね、いきなり40件を紹介しきるのは難しいだろうなと思いまして、前編後編みたいな感じでお届けしようかなと思っています。
あとですね、実は前回にも言っていたんですが、私がまだですね、紹介できていない2月の前半よりもさらに前の期間ですね。
昨年の末ぐらいから2月前半ぐらい。
昨年の11月ぐらいから、
2月前半ぐらいまでの声日記をまだ紹介できていません。
これがですね、何件ぐらいあったかな。これも40件くらいありますね。
なのでこれらもですね、おいおい紹介をしていこうかなと思っております。
気長にお待ちいただいてお楽しみいただければと思っております。
今回、前編後編ということで2月19日以降に配信がスタートしている声日記を紹介していこうと思っているんですが、
どんな感じでやろうかなというふうに思ったその前編後編なんですけれども、
まず前編はですね、独自にスタートされていらっしゃる方ですね。
これらの方々をご紹介していこうと思います。
後編はですね、いろんなお知り合いの方のつながりで声日記をスタートされた方ですね。
こういった方々をつながりをご紹介しつつ、声日記を紹介していきたいなというふうに思っております。
今回ですね、3月2日のLISTENのイベントで新しく声日記を始められた方々については、
すでに「LISTEN NEWS」の方で声日記の紹介がありましたので、
私のこの声日記ファンでの紹介は割愛させていただこうと思います。
代わりに概要欄に該当のLISTEN NEWSのエピソードを貼っておきますので、
よろしければ皆さんそちらをお聴きください。
あとLISTENニュースの配信だけじゃなくて、
私が作ったLISTENイベントの関係の皆さんがお話をしているプレイリスト、こちらも概要欄にリンクを貼っておきますので、
よろしければどんなイベントだったかなということも含めて聴いてみていただけたらと思います。
では今日はですね、前編ということで、私が見つけた声日記7つご紹介してまいります。
オタママさんといっしょ
まず最初は、2月26日からですね、声日記というタグをつけてLISTENでスタートされた、
【夢野にわとり】さんの『オタママさんといっしょ』です。
この『オタママさんといっしょ』はですね、
radiotalkの番組として、
この2月26日時点で257回目というもう長寿番組と言っていいんじゃないでしょうかね。
配信を継続されていらっしゃる【夢野にわとり】さんの番組ですね。
こちらがLISTENで登録をして配信をスタートされていて、
このタイミングからですね、声日記というハッシュタグが概要欄に入るようになっていました。
でですね、面白いんですよこの方。
「この番組はポンコツゆるオタママ」まず自分のことをそんな風にご紹介されていて、
のっけからすごいテンションが高いんですよね。
娘のひよこちゃんって自分でおっしゃってるんですけど、
娘さんとの成長記録を残すっていう、そういう目的でやられているラジオのようです。
最初にね、「笑顔を作っていきたいと思います」
「せーの、ニコ!」ってね。
すごいね、なんだろう。
陽な感じって言うんですか?
