1. ゲームなんとか
  2. Lv.98|アーマードコア6をな..
2024-03-18 1:32:21

Lv.98|アーマードコア6をなんとか Vol.02(ネタバレあり)

spotify

Lv.98配信です。

//// 出演 ///////////////

こへいHARU

//// キーワード ///////////////

おたより募集/ユニコーンオーバーロード/アーマードコア6(ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON)

//// チャプター ///////////////

()|OP「おたより募集のお知らせ/ユニコーンオーバーロード」
()|本編「アーマードコア6をなんとか」
()|ED

//// 番組へのおたより ///////////////

番組へのおたより・メッセージは番組ウェブサイト( https://gamenantoka.com/ )または gamenantoka@gmail.com へお送りください。

//// 番組YouTubeチャンネル ///////////////

ゲームなんとかの今後の活動の幅を広げるため、さらなる番組リスナーさん増加を目指してYouTubeチャンネルを開設しました。ポッドキャストと同じ音源を配信だけではなく、動画ならではの取り組みも挑戦していこうかと思いますので、ぜひともチャンネル登録をお願いいたします。
https://www.youtube.com/c/gamenantoka

//// その他 ///////////////

■ハッシュタグ
番組の感想やリスナーさん同士の交流には #ゲームなんとか をお気軽にお使いください!

■番組twitter:@gamenantoka

Summary

今回のエピソードでは、ユニコーンオーバーロードというゲームについて話しています。このゲームは、バニラウェアというメーカーが手がけており、ドット絵とシミュレーションRPGの要素を持っています。体験版でプレイした結果、戦闘や兵種のバランス、マップ兵器の活用など、アーマードコア6のシステムや要素について述べています。アーマードコア6のネタバレがありますね。楽しみな体験版が終わった後、製品版を起動してアセンブルしていく中で、自分のルール感や仲間関係を考える悩みが生じます。アーマードコア6のエピソードでは、バルデウス、アイビス、ミシガン総長などの強力な敵との戦いが描かれます。ミッションの途中から撃たれる感じがありますが、ミシガン総長との戦闘中に会話したりする様子がとても良いです。ミシガン総長は怖いけど仲間思いの親父で、的確なことしか言っていません。最終的にはミシガン総長を倒すために脳筋で戦うことを選択しました。本物のレイブンが乱入してきて焦る展開や、レイブンとの対峙による主人公の立ち位置の変化に注目しながら、アーマードコアの6作目におけるミッションやラスボス戦の熱さを楽しむエピソードです。ブログやSNSがネットコミュニティを盛り上げている中、技術ブログを通じたマーケティングの有効性とAI技術の進歩について考えており、ゲーム内でのキャラクターの選択と主人公の決断についても紹介しています。AC6のストーリーがシミュレーションの中で展開されているのか、シミュレーションの中での体験がAC6のストーリーだったのかという疑問や、神視点の存在について考察されているエピソードもあります。アーマードコア6のエピソードの続きを解説し、キャラクターの関係性や戦闘シーンについて話し合います。

