1. ゲームなんとか
  2. Lv.94|FF16をなんとか Vol.02..
2024-02-19 1:56:25

Lv.94|FF16をなんとか Vol.02(ネタバレあり)(ゲスト:むらしゅんさん&アルマさん)

spotify

Lv.94配信です。

//// 出演 ///////////////

こへい

ゲスト:むらしゅんさんアルマさん

//// キーワード ///////////////

Cyberpunk2077(サイバーパンク2077)/ウィッチャー3/十三機兵防衛圏/FF16 空の残響

//// チャプター ///////////////

()|OP「サイバーパンク2077/十三機兵防衛圏」
()|本編「FF16をなんとか」
()|ED

//// 番組へのおたより ///////////////

番組へのおたより・メッセージは番組ウェブサイト( https://gamenantoka.com/ )または gamenantoka@gmail.com へお送りください。

//// 番組YouTubeチャンネル ///////////////

ゲームなんとかの今後の活動の幅を広げるため、さらなる番組リスナーさん増加を目指してYouTubeチャンネルを開設しました。ポッドキャストと同じ音源を配信だけではなく、動画ならではの取り組みも挑戦していこうかと思いますので、ぜひともチャンネル登録をお願いいたします。
https://www.youtube.com/c/gamenantoka

//// その他 ///////////////

■ハッシュタグ
番組の感想やリスナーさん同士の交流には #ゲームなんとか をお気軽にお使いください!

■番組twitter:@gamenantoka

Summary

ゲームなんとか第94回は、ゲームが上手くもなければ詳しいわけでもないが、ゲームの話がしたくてたまらないことが特徴のポッドキャスト番組。今回のエピソードでは、ゲストのむらしゅんさんとあるまさんが参加し、FF16やサイバーパンク2077などのゲームについて話し合う。 「FF16」のゲーム内容について話し合っており、ゲストのむらしゅんさんとアルマさんも本編をプレイし、またアルマさんはDLCもクリアしているため、3人で様々な情報を共有して話し合っている。 最近、最初の印象とは異なり、FF16を楽しんでいると感じている。体験版の良さに期待が高まり、FF4のような大人っぽさやダークファンタジーの要素を感じることができて、吉田さんが作った大人向けのファイナルファンタジーが帰ってきたと思っている。ただし、体験版での期待が高かっただけに、製品版に少し不満も感じている。 『FF16』についての感想を語りつつ、プレイヤーキャラクターのクライブと周りのキャラクターたちの関係性について話し合っている。 FF16は重いテーマを分かりやすく伝えるためのゲームであり、多くの人に遊んでもらうことを重視している。テーマに関する解説コンテンツが多く、プレイヤーを取り残さない工夫がされている。 FF16のエピソードはシンプルで飲み込みやすい語り口であり、新しいクリスタリスの神話が話題となっている。村瀬さんの指摘通り、ストーリーはしっかりと補助されており、全体的にプラスのゲームとして評価されている。 クライブくんは自らの選択で世界をぶっ壊し、最後は石化してしまう。ジルとジョシュアが悲しんでいる中、クライブくんは成すべきことを成し遂げているものの、悲しい結末となる。 クライブ君の内面に迫るストーリーである第二章についての解説では、クライブが内に秘めた迷いや葛藤を背負っていることが明らかになっている。 このエピソードでは、FF16の評価やシステムの話、クライブ君の魅力などが話され、全体的に楽しい話になっている。次回についての期待も高まっている。