明るい感じのスタート。
番組のカバーアートを見ると、
お母さんと一緒っぽい雰囲気っていうのかな。
なんかちょっと教育テレビ感というんですかね。
今、Eテレか。Eテレ感っぽい感じのね。
すごい可愛らしい、ニワトリさんのイラストが入っている、
『オタママさんといっしょ』っていうね。
このカバーアートもすごい可愛くて。
この257回目のこのエピソードから、
その声日記ていうのがついてるんですけど、
すごくLISTENのこともたくさん喋ってくださっていて、
いろんなね、
文字起こし、すごい良いですねみたいなところとかね、
すごくサマリーも作れて、目次も作れてみたいな、
かなり興奮気味にこのLISTENのことをお話しいただいていて、
すごくたくさんLISTENを楽しんでいただけそうな感じなのかなと。
コメント欄でもね、
声日記界隈の【ひろひろし】さんとか【ハタモト】さんが早速このときコメントされていて、
いろいろ使い方だったりとかですね、
その文字起こしに関するコメントとかもされていらっしゃいました。
すごいですよね。250ですからね。
僕も昨年から毎日1個エピソードアップしていて、
230本ぐらいになってきたんですけど、
やっぱこのちゃんとね、番組として10分間の番組をしっかり配信続けるって、
僕はね、もうほんと声日記なんで適当に喋ってるだけですけど、
そういうところがすごいなと思いながらね、聴かせていただきました。
何よりね、この元気が出るテンションがいいですよね。
このね、なんかちょっと落ち込んで元気になりたいなみたいなときとかにね、
聴いてみるといいのかもなと思います。
あとは子育てをされている方とか、
家事・育児の最中に聴くみたいな方は結構多いのかなと思うんですけど、
共感できる内容とかね、
そういうのがいろいろ聴けるんじゃないかなと思います。
『オタママさんといっしょ』【夢野にわとり】さんの声日記紹介いたしました。
スピーチ・バルーン by kani
さあ続いては『スピーチ・バルーン by kani』
これは【優介】さんという方の声日記です。
これ非常に面白いなと思ったのが、
スタートされたきっかけが、PODCAST FREAKSという関西で行われた、
先日ね、LISTENのチームの皆さんも参加されてましたけども、
ポッドキャストのイベントですね。
このイベントに向けてカウントダウンをしていくっていう、
そういうね、名目でスタートされている声日記でした。
2月29日の時点で「10日前」というね、
最初10日前って何のこっちゃってね、タイトル見たときに思ったんですけども、
2月29日はね、
閏年の日付で、
4年に1度しかないこの日を何か面白い形で残せないかということで、
ひとり語りをスタートっていうふうに書いていらっしゃって、
なんかすごいね、ドラマを感じる声日記の始め方だなと。
しかもね、このPODCAST FREAKSに向けてカウントダウンをしていくっていうことで、
これエピソードではなくて、
この『スピーチ・バルーン by kani』の番組のページをご覧いただくと、
10日前、5日前、3日前、1日前っていうふうにね、
どんどんカウントダウンが進んでいくっていうのが、
これは新しい声日記のアプローチの仕方だなみたいに見ていて思っておりました。
スピーチ・バルーンっていうね、吹き出しですね。
僕『1Bubble 6minutes』という漫画の吹き出しをひとつピックアップして喋るっていう番組を実はやっているんですけども、
この番組を作るときにですね、
バルーンでいくかバブルでいくかって実はちょっと悩んでたんですよね。
で、スピーチ・バルーンってバルーン使われてると思ってね、
ちょっとね、親近感が湧きましたね。面白かったですね。
友達100人できるかなっていう、大人になってもね、
友達100人できるかなのテーマにみたいなことが番組紹介のところに書いてあって、
これね、是非声日記界隈の皆さんも聴いていただいて、
フォローしたり、星とか付けたりしながらですね、是非今もう100件以上声日記できてますからね。
友達100人が声日記界隈でもできちゃうんじゃないかなっていうね、
ちょっとそこまで広がったら、
本当に100フォロワーとか達成したらね、おめでたいなみたいな、
お祝いしたいなみたいな気がしますよね。