00:15
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)です。
こへい・HARU・Dan)が、最初にオープニングトークして、その後に本編という構成になっていますが、いきなり本編を聞きたいよという方は、
こへい・HARU・Dan)ポットキャスターアプリのエピソードの概要欄のところにチャプターを記載していますので、そちらをご活用いただければなと思います。
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)はいはい。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)というご案内のもと、最初に、今日は最初に告知がございます。お知らせがございます。お願いがございます。
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)はいはいはい。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)今日が98回なので、2週間後に第100回、レベル100になるんですよ。
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)いよいよ。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)そして、配信日的にはすごく霧がよく、4月1日公開になる予定なんですね。
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)そうですね。新年度が始まってっていう感じですね。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)そこにレベル100がやってくると。
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)はいはいはい。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)というわけで、すごい久々なんですけども、お便りとかハッシュタグ投稿の募集をしてみようかなと思っておりまして。
こへい・HARU・Dan)うんうん。
こへい・HARU・Dan)今回は、その募集テーマとしてはですね。
こへい・HARU・Dan)うんうん。
こへい・HARU・Dan)カンストの思い出というか。
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)はいはいはい。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)ゲームやってるとね、つきもの、つきものってほどでもないかもしれないですけども。
こへい・HARU・Dan)うんうん。
こへい・HARU・Dan)まあ、なんかちょっとレベル100とかレベル99みたいな、ちょっと上限を超えたみたいなところで。
こへい・HARU・Dan)うんうん。
こへい・HARU・Dan)カンストっていいなと思いまして。
こへい・HARU・Dan)テーマとしていいなと思いましてね。
こへい・HARU・Dan)はいはい。
こへい・HARU・Dan)今しかできないなと思いましてね。
Speaker 3
こへい・HARU・Dan)うんうん。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)という意味で、皆さんのカンストに関するエピソードというか、思い出というか、
こへい・HARU・Dan)うんうん。
こへい・HARU・Dan)っていった部分のところを、お便りだったり、今ですとTwitterXの方でね、
こへい・HARU・Dan)うんうん。
こへい・HARU・Dan)ハッシュタグで、ハッシュタグゲームなんとかを使ったツイートとかで書いていただければ、
こへい・HARU・Dan)それをご紹介しながら、あーだこーだと話していくことができればなーと思うわけですよ。
こへい・HARU・Dan)はいはいはい。
こへい・HARU・Dan)というので、募集がですね、収録の関係上ですね、
こへい・HARU・Dan)3月24日の日曜日、23時59分までというようなところで期限とさせていただきまして、
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)はいはい。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)なんでまあ、今日これ配信してるのが、レベル98の月曜日から考えると、
こへい・HARU・Dan)3月24日はだいたい1週間後というようなところなんで、あんまり期間長いわけではないですけどね、
こへい・HARU・Dan)うん。
こへい・HARU・Dan)ぜひともお気軽に送っていただければなと思います。
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)はい。
こへい・HARU・Dan)まあ、自分がカンストまでやり込んだゲームみたいなのは定番じゃ定番っていうかね、
こへい・HARU・Dan)うん、そうだね。
こへい・HARU・Dan)まあ想像できるかなーっていう気がするんですけど、
こへい・HARU・Dan)うん。
こへい・HARU・Dan)まあまあそういうんじゃなくても、こういうカンストあったよねーとか、
こへい・HARU・Dan)それこそね、FFだったらダメージのカンストは9999じゃないの?とかっていう話とかね、
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)きゅきゅきゅきゅきゅ!みたいなね。
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)ふふふ。
こへい・HARU・Dan)まあその辺もいろいろありますね。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)そうそう。
こへい・HARU・Dan)うん。
こへい・HARU・Dan)どんな形でもね、カンスト、まあそんなにあのー、ことくまかに縛る気はないので、
こへい・HARU・Dan)うん。
こへい・HARU・Dan)あのー、カンストだよっていうテーマで、
こへい・HARU・Dan)えー。
こへい・HARU・Dan)思いついたものを教えてもらえればなと思いますねね。
こへい・HARU・Dan)はい。
こへい・HARU・Dan)でまあお便りだとこう、そこそこ長い文章も書けたりはするんですけども、
こへい・HARU・Dan)うん。
こへい・HARU・Dan)まあ別にこう短い文章で全然構わないんでね。
こへい・HARU・Dan)うんうん。
