1. 移住後の働き方戦略室ラジオ
  2. こんな事業考えてます「会える..
こんにちわ!
東京から淡路島に家族で移住してライターやブログ運営をしたり、古民家を直したりしているコバヤシです!

この番組は地方移住の経験談と移住後の仕事や稼ぎ方について試した結果をシェアする移住後の働き方戦略室ラジオです


地方移住の進め方だけに焦点を当てて徹底解説したKindle本
https://amzn.to/33YDRgj

Twitterはこちら
https://twitter.com/koba_iju/

ブログこちら
https://iju-kobayashike.com/


#田舎暮らし #淡路島移住 #地方移住 #脱サラ #子育て世代 #フリーランス #地域おこし協力隊 #田舎 #田舎生活 #限界集落 #ブロガー #レター募集中 #移住
地方移住の経験談と移住後の稼ぎ方を発信中!

WEB⇛https://iju-kobayashike.com/

https://listen.style/p/koba_iju?gQRKsiDc
https://stand.fm/channels/5ffa5601fc3475e2c8593028

Summary

小林さんは東京から淡路島に移住してきました。現在、島秘書事業を考えています。彼女は自身の経験を活かし、オンラインでできる秘書業務を提供し、地域の中小企業や個人事業主をサポートすることを目指しています。彼女は出張サービスによって提供できる範囲を広げることで、価値を感じてくれるお客様から対価をいただくことができるかもしれません。彼女はサブスク型のサービス設計を行い、月額プランや出張サポートを提供することで、安定した収入を得ることができる見込みです。