ゲームなんとか第94回紹介
Speaker 1
みなさんこんにちは、こへいです。ゲームなんとか第94回です。
この番組、ゲームなんとかは、ゲームが上手くもなければ詳しいわけでもないけれど、ゲームの話がしたくてたまらない3人がとにかくゲームの話をするポッドキャスト番組です。
毎週月曜日、0時配信です。今日も元気に話していきましょう。
そして、いつもの提携を最初に読ませていただきますけれども、この番組の構成上、最初にオープニングトークがあって、そのあと本編という風に続いていくんですけれども、
いきなり本編聞きたいよという方は、ポッドキャストアプリのエピソードの概要欄のところにチャプターを記載していますので、そちらをご活用いただければなと思います。
という提携が終わったところで、今日1人なんですけれども、ゲストの方を2名お呼びしております。1人ずつお呼びしましょうかね。
Speaker 2
まず1人目が、むらしゅんさんです。
はい、どうも久しぶりです。むらしゅんです。
Speaker 1
ご無沙汰しております。
Speaker 2
ご無沙汰しております。
すみません、素人再び。
Speaker 1
むらしゅんさん、2回目の登場いただいてますね。
Speaker 2
はい、こんにちは。ただのリスナー2回目です。
Speaker 1
前回はゲーミングお父さんの回の時に来てもらったのが、夏でしたよね。23年の夏だったと思いますね。
Speaker 2
そうそうですね。そのぐらいだったかな。
Speaker 1
今日の本編のテーマについて話したいことがあるという風に聞いて、再び呼んでみましたよ。
Speaker 2
ありがとうございます。
よろしくお願いしますね。
Speaker 1
そして2人目のゲストの方が、あるまさんです。お願いします。
Speaker 3
はい、ゲームの話をさせてくれというゲーム系のポッドキャスト番組を配信しています。
あるまと申します。よろしくお願いします。
Speaker 1
よろしくお願いします。
そんなわけで今日は、この3人でお届けしたいと思います。
やっぱりゲストの方2名という変則会をやっているのが、僕個人的には結構好きだなと思っていますね。
いつもと違う雰囲気が出るというか、話題もちょっと変わった感じになるというかね、気に入ってはいるんですけどもね。
今回はですね、あるまさんが本当にこの番組的には初めて来ていただいたので、
ゲスト自己紹介
Speaker 1
それこそ昨年末のYour Gotiの企画とかで一緒に参加してもらっていたので、
この番組聴いている方の中でも知っている方はちらほらいらっしゃるんじゃないかなと思ったりはするんですけれども、
ゲームの話をさせてくれて、いつぐらいから始めていらっしゃいました?
Speaker 3
2022年の12月の終わりですね。
ほぼ23年の初めぐらいからだと思う。
Speaker 1
じゃあ今1年半はいかないけどぐらいって感じですね。
Speaker 3
1年ちょっとですね。
Speaker 1
それより前ってポッドキャストって何かやってたりしました?
Speaker 3
いえ、完全に初めての。
Speaker 2
すごいういういしい。
Speaker 3
そうですかね。
Speaker 1
僕も何やかんや13年やってしまっているので。
Speaker 3
大先輩じゃないですか。
Speaker 1
大先輩って言われるようなものはないんですけども、
初めて1年ですか2年ですかって言った方とたまに話すと感覚が違えんだなって思うんですよね。
Speaker 3
そうなんですかね。
Speaker 1
それこそだってアルマさん一人しゃべりで、
でもゲストの方もちょこちょこ呼んでいるイメージもありますよね。
Speaker 3
ゲストの方も2,3回来ていただいてますけど基本的には一人ですね。
Speaker 1
一人しゃべりで始めるっていうのはすごいなって思うんですよね。
Speaker 3
そうですよね。
自分も一人で始めたいなと思って始めたわけじゃなくて、
Speaker 1
そうするしかなかったっていう。
Speaker 2
分かるそれ。
分かりますよ本当に。
Speaker 3
分かりますよね。
Speaker 2
分かります。
やりたいんですけどね。
一人しゃべりがどうしても辛くて。
Speaker 1
村瀬さんいいじゃないですか。
Speaker 3
村瀬さん全然しゃべれるからやれると思いますよ。
Speaker 2
全然しゃべれると思うんですよ。
1回2回とかならできるかもしれないですけど、
これを継続的にやっていくってなかなかすごいですね。
ゲストのプレイ中のゲームについて
Speaker 1
そうですね。
Speaker 2
継続の難しさ確かにあるかもしれないですね。
Speaker 3
ゲイバナ聞いてますよ。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
今回のFFの話ですけども、
Speaker 2
ゲイバナでFFの話をしていたのを僕が聞いて、
Speaker 1
その共感したっていうのがきっかけの一つですね。
Speaker 3
コメントもくださってね。
Speaker 1
配信した後に村瀬さんから。
Speaker 3
それが今回実際にお話できるということで。
Speaker 2
いや本当ですよ。
しかもコヘイさんと一緒になんて。
ちょっと夢見心地です。
今日はおんなさんに参加してます。
ありがたいです。
Speaker 1
今日は本編でFF16の話をしようって。
僕がゲームなんとかで一回FF16の話をした回があったんですけども。
その後すかね。
もうちょっと話せたかもなみたいなことをボヤボヤ言ってたあたりが
きっかけの一つだったのかなと思っていて。
村瀬さんだったりアルマさんだったりに
話せそうなことありますよねみたいなことを声かけてもらってというか。
じゃあもう一回やろうかみたいな感じで。
今日集まったというところでもあるんですけどもね。
ありがたいです。
でも今日本編に行く前にせっかくなので。
久々に来ていただいた村瀬さんだったり。
アルマさんは初めてですしね。
普段どういうゲームとかしてるのみたいなことを聞いておきたいわけですよ。
初めて来ていただいたアルマさんはね。
特にここ最近であれば。
例えばですねここ最近遊ぼうかなと思っているものであったりとか。
もうこれ遊んでて超楽しいよみたいなものがあればね。
1個2個教えてほしいんですよ。
どういうゲーム好きなのかなみたいな部分をね。
Speaker 3
そうですね。
Speaker 1
まあちょっと自分お小遣い性っていうのもあって。
今年買おうかなって思っているものはそんなに多くなくて。
1つのものを今年はしっかり遊びたいなと思っていて。
Speaker 3
今遊んでるのがサイバーパンク2077ですね。
Speaker 1
DLCも含めてやってますね。
そうですね。
あれ評判いいですからね。
そうですね。
Speaker 3
これを去年の10月ぐらいからずっと遊んでて。
去年の10月にするともう4ヶ月。
そうなんですよ。
Speaker 1
すごい。
すごい。
Speaker 3
単純に1日でできる時間が少ないっていうのもあるんですけど。
Speaker 2
それだけ結構ハマって今ずっと遊んでますね。
あれでしたよね。
ユアコティでレビュー書いてらっしゃいましたよね。
Speaker 3
そうですね。
それこそゲームなんとかさんでもダンサーに紹介していただいたりとか。
いろんな番組さんで紹介していただいて非常に嬉しい。
そして恐縮でした。
Speaker 1
あのユアコティに投稿してもらったレビューはなかなかの力作だったと思いますよ。
Speaker 3
すごかった。
Speaker 1
ですかね。ありがとうございます。
本当に単純な文字量だけではなく文才としてもあれだった。
Speaker 2
いろんな番組で一番紹介されてたような印象がありますよ。
Speaker 1
でもそんな感じありますね。
Speaker 3
申し訳ない。
Speaker 2
一番効いたなっていう感じでした。
Speaker 3
リスナーさんが主体の企画だったと思うので。
配信者のレビューがたくさん紹介されて申し訳ないと思いつつ、めっちゃ嬉しいですね。
サイバーパンクへのラブレターみたいな感じで書いたんで。
Speaker 2
それが意外といろんな人に響いたのかなと思うとすごい嬉しいですね。
Speaker 3
てっきりクリアしてレビュー書かれたのかなと思ってたんですけど、レビュー書いた後もずっと継続してやられてるんですね。
クリアもしてて。
発売当時に一周してて、そこから今回仮初めの自由っていうTLCが出るってことで2周目を始めて、それもクリアしたんですけど、その後にいろいろサブクエスト的なものをずっと消化してたりとか、街を歩き回ったりとかをずっとしてますね。
Speaker 2
そうそうあれ結構クリアは意外と早いゲームですもんね。
僕もクリアはしたんですけど。
サイドクエストっていうのがすごいいっぱいあってそれやり残しちゃってるのもあるんで。
Speaker 1
僕もだな。
Speaker 2
もう一回やらないとなって思ってるんですけど。
Speaker 3
全部やろうとしてます。今。
Speaker 1
すごい。
Speaker 2
全てを。
Speaker 1
全部やろうと思ったらマジで結構な量ありますよね。
Speaker 3
普段そんな遊び方しないんですけど自分も。
全部の要素を回収しようとかって遊ばないんですけど。
サイバーパンクは妙に好みに合ってて。
Speaker 1
ずっとやっちゃってますね。
Speaker 3
やっぱサイバーパンクの世界観とかそういうのが刺さったってことですね。
世界観もですし、舞台であるナイトシティという街の雰囲気だったり。
意外に暴力的なところもストレス発散というか。
自分の内に秘めてる。
自分の闇の部分を解放できるとか。
