1. 遠距離おじさん―プチ鹿島とみちのよもやまばなし
  2. #44おじさんのもう一度”なぜ..
2024-05-23 32:16

#44おじさんのもう一度”なぜニュースを見るのか”のこと

東京と大阪(たまに台北)に住む仲良しおじさん。この度、週に一度話せる場ができました。毎週木曜日、朝6時更新。日常の四方山を海千山千におしゃべりする三千ゆったり世界。はじめてのおじさん旅。ご意見、ご感想はハッシュタグ、#遠距離おじさん

または、下記フォームよりお知らせください。


<お便り・お問い合わせ>

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSebT4zxwUSTzS6sOzdGS_bICq1YIEAYPWIj3y7FdEv4vt9FMg/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0

<出演>

プチ鹿島

みち


<企画・番組構成>

みち

[LISTEN]

⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://listen.style/p/enkyori⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

<効果音>

星巴克 古亭門市店(一部大きなが背景音がします。視聴の際はご留意ください。)


東京ポッド許可局 第567回「なぜニュースを見るのか論」

https://www.youtube.com/watch?v=XNosTWv8u0c

https://open.spotify.com/episode/6n8s1hNBc2WX31f02ndptO?si=r5v--yeRRaiR_TJAGDFshw


世界の不正義に怒る男性 野沢直子さんが抱く違和感「あなたは今…」

https://digital.asahi.com/articles/ASS5K30WGS5KUCVL02MM.html


#プチ鹿島 #ダースレイダー #tokyopod #ヒルカラナンデス #ヨルカラナンデス #センキョナンデス #大吉ポッドキャスト #台湾ナンデス #中華民国総統就任祝賀式典

