1. ごシュウ笑ラジオ
  2. ずっと第0回みたく続くシュウ..

デフォルトのたいきくんと2人で収録の4回目

口約束の話から、いい悪いの話へ一旦流れ、

「個別の課題に目くじらを立てると逆効果」って話へ…

作用に対する反作用とも繋がってる感覚


たいきは常にカッコつけていたい:https://open.spotify.com/show/771IJ159PoZITNCmr5NXQf

シュウとショウの未知の理への道のり:https://open.spotify.com/show/1GFeAGYHK7YdJOwfzjcEwS


収録日:3月29日


#シュウ笑

#樋口塾


シュウの放すラジオ:https://anchor.fm/sakashushu


ご意見、ご感想、ご質問等、お気軽にどうぞ

メール:goshushoradio@gmail.com

思い込みについて
Speaker 2
前回からの続き。
違うものではない。
でもね、そこが違わないよっていう話をしたいわけじゃないんだよね。
いや、その要素がゼロじゃないんだけど、
なんかそんな風に、どっちかっていうと、思い込んで、
あると思っているものは実はないよっていうことを言いたいんだよね。
感覚的な話なんだけど。
Speaker 1
違わないよっていう話じゃなくて、
Speaker 2
違わないよっていう要素ももちろん含むんだけど、
やばいな、これ。
やばいね。
Speaker 1
まあでも、はい。
違わないよっていうのは一旦置いといて、
思い込んでる。
思い込んでることに対して。
Speaker 2
うん。
それって、
結構ただの思い込みだよねって言いたい気分の方が、
強くて書いた気がする。
Speaker 1
思い込まない方がいいってことですかね。
Speaker 2
それは分かんないんだよな。
思い込んだ方がいいときもあるし。
良い悪いについて
Speaker 1
思い込みだよっていうことに気づいた方がいいってことか。
Speaker 2
いや、ごめん。良い悪いは俺全く判断してないね。
Speaker 1
ほう。
Speaker 2
その、良い悪いってさ、何かに対してっていうのが必ずいると思ってるんだよね。
これちょっと別の種類の話なんだけど、
何に対して良い、何に対して悪いみたいな風に思ってるのね。
Speaker 1
はいはいはい。
Speaker 2
そういう意味では自分にとっては良いっていう風に言えるだろうけど、
その意識はあんまりなくて書いてるし、今喋ってたっていう感じ。
自分の、この今こう進めてるやり方自体が、
自分の頭の中を言語化して、
宝具みたいな、仏教でいう宝具みたいなものにして残したいっていう自分の欲求に沿ってることを進めてる。
だけだから、
何かあんまりこの方が良いっていう、
感覚としてこの方が良いって自分個人的に思ってるっていうのは、
あえて言えなくはないんだけど、
それはこの書いてる全部に対して言えるかな。
うーん。
自分が持ってる。
あんまりでも良いっていうことそんなに意識してないからね。
自分の持ってる感覚を書いてる。
Speaker 1
へー。
Speaker 2
良いっていうのを意識してない。
あんまりね。ゼロじゃないよ。それも程度だから。
Speaker 1
それは、他者にとっては良いっていうこと、良い悪いじゃなくて、
っていうことじゃなく、自分自身にとっても良い悪いじゃないってことですか?
良い悪いを意識してないってことですか?
Speaker 2
自分、いや自分にとっては全部が良いことなんだろうと思うのね。
ほらさっき言ったみたいに。それで言うと全部良い。
Speaker 1
それならなんとなく。
Speaker 2
あーはっはっは。
わかる。
Speaker 1
ごめんごめん。
Speaker 2
それならなんとなく。
単なるね、言葉じりの話なんだけどね。
うーん。
意識の中にあんまり良い悪いがない。
どっちかっていうとここでさっき言った口約束の話から出てくるのは、
この方が良いよっていう意識じゃなくて、なんかこの方が良いみたいな表現するとさ、
みんなにとってみたいなのが自然にこう、
みんなの枕言葉として勝手についた解釈されそうなのが怖かったのかもしれないね。
Speaker 1
うーん。
自己動機について
Speaker 2
良いっていう表現を避けたかったの。
Speaker 1
みんなにとって。
そうですね、確かに。はい、すいません。
Speaker 2
いやいや、何も悪いことない。
Speaker 1
僕も勝手に自分自身だけで考えてたんで。
Speaker 2
あー。
Speaker 1
みんなにとってって。
確かに。
Speaker 2
いやそれも自分の中の感覚だから。
みんなにとってって全然つかない人もいっぱいいると思うけど、
ビビってそう思っちゃったっていう感じ、どっちかっていうと。
Speaker 1
ちゃんと会話できてる感があってなんか気持ちいいですね。
Speaker 2
あ、本当?あ、良かった。
Speaker 1
なんか一個も縄々にせずゆっくりだけど進めてる感があって。
Speaker 2
それをやりたかったね、ずっとそれをやりたいのこの番組で。
たいきくん。