そういうのもあったりして。
Speaker 1
そういういろんな要素がすごい自分に合ってるみたいで。
Speaker 3
すごい楽しんでやってますね。
Speaker 1
ちなみにサイバーパンクってCDプロジェクトレッドが開発だったと思うんですけど。
Witcherとかってやってたんですか?
Speaker 2
Witcherは逆にやってるんですけど、途中で挫折しちゃいました。
Speaker 3
サイバーパンクが本当に深く刺さったってことなんですね。
Speaker 1
そうみたいですね。CDプロジェクトレッドっていう括りではないみたいですね。
Speaker 3
僕はWitcher3は2週したかな。
Speaker 2
エンディング2回見て、それこそ2回目はサイドクエストも全部やるぐらい。
Speaker 3
逆パターン。
Speaker 2
それはそれです。
Speaker 1
どっちかっていうと僕の場合はWitcherの方がめっちゃ刺さったんですよ。
Speaker 2
サイバーパンクも面白かったんですけど、とりあえず1回クリアして、他にやるものもいっぱいあるんで1回置いてるっていう感じですかね。
DLC出たんでもう1回やりたいなっていう感じです。
Speaker 3
Witcher3って結構長いですね、クリアまで。
Speaker 1
それこそ多分サイバーパンクとサブクエストとか含めたら全然引け取らないと思いますよ。
Speaker 3
ですよね。すごいボリュームがあるとは聞いていたんですけど。
Speaker 2
しかもそんだけ長いのに、このマルチエンドっていうんですかね。
エンディングが結構何個かあったりするので。
Speaker 1
そうなのよ。
Speaker 3
1個だけじゃもったいないなっていう感じで2つ見たぐらい。
Speaker 1
サイバーパンクも、これネタバレっぽくなっちゃうからあれですけど、サイバーパンクも地味にマルチエンドじゃないですか。
そうですね。
僕は1周目悲惨な終わり方したんですけども。
Speaker 3
聞きましたよ、その回。
Speaker 1
結構心に傷を負ったんですけども。
Speaker 3
自分も1周目、コヘイさんとハルさんと同じ結末で。
Speaker 1
ああ、マジですか。
Speaker 3
1周目終わって、すごいやり残した感があったんで、今回はと思って。
Speaker 1
ああ、いいな。僕なんかまだその気持ちに至れてないっていうのが本音なんですよね。
あのエンディングから立ち直ってない感がある。
Speaker 3
確かにきついですよね、あれ。
Speaker 1
そうなんだよな。
方々で本当にカリソメの自由は評判がいいのを聞き続けているので。
さっきの村春さんの発言と全く同じで、やりたいしやらなきゃなって思ってるんですけども。
Speaker 3
期待してます。
Speaker 1
まだ手が出ないっていう。
実際のエッジランナーも見なきゃなっていうのが若干楽しみでもあり、充積になっているみたいな感じがちょっとあって。
はいはいはい。
エッジランナーは見ました?みなさん。
見ました。
Speaker 2
僕も見ましたね。
面白いし、やっぱり2周目やりたいっていう原動力になるような感じ。
そうですね。
Speaker 1
やっぱりそうなんだな。そうだよね。
Speaker 3
聖地巡礼したくなるみたいな感じがありますね。
Speaker 1
なるほど、そういう気持ちも湧くんですね。なるほどな。
そうなんだよな。僕もウィッチャーも地味にもう一周、もう一周?
一周前になるとは言わずに遊び直したいなって気持ちはずっとあるんですよね。
Speaker 3
自分もちょっとリベンジしようかなとは思ってるんですけどね。
こんだけサイバーパンク出されたから、もう一回やったら次はいけるんじゃないかと思ったりはしますけど。
Speaker 1
サイバーパンクもですし、ウィッチャーもなんですけども、
どっちのゲームも結構要素が多いというか、
例えばウィッチャーで言えば霊薬とかって薬いっぱいやったじゃないですか。
正直全然使いこなせなかったんですよね、僕は当時。
Speaker 2
そうそう、そうっすよね。一周目。
Speaker 1
サイバーパンクもあるじゃないですか、体に埋め込むいろんなやつ。
正直全然使いこなせなかったんですよね。
Speaker 2
自分もそんなに使いこなせてないですけど。
Speaker 1
遊びきってない感だけすごい残ってるんですよね。
Speaker 3
そうですね。
確かに要素がめちゃくちゃ多いんですね。
Speaker 2
自分の場合のウィッチャーは確かにそれで2周目やったっていうのもありますね。
Speaker 1
ありますよね。
Speaker 2
一周やってようやくシステムを理解したみたいな。
Speaker 1
それ分かりますわ。
Speaker 2
ようやく2周目で自分のやりたいプレイができるみたいなのがありまして。
Speaker 1
そうっすよね。
Speaker 3
そうか。
Speaker 1
飲み込みづらいとは言わないんだけども。
物量がすごいんですよね。
雑魚敵と戦ってる間に使わなくてもいいかなーって気持ちになっちゃうというか。
ゴリ押しで勝っちゃったみたいなことが結構あったりして。
そうなんだよな。
Speaker 2
遊び尽くしてない感はずっとしこりとしてはあるんですよね。
要素が多いっていう意味ではどっちもロマンス要素があるじゃないですか。
そうですね。
ウィッチャーだったら2人どっちを選ぶみたいな。
そうですね。
Speaker 1
ユネファーとかね。
Speaker 2
サイバーパンクだともっと多いし。
この性別じゃないとこの子は振り向いてくれないみたいなのもあるし。
Speaker 3
そうですね。
Speaker 2
僕は正直不純な動機ですけど、
このジュディを落としたいためにもう一回やりたいっていう。
Speaker 3
彼女はね。
Speaker 1
いい動機。その動機。大事だ。
Speaker 3
そうなんですよ。
性別変えてやるっていうのもまた楽しみがあるんで。
Speaker 1
そうなんですよね。
Speaker 2
あれも意図的にやってる感じしますよね。
2回味わってほしいみたいな。
Speaker 3
そうですね。
Speaker 1
ちなみになんですけども、ちょっと話題を変えちゃうんですけども。
アルバさんがサイバーパンクめっちゃ遊んでます。分かりましたと。
村春さんは最近これ好きだよとかだったりします?
Speaker 3
最近はちょうど一昨日ぐらいに13機兵防衛権をクリアしまして。
Speaker 2
また同じSFですけどね。
全然テイストが違う作品ですけど。
Speaker 1
やり遂げましたか。
Speaker 2
すっげーよかったです。
Speaker 1
やったー。
いよいよりちゃんとエイ君は元気でしたか?
Speaker 2
そうですね。元気でしたよ。
またこの、何ですかね。ネタバレなんで言えないですけど。
Speaker 1
そうですね。あれは特に言い難いですね。
Speaker 2
言えないんですけども。
最後の畳み方がとてもよかったですね。
このSFっていう、SF独特な感じも活かしつつ。
学園モノみたいなキュンキュンする感じも活かしつつ。
Speaker 3
大満足みたいなラストでしたね。
Speaker 1
そうっすよね。
アルマさんは13機兵防衛権は遊んでますか?
やってないんですよね。
なおのこと下手なこと言えないな。
めっちゃ気になってるんですけどね。
あのゲームは本当にネタバレ踏まない方がいいと思うんですよ。
奇跡にまだ踏んでないっていう凄さがありますね。
インターネットの優しさを感じると思うんですけども。
あのゲームは本当多少ね。
要素をちらっとつまみ聞きしちゃうぐらいは耐えれると思うんですけども。
それこそお家とかメインストーリーみたいな部分のところは
Speaker 3
知らないまま遊ぶと幸せになれると思うんですよね。
だから早く遊ばなきゃなって思ってるんですけどね。
なんかいつもタイミングを逃してしまって。
Speaker 1
あれもなぁ。
でもあれは割と小刻みに遊びやすい方なのかな。
僕は遊んでて気になるので余計に1時間ぐらい夜深しちゃったとか結構あったんですけども。
そうですね。
自分をコントロールすることができれば結構小刻みに遊ぶゲームですよ。
Speaker 2
それは僕コントロールできないタイプです。
特に最後の方がもう。
Speaker 1
そうっすよね。
Speaker 2
もう夜の2時だけどみたいな。
Speaker 3
絶対できないじゃないですか。
Speaker 1
でも確かに最後駆け抜けたくなる気持ちは分かりますよ。
Speaker 2
そうなんですよね。
また戦闘のパートと物語のパートが分かれてて
絶妙に絡んでるんですよね。
特に最後の方とかになると。
そうっすね。
Speaker 3
ここってここのことだったんだみたいな。
アハ体験みたいなのがすごかったっすね。
Speaker 1
最初分かんないからこそ後半の繋がっていく感みたいなのがあるんですよね。
おすすめです。
僕いつ買おうかなとずっと思いながらやってて
Speaker 2
ずっと悩み、永遠の心の積み入れみたいな感じなんですけど
Speaker 1
あるタイミングでプレステのゲームカタログに入ったんですよね。
Speaker 2
それでもうこれはやろうと思ってやったっていう感じです。
Speaker 1
そうっすよね。カタログに入ったのはいいチャンスでしたよね。
Speaker 2
ちょうどカタログに入る直前に契約更新の時期で
一旦お休みしようかなと思ってたんですけど
なんかソニーさん狙ってんのかなみたいな感じで
13期兵追加しますみたいな感じで来て
Speaker 1
じゃあ更新しますみたいな感じでした。
フリープレイとかXboxのゲームパスとかもそうかなと思いますけどね。