この【優介】さんの『スピーチ・バルーン by kani』では、
自己紹介のエピソードとかもちゃんとアップされていらっしゃるので、
番組の紹介もエピソードとして載せられていたりするので、
非常に丁寧に作られているなと。
PODCAST FREAKS、先日3月9日に開催されて、
その開催前、終了後っていうエピソードが3月10日に上がっているんですけど、
その後もね、番組としてはまだエピソードが追加で配信されているので、
この後はね、カウントダウンが終わっちゃったので、
どういう感じの配信が続いていくのか、
ちょっとこれからが楽しみだなというふうに思う声日記でございました。
『スピーチ・バルーン by kani』【優介】さんの声日記でございました。
どんどんいきましょう。
ネリネ楽団の声日誌
3つ目の声日記は3月9日に配信がスタートしています。
『ネリネ楽団の声日誌』です。
これは【きり】さんが声日記を配信されたものになります。
【きり】さんはですね、学生時代に吹奏楽部をやられていたそうで、
その同級生の方とPodcast始めようみたいなお話があって、
そこからのこのネリネ楽団っていうね、
吹奏楽部だったからっていうことでこの楽団っていう名前になってる
みたいなんですけど、
しかもね、ネリネって最初こうなんだろうなと。
お菓子にネルネルネルネってありますけどね、
私勝手にそっちを想像してたんですけども、
これちゃんとね解説をされていて、
ネリネ楽団ってっていうエピソードが3月9日に上がってるんですけども、
私ほんと失礼だったなと思ったんですけど、
ネリネっていうのはですね、
これはですね、
ネリネ楽団ってこのエピソードじゃなかったかな。
そうそうこのエピソードだよな。
ネリネっていうのは花のお名前なんだそうです。
その花の花言葉が、
また会う日を楽しみにっていう花言葉なんだそうですね。
なのでその地元のね、同級生の方なんですかね、
同じ吹奏楽部だった方々と、
会う日を楽しみにポッドキャストやろうぜみたいな、
そういう気持ちがこもっている番組と。
いやもうちょっと、もうこれだけでね、
拍手ですよね。めっちゃおしゃれ。
なんかもう『一日一配』とかなんやねんみたいな感じですよね。
僕のね、声日記のタイトル。
直球すぎるみたいな。
しかもね、【きり】さんは声日記っていう風にも言ってくださってるんですけど、
タイトルはですね、声日誌っていう風に付けられてるんですよね。
この辺りもね、すごくなんかこう言葉の選び方とかね、
センスが光ってらっしゃるなっていう風に思いますし、
お話しされてる声もね、すごく聴きやすい声ですし、
なんか今この声日記を始めて、
自分の状態が良くなってきてるっていうんですかね。
すごいそんな感じのことを書いてくださっていて、
私の名前をね、エピソード内で上げてくださっていて、
odajinさんに感謝みたいなね、コメントをしていただいてたんですけど、
全然そんなね、
そんな言っていただいたら逆に恐縮ですみたいな感じなんですけど、
でもすごく嬉しいですよね。
そんな風に言っていただいて。
思わず私コメント欄にですね、
LISTENのトップページに書いてある、
「あなたのおしゃべりが誰かの人生を豊かにする」っていう、
この体験ですねみたいなことをコメントさせていただいたんですけども、
本当になんてことのない日常のおしゃべりがですね、
誰かに届いて、
なんかこれ面白いなとか、
自分もやってみようかなみたいになって、
こうやって楽しんでくださっているっていうのは、
本当になんか僕自身すごくやってて良かったなって改めて思いましたし、
すごくその後もですね、
その後もですね、【きり】さん、コメントとか
スターつけてくださったりとかもしていて、
私も聴かせていただいて、
ついさっきね、
本当についさっきなんですけど、
面白い、
引きこもりとドーナツっていうエピソードをね、
3月24日のエピソードで上げられていて、
オールドファッションっていうミスドのドーナツを冷凍して保存してるって、
私もオールドファッション好きなんで、
思わずそれどうやって解凍するんですかってコメントしたらですね、
カチコチにならないんで、
そのまま解凍せずにサクサク食べてますって、
意外な答えが返ってきて、
ちょっとね、良かったらですね、
ゲストで出てくれたら嬉しいです。