00:00
みち
鹿島さん、おはようございます。今回は第44回、5月23日の遠距離おじさん。
ゾロ目でございますね、44回。
いかがでしたでしょうか、鹿島さん。
プチ鹿島
これ配信は目標の朝ですよね。
みち
そうですね、目標の朝ですね。
プチ鹿島
はい。ですから、昨日の晩、僕はかすがたいちさんとイベントをやりました。水曜日のイベント。
で、これ喋ってるときはイベントの前なので。
みち
前ですね、そうですね。
プチ鹿島
で、かすがたいちさんとはもう3年ぐらいイベントやってるのかな、数えて。
みち
そうですよね。長いですよね、ロフトでね。
プチ鹿島
もともとお付き合いというか、お知り合いになったのも10年以上経つんですけど、そのかすがさんが今回大きな賞を受賞されましたよ。
みち
そうですよ。
プチ鹿島
公康フィクション賞。
みち
見ました、見ました。
プチ鹿島
すごくわかりやすく、僕の中の解釈でいうと、ノンフィクション界のM-1で優勝したようなものですよ。
みち
そうですか、これは輝かしい経歴だと。
プチ鹿島
もちろん他にもたくさん素晴らしい賞をね、僕ノンフィクション読むの好きですから、ありますし。
でも大谷賞を取るって、ノミネートだけでもすごいと思うんですよ。
すごいですね。
で、実際かすがたいちさんは鬼の筆ってね、もう長年取材されて、昨年末ですか、参考されてね。
僕も一躍読ませていただきましたけど、本当に面白かったし、
みち
うわーこれ時間かけて丁寧に、今までありそうだけどない切り口で、本当に面白かったです。
プチ鹿島
脚本家の橋本忍さんの生涯というか、作風というか、
みち
だいたい戦後の面白い映画って橋本さんのところで書いてますからね。
だからそんなに知識がない人でも、一から読んでも面白い本なんですよ。
いよいよ勝利も輝いたということですね。
もうたくさん手に取っていただけると嬉しいですね。
プチ鹿島
いやー、だからそれは嬉しかったですね。
すごくないですか、普段そういう人とホットで、
政局の話とかプロレスの話とか野球の話だけしてるんですよ。
みち
それはいいですよね。
プチ鹿島
でもそういう膨大な無駄な知識があるからこそ、あの本も。
みち
なるほどなるほど。
プチ鹿島
そういうジャンルに知識膨大な方が、
本当に自分の調べたいことに時間と研究を費やせばこういう結果になるっていう。
03:08
プチ鹿島
すごいですよね。
みち
もともと地内駅とかでそう研究してて。
プチ鹿島
まあ今はもう作家、大作家と呼んでいいんじゃないですか。
みち
そうですね。僕なんかだと、許可局まだ局長をやらせていただくときにご挨拶とかさせていただいて。
プチ鹿島
昔から面白い本出してましたよね。
みち
写真とか撮らせてもらったりとか。
そうですそうです。
プチ鹿島
だから言ってみれば、本業はすごいってのはわかるんだけど、
それ以外の野球好きとかプロレス好きとか、
達夫と笠川さんもそうでしょうけど。
みち
そうですね。
プチ鹿島
牧田さんとかもそうでしょうけど。
そういうのでワイワイワイワイやってて、
いざ今回本業でドーンとこう。
みち
そうですよ。
プチ鹿島
ああいうショーって子供の頃からずっと大御所の雲の上の人が撮るもんだと思ったら、
もうそういう世代になったのかっていう。
隣にいたっていう。
みち
隣にいるっていうね。
プチ鹿島
そういうのでもいいなと思うんですよね。
それだけ僕らがおじさんにもなってるってことなんですけど。
みち
いや、そうなんですよ。
プチ鹿島
でも笠川さんまだ若いですからね。
みち
そうですね。かつ誰でも撮れることじゃないでしょうし。
今ね、こういった近くに笠川さんがおられるっていうのは、
なかなかの奇跡感はありますよね。
プチ鹿島
そういう意味でなんて言うんでしょうか。
笠川さんすごいなと思うと同時に、
そういう笠川さんとずっとこうね、
余計なことでもずっと絡んでいただばなしとかでね。
みち
だばなしだ。
プチ鹿島
あれらすげえなと思いました。