Speaker 2
結構引き止める力があるタイトルあったりしますからね。
Speaker 1
結構翻弄されるんですよね。
Speaker 2
追加されるタイトルもあれば
Speaker 1
あと半月でなくなりますみたいなタイトルもあって
意外とPSのフリープレイ、たまに超刺さるの来たりするんですよね。
Speaker 2
プレイグタイルも来ましたしね。
Speaker 1
プレイグタイル、でもあれフリープレイだからもう終わっちゃったんですよね。
そこが残念だな。
Speaker 2
あ、そうか終わっちゃったんですか。
Speaker 1
確か1月のフリープレイだったんでもう過ぎちゃったと思いますよ。
Speaker 2
でもあれ多分ライブラリに追加しとけばできますよ。
おっしゃる通り、PSの仕様忘れてたわ、その通り。
Speaker 1
プレイグタイルはしんどいですからね。
しんどいですからね、皆さんご注意くださいね。
僕13期兵が終わってから次はプレイグタイルに行こうかなと思ってるんですけど
Speaker 2
なかなかこの工程さんが凄いですね。
Speaker 1
そうですね、プレイグタイルは傷つくタイプのゲームですね。
13期兵で癒されたんでね、多少傷ついても大丈夫かなと。
Speaker 3
特に小さいお子さんを持つご家庭はちょっとなかなか来るものがありますからね。
Speaker 2
それはね、本当にそうなんですよ。
Speaker 1
多分村春さんもアルバさんもやったら無傷ではいられないゲームだと思うんですよ、プレイグタイルは。
Speaker 3
言う理想ですね。
Speaker 2
ちょっと覚悟してね、やらざるを得ない。
Speaker 1
なかなかね、僕は1作目の序盤で結構ね、まずね
プレイグタイルはユーゴっていう、あれは五歳児かな?
ゲームの中で五歳児の男の子がいるんですけども
モーション、男の子が走り回るモーションが
うちの自分の息子、うちの息子3歳なんですけども
すっげえこういう走り方するっていう後ろ姿を重ねてしまって
Speaker 3
それはきついですね。
Speaker 1
ちょっとダメだなって一瞬思ったんですよね。
これはまずいって思って。
子供すぎるって思ってしまって。
Speaker 2
普通に敵兵とかがいるのにバーっと走っていくんですよね。
Speaker 1
そうなんですよ。
やめなさいみたいな。
そう。
もうやだ、こんなとこ痛くないって走っていくんですよ。
待ってユーゴ!って言ってお姉ちゃんのアミシアが追っかけたりするんですけども
逃げるユーゴの後ろ姿がまじうちの3歳児によく似てるというか
やめて!って思って。
Speaker 3
いやー、それは。
Speaker 2
やばいですよね。ユーゴたしか5歳ですよね。
5歳児です、あれ。
うちの子まさに5歳なので。
あれが最終的にどうにかなっちゃうのかなと思うと
まじで心穏やかではいられないみたいな。
Speaker 1
心穏やかではいられないと思いますね。
展開はどうとは言いませんけどもやっぱり浮き沈みありますよ。
Speaker 2
なんとなく予想できますけどね、最後。
Speaker 1
プレイグテイルはね、もし遊ぶことがあれば
それなりの覚悟でお楽しみくださいと思いますね。
オープニングこんなもんですかね。
そろそろ本編に入っていこうかと思うんですけれども
今日は途中も話しましたけども
ファイナルファンタジー16についてね
FF16について今一度話していこうかなと思います。
前回はね、僕とダンさんで話したんですけども
今回は僕とムラシュンさんとアルマさんの3人で話していこうかなと思いますので
またちょっと違う話になるんじゃないかなと思います。
そのわけで早速本編に入っていこうかと思います。
本編でーす。
本日はFF16のお話をしまーす。
Speaker 3
お願いします。
Speaker 1
最初にあれですね、今日ネタバレありになると思っています。
大ありになると思っております。
一応前回話したとき、僕とダンさんで話したときは
FF16本編のみのリリース状況だったんですけども
その後世の中的にもFF16のDLCが出たんですよね。
はい。
あれの話も多少絡むかなとは思っているので
そちらもまだ未プレイの方がもしいれば一応ご注意くださいと思っています。
ただ正直ね、空の残響あんまりネタバレする要素ってないような気もしているので
そこまでシビアに考えなくてもいいんじゃないかなとも思ったりはしてますね。
Speaker 2
はい。
プレイ状況の確認
Speaker 1
一応冒頭というかね、3人のプレイ状況を一応おさらいしておこうかなと思うんですけども
僕はFF16本編遊びまして
比較的最近その空の残響っていうDLCも遊びましたというのが僕のプレイ状況なんですよ。
村瞬さんとアルマさんはどうなんでしょうか。
遊びました?DLCとか含めて。
Speaker 2
僕は状況としてはコヘイさんとほぼ同じような感じですね。
DLCも含めて。
DLCもクリアして、その後もう一回本編もクリアしてみたいな感じなんですけど。
Speaker 1
すごい。
Speaker 2
なんか強くてニューゲームみたいになるじゃないですか。
Speaker 1
ありますね。
Speaker 2
あっちはやってないって感じですね。
Speaker 1
じゃあ素の状態でもう一周遊んだんですか?
Speaker 2
もう一周というか、ラスボス直前のDLCってラスボス直前にならないとできないので
そのDLCクリアしてからもう一回ラスボスに挑んだみたいな感じ。
Speaker 1
あーなるほどなるほど。
じゃあアルマさんはどんな状況ですか?
Speaker 3
自分は本編を二周してまして
二周目はそれこそさっき言ってもらえた強くてニューゲーム
ファイナルファンタジーチャレンジという
ちょっと難易度が上がったモードで
二周目は遊び、DLCはやってないです。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 3
この収録に臨むにあたってもう一回ラストバトルをやってきたという感じ。
Speaker 1
ありがとうございます。
テストおかけします。
そんな感じですね。
FF16の本編について
Speaker 1
みんなズバッと一致してるってわけではないんですけども
一応共通点としては本編ちゃんとクリアした状態になっているので
今日話した内容としても
本編のお話に関しては多分どうしたって
インターバレープ的なものが含まれてくるだろうなとは思います。
そんな感じでFF16について話していきたいなって思うんですけれども
出だしというかで若干僕の前置きを話していいですか?
前置きって言うと変なんですけども
僕がFF16クリアしてからそこそこ時間経ったんですね。
初めてクリアしてから。
今回改めてゲームなんとかで話そうという気持ちになってるというのは今なんですけども
今思えば、プレイして初めてエンディング見たのが
思えば半年前くらいになるんですけども
今思えばその頃、多分僕はいわゆるFF病だったんだなというと
FF16の期待感とFF4の要素
Speaker 1
改めて認識したんですよ、最近ね。
Speaker 2
僕はFF病を患っていたんだということを思ったというのがあります。
Speaker 1
皆さんFF病ってご存知です?
ご存知ですって変なんですけども。
Speaker 2
ご存知です。
Speaker 1
ご存知ですか?
はい、ご存知です。
僕もしっかり定義付けしようという気も全くないんですけども
ちょっとだけ世の中的にもある言葉でしてFF病ってね
決して僕が一人で猛言を吐いてるわけではない。
Speaker 2
そうなんですか?
Speaker 1
あるんですよ。FF15でFF15が発売されるかなぐらいの頃合いに
FF15の制作に携わっていた田畑さんっていう
あれはディレクターの方だった?
メインで本当に携わっている方がインタビューで
Speaker 3
スクエニの社内にはFF病がいるっていう話をしてたんですよ。
Speaker 1
そのFF病ってなんだって言われたら
スクエニの社内だとFFっていうのはすごく特別なタイトルであって
FFの新作っていうのが発売されるとか情報が出たら
世の中のみんながすごい食いついて
遊ぶんだ、情報キャッチしようとしてくるんだっていう風なことを
そういう幻想に囚われてしまっているよ。
それがFF病だっていうのが当時あったんですよね。
たぶんFF病とかで検索すると普通に出てくるんですよ。
僕がスクエニ社内の人間ではないんで完全ガッチャはしないんですけども
僕も似た気があるなと思っていて
僕個人としてもファイナルファンタジーって
すごいタイトルであってほしいという願望があるんですよ。
Speaker 2
すげーわかります。
Speaker 1
例えばストーリーとかゲームシステムもどっちも話題性あって
FFってやっぱすげーゲームだなって
自分だけじゃなくて周りの人も言うみたいな
そうであってほしいっていう願望が僕にはあるんですよね。
たまにそのFF病が僕の中で顔を出すんですよね。
それがFF16を遊んでいる最中に発症していたなってことを
今振り返って思ったんですよ。
僕はFF16がすごいタイトルであってほしいという願望が強く出ていたっていうのが。
Speaker 2
ここまで全く一緒ですね。
僕もFF病ですね。
Speaker 1
FF病患者が2人。
僕はゲームなんとかでダンサーの相手にFF16の話をしたんですけども
その話の内容ってまさしくFFはこうあるべきとか
すげービッグタイトル、超有名人気タイトルであるべきみたいな
精神疾患をすげーこじらせた状態で話してるなっていうのを
Speaker 3
改めて自分の話を聞き直して思ったんですよね。
Speaker 1
そういうことを振り返って思ったんですよ。
ひるがえって今、ちょっと時間を置いてDLCとかを遊んだ今
そのFF病、若干落ち着いたなっていう気持ちもあって
