1. 余談ですが.fm
  2. 123(前半). ゲスト「しのゆさ..
2022-01-30 47:36

123(前半). ゲスト「しのゆさんと女装やコスメティックなどについて雑談」

はい。今回はゲストトーク第7弾(前半パート)と言う事で、chot株式会社でCTOをされている「しのゆ」さんにお越しいただました❗️

本格的に「女装」を楽しんでいらっしゃるしのゆさんに、醍醐味やコツ、思いなどをざっくばらんに語っておりますので、是非お楽しみいただければと思います😊


ではでは(=゚ω゚)ノ

しのゆさん
https://twitter.com/shinoyu

ちょっと株式会社
https://chot-inc.com

#雑談 #ゲスト #女装 #コスメティック #美容 #美を言語化 #お化粧 #化粧品 #パーソナルカラー #ゴスロリ #色 #ブランディング #ウェルビーイング #高専生
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/5e70dd5881d4e84e1ff1cab4
00:05
はい、皆さんこんばんは。株式会社ゆめみでチャレンジ取締役をしております、キースこと桑原です。
Web 業界のなんでも雑談室でようこそ。この番組ではWeb 業界に関すること、また様々な学びになるコンテンツを目指してお届けしていきたいと思います。
はい、今回はですね、2022年一発目のゲスト回となります。今回のゲストは、ちょっと株式会社のしのゆさんです。はい、しのゆさんよろしくお願いいたします。
はい、よろしくお願いします。株式会社でエンジニアをやっております、しのゆと申します。よろしくお願いします。
一応エンジニアはされてるんですね、本職的にも。
本職的にエンジニアですね。いろいろやってる感じですね。バックエンドもフロントもインフラも全部やるみたいな。いろいろ便利に使われてるみたいな感じなんですけど。
なるほど、なるほど。しのゆさんのツイートを見た感じ、激強な方なんだろうなって勝手に思ってましたね。
いや、経験長いだけですね。知識が怪しい感じなんですよね。だから最近ちょっと私も会社の中で、一応CTをやらせていただいてるんですけど、どんなか他の人が頑張って仕事を回してるわけで、私は何をしてるかよくわからない感じの人になりつつあるみたいな。
それはある意味でいい話で、ちゃんと回ってるってことですし、権限を渡したらみんなが自発的に動いてくれてるってことですよね。
そうですね。私は今、新規事業の開発のほうに突っ切りになっちゃってるので、それ以外の会社のキャッシュを稼ぐところの支度のほうは、他のメンバーが頑張って盛り立てていってるような状態なんですね。
なるほど、なるほど。ありがとうございます。僕がちょっと株式会社っていうのをしのゆさんの経由で初めて知って、あまり詳しくないのと、全然詩人の中でちょっと株式会社さんに過去いたとか、今いらっしゃるっていうエンジニアさんの知り合いがいないので、全然わからないんですけども。
そうですね。3期目の会社の社員はまだ10人ぐらいしかいないので、
結構まだまだ今からな。
そうですね。できたばかりでございます。ちょうど人を増やしたのが去年からなので、ようやく会社としての手を出して初めて来たかなみたいな。
いいですね。10人ぐらいだとまだまだ楽しい感じですよね。
そうですね。
ここからいろんな意見とかやり方とか考えが出てきて、チームをうまく分割しつつ仕方が出てくるなみたいな話があるのかなと思ってて。
はい。
いいな。僕そういう小さい会社に入ったことがなかったのでちょっと羨ましいと思ってて。
そうですね。私も初めて、この規模だと初めてなんで、ちょっとこれからどうてんやまやしていくかよくわからんみたいな。楽しみであり、ちょっと怖くもありみたいな感じなんですけど。そんな感じでございます。
はい。ありがとうございます。
この話もちょっと僕は深掘りをしたいんですけど、今日は全然違う話でお呼びをさせていただいたというところで。
とあるツイートでしのゆさんのいわゆる、これも女装と呼んでいいんですかね?
03:03
そうですね。一応世間体的に限界女装おじさんっていう名乗らせていただいているんですけれども。
その女装そのものに僕はちょっと興味が実はあって、したいというか、できるならワンチャンしたいなと思いますし。
大学時代に研究室の先輩の女性の先輩の方がいらっしゃって、1日顔をひたすらいじくられたりとか、ウィッグつけたり、つけまつげをして授業出てこいと言われて、面白そうとか言って出たんですけど。
めちゃめちゃ笑いものになったんですけど、新鮮な感覚だなと思ってて。
でも似合いそうなお顔をされてるような。
いやどうなんですか。若干まつげが人より長いから、目元はっきりしてるっていうのはよく言われますけど。
そんなこんなで、女装がちでやられてる方っていうのにお話が聞ける機会ってなかなかないなっていうので。
そんなところを聞いてみたいなと思ったんですけども。
話せる範囲であれば何でも話せるので。
やっぱりそうですよね。きっかけ的なものとか、忍さんが女装本気でやりたいって思った原点的なのがあったら、そこから深掘ってみたいなと。
そうですね。もともとは昔からやってたんですよ。
昔からやってたというか、昔やってたって感じで。
18歳ぐらいに上京してきたんですけど、その後20歳ぐらいの時に最初にやり始めてみたいな。
きっかけは当時は2チャンネルですよね。2チャンネルのオフ会みたいな。めっちゃ流行ったじゃないですか、あの当時。
っていうところで、そういう人に出会って、あれ別に男でも来ていいんじゃないかみたいな。
いいんじゃないかってところからちょっと挑戦したら面白くなっちゃったみたいなところが最初のきっかけだったんですね。
それぐらい2、3年ぐらいかなやってたのは。
その後ちょっと私が結婚したりとか何だかいろいろあってしばらく辞めてたっていう状態になって、またこういうことで始めたのは実は去年からなんですよ。
タイムリー?最近はですね。
まさにタイムリーだったんですね。
まあちょっといろいろうよ曲作ってありまして、そこはちょっとおいおいと話させていただければなと思うんですけれども。
まずやろうと思ったきっかけが、結構会社のブランディングとかによってくるのかな、もしかすると。
一応うちのバリューの中にダイバーシティっていうものがあってですね。
いろんな人が活躍できる会社にしたいねっていうところっていうのがありまして。
で、初期のLGBT運動みたいなのもあったじゃないですか。
ダイバーシティを体現するには何をしたらいいのか。
やったときに、これは女装ではないのかみたいな。
昔やってたしみたいな。
っていうところで、よくわかんないという感じで始めたりとかして。
それで急に女装して会社に行った社長が、「え、何やったの?」みたいな。
本当に前振りなんかいきなりやったんですか?