特にたいきくんとね、俺はこっちの勝手な欲求なんだけど、
それがねずっと前からやりたかった俺。
未知のりで来てくれた頃から。
Speaker 1
じゃあなんか良かったです。
Speaker 2
うん、すげー嬉しい。
Speaker 1
いや僕も今心地いいです。
なら良かった。
Speaker 2
でも何喋ってたんだっけな。
そのいいっていう言葉に引っかかる前から。
Speaker 1
えーっと、えーっと、なんだっけ、
思い込み?思い込み。
Speaker 2
そうだね。
Speaker 1
思い込んだ方がいいか、思い込まない方がいいかって言って、
良い悪いじゃないよってなったんですね。
Speaker 2
そう、そもそも良いか悪いかは後回しにしてもいいと思ってて、自分の中では。
そもそもそれに気づいてない人が多いような感覚を持ってるから、
きっと自分の中では、
いろんな人にもっと気づいてもらいたいという欲求はあると思う。
それは、そもそもこれを自分がやりたいと思っているのが、
その、なんていうのかな、原動力としては、
世の中がたきつぼに向かう船みたいな、
こう危機的な状況な感じを自分が持っていることが、
すごく自分の生きるモチベーションというかさ、
これをやりたいっていう大きな動機でしょ。
生きるモチベーションってちょっと言い方が、
まあ要は、アウトプットが先っていうのに今後の人生は全員不利したいっていうような、
それをちょっと違う言い方で言っちゃったんだけど、
ものすごい強烈な動機が自分の中にはあるから、
それを要はするための、
みんなにとってはあんまり見えてなさそうに、自分から見たら感じること、
一つとして、こういう全ては本当は程度問題なのになー、
境界がなくてグラデーションなのになーっていう、
そういう家賃とか雇用とかが、
そんな契約書がなくて口約束とかいう状況もあったりして、
そもそもがそんな程度のもんなのになーみたいな、
それがなきゃないといけないとか、
それがあって当たり前みたいに思い込んでる人が、
それは思い込みだよっていうふうに気づいた方が、
世の中が滝壺に浮かぶ船のスピードが緩んでいきそうな気がして、
Speaker 1
それに役に立ちそうなことをここに並べていってるっていう感じかな。
なんとなく、この紫の点線が濃くなりましたね、僕の中で。
Speaker 2
おお、本当に?
この点線にしたものなんでだか忘れちゃったんだけどね。
Speaker 1
一旦実線にしようかな。
Speaker 2
そうですね。
ポッドキャストの始まりに関するトーク
Speaker 2
なんか変なことになっちゃった。
Speaker 1
なんだこれ?どういうこと?
Speaker 2
あ、僕が間違えた。
ごめんごめん、もうポッドキャストしばらくほっぽらかしになっちゃったんだけど。
すみません、すみません。
いや、ここはカットすると思う。
Speaker 1
はい。
これもいらないね。
あホント。
Speaker 2
じゃあ今のこの全ては程度問題と、
Speaker 1
境界がなくてグラデーション?
Speaker 2
これはある程度しっくりきたって感じ?
Speaker 1
そうですね、しっくりきましたね。
しっくりきたというか、大体わかるというか、しっくりきてるんですよね、この文字面だけ見ると。
Speaker 2
あー、そっか。
なるほどなー。
Speaker 1
このなるべくお金を使わない生活のお金から、さっきの口約束にてんてんてんて行きません?
あー、いや、あのね、この紐付けが本当は全部いろんなとこに絡んでるから、そこのやり方も難しいなとは思ってんだけど、
Speaker 2
本当はこれとこれも絡んでる、本当はこれとこれも絡んでるみたいな、どっちがどの大分類になるんだけど、
でも、そもそも言語化自体がね、無理矢理なものでもあるから、ある程度諦めるしかないかな、みたいな感覚で今は思ってんだけど、
でもそっか、そんなに気になることが今んとこ大してないっていう感じかな、たいきくんから見たら。
じゃあ、ここに向かう船。
個別の課題への目くじら立ての逆効果性について
Speaker 1
あー、でも個別の課題に目くじらを立てると逆効果。
Speaker 2
うん。
あー、はいはいはい。
Speaker 1
無理矢理解決しようとすると逆効果。
Speaker 2
うん。
そういう感覚があるのね。
Speaker 1
はいはいはい。
Speaker 2
これ、過去に何回か話したことはあるんだけど、州法で。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
あー、シュウ笑じゃなくてシュウ放の方だけど、シュウ会議の第0回か第1回?
Speaker 1
うん。
Speaker 2
でも、たいきくんと話したっけな?話してないか?
Speaker 1
いや、州さんと似たようなことは話したことある記憶があって、どこでかは覚えてないです。
Speaker 2
あ、ほんと。これを最初に話したのは、実はこれ配信ではなくて、
あのー、なんだっけ、州法の、州の話すラジオのディスコードができて、
インプッターの集いっていうのは。
Speaker 1
あ、そうだそうだ、伊沢さんとかがやったときかな。
うんうんうん。