こへい・HARU・Dan)是非ともお気軽に、まあその短い文の中から僕らがこう拾って、
こへい・HARU・Dan)うん。
こへい・HARU・Dan)あーだったね、あーこれこういうこと言いたいのかなーみたいなところで盛り上がれればなと思っているというのは、
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)えー。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)実際のところですね。
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)感想と言えばこんなのあったよねみたいなレベルで構いませんので。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)さあさあさあ。何卒ね。何卒お気軽にお願いします。
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)よろしくお願いします。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)というお知らせでございました。
こへい・HARU・Dan)はいはいはい。
こへい・HARU・Dan)そして、まあいつものオープニングトークしていければなと思うんですけれども。
こへい・HARU・Dan)はいはいはい。
ユニコーンオーバーロードの話
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)ユニコンオーバーロードって出ましたよね。
Speaker 2
こへい・HARU・Dan)でましたね。
Speaker 1
こへい・HARU・Dan)いや、でましたね。出ましたねあれね。
Speaker 3
こへい・HARU・Dan)あれもしかしてやっちゃって。
こへい・HARU・Dan)やっちゃって勝ちっちゃいましたねなんかねやっぱり。
こへい・HARU・Dan)やってはいちゃいましたが、
Speaker 2
自分もね年中のときにユニコンオーバーロード気になってるんですよね。
Speaker 3
こへい・HARU・Dan)いやるかもねなんて言ってて。
でちょっと前に体験版をね、体験版が出ていたので、
Speaker 2
それをPS5に入れてやろうかなって思って
で、その時はまだパシフィックドライブっていう別のゲームを実はやってたんですけど
それの話はちょっと今回、コヘイさんもね
Speaker 1
ユニコーンオーバーロードやってるからちょっとそっちは置いといて
Speaker 2
で、体験版をやって
面白いじゃん、違って
で、パシフィックドライブの方ももうちょっと終わりそうだって
Speaker 3
で、その後本当はプレイグテールレクイエムを
終わらせてからユニコーン行こうかと思ったんだけど
Speaker 2
ささやくのよ、私のゴーストが
ユニコーンオーバーロードやろって俺のゴーストがささやくんで
結局勝手に今そっちやってます
Speaker 1
僕も先日ポケモンスカレットクリアし終わって
終わったーってなって
当初の僕の中の気持ちの予定ではね
Speaker 2
ドラゴンズドクマ2にはまだちょっと早いと
Speaker 1
20何日かですね
ちょっと早いからそのつなぎというかで
何か遊びたいものがあるなーって思っていて
当初僕はラッサス2のリマスター版遊んでね
追加モードみたいなのもあるから
あれ、わちゃわちゃ遊べばちょうどいいかなーって思ってたんだけども
先日TIGS、東京インディーゲームサミット行って
その場で何名かにユニコーンオーバーロード楽しいっすよって言われて
そうなんだーってなって
Speaker 2
あれ、俺言われてねーぞ
Speaker 1
これ僕のゴティかもしれないっすみたいなこと言われて
そうなんだーって
Speaker 2
そもそも言ってたからね、俺なんか
Speaker 1
そうそう、はるさんはもともと目つけてたよね
Speaker 2
コヘイさんは押したらいけそうだみたいな
すすめんやーって
Speaker 1
そうなんですねーって言って
とりあえず体験版を落として
シュミレーションRPGのゲームシステム
Speaker 1
体験版を遊びきらないうちに製品版をポチっていたっていう
おー素晴らしい
今ですねー
Speaker 2
いやなんかさ
バニラウェアっていう
Speaker 1
最近なった13機兵防衛系とかね
Speaker 2
その前だとドラゴンズクラウンとかは
その前だとボロムラマサとかね
最近リバイバルしたので言えばオーディンスフィアとか
あの辺の2Dのゲームをね
Speaker 1
ずっと出してるようなメーカーなんですけど
ドット絵に異常なる定評があるね
Speaker 2
そうだね、もはやドット絵ですらないんだけど
Speaker 1
2DAにこだわってるって感じかな
Speaker 3
そうだねそうだね
が今回一応シュミレーションになるのかね
Speaker 2
ジャンル的には
Speaker 1
シュミレーションRPGらしいよ
Speaker 2
らしいよね
まああんまりさ
シュミレーション弱者というか
あんまり普段からやるようなジャンルじゃないんで
Speaker 3
なんか実際やってみたところ
Speaker 2
あんまりシュミレーション感がなくて
すごくやりやすいんだけど
なんつーかな
Speaker 3
ゲームシステムだけで言うとさ
古くて大変恐縮っていうか
Speaker 2
俺があんまりやってないから
それしか例で出せないんだけど
反射区ヒーローみたいな
まあまあまあ確かにそうだね
Speaker 1
仕組みよね
リアルタイムストラテジーっぽい要素もありながら
まあでも
自分のコマと敵のコマがぶつかったら
バトルシーンになって
そこでこう
まさしく反射区ヒーローの通りよね
Speaker 3
やっぱ弱いやん
Speaker 2
反射区ヒーローは戦闘は本当に自動というか
そうだね
Speaker 3
そこは一応単性みたいになってて
しかもその単性のバトルの内容というか
どのキャラがどういう動きするかというのが
わりと細かく
Speaker 2
プログラムに近いような感じで命令できるみたいな
Speaker 1
そうね
Speaker 3
事前に命令しといて
こういう時はこうしてください
だからあなたの攻撃の特攻
要は空中の敵に特攻があるような
攻撃を持っているやつは
空中の敵がいた場合はこの攻撃をしてもらって
空中の敵がいない場合は
Speaker 2
他の攻撃してもらってみたいな
Speaker 3
のを先に全部決めといて
Speaker 2
そいつらを戦わせるみたいな
Speaker 1
そうそう行動の優先順位を
事前に決めておくというか
有識者によるとFF12のガンビットに似てるみたいなね
Speaker 3
あーらしいよね
俺ガンビットを