よろしくお願いします。
オチない声日記
ご紹介したのは『ネリネ楽団の声日誌』
【きり】さんの声日記をご紹介いたしました。
続いて4つ目の声日記は、
『オチない声日記』
【nanaka】さんの声日記です。
3月14日から配信されていらっしゃいます。
【nanaka】さんは現在海外に留学中ということで、
残りの期間が少なくなってきたので、
その留学の記録ということで、
声日記で発信を始めてみたということで、
お話しされていらっしゃいました。
良いですよね。
この大学生声日記ユーザーが新たに誕生ということで、
ぜひですね、
LISTEN界隈、
割と40代とかのね、
なんていうんですか、
ミドルエイジの皆さんが結構多い、
私もそうなんですけど、
ミドルエイジの皆さんが多いんですけど、
若い方がですね、
20代の方とかが、
こうやって声日記始めてみましたって言って、
どんどん出てくるとすごく、
なんていうんでしょうね、
嬉しいというのか、
なんかこういうのって、
20代の方にも刺さるんだなみたいなね、
楽しんでもらえるんだなみたいなことを、
改めて感じることができて、
すごく嬉しいですよね。
この『オチない声日記』っていうね、
タイトルからして、
もうこれあの、
私、真っ先に声日記やってらっしゃる、
【もりっしぃ】さんの関係者というか、
娘さんか!?って一瞬思いまして、
でも残念ながら違ったんですけども、
でも大阪のご出身の方って、
プロフィールに書いていらっしゃってて、
その年齢的にもね、
【もりっしぃ】さんの娘さんとも多分近い年齢なんだと思いますけども、
早速【もりっしぃ】さんがね、
オチないっていうところとかね、
同じ大阪ってことで、
1回目のエピソードにコメントつけられてて、
こういうとこ反応されるの【もりっしぃ】さん早いな、
さすがだなと思ってね、
見守っておりました。
そう、なんかこういうね、
若い方、学生の方とかがね、
始めることで、
身の回りにそういった若い方がいらっしゃる方は、
紹介していただくと、
オジさんの配信聴いてもつまんないよみたいな、
そういう方にも、
20代同士の会話をね、
お互い聴いて楽しむみたいな、
そういう機会ができたら、
それもまたいい繋がりになるんじゃないかな、
みたいなことも思いましたね。
留学からね、
戻られるタイミングの、
戻ってきてからのね、
お話とかもね、
聴いてみたいですよね。
就活まだしてませんみたいな、
直近のエピソードも上がってたんですけど、
留学された方がね、
どんな風にそういう、
日本での就職とか考えるのかなとかね、
私自身は留学経験ないので、
なんかそういうこうね、
お話とかを聴いてみるのは、
楽しみだなと思っております。
ご紹介したのは、
【nanaka】さんの『オチない声日記』でございました。
オカンの話なんて誰が聞くん?
続いて5つ目のご紹介の声日記ですが、
3月17日スタートしています。
『オカンの話なんて誰が聞くん?』
これは【すぎべ】さんの声日記です。
私ですね、
このカバーアートが出た瞬間に、
あれなんかどっかで見たことある感じがするぞ、
と思って、
しかも【すぎべ】さんというお名前も、
あれ聴いたことあるぞと思って、
あのエピソード、最初のエピソードを見て、
あ、やっぱりそうだと思って、
この方はですね、【すぎべ】さんはですね、
『ママが自分を取り戻すラジオ』という
ポッドキャスト番組を
もうずっと長いことやられていて、
ジャパンポッドキャストアワードですね、
これの賞も受賞されているんですよね、
その番組で。
すごいなと。
その方が声日記どうして始めたんだろうなみたいな、
裏声日記みたいな書き方を
概要欄とかに書かれてたんですけど、
エピソードを聴いて、
そういうことやったんかと思ってびっくりしたのが、
これ先ほどもちょっとね、
【優介】さんのね『スピーチ・バルーン by kani』の
PODCAST FREAKSに向けての
カウントダウンという話ありましたけども、
このPODCAST FREAKSで
LISTENとブースが隣だったということで、
そのLISTENチームとのブースお隣同士がきっかけで、
LISTEN NEWSで声日記の話題も聴いて、
面白そうだなと思って始めてみましたと
いうことだそうです。
いやー、なんかね、いいですよね。