伊沢さんと一緒に喋った記憶があるな。
Speaker 2
そうそうそうそう。そのときに最初に言ったことなんだよね。
Speaker 1
うんうんうん。
Speaker 2
みんなでいろんなこう、社会問題を考えましょう的な流れになんかなったんだよね、そのとき。
Speaker 1
はいはいはい、なりましたね。
Speaker 2
で、みんながこれはどうだこれはどうだっていろんなこう、個別の問題を出してきて、
それに対する解決策はどうだみたいなのを話す場にその場になっちゃって、
うん。
で、シュウの放すラジオの流れとしてはそれがすごい逆方向の流れに俺感じて、
Speaker 1
うん。
Speaker 2
それをみんなにその場でもちょっと伝えたんだよね。
Speaker 1
うんうんうん。
Speaker 2
だから、そういう社会課題っていう表現を自分でもしてるかもしれないんだけど、
Speaker 1
うん。
Speaker 2
個別の課題を解決しようとすると社会全体の課題自体は逆に悪化するって思ってる節があって、
Speaker 1
うん。
Speaker 2
うん。
あんまり適切な表現じゃないかもしれないけど、
あちらを立てればこちらが立たずみたいなのに近いものかもしれないんだけど、
うん。
そこだけにスポットが当たってるってことじゃない?個別の問題を考えるときって。
Speaker 1
そうですね。
Speaker 2
うん。
うん。
その意味で全体としてのバランスは逆に取れなくなるのが当たり前というか、
自然な流れっていう感じがあるのとか、
うん。
あとは、その、ここでも目くじらっていう表現をしてるんだけど、
はいはいはいはい。
その、課題が個別であることとはちょっとほんとは別かな?これは要素としては。
その課題に対してネクジラを立てるようなやり方をすると逆効果な感じがしてる?
感覚的な話だよね。
うん。
なんか、これもほんとはいろんな要因が複合的に絡んでると思ってるんだけど、
うん。
なんかに対してそれがダメって言うと余計それを意識するみたいなところとかない?
あー、あるかも。
これはあんまりその例として適切かわかんないけど、ちょっと思い出しちゃったから話したいんだけど、
うん。
チョコレート売り場でのトラブル
Speaker 2
アジュさんがね、最近配信で話してたことが印象的な話があって、
Speaker 1
うん。
Speaker 2
あれはどっちの番組かな?アジュさんも2つ番組持ってるからどっちだか忘れちゃったんだけど、
Speaker 1
うん。
Speaker 2
そのね、子供?
うん。
双子のお子ちゃまがいるじゃない?お子ちゃまじゃないかも、もう今大きいのかな?ある程度お子さんが2人いるでしょ?
うん。
そのうちのどっちかだと思うんだけど、なんかその日は、
今日は絶対買い物とかしないからね、何も欲しいって言っちゃダメ!みたいに言った日があって、
うん。
ちょっと、
Speaker 1
あー、聞いてないな。
Speaker 2
ほんと?細かいところ違うかもしれないけど、
まあとにかくそんな感じに普段よりも強めに、ダメだからね!今日は何も買わないからね!みたいなことを言った日があったらしいのね。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
で、そしたら、そのお店で双子ちゃんのうちの1人が泣いてて、店員さんがそのそばに立ってて、
で、もう1人の方の双子ちゃんの兄弟の方が、
うん。
あじゅさんに、
うん。
食べちゃったんだよーって、そのもう1人の方がね。
あー、はいはい。
そのお菓子売り場で、なんかチョコレート?
うん。
あの、多分マーブルチョコなんじゃないかなと思うんだけど、
うん。
うん。
なんか丸いやつだと思うんだけどね、確かこれも違うかもしれない。
でもその場で、
うん。
もうその、開けちゃってというか、
うん。
チョコを出しちゃって、食べちゃって、で、泣きながら口もごもごさしてたみたいな、
うん。
そんな話をね、ちょっと俺の話し方めちゃくちゃ下手すぎるんだけど、
うんうん。
そういう状況としてはそんなことがあったみたいな話を聞いて、
Speaker 1
うん。
逆効果についての考察
Speaker 2
その、強烈にダメっていう風に意識させちゃうと、
うん。
むしろ、その、食べたいっていう欲求は、逆に強まっちゃったんじゃないかなっていう感じを受けたのね。
うん。
その話を聞いて初めてそう思ったっていうよりは、常々そんな風にも思ってはいるんだけど、
うんうんうん。
何かを強烈にダメっていう風に言うと余計それが気になって、
やりたくてやりたくてしょうがなくなっちゃうみたいなことって結構あるなと思ってて、
Speaker 1
うん、あると思う。
Speaker 2
それに近い意識もあってこれ書いてる気がする俺。
Speaker 1
はいはいはいはい。
Speaker 2
別の課題に目くじらを立てると逆効果。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
うんうん。
なんかこれもまた、
Speaker 1
それは確かに、
うん。
逆に意識しちゃうっていうのは、うん、分かるね。
うん。
Speaker 2