そうですね。逆にね。
その時期はいいですよね。
みち
そうですね。もう。
プチ鹿島
周りからそういう、もうすげえなっていう人が出てくるっていうね。
みち
そうですよ。本当にそうです。
プチ鹿島
嬉しいですよね。
みち
ありがたいですよ。本当にね。
プチ鹿島
たまに年末からやっぱり好評を吐くして、
どうやっても昭和の映画が多いですから、
池袋の文芸座っていう名画座とかでは、
じゃあ笠川さんの本に基づいて、
ここに書かれている橋本さんの本、
映画を最上映特集するとか、
そういう試み、もう2回、3回ぐらいやってるのかな。
みち
そうですか。結構やってる。
プチ鹿島
僕も改めて見に行ったりとか。
みち
なるほど。
プチ鹿島
今まではどうしても僕も子供の頃だったり、
みち
生まれ前の先もありますから、
プチ鹿島
高田さんとかなんとなく知ってるじゃないですか。
見たこともあるんだけど、
大スクリーンで言われてみれば、
みち
そうですよね。しっかり。
06:00
プチ鹿島
しっかり見るの初めてだなとか。
面白いんですよね。
みち
そうですよね。
本当に僕もハードコアチョコレートで、
池袋文芸座さんとか、
Tシャツを下ろさせてもらったりとか、
他の阿佐ヶ谷の映画館さんとか、
いろいろやらさせてもらうことが多いんですけども、
特集上映とかの組み方っていうのは、
なかなか大変な作業だと思うんですよ。
プチ鹿島
そうですよね。
みち
だからすごくしっかりすぐ、
本当にスピーディーにやられるのとか、
本当に職人の技だなとか、
確かにカスカさんの特集やられるのとか、
結構面白いですよね。
プチ鹿島
カスカさんのおかげで、
僕も改めてね、
そういう名画座の足を運ぶようになりました。
心地いいですよね。
みち
そうですよね。
プチ鹿島
本当に本当に。
カスカさんもフォアチョコのTシャツ着てますけどね。
みち
そうですよね。
買っていただいたりとか、
送付していただいたりとか。
プチ鹿島
よかったです。
そうです。
三木さん、今は台湾ですか?
みち
そうなんですよ。
今は先週の火曜日から台湾に入りまして、
1週間目ぐらいというところで、
見事に風邪をひいてしまいました。
たぶん声が変だろうなと。
プチ鹿島
まったりいきましょうよ。
みち
まったりいきましょう。
引っ越しをしなきゃいけなくてですね、
こちらのお家の。
それもあって、
引っ越し作業とか。
プチ鹿島
じゃあ時間かけて滞在しなくちゃいけない。
みち
そうなんですよね。
やっと一息というところで風邪をひいたというところまで来たわけですよ。
プチ鹿島
台湾はね、僕行く前、今年1月1日に三木さんにね、
エキスパートとして、
どんな気候ですかって一から聞きましたけど、
真冬でも、
短パンの人もいるし、
ダウンジャケットの人もいるし、
みち
そうですね、いろんなサイズ。
プチ鹿島
それぞれ自由だね。
みち
そうです。自由度が高いです。
プチ鹿島
僕も1月に行ったときなんか体感しましたよね。
すごく初夏のような陽気もあるし、
やっぱり夜は冷えるし。
みち
雨降った日なんかもありましたよね、確かに。
プチ鹿島
そうですね。
みち
あの時とか寒かったときも。
寒かった。
そうなんですよね。
空調がね、毎回言いますが入ってることが多いので、必ず冬でも。
今なんかも空調結構きついので、
そうですか。
21度設定かなというぐらい寒い。
今、喫茶店で喋っていただいて。
プチ鹿島
そうですね。だからその辺のコントロールが難しいですね。
仕方ないですけど、こちらのやり方というのはあると思います。
みち
そうですか。いろいろ作業とかやることがあってね。
ありました。いろいろありました。
30度を超える日も出てきましたね。
やっぱり住む場所も変わってしまって、
今日なんかも初めての場所で喋らせてもらってるので、
ちょっと緊張感はありますね。
なんかフワフワします、今。
プチ鹿島
なんかあったらファーッと閉じましょうか。
09:00
みち