ユニコーンオーバーロードのプレイ体験
Speaker 3
結局ちゃんとやるところまでやらなかったから
Speaker 2
あれなんだけど
でもそういうゲームだったよね
Speaker 3
戦争の条件を先に決めといて
っていうような
Speaker 2
あれは本当にリアルタイムのバトルでしたけど
Speaker 1
FF12はね
だから上手いバランスというか
完全なるリアルタイム
っていう話でもないから
Speaker 3
割と
Speaker 1
上手く組めてなくてもそこそこやれるというかね
こういうの
あんまりやったことない
爆発が少ないです苦手ですって人でも
意外と遊べるんじゃないのっていうくらいの
とっつきやすさってのがあったし
たった今の僕とかでいうと
なんとなく感覚が分かってきて
延々とアセンブルできているっていうかね
ずっと悩んでるというか
Speaker 2
しかもさ
Speaker 3
ゲームやってるとすごい勢いでさ
Speaker 2
仲間増えてくるでしょ
Speaker 1
体験版であれ何人
人残れるっていうくらいさ
Speaker 3
どんどん増えてくるのね
体験版のプレイ体験
Speaker 2
3人の舞台が6個ぐらい
平気でできるでしょ体験版でも
Speaker 1
5個6個
Speaker 2
いけるから
Speaker 1
18人とか
20いかないぐらい
自分で雇えるじゃない
ウィーダーの酒場的に
だからまあネームドのキャラじゃなくても
自分で
この役職
このクラスの仲間欲しいな
って思ったら
適宜雇えるから
理想のパーティーみたいなもの追い求め
Speaker 3
続けられるんだね
もうちょっと回復役欲しいな
Speaker 2
回復役新しく雇ってみたいな
Speaker 1
そうそう
この手のゲーム僕もあんまり
経験ないから
僕どちらかというとキャラ系とかで
やってるタイプだったよねスパロボとか
ガンダム系の
ゲームとかでやってるところがあったから
あんまり
キャラ物の皮被ってない奴って
あんまり経験なくて
ジョブというかクラスというか
すごい種類多くない?
Speaker 2
めっちゃ多い
全然まだ多分できてない
Speaker 1
体験版で
やってる中でもどんどん
新しい兵種ができてきて
覚えれません
って言って
あの守りが勝った奴なんていうんでしたっけ
そういうことを思いながらずっとやってるんだよね
Speaker 3
ああいう
Speaker 2
シミュレーションのゲームって算数組みたいのが
あってさ
例えば槍兵は剣の兵に
強くて
弓兵は槍に
強くてどうだらみたいなさ
そういう算数組とかよくあったりする
言うても四つ組とかさ
Speaker 3
そういうレベルじゃないのよね
大まかな意味で算数組ぐらいには
Speaker 2
なってるのかなっていうぼんやりとした感じは
Speaker 1
多分ね
重装だ軽装だみたいな
Speaker 3
ぐらいのぼんやりは確かにあると思う
ただ厳密に言う
Speaker 2
兵種はもう死ぬほどはいるっぽい
Speaker 1
なんかね
僕も図鑑じゃないけど
アーカイブ要素とか見てたら
スクロールの
バー広
長!みたいな
Speaker 2
どこまでいいのこれみたいな
Speaker 1
なってるよね正直
それが楽しいんだよね
Speaker 3
楽しい楽しい
キャラクターによって個性がついてるから
こいつは戦士系なんだけどちょっと回復もできる
Speaker 2
みたいなやつもいれば
Speaker 3
戦士系でゴリゴリ
Speaker 2
敵の攻撃されても自身で回復する
Speaker 1
みたいな能力がついてるやつとかさ
キャラクターとジョブの多様性
Speaker 2
あるのよ
スピード重視だとか回避重視だとかさ
Speaker 3
それを相手に合わせて
Speaker 2
こいつはちょっと引っ込めといて
今度こいつ出そうかみたいな
出し入れしたりとか
Speaker 1
いいね
めっちゃ楽しいんだよな
シミュレーションってさ
Speaker 3
印象的にさ
テンポちょっと悪いよね
Speaker 2
みたいな印象ってあるじゃない
Speaker 1
あーまあね
Speaker 2
戦闘がいちいち挟まってみたいな
Speaker 3
その辺は
Speaker 2
相当気にしてるんだろうな
作ってる方がっていう感じをめちゃくちゃする
というかめちゃくちゃテンポいいなと
Speaker 3
そうね
Speaker 2
なんなら戦闘自体もスキップできるし
Speaker 3
なんなら後半スキップされるの前提なんだろうな
Speaker 2
これみたいな感じすらするというか
Speaker 3
でもスキップすると
その戦闘の結果みたいのは
もう
なんなら戦闘前から戦闘の
結果が若干見えるんだよね
Speaker 1
そうだね
予測されるダメージ
予測じゃないの多分そうなるんだよね
Speaker 3
確定なんだと思うんだけど
確定なんだけど
ダメージ量がコトコマに出るというか
その部隊と部隊の
ライフのマックスから
その部隊全体のライフが
どんくらい減りました?なんで
Speaker 2
誰が死ぬかとか分かんないのよね
Speaker 3
そうだね
Speaker 2
部隊のライフが半分になっていて
全員ライフが半分になってる場合もあれば
2人死んでるっていう可能性もあるんだよね
1人2人死んでる
みたいなことがあるから
その辺なんかすごい上手いバランスだな
Speaker 1
みたいな
Speaker 2
スキップしちゃうと何が原因で
Speaker 1
こいつら死んだのか分からないのです
そこ上手いよね
見てないでいると
改善できないんだよね
あれがまた悩ましいなって思うよね
Speaker 3
あれすごい
Speaker 1
いいバランスよね
いざ見るとさ
例えばそのステージの
ボスとかがいれば
ほぼ必ずなんだろうなって思うくらい
Speaker 2
会話のシーンとかがあったりとか
Speaker 3
あと意外と
Speaker 1
各キャラクターそれぞれで
アニメーションが
キャラクターがっていうよりかは
ジョブみたいなものでアニメーションとか
Speaker 2
結構多彩だから
Speaker 1
まあ見てても
結構なんだかんだずっと
新鮮な気持ちで見ていられるんだよね
Speaker 3
そうですね
Speaker 2
要素的に追加されるものが
Speaker 3
多いしそこから
Speaker 2
自分が新たに考える
要素
Speaker 3
戦略だったりこれとこれ組み合わせたら
Speaker 2
強いんじゃないかみたいなずっと考えながら
できるからずっとやれちゃうみたいな
戦略とバランスの重要性
Speaker 1
自分の組んだやつが
上手くハマった時の
高骨な感じがすごいよね
ここでチェイスがハマった
みたいなことになるね
Speaker 2
槍兵のさ
Speaker 3
槍兵じゃねえや