06:01
一応、前振りなかったですね。あんまりなくて。
もともと入社の時にコスメとか好きで集めてますみたいな。
出してたので。
そういう流れかなという。
一応、子出しには出してたと。
そうですね、子出しはしてましたね。
面白いな。
でも、とてもいい話だなと思いましたね。
会社もいろんな個性とキャラクターの人がいるんで。
そういう人たちがその個性を出したまま仕事をできるって本当にいいことだなと思うんですね。
そうですね。
というとこもあり、やっておりますという形ですね。
そうですね。僕今、女装も興味あるけど、一番やってみたいのはコスプレなんだよな。
近いっちゃ近いんですけどね。
コスプレも。
コスプレイヤーの方々の最近の盛り上がりを見て、「いや、ここにはいけねえな。」とは思いつつ。
ガチ勢がいろいろといるような世界なので、
あのクオリティまで達成すると結構大変だなという感覚がございますね。
ただでも楽しそうだなっていうのが本気であって、
自分のある種性癖かもしれないですけど、
趣味かもしれないし、出しづらい趣味だったのが今全然外に遠慮せず出せるようになってきたっていうのがいい文化だなと思ってて。
そうです。最近なんかそういうのもあんまりはばからなくなった。
私は20歳ぐらいやってたとき、やっぱりそういう人がいると変な目で見られるとかあったりとか。
あと、私結構高原市はゲイなんですけど、そういうのをなかなか言い出せなかったみたいな感じがあったりとかしたんですが、
最近はそういうのがなくなってきて割とオープンにしてる人が増えてきたなっていうような感覚がありますね。
なるほどですね。
僕もたまにお酒の場で過去の話はして、一時期だけ僕もゲイになったことあるんですよ。
実は中学校の時、ゲイだったというかたまたま好きになった人が男性だっただけで、
僕は普通に男性ですし、そういう性別的な何も問題はないんですけど。
本当に好きで告白して吹っ飛ばされたんですけど。
つらい?
それはそうなんですけど、その先輩は結構優しい人で、関係性は今まで通りにしてくれと言ってくれたのが結構ありがたかったですね。
っていう話もあるので、ちょっとだけわかるなっていう感じですね。
そういう話ももしかしたら後で深めさせていただくかもしれないですけど。
全然いいですけどね。
たまにこういうのを社内の飲み会とかで言うと結構驚かれたりしますよね。
はいはいはい。
そうですね。
あと女装を始めた経緯でもう一つあまり言ってないのが、言ってるのかわかんないんですけど、
09:01
もともと痩せたから始めたってところもあるんですよ。
へー。
2年、3年くらい前かな。
すごい太ってて、80キロ近かったんですよ。
今身長はいくつなんですか?