で、これもね、またちょっと違う話なんだけど、
逆、変わらなかった。
あ、ごめん、大丈夫?続けちゃって大丈夫?別の話を。
Speaker 1
えーっと、うーん、まあはい。
Speaker 2
何も言えないので、何も言えないので、そうなのかなっては思ってるってだけです。
ごめんごめん、何も言えないのでっていうのが表現がすごい気になった。
Speaker 1
なんか本当は言いたい。
何も言えないっていうのは言いたいじゃなくて、思いつかないっていう。
Speaker 2
反論、反対意見が思いつかないから何も言えないっていうわけで。
Speaker 1
感覚的には何か反論主体的?感覚?
反論とまでは行かなくて、
それ以外は大体納得できるけど、これは今んとこまだ納得しきれてない。
理解もしきれてない。
理解?
うん。納得しきれてないっていう感じですね。
Speaker 2
あーほんと?
そっかそっか。
Speaker 1
うん。
社会全体としての課題について
Speaker 2
うん。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
オッケーオッケー。
えーっと、その、今日じゃなくても言えるようになったタイミングで言ってもらえれば。
言えるように。
出てきたタイミングとかでもいいし。
で、ただ今ちょっと続けようとしたのが別の例なんだけど、
だからそれは、逆効果かどうかも、これも程度問題だと思ってるんだけど、
うん。
あのー、なんかな、免許の公衆課なんかで聞いたんだっけな?
あのー、スピード違反の取り締まりとかがあるじゃない。
うん。
で、あースピード違反じゃなかったかな。
事故、事故の話だったかな。ちょっとどっちか曖昧です。すいませんこれも。
はい。
曖昧なんだけど、とにかくその取り締まりを強化すると、
その、事故だったとしたら事故の件数が減りますと。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
で、だから、徹底的に強化していけばいいっていう話になるじゃない、その論理で言うと。
うん。
でも実際には、ある地点を超えたら、逆に件数増え始めるんだって。
Speaker 1
面白い。
Speaker 2
うん。
だからそれも俺程度問題だと思ってるし、自分の意識としてはさっき言ったみたいに強烈にダメっていうのを強めすぎちゃうと、逆な現象が起こるって思ったりもしてるのね。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
なんか作用に対する反作用みたいなものが世の中に必ずあるって、そういう話とも実は自分の意識、中では繋がってんだけど。
Speaker 1
うーん、なるほど。
Speaker 2
やりすぎちゃうとそれが自分に跳ね返ってくるみたいな、そんな感覚があって。
うんうんうんうん。
だから今俺は世の中がたきつぼに向かう船みたいにして見えているんだけど、その船を無理やり力で止めようとか、ブレーキをぐーっとかけようとかね、ブレーキはある程度はいいのかもしれないんだけど。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
そんな風にしようとすると余計、他のところで歪みが生まれたり、ひどいことが起こったりしそうな気がしてて、うん。
だから、もう本当にみんなが、みんなの意識が今の状況を俺は作り出してるっていう風に感覚的に思ってるから、うん。
みんなが心からそれをやめたいっていう風に思うっていう、そういう解決策でしか、この問題に関しては解決しようと思ってないのね。
Speaker 1
この問題?
Speaker 2
その世の中がたきつぼにも見えている、そのスピードを落としたいっていう問題、落としたいっていうのは自分の欲求の話か。
その社会に課題があるという風に自分の目から見えているその課題、問題のこと。
Speaker 1
あ、じゃあその今は具体的にどの課題とは言ってない、どの問題かも言ってない状態で話し進めてますかね。
Speaker 2
あ、どの問題っていうか、個別の課題じゃなくて、社会全体としての課題っていう意味。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
その、俺の感覚として持ってるその世の中がたきつぼに。
Speaker 1
問題。はいはいはい、あ、わかりました。じゃあ、大丈夫です。
Speaker 2
その問題を解決するのに力で無理やり解決しようとしたら、
余計ひどいことになると思ってるから、みんなの意識が本当にそれをやめたいっていう風に思うなり、
うーん、そうならない方がいいって心から思う、そういう風な意識の方が程度として上回る状況になったら、
問題解決に向けた意識の必要性
Speaker 2
そんなにすごいスピードでたきつぼに向かってるっていう風に感じられなくなる世界になるんじゃないかなっていう、そんな感覚を持ってるっていう話なんだけど。
Speaker 1
うーん、みんなっていうのはもう本当にみんなですかね。
Speaker 2
いや、それも程度問題。その程度が増えればいいっていうだけ。
Speaker 1
増えてきてる感覚はあります?
