1. マルジナリア書店オススメ本の声日記
  2. 『渡り鳥たちが語る科学夜話』
2024-05-15 02:35

『渡り鳥たちが語る科学夜話』

朝日出版社

00:00
こんにちは、マルジナリア書店の小林えみです。
いい天気が続いていますね。
過ごしやすくもあるのですが、また急に気温も上がっているので、ちょっと私も今朝は頭痛が強めに出ていました。
皆さんも体調の変化など気をつけてお過ごしください。
今日おすすめの本は、渡り鳥たちが語る科学夜話、です。
こちらの本はですね、あ、失礼いたしました。
著者が禅拓樹さんで、朝日出版社さんから刊行されています。
これはですね、本が第2弾というふうになっていまして、第1弾が銀河の片隅で科学夜話という本が出ております。
これがとても科学のお話をしているんですけれども、本当に詩のように美しい語りになっていて、
特にサイエンスとか興味ないよという人でも面白く読めるということで、第1弾がとても話題になった本でした。
その第2話ということで、この本も出ております。
月とブラックホールの話ですとか、これも本当に読んでいると科学のことが色々わかってくるんですけれども、
不思議とその科学の本を読んでいるというよりは本当に詩を読んでいるかのように美しく楽しめるものになっています。
今本当に色んな社会の問題もとてもたくさんあって、そういったことから目を背けてはいけないんですけれども、
なかなかそういう情報ばかりだと疲れてしまったりするのかなと思ったりします。
長くそういったことに付き合っていくためにも、逆にバランスを取りながらいろいろなことを考えたり楽しんだりしていくこと自体に、
罪悪感を持たなくていいんじゃないかなと思っています。
本好きで今までそんなにサイエンスとか興味なかったよという方も、ぜひこの本は楽しんでいただけるのではないかと思っております。
今日のおすすめ本は、渡り鳥たちが語る科学夜話。
全拓司さんで朝日出版社さんから刊行されています。
02:35

Comments

Scroll