170キロですよね。
80キロ以上すると重いですね。
結構な太り方をしていて、健康診断で要検査がいっぱい並ぶみたいな、
育成脂肪やべーみたいなところがあって、
これはダイエットしないとやばいなというところがありですね。
始めて、大体1年くらいで20キロくらい落としたんですね。
おおー。
おおー、すごい。20キロって結構でかいですね。
結構食事をかなり制限して、
ただ仕事しててあんまり動く気がなかったので、食事制限だけしっかりしようみたいな。
管理をして落として、そこからダイバーシティの話があってやるみたいな。
せっかくやったしやるかみたいな気持ちもあった。
痩せると着れる服だってたくさんありますからね。
そうですね。
そうなんですよね。
服に、自分の体型とか体型を服に合わせるって結構面白いなって最近思ってて。
はいはいはい。
体型に合わせた服選びを最初してたんですけど、
いやそうじゃない、着たい服のために俺が合わせるっていうのが本当のファッションだろうと思って。
はい、いいこと言いますね。同じ意見でございます。
やっぱりね、外部のAPIってなかなか変わんないんで、
自分が行ったら使えるしかないみたいな。
いい例えだな。
まさにおっしゃる通りですね。
なるほど、どうぞ。
だから私も服選びのポイントが、着たい服を着るために体をどう絞っていくかみたいなやり方をしたりとかするので、
結構やっぱり細めの服を好んで着たいとかしますね。
そういう服の方がやっぱりお好みなんですよね。
そうですね。やっぱりフェミニンとかガーリーみたいな感じの服がやっぱり好きなので、
今日も若干フェミニンっぽい感じの服を着ているので、
結構かわいい感じだなと思ってみてますけどね。
っていうのをよく着ます。
やっぱり男性の服と、男の時代の服と比べてやっぱり楽しいんですよ。
形も色もいろいろある。
ものすごい数出てるわけですよ。
そう、おっしゃる通りなんですよ。
男性服ってだいたいもう色が、感触系がやっぱりベースになるし、
やっぱ肩幅とかちょっと大きいのでちょっとゴツめになってるとか、
女性の方はやっぱりシルエット的にもそうですし、色合いもそうなんですけど、楽しさの幅が全然違ってて、
僕好きな色とか、例えばチェック柄の服とか、
ここまでに買うんですけど、女性の方が明るさが増してて、見た目的にいいのに、
男性って暗いんで、いつも欲しくて買えなくて困ってて、
なくなく買わないみたいなやつですね。
12:02
幅が狭いんですよ。形もそうだし色もそうだしみたいなところがあって、
だから私は男じゃない時はもうぜひユニクロみたいな生活してましたね。
興味が湧かないみたいな。
その当時のユニクロさんは確かにもうほぼほぼ一定と言いますか、
あまり遊びがない感じだったので、今でこそいろんなコラボしたりとかしてるんですけど。
だからそういうのもあって、女性服楽しいなみたいなところはありますね。
なるほどね。
ちなみにここまで突っ込んで質問していいかわかんないですけど、
やっぱり体の形も絞りますけど、男性だからいろいろいわゆるツネ毛だったり、
毛的な処理もしたりするんですか?
そうですね。毛的な処理に関しては全身脱毛やってまして、
全部ないです。ツルッツルです。
僕はちょっとヒゲ脱毛しかやってないんですけど。
確かにヒゲやるとだんだん他のもいくよって言われたんですけど、
そんなことないやろうと思ってたんですけど、ちょっとやはり目が行き始めますからね。
ですよね。毛ないと楽ですよ。
ですよね。それも思っている。
だからもう全身の私はVIOとかもやってるので、
はいはいはいはい。
だからもうそういうところも毛がないみたいな感じですね。
でもいいな。いい話だな。
ちょっと興味があればやっぱあるんですよね。その辺。
全身までやるか?みたいなのが。
なるほど。
ちなみに、すいません。もう一個話変えてみたいんですけど。
はい、どうぞどうぞ。
ツネがすごく綺麗とか整ってていいなと思ったんですよ。
え?ツネですか?
はい。
やっぱそう、女性ラッサーと言いますか、形というのかな。
男性ってやっぱりこう、四角いと言いますか、あんま先長くないというか。
はい。
結構頑張って整えてる感じですか?
そうですね。これは意識して自分で削ってはいる感じですね。
ちゃんとネイルサロンとかそうすると行きたいなと思ってるんですけど、
なかなか行きたいフィールを使わずみたいな。
結構インスタで女性のネイルサロンとかの写真とか、
お客さんの写真上げていくと上がったりするじゃないですか。
はい。
すごい楽しそうだなと思って、
僕深爪だからなかなか行く勇気ないなと思って。
すごい単純に羨ましいなと思っただけなんですけど。
そういうとこ行くと整え方とか教えてくれたりとかするので、
一回試して行ってみるのはいいなのかもしれないですね。
はい。
私も行かなきゃなと思ってるんですけど。
一応会社の新卒の子が、男性の子なんですけど、
全然そういう女装とか興味あるわけじゃなくて、
単純にネイルをしてる子がいたんですよね。
はい。
僕もそれに感化されて、
マニキュアだけは実は何本か持ってるんですけどね。
最近やれてないんですけど。
メンズでもネイルされてる方とかちょくちょく見えるようになりましたよね。
うん。
やっぱり一回やるとどんどん気になってくるとか興味が湧いてくるんですよね。
15:00
はい。
エンジニア目線としては爪の保護ってすごい大事なので、
いや、わかる。
マニキュアを皆さん乗りましょうみたいな、
私は言いたいなと思ってます。
とっみなつでいいんでみたいな。
ありますし、
あとはやっぱり僕らはエンジニアなのでキーボードで仕事をするから、
やっぱり目に入ってるんですよね、本当はね。
なのでそこがいつもと違うとか、
ちょっとね、色があれだけで全然違うよなと思ってて。
ね、上がりますよね、そういうのあるときに。
はい。
そういう話をするとあまり共感されなくてちょっと悲しいなと思いながら。
いや、楽しいと思うんですけどね。
一回やってみたらわかるからって言うんですけどね。