このポッドキャスト番組をね、やられている方が
その裏番組的に声日記を始めるっていうパターンはね、
これまでにも、
『ドングリFM』の【narumi】さんとか、
『ほっとテック』の【941】さんとか、
【youhei】さんとかね、他にも
いろんな方がそのポッドキャスト番組とは別に
スタートするみたいな。
『Ossan.fm』の【chris4403】さんもそうですね。
忘れちゃいけない。
そんな風にね、自分の番組をやりつつ、
別に声日記を始めるっていうパターンね、
これまでにもありましたけれども、
また新たにこの
非常に有名なポッドキャスターの方が
声日記を始めるということで、
声日記界隈が盛り上がってきてるっていうのをね、
また改めて実感する一つのエピソードなんじゃないかな
っていう風に思って、【すぎべ】さんの
声日記の誕生を嬉しく思っております。
初回のこの放送の中で
おっしゃってたんですけど、
番組、ポッドキャストの方の番組はね、
すごくメッセージ性が強いんだけども、
この声日記の方はメッセージ性をゼロでやろうと思いますと。
早速その、
お財布忘れたね、
忘れたんじゃないか、
お財布ね、3日前にお財布をなくしましたみたいな
エピソードが入られてて、
私もよくね、
ままならない話(失敗談)は声日記のネタになる
ままならない話って言って、
失敗談とかね、
やっちまった話を結構することが多いんですけど、
もう早速ね、一発目のエピソードから
ままならない話を話されていて、
もうなんか「やるな!」みたいな、
さすがポッドキャスターだなと思って、
すぐちょっと反応してしまったんですけど、
ネタになるっていうね、
この失敗談がネタになるって思えちゃうっていう、
もうそのあたりが声日記をやる人としての
こっから先のね、
エピソードでの
ままならない話、いろいろ聴けるんじゃないかなと思ってね、
個人的にすごく楽しみだなと思っております。
あとやっぱね、さすがだなと思うのが、
20分くらい毎回喋られてるんですけど、
飽きずに聴けますね。
やっぱり一人喋りで
ポッドキャストをずっとやってらっしゃるだけあって、
話し慣れてらっしゃるなと。
3月18日のエピソードでね、
「Podcastと声日記の違い」っていう
エピソードをあげてらっしゃって、
ポッドキャストはやっぱりその内容、
自分の意見とか考えを伝えていて、
声日記は出来事をね、
喋るだけっていう感じで、
喋った後の感じ方の違いがありますね、
みたいなことをおっしゃられてたんですけど、
確かにそういうとこあるよなと思いつつ、
でもなんかその中身もそうなんですけど、
私コメントさせてもらったんですけど、
すごくその声の雰囲気がね、
全然違うなっていう風に感じましたね。
すごくその番組の方はやっぱりこう、
なんか力が入ってるっていう感じですかね。
しっかりこのメッセージを届けようみたいな、
ちょっと力んでる感じみたいな。
声日記の方はね、
ふわっとした柔らかい感じっていうのかな。
番組を聴いてた印象とちょっと違ったので、
すごくね、そういう意味では、
素の【すぎべ】さんを見ることが、
聴くことができたなっていう風に思って、
ちょっとますます聴いていきたいなっていう風に思いました。
この【すぎべ】さんのお話も、
やっぱり子育て関係の話とか、
もともとポッドキャストの番組の方もね、
そういうお話が多いんですけど、
すごくそういう共感を呼ぶところがね、
多いんじゃないかなと。
私も子育てをしている身なので、
すごくわかるなみたいなところがあって、
コメントもさせてもらったんですけど、
なんかやっぱこう、
そういう共感性の高い話っていうのはね、
聴いていてうんうんってね、
ついうなずきながら聴いちゃうタイプの、
声日記だなっていう風に聴いていて思いました。
『オカンの話なんて誰が聞くん?』
【すぎべ】さんの声日記をご紹介いたしました。
とうまの声日記
さあ続いて6個目のご紹介する声日記は、
3月20日から配信がスタートしています。
『とうまの声日記』
【とうま】さんの声日記ですね。
いいですね。
このタイトルがね、
THE 声日記っていうタイトルですよね。
自分の名前+声日記っていうね。
これ一番ストレートでいいですよね。
とりあえず始めるのにね、
間違いない名前の付け方ですよね。
【とうま】さんはね、