そうですね、ファーッと閉じて。
この間実は収録の最後の2分とか、
本当に橿間さんとお別れしてるぐらいのときに
店員さんが来られてですね、スターバックスなんですけど、
ちょっとシーッてやられまして、
何を喋ってるんだ、みたいな感じで思われたんですよね。
プチ鹿島
これ一人事だったらどうするんですかね。
みち
そうなんですよ。
あんまり仕事をしてもいいんでしょうけど、
あんまり喋ってバーバーやるっていうのは、
台湾とはいえまずいんだなって。
そっかそっか。あんまり盛り上がって朝からゲロゲロ笑ってる。
意外とテストでいろんなとこ回ったんですけど、
みなさん静かな店も多いんですよね。
私が前行ってたとこいつも逃げなかったんですけど、
朝はやっぱりそんな人がいないのもあって、
シーッとしてるんですよ。そこ勉強してたりとか、
その新聞読んでるとかが多いんで。
プチ鹿島
すいません、じゃあそんな感じ。
みち
いや仕方ないですよ。
プチ鹿島
もともとほらだって、許可局だって。
ルノワールでやってる。
みち
ルノワールなんですよ。そうなんですよ。
プチ鹿島
あれね、みつさんで同席していただいて、
機械を置いていただいて、
で喋って。
ポッドキャスト時代の許可局なんて、
本当に隣の席の会話とかも入ってますよね。
みち
そうなんですよね。
プチ鹿島
いろんな喫茶店にありがちな説明というか関与というか。
みち
隣の席の会話が気になるときもありました。
気になる回もあったような気がします、確かに。
今、許可局アプリでもしかしたら会員さんになれば聞けるかもしれませんけど。
プチ鹿島
だからそれを経て、
TBSラジオが許可局ラジオ番組してくれたときに、
本当嬉しかったのは、
ルノワールでの後ろの客の小声かのようなものを
みち
BGMとして入れてくれてるんですよね、今もね。
今もそうです。
プチ鹿島
面白いのは、最近来始めた人は、
あれ、後ろ誰か喋ってない?みたいなことをツイートする人もいるんですけど。
でも、そうなんです。
もともとの当時の雰囲気を再現してますので、
何か聞こえるっていうのは正しい。
あなたの聴覚は正しいです。
みち
そうなんです。
休憩時間ですから。
休憩時間で3人が喋ってるという感じですからね。
喫茶店とか行ったりしますからね。
休憩時間ですよ、本当に。
プチ鹿島
ポッドキャスト時代から15年以上経って、
あのときは休憩時間どころか、
めちゃくちゃ半日ぐらい喋ってましたけど。
みち
そうですね、半日ぐらい喋ってましたね。
プチ鹿島
今は本当にいい感じで、3人それぞれお仕事の合間に
2週間にテレビ雑誌に集まる。
いい意味で休憩時間になってますよ。
みち
そうですよ。
橋本さんがもしアメリカに行かれたときとかが心配ですよね。
プチ鹿島
あー、なるほどね。
12:00
みち
そうそう。
プチ鹿島
なんとか収録してほしいと思います。
台湾と日本でもやってますんでね。
なんとかできると思うんですよね。
なんとかできると思うし。
まだ正式決定かどうかもまだ。
みち
まだね。
プチ鹿島
まだっちゃまだな。
みち
行き急いじゃうとね。
昨日台湾情報としては、
雷聖徳さんが就任式典がありました。
プチ鹿島
選挙は1月にあって僕らも見に行きましたけど、
就任式が5月の後半だって言われてて、
1月の時点でね。
結構まだあるなと思ったら、もう5月。
みち
そうなんですよね。
その前に内閣府でいろいろトラブルが。
トラブルってあれですね。
プチ鹿島
ネジで国会みたいな状態になっていて。
みち
そうですね。選挙もそうでした。
結構ね、国民党とその他の野党が強いので、
内閣のほうでは。
結構ね、乱党事件みたいなのがあったんですよ。
連日そのニュースが流れていて、
6人ぐらいが怪我したりしたということがあって、
それを見て、立法院の国会にあたる前に、
民衆が800人ぐらい集まって、
ちょっと民主主義ちゃんとしろみたいなことで、
声を上げるみたいなこともあっての、
昨日の就任式という。