そういうのやりだすと、
どんどん女性の店員さんとかの爪とかすげえ目がいくようになりましたね。
はいはいはい。
本当に可愛いときはついつい口に出してますよね。
その爪可愛いですねみたいな。
わかりますわかります。
私もね、可愛いって言っちゃってる。
見ると店員さんのやつ。
はい。
だからまあ、結構そういうとこに手をかけてる人って、
昔、私が見ていた頃よりかは、
より目につくようになったみたいな感じですね。
やっぱりやってみないと意識することがなかなかないかなと思うので、
そこで見てる世界が広がったなっていう感覚は伝わっておりますね。
わかりますわかります。
なるほどなー。
いやー。
人間ってファッションもそうですけど、
結局中心部分っていうか、
人が人を見るときって顔部分もしくは末端部分じゃないですか。
そうですね。
その末端部分にちょっとだけファッショナブルなリングつけてるとか、
ブレスレットつけるとか。
女性だったらやっぱり爪回りだったりだったりとか。
僕最近イヤーカフにすごく興味があって。
イヤーカフ、おー。
やっぱりアパレル店の店員さんって、
普通にリングとかいろいろな装飾品つけるんですけど、
イヤーカフがかっこいい女性の店員さんってついつい目がいっちゃうんですよね。
見ちゃいますよね、やっぱり。
服じゃなくて店員さん見ちゃうんですよね。
かっこいいなって思って見ちゃう。
私はこうやってるのはやっぱりかっこいいからなんですよね。
スッと絞られたからかっこいいなってところで、
そうなりたいと思ったりするし。
っていうのと多分感覚に似てるかもしれないですね。
そうですね。
他なんですけど、服飾品をしっかり着こなすというか、
服飾品に着られるじゃないんですけど、
自分の一部として飾り付けができてる方っていうのは本当に尊敬するなと思ってて。
イヤーカフいいと思いますよ、ぜひ。
リングもそうなんですけど、
僕は基本的にシルバーアクセはもともと大好きだったので、
見始めると永遠に時間が遂げていって、
どっかで飛べなきゃなって思うので、
意図的に見ないようにはしてるんですけど。
やると全然業務レベルで時間を割いてしまう可能性があるので。
なかなかね、それは入れ込み方がやばいですね。
18:01
そうなんですよ。
気に入った1個だけ買ったら、
一瞬でお気に入りとか全て消すんですよ。
それ以後他は見ませんっていう感じにしてます。
なるほど、なるほど。
買ったですし、
実際自分が満足するまでは探して、
満足してるのに他のを見る意味がないなって思って。
なるほど、合理的ですね。
今は見ないようにしないと仕事がやばいですね。
見てないんですけど。
そういう服飾品もやはり、
メンズとレディースって全然違うじゃないですか。
違いますね。
僕ね、華奢なデザインがやっぱ好きなんですよ。
分かる。
メンズのゴツさっていうより華奢の方が美しくないですか?
そうそう、美しいんですよ。
繊細自体が美しいみたいな。
包図が美しいみたいなとこがあって、
ゴツさより繊細さみたいなところに
やっぱり惹かれたいっていうのがあるかもしれないですね。
ですよね。
もちろん男性だから、
ゴツさがあるからこそ男性だったら出せるっていうのはもちろんあるんですけど、
僕はそこに興味がないなっていう感じですね。
かっこいいと思う対象がちょっと人と違うみたいなだけですよね。
違うよって感じですよね。
例えば文字のフォントとかもあるじゃないですか。
僕ね、細い線のフォントが大好きなんで。
いや、いいですもんね。
気が合いそうですね、そこはすごく。
JSAIRINFOってサイトご存知ですか?
JSAIRINFOっていうサイト。
全然別の話。
JavaScriptの記事サイトみたいなやつですけど、
Azさんって方がずっと運営されているJSAIRINFOってのがあるんだけど。
ございますね、はい。
このフォントとかめっちゃ好きなんですよね。
いいですね、細いですね。
細いければ細いほど洗練しているというか、
添い落とした感じがしていて、僕はそこに惹かれるんですよね。
やっぱり細い状態で視認できるようにするとやっぱりその辺の形だったりとか、
いろいろこだわるところがあるんじゃないかなと思うんですけど、
確かにこれは細いけどしっかり存在感があるようなパーツになってますね。
好きかも。
こういうのが好きで、本当はついつい見ちゃいますね。
僕はフォントエンドエンジニアをやっているので、余計に見るんですけど。
華奢なデザインというか。
さらにまっすぐじゃなくて流線形にちょっとウェーブしたような感じが
もうめちゃめちゃドストライカーなんですよ。
絶対メンズにないんですよ。
メンズないですよね、その形。
うそもなくてですね。
しゃあないんだよなと思いながらですけど。
レディースは割と見る形ではあるんですけどね。
見ますけど、今度は数が多いと幅が広い分、時間が溶けるんで見ないようにしてるっていう。
21:01
メンズ見てるよりかは時間が溶けていきそうな気がしますね。
いろいろあるし。
本当にそうなんですよ。
アクセサリー系は割とサイズが幅広くてメンズも買えるからいいんですけど。
服に関しては今の主流であるオーバーサイズの服以外は
ユニセックスの服じゃない限りはレディースの服着れなくてね、ちょっと悔しい思いをしてますね。
体型の話ってやっぱありますよね。
どうしたってそうなんですよ。
私の場合は運が良かったらこうなのかもしれないですね。
僕は肩幅が合ってしまったために身長が179cmとかあるので。
思ってたよりも高いんですね。
ちょっと背が高めなんで。
子供の頃からバスケットをしていて。
親父はサッカーで、爺さんは野球で、全員バラバラなんですけど。
よくスポーツをやる家庭の中で育ったので。
余計にレディースで言えるサイズと言っても全然ちっちゃいなっていうのがあるのでね。
その身長でバスケットボールしていたら肩幅だとなかなか合わなかったりしますよね。
最近ユニセックスの服っていうのを出し始めてたりするじゃないですか。