始めてみたきっかけ、理由みたいなものを、
3月20日のエピソードでお話しされていらっしゃいました。
すごくこう、
なんていうんでしょうね。
声日記って結構ダラダラとね、
私なんかこう喋っちゃうんですけども、
【とうま】さんすごくね、
話をきちんと整理されていて、
理由が3つあって、
そのうち1つ、2つ、3つっていう風に順番に喋られていてですね。
これあの、
すごい上手という言い方が変ですけど、
話が短く上手くまとめて喋られてるなと思って、
私、聴いてて感心したんですけども、
すごいなーってね、思ったんですけど、
その3つ目の理由のとこにね、
トレーニング、話をする機会が増えたので、
その話すトレーニングをしたいなって書いてあったのと、
その話すことで頭の整理をしたいっていう風にね、
2つ目の理由にこう書いてあって、
あ、なるほどなと。
多分こう、そういう風に話す上で整理をした上で、
こう話をするみたいな、
意識的にやられていらっしゃるのかなと思って、
すごく、無駄のない短いエピソードで、
言いたいことをうまくまとめて喋られていてすごいなーと思って、
あの私みたいにね、1時間何10分とかね、
ダラダラダラダラまとめもせずに、
あの好き勝手喋るのとは、
あの対極的な声日記だなーと思って、
あのダラダラ喋るのも声日記だし、
シンプルにシュッとまとめて喋ってみるのも声日記だし、
まあそれぞれのね、スタイルがそこにはやっぱりあって面白いなーっていう風に、
思いながら聴いてました。
始められたその理由のうちの1個目の理由に、
音声メディアが好きっていう風にね、書いていらっしゃって、
あの多分いろんなポッドキャストとか
コンテンツをね、聴かれていらっしゃるんじゃないかなと思うので、
あの何かこうね、
おすすめのポッドキャスト番組とかね、
いろいろ声日記とかも聴いてみていただいて、
この人の面白かったとかね、
なんかそういう話とかこれから聴けたら面白いんじゃないかなーなんていうのを勝手に思っておりました。
でね、早速ね、
Googleフォームでお便りが来てて、
もう!?すげーなって思ったんですけど、
あのさらにね、その回答がすごくて、
3月21日のエピソードでね、
「好きな漫画とその思い出は?」っていうタイトルのエピソードで、
好きな漫画でね、
キャプテンってあげてて、
これキャプテン翼かなと思ったんですけど、
そうじゃなくて野球漫画の方のキャプテンをあげてらっしゃって、
おー渋いとこ来たーみたいな、
すごいね、
ちょっといきなり意外な漫画が上がってきて、
ちょっとね、ますます【とうま】さんに興味を惹かれましたね。
ちょっとこの後さらにね、
どんなお話が聴けるようになるのか楽しみにしたいなっていう風に思いました。
カバーアートがね、まだ、
これは設定されてないのか、
うまく反映されてないのかちょっとわかんないんですけど、
よかったら【とうま】さんもこのカバーアートもね、
そのうち作ってみていただいて、
設定してみていただけるといいんじゃないかなと勝手ながら思っておりました。
でもね、こうやって、
とりあえずカバーアートとかもいいから始めちゃえみたいなのが、
できるのも気軽にやっちゃっていいんじゃないのみたいなのは、
声日記のね、いいとこだと思いますし、
こないだLISTENトのイベントでも、
とりあえずでいいんですみたいなね、
西野さんとのトークの中でもずっと僕も話してましたけど、
そういうね、仮で始めるみたいな、
そのぐらいの感覚で、
実際にこうやって始めてくださっている方がいるっていうのは、
そういう意味でもすごく嬉しいなっていう風に思いながら見ておりました。
【とうま】さんの『とうまの声日記』ご紹介いたしました。
海猫沢めろんの寝起きdes声日記
さあ、本日ご紹介する最後7個目の声日記は、
3月23日、配信がスタートしています。
『海猫沢めろんの寝起きdes声日記』
【海猫沢めろん】さんという方が、
配信を始められています。
プロフィールを読むとですね、
文筆家さんということで、
これはあれなんですかね、
ペンネームというのか、
ちょっとわからないんですけども、
そういう名前なんですかね、変わったお名前だなと思いながら、
まず最初この名前のインパクトね、
結構びっくりしたんですけれども、
これ、エピソードを聴いてさらにびっくり!