Speaker 2
騎兵か馬に乗って槍持ってるやつ
Speaker 3
あいつの最初から持ってるアサルト
Speaker 1
なんだったらみたいなさ
クライブ君ね
あいつでしょ
Speaker 3
あいつの連続攻撃やべえよな
その攻撃で敵にとどめをさすと
もう一回攻撃ができます
Speaker 1
そうなんだよ
Speaker 3
ハマるとずっと
Speaker 1
攻撃してる
全滅するまで許さないマンガできる
Speaker 2
レベル差が離れてると
確実に全員殺すマンになる
Speaker 1
あれとかね
Speaker 2
笑っちゃう
そうなんだよね
バランスの取れた舞台を作るのか
それとも極端にした方がいいのか
って結構試行錯誤は
全員
弓兵にした方がいいのか
なあそうなんだろうとかさ
ああいうのちょっといろいろ
Speaker 1
トライアンドエラーしたくなっちゃう感じ
そう固めきって
舞台の個性を
尖らせてしまうみたいなのが
僕は正直それ今試行錯誤中なんだけど
一回やった時にさ
こっちの方に
苦手な敵しかいないみたいな状況になった時に
マジ詰むんだよね
Speaker 2
まあ終わるよね
誰か助けてってやるの
Speaker 3
誰を出しても死ぬみたいな
Speaker 2
ダメージ量とか見えちゃうから
Speaker 3
こいつ出しても
Speaker 2
こっち全員死ぬの見えちゃってんだなみたいな
誰出しても終わるみたいな
Speaker 1
エンカウントしちゃうとね
当たっちゃうと逃げるっていう手がないからさ
もうやられるがままを
見るしかない状態になるし
Speaker 2
その辺もなんか上手いよね
いざ当たっちゃうと回避の手段が
ないので
Speaker 3
そこを見越して先に
Speaker 2
いろいろ動いてないと
Speaker 1
でまたさ
敵部隊がずっと延々と戦い続ける
ってことができないような
スタミナみたいな概念があったりするじゃない
あれもまた面白いよね
すごい先出して
お前で一掃してこいみたいなことが
僕がスパロボでやりがちなことね
すげえ今日から前に出して
全員反撃でぶち殺していく
スパロボ流のやり方ができないようになってる
Speaker 3
敵の兵種がだいたい
決まってると
Speaker 2
ここのミッションは
だいたい相手はこの兵種だな
Speaker 3
っていうのが決まってたらそれに得意な
Speaker 2
部隊みたいなのが
自分側にいればもうそいつだけでほぼ無双状態
Speaker 3
になるんだけど
Speaker 1
無双してると自分のスタミナが切れて
Speaker 2
そいつ動けなくなるっていう
行動不能になっちゃうんだよね
あの辺上手いよね
Speaker 1
やらせねえよっていう感じ
あとフィールドスキルみたいなのも
あったりして
これまたスパロボ用語で申し訳ないけど
マップ兵器みたいなのもあるよね
俺の爽快感とかね
結構効くんだこれ
Speaker 3
とか思いながらね
マップ兵器使うための功績みたいなのがあるんだよね
敵を倒すと
ポイントみたいなのがたまって
Speaker 2
ある程度以上ポイントがたまってると
Speaker 3
マップ兵器なり
Speaker 2
マップで回復とかね
Speaker 1
そういうのが使えたりする
そういうマップ上でできるコマンドと
あとその
それのゲージみたいなやつ使って
部隊出撃とかもあったりするから
結構その考え方
というかね
序盤はまだまだそこであんまり苦労はしないんだろうな
Speaker 3
って思うんだろうけども
Speaker 1
後半結構ね絶対悩ませられるんだよね
Speaker 2
何を今するべきか
このゲージを使ってみたいな
新しい部隊を出撃させるのか
それとももうちょっと攻撃的な手を打つのか
Speaker 1
ねえ
例えばこの部隊このまま放置してたらやられるぞ
ここで回復させるのかそれとも
助けの部隊を召喚するのか
どっちだみたいな悩み
絶対来るじゃんってかもよね
Speaker 2
俺それでさ一個さ
すげえやらしたー
っていう時があって
Speaker 3
結構デカめのマップの
ミッションね
Speaker 2
3箇所の拠点を取れっていう
Speaker 3
ミッションだったの
1箇所2箇所取って
3箇所目で
特定のキャラと
あと相手の総大将を会話させると
どうやらその総大将が
Speaker 2
仲間になってくれそうだぞみたいなのがあった
Speaker 3
でもその前段階で
結構敵に追い詰められちゃって
ピンチ状態になって
Speaker 2
仲間の一人の中のそのスキルに
Speaker 3
自分らの
作ったパーティーじゃない
Speaker 2
関係ない傭兵団を呼び出せるっていうのが
Speaker 1
あったの
Speaker 3
それを使ってその場をしのぐ
Speaker 2
っていうことをしたのね
これでなんとか窮地を脱するぜ
と思ってやって
Speaker 3
その傭兵団が思ったより強くて
Speaker 2
ガンガン前行って
なんならボスの所まで行ってそいつ倒しちゃって
Speaker 3
そうしたら言うこと聞かないから
Speaker 2
命令は出せないの
どんどん行っちゃってボス倒しちゃって
Speaker 3
いやどう考えても
Speaker 2
こいつ仲間になったでしょみたいなやつぶち殺しちゃって
そのままミッション終了みたいな
うわまたまたやるみたいな
そんなことあるの
Speaker 1
なるほどな
Speaker 2
それはちょっとね
想定外だったな
そのミッションやり直しましたけどね
やり直した
しかも割とでかいミッションで
Speaker 3
戦闘とか結局ね
Speaker 2
2回目やるときはスキップとかできちゃうから
スキップとかあるから
結構ガンガン進めると
そんなに関わらず
済んだは済んだんだけど
Speaker 1
あのゲームって
自分が行動をミスって
パーマネントです
みたいな状況になるって
多分ないっぽいよね
Speaker 2
ないですね
Speaker 1
味方になればないですね
ステージでやられちゃっても
次ステージ回復してるもんね
Speaker 2
そうですね少なくとも
Speaker 1
仲間にし損ねた
みたいなところがきっと
やり直し要素になるんだねきっとね
Speaker 2
でちゃんと2回目やって仲間にしたら
Speaker 3
ちゃんとそこそこ
Speaker 2
イベントっていうかイベントシーンみたいなのが
ちゃんとあって
危ねえと思って
Speaker 3
もうバカ野郎
そんな
完全に俺もこいつと後話せば終わりだ
Speaker 2
と思ってたらもうその傭兵が
前行っちゃった
いやいやその能力で呼んだ傭兵って
Speaker 3
そんな強くなくない?みたいな
Speaker 1
そんな強いんだ
Speaker 2
それか敵ボスが
Speaker 1
弱かったのか分かんないけど