プチ鹿島
そうなんですよね。
例えばずっとこの民進党、国民党っていって、
政権交代をしていて。
今回の選挙の一つの注目が、
民進党の政権が4年4年で8年でいったんですね。
今までの流れから言うと、
そろそろ政権交代なのか、みたいなそういうね。
でもそういう緊張感って重要だと思うんですね。
みち
そうですね。そういう声が多かったですね。
プチ鹿島
民進党が、今度は賴清徳さんですよね。
みち
そうです。
プチ鹿島
出して。
じゃあ国民党は、今回政権交代を伺うっていうので、
それはどうなるのか。
さらにまた民衆党って、若者に支持されてる第三の党も出てきて、
みち
それで1月2日に行ったんですけど、
プチ鹿島
人々が選んだ結果っていうのは、
民進党の第3党を総統に選ぶってことで、
みち
民進党政権総統が続くってことになったんですよね。
プチ鹿島
一方でこれもなんか知恵なのか、
15:00
プチ鹿島
総統選挙はそうだったんだけど、
一方でさっきミスさんがおっしゃったような、
国会に立法院の選挙も同時に行われたら、
みち
民進党がちょっと減らして、
プチ鹿島
これは絶妙なバランスじゃないかみたいな論評も出てたんですけど、
長い政権になると、みんななんかちょっと警戒するっていう、
だから立法院のほうでは減らそうかみたいな、
みち
絶妙といえば絶妙な結果だったんですよね。
プチ鹿島
それでやっぱり今、攻め合いが続いてるということでね。
みち
議論が足りないんじゃないか。
ある立法院の国会議員にあたる方々の規則みたいな、
法律みたいなのを作ろうとしていて、
なんか侮辱罪だったかな。
議論の中でこういうことはどうのこうのみたいなやつを、
今でいうと野党ですね。国民党と民衆党とその他小さな政党さんも含めて、
国会のほうに案を通そうとしたっていうので、
立法院とか国会では弱い民主進党か。
プチ鹿島
なるほど。ちょっと議論が足りないまま、
みち
そうなんで、それでわーっと揉めてみたいな。
どこかで私も言葉はわからないんですけど、
決めるところの議会のところにはみなさん入れないようになって、
それを本当に入ってきて、
ラグビーでボールを取って走るとか書類を持って、
それもすごかったんですけど、
プチ鹿島
法律じゃないですけど本当に高いところが落ちちゃったりとか。
みち
それで大変な騒ぎになったというのは、
先週ぐらいニュースでやってましたね。
プチ鹿島
なんかでも本当、ヘタを打てばひっくり返されるっていう緊張感は絶対必要だなと思って。
みち
それを見て、みんながみんな見ていて、
ちゃんと集まったりするという声を上げたりする。
それはどっちサイドもあると思うんですね。
システムとしてね。
プチ鹿島
だからやっぱり1月現地で見て本当に勉強になりましたよ。ためになりました。
若い人たちは普通に政治の話をしてるし、
例えば今まで民進党と国民党っていうのは、
例えば対中国とかね。
そういう話よりは、もっと自分たちの家賃が高いとか、
就職もっとよくできるように。
っていうとそれを救い上げる第三の党が出てきたりしてね。
みち
そうなんですよね。確かに本当に緊張感ですね、これこそね。
だから本当に生活の実績なんだなっていうのは改めて思いましたね。
プチ鹿島
で、昨日の就任式は月曜日ですか。
18:04
みち
そうですね、月曜日ですね。
プチ鹿島
で、みっさんが写真をあげていただきまして。
みち
そうですね、動画を一枚だけ。
プチ鹿島
実際には生では見てないんですけど、
みち
ちょっとね、鹿島さむいたでっかい広場みたいなのあるじゃないですか。
プチ鹿島
ありましたありました。
みち
あそこの近くになったんですよ、住まいが。
あんまり歩いたことないのでたくさん歩いてたんですけど、
準備中でたくさん警察官のほうがいますし、警備されていて、
明日の月曜日の、あれも準備して、
1日前にたまたま歩いて、
明日なんかあるんだなと思って、やっておりまして。
実際空軍の飛行機が飛んだりとかしてたんですけども、