インパクトすごかったんですけど、
一発目のエピソードのタイトルが、
「めろん先生、二重窓の良さを語る」ってね、
だいたい声日記始めるって、
最初のエピソードって皆さん「テスト」とかね、
「自己紹介」とかね、
「なんで声日記始めたか」とかね、
「番組タイトルの由来」とかね、
結構なんかそういうの、
喋る方が割と多いんですけど、
いきなりね、
「二重窓の良さを語る」って、
もうね、
ぶっ飛んでる人だなぁ、キタなぁと思ってね、
めっちゃおもろそうだと思って聴き始めたんですよ。
そしたらですね、
まず概要欄にね、
寝起きの頭でやってるので、
寝起きです、絶対に頑張らないで脱力してやっていきますって、
書いていらっしゃって、
なるほど、だから寝起きdes声日記なんだなと、
まずそこでタイトルの理由が分かって、
本当にね、
本当に寝起きの声してるんですよね。
めっちゃ眠そうなんですよ。
もうね、そこがね、もうぶっ飛んでるなぁと。
でもちゃんと理由があるみたいで、
寝起きでルーティン化するといいっていう、
そのライフハックを見たことがあって、
それも意識してやってみてますみたいなね、
お話されてて。
でもそこからの話がね、
二重窓の話なんですよ。
もうね、
なんか、
もう、なんていうんだろうな、
眠い感じと、
突然始まる二重窓の話っていうのがね、
アンバランスな感じですごく面白くて、
しかもね、
めっちゃね、
熱く語られてくるんですよ。
だんだんね、なんか熱くなってきたなと思ったらね、
ちょっと待って、開けてみようかみたいな感じで窓開けだして、
うちの二重窓を体験してほしいみたいな。
おもろいんですよね。
そこからね、すごいね、
めろん先生もままならない話キタ!?
眠そうだった声がね、なんか急にね、覚醒してくる感じ?
あの、一回窓全部開け放って、
ちょっとね、外の鳥の声とかね、車の声とかやっぱり聞こえるんですよ。
で、そこからの一枚締め、二枚締めみたいな。
でね、極めつけがね、
全然声がしてない!みたいな。
全然周りの音がね、
今日全然音鳴らないじゃんか!みたいな話になってて。
もうね、ちょっとね、
一発目からこんなエピソードぶっこんでこれるって、
ただものじゃないなと思って、
もうね、思わず私、
いきなりコメントつけさせていただいちゃいました。
これまだね、始まったばっかりなんでね。
もう早速ね、
3月24日、もう2個目のエピソード、
「めろん先生、失敗する。」っていう、
いいですね、さっきもありましたけど、ままならない系のエピソードがね、
これちょっとまだ聴けてないんですけど、
「はやくもトラブル発生」っていう、
概要欄に書いてあるとこだけ見たんですけど、
もう早速ね、
ちょっとトラブルっていらっしゃるようだったんで、
これね、ちょっと楽しみにしたいなと思いますね。
いやーちょっとね、この声日記界隈は本当にいろんな人が増えてきてますね。
文筆家さんってね、なかなかそういう職業の方に、
日常的に出会う機会も少ないので、
こういう方がね、どんなふうにお仕事されてんのかなとかね、
どんな方が文筆家って仕事やってんだろうなみたいな、
知るいい機会になりそうだなっていうよりも、
そんなことよりも、
めろん先生の話ちょっとこれから注目ですね。
面白そうです。
『海猫沢めろんの寝起きdes声日記』
【海猫沢めろん】さんの声日記紹介させていただきました。
新着声日記紹介のコーナー、いかがでしたでしょうか。
今回は新着声日記紹介、
2月20日以降の新着紹介前編ということで、
まずは特に
どなたからの紹介とかつながりもなくスタートされたと思われる方々を
ご紹介いたしました。
もしかしたらね、書いてないだけで、しゃべってないだけで、
どなたかからのご紹介だったり、
つながりあって始めてらっしゃるのかもしれませんが、
一旦ちょっとそこは私が見た限りわからなかったので、
この前編の方で7名の方ご紹介させていただきました。
いやー、バラエティに飛んでますね。