Speaker 2
なるほどな
アセンブルとルール感
Speaker 3
まあでも今んとこめちゃくちゃ楽しんで
Speaker 1
やっておりますね
Speaker 2
あれ楽しいよ
Speaker 3
ビジュアル的にはそれこそさ
Speaker 2
一種スーファミぐらいのテイストを
受け継いでるようなさ
画面ちゃあ画面じゃない
Speaker 3
だけどやっぱり
ゲームとしての作り込みが
素晴らしいねと思って
Speaker 1
素晴らしいよ
Speaker 2
その中でも楽しいものってできるじゃないみたいな
Speaker 1
いやほんとよ
Speaker 2
しかも俺らみたいな世代は寄り刺さっちゃうよね
手に馴染むみたいな
Speaker 1
いやほんと
あれ実際
僕PS5版買ったんだけども
スイッチ版とかも出て
ちょっと
スイッチでも良かったかなって
思う気持ちもちょっと
Speaker 2
今になって湧いてるんだよね
ゴロゴロやりたい
ちょうどいいかもしんないね
俺もちょっと考えたけど
PS5で体験版やってたから
また体験版のところやり直すのちょっと
Speaker 1
嫌だな
Speaker 3
なんならリモートプレイってできるしね
Speaker 1
まあ確かにな
それはそうだな
おっしゃる通り
体験版終わって
体験版自体がさあれ面白いなと思ったけど
7時間みたいな
Speaker 2
時間制限
Speaker 1
時間で区切られてるみたいですね
あとは何か一定のとこまでしか
ストーリーとしては入ってないから
7時間未満でもここまで行ったらおしまい
Speaker 2
区切りはあるっぽいけども
俺がっつり7時間くらいやった気がする
Speaker 1
僕も結果7時間ジャストくらいで
体験版ここまでスーってのが出て
Speaker 2
ぴったりって思って
でもこれからいいところっていうところで切れたから
どっちで切れたんだろうなって思ってた
Speaker 1
いやでもさ
7時間たっぷり
超楽しんでしまったよ
Speaker 2
こんな広いところまで行けちゃっていいのみたいな
Speaker 3
ずっとやってるんですけど
Speaker 1
結構遊んだよ
Speaker 3
そうそう
Speaker 2
あれはでもいい体験版ですね
Speaker 1
引き込まれますね
さあその体験版が終わった
ほんと今ちょうど体験版終わって
製品版を起動して
アセンブル1時間くらいしてるぐらいの
ところでしかないんだけど
そこからが
組む
自分の中ですし道が分かってきたというか
一回ばらして
組もうっていう気持ちになって
全部一回ばらして
組んでる最中なんだけども
体験版終わったところで
Speaker 3
僕それまではさほど買い物をせず
Speaker 1
お金もそこそこあって
自分の中で
すごくルール感が分かってきて
書く店だね
いろんな武器や
一通り見てあんなアイテムこんなアイテム
みたいなものがあるっていうのを一通り買って
多分
見落としないはず
ぐらいの感じの仲間が揃っていて
ゼロから
組もうとするとしこたま時間かかんのよ
Speaker 2
そうでしょうね
俺まだゼロにしたことないもん
Speaker 1
しこたまかかるよ
Speaker 2
次足し次足し
Speaker 1
微妙にさ
主人公のアレイン君っていうのがいて
仲間の
ずっと友達でしたみたいな
レックスみたいなのがいて
さっき話してた
馬の強いクライブ君とかがいて
微妙にキャラクター同士の
仲間関係絆関係みたいなのが
分かってきてるから
仲間関係と親密度
Speaker 1
この盗賊とこいつは組ませたいしな
とか
微妙なこだわりが
邪魔をするんですよね
終わんねーのマジで終わんねーの
Speaker 2
それ気にし始めちゃうと
同情なくなってくるかもね
Speaker 3
こいつとこいつは話したくないな
Speaker 2
でも信頼度みたいなのもあるんだよね
Speaker 1
そう親密度もあるから
Speaker 2
そういうのも
まだ今のところどういう影響してるのか
分かんないけどそういうのがかかってくるんだろうな
Speaker 1
とか考えちゃうと
あとさ
Speaker 2
おじいさまがいるじゃないジョセフ
Speaker 1
そうジョセフおじいさまがいるじゃない
圧倒的強さを誇る
Speaker 2
みんなレベル1からスタートしてんのに
なぜかジョセフだけレベル20っていう
Speaker 3
どうしたパパスかって
Speaker 1
どう見てもパパスって
Speaker 3
あいつね
Speaker 2
すごい歴戦の老兵みたいなね
で主人公に
武術を教えるみたいな
Speaker 1
声がゲラルトさんと
Speaker 2
一緒なのよ
Speaker 1
そう
こいつは
多分よからぬことあるね
Speaker 3
って感じがする
Speaker 2
早いうちに死ぬよねって思ってるけど
俺今プレイしてる段階で
そういうことにならないから
Speaker 1
どうなっちゃうんだろう
だから僕ジョセフの処遇を
どうするかすごい悩むのはね
Speaker 2
俺ジョセフ途中で
人数揃ってきたらパーティーから外しちゃったな
Speaker 3
外しちゃったか
圧倒的に強いし
Speaker 2
この人入れてても別にこの人レベル上がらなくない?
Speaker 1
そうなんだよ
そうなんだよ
Speaker 3
でもお話的には入れたいのも
Speaker 2
山々なんですけど
Speaker 1
そうなんかね
親密度っていうゲージがあるからさ
そうね
一定親密度上げておいた方がいいんじゃないかって
僕の気持ちもあって
Speaker 3
親密度上げてないと死んじゃうとかそういうこと?
Speaker 1
いや別にそうとは
Speaker 3
怖い怖い怖い
Speaker 1
どうなるって
なんかさ
自分が働くんだよねジョセフに関して
Speaker 2
そんなことなったら俺罪悪感で2週目やっちゃうよ
ジョセフを生かす道に行かれば
イフに行かれば
Speaker 1
いやそう
じゃあ親密度を上げるとしたら
誰との親密度を上げるんだいって
僕の悩みも発生するんですよね
Speaker 2
主人公じゃないの?
Speaker 1
いやでも主人公と親密度を上げるの
ジョセフか?
とか思いながらね
いや女の子だろ
みたいなこともやるね
すごい幸せの悩みで
エイントアセンブルが終わんないんだ
Speaker 3
そこ考え出しちゃうとそうだろうな
Speaker 2
あの親愛度が
結局何に関わってくるのかっていうのは
Speaker 1
わかんないからね
親密度だったりとか
装備でさ
スキルがついたりとか
装備で
APとかPPが増えるよみたいなやつとかもあったりで
有限な装備を
どの装備をどの仲間につけて
どの仲間とどの仲間を組ませるか
みたいなこと思うと
無限の戦術なのよ
Speaker 2
いやいやそうだと思うよ