島秘書事業のアイディア
おはようございます。東京から淡路島に家族で移住して、ライターやブログを応援したり、公民館を直したりしているコバヤシです。
今日はですね、今考えている島秘書事業みたいな話をしたいなと思います。
自分の事業の叩き台みたいなもんですかね。こんなことがやれたらいいなぁみたいな話をしたいなと思います。
アイディアメモみたいな感じですかね。
Twitterでちょっとつぶやいてみたんですけど
風呂入っている時に短編的に思っていた内容で、アウトプットする機会が
実家にしばらく帰っていて、なかなか声に出してアウトプットする機会がなかったので
今島に帰ってきたので、その話をしたいなと思います。
島秘書事業ですね。会える島秘書事業みたいな話をしたいなと思うんですけど
イレイモンさんとかがオンライン秘書事業をやられている方がいるんですけど
僕も自身もオンライン秘書みたいな
秘書ってめっちゃ広いんだよね。やってることが。
器用は貧乏な僕にとっては意外と合ってたなと思って
秘書という切り口でいろんなライティングをやったりとか
運用支援をやったりとか、いろいろできるなと思ったんですね。
地域のニーズと課題
今回そういうことを言っていたら、島で秘書
IT系の秘書どうですかね。重要あるかなみたいなことをつぶやいていたら
実際に作ったばかりのポートポリオサイトの問い合わせから
秘書的なムーブしてくれるんですかね。みたいな感じで
お問い合わせいただいて、実際この前Zoom面談をして
実際ちょっと、カシベストを数件運営されている方から
今ホームページの運用が全然滞っていて
ちょっと私には難しいんだよね。
そういうのを定期的に頻繁に更新するから
そういうのをまとめてやっていただけると嬉しいですみたいなご要望があって
多分他にもやりたいことがたくさんあるみたいだったんだけれども
とりあえずホームページの運用というところを何とかしたい
更新したいんですけどみたいなところでご相談いただいて
こういうパターン結構あると思うんだよね。
僕の近所の知り合いの農家さんもそうだし
直売してるんだよね。やったりとか加工品やったりとか
あとは飲食店の方もやっぱり本業があるじゃないですか。
カシベストを運営するとか飲食店を運営するとか
っていうことをやりながらホームページの運用っていうのは
非常にやっぱり大変っていうことがすごく
常日頃そばで見ていて分かっていたので
今回カシベストの運用されている方についても
多分そうなんだろうなと思っていて
これって田舎だけじゃないと思うんだけどね
中小企業だったりとかってよくあるケースだと思うんですよ。
本業があって集客のホームページ運用とかって
できていないっていうのはよくあることだと思います。
ウェブサイト作ったりするのは専門業者にお願いしたら
いいんだけど運用をいい感じでやってくれるところが
多分ないのかな。島にいないから困ってるんだろうけどね。
やっぱりそういう会社さんって僕青島に住んでますけど
大阪とかの会社さんがしっかりやられている
ウェブサイト作っては大体おしまいなんですよね。
手離れがいいよね。そういうことが多いんですけど
運用ができないと意味ないんで
そういうところがあってしゃべれるのが
すごくありがたいっていうことをおっしゃってました。
僕も今回カシベストを運営されている方については
1回単連でお会いして困っていることをお伺いしてとかね。
あとこっちの法人さんの支援の運用支援をやっているときにも
全然話変わるんだけど会えてよかったですみたいな
会って話すとすごく学びが多くありましたみたいな
この会うっていうところが
オンラインに慣れていない方については
すごく会うってことは大切だ。
それだけでも価値があるってことだったのかなと思ったんですよね。
今回オンライン秘書としてやれることは
オンライン秘書の提案
ウェブサイトの運用とか画像の差し替えだったりとか
テキストの挿入っていうのはオンラインでできるんだけれども
お客さんの要望をヒアリングする。お客さんが要件を伝える場面っていうところは
それは僕らはZoomとかでも全然問題ないんだけれども
お客さんにとっては会って喋った方が楽。
すなわち価値を感じてくれるっていうようなことが
あるんだなーっていうのがすごく今回感じました。
今回会える姉妹秘書事業っていうところの
格になるのかな
会えますみたいなところが実は
当たり前なんだけど
コロナで会えるっていうのも当たり前じゃなかったな
って感じだと思うし
会うっていう価値を今一度見直したような出来事だったんですよ
僕にとっては最近の
会って喋ったことがね。
オンラインでできるような事業の作業だったり
たくさんあります。サブスク型の今回運用支援として
例えばまだヒアリング
ざっくり相談ができるよとかウェブサイトの運用だったりとか
IT周りですね。
ウェブサイトの運用が多いのかな。あとは多分
LINEの構築とかもあったりするのかな
そういうところがざっくり分からないみたいな相談が結構あると思うんですね。
予約システム入れないんだとかそういう話も結構よくあると思うんですよ。
っていうようなヒアリングの内容から
多分こういうようなことが
できるんじゃないですかね。これもできますよみたいな
支援メニューっていうのをサービスメニュー
の中から結構メニュー化して提案すること
これが多分できるのかなと思って要件定義をして
こういうことだったらこういうことができますよみたいな
多分
御社だったりとか
あなたがやりたいことっていうのは多分こういうことで