変な話なんですけども、メインストーリーを一週目で
うわーって遊んでたあの時よりも
Speaker 3
ちょっと時間経った今の方がFF16好きだなーっていう感覚があるんですよ。
FF16を当時は好きじゃなきゃいけないっていう気持ちがすごい強かった。
Speaker 1
今ちょっとその呪いが解けたというかね。
フラットに今は振り返るほうがシンプルに面白かったんじゃないかなー
みたいなことを思うというか。
っていうのが最近の僕の感覚としてありまして。
多分当時、前回僕がFF16を話した時と比べると
Speaker 3
ちょっと違った感覚で話せるかもなーと今思ってるという前置きでございました。
Speaker 1
あの時とちょっと感覚が違うというのが
うまくリスナーさんに伝わったかどうかは分かるんですけども
なんか僕の中でちょっと違うんですよね。
前より素直にFF16いいよねって思ってるっていうところがあるっていうのは。
今回の前提にあるなと思っていて。
僕がちょっと頭にそれだけ話しておきたかったんですけども
ここから本当にフラットに聞きましょう。
お二人はFF16どうでした?
どうでした?楽しかったですか?
別にこうつまんなかったとかあっても別にいいと思いますよ。
Speaker 2
僕の場合はですね、今のコヘイさんの感じですごい似てるんですけど
コヘイさん多分最終的には割と良かったなみたいな感じに着陸してる感じです。
Speaker 1
遊んだ時もエンディング迎えるあたりで
うわー来たーってなったんですよ。
それは正直な話であったんですよね。
Speaker 2
そっか、1回目のエンディングでそこらへんに落ち着いたって感じですかね。
Speaker 1
そうそう、ただエンディング直前ラストバトルぐらいまで
フに落ちなかったっていうのが正直あったんですけどね。
Speaker 2
自分の場合は1回目のエンディングは割と低空飛行というか
あまりいまいちな感じだったんですけど
その後いろいろ考えた結果最終的には
Speaker 1
このゲームめっちゃいいゲームじゃねえかっていうところに
Speaker 2
上がっていったみたいな感じでした。
Speaker 3
ちょっと概要だけ言うとそんな感じです。
Speaker 1
じゃあアルマさんはどうだったんですか。
Speaker 3
2周遊んで。
まず1周目遊んだ時は村春さんと同じで
Speaker 1
やっぱみんなそうなのかっていうのが不思議なもんだな。
Speaker 3
低空飛行だったんですね。
ちなみに2周遊んだのは理由があって
1周目はサブクエを全くやらずに
Speaker 1
メインクエストだけを突き進んだんですよ。
Speaker 3
その結果、うーんって思って
もしかしたらサブクエの中に自分の疑問とかを
納得させる答えがあるのではないかと思って
2周目を始めてたけど結局なくて答えが。
納得できる答えがなくて
2周目もちょっと中空飛行ぐらいに上がったかもしれないけど
Speaker 1
でも最高だったっていう温度感ではなかったんですよ。
Speaker 3
2周目は終わってそれで最近まで来てたんですけど
それこそ最近やったラストバトルとか
今回の収録に臨むにあたって
Speaker 1
いろんな人のレビューとか感想とかを読んでて
Speaker 3
もしかして自分はまだこのゲームを理解できてないのではっていう
ところに今来てて
Speaker 2
つくづくこのゲームは心を揺らしてくるなというか
Speaker 3
ちょっとこじれてきた感じ、いいですね。
Speaker 2
めちゃめちゃこじれてるんですよ。
Speaker 3
なんかモヤモヤするんですよね。
Speaker 1
わかりますよ。
Speaker 3
固まったと思ったんですけど
そこが一回また崩れて
今俺はどこに行けばいいんだっていう感じになってるっていうのが今現状ですね。
Speaker 1
いやーいいですね。
いやなんかどうなんだろうな
聞いてる人みなさんが分かるようになるのか分かんない
そうなるか分かんないですけども
少なくとも僕はなんか分かる気がします。
その低空とか中空っていうのはなんかね。
Speaker 3
そうですね。
Speaker 1
不思議なとこだな。
体験版の影響と大人っぽさの雰囲気
Speaker 1
ちなみにもうちょっと掘り進んでいくと
低空だなって思った
それこそ1周目
お二人とも1周目は低空だなって言ってましたけども
何が引っかかりました?
Speaker 2
これ僕の方から話していいですか?
いいですよ。
やっぱりですね大前提みたいなところで
体験版が良すぎたっていうのはあったと思うんですよ。
Speaker 1
それみんな言いますよね。
僕体験版遊ばなかったんですよね。
Speaker 2
そうなんですね。
Speaker 1
そうなんですよ。
体験版ってあれですよね。
でも基本本編切り抜いたみたいな話でしたよね。
Speaker 2
本編のジョシュアがイフリートにやられちゃうところまでが体験版ですね。
Speaker 1
じゃあクライブ君も意識失って
ベアラーにされちゃうぐらいの。
Speaker 2
その直前ぐらいまでが体験版なので
不幸のどん底からスタートするみたいな感じなんですよね体験版。
なるほどなるほど。
Speaker 1
その直後青年になってジル倒しに行こうぜみたいなシーンが出てくるところってことですね。
Speaker 2
そうですね。
だからたぶん体験版をやってから製品版をやると
たぶん一番最初のイベントがジルと戦うぐらいのところだと思いますね。
Speaker 1
なるほどなるほど。
Speaker 2
ジルと戦うところが
Speaker 1
この女の子と戦うのって僕は正直思ったんですけど。
ティアマトとか名乗ってたあの頃ですよね。
ワイバーンだったかな。
Speaker 2
そうですそうです。
Speaker 1
なるほどね。
あそこで体験版が終わるとすると確かに。
そうだな盛り上がりますわな。
なんだあのイフリートみたいな。
Speaker 2
機体感がすごいっていうのと
あとこれすいません僕個人的な話で大変恐縮なんですけど
僕あれなんですよね。
生まれて初めてやったRPGがFF4なんですよ。
それもあってFF4が大好きなんですけど
FF16ってFF4にテイストが結構似てるんですよね。
Speaker 1
4と16?
4ってセシルとカインのあれですよね。
Speaker 2
そうですそうです。
まずは中世ファンタジーの世界観っていうのがFF久しぶりなんですよ。
Speaker 1
そうですねそれはそうですね。
Speaker 2
たぶん
Speaker 1
かなり久々だね。
Speaker 2
5は最後かな?
Speaker 3
いや9が。
Speaker 1
あ9か。
9は中世ですよね。
ギリ9か。
Speaker 3
そうですねギリギリ9がちょっとそれっぽい感じだったんですけど
それ以外は結構サイバーパンク的な世界観が主流だったりして
Speaker 2
このFF16がなんかすごい僕にとっては
僕の大好きなFF4の感じが帰ってきたっていう感じがすごいあってですね。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 2
FF4の主人公セシルって言うんですけど
セシルは王国の騎士団の団長みたいなやつをやっていて
要は王国の関係者みたいな感じなんですけど
クライブ君も王国の王子様っていうところで
FF4最初に国を追放されるみたいなところから始まるんですけど
そういう意味でもFF16も結構不幸のどん底国が滅びそうなところから
Speaker 1
確かに。
Speaker 2
奴隷にされてスタートみたいなところがあって
すごいなんか僕個人的に
Speaker 1
僕の好きだったFFが久々に帰ってきたみたいな感じがする。
なるほどなるほど。
Speaker 2
それですごい期待しちゃったっていうのと
あとこの最近のFFにちょっと足りてなかった要素っていうので
大人っぽさみたいな
例えばウィッチャー3とか例に出すと分かりやすいんですけど
ウィッチャー3のゲラルトさんとかって
すごい浮気するじゃないですか。
Speaker 1
ゲラルトさんちょっとなかなかやんちゃですよ彼は。
Speaker 2
女好きじゃないですか。
Speaker 3
そういうアダルトな要素が体験版に結構入ってるんですよねFF16って。
Speaker 2
ベネディクターとか
Speaker 1
エッチなお姉さん。
Speaker 2
エッチなお姉さんとか
Speaker 1
あとクライブママも結構ちょっとこうインビな感じを出してる。
Speaker 2
クライブパパにちょっと拒まれて不満げな感じを出す。
なんかこのその辺もちょっとFF4に似てるんですけど
FF4ってこのセシルとローザ
2人ヒーローとヒロインがいて
そこにカインっていう龍騎士がちょっと三角関係で絡んでくるみたいな。
ちょっとこうスーファミの作品なんですけど
ちょっとこう大人っぽい雰囲気があったゲームなんですよね。
なんかそういう雰囲気がなんかFF16すごい体験版で感じられて
なんかすごい勝手にこれはなんかこの大人になった僕のために
Speaker 1
帰ってきた吉田さんが作ってくれたファイナルファンタジーなんだみたいな。
期待と製品版の不満
Speaker 1
勝手にものすごいこの期待を膨らませてしまったですよ。
なるほど、なるほどな。
でも確かにそうですよね。
僕も含みだと思いますけども
FFをやって育ってきた人たちがたぶんモロターゲットだったでしょうからね。
Speaker 2
そうそうそう。
Speaker 1
今回結構大人向けダークファンタジーだみたいな。
売り出し文句としてもそんな感じのことを言ってたんで
むらしゅんさんが期待したのは別に
Speaker 2
勘違いした期待ではないような気はするんですよね。
そう思った人が多いからこそ反動でなんかその