GUさんとかがやってたような服があるんですけど。
メンズでも着れるレディースの肩の服みたいなのがあったりとか。
あとは最近オーバーサイズとかが流行っているので。
そういう意味で着れる服は増えているような感じはありますよね。
だから結構世間的にユニセックスに各社が力を入れ始めているような空気が出てきているかなと。
コロナがもう一つ原因だと思っていて。
やっぱり店舗に行かなくなってオンラインで買って間違いがないと大体オーバーサイズなんですよ。
確かに確かに。
基本的には。
結局着てみたいと試着しないと分からないのが出てくると思っていて。
私だけじゃなくて本当に自分が着ないとやっぱり違うじゃないですか。
モデルさんは所詮モデルさんが合うように着ているからそれは違うよって話なので。
着てみなきゃ分からないっていうのが服の困りどころではありますよね。
困りどころなんですよね。
私も買ってはいる。
海外の中国だったかな。
自分の3D的なものをすでに作っておいて、
オンライン上で着せたやつを自分が見て回してみて、
ああ違うこれ落ちるみたいな。
素晴らしいですね。
海外は結構、
しかもレジもその辺の店員さんがすでに持っているタブレットそのままパパッと決済しちゃうとかなので、
結構中国はそういうEC体験が高いらしいですね。
聞いた限りでは。
やっぱり新しい技術導入とかもそういう動力ですもんね。
楽したいっていうのがあるんじゃないかな確かに。
24:00
せっかくVRできたんで、
もっとそれを拡張していけば全然もっともっと見やすくなると思うんですけどね。
そうですね。そうすると買ったけど会わなかったみたいなね、
泣く人がいなくなるんじゃないですか、私みたいに。
会わなかった時のショックはデカいですよね。
デカいですね。
その時は人にあげたいとかするんですけどね。
はいはいはいはい。
いるって言ったらじゃあ持ってくれって言って渡したりとかするんですけど。
でもあれじゃないですか、篠井さんの場合は奥様にあげればいいんじゃないですか。
妻もね、サイズ感が最低でしたんですよ。私と。
はいはいはいはい。
170あって肩幅も同じくらいなんで。
おーなるほど。
逆に私が買った服は妻も着れるみたいな。
妻が買ったやつは私も着れるみたいな。
めちゃめちゃいい関係ですね。
そうですね。
ちょっとまたファッションの話に戻っちゃうんですけど、
結構いろんな服を試してはこれが合う合わないみたいなやってた時期があって、
当然お腹めちゃくちゃ噛むんでお金すごいかかるんですよ。
分かる。
だってさすがにちょっとお金使いすぎて妻に怒られて、
もう買う時は2人で着れるような服を買えと。
いうところになり、最近はそういう感じに妻も着ている服もちょっと買えるようになりましたね。
いいな。夫婦間で服をシェアし合えるってめちゃめちゃ理想だなと思ってて。
僕個人としてはですけどね。
理解のある妻でよかった。
妻でよかった。
そうかもですね。
妻は無理なんで。
原因なんだけど、もともと女性、もともと両方いけるタイプだったんですよ。
今の妻と付き合って結婚したってのもあるんですけどね。
本当にそうですよね。ご理解があるとってことですよね。
だって本人実際どう思ってるか分からないですけどね。
でもしっかり選んだってことは受け入れることを決めたんでしょうねってので、
めちゃめちゃありがたい話だと。
そうですね。私本当にありがたいですね。
すごく羨ましいな。
妻はちなみに全然IT業界でない方なんですか?
ではないですね。
デザインやってて、それを仕事にはせずに趣味でとどめてるみたいな感じの人ですね。
デザインってウェブデザインですか?プロダクトデザイン?
グラフィックだったりとか、あとは小物とかのデザインみたいなのが多くて、
今スマホカバーとか私使ってるんですけど、これ妻がデザインしたんですよ。
あとは結婚指輪は付け付けてないんですけど、
結婚指輪を妻がデザインしたんですよ。
こういう形の、見えにくいなこれ。
結構ゴツめですね意外と。
そうですね。大きいやつで、掘ってるところを妻がデザインして作ってもらったんですね。
いやー、センスあるな。
27:01
っていう感じのことをやってる妻ですね。
いやー、何度見ても黙ってるのはどっちが奥さんか分かんないとか言われそうだな。
どうでしょうねそれは。
なるほどです。
そっかそっか。
今からもし助走するとしたら、どっから入るのがいいんですかね。
そうですね。
目からですかね。
っていう話は一旦トータルでやってみるのが一番いいのかなと思って。
結局そこが早いんだ。
やってみるの分かんないですよやっぱり。
なるほど。
やっぱり人間の経験があるところからでしか最適解って出せないと思うので、
一旦経験をしてみるってところ。
一応東京でも助走サロンっていうお店があってですね、
そこでフルメイクして衣装もやってくれるみたいなところが何箇所かあるので。
へー。
新宿と中目黒にあるのかな。
いい情報だ。
あるので一回試していってみるといいのかもしれないですね。
うん。
どれくらいだろうな。
結構だから2万くらいしますね。
予想より低かったですね。
ガッツリやると5万くらいいくのかなと思ってたので。
大体2万くらいが多いですね。
お店とコースによるのか。
そうですね。
写真見るとちょっと面白いな。
本当にやってみたい人がガチでやってみたけど、合わねえだろうみたいな人がいてちょっと面白いな。
そうですね。
一つ一つの経験としてやってみるみたいな人が結構多いんじゃないかなと思ってたりするのと、そんな感じかな。
でもいいな。
こういうのがあるんですね。
いい情報ですね。
あんまり一般的に知られてるわけじゃないんですけど、そういうのがあったりしますね。
これは貴重な情報でございます。
マジやったらどうしようかな。
写真を今のツイッターアカウントで上げるのはちょっと違う気がするので。
まあいいのかな、わかんない。一応肩書きがあるうちはあんま遊ばないほうがいいだろうという、命じてるんで自分に。
でもこの業界、助走してる人多くないですか?