この7人だけでもね、すごいバラエティに飛んでるなって思って、
私も改めて紹介してみて思いました。
どれも聴いていきたいなと、全部聴いていきたいなって思うんですけど、
声日記の聴き方はそれぞれの楽しみ方で
正直ね、声日記多すぎて聴ききれないので、
私も最近はね、ちょっとこう、つまみ食いというか、
つまみ聴きですね。
面白そうなエピソードだけ聴いてたりとか、
気になったところを聴いたりしていたりします。
あとは、この人ちょっとグッと聴いていきたいなみたいな時はね、
この間、【西野(キズナ)】さんも、
「なんとかさん祭り」っていう言い方をしてましたけど、
私最近ちょっと【きり】さん祭りでね、
ネリネ楽団を連続して聴いたりとかもしてましたけども、
そういうね、気に入ったのがあれば、
過去エピソードから一気に聴くみたいな聴き方もいいと思いますし、
最新のね、アップロードされているものから順番に
いろんな人の聴いていくみたいなのでもいいと思いますし、
皆さんそれぞれの聴き方で楽しんでいけるといいんじゃないかなと思います。
あとね、この後編、これ次回予告でございますけれども、
2月20日以降の声日記のご紹介の後編はですね、
いろんな人とのつながりでスタートされた声日記をご紹介していきたいと思っています。
2月20日以降で、いろんなつながりで出来上がった声日記がですね、
私が観測した限り21件ありました。
今回のエピソードの3倍ありますね。
何分(のエピソード)になるんだみたいな感じですけども。
ちなみに、ごめんなさい、
21件はですね、今回、2月20日以降に始めた人プラス、
昨年10月以降に始めた人の中につながりのある人も含めてで、
21番組、21件ですね。
ご紹介をしていくことになります。
この後録音しようと思っておりますが、
一体何分のエピソードになるのか、
こうご期待ということで、
前編は一旦ここで終わりたいと思います。
今回の声日記ファン新着声日記紹介前編をお届けいたしました。
皆さん素敵な声日記ライフを。
39:08
33 Stars

Episodes Mentioning This Episode

Comments

どんどん声日記が増えてきているので、この声日記紹介は週刊でもいいかもしれませんねぇ😄大変だぁ😱あと少しはじめて数回で止まっている方もいらっしゃるので、ホットなうちに紹介するのがいいかもしれません!

ひろひろしさんコメントありがとうございます! そうなんですよね、過去のものを紹介する時に更新が止まってしまっている様子なのに紹介するのはどうなんだろうなぁと思って考えていたところでした。毎日やらなきゃいけないものでもないし、何らかの理由でやめることもあるでしょうし、たまに思いついた時に更新できたらそれで良いと思いますし、紹介されたことをきっかけに再開してみようかなってなってくれることもあるかなとかとか。 いろいろ考えながら試していきます!

ここのところ新規開拓が出来ていなかったので、大変勉強になりました! 引き続き楽しみにしてますんで、おきばりやす😄

取り上げて下さりありがとうございます☺️ なかなか自分では客観的に番組を聴くことが難しいので、2番組の差を教えていただき嬉しいです☺️そうか!力んでたのか!と腑に落ちました! 番組の方にもコメントありがとうございます! これからもどうぞよろしくお願いいたします🙇🏼‍♀️

すぎべさんコメントありがとうございます! こちらこそどうぞよろしくお願いいたします! 「たまたま聴いたエピソードがそうだった」ということかもしれませんし、私が聴いてそう感じたという感覚の話ですし、「力む」ことが悪いとか、ダメとか、そういう話でもないと思っています。メッセージ性ゼロとおっしゃっていた声日記と、メッセージ性のあるポッドキャストを対比して聴いたことで、ポッドキャストのメッセージ性がより際立って聴こえてきたということなのかもしれませんし。

Scroll