でっかいヘリが飛んできて、
でっかい国旗をつらさげて飛んでるとかも練習してましたね、前の日ぐらいから。
それもあったからこそテレビ見ながら生中継してましたので、
全チャンネル生中継してたんで、それを見ながらちょっと外に出てですね、
プチ鹿島
ちょっと飛行機が飛んでるとこだけ撮ったというぐらいだと思います。
ありがとうございます。
実際今台湾にいるミスさんからそういう話聞くと、改めて。
みち
そうですね、本当にCM中も、CMももちろんテレビなんで入るんですけども、
ライブでずっとライブ放送してるんですよ。
YouTubeでももちろん見れるんですけど、
だから外に出たときはYouTubeを見ながら、いつ飛んでくるかなみたいな。
体験してみたというところなんですけど、しっかり1時間ぐらいスピーチされてて、
プチ鹿島
今日なんかのニュースだとそのスピーチの内容についてみなさんずっと評論管理、
みち
そうなんですよ、ずっとやってるという感じになってるんでね。
プチ鹿島
選挙特番も面白かったですもんね、台湾で。
みち
熱量がすごかった。
毎日やってますからね、そういう話空いてるからね。
いいのか悪いのか、内容まではわかりませんけど、
そういうところは憧れてるのはいかがです。
それを健全だなと思う部分もあります。
プチ鹿島
実績だったらそれでいいんですよね。
みち
そうなんです。
もちろんね、例えば独立したいみたいな特番の、
プチ鹿島
旧親的な人たちも、
みち
そういう人たちも台湾や台北に集まって、
スプレッヒーコールみたいなのをあげたりとか、
そういうのもちゃんと報道されてましたね。
ああ、こういう方々ももちろんおられるんだなっていう。
甘いみたいな人たちとかね、とかいるんですよ。
そういうのもちゃんといたりとか。
いろんな方々がいて、甘いこと回ってるのかなと思いながらね。
プチ鹿島
みんなそれぞれ言いたいことを言ってね。
みち
そうなんですよ。いいかなと思います。
ちょっと話、なぜニュースを見るのかな。
21:04
みち
あれ、今日朝も私もう一度聞き直しました。
かじまさんのちょこっと書かれた。
ありがとうございます。
プチ鹿島
許可局でね。
あれもう2ヶ月ぐらい前にやったのかな。
みち
そうですね。改めてもう一度思うことがあって。
最近ちょっと話題になってる、朝日新聞さんの相談のニュースとかね。
朝日新聞の相談ね。
プチ鹿島
世界の戦争とか、どうしてもこれでいいのかと思うと。
でも一方で生活を受けている自分もいるみたいな。
でも本当に当然ですよね。
みち
そうなんですよ。
どういう心持ちにしたらいいのか、みたいなことをね。
プチ鹿島
それに対して回答者が、
じゃあ戦争に参加したら、現場見に行ったらどうかとか、
みち
ちょっとえ?っていう感じで。
プチ鹿島
ものすごい球を投げてましたね。
あれなんかも、ずっとこの数年抱えている。
みち
新聞社の人がああいう記事を、ビュー数って言うんですか?
アクセス数を。
プチ鹿島
それが命だから今ね。
むしろ煽って、これはすごいみたいなことを煽って宣伝するんだけど、
意味はすごいんだよっていう。
みち
そうなんですよ。
プチ鹿島
あれ問題ですよね。
あの煽り方っていうのはね。
みち
たぶん小池さんが来られた年末の夜からなんですから、
あふれなんですもそうですし、
なんかずっと野間さんが来られたのもありましたね。
先日やったやつとも。
プチ鹿島
つながってますよね、その辺のコミュニティ論みたいなところってね。
もちろんだから、新聞社の人は、記者の人は、
それをきっかけに話題になれば、
新聞契約とかしてくれるだろうとか、
それはやっぱり大事ですよね。
自分たちの生命線ですから。
一方で、バズったことで数字を稼げればそれでいいみたいなのって、
ある種こたつ記事、話は全然別物なんですけど、
もう話題になりゃいいやみたいな。
みち
そうなんですよ。
プチ鹿島
で、煽り方をして。
みち
そうなんですよね。
プチ鹿島