Speaker 2
うーん、まあそれは自分の活動によってっていうんじゃなくて、世の中が全体的にそうなりつつあるっていう感覚はある。
Speaker 1
それは逆効果だって思います?
Speaker 2
いやいや、だからそれは思わない。それもだからさっきの、なんていうのかな、目くじらを立てるみたいなものとか、力で無理やりっていう風に書いてるやつ?
そういうものじゃないと思ってるから、みんなの中で自然発生的にだんだんそうなってきてるって思ってるから。
Speaker 1
あー、それはいいのか。いいというか、それは別か。
Speaker 2
自分的には、いい悪いの言葉で言うといいと思ってる。
Speaker 1
じゃあさっき納得できないって言ってたやつが納得に一歩近づいた感がある。
Speaker 2
あ、ほんと。
Speaker 1
そう、目くじら立てるとか、そんな無理やり力でやろうとすると、やりすぎで逆方向に進みそうな気がするみたいな、そんな感じの話なんだよね、これ。
子供のYouTube依存問題
Speaker 1
はい。なんか、またちょっと話変わるかもしれないですけど。
Speaker 2
うん、全然。
Speaker 1
えーと、ちょっと誰かが、誰だったか、はちばんさんだったか、はやぶささんだったかがシェアしてくれた記事があって。
Speaker 2
ほうほうほう。
Speaker 1
子供が、YouTubeの依存気味になってて、なかなかYouTubeをやめてくれない。
Speaker 2
はいはいはいはい。
Speaker 1
1日何時間までだよーとか、もう見ないでねって言っても見たいって言って、話してくれないっていう悩んでる親が、
自分の子供に対して1日、何時間だっけ、2、3時間のYouTube視聴を義務付けて、
必ず、決められた時間は1日の間に絶対見て、その感想とか内容を報告するようにルール付けたんですね。
Speaker 2
勝てないで。
Speaker 1
そうすると最初はやったいっぱい見れるって言って喜ん、あーごめんなさいちょっと記事を全然正確に読めてないかもしれないですけど、
最初は喜んだけど、やっぱり苦痛になってきて、もう今はYouTubeをそんなに見ずに、それ以外の遊びで楽しんでるからこのライフワークいいよー的な記事を。
Speaker 2
面白。
Speaker 1
教えてくれて。
Speaker 2
それいいね。
Speaker 1
それとちょっと逆かもしれないけど繋がるかなと。
Speaker 2
うん、繋がると思う。
Speaker 1
思いました。義務付けたとか、それに集中させると、ちょっと嫌になっちゃった。
お子さんがね、何歳のお子さんっていうのもちょっと僕、記事を読んでないから、何歳かも覚えてないけど、それなりに意思疎通はできるぐらいの年齢でしょうね。
Speaker 2
いやー全然繋がると思ってる。さっき俺が力で無理矢理解決しようとするって言ったような、そういう義務になってくるとさ、無理矢理感が感じられるんだよね、自分の中で。
それはさ、なんていうのかな、取り締まりをある地点を超えたら逆に件数が増えたみたいな、自分の欲求っていうんじゃなくて矯正力の方が上回っちゃったみたいな、そんな風に受け取れたし、聞いてて。
やらないといけないわけだもんね、毎日ね。
Speaker 1
うーんと、正確に読めてないかもしれないけど、タイトルとちらっと読んだ感じではそんな感じでしたね、義務付けた的なことは、ちょっとまた後でその記事リンクを送りますね。
Speaker 2
うんうんうん、ありがとう。
まあそういう風だったとしたら全然繋がってると思ってるし、多分そうなんじゃないのかな、今聞いた限りではね。だから全然繋がってると思う、その話とも。
Speaker 1
なんか聞いてて思い出しましたね、これを。
Speaker 2
だからそこにはすごく俺も気を使ってるつもりで、以前はね、だから結構そこにね、矯正力っていうか、なんかこう、正義感なりべき論のべきみたいなのとかを自分の中で持ってたんだよね。
以前は、なんかそういう正義感みたいな感覚で、みんながそういう風に動かないのは間違ってるとも思ってたし、こうするべきだみたいな感覚で動いてたから、
Speaker 1
あーはいはい。
Speaker 2
コテンラジオ聞き始める前だね、は自分が勝手になるべくお金を使わない生活をやってるって思ってたけど、もっとみんなこれをやるべきだと思ってた。
うん。
自分の感覚としては。
うん。
でもそれは逆効果だって今は思ってんのね。
Speaker 1
そう思うのが逆効果ってことですか?
Speaker 2
ん?
うーんと、そういう風に、なんていうのかな、自分はそう思って、それがいいと思ってやってるからいいんだけど、
自分でそう思って。
Speaker 1
お前もこうしろ、あなたもこうしろっていうのが逆効果ってことですね。
Speaker 2
そうそうそうそう。
Speaker 1
それはそうだ、それはそうだけどだし、みんなにこうそうやった方がいいっては思い続けて欲しいですね、しゅうさんには。
自発的な意識に基づく変化
Speaker 2
あー。
Speaker 1
しゅうさんにはというか。
Speaker 2