意外といますよね。
なんかいるんですよね、IT。
一番有名なの、ちょっと名前が忘れましたけど、PHPカンファレンスで必ず助走する方やったらしいんですか?
配信系のガチな人ですけど。
結構いるんですよね。
私の知り合いでもエンジンがやってて助走しますって人結構知ってるので、他の職種より優位に多いんじゃないかなと思ってます。
私が以前つぶえたんですけど、どこでこの助走してるエンジニアが生まれるんだって調べたときに、
30:06
だいたい助走してる人より高いのが甲先生なんですよ。
甲先生すげえ助走してるなっていうイメージがあって、
それをツイッターにつぶえたら割といい音がついてだいたい合ってるみたいな。
そんな気がする。
甲先生は助走コンテストやってたりとかするらしいんですよ。
そこで遊びに行ったはずがズブズブと神にハマっていくパターンの人が多いんじゃないかなっていう気がしております。
甲先生いいな、楽しそうだな。
甲先生は、何でしょうね。
いわゆる規定路線っていうのかな、わからない、レール的なもの。
日本ならではのレールがあるじゃないですか。
小中高大っていう一般のじゃないレールを歩いてるので、かなり楽しそうだよなっていつも思ってますね。
そこのレールに馳せている分、常識にとらわれすぎないみたいな。
柔軟な発想があるみたいなところがあって、だからこそ男が来てもいいんじゃないかっていう結論に達するのかもしれないですね。
ちなみにしんどみさんも甲先生なんですか?
いや、私は全くそういうのじゃないです。
なるほど。
甲先生って聞こえて、全国でも分母がかなり少ないので横のつながりが強いらしいですね。
みたいですね。
だいたいみんな知り合いが甲先生でつながりが合ってるみたいな感じらしいって聞いたことあるんですけれども。
何名か新卒の方が毎年来られるんですけど、最近特に毎年いるなって感じですけど、あいつねみたいな話をしてるので。
ゆめみさんはあえて都に行ってません?甲先生。
そういう面もありますね。
何らかのハズレがないって言ったらいいか悪いかもしれないですけど、本当に優秀なんですよ、甲先生って。
専門的な勉強をやってる時間が長い分それはそうだろうっていう話はそうなんですけど、とはいえです。
優位な甲先生ってすごい人が多いなっていうイメージがありますね。
御社も何名かすごい甲先生がいらっしゃるじゃないですか。もっと甲先生みたいな、若手みたいなやつがいるじゃないですか。
その話で聞くとちなみにしけちゃんとはどこで繋がったんですか?
しけちゃんとは普通にツイッターかどこかで、すげえ技術よくある女の子がいるなって思って繋がって、
タイミングがあったのでご飯行こうかって言って遊びに行ったら、そうだったみたいな。
おじさんと少年みたいな。
おじさんと少年みたいな。
歳ぶっちゃけ人回りどころか、しけちゃん2倍にしたら私の歳みたいな感じです。
そうですよね、たしかに。しけちゃんまだ10代だもんな。
33:00
そうなんですよ。
いまだに彼ですね、失礼する。
どっちなんでしょうね。
彼が10代であのスキルを持ってるの、僕いまだに疑ってますよ。
だってね、人生2週ぐらいしてる。そこらへんの信用は全然できますよ。やばいっすよ。
全然できますね。
3週目行ってておかしくないと思ってる。本人は否定されますけど。
そうですよね。
少なくともどっかで精神的な部屋に入ってたでしょうなという感じですけどね。
じゃないとあれだけの歳でスキルは身につかないですよ。
そうなんですよね。
純粋なんかすごいなっていう尊敬しかないですね、しけちゃんに関しては。
はい、なるほどね。
まあでもそうですね、しけちゃん一等に弊社のそうですね、後戦戦だいたいみんな優秀だよな。
ね、優秀ですよね。
去年か一昨年のでも後戦中退したっていうメンバーが来た時はちょっと笑いましたね。
代表がなんか一本釣りしたって言って。
それは分かったけどじゃあよろしくって投げられた時にはどうしようかなと思って。
僕の14個したかな確か。
いきなり一回り以上したって言われてどうしようかなっていう。
もう14個したらやっぱり見てきたものとか分布が違いすぎて。
僕の考え方とか習慣とか通じないんでしょうねって思って。
何を喋って繋がればいいか全然分かんなかった。
いや本当です。
そこがありますよね。
まあ同じエンジンだったら技術の話をするしかないなっていう。
そうそうそう、そこしかないなと思って。
エンタメ系は100%外れるので。
聴いてきた音楽とかも全然違うんですよね。
僕は例えばジュークとか。
バンパー無用で全部やられたんですけど。
天体観測出たばっかりですよみたいなとこから。
結構世代がね。
結構大事な世代一緒ですね私とおそらく。
なるほど。
僕ギリギリ昭和生まれなんですよね。
私もギリギリ昭和生まれです。
本当に近いですね。
私今年で36位なんですけど。
一個違いでしたね。
35位になりました。
昭和62位ですね。
なるほど。
ひとつだけ増えましたね。
思ったより近かったですね。
ちょっと嬉しいから見ると。
同年代の人がいるとちょっと嬉しくなりますよね。
はい。
でもしのぎさんもそういうメイクとかもちゃんとガッツリされてるんで
思ったより若く見られるんじゃないですか。