実際その煽り方に残念だった人が、
解約しましたみたいなのも、
ちがうほら見ましたよ、だって。
そうですか。
逆効果になったんですよね。
みち
そうですよね。
プチ鹿島
こんなひどいね、
それ何賛同してるんだみたいな、
内容にオフンしてるんだみたいな。
それは相談と答えはそれぞれ考えればいいと思うんですよ。
24:03
プチ鹿島
受け取り方ってね。
でもなんかこう、
みち
仕事だからしょうがないんですけどね、
自分たちで絶賛して、
プチ鹿島
で読んでみたらひどかったっていう。
っていう感想のほうが今多いわけでしょ?
みち
多いですよね、確か。多かったですね。
プチ鹿島
だって本当に深刻になんでこんな状態で、
自分はこのまま暮らしていていいんだろうかっていう。
あれは本当、
たぶんニュースをなぜ見るのかも、
あれと同じような内容じゃないですか。
みち
そうなんです。もう一回聞くと、
すごくいいこと言ってるなと思いましたよ。
極悪局のお三方が。
プチ鹿島
脱法なんかは僕と牧田さんより、
ちょっと世代が下ですか。
世代というか年が下ですから、
いわゆる就職氷河期に直面直撃した、
そういう世代、人から見ると、
ニュースを見ても結局自分の生活のほうが、
一体何なんだっていう無欲感というか、
ギャップがあるニュースを見るとね、
怒りしか感じないみたいな。
そう言ってましたね。
それで見るのをやめようと思ったけど、
みち
でもやっぱり見なくちゃいけないっていう。
プチ鹿島
僕は改めてその脱法とかの話も聞いて、
やっぱり原点に戻ったわけですよね。
じゃあなぜニュースを見るのかって言ったら、
自分が努力しても、
努力以外のところで跳ね返される。
例えば性別であったり年齢であったり、
国籍であったり、世代であったり、
制度であったりっていうのは、
それやっぱり本人の責任じゃないよねっていう。
そうなんですよ。
壁というイコール理不尽さですよね。
だからやっぱりニュースをなぜ見るかって言ったら、
そういう理不尽な目にあってる人とか、
理不尽な目になぜ会うのかとか、
困ってる人がなぜいるのかとか、
さらに弱い立場の人がさらに弱い方に追いやられるとか、
そういうことをちゃんと知らなくちゃいけないんじゃないかっていうのに、
僕はここ数年改めてね。
みち
たぶん相談者の方も、
そういう理不尽さを感じて、
怒り的な不安を感じて、
どうやって接していけばいいんですか?みたいな質問だったら、
最後のシミュレーション。
心持ちはどうすればいいのか。
答えが全く僕的には何にも捉えられてない。
あなたは幸せですみたいな。
プチ鹿島
誰も言えないはずですよ。
みち
そうなんですよね。
あなた幸せなんですよって言われちゃうっていう。
27:00
プチ鹿島
あなた幸せだし、
身の回りのことから楽しくやればいいでしょ?
どうしても気になるんだったら戦争の現場に行けば?みたいなのも。
みち
そうなんですよ。
プチ鹿島
これはギョッとするけど、
みち
ギョッとしましたね。
プチ鹿島
考える人もいるし。
みち
もちろんもちろん。
そうなんですよね。
プチ鹿島
でも全部合理的に切り分けちゃうと、
それこそ理不尽さから目を背けることになるし、
みち
僕の答えはちょっと違うなとは思ったんですけどね、個人的にはね。
ただやっぱり先につながりますよね。
ギョッとさせるもん勝ちとは言わないけども、
ときついビンタをするみたいな。
プチ鹿島
もう本当にこのニュースを見ると怒りしかわからないから、
もう見ないってなると。
でもそれはそうなってしまうと、
むしろしめしめと思う人もいるわけで。
みち
それも極下極内で。
プチ鹿島
でも見続けるしかないっていうか、
考え続けるしかない。
みち
触れ続けるしかないのかなーとは思いますね。
本当に思いました。
そうなんですよ。
もちろんね、どうしようもないニュースもいっぱいあるし、
あんまりニュースやることっていうか。
もちろんね、矢島根性っていうのも大事だと思うんですけども。