イマイチだったっていう声も出てきてるのかなっていう感じがしたんですよね。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 2
だからそのなんかすごい期待がすごい高いところから
プレイヤーキャラクターの関係性
Speaker 2
このなんかだんだんこうあれ?あれ?みたいな感じで
進めていくうちになんか最初大人っぽいと思ったけど
なんかクライブとジルもなんか小学生みたいな恋愛してるしなんか
いい雰囲気になりそうな時になんか部屋に人入ってきて辞めるみたいな
Speaker 1
チュー辞めるの。
チュー辞めるのありましたね。
Speaker 2
あとはなんかこのこれ小平さんも話されてましたけど
武器とかアイテムとかがすごいなんか記号的に扱われてて
このなんか新しい武器が手に入ったからこれを装備してワクワクとか
Speaker 3
レベルが上がったからこの魔法が使えるようになって超つえーとか
Speaker 2
あとはなんかこのなんかレアなアイテム手に入れてこれ使ってみようとか
そういう遊び要素とかワクワク要素みたいなが
Speaker 1
徹底的に排除されてる。これ意図的だと思うんですけどね。
Speaker 2
ゲーム作りとして。
なんかその辺のこうちょっとした遊び要素とかが全然ないとかですね。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 2
その辺でこうだんだんであとはあれですよ。
Speaker 3
サブクエがだるいみたいな。
Speaker 2
荷物蓋もねえ。
お使い行って銭湯行って帰ってきてお使い行って銭湯行って帰ってきてみたいな感じがちょっとありますね。
Speaker 1
使い勘はどうしてもあるんですよね。それはまあまあその通りだなと思います。
Speaker 2
これが多分そのFF16って結構先頭に重きを置いているゲーム。
アクションでこのいかにコンボをつなげるかとか。
Speaker 1
そうですね。
Speaker 2
この召喚自由技をこうどのタイミングで出すかとか。
多分そこにはまれる人だったらめちゃくちゃ楽しいと思うんですけど。
Speaker 1
そうですね。
Speaker 2
自分の場合はそこにあんまりはまれなかったみたいなのもあってこう
低空飛行になってしまって一周目はとりあえずクリアした。
もうなんか最後の方はもうとりあえず早くクリアしたいみたいな気持ちの方が先走ってしまって。
なんかあんまりストーリーにも心がこう入っていかないみたいな。
っていうのがあったっていうところですかね。
Speaker 1
すみませんすみませんちょっと長くなっちゃいましたけど。
Speaker 2
一周目はそんな感じだったんですよ。
Speaker 1
じゃあアルマさんの方はこう低空飛行のゆえんはどんな感じだったんですか。
Speaker 3
そうですね。
むらしんさんに結構近いんですけど自分もかなり期待して入ったんですよ。
むらしんさんは4来いからっていうところだったと思うんですけど。
自分は14をずっとやってて。
すごい14が好きなんですよ。
だから吉田さんとか今回の14に関わってきた人たちが作るっていうことでそれはもう期待して望んでて。
なので結構インタビューとかも発売前にがっつり読んだりとかしてて。
そこでよく言われてたのが今回はストーリーにめちゃくちゃ力を入れたと言ってましたね。
いろんな要素を没入感を高めるためにもしくは妨げにならないようにシステムを作りました。
だからそのストーリー体験をぜひ味わってくださいみたいな感じで。
発売前に言われててよっしゃと思って。
俺も没入するぜと思ってやってたんですけど。
僕が低空飛行になった理由は結構ピンポイントで。
クライブ君に感情移入できなかったっていうのが一番大きいところなんですよね。
なるほど。
たぶんじゃあ僕と一緒なのかな。
Speaker 1
そうですね。たぶん小平さんにも近いと思うんですけど。
Speaker 3
それこそ体験版の範囲。
序盤がすごい面白いなと思ってやってたんですけど。
そこに暗雲が漂ってきたのがマザークリスタルを壊すっていう場面。
そこでんってなってしまって自分は。
要するにそんな簡単に壊していいもんなのっていうことを思っちゃったんですよね。
Speaker 1
クライブ君もシドの話を聞いてすぐ分かったみたいな感じで壊しに行くんですけど。
Speaker 3
そこに自分はついていけなくて。
ちょっと待ってちょっと待ってっていう。
分かる気がします。
もっと考えなくていいの?みたいな感じになっちゃって。
やたらと飲み込みがいいのは確かに。
うん分かったって言ってすぐ行きますからね。
Speaker 2
そこに自分はクライブと距離を感じたんですよ。
なるほどなるほど。
Speaker 3
そっから没入がゲームにできなくなっていって。
そういう目で見ちゃうとどんどんアラとかが見えてきて。
マザークリスタルを壊すときに葛藤とか迷いとか全然ないんですよ。
マザークリスタルを壊すときに葛藤とか迷いとか全然ないのかなとか。
クリスタルを壊すことによって影響を受ける死生の人たちのこととか全然考えないのかなとか。
そういうことをずっと考えちゃって。
ゲームに没入できない期間がずっと続いてたんですよね。
Speaker 1
なるほどなるほど。
それこそ途中から世界の雲行き、雲行きっていうか本当に天候荒れるとか起きて。
その辺全く気に留めないクライブとかいましたね。
Speaker 3
そうですよね。
そこでだんだんゲームと距離が離れていって。
今回のこのゲームFF16って没入感を高める要素とかがすごいたくさんあるわけですけど。
そういうのも自分的にはポテンシャルを発揮できなくて。
没入できてないからそもそも。
そのままエンディングに向かっていって。
Speaker 1
なるほど。腹落ちしないまま。
Speaker 3
納得いかないまま終わっちゃったっていう感じなんですよね。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 3
コフェイさんは近いものがあって、終盤までそうだったけど、ラストバトルで結構そこが変わったというか、ひっくり返ったというか。
Speaker 1
僕はギリ間に合った感じですね。
ラストバトルでアルテマと戦うあたりに、アルテマと戦うあたりかな、あれじゃないか、ジョッシュアがやられた時だ。
やられた時に、兄さんはみんなの思いをちゃんと受け止めてきたからアルテマを倒せるみたいなことを言われた時に、
あっ、そういうことだったんかっていうのがガツンハマった一瞬があったんですよね。
それでクライブ君はずっとみんなのお使い、誠実にやってたんだねってことは、僕の中ではスッと入ったんですよね。ギリ入った。間に合った。
Speaker 3
自分は間に合わなかったですね。
Speaker 2
僕の場合はそこの下りすらあんまり覚えてなかったです。
Speaker 3
もう終わらせたいという気持ちが上にきちゃった。
Speaker 1
だるいなと思って見てるから。
Speaker 3
そういう感じでした。
Speaker 1
だからコヘイさんの話聞いて、あっ、そうだったっけって思い直した。
まあでもそうっすよね。言いたいことはなんか分かんなくはないですよね。
ガブの存在価値
Speaker 1
僕もその、確かにやたらと飲み込みがいいというか、素直すぎるんですね、クライブ君って。
Speaker 3
真っ直ぐすぎて。
Speaker 1
そこに確かについていけないというか、確かにマザークリスタル壊すよってなってから、
実際何個だ?なんか4個5個マザークリスタル破壊しますけども、
破壊するのが正しいかなっていう前提が、僕はまだそこを理解できてないよっていう感じがある。
確かにそれなんですよ。
シドもそんな細かく説明してくれないというか、こうだからっていう手であの人を話すから。
そうなのかなって。
ビビアンとかももうちょっと考えた方がいいんじゃないかなって。
Speaker 3
そうなんですよね。
Speaker 2
クライブ君って多分、ジョシュアのことを一番に常に考えてましたよね。
Speaker 1
そうですね。
Speaker 2
だから途中までずっとジョシュアの仇を取るみたいな感じで、
それ以外のことにはあまり悩んだりしないというか、そんな感じだったなって思いました。
Speaker 1
そうですよね。ジョシュアを、最初は生きているかどうかも分からないというところからスタートしたけども。
まあ確かに物語の筋道としてジョシュアがどうなってるんだっていう部分のところがあり、
それが解決したあたりからもうマザークリスタル壊すっていうことがある種の筋道になっていって。
Speaker 2
だからジョシュアのことだとすごい悩んだり葛藤したりするんですけど、
マザークリスタルの話になるとよし壊すぞみたいな感じで。
迷いなく壊しに行くみたいな感じが。
ちょっとサイコパス感があるっていうか。
大丈夫かこいつっていう感じがちょっとありましたね。
Speaker 1
まあ確かに分からんでもないなあ。
僕なんか今回というか、僕も概ね言ってることは分かるつもりで、
途中も話しましたけども、一瞬目とかクリアした直後はほぼほぼ同じような感想を持ってた気はするんですよね。
空の残響、DLCを遊んだあたりでちょっと見え方が変わってきたっていうのが正直あって、
クライブ君は確かにある意味すごい素直だし、
あんまり否定するタイプのキャラではなかったというか、
誰かが困ってると言うならば、お前が困ってるならてかせあうぐらいの、
すごい真っ直ぐ青年だったじゃないですか。
純真というか誠実というか。
そこばっか僕も正直見てたんですけども、
結構今思うと周りのキャラクターが補強してたんだよなあ、
Speaker 3
みたいなことを最近思うようになったんですよね。
Speaker 1
何だろうな、一個具体例でいくと、ガブっていたじゃないですか。
僕正直一瞬目というか、遊んだ当初ぐらいの頃のガブのイメージって、