他の方にも。
そうですね。
多少若く見られることが多い。
うんうんうん。
私としてもちょっと40、50ぐらいまでこの見た目を維持したいなっていう。
いけるんじゃないですかね。
っていうところで今頑張ろうかなと思ってます。
そうですよね。
ここからは年齢との戦いが始まるので。
もう始まってるのかな。
そうそうそう。下り坂ですよ。我々。
そうですね。
30折り返しかっていうのはちょっと意外ですね。
30折り返しかっていうのはちょっと意外。早いなと思ってますね。
そう。老化に抗わないといけない年になってくるので。
36:02
まあでも40からまた新しい人生みたいな感覚だと思うので。
うんうんうん。
なるほどなあ。はい。
分かりました。そっかそっか。
話を戻すとまずは全身でやったらいいんじゃないのって話ですね。
そうですね。
やって試してみて、ちょっと検証して、また改善点を探していくみたいな。
うんうん。
仕事と一緒っすね。
まあ本当そうですね。
自分にしてもそうではと思いますけど。
まあでもそうですね。仮説と検証と次のプラントみたいな。
はい。PDCひたすら回すしかない。
ということですよね。
私も結局それで何とか今に至るみたいな感じなんで。
最初はちょっとひどかったですよ。やっぱり。
そうなんですか。
全然メイクできないし。
メイクは練習絶対いるよなあ。
そうですね。
今は全然まだ納得いってないので、日々何かそう。
仮説と検証、仮説と実行検証の繰り返しですよ今は。
めちゃめちゃおきれいにできてると思ったんですけど、やっぱ違うんですね。
理想にはね、届かないんですよ。
ゴールは先だなと思いながら。
なるほど。
でも結構やっぱ女性の方もそうみたいですよ。やっぱり話した人。
みんな納得せずにひたすら何かね、改善しながらやっていくみたいな。
やってる人が多くて。
いや、すごいなあ。
全国の旦那さん、ちゃんとそこを理解して褒めてあげてくださいねって。
あげてください、本当に。
本当に思ってる以上に努力されてますよ。
意外となんかやってみてわかったんですけど、ちゃんとするとすげえ時間取られるんですよ。
ですよね。
本当に日々の生活でもちゃんと見出し並みをきれいに整えるためには、
それなりの手間暇とお金を投資しないとならないなっていうのが実際に体験してしまったので、
世間の美人な人たちはこういうことをずっとやってるのかって思うと頭が上がらないですね。
なおかつメイクだけでやるの限界があって、
本当日々の生活習慣であったりケアもあった上でのメイクなので、
裏の見えてない時間のかけ方は相当すごいと思うんですよね。
ですよね。
だから女性の職人に行った時におごるおごらないって話があると思うんですけど、
男性はおごってあげてください。
ぜひおごったほうがいいと思いますね。
それだけの時間とお金を投資されているとかかけられているので、
あげたほうが仲良くなれると思いますよ、きっと。
だと思いますよね。
乱暴な言い方をすると男性は所詮ヒゲとって服を整えるぐらいでしょうか、髪型ぐらいな。
それもね、もうちょっとみんな小芸になれると世の中なんかもっといいんじゃないかなと思うんですけどね。
綺麗な男がいくらいてもいいんじゃないですか。
私はそれにとっても嬉しいですけどね。
割とメンズもそういうの増えてきましたし、
ハードルも下がってきたなという印象がありますね。
本当に最近だとそういうメンズメイクが出てきてますし、
39:04
昔に比べたらそういうのに気を遣う人が増えたんじゃないかなというような感じですかね。
僕も顔のケアだけは一応たまにサボってますけど、一応やってて。
やると朝と夜の寝る前とか、やると割と何十分の平然と時間過ぎるなと思うので。
毎日やってる女性は本当にすごいなと思いますよね。
本当にすごいと思いますよ。
その上で働きたい家庭のことをやらなきゃいけないなと言うと、
独身自体が本当に楽だったなって思ってます。
それは分かりますね。
家庭がいるとなかなか家族のことをやらなきゃいけないなって思ってます。
昔この仕事に集中できる時間が取れなくなったっていうのがあったりとかして。
家庭があると特にそうでしょうね。
ちょっと若干話が出てきちゃったんですけど。
まあまあ。
確かに。
まあまあそういう影の努力がありますよっていうお話でしたね。
ね。
はい。
じゃあちょっと女性の服の話に戻りますかね。
はい。本題に戻しましょう。
なんかお気に入りのブランドとかあったりします?
そういうのが気になってたんですよね。
そうですね。今だと妻が一緒に着る服ってことで、
妻が好きなアクシーズファームとかをよく買うんですけど、
ちょっと女性の服の話に戻りますかね。
はい。
そうですね。
妻が好きなアクシーズファームとかをよく買うんですけど、
ちょっと前まではアポレザリッシュとか買ったりとか、
あとはスナイデルとかリリーブラウンとかそういうのをよく買ってます。
あとジルスチュアートとか私結構好きで買うんですけど、
こういうフェミニン系の服がよく買う。
多いかなってことですね。
なるほどなるほど。
でもそうですよね。
最近だとちょっとファッションも変な方向に向き始めて、
ロリータファッションとか私やるんですよ。
何だっけ?
