1. ポッドキャストの配信で人生が変わる
  2. 282.クラウドファンディング実..
クラウドファンディング実施報告
2023年6月末から7月末にかけて2回目のクラウドファンディングを実施いたしました。
多くのご支援いただいたおかげで、大成功となりました。
ご支援いただいた皆様、応援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

支援総額:649,500円
支援者数:138人

今回は、クラウドファンディンを改めて実施して気付いたことについてお伝えします。

・最近連絡していなかった方に改めてお話するきっかけになった
・ポッドキャストのことを知ってもらうきっかけになった
・リストを新たに獲得でき、今後のビジネス拡大のきっかけになった

メディアを持つことと、クラウドファンディングでファンを育てることは相性がいいことだと改めて感じました。

無料相談も対応しているので、興味ある方はご連絡ください。

 
佐口よしえの「くらしと政治とわたし」


https://koelab.co.jp/program-list/206yoshie/

番組説明
滋賀県議会議員の佐口よしえが、県政を通して「政治」についてお話する番組です。
「政治はくらし くらしは政治」という言葉は、ただのキャッチコピーではないようです。
「政治に無関心ではいられても、無関係ではいられない」なんて説教臭いフレーズもよく言われます(残念ながら、ほんとみたいです。)
でも…
<身近にお聞きする政治のイメージ>
・政治って、なんだか遠いお話だし、自分にどう関係するのか分からない。
・大事そうだけれどチンプンカンプン。勉強の仕方も分からない。
・政治について考えている暇も余裕もない。
そうですよね。佐口自身がそうでした。
ところがそんなある日、佐口はひょんなご縁から、県議会議員になりました。(このお話もどこかで。)
必死に学び見えてきたのは、想像以上に「政治は自分や家族の人生を左右していた」ということでした。
人の人生や、ときに生死も左右してしまう政治。
もっと早くに知ってたかったなぁ。
学校で「公平公正」に「政治について教える」国もあるのに、日本ではなぜ「教えない」を選んでいるのでしょう(なんとか変えたいところ)。
18歳になっていきなり選挙に行けと言われてもなぁ…こういうお声もお聞きします。
文化?風習?これも政治の1つだと思います。
わかると怖い政治のお話。でも、知っておけば自分たちをまもることもできます。
「大事なのはわかっているけれど、政治なんておっくうだ」という方に「ちょうどよい」政治番組。1回15分でお届けします。

配信者FMおおつ
カテゴリ:社会/文化/行政

提供:旅する映画『HAPPY SANDWICH 』やんばる共和国の大朝将嗣さん

インタビュー:あぼともこさん
https://koelab.co.jp/interviewer/abo-tomoko/

◆こえラボメルマガ◆
このように、私の考えていることや、ポッドキャストにかかわることを定期的に配信しているメルマガがあります。

イベント情報、お得な特典などもお知らせしているので、よかったら登録してみてください♪
https://koelab.biz/p/r/oMAdA7S5

Summary

阿保智子さんはクラウドファンディングの実施報告をしています。彼女は朗読についての活動やコンテストについて話し、またクラウドファンディングとポッドキャストの相性の良さについても語っています。さらに、岡田さんは佐口良江のポッドキャストを紹介し、政治についての話題や議員の活動についての理解を深めることができると述べています。