Speaker 3
結構レベルが上の
Speaker 2
敵でも戦術さえはまってれば
割と勝てるみたいなとこあるよね
Speaker 1
そうなのよ
体験版の中でもそこそこ
あやべ苦戦するみたいな場面とか
時々出てきたりしてたから
なんかこう上手に組んで
上手に
命令系統も作り上げて
ハマった戦い方してー
っていう欲がね出てくるんですよ
Speaker 3
そうね
Speaker 2
でもゲーム的にさちょっと親切でさ
ゲームの楽しさと世界観
Speaker 3
ミッションに入る前の段階でさ
このミッションの中で
出てくる敵は大体こんなやつが出てきますよ
Speaker 2
みたいに教えてくれるじゃん
Speaker 1
そうそうそう
Speaker 3
じゃあこいつを出せばいいから
Speaker 2
多分大体いけんなみたいな
今のパーティーというかね
舞台編成でみたいなね
そういうのがあるから結構
全体的に変に不親切なところはない
っていう感じがすごいあるかも
その中でも不良のこういろいろね
配慮が行き届かなくて
Speaker 3
なんか壁端に追い詰められて
Speaker 2
なんか袋叩きにされるみたいな
状況とかいっちょいちょいあるよね
あるある
Speaker 1
ポコポコにされる
Speaker 2
弾かれて弾かれてどんどん追い込まれていくみたいな
一瞬で一部隊消滅みたいな
Speaker 1
あのゲームはこう
全然ね
体験版の時点では冒頭なんだと思うけど
多分奥深い気がすごい
Speaker 2
するのよね
って気はしますね
Speaker 3
ゲーム的に進んでいくと
Speaker 2
どんな感じになっていくのかみたいな
Speaker 1
そういうところもありますけど
世界観的にも
いわゆる剣と魔法のファンタジー
Speaker 3
みたいなね
ひとまず体験版の時点では
Speaker 2
お話的には結構王道な感じだよね
こういうやつか
Speaker 1
まっとうに遊んで
どのくらいのゲームボリュームがあるのか
わからないままではいるんだけど
これは沼あるときは本当に沼るぞ
って思ってね
Speaker 2
なんかでも終始ずっと楽しく
やらせてくれそうな雰囲気は
プンプンしますけどね
Speaker 1
楽しいんだよね
Speaker 2
駆け抜けられそうな気がしますけど
Speaker 1
体験版時点でも
楽しいなって思ってるんでね
Speaker 2
そうっすね気になった方はとりあえず
手出してみて
間違いではない体験版な感じはすごいしますね
良かったです体験版の時点で
Speaker 1
ゲーム性はちょっと違うと言えば違うんだけど
13系防疫圏楽しめた人はたぶん楽しめるんじゃないかなって
思うところはあるんだな
ロボットシミュレーションと一緒ではないけど
通ずる部分はある気がする
ああいうゲームが好きな人はたぶん
ユニコーンオーバーロードも楽しいんじゃなかろうか
Speaker 3
と思いますよ
個人的にはねバニラウェアが
Speaker 2
PSPかなんかに出してた
グランナイツヒストリーっていう
テイスト的には結構近いゲーム
いくつか国があって
Speaker 1
そこの中での戦争の話みたいに
Speaker 3
シミュレーションじゃなくてもうちょっと
単性のRPGに近いような感じなんだけど
Speaker 2
そのゲームも
戦闘に入る時に
Speaker 3
キャラクターがさなんかちょっとピョンって
Speaker 2
入ってくるじゃない画面にピョンって
ユニコーンオーバーロードもそうなんだけど
同じ入り方して
ちょっとなんか同じ名かと思って
なるほどね
ピョンピョンピョンピョンってみんな入ってくるよな
Speaker 1
そうだねみんなね
でもあれが多分クラスごとに結構
モーションしっかり違うからね
あーそうかも
なんかすごいヌルヌル動いてる感があるんだよね
Speaker 2
いやーこだわりすごいですよね
何枚絵描いてんだろみたいなね
全部手描きにこだわってるのが
Speaker 1
入れつないよね
Speaker 2
いやすごいすごいほんとすごい
Speaker 1
いやー話しすぎました
Speaker 2
えーえーえー
Speaker 1
下手したら本編の方もね
そろそろ熱が入ってしまうかもしれないんでね
まあまあ本編いきましょう
たぶんユニコーンオーバーロードはまた後日
きっと話すことがあるでしょう
そんなわけで今日はね本編では
アーマードコアシックスについて
Speaker 3
話しますよ
Speaker 2
ネタバレありで話したいと思います
Speaker 1
えーあのー
夏ぐらい夏ぐらいに
話して以来で結構久々になるんですけども
Speaker 2
そうですね発売直後9月の
Speaker 3
初めくらいかなー
Speaker 1
話しましたけど
そう当時はハルさんが
エンディングを迎えていたけれども
その辺はゴニョゴニョした感じであまり
Speaker 2
話さず
ちょっとネタバレ的な話は極力
飲み込んでっていう感じで話しましたけど
Speaker 1
当時はあくまでも序盤だけのネタバレ
ありみたいな形で話しましたけども
今回は
マジでこう僕も
ガッツリエンディング迎えてますんでね
Speaker 3
そういえばネタバレありで
Speaker 2
話してねーなって思って
Speaker 1
そうそうそう
ネタバレ大ありのありでね
そんなわけで早速
本編入っていこうかと思いまーす
本編でーす
Speaker 2
はいアーマーのコア6
ファイヤーズ
オブルビコンの
ネタバレありの話です
Speaker 3
約束だぞどうも
Speaker 1
愉快な遠足の始まりだ
あー愉快な遠足始まりましたよ
バルデウスと序盤のボス戦
Speaker 1
行きましょう愉快な遠足
Speaker 3
ミシガン総長行きましょう
Speaker 2
行きましょう
Speaker 1
ミシガン総長いいキャラしてるよ
ガンズ13ぐらいの気持ちで行きましょう
Speaker 2
行きましょう
Speaker 1
というわけでね
前回話した時は
チャプター1とか
ぐらいまでの
バルデウスが強ぇぜみたいな話とか
Speaker 3
で終わっていたようなぐらい
Speaker 2
チャプター2を超えないみたいな感じの
喋りだったかなそんな記憶があるんですけど
Speaker 1
そうそうそうほんと序盤なんだよね
はいはい
いきなりネタバレっちゃうネタバレになりますけども
ある種
周回前提のゲーム作りだったじゃない
Speaker 2
そうでしたね
Speaker 1
だからあのほんとにもう
3週分僕もたぶん春さんもだろうけど
3週分しましたよっていう前提の
話になりますんでね
Speaker 3
そうですよ1週だけやって
Speaker 2
クリアしたからもう3週はいいかな
っていうその
エルデンリング3週はきついよねと
ちょっと話が違うんですよ