ロリータ系とか?
ではないですね。
純粋なくゴスロリーとか言われるタイプのロリータとか、
あの辺の分野の。
もともと私の入りがそこだったんですよ。
実は。
わかりやすい。
そっか。
イメージ的にコスプレではないんですけど、
変わった服を着てるみたいなところが始まったので、
原点に帰って最近そういうのもまた着てますね。
僕あれはもう手出せない領域だと思っちゃいましたね。
昔は結構流行ってたんですけど、
最近全然シャビになっちゃって、
服を売ってるお店自体がどんどん潰れてるんですよ。
そもそもやっぱ売れないでしょうね。
一般にはなかなか売れなくて、
昔着てたファンで成り立ってるみたいな。
42:01
そこにお金を落とす意味合いでも、
原点に帰ってそういうのを買い始めたのがあったりしますね。
僕はスポーツやってきたんで、
下半身の筋肉のブシブシが見えるから間に合わないなと思ってね。
そういうのを大好きで履いたりしても限界はあるよなと思っているので。
でも他の服を着て女装するよりかは、
出す面積が少ないので、ロリータとかは。
意外と男性でもやりやすいファッションではないかと思うんですけどね。
確かに肌の露出は少ないですね。
だいぶ着込むんで、露出は少ないんですよね。
ロング系のスカートの服装だったらありかなと思いましたけどね。
結構体型を隠しやすい感じの服になるので、
そういう意味だとやりやすいやつなんじゃないかなとは思うんですけどね、私としては。
ああいうのを着るとしたら全身真っ黒になるだろうなっていうイメージがすごく強い。
僕も興味の路線はそっちだなと思うので。
真っ暗真っ黒でかっこいいですけどね。
黒はね、中二病感もありますけど。
なるほどね。
今僕が好きなのはまさに幼児山本ブランドが好きなので。
ああいうゆったりみな感じの、もともとはカッチリしたフォーマルな服も結構好きなんですけど、
ちょっと疲れるんですよね。
たまにはゆったりしたいなっていうのがあるので。
最近世間的にゆったりの方が好まれるっていうのはありますよね。
ありますよね。
そういうので、結構ヒラヒラした感じだって僕結構好きなので。
はいはいはい。
なるほどね、ゴスロリか。
ゴスロリはちょっと覚悟を決めるな。
ちょっとそういう売り方を今後はしていこうかなと思って。
まあまあいいんじゃないかな、うちのCTOがみたいな話題にはなりますよね。
そうですよね。変に目立つかもしれないですけど。
なるほど。
ゴスロリを着る場合って髪色とか変えられるんですか?
私は結構このままだったりはしますね。
ちょっと髪巻いたりとかいろいろやったりとかするんですけど、
メイクも変えたりするんですけど、基本はそのままでやってますね。
結構髪が今すげえ手間かかってて。
かかりますかね。
かかりますね。今伸ばしてて、もうちょっとこの辺まで伸ばそうかなと思ってるんですけど。
そうなんですね。
今必死に毛を押しながら伸ばし中ですね。
髪がちょっとね、ロングヘアだけはちょっと僕は無理だな。
メガネかけるのでどうしても気になって仕方がなくなる。
世間的にそこまで長い長髪って男性もあんまりいい顔されないことが多いんで。
そうですね。
45:00
だから私普通にたまに男の格好しなきゃいけない時あるんですけど、
その時は後ろにローランドみたいな髪型をしてます。
ああ、はいはい。
そういう風に偽装してるんですけど。
後ろで縛るっていう体験はでもしてみたいんだよな。
なので伸びるまでの一気に伸びてほしいなって感じ。
中途半端な期間をどうしてもかっ飛ばしてほしいので。
そうですね。
時間かかるよな。半年から1年かけて伸ばさなきゃいけないだろうから。
ここがようやく1年経ったんですよ、伸ばし始めて。
ようやくこのくらい普通の男性の髪型がここまで伸びたんで、
多分希望の長さにするにはあと1年くらいかかるなと。
もうウィッグでごまかしたいな。
それが一番いいと思います、本当に。
コスパ的にも。
伸ばすだけだと言っても結局病院に通うんで、どうしたって。
そうですね。
僕は親の遺伝で白髪が半端ないんですよね。
半分くらい染めてるんですよ、毎回毎回。
大学生の頃から染め始めましたね。
急に金がかかって仕方ないなって。
白髪とかも根元の方が白くなってくるじゃないですか。
結局染めなきゃいけない。髪染めてる人だいたい一緒なんですけど。
そういう意味では定期的にいかなきゃいけないし、
その分お金もかかるんでっていうのもあったりはしますよね。
そうなんですよね。
伸ばすのって結構いろんな意味の覚悟とお金必要だなっていうのがあるんでね。
なかなかできないと思います。
そうですね。
ちょっと盛り上がってるところなんですけども、
一旦ここで区切らせていただきたいと思います。
私がサムFMの放送の上限時間っていうの忘れてました。
60分までなんですよね。
これしたら60分全然超えてしまって、思いもっかく盛り上がってしまったので、
一旦ここで区切って前半パートとしたいと思います。
ちょっと突然だったんですけど申し訳ないで。
後半に続きますので後半も楽しみにしていただければなと思います。
では前半はこちらで以上としたいと思います。
バイバイ。
47:36

Comments

Scroll