うん。そのなんかね、なんかこれまたちょっと違う種類の話も混ざってきちゃうかもしれないんだけど、
Speaker 1
うん。
Speaker 2
なんかみんな心の底ではそうしたくなると思ってるのね。
形はいろいろ違うと思うんだけど、その世の中が滝壺に向かう船にみんなが見えるかどうかは別として、
もしそう感じられたとしたらみんなそれをいいとは思わないんじゃないかなみたいな感覚を自分持ってるから、
うん。
そこはその人にそう思って欲しいっていうよりは、その人もそのぐらいの視点というかメタ認知ができたとしたら自然にそう思いそうだなと思って、
でみんなの意識にアクセスしてる感じがあるのね。
Speaker 1
うーん、はいはいはい。
Speaker 2
でもそれだからみんなが自発的に思うことだと思ってるんだよね。
その無理やり外から俺が強制することじゃなくて、
Speaker 1
あー、そうするっていうのはなるべくお金を使わない生活。
Speaker 2
あー、形はわかんない、形はわかんないんだけど。
Speaker 1
じゃあ、滝壺に向かう船だとは自発的には思えないですよね。
Speaker 2
うーんと、その自発的には思えないかどうかもわかってないんだよね。
自分の場合これ自発的に思ったっていうことになるのかな。
Speaker 1
あー、自発的に思えることもあるのかな。
僕の感覚では、なんかその、今世界でこうなってる現状とか、
何かしらの情報がないと思えないんじゃないかなと思うんですけど、
自分が以前に比べて住みにくくなったとか暮らしにくくなったとか、
何かしら情報とか変化がないと思えないんじゃないかなと思うんですけど、
そうじゃないパターンもあるんですかね。
Speaker 2
うーん、まあパターンで言うと無限にパターンはあり得る気がするけど、
だから勝手にほっといてもみんな気付いていくかもしれないんだけど、
なんか自分もニッチもサッチも行かなくなってここにたどり着いたみたいな感覚なのね。
うーん。
自分の場合で言うと。
うーん。
一生懸命お金稼ごうとしてた時期もあるし、
Speaker 1
はいはいはい。
Speaker 2
いわゆるブラック企業と言われてもしょうがないようなところにもいたし、
うんうんうん。
それでもズタボロになってこれはダメだってなって、そこから降りて降りて降りてきてというか、
降りざるを得なくなってきて、いろんなものを降りて、
そうせざるを得なくなって自分ここに来たから、
なんかほっといてもみんなそうなるのかもしれないんだけど、
間に合うんかなーみたいな感覚があるから、
あるからちょっとでもその気づく手助け的なものに、
活動とバランス
Speaker 2
そういう素材的になったらいいなと思って修法を置いてる、
配信し続けてるっていう感覚なんだよね。
だから自発的には気づけないっていうのはちょっとわかんないんだけど、
まあ、
修法を聞いて思うのは自発的じゃない、じゃないというか、
Speaker 1
それは別に自発的とは思わないですね、僕。
Speaker 2
ん?俺が修法で話していることをそのものがってこと?
Speaker 1
あ、じゃなくて、を聞いて、あ、やっぱそうだなって思うのは自発的じゃないですよね。
Speaker 2
あー、その自分の体験と紐づいてなかったら違うと思うけど、
その聞いたきっかけで自分の体験のこれが、
それだったのかーみたいに思ったんだとしたら、
それはもう自発的って言っていいんじゃないかなみたいには思うけどね。
俺も多分そういうのを繰り返してきてるから、
いろんな人の話を聞いてだったり動きを見て、
あー自分のこれはこうだったのかって思ってきて、
それを繰り返して今の境地に来てるっていうところもあるから、
Speaker 1
そっか、そっか。
もう僕の自発的はもう完全に自分だけで練り出したものかなんかと勘違いしてました、じゃあ。
Speaker 2
でも完全に自分で練り出すなんてものはないんだよね。
Speaker 1
ですよね。だからないですよね。だから自発的ってあるのかなーって思ったんですけど。
あーはいはい、そういう意味ではないんじゃないかなーって思ってるかも。
Speaker 2
ですよね。
だからそういう意味ですごく気をつけてる、
その無理やり感が出ないようにって自分なりにはすごく気をつけてるつもりなんだけど、
Speaker 1
うまくいけてるかどうかまだ自信はないけど、意識としてはそう思ってるんですっていう感じかな。
全然聞いてて無理やり感はないし、
Speaker 2
あ、本当?
なんか逆にもっと主張していいのになって思います。
Speaker 1
ビビリだから。気をつけすぎるほど気をつけて石橋を叩いて渡る前に壊れるぐらいなタイプだから。
Speaker 2
表現方法なのか頻度なのかわかんないけどもっと主張していいんじゃないかなって僕なんかは思っちゃいますけどね。
Speaker 1
主張か。
あ、主張じゃないね。
Speaker 2
何が聞きたいんだろう、しゅうさんから。もっと具体的な何かを聞きたいのかな。
あーね、そこはずっと俺もね、あれなんだよね、さっきのそれこそ個別の課題を解決しようとしたら逆効果て自分で言っちゃってるぐらいだから、
あーこれはちょっとそれと直結してるかわかんないけど、