モブキャラすれすれの存在だと思ってるんですよ。
Speaker 3
そうですね、自分は結構人気キャラですけど、
自分は割とそんな感じですね。
Speaker 1
口悪く言ってるような話になると思うんですけども、
クライブ君がいて、ジョシュアがいて、ジルがいて、
どう見たってメイン級の彼らがいて、
ガブってその一ランク下みたいな位置にいるようなイメージがあって。
Speaker 3
そうですね。
Speaker 1
一ランク1下ぐらいにいるんだけれども、
没入感の欠如
Speaker 1
よくよく考えると、あいつの登場シーンずっと半端ないし。
Speaker 3
そうですね。
Speaker 1
ジョシュアもジルもクライブ君も、変な言い方ですけども、
リアクション薄めの3人なんですよね。
Speaker 2
確かに。
Speaker 1
落ち着いてるというか。
マザークリスタルで壊すぞっていう時に、
そうだなっていうタイプが3人なんですよね。
ジョシュア君が思ってることは正しい。
そういうクライブみたいなこと言っといてすんのですけども。
ガブは割と、そうなん?みたいなこと言うタイプというかね。
割とそれがね、今になってガブ大事だったなーって思うというか。
確かに。
僕もDLC遊んで最後のエンディングもう一回見たとかって僕もやったんですけども、
ラストバトル直前で最後の隠れ家にいる時に、
そういうキャラクター全員育ってるじゃないですか、隠れ家に。
一回全員に会話し直したりもしたんですけども、
そこで見逃してたイベントというか、
ガブと酒飲むっていうイベント見たんですよ、最後の最後で。
ありましたね。
飲み比べしようぜみたいなとかいう話になって、
お前がいなくなったらこういう風に、
一緒に騒げる奴いなくなっちゃうんだからな、帰ってこいよみたいなことガブが言うんですけども、
あのシーン見た時にガブめっちゃいい奴じゃんってちょっと思ったのがあって、
振り返ればガブずっといい奴だったなってその時思ったんですよ。
Speaker 3
そうですね。
Speaker 1
特にあれどこだったかな、
オーディンのドミナントと戦うあたりに、
誰もいなくなった村に行ってそこで妊婦さんが一人いるみたいなシーンあったの覚えてます?
はい。
あそこのシーンで妊婦さんがいて、この妊婦さんから話を聞くで、
その後どうするかっていうことを道筋を手がかりを得るっていう場面だったんですけども、
ガブがめっちゃ心配してたの、妊婦さんのこと。
Speaker 3
多分暗い部分は心配してないわけじゃないんですけども、
Speaker 1
しこたまリアクション薄いんですよね。
やっぱサイコパス感が。
ガブがオーバーリアクションだったのはわかるんですけども。
でもこういうやつ入れとプレイヤーに伝わんねえぜってことを改めて思うというか。
確かにリアル社会でいえばクライブくんぐらいのリアクションが普通なのかもしれんと思うんですよ。
困ってる妊婦さんいて、「うわどうしよう大変だ!」って叫ぶやつさんあんまりいない気がするんですよね。
そうですね。
クライブくんぐらいのリアクションが多分普通なんだろうなって思うんですよね。
でもゲームの中でガブみたいなやつがいるから、
そうだよな、確かに妊婦さんこのままほっぽってはいけんわってことをプレイヤー的にも納得するというか。
あとそのガブがエンディングのところでも、その妊婦さんが最後子供生まれたのかなみたいなところで、
ガブが嬉し泣きするよみたいなシーンとかあって、
こういうやついねえと確かにゲームなんか飲み込みきれねえわなっていうか、
僕の感情誘導が確かにされきらねえわってことは確かに思ったんですよね。
だからあの、僕ずーっとね、ガブはモブキャラだなって一瞬目の時は思ってたんですけども、
DLCで遊ぶときに、DLC本編ではほぼほぼガブ関係ねえんですけども、
そのついでにガブと飲み比べしたときに、ガブ大事だったわー。
ガブ、もう一回ガブと最初から付き合うのも悪くないなって思うぐらいに見直したというか。
よくよく考えるとFF16って多分ガブみたいな、結構思い出抱こうと思えば抱けるサブキャラ多かったんだろうなーって思ったんですよ。
Speaker 2
まあその中で特におちゃらけ役みたいなのをガブが担ってるみたいなのありましたよね。
Speaker 1
そうそうそうそう。
Speaker 2
まあそれぞれ個性はありますけどね。
Speaker 1
そう、サブクエで、正直僕もあの一周目のとき、いろんな人のお使いのサブクエやってるときに、
こいつの話もたるいなーって思ったのも確かにあったんですけども、
何だっけ、オッドとか?
隠れ家で三暴的にいろいろ教えてくれたり話を聞いてくれるんだけども、見た目は村人Aから一歩抜け切るか抜け切らないかぐらいのやつというか。
なんかそういうやつら、改めて思うのが、クライブ君って本当そういうやつら全員とちゃんと親身にやりとりしてんだよなーって思うというか。
僕からすると結構モブスレスレなんだけども、クライブ君にとってはモブじゃないってやつがいっぱいんだなーっていうのはね。
クライブ君からしたらモブもモブじゃないんだよね。
Speaker 3
そうですね。
Speaker 1
ただそれが伝わりきらないというのがあるんですけども。
なんかそういう見逃していたはしばしがあんだよなーってガブとかで振り返って思うというか。
Speaker 3
そうですね。
Speaker 2
そうですね。ガブは多分メインストーリーに絡んでくるキャラですけど、それ以外のキャラってサイドクエスト最後まで進めないとあんまり関わってこない人もいるじゃないですか。
Speaker 1
そうですね。そっちの方が多い気がしますよね。
Speaker 2
そうそう。そういう意味ではやっぱりサイドクエスト最後までやるとその辺が見えてくるみたいなのはありましたよね。
Speaker 1
そうなんですよね。
Speaker 2
サイドクエストは、本当はすみません、僕の個人的な感想ですけど、序盤は本当つまんないなーって思って。
かったるいなと思ったんですけど、最後の方のサイドクエストだけはかなり人物を掘り下げたりとか、クライブ君との関係性を表していたりとかいうのがすごい良かったなって思いますね。
Speaker 1
そうなんですよね。
Speaker 2
ただタイミングがあれなんですよね。ラストダンジョンに行く手前のところで解放されるので。
Speaker 1
もうちょっと来ますね。もうちょっと。
Speaker 2
そう。なんかすごい進行を阻害される感じがあるっていうのがすごい辛いところなんですけど。
Speaker 1
そうなんですよね。なんかいたしかゆしだなーと思っていて。
サブキャラに対してのサブクエストが1本じゃなくて、4,5本あってそのサブキャラを掘り尽くすみたいな構成が結構多いんですよね。
で、それをピュアに楽しみきれない時間帯に最後はやってきたりするんですよね。
そこが確かにいたしかゆしだなーってすごい思うんですよ。
Speaker 2
そんなことやってる場合じゃねーみたいな。
Speaker 1
空にオリジンが!って言ってるときに。
もう使い捨てる場合じゃないって。
そこがちょっと難しいというか。
でも多分、開発側がやりたかったことも今となってはわからんでもないというか。
でも序盤にやりきっちゃうと、そのキャラたちの関係性って掘り下げきれないんだろうなって確かに思うんですよね。
だから1人のサブキャラのクエストを一気にまとめてやるっていう形は、確かにそれもできんよなーって結果最後にドシャッときて。
Speaker 3
みんなの締めくくりのサブクエがわーっと最後にかぶさってくるっていう形だったんだろうなーというか。
その場面だからこそ出てくるその人の特徴というか個性というか。
あの場面でしか描けなかったっていうのもあるんでしょうね。
Speaker 1
そうだと思うんですよね。
Speaker 2
僕一つ好きなサブクエがあるんですけど、その話ちょっとしてもいいですか?
Speaker 1
どうぞどうぞ。
Speaker 2
ビビアンっていう学者先生みたいなキャラクターがいたと思うんですけど。
ビビアンの最後のクエストでこの価値ある孤独を称えよっていうクエストがあるんですよ。
これってビビアンって学者なので知識欲がすごいんですよね。
世の中には禁じられている本があると。
その執行者っていう人がその禁じられた本を探して処分しているみたいな話があって。
その本をクライブに探してきてくれないかみたいに頼むクエストがあるんですけど。
そのクエストも例によって探しに行って敵が出てきて戦ってみたいな感じで。
流れはわかりやすい。
流れは変わらないんですけど。
Speaker 3
そのクエストの後半の方でその執行者が出てきて。
Speaker 2
クライブでちょっと話をするんですけど。
その禁じられた本が実はベアラーは過去に他の人間を支配したことがあるみたいなことが書いてある本なんですよね。
世の中はベアラーが差別されている時代だからこんな本があってはいけないっていうことで多分その執行者がこの本を処分しようとしてるんですけど。
その執行者とクライブが話しする中でその執行者が歴史の解釈に正しさなんてものは存在しないんだと。
人の数だけ正しさがあるんだみたいな話をするんですよ。
それ聞いた時にこれまで結構単調な話だなって思ってたんですけど。
結構深いこと言うなこの人みたいな感じに思ったんですよ。
クライブ君が隠れ家に戻ってヴィヴィアンにそのまま伝えるわけですよ。
執行者こんなこと言ってたよって。
そしたらヴィヴィアンがそうだよだから誰か一人の正しさだけで世界を追ってはならないんだよみたいな話をしていて。
これって要は今のリアルな世界にも通じる。
戦争はなぜ起きるのかとかそういうテーマにつながる結構深いテーマだなと思ったんですけど。
FF16のテーマと重要性
Speaker 2
よく考えたらFF16ってこういうテーマとか、そもそものメインテーマが人種差別じゃないですか。