Table of Contents

00:01
声を思いを世界中に届ける。こえラボ、ポッドキャストの配信で人生が変わる。
この番組は、旅する映画ハッピーサンドイッチ、ヤンバル共和国の大友雅史さんの提供でお送りいたします。
こんにちは、こえラボの岡田です。今回から新しくインタビュアーの方、担当いただく回となっております。
阿保智子さんです。阿保さん、よろしくお願いします。
よろしくお願いいたします。皆さん、阿保智子と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
阿保智子の朗読活動とクラウドファンディング
阿保さんは、普段どんなことをされてらっしゃるのか、簡単にご紹介いただいてもいいですか。
はい、ありがとうございます。私は名古屋でですね、声のお仕事をしておりまして、司会用ですとかナレーターとか、朗読の活動、そして朗読の先生もやっております。
そうなんですね。最近フェイスブック見ると、朗読のイベントとかも主催されているものがあるみたいですよね。
そうなんです。ボイスボイスというところに所属しているのですが、そこが主催なんですけども、企画、運営、宣伝、司会など全部私がやってまして、頑張っております。
先月も、8月もやっておりました。ぜひそちらも皆さんチェックしていただけたら、朗読バトルゲームというものでございますので、チェックしていただけたら嬉しいです。
そして、普段からその朗読も教えてらっしゃるんですか。
はい、そうなんです。今、コンテストクラスっていうのもありまして、通常の朗読が大好きな方も、そうなんですけども、ちょっとブラッシュアップしたいなっていう方も含めて、コンテストを頑張ろうということで、私自身も頑張っております。
えー、朗読のコンテストってどんなことをやってらっしゃるんですか。
そうですね、年間にいくつかコンテストがありまして、そこの主催の人のところに、朗読コンテストを入賞するように、自分もそうですけども生徒さんも入賞できるように、頑張っていくコンテストです。
ぜひ、あのお坊さんのフェイスブックとかもチェックいただければなと思いますので。
はい、みなさんよろしくお願いいたします。
はい、じゃあ今回から4回にわたってお願いいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
さあ、ここからは私がインタビュアーとして質問をさせていただこうと思いますが。
はい、お願いします。
岡田さん、今回のテーマはどんなものですか。
はい、今回はですね、クラウドファンディングの実施報告をさせていただきたいなと思ってます。
はい、まず拍手パチパチパチパチパチ。
おめでとうございます。
そうなんですよね、2023年の6月末から7月末にかけて、私自身はですね、2回目になるんですけど、クラウドファンディングを実施させていただきました。
そして多くの方から支援いただいて、支援額が64万9500円。
そして支援いただいた人数が138人と、結構多くの方にご支援いただいて、本当にありがたいなと思いますね。
素晴らしいですね。
ありがとうございます。
このクラウドファンディングやってみて、改めて何か気づかれたこととかはあるんですか。
そうですね、本当に2回目だったので、流れは前やったとと、こんな流れでやるんだなっていうので、分かっていたんですけど、
一番良かったなと思うのは、いろんな方にやっぱりやってるよということを知ってもらう必要があるので、
FacebookとかTwitterとかでもお知らせはするんですけど、なかなかそれだけだと伝わらない、届かない方も多いので、
基本的には個別にFacebookのメッセンジャーだったりとか、DMとかLINEとか使って、個別にメッセージをお送りして、
もしよかったらチェックしてくださいということで、ご連絡させていただいたんですね。
そうするとですね、結構もう何年もメッセージを送ってなかったような方からも返事が届いて、
そこからメッセージやり取りする機会になったりとかして、すごく良いそういったご連絡する機会になって良かったなというふうには思いますね。
そうですよね、なかなか改めて、そうなんだ、応援するよなんていう声も多くいただけたかもしれませんよね。
そう言っていただける方がすごく多くてですね、ほとんどの方に好意的に反応していただいて、
それで支援もしていただく方もいらっしゃったりとか、応援するよって言ってシェアしていただいたりする方もいらっしゃったので、
本当そういったご縁がありがたいなと思いましたね。
ポッドキャストの可能性も感じられますよね、これでね。
私自身今まで結構いろんな方にもインタビューしてきましたし、ポッドキャストのこともお話して、多少なりとも興味を持ってもらっている方が増えてきたんじゃないかなっていうふうになって、
そのクラウドファンディングで発信することによって、初めて知りましたっていうような方も実際にはいらっしゃって、
そこからクラウドファンディングをやることによってポッドキャストの可能性を知ってもらったりとか、
あとはそこから支援いただいた方にビジネスのきっかけになるような、そういった取り組みもできていったので、
こういったクラウドファンディングでいろんな方とつながりが改めて作れていくことで、
私自身のビジネスもまた一層拡大していけそうかなっていう、そういった見込みもできてきたので、
やってみて、改めてクラウドファンディングとポッドキャストっていうのは相性がいいなーっていうのは感じますね。
クラウドファンディングのポッドキャストへの影響
これまでもこの番組でクラウドファンディングのことについていろいろ放送されていたので、改めて皆さんにそれも聞いていただければなーなんて思うんですけれども、
またこの放送を聞いてね、へーなんて思う方もたくさんいらっしゃると思うんですけども、改めてお伝えされたいこととかありますか?
そうですね、クラウドファンディングもポッドキャストもファンを育てるというか、一緒に応援してもらうというところで共通している部分が多いので、
そういった意味でも両方やってみるのはすごくいいんじゃないかなと思います。
クラウドファンディングって言葉は聞いたことあるけど、実際にどんなことをやればいいのかとか、どういうふうにして取り組んでいったらいいのかってなかなかわからないっていう方も多いと思うので、
弊社の方で、そういったクラウドファンディングのサポートも今やっておりますので、
やってみたいなーっていう、ちょっと興味あるなーっていう方がいらっしゃれば、無料相談も受け付けていますので、
よかったらご連絡いただければサポートさせていただくことも可能ですので、ぜひお問い合わせください。
聞かれましたが、無料相談もされているということなので、ぜひご連絡をいただければと思っております。
さあ、今日はですね、クラウドファンディング実施報告についてお伝えをいたしました。
さあ、続いてはおすすめのポッドキャストのコーナーです。岡田さん、今回ご紹介する番組は何でしょうか。
はい、今回はですね、佐口良江の暮らしと政治と私という番組を紹介したいと思います。
佐口良江の暮らしと政治と私ですね。どんな番組ですか?
こちらはですね、滋賀県の議員さんの佐口良江さんが、いろいろ政治についてとかお話しされている番組なんですけど、
この番組はですね、実はですね、FMオーツという、FM局の放送から発信されているものを、
ポッドキャストでも同時に発信して、過去の配信分も継続して聞いていただけるようにアーカイブ化したいということで、
それでご連絡をいただいて、ポッドキャストとFMとのコラボで発信しているような、そんな番組ですね。
そうなんですね。声ラボのページ見ていただきますとね、いろいろ書いていただいているご紹介文も面白いなと思ってますので、
ぜひ多くの方にもね、聞いていただければなと思っております。
そうですね。この番組なんかを聞いていただいて、政治について遠慮いなという方もいらっしゃると思うんですが、
もうちょっと近いイメージに持っていただけることもできると思いますので、議員さんがどういうふうな活動をしているのかとか、
何の考えを持っていらっしゃるのか、どういうふうにしていきたいと思っているのか、
そういったところもちょっと知るきっかけになると思うので、よかったら聞いてみていただけたらなと思います。
はい、ぜひみなさんお聞きください。
今回ご紹介したおすすめポッドキャストは、佐口良枝の暮らしと政治と私でした。
岡田さん、ありがとうございました。
ありがとうございました。
この番組は旅する映画、ハッピーサンドウィッチ、ヤンバル共和国の大友雅史さんの提供でお送りいたしました。
声を想いを世界中に届けるVoelabo
10:22

Comments

Scroll