その後ですよね、とは思いますね。
あだこだっていうだけじゃないってことを聞いてるかな。
プチ鹿島
そうですよ。だからロシア、ウクライナにしろ、イスラエル・パルスにしろ、
じゃあ日本で声を上げて、
じゃあそれが届くかどうかっていうのはわからないじゃないですか。
新聞の社説でもそうですよ。
今すぐ停戦をとか言うんだけど、
じゃあそれが届くのか、
その言葉って意味があるのかみたいなつっこむ人もいるんだけど、
言い続けなくちゃいけないことってあるじゃないですか。
みち
知った以上はね。
プチ鹿島
むしろそんな声届かねえよみたいな、それより楽しくいこうぜみたいな、
それこそ霊障になってしまうと思うんですけど、
みち
そういうのに続いちゃう危険性のほうがあると思いますよね。
感じます感じます。
それをちょっと感じることがありました私も。
日本特末のX情のあれと、
プチ鹿島
実際台湾で今回こういういろんな事件があっても、
みち
それは本当に政治ですよ、まさしく。
あと就任式みたいなお祝いもあって、
プチ鹿島
台湾としては国際事情としては結構難しいメンバーが少なかった。
台湾の投票率も高いっていうのは、
裏を返せば切実さと背中合わせでっていう。
本当にすぐでも壊れてしまう意識はすごい高いのかなとは思います。
一般の人でも見続けなくちゃいけないって意識はあるんですよね。
みち
そういうのを感じました。風邪をひきながら。
プチ鹿島
日本だってそうですよ、政治とか関心なくても見なくてもやってるけどじゃないか。
台湾よりずっと平和だからいいんだよみたいなこと。
それで投票しないみたいな、そういう説もあるじゃないですか。
30:01
みち
ありますあります。
プチ鹿島
でも何度も言うけど、行かなければせっせと行く人も、
もしくは確実に組織で動いてる人たちのメリットになる可能性のほうが高くなるので、
いろんな人が行ったほうがいいよなって僕は思います。
みち
かつやっぱり新聞とかテレビとか、
そういうのにどっちかっていうと、うまく役立ってないなっていうところになるんですよね。
ジャッジの際にね。
プチ鹿島
腰が引けてますよね。
みち
そうなんですよ。そこにたどり着くなっていうことを感じましたね。
プチ鹿島
腰が引けててくだらないことやってると、
じゃあもうメディアはゴミだみたいな。極論も出てくるじゃないですか。
みち
そうなんですよ。
プチ鹿島
そうすると、もう腑のスパイラルになる。
みち
で、なんとかの党が、みたいなことになるんですね、多分ね。
相当お金出してというか悪いですけども、
もっとやってやれみたいな人たちもいますよね、もちろんね。
つながってますよね、だからね。
プチ鹿島
そうそうそう。
みち
朝からちょっと。
プチ鹿島
いいですね。ありがとうございます。
みち
こんな話も。
プチ鹿島
でも本当にその、歴史的な台湾の衆にミスさんがまた。
みち
そうですよね。次は4年後ですからね。
そうなんですよ。たまたまでしたけど知らなかったんですよ。
プチ鹿島
僕もやっぱり1月現場で見ましたから、ちょくちょくは追っているんですけど、
みち
いよいよ5月終了。
新しい家からテレビが見れるようになったので。
プチ鹿島
いいじゃないですか。
みち
4,6時中テレビは家にいるときはないですよね。
基本的に全然理解できませんけど、映像として見てるようにはしてるんですね。
気になるのですごく。
いろんなことがわかっていいかなと思いました。
また続報ができればなと思います。
プチ鹿島
ありがとうございました、ミスさん。
みち
火曜日の朝から。
プチ鹿島
すいません。
みち
なんか告知的なやつ流したっけ?
告知は大丈夫です。
大丈夫そうですか。わかりました。
ありがとうございました。また来週も。
そうだ、来週また別曜日でお願いします。
プチ鹿島
わかりました。お連絡いただければ大丈夫です。
みち
ありがとうございました。
失礼します。
32:16

Comments

Scroll