なんかね、これ話し始めるとまたちょっと風呂敷が広がりすぎて閉じなくなるかもしれないんだけど、
Speaker 2
行動をすること?具体的な行動をすること?が常にその裏腹感というか、なんだろうね、難しいねこれすっげー難しいな。自分の場合が特に一番難しい。
Speaker 1
具体的な行動をすることが常に裏腹感。
Speaker 2
これは正しいと思ってそれをやる、みたいな活動をすごく始めづらい人間だと思ってて、自分がね。
なんかいろいろとね、こう、わかりやすいことがあって、それに今も流されてきたし、今でもその流れの延長上ではいるんだけど、
例えば自然能がいいっていう風に思ってそうしようとしてきた時期があったり、マクロビがいいって思ってみたり、
それに近い感じでベジタリアン的なこととかお肉をなるべく食べないとか、自然な暮らしっていうのの意識の中でそういう風にしてきたけど、
今はそれもまた変わってきてるのね。変わってきてるというか、程度が行き過ぎちゃったと思って戻ってきてるというか、
そんな風にずーっとバランスを取り続けること自体、そういう抽象的な言い方で言うとそういうことをやり続けていきたいっていう欲求はあるんだけど、
具体的な活動を始めることの苦手さ
Speaker 2
そういう風に考えると、自分が何かに偏った具体的な活動っていうのをすごくしづらいタイプの人間だと思ってて、
だからこの…
Speaker 1
知ってないの?知ってるようにしか感じないんですけど、偏った生活をしてません?
Speaker 2
えっとね、あ、ごめんごめん。具体的な活動っていう表現がちょっとあれかな?
要は雇われをやらないっていうことに近いようなことを言ってるのかな?
雇われじゃなかったとしても、自分がこの宗法みたいに考え方を発信する以外の何らかの活動?
うーん、なんだろうね、あんまりこう、誰にも角が立たないような事例を挙げるのが難しくて今止まってるんだけど、
さっきもでももうね、すでに死んでるのとか何とか言っちゃってるんだけど、
そういう一個のことにこだわれないわけ。
Speaker 1
はいはいはいはい。
Speaker 2
具体的になるとっていう言い方がいいのかな?
抽象的な言い方で言うと、それはずっとやってることは変わってきてるけど、
常にバランスを取ってきましたっていう風には言えるわけじゃない?
そういう抽象的な表現のできる活動は続けられるんだけど、
そうじゃない具体的な活動を何かしら始めるのが苦手?
Speaker 1
始めたっていうのが苦手なんですか?
Speaker 2
あ、いやいや、実際に始めることが。
ポッドキャストだけはできたわけ、今回。
ポッドキャストで自分の考え方を発信することはできたんだけど、それ以外の…
Speaker 1
例えば、完全脳段棒っていうのは具体的ではないんですか?
Speaker 2
あー、だからそれも、ただやってみましたに近い感じなんだよね。
はいはいはいはい。
例えば極端だけど、完全脳段棒の…
Speaker 1
一生ではないってこと?
Speaker 2
そうそう、完全脳段棒の会を作って、そこに人を集めて今後進めていきますみたいなことは多分俺、
やりたくもないし、やらないし、向いてないというか、
さっき言う言葉で言うとそういうことをやるのが苦手。
うん。
っていう感覚があって。
はいはい。
だからこれは、もしかしたら大樹くんが言ったその、もっと主張していいのにって、
あ、主張じゃないっていう表現になったんだっけ?
自己表現とコンプレックス
Speaker 2
うん。
それとはちょっと違うのかもしれないんだけど。
Speaker 1
そうですね、なんか違うかもって思いながら聞いてます。
Speaker 2
ねえ、違うね、ごめんね。
いえいえ。
それをこう連想しちゃって、っていうのはそれができないことになんかコンプレックスみたいなのも自分持ってて、
本当はなんか分かりやすいことを始めた方がみんな反応してくれるように見えるんだよね。
Speaker 1
あー、そう、うんうん。
Speaker 2
そう。
Speaker 1
それはどうかわかんないけど、少なくとも僕はそれは望んでない。
Speaker 2
あ、はいはい。
Speaker 1
しゅうさんにそれは望んでない。
Speaker 2
あ、じゃあよかったよかった。ごめんごめん。
だとしたら、
Speaker 1
うん。
Speaker 2
うん。
それが。
Speaker 1
僕が最初に言ったのは、何を求めてるんだろうな、しゅうさんに。
うん。
もうちょっと、ただオブラートに包んで言ってほしいっていうことなのかな。
Speaker 2
オブラートに包んで言ってほしい?
Speaker 1
あ、間違えた。包まずに言ってほしいってことなのかな。
Speaker 2
あー、なるほどね。歯に絹着せずに喋ってほしいとか。
Speaker 1
違うかもしんないけど、そういうことなのかな。
Speaker 2
いや、でもその願望もあるのよ、本当は俺も。
うーん。
本当はある、あるんだけど、それができづらいのがこのビビリがね、邪魔してる感じがしてんだよね。
うーん。うーん。
かのが立たないようにっていう。
Speaker 1
それは、うーん。
Speaker 2