人種差別とか人それぞれ正義があるんだとか人によって歴史解釈が変わるんだみたいな。
こういう深いすごいテーマを持っているのになんでこの話がこんなにシンプルというか薄いんだろうって思っちゃったんですよね。
多分それがFF16にモヤモヤする原因なんだろうなっていうのに考えついたんですよ。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 2
これ多分さっきアルマさんがおっしゃってたクライブ君が迷いなくマザークリスタルぶっ壊していくみたいな。
そういうのとも通じるものがあって。
マザークリスタルの話って要は環境問題っていうか今の現実の話に置き換えると今化石燃料みたいなものガソリンとか石油とか使ってますけど
そういうのを再生可能エネルギーに変えていこうみたいな話とも通じるものがあると思うんですよね。
Speaker 3
FFシリーズって昔からクリスタルって環境問題だみたいなこと言ってたのがあると思うんですけど。
Speaker 1
こういう本来だったらすごい複雑で深いテーマをなんでこんなに単純なストーリーにまとめちゃうんだろうって思ったときに
Speaker 3
そういえばFF16ってすごい分かりやすさを重視してるなと思ったんですよ。何よりも。
それは多分きっと狙ってたんですよね。
Speaker 1
例えばのアクティブタイムロアーみたいなのがあるじゃないですか。
Speaker 2
ムービーの途中でこの人何言ってるのかなっていうときにアクティブタイムロアー開くと用語集みたいなのが出てきて。
これはこういう意味だよみたいな。
ゲーム内の解説コンテンツ
Speaker 1
あとビビアンレポートっていうビビアンがその時の状況を丁寧に解説してくれるパートとかもあったりして。
Speaker 2
ハルポクラテスもめっちゃ話してくれたよね。
Speaker 1
すごいこのプレイヤーを絶対に取り残さないみたいなスクエニの執念みたいな。
Speaker 2
それは本当ありましたね。
なんでここまでしてこんなことをやるんだろうって思ったときに、
これって明確な意図があるんじゃないかなってちょっと思ったんですよね。
Speaker 1
はいはいはい。
Speaker 2
これはよく考えたらですね。
差別みたいな重たいテーマをメインテーマに据えてるゲームってそんなにないし。
仮にあったとしても、例えばラストオブアス2みたいな。
あれは差別じゃないですけど、あれって要は人それぞれ正義があって、
敵と味方それぞれ事情があって、
要は戦争ってこうやって起きるんだよみたいな話だと思うんですけど。
そういう重たいテーマを扱ってるゲームって他にもなくはないんですけど、
そういうゲームってすごくこの悪が強いっていうか癖が強いっていうか、
やる人を選ぶっていうか。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 2
結構やるのしんどいんですよね。重たすぎるんですよ。
Speaker 1
おっしゃる通りですね。それはわかります。
Speaker 2
僕みたいなめんどくさいサブカルゲームおじさんみたいな人だったら、
そういうの好きだからやるんですけど。
僕もラストオブアス2とか好きだし。
でもそれを普段ゲームとか映画とかやらないし、
そんな歴史とかも興味ないしみたいな人がやったら、
やっぱちょっとこれしんどいわ、やりたくないわってなっちゃうと思うんですよね。
Speaker 1
いやそれは本当そうだと思いますよね。
Speaker 2
だからFF16ってもしかしたら、
そういうテーマはすごい重いんですけど、
Speaker 3
その重たいテーマをできるだけたくさんの人にゲームとして遊んでもらうみたいな。
Speaker 2
それをテーマにしたゲーム、それをプライオリティの一番上に置いてるゲームなのかなって思ったんですよ。
Speaker 1
それはすごい納得がいけます。そうなんだろうなって思いますよ。
Speaker 2
そう思ったら、急に吉田さんに申し訳ないような気持ちになってきて。
ここから先は僕の妄想みたいなのも入ってくるんですけど、
もしかしたら吉田さんは本当に心の底から世界を平和にしたい人なのかなって思ったんですよ。
っていうのも、癖が強くてテーマが重いゲームってごく一部の人しか響かないじゃないですか。
Speaker 1
おっしゃる通り、ラッサースやるのはしんどいですよ。
Speaker 2
そうそう、すごいニッチなターゲットにしてるんですけど、
それよりはもっときちっとした深いテーマを持ってたくさんの人に遊んでもらえるゲーム。
っていうのをやればFFなんかは巨大なIPなので、世界中の人がやるわけですよね。
世界中のどっちかっていうとオタクみたいな人よりは一般人みたいな人の方が人口の大半を占めてるわけで、
ゲームの目的とターゲット
Speaker 2
そういう人たちにこういう差別って良くないんだよとかいうメッセージを伝えるためのFF16だったのかなっていうのを思いついてしまったら、
なんかもうやべえこのゲームって、吉田さんやべえと思ってしまって。
Speaker 1
じゃあそこで少し見え方が変わったんですね。
Speaker 2
そこでもう少しというか180度くらい変わるくらいの勢いで。
Speaker 1
そうですよね。
いやーでもなんかそうなんだろうなー。
Speaker 2
結局このゲームは自分のためのゲームではないんだけど、
なんかもっと別のターゲットのたくさんの人に大事なメッセージを伝えるためのゲームなのかなっていう、
僕の最終的な結論っていうか、いう風に思ったらなんですよね。
Speaker 1
いやーでもなんかそうですよね、アクティブタイムロアとかの話も出ましたけども、
アクティブタイムロアとビビアンとハルポクラテスと、確かに解説コンテンツめちゃくちゃ多いんですよね。
僕の体験談でしかないから、フラットには言えないんですけども、
その機能はあったけども、その機能を使わんでもついてこれたぜ久々にFFって思ったんですよね。
結構飲みやすかったと思います。
シンプルな語り口とクリスタリスの神話
Speaker 1
もちろんベアラーとかドミナントとか、オリジナルの専門用語みたいなのはありましたけども、
まあ別に過去作を否定するわけじゃないですけども、過去作よりも飲み込みやすい語り口だったなぁと思うんですよ。
Speaker 3
そうですね。
思ったよりも結構シンプルでしたよね。
Speaker 2
その辺はファルシのウルシの反省。
Speaker 3
ああ、そうなんだ。
Speaker 1
ファブラノバクリスタルの話が出たよね。
Speaker 2
クリスタリスでしたっけ?
Speaker 1
クリスタリスでした。すみませんでした。
そういう神話があったんですよね。
Speaker 2
その反動もあるのかなって思いました。
Speaker 1
なんとかエトっていう神様がいてだなぁっていうところから入り、
いるのはわかるんだけどゲーム中で一回も出てないみたいなことも言われね。
まあそういうのはありましたけども、
村瀬さんおっしゃってくれた通り、言わればすごい画天外区というか、
取りこぼされない、置いてかれないっていうストーリー的にわけわかんなくならないっていう意味では、
だいぶ補助する体制がついていた。
そうですね。
そういうゲームでしたね。
Speaker 3
実際インタビューとかでも言ってますもんね。
とにかくみんなにエンディングを見てもらいたいっていうことをすごく言ってて、
それこそ過去のFFの罪と言うとあれですけど、
やっぱり15とかもいろいろ言われたりしたし。
Speaker 1
すいません、言ってました。
13も言ってました、すいません。
Speaker 3
確かに小平さんだけじゃなくて、世間的に結構言われてたっていうのも自覚しておられて、吉田さんは。
それもその反省とかも含めてるっていうのはインタビューで結構語ってて、
過去のFFの罪をなかったことにはできないけど、挽回するというか。
かつFFというIPを復活させるみたいなことが多分目的だったと思うんですよね、今回の16のミッションだと思うんですけど。
自分はそういうふうに捉えてたんですけど、
もしかしたら村瀬さんのおっしゃるように、その先にいろんな人に届けた上で、
そういう複雑な問題を考えてもらおうっていうこともあったかもしれない。
Speaker 2
まあ本当僕の妄想ですけどね。
Speaker 1
まあでもすごい腑に落ちる妄想だった気がしますよ。
いやーでもそうなんだよな。
実際、吉田さんとかが狙った通りの人たちに届いてればいいなと思うんですけどもね。
Speaker 2
実際どうなんでしょうね。
Speaker 1
売れ行きとかどうのこうの別にあまり語る気はないんですけどもね。
それこそ僕はFFシリーズ好きだし、毎回何だかんだ言って文句言ってるしみたいなところがある。
ちょっと厄介ゴタクなところがあるんですけども。
ストーリーの補助とプラスの評価
Speaker 1
まあでも毎回完璧なものが出てくればいいとも思わないんですけども。
僕の中で、それこそ最初に話したFF病みたいな話に戻っちゃうんですけども。
僕それこそ中学校小学校ぐらいの頃にFFって。
FFっていうのは常に新しい仕組みシステムとかを取り入れて変わり続けるゲームなんだみたいなことを。
それもインタビューだったのかな何だったのかなとかで見たんですよね。
それがすげーって当時思ってたんですよ。
FF5にしても6にしても7にしても。
ナンバリングの次の数字になった時に全然ゲームシステム変わってるみたいな。
今回はマテリアなんだとか。
何ガーディアンフォースって見ていた。
毎回思ってて。
それがすごいなって確かに思ってたんですよ。
映像が綺麗だってのは当時もありましたけども。
で、直近になって。
14は本当最近ちょっと触った程度しかないんで何にも言えないんですけども。
13もやって15もやって16もやってって思って。