Speaker 1
でもそういう意味ではさ
1週目でこうさ
僕の体感で言えば
ほぼ全ボス
死ぬほど苦労したんですよ
素通りできたボスいたかな
Speaker 2
そうね
Speaker 3
そうね1週目特に
Speaker 2
きついの多かったね
Speaker 3
パーツが揃ってないから
Speaker 1
きつさがね
Speaker 2
自分の腕もだし
まあ腕もそうだけどね
Speaker 1
装備品も揃い切ってないし
なんだろうね
ある意味自分の
太陽獅子みたいなのが
固まらない中でこう
あーだこーだ言いながら戦ってるのが
1週目だった気がすんだけども
Speaker 2
割とすんなりいったボスとか
俺ワームぐらいじゃないかな
Speaker 3
あー
Speaker 2
あいつはなんか割と最初からサクッといけたな
Speaker 1
みんなで倒そうバトルね
そうそうそう
Speaker 2
あれ良かったなぁ
あれはなんかイベント戦感すごいあったね
Speaker 1
そうだねでもあのイベント戦好きだったなぁ
Speaker 2
そうね
Speaker 1
ラスティ勝っちゃえーって思いながらね
Speaker 2
ラスティなぁ
Speaker 3
ラスティかっこよすぎていけつかねえんだなあいつ
Speaker 1
戦友頼むぞとか
任せてくれラスティみたいなこと思いながら
Speaker 2
なんか色々楽しすぎて
こいつ怪しいってずっと思ってた
Speaker 3
絶対なんかあるだろう
Speaker 2
と思ってた
でも普通に割といいやつ
な感じだったね
Speaker 3
まあ最終的には実はちょっと裏がある
Speaker 1
みたいな話では
裏はあったけどもラスティは憎めないやつだったな
最初から最後までな
でもなんかこう言いたかったの
1周目めっちゃ苦労する作りやけども
なんか2周目3周目って
その装備品が揃うからなのか
自分の腕が上がるからなのか
あの1周目
Speaker 3
うわまたまるっと1周かー
Speaker 1
っていう時間はかかんなかったね
Speaker 2
かかんなかったね確かにね
だって1周目あんだけ苦労したバルテウス
ほぼノーミスとかでいけちゃうでしょ
Speaker 1
そうそうそう
マジでって思うよね
僕あのバルテウスの手前で死ぬほど倒れてたからね
Speaker 2
あースッラね
Speaker 1
そう打鍵がとか言われてたやつに
こうめちゃくちゃ苦労してたんだけども
Speaker 2
確かに確かに
Speaker 3
きちくだよね本当にね
Speaker 2
手前にそこそこ強いACが出てきて
その後連戦でバルテウスっていうね
Speaker 3
間中間セーブ入るにしても
Speaker 1
そう
でも装備品また買い直したいから
1回リタイアするかなー
って思ったのがバルテウスだったから
Speaker 2
あったなー
Speaker 1
2周目3周目はこう
もちろん難しいミッションもあったけれども
Speaker 3
意外と
Speaker 1
嫌にならないぐらいの
ストレスが過剰にかからないぐらいで
いけたのがうまいゲーム作りだったなー
Speaker 3
と僕は思いましたね
Speaker 2
あいまいまで1周目と違う要素が
結構挟まってくる
Speaker 1
分岐がされるというかね
Speaker 3
だからその部分が
Speaker 2
どういうことなのかみたいな考えるみたいな
感じでこう
前のめりでずっと3周目までいけた
感じはありましたね
そうそうそう
Speaker 1
あの辺もうまくできていたなー
あれはね楽しいゲームだった3周分でね
Speaker 2
ちなみにその
1周目苦労したみたいな話ありましたけど
Speaker 3
全般通してさ
ボス戦で苦労したな
Speaker 2
こいつ苦労したなーっていうのはどれ
バルテウスは
Speaker 1
あったとして
僕はバルテウスが
振り返ればバルテウスが一番苦労
したなと思っていて
その次に
苦労したのはやっぱりアイビスかな
アイビス
伝わる人には伝わるかもしれないけど
初見キュベレだと思ったんですけど
うわキュベレだと思って
Speaker 3
みんな一回キュベレしてたら
Speaker 2
みんな思うんじゃない
ボディのフォルムといい
肩のところからファンデル出るっていう
Speaker 3
そうそう
Speaker 1
完全にファンデルと思って
Speaker 2
めっちゃ早いキュベレみたいな
Speaker 1
すごいこうね
印象的なボスだなっていうのと同時に
めたくそ強えって
Speaker 3
あれなんか後々
Speaker 2
弱体になりたいらしいですねあいつもね
Speaker 3
そうなんだ
Speaker 2
どの部分がみたいな細かくは知らないけど
剣振るとさ
衝撃波みたいなの飛んでくるでしょ
しかもそれがくっそいてんだけど
Speaker 3
あれがなんか多少弱くなった
Speaker 2
みたいな
Speaker 3
あれだって一発上がったら本当に
Speaker 2
1ページくらい持ってかれるみたいなイメージだった
Speaker 1
あれそうね
僕は何で死んでるのかわからないくらいに
Speaker 2
ボコボコしてたけど
えこいつ倒せんのって思ったよね
バルテンスもまあ
倒せんのかよって思ったけど
あいつは回復するじゃないシールドが
そういう意味でなんか
倒せんのかよって思ってたけど
アイビスに関しては攻撃が
Speaker 1
しれつすぎて
Speaker 3
本当にね
Speaker 2
どこで攻撃すりゃいいのっていうか
そう
Speaker 1
アイビス
集中力が持たないというか
ギリギリでかわし続けて
むしろ当てることに
集中できないというか
生き残るのに精一杯で
Speaker 3
どこが
Speaker 2
攻撃チャンスなのか
Speaker 3
気づくまでがひたすら長かった
アイビスとラスボスの苦戦
Speaker 1
そうね大変だったし
ストーリー的には
熱い場面だからさ
Speaker 3
先気になる
めっちゃ先気になるのよ
Speaker 1
くじけずにいきたいんだって
Speaker 3
全然進めない
なんなら俺ここであれこいつ
Speaker 2
ラスボスなのかなって思ってた
Speaker 3
あまりに強かったから
あれこれラスボス?確かに場所的にも
Speaker 2
ラスボス戦観あるような場所かもね
って思いながら倒したら全然ラスボスじゃなかった
Speaker 1
しかもあいつ
一回倒れて
再起動するよね
Speaker 2
確かにラスボスっぽいよね
ラスボスっぽいのよめちゃめちゃ
Speaker 3
今回でかいやつじゃなくて
Speaker 2
シュッとしてて強い系のラスボスなのね
って思ってたけど全然違った
Speaker 1
もう一回動いてきてガッカリしたもんね
Speaker 2
まだ来るのかよって