ってなるとこういうやり方があるんですみたいな
手段をちょっと明示してあげる。サービスメニューを提示してあげる
っていうことをやってあげて
できる範囲もあるしできない範囲はこういう風な
アプローチしていくといいんじゃないですかねみたいなご提案
まさに秘書的な感じで
その中から僕ができることについてはそこからコースを
こういう値段でどうですかねみたいな
こういう感じでやっていく
対面して
お客さんと対面をして何かやるというよりは
隣に座って別の
同じ方向に向かって何かできることを
お手伝いしていくみたいなそういう横に座るって感じ
隣の姉妹秘書とかいいかもしれない
会える姉妹秘書は対面感があるから隣の姉妹秘書みたいな感じが
もしかしたらいいかもしれないですね
そういうのがいいのかなと思いました
今回姉妹秘書は田舎ですよね
オンラインで普段はできるんだけど
いざとなら会えるみたいな
出張サービスというのもありなのかなと思いました
多分ウェブサイトの運用とかもそうだし
実店舗運営されている方については
知り合いの飲食店でもやっていることなんだけど
Wi-Fiの構築とか何か調子悪いなってなった時に
自分で調べるの結構おっくいだと思うんですね
そうなった時にネットワーク通信速度が落ちている原因を
切り分けだったり
出張サービスによる価値提供
そのままWi-Fi止まってんだけどみたいな
障害の切り分けとかって
僕は別にできるから
そういうのをやってあげたら
めっちゃ嬉しいとまでは自分で言わないんだけど
多分ありがたいと思うんですね
お客さん実店舗経営されている飲食店さんだったり
菓子ベスト運営されている方については
そういうネットワークの話ってよくわからないと思うんですね
でも必ず問い合わせ先
ベンダーさんとかに問い合わせるっていうことをすれば
多分解決には導くんだけど
多分時間かかるんだよね
1回見に来てもらって
そもそも試してくださいって
ネットワーク系の障害って
ベンダーの気持ちもわかるから
これ試してくださいとか
ランプの状態どうなってますかとか
インターネット通じてますかみたいな
通信が疎通できてますかって確認された状態で
問い合わせ来たら早いんだけど
そういうのは現地にいない状態で問い合わせ来ても
わかんないんだよね
僕もすごいわかるから
ITシステムエンジニアでカサマサポートやってるときに
現地の様子がわかんない
正しく切り分けられた状態で問い合わせが来ないと
現地でそういうことができる人から
ITリタラシーがちょっと高くて
欲しい情報を詳しく切り分けた状態で
問い合わせしてくれたら早いんだけど
それはできるっていうのがいない
そこに隣の姉妹秘書として
実際に出張で見て
多分これ大本の
回線切れてますねとか
Wi-Fiの機器までは回線来てるんで
多分Wi-Fiの無線の部分が壊れてますねとか
信頼ができると思うんですね
そういうことが出張サービスによってできることが増えれば
そこで価値を感じてくれて
僕は対価をいただけるのかなっていうところを感じたので
サブスク型の収益モデル
こういうものを
例えば僕の収入としてはサブスク型がいいんですよね
都度都度見積もりとかだとちょっとしんどいので
あれかな
貸別層の運営されてた方も秘書として
会計室だったりとか税理士さんみたいに
月々の顧問料みたいな感じで払えると
こっちも頼みやすいみたいなね
いちいち請求書にやられても
都度見積もりとかってやりたくないっておっしゃってたんですよ
だから運用支援としてサブスク型のサービス
サービスレベルをしっかり定義してあげて
月4件ぐらいのお問い合わせで
レベル定義してあげないといけないんだろうな
例えばですけど
稼働に2時間以内で対応できる案件は
月4件まで対応可能ですとか
めちゃくちゃ結構大変
出張応援とか
いろいろいろいろいろいろいろいろいろいろいろ
いろいろいろいろいろいろいろいろいろいろいろいろいろ
出張を含む対応になった時には
月2件までです
それでコミコミ月額1.5万円ですみたいな
そういうプランだったら楽だと思うんだよね
そういうのが
いいんじゃないのかな
そういう感じでサービス設計をして
僕はサブスク型の報酬が入る
向こうは気軽に毎月相談できるとか
価値提供できれば
ペイしていただけるんじゃないのかなと思いました
そういうのが
どうかな
月1万
月5千円プランとか
月1件まで対応できますみたいな
エントリープランみたいな感じ
月5千円だとあれかな
エントリープラン3ヶ月限定みたいな感じで
その後月1万円プラン
月3万円プラン
フルサポートみたいな感じ
出張サポートも無限とか月10回まで行けますみたいな
そういうのがあってもいいのかもしれないですね
それを月1万とか月3万
サブスク運用支援のお客さんが
どうでしょうかね
5件取れたらそれで5万だし
月1万プランだったり
そういうお客さんが10社ぐらいあったら
それで10万円だから
サブスクの10万が作れるっていうのは
僕もその事業経営としては
すごく安定しそうですよね
単価はちょっと分かるんだろうね
月1万でシステム部雇える人件費はだっていらないもんね
3万はちょっと高い気もするんだよね
分からんな
人宿って考えたら20万だから
3万でも全然ペイできるのかな
いやーこの辺分かんないわ
この辺の経営センスが経験値足りなくて分かんないけど
そんな感じですね
これあれだな
コミュニティに相談したらいいんだよね
また次回の収録でお会いしましょう
バイバイ
13:06

Comments

Scroll