思っちゃうんだよね。
全ての人に好かれるなんて無理だっていうのは分かってんだけど、頭では。
Speaker 1
うーん。
果たして本当にそれを求めてるのかも分かってないんですけど。
Speaker 2
はいはいはい。
Speaker 1
滝坪に向かう船。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
まあその、滝坪に向かう船そのスピードを緩めたいし、緩めるための発進をしてほしいとは思っていて、まず。
Speaker 2
うんうん。
Speaker 1
そのための発…
あー、違うかな。もっと危機感を煽ってほしいのかな。
Speaker 2
あ、あー、なるほどねー。
違うかもなー。
Speaker 1
あ、でも、
違うけど、最初思ってたのは違うけど、危機感を煽ってほしい気持ちもあるかもしれない。
Speaker 2
あー、うん。
それは自分の中にもちょっとは本当はある。
煽りたい感覚は本当はあるんだけど、
うーん。
Speaker 1
うーん。
Speaker 2
なんかやっぱでもさっきの話に繋がるのかなー。それやると余計ひどくなりそうって思ってんのかなー。
Speaker 1
ですね。
危機感とアプローチの相談
Speaker 1
うん。
そう、そうなんですよ。だから、あれさっきのっていうか、あれですよね。
力で解決しようとする。
そうそうそうそう。
僕もそこと繋がって、
危機感を煽ってほしいけど、煽り方というか、
うんうんうん。
ただ、ただ煽るだけじゃ本当に意味ないな。
Speaker 2
うんうん。
Speaker 1
って思うから煽ってほしくもないっていうこの中、2つがぐるぐるしてますね。
Speaker 2
そうなんだよね。
Speaker 1
あと多分、シンプルに、いつもですけど、いつもに増して脳みそが動いてない。
Speaker 2
あははははは。
ごめんごめん。だいぶ長丁場になってるからね。
そろそろ、締める方向に持って行きますか。
Speaker 1
そうですね。
うん。
Speaker 2
いや本当に。
Speaker 1
すいません。
Speaker 2
いやいやこちらこそ、すいません。今回のも、なかなかのひどさだったかもしれないけど。
Speaker 1
あははははは。
ちゃんと聞いてくれてる人に申し訳ないな。
Speaker 2
いや、全然、あの、それでも満足度は高い。すごい。
Speaker 1
あ、そうなんですよ。僕個人としてはね、
うん。
喋ってて心地いい時間だったんですけどね。
Speaker 2
うん。
でももうそれだけでいいと思う。
Speaker 1
いつもよりも、
うん。
なんて言うんですか。
うん。
進めた感覚があるって言っていいのか分かんないけど、ちゃんと会話できた感覚があるんですよね。
Speaker 2
おー、嬉しい。
もうそれだけでいい。もう自分的にはそれだけでOKです。
もう、しばらく視聴者ゼロでもいい。
Speaker 1
あははははは。
Speaker 2
いや、ダメなんだろうけど。ダメというか、本当にそうなったら気にしちゃうんだろうけど。
でもそのぐらい嬉しいな。その言葉が一番。
Speaker 1
うんうんうん。
僕は全然視聴者ゼロでも大丈夫ですけど。
ちゃんと喋れれば。
Speaker 2
さすが。ありがとうございます。
うん。
いやーもうそれだけでご飯3杯いけます。
いってみましょう。もりもり食べましょう。
たとえが下手だなー。
Speaker 1
もう3日分、しゅうさんの3日分の食事ですね。
Speaker 2
はい。
そうそうそう。あ、そんなことないよ。
Speaker 1
あ、そうなの?
Speaker 2
1日1食だけど、その1食が多いから量が。
Speaker 1
あ、そっか言ってましたね。もりもり食べるんですね。
Speaker 2
ただそのご飯で言うと少ないけど、米がね、米の量は少ないけど、野菜は多い。
野菜めちゃくちゃ多い。
素敵だ。
いやいやいやいや。たぶん、ちゃんと吸収できてない。一気に食いすぎて。
Speaker 1
あーまあそういうのもあるでしょうね。
視聴者数と価値観の再確認
Speaker 2
うん。だから全然太んないもん。どんなの食べても。
Speaker 1
あー。
うん。
多分野菜だから太んないんじゃないですか?
Speaker 2
かもしんないねー。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
まあでも、そんなようなとこでこんな感じだけど、
次回以降も長くお付き合いしていただけたら嬉しいです。たいきくんが。
Speaker 1
いやこちらこそ。よろしくお願いします。
Speaker 2
よろしくお願いします。本当にありがとうございました。今回も。
Speaker 1
ありがとうございました。
はい。じゃあ。
ごシュウ笑様でーす。
Speaker 2
はい。ありがとうございます。
Speaker 1
はい。ありがとうございました。
いっぱい笑えて嬉しかったなー。
Speaker 2
生きてる間に上手く耐えられたらなー。
まだ今のところ、ごシュウ笑様です。
46:42

Comments

Scroll